サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« LOVE&PEACE | トップページ | ZIPPOのはらわた »

2007年11月11日 (日)

理屈、蘊蓄、そして・・・

071111bru1_2 午後3時過ぎから、BRUちゃんで、散歩。
家から玉川通りを見てると、午前中から昼過ぎまでは、山内、龍神とも大渋滞で、出発する気が起きなかったのだ。
何しろ、最近ではそれこそ珍しい「珍走団」の連中が来てるらしく、さらに、彼らさえもすり抜け暴走ができないくらいの混みようで、それでも彼らは律儀に?というか、それだけが彼らの存在理由であるかの如く(笑)無意味な空ぶかしだけは続けるものだから、いつまでも同じ方向から、ぶブぶンぶブブん・・・と、耳障りな音がこだましてくるという具合。
やれやれ・・・
てなことで、午後3時過ぎ、ようやく渋滞も大門向き、つまり、帰路方向だけになったようなので、東方面へ向け走り出したのであった。
もちろん、「珍走団」と間違われぬよう、山内では大人しく、するすると走行したのは言うまでもない。(まぁでも、これは言い訳に過ぎず、排気音を出してるという点では五十歩百歩かも?(^^;))
さて、龍神も、西行きは、まだまだ混んでいるが、東向きは比較的すいすい走れてご機嫌、しかし、車影無し、というほどでもないので、途中から野迫川方面へ抜けてみた。
で、しばし休憩した時の一枚が↑だ。
いつもなら、心ゆくまで楽しめる景色なのだが、秋や~紅葉~、という目で見てしまうと、全山が紅葉、しているわけではなく・・・というより、見渡す限り、ほとんど植林ゆえの緑の山だ。
これは果たして「自然」と呼べるのかどうか、私にはわからなくなった。
いや、別に「自然」でなくてはいけない、という事ではないし、この景観はむしろ、世界遺産の概念で言うところの、「文化的景観」のうち、「長い時間の中で形成されてきた伝統的な土地利用の地域や遺跡などと一体となって残存する」つまりは、「有機的に進化してきた景観」と呼ぶべきであり、自然だから○、人工物が入ったら×というような二元論で語るべきではないのでは・・・う~ん、俺は何を言いたいねーん!(^^;)

とまぁ、どうも先日来、素直に喜べる自分と、その反動のように、ちょっと理屈っぽくなっている自分がいるのである・・・
自然と人間が有機的に溶け合ってきた結果をそのまま受けとめればいいだけなのに、さらに、余計な理屈として、もともと、高地ゆえの針葉樹林帯だったところへ、修行の場として高野山が開かれ、「実のなる木」の栽培が禁止されていた歴史上の事実まで思い浮かべてしまう。
ちなみにこれを「山規(さんき)」と呼ぶのだが、その理由はというと、修行の地において、容易に換金できる「実のなる木」の栽培は、厳しく制限されていたという事なのだ。
一方、針葉樹林は、伐採して換金するには大がかりな手間が必要であり、個人技は無理ゆえ、管理はしやすく、落雷や灯明による火事の多い高野山では、建築用材として植林が奨励されてきたのである。
「山規」には他にも様々なものがあり、女人禁制などもその一つであった。
つまり「山規」とは「修行」のためのウィークポイントを排除するために設定されていたもの、と考えて良いだろう。
それが、「お金」であったり「女性」であったりしたわけで、僧侶に対し、「幾多の誘惑にも負けずに修行する人」というイメージで見ると、無菌状態でしか修行できないの?と、少々頼りない?ような気もしないではない(^^;)
ちなみに、実は現在でも、女人禁制や植林に対する山規は解かれたものの、みだりに鳥獣の肉類販売をしないように等の慣例は残っているし、お坊さんの専門学校とも言える「専修学院」生には『不精進物(雑誌や肉類等)販売禁止の御依頼』文章が各店舗に配布されていたりする(^^;)
071111sensyugakuin パン・カロリーメイト・アイスクリーム・プリン・シュークリームは特別に「可」となってるのだが、商品として唯一カロリーメイトだけが許されているのには、きっといろいろな「せめぎあい」があったのに違いない(^^;)
閑話休題
無菌状態、などと書いたが、しかしこれは、奈良時代において、すでに堕落が見られた都市仏教に対し、真の修行の地、という意味で開かれた山だからこその「修行するための純粋な装置」という意味付けなのかもしれない。
それだけ、人間にはぬぐいきれない煩悩が多いという事を、昔の人の方が素直に受けとめ、わざわざ山上に、これだけの「装置」をこしらえて、修行に励むようにしていたという事ではなかろうか?
しかし・・・禁じられれば禁じられるほどに煩悩は高まるのでは?・・・
・・・嗚呼ゝゝ、どこまでも理屈っぽいなぁ(^^;)
その理屈の上へどのような蘊蓄を傾けようと、今ここで、私自身が素直に山々を見られないという事がもどかしい。
だから普段、蘊蓄を披露する事を自戒をこめて「ウンチ君」などと揶揄しているというのに・・・(^^;)
これはおそらく「自分が○○について知っているという事を、誰かに知ってもらいたい」という一種の見栄なのだろうなぁ・・・
「自分は何事につけよく知っている、ひとかどの人物なのだ」と思ってもらいたいのだ。
うわぁウザいなぁ・・・(^^;)
自分自身はそういう人が一番苦手なのにねぇ・・・(笑)
アホやなぁ・・・(笑)
あれ?
自分をアホやなぁと笑ったとったん、理屈が抜けていくではないかいな~(笑)
おお~!\(^o^)/
同じ景色なのに、違って見えてくるではないかw(゜o゜)w

頭の中で、黄色くなるのは葉緑素(クロロフィル)が抜けて、元からあった黄色の色素であるカロチノイドが目立ってくるためで、紅くなるのは新たに糖分(ショ糖)が紅色色素であるアントシアンを形成するため・・・しかし、今朝のアサヒ新聞にはカロ「テ」ノイドとか、アントシア「ニ」ンとか表記された記事があったけどどっちが正しいんやろ?ほんでもって、条件によっては、ショ糖が無くても紅葉するらしいし、そもそも、では何故、木はわざわざ切り離す葉を色づかせるのか?については、結局のところわかってないんよなぁ・・・で、常緑樹ってのは、省エネのために、いったん作った葉は何年も使い回すんやから偉いというか何というか、やっぱり高地って環境が厳しいんよねぇ・・・と、また理屈の上に蘊蓄を語り出す自分がいるのだが・・・(^^;)

この景色を見て、ほぉ~っとため息をつく自分もいることがわかってちょっと「安心?」(^^;)

で、もうちょっと走り回ってみた。
わぁ楽しい!(^-^)
単車で走るのは楽しいぞぉ!
・・・いつしか、それしか頭にない自分がいた(笑)
そして・・・071111bru2
うはは~
綺麗や~
もはや、「夕焼けが赤くみえるのは、大気中を進む様々な波長の光のうち、大気中のチリや埃で散乱しにくい波長の長い赤系の光が・・・」みたいな蘊蓄は浮かばない(笑)
浮かばないったら浮かばないのぉ~(笑)
でも書いてるけどね(。。 )\バキッ☆

ただただ、綺麗、
シヤワセ~(^-^)
その光は眼下に広がる桜ヶ丘の、人工物である建物群にも柔らかく降りそそいでいる(^-^)
みんな一緒にこの光を浴びているのだ(^-^)

やっぱ、走らなあきませんね~
って、走らんとわからん、私は、やっぱりアホなんですわ~(^-^)

あ~あ、アホで良かった~(^-^)

ちゃんちゃん

11月11日(土)の朝 78.1kg 
昨日+200g トータル+600g
昨日食べた量 1950kcal トータル28000kcal
一日平均 1750kcal
減量100日目(12月31日)まで、あと51日
現在、ライトヘビー級、
スーパーミドル級(76.2kg)まで、あと2.0kg

理屈ではわかってる癖に・・・食べ過ぎた・・・(。。 )\バキッ☆

« LOVE&PEACE | トップページ | ZIPPOのはらわた »

コメント

若かりし頃
夕焼けが綺麗なのは空気が汚れている と

もっと若かりし頃
仮面ライダー シャツの裾はズボンの中に入れなさいよ

今は夕焼けは綺麗だな〜〜〜

>HAZEさん
>夕焼けが綺麗なのは空気が汚れている
(^^;)
都会で見る月って赤く見えますもんね・・・

>仮面ライダー シャツの裾はズボンの中に入れなさいよ
激しいアクションのため、上下ツナギだと動きにくいわ、すぐ破れちゃうわで、仕方がなかったようですよ(笑)

>今は夕焼けは綺麗だな〜〜〜
正解!(^-^)


>>激しいアクションのため、上下ツナギだと動きにくいわ、すぐ破れちゃうわで、仕方がなかったようですよ

そうだったんですか、素材の発達した現在なら
某、東北のお方が大好きなピチピチのツナギコスチュウムでも大丈夫かな(爆

>HAZEさん
何せジャージ?でしょ、あれって(^^;)
昭和時代のライダーのシンボルである、胸のコンバーターラングを「縫いつけて」(^^;)動こうとしたらやっぱり上下ツナギは無理だったのかも?
あ、しかし、アマゾンは上下ツナギですね・・・
いやしかし、彼は改造人間ではなくて、生身?という設定だからあれは皮膚なので、上下がつながっていないとマズかったのかな・・・?(^^;)

>某、東北のお方が大好きなピチピチの

確かZXかBLACKあたりから、コンバーターラングが、肩からかぶるプロテクター方式に変わり、下にピチピチ系の伸縮レザーみたいな生地、ってコスチュームになったかと・・・?

って、つい、真面目に答えてしまいました・・・(^^;)
だって、東北のお方は、女性キャラにしか反応しないでしょう、たぶん・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/17049970

この記事へのトラックバック一覧です: 理屈、蘊蓄、そして・・・:

« LOVE&PEACE | トップページ | ZIPPOのはらわた »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ