サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

冬支度

冬に備え、
以前、某所で拝見し、「おお~ぜひ!」と思ったのだが、
当時ネットで検索しても「すでに売り切れ」(ToT)だったブツを、
今季はゲットできた(^-^)
061130kamik
kamikの防寒ブーツ「ノースフィールド」である。

アルミ繊維のフェルトを使った脱着可能なインナー付きで
耐寒温度は-40℃との事。
061130inner
ホンマか?(^^;)

履いてみると、暖かい、というよりは、
足が外気から完全に遮断された感じがする。
後は体温次第という事かもしれない。

061130kamik2 で、こんなタグが付いていた。
そういえば華氏-40F゜と、
摂氏-40℃って同じ温度なのだった。

F゜=(9/5)℃+32 やもんね、たしか・・・(^^;)
-40F゜=-40℃というのを使って、
℃=(F゜+40)/1.8-40って式もある。

ただし、普段、「華氏」なんていう単位は、
ほとんどお目にかからない、
つーか、私の「華氏体験」(^^;)といえば、
レイ・ブラッドベリの「華氏451度」か、
(紙の引火点が451F゜=232.7℃、
未来世界では本が規制され焚書されるという話)
昔、白馬で買った「32F゜」というトレーナーのみ、
(なつかしぃ~(^^;))
この時、「32F゜」の意味がわからず、
帰宅してから調べたのであった。
で、華氏(ファーレンハイト度)では、
水の氷点つまり摂氏(セルシウス度)の0℃を32F゜とし、
沸点、つまり100℃を212F゜として、その間を180等分している。
ってな知識だけはあった。

それから長い事、
ファーレンハイト(ドイツ人)さんとはご無沙汰だったのだが(^^;)
今回、あらためて、なんで32~212ってな、
中途半端?な数字になってるの?と疑問が湧いたのであった。

で、調べてみた。
もちろんこれは、日々好奇心と向上心を失わずに暮らそうという、
大変建設的な考えに基づくものであり、
決して、月末の忙殺状態から現実逃避したいという事ではないのだ・・・(。。 )\バキッ☆

で、わかった事は、「それについては諸説がある。」
というはなはだはっきりしない事実(^^;)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%B0%8F

しかし、華氏がアメリカなどにおいて、
日常生活に溶け込んだ数字である事はよくわかった。
便利な点も多い、
まず、通常の温度を表すのに
「-」マイナス表記をつける必要がない、
30F゜台なら寒く、60F゜なら普通、90F゜なら暑い、と、
感覚的にわかりやすそうだ。
しかも人間の体温が平熱で98.6F゜(37℃)なので、
『100F゜をこえたら病院へ行け』って事になる。

なるほどね~
この頃は、ある一定の環境の元では、
物質が凍ったり沸騰したりする温度が一定である事が知られていないので、
恒常性のある温度として、体温が規準になったのであろう、

対してセルシウス(スゥェーデン人)さんは、1742年に
氷点から沸点の間の温度を100分割したという。

1724年から20年弱で水の性質がずいぶんあきらかになったのだろうし、
12進法と10進法の間でも色々なせめぎ合いがあったのだろうと、、
勝手に妄想が膨らむのであった・・・

!( ̄□ ̄;)   
こんな事書いてる時間があったら、
仕事せなあかんがなぁ~(。。 )\バキッ☆

第186週+1日目の朝 77.8kg
昨日+300g トータル -18.2kg
減量1350日目まであと48日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

がふっ!(ToT)
なぁ~にが、毎日100gやねーん!

2006年11月29日 (水)

お風呂の巻~

061129gin1

おやつは欲しいぃ~けど、
ここへ入るのはなんだかキケンな気がするの~


061129gin2
ああ、ついに入ってしまった・・・
飼い主に似て食い意地が張ってるもんね・・・ボク・・・


061129gin4
お父さん、ボクが何か悪いことしましたかぁ?
なんでお湯かけるのぉ~


061129gin5
ううう・・・(>_<)
あんまりやぁ~
気持ちわるいぃ~

061129gin6
またお湯かけるぅ~(>_<)



061129gin7
無理矢理ぷるぷるさせよと思って、
頭にお湯かけるのやめてぇ~


061129gin8
こうなったら激しくぷるぷるや~



061129gin9
毎日あんなんやったら、
ボク、ぐれるからな~(`ヘ´)



061129gin10
はぁ~
それでも、
お風呂上がりの一杯はおいしいわぁ~
って、ビールちゃうからね~


第185週+7日目の朝 77.5kg
昨日-100g トータル -18.5kg
減量1350日目まであと49日
ミドル級(72.57kg)まであと、4.93kg

よし!
高望みせず(^^;)
一日100gペースで行こう~

2006年11月28日 (火)

1300日目、1万㎞、そしてヤマハ

本日、減量開始1300日目、
キリの良い日らしく、所要で下山した際に、
061128z32
我が愛車もちょうど走行距離が10000kmとなった。
061128z310000
ちなみに・・・平成9年登録である(^^;)

まぁ・・・いいではありませんか(笑)
このクルマこそが、私を、
「常に新型が欲しいぃ~病」から解放してくれたナイスなヤツなのだ(^-^)
多分、壊れるまで乗り続けるモンね~
あ、でも、今のペースで行くと、私の方が先かも?(^^;)

てなことで、Z3は長いことほったらかしだったのにも関わらず、
快調そのもので一安心、
これで来年の春まではいけるか?(。。 )\バキッ☆
ってな事で一仕事終えた気分で帰宅したら、
ボンクラヤマハから電話がかかってきた。

「おっ、意外に反応がええやん」と思った。
だが・・・
和歌山・大阪の(サービス&クレーム)担当だと名乗ったO氏の第一声は・・・

『あのぉ、何か文書を提出せよとの事ですが、どういった御用向きでしょう?』と、
極めてのんびりした口調だったのだ。

回りに家族がいたのが幸いだった(笑)
一人でこの電話を受けてたら、ぶち切れて怒鳴っていたと思う。

「ええとですねぇ・・・
 昨日、受付のOさんという方に、噛んで含めるように説明したんですけどね、
 ヤマハってあらゆる連絡がちゃんとできないんかなぁ?」

ここで、ちょっと驚いたのだが、このO氏、
私の不機嫌な口調を敏感に感じ取り、態度を一変させたのだった。

『誠にすみません!メモはもらってるのですが、内容がちゃんと把握できておりません、
 あらためて明日、受け付けた者に再確認して連絡致します』と恐縮しきり、

「なるほど、さすがはクレームを受け付け慣れてますな~」と私(笑)

どんなメモなのかか聞いてみると、
受け付けのOさんも一所懸命伝えようとしているのはわかった。
何しろ私が「電源ソケットのコードに擦り傷が出来た」、と言ったのを、
『電源ソケットのコード、傷だらけ』と書いているそうだから、
熱心さが伝わってくるというものだ(笑)

で、「何度もごちゃごちゃするのも面倒ですから、
  もう一度だけ、事実と私の要望を言いますね~」と、再度説明した。

それ以降のO氏は、人柄なのか演技なのか知らないが、
非常に受け答えに誠意が込められているように私には思えた。

こちらも、これで因縁をつけてどうこうしたい意図はなく、
ヤマハのファンで有り続けるために、今回の「がっかり感」を払拭してほしい、
そのためには、O氏個人が電話で謝罪してもらっても意味がない、
ヤマハとして文書で回答してもらわなくては私も納得がいかないとも伝えた。

てなことで、こちらの本意は伝わったと思う。
後はヤマハがどういう回答を寄こすか?である。

まぁ、あまり期待はしていない。
ボンクラヤマハやからね、

ただ、今日の電話で、O氏と話をし、こちらの本意が伝えられたと思えた事は、
けっこう精神的にスッキリできる要因となった。

やっぱり、人柄?(^^;)
まぁ演技だとしたも、それはそれで大したモンだと思う。

今後の参考にしよう(笑)

第185週+6日目の朝 77.6kg
昨日-300g トータル -18.4kg
減量1350日目まであと50日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

よ~し!再びで新たな目標~(^^;)
1350日目(1月16日)にミドル級目指して、
出発ぅ~!

2006年11月27日 (月)

さて・・・

さて、月曜日、ボンクラヤマハ
(罵声を付け足すのが面倒臭くなったので、しばらくこのままで行く)
に、電話しようと思うのだが、こちらも月曜朝は忙しい、
どうせ朝一など混み合ってつながらないだろうから、まずは仕事する。

てなことで、仕事が一段落ついた午後3時過ぎ、
ボンクラヤマハへ電話してみた、
フリーダイヤル、0120-090-819
だが・・・
つながりませーん!
全然つながりませ~ん!!
何度かけても、
『現在、電話が大変こみあっており、お掛け直し下さい』との空しいアナウンス。
しかも、受付時間は平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00だとも宣う(`ヘ´)
つながらないままに午後5時を迎えたら、どーなるのだろう?
握りしめた電話の子機をどこかにぶつけてしまうかもしれない・・・

てなことで、フリーダイヤルでない方(0538-32-1166)にかけてみた、
今度は一発でつながった。

何かこれはこれで腹立つ~!(`ヘ´)

てなことで、ボンクラヤマハのしみったれ~!である。

で、電話に出た受け付けの女性に、
こちらの車番と車体番号を控えさせ、
○後付け部品として、故意に外したというのなら、
 その後の扱いがぞんざい過ぎ、こちらへの連絡ミスでもあるので、
 それについての始末書なり詫び状を作業の監理監督者との連名で文書にて送る事。

○もし漫然と処置した結果なら、当該整備員の技量にはなはだ不安を覚えるので、
 作業のやり直しをヤマハ直で行う事。
以上、2点を申し入れた。

今後、この車体で私が転倒事故等を起こした場合、
PL責任を問う必要もあるので、文書での回答は必須である旨も伝えた。

あ、これについては念のため書いておくが、
怒鳴ったり怒ったりはしていない(笑)

ただただ、厳粛に受けとめるよう、
こちらは法的手段も用意しているという事も添えて念押ししたのみである。

受け付け女性は、非常に丁寧な受け答えだったが、
おそらくマニュアル通りに違いない、
『お話は承りました、担当者に伝えます』との回答をした。
これはこちらが望んだ回答でもあったので、
最後に、
受け付け女性のフルネームを聞いた。

電話の受け付け係というのは、
いわば法人を代表しているわけであり、
回答が没個性になるのは当然といえば当然、
私自身、この手のクレームの経験はあまり無いのだが(^^;)
こういう時は、必ず相手のフルネームを聞く事にしている。

すると、自分にも責任が及ぶかも?という不安がふいに湧くのだろう。
個人名を聞かれると非常に緊張し、動揺もするようだ、
さっきまで、「安全な唯の伝言係」だと思いこんでいたのに、
いつの間にか「下手すると当事者として訴えられるかもしれない立場」にいる事に、
無理矢理気付かされるのである。
つーか、そうなるように話をもって行った自分が、
非常に嫌な奴やなぁと思う(^^;)

このヒトもそうだった、
それまでのマニュアル通りの受け答えが一変し、
最初は名字しか名乗らない、
ちょっとかわいそうな気もするが(^^;)
たたみかけるように、
「それでは個人が特定できません、フルネームを漢字でお願いします」と告げると、
しぶしぶ、ほんとにしぶしぶながら、名前も聞き出せた。

この時点で名乗らないようなら、上司と代わってもらうつもりだったが、
名前を聞き出せたので、
「このヒトが担当者に伝える時の真剣さ」も、より出るだろうと判断(笑)
電話を切った。

今後どういう対応をしてくるのか、待つしかない。

ボンクラヤマハを返上してくれる事を願っている。

ああ、RSに気持ちよく乗りたい~

第185週+5日目の朝 77.9kg
昨日±0g トータル -18.1kg
減量1300日目まであと1日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.33kg

さて、本日で減量1300日、
50日前から・・・
増えとるやーん!(。。 )\バキッ☆

ううう(ToT)
気合い入れて、またまたまたまた・・・(^^;)
やり直しじゃぁ~
って、懲りんなぁ~(笑)

2006年11月26日 (日)

雨の日曜

日曜だが・・・雨・・・(ToT)
CRMで、とも思ったが、とりあえず仕事優先(^^;)

061126numbering てなことで、さて何でしょう?
って、見たらわかる?(笑)
でもなぜこれが仕事?

実は、来年1月14日のニューイヤーコンサートのチケットに、
分類用のナンバーリングを施したのである(^-^)

061126gin2 銀も手伝ってくれるというので、
それならと、ほっかむりして、新聞紙を片付けてもらった・・・(嘘)
最初は喜んでいたのだが、途中でネタにされてる事に気付いたのか、
すんげぇ顔になった(笑)
061126gin1 そのままほっとくと、
ものすごくイヤだったらしく、
あわててほっかむりをとったのだが、
それからしばらくの間は怒っていた(笑)
061126gin3

おもちゃにしてすまんのぉ~(^^;)



第185週+4日目の朝 77.9kg
昨日±0g トータル -18.1kg
減量1300日目まであと2日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.33kg

土曜の夜を乗り切った?(^^;)

2006年11月25日 (土)

100周年打ち合わせ

やっぱり土日は電話も受け付けないようだ・・・
ヤぁマぁハぁ~!ってもうええか(笑)
いや、笑ってる場合ちゃうぞぉ~!

てなことで、とりあえずソケットの傷ついた配線をテーピングして、
元の場所に取り付け直した。
061125rs1 画像、少々わかりにくいが、
要するにもともとはタンクとシートの付け根部分に取り付けてあったのだ。

061125rs2 で、このボルト、タンクの後端を止めているパーツであり、
これを外すのは、けっこう印象に残る作業なので、
再組立の時に着け忘れてしまうとはボンクラそのもの!なのである。
つーか、シートを閉める際に気付くはずやろ?
ちゃんと元へ戻しとけよな!
(故意で外したのならその旨報告してくるべきなのは昨日も書いた。)
ぷんぷん!

と、ボンクラヤマハのアホンダラ(罵声が一個増えた)にばかり、
怒っていては今日一日が台無しなので、
まずは仕事して、
午後から、音工房 求音(くおん)としての打ち合わせに行く。

061125syunen カミさんが卒業した小学校が、めでたく100周年を迎える事となり、
記念式典でミニコンサートをとのご依頼。
あまたの企画の中から選んで下さり、光栄な事である。
061125utiawase てなことで、校長先生を始め、実行委員のみなさんと打ち合わせ。



061125riha 続いて、式典会場になる体育館で音のチェックとミニリハーサル。
場所が場所だけに、音が響きすぎるのだが、
その分、トーンチャイムの特性は活かせるように企画が進む。
学校側も100周年を「楽しみに迎えたい」と非常に協力的なので、
来年2月の17日の本番が楽しみである(^-^)

てなことで、ボンクラヤマハのアホンダラのボケカス(また増えた(笑))のせいで、
ダークサイドに行きかけた気持ちが癒された次第(^-^)

ありがとうございます(^-^)

第185週+3日目の朝 77.9kg
昨日±0g トータル -18.1kg
減量1300日目まであと3日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.33kg

減らず増えず・・・う~ん・・・

2006年11月24日 (金)

ヤぁマぁハぁーっ!(`ヘ´)

リコールでRSが引き取られてから約1ヶ月とちょっと、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/10/post_8b9d.html#trackback

モトハウスハザマからRSが無事戻ってきたとの電話があり、
引き替えに橋本まで行った。
ハーさんはまた自ら届けようと思ってくれていたようだが、
引き取りの時に聞いた話では、
ヤマハのアホンダラぁ~!は、ショップにおんぶにだっこ状態との事だったので、
今回、少しでもショップへの負担を減らそうと思ったのだ。

ヤマハとしては、わざわざマジェの新車まで代車に提供しているというのに、
このような書き方をされたら不本意だろうとは思う、
しかしやっぱり、「アホンダラぁ~!」と思ってしまうのは、
日々、ヤマハのイメージ向上のためにがんばってくれてるショップへ、
しわ寄せをもっていくやり方に腹がたつからだ。

まぁヤマハに対する不信感を除けば、
今日も走れる~とばかりに、
ご機嫌で仕事終了後、防寒支度で出かけたのであった(笑)
061124rs1

実際、久しぶりに乗るRSの鼓動感に満足まんぞ~(^-^)


061124rs2 大門で2.5℃という気温もものともせず、
えへらえへらと笑いながら帰ってきた。
先日の松江の帰りは2.4℃で、今日より軽装だったのだが、
今日の2.5℃、完全耐寒装備の方が体感的には5℃くらい低く感じた、
それだけ冷え込みつつあるという事かもしれない。

061124rs3 さて、帰宅して、もう一枚、
輝く光を放つ我がRS、やっほぉ~\(^o^)/ってなもんだ。


が・・・
リコール整備中はおそらく放置状態で、
さぞ腹をすかしているだろうと、
7年目!(すごいでしょ?(^-^)v)を迎えたバッテリーをいたわろうとして、
いそいそとバッテリーDOCをつなごうとしたら・・・

無い~っ!
あるべきところにソケットがない~!\(◎o◎)/!

※というところで、以下、悪罵が連続します、
  あしからずご了承下さいませm(_ _)m

なんでやねんなんでやねん?
まさかヤマハのアホンダラ~!がはずしよったんか?
で、シートを外してチェックしてみたら・・・
061124rs4
まさに、放置プレイですわ・・・(`ヘ´)
シートを外したとたんに、
ソケットがコードと一緒にだらぁ~んと・・・(>_<)

おそらく、適当にはずし、適当にシート下に放り込んだのがあきらか、
シートにはさまれ、あちこちこすれてもいる。

あ、アぁ、アぁ・・・アホンダラぁ~!!!

ボケカスうすったぁアホンダラぁ~!!!!!!

こうなったら、最大級の罵倒の言葉を浴びせたるぅ~

ヤぁマぁハぁのぉ、アホンダラぁーーーっ!!!!!!

これが、モノを作る側のやることか?
しかもこれ、リコールの整備やぞぉ~
細心の注意を払わなあかんのちゃうんかぁー!

ボケぇーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!

てなことで、ワタシはヒトコト言うてやりますっ!!!

むぅかぁつぅくぅ~~~!!!

あ、明日土曜日や、くっそぉ~、
電話繋がれへんだら、もっと腹立つどぉ~

覚悟しとれよぉ~!

ヤぁマぁハぁ~!

てなことで、今日からボクはヤマハが大嫌い~!

ぷんぷんっ!

第185週+2日目の朝 77.9kg
昨日+300g トータル -18.1kg
減量1300日目まであと4日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.33kg

だはぁ~~~(ToT)

2006年11月23日 (木)

辨天さんのお祭り(^-^)

061123bentensan1 本日、毎年恒例の、
生まれ故郷の摩尼山のふもと、
西ヶ峯の辨天さんのお祭だ(^-^)

061123bentensan2
残念ながら過疎化が進み、
今はもう住む人もほとんどいなくなってしまったのだが、
この日ばかりは、餅投げも行うので、
元住民や、親戚や、その知人とか、
大勢の人が集まってにぎやか(^-^)
この在所に子供の声がする年に一度の機会か・・・
061123motimaki

私はこの在所最後の赤ん坊なのだが、
1才の時に高野山へ引っ越したので、
ここで暮らした記憶はない。
ただ、祖父母が4人共この在所で長命を保ってくれたおかげで、
盆や正月は親戚一同が決まり事のように全員集合していたのだ。
私自身も20才半ばまでことあるごとにここで過ごし、
楽しい思い出が残っている。
ちなみに、父が11人兄弟、母が8人兄弟なので、
私には従兄弟が30数人いるし、
盆や正月は両方の親戚が集まるので、スゴイ大騒ぎだったものだ(笑)

今年の空は曇天だが、その分、暖かく、
紅葉した摩尼山もおだやかに見える、
061123hurusato

石川啄木の一句が浮かぶ、

ふるさとの山に向ひて
言ふことなし
ふるさとの山はありがたきかな  

第185週+1日目の朝 77.6kg
昨日±0g トータル -18.4kg
減量1300日目まであと4日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.02kg

踏ん張るってる、踏ん張ってるぅ~(^^;)

2006年11月22日 (水)

ベーカリーテラス「ドーシェル」へ

本日は午後のひとときを、
音工房 求音(くおん)のよもやま会議にて過ごした。
070114nyc1 来年1月14日に開催される、
ニューイヤーコンサートの打ち合わせも兼ねて、
紀美野町は釜滝、つまり、山の中~(^^;)のパン屋さんへ、
061122do1



061122do2

失礼ながらこんなとこで営業が成り立つのか?と思いきや、
平日というのにお客さんが次から次へと入れ替わる~
さすがは知る人ぞ知る、ベーカリーテラス「ドーシェル」さん、
061122do3
国産小麦、
それもおそらくは全粒粉のオーガニックなパンを始めとして、
素朴だが美味しい料理の数々、
061122do4 このランチプレートの他に頼んだピザも極薄の皮に、
濃厚なチーズがよく合ってGOOD!(^-^)

061122do5 オープンデッキからは長閑なみかん畑も見える(^-^)
061122do6 はるかなる自然と生活に根ざした自然、
二つが重なり合ってできあがるパン、
美味しいはずだ(^-^)

そこでタバコをすうなんて、ホントに私はダメダメだ~(。。 )\バキッ☆
許してちょんまげm(_ _)m

061122do7 帰路、紅葉した山々をバックに一枚、
061122do8 ここも視点を変えると、清流が目に飛び込んでくる。

仕事の都合で、お昼過ぎから数時間だったが、
十二分にリフレッシュできた(^-^)

ありがとうございます~

第183週+6日目の朝 77.6kg
昨日±0g トータル -18.4kg
減量1300日目まであと5日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.02kg

うぅ!ここが踏ん張り所かぁ~(^^;)

2006年11月21日 (火)

山門修理 その3

ようやく、山門の木工事がほぼ終わった。
061121sanmon1
傷ついた「まぐさ」と、ついでに「肘持ちまぐさ」も取り替えた。
061121sanmon2
(もちろんこれは、保険屋さんにも通達してるオプションであり、
 保険金を不正に流用しているわけではない。)

「ついで」とは言え、車力工事がなければ取り替えられないので、
保険の範疇の工事に乗っかってるようだが、さにあらず、
その分は、きっちり保険屋さんから値引きされてるのでありました(>_<)

さて、「まぐさ」と「肘持ちまぐさ」の接合部、
061121magusa2
当たり前みたいに収まってるけど、
回りは全部経年変化で捻れてるので、
なかなかこうはいかんもんなんよ~(^-^)

061121soseki 礎石も元通りの位置に(^-^)

一番わかりやすいのが框部分、

事故直後がこれで、061116tobira4_1
修理後がこれ、061121kamati

どれくらい門が捻れて傾いていたか、
よくわかると思う。

てなことで、めでたしめでたし(^-^)

第183週+6日目の朝 77.6kg
昨日+100g トータル -18.4kg
減量1300日目まであと6日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.02kg

くっ!やはりちょっと戻るか・・・(^^;)

2006年11月20日 (月)

雨ゆえに屋根の上(^^;)

雨なのに・・・
屋根の上だったりする・・・(^^;)

あるお寺の大広間で突然の雨漏りが始まったそうで、
ご住職曰く
『わしの大事なお寺に雨漏りさせた奴は許せん~
 見つけたら八つ裂きじゃぁ~~~』(^^;)
もちろん、冗談なのだが、迫力一杯・・・

え?ひょっとして私のせいって事?{{{{(+_+)}}}}
そんなぁ~ 屋根屋さんに言うて下さいよぉ~(>_<)

てなことで、
こちらの落ち度だったらどうしようと、
ビビりつつ屋根裏に登ってみると、当該ヶ所の野地板が小さく割れていた。
おそらく、大風で飛ばされた木の枝でもぶつかったのだろう、
ああよかった(^^;)
いやその、雨漏りはよくないが、私が八つ裂きにされる恐れはなさそうだ、

しかし、このままだとどんどん漏れてくるので、
なんとかしなければいけない、
てなことで、つるつる滑る銅板の屋根に登った。

ありましたありました~、ぶつかった跡が、
061120yane1 銅板自身は凹んでいるだけで、
小さい水たまりができてる、
ここから漏れ越した水が、
めくれ上がったハゼから浸水しているのである。
てなことで、応急処置、
061120yane2 銅板に穴を開けてしまわないよう、平らに戻し、
ハゼもつかみ直す。
念のためにさらに新しい銅板を上から葺き直したのだが、
それは無罪放免される喜びのあまり、
写真を撮るの忘れた(。。 )\バキッ☆

てなことで、お寺の小坊主さんに、
「ここ数日中で、かなり大きめな木の枝とか、
 屋根の下に落ちてなかった?」と聞いてみると、

『あ、ありましたよ、確か二日前です、
 大きい枝が落ちてたの掃除しました』との事、

お~、やっぱり!

で・・・

「その枝とノコギリをね、お居間に届けとかなあかんよ」

『え?なんでです?』

「『雨漏りの犯人は八つ裂きにする~』言うてはったから、
 好きなだけ、切り刻んでもろて~」

と、伝言して帰ってきた(笑)

ホンマに届けたりはしてないよね?(^^;)

ちゃんちゃん、

第183週+5日目の朝 77.5kg
昨日-500g トータル -18.5kg
減量1300日目まであと7日
ミドル級(72.57kg)まであと、4.92kg

おお!着ぶくれで発汗効果?(笑)

2006年11月19日 (日)

GS→スカーバー→トリッカー

一生乗る!と決めている(^-^)
GSの3回目の車検。
061119gs_1
氷雨にもめげず、出発~

今日の格好はある意味凄い(笑)

帰りが代車のスカーバー、
それを橋本のヒミツ基地で乗り換えて、
トリッカーで帰ってくるつもりなので、
当然、エベネゼルの電熱ベストシリーズが使えない。
カッパを持ち運ぶのも面倒だ、
てなことで・・・
ふっふっふ、久しぶりの耐寒防水仕様だぜ~

上下とも下着+コンフォーテンプアンダーウエアに、
上はpowerageのゴアテックスインナー
下はGWの革パン
さらに、上にGWのユーロジャケット
下は同じくGWのゴアウォームオーバーパンツ、

こうなると、走ってないと汗ばむぜ~(^^;)
つーか、完全装備したら、
気温がけっこう上がり気味なのは何故?
一日中雨を予想してたのに、晴れ間さえ見えてくるし・・・
061119kumo 061119sora

いやその・・・
雨が降らないに越した事はないのだけれど・・・
ここまで完璧を期したのだから・・・ねぇ・・・(^^;)
てなことで・・・
エクセルに到着した時点では、
あっつぅ~!(笑)
で、鏡に映った着ぶくれ画像を撮ってみた。
061119gw3
何?
着ぶくれに見えない?

ほっといてくれぇー!(>_<)

と、自虐的になった心を癒すため(^^;)
久しぶりにレーシングワールド南大阪へ行って、
ケミカルを買い足したり、さらにしょうもないもんを買い込んで・・・(。。 )\バキッ☆

代車のスカーバーでヒミツ基地へ、
061119sc
で、ここからはトリッカーに乗り換え、

3時半から約束があるので、
時間短縮の意味で、
これまた久々の、作水のスーパー林道へ、
この頃からまた本格的な雨になりだし、
悲しいような嬉しいような気分(笑)で走る。

061119xg1 さて、高野山まであと9kmくらいの地点、
3時半には余裕で帰れそうな按配になったので、
しばし停車してみる。
ご存じだろうか?
こここそが、明治の始め、
日本で最後の「仇討ち」があった所なのだ。
というか、この事件がきっかけで、
日本全国に「仇討ち禁止令」が出される事になったのである。

この看板はその解説をしたもの、

雨でぼやけて、ちょっと分かりづらいが、
全文を載せてみる。
061119kanban ちなみに、この看板、
高野町の依頼でうちで謹製させていただいたもの、
何しろ解説文の字数が多く、
『この字数に合わせて割り付けした枡目もね~』とも依頼され、
泣きながら鉛筆で薄い枡目を書き込んだのは、私だ(ToT)

閑話休題、

雨の降りしきる中、あらためて看板を読み、
たった百数十年前にここで起こった惨劇
(仇を討たれた方の一行の中には9才くらいの子供もいて、
 『子供だから逃がしてやる』と言われたのだが、
 『自分だけ生き残っても仕方がないから殺して下さい』と訴え、
 仇を討つ方も涙ながらにとどめを刺した、というような話が伝わっている)
を思うと、つくづく、今の日本の平和さ、ありがたさを思い知る・・・

自分は自分で精一杯生きているつもりだが、
どうやらもっと感謝すべき事が、
世の中にはたくさんあるようだ・・・

スーパー林道を走り、立ち止まってよかったと思う。

また、来よう、

第183週+4日目の朝 78.0kg
昨日+200g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと8日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.42kg

ううううう・・・(>_<)

2006年11月18日 (土)

十手?(^^;)

061118jitte さて、何でしょう?

十手?(笑)

最西端から松江の「縁結び」ツーから1週間、
あらためて振り返り、
今回は、スリッパと信用以外は(^^;)
落とさなくてよかったなぁと思ってた矢先、
いきなり、バサッと音がして財布からお札が落ちたw(゜o゜)w

いや・・・(^^;)
「バサッ」というのは大げさか?
「パラリ」くらいか?(ToT)
と、とにもかくにも(^^;)
札ばさみ式の財布からお札だけが落ちてしまったのだ。

なんで?

と、札ばさみの金具が分解してしまってる・・・

なるほどこれでか~と
金具を組み立ててみたのが上の画像、

あれ?
あれれれ?

で↓の画像をご覧いただきたい、
落としたのは事務所の床、
まず最初に発見したのは
①と②のパーツのみ、
組み立てると↑の画像のようになる。
(画鋲は大きさ比較のため)
061118sk1
これでは、はさめな~い (ToT)

そういや、「パラリ」の他に
「カチャッ」ってな音も聞こえたような・・・
で、はいつくばって事務所の床を探してみたら・・・
ありましたありました~\(^o^)/ ③のバネが!
061118sk3
なるほど、これでテンションかけとるんやな~
小技が効いてるね~と感心しつつ、バネを組み込んでみた、


061118sk するとこんな感じ、
ええやん、ええやーん!

061118sk5 で、財布に組み込んでみたのだが・・・
あれ?あれれれ?

今度は金具がまったく動かず、
やっぱり、はさめな~い(ToT)
な、なんで?
バネに上下の方向でもあったのか?

う~む・・・

と、ここからが、長年の経験に基づく叡智の世界
(ってそれほど大層なモンでもないが(^^;))
これは、ひょっとして、もう一つ、
バネのテンションを緩和する何らかのパーツがあるのでは?

もう一度よく思い出してみよう、
!( ̄□ ̄;)   
「パラリ」と「カチャッ」に加え、なんだか、
「チンチンチーン・・・」ってな余韻が残っていたような・・・
あれはバネが落ちた音の続きではなく、
もっと小さなパーツだったのでは?

今度ははいつくばって、なめるように床を探してみた(笑)

あ、あ、あ、あったぁ~~~!
061118sk4
たぶんこれではないか?
良い子のみんなは、
シャーペンの先と比較して大きさを想像してみてね~

こんな小さな球、今までみたことがないし、
事務所でベアリングをバラした事もない、
で、おそるおそる、②の筒へ放り込み、
③のバネも入れて、①棒をぐりぐりと回して固定、

で、開閉させてみると・・・

おぉ~\(^o^)/
ちゃんと開くし、ある一定のテンションを保ちつつ締まる~
すごいな~
誰が考えたのこんな仕組~

てなことで、④の球を見つける事ができた私は、
老眼ながら、まだまだダイジョーブ?(^^;)

061118sk6
めでたしめでたし、
ちゃんちゃん。

って、たまにはもっと豪華に万札をはさめよ、自分~!(ToT)

第183週+3日目の朝 77.8kg
昨日-100g トータル -18.2kg
減量1300日目まであと9日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.22kg

よし!たかされ!(^^;)

2006年11月17日 (金)

山門修理 2

続き、

さて、白壁の一部をひび割れさせてしまったが、
(って、ちゃんと計算済みじゃ~見積に入れといたよ~ん(^-^)
061117kabe
まぁこれはね、今までの数々の失敗がね(^^;)
今、俺を助けてくれとるんよね~(笑))

袖壁を切り離し、じわりじわりと上げて揚げて行く。
061117syariki この一連の作業を総して、「車力(しゃりき)」と呼ぶ、

こんな時、バランスを崩すと、
木組から、とんでもない大音響が発せられる事がある、
建物の悲鳴、というよりは、怒号だ、
『ちゃんと何十年も建ってんのに、
 今さら何すんねんなー!』みたいな・・・

昔、某大講堂の床を揚げていた時、
あまりに広くて全体をバランス良くいっぺんに揚げられず、
床下で、あっち行ったりこっち行ったりしてジャッキアップしてたら、
いきなり、「ドッドォーーーン!!」と恐ろしい音がして、
てっきり、床が落ちてきたと思い、
ジャッキで組んだ木の下へもぐり込むように逃げた事があった、
あの時はもうホンマ怖かった(^^;)
結果、床はその大音響と共に、ジャッキで上げた以上に跳ね上がり、
元通りの水平に戻ってめでたしめでたしだったのだが、
そういう偶然もそうそうあるものではない。

さて、今回は、山門さんが怒る事もなく(^^;)
いわゆる「計(はか)が行く」というヤツである。
しずしずとお揚がりあそばしてくれて、
061117magusa
「まぐさ」も無事はずせた。
ああ、ありがたやありがたや、
これもやっぱり日頃の行い?
いやそのあの(^^;)
私じゃなくて、お寺のですよ、お寺、

てなことで、この後、
新しい「まぐさ」をはめ込み、
扉を受けてる肘壺の調整とか、
敷石のズレの修正とか、
せっかくの機会やから、「肘持ち框」も取り替えるとか、
いろんな「企業ヒミツ」を盛り込んで・・・
工事は進むのでありました。

ちなみに、いったん揚げると、
自重では下がってくれない部材もでてくるので、
これを元通りに収めるのも結構ムズカシイのである。

ふぅ、しかし、それにしても・・・
山門、コカさんで良かったぁ~ (^^;)

↑本音!(笑)

第183週+2日目の朝 77.9kg
昨日+100g トータル -18.1kg
減量1300日目まであと10日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.32kg

くぅ~(>_<)

2006年11月16日 (木)

山門修理

昨日の続き、

取材が終わったら・・・
即、山門の修理工事なのである。
061116sanmon1
というのも、今年のお彼岸に、
この門からお寺に入ろうとした「中型バス」の運転手がいたのだ・・・
あろうことか、
院家さんが、『正面は無理です、横から入れますから』と、
制止するのも振り切ってアタックしよった、らしい、

私が電話をもらって行った時には・・・
あわれ、まぐさ(木偏に眉)が・・・(ToT)
061116mon2
そして、あちこち調べてみると、
061116mon3 控え柱の敷石のずれ方からして、
どうやら、ぶつかってからさらに進んだ形跡がある、

061116bus バスの上部の換気口?もかなり凹んでいた。
山門を持ち上げてねじ曲げてしまったわけだ。

061116tobira1 その結果、門柱が捻れ、




061116tobira2 扉の召し合わせが狂い、





061116tobira4 片方の框は接地してしまって締まりにくくなっていた。

「誠に申し上げにくいですが・・・けっこう重傷です・・・」

で、その後、
ぶつけた運転手がそ警察へ連絡する事もなく、
そのまま食事に行ってしまったり・・・
戻ってきても、謝罪するそぶりもなかったり・・・
バスに乗ってたご一行の中には、この寺の信者ではなく、
中食に寄っただけという気楽さも手伝い、
『もともとズレとったのちゃうの?』ってな事を言い出す御仁がいたり・・・
一時は殺伐とした雰囲気が漂ったのでありました・・・

ここで私、普段の暴れん坊ぶりはどこへやら(^^;)
仏心を発揮しなければと思いつつ・・・
ご一行の中の一番年かさの人を見つけ、

「あのですね、扉なんかは毎日閉めるものですから、
 この状態ならとっくに気付いてるはずでね、
 これはあきらかに今回の事故の結果です、
 とりあえず、一番年長のあなたがお寺側にお詫びするところから
 始められたらいかがでしょう?
 このお寺も嵩にかかって、お金をせびったりするようなケチなお寺じゃないですよ、
 そもそも運転手が詫びもせずに食事に行くっちゅーのは、
 社会常識に反してますよね、その点だけでも年長のあなたが諭されたらいかがです?」
 と、おだやかに語りかけさせていただいたのであります。

で、このご老人も理解が早く、
『そうでした、まずこちらが詫びるべきでした』と納得してくれ、
そこからはごくおだやかに保険の連絡先等の話とあいなった。(^-^)

しかし、運転手は最後まで、我関せず、という態度を通した。
おそらく、責任を問われる事を恐れたのだろうが、
まぁ・・・職業ドライバー失格!ですな。

で、その後、保険の鑑定人が来て、同じような説明をし、
鑑定人はすんなりこちらの被害状況を認め、それにかかる修理費用も
多少値切られた(>_<)ものの、ほぼ全額が保険で出される事になったのであった。

そしていよいよ修理開始となったときに、取材の話が舞い込み、
11月15日以降で、ということで今日に至ったというわけ、

さて、どうするか?

至極単純である、
要所を切り離し、
各柱を傷めないよう荷造りし、
バランスを取りながらジャッキアップして、
「まぐさ」を交換するのである。
って、そんな簡単に行くか~い!(^^;)

続く・・・ 

第183週+1日目の朝 77.8kg
昨日-200g トータル -18.2kg
減量1300日目まであと11日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.22kg

うむうむうむうむぅ~(^-^)

2006年11月15日 (水)

生中継ふるさと一番!

昼、食事に帰るとカミさんが、

『今日、何かあったの?本山前がお坊さんだらけやったよ』

「そらそうやん、今日は、新管長さんの入山式やん」
(任期満了により管長さんが交替され、
 松永有慶大僧正が第412世座主として入山されたのである)

『それって3月にあったん違うの?』

「それは転衣式(てんねしき)、法印さんですがな、
 法印さんは、お大師さんの身代わりを1年間務められるの、
 無事、成満されたら、前官さんと呼ばれるようになるわけや、
 管長さんは、高野山真言宗の最高職で任期は4年やろ」

『え、この間、任期満了で交替したのは総長さん違うの?』

「総長さんというのは、金剛峯寺の執行長さんの通称、
つまり、金剛峯寺にはね、
一年交替で、お大師さんの身代わりをされてる法印さんと、
4年交替の、宗教儀式の最高職である管長さんと、
3年交替の、宗団の一切の長である総長さんがいてはるねん」

『ふ~ん、そうなん』

「ふ~ん、て、君、来年の3月になったらまた同じ事聞くやろ?」

『ごはん、はよ、食べてね~』

人の話、聞いてないんかーい!(>_<)

『聞いてる聞いてる~(笑)
 あ、それで横林さんがおったんや』

「誰?それ?」

『NHK和歌山ののアナウンサーよ、前にテレビ出た時の、』

「へ?その人が取材に来てたの・・・っと、
  わぁ~ テレビ、テレビぃ~」

『あんたも人の話、聞いてないやん!』

というのを無視して、あわててNHKをつけてみると・・・
やってましたやってました~「生中継ふるさと一番!」
しかしこれっていつのまに、
「ひるどき日本列島」から名前が変わったのだろう?(^^;)

実は今日、近所のお寺に取材が来ると以前から聞いていたのを、
コロっと忘れていたのでありました(^^;)

おぉ~
写ってる写ってる~、
と単純に喜ぶ私(笑)
それもそのはず、このお寺の本堂、
弊社で建てさせていただいたものなのである、
061115tv1
このブログ以前の「日記」にも登場している、
http://www0.yapeus.com/users/onnon/?page=31&
の、2004年8月11日分に写ってるのが本堂を見上げた画像で、
同じく8月12日に写ってるのが、画像の左下部に写ってるお不動さんの祠だ、
おお~本堂へ入っていく~
って、当たり前か?(笑)061115tv3

061115tv4 と・・・
レポーターが、藤波 辰爾さんやーん!

私、20代のプロレス大好きっ子やった頃、
大ファンでしたんや~\(^o^)/

てなことで、テレビの前に正座して(笑)
食い入るように見た。

カミさんが
『生中継でしょ、すぐそこやのに、行ってきたら?
 サインもらえるかもよ?』

「そんな事できるくらいなら、俺の人生変わってるわー!」と、
いつものセリフ(^^;)
あつかましく見えて、めっちゃ小心なんじゃ~(>_<)

と、忸怩たる思いをかみ締めつつ(^^;)
この取材が終わったら、
いよいよしなければいけない事があるのである。

てなことで、
明日へ続く・・・

第182週+7日目の朝 78.0kg
昨日-200g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと12日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.42kg

よしよしよしぃ~(^-^)

2006年11月14日 (火)

仕事でCB

本日は、午後から和歌山市内へ「仕事」で行くことに、
天気はいいけど、やはり寒いので、ちょっと躊躇、

当然、「車」で行くか「単車」で行くかか、ではなく、
「化繊」で行くか「革」で行くかか、である(笑)

まぁ用事はすぐに済みそうだったので、帰りもそんなに遅くならないだろう、
てなことで、革ジャン・パンツでGO~!

で・・・何か、革パンがキツイ・・・(>_<)
昨年の今頃はごそごそやったのに・・・
やっぱり、+7kgの影響はデカいよな・・・(^^;)

さて、今日はCB、
さすがにK1200RSに比べると軽い~(笑)
ショックも非常にわかりやすく動く、
K1200RSの路面情報の伝わり方というものは、
必要な情報をその都度整理して伝えてくれる感じで、
例えば鉛筆を踏んだとしたら、
それが六角形なの丸なのか、わかる気さえするものだ。
ただし自分が漫然と走ってると何も伝わってこないような気もする。
対して、CBのそれは、
整理はせずにちょっと大げさ?に全部伝えちゃいますよ~って感じか?(笑)
鉛筆を踏んだとしたら、ん?棒、踏んだ?って感じもするが、
こちらが意識せずともちゃんと伝わってくる。

K1200RSも、CBも、
どちらも、一発で収束してくれる点では秀逸だ(^-^)

てなことで、
CBもええやーん、とまたまた嬉しくなって走る。

ただ、大門から下りだしたとたんに違和感が・・・
下りでフロントが入ると、
かすかにジャ・ジュジュ・・っというような擦過音が聞こえる。
それも左コーナーだけ、
ん?
何?これ?
右だとかなりフロントを入れても音が出ない、
なのに左だと、かすかだが、確実に擦過音が聞こえる・・・
げげぇ~
これはひょっとして、左のフロントフォークがどないかなってんのちゃうの?
後になって考えてみれば、どちらのフロントフォークに異変があっても、
左右関係無しで音がするはずなのだが、
錯覚に捕らわれるというか、頭の中で、
寒い→フロント動きしぶい→異変→インナーパイプに傷?みたいな図式が出来上がってしまった。
しかも、下るに連れて擦過音は小さくなっていったので、
これはますます、暖気がすんで動きが良くなった分、音が小さくなっただけで、
確実にインナーパイプに傷が残ったのでは・・・みたいに思えてしまった。

ううう・・・(>_<)

信号停止の際などに、フロントを動かしてみても動きは普通で音も出ない、

別の理由か?
ブレーキ? キャリパー?でもないよな・・・

ううう~気持ち悪い~
が、平地になるとまったく音がしなくなった、
気温も上がってるからか?
う~ん、なんで?

ともあれ、仕事優先であるから、とりあえず目的地まで走り、
用事を済ませて近場のコンビニでじっくり観察、

やはりフロントフォーク、ブレーキ共、顕著な異常は見られない。
むぅ~

と・・・

何か出てる・・・(^^;)
061113cb1
で、よく見ると、

なんじゃこりゃ~w(゜o゜)w

061113cb2 どうやらエキパイのテンションのバネに、
うまい具合?に小枝が引っかかり、
車体の動きに連れて接地していたようだ(^^;)

なるほど~それで下りの左だけやったんか~!(笑)

てなことで、一件落着(^^;)
取り去ってみての帰り道、下りでもまったく異音無しで、
やっぱりこれが原因だったのがわかった。

それにしても何でここからしてる音が、
フロントから聞こえたのだろう?

老眼に続き、今度は耳か・・・(^^;)

第182週+6日目の朝 78.2kg
三日前-100g トータル -17.8kg
減量1300日目まであと13日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.62kg

うん、減ってる、減ってるやーん(^^;)

2006年11月13日 (月)

しもみじ

さぁリフレッシュもできたし、
働くぞぉ~!
ってな事で、早起き(^-^)
今朝も寒い~{{{{(+_+)}}}}

と、佑真がバスに乗り遅れたので、駅まで送る。
帰り道、「六時の鐘」を見ると、
061113simomiji
空は真っ青、紅葉は真っ赤、間のお屋根が真っ白け~(笑)
「霜」+「紅葉」=で「しもみじ」である(笑)


061113asa 蛇腹道もこんな感じ~
寒いけどええ雰囲気やね~(^-^)
ちなみに、「六時の鐘」から伽藍境内を通り一番奥の「西塔」まで、
一匹の龍が横たわっていると言われている。
てなことで、この道、ほぼまっすぐで凹凸もないが「蛇腹道」と呼ばれていうるのである。
(西塔が頭で、六時の鐘が尻尾)
(※嶽弁天が頭で尾先弁天が尻尾、という説もあります)

なにはともあれ、いよいよ「冬」が来たって事ですな、

ふ~んだ、今年はシーズン始めから前後チェーンがあるもんね~(笑)

誠に、脳天気である、

というのも、今晩には一つの楽しみが・・・(^-^)

これまた「ご縁」があって、
秋田のキューレ大王さんが送ってくれたお酒~\(^o^)/
(こちらが檜の板を贈ったら、返礼に贈ってくれたのだm(_ _)m

結果的に、木と酒の物々交換?(笑)

てなことで、仕事を終え、木屋で一杯、
まずは、キューレ大王さんが晩酌の友にしているという、
「山内杜氏」

なるほど、端麗で飲みやすく、いかにも晩酌の友、という感じ(^-^)

で・・・
061113toji あれ?
いつの間にか・・・(。。 )\バキッ☆
アホか~
せっかくのお酒、もっと味おうて飲まんかいー!(^^;)

まぁしかし、美味しかったらええか~と
ご機嫌で帰り、
はっと、気付いたら、明日のためにと思ってた、

061113umsine 天の戸 美稲(うましね)にまで手をつける始末・・・(。。 )\バキッ☆

ホンマ、辛抱できんヤツです~(^^;)

しかし、うまい~

キューレ大王さん、おおきに~m(_ _)m

第182週+5日目の朝 78.3kg
三日前-100g トータル -17.7kg
減量1300日目まであと14日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.73kg

おお!出発した時よりは減ってる~\(^o^)/

2006年11月12日 (日)

「縁結び」松江(^-^)

さてさて、朝のブリーフィング(^-^)
松江はその土地柄から「縁結び」をキーワードにしているそうで、
色々な企画が練られているという、
今日も楽しい縁を結べそうな予感(^-^)

061112asaそして shuさんが行きたい場所の希望を聞いて下さり、
いの一番に「水木しげるロード!」と言ったのは私だ(笑)

幸い、あらかじめ予定していたshuさんのコースとも合致しており、
まずは出雲を回り、日御碕を経て、
境港で昼食を摂って解散、というコースとあいなった(^-^)

では、出発~(^-^)
061112m1 さて天候はというと・・・これがまたおもしろい、
海上は晴れ、山側はくもり、
海に近づけば晴れ、山の中に入れば小雨も有り、
走れば走るほどいろんな天候が入れ替わり立ち替わりやってくる。
松江~出雲と、昨日の9号線の渋滞とは大違い、
巧みに快走路ばかり選んで走っていただき、さすがジモピーと感嘆しつつ、
さらに、無線から入ってくるshuさんの名調子の土地や歴史のご案内に
いちいちうなずきながら堪能させていただいた(^-^)

061112m2 これは日御碕への道での一コマ、
空に向かって、一糸乱れず駆け上がる一行、
文字通り、まるで天に向かうような心持ち(^-^)

そして日御碕、
東洋一といわれる灯台をバックに集合~
061112hinomisaki2
種々様々な単車たち(^-^)、
061112hinomisaki あれ?Kシリーズは私だけ?(^^;)
まぁええやん、ご縁が結べたっちゅーことでね(^-^)

061112hinomisaki1 つーことで、個人的に1枚、
ちょっと想像してもらえばわかると思うのだが、
実は、カメラ側には全員がいて、
こっちを笑顔で見てくれてるのだ(^-^)
私としては、この画像を見る事で、
カメラ側にいた人たちの笑顔を一人一人思い出せる。
これこそ「縁」ってもんかな、とも思う(^-^)

そして再び走り出す、
今日の海は碧い(^-^)061112umi
鉛色だったり、碧かったり、
いろんな色がその時々で目に映る、
どんな色に見えるのか、
それはその時のその人次第、
「縁」をいただいて、今日、この海を見られる幸せ(^-^)
ありがとうございます~m(_ _)m

061112yokai さてさて、念願の水木しげるロード\(^o^)/
予想以上に広い?長い?(^-^)
ここは時間の都合上、今回通り過ぎただけなので、
絶対また来るぞ~ゾーンになった(笑)

昼食は林立する境港名物「回転寿司」の一つから、
shuさんが選んでくれた061112kaiten_1 このお店、
何しろ入店まで30分近く待つ繁盛ぶり!
ネタも境港産が多く、濃厚な海の幸が味わえた。
しかもどの皿も126円均一というわかりやすさ(^-^)
ここも絶対また行くぅ~(笑)

と、ふと見ると、この店の向こうに・・・
061112kitaro カニ持って笑ってる鬼太郎が!(^-^)

しかもこれ、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」じゃなくて
オリジナル「墓場鬼太郎」バージョンやーん!\(^o^)/
これを見られただけでも境港に来た甲斐があったぜ~!

これもやっぱり「縁」なんやろね~(^-^)

てなことで、名残は惜しいが、ここで解散。

それぞれがそれぞれの帰路に着く、
だが、きっとまた会える(^-^)
何しろ、縁結びの「松江」で出逢った仲間たちやもんね(^-^)

さてさて、帰りも9号線を・・・と思ったが、
いかんせんこの時点で午後3時半、
高野山では今朝、初雪が降ったという情報もあり(^^;)
早めに帰らないと道が凍結するかもしれんし、
銀のウン○掃除も待ってるだろうから(笑)
米子道~中国道とつなぐ、

宝塚周辺、名物の大渋滞(本日は12km!)を経て(^^;)
途中ではぐれた(^^;)エルチビさんと東大阪PAで再会~
061112erutibisan
これもやっぱり「縁」ですな~

そして、いつものコースで大門へ、
幸い、道は凍ってなかったが・・・
061112daimon
2.4℃!(^^;)

もう何も言うまい、
この時期にしたら、当たり前の温度だ(^^;)

さてさて、もう一つ、大事な事、
本山前にて、お大師さんにご挨拶、
061112honzanmaeshuさんからの
『お大師さんによろしくね』という伝言もお伝えした(^-^)

この行為を「宗教」行為としてのみとらえると、
違和感を覚える人も多いと思う、
私自身も、他の宗教で、他を排除する教えや、
特に宗教が元で争いが起こっている事態には、
大いに違和感を持つ人間だ。
私にとって、「あらゆるものへの感謝」こそが宗教の原点であり、
それは「おかげ」という言葉で表される。
お大師さんは、その大いなる慈悲の象徴なのだ。
晴れれば、
「お大師さんのおかげやね」と当たり前のように挨拶する。
だが、「お大師さんに身も心も捧げます」とか
「お大師さんを攻撃するものは許さない」とかとは違う。

今回、念願の本州四端ラリー踏破の締めくくりとして、
最西端にすんなり到着できたのは、さむがりさんのおかげ、
見守っていただいた7003さんのおかげ、
そして松江で楽しい時間をいただいたのは、
カニカニ談義に集まってくれたみなさん+旧友のおかげ
帰路、無事に帰って来られたのは、単身さんやエルチビさんのおかげ、

まだまだある、

突如出現して道を教えてくれたお姉さん、
ああそうか、航路を維持して運んでくれた阪九フェリーさんもや、
いやまてよ、「道」自体にも感謝やね(^-^)
もっともっとあるね、「おかげさま」

もちろん、気持ちよく送り出し、
心配しながら帰りを待っててくれる家族のおかげも、

そして・・・忘れちゃいけないK1200RS!(^-^)
まったくもうなんちゅーか、ええヤツや~!\(^o^)/

てなことで、
いろんな「おかげ」をいただき、
今回も楽しく行って無事帰って来られた。

ありがとうございますm(_ _)m

やはり松江は、「縁むすび」のマチ、
「縁」とは何かを考えさせてくれるマチだった。

ありがとうございますm(_ _)m

楽しかったっす~\(^o^)/

2006年11月11日 (土)

カニカニ談義~\(^o^)/ 11日夜~翌朝

てなことで、雨の中、
延々と下道を走り、宍道湖を左手に松江市内に入る。
今夜の宿はもうすぐだ~
笑顔と、「カニ」が待ってるぞぉ~\(^o^)/
(そして偶然、旧友にも8年ぶりに会えたのだった(^-^))

さて、ここでもう一つの思い出を書くと・・・
竹野の現場、休みもほとんど無く、
毎日早出の残業続きではあったが、
カニだけは食べ放題だったのだ。
というのも、ハサミが取れたり、足が欠けてたりして、
市場に出しても値がつかない、いわゆる「キズモノ」のカニを、
地元の業者さんがほぼ毎日のように差し入れてくれたのだった。
てなことで、夕食代わりにカニを貪る日が続いた。
おかげで妙に舌が肥えてしまい、竹野以降、
特に大阪などではカニが食べられなくなってしまった、
何度も冷解凍された後の舌触りに違和感を感じたり、、
古いカニ独特の腐敗臭が鼻につくようになったためだ。

てなことで、今回、笑顔に会える事もさることながら、
本場のカニが食せる、という楽しみもあったのだ。

そして・・・

061111kanikani1 いつもにこやか、歩く上品(^-^)
こういうバイク乗りになりたいと思わせる度ナンバー1の、
shuさんの開会挨拶を経て、
期待通りの美味しさのオンパレード!

061111kani まずは定番のゆでガニ、
至極単純、旨いぃ~\(^o^)/

061111kanidohu 合間に食べたカニ味噌豆腐、
これがまた上品なお味!

061111yakigani 続いて、私が一番好きな「焼きガニ」~\(^o^)/
黒っぽく写ってるが、焼いたカニ味噌と熱燗こそは、
「日本海で最強の取り合わせ」だと私は思っている(笑)

061111tyawanmusi で、小技の聞いた、カニの茶碗蒸、
まさにカニづくし~\(^o^)/

061111sumouasikosi 他にも、「すもうあしこし」の紹介とか、
いろんな珍味を味わいつつ、
宴会は進む~

061111kanikani3 久しぶりの方、初めての方、
和やかにぎやかにまさにカニカニ談義~\(^o^)/

061111resshinsan 中にはなぜか恐縮してる方も(謎)
↑ 実は私が無理矢理ポーズを取らせたのだったm(_ _)m

もちろん、私は、もうこの時点で、ベロベ浪漫!(。。 )\バキッ☆
それが証拠にトリの「カニチリ」画像を撮り忘れてる~(^^;)

061111kanikaninijikai で、気付いたら2次会

そして3次会へと・・・
このあたりの画像も無い(^^;)
つーか、3次会へ行った記憶がおぼろげ・・・(。。 )\バキッ☆
なんでかっつーと、この頃は必死で、
「今日はモノをなくしたらあかーん!」と、
そればかり考えていたからなのだ(^^;)
それもそのはず、昨年も中四国オフの宴会に参加して・・・
財布とデジカメの入ったウエストバッグを亡くしたのであった。
http://lunta.way-nifty.com/wind/2005/11/post_cf0c.html#trackback

あれから1年、なんとか持ち物は元に戻ったものの、
今回またやってしまったらもう立ち直れない(^^;)
だから宴会中にも、みなさんにお願いしていたのだ、
すなわち、

「私が『ダイジョーブです』とか
 『今日は酔うてませんから』とか言い出したら、
 羽交い締めにしてでも行動を止めて下さい、お願いします~」という、
非常にナサケナイもの(^^;)

その甲斐あってか、はっと気付いたら、
ちゃんと部屋で寝ている自分を発見、
(これはこれでナサケナイ表現(^^;))
あわてて持ち物をチェックしてみたら、全部あった~\(^o^)/

ただ・・・誰かに迷惑をかけたのではないかとそれだけが心配・・・(^^;)
もし、何らかのご迷惑をかけていたとしたら、
この場をかりてお詫びします~m(_ _)m

てなことで、翌朝、夕べはカニと酒だけで、
あんまりカロリーオーバーしてないよな~と思いつつ、
部屋のゴミ箱上で発見したのが、これ。
061111yasyoku
ううう・・・
ちゃんと食べたような食べなかったような・・・(ToT)
やっぱり完食したんやろなぁ・・・

そして、食べ過ぎたものの、
何も無くしてはいない、と思っていたら・・・

やはり・・・

どうやら、3次会場でスリッパを忘れ、
裸足で帰ってきたようだ・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、朝食会場にはこれで行った (。。 )\バキッ☆
061112hakimono

誰も気付かなかったのか、
はたまた見て見ぬふりをしてくれたのか(^^;)
ツッコまれる事はなかった・・・

てなことで、またまた、
スリッパと信用を無くした夜だった。

ちゃんちゃん。

松江へ

さて、須佐からは一人で松江を目指す、

10日のブログで松江を「思い出の地」と書いた。
そこへ、ええと・・・21年ぶり!(^^;)に出向くのである。
松江は当時在籍していた会社の山陰支店がある所だった。
私は21年前、そこへ辞表を提出しに行ったのである。

当時、私の勤めていたゼネコンは、
昔ながらの体質?で、何しろ休みが少なかった。
バンカラといえばバンカラ、
しかし、タコ部屋と表現した方が正確かもしれない(^^;)

1年目などは、お盆に3日間、正月に4日間の休みはくれたのだが、
その他に休めたのは、2日だけ。
今では信じがたい話だが、年間の休日が9日間、だったのだ。
しかも、盆休みと言っても、奈良から福岡への転勤があり、
1日は移動に費やしたから、実質8日・・・
労働時間も、飯場暮らしが多かったので、
午前7時前から午後11時過ぎまでのハードワーク。
つまり毎月の残業時間が常に220時間以上あったわけである(笑)
よく、過労死しなかったものだ(^^;)
ナサケナイのが、労働基準局へ
「規準を超えて就業する届け」というのを、自ら提出させられた事で、
こちらの願いも空しく、届けはすんなり受理されたのであった。
てなことで、あの時以来、私は「クニ」というものを信じてはいない(笑)

まぁ、私のように、実家が建築業の場合、
仕事を覚えた時点で辞める者も多く、
会社としても、「いる間は使う、辞めたきゃ辞めろ」という使い捨て感覚だったのだろう。
しかも新入の現場監督などはそれこそ現場の監督など出来ようはずもなく、
現場で土工の手伝いをするのが主な仕事であり、
忙しい現場があると、人夫代わりによく手伝いとして派遣されたものだった。
その分、コンクリートを練ったり、コテを使ったりと、
大工以外の仕事も一応は覚える事ができた(笑)

最初の1年で、私が回された現場は確か11ヶ所。
その内訳は、兵庫、兵庫、京都(ただしいずれも山の中(^^;))
奈良、奈良、福岡、福岡、鳥取、鳥取、兵庫、兵庫・・・
移動は全て、当時の愛車であるCBR400Eで行った。

奈良~福岡が一番キツカッた・・・
その時はすでに今のカミさんとつきあっていて、
やっともらった休みに「明日香の石舞台」を見に行って、
「奈良でしばらくおれるやろから、また色々見に行こな~」と言ったとたんの
福岡転勤命令だったのだ。
恋人を故郷に置き、一人寂しく渡った関門海峡・・・
何度もヘルメットの中で、♪あぁ~だから今夜だけは~♪と歌いつつ、
マジで泣きながら走ったものだった(ToT)

だから今回、まず、旅の始まりで関門海峡を渡った時には、
この時の事も思い出していたのだ(^-^)

さて、あくまで臨時の手伝いなので、まともな宿舎も無い事が多く、
福岡では、約1ヶ月、娯楽室のトイレの前で寝ていた。
夜中に誰かがトイレを使うと、その度に移動しなければならず、
えらい会社に入ってしもたなぁ~としみじみ思った事もあった。

最短滞在期間が二日ちょっと、という所もあった、
ただし、その間、ぶっ通しで完成検査のための掃除を行ったわけで、
確か54時間こき使われていたと記憶している(ToT)
内容と言えばひたすら清掃・水拭きであり、
現場を汚してはいけないという事で、
真冬に裸足でタイル掃除を延々と「させられた」のである。
(今なら「させていただく」と思えるのだが、ね(^-^))

こうなるともう、仕事というより、「しごき」みたいなもので、
眠いわ、寒いわ、マジで死ぬかと思った体験だった。
そして、当時の現場所長がそれに追い打ちをかけるように言った、
『お前はな、仕事教えてもらって、給料ももらってる、
つまり、泥棒みたいなもんなんじゃ、
今のお前の姿を写真に撮って、親の所へ送ってやろうか?
きっと泣いて喜ぶぞ~』というセリフは今でも覚えている。

これも今となっては非常に含蓄がある言葉だと思えるのだが、
当時の私は「殺意」しか覚えなかったものだ(笑)

ただし、この時の経験はその後、何度も役にたった、
つまり、どんな逆境に遭遇しようとも、
「あの時よりはマシ」と思えるからである(笑)

うん、これはやっぱり、あの時の所長に感謝しなくちゃね(^-^)

で、ようやく落ち着いたのが、兵庫の竹野という所で、
ここで初めて基礎工事から完成までを経験できたわけだ。

そしてその工事が終わる頃、またしても転勤命令が出た、
転勤先は・・・「イラン」であった。

当時はイラン・イラク戦争の真っ最中であり、
イランで建設中の発電所が8割方出来上がった所を、
イラクのミサイル攻撃で破壊されたので、また作り直すという。

その時の所長はこともなげにこう言った。
『大丈夫や、今度の現場は前回から車で4時間くらい離れてるから』

「いやその・・・車で4時間て、ミサイルやったら数分ですやん」

『まぁそういうな、1年辛抱したら、3ヶ月の休暇が着くんやぞ~』

「1年生き延びられたら・・・ですよね?」(^^;)

てなことで、私は会社を辞める事にした。

なぜなら、1年の約束で赴任したきり、
20数年間、彼の地で暮らしてるという、
伝説の現場監督の話も聞いていたから・・・(^^;)

とにかく、この時、実家が建築関係で、
腰掛け的に就職したと見なされた連中には、
軒並み、イランへの転勤命令が出てたようで、
他にも何人も辞職したというのは後になって聞いた話である(笑)

嗚呼、実は一生、奉職しようと思っていたのに・・・(^^;)

ちなみにこの会社とは、十数年たってから、
一緒に仕事をする機会があり、その時の所長が、
なんとなんと、最後の現場の主任だった人で、
打ち合わせをしてる時にふと見ると、
カレンダーにきっちり休業日が入っていて、
そこには、新入社員の休みもちゃんと書かれていたので、
「なんですのこれ、今は新入社員に休みがあるんですか?」と聞いたら、
『お前らがばんばん辞めてしもたから、まともな休みも取らさなあかんとなったんや』
との事だった(笑)

というわけで、○○組の新入社員諸君、
君らがちゃんと休めるのは私達のような、
悲惨な者のおかげなのだよ~(笑)

閑話休題

で、なぜ兵庫の現場で居た私が松江の山陰支店に、
辞表を出すかというと・・・

当時、現場の人事権は大阪本社の工事部長が握っており、
この部長、現場の配置表の札のバランスを取るのが大好きだったのだ、
つまり、東北から九州までの現場配置表を眺めては、
『ここは多すぎる』『ここは少ない』と、
現場の規模ではなく、見た目のバランスだけで、
ひょいっと、札を掛け替えるのだ。
てなことで、その時たまたま山陰支店の人数が少なく見えたそうで、
ひょいっと、私の名札が山陰支店に掛け替えられたという次第。

てなことで、この時以来、私は「権力」というものの実体を知ったのだ(笑)

当時の所長は、真面目?な人だった。
個人的には今でも尊敬している。
で・・・
『お前はなぁ、山陰支店の人間やから、辞表はそこへ持って行け、
 それがケジメっちゅーもんや』

当時、所長の命令は絶対であるし、私も不本意ながら辞職を選んだわけで、
ケジメとしてやはり直接提出せねばならないと思った。

で、竹野から松江までのツーリング・・・(。。 )\バキッ☆
いや(^^;) 辞表提出の旅となったわけなのである。

その時見た風景は、もう、ほとんど忘れてしまった。
ただ、会社を辞める、辞められる、
残念、嬉しい、もうちょっと休めるようになる?(^^;)
と、それこそ色々な気持ちがないまぜになってたと思う。

そして松江支店、
何しろ初めて行ったので、見つけるのに苦労した。
(今も昔も方向音痴だ(笑))

そこで、また、生涯忘れ得ぬ言葉に出逢うのであった。

ここの支店長に
『何で辞めるんじゃー』と怒鳴られるんやろなぁと、
おずおずと入っていき、
受付に座ってた五十代とおぼしきおばさんに来意を告げた、
おばさんは言った。
『はい、辞表ですね、どうぞ』
「へ?」
『だから、辞表出して下さい』
「あ、あの、支店長に提出しなくt・・・」
『書類は私が受け取ります』
「は、はぁ・・・では、これを・・・」

まさかこれで完了?と、
戸惑いつつ立ちつくしてると、
『はい、ご苦労さんでした』
「え、もう、いいんですか?」
『保険関係等の書類は実家へ郵送しますからね』
「は、はぁ・・・」
何か、こう、もっと、ドラマチックな展開を半分は期待してたのだが・・・

そして最後に、おばさんはこう言ったのだ。

『なんで、郵送しなかったの?』

『なんで、郵送しなかったの?』

『なんで、郵送しなかったの?』 『なんで、郵送しなかったの?』 『なんで、郵送しなかったの?』
頭の中をぐるぐる回るこの言葉、
それ以降も、何度も夢に見てうなされたくらいだ(^^;)

てなことで、この時以来、私は「手続き」というものが大嫌いなのだ(笑)

さて、今日も長くなった(^^;)

だから、松江は「思い出の地」なのである、

そして、21年も足を向けてなかったのも無理はないと思いません?(^^;)

で、今回、松江でカニカニ談義が企画された時、
「えぇ~松江ぇ~」と一瞬思ったりもしたのだが、
私の新しい人生が始まったのも、やはり松江だった事にも気付いた。

松江に対するアレルギー?を払拭するためにも、
何より、shuさん始め、愉快な仲間がたくさんいる松江として、
再認識したかったというのが本音かもしれない。

須佐から松江までは約190km、
ずっとずっと雨だった。
竹野でいた頃も、この季節であり、
「うらにし」とか言うらしいが、
1週間に8回雨が降る、と言われるくらい雨が多かった。

今日の海も荒れている、
これも竹野でいた頃、毎晩眺めた海はいつも鉛色だった。

あの頃は、雨が大嫌いで、
鉛色の海を見るたび、暗く沈んだ気持ちになったものだ。

だが、今は違う、
私は、多くの人に情けをいただき、今日も笑顔に会うために走っているのだ。

荒れた鉛色の海、だがしかし、
今の自分には、その中にさえ、他の色を見つける事もできるのだ。
061111nihonkai

松江は近い、

降りしきる雨の中、
いつの間にか笑顔で走ってる自分がいた(^-^)

毘沙ノ鼻、角島、そして人情(^-^)

てなことで、いつも通り、午前6時に目が覚めた。
快調~(^-^)
いよいよだ~
いっちょ風呂でも入ってこよ~
061111huro
新潟~秋田間では、飲んでただけで(。。 )\バキッ☆
風呂へ入る余裕がなかったのだが、
今回はゆったり湯につかれた。独占状態やったし(^-^)v
白々と明けてくる空(しかも移動するのがおもしろい(^-^))
を見ながらの風呂は気持ちええっす~\(^o^)/

てなことで、風呂上がり、
窓の外は小雨模様だが、
ご機嫌で写真を撮ってみる、
061111hune
行き交う船にタイミングを計り、タイマーで・・・
なかなかうまくいったのではないかい?

まぁ、この画像で5枚目なんやけど(笑)

でもって、支度して甲板に出てみると、こんな感じ(^-^)
061111betanagi
小雨のせいでベタ凪で、揺れずに快眠出来て良かったな~などと、
いつもの
「ツーリング中は何でもポジティブシンキング(笑)」になってきて、
ますます快調~(笑)
これって、出迎えてくれる人がおるからやろな~とも思う。

で、出発準備を終えて無線をオンしたら・・・
いきなり『おはようございます~』とさむがりさんの声が飛び込んできた。
ありがたい事に、今度の計画をClub-RTのBBSに書いたら、
わざわざ事前にコースを調査してくれ、今日も案内していただけるというのだ、
雨で濡れさせてしまう事が申し訳なく、
道を教えていただければ単独で参ります、とも申し上げたのだが、
カッパを着込んだフル装備で、毘沙ノ鼻だけではなく、
角島まで案内していただけるという。
感激だ、
Club-RT、というネット上の集まりで知り合っただけで、
さむがりさんとは04年の伊勢の全国大会でご挨拶しただけ、
なのにこんなに親身にしていただけるとは・・・
そしてもう一方、サプライズ登場の7003さんだ、
7003さんは、3年前にご一行で高野山ツーに来て下さり、
その時は泉大津付近までご案内させていただいたのだった。
たったそれだけの事で、今日は遠方を車で駆けつけて下さったとの事、
これも涙が出そうになるくらい嬉しい事だった。
061111odemukae
何々をしたり、何々をしてもらったり、って、
交換条件じゃないよね、
人の気持ちと気持ちが交流する事、
そしてそれ自体をお互い喜び合う事、
そういう事なんよね、
雨がそぼふる関門海峡も、
あたたかい人情につつまれた私には嬉しい快走路だった。
(画像もさむがりさんから拝借ですm(_ _)m)
061111kanmonn
お二人さん、ありがとうございますm(_ _)m

さてさて、もう一つ、感謝しなければいけない事がある、
「毘沙ノ鼻」
さむがりさんに先導してもらわなかったら絶対たどり着けてないわ(^^;)
めっちゃわかりにくい~(^^;)

何しろ、地元のさむがりさんも7003さんも、
毘沙ノ鼻が本州最西端だとはご存じなかったらしい(笑)

しかし、さむがりさんのわざわざの事前調査のおかげで、
スムースに到着~\(^o^)/

まさか自分でも今年中に四端踏破が達成できるとは思ってなかったし、
何事につけ、「やり遂げる」前に、
めんどくさくなったりで諦めちゃう事が多い私なので(^^;)
非常に嬉しい(^-^)v

てなことで、3人で記念撮影~\(^o^)/
061111bisyanohana
不思議な事に毘沙ノ鼻まで来ると雨がやみ、
諦めていた水平線まで見えだした(^-^)
ありがたやありがたや~m(_ _)m

毘沙ノ鼻から見える風景も限りなく優しい。
061111bisyanohanakara
最西端の住人?にも会えたしね(^-^)
061111bisyanohanajunin



そして角島、ここでも雨が一時的にやんだのが不思議、
しかし、凄いな~の一言、
061111tunosima1
某T社のCMで見た時は、てっきり外国の風景だと思ってた。
ここもお二人の案内で、ビューポイントに連れて行ってもらい、
おまけに、7003さんが取りだしてくれたのが「ぬくもりコーヒー」!
この美味しさ、あたたかさ、を私は一生忘れない、
たとえベロベ浪漫になったとしても・・・(^-^)
ありがとー!
061111tunosimacoffee

てなことで、角島画像を何枚か・・・


061111tunosima2 さむがりさんとツーショット(^-^)

それを崖に登って撮ってくれてる7003さん(^-^)
061111tunosima7003san

時間も押してるのに、
私のワガママで走らせてももらった、

う~ん、満足まんぞ~\(^o^)/

061111tunoshimasamugarisan 橋を疾走するさむがりさん、





てなことで、その後も須佐まで、
061111samugarisan 前をさむがりさん、
0611117003san 後ろを7003さんにガードしてもらい、
(7003さんの車のナンバー、
 凝ったものなのだが、紹介できずに残念!)


長州路を快走~(^-^)

いよいよここからは一人、
9号線をば松江に向けて走るのでありました~

しっかし、来てよかった~\(^o^)/
お二人さん、ホントにホントにホントにどうも、
ありがとうございました~m(_ _)m

第182週+3日目の朝 計測不能
減量1300日目まであと16日
増えとるやろなぁ・・・(^^;)

2006年11月10日 (金)

最西端へ

金曜の夜、阪九フェリーにて出発、
新門司港から本州最西端の「毘沙ノ鼻」を経て、
松江での「カニカニ談義」に参加~

という予定で、午後8時発のフェリーに、
今度こそ余裕をもって乗ろうと、
午後5時半に出発したものの・・・
061110humikiri_1 
泉大津手前で開かずの踏切に遭遇~
ホンマに乗れるんか?俺~(>_<)
泣きながら今晩中に九州まで走るんか?俺~(ToT)

はてさてどうなりますことやら・・・

***いきさつ***

なぜ、松江に行くのにわざわざ九州回りにするのか?
というのも、今回、
Club-RT中四国さんの「カニカニ談義」が、
松江にて開催される事になり、
ここは思い出の地(後述(^^;))でもあり、
即「行きます~」宣言(^-^)
で、それならいっその事、
かねてよりの懸案であった、
本州四端ラリーの最後のポイントである、
最西端の「毘沙ノ鼻」に寄って行けばええやーんとなった次第。

泉大津発20:00に乗船すれば、翌朝8:00に新門司に到着する、
非常にアクセスがいいではないかいな~(^-^)
てなことで、金曜はめいっぱい仕事して、
泉大津を目指したのであった。

9月16日の新潟港事前調査不足によるあわや乗り遅れ事件(^^;)
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/09/post_4033.html#trackback
に懲りた私は、今回、学習能力を発揮し、事前に地図で確認し、
距離もばっちりナビで算出、64kmちょっとではあるが、
乗船30分前に余裕で付けるよう、午後5時半に出発したのであった。

ところが・・・
午後7時前に、
まず間違いないであろう一本道になってから、
あと20分少々だろうと最寄りのコンビニへ寄って、
店員さんに再確認したところ、
道は間違いないが、『ここから30分はかかりますよ~』との事、
これでちょっとあせった私がふとコンビニの時計を見てみると・・・
げげっ!w(゜o゜)w
コンビニの時計では午後7:10となっている~!
ガーソ!( ̄□ ̄;)   
この時初めてK1200RSの時計が10分遅れてる事に気付いたのだった。
うきゃぁ~(>_<)
思ってたより、10分余計に掛かる+時計が10分遅れてた、で、
いきなりアドバンテージ胡散霧消~!(>_<)
「なんでこーなるのぉ?」とつぶやきつつ急いで走り出したところへ、
いきなり現れたのが↑の「開かずの踏切」だったという次第。

3滴ほど泣いたね・・・ボク・・・(ToT)

何しろ私がこの踏切の手前の大渋滞をすり抜けすり抜け(。。 )\バキッ☆
ようやく最前列に到着してから電車が5本通った・・・
ここで10分以上ロス、
泉大津は目の前なれど、時間はすでに7時半をちょっと回ってる~
「何が30分前に余裕を持ってや~!」
「さっきまで余裕余裕って笑とったんちゃうんかい?」
「学習能力ぅ~? ゼロ!やんけ~!」
「ううう、俺の人生やっぱりこんなもんなんや~」
「これから九州?まで走るの?(ToT)」
「ええとだいたい600kmやから、途中で休憩して6時間?」
「おお、ほんならちょっと仮眠する時間もあるやんか」
「なんや、最初から自走でも良かったかもね~」と、
完全に乗り遅れるのを前提とした妄想をかき立ててたら・・・

最後で道、間違うた~!(。。 )\バキッ☆

あるはずの橋が無い・・・(ToT)
何か無人の倉庫みたいなとこへ突き当たってしもうた・・・(ToT)
またや・・・
またやってもた、
今まで何千回、何万回繰り返した事やろう・・・
俺はやっぱりダメダメや~(ToT)

今回はタクシーも見つからない・・・

ふっ・・・自走で行くのが単車乗りさ~と、
完全にふて腐れた私だったが・・・

ありがたい事に、
大きな慈悲が賜れたのだった~m(_ _)m
というのも、
なぜか突然目の前の真っ暗な建物のドアが開き、
事務服を着たお姉さんが出現したのだった!

前回のタクシーの運転手さんを怖がらせた勢いを反省しつつ、
今回はちょっとだけゆっくり近づいた(^^;)

「すんませーん」

このお姉さん、
まさに女神さん(菩薩さんか?)みたいに、
それはそれは綺麗で賢い方だった(マジで!)
私を見るなり、『フェリーですか?』
「そうですそうです~」私はたぶん涎をたらしていたと思う(^^;)
『ちょっと戻って左折して、イチ・・・ニィ、サン・・・
そう、確か3つめの信号をまた左折したら橋がありますよ~』
「ありがとうごぜぇますだ~」
単車から降りて土下座しようと思ったが時間が無い、
お礼もそこそこに走り出し、
言われた通りに「イチ、ニィサン」「イチ、ニィサン」とつぶやきつつ、
全速力で走ったのでありました(^^;)

で、結局、港へ到着したのが午後7:45、
今回はさすがにカウンターで財布の中身をぶちまけることもなく(笑)
午後7:50にフェリー乗船\(^o^)/

てなことで今回も、人の情けに助けられてばかりの旅だったのだが、
そんな旅のスタートにふさわしい幕開けだったのでありましたm(_ _)m

061110f1その後は、K1200RSちゃんをば固定してもらい、
ほどなく出港した船上から港を眺める。
ああ、乗れてよかった(^^;)
061110f2




さて、今夜の塒、5階の二等船室カプセルルームへ、
ここのね~
壁の色、クリーム色なのだ、
もちろん、もともとそういう色なんだろうけど、
それより、これ、ヤニやで(笑)
061110f3room 
ごらんの通り、カプセルルームの窓側には灰皿がずらり・・・
(おそらく、火災予防のためには、
 禁煙にするよりこの方が安全なのだろう)
すんげぇタバコ臭い~(笑)
ああ、「卒卒煙」しといて良かった~(。。 )\バキッ☆

てなことで、無事フェリーにも乗れた事やし、
感謝を込めて乾杯だ~(^^;)
でも、リバウンドしてるし、ちょっと控えめにね~
061110f4beer
061110f6after でも一人宴会終了した時点では、
ビールの缶の数増えてるし~(。。 )\バキッ☆


おまけにプチベロベ浪漫状態なもんで、
061110f7fan1 カプセルルームの中の、
クーラーの吹き出し口の閉め方がわからんので寒い~
ただ単純にツマミが固いだけとわかって(笑)
閉められたのが午前2時頃やし~(笑)
061110f8fan2



まぁええわ~
酔うてる間に移動させてくれるんやから、
やっぱり船旅ってええわ~(^-^)

てなことで、いつものようにドタバタと旅は始まったのでありました(笑)

第182週+2日目の朝 78.4kg
昨日+400 トータル -17.6kg
減量1300日目まであと17日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

ガガガガーソ!( ̄□ ̄;)   
ここへ来て増えるかぁ?(ToT)
今日からカニ喰いツーやのにぃ~(^^;)

2006年11月 9日 (木)

GREED

しまったぁ~!
普段から物忘れのハゲシい私だが、
この19年間での最大の「忘れてたぁ~」をやってしまった・・・(ToT)

それは・・・
つまり・・・
昨日が・・・
「結婚記念日」だったのだったのだっ・・・!( ̄□ ̄;)   

げげげっ!{{{{(+_+)}}}}

昨日は大看板を立てるのに忙しく、
大門での作業が終了したのが午後6時前、
それから歩いて帰れる職人さんだけで酒盛りし(^^;)
ベロベ浪漫状態で帰宅して、
ごはんだけはちゃんと食べてそのまま寝た・・・らしい。
(今朝、カミさんから聞いた(^^;))

で、今日、代引き商品が届き、その商品から連想して、
思い出したのだ。

うひょぉ~ん・・・ナサケナイ(ToT)

あ、しかし、
ひょっとしてカミさんも忘れていたのではないだろうか?(^^;)
今朝もなーんも言わなかったし・・・
特に機嫌が悪い様子でもなく、むしろご機嫌だったし・・・
そのまま出かけて今日は遅くなるとの事だったし・・・

二人とも忘れていた場合、これはもう、
似た者夫婦という事で・・・(笑)
うう、カミさんの帰宅が待ち遠しいような怖いような・・・(^^;)

てなことで、結婚記念日を連想させた商品とは・・・

このゲームなのだ。
061109greed1 その名も「GREED」(貪欲・欲張り)(笑)

061109greed2
基本的には6面にそれぞれ 
$・G・R・E・E・Dと描かれているサイコロを振るだけのゲームなのだが、
これが妙にハマるのだ(笑)
それぞれのサイコロの揃い方で点数が決まるのだが、
何かの「役」が出来ている場合、そこでもやめてもいいし、
さらに無役のサイコロを振り続ける事もできる、
ただし、次の一投で無役の場合、その回の点数はすべて没収、
つまり、欲張らないと点が入らないが欲張りすぎると全てを失う、というわけである。
「GREED」とはよく名付けたものである(笑)

先に5000点に到達した人が勝ちになるので、
ばくち的に振らなければいけない場合もある、
例えば、5個で役が出来た場合、最後の1個を振るか振らないか、
役が出来たら加点されるが、出来なければ、先の5個で稼いだ点も没収となる、
このあたり、かけひきや、プレイヤーの性格が出たりしておもしろい、

で、今を去ること19年前(^^;)の新婚当時、
後輩がこれを持ってきて、
一晩中サイコロを振っていた事がある(笑)
その時のは↓の右隅に写ってる、アメリカ・アバロンヒル社のものだったと記憶している。
当時でも相当古い感じで、その後輩がなぜそれを所有していたのかもわからない。
http://www.asahi-net.or.jp/~rp9h-tkhs/gs_greed.htm

あまりにおもしろいので、自分でも買おうと思ったのだが、
その時点でどこのお店にも置いていず、
色々問い合わせてもみたのだが、ついに入手できないままだった。

で、先日、ふとGREEDの事を思い出し、
ネットで検索してみたら・・・
なんとなんと、簡易版になってしまってるが、
リニューアルしたものが販売されているのを発見\(^o^)/
http://www.hobbyjapan-shop.com/ の
http://www.hobbyjapan-shop.com/shop/shopdetail.html?brandcode=130000000014&search=%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%C9&sort=

以前の、ダイスカップになる筒状の入れ物とか、
得点早見表を兼ねたフェルトのマットとかの方が、
味があっていいのだが、この際、仕方がない、
何しろ、十数年間探していたゲームなのだ(^-^)

てなことで、これを「結婚記念日」のプレゼントにしようと申し込んだのだが、
おそらく私の脳は申し込んだ時点で安心?してしまい、
あとは商品が届くまで「結婚記念日」を忘れていても良い、と判断したのだろう。

もっとはよ着いてくれよな~(^^;)

と、はなはだ勝手な責任転換をしつつ、
後の心配は、
はたして家族が一緒にゲームしてくれるのか?である・・・(^^;)

第182週+1日目の朝 78.0kg
昨日±0g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと18日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

しかしここまで変化無し、とは・・・?

2006年11月 8日 (水)

初霜と看板建立

このところ急に寒くなってきたのだが、
今朝は格別・・・
ふと隣家の屋根を見ると・・・
真っ白け~!w(゜o゜)w
061108hatusimo1
初霜ではないかいな~
つーか、小さく氷柱までできてるし・・・(ToT)

ふ、冬なんよねぇ・・・

しかぁし、その後は快晴~
(放射冷却で明日はもっと寒い?(^^;))

061108kussaku てなことで、今日は穴掘り、
いつもの事ながら、
彼は透明のヘルメットを被っているのだ(^^;)

で、掘ったのは、60㎝×60㎝、深さ1mの穴なのだが、
これくらいの規模でも、
埋蔵文化財の試掘調査が必要なのであーる、

061108tyosa 担当官は鋭い目で黄○部分を観察、
私にはただの石にしか見えない、

そして・・・
引っ張り出すと、これがなんと「五輪塔」!
061108gorinto
さすがプロの目ですなぁ w(゜o゜)w

何?これでも石にしか見えない?(^^;)

で、この「五輪塔」は「出土品」扱いのため、
さらなる掘削調査は必要なしとの判断で作業続行~
ああ、良かった\(^o^)/

これが「精査の対象」になってしまうと、
長期間の調査が必要になるし、
土地の所有者(この場合は金剛峯寺)が、
全額ではないが、費用を負担しなければならなくなる。
てなことで、なかなかスリルのある調査なのである(^^;)

で、そもそもなんでこの穴を掘ったかというと・・・

じゃっじゃぁ~ん!
軽トラの荷台では積みきれないほどの大看板(^^;)
061108dekai
これ、平成27年に営まれる、
高野山開創1200年記念法会の予告看板なのである。
気の長い話のようだが、それくらい大事な行事なのであーる。

ここのところ、「お印」の看板から始まって、
大相撲の番付表、そしてこの開創法会と、
めでた事の看板作成が続き、
こちらまで福をいただいたような気分である(^-^)

てなことで、作業工程は、
061108nurinuri 防腐剤をば塗り塗り~

061108mizu水をかけながら埋め戻し~
「雨降って地固まる」は、
まさにその通りで、
これをしておかないと、土が締まらず、
後で傾いたりしてしまうわけ。

061108tatekata 埋め戻しながらタテリ(垂直)を微調整~

061108itinohasi 完了~\(^o^)/




てなことで、本日は、この「一の橋」と、
061108honzanmae 「本山前」、
061108daimon 「大門」、と3ヶ所完了~

残るは「中の橋」で、こちらは場所の都合で、
足元をコンクリートで固める事になる。

11月8日(水)
第181週+7日目の朝 78.0kg
昨日±0g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと19日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

ほんま減らんなぁ・・・(^^;)
って、このところ毎晩呑んでるやん!(。。 )\バキッ☆

2006年11月 7日 (火)

ホスピタルコンサート(^-^)

恒例、音工房「求音」(くおん)による、
ホスピタルコンサートである(^-^)
061107hos1

061107hos2 今回はゲストにバイオリニストの赤松さんを迎え、
橋本市民病院のホールにて開催。

061107hos4 車椅子のまま聞いてくれる患者さん、
点滴を受けながらの方も、
そして、病院のスタッフのみなさんや、
手術着のドクターも・・・
(プライバシー保護のため画像は小さめです)
「病院」という一つのコミュニティに、
音工房の癒しの音が染み渡るひとときである(^-^)
061107hos3
最も古い楽器の原型である、ボールドゥンライヤーも登場、




061107hos6 これまた恒例、トーンチャイムでのセッション、
演奏者も聴衆もすばらしい笑顔で、
写真を撮ってるこちらも嬉しくなる(^-^)


なごりは惜しいが、そろそろ終演、
ありがとうございました~m(_ _)m
061107hos5




帰路、晩秋にしては驚くほどの眩しさで、
手に取れるほど近くに感じる夕日が・・・

061107red
心満たされる思い(^-^)

第181週+6日目の朝 78.0kg
昨日±0g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと20日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

減らんんん~~~(>_<)

2006年11月 6日 (月)

蔵の扉、完成~(^-^)

10月14日に書いた、蔵の扉営繕が完了した、
http://lunta.way-nifty.com/wind/cat6043191/index.html

061106kura1 061106kura2 当初のこれが・・・









061106kura9 061106kura8 こうなったわけである(^-^)v







061106to1 で、内側にある戸と風通しの戸も、




061106to2 老朽化した漆喰を除去し、
耐震・耐火ボードの下地を貼り軽量化を行い、

あまりに重くて動かなかった、
「風通し戸」の戸車とレールも交換し、
061106to5 061106toguruma1 061106toguruma2




「指をはさまないよう注意して下さい」と、
お断りしなければいけないほど軽くなった(笑)

てなことで、無事、お「閉」まい~(^-^)
061106to4

第181週+5日目の朝 78.0kg
昨日-200g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと21日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.03kg

このまま減ってくれぇ~~~(^^;)

2006年11月 5日 (日)

「走る」というより「メンテ」か?(^^;)

今日は休むぞぉ~!(^^;)

単車じゃぁ~(笑)

まずはW650でGO~!
高野山道路の渋滞を避け、湯川道へ、
061105w1
この手の道を、せかされもせず、ダレもせず、
淡々と、しかし充足感を味わいながら走る、
W650ならではの特質ではなかろうか?(^-^)


ヘッドライトカバーに青空と雲が写りこむ(^-^)061105w2

ああ、単車乗りでよかった(^-^)

てなことで、ヒミツ基地にてトリッカーに乗り換え、
久しぶりや~(^^;)
061105xg
何しろ、衝動的に高野山を出発し、
カミさんの車に乗り込んでそのままペットショップへ走り、
銀を連れて帰ってきて以来だから・・・
すでに3ヶ月以上ほったらかしだったのだ(。。 )\バキッ☆

サイレンサーなんか錆びちゃってるし・・・(^^;)
061105xg2
でもって、トリッカーでちょこっと遊んで、
さらにK1200RSに乗り換え(笑)

何か「単車で走る」っていうより、
「メンテ」してるようなもん(笑)

しかし、これまた久しぶりぶりなのだが、
快調そのもの~\(^o^)/
昨今、K1200-Sを始めとして、
軽くてハイパワーなモデルが次々に発売されていて、
一時代前、という感じは否めないし、
ある意味、LTよりも重い感じさえするのだが(^^;)
ピーマンさんのフルエキ+サイレンサーとあいまって、
電磁モーターのごとく回るエンジンは、
やはりこの世で唯一と思わせる、
力感とジェントルさを併せ持っている。
やっぱりもうちょっとこいつと走っていたいとも思い、
こいつと巡り会えた幸運に感謝するのであった。

てなことで、紀ノ川に夕日が沈む時間になってしまった。
061105krs1
う~ん、どないしょう?

W650で帰宅するつもりだったのだが・・・

え~い、このまま走ったれ~(笑)

てなことで、今度はW650を置き去りにして、
K1200RSで帰ってきてしまった(^^;)

まぁ、どないかなるか?(笑)
061105krs2
大門で仁王さんに挨拶して帰宅、

♪月も笑ってるぅ~♪
061105moon

と、ご機嫌で帰ったら・・・・

留守番してた銀もご機嫌で迎えてくれて・・・
061105gin1
「ハァハァハァ、ボク、やりましたよ~」
と得意そうに目が語っている・・・

そして、その成果は・・・

061105namida
あひょぉ~ん(ToT)

しばらく使っていなかったので、
ひとまとめにしておいた、
MDウォークマンのイヤホンやリモコンから、
ガーミンのハンディGPSの端子まで、
まんべんなく破壊しているではないかいな~\(◎o◎)/!

ガ、ガーソ!(ToT)

第181週+4日目の朝 78.2kg
昨日-100g トータル -17.8kg
減量1300日目まであと22日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

そうそう、ちょっとずつでも・・・ね、(^^;)

2006年11月 4日 (土)

破壊王

一般に、ボーダーコリーは、
「破壊王」と呼ばれる事が多いようだ(^^;)

銀は、それほどでもないよな~と思ってたのだが、
最近、どんどんその称号に近づきつつある・・・

るんが「脱走王」で
銀が「破壊王」・・・
シャレにもならない・・・

例えば電気製品のコード、
空気清浄機とホットカーペットの分を、
噛みちぎってしまったのだが、
まぁこれは、ちゃんと教えてなかったこちらのせいでもあるし、
ちゃんと言い聞かせたら(^^;)
その後はコード類は噛まなくなったので良しとしよう、

だが・・・
体高が伸びるに従い、届く範囲が広がり、
棚の上のモノを破壊しだしたのには参った(>_<)
少し前まで、銀が囓りたくなりそうなもので、
こちらが囓られたくないモノは、
床上30㎝くらいのところに置いておけば、
銀も手を、というか、口を出さなかった、
ところが、今日、床上60㎝くらいのところに置いておいた、
私が唯一演奏できる楽器(^^;)
そう、大事な大事な角笛を・・・(ToT)
061104horn1

どないやって取ったんやろ?
棚の上の奥の方にしまっておいたのに・・・

061104horn2 で、ケースのつなぎ目が見事に噛みちぎられてしまい、
061104horn3 角笛の吹口の回りも傷だらけ・・・(ToT)

くぅ~~~(ToT)

こちらの不注意とはいえ・・・

くぅ~~~(ToT)

まぁ、音に影響がなかったのが幸いだが・・・

くぅ~~~(ToT)

ぼちぼちテーブルの上も危ないよなぁ・・・(^^;)

で、銀はといえば、
061104gin0 最初得意そうにしていたのだが、

こちらの嘆きが伝わったらしく・・・(笑)
061104gin1

でも、やっぱり、
「ボクは噛むのが仕事ですねん~」ってな感じで、
恨めしげにこちらを見るのであった・・・

061104gin2




第181週+3日目の朝 78.3kg
昨日+100g トータル -17.7kg
減量1300日目まであと23日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.33kg

あわわわわわ・・・(ToT)

2006年11月 3日 (金)

琵琶と横笛

文化の日、
からりと晴れ上がったエエ天気である(^-^)
高野のあちこちでは紅葉が真っ盛り~
061103koyo1 061103koyo2

061103koyo3




今年は一気に寒くなってないので、
色づきはもう一つくっきりしないが、
それでも目に染みる光景である。

しかし、これ、実はすべて現場付近で撮ったもの(^^;)
つまり、今日も仕事なのだ~(ToT)

ええもんえええもんええもんね~
仕事のついでに、こんな紅葉が見られるなんてシアワセな事やもんね~

と、屋根の上でいると聞き慣れた異国の声が・・・
お~、クルトさんも仕事してはるね~(笑)
061103kurutosan

てなことで、午後からはちょこっと文化的に過ごそうと(笑)
常喜院さんで開催された、琵琶と横笛の演奏会に、
カミさんと出かけた。
このお寺では、時々落語会とか、演奏会が開催されていて、
普段はなかなかお目にかかれない芸に触れられるのである、

今回の演者は薩摩琵琶の塩高和之氏と、横笛の阿部慶子さん、
061103biwa
薩摩琵琶というのは、演芸、というよりもむしろ武士の修行として、
発展してきたものらしく、語り口にも凛とした厳しさがある、
横笛との合奏も、セッションというよりは、
琵琶VS横笛の真剣勝負、みたいな感じ、

音色がまた、軽やかな音から激しい音まで自由自在で、
楽器として、また、「効果音発生器」のような印象も受けた。

演目も多彩で、古典あり、新作ありで、楽しませていただいた。
生で聞く「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり・・・」は、
やはり万感胸に迫ってきたし、
新作の「敦盛」も、敦盛を泣く泣く討って後、
僧侶となった熊谷次郎直実が縁起の、
「熊谷寺」の近くに住む者として、やはり感慨が深かった。

ちょこっとだけど、
ご住職の声明も聞けたし、満足まんぞ~(^-^)
061103syoumyo

で、最後に下世話な話で恐縮だが(^^;)
塩高氏ご本人のお話を一つ紹介しておく、

061103tuge この薩摩琵琶、表は「桑」で裏が「花梨」製、
両方「桑」だとスゴイお値段になるらしい(^^;)
(興味のある方は「薩摩琵琶」でググってみてね~)
でもって、撥がまたスゴイ、
総「柘植」製、で、
この撥だけで、薩摩琵琶と同じくらいのお値段とか・・・w(゜o゜)w

061103biwa2たしかに、こんなにデカイ柾目の柘植って超希少やもんなぁ・・・(^^;)

てなことで、ちょっぴり文化ちっくで、
最後はやっぱり関西人風?(^^;)になった演奏会でありました。

ちゃんちゃん、

じゃなくて・・・

べんべん、か?(笑)

第181週+2日目の朝 78.2kg
昨日+200g トータル -17.8kg
減量1300日目まであと24日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

増えてドースル?(。。 )\バキッ☆

2006年11月 2日 (木)

二天さん

現在、伽藍の大塔内に鎮座まします二天さんが、
毘沙門天と持国天さんである。
061102komagata

もともと、中門の守護として安置されていたもので、
天保14年(1843年)に中門が焼失した際に、
あやうく難を逃れて運び出され、
爾来150有余年の間、西塔に安置されていたのだ、
昨今、ようやく中門再建の運びとなり、それを期して数年前に、
まずは大塔内に安置されなおしたという次第。

061102bisyamonsan1 毘沙門さんの別名は多聞天、つまり、四天王のお一人であり、
北方の守護を受け持つ、
061102dikokusan1 持国さんは東側担当で、鬼門封じの意味もあってか、
山門などに安置されるのはこの二天さんと決まっているのである。
ちなみに、南は「増長天」さんであり、西は「広目天」さんなのはご承知の通り、

ここで無駄な知識を披露すると(^^;)
関西では、四天王の配置は、東南西北の順に、
「じぞうこうた」(地蔵買うた)と覚えるのである、
つまり、
東-じ・持(国天)、南-ぞう・増(長天)、
西-こう・広(目天)、北-た・多(聞天)というわけ、

閑話休題、

061102bisyamonsan2 で、今回、二天さんに対し、
文化財関係の調査が行われる事になり、
数年前に、西塔から大塔へ、分割して運んだ時の話を聞きたいとの事、

そうなんです、実は大塔への引っ越しの時に、
「バチあてんといて下さい~」と、ヒヤヒヤしながら、
この二天さんの首をば引っこ抜いたのは私なのでした(^^;)

幸い、バチはあたらず(実はあたってる?(^^;))現在に至っているという次第。
061102dikokusan2

で、どの部分が分割できるのかとか、
頭部の中に書かれていた修復記録の事とか、
だいたいの重量とか、
足場の組み方とか、色々と説明させていただいた、
もっとも、口で説明できるような作業でもなく、
記憶もおぼろげなので(^^;)
ちゃんと伝わったかどうかは不明だ(。。 )\バキッ☆
『どうやって運んだんですか?』と聞かれれば、
「人海戦術です」としか答えようがない(^^;)

なお、本来、大塔内は撮影禁止なのだが、
学術調査上必要、という事で・・・(^^;)
R5の暗所での性能を試したかったとかでは決して・・・(。。 )\バキッ☆

どうか、バチあてんといて下さい~m(_ _)m

第181週+1日目の朝 78.0kg
昨日±0g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと25日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

変わらんなぁ・・・

2006年11月 1日 (水)

今日は「犬の日」

今日は、犬の日、らしい、
ワンワンワン・・・(^^;)
1987年にペットフード工業会などが制定したらしいが、
なぜ、1月1日とか、1月11日とか11月11日ではないのだろう?
1月1日は元旦、
1月11日は一部を除いて鏡開きの日という事で遠慮したのだろうか?
ほんでもって、11月11日だと無駄吠えになるからか?(笑)
で、ちょっと調べてみたら、
11月11日って、1が揃ってるだけに、ちなんでるモノも多く、
「煙突の日」とか「サッカーの日」とか「きりたんぽの日」とか
「もやしの日」とか「めんの日」・・・とてんこ盛りである(笑)
「ポッキー&プリッツの日」にもなってるらしい(笑)
てなことで、11月11日だとあまりにも「○○の日」というのが多くて、
目立たないから11月1日にしたのかも?・・・

ってな、妄想が浮かべる事ができるくらいには、
書類作成が一段落した(^^;)
証拠はこれ(笑)
061101limit
今日もぎりぎりで、発送できたというわけ、
まぁぎりぎりといっても、〆切は昨日なのだが・・・(。。 )\バキッ☆
書類の日付だけは10月31日にしておいたし・・・(。。 )\バキッ☆
まぁ・・・ね・・・(。。 )\バキッ☆(。。 )\バキッ☆(。。 )\バキッ☆
いやもう、関係各位にはすんませーんm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

てなことで、犬の日、
立春にはタマゴが立つごとく、
犬の日には銀が立つのでありました(笑)
061101ginstand
で、また一つオトナになったらしく、
銀の下あごの犬歯?乳歯がぐらつきだした、

061101gin1 すでに永久歯は半分くらい姿を現していて、
どうしようかと思っていたところだったので、
これさいわいと・・・
レザーマンの登場である。(笑)

銀は多少嫌がったが、委細かまわず(笑)
多少の快感を覚えつつ(^^;)、ぐりゅっと・・・
で、乳歯は両方ともあっさり抜けた。
061101gin2
先端はすでにかなりすり減ってしまってる、
約5ヶ月、お疲れさんでした(^-^)

061101gin3




さて、抜いた後、本人(犬)は、
拗ねたり怒ったりするかと思いきや、
さにあらず、
061101gin4
なんとなんと、骨ガムを噛み噛みして、
「なかなか調子ええですわ~」と得意そう(笑)
061101gin5

めでたしめでたし(^-^)

第180週+7日目の朝 78.0kg
一昨日+300g トータル -18.0kg
減量1300日目まであと26日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ