サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

初体験(^^;)

070430zu1

ドキドキ・・・
これって、実は初体験なのである(^^;)
何をしてるとこかというと、
なるべく大きい十角形を描く事!
六角形や八角形は、仕事でよく使うし、
非常に描きやすいので楽なのだが、
十角形なんてのは、仕事どころか人生始まって以来!(^^;)
円周を十分割、半円を5分割・・・
つまり、45度なら2.5分の1に割らなければならず、
これがなかなか・・・(^^;)
070430zu2_1 で、概念図?(^^;)がこれ、
何?この落書きでは、
何のこっちゃわからん?(^^;)
描いた本人がわかってたらええのー!(笑)

070430zu4

つまり、いったん五角形を描き、
その辺を二分割する事により、十角形を描き、
それぞれ黄線、緑線で記した144度、36度を、
できるだけ正確に求めたいわけなのだ。

何?『では、分度器を使ったら?』って?
ちっちぃちぃ~(^^;)
直径1mくらいの分度器でもなければ、
いや、それでも、目盛りで分割したものってのは、
正確さに欠けるのだ、
何しろ相手は十角形、実際に加工して組んで行くと、
10番目では、単純計算でも誤差が10倍になるから、
最後の最後で収まりきれない悲劇が起こる事がアホでもわかる(笑)
070430zu5 で、めっちゃ精密に描いて、めっちゃ注意深く、
「自在がね」にそれぞれ写し取った角度を合わせてみる。
それぞれ、十角形の内角と外角だから、
足せば180度、つまり水平にならなければいけないし、
水平になれば、それはまぁ「ほぼ正確」という事だ。うん(^-^)070430kumi3

で、この定規を使って、加工していくわけだ。
加工の段階でミスると何にもならないので、
これまためっちゃ注意深く作業する必要がある。

070430toten1

ではなぜいったい、
こんな事をしているかというと・・・

これなんですな~


070430toten2

「登天の松」
の囲繞(囲う柵)なのである。






070430toten3 この囲繞全体が十角形になってて、
しかも土台の仕口が・・・(>_<)
木だけではなく、モノの接合部ってのは、
90度や45度なら合わせやすいのだが、
角度が広く(当然反対側は狭く)なると、
とたんに合いにくくなるものなのだ・・・(>_<)
070430kumi1

しかし、苦労の甲斐あって・・・(^-^)v



070430kumi2
しかも慎重を期し、
つーか、あの作画だけでは信用ならんので(笑)
1~4番と6~9番、それぞれ4本ずつを先に組み、
どうしても生じてしまう誤差を、
5番と10番で修正したのである。
めでたしめでたし。

あ、肝心の柵を作らなあかんやーん!(^^;)

第8週5日目の朝
78.3kg BMI 24.71
昨日2000g トータル-200g
減量100日目まであと47日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.73kg

増えたぁ・・・orz

2007年4月29日 (日)

日曜あれこれ

070429asa
朝、まんさく社長から写メールが、
親子タンデムを心配し、
途中まで見送ったとの事、
ええヤツやなぁ~(^-^)

ショーマが眠っても落ちないよう、
しばりつけてるらしい(^^;)
なかなか旅慣れた雰囲気、ええ感じ~(^-^)

一方、こちらは快晴の日曜なれど、
月末の1日前、ということで、請求日なのだ~(>_<)
昨日のうちにやっとけば?って?
それがねぇ・・・
全山一斉の請求日なもんだから、
今日にならないと他の協力業者さんからの請求書も来ないので、
前日に作成ってわけにはいかないのよ~
ある程度、作っておいて、今日届いた分を加えて完成するという具合、
で、しこしこと作ってると、救急車の音が・・・
どうやら龍神方面で事故らしい・・・
と、キャップさんからモー連協。BBSへ投稿が・・・
http://0bbs.jp/mandala/
やはり、新王子手前で転倒らしい・・・
続いて・・・
070429heri ドクターヘリが出動とのこと・・・

これ、バイクが転倒し、
3m以上?(やったっけ?)
転倒したバイクからライダーが投げ出された場合、
無条件でヘリに載せられ和歌山医大へ運ばれる仕組。
大事ない事を祈ります・・・

さて、午後5時過ぎ、なんとか請求書を作って配り終え・・・
ボクの日曜日がやっとスタートだ~(^^;)

いそいそと龍神へ、
と・・・
またも大瀧口付近で車同士の正面衝突の事故処理中・・・
軽傷である事を祈りつつ、夕日ポイントへ向かう、
と・・・
070429ryu1_1 ありゃりゃ・・・
なんぼなんでも事故多すぎ~!
聞くと、単独事故というか、
スピンして側溝を飛び越えたのだという。
怪我は全くしてないようだ。
右に停まってる車は、事故処理を手伝ってくれてるおっちゃんの車。
う~ん・・・夕日が気になるところだが、
見捨てても置けず、協力する事に・・・
070429ryu2 なんとか脱出成功、だが、
オイルクーラーから、
オイルがびゅーびゅー漏れてるので、
自力走行は当然無理。
しかし、迎えの車はすでに向かっているらしい、
まぁそれならもうほっといてもいいだろう(笑)

急ぎつつ、自分も二の舞を演じぬよう注意して進む、
そして26kmポイントへ、
070429yuuhi1
間に合いましたぁ~(^-^)

あわただしい一日の終わりに、
静謐の時が過ぎていく・・・
070429yuuhi2
もう何も言うことはない(^-^)

充実した日曜日、ではないか?(^-^)

ありがてぇなぁ~とつぶやきつつ、帰宅。
と・・・午後9時40分に、亭長さんより写メールが、
070429mituketayo
『見つけたよ!!』との事(笑)

なかなか楽しんでるみたいやな~(^-^)

明日も晴れますように~!

まぁ、俺は仕事やけどね・・・(^^;)

第8週4日目の朝
78.1kg BMI 24.64
昨日±0g トータル-400g
減量100日目まであと48日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.53kg

止まった・・・(>_<)

2007年4月28日 (土)

BM3種

M先輩、ご来山~(^-^)
写真撮るの忘れた(。。 )\バキッ☆
私より2歳年上、
JCにて知り合い、常に私の人生の先達として、
何でも手本にしたいとあがめている方だ(^-^)
(ただし、髪の毛の量だけは手本にしたくないというのはナイショだ(。。 )\バキッ☆)

現在の愛車は12GS。
昨年、15Rからエクセルマジックにて(笑)12GSに乗り替えたのだ
(12GS=1200GSの略、15R=1150Rである)
070428bm2
画像は、M先輩の12GS(左)に、
試乗させてもらうまんさく社長と、
15ロックスター(1150Rのスポーツバージョン)(右)

私も試乗させていただき、12GSのエンジンの進化に驚く!
だがしかし、12GSを知る事で、
我が愛車15GSの価値も再発見できたところがおもしろい(^-^)

痴人(。。 )\バキッ☆・・・いや(^^;)知人で、
このほど、15GSアドベンチャーのオーナーでありながら、
12GSアドベンチンチャーも購入した方がいるのだが、
さもありなん、という感じだ(^-^)

2台は同じ「GS」という名前が冠されているが、
まったく違う単車であり、それぞれに独特の魅力がある。
私的には、12GS、すばらしい単車だが、
まだまだ15GSに乗っていたい!と思えたのが嬉しい(^-^)

で、ガレージ西には本日もう一台のBMWバイクが・・・
070428bm1
じゃっじゃ~ん!
久しぶり(^^;)の、亭長さんのR1200C Independent!
エンジン形式は、GSやRと同じ二気筒ながら、
性格を思いっきり「クルーザー」に振った単車である。
聞くと、明日から、長男、ショーマ(7歳)とタンデムで、
四国ツーへ出発するための整備だという。

ええなぁ~(^-^)

おそらく後部座席で眠ってしまうであろう(^^;)
ショーマを振り落とさないための数々の工夫と、
万が一のバッテリートラブルに備え、ガレージ西にて整備との事。

無事に楽しんで来てやぁ~(^-^)

第8週3日目の朝
78.1kg BMI 24.64
昨日-100g トータル-400g
減量100日目まであと49日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.53kg

2007年4月27日 (金)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 4

嬉しいプレゼントがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 
ビデオテープだ(^-^)
もちろん、やらしい系ではない(^^;)
そんなの貰ったとしてもブログには出さn・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、
先日TV東京で放送された「元祖でぶや」を録画したもの、
当地では見られないと嘆いていたら、
アフランシさんがわざわざ録画して送って下さったのである。
アフランシさん、ありがとうございます~m(_ _)m

さて、以下、著作権違反?かもしれないが、
少しだけ紹介させていただく、
もし、問題があればご指摘いただきたい、

謝ります!(^^;)

てなことで・・・
070427syokudoen1 藤岡弘さん(太ったなぁ~(^^;)
他人が太ったのを見るのは大好きだ(。。 )\バキッ☆)
とワッキー???やったっけ?(^^;)
発言してる人の名前は・・・知らん(。。 )\バキッ☆
スマソm(_ _)m
070427syokudoen2 ↑コメントにある通り、
彼らがこれから行くお店は・・・
そう!盛岡の食道園さんだ~\(^o^)/
070427syokudoen3
出たよ出た出た~!
いとしなつかし冷麺様~
元気そうやな旨そうや~(^-^)070427syokudoen5
070427syokudoen4



これは、『麺がフレッシュ!』と驚く石塚君に、
aokiさんがコメントしてる様子。
テレビゆえ、
これまた実物よりふっくら写ってる、いひひひ(。。 )\バキッ☆

フレッシュである事を一口で感じた石塚君はやっぱり大したもんだ。
そしてこれは何もこの放送用だけの事ではない、
常に打ち立ての麺、作りたてのスープ以外は、
容赦なく処分してしまうのがこのお店なのだ。
『でないと、うちの味じゃないから』
aokiさんはこともなげにおっしゃる、
超有名なお店だから、
デパートからの出品依頼や土産物としての製品化の誘いが、
ひきもきらないらしいのだが、
頑なに「作り置き」や「安易なレトルト化」を、
断り続けている本物の「味」なのだ。
だからこそ、この冷麺(焼き肉も旨し!)を、
食べるためだけに全国からお客さんがやってくるのだ。
うう、また食べたくなってきた・・・(^^;)
070427syokudoen6 で、最高コメントに選ばれたのがこれ、
イマイチ意味がわからんが(^^;)
安めぐみだから許す!(笑)

でもまぁ、なんとなく雰囲気は伝わってくる(^-^)
放送時間の関係からか、麺の味ばかりにコメントが集中していたが、
あの「スープの透明感~!」にも言及してほしかった、
というのが私の思いである。

ともあれ、大変楽しませていただいた、
改めてアフランシさんにお礼を申し上げると共に、
画面からでも伝わってくる、食道園さんの冷麺の魅力に乾杯!

めでたしめでたし(^-^)


題8週2日目の朝
78.2kg BMI 24.68
昨日-100g トータル-300g
減量100日目まであと50日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.63kg

じわりじわり・・・(笑)

2007年4月26日 (木)

770円

国土交通省による「道路占有許可」の「指令書」を取りに、
橋本の伊都振興局へ・・・
今日はLTだ、
070426ltp
横の自転車と比べると、
むやみにデカいのがよくわかる(笑)
しかし・・・便利で快適で最高~!なのだ(後述)

070426kokudo2
そして、無事受け取った、
ものものしい許可指令書・・・(^^;)

なんでこんなものが必要かというと・・・
070426kokudo1
あるお店の外部の塗り替えのため、
足場を組む事になったのだが、
赤線で囲んだ側溝の一部に足場がかかるのである。

この前の道は国道であり、
ゆえに、白線内の歩行ゾーンも、
規定の75㎝以上を大きく超えて確保されている。
・・・
黒い恵峯が一瞬ささやく(^^;)
「こんなもん、道でもなければ歩道でも無い、
 そのまま足場組んでもかめへんのちゃうのぉ?」(。。 )\バキッ☆
しかし、やっぱり・・・
「コンプライアンスなんて大げさなもんやないけど、
 ルールは守るべきやろ」と、白い恵峯が反論(^^;)
お店のご主人も『せなあかんことはやって下さい』とおっしゃる。

てなことで、振興局に写真持参で問い合わせた所、
担当の方は、非常に親切、丁寧、
かつ、悩みながら対応して下さった(笑)
『う~ん・・・側溝・・・ですよねぇ・・・』
『しかし、確かこのタイプは国から予算が出てるはずなので・・・』
『やっぱり、申請書を出してもらった方がいいですね』

で、七面倒くさ~い(^^;)
付近見取り図、平面図、断面図、足場の構造図、現場写真等々・・・(ToT)
国土交通省用に2部、警察用に2部作成の上、
申請料2000円をば支払って申請したという次第。
ちなみに、「占有の対象」の項目には、
道、歩道、以外に、
「その他」という項目がちゃんとあるのであった(笑)

さてさて、無事、許可が降りた、
占有面積6.3平方メートル
(どうせ申請書を出すならと側溝全部の面積にした、
足場の柱の面積だけだとコンマ以下になるし(笑))
占有期間20日間の、
側溝の占有料はと言いますと・・・
070426kokudo770
770円でした(^^;)

なお、受取人の、
「和歌山県出納帳」が消され、
「和歌山県会計管理者」となっているのだが、
これは・・・
出納帳が、知事と一緒に、
談合で逮捕されちゃったからである・・・
いやはやなんとも・・・(^^;)
一般市民が770円を支払うために、
手間暇かけて、ルールを守ってるというのにねぇ・・・

何はともあれ、これで大手をふって足場が組める(^-^)
そして・・・
ルールを守るのは義務、やけど、
義務を果たせば、気持ちがいい、
って事にも改めて気付いた。

これ、往復のLTのおかげでもある。
何しろ、「気持ちええ~」のだ(^-^)
特に、往路は、
「訂正箇所かなんかあったらどーしよう?」(^^;)とか、
「わぁ、またハンコ忘れて来たやんけ~
 サインだけで受け取りできるんかいな?」(^^;)とか、
「5時ぎりぎりにしか着かんけど、ダイジョーブ?」(^^;)とか、
ちょっと心配ごともあったのだが、
復路はもうあなた(笑)
書類は一発OK~!
ハンコは不要~!
おまけに、すいすいと4時40分に着きました~!で、
気持ちが楽になったのと・・・
何より、
改めて実感するLTの快走ぶり~!\(^o^)/
かつて、03年に1年乗った時のインプレを、
「風の馬たち」に載せたのだが、
http://homepage3.nifty.com/lunta/ltimp.html

まさに、LTは、「運動神経のいい相撲取」であり、
「どんな道でも北海道的(今なら東北的か(^-^))な、
気分にさせてくれる」のである(^-^)
しかも、それが年を経て色褪せるどころか、
ますます鮮明になってきているのである(^-^)
本年で5年目、もはや新型でもなく、
動力性能などにも目を見張る部分は無い、
それでいて、私はLTが大好きだし、
「走り」自体にも不満は全くない。
雑誌のインプレ風に書くならば、
縦置きクランクゆえジャイロモーメントが無い事、とか、
ほとんどチェンジのショックが来ないスムーズなミッション特性とか、
いわゆる「エンジンのつき」が感性に合ってるとか、
巨体を操る快感、とか、色々原因は考えられるのだが、
そんなことはもうどーでもいいのだー(笑)

見栄でもなく、BMWという記号性でもなく、
ただただ、LTで走るのが好きな自分を再発見できた。
これは大変嬉しい事だ。

以前は、雑誌のインプレを読みあさり、
誉めてれば嬉しいが、
新型との比較でけなされてたら、
何か価値がぐっと減ったような気分にされたものだ。
特にあの、文才の無いコメンターのなんとかの一つ覚え(笑)
『去年とは別物』という言葉に、何度我を忘れた事か・・・orz
CBなんか、そのせいで2回買い換えたっちゅーねん(。。 )\バキッ☆

以上の気分、K1200RSにも感じていて、
ずっと乗り続けよう、乗り続けたいと思っていたのが、
それこそエクセルマジック
(これは何度かけられても気持ちよい魔法(笑))により、
K1200Sになっちゃったわけだが・・・(^^;)

とにもかくにも、今日はLTで走れてよかった\(^o^)/

一仕事も終わったし、そのままどこかへ・・・とも思ったが、
これだけ楽しませてくれたのだから、
今日は早めに帰って洗車してあげようと思い、
(これが実に珍しい事であるのは周知の事実だ(。。 )\バキッ☆)
大門まで来たら、ちゃんと夕日が出迎えてくれた(^-^)
070426ltyuuhi
ありがたい事です、
やっほぉ~\(^o^)/


ちゃんちゃん。

第8週1日目の朝
78.3kg BMI 24.71
昨日-100g トータル-200g
減量100日目まであと51日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.73kg

じわり・・・(^^;)

2007年4月25日 (水)

管長猊下「晋山式」

本日は、総本山金剛峯寺にて、
管長猊下の晋山式が執り行われた。
070425shinzanshiki
何それ?
3月に転衣式(てんねしき)が、
行われたばかりではないかって?(^^;)

このあたり、山外の方に説明するのは、やや、ややこしい・・・と、
書き方までややこしくなる(^^;)

3月の転衣式で就任されたのは、法印(ほういん)さん、であり、
お大師さんの身代わりとして、つまりは宗教上のシンボルとして、
1年間の任期を務められる。

対して、管長さんは、座主(ざす)と呼ばれる高野山真言宗の頂点であり、
儀式の長を4年間務められるのである。

さらに・・・(^^;)
金剛峯寺には、執行長、俗に、総長さんと呼ばれる役職もある。
この方の任期は3年間で、いわば、実務の長なのである。

ほら、ややこしいでしょ?(^^;)
ちなみにうちのカミさんは、いまだにこの区別がわからない・・・らしい(^^;)

それはさておき、
今回、晋山された松長有慶大僧正様は、
長く高野山大学で教鞭を執られ、
文学博士であり、現代の密教学の第一人者でもあらせられる。
著書も多数出版されているので、本屋さんなどで、
密教関係の書籍を見れば、
難解な密教の解説書から人の道を優しく説いた本、エッセイ等
おそらく、数冊はすぐに見つかるはず。
興味のある方は、ぜひどうぞ(^-^)

第7週7日目の朝
78.4kg BMI 24.74
昨日±0g トータル-100g
減量100日目まであと52日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.83kg

と、止まりましたね・・・(>_<)

2007年4月24日 (火)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 3

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 3連発目~\(^o^)/
070424risingsun
「Rising Sun Racing」のTシャツだ~!



「Rising Sun Racing」とは、
本年100周年となる、世界最古の公道レース、
あの「マン島TTレース
(The Isle of Man Tourist Trophy Race)」の、
サイドカー部門へ果敢にもチャレンジする、
日本人によるレーシングチームなのである。
詳しくは↓をぜひ!
http://www5d.biglobe.ne.jp/~office-t/man-10/

そして、このTシャツは、
カンパした人に送られる記念品なのである(^-^)
↑の最下部にカンパの宛先が期されているので、
ぜひ、応援してあげていただきたいm(_ _)m

で・・・
この日本人チームのパッセンジャー
(サイドカーの側車に乗る人)を務めるのが、
Club-RTで旧知のニーラーさんなのだ~!
ちなみに、「ニーラー」というのは、
レース用の非常に車高の低いサイドカーの事、
ドライバー(サイドカーの場合、ライダーとは呼ばず、ドライバーと呼ぶ)、
パッセンジャーとも膝(knee:ニー)で体を支える姿勢を取る事が語源。

パッセンジャーというのは、ただ側車に乗ってるだけではなく、
路面に体をほとんど投げ出しつつ、機敏な体重移動により、
サイドカーの慣性力をコントロールしなければならない、
しかも、それをドライバーの意をくみ取りつつ瞬時の判断で、
行わなければかえってぎくしゃくしてしまうという、
大変重要なポジションであり、路面が近い(つーか、すれすれ!)分、
ある意味、ドライバーより命がけなのである。
ニーラーさんも、先日、
フランスでの練習中に左肋骨にヒビが入ったらしい・・・
ううう・・・ダイジョーブやろか?
そやけどここまで来たら、がんばって欲しいし、
ふぁいとー!ニーラーさん!!

今年の1月8日には、朝日新聞にも大きく取り上げられた。070108tt

「オヤジが挑む」なんて、
いかにも素人の中高年の淡い夢、
みたいなタイトルになってるが、
ニーラーさんは、
’05年の日本チャンピオンであり、
特筆すべき戦績の持ち主なのだ。

しかし、仕事も忙しいので欠場が多く、
’06年は惜しくもタイトルを逃したのである。

今後のスケジュールは、5月9日がドイツでのレース、
5月23日にマン島入りし、
6月2日の決勝に備えるとの事、

中高年の淡い夢、なんかじゃなくて、
ニーラーさんがマン島へかけてきた情熱を知ってるだけに、
ぜひ、納得のいくレースになるよう、
心から願っている次第である。

ニーラーさん、ふぁいとー!!
みんなも応援してあげてちょーだい!!!

第7週6日目の朝
78.4kg BMI 24.74
昨日±0g トータル-100g
減量100日目まであと53日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.83kg

くぅ~!三日連続ならず(>_<)
残念ンンン~~~

2007年4月23日 (月)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 2

昨日に続いて・・・
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 
って、何が?
070423sijuukara1
彼?です。
そう、たしか・・・
シジュウカラ~!

070423sijuukara2
胸のネクタイ模様が太いから、
おそらくは♂のはず、



どこへ来たかというと・・・
070423feeder
こいつなんですわ~(^-^)
つまり・・・
軒先から吊したバードフィーダー!

鳥が来たから書くけれど(^^;)

実はこれには悲しい歴史がある・・・(ToT)
私はよく、衝動買いをしては、
家族に白い目で見られるのだが・・・(^^;)
約1ヶ月前に、このバードフィーダーを買い、
軒先に吊した時の家族の反応は・・・
おそらく、過去最大級の白い目、侮蔑、あきれ顔・・・(ToT)

家族を代表して、カミさんが真顔で、
『アホちゃうの?そんなモンで鳥が来るわけないやん』

ベロベ浪漫になってる時以外(^^;)に、
これほどばっさり切り捨てられたのは、
昔々、とあるクリスマスパーティのビンゴの景品の残りものの、
(つーか、誰も引き取り手がなかった(笑)
 誰が用意したんやまったく・・・)
「生きたサソリ」を持って帰ろうとした時以来だ(^^;)
あの時も、
「エサは生きたコオロギらしい・・・」
『アホっ!』の一言だったorz

ちなみに、結局、そのサソリは、
生き物なら何でも来~い(笑)のフィギアマン君が連れて帰り、
確か半年くらいは飼ってたはずだ、えらいやっちゃ・・・ほんま(^^;)

閑話休題、
「これね、給餌口が回転するようになっててね、
 小さい口と大きい口、つまり、ヒエとかアワとかの小さいエサと、
 ヒマワリの種みたいな大きなエサの両方入れれるんよ~」と、
効能を解説しても、
『ふ~ん・・・』と無視、

ううっ!(ToT)
「お前らには浪漫が無いのか~!」と、魂の叫びを上げても・・・

『エサが腐ったらちゃんと捨ててよね』と、
超現実的な答えしか戻ってこなかったのであった。

そして、吊してから約1ヶ月、
ヤケクソで、何度ブログの自虐ネタにしようとしたことか・・・(^^;)
それでなくても、給餌してやれる期限が迫っているのだ(後述)

「ほ、ほれ、見てみ、ヒマワリの種が受け皿にこぼれてるよ、
 これ絶対、見てない時に来てるんちゃうの?」

『夕べは風が強かったから、揺れてこぼれたんでしょ』
『ヒマワリの芽が生えたら、ちゃんと世話してね』
『もうええ加減、あきらめたらどう?』

くぅ~(ToT)
金属製ゆえ、ピカピカ光るのが気に入らないのか?
しかし、鳥は水浴びをするため、光る水面なんかは好きなはず。
人家に近すぎ、警戒しているのか?
しかし、時々、軒先でバタバタ羽ばたいているではないか、
070423sijuukara3
そもそも、バードフィーダーを吊したのも、
同じ窓の近くの手摺りに、
こいつが留まってるのを見たからだったのだ、

なんで来ないのぉ~(ToT)
美味しいエサが待ってるのにぃ~(ToT)

てなことで、この1ヶ月「泣いた赤鬼」の気分を味わい続けていたのであった。

と・・・
本日午後1時52分、
カミさんから携帯メールが来た、

タイトルが・・・「おめでとう」

げっ、俺また何かやったん?{{{{(+_+)}}}}
素直に喜べず、
条件反射的に悪いことを想像してしまうのは、
スネに傷持つ身だからか?(^^;)

そして、おそるおそるメールを見てみると・・・
『おめでとう、鳥が来たよ~(^-^)』

\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/

午後3時の一服を待ちかねて、家に戻ってみると、
『さっきからどんどん来てるよ~』とカミさんニコニコ。

「ほんまか?」

と、訪ねるのに合わせたように、
目の前に愛しのシジュウカラちゃん(笑)が、
ご光臨遊ばしたではないかいな~\(^o^)/

で、冒頭の画像が撮れたという次第(^-^)v

この時は、一瞬、給餌口をついばみ、
すぐに飛び去ったのだが、
危険は無い?と判断したのか、それからは凄かった。
おそらくはつがい?
(やや胸のネクタイが細いので)♀?と交互にやってきて、
突っついては飛び去りの繰り返し~(^-^)

たちまち・・・
受け皿はこんなありさまになった(笑)
070423feeder2

しっかり食べてるやーん(^-^)


さて、上記で、給餌できる期限が迫っていると書いた。
というのも、無制限に給餌し続けるのは、
鳥の生態系に悪影響を及ぼす事になるからだ。
今のところ、シジュウカラとヤマガラが登場しているが、
この2種だけが、この付近で満腹して繁殖しすぎてもいけないのだ。
本山の鳥博士、N田さん曰く、
『やりたいのは人間の勝手やけど、
せいぜい冬季から春先だけにしとかんと、その鳥自身と、
他の鳥に悪影響が出るよ』なのだ。

てなことで、このエサがなくなったら、秋まで仕舞っておくつもりだ、

それにしても、春まっ盛りになる前に食べてくれてよかった~(^-^)

また、挫折するとこやったぜ~!(^^;)

で、カミさんに一言、
「君、さっきから、当たり前みたいに『来てる来てる~』って、
喜んでるけど、確か、これ(フィーダー)と俺と、
思いっきりアホにしてなかった?」

すると・・・

『うん、ホンマにアホやなぁ~って思ってたよ~』(笑)

「で、今は」

『まぁ・・・鳥が来て良かったね~って思ってるよ~』(笑)

「他に何か一言無いの?」

『何か言うてほしいの?』

「そらまぁやっぱり・・・その、ね・・・」

『はいはい、では言いますよ~』

「うむ」と、
自らの不明を恥じ、亭主を軽んじた詫びを期待した私。

『鳥が来て、良かったね~』

くっそぉ~絶対まだアホにしてるぅ~~~(ToT)

むっとした顔をした私にカミさんはさらに・・・

『ほらほら、小さい事にこだわらない、
 怒ってないで写真をどんどん撮らないと、ブログ書けへんよぉ~
 ほら、ほらぁ~あ、また来てるよ~』(笑)

くっく、く、悔しいぃ~~~!(>_<)

ちゃんちゃん。

でも、来てよかったっす~\(^o^)/

第7週5日目の朝
78.4kg BMI 24.74
昨日-200g トータル-100g
減量100日目まであと54日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.83kg

うむ、海の幸を感謝していただいた事で、
過食が抑えられた(^-^)

2007年4月22日 (日)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 

  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 
って、何が?
これですがなこれ~\(^o^)/
日曜の午前中に着いたので、
さっそくお昼にいただくことにした。
070422tyo1
檜の葉がかぶせてある心遣いが嬉しい(^-^)

だって・・・

070422tyo3 この状態だけだと・・・(^^;)
慣れてない身には、
ちょっと毒々しすぎて(^^;)
食べるのに抵抗が・・・(^^;)

070422tyo2
で・・・
クール便で来たのだが、
一匹?一個?
いや、二枚貝だから一折?
とにかく、「一つ」の貝なんか、
檜の葉っぱに食いついている(笑)
これだけでも新鮮なのがわかる~(^-^)
(わかりやすいように、画像の角度を変えています)

さて・・・
どうやって食べる?

とりあえずは、オススメのしゃぶしゃぶにする事にした。

「すまんごめん堪忍して~」と謝りつつ・・・
沸騰させたお湯に・・・(^^;)
と、聞いてた通り、40秒ほどで貝のフタ?がぱくん!
それ以上さらすと旨味が逃げるとの事で、
あわてて取り出す。
070422tyosyabu

こうなると日本人のDNAのなせる業か?(^^;)
俄然美味しそうに見えるのであります(^^;)


そして、こわごわと口中へ・・・
おもむろに・・・噛む、うひゃぁ~ごめーんm(_ _)m
おっ
おっおっおっ!
貝殻の色から勝手に、ねっとり?というか濃厚な味を想像していたのだが、
めちゃめちゃ淡泊~!w(゜o゜)w
磯臭さも苦みも無く、
非常に上品な旨味だけが口中に広がる。
おおぉ~これはいける~!
こうなると、先ほどまで感じていた罪悪感はどこへやら(。。 )\バキッ☆
「焼き」も楽しみになる~(^^;)
で・・・
070422tyoyaki
カミさん特製の醤油出汁で焼いた長太郎君、
おお~鼻腔をくすぐる香り~\(^o^)/
海の幸、ありがと~m(_ _)m

今度は遠慮無くほうばる!(笑)
と・・・
しゃぶしゃぶでは感じにくかった、
良い磯の香りがするではないかいな~w(゜o゜)w

ほっほぉ~
なるほどぉ~
「しゃぶしゃぶ」がオススメなのは、淡泊な旨味のためで、
「焼き」は身が多少固くなる分、旨味が全部味わえるのだ~
で、もう一つ(^^;)
違いを確かめるため、しゃぶしゃぶバージョンを、
と、
なんとなんと~w(゜o゜)w
最初の一つでは感じられなかった、
磯の香りと旨味がするではないか~!w(゜o゜)w
「焼き」を食べる事によって、
私の味蕾に「長太郎の旨味回路」が出来上がったのかも知れない。
こうなると「しゃぶしゃぶ」がオススメなのがよくわかる、
身が柔らかく、噛めば噛むほど、旨味が味わえるのだ~\(^o^)/

しかし、まだまだ世の中には、
私の知らない「美味しい」世界があるのだなぁ・・・

最初、その色から(^^;)
買うのを躊躇していたカミさんだったが、
結局大喜びで4つ食べ(笑)
食べ過ぎないよう、私が注意したくらいである(^^;)
で、さっそく、生産&販売者である、
国田さんへお礼の電話をかけていた(^-^)

で、これまたアドバイスをいただき、
残りの長太郎もすべて軽く茹で上げ、冷凍庫へ、
炊き込み御飯にしても美味しいそうだ。

もし、興味のある方がいらっしゃったら、
0八031六六2七00 国田久美さんまでどうぞ(^-^)
(↑検索ロボット用漢字混じりです)

ちなみにお値段は、17個+クール便(高知~和歌山)で、
5000円だった。
(つーか、5000円で送れるだけ送って下さいとお願いしたのだ)
一個300円弱、
そうそう毎日というわけにはいかないが、
ことあるごとに食べたくなる味ではあった。
貝殻を磨いて飾る楽しみもあるしね(^-^)

さて今一度、
海の幸と、それを苦労して生産されてる方、
巡り会えた幸運に、ありがとうございます~m(_ _)m

第7週4日目の朝
78.6kg BMI 24.80
昨日-200g トータル+100g
減量100日目まであと55日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

ふぅ~通常の減り方?
しかし、45日で+100gとはナサケナイ・・・(ToT)

2007年4月21日 (土)

高野山学 第1講

070421gaku
桜満開の高野山大学キャンパス。
070421gaku1
本日はここで、
「高野山学」の第1講として、

http://www.town.koya.wakayama.jp/public_html/kouyasangakuhp/toppage.htm

弘法大師の思想Ⅰ(真言密教の原理)と題し、
高野山真言宗 教学部長 村上保壽先生の講義が行われるのだ。

で、私は?
ふっふっふ、受講するのだよ~
なぜ?
もちろん、高野山の事をさらに深く、体系的に学ぶためであーる。
て、実は・・・
年間受講の〆切間際に、「住民フォーラム」と間違えて、
登録してしまったというのはナイショの話だ・・・(。。 )\バキッ☆
だって、年間受講料が同じ額やったんやもーん・・・orz

と、とにかく、牛に引かれて善光寺参りとか言うではないか、
関係無い?(^^;)
間違えて登録したものの、せっかくの機会だから、
真剣に学んでみようと思ったのだよ、うん、
でも・・・遅刻した(。。 )\バキッ☆
いやその・・・午前10時半からやと思いこんでて、
最初の回だけオリエンテーションがあるので、
午前10時からになってたのを確認してなかったの・・・(。。 )\バキッ☆


さらに・・・
!( ̄□ ̄;)「今日は高野山学やんかー!」
と気付いた時にはすでに10時35分(。。 )\バキッ☆
現場が大学の近くだったので、あわてて滑り込んだという次第(^^;)

で・・・
070421gaku2 うきゃー!\(◎o◎)/!
定員210名のはずが、
250席ある教室が超満員~
(↑ちなみに、この教室、
弊社が作らせていただいたものだから定員を知っているのだ、
ちょっとうろ覚えやけど(^^;))
しかし、当日受講の人もたくさん来てるんですな~
スゴイ人気だ~(^-^)

で、なんとか空席を見つけたものの・・・
070421gaku3
遠いぃ~(ToT)
黒板の字が見えない~
自分がローガンズである事を、
改めて思い知らされたのであった・・・(>_<)
つーか近眼も進んでるって事か・・・orz
テキストはあるものの、生きた講義は板書の上にある~
何しろ村上先生の講義は、板書しつつ身振り手振りで、
どんどん聴衆を惹きつけていくのだ~
ドースル?
おお!俺には心強い味方があったんや~\(^o^)/
070421gaku6 てなことで、デジカメでパチリ!
070421gaku4
手元で拡大すると・・・
見えるぅ~\(^o^)/


(↑講義内容には著作権があるため、ちょっとぼやかしてます)

弘法大師の思想Ⅰ(真言密教の原理)として、
「密教」と「顕教」の違い、を、
非常にわかりやすく丁寧に説いて下さった。
それもそのはず、村上先生は、この3月まで、
高野山大学で教授として教鞭を取っていらっしゃったのを、
引き抜かれる形で、本山の教学部長に就任されたのである。

これほどわかりやすくておもしろい授業を受けたのは何年ぶりだろうか?
わぁもっと若い頃に、勉強しておけば良かったなぁ~と心から思った(^^;)
でも・・・遅くはないよね?(^-^)

てなことで、「顕教」は主観的な「対機説法」であり、
「密教」は客観的な「法身説法」なのだ。
しかしこの理解もまた、私自身の如是我聞ゆえ、
他人に説明する時は対機説法になっちゃうのだ~って、わけわからん?(^^;)
う~ん・・・
村上先生の講義中は、「そうやったんかー!」って、
完全理解してたつもりになれたんやけどね~(^^;)
070421gaku5
講義はさらに続き、
「密教」における「法身説法」の解説となった。
つまり、空海、お大師さんが、
若き頃に著された「二教論」では、「法身」を、
「大日如来」と単純化されていたのが、
晩年に著された「秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)」では、
さらに、「自性法身」「受用法身」「変化法身」「等流法身」と、
細分化されたのを、一つずつわかりやすく解説して下さったのであーる。

やっぱりわけわからん?(^^;)

そういう方は、ぜひ、高野山学へ~(^-^)

間違えて受講して良かった~
これもまた、お大師さんのお導き~m(_ _)m、
と、心から思えましたとさ・・・(^^;)

あ、でも、理屈がわかっても、
実践がなければ何にもならないどころか害があるのは・・・
減量と同じ!(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん。

第7週3日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日-100g トータル+300g
減量100日目まであと56日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

増えるのは一気、減るのはなかなか・・・
わかっちゃいるんですがねぇ・・・(^^;)

2007年4月20日 (金)

完成~\(^o^)/

  4月2日のブログに載せた現場、完成~\(^o^)/
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/04/post_6c40.html

070420lava3 070420lava2

070420lava1








070420labva3
この工事、20数年前に建てられた
「お手洗い」の内部のみ改造し、
男女別にして暖房も設置する、
というもの。
ちなみに、20数年前も、
弊社で施工させていただいたもので、
今回も御発注いただき、誠にありがたい事であるm(_ _)m
しかも、さすがは棟梁の仕事で、
既存のブース等、解体するのに非常に苦労したほどしっかり施工されており、
外観に至っては、ほとんど傷みも見られず、
若干の化粧直しと、内部のみの改造で済んだのも、
弊社としては大変誇らしい事である(^-^)
なにぶん、面積的に小さいので、
男女別としてスペースを確保するのに苦労はしたが、
なんとかご期待に添えるものが出来上がった\(^o^)/

さて、男女別というからには、マークが必要だ。
しかし、既存のプラスチックの表示板ではいささか味気ない。
高級ステンレス製ってのもあるのだが、
マークのデザイン自体はあまり変わらないし、
なるべく金属系は使いたくない。
てなことで・・・
黄丸部分にご注目願いたい(^-^)070420mark4_1 070420mark5_1


どうです?





070420mark6
女性のマークなんか、
色気すら感じられません?(笑)

ちなみに、
白木の生地に、顔料を入れると、
木の導管に顔料が染みこみ、
汚れが起きやすいものなのだが、
くっきりと顔料と白木が区切られているのが、総裁さんの「技」なのだ(^-^)

以上、(超精密(^^;)な)デザイン&材料の檜 by尾上組つまり私、
彫刻&顔料 by 福形大日堂つまり総裁さん(^-^)

忙しいのに無理矢理急かしてごめんね~、総裁さん(^^;)
しかしまぁ・・・
070420mark1この「落書き」だけで(^^;)
ちゃんと仕上げてくれてありがと~m(_ _)m
すまんのぉ~m(_ _)m

(↑ちなみに、メモ中「かまぼこOK」とあるのは、
決して「かまぼこ板でも良い」という意味では無く(笑)
彫り方の事である。)

ちゃんちゃん。

第7週2日目の朝
78.9kg BMI 24.90
一昨日+500g トータル+400g
減量100日目まであと57日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.33kg

あぎゃぎゃ・・・やっぱり・・・orz
では、おそらく、昨日は79kg台・・・(ToT)

2007年4月19日 (木)

海技免許更新

本日は、関空マリーナにて、海技免許の更新講習。
先月、橋本市でも開催されたのだが、
ちょうど、勝浦出張と重なり受講できなかったので、
関空までやってきたという次第。
070419koushin
この免許、5年毎に更新が必要で、
今回が2回目だから、
私が4級船舶免許を取ったのは、もう10年前という事になる。
当時、とびとびに受講したので、
講習から試験まで約1年のブランクとなり、
覚えた事もほとんど忘れたままの受験で、
えらく苦労した覚えがある。
何故そこまでして免許を取ろうとしたのか・・・
忘れた(^^;)
しかし、家族で北海道へ行った時、
屈斜路湖でモーターボートを運転させてもらい、
その時はちょっと「お父さんてスゴイ?」と思ってもらったから、
取った甲斐はあったのだ、うん(笑)

で、5年前の更新の時にもエピソードがある、
その時は岩出市が会場になっていて、
ちょうど参議院選の真っ最中であり、
講習会場の横の体育館では、民主党の候補者の演説会も開催されていた。
私はそこへ、革ジャン、革パン、黒いフルフェイスという黒ずくめの恰好で、
CBで乗り付けたのだった。
そして、講習会場と体育館との共用になっている、
自転車置き場にCBを駐車したとたん、
これまた黒ずくめの男達8人くらいに取り囲まれたのであったw(゜o゜)w

「な、なんやなんや、こいつら?893か?」
「893の親分かなんかが民主党の候補者を応援に来てて、
 俺の事ヒットマンかなんかと間違えてるのぉ?」
「くっそぉ、善良な一般市民である俺に怪我でもさせてみぃ、
 民主党ごとひっくり返したるぞぉ~!」(^^;)
なかなか勇敢?というか、その頃もアホでした、私・・・(^^;)

で、黒ずくめの男たちに対し、身構えかけたその時、
駐車場にこれまた黒塗りのハイヤーが入ってきたのであった。
「けっ、893の親分、今頃到着かい」(^^;)
と・・・
黒ずくめの子分共がわらわらとハイヤーの回りへ、
「そらそやろ、親分守らんとあかんわな~」(笑)
で、どんな親分が出てくるのかと、見てたら・・・
ハイヤーから降り立ったのは・・・
当時の民主党代表、ハ○ヤマ○キオ代議士でした~(^^;)
「この人達、893と違って、SPやったのね・・・」
「って、俺はヒットマンと違て、テロリスト扱いやったんや~」orz
民主党をひっくり返すどころか、
あやうく逮捕されるとこでした、ちゃんちゃん。(^^;)

とまぁ、これが5年前のエピソードだ(^^;)

で、今回、まさか関空マリーナ横で、
民主党の講演会でも開かれていたらどうしようと思いつつ(笑)
やってきたのであったが、イベントは何もなし(^^;)
ちょっと残念?(笑)

しかし、約2時間の講習で・・・
驚いた事に、知らぬ間に法律が改正されていて(^^;)
既得権が生かされたらしく、
私はなんと、4級から2級に昇級?していたのであったw(゜o゜)w
しかも、操縦できる制限が5トン未満から20トンになってるしw(゜o゜)w
おまけに、今まで、紀伊半島沿岸から出られなかったはずなのに、
やりようによっては、トカラ列島を含む日本一周まで可能というw(゜o゜)w
また、1級へも実技無しの2科目学科だけで昇級できるらしいw(゜o゜)w

ダイジョーブか?(^^;)

・・・調子こいちゃうよ、ボク(。。 )\バキッ☆

いやしかし、先立つモノがなーんもないからダイジョーブか?(笑)
しかも、そんな時間とお金があったら、
即、単車でGO~!やろな~(笑)

説明では、現実に即した改正、との事で、
少しでも着用率を増やすべく、
ライフジャケットの規定への大幅な規制緩和をしたり、
(つまり簡単なジャケットでも認めるから着用してね、って事)
無資格者の無軌道な運転防止のため、
無免許運転等への罰則等が厳しくなっている。
(不携帯でも10万円の罰金!{{{{(+_+)}}}})
この点、通り一遍の規制に終始してる道路行政よりは、
柔軟な対応だとも思えるのだが・・・

海難事故が増えない事を祈るばかりである・・・

てなことで、湾岸線の下で一服し、
070419w1

070419siga
3月に開通したばかりの、
志賀高野トンネルを通って帰ってきた。
このトンネルができたおかげで、
難所である「梨の木峠」を通らなくて済むようになったのは喜ばしい。
冬場の往来も危険性がぐっと減ったわけだ。
まぁ・・・ついでに・・・
(談合で)知事が逮捕されちゃったのだが・・・orz

で、高野までご機嫌で走って帰った(^-^)
ちょっと寒いな~と思ったら、大門で2℃だった(笑)
桜、咲いてるんですがねぇ・・・(^^;)

でもまぁ、夕方からとはいえ、単車にも乗れたし、
日本一周船の旅(笑)、の夢も持てたし、
めでたしめでたし、かな?(^-^)

第7週1日目の朝
○○.○kg BMI 24.なんぼか・・・
昨日・・・+なんぼか・・・(。。 )\バキッ☆
トータル・・・増えてるに決まってるやん(。。 )\バキッ☆
減量100日目まであと58日
ミドル級(72.57kg)まで、あとまだまだ遠い・・・(。。 )\バキッ☆

2007年4月18日 (水)

京都・美山荘

本日は某クラブの親睦研修旅行、
日帰りで、京都でお昼ご飯を食べるのだという。
サボろうかとも思ったが(。。 )\バキッ☆
わざわざお昼ご飯を食べるためだけに、京都へ行く、
というのも一度くらいは体験してみる価値がある。
で、昨年同様、単車で行こうかとも思ったのだが(^^;)
アルコールも出るかもしれないので、
バスの人となった。

さて・・・
「ほんで、京都のどこへ行くんです?」と、
先輩方に聞いても、誰も知らないorz
まったく、案内書くらい読んでから参加してもらいたいもんだ・・・
って、私もか?(。。 )\バキッ☆

で、京都手前の桂川PAにて小休止、
ガイドさんが、『ここから約2時間です』とおっしゃるw(゜o゜)w
「ここから2時間?京都出てまうやーん」(^^;)
しかし・・・
きっちりそこから2時間、
高野山からだと実に5時間!(>_<)
しかも京都市内を抜けてからは、
高野よりもおっそろしく深~い(^^;)山の中をひた走り、
朝から飲んでたビールの酔いが醒めた頃(^^;)
ようやく着いたところがここだった。
070418mi1 美山荘さん、
http://www.miyamasou.co.jp/
もともとは、
大非山 峰定寺(だいひざん ぶじょうじ)
というお寺の宿坊で、
120年前に創業され現在で4代目との事。
070418mi2
玄関のたたずまい、
なるほど京都やね~(^-^)


070418mi3
杉普請の廊下、
すみずみまで掃除が行き届き、
清冽な感じ、
これは「当たり」かも?(^-^)



07041831heya
お~!
これまた杉普請の広間、
もと宿坊らしく、
余計な虚飾は一切無く、
落ち着いた雰囲気が漂っている。
070418mi43
庭を見ると、なんと高野より桜が遅く、
やっと馬酔木がまっ盛り、ってところ、
後で聞いたら冬には1mくらい積もるそうだw(゜o゜)w

この時点で、まず雰囲気に酔い、
「ほんもんの京都へ来た~」って気持ちになった。
これなら料理にも期待できるぞ~\(^o^)/
そして・・・
それからの2時間、
ほとんど野菜だけの料理に、時を忘れる事になるのであった~!
070418mi41 まずは「あけび茶」とともに運ばれた献立、
ここは「摘草料理」というのが特徴、
季節の山草を生かした料理の数々との事、
読めない漢字がちらほらと・・・(^^;)

07041842kago
まずは、目から楽しませてもらった(^-^)

見事な「菜篭」の上には・・・
07041842kago1
冷酒用の杯と、
野趣あふれる箸が(^-^)
「これは・・・クロモジ?」
『クリの木なんです』 
ううう・・・(>_<)
しかし高野の人間には、
これは「クロモジ」にしか見えないのです~って言い訳?(^^;)
0704184nakago 菜篭の中身は・・・
蕗のとうやらくるみやら
野びるに春子(天の魚の子供)に蛤も、
白アスパラから栃餅こんにゃく、
川海老、玉子味噌焼き、豆団子~
一つ一つが「春ですよ~」と教えてくれる味!旨い!
しかも、甘口の冷酒との相性抜群!\(^o^)/
0704184mukouduke
続いて「向付」と「汁」
鯉の造りをのびるおろしでいただくのだが、
その洗練された味といったら・・・
そして湯引きがさらに引き立て、
うどの芽とすみれの花が文字通り華を添えていた~
「汁」はもちもちしたヨモギの生麩が口中をくすぐり、
白みそ仕立ながら、これまた冷酒と代わる代わる飲めてしまうw(゜o゜)w
0704184agemono
「揚物」~(^-^)
ここで熱燗リクエスト~(。。 )\バキッ☆
(右上に写ってるのが杯、ちょっとひねってあって、
 親指がしっくり収まるってのも洒落てた(^-^))
いやしかし、ちゃんと冷酒と対になるよう、
辛口の熱燗が出てきて\(^o^)/
そして、お約束の「たらの芽」の天ぷらに舌鼓~\(^o^)/
その他の食材も、野菜の天ぷらとは思えない濃厚な味!
「行者にんにく」と「こしあぶら」だけで杯が進みます~(笑)
0700418somayaki1
「杣焼」
そまやき、ですよ~これはちゃんと読めました(笑)
杣人が野外で焼いた・・・という着想らしい、
で、塩で固められた殻?と取ると・・・
0700418somayaki2
じゃっじゃぁ~ん!
筍様のおなぁりぃ~い!\(^o^)/
木の芽酢にちょこっと漬けていただく、
くぅ~~~~!まさしく春の味~!
0704185osinogi
そして「お凌ぎ」
古くは鯖街道と呼ばれた土地らしく、
鯖ご飯をメインに、椎茸に黄湯葉にこごみ、
そして・・・
さて読めますかぁ?
土筆、虎杖、薇、椒、が入ってます~
0704185nimono
そして、「煮物」
桜餅に、ぐじ鯛(若狭で捕れる赤甘鯛)
かたくりに針うどと生姜、
甘くて辛くて、これまた酒に合う~(。。 )\バキッ☆
0704185yakimono1
次に登場したのが・・・
皿?(^^;)
いやしかし、この皿、
ちゃんとあっためてある~w(゜o゜)w
と・・・
0704185okamisan
京美人の見本みたいな若女将さんが、
一つずつ「天の魚の木の芽焼き」を、
取り分けてくれるのである。
この辺もうまい演出だよね~(^-^)

0704185yakimono2 野菜もそうだけど、
これはホントに命の塊、
しかも春が一杯詰まっている。
旨いモノなら何でも食べるという、
人間の業を感じつつ・・・
感謝して、いただきます~m(_ _)m
0704185akiawase
おそらく、ここの料理、
酒飲みに合わせてくれてるのであろう、
「炊合」も、酒の肴にぴったり!

070418gohan そして、「御飯」
途中で出てきた「お凌ぎ」とはまたひと味違い、
あっさりと仕上げてある。
お酒の切り上げ時だと教えてくれてるのだ(笑)

『おかわりなさいますか?』
「もう充分いただきました~」m(_ _)m
0704187mizumono
デザートの「水物」
桜ゼリーにチェリーソースと、
桜尽くし(^-^)
さんざんよばれた(^^;)
お酒がすぅ~っと消えていく爽やかさ(^-^)
0704188kashi
ラストは、
よもぎ餅とおうす、
これがまた、絶妙のお味!

う~ん、満足まんぞ~\(^o^)/

矛盾した書き方のようだが、
料理の味、質、順番・・・それがみんな
「計算されつくした素朴さ」であり、
あざとくなく、こちらの心にするりと入ってくるのだ。

これが京都の潜在力か?
凄いぞ、お見事、美山荘さん!

私だけではなく、参加者全員、
う~ん、う~ん、とうなりながら帰路についたという次第。

高野山でも・・・ね!(^-^)

で・・・
こんなに繊細で、優雅で、美味しいモノをいただいて、
しばらくは、京都の風雅に浸っていたいと思っていたのに・・・

なぜか・・・

夕食が・・・
0704189yakiniku
アホかー!(。。 )\バキッ☆

いやしかし、これもまた美味しかった・・・(^^;)

てなことで、明日は体重、
計りません~(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん。

第6週7日目の朝
78.4kg BMI 24.7
一昨日-100g トータル-100g
減量100日目まであと59日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.83kg

よっしゃよっしゃ~
ええやんええやーん、
しかし今日、乗り切れるやろか・・・(^^;)

2007年4月17日 (火)

告示

で、告示、です~

私は・・・
生まれ故郷を超えてさらなる深部へ、
ポスター貼りに~(^^;)

なんでかというと・・・
こんなとこがあるからです~(^^;)
070417senkyo3
車も通れない事はないのだが、
あっちこっちから車が入ってきたら・・・(ToT)
えらいことになりますやんか~(^^;)




070417senkyopopa てなことで、GS、
なんでかというと・・・
ポスターを曲げずに運べるからです~(^-^)v


070417senkyopo桜満開の中、各所に、
しこしこととポスターを貼って行く・・・
070417senkyopo2 なんでかというと・・・
一応、私、
掲示責任者なんです~(^^;)
なんでもかんでも引きうけるなっちゅーの(笑)

で、午後5時、
定数以外に立候補者無しにて、
全員当選確定~

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

選挙の洗礼を浴びずに議員となる事については、
これからの活動で答を出していただきたいと思います。
当選されたみなさん、粉骨砕身、がんばって下さいよ~

ちゃんと見てるからね~!( ̄ー ̄)

第6週6日目の朝
78.5kg BMI 24.77
一昨日-200g トータル±0g
減量100日目まであと60日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

おお!調子ええやーん\(^o^)/
旅の満足が食欲を抑えてる?(笑)

2007年4月16日 (月)

告示前

さぁて、リフレッシュもできたし、仕事や仕事~(笑)
だが・・・
通常営業とは違い、
明日のアレに備えねばならない。

アレ・・・って?
アレですがな~
070416senkyocar1 この画像は先週13日、
金曜日のもの。
枠にスピーカーを取り付け、
車に載せて水平のチェックをしたのだ。
070416senkyocar2
で、別に作った看板を取り付け、
これから車検に向かうのである。


ちなみに、このブログを書いてる時点では、
選挙は無投票で終わっているのだが、
「4年後の選挙に対する事前運動」になる可能性があるので、
すべてモザイクをかけている。

※今回、看板関係を始め、ちょこっと調べてみたのだが、
公職選挙法ってかなりキビシイのだ。
まぁ、公平を期するため、当たり前と言えば当たり前。

告示前であれば、時期のいかんを問わず選挙運動は禁止されていて、
(告示後でも立候補届が有効に受理されてなければ×)
しかも、この手の「文書図画」については、最もキビシイ制限がある。
文書図画とは、
「一般的には物体に記載せられた意味の表示であって、
 文字、その他の符号によるものを文書といい、
 象形によって表示せられたものを図画という」
「材料は紙、木、金属等その種類を問わない」
そして、表示とは、
「表示の方法は、記載、印刷、彫刻、映写等、
 社会通念上のそれよりはるかに広く、
 壁に書かれた文字、通路に書かれた砂文字、
 舗道等に押すスタンプもすべて含まれる」

てなことで、インターネット関係は野放し状態みたいになってるが、
すべて「文書図画」ゆえ、細心の注意が必要なのであーる(^^;)

そして午後1時、
警察にて、車検を受ける。
070416senkyocar3せっかくの、
事前運動にならない程度(^^;)、
警察から注意を受けない程度(^^;)の
「白布」で覆った看板なのだが、
高野山警察がOKでも、
選挙管理委員会が×かもしれないので、
念のためモザイクをかけておく(^^;)

てなことで、これをお読みいただいているみなさんも、
いつ何時、「候補者」や「関係者」になるかもしれません。
ルールを熟知し、正しい選挙を心がけましょう(^-^)

なお、もし、上記に間違いがあれば、
ご指摘いただきますようお願いします~m(_ _)m

第6週5日目の朝
78.7kg BMI 24.83
一昨日-100g トータル+200g
減量100日目まであと61日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

おお!あの旅、あの食事で-100g!\(^o^)/
で・・・なんで?(^^;)

2007年4月15日 (日)

ふたたびの「杉の大杉」

070415ryugadousugi 話は前後するが、
龍河洞を出た後、
入口近くにある一本の杉を見て、
カミさんがつぶやいた。
『これに呼ばれたのかも?』

苔むした杉は、何を語るわけでもなく、
ただ、そこに立っていた。

「杉と言えば・・・見せたい木があるんやけど」
『何?』
「この先のインターの近くに杉の大木があるんよ、
 帰りがちょっと遅くなるかも?やけど、行ってみる?」
『うん、行こ、行こ~』とカミさん乗り気(^-^)

一昨年の同じく4月、
ピーマンさんの秘密基地へ、タイヤの交換に行き、
桂浜でも見て帰ろうかと、高知自動車道を南下中、
偶然、PAで一枚のポスターを見て、
ふらふらとたどり着いたのが大豊町、杉の大杉だった。
樹齢はおよそ3000年!と言われ、
スサノオノミコトが植えたという伝説がある。
「南の杉」が根回り20m、樹高60m、
「北の杉」が根回り16.5m、樹高56m、
高野山で杉の巨木を見慣れている私でさえ、
その巨大さに驚いたものだった。
050424suginooosugi ←2005年4月24日の画像、
その時も、偶然たどり着けた幸運に感謝しつつ、
もう二度と来ることはあるまい。と思ったものだった。
それくらい、この地は私にとって「遠い所」だったのだ。

それが、わずか2年で、再びこの地を訪れる事になろうとは・・・
やっぱりご縁があるのだろうか?(^-^)
070415sugi2
記憶の中で、北の大杉の方には、
台風による枝折れ被害のため、
一部、銅板でカバーが付けられ、
痛々しい感じがしていたが、
まだ元気でいるだろうか?
そんな風にちょっと不安?も抱きつつ、
訪ねてみたら・・・

考えてみれば2年なんて、
この杉にしたら、まばたきくらいなものだろう(笑)
まったく変わらず、むしろ銅板カバーも馴染んだ感じで、
天に届かんばかりの勢いを見せてくれた(^-^)
ちょうど日が傾き始め、
南の大杉の巨大な枝から、木漏れ日が光り、
神々しさが増していた。
070415sugihutari
この二本の巨木は、
根元で完全に合体しているという、
なるほど、ここは、
二人で来るところであったか(笑)
てなことで、両杉を見習って記念撮影(^^;)

この後、カミさんがこの境内を散歩しはじめ、
「名物」宮司さんだった(と私は勝手に確信している(^^;))
釣井正亀翁のお墓まで発見(^^;)
そして、前回、
私が無視して通りすぎた「資料館」から、
釣井宮司が遺された書籍も見つける事ができた。
(だって、ちょっと朽ち果てたみたいな無人の館で、
 一人やと入るのが恐かったんやもーん(^^;))

ま、カミさんは一人でどんどん入って行ったのだが・・・(^^;)

無人販売となっているので、2000円分購入させてもらった。
070415turibooks内容は・・・
タイトルからも伺えるとは思うが(^^;)
ちょっと(^^;)な部分も多い・・・
しかし、
杉の大杉を愛し、顕彰し続けた宮司さんの、
熱意はビンビンと伝わってくるのだ(^-^)


釣井宮司の晩年はどのようなものだったのだろう?
そんな思いがふと浮かんだ。
パラパラと見た本の後書きに、
一所懸命、自説を説いても、
受け入れられない空回り気味な焦り・・・
そんなものが感じられたからだった。

案内小屋のおばさんに聞くと、
奥様に先立たれ、
数年を一人で過ごされたとの事だった。

気になりながら石段の下で、
なかなか降りて来ないカミさんを待ってると・・・

またも、カミさんが見つけよった(^^;)
070415turiikannushi
おお!
釣井宮司さん、
銅像になってはる~(^-^)

しかも・・・
銅像に刻まれた碑文を読むと・・・

070415turiikannushi2
ご本人の意志が、
色濃く反映されている内容だ(^-^)

これはどうやら、
大勢の教え子や支援者に囲まれ、
いたわられつつ
幸せにすごされていたように思える(^-^)

この宮司さんの銅像の横には、
大豊町の出身で、
「マレーの虎」と異名をとった、
山下泰文陸軍大将をお祀りした社もあった。
これも、釣井宮司が尽力して建立したものだという。
(山下陸軍大将については、世間の誤解も多い、
ぜひ一度↓もご覧いただきたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E5%A5%89%E6%96%87

なお、杉の大杉には、
デビュー直後の美空ひばりさんが、
この近くで交通事故に遭い、1ヶ月半の治療を経て、
高知の病院へ移る際に、
『日本一の歌手に』と、
この杉に願掛けしたという逸話も残っている。

さてさて、3000年の樹齢を誇る大杉と、
それにまつわる人間模様をかいま見させていただき、
龍河洞と同じく、
ここでも何やら、
神妙でいて、なおかつ愉快な気分にさせてもらった。

やはりこれは、
四国全体に感じられる、
大らかさな雰囲気のせいであろうか?(^-^)

そして、そろそろ、
旅も終わりだ。

大豊からは坂出を経て徳島自動車道へ、
淡路島への大鳴門橋を渡る頃、
まさに旅の締めくくりにふさわしい夕日が・・・(^-^)
070415yuhi
(車窓よりカミさん撮影)



いきあたりばったりの旅だったが、
綿密に組んだスケジュール以上に、
てんこ盛りで楽しませていただいた(^-^)

なんとありがたく嬉しく幸せな夕暮れだろう。

ありがとうございました~m(_ _)m

ちゃんちゃん。

神の壺

『これってどんなとこ?』と、
珍しくも地図に見入っていたカミさんが聞いてきた。
こういう時の彼女の勘は鋭い(^^;)
「なんですか、なんですか、何か匂いますか~?」と私、
『なんかねぇ、呼んでるわ』とカミさん、

では、行きましょ~
たぶん、何かが待っててくれるのだろう(^-^)

そして大日寺さんから数㎞、
「龍河洞」である。

1億7千万年という時の流れを経て、
今もなお成長し続けている鍾乳洞、
昭和の初めまで、信仰の対象として、
そして、あまりの難所ゆえ、
立ち入る人もなかったそうなのだが、
当時の中学の先生二人が、
工夫した折りたたみ梯子を使って探検し、
なんと弥生時代の穴居人の住居跡を発見、
以来、信仰と観光が共存した名所となっている・・・

さて・・・
一度はいると、約1kmの山登りとなり、出口は別、
所要時間は30分以上かかるとの事、
ドースル?

と・・・カミさんはすでに入場券を買っているではないかいな~w(゜o゜)w
「君ね、ダイジョーブなん?けっこうキツそうやで」(^^;)
『大丈夫かどうかわからないけど、とりあえず行こ』(笑)
「はいはい~」(^^;)ってなもんで、
受付のお姉さんに撮ってもらった入口での記念写真がこれだ。
070415ryu1
若干、緊張気味なのがおわかりだろうか?(^^;)

で・・・入ってすぐ、
スンゴイとこだとわかった・・・(^^;)

というのも、高野山の近所には、
花園「恐竜ランド」というのがあって、
そこはもと鉱山跡を使った、恐竜模型の展示スペースになってるのだが、
狭い坑道を歩くために、入口でヘルメットの着用が義務づけられている。
龍河洞でも、要予約の「冒険コース」というのがあり、
そのコースでは、1時間半くらいかけて進むそうなのだが、
ヘルメット・ツナギ・懐中電灯などをレンタルしてくれると説明にある。
つまり、私の感覚だと、
ヘルメットをかぶらないで行ける普通のコースは、
まぁその・・・
洞窟と言えど、すんなり歩ける道になってるのではと予想していたのだ、
つまり、入口での「若干の緊張」は、
カミさんが『しんどい~もう歩けない~』となったらどうしようという緊張だった、

ところが・・・
この洞窟、
入ってすぐに・・・
070415ryu2
私、
いきなり頭をぶつけましたがな~(>_<)

しかし、まぁ・・・
多少、他人様より、
背が高いゆえかなぁと思いつつ歩いていくと・・・

070415ryu3
これはあんまりや~(ToT)
そら私はリバウンド中やけど(^^;)
こんな皮肉な通路がありますかぁ?orz

他にも、
070415ryu4小柄なカミさんが、
こんな感じでしか通れないとことか(^^;)
(しかもこの通路、数m続くので、
 私の場合は腰が・・・(>_<))

ヘルメット貸してくれ~(>_<)


そして・・・
次から次へと現れる奇岩怪石~!
しかもそれぞれに独特の名前が付いているのだ。
070415tenkouseki
これは窟内で最大の「天降石」と、
文字通り、カーテンの幕みたいな、
「絞り幕」
ちなみに、黄丸部分は数㎝の間隔が空いていて、
あと200年ほどでつながるそうだ(^^;)

ユーモラスな名前もある、
070415ryu6
なんでも、横綱双葉山が、
通った時にへそをすりむいたらしい・・・
って、そのまんまやんけ~!(^^;)

070415ryu9syakamalia マリア様とお釈迦様が、
仲良く並んでたりもする(^^;)

その他、もう、てんこ盛りで、
とても紹介しきれないので、
興味のある方はぜひ
「龍河洞」で検索してみていただきたい、
まさしくここは「ゾーン」だ(^^;)

今でも炭酸カルシウムを含んだ水があちこちからしたたり落ち、
薄暗く、おどろおどろしい洞窟なのだが、
カミさんはもう大喜びで、
そのうち、勝手に命名しだした(笑)
070415ryu7
曰く、
『これ絶対、七福神よね、ね、ね~』

「ほんまやな~
・・・ちょっと諸星大二郎風やけど・・・」(^^;)
『何それ?』
「いや、こっちの話」(^^;)
(ちなみに、「七福神の館」という石は別にあった)
070415ryu8sake1
私が一番ウケたのはこれ、

黄の楕円内、何かに見えませんか?
波から飛び出す・・・
そう、
070415ryu8sake_1
この石は、
「鮭の石」と呼ばれているのだ(笑)


それにしても、自然の造形には驚かされる。
そして、それに一つずつ名前を付けていった、
龍河洞を守る人たちに親近感を覚えてしまう。
きっと、あーでもない、こーでもない、と、
酒でも酌み交わしながら決めたのではないだろうか?
いやその・・・それくらい、
荘厳でいて、かつ、ユーモアが感じられる場所なのだ。ここ、

そして、出口が近づき、
カミさんの息があがる頃(^^;)
それは目の前に現れた。
070415ryu9kaminotubo
神の壺・・・

って、なんですかぁ~?

説明を見てびっくり仰天!\(◎o◎)/!
なんと、2000年以上前、
ここに済んでいた弥生穴居人が置き忘れ?
そのまま石灰華でコーティングされたのだという。
拡大してみると、
070415ryu9kaminotubo1 まさしく、弥生式土器である。
世界で唯一、学術的価値も高いとの事、
しかしそんな事よりも、
この壺を見てると、
自分が2000年の時を遡ったような気にさせられる。
まさしくこれには「神の壺」という名前がふさわしい。
そして・・・
ここでも、龍河洞を守る人たちのユーモア?が(^^;)
070415ryu9kaminotubo2
金網の向こう、
少々わかりづらいと思うが、
壺が伏せておいてある。

実は、昭和12年以来、
壺がどうやってコーティングされているか、
実験中との事なのだ(^-^)
横には「今年で「70」年目」と書いてある(笑)
ええよな~こんな感じ~
最高~!拍手~!!(^-^)

てなことで・・・
30分くらいの予定が、
出てきたら1時間以上たってた(笑)

少々タイムスリップしてしまったのかもしれない(笑)

その後、龍河洞の下に出来てる物産店で、
食事をしたり(いのししラーメン(笑))
お土産(刃物の本場やもんね~(^-^))を見てまわったりした。

なお、龍河洞になんとなくユーモラスな印象を持ったのは、
駐車場で見かけたこの像のせいかもしれない、
070415yayoi1
角度のせいで、
女の子の表情が、
イマイチ暗~く写ってるのが残念なのだが、
実物は、のんきな親父(^^;)をいつも心配しながら、
ついて回ってあげてるってな感じの優しそうな笑顔だった。
見事な出来だと思う(^-^)
で、これはいったい何かというと・・・
070415yayoi2
電話ボックスだったりする(笑)

誰が企画したのか・・・

龍河洞、恐るべし!(^^;)

てなことで、ここ、
めっちゃオススメです~(^-^)

私達二人もご機嫌で次の目的地に向かうのでありました~
(って、まだ行ったんかい~!)

太平洋、そして・・・

よほど印象深かったのだろう、
「う~ん、長太郎貝ぃ~」などと意味も無くつぶやきながら(笑)
今度は夜須の海岸に行ってみた。
太平洋に触るため、である(^-^)
070415taiheiyo1
カミさん、
波に合わせておもむろに・・・


070415taiheiyo2
当然、
次の瞬間こうなる(笑)


しかし私はもっと難しい、
触るのは簡単なのだが、
それを何としてもブログに載せねばならぬ(笑)
で、数枚チャレンジ(笑)
靴に浸水しないよう、波をよけながら、
なおかつマクロでとなると、
どこまで波が来るのか予想しつつ、
タイミングを計らねばならないのだー!(笑)
で、これ(笑)
070415taiheiyo3
どうか、
苦労の跡を偲んでいただきたい(^^;)
ちなみに、この後、
指を舐めてみたらあんまりしょっぱくなくて、
美味しかったっす~(^-^)

てなことで、
太平洋にも触れてみた事だし、
次はどこへ行こう?
と、「道の駅やす」で買ったお土産を積み込む時、
カミさんが車のトランクに入れておいた、これに気付いた。
070415ohenro1
『何これ?』

「あ、これ?えへへ・・・(^^;)
 実は、どこかで八十八ヶ所のお寺へ、
 お参りできるかもと思って持ってきといたんよ」
『ふ~ん・・・そんなに行きたいの?』
「いや、寄れれば良し、寄れなくても良し、やと思ってる~」
と・・・
なんとなんと、
道の駅やすのパーキングを出たところに、
「大日寺まで10km」と書いた遍路札が~!w(゜o゜)w

『これは、おいで、って事やね~』とカミさん、
「ほんまやな~」と私、
『順番に回る、とかあるん違うの?』
「そうそう、一番から回るのを順打ち、
 八十八番から回るのを逆打ち、って言うらしい。
 けどまぁ、俺は、
 いきあたりばったりの乱れ打ちで参らせてもらおうかと・・・」(^^;)

ちゃんと歩いてお遍路している方、
おちゃらけてるみたいでごめんなさいm(_ _)m

でもね、私は私なりの発心で、
八十八ヶ所を巡らせていただこうと思います。
そこに何があるか、
まわってみれば、わかるかな・・・と・・・(^-^)

てなことで・・・
070415dainitiji
第二十八番、
法界山 大日寺さんへ、
寺名の通り、
ご本尊は大日如来さんだ、
宇宙の中心にして宇宙全体を包括し、
宇宙そのものにして、
一人一人の心の中にいらっしゃる密教の中心仏。
「乱れ打ち」(^^;)にしても、
一番最初にここへ来られたのは、
やはりお大師さんのお導き?

おんあびらうんけんばざらざとばん

070415ohenro4
まいらーさんやへんらーさんに、
教えていただいた作法を必死で思い出しつつ(^^;)
本堂と大師堂へ、お札も納めさせていただいた。





070415ohenro2
さらに、「常に形から入るんですね~」(^^;)と、
揶揄されつつとり揃えておいた、
奉納経帳と御影帳へ・・・





070415ohenro3
御朱印と御影をいただいた。


誠にありがたい気分だ。

これは単なるスタンプラリーではなく、
感謝を捧げられたという記念なのだ、
平成十九年四月十五日、
私が最初に「お遍路」させていただいた日だ、
いつまでも覚えておこう。
感謝とともに(^-^)

長太郎貝

いよいよ、長太郎貝が何かわかるのか?
わくわくドキドキしながら、
矢印に従って進んだ私達の目の前には~!
070415tyotaro5_1
へ?
な、何もない?
てっきり、でっかい看板か何かの下で、
長太郎貝の着ぐるみとかが踊ってる・・・(^^;)
ってな妄想が広がっていたのだが・・・
070415tyo0
「むぅ~今日は休みか?」と、
いったんは、諦めかけたのだが、
念のためにこのテントに近づいてみると・・・
わはは(^^;) 実はここが「お店」でした~(^^;)
って、あれだけいっぱい看板並べて誘導してるんやから、
「お店」ももっと派手にしましょうよ~(^^;)

しかし・・・
070415tyo1
おばさんと姪御さんでやってるらしいのだが、
いろいろ話をしてみると、その訳がわかった。
もうホント、揃いも揃って、
とても素朴で恥ずかしがり屋さんなのだ、
何しろ、ちょうど、養殖を担当している姪御さんの旦那さんが、
戻ってきたので、色々話を聞いたのだが、
記念に写真を一枚、とお願いしたら、
『写真はイヤじゃ~』と船へ逃げ込んでしまったくらいだ(笑)
070415tyo2





さて、では、そろそろ長太郎貝に登場願おう、
これであーる!
070415tyotaro6
へ?
これ?
これってあの・・・
海辺の観光地なんかで、
よく飾りに使われてる・・・
そう・・・
ええと・・・「ひ、緋扇貝(ひおうぎがい)ちゃうの?」
で・・・
「これって日本で採れるもんやったん?」(。。 )\バキッ☆

そう、九州などでよく見られる「緋扇貝」を、
土佐では「長太郎貝」と呼ぶのだそうだ、
なんで?(^^;)
どうやら、この貝を最初に見つけた漁師さんの、
名前がもとになってるそうなのだが、
詳細は不明であるm(_ _)m

で、私はおそるおそる聞いた、
「この貝って飾りにするだけじゃないんですか?」(^^;)

『蛤より美味しいんですよ~』

へぇ~!×100w(゜o゜)w
「た、食べられるんですか?」(。。 )\バキッ☆
『しゃぶしゃぶが一番かな』と、
調理法も教えていただいた。
それにしても・・・
070415tyotaro7
『この青いの、全部、貝の「眼」なんですよ~』
と、見せていただいたりしたら・・・
(黄丸で囲んでる以外も、
 並んでる青いのは全部「眼」らしい)

食欲が・・・湧かない・・・(。。 )\バキッ☆
いやそのあの・・・(^^;)
色が・・・
綺麗なだけに・・・かえって・・・(^^;)
そして・・・並んだ無数の青い眼・・・(^^;)
おまけに、こいつら(^^;)
妙に元気で、水を吐き出しながら、
水槽の中をけっこう活発に泳ぎ回るんですわ(^^;)
070415tyo3
ますます、食欲が・・・orz



しかし、この方達との会話そのものはとても楽しい、
私達では計り知れない苦労も多いとは思うのだが、
海と暮らす素朴さがにじみ出ている。

甥御さんに養殖の話も聞いてみた。
070415tyotarokago
070415tyotaro8




養殖といっても、
外海の海面下3mくらいに、
逃げ出さないようカゴに入れ、
天然のプランクトンにて育てるそうで、
人工的な飼料は一切使わないとの事だ、
では、カゴを吊しておくだけで良いのかというと、
それはそれは手間がかかるのだそうだ、
つまり、栄養が豊富でないと育たないし、
栄養が豊富なら、フジツボ等が付着して、
先に栄養を横取りしてしまうので、
いちいちカゴを上げ、
付着したフジツボを取り去り、
大きさによって、カゴを入れ替える作業も必要、
台風なんかが来ると、カゴごと持って行かれてしまうそうで、
『はっきり言って、儲からん・・・』との事・・・

う~ん、こう、なんちゅーか、
もうちょっと売り方を考えるべきでは?(^^;)とも思ったが、
それは口にせず(^^;)
「あの・・・ホントに美味しいんですか?」(^^;)と再度聞いてみた。
『味は保証するきに、旨いよ!』と、
それまでぼそぼそと話されていたのが、
これだけは自信たっぷりにおっしゃった。

では、いただきましょう!(^-^)

最初、そのあまりの綺麗な色に、
かえって躊躇していたカミさんも、
話をするごとに、食欲が湧いてきたらしく(笑)
今日、持って帰るより、
後日、みんなで食べられる日に合わせ、
クール便で送ってもらえないか聞いてみた。

『だけどそれでは送料がかかるよ』と、
心から心配そうにおっしゃってくれる。

もう、これだけで、
なんだか私らはお腹いっぱいだ(^-^)

てなことで、20日前後に届くようお願いして、
住吉港を後にしたという具合。

なんかね~
この旅で、まず美味しいモノをいただき、
大したもんでもないけど「創作」に取り組め、
念願の地にも行けた。
そして、今、地元の方としみじみしたお話ができ、
これが旅なんやな~って感じがしたのである。(^-^)

ありがたい話です。

もちろん、お大師さんの・・・(^-^)

長太郎貝?って??

五時半に目が覚めた(笑)
夕べの紹興酒で喉が渇いたためか、
はたまたトシのせいか、
いややっぱり、今日一日への楽しみのせいだろう(笑)
毎日、こうありたいものだが・・・(^^;)
眼下には、うすぐもりのベタ凪のため、
空と太平洋が境界をあいまいにしながら広がっている。

さて・・・とりあえずは、朝風呂だ~
070415asaburo_1
まるで庭園みたいな露天風呂、
温度はやや低めで酔い覚めの朝に気持ちよい(^^;)


070415asaburo1 てなことで、
あまりの気持ちよさに、
呆けた顔を・・・(笑)

うつらうつらと、今日の予定を考える・・・
が・・・
まぁそこはテキトーに・・・(。。 )\バキッ☆
いやその、今日は特に予定を定めず、
足の向くまま、気の向くまま、って事で、ね(笑)

で、朝食をゆっくり楽しんだあと、
とりあえずは桂浜方面へと車を進めていると・・・
070415tyotaro1
道端に、「長太郎貝」なる看板が・・・

「長太郎貝って何?」と、
海鮮モノが大好きで、
貝の種類にも詳しいカミさんに聞いてみる、
しかし
『何?それ?全然わからへん~』

「ちょっと見にいってみる?」と私、
『行こ行こ~』と二つ返事のカミさん(笑)

で、看板に従って曲がってみると・・・
070415tyotaro2
またしても素朴な手描き看板が、
何か興味がそそられるぅ~
途中、民家らしきものはあるのだが、
貝を売ってるようには見えない。
今日は休みなのか?
いやしかし、あきらかに観光客向けの看板なので、
日曜の午後10時過ぎに営業してないというのは・・・
と、目の前にまた、看板が現れた~
070415tyotaro3
しかも今度のこの看板、
相当、年季が入っている~
「そ、そんなに古くから売られてるものなのか~?」

070415tyotaro4_1
そして・・・
ついに港へ出てしまった~
しかもこんな所にも看板?つーか、案内が~!

ここまでして売られている?売ろうとしている?
「長太郎貝」とはいったいどんなものなのか~?

2007年4月14日 (土)

岬にて

御厨人窟でどれくらいの時間を過ごしたのか、
はっきりとは覚えていない。
覚えているのは、鳥の声と波の音だけ、
それだけでとても満足だった(^-^)
0704145umi

あとは、ぶらぶらと周辺を散策、
0704145hutari
普段、写真嫌いのカミさんだが、
珍しくツーショットで撮ってという。
「びしゃご岩」の伝説を考えると、
何だかちょっと違和感もあるが(^^;)
まぁええか、で1枚。

日も暮れてきたので、土佐浜街道を東進、
今度のお目当ては「ダルマ夕日」だ。
季節的にちょっと無理かな~とも思ったが、
もともと雨覚悟で来てるのだから、
空が少しでも赤く染まったのを見られれば嬉しい。
そして・・・
おお~っ!ダルマっぽい?
ってな感じの夕日が顔をのぞかせてくれたのだが・・・
いかんせん、車なので道端にちょっと、ってなわけにいかない、
(これが単車やったらねぇ・・・(^^;))
で、ようやく、路側帯が広くなってるところにたどり着いた時には、
0704146yuuhi
こんな感じ(^^;)
でもね、この道中、
助手席のカミさんは、
たっぷり日が暮れの景色を楽しめたらしい(^-^)
それなら、私も満足まんぞ~ではないか、ね(^-^)

そして宿での夕食、
0704149tyuka1 せっかく、
お昼にたっぷり海の幸を楽しんだのだから、と、
急遽夕食は「中華」に変更(笑)

久しぶりにザラメを入れた甘い紹興酒を堪能、

そして、数々の料理のうち、
こいつは、豚のアキレス腱(笑)

カミさんの一言、
『銀と同じもの食べてるね~』(笑)

これまた、満足まんぞぉ~じゃ~(笑)

御厨人窟(みくろど)

淡路から室戸岬までは約200kmをノンストップ。
R55から臨む太平洋を、カミさんに早く見せたかったからだ。

前日までの天気予報では、今日は雨のち曇り、だったので、
真っ青な空と太平洋は、ちと難しいかな?と思っていた。
まぁ、それはそれでいいかってなもんで、出発したのだが、
なんと、朝から快晴で気持ちよく走らせてもらった。

これが単車でなら、なお良いのだが・・・(^^;)

そして、今回のメイン、
カミさんが行きたかった所へ着いた。

御厨人窟(みくろど)である。
0704145mikurodo1
実はカミさんが
『行きたい』と言っていたのは、
室戸岬の灯台や展望台ではなく、
この洞窟の事だったのだ。

1200年前、弘法大師、空海、
私たち夫婦にとっては、「お大師さん」が、
若き頃、「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」を、
修められたと伝えられている洞窟である。

20年前、結婚した当時、
何か良いことがあったりした際に、
「お大師さんのおかげやねぇ」と必ずつぶやく、
高野山人(^^;)である私の口癖を、
カミさんはイヤがったものだった。

『何か、宗教くさくて、馴染めない・・・』

そらまぁそうやろねぇ(^^;)

ただ、高野山の人間にとって、
お大師さんは、信仰の対象、宗教上の偉人、というよりは、
やはり、「同行二人」というか、
いつもそばにいて、はげまして下さるありがたいお方、
そういうニュアンスなのである。
だからこそ、
「弘法大師」と言うよりも「お大師さん」の方がしっくり来るのだ。

「真言宗」自体、そもそも「宗派不問」を謳っているように、
(だから奥の院にはキリスト経のお墓まである)
タブーが最も少ない、というか、無い?(^^;)
これってホンマ宗教なんか?と思えるくらい大らかな宗団だし、
(だから他宗派より結束力が弱い(^^;))
もちろん、修行は厳しいものがあるが、
それは出家者のものであり、
在家としては、何か、超自然的なラッキーが起これば、
それはすなわち、「大いなるものからのおかげ」であり、
それに対する感謝の気持ちを
「お大師さん」を通して表しているのだと思う。
(「ラッキー」を現世利益として、
 勘違いしてる人もいるけどね(^^;))
これを宗教、というのなら、宗教だろうし、
信仰でもあろう、
だが、そこには、抹香臭い教義や難しい教典とは別の、
単純なるがゆえに純粋な、
感謝の気持ちの言挙げがあるだけなのだ~

・・・ってな説明をすればするほど、

『やっぱり、何か違和感があるわ・・・』なカミさんだった(^^;)

しかし、高野で暮らすうちに、
カミさんは、高野の山の中で歌う事を楽しむようになった。
今まで「練習」のために歌っていたのが、
「楽しみ」として歌える自分を再発見したのだった。
鳥がやってきて一緒にさえずったり、
蛍の季節には、歌で蛍を集めるワザ?(^^;)も会得した。

そして、たしか娘が小学校1年の時の運動会、
雨の予報が晴れに変わり、
広がりつつある青空を見ながら、
カミさんはこう言った。
『やぁ、晴れてきたわぁ、やっぱり、お大師さんのおかげやね~』
当然、私は、ツッコンだ(笑)
「君ねぇ、そういう言い回し、イヤやったんちゃうの?」
するとカミさんはこともなげにこう答えた。
『何言うてるの、雨が晴れに変わったんよ、
 お大師さんのおかげに決まってるやん』

・・・どうやらすっかり馴染んだようであった(笑)
これを「洗脳されたのだ」と、思う方はいるだろうか?(笑)

てなことでさらに時は過ぎ、
お大師さんが若き頃、修行した地を尋ねてみたくなった、
というのが『室戸岬へ行ってみたい』のもとなのである。

御厨人窟(みくろど)に着き、
洞窟に入らせてもらった。
この洞窟が、はたして本当にお大師さんの修行した地なのか、
そんな事はどうでもいい(^-^)
私達夫婦は今、ここにいる。
来させてもらった事へ感謝するのみ。

洞窟から海を眺める。
0704145mikurodo2
1200年前、
お大師さんも、この海を見たのだろうか。



カミさんと四国へ(淡路にて)

てなことで・・・

ほとんどなーんも考えず(。。 )\バキッ☆
午前9時過ぎ、出発~

和歌山港からフェリーで徳島へ、とも思ったが、
この時間からだと、タイミングが悪いので、
淡路から渡る事にした。

で・・・
いきなり、100回以上は通っているというのに、
犬鳴山へ行く道を間違えた(笑)

新しいルートを試した結果なのだが、
珍道中のスタートとして、ふさわしい始まりではあった(笑)

しかし、出発前に、
二人で
「ルーティングのミスでだけは、ケンカをしない」という、
誓いをたてていたため(笑)

まぁぼちぼち行きましょか~で、
ご機嫌に車は進んだ(^-^)

てなことで、淡路上陸がお昼前、

「お昼ごはん、寿司でもどう?」
『ええね~どこか知ってるの?』
「まかしといてよ~何回来てると思てるの~」(笑)

とかなんとか言いながら・・・
実は昨日、某ブログで拝見しただけの、
「福寿し」さんへGO~!(。。 )\バキッ☆
(アフランシさん、ありがとうございます~m(_ _)m)

到着がジャスト12時だったのと、
団体さんの予約が入っていたので、
お店は混み混み!
しかし絶妙のタイミングだったようで、
駐車場も1台分だけ空いてたし、
ご主人も一瞬躊躇されてたようだが(^^;)
「おまかせ」二人分だけは確保してくれた\(^o^)/
070414susi2
それが、これ~!w(゜o゜)w
ブログで拝見した以上の迫力!
そして何より・・・美味しい~\(^o^)/

私的にはネタと同量のシャリが欲しいくらいだったが(^^;)
それではお店の趣旨と反するというもの、

『高すぎるので使いたくないんですが、これしかないので』
という「藻塩」との相性も抜群。
普段、魚の味にはかなりキビシいカミさんも、
ご主人のこだわりように、いたく満足まんぞ~

私も面目をほどこした(笑)

さて、これからドースルか?
このまま室戸へ進めば、おそらく5時前には着くはず、
できれば夕日を・・・ってな気持ちもあったので、
道中、もう少し余裕がある、

で・・・
「この近くに陶芸体験ができるとこあるけど、寄ってみる?」
『へぇ~、やってみたいやってみたい~』
「よっしゃほな行こか~」

実は、これまたアフランシさんのブログ情報(笑)
どちらも魅力的だったので、
これだけはだいたいの位置を地図で確認してきたのだ(^-^)v
つーか、どちらも東浦ICの近くだから、覚えやすかった?(笑)
070414awaji
てなことで、
「ひがしうら陶芸体験館」へ、
(またまたアフランシさん、ありがとう~m(_ _)m)

午後からの受付時間には少々早く到着したのだが、
これまたナイスタイミングだったようで、
そのまま体験を始める事ができた。

このまま、これからも、
いきあたりばったりだけで行けたらええな~(笑)

で、絵付けや手ひねりでの作陶など、
色々なコースがあるのだが、
カミさんは「電動ろくろ」にチャレンジしたいという。

始動していただく先生は、
『初めてだと、少々難しいですが・・・』と、
暗に他のコースへの変更を勧めてくれている(^^;)

カミさん、意に介せず(笑)
「まぁ、ぐちゃぐちゃになったら、それもええ記念やもんね」と、
私も初めてチャレンジする事にした。

何せ「いきあたりばったり」やもんね(笑)
0704142rokuro1 さて・・・
電動ろくろ、
先生は非常に丁寧に指導して下さる。
この土の塊から、試作品を含め、
3個から4個の「作品」が作れるという。
むむ・・・
若干の緊張のもと、教えていただいた通り、
0704142rokuro2
左の親指をば、ずぼずぼと・・・



0704142rokuro3

まずは試作品の「杯」にチャレンジ、
これで、だいたいの感じをつかむのだ。

0704142rokuro4
カミさんもご機嫌で、
きゃぁきゃぁ言いながら取り組んでる(^-^)

『では、二つめからは自由に作って下さい、
 底の方を薄くしすぎるとつぶれたり、
自重で広がりすぎたりしますから注意して』
とのアドバイスに従い、
0704143rokuro1 私が二つ目に作ったものは・・・

ふっふっふ・・・
減量用のお茶碗だ~(笑)

焼くと、15%程度縮むとの事なので、
それも考慮し、さらに上げ底にして、
ご飯を盛ったら普通に見えるが、
実は少なめ!(笑)という茶碗を目指した。
0704143rokuro2
これほど真剣になったのは、
久しぶりだ(笑)と言いつつ、
ブログ用に先生に写真を撮ってもらうあたり、
やはり、集中力に欠けるヤツでもある(。。 )\バキッ☆
0704143rokuro3tyawan で、できた~\(^o^)/
この茶碗さえあれば、
減量も容易になるに違いない(。。 )\バキッ☆
余分な水分を吸い取るスポンジを使って、
渦巻き模様も描いてみたのだが、ちょっとあざとい?(笑)
0704144kansei2
てなことで、3つ目は、
「湯呑」にチャレンジ、
もう少しストレートにしたかったのだが、
なかなか難しいものである。
0704144kansei1
これはカミさんの作品。
右下は、
『ありゃりゃ~、ぐちゃぐちゃ~』の見本だ(笑)

ありがたい事に、先生からは(おそらくお世辞だろうけど(^^;))
『お二人とも、とても初めてとは思えませんよ』と誉めていただいた(^-^)v
そして、それにもまして、
モノを作る、という喜びの時間を過ごせた事に満足まんぞ~(^-^)

気持ちよ~く、淡路を後にしたのであった。

(ちなみに、陶芸館の目の前にある東浦ICの入口を見逃し、
 「こんな遠いはずないねんけど・・・」と思ってたら、
 さっきの「福寿し」さんも通り過ぎてたorz
 ってのは、ナイショだ(笑))

カミさんと四国へ その1

それはカミさんの一言から始まった。
『室戸岬へ行ってみたい・・・』

おお!\(^o^)/
今年のテーマである「四国」
そして、「八十八ヶ所巡り」にぴったりの行き先ではないか?
しかも行き先が室戸なら、あのR55を走れる~\(^o^)/

「よっしゃ、行こ行こ~、単車で~」

『くぅ・るぅ・まっ!』

「やっぱり・・・」orz

しかしまぁ、考えてみると、
今年で結婚20年(^^;)なのだが、
その間、二人きりで旅したと言えば・・・
げげっ、新婚旅行以来だ・・・(^^;)

これは心して、カミさんが喜ぶ旅を、
プロデュースせねばなるまい・・・

てなことで、プレッシャーを感じつつ、
事前学習と予約をば、と企画しかけたのだが、
カミさんは、予定にしばられつつ行動するよりは、
いきあたりばったりで行きたいと言う。

おお!
助かる~(。。 )\バキッ☆

いやその・・・
私としても、1ヶ月ぶりの休みゆえ、
自由気ままな二日間ってのを過ごすのは大賛成(^-^)

問題は・・・
070414navi
この旅に合わせたように、
壊れてしまい、
現在修理中のナビだ・・・(>_<)

ここで断っておくが、
過去に、コンサートの本番等のため、
二人で出かけた事は度々ある。

そして、たいてい、
私が運転、カミさんが地図係なのだが、
カミさんはまさしく「地図の読めない」タイプであり、
私以上の方向オンチなのだ(笑)

うちの夫婦ゲンカの主な原因は、
出先での指示ミスと言っても過言ではない(笑)

はたして、この二人が、ナビ無しで出かけた場合、
ドーナルのか?(^^;)

まさしく「いきあたりばったり」になるのだけは、
間違いないので、不安がいっぱい{{{{(+_+)}}}}

そして、内心、
ちょっと楽しみでもあるのであった~(笑)

つづく・・・

第6週3日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日±0g トータル+300g
減量100日目まであと63日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

変わらない・・・ああ変わらない 変わらない・・・(ToT)

2007年4月13日 (金)

国宝に・・・

国宝に・・・
070413hudo1




すんごく地味ぃ~な仕事・・・
でも、大切な仕事でもある(^-^)

というのも、このお堂、
もちろん24時間監視はされているのだが、
縁の下が・・・
070413hudo2
寝殿造りの様式を残した、
鎌倉時代の和様建築のため、
「犬伏」がなく、
開放されているのである。
で・・・
万が一のイタズラ防止と、
時々・・・この下にもぐり込んで寝ちゃうヒト(^^;)対策を、
施す事になったのである。

これがね・・・
相手が「国宝」なもんで、
釘を打ったり、接着剤で留めたりが一切アウト(ToT)
では、ドースルかというと・・・
070413hudo3 早道も裏技もなーんもなくて、
ただひたすら、
地味~に地道に(^^;)
5尺~1K(約1.5m~1.8m)ごとに、高さを測って、
梯子状の枠を作り、仮組してさらに高さを調整していくのだ。
070413hudo4hikaru
さらに、こんな場合は・・・
泣きながら「光らせる」(>_<)
(光る:対象の凹凸等に合わせる事)

070413hudo6toso
できあがった枠に、
古色塗装を施す、

070413hudo5kusabi
これは何か?つーと、
固定用の楔だ、
これにもちゃんと古色を塗る。

070413hudo6toso2
塗装で一番大事な点は・・・
既存との色合わせ、なのだが、
実はもっと大事な点がある。

070413hudotosobango_1 
そうです、
番号を塗りつぶさないように、
気をつける事~!(笑)
いやそのホント・・・
これが無いとどれがどれやら・・・さっぱり(^^;)
070413hudo7ami
で、裏面にステンレス製の網を張る。



070413hudo9kansei
そして、 楔を使って固定していく、
根太にも土台にもキズ一つ付けられないので、
めっちゃ気を使うのである・・・(ToT)

070413hudo8kansei
つーことで、
地味ぃ~に完成\(^o^)/
これは塗装のマッチングを見るために、
撮った画像であり、
通常の位置からの視線ではほとんど目立たないはず。

めでたしめでたし(^-^)

第6週2日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日-200g トータル+300g
減量100日目まであと64日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

なんとかちょっとだけ・・・(^^;)

2007年4月12日 (木)

ブッダンはコンダラ

さて、本日は第4回瞑想呼吸法である。
以下、あくまで私の「如是我聞」であり、
先生の教えを間違って解釈している恐れもあるので、
その点、最初にお断りしておくm(_ _)m

070412meiso0 まずは・・・先生の作詞作曲にて、
「三宝帰依」の歌をみんなで合唱、

♪ブッダン サラナン ガッチャーミ~♪
♪ダンマン サラナン ガッチャーミ~♪
♪サンガン サラナン ガッチャーミ~♪
なんのこっちゃと思われるかもしれないが(^^;)
これ、私にはとても懐かしいフレーズなのである、

さて・・・

「三宝」とは・・・仏法僧のことで、
それぞれが何を指すかは宗派によっても教義によっても、
様々な解釈があるが、だいたいにおいて、
仏は、仏陀、悟りの体現者、
法は、真理、仏の説いた教えの集大成、
僧は、出家者、仏の弟子達、
となる、
ただし、仏法僧はそれぞれ独立したものではなく、
いわば三位一体なものであり、切り離す事はできないものでもある。
聖徳太子の十七条憲法に出てくるのもこれだ。

「帰依」とは、全てをゆだね、お任せするということ。

合唱した後、先生が解説してくれた「三宝帰依」は
漢文で書くとこうなる。
070412meiso1
070412meiso2

で、これまた如是我聞で、思いっきり平たく言えば(^^;)
私は、仏法僧に全てをゆだね、
お任せしますのでよろしくお願いします、という誓いであり、
修行を始める宣言、でもある。

仏陀、つまりお釈迦さんの時代は、
この宣言をするだけで出家できたのだという、
それ以降、教義が複雑になっていくのだが、
これはどの宗教でもありがちな事で、
根本はこれ、なのだ。

で、「帰依する」宣言として、
日本では「南無」という文字を使う、
「南無阿弥陀仏」なら、阿弥陀さんにすべてお任せします、だし、
「南無妙法蓮華経」なら、
(妙なる法である)蓮華経にすべてお任せします、だし、
真言宗なら「南無大師遍照金剛」
この世の全てを遍く照らす最上のお大師様に全てお任せします、となる。

また、「真言」では、南無の代わりに、サンスクリット語である、
オン(オーン・オーム)が使われる、

オンマイトレイヤソワカ なら、
マイトレイヤ(弥勒菩薩)様に全てをゆだねます。だし、
オンサラサバティエイソワカ なら、
サラサーヴァティ(弁財天)様に・・・となる、
お地蔵さんの場合は、
オンカカカビサンマエイソワカだ、
お地蔵さんには、その功徳を讃えるために、
たくさんの修飾語がついていて、
カカ(笑顔を絶やさない)カ(お地蔵様)
ビサンマエイソワカ(尊く類い希な)となっている。

ちなみに、ソワカ、は、
同じくサンスクリット語の「スヴァーハー」の音訳であり、
天に捧げられた供物から転じた言葉で、
「願いが届きますように・成就あれ」というような意味である。

わぁ、なんだがめちゃめちゃ小難しくなってきた(^^;)

で、最初に戻って、
♪ブッダン サラナン ガッチャーミ~♪
♪ダンマン サラナン ガッチャーミ~♪
♪サンガン サラナン ガッチャーミ~♪

は、それぞれ、ブッダンが仏、ダンマンが法、サンガンが僧を表していて、
サラナン ガッチャーミ~が、私は帰依します、という意味。
これは、公用語として使われていたという厳格なサンスクリット語ではなく、
日常的に使われていた、パーリ語である。
その柔らかいイントネーションは、
いかにも庶民の祈り、という感じがする(^-^)

そして、実はこれ、
私が幼稚園の頃(古っ!(^^;))
毎日礼拝堂で合掌しつつ合唱していたフレーズなのである。
なぜに幼稚園で?かというと、
高野山幼稚園は、公立ではなく、「宗立」だからである。

で、毎日の礼拝で、
ブッダン サラナン ガッチャーミ~と、
口伝えで合唱していたのだが、
当然、意味がまったくわからない(^^;)
おそらく、当時の先生は教えてくれたのだろうが、
どうせちゃんと聞いてなかったのだろう(^^;)

で、三つ子の魂なんとか、で、
ダンマンとかサンガンというのはうろ覚えなのだが、
「ブッダン」のフレーズだけは、
あるイメージを伴って、いまだに鮮明に覚えていたのだ。

なぜか?
つまり、私は子供の頃、
ブッダン サラナン ガッチャーミ~を、
「仏壇に供えた皿が割れた」
という意味だと思っていたのである・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで・・・
「巨人の星」のタイヤを
「重いコンダラ」だと思いこんでたみたいな話?(^^;)

長~いネタふりであった・・・

ちゃんちゃん。

って、瞑想呼吸法の話は、どうなったんじゃー! (。。 )\バキッ☆

・・・いやそれはもう、
如是我聞でさえ、伝えられないくらい、
非常にリラックスできました(^-^) 
としか言えませんm(_ _)m

※次回は、5月10日(木)午後6時半~
いつものように明遍児童館にて、
どなたでも参加できます、
ぜひ、どうぞ~(^-^)

79.8kg 第6週1日目の朝
79.0kg BMI 24.87
昨日±0g トータル+300g
減量100日目まであと65日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

節制、銀ぶら、効果無し・・・orz

2007年4月11日 (水)

さて何でしょう?

さて、何でしょう?
070411sate

これだけでわかったらエライ!
つーか、関係者?(笑)


第5週7日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日-200g トータル+300gg
減量100日目まであと66日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

節制、銀ぶら、夜食無し(^-^)

2007年4月10日 (火)

桜ほころぶ、歯も・・・(^-^)

自転車騒動?でいったん挫折した私だったが(^^;)
バネ付リード自身は、
意外にも散歩させやすいとカミさんに好評だったので、
やや気を取り直した(笑)
(『また、しょーもないモノ買うたんやね~』
 と、言われるかと思ってた(^^;))

さて、夕食後、
ふと見ると、例の頑固な乳歯のうち、
右側の方がぐらぐらしている。
「おお!」と思って触ってみたらぽろりと取れた、
「よっしゃ~ほんなら左側も」と触ってみたのだが、
こちらはしっかりがっちりびくともしない(^^;)
てなことで、
070410gin1 こんな感じ、
ちょっとキモいので、
食事時間が近い方は、
クリックしない方がいいかも?(^^;)

070410gin2 抜けた乳歯がこれ、
ホントにいろんなモノを壊したけれど、
家族の手や体には優しくふれていた牙である。
私にはとてもかわいく見えるのだ(^-^)

070410gin33
抜けた方はこんな感じ、
ちょっとにじんでた血も、
あっという間に乾いた(笑)

070410gin3
抜けてない方・・・
まぁ、そのうち、
抜ける・・・よね?(^^;)


070410gin4
てなことで、夜の銀ぶらへGO~!
自転車無しで歩きだせたものだから、
めっちゃ喜んでいる(笑)

070410sakura これまたふと見ると、
お寺の築地塀にかかる、
しだれ桜がほころび始めている(^-^)
春の宵やね~

070410gin5
「銀、桜咲いとるで~」と声をかけると、
『何々何?何?お父さん?
 それ、食べられるのぉ?』って感じ(笑)


ちゃんちゃん。

79.0kg BMI 24.93
昨日-100g トータル+500g
減量100日目まであと67日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.33kg

ダメダメダメダメダメダメダメダメ~!って、
ジョジョかーい!(。。 )\バキッ☆

2007年4月 9日 (月)

orz

さてさて、
話題の(^^;)バネ付きリード、

夕刻、まずは本体だけで銀ぶら、
070409gin10
かなりブレてるが、
これは銀がこのバネ付きリードを見たとたん、
昼間の「ダッシュ銀ぶら」を思い出し、
喜んで、はね回っているからなのである。
ナスカンの部分を口でつつきまくり、
まるで釣りのような按配(笑)

というのも、昼の銀ぶらでは、
これを装着し、自転車ならこのくらいの位置という感じで、
手で持ってみて、
ダッシュしては急停止、を繰り返してみたのだった。

で、結果は、
ちゃんとついてくる~\(^o^)/ のであった。

銀にしてみたら、何かのゲームだと思っているらしく、
こちらの目と膝を見ながら、ちゃんと動きを合わせてくるのだ。
うむぅ~なかなかやるではないか~(^-^)
バネのおかげで、リードが伸び縮みするのも、
銀の動きを助けているし、いつものリードのように、
余った部分を手に巻いたり両手で持ったりしなくていいので、
なかなか具合がよろしい(^-^)

と・・・
こうなったら、徐々に慣らしていこうと思っていたのが、
「ちょっとだけなら」と思うのが人情?(^^;)
昨日、「ちょっとだけ」が元で、
「炊飯器に・・・」事件を起こしたばかりなのに、
本当に懲りないヤツである(。。 )\バキッ☆

で、いきなり自転車に乗って走り出すのではなく、
まずは、バネ付きリードと自転車を繋ぎ、
自転車を押しながら歩く事にした。

そしてその結果は・・・
070409gin7
orz・・・

ひたすら・・・orz
銀のポーズ自身がorz・・・(>_<)

実際、これほどの嫌がり方は、
初めて見た。
「銀、いやなんか?」
「まぁちょっとだけ行ってみれへん?」(^^;)と
声をかけ、「ツイテ」とコマンドすると、
私の膝の所へは、やって来る。
「よし、イケ」で歩くとしばらくは歩く、
でも・・・
自転車の車輪の回る音が気になるようで、
070409gin12
『やっぱりイヤ~』
だそうである(>_<)

これはもう、仕方がない、
以前に、後ろ足を轢かれたのが、
トラウマになってるのかもしれない(^^;)

てなことで、自転車は置き去りにして、
そのまま銀ぶらに出発。
現金なもので、自転車からバネ付きリードを外したとたん、
ハァハァ言いながら、行く気満々(笑)

これはもう、自らが走るしかないのか?(^^;)

てなことで、自転車散歩は当分オアズケというお粗末。

ちゃんちゃん。

うまくいくかな?(^^;)

今朝は・・・
『何、これ~!』という、
非難がこもったやや甲高い声が、
キッチンにこだました朝だった・・・
一番下↓今朝の体重が+400g(ToT)も無理はない・・・

どういうことかというと、
昨日の地区協議会の帰り、
会長主催の夕食会が開かれたのだが、
お酒を全く受けつけない大先輩が、
『帰りはボクが運転するから、飲んでもいいよ~』と、
おっしゃってくれたのである。

「えぇ~!そんな申し訳ない事できません・・・ビール!」(。。 )\バキッ☆
で、飲まない先輩に恐縮しつつ・・・一杯が二杯、二杯が・・・(。。 )\バキッ☆
別の先輩が『そろそろお湯割り、いっとくか~』
「いやもう、ビールだけで、
はい、えぇ・・・その・・・じゃぁちょっとだけ」(。。 )\バキッ☆

2時間後にはきっちり、
ベロベ浪漫に変身していた・・・らしい (。。 )\バキッ☆

で、帰宅後・・・

「今日は運転手やからシラフで帰ってくる」と、
誇らしげに宣言して出かけた手前、
カミさんには、必死で酔ってないフリをしてたらしい(^^;)
「銀ぶら、もちろん行きますよ~一緒に行く?」と、
カミさんも誘い、千鳥足で歩いていた・・・らしい。

で、今朝の『何、これ~!』の原因は・・・
もうね、これね、
書かないでおこうとおもったくらい恥ずかしいのだが・・・

今日から佑真の新学期が始まるので、
弁当作りに備え、炊飯器をセットしていたらしいのだ、
(毎日の弁当作成のため、最近土鍋の登場回数が減っている)

で、カミさんが、炊飯器のフタを開けたら・・・
そこには、なんと!
ABCチョコレートのセロハンの包み紙が5つばかり・・・orz

『お父さん!
 ゴミ箱と炊飯器もわからんくらい酔うてたの~っ!』

そうです!
ベロベ浪漫が夜中にチョコをむさぼり喰い、
あろうことか、ゴミ箱と間違えて、
炊飯器に包み紙を放り込んでいたのでありました。

「ど、どっちも同じようなフタが付いてるやん・・・」(。。 )\バキッ☆

ナサケナイ、本当に、ナサケナイ・・・(ToT)
というか、ちょっともう、なんとかしないと、
アブナイ人になってしまっている・・・orz

以上、大反省を込めて載せておく。
ううう、アホや・・・

てなことで、本日、少々落ち込んでいるところへ、
減量を促進するための、
銀ぶら用新兵器?(^^;)が届いたのである。
070409gin1
これがその本体、



070409gin2
中のバネの本数で、
リードの伸び縮みの強弱を、
変えられるようになっている。

070409gin3
さっそく、昼にちょこっと試してみた。
引っ張り加減はちょうどよく、
リードがぶらぶらしないので、
なかなか具合がよろしい(^-^)
銀はと言えば、いつものリードと違うのと、
私の企みを察知してか、
少々疑わしそうな目をしている(笑)

さて・・・070409gin4
このグッズの最大のポイントは、
実はこの金具、



070409gin5 
そうです、
ワンタッチで、
自転車と接続できるのでありました~

140111
で、
このような感じになるらしい・・・

ホンマか?(^^;)

実はこれまで、
自転車片手乗り銀ぶらは、
すでに実行していて、
結果、2度ばかり引きずり倒されかけ、
1度、銀の後ろ足を轢いてしまっているのであった(^^;)

銀は本当に丈夫なヤツで、
自分で自転車の前に回りこんできて、
こっちは、急ブレーキをかけたものの、
後ろ足をヒット!
「キャン」と一声泣いたものの、
その後は何事もなかったかのように走ってた(^^;)

ただ、それ以来、
自転車には警戒心を抱いていているので(^^;)
怖がらせないよう、徐々に慣らしていこうと思っている。

うまくいったら・・・
って、
うまくいくよう、訓練だぁ~~~(^^;)

第5週5日目の朝
79.1kg BMI 24.96
昨日+400g トータル+600g
減量1000日目まであと68日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

だひょひょひょひょひょひょ~~ん・・・(。。 )\バキッ☆

2007年4月 8日 (日)

3週連続・・・(ToT)

日曜日、天気晴朗なれど・・・
仕事だ(ToT)
これで3週連続日曜日に・・・(ToT)
いや、ありがたいことではないか、ね、(^^;)
でもって、今日の仕事は、
ややお気楽?(^^;)
というのも、
例の某クラブの地区協議会への出席、なのだ、
へ?それ仕事?と思われるかもしれないが、
無理矢理入れられてるクラブの用事で、
貴重な春先の日曜日がつぶれる?のだから、
これはもう立派な仕事だー!ちくしょうめー!(。。 )\バキッ☆

誤解の無きよう、フォローさせていただくと、
このクラブ自体は、各種のボランティア活動をはじめとして、
非常にすばらしい団体であり、
まさに、このクラブ命!で熱心に活動されている方が多い、

だからこそ、
私なんかがメンバーになってちゃぁ・・・ねぇ・・・(^^;)
クラブの値打ちが下がりますがな・・・(^^;)
そこへもってきて、
高野山のクラブは、人数減少の影響もあり、
私みたいなもんに、
わずか入会3年目で「幹事」職があてがわれてしまった。
ダイジョーブか?(^^;)
なーんもわかってないんですが・・・私・・・(。。 )\バキッ☆

まぁ、会長さんが優秀な方だから、
そのご指導に則り、
勉強させていただこうと思っておりますm(_ _)m

てなことで、本日の第一発のお仕事は・・・
運転手~!(笑)
これは得意(笑)
で、次なるお仕事は・・・
070408makeup
欠席した方になりすまし、
各委員会用の資料をゲット~(。。 )\バキッ☆

てなことで、下っ端の雑用係を満喫(笑)
そして全体会議、
070408ro2
昨年は確かブッチして(。。 )\バキッ☆
お茶を飲んでたのだが(^^;)
今日はちょっと真剣に聞いた(^^;)

そして部門別会議、
070408ro3
これはさらに真剣に聞く(^^;)
クラブに帰ってから報告義務があるし、
今日の議題の中には、
ヤヤコシイ問題も含まれているので、
ちゃんと聞いて帰らないと、何しに来たのかわからないからである。
で、ヤヤコシイ問題、ってのは、
日本のクラブの従来からの方針と、
国際機構から一方的に?突きつけられた方針に、
現在、若干の齟齬が生じているため、
この話題になると、みなさん、ちょっとピリピリしているというわけ。
で、何とか双方、矛盾なく組織作りができるよう、
御指南もいただき、一安心(^-^)

その後も会議は続いたのではありますが、
ぼちぼち飽きてきた私は・・・
070408light1 販売コーナーで見つけた、
こいつで遊んでた(。。 )\バキッ☆

さて、何でしょう?

070408light2ヒント:
その単一な機能からすると、
無意味に大きい・・・(^^;)


しかし、思わず買ってしまったわけがあって(笑)070408light3

横っちょのボタンをポチっと押すと、
先端にLEDのライトが点いて、
うにょにょにょにょ~っと、
ゆっくり勝手に起きあがるのであーる(笑)
そのマヌケな動きがとても可愛い!
070408light4
で、正解は、
「ブックライト」なのであった。

これを持って、キャンプに行くぞ~(笑)

てなことで、
せめて妄想だけでも膨らましつつ(^^;)
せっかくのうららかな春の一日を、
室内で過ごしたのであった・・・orz

ちゃんちゃん。

第5週4日目の朝
78.7kg BMI 24.56
昨日-200g トータル+200g
減量1000日目まであと69日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

なんとか、土曜の夜を乗り切った・・・(^^;)

2007年4月 7日 (土)

建築動物園その3

建築動物園、続き~

「午」馬は、乗せるもの、です、
四つ足の台などはすべて「ウマ」と呼びます。
屋根の中にも「馬」がいまして、
隅木に垂木(たるき)を配置する時の墨出し線で、
芯から内側のものを「馬乗中(うまのりなか)」と呼びます。
他には「馬乗り目地」という、
壁などに使われる目地の入れ方があります、
いわゆる「破れ目地」でして、
横方向は一直線で、縦方向が互い違いになっている目地の事です、
ちなみに碁盤の目のようにタテヨコがつながってるのは
「いも目地」と言います。
鹿を足して、「馬鹿棒」という言葉もあります(笑)
文字通り「馬鹿の一つ覚え」で、寸法を刻んだ棒の事ですが、
建築工事ではレベルを出したり、階の高さを決めたり、
とても大事な「棒」でして、基本的には最初に作った一本の棒で、
その家の寸法が全て決められるわけなのです。

「未」羊・・・
これが今回一番困りました。
これまた日本にはいなかった動物なので、
例えようがなかったのかもしれません。
ただ、一所懸命探してみましたら、
「紙を食べる」という事から、
「紙」の代名詞として使われていた事がわかりました。
という事で、「障子」の事を「羊幕(ひつじまく)」と呼ぶそうです。

「申」猿、これは多いです。
日本人にとって、とても身近な動物だったのでしょう、
木戸などに付いてる簡単なスライド式の鍵、
あれはずばり「猿」と言います。
猿頭(さるがしら)と言えば、
これまた簡単な高欄に付く五角形の材、
どうも、お調子者のイメージが強いのか(^^;)
簡単なものに例えられる事が多いようです。
他にも、猿控え、とか、猿戸、猿梯子、いろいろあります、
和室の天井などでよく見られる竿天井についてる、竿ですが、
断面が六角形になってまして、
人の顔のように見えますが「猿頬(さるぼう)」と言います。
猿の「棒」、じゃなくて猿の「頬」なんですね、

「酉」鳥、これはもう書ききれないほど多いです。
やはり一番身近だからでしょうか?
名古屋城の屋根には金のシャチホコがありますが、
あれはもともと「鴟尾(しび)」と言いまして、
文字通り原型は「とんびの尾羽」なのです。
棟の先、鬼(瓦)の上に小さい棒が付きだしているのは、
「雀踊り(すずめおどり)」とか、「鳥衾(とりぶすま)」と言います、
雀が止まったり、鳥がねぐらにする、という事でしょうね、
雁もよく出てきます、屋根の軒を支える桁で一直線のものを、
「雁桁(がんぎょう)」と言い、
床の間などで階段状に棚が付いてるのを
「雁木棚(がんぎだな)」と言います。
また、正方形の枠を45度ずらして作った八角形の星形の枠も
「雁木(がんぎ)」と呼びます。
まっすぐだったり、段々だったり、ギザギザだったり、
すべて雁が群れをなして飛ぶ姿からの連想だと思われます。
他にもたくさんありますが、紹介しきれませんので割愛します。

「戌」犬ですね、これが一番目につきやすいかもしれません
縁の下で、犬が入り込むのを防いでいるのが「犬伏(いぬぶせ)」
逆に垣根などで、犬が通れるようにしているのが「犬潜り(いぬくぐり)」
床の間と床脇の間の壁の下を吹き抜けにしてるのは、
犬潜りの一種ですが特別に「狆潜り(ちんくぐり)」と呼びます。
京都の町家などでよくみかける犬よけで、
細い竹をアーチ丈にしてるのが「犬矢来(いぬやらい)」
どこのお家にもあるのが「犬走り(いぬばしり)」(^-^)
これ、今では建物や塀の壁の外側全般を指しますが、
もともとはお城を囲う築地塀と、
その外側にある溝の間の平たい部分だけの呼称だったようです。
ちなみに、築地塀の内側は「犬走り」とは呼びません。

さて、何でしょう?(^-^)

ずばり、「武者走り」だそうです。

「亥」さて、最後に猪、
猪子扠首(豕扠首とも)と書いて、「いのこさす」と呼びます、
もともと神明造りから出た言葉で、
妻側で棟木をささえてる山形の支木をこう呼びます。
後は高野山中、至る所で見られる模様、
そうです、例のハート型、
彫刻、特に屋根の破風に取り付けられている懸魚(げぎょ)などで、
ご覧になった方も多いと思います。
私、以前から、なぜ古建築にハートの形があるのだろうと、
不思議に思い、色々調べてみた事があるのですが、
もとはエジプトの植物文様であるパルミット唐草が、
日本に来て忍冬紋(にんどうもん・スイカズラの事)に変化した、
とか諸説がありました。
で、あのハートマーク、「猪の目」と呼ぶのだそうです。
猪の目というのは、目頭が非常に長く、目尻が詰まっているため、
ハートに見えない事もありません、
ですから、外国から渡来した文様に、
「猪の目」と名付けたのではないでしょうか?
はたまたもともとああいう模様があったのかもしれません。
というわけで、
ハートマークの付いた懸魚は、「猪の目懸魚」と呼ばれます。

さて以上、干支にちなんだ建築動物園、
最後にもう一つクイズを、
みなさんがいらっしゃる部屋にも鳥がいます、
さて、何でしょう?

正解は・・・

「鴨居」でした~(^-^)

ではでは、長文をご覧いただき、
ありがとうございました~m(_ _)m

第5週3日目の朝
78.9kg BMI 24.90
昨日+200g トータル+400g
減量1000日目まであと70日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

うきゃきゃきゃきゃきゃきゃ~!
週末を前にして・・・(ToT)

建築動物園その2「卯」(^^;)

げんちゃん、ご指摘&ご解説ありがとうございました~m(_ _)m

「卯」については、けっこうしゃべったので、
別口にしてありまして、スコーンと抜けてました(。。 )\バキッ☆

てなことで、「卯」です~(^^;)

「卯」兎で一番有名なのは、やはり「卯建」(うだち)でしょう、
出世できない例えとして、「うだつが上がらない」などとと使われます。
この語源については諸説があるのですが、
もともとは棟を支える短い束を「うだち」
(木偏に「八」の下に「兄」)と呼んでいまして、
家を建てる際、上棟式の事を「うだちが上がる」と言っていたそうです。
また、江戸時代になって、
建物の両側に張り出すように装飾と防火を兼ねた袖壁を設置したものを、
「卯健(うだつ)」と呼ぶようになりました。
これは、その形状が「卯」に似ていたため、とも言われています。
つまり、家を建てる事そのもの、また、わざわざ防火壁を作る事、を、
出世の象徴として、「うだつが上がる」と言うようになったとの事です。
これとは別に「うだち」自身が、常に棟木に押さえられているので、
出世できないように見える、という説もあります。
ちなみに、「うだち」が「うだつ」に転訛したようにも思えますが、
実はどちらも、ポリネシア語を語源とする別の言葉のようです、
それが混同されて「うだつ」になっていったようなのですが、
これについてはまた来年にでも(笑)

さて、兎、他には、筆にも使われる細い毛にちなんで、
「兎の毛通し(うのけとおし)」という言葉があります。
これは、建物に使われる彫刻のごく細かい透かし彫りを指します。
「細い細い兎の毛がやっと通れるくらいの細かさ」
という誉め言葉でもあります。

以上、「卯」でした~(^-^)

2007年4月 6日 (金)

「建築動物園」

本日は「卓話」の日である。
3年前に無理矢理入会させられた(>_<)某クラブでは、
毎週金曜日の午後12時半~1時半が、例会日となっていて、
会食後、メンバーが30分程度の「卓話」、
すなわち「講話」を行う決まりになっている・・・
もちろん、クラブの協議会とかが行われる事もあるし、
外部から招聘した方にお話しいただく「外部卓話」もあるので、
だいたい年に一回、当番?が回って来るのであった。

これがね・・・(^^;)
アホな話なら何時間でもできるのだが、
なにしろメンバーが・・・
平均年齢はおそらく60代後半、
(46の私でさえ、このクラブでは2番目に若い(^^;)
 しかも、30代は0人、40代も3人だけ・・・(^^;))
そして何より、
各分野、博覧強記のお歴々が揃っているのだ(>_<)

そんな人達相手に、
ボクはいったい、何を話せばいいのでしょうか・・・?(ToT)

最初に卓話が回ってきた2年前は、
当時、就任されたばかりの助役(現副町長)さんを、
「最近の町政についてお話いただけませんか?」
ってな感じで、騙し・・・(。。 )\バキッ☆
事なきを得たのであった(^^;)
しかし昨年、『今度は自分でしゃべるんやろなぁ?』と、
師匠にプレッシャーをかけられ(ToT)
ちょうど耐震偽装問題が話題になってた頃だったので、
「簡単にチェックできる木造耐震診断」
という卓話をさせていただいた。
これはけっこうタイムリーだったし、
あらかじめ作った診断表に沿って、説明すればいいわけだから、
話もしやすかった。
何より、初の卓話で準備もちゃんとしたので、
時間配分もきっちりできたのだった。

そして今日、
またも副町長を騙して・・・(^^;)と考えていたのだが、
肝心の依頼とスケジュールをお尋ねする事自体を、
忙しさにかまけて忘れており、
はっと気付いたら例会日だったというお粗末(。。 )\バキッ☆
2回目なのでたるんでいるのである(^^;)

さて・・・ドースルのぉ?俺?

と・・・苦し紛れに思いついたのが、
3月20日の「盗むわ殺すわ」で、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/03/post_be16.html
げんちゃんが書き込んでくれた「建築には動物名が多い」というお題。

うむ、こいつをふくらませばなんとか・・・(^^;)

てなことで、本日は、
「建築動物園」と題し、
建築物の中にいる動物について話す事にした。
どうせなら、干支にちなんで・・・と思いついたのだが、
十二支を全部揃えるのにはちょっと苦労した(ToT)
それでもなんとか12匹?集められたので、
提出しなければならない週報用の原稿代わりにもなるし、
このブログのネタにもしてしまおう(笑)

さて・・・
原稿用にもしなければいけないので、
「ですます調」に変えましょう(笑)

部材に名前を付ける時、名は体を表す、で、
その部材の特徴に、
身近にいる動物をあてはめて名付けたのだと思います。
言い得て妙、というものがたくさんあります。
「子」は簡単、「鼠走り」があります。
これは門の柱をつないでいる桁の上に乗ってる材や、
門の扉の回転軸を受ける「まぐさ」の事を指しまして、
文字通り、鼠が走れるくらいの巾になっています。
他に思いつくのは「鼠木戸」
これまた門の横にある小さなくぐり戸の事です。
やはり、小さいもの、細いものに鼠を充てたのでしょう。
対して「丑」は、牛梁、牛柱、牛肘木(ひじき)、牛斗(ます)等々・・・
一般に重いものを支える大きい部材には牛が付く事が多いようです。
「寅」虎・・・こいつはちょっと珍しいです、
そもそも日本にいなかったから、
名付け難かったのだろうと思われます。
それでも、キャンプをする人なら、けっこう身近で使っています。
力強く、敏捷、そんなイメージで名付けられたのだと思いますが、
テントの支柱を引っ張って固定する綱の事を「虎綱」と呼びます。
当然、それの元は「虎尻」で、
こいつを踏んだりひっかけたりすると、
えらい事になるのは、ことわざ通りです(笑)
「辰」龍・・・これは困りました(>_<)
模様としてならポピュラーなのですが、
部材名となると・・・
と、以前の日記で、お寺の相輪の説明をした時の事を思い出しました。
http://www.tctv.ne.jp/members/tobifudo/newmon/tatemono/sorin.html
にある通り、水煙と宝珠の間にあるのが「龍車」なのでした(^-^)
「巳」・・・蛇・・・ これもちょっと難儀です(^^;)
木材の水割れで出来た傷を「蛇下り」と呼びますが、これは材料名、
う~む家の中にいる蛇・・・
!( ̄□ ̄;)   ありますやんか~(^-^)
「蛇口」(笑)

てなことで、6つ目まではOK(^-^)

長くなりそうなので、続きは明日?(^^;)
ブログのネタも一日稼げるし~(笑)

ちゃんちゃん。

第5週2日目の朝
78.7kg BMI 24.83
昨日+200g トータル+200g
減量1000日目まであと71日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

ぐげががごごごご・・・(。。 )\バキッ☆

2007年4月 5日 (木)

なんとかボーン(笑)

知る人ぞ知る・・・(^^;)
犬用のおもちゃがこれだ、
ネット世界を放浪してて見つけた、
ナイラボーンとガマボーン
なんのこっちゃというと・・・070405born1

これなんですわ~

070405born2
まぁ、いわば、
噛み噛み用のおもちゃなのだが、
とにかく「固~い」(笑)

白い方がナイラボーンで、青い方がガマボーン、
どちらでも「釘が打てる」ほど固いおもちゃだ(^-^)
白い方が超固く、青い方がそこそこの固さ。
銀が子犬の時、
はたしてどれくらい固いおもちゃを与えればいいのか?
迷いつつ選んだのがこれだった。
一説によると、20年近く、同じおもちゃで遊べた例もあるという。

で、銀の場合・・・
070405born3
半年でこうなった(笑)
(上右と下左)
もちろん、なくなった部分は、
カケラとなったり、ウ●チとして出たのだ(笑)
で、噛み噛みし続けた結果、
もはや、がばっと呑み込んで、
喉につまってしまうかもと心配になったので、
画像のように新しいボーンを購入したというわけ(笑)
070405born4
銀、さっそく、噛み具合を確かめている(笑)

070405born5
『ボクって噛み噛みするために生まれて来たんだ~』
って、誇らしげに語ってる(笑)





で・・・
2時間後に見てみると・・・
070405born6
初日くらい原型のまま遊ばんかーい!orz



で・・・
もうちょっとだけでも長持ちするおもちゃって、
ないものでしょうか・・・(^^;)

ちゃんちゃん。

追記:
070405asa1_1
朝、道路が真っ白だったらどうしようと、
おそるおそる銀ぶらに出てみると、
からりと晴れた青空が(^-^)
良かった~~~\(^o^)/

78.5kg BMI 24.77
昨日±0g トータル±0g
減量1000日目まであと72日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

変わりなし・・・orz

2007年4月 4日 (水)

やはり・・・

昨日の予想通り、雪になった(^^;)
それが証拠に、
昨日、スタッドレスからノーマルタイヤに履き替えたのだ。
070403tire
?雪の予想なら何で履き替えるの?
いやそのあの・・・(^^;)
たとえ降っても、しれてるはず、
と判断したわけ(^^;)
で、矛盾するようだが、
タイヤを履き替えたからには、
たぶん絶対、マーフィの法則かなんかで、
雪が降るんじゃないかな~なんて・・・ね(笑)

で、午前10時頃、
ちらほら降り出した、
やっぱりね~
でもまぁなごり雪やもんね~

で、お昼、
今日はカミさんが出かけているので、
庭に出しておいた銀を見に行くと・・・
070404snow1
ちらほら雪の舞い散る中、
うずくまっている・・・
近寄ってみると・・・

070404gin2
この目は・・・
『お父さん、こんな天気の中、
ボクを外へ出したままにする気ですか~?』と、
語っている(^^;)
慌てて、足を拭いて、
春休み中の佑真に頼み、
家の中へ入れたのであった。

その後も雪はちらついたりやんだり・・・
なごり雪やもんね~(^-^)

と・・・
午後5時半過ぎ、降り具合が・・・(>_<)
070404snow2
うひょぉ~w(゜o゜)w
たちまちあたりは真っ白け~(ToT)


070404snow3
明日の朝が恐いですぅ~
これ、
なごり・・・雪・・・
ですよねぇ?・・・orz

第4週 7日目の朝
78.5kg BMI 24.77
昨日-200g トータル±0g
減量1000日目まであと73日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

むぅ・・・
4週間で±0gとは・・・(。。 )\バキッ☆

2007年4月 3日 (火)

コンクリートについて

ココログのメンテにかこつけて、
ブログを1日サボろうとかとも思ってましたが(^^;)
HAZEさんから恰好のお題をいただいたので、
コメントにも書きましたが、
コンクリートについてもう少し書いておきます~

てなことで、コンクリート、
とてもここでは書ききれないほど奥が深い、
そんな中、「水をまきながら乾かす」という話が出たので、
それについてちょっと説明させていただく。

そもそも、コンクリートは何故固まるのか?
混ぜた水が乾くので固くなる。わけではないのである。
コンクリートを形成しているのは、
水の他にセメント、そして砂・砂利等の「骨材」
そして減水剤とかAE剤とかの「混和剤」、
も一つ重要な「空気」とか、いろいろあるのだが、
この中で、セメント(これも説明すると話が長くなる(^^;))ってヤツは、
水と出会うと化学反応を起こして、
別の物質(硬い人造石)に変わるのである。
これを「水和反応」と呼ぶ。
まぁ、酒に反応してベロベ浪漫に変わるみたいなもんd・・・(。。 )\バキッ☆

閑話休題

この水和反応を、水とセメントの配分具合で調整すると、
いろいろな強度のコンクリートが出来るのである。
なお、減水剤とかAE剤というのは、大雑把に言うと、
できるだけ水を減らしながら、水和反応を進めつつ、
コンクリートの流動性も確保するために使われている。
混入される「空気量」も大変重要で、これによっても、
コンクリートの水和反応速度が変わるし、
何より流動性の鍵もにぎっているのである。

で、「水和反応」ってのは化学反応なので、
「水和熱」というのが出る。
こいつが曲者で、
夏場の炎天下などで気温が高い場合、
野天に大量のコンクリートを打設したりすると、
コンクリート自身の水和熱により、
最初に調合した水分が蒸発してしまう場合があるのである。
てなことで、最初にもどって、
「水をまきながら乾かす」というわけなのだ。
しかし、この作業、やみくもに水をまくと当然強度が低下するので、
非常に熟練のいる「技」なのである。
ちなみに高野山では水をまくような「暑さ対策」より、
「寒さ対策」として「温度補正剤」を混入させる場合の方が多い(^^;)

以上、長くなったが、
実はコンクリートの事を100分の1も説明していません(^^;)
興味を持たれた方は、ネットで検索してみて下さい。
おっと、もし、詳しく調べたとしても、
私の書いた事へのツッコミは勘弁してね~(^^;)

ちゃんちゃん

第4週 6日目の朝
78.6kg BMI 24.77
昨日-100g トータル+100g
減量1000日目まであと74日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

ホンマこつこつ・・・やな・・・(^^;)

お知らせ

本日(4月3日)午後3時から、明日(4日)の午後3時頃まで、
ココログのメンテが行われるようです。
070402osirase
例によって、
コメントその他が投稿できなくなります、
ご了承くださいませm(_ _)m

はたして、24時間でちゃんと終わるのか?
以後、レスポンスがよくなるのか?
はなはだギモンではありますが・・・(^^;)
ココログスタッフの健闘に期待します~

2007年4月 2日 (月)

生コンの話

070402namakon
今日は、土間コン打設だよ~



070402namakon1
門の中は手運びさ~



070402namakon3 070402namakon2

朝一の生コンなので、
土間に勾配をつけるために、
ちょっと固めに指定した
スランプ値もばっちり(^-^)v
※2回目以降は生コンのミキサー車の内部を水洗いするため、
どうしても、余計な水分が残り、工場が指定通りの配合をしても、
若干スランプ値が大きくなる(柔らかくなる)のである。
余談だが、マンション建築などで、壁などの隅々まで容易に、
コンクリートを詰められるよう、流動性だけを考えて、
わざと水を入れて生コンを柔らかくする反則を「シャブコン」といい、
ちょいちょい手抜き工事として摘発されたりしている。
工場出荷時にはきちんとした配合なのに、
現場付近で水を投入するわけである(`ヘ´)
もちろん、強度は大幅に低下する。
耐震偽装問題では、鉄筋量の不足だけが取り上げられがちだが、
シャブコンで作られたマンションも多いのではないかと思われる。
(スランプ値については↓参照)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97

ちなみに高野山ではシャブコンはありえない、
業者がみんな良心的という事もあるが(^^;)
シャブコンなんぞ打とうものなら、
一冬でコンクリートが割れてしまうからである(笑)

てなことで・・・
070402namakon4
打設後、
即、足場を組んで、
天井の下地工事をするあたり・・・
070402namakon5




いかに急いでいるのかがわかろうというものだ(^^;)

嗚呼・・・
『うちも、はよせんかーい!』
という声が聞こえる・・・(。。 )\バキッ☆

もうちょっと、もうちょっとだけ・・・m(_ _)m

第4週 5日目の朝
78.7kg BMI 24.83
昨日-100g トータル+200g
減量1000日目まであと75日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.33kg

地道に、こつこつ・・・ね、(^^;)

2007年4月 1日 (日)

桜満開の中

070401sakura2
二川ダム沿いの桜、
満開である(^-^)


今日は早朝からツーリングに出られてご機嫌~
さぁて、花見だ~・・・って・・・大嘘!(^^;)
何せ、エイプリルフールなもんで・・・ね、(笑)
070401sakura1
てなことで、
満開の桜並木を眺めながら・・・
お仕事だ~(^^;)
(これはホント)
というのも、吉備町にて現説(現場説明会)があり、
そこへ行く途中なのである。もちろん車で(>_<)
当然、花見をしてる時間も無い!(>_<)

ああ、ここを、単車で走れたらどんなに気持ちが良いだろう(^^;)
でもまぁ、車で通りすがりでも、見事な桜並木を見られたから、
これはこれでシアワセかもね(^-^)

てなことで、現説終了後、直帰して、
070401gin
待ちかねてた銀とお散歩~(笑)

しかしそれにしても、
銀の舌、長い!(笑)
ふだんは、いったい、
どんな具合に収納されてるのであろうか?(笑)

ちなみに、この状態で口を閉じさせても、
ちゃんとひっこめるので舌は噛みません(笑)
当たり前か?(^^;)

一回だけでも、噛ましてみたいんやけどな~(。。 )\バキッ☆

第4週 4日目の朝
72.5kg BMI 24.87
昨日-6.5kg トータル6.0kg
減量1000日目まであと76日を残し、
ミドル級(72.57kg)達成~\(^o^)/

・・・て、もちろんエイプリルフール・・・(。。 )\バキッ☆
ホントは、-200gの78.8kgでした・・・

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ