サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« クリック募金 1年 | トップページ | 屋根と垂木と、狭い道(爆) »

2006年5月11日 (木)

MRI初体験(ただし、おかん)

昨年の暮れ頃、
おかん(母)の口調が変になった。
ろれつがまわらない感じ・・・
おまけに、右側に振り向こうとすると、
バランスを崩してコケかけるという。

それは絶対、脳の異常ちゃうのん?と、
MRIでの検査を勧めたのだが、
本人は、『入れ歯がしっくりこないからだ』と言い張る。
「入れ歯の調子が悪いだけで、コケかけるわけないやろ?」と言うと、
「これはトシのせいやから」と、あくまでMRIの検査を嫌がる。

私の病院嫌いは遺伝か?(爆)

で、年が明けてから、
次第に、口調もなめらかになり、コケかける事もなくなったので、
本人は、一過性の体調不良だったのだと言うのだが、
悪い体調なりに、体が慣れただけで、万が一という事もあるから、と、
本日、ついに検査する事になった。

検査前の説明では、強烈な磁力が発生するので、
金属類は御法度との事で、例の入れ歯もはずす事に、
『差し歯はどうすんの、はずせれへんよ』と不安げなおかん(^^;)
『差し歯までは大丈夫ですよ』との説明にほっとした様子(笑)

060511mri1 ちなみに、説明書には、
入れ墨してると鉄分が反応して、
火傷する場合があるらしいとも書いてあった。
読んで即、MRIを前にして、
ビビってる893モンを妄想してしまう私はやっぱり、人が悪い?(笑)

060511mri2 てなことで、MRIの検査自体は、10分ちょっとで終了。
おかんの感想は、
「今まで聞いた音の中で一番うるさかった」であった(笑)




060511mri3 そして診断。
やはり、極小の脳梗塞を起こしていたようだ。

うちのおかんは、普段、高血圧なのに、
「出血」ではなく「梗塞」とはこれいかに?と思って、
先生に質問してみると、丁寧に解説してくれた。

060511mri4 てなことで、図解してみると、
脳内の血管には、
血流の進行方向通りに伸びている血管(図:左)と、
進行方向とは逆に伸びている血管(図:右)があるそうで、
右側の場合、高血圧で血流が強く進むと、
その勢いで負圧が発生し、血が逆流する場合があり、
結果、血流が停滞し梗塞が起こるとの事であった。

で、昨年の暮れからの症状を説明すると、
「おそらく、これが原因でしょう、
ただし、それから4ヶ月以上たって、悪化してないようですから
これからは経過観察で良いでしょう」との事であった。

てなことで、結果オーライ?(^^;)という事で、
一安心である。

ちなみに、梗塞を起こしている血管の直径は0.3㎜らしい、
そもそもそんな小さな血管があるのも不思議、
で、それが詰まったら即影響が出るのも不思議、
しかし、それにしても、MRIって大したモンやなぁ・・・

第157週+1日目の朝 76.2kg
昨日-100g トータル -19.8kg

ミドル級(72.57kg)まであと、3.63kg 

食事回数9回 9勝0敗 達成率100%

減量生活1100日目、
食事はほぼ良し、
るん歩が雨で×・・・(>_<)

« クリック募金 1年 | トップページ | 屋根と垂木と、狭い道(爆) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/10030118

この記事へのトラックバック一覧です: MRI初体験(ただし、おかん):

« クリック募金 1年 | トップページ | 屋根と垂木と、狭い道(爆) »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ