サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

ふっくらまんま新潟(^-^)

昨日の「さて何でしょう?」について、
けっこう反響があり驚いた(^^;)
何の変哲もない箱ゆえ、
かえって仕様用途がいろいろ考えられて混乱するのだろうか?
てなことで、
これが使い込まれると・・・
060930tuetate こうなるわけである。
つーか、ぼちぼちこれを引退させるために、
新しい「杖立」の御発注となったのだろう。

で・・・よくよく考えると、
「杖立」ってわざわざ書いてあるという事は、
書いておかないと、
それこそ、ゴミ箱と間違えたりする人がいるからなのだろう(^^;)

なるほど、わかりにくいわけである(^^;)

さて、本日、るんたのBBSで、
美味しそ~な、焼き肉&キムチ画像を拝見してしまい、
しんぼうたまらず、こちらも焼き肉・・・
では芸が無い!(笑)
つーか、夕食はなるべく控えめにしなければね~(ToT)

で・・・そうや、あれがあった!
てなことで、先日届いて出番を待っていた
「ふっくらまんま新潟」さんの
http://store.yahoo.co.jp/fukkura-manma/
「こしいぶき」をば炊いてもらったのだ~\(^o^)/

いやその別に・・・(^^;)
焼き肉に対向したわけではないが、
美味しいモンを食べたかったの~(^^;)

で・・・
すごいよ~これ!
炊きあがってカミさんが一言、
『お米が光ってるわよ~』

てなことで、画像に撮ろうとしたら、
かぐわしくも甘い香りに早く食べたくなって、
あわてて撮ったら画像がピンボケしてしまった(^^;)

060930kosiibuki1 う~ん、旨そう~~~

060930kosiibuki2 こういうご飯を味わうためには、白身魚と海苔だ~(笑)
一口、食べてみる・・・

うん!んんめぇぇぇ~~~~~!!!

「おねば」の食感が口腔をくすぐる~~~
なのに、
一粒一粒に美味しさが凝縮されてるのがわかる~~~

ご飯をおかずにご飯が食べられる~~~\(^o^)/

てなことで、禁断の3杯飯になっちゃった(。。 )\バキッ☆

しかし、悔いなし!
さっそく追加注文したという次第(笑)
今度はコシヒカリだ~(笑)
赤米と黒米も注文したぞ~

届くの楽しみぃ~\(^o^)/

第177週+3日目の朝 77.6kg
昨日±0g トータル -18.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

うむ・・・週末、心して・・・(^^;)

2006年9月29日 (金)

謎の箱 (^-^)

060929box1 さて、何でしょう?

材料は「杉」
大きさは、タテ×ヨコが27㎝×27㎝
高さは33㎝

060929box2 底には穴が開いていますが・・・
もちろん「植木鉢」ではありませんし、
「傘立て」でもありませ~ん、

簡単でしょ?(^-^)

てなことで、正解者には・・・
「さすが~!」という賛辞を送りたいと思います~(笑)

第177週+2日目の朝 77.6kg
昨日-200g トータル -18.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

おお!
久しぶりぶりの連続減~(^-^)

2006年9月28日 (木)

銀の鼻にも線が・・・(笑)

060928foma まずは本日のFOMA状況(笑)
午後から快調、
午後6時現在で3本ピンコ立ち~
たのむぞ~
この調子でがんばってちょーだいよ~

てなことで、FOMAには3本の線が、と思ったら、
060928gin2 銀の鼻の頭にも2本の線が・・・(笑)

ハクと仲良くバトルした結果らしい(^^;)

痛がりもせず、鼻面を押し付けてくるのだが・・・
060928gin これ、跡が残るよね~(^^;)

まぁええか(笑)


なお、本日、銀の血統書が届いた。
自慢じゃないが(^^;)
「血統書」なんて見るのは生まれて初めてだ(笑)
どうにもこうにも、この手の権威付けっぽい書類が苦手で、
ペットショップにも「特に必要ありません」と言っておいたのだが、
送りつけないと向こうが困るらしい(笑)
060928ginpedigree

で、それによると銀の登録上の名前は、
「DRAFTER」というのだそうだ、

おお!
「DRAFTER」にはいろんな意味があるが、 
私にとっては、長年親しんだ単語であり、
それはすなわち・・・
ずばり「製図台」なのである(笑)
(※武藤工業の登録商標)

やっぱり何か縁があったのかもね(^-^)

娘はさっそく『君はドラちゃんやったんやね~』

う~ん、ドラ息子にはならないで欲しい(^^;)

ちゃんちゃん

第177週+1日目の朝 77.8kg
昨日-200g トータル -18.2kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

うし!納車祝いもほどほどにぃ~(^^;)

2006年9月27日 (水)

シーサー君Ⅱ世

今日もFOMAの調子が悪い、
昨日の朝の快調ぶりは何だったのだ?(^^;)

てなことで、
ちょうどFOMAのアンテナを囲う塀の工事の打ち合わせがあったので、
現地へ行ってみる。
060927antenna 機械群からはぶぅ~~~んと音はしている(^^;)
打ち合わせを終えてから、
担当の方に、「もう稼働してますよね?」と聞くと、
『昨日から本格運用されてるはずです』との事、
しかし・・・
『あれ?おかしいな、私のFOMA、1本しか立ってない・・・』
これ、アンテナの真下での会話である(笑)
避雷針の論理?で(^^;)近すぎるゆえ×なのか?(^^;)

その後もFOMAの感度はイマイチなので、
昼休みにふたたびmovaをメインにし直してると、
ダイハツから電話がかかってきて、
本日納車できそう、との事。
おお!
ちょうど明日で事故後1ヶ月だ、
そういえば前車の納車も事故後1ヶ月目だった・・・(^^;)
あの1ヶ月は特に苦ににならない1ヶ月だったのに、
この1ヶ月は待ちくたびれた1ヶ月だったなぁ・・・
というのも、3月中は晴れ間が多く、移動はApeで行い、
荷運びも軽トラでOKな仕事がほとんどだったからである。
ところが、9月中は雨の日が多く、それに加えて、
濡れてはいけない看板とか植木鉢とかを運ぶ作業が多かったからだ。

本来なら看板や植木鉢を運ぶのに使わざるを得なかった養生シートなども、
「営業損」として賠償してもらわなければ・・・
なんて考えるとまたまたダークサイド一直線なので(笑)
あらためてシーサー君の価値がわかった1ヶ月、としておこう(^-^)

060927atray てなことで、やってきましたシーサー君Ⅱ世。

色も同じにしたので顔つきは一緒、
060927atray1 内装だけが黒になり、インパネもちょっと変わった。

その他は、「装備も荷物も全部載せ替えといてね~」
と、依頼しておいたのだが、非常に忠実に守ってくれたようだ(笑)

なにしろ、インパネ上のゴルゴ13までちゃんと張りなおして再現されており、
060927atray3
おまけに、1ヶ月前のゴミまでちゃんと残しておいてくれた(笑)
060927atray2

さて、今度こそ(^^;)
永くつきあえるよう、自らの安全運転だけでなく、
無謀な車にぶつけられないように細心の注意を払わなければならない。

ガソリンだけは積み替えてくれなかったらしく(^^;)
ガス欠寸前だったので、とりあえず給油に行ったのだが、
GSへの往復は、対向する車が全部ぶつかってくるような錯覚に陥り、
非常に怖かった{{{{(+_+)}}}}

とにもかくにも安全運転~~~である、

第176週+7日目の朝 78.0kg
昨日-200g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

やれやれ、やっと・・・?(^^;)

2006年9月26日 (火)

FOMA一日天下?(^^;)

060926foma BBSにも載せたが、
ついに近所のFOMAのアンテナが稼働しはじめたようだ。
それに伴い、movaのアンテナの指向性が変更されたようで、
うちの事務所で、
FOMAの受信感度が3本立ち、movaが1本となった。
高野山中がこんな感じではないと思うが、
ぼちぼちFOMAに完全移行かなぁという感じだ。

しかし・・・
今までmovaでも圏外だった木屋の休憩所とかでも、
FOMAが使えるというのは奇妙な感覚だ、
そこら辺を電波が飛びまくってるんやろなぁ・・・
何か怖いような気も・・・(^^;)

で・・・movaの自動電源オンオフや目覚ましをカットし、
FOMAの方をセットし直したりしたのだが・・・

060926foma2 夜に、ふと見ると・・・
ガーソ!( ̄□ ̄;)

FOMA圏外~(>_<)
かろうじてmovaは2本立ってるが、アヤシイもんだ、

現在いろいろ試行中で、
夕方にいったんFOMAの電波がカットされたのか?
それならまだマシだが・・・(^^;)
このまま、FOMAも中途半端、
movaも指向性が変わって送受信しにくくなったら・・・(>_<)

ドコモさん、しっかりしてや~
たのんまっせぇ~~~(^^;)

第176週+6日目の朝 78.2kg
昨日+100g トータル -17.8kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.63kg

うわぁ止まらん~(>_<)

2006年9月25日 (月)

元総理大臣の命?を救う!(笑)

某大学(って、丸わかりか?(笑))の
施設担当課長から電話、
この方、巨大な校内の営繕を一人で引きうけてるもんだから、
大変、苦労が多い人である(^^;)
旧知の間柄なので、冗談が言いやすい(笑)

『ちょっと見てほしいとこがあるんですが』

「はいは~い、またしょうもない用事でしょ?」

『ホント、しょうもない用事ですけど・・・』

「はいはい、覚悟してます~」

で、行ってみると・・・
体育館の天井の化粧PB(プラスターボード)のボーダーが、
1枚だけ落ちかけてる。
060926ceiling2
 
『これなんですけどね、
 県警の方から危険ではないかと指摘がありまして・・・』

「へ?何で県警が?」

『10月の1日の記念式典にナカソネさんが来るもんで、
 今日、県警が事前調査に来て、指摘されたんです』

「あぁなるほどナカソネさんね~」

※高野山には「奉賛会」という各町内会長を主体とした組織があり、
 青葉祭り等の宗教行事を主催しているのだが、
 昭和59年の、弘法大師御入定1150年御遠忌大法会の際、
 故 ・岸 信介元内閣総理大臣が会長に就任し、
 全国的な組織としての「御遠忌大法会奉賛会」が結成されたのである。
 大法会成満後、この奉賛会は、
 「高野山弘法大師奉賛会」と改組され、、
 岸元総理大臣亡き後、故・福田 赳夫会長を経て、
 現在は、中曽根 康弘氏が会長職に就いているのである。

しかし・・・
よりにもよってこの場所・・・

吹き抜け+階段の真上という悪条件、
高さはざっと8m50cm・・・
060926ceiling4 てなことで、どれだけ高いか、
パノラマで撮ってみた(笑)

「しかしこれほどしょうもない用事とは思いませんでしたね、
 あれはもう完全に施工ミスですよ~
 つーか、手抜き工事の典型です~
 接着剤を使ってないのが下から見てもまるわかりですがな、
 この体育館建てたゼネコンにクレーム付けたらどうです?」

『日がないから間に合わないんですよぉ』

「気が進まんなぁ・・・
 何でうちが尻ぬぐいをせんならんのぉ~」

『そんな事言わんとお願いしますよ~』

「まぁ、軽い材料やから落ちてきても死ぬ事はないですよ、
 この下を通るときだけ、
県警が傘でもさしかけるってのはどうです?」

『誰が県警にそんな事言えるんですか?お願いしますよ~』

「ナカソネさんの○○頭にこいつが落ちるとこ見たいな~」

『アホな事言わんと、ね、ね、ね、』

「わかりました、ほな来週来ます~」

『式典は1日ですってぇ~!』

あんまりからかってると悪いので(笑)仕事にかかる、
060926ceiling_1
しかし、笑ってる場合ではなく、
これってホントは危険な作業なのである。

てなことで、足場を組んで梯子をかけて・・・

060926ceiling3 じゃんけんで負けた職人さんが登る(^^;)

私?工程写真を撮る係やもんね~(。。 )\バキッ☆

それにしても、施設担当課長といい、
事前に調査する県警といい、
みなさん、ご苦労様です(^^;)

てなことで、ナカソネさん、
どうぞ安心してご来山くださいませ~

ちゃんちゃん。

第176週+5日目の朝 78.1kg
昨日+100g トータル -17.9kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.53kg

微増・・・ヤバいぞ~

2006年9月24日 (日)

銀の家

久しぶりの銀の話題(^-^)

東北ラリーから帰ってきたら、
二日見ないだけで別犬?みたいに足と鼻が伸びてて(笑)
体重も9kg近くになってた。060924ginosuwari

トイレはほぼ完璧に覚えたので、
最近はリビングで遊ばせる事ができるようになり、
060924gin1遊び疲れるとテーブルの下で寝ている。
大きくなったとはいえまだ子犬なので、
目玉と顔の比率があっていず、
寝ていても薄目を開けている状態(笑)

眠い時に限るのだが、やや落ち着いた感じも見せるようになり、
カメラを向けてもレンズをベロベロなめないようになってきたので(笑)
正面からのUPも撮りやすくなった。
060924gin3
060924gin2 時々、「それに何か意味があるんか?」とツッコみたくなるようなポーズを見せるが、
これもまたご愛敬だろう(笑)

ただ、家人が誰もいない時は、やはりケージでお留守番となるのだが、
今までのケージではいかにも狭すぎる。

てなことで、ペットの部屋を改造し、大きいケージを導入する事になった。

ついては、佑真が小3の時に作った大作、
060924yuma 大観覧車を撤去することに・・・
ちょっと残念だが仕方がない、
060924toto1記念に、トトに登場願って、
ハムスターみたいにぐるぐる回してる画像を・・・(笑)

060924toto2 しかしこれ、トトのお腹の下に移っている指でわかるとおり、
ヤラセだ(。。 )\バキッ☆



いつもなら喜んで回すのだが、
今日は寝ているのを無理矢理起こして観覧車に載せたので、
非常にイヤがっている(笑)
060924toto3 なんとか単独で回してる1枚を記念に残しておこう(^-^)

てなことで、あれやこれやと整理して、銀のケージ完成~(^-^)
060924gincage

気に入ったかな?

第176週+4日目の朝 78.0kg
昨日±0g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

増えたまま変わらず・・・(>_<)

2006年9月23日 (土)

何でもやりますぅ~(^^;)

『これどないかならんか?』と、
某ご住職から電話。
060922candlestick1 燭台の頭部が取り外式なので、
時々、小坊主さんが落とすのだそうで・・・(^^;)

060922candlestick2蝋燭を刺す剣が曲がってしまっている。
何しろ無造作にろうそくを刺す小坊主さんもいるため(^^;)
儀式の準備をまかせておいて、
いざ拝もうとしたら、
こんな感じになってる事があるらしい・・・
060922candlestick3

『あまり気の利かない小坊主が刺しても、
 ちゃんとまっすぐになるようにしてちょうだい』

「・・・なんとかしましょう」
と言ってみたものの、
これ何で出来てるの?
亜鉛に金メッキでもなさそうだし、
とりあえず(^^;)
ゴムハンマーで軽く叩いてみると・・・

もろい~(>_<)
絶対、鋳物や~
下手に曲げたらポッキン!か、
根本から取れてしまいますがな~(>_<)

てなことで、これでどうです?
060922candlestick4
・・・って、
曲がってない方から撮ってるだけやーん!(。。 )\バキッ☆

てなことで、ヒミツの技を使い(^^;)
慎重に慎重に整形して・・・

なんとかこんな感じに(^-^)v
060922candlestick5

お役にたてれば幸いですぅ~(^^;)

第176週+3日目の朝 78.0kg
昨日+200g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

増えた・・・(>_<)

2006年9月22日 (金)

ご報告m(_ _)m

あの災難から3週間が過ぎ、
事態がこれ以上変わらない事が確定したので、
ここに記録し報告する。

結局、壊れ方からして修理して乗る事はあきらめざるを得ず、
ディーラーには、自腹で新車を購入するという事で、
現在、納車を待っている状態である。

9月5日のブログでは、私の「被害額」は64万円と書いたが、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/09/post_02ee.html

あれから、修理したと仮定した上で、
その下取り価格が下落する、いわゆる「車格落ち損」について、
保険会社とやりとりし、10万円の追加補填を勝ち取った。
ただし、これには条件があり、
「おばはん側へそれ以上の補償を求めない」という示談書付きなのである。
この条件を呑むのは非常に悔しいが、
おばはんからはついに誠意ある謝罪は得られず、
これ以上追求しても、こちらがダークサイドに陥るだけだと判断した結果である。

なお、このブログに書くと情報漏れとなる可能性があったので、
今まで書かなかったのだが、(複数の人には直接意志を表明していた)
当初より、新車から4ヶ月、1000km以上の走行という条件を考え、
丸々おばはんに負わせる事はせず、
おばはんが心から反省し、保険以上の補償を行うという事であれば、
被害額を折半する事を考えていた。

つまり、おばはんが、64万円をもってくるならば、その場で半分に割り、
32万円は返してやろう・・・、というような事も考えていたのだ。
おばはんが、『毎月いくらかずつでも・・・』と言ってきた場合でも、
半額の話をしようと思っていた。

そういう風に思っていた自分がアホらしい(笑)

ホンマに世の中にはこんなおばはんが棲息してるんや、
と、わかっただけでも今回の収穫か?
怖いねぇ~(^^;)

しかしまぁ、怒りに目をくらませ、おばはんを呪うような事をすれば、
それは結局自分を貶めることになるだろう。
おばはんと同じダークサイドに逝ってしまう事になる。

車の被害には遭わされたが、
心の被害は、自分の心がけで避ける事ができるはずだ。

だから・・・
もうええわ(^-^)

おばはんはおばはんの人生を行けばいい、

私は私の道を行く。

実はこんな状況でも、
あのおばはんがこんなおばはんになってしまった事を、
哀れに思う自分もいる。

それはすなわち、自分がシアワセに暮らさせてもらってるおかげだろう。

家族や友人、職場の人、取引先、
そして何より、風の馬るんたに集ってくれる人達、

みなさんのおかげですm(_ _)m

てなことで、私、すっきりしてますので、
どうぞご安心くださいませ(^-^)
色々ご心配をかけ、ご配慮いただきました事に、
ひたすら感謝申し上げる次第ですm(_ _)m

ありがとうございましたm(_ _)m

第176週+2日目の朝 77.8kg
昨日±0g トータル -18.2kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

今日も変化無し(^^;)
増えなきゃええよ、もう~(^^;)

2006年9月21日 (木)

基本的にはFAXなのだが(笑)

朝、電話がかかってきた、
『本日、予定通り納入させていただきます~』

ガーソ!( ̄□ ̄;)   
最近、よくガーソ!となる・・・
よほど忘れっぽくなっているのだろう・・・(。。 )\バキッ☆

つーか、看板と植木鉢の件でてんてこ舞いしてたので、
他の事を考える余裕が無かったのである(^^;)

060921copyfaxprinterscaner てなことで、こいつが来た。
FAXである。
というのも、従来のFAXがすでに6年目に突入し、
昨年すでにリースアップしたのだが、
調子がイマイチ・・・にもかかわらず、解約手続きを忘れていて(^^;)
高~い単年度保守契約を結ばざるを得なかったのであった(>_<)
で、今年はちゃんとそれを忘れずに・・・という事ではなく(^^;)
A2コピーの保守点検に来た事務用品の営業さんが、
『単年度保守契約で行くより、お得なリースを用意しますので・・・』
ってなことで、こいつを薦めてくれたというわけ(^^;)

つまり、カラーレーザープリンターでスキャナでコピー機に、
FAXの機能を追加してた上でそこそこの値段にしてくれるという。

少々迷ったのだが、毎月の工事写真代を考えると、
こちらの方がコストパフォーマンスで優っているし、
A2コピー機のカウンターも減らせるので一挙両得・・・らしい(^^;)
つーか、この営業さん、大変信頼のおける人なので、
いつもおまかせ状態なのである(笑)

てなことで、さっそく試しに先日の画像を・・・
060921print 普通紙でこれだけ出力できれば文句はない、
速いしね(^-^)

って、基本的にはFAXなのだが、
本末転倒なインプレになってしまっている(笑)

何せまぁ、せいぜい活用いたしましょう~

第176週+1日目の朝 77.8kg
昨日±0g トータル -18.2kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

変わらないということは良いことか?(^^;)

2006年9月20日 (水)

慶祝!

先日の「物体」がいよいよお目見え~

金剛峯寺山林部により、高野槙が植えられ、
これが完成形。
060920maki_1 つまりあれは、
高野槙の高野槙による高野槙のための植木鉢だったのである(^-^)

てなことで、別に謹製させていただいた、
060920kanban こちらは檜製の看板と一緒に、
金剛峯寺前、伽藍、中の橋、奥の院、の4箇所に、
慶祝記念として設置したという次第。
(看板の隅に薄汚れたような(^^;)布が写ってるが、
 これは汚れてるわけではなく、墨で字をかくため、
 にじんだりしないよう、砥の粉を塗布した跡なのである)


060920hasira 現場で柱を取り付けて・・・

060920kase 倒れないよう十字に枷を組んで、
防腐剤を塗布して、
約1m掘った穴に埋めるのである。
途中で水を入れ060920honzanmae1 土を締めつつ、まっすぐに建立~(^-^)
ちなみに、字は・・・不肖、私めが・・・
って、そんなわけないやろー!(。。 )\バキッ☆

当然、金剛峯寺のご祐筆によるものである。


てなことで、これが本山前完成~060920honzanmae








伽藍~060920garan









中の橋~060920nakanohashi








奥の院~060920okunoin








おめでとうございます~(^-^)


第175週+7日目の朝 77.8kg
昨日-200g トータル -18.2kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

おお!減り始めた?

2006年9月19日 (火)

FOMA復活~(^-^)v ちょっと(^^;)

さて・・・
楽しいツーも終わり、朝から仕事、
で、FOMAをドースルか?

どーしよぉ~?(^^;)

おりもおり、9月の24日から、
近所のFOMAのアンテナが稼働するのだそうだ。

むっきぃ~!

この日のために、わざわざ、
2年以上も前からFOMAとmovaのデュアルを組んできたというのに・・・
http://www0.yapeus.com/users/onnon/?page=36&

で、いつものドコモショップに電話してみた。
「外見がボコボコやけど、中身はダイジョーブみたい」
すると店長が、
『それなら上限5000円で、ケースだけ交換できますよ』との事、
おお~\(^o^)/
それならなんとかいけるやーん(^-^)v

060919crm で、銀のペットシーツを買いに行くついでに(笑)
ドコモショップへGO~!
(昨日、あれだけ走ったのに、
 今日もやっぱりはしりたかったらしい(笑))

と・・・
060919wp 最近全然、新機種をチェックしてなかったので、
(それだけ、この機種が気に入っているという事だろう)
知らなかったのだが、
「SO902iwp+」つまり、防水型が発売されていた。

う~む・・・としばし悩む。

仕事的には7級クラスといえど、防水の方が良い、
ただ・・・
①902という機種名に変更無しという事は、
 若干ライムラグがある(つまりキータッチの反応がmovaに比べ遅い)特性も解決されてない。
 (これについては、ダウンロードデータの量にもよるそうで、つまり私は着メロ入れすぎ!(^^;))
②キーが押しにくい形状。
 (この手のSONYの携帯って、
  最初のプレミニから始まって、新機種になるたびにキーが押しにくくなってると思うのは、
  私だけではあるまい(^^;))
③高い!
 (そらそうだ、今の機種は今年の3月に変更したばかりだった(^^;)

で、防水型は次のモデルで狙う事にし、
今回は、ケース交換サービスを頼もうとしたのだが、

『個人情報保護という事もあり、
 預かった携帯はすべてメモリがクリアされます』との事。

げっげぇ~!
電話番号はmovaから移せるけど、
他のダウンロードデータが全部消えるのはイタ~イ(>_<)

たかが着メロ、されど着メロ(^^;)
私の場合、グループ用と個人用として、
複数のサイトからダウンロードした約100曲の着メロを、
600件ちょっとの電話帳にこまめに振り分けていて(笑)
これにはちょっとこだわりがあるし、この着メロでの区別がないと、
かかってきた電話に対処できないのだ(^^;)
単車系でも「ワルキューレの騎行」だとか、「ポピーtheクラウン」とかで、
かかってくる人が着メロでわかるようにしてるし、
仕事関係などでも、職人さんと会社関係等、
つきあいの程度で着メロを区別している。

何より施主さんや寺院さん系は、かかってきた音で、
あらかじめ「心構え」しておかないと、
それはそれはオトロシい方もたくさんいらっしゃる(^^;)
ちなみに、恐ろしい筆頭の方は、宇宙戦艦ヤマトの白色彗星のテーマであり、
以下、ターミネーターやジョーズのテーマと続いていく・・・(^^;)
もし、私の携帯が白色彗星のテーマを奏でだした時に、
近くでいれば、直立不動で電話に出る私を見ることができるであろう(笑)

おまけに、その着メロは、デュアルを組んでるmovaと、
それぞれ一致させなければいけないので、
携帯の買い換えって、実は非常に苦労を伴うのである。

いやその(^^;)
そんな面倒くさい事、さっさとやめてしまって、
フツーの着信音だけでいけばええやん、と自分でも思うのだが、
先日のフェリーでのストラップ修理のように、
ちょっと気になり出すと止まらない性格なので、
いつも、「今度こそやめとこ」と思うのだが、
比較的まともなベロベ浪漫状態になった時、
(つまり、眠り込まないで、作業に没頭してしまうヨッパーな時)に、
たいていは徹夜でやってしまうのである。

怖~い相手のために、
白色彗星のテーマを探し続けるヨッパーな夜・・・(ToT)

もうイヤ~(>_<)

特に、「ポピーtheクラウン」とか、「空耳ケーキ」とか、
「檄!帝国歌劇団」とか・・・(ってマンガばっかりやな(^^;))
そして、「ワルキューレの騎行」とかでも、
何種類かあるうちで気に入ったイントロってのは、
今ではどこでダウンロードしたのかよくわからなっていて、
毎回、曲を探すのに、あっちこっちのサイトに入会したりしなければならず、
とにかくめんどっちぃのだー!
おまけに、「ケダモノ」の待ち受け画像だって、
どこから拾ってきたのか覚えてないし~(>_<)

いやだからその、そんな面倒くさい事、やめてしまって・・・と
果てしなく悪循環が始まる前に、決めてしまわねばならない(^^;)

と、店長が・・・
『これはドコモの損になるので、あまり宣伝されてないのですが、
 実は、同一機種に限り、安く再販売するサービスがあるんです』と宣う。

へ?何それ?

『修理するより取り替える。という考え方なのですが・・・
 もちろん、その場合も、ダウンロードデータ等は移植できません、
 ただまぁ、中身だけ取り替えるとすると・・・』以下無言(笑)

おぅおぅおぅ~なるほどぉ~

この店長、長いつきあいなので、
私の性癖(^^;)というか性格を熟知してくれていて、
つまり、
大きな声では言えないが・・・(^^;)

「新しく買い直した新品のケースと、
現行の中身を自分で取り替える事は可能」という事を
暗にアドバイスしてくれたわけだ。

※これ、私が勝手にそう考えてるだけで、
ドコモショップは絶対薦めておりません(^^;)
携帯を分解すると、その時点で何の補償も受けられなくなりますし、
ショップでも万が一の事故に備え、
そういう事はしないよう案内しているはずです(^^;)

「で、それはおいくら?」

『この場合、お見舞い金という事で割り引きもされまして・・・
 ポイントも使えますので・・・
 ええと・・・1820円ですね』

はぁ?

ケースの修理が最大5000円かかるのに、
新品本体が1820円ですかぁ?(笑)

「ちょ、ちょーだい~それで行くぅ~」(笑)

『ただし、分解等されますと、その後の補償は全く効かなくなりますよ』

「わかってるがな~
 その時こそ泣きながら、wp+に変更しにくるがな~」(笑)

てなことで、現品があったのが幸い、
SO902iの新品を1820円で買って帰ってきた。
060919keitaiomote 表から見るとほとんど変わらないのだが・・・
裏は・・・060919keitaiura (笑)

さぁて・・・

やるか~!(笑)

携帯を分解するのは久しぶりだ(笑)
以前はちょくちょく○○した携帯の△△を××したりするために・・・(。。 )\バキッ☆

まずは従来のモノ、
つまりケースが壊れた方を慎重に分解し、構造を調べる。
最近の携帯は、分解した時点で、
ケースのツメが折れてしまうようになってるのもあると聞いている。
SONYはどうか?
半分壊れているだけに、分解はしやすかった(笑)
なるほど、これなら何とかいけそうだ。

で・・・

もう・・・後にはひけない状態に・・・(^^;)
060919keitaibarabara1 その後、一番気を使ったのは、やはり、新品のケース分解だった。
何しろこっちを傷つけてしまうと、なんのこっちゃ~ってな事になってしまう。

060919keitaibarabara2 てなことで、しばし・・・
「共倒れ~」の恐怖と戦いつつ(って、大げさな(笑))
以前の携帯より格段に側面のボタンが増えてるので、
これらをバラけさせないよう組み立てるのはちょっとタイヘン・・・

060919keitaibarabara3_1途中で、新品ケースがあまりにもバラしにくく、
少しくらいヒビが入ってもかめへんや~ん、みたいな
投げやりな気持ちになる事、数回(笑)
しかも、こうやって画像に撮ると、携帯もバラバラ、
パーツの置き方もバラバラで、
何かテキトーそうに見えるのだが(^^;)
実は綿密な計算のもと配置され作業が続いたので・・・ある!(笑)

で、格闘2時間!ようがんばった(笑)
なんとか、旧基盤に新ケースを取り付ける事に成功~(^-^)v
060919keitaiok

やったぜ~\(^o^)/
丸裸になった新品君、ごめんね~m(_ _)m

と・・・喜んでたら・・・

060919buhin 何か・・・この・・・
ちっちゃいパーツが二つ余ってるんですけど・・・(^^;)
つーか、バラしたときに、パラっと落ちたような気が・・・
で、二つあるということは、
どちらからも一つずつこぼれたっちゅー事やね?

ガ、ガーソ!( ̄□ ̄;)

これ何?何?何~?

機能的には全く問題無く使えるので、
たぶん、
おそらく、
そう信じたいが故の考えだが(^^;)
メーカーでないと取り付ける場所がわからないような、
つまり、分解すると必ずはずれる、
つまりつまり、勝手に分解したのが後からわかるように、
わざとついてるパーツ?ではないかと・・・(^^;)
   
いやしかし・・・
それにしては、ちょっと形が複雑すぎるような・・・(^^;)

うわぁ~これ何ぃ~{{{{(+_+)}}}}

これが組まれてないために、ある日突然、爆発したりせんやろな?(^^;)
爆発しないまでも、機能が停止するとか・・・

うっひゃぁ~ 謎や~

でもまぁ・・・

ええかぁ~(笑)

そんときはそんときよぉ~

と、思えるくらい、FOMAの復活が嬉しかったという事で・・・

ちゃんちゃん。

ダ、ダイジョーブやろか?ホンマに?(^^;)

※その後、このパーツの正体も判明(笑)無事完全復活を遂げたのでありました(^-^)v

第175週+6日目の朝 78.0kg
出発前±0g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

東北ラリー出発前と変わらず、
途中で減って増えて減った、って感じか?(^^;)

2006年9月18日 (月)

シアワセな家路(^-^)

てなことで・・・
新たに、FOMAをドースル?という命題ができたわけであるが、
そんな事はとりあえずおいといて(笑)
今日、あと数百キロは走っていられるのだ~
とりあえず、どんどんいっとけ~(^-^)

この時点で、土曜の午後2時に高野山を出てから、
約48時間が経過している。
わずか二日でいろんな事が起こるもんやなぁとも思った。
何もかもおもしろい(^-^)
そこかしこに、るんたがいる、
これも考えてみればおかしなもんで、
なぜ、出かけなければるんたを感じられないのだ?(^^;)

今日、高野へ帰ったら、きっと、身近にるんたを感じられる、
そんな予感もしてくる。

なぜ、単車に乗ってるだけで、
こんなにポジティブシンキングになれるのか?
ホントに不思議だ(笑)

なお、FOMAは念のためポーチにしまって走ったのだが、
さらに、マップケースはぐにゃぐにゃになっていき(^^;)
mioまで落ちそうになったので、テープで止めた(笑)

てなことで、どんどん進む。
先日も書いたが、
いつもは鬱陶しいだけの北陸道トンネル群も、
今回だけは、行きも帰りも味方になった(笑)

行きは豪雨でトンネルの中だけが雨も降らず暖かい、
帰りは酷暑でトンネルの中だけが涼しい(笑)

物事ってのは、ホント「とりようで変わる」ものなのだなぁ(^^;)

そうこしてるうちに日が陰りだし、南条SAで休憩と給油。
そばとミニカツ丼、792kcalを食す。
『カロリー、大丈夫ですかぁ?』とアフランシさん、

「きょ、今日はもうええんですぅ~」と、いつものセリフ(。。 )\バキッ☆

そして、アフランシさんにお願いし、南条SAからすぐのPAにも寄ってもらった。

そう、あの「杉津PA」である(笑)

6月の東北ツーで往路では「シアワセの青いチケット」をもらい、
帰路では、奇跡の夕焼けを見せてもらったPAだ。
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/06/post_9a09.html
今日も、狙ったわけではないのだが、ちょうど頃合い、
PAから夕日を眺めたくなったというわけ(^-^)

で、この1枚。060918yuyake
夕日が落ちる方角もずいぶん西寄りになっていて、
あれから、三ヶ月が過ぎたのだという事が実感できる。

また、ちょこっとるんたの事を思い出し・・・
完全に夕焼けになるまで見てたら泣けてくるかもしれないので(^^;)
そのまま、休憩はせず出発~

アフランシさん、おつきあい、ありがと~m(_ _)m

てなことで、それからは夜道をひた走り~
桂川PAで、しばしアフランシさんとおしゃべりして、
吹田到着~

060918suita 恒例(笑)の「チケットとのお別れ撮影」を行う。

060918hashimoto ほんでもって、橋本まで来て、ドトールコーヒーで一服。
GSをしげしげと眺める。

LTもそうだが、こいつもホントに頼りになる相棒だ。

このツーの最中、途中で何度タンクをぽんぽんと叩き、
「おおきによ~」と語りかけた事だろう(^-^)

私には、特に単車を擬人化する趣味はないのだが、
やっぱりこいつはスゴいヤツだと思う。
しかもこのツーでますます惚れ直してしまった(^-^)

また、行こな~(^-^)

てなことで、午後10時前に無事高野着、

家族が笑顔で迎えてくれた(^-^)
やっぱり、るんたはいる(^-^)
二日見ない間に9kg近くになった銀もいる(笑)
もちろん、ナルもトトもハクも、

シアワセな旅をしてシアワセな家に帰って来れた。

ありがとうございます~ m(_ _)m

哀れ FOMAよ(ToT)

さてさて、どっピーカン!の北陸路、
こうなると現金なもので、気分はうきうき~
今年の夏は、銀の世話にあけくれ、あまりツーに出てないので、
なんだか、夏をとりもどしたような気分で走ってた。

で、マップケース、
中には、例によって、ナビのmio168RSとFOMAの携帯を入れていた。
(普段はデュアルネットワークにして、
 http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/03/post_5c7e.html
 FOMAとmovaを切り替えられるようにして使っているのだが、
 ぼちぼち高野山でもFOMAの方が電波状況が良くなってきているため、
 使い方に慣れる意味でも、今回のツーではFOMAを使っていたのだった。)

てなことで、「人生はあざなえる縄の如し」(^^;)

上越を過ぎた頃、何かがタンク上から落ちていった。
へ?
っと、一瞬とまどった後、
!( ̄□ ̄;)  わっちゃぁ~!携帯落ちた~!(>_<)

マップケースが暑さのあまり口を開いてしまい、
FOMAが逝ってしまったのである・・・

とりあえず停止。
アフランシさんも停まってくれ、『今、何か落としませんでした?』

「携帯落とした~」(>_<)

てなことで、落下物は持ち主の責任、
おそらくバラバラになっているであろう、FOMA(の残骸)を回収すべく、
路側帯をてくてくと歩いて戻る・・・(ToT)

アフランシさんもつきあっていただき、
感謝するやら、申し訳ないやら m(_ _)m

しかし、落としたのがmovaの方なら、まだ救いもあるのに、
よりによって、ほぼ新品のFOMAを落とすとは・・・
やっぱり「ヒゴロノオコナイ」かなぁ・・・(ToT)

「あ、あれかな?」

何故か、進行方向右、つまり、中央分離帯側へ落としたはずなのだが、
路側帯あたりに、本体、バッテリー、裏蓋と、そんなに離れず落ちていて、
全部回収できた。

(これはホントに助かった、道にバラバラに落ちてるだろうから、
 ビュンビュンと通り過ぎる車の中で、
 どうやって回収しようと半泣きで歩いていたのだから(^^;))

060918keitai1 で、ちょっと余裕が出来て、
ナサケナイ顔を一枚、お願いします~と撮ってもらったのがこれ(^^;)

060919keitai1 そしてもっと不思議な事に、ケースは壊れているのだが、
画面も、カメラのレンズケースも、無傷なのだ。
バッテリーはかなり凹んで変形している。
(壊れ画像は9月19日撮影)

「こないなったらもうあきませんね~」と、
とりあえず、バッテリーを入れ、
電源ボタンを押してみると・・・

ありゃ?
つくやーん(笑)

今にもバラバラになりそうな本体と、
液がこぼれてきそうなバッテリーの組み合わせながら(笑)
一応、電源は入るようだ。

で、メールも読める、
と・・・
着信音が鳴りだした~!

こんな偶然もあるのだろうか?
aokiさんが、『天候はどう?元気で走ってる?』と
電話をかけてきてくれたのだった。

「北陸道入ってピーカンです~
 今、高速で携帯落として、歩いて拾いに戻って、
 壊れたかな~?と思ってたら、
 aokiさんの電話でどうやら壊れてないのがわかったとこですぅ~」(笑)

しかしホントに、人の笑顔の源になる方なんだなぁと感服しながら、
お礼を言って出発。

060918tige 最寄りの名立谷浜SAにて軽食をとりつつ、
機能をチェックしてみる。

やはり、外観以外は壊れていないようだ。

「輪ゴムでしばって使おかな?」(笑)

『表見せといて、裏返したらウケるでしょうね~』とアフランシさん(笑)

笑いさえとれるなら、それもええかと・・・(。。 )\バキッ☆
このあたり、関西人で良かったのかもしれない(笑)

9月19日「復活!FOMA」につづく(笑)

東北ツー 帰路 午前 雨

今回、出発前から台風接近の報は出ていた。
しかし、帰路の北陸道のどこかですれ違うかな~?程度に思っていた。
ちょっと甘く見ていたのだ。
ところが、17日の昼の予報では、
「沖縄に上陸した台風では過去最大の勢力」というもの、
それが、北陸道をかすめつつ北上するという・・・

ここで、今回の台風で、
亡くなられた方にはご冥福を、
被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げたい。

18日の帰宅組は、皆迷っていた。
台風の進路がはずれる事に期待しつつ、日本海側を行くか、
首都高から東名の混雑を覚悟で太平洋側を行くか、である。

私としても、すでに通い慣れた北陸道を行きたいのだが、
台風の進路によっては、北陸道が通行止になる可能性もあった。

磐越道で新潟へついたとたん、関越道で東京へ戻る、というのだけは避けたい。

またまた、ドースル?である。
今回のドースルは、ちと深刻だ(^^;)

しかしまた、日頃の行いのゆえか(^^;)
とりあえず、出発前まで天気予報とにらめっこして・・・と思ってたのが、
17日の夕方には、どうやら日本海側に逸れる予報に変わった。
しかも、太平洋側が全般に雨、
日本海側はフェーン現象によってむしろ真夏日になるという。

てなことで、食道園さんに行った時点では、
北陸回りで帰ろうと決めていたと言う次第。

ちなみに、同じく18日帰宅組のアフランシさんは、
ノンアルコール派なので、食道園さん宴会を早退し、
福島のカッパ王国まで走り、仮眠した後、帰路につくという。
なるほど、そういう手もあったか、と感心したが、
食道園でノンアルコールなんて絶対無理な自分にも気付いた(^^;)

で・・・アフランシさんてば、
あまりの楽しさに最後までいたもんだから、
午後10時近くから東北道を走り出すはめに・・・(^^;)

こちらは、余裕の午前6時半起床(^-^)v
昨夜、ベロベ浪漫に変身しなかった証拠に(^^;)
aokiさんに教えてもらった道順も覚えてて(笑)
迷うことなく、盛岡大橋を超え、「盛岡南IC」を目指す。
060918moriokaoohasi 雨だ。
しかし、これは、実りの秋に降り注ぐ、やわらかな雨だ(^-^)
北陸道は晴天だと言うし、余裕で進む。

でも・・・高速に入ると、「やわらかな雨だ」なんて言ってられなくなった(笑)
060918kousokuame 行けども行けども雨、雨、雨・・・
小降りになったかと思うと、土砂降り、の繰り返しで、
060918yukute 結局、郡山まで来ても、はるか向こうにほのかに明るい空が見えるだけで、
磐越道に入ってもあいかわらずの天候が続いた(>_<)

どうせ、北陸道で乾くから、と、カッパを着ずに、
ジャケットはTOUR S5、パンツはツアランスのまま走ってたのだが、
浸水は無いものの、だんだん寒くなってきた(笑)

いつもの磐梯山SAで小休憩し、カッパを着ようかどうか迷ってたら・・・

060918ahuransisan あれぇ~\(◎o◎)/!
アフランシさんが到着~(笑)
先行してるはずなのに、「なんでぇ~?」(笑)

どうやら、昨夜の宴会後の、カッパ王国までの道のりがこたえたらしく、
ぐっすり眠りすぎたとの事。
ふっふっふ、飲んだ私より寝坊するなんて・・・
ちょっと恥ずいよね・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

せっかくだからこの先はご一緒に、ということで揃って出発~(^-^)

そして・・・

磐梯山SAを超えてすぐ、
空の色が変わった。
というか、まさに異次元に突入した感じ(^^;)
060918kousokuhare さっきまでの曇天と小雨はきれいさっぱり霧消し、
青空と雲が目の前に広がったのである~\(◎o◎)/!

060918kousokuhare2 その後の磐越道はこんな感じ、

060918kousokuhare3 北陸道へ入ったら、さらにこんな感じ、

東北道の温度は17℃-雨の分で、体感温度は15℃前後の感じだったのが、
北陸道へ入ったら、33℃!+冬物装備で、体感温度は40℃以上~(^^;)

「あっつぅ~!!」

幸い、TOUR S5にはベンチレーションが付いてるので、
インナーを脱ぎ、Tシャツだけにして、念のため持ってきておいた(エライでしょ(^-^))
夏用グローブに替えて走り続ける。
060918tya カップホルダーのお茶もどんどん熱くなる(笑)

そして・・・暑さのあまり、
タンクの上に取り付けたマップケースがぐにゃぐにゃになっていったのだった・・・

以下、哀れFOMAよ・・・(^^;)に、つづく

2006年9月17日 (日)

東北ラリー 午後の部 マスツー

お出迎え地点からすぐ、
東北ラリー会場の雫石プリンスホテルが現れた、
サリバンご夫妻に教えていただいた駐車場に向かうと、
060917aokisan すでに90名以上のメンバーが~(^-^)

まずは、今回の東北ラリーの立役者、
aokiさんとご対面~(^-^)
会場の設定からプチツーのコース設定、
その他もろもろを約1年かけて段取りしていただいたのである。
感謝!m(_ _)m
来る人すべてに笑顔を、と、どんな時でも気配りを忘れない、
060917assembly あれ?どこへ行ったの?と思ったら、
全員を画像に納めるべく、すでにこんなとこに・・・
頭の下がる思いであるm(_ _)m
060917assembly3_1 で、全員集合がこれ~
よくもまぁ、台風にもめげず、
100名近いメンバーが集まったものだと思う。
それだけ、毎年1回のミーティングをみんなが楽しみにしているという事であり、
東北と東北メンバーのみなさんがいかに魅力的か、という事でもある(^-^)

さてさて、各々、久々の再会を喜んだり、お初の方とご挨拶したり、
060917toranpo BMWbikesのナガヤマ編集長の愛車、HP2をなめ回したり(笑)した後、
昼食会場へ、
これまた、aokiさんが交渉してくれてスペシャルランチとあいなった。
060917lunch

060917janken 続いてじゃんけん大会、私は、当然のごとく、全敗!(>_<)
何しろ、ありとあらゆるこの手の催しで、ジャンケンでもくじでも、ビンゴでも、
当たったためしがないのだ。(何か憑いてる?(^^;))
でもまぁ、その分「なぁ~んも当たらんかった~」と言ったら、
斎藤純さんが、サイン入りでbikes最新36号をプレゼントしてくれたので、
かえってラッキー?(笑)
ただ・・・060917mrjun 「恵峯さんへ」って書いてなかったら・・・
売れるのに・・・(。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆

てなことで、不謹慎な考えは捨て(^^;)
いよいよプチツー、
といっても、さすがはaokiさんプレゼンツ!
快走、快走、さすが東北~!ってなコースを、
他の車やバイクにも配慮して、30数台ずつ3グループに分け、
060917meet タイムラグを作って、途中で嬉しい「すれ違い」まで演出してくれた(^-^)
画像は、ユージさんのを拝借m(_ _)m

060917assembly2 網張駐車場にて小休憩、
6月にここへ来た時は、るんたへの傷心ツーでもあった、
今も、るんたの事を思うと、感傷的な気持ちになる。
060917pigeon すると、突然、空にハトの群れが飛び交い出し、いつまでも舞い続けるではないか、
どうやら、今日は雲ではなく、ハトになって元気づけてくれてるようだ(^-^)
るんよ、ありがとう、
お父さんは今日も走ってるよ~(^-^)

てなことで、網張りから雫石プリンスへいったん戻り、
それぞれの目的に向け、三々五々散っていく。
一人一人を画像に納めてくれるのが、
060917master 我らがマスター、tadamiさん、
取っていただいた私とGSがこれ、
060917gs 何?リバウンドしてる?(^^;)
いやそのね、このヘルメットを被ると、どーしても、
ほっぺが膨らんじゃうんですってばぁ~(>_<)


060917hiwatasisanで、帰路はピーマンさんのトランポに便乗するという樋渡さんが、
ライディングウエアから着替えてたので、
「軟弱モノ~」とツッコんだらこの通り(笑)
ほんとに気さくな方である。

060917hazesanmarusansallysan この画像は、
HAZEさんとマルさんを見送るSALLYさん、

HAZEさんとも、ネット上では数年来のおつきあいだが、
お会いするのは今回初めて、
(aokiさんをして、超意外!と驚かせたという(笑))
イメージ通りのダンディな方だった。

そして、夜、
060917syokudoen1 食道園さんにお邪魔して、宴会~\(^o^)/
ただし、明日は、高野山への一気走りが待っているので、
ベロベ浪漫は禁止だ(^^;)

060917reimen てなことで、本日はほろ酔いにとどめ(^^;)
冷麺をしみじみと味わい、
(それにしてもこのスープの透明感はどうだ)


060917syokudoen2_1  なんとか最後まで正気を失わずに済みました~(^-^)v
(私が寝ころんでるのは、デジカメのタイマーをセットして、
 みんなのところへ転がりこんだからで、
 決して、へたっているわけではありません~(^^;))

東北ラリー 午前の部 ソロツー

ぐっすり寝た、快眠だ(^-^)
そりゃそうだ、ツーに出られてご機嫌な上に、
夜中に銀に寝込みを襲われ、
顔中をなめられる事もないのだから(笑)

時間は午前5時14分、
まもなく、セットした目覚ましが鳴り出す、
これもまた快調の証拠(^-^)
快調の時は、体内時計が超正確なので、
セットした時間の1分前くらいに目が覚めるのである。

夕べ、別に買っておいた缶コーヒーを飲む。
旨い!
手早く支度をしてると、船底から、

がらんごろんぐぁんぐぁん・・・と接岸のための音が聞こえだした。
いよいよ秋田到着だ~(^-^)

060917syuppatu 車が先に降りていく、空はどんよりと曇ってるが、
雨は降っていない、
ラッキぃ~!\(^o^)/
夕べの雨を考えれば、天国みたいな天候ではないか?(笑)

てなことで、乗船したのも最後なら、降りたのも最後(笑)で、
秋田港に降り立った。060917akitako

道は濡れてるが、ハネが飛んでくるほどでもなく、
走るに連れて路面も乾きだした。
嬉しいね~(^-^)

さて、秋田から雫石までの最短距離は、
R13からR46をつないで110kmほどだが、
当然、そんなルートは選ばず、
(つーか、楽しいルートをaokiさんに教えてもらいました~m(_ _)m)
まず、最初の目的地である、八郎潟の54号線を目指す、
八郎潟を東西に貫くストレートで、延長は約11km!\(◎o◎)/!
060917straight ここが入口、先はかすんで見えない(笑)
7km付近に2箇所ジャンプ台があると聞いていた。
どんなんかな~と思いつつ、いったん5.5km地点で停まって、
前後を撮影。
060917mannaka 060917mannaka2 前も後ろもまっすぐ~で、
前方の景色なんか出発時からほとんど変わってない。
もう、笑うしかないよ、ここ。
で、ジャンプ台、
aokiさんからは『○○○km/h以上だと必ず飛んじゃうからね~』と聞いていた。

・・・その通りだった(笑)

着地した際の、野口装美製シートの優秀さに感謝しつつ、笑顔で進む。
54号から37号とつなぐ、道は完全に乾いている(^-^)
あたりは関西では見られないほど頭を垂れまくった稲穂が延々と続く、
きっと、豊作なのだろう(^-^)
そんな秋の実りの中を快走させていただくm(_ _)m

五城目街道をちょっと北上し、
これまたaokiさんご推薦の「くまげらエコーライン」へ、
ここもいい!
なんだか地元へ帰ったみたいなワインディングだ。
続くR105も快走快走~\(^o^)/
060917mataginosato 道の駅「あに」 マタギの里で小休憩。
看板には・・・
060917yagutisennsei おぉ~ 矢口高雄センセイの世界だ~(^-^)

と、ここの駐車場で、
『和歌山から来たのぉ?』とおじいさんに声をかけられる。
『これから どこさいくだ?』みたいな感じで聞かれたので、
「田沢湖を通って雫石です」と答えたら、
『だみだよ、田沢湖は今日、マラソンで通行止めだぁ』との事、
親切な情報にお礼を言い、しばし考える。

ドースル?
夕べのフェリーに乗り遅れそうな「ドースル?」とはちと違い(笑)
余裕の、ドースル?だ(笑)

まぁいい、田沢湖畔が駄目なら引き返すか別のルートを取ればいいのだ。
こんな時、「道に迷い慣れてる身」はツヨイぜ~(笑)

てなことで、さらにR105を南下。

田沢湖畔に着いたら・・・
パトカーが停まり、交通整理の真っ最中。

「雫石方面に行きたいんですけど、駄目ですか?」

『まだ大丈夫だよ、あと15分で通行止め開始だからね』とおまわりさん、

ラッキー\(^o^)/

いそいそと進む。
060917tazawako 絶好のポイントを見つけ、急ぎ写真を撮る。
さすがは日本一の深度、深く濃い藍色が目の前に広がっている。
(画像では照り返しで表現できてない(>_<))

060917marathon で、しばらく走ると、アップのため、すでに走ってる人がいっぱい。
060917ukenerai ほんでもって、やっぱり、この手の「ウケねらい」の人なんかもいて、
めっちゃ平和な雰囲気だった(笑)

さてさて、田沢湖に別れを告げ、R341からR46へ入ると、
これも情報通り、東北の道とは思えないほどの混雑ぶり(^^;)
おまけにまた小雨もぽつぽつきたりしたのだが、
060917tyaya 今回の楽しみの一つ、仙岩峠のおでん屋さんに到着~(^-^)
060917oden 想像していたよりあっさり系で、朝食代わりにはちょうど良い感じだった。

てなことで、いよいよ雫石プリンスは近い(^-^)

はやる気持ちを押さえつつ、しばしソロツーを楽しみつつ、
分岐点に着いたら、やっほぉ~\(^o^)/

060917ohutari 予告通り、サリバンご夫妻が出迎えてくれました~
しかも、ポンポン付き!(^-^)

ありがと~m(_ _)m

てなことで、初対面にもかかわらず、
ずっと前からの知り合いみたいな感じで、ご挨拶し、
いよいよ雫石プリンスへ向かうのでありました。

フェリーのベロベ浪漫(^^;)

乗れた。
俺はフェリーに乗れたのだ~\(^o^)/
さきほどまで、9割方覚悟していた、
「忸怩たる思いを抱えつつ泣きながらカッパ王国まで走る」
という事は無くなったのだ。

こうなったら・・・

・・・乾杯だ  (。。 )\バキッ☆

いやその(^^;)
フェリー泊の楽しみといえばこれではないか?ね?ね?ね?

060916dinner てなことで、ごく控えめに・・・(^^;)
夕食を兼ねてこれだけ、えへへ(^^;)

で、「泣きながらカッパ王国へ走るもう一人の自分」を想像したり、
2等寝台の心地よい狭さに浸ったりしつつ、
しばらくしたら・・・
060916after ありゃ? (。。 )\バキッ☆

少し残そうと思ってたのにぃ~(。。 )\バキッ☆

しかしこの時点では決してベロベ浪漫ではなかった。
そもそもこの惨状?も、ブログに載せるためにわざと倒して撮影したのであり、
それが証拠に、ちゃんと後かたづけをして、060916gomi
060916hunbetu全部分別してゴミ箱に入れた。

まぁ・・・
それをいちいち画像に撮ってるところが酔ってる証拠か?(^^;)

そして、気持ちよく寝ようとして・・・

ガーソ!( ̄□ ̄;)   
一難去ってまた一難・・・

060916strap1_1 携帯のストラップが切れてるではないか~!

こういう時、普段なら、「縁起が悪い」と思いがちなのだが、
何せ酔ってるもんで、楽天的だ(笑)
「うむうむ、ここで気付けたのが幸い、
 知らずにいたら、miniライトとストラップを落とすところであったなぁ」

そして・・・

060916strap2_1 やおら、修理を始めたのであった。
時刻はすでに午前1時前、

これがね・・・
結びなおそうとするのだが、なかなかほどけないのだ。
060916strap3 爪が白くなるほど力を入れてたら・・・
ぴょ~んとベッドの隙間へ・・・
060916strap4 アブナイアブナイ、紐を探して、
ベッドごとひっくり返さなければいけないところだった(^^;)
(危機感を演出しようと、わざわざminiライトの照明を当てて撮っている(笑))

で、何とか結び目はほどけたのだが、
今度は紐が金具に通らない。

「しょうがない、とりあえず、今日は睡眠を取って、明日にでも・・・」
と思わないところが、すでにベロベ浪漫?(^^;)
つーか、これではほとんど偏執狂ではないのか?

しかし、本人は至ってご機嫌(笑)
俺は酔うてるよな~でも細かい作業もできるもんね~
「まだ、ダイジョーブや~」と、
まるで根拠のない自信とともに作業は進む・・・

こういう時のために、こいつがあるのだー!とばかりに、
裁縫セットまで取りだして、「糸通し」で、再チャレンジ・・・

060916strap5 結果は、糸通しが壊れただけだった・・・(>_<)

くっそぉ~こうなったらもう~

060916strap6 ってなことで、金具は無視してとりあえずくっつけて気が済む所が、
またまた、エエ加減なベロベ浪漫・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、やっと満足して眠りについたのでありました・・・

2006年9月16日 (土)

新日本海フェリー、どこや~!(^^;)

はっきり言って私は方向音痴だ(^^;)
地図を見るのが下手なのだ。
図面を見るプロのはしくれとしては非常にナサケナイ。
しかしまぁ、一つ言い訳をさせてもらうと、
「建物の中では迷わない」のだ~
それどころか初めて行った建物でも、
だいたいどこに洗面所があるかくらいは見当が付く、
あ、でも、東京駅の構内で小一時間さまよった事があるなぁ・・・(^^;)
いやいやあの時は酔ってたし・・・
全然フォローになってないなぁ・・・(ToT)

それはさておき、
余裕を持って到着したはずのフェリー乗り場が、
「佐渡汽船」乗り場であることを知った時のショック!
しかも、フェリーはあるのだが、人影はない。
念のため、あたりを走り回ってみたが、誰もいない。
キップ売り場も閉まってる・・・

(今調べてみると、佐渡行の最終便は19:30発であり、
 新潟着の最終も22:00着だから、
 私が見たフェリーは翌朝の出向を待つ船だったのだろう。)

さて・・・多少パニック気味ながら(^^;)
こんなに船がたくさんあるのだから、どれかが新日本海フェリーなのだろうと、
あたりをぐるぐると意味もなく走り回ってタイムロスし、
時刻は、午後11時をちょっと回ってしまった。
しかし、この時点ではまだ余裕があったのだ。

いくらなんでも、佐渡汽船と新日本海フェリーの乗り場が、
おそろしく離れている、という事はないだろうし、
こんな時のために、新日本海フェリーの電話番号も、
ちゃんと登録してきたのを思い出したのだ(^-^)v

ふっふっふ、今日はいつもと違うよボクは~
みたいな感じで、電話してみた。

「お電話ありがとうございます、平日の営業時間は・・・」

ろ、録音案内・・・ガーソ!

で、ここで本格的にパニクったのであった・・・

どないしょぅ~(ToT)

こうなると、人は「闘争」か「逃走」を選ぶのだという。
fight or flight というやつだ。

あくまで、新日本海フェリーを探し出そうと努力するか?
はやばやと「あきらめて」福島のカッパ王国へ泣きながら走るか?(^^;)だ

私は「闘争」を選んだ、
というよりは、最後のあがき?

で、とりあえず元の道に引き返したところ、
客待ちのタクシーの列が!

私は、おそらく、ものすごい形相で近づいて行ったのだろう、
タクシーの運転手さんは、あきらかに怯えた表情をしていた(^^;)

「し、新日本海フェリーの乗り場、ご存じないですか?」

合点がいったという表情に変わった運転手さんは、優秀な人だったm(_ _)m

『川向こうになるけど、バイクだと10分くらいだからね~』と
わかりやすく道順を教えてくれた。

「ありがとうございます~」
土下座して感謝しようかと思ったが、時間がない(^^;)
お礼もそこそこに教えてもらった通りに走る。

すると、「新潟空港行」という文字が、
「え~ 俺が乗りたいのはフェリーやでぇ~」と再びパニクった頭に、
続いて見えた文字が、「北海道行」の文字。
「おお~これこれ~」
で、続いて見えたのが「小樽行」の文字、
ここでまた「え~!確か新日本海フェリーって苫小牧行ちゃうの~???」
もう、頭の中ぐちゃぐちゃ・・・(>_<)

私は自分が乗る予定の航路しか調べていなかったので、
新潟~秋田~苫小牧便の他に、
新潟~小樽便がある事を知らなかったのだ(^^;)

で、どうやらそれらしき所に着いたのが、午後11時20分頃。

明々と電気がともったデカいフェリーが見える。

これが新日本海フェリーでなければ、
この雨の中、200km走ってカッパ王国だ、
頭の中では、いろんな考えがぐるぐる、
「俺ってどうせこんな運命なんよ~」
「一人ではフェリーも乗れない無能やもんな~」
「泣きながら磐越道走るねーん」
「いやしかし、秋田から来ると思ってたら、
 盛岡方面から来たって、笑いを取れるかな~?」
ってな事まで考えてしまうのが関西人たる所以か?(^^;)

で、おそるおそる係の人に聞いてみると・・・
『はい、もうすぐ出港です、急いで下さい』との返事、\(^o^)/

やっほ~っとばかりに、桟橋を登ろうとすると、
『チケットが必要ですのでキップ売り場へどうぞ』

え~! そんな事しとったら間に合えへんやーん(>_<)と思いつつ、

「キップ売り場ってどこですか?」

『あそこですよ』

「あそこってどこ?」 と、
もうこうなったら、拗ねてやる~ (。。 )\バキッ☆

『あそこです、すぐそこですよ』と指さしてくれた先に見えた光を、
私は一生忘れない(^^;)

てなことで、キップ売り場に飛び込み、ヘルメットかぶったまま、
「お願いします~」

受付に一人残ってたお姉さんが、
『はい、ネット予約の時に使ったクレジットカードをお見せ下さい』

「げぇ~!何それ~ 聞いてないよ~」(>_<)
(銀行員さんや営業さんに、
 頼まれるままにカードを作ってきたので、数がやたら多い)
VISA?AMEX?JCB?ひょっとしてMaster?

ポケットから財布を取り出し、カードをぶちまけ、
「こ、このうちのどれかですわ」
お姉さん、可哀想な人を見る目になり、
『最初の4桁が○○○○ですが・・・』

「ある!それならあるー!」

てなことで、手続きをしてもらい、フェリーへ乗り込んだのが午後11時26分
なんとか、他の乗船客に迷惑をかけずに済んだようだ(^^;)

060916ferry で、この画像なのである、
GSの固定と、出港準備が同時に行われているのでありました・・・m(_ _)m

東北ラリー(フェリー編)その1

さぁてClub-RTの年一回のイベントである。
今年は昼間にめいめいが集まるという「ラリー形式」となった。
場所は、岩手県は雫石プリンスホテル。
昼食会の後、プチツーリングが待っている。

行くぞ~
ってな事で、土曜日のお昼過ぎまで仕事して、
午後11時30分発秋田行きフェリーに乗船すべく、
北陸道を新潟港へGO~
今回は、台風も来てるという事でずっと雨を覚悟、
しかし、高野山出発時には青空さえ見え、
「ありがてぇな~」「やっぱり日頃の行い?(^^;)」みたいな感じで、
ご機嫌で出発~(^-^)

060916gs でもやっぱり、「日頃の行い」のせいか(^^;)
北陸道は土砂降り!(ToT)
いつもは鬱陶しいとしか思えない北陸道のトンネル群が、
「唯一の救い」とさえ思えるような降りだった・・・

で、新潟亀田ICへは午後10時半着、
ここからフェリー乗り場までは約7kmだから、
余裕、余裕~(^-^)
念のため、料金所のおじさんに道を聞く、
おじさん、とても丁寧に教えてくれてありがと~m(_ _)m

でもね・・・
おじさん・・・
私のきき方がまずかったの?
言われた通りに走ったのよ、私、

てなことで、
たしかに「新日本海フェリーの乗り場はどう行けば?」と聞いたはずなのに・・・
着いたところは・・・
「佐渡汽船」乗り場でした~!

ちゃんちゃん、・・・って、

ドースルの? 俺ぇ~(>_<)

第175週+3日目の朝 78.1kg
昨日+100g トータル -17.9kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.53kg

く、く・・・悔しいぃ~(>_<)

2006年9月15日 (金)

経済効果?(^^;)

やはり、と言うか何というか・・・
「高野槙」の「槙花」(槙の枝)の需要が急増しているとの事。

今日は今日とて、金剛峯寺と南海電鉄が共催して、
「槙花」を1000本、南海難波の駅で無料配布し、
祝意と高野山のアピールを行ったとか。

本山関係者は、高野山が広く世間に知れ渡る事を望みつつ、
「槙花」をもらった人がTV等のインタビューに対し、
「さっそく仏前に供えます」ってな風に答えられちゃうと、
『縁起でもない!』みたいな抗議が来ないかとハラハラもしていたそうだ(^^;)

幸い、TVの方でも、そのあたりは配慮したのか(^^;)
『綺麗ですね~玄関に飾りたいです~』みたいな回答が放送されていたそうな・・・
その中で、
『大きくまっすぐに育てたいです』ってな回答もあったそうだが・・・
残念ながら、枝から挿し木はできません~(^^;)

※↑「できません」と表記しましたが、
「大変難しい」に訂正させていただきますm(_ _)m

'09/11/22

しかも、高野槙って、高地の木であり、強い日光を嫌うので、
都会で苗木から育てるのはちょっと難しいのであります。
見たかったら、どうぞ、ご来山下さいませ~って事かな(^-^)

てなことで、にわかに巻き起こった「高野槙」ブーム、
うちにも、影響がありました。
ありがとうございます~m(_ _)m

「無地」の高野槙で○○○を、というご用命、
これまた高野槙の特徴として、
槙花がどんどん取れるくらい枝が多い木であり、
(しかも枝だけなら、切っても切っても生えてくる)

060916ikibusi また、枝の節の跡は「生節(いきぶし)」が多く、
抜け落ちたりせず、かえって綺麗な模様として通用する上に、
この部分が一番耐水性があるのだ。
060915sinibusi ちなみに、抜け落ちてしまう節は「死節(しにぶし)」と呼ぶ。

てなことで、「高野槙」で「無地」の材というのはなかなか無いのである。
また、あったとしても、それは「シラタ」と呼ばれる、
いわば育ちすぎた部分であり、木理が緊密でなく、
高野槙特有の黄色味を帯びた艶が無く、
白っぽくて耐水性にも劣るのである。
060915sirata (画像の楕円部分がシラタ、年輪が薄くほとんど見えない)

060915maki1 てなことで、シラタ無しで無地を保ってる「高野槙」がこれ。

手前味噌ながら、「逸品」である。

長い材なので、ちょっともったいないのだが、
060915maki2 切断して・・・

060915maki3 とんてんかんてん・・・

060915plantpot1 060915plantpot2 ・・・出来上がり~

って、このままでは何なのかちょっとわからないかな?

てなことで、完全体画像は来週に続く~

第175週+2日目の朝 78.0kg
昨日±0g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

増えなければ良~し(^^;)

2006年9月14日 (木)

銀のお仕事(笑)

ありがたい事に、
銀はすくすくと成長している。

知恵もついてきた。
そしてその知恵は、
牧羊犬としての遺伝子が色濃いせいか、
仕事をしよう、飼い主からの指令を果たそう、
というような方向性を持っているようだ。

るんたは、知恵が付けば付くほど、
その知恵を「脱走する事」に使う犬だった(^^;)
常に、自由へのあこがれ、みたいなものを持っていたのかも知れない。
だから、予想がつかない行動に出る事も多かった。
それがまたるんたのエエところ、であったのかもしれない。

銀は、その知恵を使って、なんとか飼い主の要求に応えようとする、
このあたり、忠実な感じがして、けなげな感じがする、
ただし、まだまだ子犬なので、
飼い主が望んでもいない事なのに、
勘違いして使命を果たそうとする(^^;)
で、これまた、予想がつかない行動に出る事が多い(笑)
まぁ、それもまた「エエところ」なのかもしれない(^-^)

結局、「予想がつかないところ」が魅力なのだろう(笑)

060914gin3 てなことで、彼は今のところ、「飼い主のために」
羊ならぬフェレット達をなんとかコントロールしようと躍起になっている(笑)
だから、階下で遊んでいるフェレット達の見張りも欠かさない(笑)
時々、「ボク、ちゃんと見張ってるよ、誉めて~」ってな感じでこっちを見る。
ご苦労さんである。

060914gin4 さて、本日より、「コング」を使う事にした。
天然ゴム製で、中に穴が開いていて、
色々なフードを詰め込めるようになっている。
フードをそのまま与えるより、コングを使う方が、
色々な工夫が生まれ、おもちゃ代わりにもなる。
銀はいたく気に入ったようで、
普段なら「ハウス!」という指示でしか入ろうとしないケージに、
扉をこじ開けてでも入ろうとする(笑)
060914gin2

明日は何を詰めてあげようか?(^-^)

第175週+1日目の朝 78.0kg
昨日-300g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

うむ、ぼちぼち、ぼちぼちと・・・(^-^)

2006年9月13日 (水)

文明の利器(笑)

新装なった高野山大学の松下講堂黎明館、
060913sumo 10月末には勧進相撲が行われる。
(ちなみに入場券はすでに完売(^^;))

060913gaku で、壇上にお大師さんの額を取り付ける事になった。

こういう場合、取り付ける高さの調整が難しいのだ、
というのも、ただ、「飾るだけ」なら、
ある程度、上の方でバランスを取ればいいのだけなのだが、
それだと、法要が執り行われる際に、祭壇を置いた場合、
祭壇と額の間が間延びしてしまうのだ、
祭壇との高さだけで決めると、全体では低すぎる事になる。

てなことで、高野山大学の職員さんである、
モー連協。のK議長を招聘(^^;)
060913screen スクリーンをするすると降ろし、
060913screen1 実物大のお大師さん像を投影してもらって位置決め、
これで、すんなりと決定~(^-^)v

めでたしめでたし~(^-^)

K議長、ありがとさ~んm(_ _)m

第174週+7日目の朝 78.3kg
昨日+300g トータル -17.3kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.73kg

。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン  

2006年9月12日 (火)

高野槙

いやぁもうびっくりした~\(◎o◎)/!

本日「命名の儀」が行われ、
お印がなんと「高野槙」に決まったという。

なんで~?(^^;)
いやその、ケチを付ける気は毛頭無い、
誠におめでたい事であり、
この事で高野山に興味を持つ人が増えてくれれば
こんなにありがたい事はない。

もともと高野山は、弘仁7年(816年)に、
お大師さんが嵯峨天皇に下賜を願い出て許され開山された修禅の道場であり、
明治の廃仏毀釈を受けるまでは、歴代の天皇家の墓所へも、
度々、天皇の行幸があったりして、皇室との関係は密接であったのである。
明治以降も、時々ではあるが皇室の方々が多数訪れている。
今回のお印がきっかけとなり、訪問回数が増えるとすれば、
大変嬉しい事である。

さて、なぜただの「槙」ではなく、「高野槙」と呼ぶようになったのかというと、
「高野山に多く自生していたから」という説明がよく使われるが、
実は、高野槙の枝は、切り取った後も長期にわたって緑を保つため、
お大師さんが仏前に供える花の代わりに
「槙花」と呼んで使用された故事にちなんでいると思われる。
今でも関西では、仏前やお墓に供える風習があり、
高野山の特産品の一つにもなっている。

060912kouyamaki おりもおり、昭和52年に昭和天皇ご夫妻が植樹された、
高野槙の囲繞(回りを囲う柵)の新調を依頼されたばかりで、
現在製作しているところだった。

用材としての高野槙は油脂分が多く、耐水性があり、
昔は、浴槽であるとか、水桶であるとかに多用されていたのだが、
現在では、そのほとんどがプラスチックに代わったため、
建築用材に使われる事ははそんなに多くなく、
つまりは、需要も少なければ供給も少ないという材木なのである。
当社でももっぱら、柵の用材に使用する事が多い。

下世話な話だが、おそらく、この一件で、
高野槙を使った手桶や小物商品が多くなり、
槙の価格が上昇するだろうなぁ・・・という心配も・・・(^^;)

いやしかし、そんな事はさておき(^^;)
ここは一つ、素直に、

「大きくまっすぐに」育っていただきたいという祝意でまとめたい。

おめでとうございます~\(^o^)/

蛇足:
'93年に皇太子さんと雅子さんの結婚の儀が執り行われた時は、
「妨害するために高野山もテロの対象になる可能性有り」という事で、
当時、消防団の一員として夜警をしたのが遠い記憶として残っている。
つまりは、そういう世情だったのだ。
今回はほぼ国を挙げてのお祝い、みたいな雰囲気を感じる。
この間、10年あまり、変われば変わるものだなぁ・・・

第174週+6日目の朝 78.0kg
昨日-400g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.63kg

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! (笑)

2006年9月11日 (月)

さて?

さて、何でしょう?
060911yukidome って、全体の画像がまだ撮れないので、
ヒッジョーにわかりにくいのだが、
本山の大屋根の雪止めなのである。
全長が9mを超えるので、2分割とし、
片一方に、ねじ込み式のボルトを八の字に入れ、
たたき込むと、抜けなくなる、という次第。
他にも接続する方法はあるのだが、
「水切れ」を考えると、この方法が一番耐久性があるのだ。

現在、屋根葺き作業中であり、
雪止め金具を一部はずした状態なので、
2分割でなんとか収められるのだが、
かといって、今、組み立てて取り付けてしまうと、
雪止めの下部の葺き替えができなくなる(^^;)
てなことで、今日は取付の具合をチェックしたのみである、

いつ取り付けるかは屋根屋さんの作業進行次第、
がんばってちょーだいませ~

ちなみに、大屋根の唐破風の進行状況はこんな感じ、
060911karahabu 丸くなってるところを「箕甲(みのごう、訛ってメノコ)」と呼ぶが、
何層にも積み重ねられた檜皮に、技術と根気が現れている。

第174週+5日目の朝 78.6kg
昨日±0g トータル -17.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、6.03kg

けっこう歩いたのにぃ~(>_<)

2006年9月10日 (日)

高野山堪能二日目

てなことで、高野山堪能二日目、

まずは奥の院~
久しぶりに、一の橋から入り、御廟までのフルコースを往復、
今日の趣向は、奥の院の地蔵さん巡り。
奥の院の各所には数々の地蔵さんが鎮座されているのだが、
その中でも特色のある、
地蔵不動尊:顔がお地蔵さん、体がお不動さん、
数取地蔵尊:参詣人が何度お参りしたか数えてるお地蔵さん、
逆手地蔵尊:錫杖(しゃくじょう)を持つ右手の親指が下を向いてるお地蔵さん、
頬切地蔵尊:人の身代わりなって頬を切られているお地蔵さん、
声明地蔵尊 :お参りすると歌が上手になるお地蔵さん、
笠地蔵尊:病んでいる箇所を治してくれるお地蔵さん、
嘗試地蔵尊:お大師さんの食事の味見をされるお地蔵さん、
汗かき地蔵尊:人々の罪業の身代わりをし、汗をかいてるお地蔵さん、
という、八つのお地蔵さんを探そうというわけである。

それぞれの詳しい解説は霊宝館のHPの「高野山よもやま記」をご参照願いたい。
http://www.reihokan.or.jp/yomoyama/various/index.htm

てなことで、ここでは大変楽しいエピソードがある一体を、紹介させていただく、
「地蔵不動尊」である。
060910jizohudosan 顔はお地蔵さん、というほどには、優しくない感じ(^^;)なのだが、
口には、上下に出る牙もなく、憤怒相というほどでもない、
また髪も弁髪ではなく、お地蔵さんみたいな丸坊主で、
背中に迦楼羅焔(かるらえん)も背負っていない。
で、体の方はというと、右手に降魔の利剣、
左手には羅索(けんじゃく:縄)を持ち、
お不動さん以外の何ものでもないという仕上がり。
さて、なぜ、こういう形になったかというと・・・
むかしある人が地蔵菩薩を造立するにあたって石屋さんに、
「かほちいそうからたふとう」
つまり、「顔を小さく、体を太く」造って欲しいと書いたつもりが、
石屋さんの方は、「顔は地蔵で、体は不動」と読み誤ってしまったとの事、
この話は江戸時代から三国無類の奇談として有名なのだそうだ。
ちなみに、砂岩製で天文9年(1540)の銘があるとの事で、
466年の歳月を過ごされている事になる。

霊宝館のHPにはその他にも、興味深い記事がてんこ盛り なのだが、
やはり、自分の足で歩き、たどりついて発見!となると、
カンゲキもひとしお(^-^)

こういうフィールドワークでいいのかな?と多少不安な点もあったのだが、
某団体のみなさんも楽しみつつ、奥の院の魅力を感じていただいた様子(^-^)

その後、御廟にお参りし、新参道を通って一の橋まで戻り、
060910syugo 画像は、豊臣家御廟での記念撮影、

午後からは、伽藍境内を一周、
大塔の宗教的意義とか、三鈷の松の伝説とか、
なぜ、伽藍の一番奥に神社があるのかとか、
色々と説明させていただいた(^-^)

060910rokkaku 画像は、六角経蔵の把手(とって)を回しているところ。

歩きコースが終わったと同時くらいに、
にわかに大雨となったのだが、
かえって雰囲気の出た、霧の大門も見ていただけたので、
めでたしめでたし~(^-^)

てなことで、1泊2日ではまだまだ全て体験していただくには、
時間が足りない高野山巡りだったが、
雰囲気は楽しんでいただけたようで、こちらも嬉しかった。

ぜひ、リピーターになっていただきたいものである。

みなさん、また来てね~(^-^)

第174週+4日目の朝 78.6kg
昨日-100g トータル -17.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、6.03kg

なんとか微減・・・(^^;)

2006年9月 9日 (土)

高野山堪能一日目

本日午後と明日、
某団体のみなさんに、高野山を案内する事になった。

まず本日は霊宝館、

幸い、霊宝館課長にして学芸員の、
Y課長さんから高野山の歴史や世界遺産とのかかわりをご講演いただき、
小休憩を挟んで、霊宝館の実地見学、
ここでも、Y課長さん自ら展示品の解説をして下さり、
私も「案内役」を忘れ、ひたすら「見学者」として没頭~(^-^)

今まで何冊かの本を読んでもイマイチわからなかった、
お釈迦さんと阿弥陀さんと大日如来さんの違いが見分けられるようになった。

でも、姿形は胎蔵界の大日如来さんでも、
実は「宝冠釈迦如来さん」だったりして、やっぱり奥が深いのであった。

てなことで、今日はちょっと短いけど、これにておしまい、
明日に続く、のであーる。

第174週+3日目の朝 78.7kg
昨日+100g トータル -17.3kg
ミドル級(72.57kg)まであと、6.13kg

げげぇ~
ここで微増とは、ホンマ、ヤバい~

2006年9月 8日 (金)

地層見本の台

高野山大学から、標本の台の作成の依頼をいただいた。
なんでも、このほど完成した、
松下講堂黎明館の地層見本が出来上がったので、
掲示したいのだそうだ。

だいたい400年くらい前からの地層で
火事の跡とかが綺麗に出ている所を、
丸ごと剥ぎ取って標本化したものだという、

060908stratum1 一部だが、製作過程はこんな感じらしい、

固定剤で固め、合成繊維で裏打ちし、
表面加工した完成品がこれ、
060908stratum2

デカい!
高さ1.8m 幅が2.6mくらい、
何しろ、土をそのまま固めてあるので、
けっこう重く、壁に吊るより台を作って載せた方が安心との事だ。

はいはい、何でも作ります~(^-^)

てなことで、本日は掲示する場所決め、

060908stratum3 それにしてもリアルだ(って、本物やから当たり前か(^^;))
下の方の黒い部分が江戸時代の火災の跡らしい、
それから何度かの火事を経て現在の地層になっている。
(高野山は昔からろうそくが多用されていた事と、
 落雷のせいで、何度も大火に見舞われているのだ)

上部(現在の地層)になるにしたがって、
埋土等が荒くなり砂利や石が混じっているのがよくわかる。
060908stratum4

職員さんも教育委員会もよく知ってる人ばかりなので、
つい、冗談で、
「これって、逆さまに掲示したら、
 『昔は高野山も海の底だったんです』
 ってな説明ができますね~」と言うと、

『もうホント、お願いですから勘弁して下さいよ、
 あなたならわざとやりかねんもんな~』と
マジで心配されてしまった。

ちゃんちゃん、

酔うてさえなければダイジョーブですってぇ~(。。 )\バキッ☆

第174週+2日目の朝 78.6kg
昨日±0g トータル -17.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、6.03kg

変化無し・・・ヤバい・・・

2006年9月 7日 (木)

旅T \(^o^)/

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

と、正調アスキーアート(^^;)を探して貼ってしまうくらいの、
ブツがキター!\(^o^)/

060907tabit1 「旅T」である。

ホッカイダークマさん、こと、フォトグラファー・小原信好さんプロデュース、
アーティスト・石原賢二さん、デザイン、
アウトライダー編集長・菅生雅文さんが句を寄せられ、
書家・伊藤康子さんが書き文字された、
ネコ・パブリッシング刊
「北海道 絶景ロードセレクション1.2」発刊記念の、
「旅」Tシャツだ~

もともと、今年の4月に関西キャンプでホッカイダークマさんから
直接、買わせていただく約束をしていながら、
なんと、開催日を間違えて、参加できず・・・(。。 )\バキッ☆

ううう、どないしょ~(ToT)と思ってたら、
ひょんな事から、今回ゲットすることができたのである~\(^o^)/

お世話いただいた○○○さん、ありがとうございます~

てなことで、このTシャツ、
非常にすばらしい出来である、
お聞きしていた価格からはとても想像できない良質な素材、
首回りの剛性もしっかりしていて、容易には伸びたりしそうにない。
「10年着てみて下さい」との謳い文句にも納得!
060907tabit2 おまけに両面プリントで、
背後にはクマさんのトレードマークが(^-^)

いろんな方の思いがこめられた、この旅Tシャツ、
愛用させていただきます~m(_ _)m

※なお、このTシャツ、在庫僅少との事で、
9月の17~18日に静岡にて開催される、
アウトライダーミーティング(キャンプ)で、
何枚かは販売されるそうですが、
問い合わせ等については、私では対応できません。
その旨、ご寛容くださいませ。

第174週+1日目の朝 78.6kg
昨日±0g トータル -17.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、6.03kg

おおっ!変化無し~
二日目効果は乗り切ったか?(^^;)
昨日は一日中動いてたのが幸いした?(^^;)

2006年9月 6日 (水)

嗚呼、ベロベ浪漫・・・(ToT)

あれほど飲んであれほどベロベ浪漫になった
(らしい、って覚えてないもんね~(。。 )\バキッ☆)のに、
二日酔いはしていない所が、アホの所以か?(^^;)

何しろ、帰宅後、第一声が、
「きょうろ、よてーかろりいはせっしゅおわりましたんでなんもたべばぜん~」
(今日の予定カロリーは摂取終わりましたんで、何も食べません)
と宣言して、銀の横に座り込んだとの事。

しかしこのままほっとくと、
夜中に無意識で冷蔵庫を荒らすのを知ってるカミさんは、
『魚系ならどう?』と告げたらしい、

「おぉ~ さかなならまだいける、それ、それぇ~」

で、サワラを焼いてもらって、ごはんを半膳食べたらしい、
(半膳、というのが泣かせる話だ(^^;))

で、しばらく居眠りしていたかと思うと、ガバっと起きあがり、
「300kcal以内のラーメンなら大丈夫や」とつぶやいて、
小さいカップラーメンにお湯をこぼしながら注ぎ、
注いだとたんに食べ出したらしい、

カミさん以下、娘と息子があきれて見ていると、
ベロベ浪漫状態でもさすがにばつが悪かったのか(^^;)
「あのね、当然やけど、汁は残すよ、うん、
 これで、まぁ、237kcalくらいやからね、うん、よし、いける」と、
まったく根拠のないカロリー計算を行った末に、また眠り込んだらしい・・・

このあたりになると、なんぼブログのネタとはいえ、
自分で書いててナサケナイのだが(^^;)極めつけが・・・

カミさんが、ぼりぼり、ぼりぼり、という音に気づいて見た時には、
銀のフードを囓ってたとの事・・・(ToT)

「これやったら大丈夫やろ~」

『何が?』

「いや、その、カロリー・・・」

『子犬用やから、カロリー高いのちゃうのぉ?』

「いや、その・・・味見や、味見ぃ~
 君も、銀が毎日どんなもん食べてるか気になるやろ?」

『な・り・ま・せ・ん!』

「そうかなぁ・・・俺はやっぱり気になるけどなぁ・・・」

カミさんは以後、無視したらしい・・・

で、翌朝には、さらにチョコ一箱とアイスが消えていたそうだ・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、これを読まれてるみなさん、
一つお願いがあります、

ボクがお酒を飲む時に、もし、近くでいたら、
『今日も最後は銀のフードですか?』と、
そっと耳元でささやいてくれませんか m(_ _)m

その時、ボクが
「それだけは言わんといて、ごめん~」と、
恥ずかしそうに言ってる間は、ほっといて下さい。

もし・・・
「いやいやぁ、今日はもう、全然ダイジョーブですよ~」とか言い出したら・・・

お酒、取り上げて下さいね、お願いしますぅ~m(_ _)m

決して暴れたりはしませんので・・・(^^;) 
(いや、もう、これだけは、ホントです、
 私、酔うと多少(^^;)理屈っぽくはなりますが、乱暴にはなりません、
 お願い、信じて~m(_ _)m
 アバレたといえば、20過ぎの時に、一度だけ、
 従兄弟の車のボンネットと屋根で踊り狂ってボコボコにしたのが、
 最初で最後の事件デス、はいm(_ _)m
 でも、その時も、ごくごく陽気だったそうで・・・(。。 )\バキッ☆)

すんませーんm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

ちゃんちゃん。

第173週+7日目の朝 78.6kg
昨日+400g トータル -17.4kg
ミドル級(72.57kg)まであと、6.03kg

給料日・・・で・・・ベロベ浪漫・・・(。。 )\バキッ☆
無意識下で、何kcal食べたのだろう・・・
あ、明日が・・・{{{{(+_+)}}}}

2006年9月 5日 (火)

ダークサイドとるんた

ディーラーから連絡あり、
私の被害額が確定した。

シーサー君の修理に要する費用は436,000円
10:0なので、代車費用が認められ、
これが、20日×2,500円(安っ!)=50.000円
他に、積載車代が15,000円加算されるので、
保険からは501,000円支払われるのだが、
当然、15,000円はディーラーの取り分なので、
私が受け取れるのは、486,000円である。

そして、事故車両の状態での下取り額は、
650,000円だという。

486,000円+650,000円=1,136,000円

060905estimate対して、シーサー君のもともとの価格は、
1,770,000円である。

1,770,000-1,130,000=640,000円・・・

つまり、40万円以上の修理代と、
20日間もの修理期間がかかる程、壊れた車を、
斜めに加えられた外圧でボディのどこかが歪んではいないかと、
思い悩みつつ乗り続け、いつか来るであろう下取り時には、
「事故車」として、「格落ち積算」される運命を避けようと思えば、
代車を断って、追い金に加えたとしても、
64万円という出費が必要になってくるという事なのである。

10:0でこれかよ・・・(`ヘ´)というのが正直な気持ちだ。

納車した時点で、その車の価値は2割方減る、という事は知っている。
走行距離が1000kmを超えれば、新車扱いにならないのも知っている。
「廃車」ではなく修理が可能ならば、修理して乗るのが原則、という事も・・・

しかし、しかし、これはちょっと納得いかんなぁ~

てなことで・・・「○○を××して△△する作戦」開始~ v( ̄ー ̄)

と、心がダークサイドに行きだしたので(^^;)
気分転換も兼ねて、
昼休みに、銀の3回目ワクチンに出発~

るんたもそうだったが、銀もまた車で出発するのがイヤそうだ。
家から離れるのが不安なのだろう、
060905gin2 ただまぁ、動物病院に着いた時点ではけっこう元気で、
各種検査もなんなくパス。
『健康状態は良好です』との事で一安心。
瞳の回りがちょっと赤いのが気になってたのだが、
血管が透けて見えているだけなので、これもOKとの事、

060905gininjection てなことで、無事ワクチンを打ってもらい、しばし休憩、
(注射の痛さを目が物語っておりますな(^^;))
舌が白くなったりしてないか15分ほど様子を見る。

と・・・
実は、ひょっとしたら今日も会えるかな?
という予感があったのだが、
じゃじゃぁ~ん!会えました~

060905lunni2 どうです?似てるでしょ~(^-^)

実は、この動物病院に来るたびに、この子に会うのだ。
今日もカミさんと、
「あの子、今日もおるかもな~」と会話しつつ来たので、
この子が見えた時には、おどろくよりも
二人で顔を見合わせて「やっぱり!」ってな感じだった(^-^)

この子に最初に会ったのは、去年の12月、
マルを連れて行った時に、治療室にこの子がいて、
遠目だったので、るんたそのものに見え、
「なんでアイツがここにおるねん?」とびっくりしたものだった(笑)
060905lunni_1 その時の画像がこれ、
よく見ると、るんより白く、足が長い(笑)

今年になって、るんがいなくなった後、
フェレット達のフィラリアの薬をもらいに来た時にもここで出会い、
その時は、もう・・・(ToT) で画像を撮るどころではなかった。
そして、本日が3回目、
カミさんは、去年のマルの時は同行してなかったので、この子を見てないが、
今年になってから、ハクのワクチン注射(娘と同行)で来た時にも会ったそうで、
やはりこれが3回目のご対面、

不思議だが、嬉しい、そんな感じ(^-^)

で・・・頻繁にここで会うという事は、
元気そうにみえるけど病弱?
ちょっと聞いてみると、実は女の子で、乳腺に腫瘍があり、
何度かの検診を経て、本日手術したとの事、
完治できますとの事で、これまた一安心。

てなことで、△△作戦開始ではあるが、
ゆめゆめ、心を曇らさないよう、
るんが諭してくれたのだと思う(^-^)

帰路、家に近づくに連れ、銀も安心したらしく、
どんどん元気になり、
帰宅するとさっそく最近お気に入りのボールとじゃれる。
060905gin1
だんだん、目で語りかけられるようになってきたようだ(^-^)

第173週+6日目の朝 78.2kg
昨日+300g トータル -17.8kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.63kg

って・・・
給料日の前に増えてドースル?(^^;)

2006年9月 4日 (月)

脱走始め(^^;)

どうせそのうち・・・と昨日書いたばかりだが、
なんとなんと、書いてるそばから、
あっさりとケージを乗り越え脱走するようになってしまった(>_<)

というのも、夕べ、きっちりと運動させ、ケージに入れて、
ぼちぼち寝たかな?とチェックすると・・・
なんと、ケージの外にいるではないか!\(◎o◎)/!
もちろんケージのドアは閉まってる。
ついに、こいつも「脱走」を始めよったのか・・・

「銀、脱走したらあかんやろ~」
「お前の兄ちゃんはなぁ、脱走がもとで・・・」と、真剣に説教し、
ケージに戻して部屋を出ようとしたら・・・
何やら、足元で・・・って、
もう出てるがな~\(◎o◎)/!

仕方がないので、夕べはベニヤでフタをして重しを載せてしのぎ、
本日、ケージにフタを取り付る事に、

おっと、その前に、脱走する様子を画像に・・・(。。 )\バキッ☆
で、カミさんにわざと掃除機をかけてもらったら(。。 )\バキッ☆
ご覧の通り、060904escape

銀、ちょっとかわいそうやけど、
まだまだ室内完全放し飼いは無理やからね~
はよ、トイレとトイレの仕方をちゃんと覚えてね~

さて、どんなフタにするか?
カミさんとしばし相談の後、ペットシーツ交換と、寝床ゾーンの掃除のため、
2分割して両方から開ける必要ありとの結論に達した。

てなことで・・・
060904close 銀よ、お前には迷惑な話やろけどね、
これ、杉の尺五板なんよ、45センチ、わかる?
そんじょそこらにある板とちゃうんやからね、
普通、茶室とか数寄屋普請に使うのを、
君のために特別にあつらえたんやからね、
な、いい香りがするやろ?
ホンマはコンパネで作ろと思ったんやけど、
それでは味気ないから、わざわざ探してきたんやで~

あ、それ、なぁにを嫌そうな顔してんねんな?

ほれ、半分だけ開けたるがな、な、な、
060904open

060904up そんな目で見るなよぉ~(>_<)

第173週+5日目の朝 77.9kg
昨日-400g トータル -18.1kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.33kg

助かったぁ~
このまま増え続けるのかと・・・(^^;)

2006年9月 3日 (日)

寝床

来たるべき冬に備え、
銀の寝床を模索中~
昔(といっても、3年前か)使ってた、
るんのキャリーを引っ張り出して洗った。
060903cabin
キャリーといっても、
室内用の犬小屋として使っていたものであるが、
るんはあまりこの中では寝なかった。
どちらかというと、掃除機をかける時などに、
るんを閉じこめるために使っていたような記憶が・・・(^^;)

話はちょっと変わるが、
犬って何故、あんなに掃除機の音を怖がるのだろう?
るんもそうだったが、銀もまた、掃除機の音が大嫌いで、
撮影に成功していないのが残念なのだが、
掃除機をかけると、
ケージからぴょ~んと飛び出して部屋の隅でうずくまってしまうくらい、
嫌いというか、怖いようだ。

閑話休題。

てなことで、現在は掃除機をかけた時だけ、
ケージから脱出するのだが、
どうせそのうち、自由自在に飛び出すようになるのは明白なので、
ケージ無しでもやっていけるよう、
060903cabin2 とりあえず寝床としてのキャリーを用意してみたという次第なのである。

で・・・
銀に見せてみると、
お気に入りのマットのせいか、けっこう気に入ったみたい・・・
060903gin

というのは、大嘘で(^^;)

ネズミ取りに警戒するネズミのごとく、
のぞき込むのだが絶対入ろうとしないのであった(^^;)

てなことで、↑の画像は、
せっかく、洗って、置く場所を作るのに部屋の模様替えまでしたのに、
そこだけ避けるようにして走り回るのに業を煮やし(^^;)
おやつで釣って半ば無理矢理放り込み、
急いで1枚だけ撮ってみたものである。

つまりこの目は隙をうかがってる目であり、
ダッシュで逃げようとして、すでに腰がちょっと浮いているのでありました(笑)

第173週+4日目の朝 78.3kg
一昨日+200g トータル -17.7kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.73kg

とどまるところを知らない勢い・・・(>_<)

2006年9月 2日 (土)

銀の目七変化 そして・・・

銀の目は、基本的にヒトの目みたいに、
眼球は白く、瞳は青みがかった黒色である。060902gineye1

普段、ちょこまかしてる時は、
「ほんま子供やな~」って感じなのだが、

060902gineykodomo

時々、こっちをじぃ~っと見つめる時など、
どきっとするほど、大人っぽい目にもなる。

060902gineyeotona
見ようによっては、
ヒトが犬のお面を被ってるような感じ(笑)
060902gineye2
私はこんな時、なぜか
ミル・マスカラスを思い出してしまうのだ(笑)
で、カミさんに言ってみると、
「そうそう、昔、こんな覆面レスラーがいたよね~と思ってたんよ」との事なので、
やはり銀は、ミル・マスカラス似なのだ(笑)

で、本日、銀はついに「お外デビュー」を果たしたのである(^-^)
060902gindebut 初めて見る「小石」をがじがじ噛んでみたり、
060902ginsoto 笹の葉にケンカをしかけたり(笑)
そして・・・るんがよく隠れこんだ縁の下に潜入したり(笑)

小一時間遊んだら、雨上がりという事もあり、予想していた通りの結果となった。
060902ginsoto1
これからが思いやられる・・・(^^;)

しかし、銀自身は非常にご機嫌のようである。
060902ginsoto2







第173週+2日目の朝 78.1kg
一昨日+300g トータル -17.9kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.53kg

げっげぇ~、って飲んだら増えるわ!(。。 )\バキッ☆

2006年9月 1日 (金)

やはり和食には・・・(^-^)

「光」は来たものの、
家のパソコン(ほとんど娘専用)、いよいよご臨終の時が近い・・・(^^;)
なだめたりすかしたり(笑)ほとんど拝むようにして使っているらしいのだが、
ここのところ、メールソフトを立ち上げるだけでフリーズする事もあるという。

てなことで、ぼちぼち専用マシンが必要な息子のと合わせ、
本日、2台のパソコンを買いに日本橋へ~

で、費用は?というと、
娘も息子も自分のお年玉貯金から出すという、
なんて親孝行なんだ~(ToT)

つーか、自分で出してくれないと絶対買えんわ~(>_<)
ほんでもって、二人とも私より貯金が多いやんか~(^^;)

で、マシンの選択は?というと、

総裁さ~ん!に、お・ま・か・せ~(笑)

てなことで、日本橋に行く途中、
河内長野のペットショップで、銀のフードを買い込み
(これだけは私もち(^^;))
後は、総裁さんに連れて行ってもらったショップで、
「デュアルコアって何よ?」ってな感じで、
わけもわからずぼぉ~っと立ってるうちに(笑)
娘と息子の希望以上のマシンが、無事、予算内で決定~\(^o^)/
値引き交渉までしてくれた総裁さん、おおきに~m(_ _)m

で、総裁さんを労うよう、カミさんが食事代を出してくれてたので、
ちょっと贅沢して、和食を食べに行った。

私はともかく(^^;)総裁さんに和食は似合わない?(^^;)

まぁいいではありませんか(笑)
彼も最近、トシのせいかあまり大量に食べるよりは、
味わい系の方がよくなってきているのであります(^-^)

前菜が「湯通しした無花果」という乙な店で、
刺身もまさにこれが刺身だ~って感じの美味しさ!
「こうなりゃ、日本酒だ」~(^^;)
『今日の料理ならこの中からどうぞ』ってなことで、
060901sake わざわざ「真澄」・「八海山」・「船中八策」と、
それぞれ試飲させてくれるのである。カンゲキ~(^-^)

てなことで、甘口でも辛口でもない「八海山」が、
ぐぐっと来たので、まずはこれ(笑)
ここでベロベ浪漫に変身してしまってはじっくり味わえないので(^^;)
慎重にちびちびと二合程度で進める。

そして、なんと懐かしい味「海鞘」登場~

『これにはこれ、いかがです?』と、出してくれたのが
060901sake2 「久保田の翠寿」~\(^o^)/

千寿や萬寿なら飲んだことがあるのだが、
翠寿は季節限定なので、山の民の口にはなかなか入らない(^^;)

ここのご主人のオススメなら間違いないと思ったので、
「やっほ~お願いします~」
『ただ・・・四合瓶の売り切りなんですが・・・』
「残ったら持って帰ります~」(笑)

で・・・結局、全部飲んじゃって(^^;)

ベロベ浪漫になりました・・・(。。 )\バキッ☆

家まで連れて帰ってくれた総裁さん、

ごめんね~ ありがと~ m(_ _)m

第173週+2日目の朝 77.8kg
一昨日+200g トータル -18.2kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

増・・・(>_<)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ