サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

鬼と棟と垂木の補修

070630kyo1_1
江戸時代に建てられた経蔵



070630kyo2300年近い風雨にさらされ、
数本の垂木(たるき)の鼻先が、
腐食して無くなってしまっている。

070630kyo3 070630kyo4 拡大すると、

溶けたように腐食してるのがよくわかる。


070630kyo5oni
鬼と棟にも苔がびっしり・・・


この度、檜皮の葺き替え工事が行われる事になり、
当社は、鬼と棟と垂木の補修を、担当させていただいた、
以下、約1ヶ月の工期をいっぺんに短縮して載せる。

070630kyo5oni1 まず、鬼と棟は腐食はしてないようなので、
「洗い」をかけてみた。
おお!まだまだいけますがな~(^-^)

070630kyo5oni2 このままでも大丈夫そうだが、
化粧直しとして、
黒色の保護剤を塗る、
キシラデコールという塗料だ。
今のところ、
これに優る木材の保護剤を、私は知らない。
070630kyo6taruki1 さて、垂木の補修、
全体を交換するとなると、
屋根全体をいったん解体しなければならないし、
できるだけ、昔の材を残すため、
今回は鼻先のみ継ぐ事になった。
まずは、仮止めして型を取る。
070630kyo6taruki2 型取りしたものを外し、
「ひるまゆ」(凸面)とか
「しかみ」(凹面)を彫り込む。

070630kyo6taruki3 取り付け~

070630kyo6taruki7
例によって、
古色塗装~

てなことで・・・
070630kyo6taruki8 出来上がり~(^-^)




070630kyo7oni 鬼と棟もこの通り~

檜皮も綺麗に葺き上がった、
さすが~(^-^)

070630kyo8kansei
さてさて、
これからも、末永く、
大事なお経を護って下さいませ~(^-^)

めでたしめでたし

第3週 3日目
78.8kg BMI 24.77
昨日±0g トータル+300g
減量100日目(9月23日)まで、あと86日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

ダメダメだぁ~(ToT)
まぁた飲んでしまった・・・(。。 )\バキッ☆

2007年6月29日 (金)

ゴッキーの思い出

今日は、
昨日いただいたコメントで、思い出したエピソードを書きます。

私とゴッキーとのファーストコンタクトの話です。
ゴッキー、すなわち「御器囓り」ですね、
明治時代に出た日本初の生物辞典?で、
「ゴキカブリ」が「ゴキブリ」と誤植され、
それがそのまま定着してしまったのは有名な話。

で、ゴッキー、
基本的に高野山には棲息しておりません。
寒すぎるから・・・orz
「生きている化石」とも呼ばれる強烈な生命力を持つ、
ゴッキーさえも住めない環境・・・(ToT)
まぁ最近では、
通販等により、下界から直接配達される、
段ボールに付着した卵などにより、
山内の団地や比較的あたたかいお家には、
一部、繁殖しているという噂もありますが、
わが家周辺では未だに見たことがありません。

てなことで、私のゴッキーとのファーストコンタクトは、
小学校の6年の時でした。(遅!(笑))

それまで、ゴッキーという生物が世の中にいる事は、
なんとなく知っていましたが、
見たことはなかったのです。
なぜかというと、今、調べてみたのですが、
ゴキブリ取りの先駆的商品である、
ゴキブリホイホイが発売されたのが1973年ですから、
私が小6だった1972年当時、テレビのCMにも、
ゴキブリは登場していなかったからなのでした。
まぁ、興味もなかったので図鑑で調べるような事もしませんでした。

さて、当時、私はボーイスカウトに在籍しておりました、
(あ、名簿上は、今でもか?(^^;))
その頃の指導者さん達も、現在の指導者さん達と同じように、
熱心な方ばかりでいろいろな事を教えていただきました。
ありがとうございます~m(_ _)m

で、ボーイスカウトには「技能賞」というものがありまして、
例えば、ボーイスカウトとしてキャンプを規定回数以上行い、
実技や口頭試験にパスすると「野営賞」がもらえ、
左肩にそのワッペンを誇らしげに飾れる、ってな具合になってます。
この試験、橋本・伊都地方の各団共同開催により、
年1回まとめて行われるようになっていまして、
鳥類愛護賞(現在は鳥類保護賞)用に巣箱を作っていったり、
「信号賞」をもらうために、手旗信号を覚えたりと、
なかなか大変でしたが、今となっては楽しい思い出でもあります。
で、その時はたしか九度山町の小学校か中学校が会場でした。

「サイタサクラニカラスガサンビキタノシイカナシイ」
今でもはっきり覚えているのが手旗信号の答。
最初、教官の手旗が「サイタサクラにカラス・・・」以降まったくわからず、
『おまけやぞ~』と、何度も信号を送ってもらってるうちに、
「日本語になってないやん!」と思わず叫んで、
落第させられかけたからです(笑)
その頃から生意気なクソガキだったのでしょう(^^;)

さて、テストも一段落した頃、とある渡り廊下で、
『これなんやー?』と、
一緒に試験を受けに来ていた高野山の子が言いました。
見ると・・・

そこには、今にして思えば、弱り切ったゴッキーがいたのです。
動きが鈍い、というかほとんど動きませんでした。
「何これ?」
「ヘイケちゃうん?」
(ヘイケ:クワガタの♀の事を指す高野山の言葉、
 ♂は当然の如く、ゲンジと呼びます)
「ちゃうやろ~ ヘイケにしたら、ハサミないやん」
「触覚、長いな~」
で、珍しい昆虫を見つけた時の子供としての当然の行動、
すなわち・・・
指でつんつんしてみたり(^^;)
持ち上げてお腹を見てみたり・・・
「光っとるな~」
「綺麗やな~」
「これ油かけられて弱っとるんちゃうの?」と、
侃々諤々、いや喧々囂々・・・?

その時『君ら、何やってんの?』と声をかけたきたのは、
試験官を兼ねた指導者の一人でした。

「何かねぇ、変わった虫がおるんです~」
「新種かも知れません~」

『はぁ?どれどれ・・・?
 うわっ、何言うてんの、ゴキブリやんか!』

「へぇ~~~」とその場にいた高野山の子全員が感心!(笑)

「これがゴキブリちゅーもんか~」
「わぁ俺、初めて見た~」
「持って帰ろかな~?」

『やめとけ~!』と試験官が一喝、

私達は、名残を惜しみつつその場を離れたのでありました。

ちゃんちゃん

てなことで、おまけの画像をば、
ただし、これまた悪趣味な画像です(^^;)
機械でコントロールする実験?用に、
わざわざデカく育てたとかいうヤツです・・・(^^;)
http://homepage3.nifty.com/lunta/gokigoki.html 

第3週 2日目
78.8kg BMI 24.77
昨日±0g トータル+300g
減量100日目(9月23日)まで、あと87日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

う~ん・・・
何とかしなくちゃと思うのだけど・・・
ビールが旨いよねぇ・・・(。。 )\バキッ☆

2007年6月28日 (木)

画像に注意(^^;)

070628ginkennel 朝の銀ぶら、
家から出してやると、
まず、ハウスへお行儀良く入る銀です(笑)
『ボク、ちゃんとお家へ入ってるでしょ~』ってな感じ?

「よっしゃ、銀、行こか~」で、
ダッシュで出てきますが(笑)

と・・・
ここからが、「画像に注意」です(^^;)
特に、某まいらーさんには、
恐怖の画像が続きますので、ご注意くださいませm(_ _)m

では・・・続き、いきますよ~070628snake1
さて、出発、と思いきや、
タイヤの影からにょろにょろ~(^^;)
ヒバカリの、まだ子供ですね、
全長は30㎝ちょっと、
アブナーイ!とまず思いました。
人間が、ではなく、銀が、でもなく、
ヒバカリちゃんが、です。

というのも、3年前に18歳の天寿を全うしたチロ(♀)が、
070628tiroヘビ取り名人だったもので、
わが家周辺に出没するヘビは、
チロに見つかり次第、
真っ二つに裂かれちゃってたのでありました(^^;)
その早業たるや、惚れ惚れするくらいで、
尻尾をくわえて、数回道に叩きつけておき、
胴体の真ん中あたりをくわえて自ら一回転しつつ、
自分の体と道でヘビの頭を押さえつけ、ちぎっちゃうのでありました・・・

チロもまた捨て犬だったのですが、
どうやら猟犬の遺伝子が濃かったようで、
ムササビを取ってきたり、猪にお腹を裂かれて帰ってきたりと、
数々のエピソードがあるのでございます(^^;)

で、色合いこそ違うものの、銀もなんか牧羊犬というか猟犬ちっく、
いきなりヒバカリちゃんに攻撃をしかけるのではないかと思い、
アブナーイ!と思ったわけです。
そしてすぐ、保護しました、
といっても、とりあえず持ち上げただけですが(笑)

そして、銀に見せてみると・・・
070628snakegin うはは~
怖がって逃げました(笑)

右手にヘビ、左手にデジカメなもんで、
ちゃんと取れなかったのが残念(^^;)
で、次の画像、
070628snake ヒバカリちゃんから逃げるついでに、
木屋に駆け込んで、
マルのエサを盗み食いしようとしている銀を、
あわてて追いかけるカミさんの図(笑)

てなことで、朝の珍事件でした。

と、ここで、ヒバカリちゃんというか、
すべてのヘビの名誉のために、
ちょこっと書かせていただきます。

そもそも、ヘビって世界中の古代信仰では、
すべて善なる神の使いだったわけですよ、

穀物にとって大害獣であるネズミを取ってくれる事、
(これはエジプトでの猫もそうですね)
何ヶ月もエサ無しでも生きる事、
(これは私、中学生の頃、3ヶ月ほど飼った事があって、
 生きたカエルとかあげましたが一切食べず、
 3ヶ月目に「このままでは飢え死にするかも」と思い、
 逃がしました(^^;))
そして、脱皮する事から、
「死と再生」の象徴だったわけです。

で、医学の象徴にされる事も多く、
杖にからみついた白ヘビのマークは、
救急隊のシンボルとしてよく使われています。
この杖のモチーフは、
死者をも蘇らせたというアスクレピオスの伝説にちなんでいます。
(ちなみに、「2匹のヘビと翼」のモチーフも使われる事がありますが、
 これはヘルメスの杖で、もともと商業の象徴です)

それが何故、邪悪の象徴のように、なってしまったかというと、
やっぱり、あれ、でしょうね、
イブをそそのかして知恵のリンゴを食べさせたという、あれ、
その他、紀元後に誕生した唯一絶対神を信仰する宗教では、
だいたいヘビは悪役になってます。
これは、アニミズムや精霊信仰や大地信仰などの、
既存の多神信仰の象徴であるヘビを否定する事で、
唯一絶対神への改宗を進めるためだったと聞いています。

てなことで、ヘビ、
毒のあるものもいますが、
私としては、ツバメ同様、家の繁栄の象徴みたいに思っています。

このヒバカリちゃんも、縁あってうちへ来てくれたか、
あるいは床下で棲んでるのかもしれませんので、
しばらく遊んでいただいた後(ヘビには迷惑な話m(_ _)m)
木屋の床下へお帰り願いました。

ちゃんちゃん

第3週 1日目
78.8kg BMI 24.77
昨日+200g トータル+300g
減量100日目(9月23日)まで、あと88日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

ゆ、油断した・・・(。。 )\バキッ☆
なんてわかりやすいヤツ・・・(^^;)

2007年6月27日 (水)

受講・・・後(^-^)

070627ko1照明ばかりが華やかな会場、
そらそうや、ここ普段は結婚式場やもんね(笑)
ほとんどおっさんばかりの講習会(^^;)
300数十人が一斉に受講するので、
端から端までぎっしり・・・(ToT)
しゃべってる人の顔どころか、
どこでしゃべってるのかわからない、
まぁこれは、申し込むのが遅かったから、
受講番号が最後尾に近いからであります(。。 )\バキッ☆

てなことで、本日は、
「建築基準法定期調査報告・検査者講習会」受講です。

定期調査ってのは、大雑把に言うと、
病院や学校、映画館、講堂住宅、旅館等の、
不特定多数が利用する建物に義務づけられてる、
監督庁に対して「うちはダイジョーブです」とか、
「ここんとこがちょっと×なのですぐ直します~」とかを調査して報告する事です。
定期検査ってのは、その建物の非常照明とかがちゃんと可動するか、
検査して報告する事です。
(規模や階数により免除されるものもあります)

で、私、特殊建築物調査資格者ですので、
定期的に改正された法律とか世間を騒がす事件とかの、
対処法を勉強させられる?わけです(^^;)

今回も、メインはアスベストと耐震、
いずれも、自分とこではちゃんと仕事してる分野ばかり、

なぁぜ、まともでないヤツらがしでかした事で、
まともに仕事してる者が、こんなとこに閉じこめられて、
何時間も勉強させられるのか?ぶつぶつ・・・

ほんまにもう、ゲームをやりすぎて、
携帯の電池がいったん無くなってしもたやんか~(。。 )\バキッ☆
いやそのあの・・・
ちゃんと聞いとかなあかんポイントは押さえてますがな~(^^;)
(しかも、乾電池式の充電器も持ってきてるもんね~(笑)
 つーか、受講の時の必需品?(。。 )\バキッ☆)
070627ko2 てなことで、めでたく、
受講証明書をばゲット~

これがないと、
次回の資格更新ができないのよね~

てなことで、夕刻、めでたく開放されて和歌山市を後に、
県道をつないで、ぶらぶらと帰りました。
今日もW650で、
ほんまはCBで来たかったのですが、
会場のホテルの駐輪場はめっちゃ狭く、
治安も悪いため、自転車の横に停めても目立たない?
W650を選んだわけです。

070627koro2 ただまぁちょっと寄り道してみると、
W650も悪くないというか、
こんな道を走るのには最適かも?(笑)
070627koro33
こんなところ、
CBやK-Sなら、
「引き返そかな~」と躊躇も生まれますが、
W650なら持ち上げてでもUターンできるから、
「行っとけ行っとけ~」です(笑)

070627koro4_1 そしてこれがCRMになると、
何故か
「むやみにがんばってしまう」のですが(笑)

W650だと、ほんとにゆったり走れるのでした。
そして、夕日・・・
070627yuhi それほど赤くもなく、
携帯カメラなので、発色もイマイチ、
なので、モノクロにしてみました。

でもね、ホテルの会場にぎゅう詰めにされたストレスは、
W650での山中彷徨で見事に払拭され、
おまけに久しぶりにゆったりと走らせてもらった後なので、
とてもおだやかな気分でこの夕日を眺められたのです(^-^)
こうなるともう、岡林信康さんの、
「山辺に向かいて」を歌うしかないな~(笑)

しかしまぁ、どんな単車でも、
そいつに合うた所を走れば楽しめるもんですね(^-^)
まぁ、合うた所と違っても楽しめますが・・・(笑)

これだけは、次から次へと襲い来るストレスの多い中(ToT)
自分に与えてもらった嬉しい特質だと感謝してます~m(_ _)m

ちゃんちゃん

第2週 7日目
78.6kg BMI 24.84
昨日-200g トータル+100g
減量100日目(9月23日)まで、あと89日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

おお!
好調~(^-^)
油断しないで、油断ち~(^^;)

2007年6月26日 (火)

観察シリーズ?(笑)

梅雨・・・なのに・・・
日曜は降ったけど、それからの平日は晴れ・・・
いやしかし、仕事的には大変ありがたい、うん、
でも、水不足を考えるとちょっと心配ですね、

てなことで、昨日の蝸牛に続き、
本日も自然観察(笑)
つーか、仕事先で見かけた二つの「季節感」
まずはこれ、
毎年恒例のタマゴ~
070625mo1
ん?
どれが?って?

070625mo11 こうすればわかりやすいかな?
そうです、
モリアオガエルのタマゴです~(^-^)
この池、毎年タマゴが見られるのですが、
今年は妙に多いような気がします・・・
ひょっとして異常気象によるものなのかも・・・?
070625mo2umitate ちなみにこれは、
おそらく昨夜の産みたて、
色が真っ白で、
表面がまだ固まっていずあわあわしてます
↑先に掲げてる画像は、もう少したったもので、
ちょっと茶色っぽくなり、表面が、そうですね・・・
シュークリームの皮より、ちょっと柔らかいくらい?まで固まっています。

で、その手前に見えるのが・・・
070625mo3
可憐なユキノシタであります(^-^)

070625yukinosita2
葉っぱは精進料理にも使われます、
生薬にもなるらしいです。
しかしそれにしても、
自然の造形ってスゴイですね、
思わず見とれてしまいました。

ちなみに、ユキノシタは変種が多く、秋に咲く花で、
下の花弁の形が開いてるのを「大」のハネに見立てた「ダイモンジソウ」とか、
花弁が閉じているのを「人」のハネに見立てて「ジンジソウ」とかががあるそうです。

てなことで、あわただしい仕事の合間に、
ちょっと心が落ち着く光景、でした(^-^)

第2週 6日目
78.8kg BMI 24.83
昨日-100g トータル+200g
減量100日目(9月23日)まで、あと90日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

2007年6月25日 (月)

蝸牛考

070625katatumuri 銀ぶらの途中、
久しぶりに、触覚?角?鎗?目?(^^;)
とにかく、出るモノ全開(笑)のこいつに遭遇、
さて、何でしょう?・・・
つーか、何て呼びますこれ?(^-^)
住んでる地域で呼び方はいろいろでしょう、
マイマイとか、ツブリとか・・・
場所によってはナメクジと呼ぶ所もあるらしいですね、
もっとも、その土地ごとの方言での呼び方よりも、
♪でーんでんむーしむし かーたつむり~♪の影響を受け、
ツブリやマイマイ派は少ないかもしれません、
ちなみに私は「カタツムリ」派。

てなことで、この呼び方についての研究は、
柳田国男氏の「蝸牛考」による、方言周圏論が有名です。
つまり、京都を中心とする近畿地方から東西方面へ向けて、
デンデンムシ→マイマイ→カタツムリ→ツブリ→ナメクジという順で、
「同心円状に分布」している事から、
昔、京都を中心として、新しい言葉や単語が発生し、
それが、放射状に伝わっていったという説ですね。
これによると、大雑把に分けて、四国と中部がマイマイ派?
中国と関東がカタツムリ派?九州と東北がツブリ派?らしいです。
この方言周圏論、昭和の初めに発表されたもので、
以来、脚光を浴びたり無視されたりと、変遷を経てきてます。
考古学者でもあった松本清張氏の「砂の器」には、
この方言周圏論が重要な鍵として登場します、
ネタバレになるので詳しく書けませんが、
東北出身だと思ったら実は・・・という具合。
何を書くそう、私も実際に経験した事があります、
兵庫県の竹野という所で仕事をしていた時、
その地の人の言葉が名古屋弁そっくりで驚いたものでした。
あと、その現場に来ていた島根の人の言葉が、
私にすればまんま東北弁でした。
閑話休題、
そして、この方言が同心円状に伝播していることから、
大昔はナメクジと呼ばれていたのが、ツブリと呼ばれるようになり、
さらにカタツムリと呼ばれ、マイマイになり、デンデンムシと変わっていったという事と、
遠隔地ほど古語が残っているという結論になるわけです。

で、蛇足ながら、
これって、日本独自の伝播の仕方でもないらしいのです。
例えば英語などでも、実はアメリカ英語(米語)って、、
現代のイギリス英語よりも、シェークスピアの時代の英語に近いのだそうで、
フランス語などでも、カナダで使われているフランス語の方が、
フランス古語に近いといわれている・・・らしいです。
(これは、「蝸牛考」からではなく、あくまで「如是我聞」です)

まぁ、難しい話はおいといて、
東北と九州という離れた地域で、
同じ言葉や単語が使われている場合があるってだけでも、
おもしろいではないですか(^-^)
ちなみに、高野山、
近畿地方といっても、京都から距離はともかくとして、
山岳地帯ゆえ、時間的に遠いため(^^;)
デンデンムシやマイマイよりも、カタツムリ、が残ったのかも知れません。
あ、ひょっとして古いのは私だけかも?(^^;)

てなことで、あらためて、
みなさん、これ、何て呼びます?(^-^)

第2週 5日目
78.8kg BMI 24.87
昨日±0g トータル+300g
減量100日目(9月23日)まで、あと91日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

アルコールの二日目効果-プチツー効果=±0g
飲まないで単車で走ってばかりいれば・・・(。。 )\バキッ☆

2007年6月24日 (日)

雲と遊んだ日

   午後から雨との予報を裏切り、
午前6時半の銀ぶら直前から雨・・・

えぇ~い、雨が降ろうが降るまいが、
今日は何が何でも走るんじゃ~って事で、
まず、銀ぶらを強行(笑)
「ええか、銀、濡れても歩くからな、
 後の留守番頼んどくぞ~」
070624gin てなことで、銀ぶら中は、
濡れてもご機嫌だったのに、
置いてけぼりとわかって、
ちょっと怒ってる・・・(^^;)
ごめんね~
すぐ帰ってくるからな~

070624c1ryujinてなことで、まずは龍神へGO~
降ってる降ってる~(笑)
いっぺん濡れたら後は平気~(笑)

070624c2tujinotyayaで、途中から龍神を離れ、
とりあえずの目的地、
「辻の茶屋」へ到着、
ここで朝食~(^-^)
070624c3exquiza 取り出したるは、
PRIMUSのEXQUIZA
折りたたみ式のガスバーナーである。
めっちゃ古い(笑)

070624c41

まずお湯を沸かす、
このアルミのヤカンとの組み合わせも、
いったい何年になるだろう?(^^;)
まぁ・・・
お酒を沸かした回数の方が、
多いのは確かだ(笑)

070624c42coffee コーヒーをドリップし、
これまた何年使ったかわからない、
トースターでサンドイッチを焼く、




070624c43chicken ついでに、
チキンも焼いてみる~
焦げて油がじゅうじゅう落ちて、
ピチパチはねるのが楽しい~(^-^)



07062444knife 文明人である私は、
ちゃんとナイフとフォークで、
いただくのである(笑)
つーか、野外で食べる時は何故こういうモノを使いたくなるのだろう?
普段は手づかみなのに・・・(笑)

はぁ~~~しかし、
何か、生き返った気分~(^-^)
雨に濡れ、雲の中を、
ちょこっと走っただけやのに、
何でこんなに嬉しいんやろねぇ(笑)
070624c5akari_1 と、ご機嫌で朝ご飯を楽しんでたら、
目の前がだんだん明るくなってきた~!

今まで回りは白一色だったのに、
山々からいっせいに雲が上がりだしたのだ~
やっほぉ~
これ、るんたのサービスか?(^-^)
ありがと~070624unkai

おお~るんた雲が光ってる~
踊ってる~笑ってる~(^-^)
てなことで、感謝を込めて、
来たときよりも美しく、
回りに落ちてるゴミを拾ってから辻の茶屋を後にして、
さらに山中を彷徨~(^-^)
銀、ごめーん(^^;)
もうちょっとしたら帰るからな~(^^;)

070624c7rindo1 林道に遭遇~\(^o^)/

るんた雲が元気よく、はしゃいでる~
って、俺か~?
はしゃいでるのは~(笑)



070624c7rindo2 どんどん雲が登っていく~
よっしゃ~
追いかけるぞ~(^-^)

070624c8kumononaka やっほぉ~
雲に追いついた~
また回り真っ白~(笑)
おもろい~

るんたに包まれてる気分~(^-^)

070624c6unkai_1 だんだん、雲が遠ざかる~
今日は遊んでくれて、
ありがと~
またね~(^-^)

070624c9ootaki おまけで、大滝のとっかかりまで、
滝も雨水で元気元気~(^-^)

ふぅ~
アメニモマケズ、と、
半ばヤケクソで出発したのだが(^^;)
こんなに楽しませてもらえるとは、
感謝感激~m(_ _)m
070624log_1

てなことで、本日のログ、
http://sightfield.jp/CS1K/track.php?id=d6454b642d6085c9ee66d958608377e2

SONYのCS1K
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/06/post_6f39.html
けっこう木々がかぶさった道でも、
かなりの精度でログを残してくれてる~(^-^)

てなことで、
満足まんぞ~な、
雲と遊んだ日、でした~(^-^)

ちゃんちゃん

第2週 4日目
78.8kg BMI 24.87
昨日+300g トータル+300g
減量100日目(9月23日)まで、あと92日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

俺のアホぉ~(。。 )\バキッ☆
なんぼ暑かったいうても、ビール飲みすぎ~(。。 )\バキッ☆

2007年6月23日 (土)

今日は暑かった~

070623sora1 今日は暑かった~!

空を見上げるとこんな感じ~

で、ここはどこかと言いますと・・・
070623yane1_2 当然、お寺の屋根の上で、
仕事中~(^^;)

ううう、この空、
できれば、
ツーリング先で見たかったぜ~(^^;)


てなことで、「暑い~!」だけでは、寂しいので(笑)
今日は黄○で囲んだ部材、
「懸魚(げんぎょ)」の話
(通称は「げぎょ」当地は訛って「げんぎょ」と呼ぶ)
切妻屋根とか入母屋屋根に付いてる、
破風板(はぶいた)にぶら下がってるのが懸魚だ。
破風板は文字通り、風を破る板、
つまり、屋根を支える棟とか桁とかの、
木口(木の年輪面・切断面)を保護する役目を務めている。
ここに何故、「魚」を「懸ける」かというと、
ずばり、「火災除け」の「まじない」なのである。
「水」を象徴するモノを取り付ける事で、
「火」を克する、という事ですね、
庄屋さん以外は、懸魚を取り付ける事が、
許されてなかった江戸時代の民家だと、
単に「水」と書いた文様を取り付けてる例もあるが、
これはすべて、火事を招かないための切なる願いなのだ。

で、鎌倉時代以降は、意匠もいろいろ「開発」され、
たくさんのデザインが派生した。
このあたり、昔の日本人って、
良い意味で、好きもんやなぁと思う(^-^)
中国伝来のデザインに固執せず、
新しいものを創り出す、自由闊達さというか、
「創造力」にあふれていたのだ。
おそらく、昔は現代とは全然違って、
「おおらか」な日本人がたくさんいたのだと思う(^-^)
ちなみに、この画像にあるのは「かぶら懸魚」
下部のデザインが「かぶら」を模しているからだ。
他には、建築動物園その3でも書いたが、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/04/post_31fa.html
猪の目懸魚、とかがあるし、
他に、三華懸魚・梅鉢減魚・貝頭懸魚・切懸魚・・・と、
様々な形がある。

また、火災除けの他に、魔除けの意味を込め、
鳳凰であるとか、孔雀とか、
魔を封じる動物系を付ける例もある。
まぁ、棟に付ける鬼瓦、みたいなもんですね、

てなことで、私の好きな懸魚をば一枚(^-^)
銀ぶらの途中で毎朝あいさつするのが、
この唐獅子、
070623sisi1 男前~!
でっしゃろ~(^-^)

ちなみにこの獅子が付いている桁は、
070623sisi2 天の邪鬼が、支えているという、
凝った図式になっている。

これ、
遍照光院さんの、
築地塀の左側の懸魚である。


ぜひ、ご来山の際は、
探してみて欲しい(^-^)

惚れ惚れしますよ~(^-^)

ちゃんちゃん

第2週 3日目
78.5kg BMI 24.77
昨日+200g トータル±0g
減量100日目(9月23日)まで、あと93日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

あちゃ~再チャレンジ二日目にして、
もう増量? (。。 )\バキッ☆

2007年6月22日 (金)

ヘビーデューティ?

070622w2 今日は雨が降ってて、
仕事も事務作業なので、ネタがない
だからこいつについて書く(^^;)

こいつは、もう十数年前に、
例によって衝動買いした(^^;)
YEMAの「north pole」という時計。
24時間時計になっていて、あるのは時針と分針のみ、
かの、ジャン・ルイ・エティエンヌが、
1986年に史上初めて、単独徒歩で北極点に到達したのを、
記念して作られたというシロモノ。
ちょうど茶色のベルトの時計が欲しかったのと、
やたらとヘビーデューティに凝っていた頃だったので、
思わず衝動買いしてしまったのである(^^;)
といっても、通販で買ったくらいだから、
そんなに高いものではない(^^;)
070622jle ケースに89°999とあるが、
北極点なら北緯90°ちょうどで良いと思うのだが、
磁北との差を考慮したのだろうか?
いまだになぜこの表記なのかわからない、
どなたかご存知でしたら教えて下さいm(_ _)m

さて、何故24時間時計になってるかというと、
「ひたすら北を目指すため」なのだ。

つまり、時針を太陽に向けると、
方位が判明し、北へ北へと向かえる、というわけなのだ。
070622w3 これは、普通のアナログ時計でも一緒で、
ご存知の方も多いと思うが、
北半球(の中緯度地域)では、
12時に太陽が南にくるので、
12時間時計の時針と12時の真ん中を、
太陽の方に向けると3時の位置が西、6時が北、9時が東を指す、
画像はわかりやすいように、2時5分現在にしてある、
12時と2時の真ん中、5分のところ、
1時の位置になっている長針を太陽に向けた時に、
3時が西で9時が東という具合、
(南半球では逆)
「north pole」の場合、そのまま方角が記されているわけだ。

※しかしちょっと考えてみると、
この方角を知る方法、高緯度地域である北極では、
全く役にたたないはずで、
やはりまぁ記念モデル、って事なんでしょうな(^^;)

おまけに、
普段する時計としてもあまり役にたたない事が、
手にして初めてわかった(^^;)
070622w12 なんでかというと・・・
24時間計なので、
←当然、お昼の12時は、
普通の時計の6時の位置になる。
ここで、何か気付きませんか?(^^;)
そうなんです、
この時計、12時前後になると、時針と分針が重なり、
11時55分なのか、12時5分なのか、
わからな~い・・・orz
昼ご飯、いつ食べたらええのぉ~(^^;)

てなことで、こいつは、
時間をあまり気にしないで良い時用・・・
って、それやったら意味ないやーん!(笑)

そしてもう一つ・・・(まだあるんかい!)
070622w4 何せコンセプトは、
ヘビーデューティなので、
当時としては画期的な、
TITANIUM製で、
SAPHYRガラス使用の、100m防水で、
おまけに、どこに使ってるのかわからないけど(^^;)
CARBONFIBERなのだが・・・
最初の電池交換まで、
革のベルトを濡らすのがイヤで(^^;)
水につけないよう使っていたのが幸いしたのである・・・
何故かというと・・・
電池切れで時計屋さんに持っていった時の会話、
「あのぉこれ100m防水なんですけど、
電池交換って出来ます?水圧検査とか必要なんでしょうか?」
『へ?これ?ちょっとまってね』
パカっ!(あっさり裏蓋の開く音)
時計屋さんが気の毒そうに
『う~ん、中身、ALBAですねぇ、水にはつけない方がいいですよ』
・・・orz
YEMA parisって書いてあるのにぃ~(ToT)

で、後でわかったのだが、この頃、
YEMAはSEIKOに吸収されていたのだった・・・(ToT)

てなことで、100m防水とは、
沖合100mくらいまでの水平移動のみと考えている(笑)

てなことで、私がもしこの時計を付けてたとしたら、
時間に追われずゆったりしてるけど、
気持ちはヘビーデューティになってて、
なのに水は恐~い状態だと思って欲しい(笑)

って、そんな時あるの?

だからめったに付けないの~(^^;)

ちゃんちゃん

第2週 2日目
78.3kg BMI 24.71
昨日-200g トータル-200g
減量100日目(9月23日)まで、あと94日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.73kg

再チャレンジ1日目、
今日くらい「-」スタートをせんとねぇ~(^^;)

2007年6月21日 (木)

夏至 減量100日目?

夏至である、
今日からはだんだん日が短くなるのだ、
・・・ええぇ~もう~っw(゜o゜)wて感じ・・・
だが、まぁ季節は夏に向かう、
夜走りだってできるのだ。

てなことで、今回の減量100日を振り返ってみる・・・
までもなく・・・
・・・ダメダメだ~ の一言・・・(ToT)
何より、日にちすら間違っている(。。 )\バキッ☆
一番下の減量日記では、
今日が3月7日から数えて100日目のはずなのだが、
どうやら途中で記録ミスをしたらしく、
実際は、本日が減量106日目であり、
03年の一年発起からも1506日目になるのだ。
毎日付けてる記録でさえ、こうもいいかげんとは・・・(。。 )\バキッ☆

それだけ、真剣に取り組んでいないという事なのだなぁ・・・

てなことで、性懲りもなく、次の100日目、
というか、95日目は、9月23日、
ちょうどお彼岸でもあり、
その日を72.57kgで迎える、
あるいは、すでに達成して維持している(^^;)べく、
再チャレンジするのであーる。

ポイントはやはり夕食とその後、に尽きる。
間食無し、夜中に食べるの無し!(^^;)

懲りずに(^^;)

がんばりまっしょい~!

第2週 1日目(という事になる)
78.5kg BMI 24.87
昨日±0g トータル±0g
減量100日目(9月23日)まで、あと95日、
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

ううう・・・結局、100日で±0g・・・
現状維持とはいえ、リバウンド気味のまんまだ・・・
で・・・
16週ってぇと、112日になっちゃうが・・・
どこで計算間違えたんやろ?(。。 )\バキッ☆

2007年6月20日 (水)

夕日とW650

070620yuhi 久々で、
なんとか龍神の夕日に間に合った。
厚い雲の切れ目から鮮やかな光が・・・(^-^)

070620yuhiw650 今日はW650で来た、
つーか、車庫の都合で、
W650が一番出動しやすいのである。
夕日を背景にW650を撮る。
さっきまで、車庫の中で、
うっすらと埃をかぶってたとは、
とても思えないほど、美しいではないか(笑)

W650に乗るようになるまで、
この世の中で一番嫌いなパーツが、
「メッキ」パーツだった(笑)

メッキは所詮、ニセモノであり、いつかは剥げる、
しかも、湿度の高い高野山では錆びやすい、
そういうイメージだったのだ、
しかも、元来、ものぐさなので、
単車を磨き立てる趣味もない(^^;)

ただし、メッキと言えど、
本来、輝いているのが当然のパーツが、
汚れたりくすんだりしているのは、別の意味でイヤ(笑)

つまり、私にとって、
いつも綺麗にしておかねばならない宿命を背負った(大げさ?)
メッキパーツは、不要どころか忌むべきパーツだったのだ。

W650も、いずれは黒タンク、黒フェンダーにして、
できれば子持ちラインを入れ、
R69Sみたいなイメージにしたかったのだ。

ところが、たまたまメッキタンクが手に入ってしまい、
(と言っても、ついふらふらと値段に釣られて、
 オークションで落札してしまったのだが(^^;))
カスタムの方向性がころっと変わってしまった(笑)
現金なもので、格安のメッキタンクをゲットしたことで、
こうなったら、喰わず嫌いはやめ、
メッキを楽しもう、と思い始めたのである。
これは、首尾一貫してない性格だからこそ、
できる転換なのであーる、えっへん! (。。 )\バキッ☆
てなことで、頻繁に、ではないものの、
時々は磨くようにもなってきたというわけ(笑)

しかし、乗るたびにメッキタンクが、
目の下でビカビカと光るのもかなわない、
そいつが埃をかぶっていくのはさらにしのびない(^^;)
しかも、タンクとフェンダー以外は、
黒基調の方がバランスが良いと思うので、
これ以上ビカビカパーツは付けたくないし・・・
てなことで、黒とメッキがほどよく調和するよう、
サージェント製のタンクバッグ用ハーネスを、
これまた某○゛ーケンの年末セールでゲットした。
もちろん、W650用などはなかったので、
たまたま出品されていた、SUZUKIのGSF用を取り寄せ、
ジョキジョキとハサミを入れ、シコシコと縫い合わせて、
W650のタンクに合うよう加工したのである。
070620w4 070620w3

これまた加工して、
装着できるようにした
タンクポーチを載せるとこんな具合、

もともと後部のラインは、
驚くほどピッタリだったので、
けっこうお気に入りなのである(^-^)
と、ここまで書くと、
ものぐさと言いつつ、けっこうマメちゃうの?
と思われる方もいらっしゃるだろうが、
何か作り出すと、やはり夢中になってしまうのである(笑)

ついでに、リア回りもカスタムした、
070621w6501 ←がノーマル状態、
テールランプが、
シートから離れて垂れ下がり、
フェンダー先端を隠してしまっているし、
どうにもこうにも、
間延びしているように思えてしょうがなかった。
ウィンカーもW1ほど大きくしたくはないが、
丸っこいものに替えたかったので、
「さりげなく」見えるよう「大改造」した(笑)
070620w6

てなことで、←が現在、



070620w2
ストップランプも小ぶりにし、
フェンダー先端も綺麗に見えるようにした。
ウィンカーの位置は今でも、
多少迷いがあるのだが(^^;)
ちらっと写ってる左側のサイドバックサイドバッグのステーを
装着するためには、ここへ持ってこざるを得なかったのだ。
そのかわり、ウインカーステーはこれまた自作の革で包んである。

やっぱりけっこうマメ?(笑)

なお、革関係は自分でやったが、
その他、ただのバネにしか見えないけど、
実はオーリンズなリアショックや、
フロントのショックのチューン、
まふりゃー交換、ライトスイッチ装着、
イモビに○×●△改造等々・・・は、
すべてガレージ西のまんさく社長によるものである。
社長おおきに~m(_ _)m

さて、以上のカスタムは、
すべて03年の秋から冬に行ったもので、
いつかHPの「風の馬たち」W650編で、
書こうと思いつつ、今日に至ったという次第、
やっぱりものぐさ?(笑)

さて、W650、
取り立てて語る程の動力性能は無いし、
私自身に、懐古趣味&旧車趣味があるわけでも無い、
(その割に、岩子島へはこれで行ったけど(^^;))
しかも、kawasakiデザイン陣が、なんと言おうと、
雑誌にいくら提灯記事が載ろうと、
こいつは悲しいほどに、
トライアンフの「まねしごんぼ」(^^;)
(当地での、デッドコピーへの軽い揶揄を込めた表現)

しかししかし、やっぱりこいつはええヤツ!
時にトロトロと、時にバリバリと、
龍神スカイラインや高野山道路を走ると、
空冷並列2気筒、そして、
ドカティにたくさん特許料を払っている(笑)
ベベルギアがカシャカシャとささやき、
単車の原点みたいなもの、を教えてくれるのだ。

リーンアウト、リーンウィズ、リーンイン、
全ての動作の基本を教えてくれる単車でもある。

娘が免許取って、これに乗ってくれたら、
もう、言う事ないんやけどねぇ・・・
似合うと思うんやけどなぁ・・・(^^;)

第15週+7日目の朝
78.5kg BMI 24.87
昨日-200g トータル±0g
減量100日目まであと1日
ミドル級(72.57kg)まで、あと5.93kg

明日が新たな減量生活100日目、
せめて-で迎えたいよねぇ・・・(^^;)

2007年6月19日 (火)

楽しい「クリック募金」

070619click1 「風の馬 るんた」のHPのトップに、
http://homepage3.nifty.com/lunta/
クリック募金のバナーを置いて、2年あまりになる。
http://www.dff.jp/

昨年の5月10日に書いた事を再掲してみる、
*****ここから*****
「毎日の習慣に」と自分で書き、
この1年、パソコンの前に座ったら、
まずクリックする事を優先してきた。
何に付けても「良い習慣」が長続きしない私にとって、
これもまた驚くべき事なのである(^^;)

一日、最大でも9円、
それも、企業の財布に寄っかかってる形なので、
当初は「偽善」ではないか?などという気持ちも湧いたが、
続けていくうちに、ネガな思いは消えていった。
もちろんこれを「免罪符」にするつもりはないし、
他人様に「これは良いからぜひあなたも」なんて
勧めるつもりもない。

ただ、一日の始まりに、
どこかのだれかの笑顔が一つでも増えるように、と、
思えるようになった自分がいる。

これって実は、自分が助けられているのだなぁとも・・・(^-^)
だから、毎日、クリックする。
感謝を込めて。

*****ここまで*****

2年の間に、いくつか企業が入れ替わったりしたけれど、
現在でも9社(グループ)が参加している。

おかしなもので、長く続けていると、
募金した金額、というか「数」が貯まっていくのが、
ちょっと嬉しかったりする(笑)
070619able_1 現在、一番多いのがエイブルで、
本日で576クリックとなっている。
開始以来、760余日が経過しているのだが、
どのクリックも、途中でリセットされた事があるので、
こういう数字になっている。
泊まりのツーリングに出かけた時以外はクリックしてきたので、
おそらく、730クリック以上はしているはず、
×9社として、2年で6500有余円・・・
募金としては微々たるものかもしれないが、
6500回余りのクリックをを積み重ねたというのは、
自分にとっては大きい事だ。
とにもかくにも、クリックしなければ発生しなかった募金なのだ(^-^)
これからも続けていこうと思う。

で、つい最近、気付いた事がある、
070619click2
黄の楕円で囲んだ
「e-まちタウン」なのだが、

ここは、北海道から沖縄まで、
各地区へ個別に募金が出来るようになっている。
もちろん、一日一地区だ。
070619click3_1 私は、やはり、
郷土意識?のせいか、
ずっと近畿地方にクリックしていた。
他の人もみな、
住んでる所にクリックしているようで、
やはり関東地方が頭抜けて多い。
で、近畿地方の失速挽回のためにも(^^;)
毎日一所懸命クリックしていたのだが・・・

さてさて、白楕円で囲んだ、
北海道地区、東北地区、中国地区、四国地区を、
よくご覧いただきたい、
この4つ、いつの頃からか、ほとんど同じ額で並び出したのだ(^-^)
画像は今日の朝のものだが、¥439,○○○と、
4桁目まで揃っている。
だいたい一日15000人の人がクリックしているようで、
自分がクリックしたとたん、数字が数箇所増えたりする事もあるのだが、
これが先日、4地区とも同額になってたのを発見したのだ(笑)
なんかね~
ネットの向こうで、顔も知らない大勢の人が、
この4地区の額を揃わせようとしている「意志」を感じるのだ(^-^)
それと共に、愛郷心のある人達により、
○○地区だけ頭一つ抜けさせようという「意志」も感じる(笑)
偶然ちゃうの~?という事はおそらくないと思う、
毎日ほぼ同額が増えて行くという事は、
何らかの意志が働いている証拠だと思うし、
私自身が、これに気付いてからは、「揃わせよう」派になり(笑)
近畿地方へのクリックはほっといて(。。 )\バキッ☆
その時々で、少ない地区をクリックするようになったからだ。
で、クリックすると、更新画面で、
いきなり数円跳ね上がったりする場合がある、
つまり、ネットの向こうで誰かとカブっているわけだ(笑)

以上、募金のページに対し、
おもしろい、と書くと語弊もあるかもしれないが、
「楽しい募金」で、いいではありませんか、ね(^-^)

てなことで、「4地区揃わせよう派」(^^;)の人も、
「○○地区頭一つ抜け出すぞ派(^^;)」の人も、
今日もワンクリック、楽しみませんか~?(^-^)

※なお、掲載された所を全部クリックすると、
一日250円募金できるという、リンクサイトもあるので、
ここでご紹介しておきます。
http://pay.xxxxxxxx.jp/

第15週+6日目の朝
78.7kg BMI 24.87
昨日±0g トータル+200g
減量100日目まであと2日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

ふぅ・・・はぁ・・・へぇ・・・(^^;)

2007年6月18日 (月)

何故・・・orz

070618puncture1 何故・・・orz
なぁぜぇにぃ~
こんな所にこんなものがぁ~(ToT)

てなことで、さて何でしょう?

070618puncture3 ↑画像は←の黄枠内の拡大である。
撮ってる時間と角度が違うので、
画角とタイヤの濡れ具合が違うが、
箱バンの右側後輪の内側、である。
つまり・・・パンクです~(ToT)

どこでこんなモノがささったのだろう?
自慢じゃないが、私は超だらしないのだが(^^;)
うちの木屋周辺はいつも綺麗に掃除してあるから、
ビスが落ちてる事はありえなーい!はず?(^^;)

てなことで、ささってたビスがこれ、
070618puncture2 めっちゃ新しいやーん!
しかも亜鉛メッキのナベビス、
こんな頭の丸いビス、
うちの仕事では使わないよ~(ToT)
これは・・・たぶん、
薄い鉄板とかアルミの板を留めるビスやろ?
シャッターボックスとかクーラーの室外機のカバーとか・・・

つーことでこれ以上の想像は、やめ~(笑)
それよりも、タイヤの内側に刺さってて良かったと思おう、
到底、人間の手が入る隙間ではないから、
道に落ちてたのを拾ってしまった以外考えられない。
これが外側に刺さってたら・・・
うっ、これって誰かのイヤがらせ?とか、
妄想してしまうとこだったぜ~(^^;)

てなことで、ビスが妙に新しいので、
ひょっとしたら、他にもばらばらと、
道に落ちてるかも知れないよ~ん、と、
職人さん一同に告知して、おしまい。

スッポン?
(タイヤの穴をふさぐ道具の事を勝手にこう呼んでいる、
 他の呼び方を私は知りません~(^^;))で、
簡単に直ったから良しとしましょう(^-^)

ちゃんちゃん

第15週+5日目の朝
78.7kg BMI 24.87
昨日-300g トータル+200g
減量100日目まであと3日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.13kg

たっぷり銀ぶら、が効いた?(^-^)

2007年6月17日 (日)

昔と今と・・・(^^;)

070617menkyo じゃっじゃーん!
高校から警察に提出する、
「運転免許試験受験同意書」である、
ついに、佑真が免許を取ると言い出したのだ~\(^o^)/

いやそのあの・・・(^^;)
親としては心配は心配だ、
免許を取って単車に乗り出したら、
毎日、無事に帰ってくるまで気をもむ事になるだろう、
しかし、やっぱり、単車には乗れて欲しい、
危険であることを学び、
その上で単車の世界を楽しんで欲しいのだ。

実は昨年、16歳になる時に、
「単車の免許取れへんの~?」と聞いてみた、
『お父さん、三無い運動知らんの?学校で禁止されてるんやで』
「そら知ってる、お父さんの頃もそうやった、
 そやけど、駅までの通学に限って、ちゅー条件で、高野の子ぉは取れるやろ?」
『そらそうやけど、アブナイやん』
「アブナイのはアブナイ、そやけどな、
 それをクリアできるよう練習したらええわけやん」
『お父さん、今はね、三無い+1運動言うてね、
免許を取らせない、バイクに乗せない、バイクを買わない。に、
親は子供の要求に負けない、っていうのが追加されてるんよ、
親が子供に要求してどないするの?』

orz・・・

今の高校生はなんて真面目なんや~(>_<)

てなことで、うちで単車に乗るのは、やっぱり私だけ、
寂しいなぁ・・・という日々を送っていたのでありました・・・

そこへ、降って湧いたように、この書類!

「おお!やっとその気になったんかい~!」
『もうちょっと、反対するとかしたらどう?』
「いやもうその・・・
 ええと・・・何買うの? Apeいっとく?
 カバン載せる事考えたらやっぱりスクーターか、
 お父さん、スクーターはイヤやなぁ・・・」
『気ぃが早すぎ!ちゅーか、ボクのやし!』

で、何故、
今になって免許を取ろうと思うようになったか聞いてみたら、
なんでも、通学のバス運賃のあまりの高さと、
(高野山上のバス運賃はすばらしく高く(ToT)
 わずか3㎞ちょっとの行程で、学生割引を入れても往復600円弱となり、
 行程20km以上となる高野山駅~橋本駅の定期運賃の約2倍!)
帰りが遅くなった時などは、千手院から約1kmほど歩かねばならないため、
私やカミさんが迎えに行ったりしてるのだが、
それを気兼ねしての免許取得らしいのだ、

ううう、なんてけなげな・・・(ToT)

で、高校側としても、「駅と自宅の往復までに限る」という条件で、
免許取得を許可しているわけだ。
これは、30年前も同じで、私が高校生の頃もこの制度があり、
その時は、小型免許まで許可されていたため、
16歳の誕生日を待ちかねて小型免許を取得し、
高一の夏休みの終わりには、
すでに一台、転倒して廃車にしていたくらいだった・・・(。。 )\バキッ☆

嗚呼・・・夏休み明けの全校安全運転教室で、
『お前ら前に出てこい』と、
夏休み中に単車でコケて怪我をした数人が、
全校生徒の前に呼び出され、
『気ぃつけんと、こんなんになるんやぞぉ~』と、
それぞれ包帯を巻いた部位をさらしものにされたのは悲しい思い出だ・・・(^^;)

閑話休題

てなことで、冒頭の書類、
親が提出するものなので、
自宅から駅までの地図も添え、署名捺印した。
細部まで記憶してはいないが、
様式は30年前とたぶん同じなのには驚いた。
なぜ様式をおぼろげながら覚えているかというと、
30年前、親には言わず自分で作成したからだった(。。 )\バキッ☆
いやその・・・当時はみんなそうだったんです~(笑)

単車に対する今の高校生の思いってのは、
私らの時とはずいぶん違う・・・
まぁ、環境も違うしねぇ・・・

いやはや、体制と書類は変わらず、
時代が変わった、という事ですなぁ・・・(^^;)

第15週+4日目の朝
79.0kg BMI 24.93
昨日±0g トータル+500g
減量100日目まであと4日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

増えなかっただけまし?(^^;)

2007年6月16日 (土)

高野山学 第3講

070616koyasangaku1 本日は、午前10時半より、
高野山学の第3回目
「日本における真言密教の伝来とその展開」を受講。
講師は藤田光寛高野山大学教授、
藤田先生は大円院のご住職でもあり、
教相(密教の理論的教義)と事相(密教の実践)を、
双修された方である。

070616koyasangaku2 例によって、10時半ぎりぎりに行ったら、
やっぱり満員で最後列での受講となった(^^;)

スライドが・・・見えない(ToT)
070616kouyasangaku3 しかしさすがは、
親切丁寧、優しいお人柄の藤田先生、
ちゃんと資料を別に配布して下さり、
『中程から後の方はスライドが見えないと
聞いておりますので、
今日はお配りした資料を中心にご説明します』とのご案内、
ありがたい話であるm(_ _)m

てなことで、2500年間にもわたる仏教の歴史を、
1時間半という短時間で、私ら初心者にもわかるよう、
やさしくご解説いただけるという願ってもない機会。
一所懸命拝聴致しました。マジ(^^;)

中でも、真言密教は「大乗仏教」である、というご解説には、
胸のつかえが取れた気分になった。
まぁ、「大乗」という言い方自体、
「小乗」(今では使われない言葉)に対する批判語なのだが、
何かとお大師さん、弘法大師空海の超人性ばかりが、
密教の現世利益として取り上げられる事が多いので、
民衆救済こそが宗教の原点と考える立場からは、
大変嬉しいのである。
・・・と、ちょっと小難しい言い回しになってしまったが、
これについてはここでは書ききれないので、
ご興味のある方は、
「大乗仏教」「小乗仏教」あるいは「上座部仏教」等で、
検索してみて下さい。

そしてもう一つの目玉?
070616kouyasangaku4 これまた、高野山真言宗に興味の無い方には、
「はぁ?何それ?」という話なのだが(^^;)
大塔内部などに掲げられている
「(伝持の)八祖大師」のご解説を聞かせていただけたのも、
私にとっては大変ありがたい事であった。
それぞれ、龍猛(龍樹)菩薩・龍智菩薩・
金剛智三蔵・不空三蔵・善無畏三蔵・
一行禅師・恵果阿闍梨・弘法大師と、
尊称が違う訳も初めて知った。

うむ・・・
なんかめっちゃ勉強した気分(^^;)
しかし、前々回の村上先生の時も、
「お~わかった~!」という気分になったものの、
持続性が全く無かった(。。 )\バキッ☆し、
第2回目にいたっては、知らずに欠席(。。 )\バキッ☆
てなことで、今回からは肝に銘じるよう、
ブログにキーワードだけでも、
書き残す事にしたのである。

どうせまたすぐに忘れるだろうけど(^^;)、
何度も読み返し再感得しようではないか。

茗荷の語源と言われる、
槃特(はんどく)さんには及ばぬまでも、
繰り返し、少しずつでも実践して行こうではないか。
そういう気分にさせていただける講義でありましたm(_ _)m

てなことで・・・
たまーに勉強すると、ちょっと真面目になるつー事?(^^;)

ちゃんちゃん

ちなみに、高野山学、
今年はあと5回開催される予定、
070616kouyasangaku111回だけの飛び入り受講もできるので、
興味のある方はぜひ!(^-^)


第15週+3日目の朝
79.0kg BMI 24.93
トータル+500g
減量100日目まであと5日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

とほほ・・・
久しぶりに量ったら・・・(ToT)
このまま100日目を迎える事になるのか・・・

2007年6月15日 (金)

青葉祭

070615aoba1 青葉祭、当日である。
今年は娘がバイトで、
大師音頭に参加する事になった。
まずは出発前に一枚。
070615aoba2
銀は大勢の人出にも動揺せず、
おとなしく興味深そうにあちこち見ている。
どうやら人が多いと行儀良くなるようで、
カメラ目線もばっちりだ(笑)
おかげで、色んな人に『おとなしいですね~』と撫でてもらっていた。
なかなか、営業上手なヤツである(笑)

私は今年、無役につき、
ゆっくり行列を眺めさせてもらう、
久しぶりっつーか、実は初めて?(^^;)
070615aoba3 さて、12時ジャストに、
まず、小学校の鼓笛隊出発~


070615aoba3taito お~taito君、
中太鼓でがんばってます~(^-^)


070615aoba4

鼓笛隊の後に、
花御堂渡御の行列出発~
鼓笛隊と行列では
歩く速度が違うからかな?

070615aoba5goeika まずは、「ご詠歌」のみなさんがしずしずと、


070615aoba6tigo

続いて、幼稚園のお稚児さん行列、
40数年前、私もこの中にいたのだ(笑)


070615aoba61hanamido

そしてこれが「花御堂」
幼き頃のお大師さん、
つまり、「稚児大師像」が乗っているのである。

070615aoba62nanzanakai_1 花御堂の後には、
南山会の院家さん達の行列が従う、


070615aoba7こちらは、「いろは」号
青葉娘に隠れて見えないが、
小学校5年生?で、
6月15日に一番近い生まれの、
男の子が稚児大師に扮して乗っている。
「女の子はあかんの?」ってな、事はまぁこの際、勘弁して下さい(^^;)
070615aoba71 ここからは大師音頭を踊る連となる、
まずは中学生女子、
続いて、一般有志、
070615aoba81 で、町内会連が続く、
十数ある町内会から、5人ずつ出る決まり、
出られない人はバイトを雇う(^^;)
てなことで、バイトで踊る人も多い、

070615aoba82 うちの娘もその一人(笑)

070615aoba83
ちびっ子鼓笛隊も参加~


070615aoba84
車椅子の方も参加~

みんなで、
お大師さんの誕生を、
お祝いするのである(^-^)
070615aoba85 そして毎年、トリを務めるのが、
商青の奉燈行列~(^-^)
070615aoba9_1 平日なので、
参加できる人数が限られ、
中学生男子に助っ人してもらっている。
参加してるメンバーは、
もちろん全員二日酔いだ(笑)

てなことで・・・
行列を見送り、待ちかねた銀と銀ぶら~(^-^)
無理をさせないよう、雨上がりの草むらで、
ちょこっとだけ放してやると、
ご機嫌で駆け回り始めた(^-^)
070615gin2股関節形成不全の、
グレードⅠと診断されてから、
走る時の後ろ足ばかりが気になる(^^;)
つまり、兎みたいに後足が揃うらしいのだが、
幸いにしてまだその徴候は見られない。070615gin
本犬はこちらの心配をよそに、
私とカミさんの間を行ったり来たり・・・
070615ginusi 好みの草を見つけると、
むしゃむしゃ・・・
牛かお前は~(笑)



070615cafe てなことで、
オープンカフェで一休み、
ここでの銀のお行儀もなかなか(^-^)



070615cafe2 こちらの食材は、
すべて自然有機農法によるもの、
トルティーアとタコライスをばいただきました、
美味しかったっす~(^-^)

070615gin3 銀のおやつを持ってきてなかったので、
ドレッシングがついてないレタスをば・・・
普段こちらがテーブルについてる時は、
絶対食べさせないのだが、
まぁ、今日は祭ということで・・・(^^;)
ちなみに、生レタスは銀の大好物である(笑)
てなことで、お稚児さんから始まって、
小学校では鼓笛隊、中高生時代はボーイスカウトとして参加、
大学の時は祭には帰ってこられなかったし、
商工会青年部時代は「奉燈行列」一辺倒、
卒業してからも、町内かとか、なんやかんやで役があったので、
こんなにゆっくり過ごせた「青葉祭」は史上初だった(笑)
ありがたやありがたやでございます~m(_ _)m

070615ginhaku そしてさらにオマケ、
帰宅して銀をケージに入れ、
トトとハクに散歩させていたら、
なんとなんと、いつもは噛みつくだけのハクが、
今日は銀の前足を嘗めてやってる・・・w(゜o゜)w
銀もちょっかいをださずに、ただ静かに見つめるだけ・・・
ナルがいなくなった事を、
お互い、なぐさめあってるのかなぁ・・・

なんだかそんな風にしか見えないのでありました・・・

何せお祭!いろんな事があるよね~(^-^)

ちゃんちゃん

2007年6月14日 (木)

青葉祭前夜祭「奉燈行列」

では、ぼちぼち、
「奉燈行列」のお手伝いに行ってきます~

行列の最中、
どこかでるんたとナルに会えるかもね(^-^)

てなことで・・・レポ

070614hoto1 南山会の院家さん達に、
御法楽を受けいよいよ出発~
070614hoto2
私は例によって、
新作の電源車の運転、
つまり後部しか見られな~い(^^;)
画像下部では、商工会青年部のメンバーが、
8分に一度の作業中(^^;)
何をやってるかというと・・・
この日のために用意した音楽なのだが、
肝心のリモコンが突如行方不明となり、
本体ではオートリプレイの設定ができないため、
8分に一度、手動でリプレイしているのであった・・・orz
最初何をやってるのかわからず、
雨のため漏電でもしてるのかと心配したのだが、
お、お疲れさん・・・(^^;)
070614hoto3千手院の交差点にて、
水もしたたるイイ男?(^^;)
この時点でみなびしょ濡れだが、
元気に進む!エライ!拍手!

070614hoto4 運転している身で、
一人濡れないのは申し訳ない、
てなことで、
電源車から伸びる、
配線のさばきだけでも引きうけようではないか~
って、これで右半身びしょ濡れ(笑)
070614hoto5 今年の新作、
おだやかなお大師様(^-^)

南無大師遍照金剛

070614hoto6 彼らあっての「奉燈行列」である、
何をやってるかというと、
道々に張り出した木の枝を、
持ち上げてくれてるのだ~m(_ _)m
縁の下ならぬ、枝の下の力持ち!
ありがと~

070614hoto7 従来の「投鈷大師」像も再登場、
こちらは迫力満点~(^-^)

雨は厄介なものだが、
濡れた方が綺麗に見えるから不思議・・・070614hoto8
雨にもかかわらず、
大勢の方が楽しんでくれてる。
これもまた励みになる(^-^)

070614hoto9 てなことで、午後11時過ぎ、
巡行も無事終了、
例年のごとく、ご協力いただいた、
本山職員さん、高野山大学学友会さん、
青年団のみなさん、その他大勢の有志のみなさんが集まり、
大打ち上げ開始~\(^o^)/
商工会青年部部長の真坊、
本年度奉燈行列実行委員長の太郎君、
ご苦労様~おめでと~\(^o^)/
070614hoto91 で、毎度のごとく、
狂乱の酔いを呈する亭長~(。。 )\バキッ☆
誰彼なしにくらいつき、
あらかじめ口中に隠し持った、
あるモノを口移しで・・・という蛮行!(。。 )\バキッ☆
070614hoto92 あるモノ・・・(ToT)
私もヤラレタ・・・(ToT)
で、やり返してやった(笑)
ついでに、亭長の眼鏡にたっぷり塗ってやった。
しばらくは匂うぞ~(。。 )\バキッ☆

070614hoto93  さてさて大団円、
部長と実行委員長の胴上げ~

久しぶりに打ち上げに参加させてもらったが、
かつての情熱が蘇ったような熱い宴会だった(^-^)
ご多分に漏れず、年々会員数が減少してはいるが、
この「燈」いつまでも、ともり続けていてほしいものだ。

めでたしめでたし

2007年6月13日 (水)

ナル 安らかなる旅立ち

とうとうナルが逝きました。
夜明け頃、とても安らかに逝きました。
天寿を全うしたよ、と、
私達を安心させてくれて逝きました。
だんだん冷たく固くなっていくナルですが、
どうか、見てやって下さい。
微笑んでるのがおわかりでしょうか。
070613nalu カミさんが、
『来た時に戻ってるみたい』と言いました。
そうなんです、
大好きだった藁とオガクズのベッドの上に、
寝かせてあげてしげしげと見てみたら、
昨年来、痩せて脱毛していたのが、
ここ数日で、うちに来た時と同じくらい、
毛がフサフサになっていたのです。

おしゃまな子、
ナルを一言で表すと、そうなります。
私達が初めて迎えたフェレットでした。
習性も本で調べたのとはずいぶん違い、
とてもおとなしく、人なつっこくて、
トイレもすぐに覚え、噛み癖も数日でなくなり、
とても飼いやすい子でした。
だから続いてトトやハクを迎え入れる気になったとも言えます。
ナルとは正反対の性格で、おてんばなトトから飼い始めていたら、
おそらく、3匹も一緒に飼おうとは思わなかったと思います。
それくらい、ナルは賢くおとなしく、
一緒に暮らすのが楽しい子でした。

子供の時に去勢され、臭線を除去され、
最初から一代で生涯を終える事が決められている、
いわば不自然な生き物、
飼う前は、そういう認識でした。
ところが、一緒に暮らし出すと、
その優雅とさえ言える仕草といい、
フードの上品な食べ方といい、
やっぱりこの子はおしゃまな女の子なのでした。

もともと、ペットショップで一緒にいたフェレット達の中でも、
際だって小さく、はかなげで、
うちに来てからも昨夏の一時太りを除けば、
小食でやや虚弱、
るんたや銀がやって来た時は、
最初の1週間くらいは馴染めず、
脱毛してしまうほど繊細な子でもありました。
その度にナルだけ隔離したものです、
季節の替わり目などでも、
換毛以上の脱毛を起こす子でもありました。

今回、老衰期を迎え、食がますます細り、
やせ衰えて毛が全部抜けてしまう可哀想な最期も、
十分予想できたのです。
ところが、最期の旅立ちの時に、
まるで子供時代に戻ったかのような、
フサフサの綺麗な毛並み。

ふと、
「ナルって、もっと生きられたのに、
最後の生命力を、毛皮をフサフサにする事に集中したんちゃうやろか」
そうつぶやく私がいました。
『うん、そうかも、こんなに綺麗でフサフサなのは久しぶりやもん』
カミさんも泣きながらそう言いました。
仕事を休ませてもらった娘も、号泣しつつ、
『めちゃめちゃ悲しい、けどナル綺麗、剥製にしたいくらい・・・
わぁ私何言うてんのやろ・・・』
不謹慎かも知れませんが、ナルはとても綺麗なのです。

070613tail 朝日を浴びるナルの尻尾です、
昨年の暮れには、
ほとんど毛が抜けてしまっていた尻尾です、

彼女は、
栄養を体に行き渡らせて生きる事よりも、
綺麗に死を迎える事、を、
選んだような気がしてなりません。
もちろん、私は、
生き物の、特に生の終わりの美醜に、
こだわるつもりはありません、
しかし、ナルは、最後の生命力を、
毛皮の再生に向けたような気がしてならないのです。

そしてそれは・・・
私達家族のためなのでは、とも思うのです。
老い自体を否定するものではありませんが、
ナルがもし、ボロボロになって苦しみながら死を迎えたとしたら、
私達家族も同じように苦しんだ事でしょう。
ナルは半年以上もかけて、
私達家族に覚悟をさせ、ほんの少しだけ介護の苦労をさせ、
私達が納得する形で、しかも綺麗に逝ったのです。

それが、昨年、るんたを、事故という突然の死で喪い、
嘆き悲しんだ私達家族への、
ナルの思いやりのような気がしてなりません。

あまりに感情移入しすぎでしょうか?
フェレットの脳にそんな気持ちが芽生えるはずがない?
毛の再生は栄養剤の投与が効いたから?

ネガティブな理屈はどうとでもつけられるでしょう、
でも、ナルの毛の感触は、
そんな気持ちをさらっと払ってしまいます、
柔らかく、フサフサで、朝日を浴びてあたたかいのです。

佑真が学校から帰ってきたら、
ナルと対面してもらい、それから家族で埋葬します。

死とは無惨で残酷で醜く腐っていくもの、
死を恐れる私の心にはそういう感覚がありました。
今もあります。
でも、こんなに綺麗で見事な最期もあるのだと、
ナルが教えてくれました。

ありがとう、ナル、
君に会えて良かった。
よくぞ、今まで、一緒に暮らしてくれました。

ありがとう、ありがとう、ありがとう、
どうか、安らかに、

私が逝く時には、るんたと一緒に迎えに来てね(^-^)

2007年6月12日 (火)

青葉祭舞台

070612stage1 気持ちよい空の下、
3日後に迫った「青葉祭」の舞台設置。

「青葉祭」とは、
毎年、6月15日に開催される、
お大師さんの誕生日をお祝いする祭である。
前夜祭に登場するのが、商工会青年部の「奉燈行列」
当日は、一の橋からここ、本山前の広場まで、
花御堂渡御(はなみどうとぎょ)の行列が、
大師音頭の踊り衆とともに、
パレードが繰り広げられるのである。
070612stage2 てなことで、
毎年、仮設舞台を組むのだが、
毎年、「どこが中心やったっけ?」と、
悩むのである(。。 )\バキッ☆

070612stage3 そうそう、ここここ~!(^^;)
長年、同じ場所に柱を設置しているので、
駐車用の白線に型が残っている(笑)
てなことで・・・
記録用に1枚、
これで来年はダイジョーブ?(^^;)


070612stage4 舞台完成~(^-^)
あとは天気だけだが、
これも毎年、梅雨の時期にも関わらず、
花御堂渡御の間だけは、
雨が降らないのである(^-^)
これまた、お大師さんのおかげ(^-^)

そして、念には念を入れ、
五條市にある、霊験灼かなる「雨晴れ地蔵さん」への、
奉賛会長と商工会青年部長と奉燈行列実行委員長の、
お参りが必須となっている。

今年もたぶん、ダイジョーブだろうとは思うのだが、
何やら、今年の奉賛会長だけが、
『わし、晴れ男やから』との事で、
雨晴れ地蔵さんにお参りしなかったという噂が・・・

その点だけがちょっと心配・・・

第14週+6日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日-100g トータル+300g 
減量100日目まであと9日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

やや減り、よしよし・・・(^-^)

2007年6月11日 (月)

ナルのこと

070611nalu1 最近のナル、
いよいよ不調である・・・
昨年の暮れ頃から、
食欲不振や脱毛の傾向が現れ、
最初はフェレットによくある、副腎関係の病気を疑ったが、
獣医さんによると、健康体ながら加齢によるもの、との診断。
つまり・・・老衰なのだ・・・
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/12/post_3e66.html

るんたの逝った年にナルまでもか・・・と、
一時はショゲたものだったが、
幸いその後、一過性の不調だったのでは?
とさえ思えるくらい復調し、
先週くらいまではごくごく普通に過ごしていた。

ところが、数日前から寝床であるハンモックから出てこなくなり、
フードも食べないのでやせ細る一方。

もともと、ペットショップで一番小さくてはかなげなのが気になって、
連れて帰ってきた子であり、
体重も、昨夏に急激に太った時を除けば常時750gくらいで、
フェレットの女の子にしても小さい方。
(捨てフェレットだったハクは雄だけに2kgくらいある)
それがいまや、500gを切るくらいに痩せてしまっている。

てなことで、ここ数日は、家族で交替しつつ、
薬剤用の注射器を使い、
溶かした栄養剤を食べさせているのである。
その日の食欲でまちまちなのだが、
けっこう食べる日もあり、
食べると元気が出るらしく、よちよちと歩こうとする、
前足はしゃんしゃんしているのだが、
後ろ足がついてこないので、足を引きずる形になる、
お腹のところを支えてやると、後ろ足も動きだし、どんどん歩く。
で、大好物のペーストを指先に付けると、
以前ほどの勢いは無いのだが、ペロペロと嘗めるのだ。
070611nalu2 なんかね・・・
いじらしくて泣けちゃうのよ・・・
で・・・
もし、股関節形成不全が進行してしまったら、
銀もこんな感じになるのでは?と、
ちょっと不安にもなる・・・


でもね、そうなったら、そうなった時の事、
こうやってお腹を支えてやればいいのだ、とも思える。
銀の場合は、手術という選択肢も残っているしね、

あまり歩かせすぎて疲れさせないよう、
ハンモックにもどしてやると、
すぐに目を閉じ、楽そうに眠る。
もはや、回復は望めないかもしれないけれど、
できるなら、このまま苦しまず安らかに天寿を全うしてほしい、

それまでは一所懸命ケアをするよ、

一昨年にチロ、
昨年にるんた、
そしてどうやら今度はナルが、
命の始まりと終わりについて、
教えてくれているような気もする。
寂しいなぁ・・・
けど、チロを思い出しても、るんたを思い出しても、
寂しいけれど、とても懐かしくてあたたかくて、
心が満たされるのも感じられるようになってきたのだ。

もう、すぐ死んでしまうような書き方をしたけれど、
ナルよ、
もうちょっとだけ、もうちょっとだけでいいから、
一緒におってね、

第14週+5日目の朝
78.9kg BMI 24.90
昨日-300g トータル+400g 
減量100日目まであと10日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.33kg

半日ツー効果?

2007年6月10日 (日)

アトランティス3

アトランティス3とは・・・
BMW製ライディングウエアの一つ、
革(ヌバックレザー)でありながら、
撥水性を持ち、水に濡れても吸水率は10%以下という、
まぁ、雨でもへっちゃらというふれこみのジャケットとパンツだ。

当然、定価はアホほど高い(^^;)
↓で、おっさんが嬉しそうに着用してるのがそれだ。
070610a 何?モデルのせいか、
そんなに高そうには見えない?
ほっといてちょーだい!(ToT)
(足元の鴨については後述)
まぁ、実際の話、
こいつはそんなに高くない(^^;)
某オークションで1ヶ月以上かけて、
熾烈な?かけひきを制して入手したものだからだ(笑)

ただ、サイズが48だったので、
入札する時にハゲシク迷った(^^;)
価格もだが、肝心のサイズが・・・合うのか?
というのも、BMWウエアの場合、
厳格なドイツ製品のイメージとはうらはらに(^^;)
各ウエアごとに、サイズが滅茶苦茶違うのが常なのである。
これはもう、ホント!どないかしてほしいわー!!
他にもいくつかオークションとか特売(笑)で、
入手したウエアがあるが、
(つーか、正規の値段で買ったウエアって無い!(笑))
サイズ48より小さいサイズ50ってのもある(笑)
しかも同一ウエアでも、
作成された年により、大きさが違う場合もあるのだ。
これって、オン系やオフ系という、使用目的に合わせてなのか、
はたまた単なるデザイン上の寸法取りのせいなのか、
それとも作ってる国がまちまちだからなのか、
(たぶんこれが主な原因ではないかなぁと思う、
ハンガリー製ってのはけっこう小さかったし・・・(ToT)
ちなみに、こいつはmade in ボスニアである)

だから購入にあたって試着は必須なのだが、
いかんせん、取り扱ってるディーラー自体が少なく、
さらに現物を試着できるモデルとなると、
もう少し一般的かつ売れ行きが見込めるモデルに限られてくるのである。

ただ、このオークションでは、48というサイズが私には幸いで、
出品者には災いだったかもしれない。
というのも、
材質がヌバックなので、どちらかと言えばおっさん向き?であり、
おっさんでサイズ48となると、
私のように、日々節制しているおっさん以外は(。。 )\バキッ☆
ジャケットはともかく、パンツはちと苦しいと思われ、
入札者が非常に少なかったのだ。
実際、減量する前の私のサイズは「54」だった(笑)
もし出品されていたサイズが50なら、
ハゲシイ争奪戦が起こっていたかも知れない(^^;)

で・・・これ、
前から欲しかったんよねぇ・・・
どれだけ化繊製品の性能があがろうと、
転倒して道路を滑走してしまった場合の擦過傷を考えると、
まだまだ革の方に優位性があると、私は思う。
化繊の場合、化繊自体が摩擦熱で高温になり、
傷は負っていないのに、
重度の火傷を起こしてしまったという人の話を聞いた事もある{{{{(+_+)}}}}

だがしかし、晴れ男を自認してはいるが、
「山沿いのにわか雨」が頻繁なこの地方で、
朝から晩までえへらえへらと、
着替えの時間も惜しんで走り続けるためには、
濡れたら後々のケアが面倒な革は、ちょっとねぇ・・・
(つーか小心者だから、なるべくなら革は濡らしたくない(^^;))
ちなみに、もともと欲しかったのは、「アトランティススーツ」なのだが、
躊躇してるうちに何年も過ぎてしまい(笑)
細部が改善され、2が出て、
さらに3世代目に至ってしまったという具合(笑)
(ちなみに現在は「アトランティス3プロ」というバージョンになっている)

てなことで、その存在を知った時から、
おお、これさえあれば、雨でも気にせず、
万が一、コケても大丈夫やで~(^^;)
欲しい欲しい欲しいぃ~~~
だがしかし、
先立つものは無いわ、
あまりにも走りに特化したディティールなので、転用はきかんわ、
万能性を謳ってるわりには、
夏に暑くて、冬は寒いのが容易に想像できるわ・・・
ってなことで、どんどん新しいバージョンも出るし、
半分以上、あきらめていたわけですわ(笑)
何しろ、雨が降ればカッパを着ればいいわけで、
いわばこいつの性能は過剰装備。
ま、贅沢品、ですわな。
そんなところへ現れた一着、
しかもオークションではバラ売りが多い中、
ジャケットとパンツのセットで○万円という一桁価格。

行っとく?(^^;)
もしサイズが合わなかったら、
即、同じくオークションに出品すればいいわけだ。
その分、値引きがさらに必要かもしれんけど、
今後のために?サイズの確認だけはできるやーん!

!( ̄□ ̄;)   そうか、ジャケットはおそらく着られるやろし、
それなら、ジャケットだけ落とすつもりでパンツはおまけと考えて、
ジャケットだけでもこの価格ならって線で攻めればええわけや~
いやしかし、下手にジャケットだけ入手できてしもたら、
パンツも欲しくなって泥沼にハマるんちゃうの~?
わぁ~どうしたらええねーん!
・・・てな具合に妄想を膨らましつつ・・・
希望落札価格に届かずオークションはお流れ、
最後の最後で入札しようかなとずいぶん迷ったが、
おそらくまた出品されるはず、
そこで、他の応札者が現れたら、
その時点で勝負するかどうかまた悩めばいいわけで、
出品者が出品をあきらめたならそれはそれ、
縁が無かったという事、
まぁ、こっちも「円」が無いわけやし(^^;)

で・・・
結果的に見送りは正解だった、
ウォッチしていたところ、ちょっと時期が開いて再出品され、
今度は入札者が私一人だったので、
ほぼ7割引きにて落札~\(^o^)/
応札者が最後まで現れなかったのには、
「う~ん、これってやっぱり不人気?」と逆に心配になったが(^^;)
欲しい人はちゃんとディーラーで買っているのであろうし、
48やからね、やっぱり、サイズの合うおっさんが他におらんのよ~と、
勝手に思いこむ事にした(笑)

そして届いたウエアのサイズは・・・
うひょひょひょひょひょ~ん!\(^o^)/
行けますがな~
ジャケットもパンツもピタリ賞!
パンツの裾がちょっと「短い」のが玉に傷やけど、
レーシングブーツ用と思えばこんなもんでしょう。

てなことで、予想通り、
夏暑く、冬は寒そうな生地なのだが(^^;)
今日みたいなにわか雨に遭いそうな日は、
♪ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらんらんらーん♪
な気分で着られるのだ(笑)
070610ondo 気温もこんな感じ、
(最低気温が10℃前後・・・って、
 どうかと思うが(^^;))

暑すぎもせず、寒すぎもしない、
下界はもっと暑いだろうけど、
にわか雨のシャワーに期待しよう(笑)

てなことで、出発~
070610a1 さっそく来た来た雨~(笑)
そのうちに、雨と晴れの境を通過~

070610ame2
青空さんこんにちは~(^-^)






070610ame1 来た道を振り返ってみると、
こんな感じで、
ちょうど境が見えている~(笑)





070610a2 でもって、
それからまた雨~
ウエアは、どんどん濡れてくる~
吸水率10%ってホンマかぁ?
ダイジョーブ~?
これで即、染みて来るようなら俺は泣くぞぉ~!
070610ame4 おっとっと~また雨と晴れの境通過~
行ける行ける~
染みてくる前に乾く乾く~
やっほぉ~\(^o^)/
って、何か、雨雲を探して走ってないか?俺~(笑)

で、たどり着いた公園での1枚がトップの画像なのである。

満足まんぞ~してるのがおわかり?(笑)

で、池の鴨まで寄ってきて、
070610kamo1 何かちょーだい~

070610kamo2_1 わしら何かくれるまで動かんで~



070610kamo3 ほな、
あげるフリだけでもしてみましょ~(笑)

070610kamo4 うわっと、何もないとこへかぶりつきに来た~w(゜o゜)w

070610kamo5 てなことでしばらく遊んでたら、
向こうが先に飽きたみたいで去って行きました、
ふん、アホらし!って感じ?(笑)

!( ̄□ ̄;)   俺、何しに来たんやっけ?(。。 )\バキッ☆

てなことで、またあちこちと走り回り、
今日は、金星、土星、水星の直列が見えるって事なので、
日没直前に大門まで戻って来たけど、
070610kinsei あいにくの雲で金星しか見えんかった~
けどまぁ、金星が見えただけでもええか~
やっほぉ~
ご機嫌ですぅ~


ちゃんちゃん

第14週+4日目の朝
79.2kg BMI 24.99
昨日+200g トータル+700g 
減量100日目まであと11日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.63kg

ガーソ!
マッコリ二日目効果か・・・orz

2007年6月 9日 (土)

高野山最大の扉(塗装編)

070609daitotobira さて、いよいよ大塔の扉の塗装である。
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/06/post_d467.html

ところが少々問題が・・・
というのも、大塔全体は、平成12年に行われた、
大改修工事により、全体が塗り直されたのだが、
その時使われた塗料が・・・
「フッ素樹脂塗料」なのであった。
ウレタン系なら現場調合も可能なのだが、
特殊な塗料だけに、メーカーに作ってもらわざるを得ない。
これがね・・・(^^;)
なかなか同じ色にならんのよねぇ・・・
いやそのあの・・・
大メーカーさんの技術力にケチをつける気は毛頭ないのだが・・・
何せ現物は10年近く紫外線に晒されたシロモノ、
いくら超耐久塗料とはいえ、若干の色落ちは起こっているはず、
てなことで、今回、取り替えて不要になった扉の一部を、
メーカーに直送し、色光度等を勘案して同色になるよう調合してもらった。
070609daitop で、届いたのがこれ(^^;)
これ全部を使わないと塗れないのですわ・・・
左端のシンナーはともかくとして、
上塗り用の塗料とその硬化剤、
中塗り用の塗料とその硬化剤、
下地処理用の2液性シーラー・・・
しかもこの塗料、通常だと、
1斗缶ベースでしか買えないものであり、
上塗り材だけでも定価で10万以上するという、
オトロシイ塗料なのである(>_<)
今回、塗装屋さんがメーカーと交渉してくれ、
最低限のセットで取り寄せられたので助かったが、
1斗缶ベースのセットならば、
本体の木材費より高く付くところであった・・・orz070609daito2
さて、塗料を前にして、
一刻も早く色調を確認したくなり(^^;)
違う部分で試してみた。

←黄の楕円部分に、
上塗り材を付けてみると・・・
070609daito1 おお!
乾けばもう少し、上がる(白っぽくなる)
だろうから、
これならいけるのではないか?




てなことで、あとは、塗装名人様におまかせ!
070609daitop1 シーラー処理して、
070609daitop2 ペーパーかけて、
070609daitop3中塗り1回目~

070609daitop4
さらに中塗り2回目を施し、
いよいよ上塗り1回目~

070609daitop5 で、上塗り2回を経て、
塗り上がった画像がこれ、
まだ乾いていないので、
若干濃いめだが、
これならなんとか馴染んでくれるだろう。
はぁ、ほっとした・・・(^^;)

ちなみにシーラー処理から上塗り完成までには、
8時間以上かかっている。

てなことで・・・

めでたしめでたし(^-^)

第14週+3日目の朝
79.0kg BMI 24.93
昨日+400g トータル+500g 
減量100日目まであと12日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.43kg

やっぱり・・・(^^;)
しかし、美味しかったので悔いは・・・無し!(。。 )\バキッ☆

2007年6月 8日 (金)

グルオフ~\(^o^)/

さぁて本日は、久方ぶりのグルオフ参加~\(^o^)/
場所は・・・070608g2sinsekai
派手でっしゃろ~(笑)
「新世界」ですわ~
(ここが最も新世界らしい?電飾だったので、
画像だけ撮ったのだが、
連れて行ってもらったのは別のお店である(^^;))
070608g1 てなことで、1軒目~
名前だけなら私でも知っている「てんぐ」さん、
長~いカウンターにお客さんがぎっしり!
本日のグルメオフ、メンバーは、
これまたお久しぶりの、
BONZOさん、アフランシさん、U~子さん、
そして、画像に写ってないが総裁さんと私、
まずは、BONZOさんと私は、生中、
あとのお三方は烏龍茶で乾杯~!
070608g1doteそして、名物?のドテ焼き~
タレの甘味と肉の旨味が、
口中一杯に広がる~\(^o^)/


070608giebi 海老天~
熱々~のほくほく~の、
うまうまぁ~\(^o^)/

070608g2sauce これが噂の、
共用二度付け禁止ソース~
手モデルは総裁さん。
ブツは・・・タコかな?


070608g1tako てなことで、
こちらも、タコとタマネギ~
勝手気ままに、
食い散らかすのがいいのだ~(笑)
夢中になってパクついてたら、
本日のコースマイスターBONZOさんから、
『恵峯さん、次もあるからあまり食べ過ぎんようにね~』とアドバイスが、
「おぉ~ハシゴするのぉ~」\(^o^)/
てなことで・・・
070608g3yataihu スマソ~
後述する理由によりお店の名前失念!(。。 )\バキッ☆
しかしいかにも新世界、
屋台風のお店で、居心地抜群~\(^o^)/
070608g4namasen まずは、生セン、
こりこりしてるのに柔らかい、
タレも美味しい~
ちなみに、生センは生のセンマイ、
センマイってのは・・・
いわゆる4つあるとされる牛の胃の3番目だ。
ゲンミツにセイブツ学的に言うと、
牛の食道が反芻用に変化したもの・・・らしい。
反芻ってのは確か、
口→第1胃のミノ→第2胃のハチノス→いったん口に戻りもぐもぐ→
第3胃のセンマイ→第4胃のアカセン(ギアラ)で、
段階別に消化されるという具合、
第4胃のみが、本来の胃である・・・らしい。
てなことで、うんちく垂れるのはここまで(笑)
070608g3makkori じゃっじゃぁ~ん!
お出ましになったマッコリが・・・

旨すぎるぅ~~~
BONZOさんと私でごきゅごきゅ飲みました~(笑)
・・・お店のご主人が、
『飲むのが二人やから、バラ売りにしたけど、
 そんかい飲むんやったら、2Lのボトル売りにしとけばよかったのに』(笑)
いやぁしかし、良い酒は果物の香りがするというけれど、
ホントに芳醇なフルーティな香りが鼻腔をくすぐり、
ナンボでも行けるんですわぁ~(。。 )\バキッ☆
(ちなみに、これを悪用し、わざとリンゴのエキスなんかを、
 お酒に混ぜて「吟醸香」なんて宣伝してるメーカーもある。
 アホかーい!
 2杯目以降ならともかく(^^;)1杯目では騙されんぞ~
 酒とリンゴのエキスはなぁ、
 口の中で分離してちくはぐな香りになるんじゃ~)

あ、なんか、楽しいグルオフの最中に、妄想が広がってるぅ~(。。 )\バキッ☆
ことほどさように、美味しい酒を飲むと、ニセモノの酒を造ってるメーカーに対し、
義憤が湧いてくるのじゃ~って、もう、ベロベ浪漫に変身?(^^;)
070608g43syu てなことで、妄想はともかく、
実際は、楽しく語りつつ、
焼き物3種へ~、
左から、センマイ、ココロ、ハラミ、
やったっけ?
はっきり覚えてない~(。。 )\バキッ☆

と、「大丈夫、マッコリのアルコール度数からして、
そんなに酔うてませーん」と、
かなり酔うた時の言い訳が出だした頃(^^;)
緊急わがまま呼び出しの電話がかかってきて、
あっというまに、グルオフ早退~(ToT)
てなことで、あわててお店を出たのと、
酔うてるもんで(^^;)お店の名前を確認するのを忘れた(。。 )\バキッ☆
070608g4tutenkaku
でも、お店を出たとことで、
ちょうど真正面に見えた、
通天閣をバックに記念撮影はした(^-^)
てなことで、
これからカラオケBOXで、
「ささきいさお大会」を敢行するというお三方と別れ、
一路、わがまま師匠の迎えに走るのでありました。

新世界マスターBONZOさん、
ストレスでちょっとふっくらアフランシさん(^^;)
服、裏返しやで~(。。 )\バキッ☆ U~子さん、
いつものように黙々と食べ、黙々と連れて帰ってくれた総裁さん、
ありがとございます~m(_ _)m

ちゃんちゃん

はぁ~旨かった~\(^o^)/

第14週+2日目の朝
78.6kg BMI 24.80
昨日-200g トータル+100g 
減量100日目まであと13日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

グルオフに備え、ちょっぴり節制・・・(^^;)

2007年6月 7日 (木)

悪戦苦闘

仕事を終えてから、まんさく社長とこで、
今冬のトリッカー改造計画を模索(^^;)してたら、
総裁さんがカタナでやってきた。

「君、今、金堂の漆修理で缶詰状態やったんちゃうの?
 よぉ単車乗ってるヒマがあるね~」
『和歌山の工業試験場へサンプル持って行ってきたのぉ!』
という事らしい。
で、久しぶりに見るカタナのエンジン、
日本で一番汚いカタナ、を標榜していた割に、
妙に綺麗になっている・・・(^^;)
070607katana1 「ほぉ~耐熱塗装したんや~」
『あんまり近づいて見んようにね!』
と総裁さん、
070607katana2 で、近づいて見てみたら(笑)

「なんかプラモデルみたいやなぁ・・・」

『ほっといてー!』

で、総裁さん、
「ヘルメットホルダーを使えるようにして~」と宣う。
なんでも、このカタナ、
メインとハンドルロックとヘルメットホルダーの、
キーがそれぞれ違うらしいのだが(笑)
今までヘルメットホルダーなんか使った事がなく、
今日初めて?使おうとしたら開かなかったとの事、
キーが違うと思うのでどないかして~と言うのだ。
よしよし(^-^)
「おっちゃんが、まず開けたろ~」(笑)
『開けるだけやったらあかんのよ、
 使えるようにしてくれんと~』と総裁さん、
「そんなもん、とりあえず開けてから、
 シム突っ込んでシリンダー分解して、タブを組み替えたらOKやんか」
『ほんま?そんな事できるん?』
「できるできる~なぁ、まんさく」
『BMのパニアケースの鍵とかやってますもんね』と、
まんさく社長が太鼓判!(^-^)v

で、まんさく社長のピッキングセットを借りて、
(ガレージ西には、鍵が壊されたり錆び付いて動かなくなった車両の、
修理依頼に対応するためピッキングセットがあるのだ)
070607kagi1 かちゃかちゃ・・・
普通、この手の鍵なら十数秒で解錠できるのに、
コイツはなかなか手強い、
『ほんまに開くのぉ~?』と疑わしそうな総裁さん、
「人の道具は使いにくいんじゃ~」と言い訳しつつ・・・(^^;)

070607kagi2 なんとか開きました~
はぁ良かった~\(^o^)/

で、シリンダーを分解しようとしたのだが、
これまたシムがうまく入らない。
「もうちょっと薄いシムさえあったらなぁ・・・」
『やっぱりあかんやん、もうええから、元に戻して、ね、ね』と、
不安そうな総裁さん、
う~ん、悔しい、開けただけでは意味ないやーん(>_<)
で、開かなかった鍵自身の問題では?と見てみると・・・
070607kagi3鍵が捻れてしまってる・・・
「君なぁ、どんだけ力込めて回したんや?」
『えへへ、メインキーと間違えたんよぉ~』

しゃぁないヤツや、
まぁ、私も昔、軽四のキーをねじ折ってしまった事があるから、
人の事は言えんが・・・(^^;)
てなことで、
070607kagi4 ダメモトで、ねじれを修正して、
ピッキング代わりに使えないかと、
ヘルメットホルダーに突っ込んでみたところ・・・

070607kagi5 開くやーん!w(゜o゜)w

「君なぁ、もともとこの鍵で合うてるやん!」
『へ?ほんなら捻れてたのが開かなかった原因?
 そんな微妙なモンなん?』
「微妙も何も、こんかい捻れとったら開くもんも開かんちゅーこっちゃ~」

てなことで、これはブログのネタになる、と思い、
もう一度、
最初の行程から撮影しながらやり直したのであった(笑)
もちろん、一回まっすぐにした鍵も再び捻れさせた(。。 )\バキッ☆
こんなに何回も曲げたり伸ばしたりしたんやから、
金属疲労も進んだ事やし、
総裁さん、早めにスペアキー作った方がええよ~(^^;)

ちゃんちゃん

第13週+7日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日±0g トータル+300g 
減量100日目まであと14日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

ダメダダメダダメダぁ~♪
昔、こんな替え歌があったよなぁ・・・orz

特報!マン島便り!\(^o^)/

マン島TT 100周年記念レ-スに、サイドカーのパッセンジャーとして、
チャレンジしていた、クラブメンバーのニーラーさんですが、
見事、先行したチームを追い抜く快挙と共に、
決勝レースの3ラップ、180kmを完走!\(^o^)/

詳しくは↓のライジングサンレーシングのHPをご覧下さい。
これ以降、随時、情報がUPされると思います。

ニーラーさん、おめでとう!\(^o^)/

ライジングサンレーシング
http://www5d.biglobe.ne.jp/~office-t/man-10/

6月7日分、記事 転載 ここから

6日(水)決勝 サイドカーレースB 本番3 L
サイドカーレースB 3ラップを走りきり完走いたしました。
前回同様3ラップ目にはもうヘロヘロでしたが、
結果は38位とサイドカーレースAより一つ順位を上げることができました。
初めてマン島のコースで先にスタートしたチームを抜くことができました!
スタートはサイドカーレースA同様 ゼッケン番号の若い順から10秒おきのスタートでした。
ゼッケン番号は参戦までの実績で事務局から割り振られた番号ですので、
自分たちより格上のチームを抜くことができたと言うことです。

詳細と写真は後ほど、、、、とりあえず今はチームで乾杯です。

2007年6月 6日 (水)

SONY CS1K

所要で下山、
橋本は・・・夏だった・・・
暑つぅぅぅ~~~!

ちなみに、わが家は今朝も暖房を入れていた・・・(^^;)
なんちゅーかもう、
朝晩の冷え込みがまだまだキツいんです~(>_<)
でも、橋本は・・・夏・・・
070606cb2 気温が・・・夏、
空が・・・夏、
雲が・・・夏、
しかし、酷暑でもなく、
まさに、ええ季節、ですなぁ(^-^)
お昼ご飯を「やぶ椿」さんでいただく、
070606yabutubaki1
料理の画像は・・・
素朴な郷土料理で、
美味しかったのだが、
お腹が空いててがっついたもんで、
撮り忘れた(。。 )\バキッ☆


070606yabutubaki2 食事後、
離れ、にてミィーティング
昔の家屋を改造したもので、
部屋の中は涼しい(^-^)
景色も上々、
景観を損なわないよう、ここから見える土地も購入したのだそうだ。
ご立派!

てなことで、ミィーティング終了後、別の所要も済ませ、
いよいよこいつの出番、
070606cs1k SONYのGPS-CS1K、
もともとは、GPSを使って、15秒ごとにlogを作成し、
デジカメと連動させて、
撮った画像の位置を地図上に落とし込むというシロモノ
http://www.sony.jp/products/Consumer/Peripheral/GPS/GPS-CS1K/
最初、この商品情報を見た時には、
食指は動かなかった。
あれば便利だろうけど、それほどのおもしろみを感じられなかったからだ。
ところが、
Club-RTのDさんから情報をいただき、
(Dさん、ありがとうございます~m(_ _)m)
「サイトフィールド」というHPへ、
このCS1Kで取ったlogを送信すると、
連続した走行軌跡として閲覧できる事を知った。
これがね~
めっちゃおもしろい(^-^)
臨場感あふれる軌跡が再現されるわ、
(15秒ごとだから細かいカーブが飛んじゃうのはご愛敬)
だいたいの時速もわかるわ、
(単独で走ってる時と車の後に着いた時の違いがはっきりわかる(笑))
機能が単純なだけに使いやすいわ、
(カシミール3Dの挫折経験者としてはこれが1番!(笑))

百聞は一見に如かず、
おヒマな方は↓をどうぞ(^-^)
http://sightfield.jp/CS1K/track.php?id=7be42b56281211cfa73a64faa19420bd
最初の画面では、「詳細表示ありません、ズームアウトして・・・」と、
表示されるので、「-」を2回ほどクリックして、
「高速」か「超高速」を選んで「トレース開始」をクリックすると・・・
木陰が多い高野山道路なのだが、
ほぼ全域でちゃんとlogを記録できている。
070606log
最後に全ての軌跡を描画してくれるので、
そいつを残すとこうなる。
さらに裏技があって、
地図上に赤線で軌跡を残せるそうなのだが、
本日はそこまでに至らず(^^;)

今後、こいつの軌跡を果てしなく伸ばしたいものである(^-^)
ちゃんちゃん、

第13週+6日目の朝
78.8kg BMI 24.87
昨日+200g トータル+300g 
減量100日目まであと15日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

ううう・・・
夕べ、給料日でちょっと一杯・・・(。。 )\バキッ☆
減らさなあかんのにぃ~(>_<)

2007年6月 5日 (火)

高野山最大の扉 その3

さて、出発して向かうは、伽藍、
070605daito1 別働隊が、外した扉に施した、
仮設の養生を撤去してくれてる。
ん?どこどこ~?って?

070605daito2
黄の楕円部分を拡大すると・・・ね、
いかに大塔がデカいかわかるでしょ?



070605daito3 てなことで、今回は、
はめ込む時に、
左右の傾きを調整できるよう、
八の字に帯をかけて吊り上げる。

ちなみに、降ろすより吊る方が難しい、
降ろす時はワイヤーを伸ばすだけで、
扉は自重で勝手に降りてくれるのだが、
吊る時は、その吊り上げる力により、
扉が動いてしまい、トラックの荷台上を走りそうになるので、
吊り上げるのに合わせ、トラックをバックさせる必要があるのだ。
070605daito4 無事、吊り上げたのを、
真下から見るとこんな感じ、
本来はこういう風に、
吊り荷の真下に入るのは、
安全上、厳禁されている行為だが、
こうして押さえつつ方向をコントロールしないと、
風に吹かれて600kgの扉がふぅらふぅらと・・・(^^;)
てなことで、よい子のみんなはマネしちゃダメだよ~って、
そんなヤツはおらんか?(笑)
070605daito5 さて、扉がやや斜めになるように吊り、
いよいよ、扉の軸を、
上側の藁座(わらざ)
(扉の框の突起を納める凹み)
めがけて誘導する。
ブームの上下とワイヤーの上下で、
じわりじわりと肘壺へ入れるのだ。
レッカーのオペが良い腕だから、
信頼して真下で作業できる(^-^)
070605daito6 なんとか上部は無事、藁座へ入った。
そして今度は人力と「てこ」で、
下部の藁座へ扉の軸をじわりじわりと動かしていく、
この作業中はさすがにカメラを構える余裕無し、
↑画像は藁座の真上まで扉を動かし、
ほっと一息で、一枚撮ったもの。
そして、ワイヤをすこしずつ降ろしてもらい・・・
070605daito8 無事着地~\(^o^)/
ちなみに、黄○部分が、例の節の跡、
塗装でほぼ目立たなくなるだろう。(^-^)

070605daito7
てなことで、
作業は無事終了~

あとは塗装屋さんの、
名人芸を待つのみ(^-^)


めでたしめでたし(^-^)

第13週+6日目の朝
78.6kg BMI 24.80
昨日±0g トータル+100g 
減量100日目まであと16日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

変わらない ああ 変わらない 変わらない・・・orz

2007年6月 4日 (月)

高野山最大の扉 その2

さて、木屋に運んだ大塔の扉、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/06/post_f25d.html
070531daito9_1 画像、再掲となるが、
この根本の部分、
どれくらいの長さで継ぐのが適当か?
しばし悩む・・・
折れた所だけの接続では、
とても今後かかる荷重や応力には耐えられない。

かといって、幅1尺以上の框を5m全部変えてしまうのは、
金額的にも力学的にもそれは過剰対応?というもの、
で、製材屋さんに相談、
070605to3husi と、「お大師さんのおかげやね~」的(^^;)
最適の材料があるという。
←これである。
長さ=1K(けん)(6尺6寸=1.999・・・m)
幅=1尺1寸=333㎜
厚み=4寸3分=130㎜、の檜材だ。
石数(こくすう)は、0.312石(こく)となる。

ここで、「石数」について若干説明すると、
石(こく)とは、いわゆる木の大きさの単位であり、
1尺×1尺×10尺(1丈(じょう))の大きさが1石となる、
でっかい柱を想像していただければいいだろう、
これをメートル法で表すと、
約30㎝角で、約3mとなり、体積は、0.278立法メートルとなる。
ね、メートル法ってややこしいでしょ?(笑)

で、木の値段というのは、現在でも、堂々と、
「計量法」による規制、
(メートル法以外使っちゃいけないというアホな規制)
を無視して(笑)、石単価によって取引されているのである。
つまり、「この木なんぼ」
『石○○万円くらいです~』というわけ、
もちろん、メートル法に従えば、
1立方メートル当たりの単価もすぐ出るわけだが、
1石=0.278立方メートルゆえ、
1石当たり10万円の用材だとすると、
立法メートル当たりの単価は、
1÷0.278=3.597倍となり、
『1立方で36万くらいです』という返事になる。
ね、メートル法だと、全く同じものでも、
なんだか、価格が高くなった気がして、
精神衛生上良くないでしょ?(^^;)

で、ここでまた脱線するが、
私が「計量法」をアホな規制と言い切るのは、
何も価格が高くなったような気がするからではなく、
はたまた、旧態依然とした尺度にこだわっているからでもなく、
尺貫法の方が、人間の体をもとにして出来上がった尺度だけに、
大きさや重さを把握しやすいからだ。
特に、現在まで伝わる「尺」の長さは、
他の多くの単位が為政者により長め長めに変更されてきたのに比べ、
(その方が税収が増えるから(`ヘ´))
師匠から弟子に、技術と共に伝えられたが故、
中国から伝わった頃より変わっていないという文化的要素も持っている。
人間の腕の骨で尺骨というのがあるが、
これも1尺に近い長さだから名付けられたものだ。
こんな伝統的で生活に密着した単位を、
なぜ使っちゃいかんのだー!ぷんぷん!
ちなみに、「尺」は人間の歩幅がもとになっている。
半歩分、ですな、
(もとは手を広げた時の親指から中指の長さだったのが、
 半歩分に落ち着くまでだんだん長くなった・・・らしい)

閑話休題
さて、件の檜材だが、
傷、というか節が一つある。
↑黄○で囲んだ部分を拡大すると、
070605to3husi2
約1㎝×1.5㎝くらいの節、
これさえなければ、四方無地の檜として、
とっくの昔にン十万円で売買されていたものを、
これがあるため、売れ残っていたらしい(^^;)
ために、乾燥状態は完璧で、曲がりや反りも全くない。
こちらとしては、塗装はするのだが、
なにせ大塔の正面の扉である、
節が浮き出るような材は使えないし、
かといって開いた時も閉じた時も衆目を浴びるわけであるから、
無地に近い木が欲しい。
しかしそれでは、塗装を前提とした用材としては、
あまりにも高くなりすぎるので困っていたわけである。
そこへ、この木が候補にあがった、
向こうも売りたい、こちらもこの程度の節であれば、
丁寧に埋木すればほとんど目立たなくなるので歓迎だ。
で、即、運んでもらって加工にかかったというわけ。
070605to3kako
ちなみに、この檜、
木目も詰まってる最高材だから、
節が無ければ石単価は90万以上する。
今回は節のせいで、石60万ちょっとになったので、
その差は30万円くらい、
それに0.312を掛けると・・・93600円
つまり、節一つで約10万円の差、という事になる(^^;)

で、今回、製材屋さんもこちらも助かったというわけ、
やっぱり、お大師さんのおかげ、ですね(^-^)
070605to1 さて、適当な用材が見つかったので、
本体側の框をばっさり、
接続用に加工する。

070605to4 仮合わせして・・・


070605to5 従来使われていた、
ボルトをそのまま使えるよう加工。


070605to6 節、及びボルト用の穴を、
丁寧に埋木する。


070605tumikomi ペーパーで磨き、
外しておいた飾り金具を仮付け。

ちなみにこの扉、
平成の大修理の時に、
フッ素樹脂という難儀な塗料で再塗装されているため、
色合わせが難しく、
メーカーに制作依頼しているのだが、
塗料の到着を待ってると遅くなるので、
とりあえず、このまま再設置し、
塗装は現場で行う事になっている。
(その方が色合わせもしやすい)
てなことで・・・
070605tumikomi1 気は優しくて力持ち?
木屋の2階に据え付けた、
1t吊りのウィンチ君の出番だ(^-^)


070605tumikomi2
しずしずと、
階下のトラックに積み込む。

さて、いよいよ、扉のはめ込みだ、
うまくいくかな~?って、
うまくいかんだらあかんやーん!(^^;)

つづく、

第13週+5日目の朝
78.6kg BMI 24.80
昨日±0g トータル+100g 
減量100日目まであと17日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

週末を経て、
増えなかったのはいいことだと素直に思う、
しかし足踏み状態が長いねぇ・・・

2007年6月 3日 (日)

なかなか(^-^)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 
4月14日、淡路の陶芸館でチャレンジした、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/04/post_68c4.html
ろくろで作った「作品」(^^;)が焼き上がって届いた。
0705yakimono1
ふっふっふ~
中々ええやーん(^-^)

0705yakimonokamisan←はカミさんの作品、

焼き上がりの色については、
5色くらいから選んで指定すれば、
その色の釉薬をかけて焼いてくれるのである。
0706koudai1 「高台」も後付けしてくれて、
銘まで入れてくれている。

ええやんええやーん(^-^)

0706koudai2
握り心地もなかなか(^-^)
3割くらい縮む、と聞いていたが、
それが果たしてどれくらいのものか、
ちゃんと把握できてなかったので、
湯呑みにしては小さいし、
ぐい呑みにしてはちょっと大きい?(^^;)
まぁしかし、いいではありませんか(笑)
なお、渦巻き模様は、悪戦苦闘してわざと付けたもの、
やりすぎると厚みが違ってくるし、模様にこだわると形が崩れるし、
なかなか大変だったが、けっこうイケてるでしょ~(^-^)
それと、私の作った方、
口造り?っちゅーの?
縁の丸みのアールを整えるのもけっこう苦労したのだが、
家にある市販品より口当たりが良いと、カミさんに好評。
面目躍如?(^-^)v

で、お茶碗の方はと言うと、
0705gohan これがね~
半分(ほとんど?)偶然のなせるワザなのだが、(^^;)
ねらい通りの大きさに仕上がっていた~\(^o^)/


0705gohan2普通のお茶碗と比べると、
わずかに小ぶり、


0705gohan3 しかし、浅めに作ったので、
ごはんの量は約半分くらいとなーる!

これよこれ~(笑)
これで食べ過ぎ防止するのよーん!
ま・・・
小さいからってお代わりしても大丈夫と思う分、
逆効果とも言えるのだが・・・(。。 )\バキッ☆

しかし、これ、
旅の思い出としても、実用品としても、
満足まんぞ~なのである。

めでたしめでたし(^-^)

第13週+4日目の朝
78.6kg BMI 24.80
昨日-200g トータル+100g 
減量100日目まであと18日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.03kg

節制節制、また節制~

2007年6月 2日 (土)

高野山最大の扉

070531daito1 高野山最大の扉、
どこにあるか?というと、
やっぱりこの大塔、である。
大塔自体は高さ16丈(48m)
ちなみに、以前にも書いたが、
http://lunta.way-nifty.com/wind/2006/08/post_53f4.html
これは「二重の塔」ではなく、
裳階(もこし)という「軒」がついた、
1階建ての「多宝塔」である。

さて・・・
大塔が建つ伽藍境内は、お大師さんが、
風水を極めて各堂宇を建立されたもので、
風が巡って大塔に集まってくるようになっている。
てなことで、大風の時などは、直径5mくらいの風の塊が、
伽藍境内を巡り巡って大塔にぶつかるところを、
木々の枝の揺れ具合から観察できたりするのであるが、
そのため、大塔の扉へ強風が直撃する場合がある。
てなことで、普段は↑の画像のように、
扉は全部開かれているのであるが、
強風の時にはこの扉は閉められる事になる。

その時、めったに無い事なのだが、
間が悪いと、閉める作業の時に扉があおられ、
1枚、高さ5.1m幅1.8m、つまり、約8畳分の扉が、
約600kgという重さにもかかわらず、
はずれちゃったりするのである(>_<)
で、それを戻しに行くのも私共の仕事の一つなのだが、
(過去2回(^^;))
今回は被害が大きかった。
というのも、通常だとはずれて傾く程度なのだが、
070531daito3 今回は、あおられた時の衝撃で、
扉の框の下部が折れてしまったのだ。
←画像は応急修理後の写真。
黄楕円部分のひび割れがわかるだろうか?

070531daito9 これは、木屋に運んだ後の画像だが、
完全に一部が折れてしまっている、

はずれたと連絡があった時は、
とりあえずジャッキアップして扉を閉め、
ビスと楔で固定しておいたのである。



070531daito2 そして本日(5月31日)
いよいよレッカーを使って、
取り外し作業である。





070531daito4扉に帯をかけ、
吊り上げるだけ・・・
に見えるが、
いったん、持ち上げて、
下の座金から抜いた後、
またいったん下げて、
上の座金から芯を抜かねばならない。

何せ相手は8畳敷、
少しの風でも凧のように動くので、
レッカー+人力で、
慎重に外す。
070531daito6 裏側から下部を見たところ、
完全に折れてるのがわかる。






070531daito7 なんかねぇ・・・
画像に撮ると、
平和な雰囲気なのだが(^^;)

ふらりふらりと風に揺られて、
めっちゃキショい~!
(「気色悪い」の強調形)

070531daito8 なんとか2tトラックに乗せ、
そのまま木屋へ、

070531daito91
半分くらい、
荷台からはみ出してる・・・(^^;)

てなことで、修理作業はまた後日、

ちゃんちゃん

第13週+3日目の朝
78.8kg BMI 24.87
トータル+300g 
減量100日目まであと19日
ミドル級(72.57kg)まで、あと6.23kg

なんやかんやで、まる1週間記録せず、
東北行ってちょっと増えて、だんだん減ってきた感じ、
しかし・・・ぱっとせんなぁ・・・(^^;)

2007年6月 1日 (金)

股関節形成不全

5月28日、月曜日、日常生活に復帰し、
仕事を終えてから動物病院に向かう、
フェレットのハク・トト・ナルのフィラリアの薬と、
銀の健康診断のためである。
ハク・トト・ナルのフィラリアの薬はゼリー状であり、
家庭で冷蔵保存するのは難しいので毎月もらいに行く。

銀は、1歳になったら、総合的な診断をしてもらう事になっていた。
070530gin ←診察台から飛び降りるスキを伺ってるところ(笑)

血液検査と検便と目検査の結果は良好。
しかし・・・
レントゲンを撮ってもらったところ、
「股関節形成不全」のグレードⅠである。との診断・・・
ちょっとショックである。
ボーダーコリーには、
様々な遺伝的疾患が現れる場合が多い、と聞いていた。
先日も、最も恐ろしい、CL(セロイド リポフスチン症 )という、
発症すると3歳までは生きられないという脳の疾患の、
有無の判断のため、DNA検査を申し込んだところだった。
コリーアイと呼ばれる目の病気も出やすいらしい、
そして、股関節形成不全・・・

070530ginxray1_1 銀のレントゲン写真を見せてもらった。
黄○で囲んだ部分が股関節の接合部で、
握りこぶしみたいな骨が大腿骨頭、
それを包んでいるのが寛骨臼、

ちなみに正常な状態のレントゲン写真を見ると、
(以下の2枚、所有者からの掲載許諾済みです)
070530ginxray2no大腿骨頭が丸く、
それをすっぽり寛骨臼が包み込んでいる。

銀の大腿骨頭はやや台形に変形しており、
寛骨臼のくぼみも浅い。
この状態で、激しい運動などを続けたり、症状が進行すると、
摩擦等により、微小な骨折が起こり、
それが直るときにさらに骨が変形していく、
070530ginxray4 グレードⅣまで進行した写真がこれ、
完全に大腿骨頭と寛骨臼が離れてしまっている。

こうなると、完全な脱臼状態で、
歩行が困難になる犬もいるという。

う~む・・・
実は私、CLについては、発症するかしないか、
これはもう天命だろうと思っていたし、今でもそう思っている。
万が一、銀が発症したら、
できるだけの事をしてやりたいとも思っている。
るんたのおかげで、
「覚悟」ってものが心のどこかに、ある。

コリーアイ、これもまた、発症するかどうか、運命だろう、
何しろ、遺伝的疾患ゆえ、防ぐ事ができないのだ。

しかし、股関節形成不全だけは、
なんとなく大丈夫と、楽観していたのだ。
何しろ、子犬時代から、
恐ろしく敏捷で、走る速さも尋常ではないし、
るんたが1歳くらいになるまで怖がっていた階段さえ、
3ヶ月くらいからダダダダッと素早く上り下りしていた。

私自身、じっくり観察もしていたのだ。
股関節形成不全の犬によく見られる、跛行、
つまりモンローウォークのように、腰を振って歩いた事もないし、
ダッシュする時に、兎跳びのように、
後ろ足を揃えて飛ぶような仕草もなかった。
足腰に負担がかからぬよう、体重管理も厳しく行っていた。
自分はリバウンドしつつ、銀には規定量しか食べさせないのは、
少々申し訳なかったが、非常に筋肉質な犬に育ってくれたのだった。

だから、CLとだけは言われたくないが、
可能性はある事は承知していたし、
コリーアイならどうしよう?と不安もあったが、
それもまた運命。
ところが、予想だにしなかった、
股関節形成不全とは・・・

で、ちょっとショックなのである。

で、ですね・・・
ここから口調も変えますが、
ちょっとショックです、もちろん、
でもね、めっちゃショック、ではないのです(^-^)
落ち込んでもおりません、全然、
これ、強がっているわけでもありません(^-^)
5月23日に「長い一週間」で、
>つまり、銀は、銀、なのである(^-^)
そう書きました。
http://lunta.way-nifty.com/wind/2007/05/post_2829.html

これ、自覚し、書いておいてよかった、
今、心からそう思います(^-^)

やっぱり、銀は銀、なんですよね(^-^)
彼にどんな運命が待ちかまえていたとしても、
全部丸ごと、引きうけましょう!
これはなにも私だけじゃなく、
うちの家族全員の思いです(^-^)

今のところ、まったく症状も出てないし、
痛そうにもしてません。
獣医さんにはケアとして色々お伺いし、
「手術は必要ですか?」ともお聞きしたのですが、
今のところは経過観察で良いでしょうとの事、
どちらにしても、
蚊の季節は毎月一回診察してもらう事になってるので、
その時に診ていきましょうとおっしゃっていただきました。

『実はね、うちのゴールデン(レトリバー)も、
 股関節形成不全なんですよ、医者としては恥ずかしいんですが・・・』
「そりゃ先生、気にされる事はないですよ、
 ゴールデンの場合、成長過程も原因の一つでしょうけど、
 先生のケアのもとで発症したとしたら、避けられない疾患だったんでしょう」
と、こちらがなぐさめの言葉をかけさせてもらったくらいです・・・(^^;)

そして、今後のケアとして、運動は、
しばらくは、銀まかせで良いとの事、
これにはほっとしました。
リードオンリーの銀ぶらだけと言われたら可哀想ですからね、
人間側がジャンプさせたり、フリスビー等の空中キャッチは×
これはもともとやってないので、OK!(^-^)
フードは、サプリメントもあるけれど、
関節炎を予防するための、
グルコサミンやコンドロイチンや緑イ貝が入った、
専用食を紹介していただきました。
『多少、割高になりますが・・・』と、遠慮がちな先生。
「でも、サプリメントより吸収率がいいのなら、それをお願いします」と、
ちょっとビビリながら答えた私(^^;)
で・・・
お値段を聞いたところ・・・
今、食べさせてるフードより3割くらい安うという皮肉(^^;)
病気だとわかって、フード代が安くなる・・・
何かフクザツな気分です(^^;)

てなことで、これをお読み下さってるみなさん、
報告は報告として書かせていただきましたが、
どうぞご心配なく、
銀は元気です(^-^)
現在16kg弱と、筋肉質ながら小柄ですので、
あるいは、食事療法のみで、
このまま過ごせる可能性もあります。

070601gin ←流し撮りなので、猛烈ダッシュに見えますが、
そこそこの走り方しかさせてません。
一応、アスファルト等の固いところでは、
リードオンリーにして、
柔らかい地面の所でだけ、ノーリードにします。
もちろん、あまり興奮させないように、

最後に、誠に勝手ながら、なにぶん、初めての事で、
どういう風にケアしていけばいいのか、よくわかっておりません。
もちろん、自分でも勉強していくつもりですが、
そりゃ、考えが甘いよ、もっとこうしてあげなければ、とか、
こういう工夫もあるよ、とか、
この本とかページが参考になるよ、とか、
ご意見やお教えをいただけると大変助かります。

どうかよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

なお、ボーダーコリー 股関節形成不全、等で、
検索の結果、これをご覧になっている方もいらっしゃるでしょうから、
銀の血統書を公開しておきます。
ご参考まで、
T_ginpedigree 黒い■部分は、
銀の繁殖者の実名が記されていますので、
念のため、非公開とさせていただきます。

※ペットショップに問い合わせた所、
非常に誠意ある回答をいただき、
アヤシゲな繁殖者ではないようです。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ