サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 最西端へ | トップページ | 松江へ »

2006年11月11日 (土)

毘沙ノ鼻、角島、そして人情(^-^)

てなことで、いつも通り、午前6時に目が覚めた。
快調~(^-^)
いよいよだ~
いっちょ風呂でも入ってこよ~
061111huro
新潟~秋田間では、飲んでただけで(。。 )\バキッ☆
風呂へ入る余裕がなかったのだが、
今回はゆったり湯につかれた。独占状態やったし(^-^)v
白々と明けてくる空(しかも移動するのがおもしろい(^-^))
を見ながらの風呂は気持ちええっす~\(^o^)/

てなことで、風呂上がり、
窓の外は小雨模様だが、
ご機嫌で写真を撮ってみる、
061111hune
行き交う船にタイミングを計り、タイマーで・・・
なかなかうまくいったのではないかい?

まぁ、この画像で5枚目なんやけど(笑)

でもって、支度して甲板に出てみると、こんな感じ(^-^)
061111betanagi
小雨のせいでベタ凪で、揺れずに快眠出来て良かったな~などと、
いつもの
「ツーリング中は何でもポジティブシンキング(笑)」になってきて、
ますます快調~(笑)
これって、出迎えてくれる人がおるからやろな~とも思う。

で、出発準備を終えて無線をオンしたら・・・
いきなり『おはようございます~』とさむがりさんの声が飛び込んできた。
ありがたい事に、今度の計画をClub-RTのBBSに書いたら、
わざわざ事前にコースを調査してくれ、今日も案内していただけるというのだ、
雨で濡れさせてしまう事が申し訳なく、
道を教えていただければ単独で参ります、とも申し上げたのだが、
カッパを着込んだフル装備で、毘沙ノ鼻だけではなく、
角島まで案内していただけるという。
感激だ、
Club-RT、というネット上の集まりで知り合っただけで、
さむがりさんとは04年の伊勢の全国大会でご挨拶しただけ、
なのにこんなに親身にしていただけるとは・・・
そしてもう一方、サプライズ登場の7003さんだ、
7003さんは、3年前にご一行で高野山ツーに来て下さり、
その時は泉大津付近までご案内させていただいたのだった。
たったそれだけの事で、今日は遠方を車で駆けつけて下さったとの事、
これも涙が出そうになるくらい嬉しい事だった。
061111odemukae
何々をしたり、何々をしてもらったり、って、
交換条件じゃないよね、
人の気持ちと気持ちが交流する事、
そしてそれ自体をお互い喜び合う事、
そういう事なんよね、
雨がそぼふる関門海峡も、
あたたかい人情につつまれた私には嬉しい快走路だった。
(画像もさむがりさんから拝借ですm(_ _)m)
061111kanmonn
お二人さん、ありがとうございますm(_ _)m

さてさて、もう一つ、感謝しなければいけない事がある、
「毘沙ノ鼻」
さむがりさんに先導してもらわなかったら絶対たどり着けてないわ(^^;)
めっちゃわかりにくい~(^^;)

何しろ、地元のさむがりさんも7003さんも、
毘沙ノ鼻が本州最西端だとはご存じなかったらしい(笑)

しかし、さむがりさんのわざわざの事前調査のおかげで、
スムースに到着~\(^o^)/

まさか自分でも今年中に四端踏破が達成できるとは思ってなかったし、
何事につけ、「やり遂げる」前に、
めんどくさくなったりで諦めちゃう事が多い私なので(^^;)
非常に嬉しい(^-^)v

てなことで、3人で記念撮影~\(^o^)/
061111bisyanohana
不思議な事に毘沙ノ鼻まで来ると雨がやみ、
諦めていた水平線まで見えだした(^-^)
ありがたやありがたや~m(_ _)m

毘沙ノ鼻から見える風景も限りなく優しい。
061111bisyanohanakara
最西端の住人?にも会えたしね(^-^)
061111bisyanohanajunin



そして角島、ここでも雨が一時的にやんだのが不思議、
しかし、凄いな~の一言、
061111tunosima1
某T社のCMで見た時は、てっきり外国の風景だと思ってた。
ここもお二人の案内で、ビューポイントに連れて行ってもらい、
おまけに、7003さんが取りだしてくれたのが「ぬくもりコーヒー」!
この美味しさ、あたたかさ、を私は一生忘れない、
たとえベロベ浪漫になったとしても・・・(^-^)
ありがとー!
061111tunosimacoffee

てなことで、角島画像を何枚か・・・


061111tunosima2 さむがりさんとツーショット(^-^)

それを崖に登って撮ってくれてる7003さん(^-^)
061111tunosima7003san

時間も押してるのに、
私のワガママで走らせてももらった、

う~ん、満足まんぞ~\(^o^)/

061111tunoshimasamugarisan 橋を疾走するさむがりさん、





てなことで、その後も須佐まで、
061111samugarisan 前をさむがりさん、
0611117003san 後ろを7003さんにガードしてもらい、
(7003さんの車のナンバー、
 凝ったものなのだが、紹介できずに残念!)


長州路を快走~(^-^)

いよいよここからは一人、
9号線をば松江に向けて走るのでありました~

しっかし、来てよかった~\(^o^)/
お二人さん、ホントにホントにホントにどうも、
ありがとうございました~m(_ _)m

第182週+3日目の朝 計測不能
減量1300日目まであと16日
増えとるやろなぁ・・・(^^;)

« 最西端へ | トップページ | 松江へ »

コメント

この度は本州の東西南北端を無事に踏破出来た事おめでとう御座います。

私も実は前日より前日よりテンション高めだった為か起床が4:00でした(爆)
きっと同じ気持ちだったんでしょうね~天気の事など全く気にならず「なら、今日はカッパ着て行こっ!」って非常に素直でした。

Ciub-RTの方々ってホントに皆さん紳士でお付き合いしてもすぐに慣れ親んじゃいますよね。不思議な事にあまり面識が無いにもかかわらずってところがすごいんですよね~(^^♪

またお会い出来る機会が御座いましたらご一緒させてくださいねo(^-^)o

そうだ!12RS洗車された方がいいですよR191では随分潮のしぶきを浴びているでしょうから

7003でございます。ちなみに車のナンバー、携帯の下4桁も同じ(^_^;)

さて、この「旅」は御来山いただきありがとうございました。我社の社長である知事に成り代わり御礼申し上げます。また、今回のご一緒させていただいたおかげで、毘沙ノ鼻というお気に入りポイントが開拓できました。(笑)

以下は、私が和歌山ツーでお邪魔した後での恵峯さんとのメールのやりとりの中での一文なのですが、

「いつものルートを新鮮な気分で走る事ができました。」

とありました。
今回、正にこれを感じたのであります。
多分さむがりさんも同じように感じられたことと思います。
残念ながらのWETコンデションでしたが、まだまだ見どころ、走りどころ満載の山口ですのでまたお越しください!

それにしても、心地よい文脈+オチでグイグイ読めちゃうブログですね~!これからちょくちょく読ませていただきます。

P.S.
Kのマフラーステーの件ではいろいろとお世話になりました。昨日もピーマンさんから連絡があり、確認の後、近々手配となる予定です。

毎度の事ながら恵峯さんの旅ってハラハラしますわ(笑)
BGMは「天国と地獄」に決まりっ!
でも地獄になる前に必ず救いの手が差し伸べられるのは人徳でしょうかね?
角島、一度行った事があります、大阪から下道強行軍で・・・次はもっと余裕を持って生きたい場所です(^-^;

さむがりさん、ホントにお世話になりましてありがとうございます。
また、おっしゃるとおり、あっという間にうち解けられたのも嬉しい事でしたm(_ _)m

おそらくソロではあの時間で松江まで行き着けなかったと思います、この点も、さむがりさんのシャープな走りに引っぱっていただいたおかげだと感謝しておりますm(_ _)m

遠いイメージのあった山口県ですが、
今回のツーでぐっと身近に感じられるようになりました、必ずやまた参上致しますので、
また遊んでやって下さいませ~(^-^)

7003さん、わざわざ四輪でお出ましいただき、こちらも感謝感激!でしたm(_ _)m

>「いつものルートを新鮮な気分で走る事ができました。」

そういえば、そんな事を書いたような記憶が・・・(^-^)
短時間でしたが楽しい記憶として残っております(^-^)

ブログを書き続けてるのもそういう楽しい記憶の再確認のためなのです、ぜひまた書き込みして下さいね~(^-^)

マフラーの件もお役にたてたとしたら、
K1200RSで行った甲斐があったというものです(^-^)
ピーマンさんも親切な方ですので、
何でも相談にのってくれると思います(^-^)

やすこさん、まさに!(笑)
普段はどちらかというと悲観主義なんですが、単車に乗ると超楽観的になれるのが不思議です(笑)
そして必ずピンチになると助けの手がさしのべられるにもありがたい不思議、です。
自分も助ける側に回れる時にはなるべくそうしようと思っていますが、やっぱり助けられる回数の方が多いです(^^;)
その分、感謝して生きていかねばとも思っています。

てなことで、角島へオール下道って、
数年前にJAB系の方たちと敢行したツーでしたっけ?
確か帰りはタンデムもあったのでは?(^^;)

でもでも、何度も行きたいとこですね、あそこ、

さぁ今度は開かずの踏切も計算に入れて出発しよう~っと(^^;)

お疲れさまでした~。しかし、いつもながら
出足から物語作っておられますね!
本人は焦ってるでしょうが、聞かされる方にとってはいつもながら楽しいです(苦笑)
お風呂気持ちよさそうだなあ・・・。
フェリー一度は乗ってみたいなーー。

そうそう、中々壮絶な帰り道でした(^-^;
睡魔に襲われて山膚が目前に迫った時は総毛立ちました・・・
今ではあんな強行軍、勇気がありませんわ(笑)
今の相棒と一緒に見たい景色の一つです♪

ケロリンさん、もうほんとにいつもジタバタドタバタしながらのツーです(笑)
無事に帰って来られたらその方がおもしろい?(^^;)

お風呂は気持ち良かったですよ~(^-^)
露天風呂ってのもいいですが、
景色が動くというのもまた格別です。
しかも、ゆっくりと・・・
私はこの「のんびり感」がとても好きです(^-^)

やすこさん、やはりあの時の事でしたか、
山口件は角島以外にもビューポイントが目白押しだそうで、私も今回、秋吉台とか海岸線とか、看板を横目にひたすら東進したのみなので、次回はゆっくり巡ってみたいです~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/12686408

この記事へのトラックバック一覧です: 毘沙ノ鼻、角島、そして人情(^-^):

« 最西端へ | トップページ | 松江へ »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ