サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 東北ツー2日目 午前 岩手三昧(^-^) | トップページ | 東北ツー3日目 大間崎 »

2006年6月17日 (土)

東北ツー2日目 午後 青森彷徨

涙、涙でアスピーテラインを下り、
その感激もさめやらぬ間に、
超快走の安比高原ルートへと進む。

8時半に盛岡を出て、
後は、どこをどう走ったのかまったくわからない(^^;)
ただただ、感動、感激、感謝の繰り返し、
何カ所もの絶景ポイントを案内していただき、
感嘆しつつ目を見張り、画像に納め、
060617soft 極上のソフトクリームを食べ、
午後からのルートをマップルにて詳しくご教授いただいたりしたのに、
3時間後には240km走って安代ICに着いていた。

この間、信号は、いくつあっただろう・・・?2つか3つ?
他の車は・・・ほとんど見ていない!

aokiマジック!
そして、走らせていただいた岩手の道々へ、
ありがとうございました~!m(_ _)m

さて、aokiさんとは安代ICで北と南へお別れ、
ここからは、下北半島へ向け、一人旅立つ、

でもね、一人じゃないんよね(^-^)
いろんな人や、るんたに見守られて走ってるんよね、
ありがたいな~
何よりも、頼もしき相棒、LTと一緒や、
八戸道へ入ったとたん、いきなり気温が数度下がったのを感じつつも、
心が浮き立つのを感じながら走り続ける。

安代から八戸自動車道、第2みちのく道を経て三沢へ、

三沢へ着いたとたん、車の多さと移動速度の遅さ?に吃驚、
最初は、前方で何かのパレードが行われているのかと思ったくらいだ(^^;)
ところがメーターを見ると、法定速度+αで流れている。

私の感覚がずれているのだ(爆)

いかんいかん、あくまで私は東北への闖入者、
生活道路を走らせてもらってるという事を忘れずに、
しずしずと三沢の市街地を進んだ。

と、いきなり、
マップルに書き込んでいただいた第1のルートが現れた、
県道170である、
ま、まっすぐ~\(◎o◎)/!
しばし呆然・・・
私は下北じゃなくて、北海道へ着いたのか?

しかも、このあたりから、東北特有の気象現象である
「やませ」が吹き出し、気温は10℃台前半まで下がり、
霧が濃くなり、あたりは鬱蒼とした雰囲気に変わった。

「やませ」は冷害の元であり、農家の方にはほんとに申し訳ないのだが、
私にとっては、失礼ながら「下北のイメージ」そのまま。
市街地を抜けると、車影も絶え、濃密な白い霧の中、
一人進む事をむしろ楽しませていただいた。

望んでいるイメージそのままの道が、次々に出現する不思議。

いろんな思いが、浮かんでは消え浮かんでは消える。
そしてR338に合流し、さらに進んだ果て、
乳白色の霧の中、忽然と現れたのが、
六ヶ所村のストレートだった。

霧の彼方へ、直線がどこまで続いているのか、
道を囲む灌木の外側はどうなっているのか、
まったくわからない、
そこにはただただ、まっすぐな道があり、
私とLTがいるだけだ。

060617rokkasyomuraiki 渺々とふきすさぶ風の中、どれくらい佇んでいたのだろうか・・・
いや、佇む、というよりは、動けなかった、のであった。

いつまでもここで居たいような、やすらいだ気持ちと、
すぐにでも逃げ出したいような、寂しい気持ちが
同時に存在している。

異世界・・・
ほんとに、陳腐な言葉しか浮かばない、
いや、言葉で表せるようなものではないのかもしれない。

ただただ、自分はここにいる。
それだけだった。

おっと・・・で、今何時だ?
ぎゃぁ、もう3時前ではないか、
これからまだ、「松楽」で「ウニ・ほたて丼」食べて、
尻屋崎行って、寒立馬を~っなのにぃ~

てなことで、急に現実感たっぷりの関西人に戻った私(^^;)
六ヶ所村のループ橋もそこそこに、R388を北上、
060617syoraku 「松楽」は意外に近く、午後3時過ぎに到着した。

ここもまた、今回の旅の目的地の一つである。
そして、注文の仕方にちょっとしたコツが・・・(^^;)

「ここへ来たら、『ウニ・ほたて丼を食べるように』って、
 食道園のaokiさんに言われてきたんですが」

『どっからきたのぉ?』

「和歌山です~」

060617unihotate すると、あ~ら不思議、ウニ・ほたて丼に、イクラが盛られて、
おまけに、タコの刺身がオマケについてくるのでありました~\(^o^)/
(いや、これ、いつもいつもじゃないかもしれませんからね(笑))

しかも、その後、話がはずみ、約1時間(^^;)店にいた。(^^;)
それで聞かせてもらった貴重な話の数々、
いくつか紹介すると、
ここのおじさん、客の出身地に合わせて、
ウニとほたてとイクラの塩加減をその場で変えて出してるとの事。

『全部、びみょーに味が違うもんね』と事もなげにおっしゃる、

そして、おじさんは嘆く、いかに国産のウニが少ないか、
いかに余所のお店が海外の冷凍物で誤魔化してるか、

『冷凍モンは、色が変わらないように硝酸ナトリウムが使われるからね、
色は変わらないけど、ウニの味が変わっちゃうのよ』

そして、ホンモノのウニの見分け方、
『その店にさ、殻付きのウニがメニューにあれば、まぁちょっと安心だね』

なるほど!
しかし、すぐさま、殻付きウニと冷凍ウニを使い分けてる店もあるんだろうなぁと
想像してしまうのは、関西人のセコいとこかもしれない(。。 )\バキッ☆

しかし、旨かった。
おっしゃる通り、ウニ、ほたて、イクラのそれぞれの甘味と塩味が微妙に違い、
それぞれ別々に食べても、一緒に食べても、めっちゃ旨い~!のである。

ああしかし、ここも名残惜しいが尻屋崎が待っている。
出発だ。

そして、午後4時過ぎ、これまたaokiさんにご教授いただいたルートで、
R248に入り、尻屋崎到着、
060617gate 着いてからわかったのだが、ここのゲート、
午後5時に閉まるとの事で、もうちょっとのんびりしてたらアブナイとこだった(^^;)

そして・・・
寒立馬、おるかな~ 
せっかくここまで来たんやからおってほしぃな~
日頃の俺やったら、おれへんのがパターンやろな~
いやしかし、昨日からラッキー続いてるからおるかな~
もうぼちぼちラッキーも尽きてしもて、おれへんかもな~
親子連れはアブナイって聞いてるけど、蹴られたりせぇへんかな~
てな感じで、もう、ドキドキ、である(^^;)

そして、岬の突端を回ると・・・
いてくれてはりましたがな~\(^o^)/
060617siriyazakioyako2 しかも、親子連れ~
一段上におるから、寄っていっても大丈夫やろか?
てなことで、おそるおそる近付いて、一枚。

仔馬はちょっとこちらを見るが、母馬?は全然知らん顔、
大丈夫そうやね、ああ、よかった~060617siriyazakioyako1
と・・・
060617siriyazaki1 海岸沿いに絵になる2頭が、
そやけどダートや・・・
ううう・・・
どうしよう・・・
轍を見ると車も行ってるようやしなぁ、
まぁ、これくらいのダートならなんとかなるよな、
しかし、ここでコケたら、どーすんの?(^^;)
歩いて行くか?
いや、やっぱり、どーしてもLTと一緒に画像に納めたいよ~

ええーい、ここまで来たんじゃ、行ってまえ~

060617siriyazaki2 てなことで、行きました(笑)
馬、知らん顔です、
そうか、こっちにしたら珍しい馬やけど、
馬にしたら人間なんか珍しいないんや(笑)

060617siriyazaki3_1 で、絵になる感じを探しつつ、LTから離れたとたん・・・
うきゃっ、親子連れが寄ってきた~\(◎o◎)/!
いやその、俺のせいやない、あんたらが勝手に寄ってきたんやー
怖いやんけー!

てなことで、おっかなびっくりLTのとこへ戻り、
逃げ出すように、帰ってきたのでありました(笑)

おお、もう5時前や、ゲート閉まってまう~
ってなことで、
今夜の宿、下風呂温泉は三浦屋さんに向け出発。

これまたaokiさん推奨ルートの、県道266へ入る。
060617r266line 060617r266 ちなみに、この画像、どちらも、同じ県道266である。
超ストレートと、ダートが混在しているのだ(笑)
まっすぐ走ってガタガタ道、まっすぐ走ってガタガタ道・・・が
約10km続く、

今回のツーで何度も思った、
「この道を走るためだけにでも、もう一度来たい」
そんな道の一つだった。

そして、下風呂温泉、三浦屋さん、到着~(^-^)
ここも予約した際に、
「バイクで行くんですが・・・」と告げると、
『ああ、青木さんのお知り合い?』と聞かれた宿だ(笑)
なんか俺、aokiさんの手の平の中を走ってるみたいやな~(笑)
そやけど、それが無類の安心感なんよね~
ありがとうございます~m(_ _)m

060617ltotukare さてさて、LTちゃん、お疲れさん~
今日も高速381kmと下道330km、
計711kmを苦もなく走ってくれた。
昨日からだと、合計、1636kmだ(笑)
エンジンオイルは、とチェックしてみたが・・・
減りかけもしてない。
お尻?まったくちぃ~っとも、全然痛くな~い(^-^)v
ほんま、気は優しくて力持ちなヤツ、だ、
ありがと~m(_ _)m

060617onsen さてさて、まずは噂に聞いてた温泉へ、
「含ホウ酸一食塩硫化水素泉」というらしい、
湯は、今日の霧が凝縮されたようなやさしい乳白色。
温度は源泉が47℃で、ぬるめなのがまた良い。
う~ん、満ち足りた気分~
満足まんぞ~(^-^)
で、吐出口を見てみると、
060617tadawaretaruwosiru おおぉ~
京都は竜安寺の「つくばい」ではないか~
「吾、唯、足るを知る」
なんともこの二日間を言い表しきってる言葉ではないか、
嬉しいなぁ~(^-^)
ちなみに記念として、自分撮りもしたのだが、
あまりの幸福感に、
とろ~んと呆けた顔なので、UPしない(笑)

てなことで、またまた感謝の塊になりつつ温泉から上がると・・・

じゃっじゃぁ~ん!

060617miuraya1 海の幸のてんこ盛りじゃ~!

060617hoya 何年ぶりかの「ホヤ」~!

060617uni 松楽のおじさんの言ってた事が、即、証明されたような、
殻付きのウニ~!

060617awabi 極めつけ、アワビのステーキ~!!

060617gohan 060617takemasita ごはんもその場で炊くんだよ~\(^o^)/

060617reisyu てなことで、今日はちょっと一杯やっちゃお~(^^;)
だって、三浦屋さんラベルの冷酒なんだから、
飲まなきゃ悪いよね~(^^;)

てなことで、私としては珍しい、一人酒、
だけど、全然わびしくないよ~(^-^)

そして・・・
窓の外を見やると・・・そこには漁り火が・・・

060617isaribi う~ん、情緒満点~
ここまで楽しませてもらっていいのか~?
いつもなら、反動で何か悪いことが・・・とか思ってしまうのだが(^^;)
今日はもう、シアワセに浸りきれる~

嬉しいよぉ~
ありがと~ございますぅ~m(_ _)m

てなことで、おやすみなさいませ~(^-^)

« 東北ツー2日目 午前 岩手三昧(^-^) | トップページ | 東北ツー3日目 大間崎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/10646769

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツー2日目 午後 青森彷徨:

« 東北ツー2日目 午前 岩手三昧(^-^) | トップページ | 東北ツー3日目 大間崎 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ