サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« フェリーのベロベ浪漫(^^;) | トップページ | 東北ラリー 午後の部 マスツー »

2006年9月17日 (日)

東北ラリー 午前の部 ソロツー

ぐっすり寝た、快眠だ(^-^)
そりゃそうだ、ツーに出られてご機嫌な上に、
夜中に銀に寝込みを襲われ、
顔中をなめられる事もないのだから(笑)

時間は午前5時14分、
まもなく、セットした目覚ましが鳴り出す、
これもまた快調の証拠(^-^)
快調の時は、体内時計が超正確なので、
セットした時間の1分前くらいに目が覚めるのである。

夕べ、別に買っておいた缶コーヒーを飲む。
旨い!
手早く支度をしてると、船底から、

がらんごろんぐぁんぐぁん・・・と接岸のための音が聞こえだした。
いよいよ秋田到着だ~(^-^)

060917syuppatu 車が先に降りていく、空はどんよりと曇ってるが、
雨は降っていない、
ラッキぃ~!\(^o^)/
夕べの雨を考えれば、天国みたいな天候ではないか?(笑)

てなことで、乗船したのも最後なら、降りたのも最後(笑)で、
秋田港に降り立った。060917akitako

道は濡れてるが、ハネが飛んでくるほどでもなく、
走るに連れて路面も乾きだした。
嬉しいね~(^-^)

さて、秋田から雫石までの最短距離は、
R13からR46をつないで110kmほどだが、
当然、そんなルートは選ばず、
(つーか、楽しいルートをaokiさんに教えてもらいました~m(_ _)m)
まず、最初の目的地である、八郎潟の54号線を目指す、
八郎潟を東西に貫くストレートで、延長は約11km!\(◎o◎)/!
060917straight ここが入口、先はかすんで見えない(笑)
7km付近に2箇所ジャンプ台があると聞いていた。
どんなんかな~と思いつつ、いったん5.5km地点で停まって、
前後を撮影。
060917mannaka 060917mannaka2 前も後ろもまっすぐ~で、
前方の景色なんか出発時からほとんど変わってない。
もう、笑うしかないよ、ここ。
で、ジャンプ台、
aokiさんからは『○○○km/h以上だと必ず飛んじゃうからね~』と聞いていた。

・・・その通りだった(笑)

着地した際の、野口装美製シートの優秀さに感謝しつつ、笑顔で進む。
54号から37号とつなぐ、道は完全に乾いている(^-^)
あたりは関西では見られないほど頭を垂れまくった稲穂が延々と続く、
きっと、豊作なのだろう(^-^)
そんな秋の実りの中を快走させていただくm(_ _)m

五城目街道をちょっと北上し、
これまたaokiさんご推薦の「くまげらエコーライン」へ、
ここもいい!
なんだか地元へ帰ったみたいなワインディングだ。
続くR105も快走快走~\(^o^)/
060917mataginosato 道の駅「あに」 マタギの里で小休憩。
看板には・・・
060917yagutisennsei おぉ~ 矢口高雄センセイの世界だ~(^-^)

と、ここの駐車場で、
『和歌山から来たのぉ?』とおじいさんに声をかけられる。
『これから どこさいくだ?』みたいな感じで聞かれたので、
「田沢湖を通って雫石です」と答えたら、
『だみだよ、田沢湖は今日、マラソンで通行止めだぁ』との事、
親切な情報にお礼を言い、しばし考える。

ドースル?
夕べのフェリーに乗り遅れそうな「ドースル?」とはちと違い(笑)
余裕の、ドースル?だ(笑)

まぁいい、田沢湖畔が駄目なら引き返すか別のルートを取ればいいのだ。
こんな時、「道に迷い慣れてる身」はツヨイぜ~(笑)

てなことで、さらにR105を南下。

田沢湖畔に着いたら・・・
パトカーが停まり、交通整理の真っ最中。

「雫石方面に行きたいんですけど、駄目ですか?」

『まだ大丈夫だよ、あと15分で通行止め開始だからね』とおまわりさん、

ラッキー\(^o^)/

いそいそと進む。
060917tazawako 絶好のポイントを見つけ、急ぎ写真を撮る。
さすがは日本一の深度、深く濃い藍色が目の前に広がっている。
(画像では照り返しで表現できてない(>_<))

060917marathon で、しばらく走ると、アップのため、すでに走ってる人がいっぱい。
060917ukenerai ほんでもって、やっぱり、この手の「ウケねらい」の人なんかもいて、
めっちゃ平和な雰囲気だった(笑)

さてさて、田沢湖に別れを告げ、R341からR46へ入ると、
これも情報通り、東北の道とは思えないほどの混雑ぶり(^^;)
おまけにまた小雨もぽつぽつきたりしたのだが、
060917tyaya 今回の楽しみの一つ、仙岩峠のおでん屋さんに到着~(^-^)
060917oden 想像していたよりあっさり系で、朝食代わりにはちょうど良い感じだった。

てなことで、いよいよ雫石プリンスは近い(^-^)

はやる気持ちを押さえつつ、しばしソロツーを楽しみつつ、
分岐点に着いたら、やっほぉ~\(^o^)/

060917ohutari 予告通り、サリバンご夫妻が出迎えてくれました~
しかも、ポンポン付き!(^-^)

ありがと~m(_ _)m

てなことで、初対面にもかかわらず、
ずっと前からの知り合いみたいな感じで、ご挨拶し、
いよいよ雫石プリンスへ向かうのでありました。

« フェリーのベロベ浪漫(^^;) | トップページ | 東北ラリー 午後の部 マスツー »

コメント

バレリーナ姿の人は出来ればクルクル回りながら走って貰いたいですね~。

15分でOUTだったとは、
めっちゃ、出だしから幸先良いですな~♪

へへへへ、顔出し、初登場だす。(*^_^*)

やっぱり 飛びましたね。
ダメですよ 人の言いつけは守らないと・・・(爆)

SALLYさん、田沢湖を通過できたのは、
ホント、ラッキーでした。
バレリーナの人、さすがに、白鳥さんは付いてませんでしたが(笑)楽しそうでしたよ~(^-^)

てなことで、もっとUPで載せたいくらいの美男美女カップルなのですが、
個人情報保護の意味で小さめに載せました。
事後承諾、ご海容くださいませ~m(_ _)m

aokiさん、
『○○○km以上だと必ず飛ぶからね~』っていうのは、
「飛んできなさい!」という指示だと思ってました~(笑)

秋田と岩手の道の印象の違い、
もっともっと体験したくなりました。
ありがとうございます~m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/11984781

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ラリー 午前の部 ソロツー:

« フェリーのベロベ浪漫(^^;) | トップページ | 東北ラリー 午後の部 マスツー »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ