サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 東北ツー 5日目 大内宿にて | トップページ | LTからApeへ(笑) »

2006年6月20日 (火)

東北ツー 5日目 家路

てなことで・・・
数々の思い出に浸りつつ、
会津若松ICを目指す。

060620hidamatouge 氷玉峠、ここも良かった~(^-^)

何というか、東北と我が故郷が融合したような景色なのだ、
非日常から日常への、まさに分水嶺のように思えた。

さて、高速に乗ってからは、来たときと同じ、
ひたすら走るだけなので(^^;)画像は極端に少ない。
日のあるうちに距離を稼いでおきたいし、

060620mikawakeniti ま、北陸道のお約束(笑)
「みかわけんいちのマチ」くらいかな?(笑)


しかし、奇跡はまた起こったのだった。

それはちょうど武生にさしかかった時、
夕暮れ時で、ちょっと焼けかけてる、
もうすぐ山の中に入るので、
最後のチャンスとばかりに、走りながら画像に納めたのだが、
060620takehu イマイチ・・・(^^;)

そりゃそうだ、
これで綺麗な夕焼けなんぞ見えたら、
話が出来すぎやーんと、自分に言い聞かせながら(笑)、
今庄トンネル、敦賀トンネルを抜けていく、
もうすぐ、来る時に、とっ捕まって連れ込まれた杉津だ(爆)
まったくもって、自分が悪いのだが(^^;)
今回のツーで唯一、なんか感じ悪ぅ~(^^;)ってポイントだ。

杉津パーキングまで1kmの標識が見えた。
寄ってく?
誰がぁ~(笑)
で、通り過ぎようとしたとたん、
右側が光ったような気がした。
げぇ~帰りもここでレーダーやってんのぉ~(爆)

違った・・・

なんと杉津パーキング下だけが、海への視界が開け、
なんとなんと・・・
夕焼けが・・・
060620suidu

すんませんm(_ _)m
パーキング下とはいえ、急停止!(。。 )\バキッ☆
(後続車がないのは確認した)
それにしてもなんで?
行きでキップ切られた時には海なんか見えへんだぞ?
♪杉津は山の中ですぅ~♪って感じやったぞ~
あの時は捕まったショックで、
回りを見渡す余裕がなかったんやろか?
つーか・・・
何でここ、反対車線が無いの?
登り線は別のとこ走ってるわけ???

と、とにかく、
うろたえながらも感激の画像を撮った、
杉津の事、感じ悪ぅ~(^^;)とか思ってたのを、
救ってくれはったんやなぁ~と思いながら・・・

それにしてもなんて綺麗な・・・

こんなんやったら、ちょっと逆走して、
杉津パーキングで日の入り全部見るか?(。。 )\バキッ☆
いやいや、この一瞬、
この一瞬で十分!やんか~

吾 唯 足 知 や、

って、「足る」どころか、身に余るシアワセやんか~

ありがとうございます~m(_ _)m

てなことで、不思議な気持ちのまま出発した。

060620suidu2 (帰宅してから、中部北陸版のマップルで確認したところ、
 杉津付近では、奇しくも上下の車線が逆転していて、
 行きが山側、帰りが海側を通っていたのだった)

そしてもう一つ、
これもまた偶然なのだが、
しばらく走ると反対車線が見えてきて、
こちらは下り、あちらは登り、
おぉおぉ、このあたりで捕まったんやなぁ~と思いつつ走ってると・・・
いきなり、反対車線の右斜め前方の車が、
ビカビカと赤色灯を回し、サイレンを鳴らし始めたのだった(爆)
何のことはない、追尾の名所なのだなぁここって・・・(爆)
で、おそらくは、私と同じように(^^;)
杉津のPAへ連れ込まれるであろうドライバーに、
「あなたにとっても幸福の青いチケットでありますように」と願いつつ、
ひたすら、走ったのでありました。

そして米原を無事通過、
多賀SAで夕食、ここから自宅までだいたい200km、
いつも多賀へ来ると、帰ってきたなぁ(笑)と思うのである。
060620suita そして、吹田を経て、上之郷着、午後10:00
帰りは美原北で降りてぼちぼちと・・・みたいにも思ってたのだが、
このツーの総仕上げ?に、
なるべくなら、マチ中を通らず帰ろうと思ったのだ。



060620honzan そして午後11:00 高野山着。
普段なら軽く頭を下げて通り過ぎるのだが、
今回ばかりは、本山前にてLT停車、
一礼させていただいた。

さて、本日は下道221km+高速749km=970km
合計3793km

今回も、LTはホントによく走ってくれた。
お尻の痛みも、不調も皆無。
今回の最低燃費は、捕まるまでの高速(^^;)で15km/L強、
最高燃費は、宮古から東和間、22km/L弱
距離が伸びる毎に、その頼もしさがさらに強まる感じだ。
ありがと~(^-^)

あっという間の4日半、
しかし、何年も旅したような気もする、

短くて長い、長くて短い、
これは・・・そう、
読めるけど書けない代表(爆)
「邯鄲の夢」のようなものか?
人生の儚さの例えによく使われるが、
しかし、邯鄲も、夢の中の人生を、
ひたすら一所懸命生きたのではなかったか?

ああ、シアワセなツーだった。
ありがとうございます。
実はこれを書いてる今も、
シアワセの真っ最中なのだ、
ありがとうございます。

るんたにも遭えた。
また、きっと遭えるだろう。

生涯忘れ得ぬ旅だった。

そして私は、また夢を見る。

今度はいつ行けるかな~ってね(笑)

やっほぉ~\(^o^)/

ありがとうございました m(_ _)m

« 東北ツー 5日目 大内宿にて | トップページ | LTからApeへ(笑) »

コメント

高校生になってバイクに乗り始めた時から、バイク雑誌のツーリングレポートを読むのが好きでした。

いやぁ~! 大作、熟読感動致しました。
今日で終わっちゃうのが残念でなりません。
余韻編なんてないですか? (^^;

コピーしてとって置いて、また読み直したい気持ちですわ。

杉津SA辺り、本当に交差してたのですね。
前にも書きましたが、去年の新潟ツーの行きに最初に海が目に飛び込んで来て入ったSAなので、よく覚えているのです。

米原を過ぎて、私も調子こいて走っていたはずなんですが、スピード取締り重点地点だったとは・・・( ̄□ ̄;)!!
私は、運が良かっただけなんですね。

それから、今、事務所からなんですが、このブログには投稿できるのですが、何故かBBSは跳ね返されてしまいます。

お家に帰ってから、ちゃんとお返事書きますので・・・
無事、今朝届いているみたいです。
有難うございました。

げんちゃん、拙文をばご愛読、
ありがとうございますm(_ _)m

余韻編(^^;)というか、
ツーリングマップルについて、
ちょっと書こうと思っています、
お楽しみに(笑)

新潟への「行き」で海が見える、
ということは、
やっぱり登り線も海に面しているのですね、
全然気付きませんでした(^^;)

niftyも毎日何らかのトラブルに見舞われてるようで(笑)
ブログがOKなら、BBSが×、
みたいな毎日です!(-_-メ)
ブツは届いたそうなので、よかったです。
また、BBSの方、トライしてみて下さい、
よろしくお願いします~m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/10700417

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ツー 5日目 家路:

« 東北ツー 5日目 大内宿にて | トップページ | LTからApeへ(笑) »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ