サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 奥の院勧募受付所完工 | トップページ | さて? »

2006年8月11日 (金)

マルチツール

さて、いよいよツールナイフ編、
って、誰も待ってないって?(^^;)

なお、今までの流れから「ツールナイフ」と呼んできたが、
「マルチツール」と呼ぶ方が適当なので、これからはそう呼ぶ。
「万能」ではないけれど「多機能」
つまり、「これさえあればダイジョーブ」ではないけれど、
「とりあえずなんとかする」道具、として持ち歩いているわけだ。
だからいつも、「大きくて重いけど頑丈」なモノと、
「少々頼りないけどコンパクト」なモノと、
どっちを持ち歩くべきか悩み続けているのである(笑)

さて、ボーイスカウト時代の五徳ナイフから始まって、
もうほんと、色々と入手し、色々と壊したり無くしたりしてきた。

そんな中で、生き残ってるマルチツール達を紹介してみたい。

060806tool_1 まず、1番、LEATHERMANの「MINI TOOL」だ。
こいつは2代目だがすでに20年くらい使ってる(ただし時々)
初代を買ったのは学生時代だから、20年以上、
LEATHERMANというメーカーを初めて知ったのもこれでだった、
当時では最小?のコンパクトさが気に入り、
学生時代は常時持ち歩いていたものだった。
ただ、材質が少々ひ弱くて、初代はプライヤーが折れてしまった(笑)
また、これも当時のアメリカ仕様らしく、プラスドライバーが付いてないのと、
各ツールにロック機構がない、という、2大欠点!を有しているので、
今では、缶切りと栓抜き専門要員となっている。
(この頃、アメリカではドライバーといえば「-」型であり、
「+」型はメーカー名で、フィリップスドライバーと呼ばれる事の方が多かったと記憶している)

2番が、後述するLEATHERMANの「SUPER TOOL」を引退させた後、
ここ数年常用しているSOGの「PALA TOOL」だ、
LEATHERMANに代表されるマルチツールのプライヤーは、
1番や4番を見てもわかる通り、平行に180°回転させて折りたたむようになっていて、
その構造上、「挟む」作業はできても、「広げる」作業ができない。
まぁ「広げる」作業というのはそんなにはないのだが、皆無というわけでもない・

060811mini1 (広げる作業ができない、という説明画像、ちょっとわかりづらい?(^^;))

で、この「PALA TOOL」、
プライヤーのヘッド部分の角度が自由自在(ただしロック機構は無い)
このまま、車のシートのような動きで、180°回転しハンドルに収まるようになっている。
つまり、「挟む」「広げる」の両方の作業が出来るのだ、万歳!(笑)
060811sog しかも、プライヤー部分に角度を付けたままで行えるので、
狭い場所での作業にも向いているのだ。
これさえあれば、ゆるめて、回して、削って、締めて、と、
サッシの簡単な修理などは行えるので、非常に重宝している。
ヤスリは相変わらずねじって使っているがまだ折れない(笑)
唯一にして最大の欠点は、やはりロック機構を持たない事、
プラスドライバーは付いているが、力を込めて押した場合、
コキっと折れてしまうのだ。(画像下がPARA TOOL)
060811lock

てなことで、3・4番はとりあえず置いといて、
ロック機能があり、長年愛用していた、
LEATHERMANの「SUPER TOOL」(画像上)について先に書く、
060811lock2 「SUPER TOOL」では、○印の部分がロック機構になっていて、
力を込めても折れる事は無い。
このロック機構は、他のどれかのツールを起こすことで解除される、
単純だが強力な仕組で安心できる。
今は引退状態だが、これの使用期間が今のところ一番長く、
他のと重複して使ってるがこれまた20年近くである。
少々重いのだが、その分頑丈。
波刃も、押す方向でエッジが見えるので安心して使える(^-^)
てなことで、長年愛用していたのだが、
私の「間違った使い方」のせいで、引退させてしまった、ごめんm(_ _)m

060808tool1 というのも、ヤスリになってるツールが、
「畳をめくる」時や簡易釘抜きとして非常に便利だったのだ、
で、しょっちゅうねじる動きで使ってるうちに、
ヤスリ部分がポキンと折れてしまったというわけ。
先に、頑丈、と書いたが、それは「堅い」という意味の頑丈で、
その分「じん性」に乏しく、ねじると、もろいのだった。
仕方がないので、もう一本買って、
慎重に使っていたつもりなのだが、やはり折れてしまった(^^;)
てなことで、他の機能はそのままだが、
ヤスリが折れてしまったので「SUPER TOOL」は引出の中で眠っているのであった。

060808tool2 画像、黄色の円内が折れた根本、
赤い円内も同じ結末なのだが、こちらは根本ごと取れてしまっている。
(LEATHERMANでは25年保証、というのがあるのだが、
 間違った使い方のせいなので、修理依頼もしにくいのである(^^;)
 つーか、保証書なんかとっくになくしてしまったわ~(。。 )\バキッ☆)

長年の愛用品なので、3本目・・・とも思ったのだが、
プライヤーとして使う時、ツール収納部が外側になるので、
力を入れると手の平が痛くなるのが気になってたので、
より力の入れやすいSOGの「PALA TOOL」に移行したというわけである。
(現在では、「SUPER TOOL 200」として、
 ハンドル部分が丸く加工されたモノに進化しているらしいが、
 ヤスリが折れたらイヤなので手は出さない(笑))

060811clunch で、元にもどって、3番、同じくLEATHERMANの「CLUNCH」
こいつは少々特殊なツールで、単車イヂリをする方ならピンと来ると思うが、
プライヤーというよりは、「バイス」として使用できるようになっていて、
お尻のネジの調整によって、25㎜まで任意の開き具合に固定できるようになっている。
060811clunch2 ただし、独特の折りたたみ方なので、常用プライヤーとしては使いにくい(^^;)
てなことで、単車で出かける時の「万が一の時のためのツール」なのである。

そして一番新顔の4番、またまたLEATHERMANの「CHARGE Ti」
こうやって並べてみると、やっぱり、私ってLEATHERMANファンなのがよくわかる(笑)
こいつは、ナイフ類を外側収納、ツール類を内側収納にして、
プライヤー使用時にも手の平が痛くならないよう、丸く仕上げられている。
「WAVE」というモデルの進化系で、Tiは、チタン製という事。

実は、「SUPER TOOL」のヤスリが折れてSOGに移行する前に、
「WAVE」という同じ形のステンレス製モデルをしばらく常用していたのだが、
「SUPER TOOL」に比べ、コンパクト優先で、少々ひ弱な感じがしたのと、
「ロック機構付」という事で買ったら、ロックがあるのはナイフ類だけで、
ツール類には付いてなく、ショック~!(ToT)
で、少し迷ったのだが、プライヤーの使い方優先でSOGを日常の仕事用とし、
「WAVE」もまた、単車に乗る時用となったのであった。
(ちなみにWAVE型はすべてナイフをワンハンドで開閉できる
 ただし、本体自体を取り出す手間はBALI-SONGに軍配が上がる)

そして、もうこれ以上は
「壊れるまでは新しいモノを買わない」と決めていたのだが、
「WAVE」が、チタン製になって、
全てのツールにロック機構がついた「CHARGE Ti」が登場してしまい、
「アホやぁ~俺はアホやぁ~」と叫びつつ、
「CHARGE Ti」もゲットしてしまったという次第。

「WAVE」と「CHARGE」を比べてみると、
060811leatherman
060811letherman 「CHARGE」の方が一回り大きくなって頑丈になってるのがよくわかる。

060811letherman1_1 また、「WAVE」(画像左)ではマイナスドライバーの各サイズが充実していて、
これもアメリカ仕様、という感じがする。
(私はマイナスドライバーとしてより、簡易のノミやキリとして多用していた(笑))
「CHRGE」ではマイナスドライバーは一つになった代わり、
ビット交換で六角レンチとして使えたり、精密ドライバーも付いているという具合で、
このシリーズの作業対象がだんだん細かくなってきているのがよくわかる。

てなことで、ゲットしてみたものの、
「WAVE」同様出番があまりないのも事実(^^;)

まぁ、無駄に多いようにも思えるが(実はまだ別のがある(笑))
これらのマルチツールは、私にとって、日常でも非日常(^^;)でも、
「あると便利」というレベルよりは、「無いと困る」レベルで、
必需品として愛用しているから「まぁいいではありませんか」なのである。

また、今後、主に持ち歩くツールを
「PALA TOOL」から「CHARGE」に変更するのか、
重いのを覚悟で両方持つのか、
はたまた次から次へ出てくる新しいツールに惑わされるのか、
これまた「まぁいいではありませんか」なのである(^^;)

ちゃんちゃん。

第170週+2日目の朝 77.5kg
昨日+200g トータル -18.5kg
ミドル級(72.57kg)まであと、4.93kg

ふ、増えてドースル!(。。 )\バキッ☆

« 奥の院勧募受付所完工 | トップページ | さて? »

コメント

>さて、いよいよツールナイフ編、
>って、誰も待ってないって?(^^;)

待ってますた?!

も~ 恵峯さんの男のこだわりが
プンプンしてきますネ?!(おいおい!)

挟む・広げるの両方の作業が出来る
〔PALA TOOL〕
いいですネ!!

んで… 自分も、こゆの使ってますが……

出先で太い針金を切るのに
波紋法的(?)に力を込め過ぎ
2回ほどペンチの部分を折って
しまってからは…

また折れても精神的(経済的)ダメージが
少なくて済む(?)ように…

怪しげで楽しげなホームセンターの
レジの横とかにぶら下ってる
マルチツールを鞄の中にほり込んでいます…

う~ こだわりがないです… ネ……


アフランシさん、レスありがとうございます、
ナイフの事を書き出してから、ビミョーに、
「アブナイ系」みたいなブログになってて、
自分でも早くケリをつけたい?と思ってたのですが、このまま誰からもレスが無ければ、
果てしない孤独感に沈むトコでした(^^;)

で・・・

>男のこだわり
まったく、全然、ちぃ~っとも
ありませーん(笑)

生来の軟弱モノですから、
「男」とか「漢」という単語を見るとぞぞぞぉ~っとするくらいです(笑)

ちょびっと、このてのグッズが好きなだけ(笑)
そういうことにしといてくださ~いm(_ _)m

で・・・
>出先で太い針金を切るのに

って、何を切るんですか?
その方が興味津々ですわ~(^^;)

>って、何を切るんですか?
>その方が興味津々ですわ~(^^;)

出張先での仕事とかで
仕込みや段取りの悪い“お方”と
一緒になっちゃうと
イロイロと不手際があって……

って…

こ、こんなの書いたら
本格的に“アブナイ系”みたいな
ブログになっちゃいますよネ???
(こらこらこら!!)

…く、詳しくは、次回のグルオフでっ?!
(おいおい!)


アブナイ系に!?おじゃまします・・・。

ナイフって男の道具って感じで格好良いっすね~。
現在おまけみたいな物しか持っていないので、
LEATHERMAN「CLUNCH」はツーリングに良さそうで、
ちょいと惹かれます。
調べたらいっぱい種類があるんですね~。

カルチャーショックです。

すっかりアブナイ系になりつつありますね~(^^;)

アフランシさん、不手際の後始末で、太い針金を切る事になるという事は・・・

拘束系? (。。 )\バキッ☆

グルメオフが楽しみです~(笑)

SALLYさん、ナイフの使い方って包丁とよく似てますから、実は女性の方が得意な方が多いかも?
「CLUNCH」は・・・
ツーリング先で使ってみたいような、
そんなシーンに出くわしたくはないような・・・(笑)

LEATHERMANって、ホント、これでもか~ってラインナップでしょ、
ハマるとおもしろいですよ~(^-^)

すごい数を所有してはるんですねぇ。
ラインナップの中にヴィクトリノックスが無いのは何かコダワリがあるのでしょうか?
今回拝見した中ではSOGと、CHARGE Tiに触手が動きました!
我が家のは、WAVEでした。
既に新型に進化していたんですね。
俺の場合、あれば便利程度の使用頻度で、主にキャンプに持っていく事が多いです。
あと、工具箱出すのが面倒な時の日曜大工にたまーに使います。
でも、ヘヴィーデューティーなんて言葉に弱いので、使わないであろうグッズにも所有欲が湧いてしまいます(笑)
「ライト」なんかにもムラムラしてしまいます。
絶対、恵峯さんも持ってはるでしょ?
好きでしょ~?(笑)

やきにくさんも「好き」そうですね~(笑)

当地では「新モノ喰い」と言いますが、
ちょっと新しいモノを見つけると、
ぐらっときてしまいます(^^;)
少しずつ、進化していたり、以前にはついていたのが省略されてたり、悩みつつぐらっと・・・(^^;)
単車と同じですね(。。 )\バキッ☆

ヴィクトリノックスが無い、のは、こだわりというわけでもなく、実は、3つくらいあったんですが(笑)
やはりプライヤーが無い、もしくは小さい、という理由からラインナップからはずれています。

「ヘヴィーデューティー」って言葉、
くすぐられますねぇ~(笑)

「ライト」好きです!(笑)

いっぱいありますよ~(^-^)v
そのうち「ライト編」いきますね~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/11388303

この記事へのトラックバック一覧です: マルチツール:

« 奥の院勧募受付所完工 | トップページ | さて? »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ