サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 立冬も過ぎ | トップページ | ドースル? »

2007年11月21日 (水)

ヘルメットの置き方

071121momo1 JOGのヘルメットボックスに収まってるのは、
MOMOのDEVILである。

071121momo3 そう、かつて、BRUちゃん用にゲットしたものの、
典型的な日本人頭をさらにデフォルメしたような(ToT)
私の幅広、絶壁頭にはちと窮屈で、出番が極端に少なくなっていたものを佑真に譲ったのである。

「お下がり、でもええかぁ?」
『全然オッケーですけどぉ』
「ほんならこれどう?ほぼ新品やで~」
『うん、けっこうカッコええね~』
で、めでたく引き継いだのであった。(^-^)

さて、↑の傷、拡大してみると・・・
071121momo2 あちこちに傷が入っている・・・が、
これ、今回のコケが原因ではないらしい、
けっこう気に入って大事に使っているようだったので、
「この傷どないしたん?落としたの?」と聞いてみたところ・・・
『へ?地面に置いたらこないなっただけ~』
なんと、佑真は、荷物の出し入れなどの際、ヘルメットを地面に直接、しかも顱頂部を下にして置いていたと言うのだ~w(゜o゜)w
071121bru_2 「ふつう、ミラーにひっかけるもんやろ?」
『お父さんは、それで、何度もヘルメット落としたんちゃうの?』
「そ、そらそうやけど・・・」(^^;)
「地面に置くのなら、あご側を下にした方が安定するんちゃうの?」
『それは、単車が故障した時のサイン、て、教えてくれたやん』
「そ、そうでした・・・」(^^;)

私が単車に乗り始めた頃(って、30年以上前・・・(^^;))
ヘルメットを単車の横の地面に置くのは、『故障中です、誰か助けて~』のサインであり、後続車に心配をかける事になるから、むやみやたらにヘルメットを地面に置くな、と教わったのである。
以来、私はその教えに忠実に従ってきた。
しかし、どうもこのサイン、全国的なものではないらしく、特に最近ではほとんど通用しないようで、ツーリング中など、地面に直置きして楽しそうに談笑しているライダーもよく見かける。
あごの周囲に土でも付かないかと他人事ながら心配になるのだが、まぁ、それこそ他人様のする事だし、もし、事故ったりトラブルだったりで助けてほしければ、手を振るなり、他のサインの方がわかりやすいもんなぁとも思う。
しかし、長年の習慣というのはおそろしいもので(笑)自分としてはどうしても地面に置く事に抵抗があり、ミラーにひっかけるのが癖になっている。
で、佑真にも指摘された通り、それで何度も、風に煽られたり、手を滑らせたりして、新品のヘルメットに傷を付けてきたのだ・・・(^^;)
(どうも、慎重になりすぎるせいか、新品に限ってよく落とす・・・(笑))
ちなみに、ミラーがボディに直付けでヘルメットをひっかけられないRTやLTの場合は、シートの上に置いたりするもんだから、それがまた落下の原因になったりもする(^^;)

さて、佑真は、私の話に従った結果、顱頂部を下にして置く、という方法に、いきついたのだという。

なるほど・・・
ある意味、顱頂部に入るであろう小傷さえ気にしなければ、これは非常に合理的かもしれない、
落とす心配もないし、あごの周囲に土等が付く恐れもない、
まぁ、風が強ければころころと転がるような気もするが、そんな時はミラーにひっかけるのも、はばかられるだろうから、同じ事か・・・
しかし・・・
わざわざ、傷が付くような置き方をせんでもええやないのぉ?(^^;)
で、なおもしつこく(^^;)
「てっぺんに傷が入るのは気にならんの?」と聞いてみると、

『別にぃ~』と一言、

彼にとっては、ヘルメットは、靴や衣服同様、ぞんざいには扱わないけど、身につけるもの=小傷は気にしない、という分類らしい。

ふーん、で、へぇ~で、
世代間ギャップを感じるぅ~~~なのであった。(^^;)

ちゃんちゃん、

11月21日(水)の朝 78.1kg
一昨日+200g トータル+600g
昨日食べた量 1900kcal トータル45080kcal
一日平均 1733kcal
減量100日目(12月31日)まで、あと41日
現在、ライトヘビー級、
スーパーミドル級(76.2kg)まで、あと1.9kg

ピ、ピ、ピ、ピーンチ!(^^;)
モチベーションが低いというか、酒が旨いというか・・・(。。 )\バキッ☆

« 立冬も過ぎ | トップページ | ドースル? »

コメント

メットの下(?)を地面に接するように置くと、救援依頼の合図なんですか~。
知らなかったです。地域の差か世代の差か分かりませんが、初耳でした。

私の場合、外殻保護のために筐体を地面に触れさせず、内部のクッション材保護のために、ミラーにも掛けないようにしています。

つまりは、常に地面に安定するように伏せて置いています。
(中免を教習所で取った時に、そういう理屈でヘルメットの置き方を指導されたものですから…)

地域差、年代差による文化の違いは、論文をかけるかも。(笑
職場に大昔のバイク雑誌もあるので、気を付けて記事を見てみます。

>前田さん
昔々、しかも一部の地域での風習?なのかもしれません(^^;)

>内部のクッション材保護のために
そうなんですよね~
現在では↑により、ミラーにひっかけるのは御法度、とされていますよね~(^^;)
でも、私の頭の大きさから、内部のクッション材はへたればへたるほど快適になるのです(^^;)

所変われば・・・なんでしょうかねぇ・・・???

息子さんとの会話、とても楽しく読ませて
いただきました。

ちゃんと、息子さんはお父さんのアドバイスを
聞いていて、自分なりに進化させていたのですね~。青は藍より出でて藍より青し←あってます?

>cheecoさん
アホな会話でも楽しんでいただければ何よりです~(^^;)

しかし、前田さんが書かれてるように、「外殻保護のために」は、「筐体を地面に触れさせ」ないのは大事なポイントなので、この点については再指導?しようと思ってます(^^;)

>青は藍より出でて藍より青し←あってます?

あってます・・・
が、
うちの場合は、「蛙の子は蛙」かも?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/17151379

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメットの置き方:

« 立冬も過ぎ | トップページ | ドースル? »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ