サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

お日様の下で(5月27日)

  てなことで、27日の朝、
5時16分に起床、
同時になりだした目覚ましを止める。
うん、昨夜はちょっとベロベ浪漫に変身したが、
変てこな関西弁講座で笑い続けていたため、
アルコールが発散してしまったようだ(笑)

窓の外は・・・雨、
・・・洟垂れコースか?(笑)
しかしまぁええやん、ぼちぼち行きましょ~
てなことで、身支度を調えホテルを出たのが6時10分。
と・・・0705270610abs_2 0705270611keikoku_2
あれれれれぇ~!
ABSと警告灯が交互に点滅してる~
LTに乗りだしてまる5年、
初めて見るチカチカ~w(゜o゜)w
な、何、これぇ~
何しろ、今まで警報機以外ではノートラブルで来たもんだから、
点滅の意味がわからない(^^;)
ひょっとして、リアのパッドがなくなったお知らせ?
そんな上等なセンサーが付いてるの?
わからん~orz
リアのパッドは気になるけれど、
とりあえず、一発だけ急ブレーキをかけてみると、
ABSは作動する。
う~ん、では、なんでやろ?
ディーラーに問い合わせるにも時間が早すぎるしねぇ、
まぁ・・・ぼちぼち行きましょか~(^^;)
と、やや現実から目を背けつつ、ICを目指す。
と・・・
さっきからいやに静かやな~と思ったら、
音楽が聞こえてないのに気付いた。
あれれれれれ~
MUTEにしてるわけではないのに、
フロントのスピーカーから出る音量が小さいのだ。
070527lt しかも、リアのスピーカーは、
完全に沈黙している・・・(ToT)
(ここでついでに、
LTの装備をご存知ない方のために、
ちょっと説明しておくと、 
青の楕円、右のパニアケース内に、
CDチェンジャー(6枚用)が入っている、
タンク上部に、もう1枚入るようになっていて、
1枚だけの入れ替えもしやすい。
01年モデルまでは、ここにカセットプレイヤーが付いていた。
もちろん、ラジオもAM・FM両方聴ける。
音量や選曲は左手もとのコントローラーで行う。
シートには前後ともヒーターが装備されていて、
フロントのシールドは電動で可動、
あとは・・・クルーズコントロールが付いている(笑)
以上、全てオプションではなく標準装備だ(^^;)
最初、この単車の存在を知った時、
「そんなもん単車ちゃうやーん!」と、
バカバカしささえ感じたものだが、
恐ろしいもので、今では全部、馴染んだ装備になってしまった。
まぁ、すでにCDの時代は終焉しかけているが、
人間もたいがい古いんやから、単車も古くていいの~!(笑)

で、ここに至ってかえって気が楽になった。
ABSと警告灯のチカチカだけではなく、
音量調整までダメになったという事は、
原因はおそらく「結露」だろう。
過去にも雨の中を走り続けた事は何度もあるが、
今回、おそらく、雨の翌日の晴天+ハイスピードツーで、
浸水した水が熱せられ、蒸気となって各所に侵入し、
今朝の氷雨で結露を起こしたのではないか?
朝一番だから、頭も回る?(笑)
しかしまぁ、今までノートラブルで来ただけに、
ちょっと気色悪いのも確か。
途中で停まったら・・・とか、
いきなりABSが全開で作動して高速でジャックナイフ・・・とか、
ネガな考えが浮かんでくる(^^;)
・・・昨日、東北に満足しきったから、終焉がやってきたんやろか・・・?
ちゃうちゃう~!
今度は四国や、お遍路さんや~(^^;)
途中で停まるにしても、そこまでは笑いながら走るんじゃ~!
0705270633moriokaminami_1
てなことで、盛岡南ICを6時30分に通過。

0705270640amemoyo あいかわらずの雨模様だし、
警告灯はチカチカのまんまやし、
音楽は聞こえないし、
不安は高まる一方・・・?
でもね、
走り出したら、元気が出てくるんよね~(笑)
ABS全開ジャックナイフだけは恐いけど、
あ、そうか~
ブレーキかけへんだらええんやーん!(笑)
そうすれば、パッドも減らないし、一石二鳥?
よっしゃ~それで行こう~
今日のテーマ、高速道でノンブレーキ!(笑)
と・・・
0705270700harema ポジティブシンキングは、
晴れ間も呼ぶのか~(笑)

0705270715zenpo
前方が明るい~\(^o^)/

国見SAで給油して、
どんどん走ってると
0705270900sora おぉおぉ~
すっかり青空に変わったやーん!\(^o^)/

0705270930bandaisan そして、磐梯山を見る。
実は・・・
磐梯山を見るの、
生まれて初めてなんです~(^^;)
過去の牡鹿半島ツーを入れ、
単車で走った東北は通算5回目なのだが、
ここを通る時は、いつも深夜か雨の中・・・
標識を頼りに、闇、もしくは霧の彼方の磐梯山を、
想像するしかなかったのだ。
今日は拝めて何か感激~! って、単純?(^^;)
0705270940banetuてなことで、 ますますご機嫌で磐越道を行く。
来るたびに、対面交通の部分が少なくなっていて、
走りやすい道に変わって行ってるような気がする。
ノンブレーキも意識すればそんなに難しいものではない、
高速道路ならでは、である(笑)
0705271045niigataそして新潟平野、
私、ここ大好きなんですわ~(^-^)
(走行写真で無理矢理パノラマに合成してみた(笑))
トンネルを抜けると突然目の間に広大な平野が現れるし、
今までの経験では、雨の中走ってきて、ここでいきなり青空、
ってパターンが多く、ものすごく開放感を覚える地点でもある。
これでだいたい400km走行、残りは700kmちょっとなので、
帰着時間も読みやすい。
で、帰りの天候も良さそうなので、名神の工事渋滞があったとしても、
ディーラーが空いてる時間に着ける按配になってきた。
過去のパターンでは、午後9時くらいに自宅へ着くよう、
無意識に計算が働き、給油で寄るSAで休みすぎる場合が多かった。
いつだったか、はっと気付いたら2時間近くたってて、
高速道路のSAではウラシマ効果が起こるのでは?と、
本気で思ったものだった(笑)
で、今日は一つ、デイーラーが空いてる時間、
しかも、残業してもらわないでもいいように、
なるべく早く行こうやーん。

さて、ここまで、盛岡南を出てから、ブレーキを踏んだのは、
国見SAで駐車した時と給油した時の2回だけ(笑)
(いったんは足で停めようと試みたのだが、
 ・・・さすがに無理だった(^^;))
で、エンジンをいったん切って再始動すると、
警告灯の点滅も消える事がわかった。
しかし、よし直った~と思って、ブレーキを軽くかけてみると、
また点滅し出すところを見ると、やっぱりセンサー?(^^;)

で、次の休憩地である米山SAで、ディーラーに電話をかけてみた。
バッドの残量と、各種の症状を告げると、
マイスターが『う~ん、やっぱりあんまりブレーキ使わんと来て』
「はいは~い、で途中で停まったらどこまで迎えに来てくれる?」
『今どこ?』
「新潟~!」
『えぇ~今日中に着くん~』
「5時半には行くから~」
『無茶せんといてよぉ~あかんだら電話して、迎えに行きます~』
「ほ~い (^。^)/ 」
てなことで、どこで停まっても迎えに来てくれそうなので、
安心して走れるってもんだ(笑)
てなことで、保証も出来たことやし(笑)さぁ出発~
0705271136rosary と・・・
チャッと音がしたと思ったとたん、
なんと、今まで外れた事がない、
例のrosaryが・・・
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/02/post_37a2.html
げっげぇ~!
一難去ってまた一難?凶事の前兆?わぁ~俺死ぬん?
と、一瞬、イヤな考えが頭をよぎったが、すぐに、
いや待てよ、これはきっと、あのタイミングで出発したら、
なんかの凶事が起こるのをrosaryが引き留めてくれたんやで、うん!
わはは、あくまでポジティブでっしゃろ~(笑)
単車にさえ乗ってたら、俺ってこんなヤツなんですぅ~(^-^)v

てなことで、浮かれすぎないよう、走る事にする。
0705271225tunnel 北陸道名物?
連続26本のトンネルも、
いつもなら催眠術にかけられたみたいに、
眠くなってくるのだが、今日は大丈夫(^-^)
rosaryのおかげか?
そして・・・
0705271252hukumen 魚津手前で、
あやうく追い越しそうになったのがこれ(^^;)
ヤバかった~
昨日から全然遭遇してなかったので、
今日は一斉に休みか?と油断しかけてたのだが、
やっぱりやってはりますなぁ~
てなことで、追い越すわけにもいかず、
後を定速で追尾しつつ画像を一枚(笑)
だって、他にする事ないもんね~
幸い、後でうろちょろするLTが気になったのか、
有磯海SAに入ってくれたので、
すぐさまダッシュ!(笑)
しかしそこからの覆面の多かったこと!
白、青、白、灰、果ては旧型クラウンまで、
やっぱり北陸道は覆面銀座ですね~
0705271310nihonbare
てなことで、無事故無検挙を目指し、
日本晴れの下をマイペースで走る~(^-^)

0705271505suizu なるべく早くディーラーへとは思うものの、
ここだけはやっぱり、ね(^-^)
杉津PAである。
往路は青いチケット(ToT)
復路は奇跡の夕焼けを見せてくれた所だ。
今日は、あくまで青い空と海を眺めさせてもらった。ありがと~(^-^)
0705271557siawase1
てなことで、名神も終盤、
道も混み出したので、あまり無理はせず、
シアワセな画像を一枚撮ってみた。
何がシアワセって?
黄○部分を拡大すると・・・
0705271557siawase2 ほ~ら、ね(笑)
ちゃんと幸せマークの下に、
私とLTが写ってるでしょ~(^-^)


0705271640suita  てなことで、盛岡から1050km、
吹田料金所に到着~(^-^)
ここで午後4時40分、
お日様の下で走りきる事ができました~(^-^)
あ・・・また計算が合わない?(^^;)
まぁいいではありませんか、ね(笑)
てなことで、ディーラーへ直行し、
パッドの交換、
0705271740exel2・・・(^^;)
厚みはもう少しいけそうだが、
熱でボロボロ・・・
やっぱり、
今日帰ってきて正解でした~(笑)
ABSの警告灯チカチカは、
診断用CPのモディテックを使っても、エラーの履歴無し、
予想通り、CD同様、浸水から結露したためではないか、
という事で、しばらく乾かしてからもう一度診てもらう事になった。

さて、いつものように、てんやわんや(^^;)の、
二泊二日半の旅だった。
まぁほとんど自分で勝手に騒いでるだけなのだが(^^;)
初日は雨と風の721km、
二日目は感動再体験の607km、
三日目はいつもの(笑)1153km、
合計2481kmのてんやわんや、
楽しかったよぉ~~~\(^o^)/

また行こっと(笑)

最後になりましたが、aokiさんはじめ、
東北サポート隊と参加者のみなさん、
出発させてくれた家族、
日頃整備でお世話になってるディーラーさんとガレージ西さん、
ブログでお世話になってるみなさんに、
心よりお礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございます~(^-^)

雨の弓にはなたれ(5月26日)

話はちょっと前後するが、5月26日(土)
すなわち、東北ツー1日目の夕方近くの話である。

まず・・・タイトルの「はなたれ」は、
「洟垂れ」ちゃいますねん、「放たれ」ですねん(^^;)
雨の弓、すなわち「rainbow」である。
070526niji1 マスツーも終盤に近づき、盛岡への帰路の途中、
空に大きな虹が出た。
ヘルメットの中で「おぉ~っ」と感嘆をあげ、
続いて、「全部や、全部や~」とつぶやいていた。
何が「全部」なのか?
盛岡の地を初めて走ったのは3年前の初冬であった。
仙台での友人の結婚式に行く前に、まず盛岡まで来て(笑)
当時のaokiさんの愛車であった1150Rをお借りして、
走らせていただいたのだ。
あの時も、氷雨が降ったりやんだりだった。
「俺、晴れ男やねんけどなぁ~」と思っていたら、
絶景の休憩ポイントで虹が出迎えてくれたのだった。
奇跡、の第一回であった。
その後は毎年この地を訪れ、数々の奇跡に出会わせてもらった。
昨年は、「るんた恋しや半分逃避行」(^^;)や東北ラリーもあり、
特別な思いを込めてこの地を走った。
そして今日、朝からのツーで、雨あり、晴れあり、るんた雲あり、
空の青あり、山の緑あり、高原に吹き渡る風あり・・・と、
まるで、過去の東北ツーの全てをたどり直すような感じだったのだ。
そして最後に虹・・・
だから「全部や~これで全部、
 今日一日で再体験や~」と思ったわけである。
もちろん、私が過去に走った道は、東北のほんの一部に過ぎない。
しかし、今日の私には十分過ぎるほどの満足だった。

そしてもう一つ、今日、新しく感じた事は、
今まで、東北へ来なければ見られない、感じられないと思っていた事を、
実はもっと身近で見て、感じられるはず、という確信だった。
それなら、もう、東北にいる意味、来る必要はないのか?
そうではない、
ようやく、昨年からの「るんた恋しや半分逃避行」がようやく終わり、
新しいスタートが切れる予感がした。という事なのだ。
そして・・・
帰ろう、と思った。
明日もきっと、すばらしいルートをaokiさんが用意して下さるだろう、
だが、これ以上は食べ過ぎだ(^^;)
明日の夕方までこの地を走って、それから帰路1150kmとなると、
睡魔との戦いは避けられず、せっかくの今の満足感が、
疲労感を伴った思い出と混じってしまうのではないだろうか?
それならば、明日、余力を残して家に帰ろう、
東北の地にしがみつくのではなく、楽しませてもらって、
そして・・・また来よう(^-^) 
そういう風に素直に思えたのだった。

以上、ちょっとかっこつけすぎ?(^^;)
というのも、超現実的な問題が一つ発生していたのである(^^;)
0705271730exel1 えへへ・・・
リアのブレーキパッドが・・・(^^;)
あと2000kmくらいは持つ、と思って、
交換せずにやってきたのだが、
どうやら、ちょっと・・・ヤバイ・・・(>_<)

LTのブレーキシステムは、
前後連動になっていて、
フロントブレーキをかければリアも作動してしまうので、
リアだけ使わないという事ができない。
ディスクローターに傷が入りやしないかと、
ヒヤヒヤしながら走るのはちょっと・・・
って、ちゃんと整備して出てこんかーい!(。。 )\バキッ☆
いや、私はね、来る前にちゃんとマイスターに相談したんよね、
ほんならマイスターが、
『まだ2、3000はいけるよ、もったいないよ~』ってね・・・
いや、まぁ、他人のせいにしちゃいけませんが・・・

てなことで、大満足感と、リアブレーキ(^^;)
この2点により、二日目はパスして帰路に着く事にした。

虹で始まって、虹で終わる、東北紀行第一部終了。
そんな感じかな?(^-^)

で、タイトル、
弓にはなたれた矢の如く、
笑顔でまっすぐにお家へ帰るよ~って意味なのだ(笑)
まぁ・・・雨に降られて洟垂れる、ってのもあるかもしれない(笑)

そいつはまた別の話(^-^)

2007年5月30日 (水)

冷麺の正しい食し方

5月26日(土)午後7時から、
食道園さんにて宴会~\(^o^)/
0705261900aisatuaokiさんの挨拶、
昼間のマスツーご案内後、休憩無しで
仕事人として、もてなしの心一杯、
ほんとにタフな方だ。
そして・・・
まずは、ロース!
0705261929yakiniku手前にあるのは生卵、
ん?すき焼き・・・?

ちゃいまんねん~
0705261930tamago ここのロースは、
生卵につけていただくのである。
すると・・・
お肉の体積以上としか思えない、
旨くて甘~い肉汁が口中にほとばしるのよ~\(^o^)/
あ、でも、これ、お家で試してもダメですよ(笑)
実は私もやってみたけど(^^;)、
ここのロースでないと、この味にはならないのだ~
続いてトントロ~
0705261931tontoro レモン汁でいただくのだが、
タン塩などよりはるかに、
レモンとの相性が良いと思う。

そして・・・
いよいよ・・・
07052620reimen じゃっじゃ~ん!
冷麺様のおなぁ~りぃ~!
4月27日のブログでも書いたが、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/04/post_b4b0.html
また、この透明感にあふれた冷麺に会えて嬉しい!
で、この「本物の盛岡冷麺」の正しい食し方は、
07052621reimen もったいないけど、
ゆで卵をくずさぬよう、
食材を全部まぜまぜしちゃうのだ。
スープの味を全体に染みわたらせるわけね、
そして・・・
麺を一気にすする~
スープをごきゅごきゅ飲む~
これ、ホント、
麺は「すする」のだが、
スープに至っては、「すする」じゃなくて、
「飲む」「飲める」いや、やっぱり「ごきゅごきゅ飲んでしまう」のだ。
それくらい、旨いぃぃぃぃぃぃ~!\(^o^)/
07052622kansyoku わずか数分で、完食~!
大満足まんぞぉ~~~
(ちなみに左がKagayanさん、
右が花火さん、
どちらも秋田の方だ)
ちなみに、普段、私はラーメン系の、
細麺とスープという組み合わせはあまり食べない。
どちらかというと、うどん派であり、
食べるとしたら、
非常食としてのカップラーメンと、
ベロベ浪漫になった時のチャーシュー麺だけと言ってよい(^^;)
「冷やし中華」に至っては、過去に1回だけ食べかけた事があるのだが、
スープに使われてる大量の化学調味料にむせてしまい、
ほとんど残してしまった過去を持つ。
だから、初めて食道園さんの冷麺を前にした時、
最初は躊躇があったのだ。
何しろ、冷やし中華と冷麺の違いがわからず、
スープにむせてしまった思い出が頭の中をぐるぐる・・・(^^;)
と・こ・ろ・が・・・
一口食べただけで、別次元の食べ物だと言うことがわかり、
以来、これを食べるためだけにでも、東北へ来たいと思うようになった。
それくらい、旨い!
ほんまぁ?と思う人は、ぜひ、食道園さんへ(^-^)
何しろ、唯一ここだけでしか食べられない味なのだ。
支店出店の勧誘や、デパートでの出品、
はてはレトルト化して全国展開の企画案等々、
日々持ち込まれるお誘いを全て断ってる味なのである。
理由は簡単、
『それじゃ味が変わってしまうから』by aokiさん
おそらく、「食道園」さんの名前をつけるだけで、
そこそこの味でもどんどん売れると思う、
それだけ、有名なお店なのだ。
残念な事に、キムチで辛くして、
味を誤魔化してる店もレトルト化された品も実際にある。
それが、土産物として売られているのを見ると悲しくなる。
わざわざ盛岡まで来て、ニセモノを買って帰る人が可哀想に思う。

aokiさんを知ってるから、
ヨイショで書いてるわけではない、
この日も行列が続いてた食道園さんで、
ゆっくり食べる事ができた優越感で書いてるわけでもない。
何しろ、旨いものは旨い、のだ(^-^)

と・・・
食道園さんの味に浸りつつ、
かろうじてベロベ浪漫を回避~(^^;)
だって、明日も走るもーん!

てなことで、
070526yamasandaio やまさんとキューレ大王のバロム1の友情クロスとか、
070526sentyosan疾風のように現れて、
そよ風のごとくトークして、
また疾風のように去っていった船長さんとか、
070526halsan_1 ここ数年、
お互い関西在住なのに、
会うのはいつもここ(笑)の、
HALさんとか、
たくさんたくさん話をして、
たくさんたくさん笑って、楽しい時間を過ごさせていただいた(^-^)

070526221syugo 1次会終了の集合写真~
(画像提供:銀色アザラシさんm(_ _)m)


あとは・・・
覚えてないな~・・・(。。 )\バキッ☆
やっぱり変身しとったんかーい!(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん、

東北ツー2日目(5月26日)

5時15分に目が覚めた。
ほどなく、5時16分にセットしていた携帯の目覚ましが鳴り出す。
セットした時間の直前に目が覚めるのは、
体内時計が正常に働いており、体調が快調な証拠だ(^-^)
夕べのアルコールをちょっと控えめにしたせいだろう(笑)
つーか、最近、トシのせいか、銀のせいか、
だいたい5時くらいに一回目が覚めるのである(^^;)
空を見ると、昨年同様どんよりと曇ってはいるものの、
雲の向こうに明るさが見える。
今日は晴れるぞ~\(^o^)/
てなことで、5時50分の下船に合わせ、出発の準備(^-^)
まずはフェリーに備え付けられてる充電器で携帯の充電、
0705260515keitai なぜ、夜のうちにやっとかないの?って、
そんな事したら絶対置き忘れるに決まってるやーん!(^^;)

あとは洗面に着替えにヘルメットのシールド磨き等々・・・
のんびりと丁寧に行う。
というのも、昨年の経験から、
早く準備しても50分までは甲板に降りられず、
手持ちぶさたに待たねばならぬ、という事を覚えていたからだ。
私も、酔うてない時は学習能力があるんです~(笑)

で、時間通り、下船案内が始まったので、
携帯を忘れずに回収し(笑)甲板に向かう、
非常にスムーズに順番がやってきて、6時前に秋田の地を踏めた。
0705260610akitako ここからは、秋田道を経由して一関ICへ向かう、
横手で待っててくれたキューレ大王さんの先導で、
0705260700daio
次第に晴れていく空を見ながら走る、
わくわくドキドキが高まっていく(^-^)

前沢SAで給油して一関ICで降り、道の駅「厳美渓」で全員集合。
今回の東北ツーのタイトル「北山崎紀行」に合わせ、
数ヶ月かけてルートを練ってくれたaokiさんからのブリーフィングが始まる。
0705260810aokisan しかし、第一声は『ルート、全部変えますね~』
つまり、天候を見て、より晴れ晴れコースを走るため、
数ヶ月かけて練ったプランを全部捨て、
集まった人の笑顔のために、
ルートマイスターはブリーフィングしつつ、
ルートの再構築をしてくれているのである。
こちらとしては、頭を下げる事しかできないm(_ _)m
そして・・・お気楽に後を付いていくだけ(^^;)
それだけで、極上ルートが目の前に次々現れるのである。
07052612mass しかも、この日は、一部高速を使ったものの、
ほとんど下道ルートで、8時間ちょっとで450km走れた。
30数台がマスツーを行い、随所で写真を撮ったり、
途中で給油も食事もしたわけである、
それで450km・・・
てなことで、この数字だけで、どんなハイスピードツーなのか(^^;)
一度でも単車でマスツーリングをした人ならわかるはずだ(^-^)
参加したメンバーもそれぞれマナーを守り、
一糸乱れぬ一本の矢となって東北の道を駆け抜けていく。
一人旅もいいもんだが、
こうやって、みんなと一緒に走るのも楽しいものだ(^-^)
0705260845akaihashi 厳美渓を出てすぐに出現した、通称「赤い橋」
空はあくまで青く、雲は白い、
山々は緑でって・・・
当たり前なのだが、当たり前ではない景色。

0705260930midori 特に緑がすばらしい、
高野山の緑は、針葉樹林を主体とした濃い緑なのだが、
ここの緑はいったい何種類あるのだろう?(^-^)
0705261039arakawa そして・・・
私が今回、一番じーんときたのがここ、
荒川高原である。
0705261047arakawakougen しばし停車し、
ぼぉ~っと眺めていると、
風がわたり草がいっせいに波のようにざわめき、
その草の波の上に、さらに雲の影が流れていくのだ。
なんという風景だろう、
ここは、巡る命をそのまま風景にしたところだ。
aokiさんが『恵峯さん、どう?』と尋ねてくれた。
私の返事は「すんません、しばらく私に話しかけないで下さい」(^^;)だった。
誠に失礼ながら、この風景に浸りきっていたかったのだ。
風が吹き、雲が流れる、
当たり前といえば当たり前、しかし、私はこういう風景を長らく忘れていた。
東北にしかない、という事でもない、
きっと、ふるさとの山にも風は吹き、雲は流れているだろう。
自分は普段、それを「見て」いるのか?
特化した「夕焼け」とかにばかり注目し、
ごく当たり前の日常を見る事が少ないのではないか?
そんな事も考えていた。
はぁ~~~
つくづく、単車ってテツガクなんよねぇ~(^^;)
(って、もっともらしい事を書きたくなるのもトシのせい?(^^;))

そして、こういう気分の時は、
必ず会える(^-^)
07052611lunta右の雲、
私にはるんたにしか見えない(笑)
しっぽふりあげて、ご機嫌でしょ?(^-^)


0705261308seiryu そして、お昼は清流の近くでピクニック。
0705261310ohiru これもaokiさんの提案で、
少しでも多くの場所を走るため、
時間の節約としての企画。
ここで食べた菓子パンの味も忘れがたい(^-^)
満足感という調味料こそが、
最高の味のもとになるという事だ(^-^)
0705261311lt LTも、昨日の雨のおかげで、
非常に綺麗(笑)
普段、あまり綺麗な状態で乗った事がないので、
これも満足のうち?(笑)

0705261510iwatesan そして岩手山、
今日は山頂に雲がかかっている。
aokiさんは無線を通して残念がっておられたが、
私にとっては、
また違う岩手山を見られてこれまたラッキー!(^-^)
0705261524aokisan さて、このツーすべての企画人、
aokiさんである。
この人に会えてよかった。
いつか、何十分の1かでも、
これまでいただいたご好意を、
お返ししたいものであるm(_ _)m

0705261610iwate こんなとこをね、
みんなで走ってごらんなさい、
戦争なんて、
なくなっちゃうと思うんだけどなぁ・・・

2007年5月29日 (火)

ウエアについて、

07052601wear1 雨の話題に続き、
今回のウエアについて、記録しておこう、
でないとすぐ忘れるから(^^;)
さて、昨日付のブログに書いたように、
今回のジャケットは、
ゴールドウィンのEuroサイクロンジャケット欧州仕様。
パンツはBMWのツアランスパンツだ。
上下セットに見える色合いが気に入っている(^-^)

さて、ツアランスパンツは、
3年ほど前にツートンカラーのものをゲットし、
ゴアテックス製ではないのだが、
防水性と通風性は満足いくものだ。
ただし、これ、防水が完璧という事ではなく、
長時間の雨の場合、まずお尻から浸水してくる、
しかし、それはゴア製でも起こる事であり、
ゴア製の場合、浸水してきた水が非常に冷たく感じられるのだが、
ツアランスパンツの場合、生地が微妙に厚い?分、
パンツ自体の保温力により水が温められるせいか、
浸水してもそれほど不快感がない。
ゴアテックス製の場合、
浸水すると、非常に裏切られた気分になるものだが(笑)
ツアランスの場合、「そら無理ない、うん、よぉ今までがんばった」と、
思えるのである(笑)
通風性も、ゴアテックス製に比べ、
暑いときはより涼しく、寒いときは暖かいような感じがする。
これもおそらく、「完璧さを求めない」気分が、
そう感じさせてくれるのかもしれない(笑)
てなことで、真夏を除いて3シーズン使用可能、
(当然、冬場はインナーを使用する)
サロペット型なので、腰の冷え防止効果もある。
何より、サイズ的にピタリ賞で、着心地が抜群なのだ。
てなことで、黒色もゲットし、使い分けている。
今回も、行きの土砂降りから帰りのカンカン照りまで、
一部、カッパを使用したものの、快適に過ごす事ができた。
ちなみに、私の場合、
75kgまではMで、75kg以上はLが最適サイズ?(笑)
てなことで、ツアランスパンツには何の不満も無い。

問題は・・・
ゴールドウィンの、
Euroサイクロンジャケット欧州仕様の野郎だ(笑)
はっきり言って、私はゴールドウィンのヘビーユーザーだ。
ここ数年、体重の変化とともに(笑)
また、冬バージョン、夏バージョンと・・・
改良モデルが出る度に、
ジャケットとパンツをゲットしてきた。
100kg近くあった時に通販でBLサイズの、
Euroウインターオーバーパンツを買った事があるのだ、
小錦用かい!ってくらい大きくて、
そのまま箪笥のコヤシになってるものさえある。
Euroサイクロンジャケットに至っては、
ロング冬用、ショート冬用、ショート夏用、ショート夏革仕様、と、
4着が出番を待っている状態なのだ(^^;)
まぁ、全部、某ショップにて、季節はずれの売れ残りを、
いつも特別価格で(笑)ゲットしてきたのである。

ではなぜ、今さら欧州仕様なのか?
これが傑作で、3月にふらりと件のショップに寄ってみたところ、
店長が近づいてきて、
『恵峯さん、お願い、これ買うて~』
「は?Euroの新型かいな?
あんたなぁ、俺に何着も売りつけといて、まだ買わせる気ぃ?」
『これね、最新のヨーロッパ仕様なんですけどね、
日本でも数着しか入ってないのを押さえたんです、
しかも、恵峯さんのサイズで』
「いつ?」
『一月ほど前ですけど・・・』
「ははぁん、欧州サイズなんで、なかなか売れんのやろ?」
『正直言います、その通り、日本仕様よりちょっと小さいんです』
「おっ、ほんなら試着させてみて」
その気になったのには訳がある。
ゴールドウィンのサイズ、何を標準にしているのか知らないが、
きめ細かいサイズ設定があるにもかかわらず、
私はピタリ賞のサイズに出会ったことがないのだ。
特に袖、
私は普通の体型より、手が(足も!)長いのに、
Euroジャケットはそれでも袖が長すぎ、余ってしまいがちなのだ。
ワンサイズ落としても、窮屈になるだけで、袖の長さは変わらない。
性能的には満足なので、かえって欠点として目立つ気もしていた。
しかも、Euroシリーズの袖口、
アウターシェルでまず防水し、
それでも浸水したらインナーでと、2段階防水になっているため、
070529gr3グローブを袖口の中に仕舞うようになっている。



070529gr4
通常のように、グローブを袖口に被せると、
アウターとインナーの間の水が、
グローブ内に浸水してきてしまうのだ。
しかし・・・
私の持ってる05年以前のモデルまでは、
070529gr2_1
この袖口が異常に細ーい!orz
ジッパーで閉じた時に、
しっかりフィットするためなのだろうが、
この細さでは冬用などのごついグローブだと、
ジッパーを閉めるのに一苦労なのだ。
かといって、一つ前の画像のように、
グローブを袖に被せて走ってる時に雨に遭うと、
「うう!雨が~水が~蛇のようにグローブ内に侵入してくるぅ~」と、
非常にイヤな妄想が始まってしまうのである(^^;)

で、ヨーロッパサイズだという、
サイズ的にはいけるかも?
というのも、BMWのジャケットなどは、
けっこうフィットするものが多く、
「俺って外人体型?」とヒソカに思っていたのである(笑)

さて、試着の結果、
今までのサイズ的不満を見事に解消してくれるピタリ賞ぶり!
ええやーん!
『ね、恵峯さんのサイズでしょ?』と得意そうな店長(笑)
「そやけど、保温インナー付って、冬用やん」
『違います、今回のコンセプトはオールシーズン、
 今までのジャケットより通風性も増してますよ~』
と、見てみると、
なるほど、袖、胸2箇所、背中も2箇所のエアインテークがあり、
背中のインテークは面積を変えられるようにもなっている。
涼しそうである。
これまた今までのジャケットの欠点?であった、
防水性を追求するあまり、暑い・・・を払拭しているような気がした。

そして、袖口、
070529gr5 06年モデル以降の改良で、
大きめの袖口を、
後からマジックテープで閉める仕様になっている。
070529gr6
簡単な改良だが、
非常に有効だ、
もっと早くこの仕様にしてほしかったぜ・・・

で・・・
一番肝心なセリフ(笑)
「で、なんぼ?」
店長、男前な回答をした
『●●%引きます!』

ちょっと考えられない値引率だった。
原価割れしてるんちゃうの?
「マジ?」
『マジマジ~ちょっとヤケですけど・・・』
「はっはぁ~ん、日本で数着って、
無理矢理仕入れて、売れ残って、おまけに決算月?」(笑)
『ご名答~!』
「よっしゃ~、俺、そんな人の弱みにつけ込むの、ほん好き!」(。。 )\バキッ☆
で、購入が決定したというわけ(笑)
07052602wear2 左が付属のゴアテックスインナー
右が保温インナーである。
ゴアのインナーも通風性が考慮されている。
ただし今回、
浸水したのはそのせいだとも思われる・・・
保温インナーは従来の、
『着たら暖かいんやから、もこもこするのには文句言うたらあかんで~』的、
ごっつぅ分厚いものではなく、ほどほど、
今回は体温調節に非常に役だった(^-^)

てなことで、このモデル、強雨にはやや弱いが、
普段のツーリングならカッパ要らずだろう(^-^)

ちゃんちゃん

2007年5月28日 (月)

東北ツー1日目後半(5月25日)

さて・・・
5時間で500kmなら楽勝ちゃうの?
と思われるかもしれないが、
雨のため、速度規制が「50km」になっており、
しかも、米原以降は、昨年、幸せの青いチケットをもらった、
苦い経験のある覆面うようよゾーン・・・
万が一、とっつかまるような事になったら、
70kmオーバーは確実となり、免許は吹っ飛ぶわ、
余計な時間は喰うわで、さらに自滅の道をたどる事になる。
てなことで、いつもなら、
賤ヶ岳SAあたりで給油&休憩するのだが、
今日は、少しでも距離を稼ごうと、しずしずと(^^;)
そのまま進む事にした。
と・こ・ろ・が・・・
やっとこ山の中を抜けたと思ったら、
何か、お腹のあたりがちべたーい・・・
そう、あまりの土砂降りに、始まっちゃったのである・・・
浸水が・・・
今回のウエアは、(BMWツアランス)パンツはともかく、
ジャケットは絶対浸水しないはず、の、
ゴールドウィン製、
Euroサイクロンジャケット欧州仕様、だったのにぃ~(>_<)

へ?あんた土砂降りやのに、
カッパも着てなかったの?って?

そうでーす!(笑)
前回、前々回の東北ツーでもけっこう降られたものの、
SPIDIのTOUR S5ジャケットとツアランスパンツで、
楽々乗り切れたので、
今回ジャケットをTOUR S5より高機能なEuroにすれば、
カッパ要らずで行けるとの判断だったのだ。

まぁ、雨脚がさらに強くなった場合と、
夕暮れで気温が下がった場合は、
どこかでインナーとカッパを着ればいいとも思ってた。
しかし、着替えるためには停車しなければならず、
その時間がもったいないため、
走り続けていたのだった。

ううう・・・しかたない、
雨は冷たいわ、浸水で体が冷えて寒いわ、
そろそろ給油もしないといけないわで、
南条SAに寄って、カッパを着込む事にした。

何かねぇ・・・SPIDIで浸水しても、
「おぅおぅ、この雨の中、今までよぉがんばってくれたね~」と、
むしろ好ましく思えるのに、
Euroがちょっとでも浸水しやがったら、
「お前何考えてねん、それでもEuroかー!」と、
腹がたつのは何故?(笑)
で、これって、
kawasakiでオイル漏れが起こった時と、
HONDAでオイル染みが起こった時の感想とよく似てる(笑)0705252121gr
てなことで、南条SAへは午後6時前に到着、
普段はトイレで着替えるのだが、
今日はその余裕もないので、
人目もはばからず、バイクパーキングで、
濡れてしまったシャツを着替え(笑)
保温インナーとカッパを着込んだ。
ぐっしょり濡れたグローブも、
モンベル製の「釣用、親指人差し指中指出せます仕様」に変更(笑)
給油や料金精算の時のグローブ着脱の手間を省ける。
なんで最初からこれにしてなかったのかって?
日のあるうちは、暑いんです、これ(^^;)

ふぅ・・・
体がちょっとあたたまると、気力も湧いてくるものだ(^-^)
あと、400km、4時間、なのだが、
こうなったら、ぎりぎり乗船でもええやん(笑)
そうするとあと5時間ちょっとあるぞぉ~、
どこかのSAで夕飯でも食べるか?(。。 )\バキッ☆と、
のんきな考えも浮かびだした(笑)
こんな時、楽天的になれるのも、
単車のおかげだろうと思う(^-^)

で、南条を出て鯖江にさしかかった時、
ちらりと左前方が明るくなった。
と・・・
0705251833sabaeおお~!
今までの暗雲から、
光りがのぞいているではないかいな~w(゜o゜)w

0705251843yuhi

そして・・・
なんとなんと、
4時間の悪戦苦闘を労うかのごとく、
夕日までがその姿を見せてくれた~
感謝感激~\(^o^)/
そしてその後は、雨脚も弱まった、
どうやら、のろのろ運転のおかげで、
雨の方が先に東北へ向かったようだ(笑)

これなら、カッパを着ずにジャケットとパンツを乾かしながら
走った方がよかったな~と、少々後悔(^^;)しつつ、
低気圧後の強風に揺すられながら、北陸道をひた走る~
南条SAからは車影も少なくなり、最も距離が稼げるゾーンだ。
眠気防止に、26個あるトンネルを数えつつ(笑)、
どんどこどんどこ進むのであった(^-^)
0705252112lt_3 てなことで、米山SA着が午後9時、
2時間ちょっとで321km走った事になり、
法規的に計算が合わないが(^^;)
この際まぁ、私の計算間違いという事で・・・(笑)
てなことで、ここでやっと、
ほぼもともとのタイムスケジュールに復帰、遅すぎ~(笑)
残るは下道を入れても約100km弱、
余裕で港へ着けるではないか~\(^o^)/
さぁ行こかぁ~
と・こ・ろ・が・・・
雨がやみ、強風も弱まり、体が温まったせいだろう、
米山SAを出たらいきなり、眠くなってきた。
やばい~!
ここまで来て、居眠り運転なんかで事故ったら、
濡れた分、損やーん!って関西人の発想?(^^;)
てなことで、斜影が少ないのを幸いに、
車線変更を繰り返しつつ(蛇行運転とも言う(。。 )\バキッ☆)
ふらふらと、新潟西ICへ向かうのであった。
0705252216niigata
で・・・やっとこさ新潟西へ着いたのが、
午後10時16分。
やれやれ・・・ですなぁ(^-^)
ここからはR8(新潟バイパス)を通って、
ちくし山、じゃなかった、
しちく山IC(ややこしい地名(^^;))から、
佐渡汽船、じゃなくて、新日本海フェリーの乗り場へ向かうのだ。
0705252233niigatako昨年のぎりぎり乗船の焦りとは違い、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/09/post_4033.html
どうせ俺の事やから、
ICで降り間違えるくらいの事はするやろ(^^;)
それでもまぁ11時前には着くやーんと、
余裕綽々(^-^)
と・こ・ろ・が・・・
って、また何かトラブルと思うでしょ?
ふっふっふ~ん、
ちゃんと紫竹山ICで降りて、迷う事なく、港へ着いたのよーん。
やっほー!\(^o^)/
これで、10時半過ぎから飲めるぞぉ~(。。 )\バキッ☆
と・こ・ろ・が・・・
昨年の強烈な印象から、
ちゃんと予約した時のクレジットカードも用意して、
チェックインもしごくスムーズに終わった私に、
受付のお姉さんは、
『はい、ありがとうございます、本日のバイクの乗船は
午後11時10分からとなっておりますので、
少々お待ち下さいませ』
ガーソ(ToT)
雨に濡れつつ着替える時間も節約し、
休憩時もまったりせず、ひたすら走ってきたのに、
食事も摂らず、何より、
タバコさえ吸うのを、ちょっと(^^;)控えめにしてやってきたのに、
ああそれなのにそれなのに、
ここで40分待つはめになろうとは~(ToT)
フェリーはそこに見えてんのになぁ~(ToT)
まぁしかし、
あの雨の渋滞の中、無事故無検挙で、
なんとかたどり着けたのだ。
本日の行程を思い出しつつ、
こころゆくまで乗船開始を待とうではないか、ね(^-^)
そんなプラス思考ができるのも、
やっぱり苦労して走ってきたおかげやん、
と、
最後の「と・こ・ろ・が・・・」が(笑)
乗船場所で待ってたら、係のお兄さんが、
『お客さん、どうぞ、今なら乗れますよ』と、
車と車の乗船時間の間を見計らって、
乗り口に誘導してくれたのだ\(^o^)/
「ありがとう~」と会釈しつつ、フェリー乗船は午後10時50分、
0705252308ferry
敦賀から乗ったHALさんやエイミーさん、
ビーマーさんご夫妻のGSの横に駐車。

LT、お疲れさんでした、よぉ走ってくれましたm(_ _)m
さてさて、では、私も自分自身を労うために、
ちょこっとベロベ浪漫に・・・(^-^)

ちゃんちゃん

東北ツー1日目(5月25日)

5月25日(金)
午後12:00
新潟から秋田行フェリーに乗るべく出発~
ただし車で(^^;)
というのも、天気予報では名神、北陸道とも、
けっこうな雨が夜まで続くとの事、
GSで、とも思ったが、
それだと昨年の東北ラリーと全く同じパターンになってしまう。
てなことで、雨にも強いし音楽も聴けるLTで、と急遽変更、
まずは、LTに乗り替えるために橋本のヒミツ基地へ、
と・こ・ろ・が・・・
何故か今日は仕事の電話がじゃんじゃんかかってくる・・・
ありがたいし、電話で済む用事なので助かるのだが・・・
どんどん時間が過ぎて行く・・・
新潟までは約700km、
ずっと雨だったとしても、
途中で給油を兼ねて休憩を3回したとしても、
9時間あれば余裕のはずだ、
何より今回は、
フェリー乗り場の場所もちゃんと事前調査済みだ(^^;)

午後10時過ぎには港へ着けるはずだし、
乗船手続きに30分かかったとしても、
出港の午後11時半にはベロベ浪漫に変身できているはず(。。 )\バキッ☆
だから、午後1時に橋本を出るつもりだったのだ。
と・こ・ろ・が・・・
結局、出発できたのは予定よりも1時間遅れ、
午後2時となってしまった。

しかしまぁ、昨年みたいな駆け込み乗船は避けたいが、
午後11時頃に着けば余裕で乗れるのだから、
この時点でも、やっぱり約9時間あるわけだ。
うんうんよしよし、と一人納得しつつ、
吹田を過ぎて名神に乗るまでは、
雨が気になるだけだった。
と・こ・ろ・が・・・
名神に乗ったとたんに、目の前の電光掲示板に、
『工事のため車線規制中、
 大山崎JCTまで渋滞15km』の看板が・・・
げっげぇ~
大山崎言うたら、京都のはるか手前、
つーか、吹田過ぎてすぐやん!
と、思う間もなく、普段は3車線あるところが、
一番左だけ舗装をし直したらしく、
その養生のためか、延々とパイロンで通行規制がされ、
残る2車線は車でぎっしり・・・(ToT)
もともと、ここの車線幅は狭い上に、
一番幅の広いLTで来てしまってるので、すり抜けもままならない・・・
おまけに、土砂降り・・・(ToT)
「うぅ~15kmかぁ・・・
 パイロンの内側突破したろかな?」と黒い恵峯が・・・(^^;)
と・こ・ろ・が・・・
アスファルトの養生中に、装備+私で約0.5tのLTが侵入した場合、
タイヤの接地面積は、前後輪でハガキ約2枚分、
つまり、ハガキ1枚分に250kgの荷重があるわけで、
万が一、道路にタイヤの跡なんか着けちゃったら・・・
と、非常にしょうもない、しかし、ある意味現実的な妄想が浮かんだ。
しかも、この雨の中、数百mおきに、見張ってる人がいるのよ(^^;)
「むぅ・・・あの人達の行為を無にしてはなるまい、
 むこうは仕事、こちらは遊びなのだ」と、白い恵峯が決断、
あいかわらずの土砂降りの中、
とろとろと普段の数十分の1の速度で名神を進んでいった。
ただまぁ、この時も、まだ余裕はあったのだ、
というのも、続く電光掲示板には、
『栗東方面は京滋バイパスへ、
大山崎から大津経由で栗東まで70分
京滋バイパス経由で栗東まで55分』との表示もあったからだ。
渋滞のおかげで、はっきり読む事ができた(笑)
わずか15分でも短縮できるのなら、バイパスを選ぼう、
覆面がうようよいる大山崎付近もパスできるし、
掲示板に55分とあるならば、
渋滞さえなければ30分少々で行けるはずだし・・・(。。 )\バキッ☆
で、左ルートへ入ると渋滞も解消、
京滋バイパスの流れは順調で、
これなら、尼御前SAあたりで、軽食でも取れるよなぁと、
あいかわらずの雨にもかかわらず、
心ははや北陸路に飛びつつ進んでいった。

と・こ・ろ・が・・・
なんと、京滋バイパスの途中で、
『栗東から竜王まで車線規制のため渋滞11km』の表示がw(゜o゜)w
こんなもん詐欺やーん!(`ヘ´)
それやったら最初からそない案内せんかーい!
どうせ、京滋バイパスを通らなくてもこの渋滞に巻き込まれるんやけど、
心の準備っちゅーもんがあるんじゃー!
0705251619juutai し・か・も・・・
渋滞は11kmではすまなかったのであるorz
延々と、もうほんま延々と・・・(ToT)
こちらは2車線が1車線規制で、
それから20km近く、こんな感じ・・・(>_<)
0705251649ame 多賀近くで渋滞は解消されたが、
「米原」通過時点で午後5時前・・・(ToT)
出発から3時間で200kmしか移動できてないー!
残る時間は5時間、距離も500km、
雨はますます強まるし、恵峯、大ピンチ~(^^;)

つづく

第12週+2日目の朝 
79.0g BMI 24.93
昨日±0g トータル+500g
減量100日目まであと23日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

変化無し・・・(ToT)
ツーで太らぬよう・・・って、無理か?orz

無事、帰って来ました(^-^)

なんとか無事帰って来ました(^-^)
渋滞も土砂降りも強風も、青空も雲も高原に吹き渡る風も、
減り過ぎたブレーキパッドも、点滅する警告灯も、浸水のせいか鳴らなくなったスピーカーも、すべて、あの虹の彼方の思い出になりました。
不思議で愉快な旅でした。ありがとうございます(^-^) 詳しくはまたぼちぼちと・・・

2007年5月25日 (金)

行ってきます~

ちょっと・・・
行ってきます~(^^;)


第12週+2日目の朝 
79.0g BMI 24.93
昨日±0g トータル+500g
減量100日目まであと23日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

変化無し・・・(ToT)

2007年5月24日 (木)

クマガイソウ

二十四節気、小満の候、
070524ape2_1 ようやく高野山も初夏の趣となってきた、
午前10時で20℃超え、
こうでなくっちゃね~(^-^)
何しろ数日前までは寒くて寒くて・・・(^^;)
てなことで、初夏の高野山といえば、これ、
070524kumagaiso1_1
クマガイソウである。



070524kumagaiso2_1 花(唇弁)をクローズアップするとこんな感じ、

昔の人はこれを「母衣」に見立てたらしい、
で、別名、「母衣掛け草」(ホロカケソウ)とも呼ぶ。

は?「母衣」って何なん?(^^;)と言うと、
騎馬武者が鎧の背中に付けた布で、
風にはらむ事により、後からの矢を防ぐ実用的武具だったのが、
しだいに、中に竹篭を入れたりして、止まってる時でも、
はらんでるように見せる飾りと化していき、
いわゆる「指物(さしもの)」の一つになった、らしい。
ハーネス?が入ってて布を被せてある点、
「幌馬車」の「幌」と一緒ですな、

で、もともと、このような形のラン科の植物を、
「ホロカケソウ」と呼んでいて、
これより小さくて赤い種を、
特に「アツモリソウ」と呼ぶようになった、らしい。
アツモリは「敦盛」、つまり「平敦盛」の事、
平清盛の甥にして、一ノ谷の合戦で討ち取られた、
平家の若武者であり、その悲劇的な最期は、
謡曲や歌舞伎の題材となっている。
織田信長で有名な『人間五十年、下天のうちをくらぶれば、
 夢幻のごとくなり・・・』も、幸若舞「敦盛」の一説である。

さて、その平敦盛を泣く泣く討ち取ったのが、
熊谷直実(くまがいなおざね)
ここでやっとクマガイが出てくる(^^;)

伝説では、熊谷直実は我が子と同じくらいの年頃の、
平敦盛を殺生せねばならなかった事に虚しさを覚え、
法然上人の弟子となって出家したとされている。
(史実によると、実は領地争いの果て・・・と、
 ちょっと生臭い理由らしい(^^;))

で、もともと武将の母衣に例えていた花のうち、
小さくて赤い方を、
少年で平家(旗印が赤)に見立て、「アツモリソウ」と呼び、
大きくて白い方を、
大人で源氏(旗印が白)に見立て、「クマガイソウ」と、
呼ぶようになった、らしい。
ちなみに、この二つは「属」までが同じで「種」が違う。
(白っぽいアツモリソウもあるのでちょっとややこしい(^^;)
 見分け方は葉っぱの広がり方、
 アツモリソウの葉は閉じており、クマガイソウの葉は、
 画像のように、「うちわ」状に広がっている)

そして高野山には、熊谷直実本人が、
敦盛の供養をしたという縁のお寺があり、
その名もずばり、「熊谷寺」という。

そんな関係で、
高野山では「クマガイソウ」の方が有名で、
昔は随所で見る事もでき、私が子供の頃は、
この花の形を「敦盛の首」と教えられた事もあった。
(そう聞いてから花を見るとちょっと不気味?(^^;))

なお、このクマガイソウ、
栽培が非常に難しく、乱獲され続けた事もあり、
現在では絶滅危惧種となっている。
(アツモリソウの方は栽培方法が確立している、らしい)
てなことで、この画像、どこで撮ったかはナイショ(^^;)

いまや高野山でも珍しい花になってしまったが、
この時期、思わぬところにひっそりと咲いている事があるので、
来山された方は、探してみるのも一興だと思う(^-^)

第12週+1日目の朝 
79.0g BMI 24.93
昨日-200g トータル+500g
減量100日目まであと24日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

決して無駄な努力では・・・ないはず・・・(^^;)

2007年5月23日 (水)

長い1週間

今日は文字だけ~(^^;)

タイトル「長い1週間」は、5月の16日からの1週間を指す、
つまり・・・
るんたの1周忌から「まだ」1週間しかたってないのに驚いている。

『心配しすぎよ』とカミさんに言われた。

自分では意識してなかったのだが、
16日前後から私は異常に銀の健康面の心配をしていたらしい、
心配というか、銀の体調に恐怖していたようだ。

やれ、食欲が落ちたとか、オシッコの回数が少ないだとか、
ウ○チの大きさが小さい、何か異物でも詰まってるのでは?とか、
目の充血具合を度々確かめたり、
走ってる時の後ろ足の動きを異常に気にしたり・・・

「病気」になりはしないか・・・
そして「死ぬのではないか」・・・
自分の誕生月に、また大事な家族を喪ってしまうのではないか・・・
そんな不安に取り憑かれていたようだ。

ボーダーコリーには「2歳の壁」があると言われている。
以前は牧羊犬として労働力のみが注目されていたのが、
近年になって人気が出てきた結果、
無謀で無知な繁殖者が増えたせいもあり、
遺伝的疾患を発症させる個体が増えていると聞いている。
それがいわゆるCL(セロイド リポフスチン症)である。
15ヶ月から18ヶ月で発症したら、治癒法はなく、
欧米では安楽死が選ばれる事が多いという・・・
他にもボーダーコリーには、股関節の形成不全とか、
コリーアイとか、犬種特有の「かかりやすい病気」がある・・・

心配じゃぁ~~~(>_<)

しかし、この心配は、最初からわかっていたこと、
昨年の夏、ペットショップで銀に最初に出会った日、
帰ってから、ボーダーコリーの事をネットで検索し、
出てくるわ出てくるわ、てんこ盛りの疾患の記事を見て、
実は、これだけでめげそうになったのだった。

しかしそれでも彼は名演技?で、カミさんを説得(笑)
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/07/post_28dd.html

わが家にやってきたのであった。

幸い、今のところ股関節にも目にも異常は見られない。
体重は16kg弱で安定しており、
ボーダーとしてはやや小柄だと思うが、
室内で飼うにはありがたい大きさとも言える。

だがしかし、自己分析してみると、
1歳を喜ぶと共に、不安も増してきたのだろう、
楳図かずお氏の「おろち」シリーズで、
18歳になったら顔が崩れ出すという宣告をされた姉妹の話があるが、
まさにああいう感じ?
2歳になったら、こいつは死ぬ、それも、また俺の誕生日に・・・
そんな不安とも妄想ともつかぬ思いに支配されていたようなのだ。

そんな中、本日、某掲示板で見かけた話題で、
その掲示板の内容とは全然関係ないのだが、
血統や骨格や性格が全て「良くなくてはいけないのか?」
という思いが湧いた。

こんな時、天の邪鬼な性格は便利だ(笑)
血統なんて、今まで、そしてこれからも気にする事はないだろう(笑)
遺伝的疾患も、安全な系統でも、出るときは出るだろうし、
出たら出たで、その時はその時だ、
犬を飼うってのは、
その犬の「全部」を引き受けるって事やんか、ね(^-^)

骨格は、前記した通り、今のところしっかりしてる。
性格・・・も、いわゆるボーダーコリーらしいところと、
そうでないところ両方・・・

つまり、銀は、銀、なのである(^-^)

これからも、ちょっとした事で右往左往するだろうけど、
それもまたええやんか、
全部ひっくるめて、犬と暮らすってのは、
やっぱりええモンや、
そう思えたのでありました。

はぁスッキリした~

ちゃんちゃん、

さぁ、ぼちぼち、今日のウ○チ、観察して来よ~っと(笑)

第11週+7日目の朝 
79.2g BMI 24.99
昨日±0g トータル+700g
減量100日目まであと25日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.63kg

ふーん!だ~! (ToT)

2007年5月22日 (火)

龍神スカイライン通行止のお知らせ

若干、お知らせするのが遅くなって恐縮だが、
先日の日曜に、龍神スカイラインで崩土があり、
現在高野山から龍神へは通行不能になっている。

なぜ、報告が遅くなったかというと、
崩土の様子がよくわからず、
高野町からの情報だけでは「復旧未定」となっているため、
大規模崩土で果てしなく復旧未定なのか、
はたまた数週間で復旧するのか、
見極めたかったからである。
そしてもう一つの原因は・・・後述する。

で、とりあえず見に行って・・・と思っていたら、
まんさく社長からレポが届き、
だいたいの様子がわかったという次第、
まんさく社長、2往復(謎(^^;))おおきに!
070523dosyatiten
てなことで、まんさく社長提供の画像、
けっこうな崩れ方だ、
現在、龍神側からしか撤去作業がされていないため、
これを除去するのに1週間くらい?
それから崩壊防止工事をするのだろうが、
片側通行が可能かどうか?
ちょっとわからない。
ありていにいえば、予算が付くか付かないか・・・に、
かかっているわけである・・・(^^;)
てなことで、順調に行けば、
5月中には片側通行でも通れるようになると思うのだが・・・

で、もう一つの問題、
070520dosyamap
崩土の地点は、知ってる人は知っている、
龍神側の元料金所から約2.5km地点、
高野山側からだと、約40km、
(護摩壇のスカイタワーからだと約13km)
である。
(地図上で「GS有り」としているのは、
目印として書いただけで、実際、このGSへは現在行けません)
つまり・・・
現在、高野山から龍神へは行けない、が・・・
高野山からこの地点までは「走行できる」というわけなのだ。
これが何を意味するか?
そう、「対向車を気にせず走り放題」と勘違いする輩が、
出現する可能性大なのである。

実際、数日前に崩土のニュースが流れてから、
普段の平日よりも多い台数が、
龍神スカイラインへ入っていっている。

大丈夫か?

もちろん、車も「走りたい~」系が来る可能性もある、
普段の休日でも救急車が何回も往復してるありさまなのに、
普段より走れる、と錯覚した者同士が事故を起こしたとしたら・・・

てなことで、ここに書くのを躊躇していたのである。

では、何故書いたか?というと、
やはり、季節が良いだけに、「道を楽しみたい」で来山してくれる方への、
情報を第一にすべきだと思ったのと、
警告を書くことで、安全運転を呼びかける事が大事と思ったからである。
もちろん、私も自戒しようと思う。
そして、この地点で崩土が起こったという事は、
他の地点でも十分起こりうる可能性があるという事も、
書いておきたかったのである。
ここしばらく、晴天が続いているが、こういう時に雨が降ると、
一気に・・・という事も多いのだ。

てなことで、検索等でこれをご覧になってるみなさんも多いと思います。
どうか、くれぐれも安全運転で景色をお楽しみ下さいm(_ _)m

現在の龍神スカイライン、危険度大!です。


ちなみに高野町による情報を以下に転載しておきます。

○工事場所
国道371号線(高野龍神スカイライン)
護摩山スカイタワー~田辺市龍神村大字大熊間
○規制内容
全面通行止め
○対象
全車両
○理由
崩土のため(崩土地点 大熊料金所から2.5k㎡地点)
○工事期間
平成19年5月20日~復旧未定
○工事時間
終日
○お問い合わせ先
西牟婁振興局 道路整備課
0739-26-7926

第11週+6日目の朝 
79.2g BMI 24.99
昨日+200g トータル+700g
減量100日目まであと26日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.63kg

大台・・・踏めそうやん・・・(。。 )\バキッ☆

2007年5月21日 (月)

高いよ~恐いよ~(>_<) と「マン島便り2」

070521asiba 4月の26日「770円」で書いた現場、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/04/post_4e0c.html

塗装工事も無事終わり、あとは美装を残すのみ、

と・・・
『足場のあるうちに雪止を増やしてほしい』とのご要望。
げげっ!
今回は塗装と美装なので、
私自身は一番上まで登らなくてもいいと思っていたのだ(^^;)
うう・・・
行かねばなるまい・・・
なんとかと煙は高いとこが好きって言うけど、私は大嫌い~

ん?普段標高800m以上の所に住んでるくせにって?
そんなもん関係ないわー!
でも仕事だから登るもんね~(>_<)
070521yukidome1
なるほど、
現状でも十分、雪止の機能は果たしているのだ、
しかし、ここの高さは約16m、
これを乗り越えて落ちる雪の衝撃は相当なものになるだろう。
ちなみに、雪止金具から伸びてる針金は、
箱樋の強化のため、以前に付けられたものである、
・・・足場無しでこの作業をした人って誰なん?尊敬するわ・・・(^^;)

で、現状の屋根をめくって雪止め金具を入れると、
そのせいで「すが漏れ」が起こる可能性もある。
てなことで、屋根屋さんと相談の上、
鎖で雪止を追加する事になった。
070521yukidome2
数時間後、追加の雪止完成~\(^o^)/
これで降りられる~(^^;)


070521nishi
ちなみにここから見た高野山の西側。
遠くに大塔が見える。
高いよぉ~恐いよぉ~(>_<)

てなこと言いながら東側も・・・

070521higashi
ほんまに恐いよぉ~って言いつつ、
何か楽しくなってきたぞ~(笑)

これって麻痺?(^^;)

まぁしかしやっぱり、
膝下が若干ガクガクブルブルやけどね・・・(^^;)

てなことで、ニーラーさんからメッセージがあったので、
「マン島便り2」として載せておこう。
***** メッセージここから *****

恵峯さんご無沙汰しています。いよいよです。
31年ぶりのサイドカー部門出場、
安全を第一に出来るかぎりのことをしてきます。
ブログでのご紹介もありがとうございます~。
今回、周りの方々のお声、ご支援がなければ
現実にならなかったと思います。感謝です。
23日に出発して6月9日に戻ってきます。
皆さん、応援おねがいします~。

***** メッセージ ここまで*****

ニーラーさん、がんばってくださいね~(^-^)
みなさんも応援してあげてくださいませ~m(_ _)m
ライジングサンは↓ 
http://www5d.biglobe.ne.jp/~office-t/man-10/

第11週+5日目の朝 
79.0g BMI 24.93
昨日-200g トータル+500g
減量100日目まであと27日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

もういっその事、80kg台、踏んでみるか・・・(。。 )\バキッ☆

2007年5月20日 (日)

久々の

さて、久々の単車ネタ(^^;)

何やかんやで、ずぅぅぅぅ~~~っと乗れてなかったのである(ToT)
今日も今日とて、銀ぶらしてから用事が一つ・・・
しかし・・・
午後からはフリーだ(^-^)
天気も回復傾向、よし行くぞぉ~\(^o^)/

何しろ久しぶりなもんで、紀ノ川と青空が見えただけで、
感激~!(笑)
だって、高野はまだまだ寒いんやもーん(^^;)
070520sora1
ちなみに、
また用事が発生したら(ToT)なので、
とるものもとりあえず出発したゆえ、
デジカメを忘れた(笑)

しかしこの「感激」を残したくて、
携帯で撮ったというわけである(笑)
あちこちグルグル走り回り、
私用を一つ済ませて湯川道で帰山。
070520s1
ここでも綺麗な青空とるんた雲なのだが、
いかんせん、携帯カメラではこれが限界、

まぁ・・・ええか(笑)


湯川道を選んだのはもう一つの理由がある、
「私用」の仕上げで・・・
070520hk1 H&K MP5SD6の「試射」である・・・(^^;)
最近の物騒な風潮に逆行するようで恐縮だが、
頻繁に出現する「エテ公」対策として、
仕方なしに復活させたのである。

先日などは、あろうことか、うちのリビングに、
網戸とサッシを丁寧に開けて入り込んできて、
カミさんと鉢合わせになったそうだ。
カミさんが驚いて、『こらぁー!』と叫びながら、
ちょうど外に出していた銀に応援を要請、
ところが銀は玄関に入ってくるやいなや、
いつものように仰向けの姿勢を取り、
『足拭いてちょうだい~』ポーズ・・・orz
間に合わーん!(^^;)

なお、銀の名誉のために書き加えると、
その後、カミさんの声に驚いたのか(^^;)
外へ逃げ出したエテ公に対し、
果敢に吠えつき、撃退したのも銀である、
ご苦労さんでした(^-^)

てなことで、
どんどんあつかましくなってきてるエテ公に対し、
攻撃するのはかえって危険かもしれないが、
近所に現れた時の威嚇用として、
長らく故障していたこいつを修理に出していたというわけ、

何故故障していたかというと、
■○◇▼を×●△してパワーアップしていたため、
ギアが耐えられず欠けてしまったのであった(^^;)
てなことで、今回は、パワーダウンさせ、
威嚇用に連発の間隔を早くしてもらった。
070520hk2
で、試射。
人目に付くとこで、こんな事してたら、
通報されるかもしれないので(^^;)
あまり車も通らず、
BB弾の弾道もよくわかる湯川道を選んだのであった。

結果はご覧の通り、
黄○部分は一番固い部分を一発撃った跡、
緑○部分は連射してみた跡、
至近距離ならスチール缶に穴が空く程度の力、
以前は貫通していた・・・(。。 )\バキッ☆
(で、強力になりすぎたがゆえ、
 それまで、糞害対策で鳩用に使っていたのが、
 これで撃ったらあかんやろ~(^^;)と、
 かえって使い道がなくなり、
 そのうち、故障してしまったというわけ、
 過ぎたるはなんとやら・・・ですな)
パワーを落とした分、ブレが少なくなり到達距離は伸びたようだ。
なるべくなら使う機会が無い事を祈る。マジで、

てなことで、試射も終わり、
いつもの「ガレージ西」へ、
しばし四方山話に興じる、
で、「変色したブーツ、どないかならん?」とつぶやくと、
まんさく社長が、『こんなんありますよ~』
やった~!
ここはもう、なんちゅーか、ケミカルの宝庫!(^-^)v
で・・・
まる7年?(^^;)
使い古したクシタニブーツをば・・・
070520glu1 おお~!w(゜o゜)w
この「モータウン」の、
GLUGLUクリーニングオイル、
凄ぉ~!
070520glu2 もういくらなんでも、
ぼちぼちお役御免、と思ってた、
ボロボロブーツが・・・
とろりとしたオイルを塗ってこすり、
靴クリームで仕上げてみたら・・・
なんとなんと生き返った?(^^;)
これまた携帯画像なのでわかりにくいのだが、
左のブーツは汚れているわけではなく、
革自体が白化してしまっているのだ(^^;)
ただしさすがはクシタニで、
革自体の柔軟性は失われていず、
完全に足形に馴染んでいるので、非常に具合が良く、
問題は「見た目」だけだったのだが、
いやぁもうこうなると、まだまだいけますな~(笑)

まんさく社長、おおきにぃ~m(_ _)m

ご機嫌で帰宅後、銀ぶらで〆
良き休日でありました。

ちゃんちゃん

第11週+4日目の朝 
79.2g BMI 24.99
昨日+200g トータル+700g
減量100日目まであと28日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.63kg

あぁあぁああぁあぁぁぁぁ~!(。。 )\バキッ☆

2007年5月19日 (土)

光りあるところに・・・

070519kata1 さて何でしょう?

ベニヤの切れ端?(^^;)

しかしこれの作成にはかなりの労力が投入されているのだー!
070519kata2
壁に貼り付けるとこんな具合・・・

はぁ???

070519kata3
で、正解は、
「持仏」を拡張するにあたり、
金箔の下地を修理しているところなのである。

以前にも書いたが、このように型取りをする事を、
当地では、「光らせる」と言う。

てなことで、光りあるところに・・・影がある、じゃなくて、
光りあるところに・・・苦労がある、なのであった。

070519tenjo1 格子天井も拡張した分だけ継ぎ足す。
(欅の板も似通ったものがあって良かった~(^-^))

この後、古色塗装を施すのである。

※「持仏」(じぶつ)とは、
お寺の本堂以外に守り本尊をお祀りしている部屋。
護摩を焚く事もあるので、かなり色が付いているのである。

第11週+3日目の朝 
79.0g BMI 24.93
昨日+200g トータル+500g
減量100日目まであと29日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

ああぁ~!(ToT)

2007年5月18日 (金)

石楠花

070518syakunage1 高野山内のどこよりも遅く(^^;)
わが家の石楠花がほころびだした。
今年は例年よりさらに遅いようだ(笑)

まぁね、
「はよ咲かんでええ、いつか咲くから」である(^-^)
070518syakunage2 咲いてからは長いけど、
つぼみの間は短いから、
余計、可憐に見える(^-^)





070518syakunage3 しかし、すでにマルハナバチ?さんは、
仕事にいそしんでいるのであった(^-^)


私も見習って、一所懸命励みましょう~

第11週+1日目の朝 
78.8g BMI 24.87
昨日+200g トータル+300g
減量100日目まであと30日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

ううぅ!(ToT)

2007年5月17日 (木)

「夏への扉」と「マン島便り」

タイトル、知ってる人は知っている、パクリです(^^;)
内容とは・・・何の関係もありませんm(_ _)m

さて・・・
現場調査で下山、
070517kinokawasity 紀ノ川沿いは・・・
夏だった!
あっつぅ~~~!
あわてて、作業服の中に着込んだ長袖を脱ぐ(^^;)

そういえば、前回下山したのは、たしか5月の3日、
あの時も橋本あたりはもう初夏なんやな~と思ったものだったが、
2週間で夏になってるとは~!

高野はまだまだ夜になると寒いんやけどねぇ・・・

暖房?もちろん毎晩入れてます~(^^;)

最近ぼちぼち単車でどこかへと、
むずむずしてきてるのだが、
この時期の服装のチョイスって難しいんよねぇ・・・

早朝出発で深夜帰りだと、
真昼との気温差が25℃くらいになるもんね(笑)

ま、それがおもしろくて走り出す事もあるんやけど・・・(笑)

さて、いよいよ、ですなぁ~(^-^)

しかし・・・
もうちょっと落とさんと、
夏のウエアが着れんぞぉ~(ToT)

※マン島TT

「ライジングサンレーシング」からインフォが届きましたので、
ご紹介しておきます~
ニーラーさん、がんばってるかな?
***** インフォ ここから *****
TT サイドカー チャレンジプロジェクトチーム
ライジング・サン・レーシングご支援者各位

5月11日から13日まで行われたドイツの最終テストもお陰様をもちまして
無事終了いたしました。詳細についてはホームページにて後日ご報告申し
上げます。

さて、ご報告が1件あります。明日FM東京にて午前7時10分より放送の
”リポビタンD スポーツノンフィクション”にて3分間ほどドライバー渡辺選手
が生出演をすることになりましたのでご案内申し上げます。

今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

ライジング・サン・レーシング 一同
http://www5d.biglobe.ne.jp/~office-t/man-10/

***** インフォここまで *****

第11週+1日目の朝 
78.6g BMI 24.80
昨日±0g トータル+100g
減量100日目まであと31日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

あと1ヶ月、どこまで行けるか行けないか・・・

2007年5月16日 (水)

るんたの思い出

本日は、私の誕生日、
そして・・・
去年、るんたが逝った日でもある。
自分のトシなどどうでもよい、
(と、一度は書いたが、
 自分もまた一つの命として、
 この世に生まれさせてもらった日なのでした。
 両親、ご先祖様、その他諸々全てに感謝ですm(_ _)m
 でもやっぱり・・・)

今日はるんたの思い出に浸ろう・・・

るんは捨て犬だった。
雨のそぼ降る日にカミさんと娘が見かねて拾ってきたのだった。
http://homepage3.nifty.com/lunta/runta.html
070516lunkoinu あれは5年前の夏の事だった、
当初、衰弱が激しく、
育つかどうかわからない、と、
獣医さんに言われたのだが、
一所懸命ケアしたのが効いたのか、
幸い、すくすくと成長していった。
070516lunkoinu2_1  この頃、うちの家族はなんとなく、
ばらばらに過ごしていたように思う。
るんたの世話をする事で、
るん歩に一緒に行く事で、
家族の絆が深まったようにも思う。
るんたのおかげで、本当の家族になれた。
そう、思っている。
070516hatumoude 今でも時々カミさんと、
るんて、犬の形をしていたけれど、
何か別の存在やったんちゃうやろか?
そんな風に話す事がある。
私達家族を本当の家族にするためにやってきて、
どうやら何とかやっていけそうになったのを見計らい、
また、どこかの家族を助けに行った。
そういう風に思えてならないのだ。

るんたの出自は全くわからない、
070516lunneru
家の中ではとてもリラックスしていた、
しかし、
野生の呼び声を忘れた事もなかったようだ。

とにかく、よく、脱走するヤツだった。
070516lundasso2 あらゆる障壁を破壊し、
あるいは地面深く穴を掘り、
得意そうに脱走しては・・・


070516lundasso
山野を駆けめぐり、
ドロドロになって、帰ってくるのであった。

しかたがないのでその都度、洗うのだが、
その直後に再び脱走を試みる事もしばしばで、


070516lundasso3
恐縮はするのだが・・・

脱走への熱意は冷めなかった。

070516lunkusa2
草の種を一杯に付けて帰ってきた事もあった。


叱られると思うのか、帰ってくると縁の下へ直行、
070516lunwink しかし、のんきでとぼけたヤツでもあり、
得意そうにウインクまで!
なんだかこちらが、
遊ばれているような気にさせられた。
070516runhirune 捨てられた日のトラウマか、
雨が嫌いだった、
強く雨の降る日などは、
よく階段でふて寝していた。

070516lun
いつも、青空の下で自由に走り回る事を、
夢見ていたのかもしれない。

るんとの散歩を「るん歩」と呼んでいた。
るんは私達と一緒にるん歩するのも大好きだった。
雪の中を歩くのも・・・
070516lunyuki2
雪に鼻面を突っ込むのはもっと好きだった。
070516lunyuki




070516lun2
るん歩の途中ではお行儀も良かった。

私達と野生、どちらも好きだったのだろう。

070516lunhaku
家族といえば、
うちにいる、フェレット達とも仲良しだった。
トトがいくら突っかかって噛みついたりしても、
おとなしく、踏んづけないように遊んでいた。



070516lunkomatta
いろんな写真を撮った。
表情の豊かなヤツだった。


070516lunta
男前でええヤツだった(^-^)

070516lunonemuri
撫でてやると、
安心してぐっすり眠るヤツだった。

今朝、カミさんと二人で、るんたの墓へ参った。
けど、
そこにるんたはいなかった。
振り返ってみたら、やっぱり空にいた。
歌の文句じゃないけれど、
るんたは、雲や風になってた。

るん、これからも一緒やね、
ほんで、またいつか、
どこかで、会えるよな、

るんたに会えてよかったよ(^-^)
ありがとう、るん、

最後になりましたが、
昨年来、いろいろと励ましていただいたみなさんに、
心より感謝を捧げます。

ありがとうございましたm(_ _)m

第10週+7日目の朝 
78.8g BMI 24.87
昨日±0g トータル+300g
減量100日目まであと31日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

減るはずだったのだが、
銀のお祝いにかこつけて、
ビールを1杯・・・(。。 )\バキッ☆

2007年5月15日 (火)

銀 1歳 (^-^)

本日は、銀の誕生日である。
満1歳、おめでとう!(^-^)
2ヶ月ちょっとの時にうちへ来た時は、
172726279_158
こんな感じだったのが・・・



070405gin
今ではこうなった。
犬の成長ってつくづく・・・


そして明日は・・・
私の誕生日であり、るんたの命日だ。

るんたを喪い、いわゆるペットロスとなり、
寂しさから逃げるように東北へ行き、
人の情けに救われ、るんたの雲とも出逢えたのだった・・・

そして、7月、銀と出会った。
いきさつは↓に、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/07/post_28dd.html

るんたが逝った日の前日に生まれた銀、
東北でるんたに再会できたとはいえ、
それからもずっと、
るんたの生まれ変わりの犬を探していた私にとって、
るんたが逝ったちょうど一日前に生まれた銀は、
るんたの代わりではなく、新しい命として、
また、犬と暮らすという事を始めさせてくれた。

るんと銀、
比べる事などできようもない、
どちらもわが家の大事なパートナーだ、

さて、お誕生日のお祝いは・・・
070515ginbura

やはり、
たっぷりの、銀ぶら~(^-^)




第10週+6日目の朝 
78.8g BMI 24.59
昨日-400g トータル+300g
減量100日目まであと32日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

うむ・・・
先週食べ過ぎたので、食欲が無いだけ・・・かも?(^^;)

2007年5月14日 (月)

閼伽井戸の塀修理

「閼伽」井戸・・・
読めたらえらーい!(^-^)

てなことで、「閼伽」は「あか」と読む、
仏前に供えるもの、特に「水」の事を指す。
サンスクリット語の「argha」もしくは「arghya」の音写である。
(音写ゆえ、「閼」も「伽」も表音文字として使われていて、
 漢字自体の意味は関係無い)

ここでいつもの余談だが(^^;)
昔々・・・
『「閼伽」の「あか」はラテン語が語源の「aqua」(水)と同じ』
と聞かされた事があり、
(当時、一部の辞書にもそう書いてあった)
「なるほど~歴史を遡れば語源は一緒なんや~」と、
感動した事があるのだが、実は、これ、完全なマチガイ・・・orz

サンスクリット語の「argha」は「価値」
「arghya」は「価値がある」の意で、
「aqua」の語源は、そのまんま「水」。
つまり、「閼伽」は、
「価値のあるもの」から派生して、
「(価値のある)水」を指すようになっただけで、
「水」そのものを表す言葉ではないらしい。

閑話休題

で、なぜいきなり
「閼伽井戸」の語源から始めたかというと・・・

先日の「登天の松の囲繞」のほど近く、
六角経蔵の裏手に、伽藍の「閼伽井戸」があるのだ。
(ちなみに、奥の院にもちゃんと別の「閼伽井戸」がある)
これは、儀式用の「閼伽」を汲むための大事な井戸であり、
聖域となっていて、常人が近づけないよう二重に結界されている。

つまりまぁ、「閼伽」とはそれほど神聖なものなのだ、
という事を、書きたかったわけ(^-^)
070514aka1 で、その閼伽井戸を囲う塀が倒れてしまい、
笠木の一部も落ちてしまったので、
修理が必要になったのである。

そんな神聖な場所なのに、
神聖でないヤツが修理していいのか?
というツッコミはこの際、無視!(^^;)
070514aka1koke
←水糸を引いてみると、
塀が「く」の字に倒れているのがわかる。


070514aka3hikae1
原因の一つ、
控え柱の根本が腐食してしまっている。


070514aka3hikae2
てなことで、控え柱を新しい材で挟み、
さらに、「枷(かせ)」を入れて、
浮いてこないよう、沈まないよう、固定する。

070514aka3hikae3
併せて、塀の柱にも「添え木」をし、
補強する。

070514aka5syusei
修理後の塀、
水糸はまっすぐになった(^-^)

この後、笠木を新調して完成の予定。
黄○で囲んでるのが内側の結界。
その奥には・・・
聖なる「閼伽」の井戸がある。(^-^)

第10週+5日目の朝 
79.2g BMI 24.99
昨日-500g トータル+700g
減量100日目まであと33日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.63kg

減るには減ったが・・・
どーんと増えて、トータルでちょっとずつリバウンド、
このパターン、どうにかしなくちゃね~っ!

2007年5月13日 (日)

春山の銀ぶら

070513gin1
いつもの山にて、
ちょっと訓練・・・つーか、銀と遊ぶ、
長年指導してきたリトミック等のレッスンのせいだろう、
やることにメリハリを付け、集中させるのは、
カミさんの方がはるかに上手だ、

一緒になって遊ぶ雰囲気なので、
銀も嬉しそうに
「オスワリ」「マテ」「コイ」「モドレ」等々にちゃんと反応する。
070513gin3
ジャンプするタイミングに合わせて撮ってみた(^-^)



070513gin2
もう一枚~(笑)

次回は高速シャッター付のデジカメで撮ってみよう。

続いて春山を銀ぶら、
070513gin4
カミさんと前後になり、
互いに「コイ」で銀が往復。
私達は数㎞しか歩いていないが、
銀はおそらく5km以上走っただろう(笑)
しかし、それでも午後からも銀ぶらをねだるあたり、
さすがはボーダー?(^^;)

しかし、こっちは、
溜まった仕事が待っているのでありました・・・(ToT)

第10週+4日目の朝 
79.7g BMI 25.15
一昨日+1200g トータル1200g
減量100日目まであと34日
ミドル級(72.57kg)まで、あと7.13kg

ぐはぁ~~~!(ToT)
さもありなん・・・(。。 )\バキッ☆

2007年5月12日 (土)

バスで その3(由志園)

さて、松江に名残を惜しみつつ、
中海に浮かぶ、大根島へ向かう、
ここには日本有数の牡丹と高麗人参の生産地であり、
名庭園としても有名な、「由志園」がある。
070512yu4tizu



070512yu1
回遊式庭園に一歩足を入れると、
目の前には・・・
約1万坪の庭の手入れはすべて人力で行われ、
園内から出る生ゴミ等は、
全て堆肥にして再利用しているとの事、
ここでもバイオマスの実例を見ることができた(^-^)

070512yu2niwa2現在では橋がかかり、
陸続きで来られるようになっているが、
この庭が作られた頃は「島」であり、
大変な苦労の上に、完成されたとの事である。

建設半ばで世を去った、門脇由蔵氏の志を顕彰するため、
「由志園」と名付けられたのだという。
庭園途中には温度管理を徹底し、
一年を通して牡丹を観賞できる、「牡丹の館」もある。
070512yu3yane
すばらしい庭を愛でた後は、
同じく庭園内にある料亭にて昼食、
折置きの屋根が美しい。

070512yu5syokuji
昨日から食べ過ぎ飲みすぎ(^^;)なので、
お昼は軽く・・・(。。 )\バキッ☆
何やらビール瓶とかお銚子が写ってるが、
それはきっと目の錯覚?・・・(。。 )\バキッ☆
070512yuniwa
だって、こんな庭眺めて食べてたら、
ちょっと一献・・・
ってな気分になるでしょ~(^^;)
で、食後は、高麗人参のいろいろを見学、
070512yu2500
これ、約500年生らしい・・・w(゜o゜)w
通常の高麗人参でも、
出荷までにはまる6年かかるそうだ、
しかも、一度収穫したら、
その土地へは、以後20年は植えられないとの事、
それほど、高麗人参って、土地の栄養やミネラルを、
吸い尽くしてしまうものなのだそうだ、
滋養強壮の塊で、免疫力も高めるとの事。
いかがです?みなさん(^-^)

てなことで、感心しきりの由志園を後にして、
今度は境港へ、
070512sakitaro
昨年の11月、「縁結び松江」ツーの時、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/11/post_4a8f.html
遠目で見ただけだった、「がいな鬼太郎」をまじまじと見る。
(「がいな」は「大きい」の方言:水木しげる氏命名)
う~ん、満足~(笑)
070512kitaro 店内では、
鬼太郎とねずみ男のフィギアも販売中~
思わずグラっとしかけて・・・
値段を見たら・・・
まさに妖怪に出くわした感じぃ~{{{{(+_+)}}}}
もうちょっと小さくていいから・・・ねぇ・・・(^^;)

てなことで、研修はすべて終了~
一路、高野山を目指したはずなのだが・・・

なぜか・・・
070512yakiniku
最後はやっぱりこれかーい!
(。。 )\バキッ☆
(。。 )\バキッ☆
(。。 )\バキッ☆

明日の計量が、ひたすら・・・{{{{(+_+)}}}}というお粗末。

ちゃんちゃん。

バスで その2(堀川めぐり)

  0705121asahi 昨日の研修、そして夜と、
いかに真面目であったかは、
この日の出が照明してくれている(^^;)
なぜなら、あんまり早く寝たものだから、
午前五時前に目が覚めてしまい、
日が出るのをじっと待っていたくらいなのである(笑)
決して、飲みすぎたので喉が渇いて目が覚めたのではない(^^;)
070512adaisen てなことで、伯耆富士、大山を眺めつつ、
本日の研修・・・
つーか、本日は観光!に出発~

070512ho1hori てなことで、
一回は体験した070512horikawaeかった、「堀川めぐり」である。

松江城をとりまく、内堀、外堀を、
小舟で約50分かけて遊覧する。

070512ho1 松江城は背後を天然の要害である、
水路に守られ、城壁が無い部分があり、
そこは木々に覆われてほとんどジャングルクルーズ気分?
070512ho1jouheki
外堀へ回ると、江戸時代の城壁が現れ、
大小十数の橋をくぐっていく。

070512ho2noここは汽水域であり、
干満によって水位が変わるので、
橋のくぐり方にも工夫がある、
すなわち・・・

070512ho2tatamikake 船の屋根が可動し、
低くなるという具合、

070512ho3

高さだけでなく、巾も狭い水路だと・・・

070512ho2tatami

側もぎりぎりで、スリル満点!(^-^)


で、船頭さんに、
「これ、ぶつけたりしないんですか?」と聞いてみると、
070512ho2hu 『ふっふっふ・・・下手はぶつけますよ、下手はねぇ』と、
余裕の返事(笑)
そして、名調子であちこちを案内して下さる。

070512ho3nanjamonja『あれは何の木かわかりますか?』と聞かれ、
でっかい馬酔木?かなと思ったら、
これこそが「ナンジャモンジャ」の木であった(^^;)
非常に珍しい木だそうで、興味のある方は、
「ヒトツバタゴ」で検索してみてちょうだいませ、

070512ho5tidorijo ほどなく、千鳥城とも呼ばれる、
松江城が見えてきた。
江戸時代、舟で出仕する武士もいたそうなので、
その時もこんな風景が見えていたのだろうなぁ・・・
070512ho4ohori

お堀ぃ~という雰囲気満点の石垣、



070512ho4aosagi
こういう所では、
普段は、にっくき、お寺の鯉盗人野郎、
アオサギも情緒を盛り上げてくれるように思える(笑)

070512ho4siominawate1
そして、これぞ江戸屋敷~
ええ雰囲気やーん\(^o^)/


070512ho4edo そして船頭さんが、
『ちょっと振り返って見て下さい』

『ここの景色は、江戸時代のままなんですよ』との事、
おおぉ~と納得~!(^-^)

昨年の11月に続いて訪れた松江、
やっぱりええとこでした~(^-^)

つづく、

第10週+3日目の朝 
計量できず
減量100日目まであと35日

しかしでもたぶん・・・
めっちゃ増えてるやろうなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

バスで

高野山建築協会の研修中

2007年5月11日 (金)

バスで その1

070511t1bus バスに乗って・・・
高野山建築協会の研修なのだ、
あ・く・ま・で、「研修」なのだー!(^^;)

で、まずは岡山県は真庭市へ、
ここは市をあげて、バイオマス事業に取り組んでいる自治体である。
「バイオマス」については、ご存知の方も多いだろうが、
思いっきり簡単に言うと(^^;)
動植物から生まれた有機資源全般
(例;木くず、家畜排泄物、生ゴミ等)を指す言葉で、
バイオマスから得られるエネルギーを、石油等の化石燃料に代替することで、
二酸化炭素の排出量を削減し、
地球温暖化の防止などの環境問題や、エネルギー安全保障、
そして、資源の循環利用に貢献を目指すものである・・・らしい(^^;)

さて、今回、見学させていただいた「銘建工業」さんでは、
木質バイオマス事業として、集成材や檜を製材した残材で、
自家発電を行い、工場全部の電力を賄った後、
余った電力は電力会社に売っているのだそうだ。

070511t2 まずは、基本構想のレクチャーを受ける、
070511t3 で、案内用の無線ヘッドフォンとヘルメットを装着し、
いざ工場内へ、
070511t4 





070511t5 この巨大なサイロの中で、廃材を燃やして蒸気を発生させ、
タービンを回して火力発電を行っている。






070511t6mill ここでは、化学物質を一切使わず、
木材に含まれるリグニンという成分を熱で融解して固着させ、
ペレット状に加工したものも製造されていて、これは発電燃料としても使用されている。
070511hikiniku これが3ローラータイプのペレット製造器の内部、
要はデカいミンチ製造器みたいなもんで、
にゅるにゅると↓みたいなペレットが出てくるのだ。
070511t7mill
できたて、めっちゃ熱い!(笑)
(ちなみに、これ猫砂にも良いそう(^-^))

ん?しかしそれでは、やっぱり「火力発電」であり、
二酸化炭素の削減にはつながらないのでは?

と、ここで「カーボンニュートラル」という考え方が登場する、
つまり、有機物であるバイオマスを燃焼させて発生する二酸化炭素は、
そのバイオマスが成長過程で光合成により、
大気中から吸収した二酸化炭素に由来するため、
全体として見れば大気中の二酸化炭素量には増減が無い、という考え方だ。
一方、石油等、化石資源に含まれる炭素も、
かつての大気中の二酸化炭素が固定されたものだが、
化石資源が生産されたのは数億年も昔のことであり、
現在に限って言えば化石資源の使用は、
大気中の二酸化炭素を増加させているので、
化石資源についてはカーボンニュートラルではないとされる。

う~ん、しかし、それちょっと、
京都議定書なんかのための帳尻合わせっぽい気もするぞ(^^;)
でもって、熱帯雨林などを伐採し、輸入した材で行っている場合、
ほんとに「カーボン(炭素)がニュートラル(中立)なのか?」という疑問も浮かぶが、
やらないよりやった方が良い、のは当然だし、
これを足がかりに技術を改良していくというのが必須でもあると思われる。
もちろん、自分の仕事と普段出してる廃棄物についても、
色々考えさせられるのであった。

ね、真面目に研修してるでしょ?(^^;)

続いて、国指定文化財の、「旧遷喬(せんきょう)尋常小学校」の見学、
2000年まで実際に使われていた建物で、
11月に公開される、「ALWAYS続・三丁目の夕日」のロケも行われた建物だ。
070511sekyo5
今も元グラウンドで子供達が野球に興じていた(^-^)
こういう風景はいいね、
なんで、使い続けなかったのだろう・・・
大人の事情か?(^^;)
070511senkyo1 教室なんかもそのまま使えそうな雰囲気。
(実際、今でもマンガ図書館等として、
 市民に利用されているらしい)

070511senkyo2 特筆すべきは2階にある講堂、
繰り上げの天井なんか、感涙ものだ。


基礎にも明治の洋風建築のたたずまいがそのまま残っている。
070511senkyo4
(ちなみにこのレンガの積み方は「イギリス積み」
 これと反対に上下端が、
 短いレンガで仕上がってる場合は「オランダ積み」)

てなことで、真面目な真面目な研修1日目、終了、

皆生温泉にて疲れを癒す。

ちゃんちゃん。

第10週+2日目の朝 
78.5g BMI 24.77
昨日±0g トータル±0g
減量100日目まであと36日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

現状維持が続くって、
何かかえって不安定な気分・・・(笑)

2007年5月 9日 (水)

囲繞とオンゴロとダボ

タイトルの意味がわからん?(^^;)
まぁ読めばわかるのだが・・・
いつも以上に長いよ~(笑)
070509inyo1 さて、まずは、めでたく出来上がった、
例の十角形の囲繞~\(^o^)/
加工の苦労は↓参照
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/04/post_715c.html

070509inyo2
現場で控え柱用の穴を掘る、
と・・・


070509inyo3ongoro ひょっこりお出ましになったのが、
「オンゴロ」~
当地ではセミの幼虫をこう呼ぶ、
「オンゴロ」って、
地域によっては、「もぐら」の事だったり、
佐渡では「おんごろべ(い)」でメダカの事だったり、
オタマジャクシの事だったりするらしい。
ここで余談だが、
私は「日本語のルーツはポリネシア系である」
と思っている。
いきなり何を言い出すのやら?と思われるかもしれないが(^^;)
昔からある言葉の多くは、
その語源をポリネシア語に見つける事ができるからだ。
ほんまか?と思われる方は↓をご参照願いたい。
めっちゃおもしろいよ~(^-^)
http://www.iris.dti.ne.jp/~muken/index.html
↑「うだつ」についても矛盾なく説明されてて、納得!(^-^)

で、余談はさらに続く・・・
小さい頃から「オンゴロ」は「オンゴロ」であり、
なぜそう呼ぶのか気にもせずにいたところ、
確か高校生の頃、諸星大二郎さんの作品で、
「オンゴロの仮面」というのに出会った。
パプアニューギニアが重要な舞台になるのだが、
「なぜにここにオンゴロが?」と不思議に思ったものだった。
しかし、そいつについて調べるすべもなく、さらに数年、
ふと、「オンゴロ」は「淤能碁呂」の事ではないかと・・・
(と、このあたりから妄想が始まるのだが・・・(笑))
「淤能碁呂」は「おのころ」、そう、イザナギ、イザナミの両神が、
最初に産み出した島の名前だ。
生命の源、としての「おのころ」が訛り、
さらに土の中にいる命、脱皮して新しい生命になるもの、
そういうものの総称を「オンゴロ」と呼ぶようになったのではないだろうか?
そんな風に考えるようになったのだ。
もっとも、他の事例が少なすぎ、
妄想の域を出ない話ではあるm(_ _)m
しかしやっぱり自分的には、
「オンゴロ」は「新しい命の塊」というような解釈なのである。

てなことで、オンゴロ様にはその生を全うしてもらうべく、
鄭重に土の中に帰ってもらった。
体表の色からして、またもうすぐ自ら出てくるものだと思う(^-^)

070509inyo5_1 さて、それぞれを十角形に組んでいき、
横に通した貫(ぬき)を「ダボ」で固定する。
ダボの正確な意味は、
それ自体で木材や石材同士接続する、
円柱形の部材の事を指すが、
当地では、丸い棒状の部材はすべて「ダボ」と呼んでいる。
この場合、ダボ穴をあけ、木ねじで固定した後、
ダボを打ち込み、画像にあるように余分をカットし、
最後に表面を仕上げて出来上がり~である。
(これだと「木栓」ではないか?と思われるかもしれないが、
 「木栓」は埋木として跡がわかりにくいよう板目を見せるが、
 この場合は、後々の修理のためにも木口を見せているので、
 やはりダボである)

で、この「ダボ」
「太枘」と書くのだが、
もともとドイツ語の「Dübel」の事であり、
でゅーべる?が訛って・・・ダボ、と呼ばれるようになったという、

ちなみに、私はもうそんな事は言わなくなったが(^^;)
「このダボがぁ~っ!」と、叫んだりする時のダボは
駄法螺(だぼら)が訛ったもので、全然関係無いはず・・・?(^^;)070509inyo6

てなことで、
既存の囲繞にかぶった土をどけたら、
出てきた礎石に合わせつつ、
土がかぶらないよう束木で土台を持ち上げ、
後は控え柱を入れるだけ~(^-^)v

ん?で、なぜにあのタイトル?
それはですなぁ・・・
平安時代ゆかりの囲繞の工事に、
ポリネシアとドイツ由来の言葉が混ざり込むってのが、
外人さんもようけいらっしゃる高野山らしくて、
何かおもしろかったからであります~(^-^)

ちゃんちゃん、

第9週7日目の朝
78.5g BMI 24.77
昨日±0g トータル±0g
減量100日目まであと38日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

変わらず・・・
いや、変えられず・・・か・・・

2007年5月 8日 (火)

雲の修理

070508kumo1 修理のご依頼を承った。

さて、何でしょう?

070508kumo3 ここから落ちてきたらしい、
よくぞ誰かに当たらなかったものだ。
(もっとも、ここの下は普段立ち入り禁止の場所)
てなことで、これは屋根の鬼の雲の一部でした。
「巴」の形になってるのは、
この場合、雲の一部として「水」の象徴であり、
火災除けのまじないの意味があるのだと思われる。
070508kumo2 長年の風雪により、
固定していた釘が腐食し落下したもよう、
その時の衝撃で中身の木がバラバラに・・・
で、木型を再生、銅板で葺き直す。

さて・・・
070508kumo6 ここはどこの屋根でしょう?
この画像でわかった人は、
よほどの高野山通だ。
まいら~さんならわかるかな?

070508yane 何しろ高いんだぜ~
ガクガクブルブルもんなんだ~(>_<)
箱棟上と右の黄○の人物で、
大きさと高さを想像してみてね~(^^;)

070508kumo4 
命綱を付けて、作業~
写真撮るのも命がけ?(^^;)


070508kumo7
無事に装着完了~(^-^)



070508kumo8_1 念のため、反対側もチェックしてみると、
こちらは、雲の外側が外れかけてる、



070508kumo9
てなことで、こちらも補強完了~(^-^)



てなことで、場所は、奥の院の燈籠堂の屋根でした。

めでたしめでたし(^-^)

第9週6日目の朝
78.5g BMI 24.77
昨日-200g トータル±0g
減量100日目まであと39日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

ふぅ・・・
羽織袴&下駄履きで歩くと減量に効果あり?(^^;)
で・・・本日減量4年目だ~(^^;)

2007年5月 7日 (月)

旧正御影供

本日は、旧暦の3月21日、
旧正御影供(きゅうしょうみえく)である。
3月21日は、お大師さんが「入定(にゅうじょう)」された日であり、
奥の院と伽藍にて法要が行われるのである。

「入定」については、
高野山真言宗の根幹とも言える信仰?思想?であり、
つまり、お大師さんは、この世に生きる全ての人の悩みが尽きるまで、
奥の院の御廟の中で祈り続けている・・・というものだ。
だから、3月21日はお大師さんの「命日」ではなく、
「入定」された日なのである。
そのため、1200年間にわたり、今でも1日2回、
(早朝と昼前、昔、僧侶は午後からは食事をしないものだった)
お大師さんには食事が供えられ続けている。
この思想は、「同行二人」として、お遍路さんにも浸透している。
つまりいつでもお大師さんが一緒にいてくれる、という事なのである。
この信仰と、釈迦入滅から56億7千万年後、
弥勒菩薩が現れて民を救うという「弥勒信仰」が合体し、
「奥の院にて、お大師さんと一緒に弥勒菩薩の降臨を待つ。」
という新たな信仰が生まれたのが、
現在、奥の院に数十万基のお墓がある理由の一つなのである。

つまり、高野山は、
お大師さんが目指した「密教」の修行道場、であり、
お大師さんその人を信仰の対象にした聖地、という、
いわば2重の構造を呈しているのである。

閑話休題。
で、毎月、21日には、御影供(みえく)として法要が行われ、
(「御影供」とは「みえいく」であり、通常、故人を祀って供養する事だが、
あくまでお大師さんは「故人」ではない。
というのが高野山真言宗の思想なので、
この点、説明するのがちょっとヤヤコシイ(^^;))

で、新暦3月21日は、祥月なので「正御影供」が行われ、
さらに、旧暦の3月21日、つまり今年は本日、
「旧歴」の「正御影供」なので、「旧正御影供」が行われるという次第。
これもありていに言えば、「旧正御影供」が数ある御影供の中で、
一番派手な行事でもある。

070507mieku0まず、午前9時から奥之院・燈籠堂にて、
お大師さんの身代わりである法印さんの御導師により、
旧正御影供の法会が厳修され、
(この時は豪華絢爛な袈裟を身にまとっていらっしゃる)

070507mieku1_1



070507miekuさらに、午後1時からは伽藍御影堂にて、
同じく旧正御影供の法会が厳修される。
(この時は、その昔、醍醐天皇より下賜された故事にちなむ、
檜皮色の御衣をまとっていらっしゃる)
本年の法印さんは無量光院の、土生川 正道 大僧正様。

070507mieku2さて私はというと、昨年に引き続き、
脇侍(わきざむらい)として出仕をおおせつかった。
これも昨年書いたけど、ひらたく言えば、
法印さんの御輿のそばを歩くだけ(^^;)
といっても、たくさんのお参りの方々から、
信仰篤き眼差しが次々と注がれる行列でもあり、
こちらとしても粗相のないようにと、緊張する。

昨夜来の雨で道中が心配されていたが、
ちょうど行列が出る前にすっきりと青空が広がり、
もちろん、みんなが「お大師さんのおかげやなぁ」(^-^)070507miekuobi

で・・・
←若干袴が不自然なのは、
日頃の行いが出たのか、
道中、急に帯が解けだし、
冷や汗をかきつつ、右手で帯を押さえて歩いているのであった・・・(>_<)

プチ罰・・・?(。。 )\バキッ☆

以上、画像は、すべてまいらーさんのご提供である、
ありがとうございます~m(_ _)m

第9週5日目の朝
78.7kg BMI 24.83
昨日-300g トータル+200g
減量100日目まであと40日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

ぎ、銀ぶらが効いた?(^^;)

2007年5月 6日 (日)

銀ぶらを待ちかねて

二日続けての飽食に、
今日も体重を量らんとこ、と思ったのだが(。。 )\バキッ☆
「そんなこっちゃあかーん」と思い直し、
おそるおそる量ってみたらちょうど1kg増えていた・・・
やっぱり!(ToT)

こうなったら、銀ぶらじゃ~と思ったのだが、
朝からけっこうな降りで、出るに出られない。
銀は濡れても平気だとは思うが、
万が一、風邪でもひかせたらって過保護?(^^;)

夕方になり、ようやくやんだので、いそいそと銀ぶらへ、
待ちかねていた銀もご機嫌で、草むらやら藪やらへ突入!(笑)

銀、なんぼ濡れてもええよ~( ̄ー ̄)ニヤリ
お風呂が待ってるもんね~(笑)

てなことで・・・
070506gin1
最近では暴れる事もなく、
すっかりお風呂の手順を覚えたようで、
おとなしくシャンプーできるようになった(^-^)
070506gin2
じっと佇む?事もできるようになり、
写真が撮りやすい(^-^)

体を先に洗い、頭を最後にすれば、
ブルブルもせず、おとなしくしている。
070506gin3
どこか痒いとこございませんか~?(笑)

070506gin4
銀自身、
シャンプーのすすぎ水を舐める余裕さえ出てきた(笑)
070506gin5
ネッシーの真似もできます~(笑)


070506gin6_1 お風呂からあがると、
ご機嫌で、
『もう終わりでしょ、はよ拭いて~』
ってな具合(^-^)
070506gin7
フサフサになって、
あとは・・・
『ご飯まだ~?』(笑)

めでたしめでたし(^-^)


第9週日4目の朝
79.0kg BMI 24.93
一昨日+1000g トータル+500g
減量100日目まであと41日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

ふっふっふ・・・
やっぱり!(ToT)

2007年5月 5日 (土)

黄金セット?(笑)

昨夜はパーティの後、
真面目に直帰しようとしたのだが、
司会者ゆえ食べるものも食べられず、
隠れて飲んでばかりいた「ベロベ亭長」さんのリクエストで、
帰りがけに、
ラーメン、チャーハン、ギョーザに生ビールの黄金セット・・・(。。 )\バキッ☆

朝、あまりの恐怖に体重を量れず(^^;)
ひたすら銀ぶらを敢行!
朝、1時間半、
昼、1時間
さらに夕方、カミさんと一緒に、銀ぶらを兼ねて買い物に・・・
これも「銀ぶらの黄金セット」?(笑)
で、バラとハラミと骨付きカルピの、
これまた、焼き肉黄金セット(^^;)を買い込んで来て・・・
070505yakiniku
わが家自慢?の、
石板にて焼き肉~!(^^;)
もうこうなったら、食べて飲んで食べて飲んで~(。。 )\バキッ☆
で、誰が言い出したか、この後、
久しぶりに家族で「七並べ・大富豪・GREED」ゲーム黄金セット大会~(笑)
ちなみに七並べだけで、3時間連続(笑)

こどもの日は、こどもにかえるんじゃ~(^^;)

でもやっぱり、美味しかったし楽しかったです、はい(^^;)

てなことで、連日の飽食で、リバウンド黄金セット完成?(ToT)

明日も体重、量らんとこっと・・・(。。 )\バキッ☆

第9週日3目の朝
パーティの後、ラーメンとチャーハンとギョーザと・・・
生ビール・・・(。。 )\バキッ☆
恐くて量れませーん (。。 )\バキッ☆
減量100日目まであと42日
ミドル級(72.57kg)まで、すんごく遠い!(ToT)

2007年5月 4日 (金)

おめでとう!\(^o^)/

070505m3
ふっふっふ・・・(^^;)
いきなりなんでこんな画像かというと・・・

本日、友人である
「しんぼ~」の結婚披露パーティにて・・・
ご披露したのである(笑)

そもそもこのパーティ、新郎の強い要望により、
『友人知己に集まってもらい、
 なるべくめちゃくちゃにやってほしい』(^^;)との事、
だから、新郎新婦の入場のアナウンスとともに・・・
070505m1
浴衣姿で踊りながら登場~!



070505m2 しかし、なんぼなんでも、
彼と彼女は新郎新婦ではなく、
司会者のお二人、
男性の方はこのブログでもお馴染み、
亭長さんである。
この時点で一回酔いきっているというのがスゴイ(^^;)

070505m2aisatu さて、こちらが、本日の主役と、
真面目に挨拶される新郎側主賓。

070505m2aisatu1 新婦側の主賓の先生は、
医者としての守秘義務を無視し(^^;)
新郎のお母さんの気持ちを、
形態模写にてご披露、
これがまた上手~!(^-^)
070505m2kanpai 新郎の同級生であり、
元プロボクサー、
そう、私のジムの師匠が、
乾杯の発声、
『めちゃめちゃ緊張しますわ~』と、
ビビったふりをしつつ、
第一声が・・・
『本日は・・・晴天なり!
あ、すんませーん、舞い上がってます~』(笑)
ちゃんとボケるあたり、さすがは変態ポーカー出身!(謎)

てなことで、お酒が入ってからは・・・(笑)
070505m2video
同日、挙行された結婚式のビデオが流れる中、


070505m2kigae
すでに、舞台裏では、
パフォーマンスに備え、
着替えとリハーサルが(笑)

070505m3josibu てなことで、「女子部」登場~
妙齢のお嬢様方なのだが、
そこはそれ、
ちゃんと芸風が確立している(笑)

で・・・
不肖ワタクシめのギターの生演奏・・・(^^;)
ただし4コードだけ(笑)
つまり、普段ギターなどとは縁のない私が、
この日のために一生懸命練習してきましたというフリで、
ナガブチ風イントロを務め・・・
いよいよ歌が・・・ってところでいきなり、
会場中の約3分の1の参加者が、
着ぐるみ・かぶり物・サングラスで・・・

「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」を踊り狂うという具合(笑)
(これはもう、ホント、
 2週間前から、一所懸命みんなで練習したのだ(笑))

これが・・・
おかげさまでタイミングよくツボにはまったようで、
会場中大うけ!(笑)
アンコールの大合唱が巻き起こり、
2回踊って汗だくふらふら~(笑)

しかし、残念な事に、関係者全員が踊り、
2回目なんかは、
他のお客さんも立ち上がって踊り出したくらいなので、
画像が1枚も撮れてない(笑)
熱狂の雰囲気をお伝えできないのが残念である。
070505m3taro
踊る前、
総裁さんのサングラスを、
かけてご機嫌の太郎君画像・・・(笑)
070505m5teityosan
踊った後、
ずっとDJOzma風で通した亭長さん(笑)

ちなみに私は、みんなの踊りがいきなり始まって、
とまどいつつも・・・
司会者の演台に隠していたかぶり物とサングラスで、
同じく踊り出す~という進行。
070505m6 まぁ・・・
かぶり物&サングラスで、
こんな感じですわ(^^;)
もう、何か恐いもん無し状態で、
ちょっと癖になりそうです・・・(笑)

当初、女子部のパフォーマンスからいきなり踊りという、
プログラムだったのを、
「それでは緩急が付かんから、
 間にちょっと真面目そうなのを入れたらええんちゃうの?」と、
企画を出して墓穴を掘ったというわけ(ToT)

つまりこの場合、ギター演奏は。
イントロだけでもそこそこの出来でないと、
その次にいきなり始まる踊りへの緩急にならないため、
それこそ必死で練習したのである。

手首折れそうやったで、マジ・・・(ToT)

070505m5band
てなことで、フィナーレは、
総裁さん、亭長さんを始め、
いつものメンバーによる、真面目な演奏(^-^)
「がく」君の心に染みいるボーカルが、
二人の門出を祝ってくれました。

そして・・・
みんなでもう一回踊ってお開き~(笑)
新郎新婦も喜んで一緒に踊ってくれました~(^-^)

みなさん、お疲れさん~

お二人さん、末永くお幸せに~(^-^)

超!めでたしめでたし~\(^o^)/

第9週日2目の朝
78.0kg BMI 24.61
昨日±0g トータル-500g
減量100日目まであと43日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.43kg

ここが我慢のしどころ・・・
だが、本日は・・・結婚披露パーティ・・・(^^;)

2007年5月 3日 (木)

満足まんぞ~(笑)

今日はおそらく、
GW中、もっとも天気の良い日になりそう、
だから・・・
走るーっ!
でも、仕事も溜まってるからちょっとだけ・・・
ホンマ、ちょっとだけ・・・(^^;)

てなことで、LTで出発~
なぜ、渋滞しそうな日に、LTなのか?
つまり、それは・・・
今までLTで出かける時ってのは、
予定がだいたい決まってるツーリングがほとんどで、
短時間でも「あてどなく走る」ってのが無かったのだ。
そして突然、今日、それをやってみたくなっただけ、
070503lt1
ま、天の邪鬼と言えば天の邪鬼?(笑)

でも、やっぱり、まともに、
GW渋滞に出くわすのはイヤだから(笑)
湯川道をチョイス(笑)
予想通り、車影は無く、値千金の眺め~\(^o^)/

橋本へ行くのに、かつらぎ町経由で農免道路を通る、
これも渋滞を避けるため(^^;)
ここも予想通り、車影が薄い、
う~ん、GW渋滞をかわしつつ快走するなんて、
なかなか老獪?(笑)
070503lt2 しかし、青空の下、
LTで「流す」って、これほど快適だったとは~!
目から鱗でございます~(笑)
5年かかって、やっとわかった?
まだまだわかってない?
そんな事ドーデモイイから、
この気持ち良さにひたりまくろう~\(^o^)/
ありがとうございます~
で、調子こいて(^^;)
ヒミツ基地でSに乗り替え、
帰路につこうとしたら、
カミさんからメールで指示が・・・
『できたら、フェレット用フード、藁、マットよろしく』
ガーソ!
070503f3
LTなら楽勝だが、
これ、Sに全部積めるんかいな・・・?(^^;)
(私は買ってしまってから悩むタイプです(笑))

070503f1 てなことで、今回判明したのは、
Sの可変サイドパニアには、
チモシー牧草がきっちり収まるって事(笑)

070503f2
フードも左パニアに収納できたのだが、
問題はマット、
圧縮した木屑なのだが、その固さゆえ、
パニアに押し込むわけにもいかず、
リアシートに載せる事にした。
颯爽とSで快走!と目論んでいたのだが、
お買い物車になってしまった~(笑)
ちなみに、木屑ならなんぼでもあるやろ?
と思われるかもしれないが、
うちにある木屑は檜に杉に松に槙、栂・・・
つまり、全部「針葉樹」ゆえ、フェレットには向かないのである(^^;)
070503s1
で、再び湯川道を上り、
ついでに(笑)
内子谷を散策、
もうこの時点で午後からの仕事は放棄(。。 )\バキッ☆
すまんごめん勘弁して~m(_ _)m
GWやん、ね、ね、ね~(^^;)

070503juutai
というのも、
街中は予想通り、
というか、予想を超えた渋滞ぶり(^^;)
これでは仕事になりませんがな~(>_<)

家にフェレット用グッズを持ち帰り、
『頼んでから、無理やろな~って思ってたのに、
 どないやって積んで来たの~』と、
カミさんに誉めて貰った(笑)
で、ご機嫌なのを見計らい(。。 )\バキッ☆
かねて、ユーロネットの大安売りの時に(笑)
買い込んでたS用グッズの取り付け~
070503s21 070503s22

070503s23






スクリーンとフロント・リアのフェンダーである。

無事装着後、もう、こうなったら、
龍神へ行くしかあるまい(笑)
スクリーンの整流効果も見極めなければ、ね!
てなことで・・・
070503s3 あいにく、夕焼けは見られなかったが、
とても、とても心落ち着く夕暮れを迎えられた。

はぁ~満足まんぞぉ~(^-^)


めでたしめでたし。

第9週日1目の朝
78.0kg BMI 24.61
昨日±0g トータル-500g
減量100日目まであと44日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.43kg

いやしかし、こつこついくしかないのよね~(^^;)

2007年5月 2日 (水)

銀三態

朝の散歩中、
銀が急に立ち止まり・・・
070502ginnani
何がおるん?と見上げてみれば、
070502ginkarasu
ハシボソガラスなり~(笑)

「銀、恐いんか?」と聞いてみると、

070502gin
『へ?まさかぁ~』
だって(笑)


070502ginkusakari
家の前で放してやると、
溝の草刈りに余念がない(笑)

070502gindash
そして、ダッシュ!
犬は嬉しいと尻尾を右に振るそうだが、
銀の場合、ぐるぐる回転させるのである(笑)

てなことで、本日の「さて何でしょう?」

070502sate
GMご夫妻をご案内して、
金剛峯寺を内観、
新別殿にて、
『この額、何に見えますか?』から始まる、
法話をお聞かせいただいた。

さて、何に見えます?(^-^)

答は・・・連休明けにでも、

第8週日7目の朝
78.0kg BMI 24.61
昨日-100g トータル-500g
減量100日目まであと45日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.43kg

飲んだけど、適量だったのと精進料理で・・・(^^;)

2007年5月 1日 (火)

語り部?(^^;)

070501sidare いちさん倶楽部の、
(CB1300倶楽部)
GMご夫妻ご来山~(^-^)
じっくり高野山を、とのご所望により、

まずは・・・
070501okunoin 奥の院全域見て歩き~(^-^)
あいにくの空模様だったが、
午後からは天候も回復し、
一の橋から中の橋を経て御廟へお参り、
新道側も歩いて奥の院を堪能~(^-^)
お二人とも歴史好きで、大名墓を見ながらの話も弾む、
私も久しぶりにお大師さん信仰と弥勒信仰の合体等、
アヤシゲな(^^;)ガイドをしつつ、のんびりてくてく歩かせてもらった。
企業墓では、日産とか新明和工業のロケット墓、
あとは「しろあり」の供養塔などに興味を示された様子。
そのまま伽藍へ移動して、今度は神仏習合についてひとくさり(^^;)
夜は宿坊にて、夕餉をお相伴、
070501yuge
リクエストした生麩もちゃんと出してもらえ、
満足まんぞ~(^-^)


070501daito
ほろ酔い加減(私だけ(^^;)、
ご夫妻はあまり嗜まれない)で、
ライトアップされた大門・大塔見学。

このライトアップ、
星好きの方々には『あれは光害』と、
極めて評判が悪いのだが(^^;)
他にも散策されてる参詣の方も多く、
両立するってのはなかなかムズカシイもんだなぁ・・・などと・・・(^^;)

てなことで、極めて平和な半日でした。

めでたしめでたし。

第8週6日目の朝
78.1kg BMI 24.64
昨日-200g トータル-400g
減量100日目まであと46日

減ったけど、長い足踏みやなぁ・・・(^^;)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ