サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

暁闇+1分=薄明

今日は一つ「明るい」話題を、
というのも実に単純な話で、朝、佑真を駅まで送る時、ホントに文字通り、周りが明るかったのだ。
出発時刻は午前6時58分。
冬場の早起きはさすがにつらいらしく、ここのところ佑真は午前7時8分発のケーブルカーに乗ることが多い。
我が家から高野山駅までは約5分だが、冬場は道の凍結を考え10分前に出発する事にしている。
すると、出発の時点ではまだ薄暗く、暁闇(あかつきやみ)という感じが、中間地点の千手院(せんじゅいん)辺りでは薄明(はくみょう)になり、駅に着く頃にはすっかり朝明(あさぼらけ)になるという具合。そして駅道で銀ぶらをする頃には朝焼けや朝鳥の声を楽しめたりするわけだ。
ところが、今朝は、出発時にすでに周りが明るく、いつもはヘッドライトを点けるのに、今日はポジションランプだけで出発・・・というよりは、今朝は何の気無しにポジションランプのみで出発し、あれ?昨日は確かヘッドライトを点けたよなぁと違和感を感じて初めて周りの明るさに気付いたというべきか、
で、帰宅して調べてみたら、昨日の日の出が和歌山市で午前6時57分、そして今朝が午前6時58分となっている。
高野山の標高から考えると約3分ほど早くなる計算だが、わずか1分の違いでも、ずいぶん違うものなのだなぁとあらためて実感。
季節ってのはやっぱり確実に進むんやなぁ、政治とはずいぶん違うわ、と思うのは、少し意地悪な自分(笑)
この分だと明るいうちに乗れる時間もどんどん増えるよなぁと心が躍るのは、素直な自分(^-^)

どちらも自分、だが、どうせなら、素直に喜び、日々を送ろう。

で・・・
夜の迎えの時はこんな感じ・・・(笑)
080131night しかし、ヘッドライトに照らされて、キラキラ光る雪はやはり明るい。
これは春に向かう雪、そう思えるからだろう(^-^)

さぁて、帰ってからもう一回、トリッカーで来るか?(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん、

2008年1月30日 (水)

民主主義は二度死ぬ

今日は何の日?
75年前の今日、ヒトラーが首相に任命された。
60年前の今日、ガンジーが暗殺された。

そして現代のニッポンでは今日、
揮発油(ガソリン)税の暫定税率に関するいわゆる「つなぎ法案」が、委員会で強行採決されながら、「議長のあっせん」により本議会では採決されなかった。
ヒトラーとかガンジーの事件に比べれば小さな出来事?
だが、数による強行採決により、少数意見の尊重を踏みにじった上に、それでもルール上は一旦成立した採決を、奥の手とも言うべき「議長あっせん」でひっくり返したわけだ。
つまり、対象となっている暫定税率の問題点以前に、日本の民主主義が2度死んだ(殺された)日というわけ。

自民党としては、実質的に「つなぎ法案」を使わずとも、暫定税率を確保できる見通しがついたので、ほっとしているだろう。
一方、民主党も、当初予想された強行採決に対し、「民主主義が死んだ日」などと批判だけはしていたが、『反対だから反対なのだ~!』と叫ぶだけで、4月以降の財源確保に関する対案は持っておらず、こちらもまた、最後まで強硬に反対したというアピールだけはできた上、「全面対決」に向けて振り上げた拳を下ろせてほっとしているだろう。
そしてその狂言回しに使われた議長は、自民党史上唯一人、総裁なのに首相にはなれなかったという哀れさから、お情けで議長に据えてもらったものの、実は中国の国益のためだけに働くコーノヨーヘイだ。
(同日に、中国の毒入りギョーザ事件が発覚したのも皮肉な話)

ちなみに、過去にあった主な「議長あっせん」は・・・
○’83年に政治倫理に関する協議会設置問題
○’00年に衆院比例定数の削減問題
○’04年に議員年金の諮問会議設置問題 等々
非常にわかりやすいのは「自分達の利益の問題」の時に「議長あっせん」という奥の手を使ってきたという事。
同じ穴の狢 という言葉がこれほど似合う連中もいまい。
おそらく、この問題もうやむやのまま、時と共に忘れられていくのだろう。
二大政党制などどこ吹く風で、すでに「大連立」はできあがっているとも言えよう。

もっと、うまいことやれんのか?
どうせなら気持ちよ~く国民を騙してくれよ(笑)

言われた通りの税金を、滞る時もあるけど、ちゃんと払っとるやろ?
世の中、需要と供給のバランスで成り立っとるんやで、
お前さんらだけが、それを崩してるんよ、
それも、わざと、というのなら、まだわかるけど、
成り行きまかせで右往左往してるだけやん、

てなことで、とっくの昔に政治には絶望してるはずなのに、
愚痴を書き連ねてしまった・・・
あ、でも、
国に頼らず、自立せねば、と思わせてくれる点だけは、
感謝しなくてはなるまい。

だって、私、人生には、
絶望どころか、まだまだ期待しまくり!やもんね~(^-^)

って、ちょっと強がり入ってるけど・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2008年1月29日 (火)

しゅんさん

「CBいちさん倶楽部」の会長、長野のしゅんさんの訃報が届いた・・・
愕然としている。
ご病気で入院中と聞いてはいたのだが、お見舞いにも行けないままとなってしまった。

私が「CBいちさん倶楽部」に入会したのは、確か’99年だった。
いちさん倶楽部ではMLのやりとりが主な連絡方法になっていて、
しゅんさんはたまにしか投稿されないけれど、
揺るぎない信頼を得ている親分、そんな印象だった。
不良ミドルが走る」というHPを開いておられ、
その軽妙洒脱な文章にも感銘を受けたものだった。

初めてお会いしたのは、’01年の東北ツーの途中、
その頃は、東北まで一日で行くなどという事は、想像の埒外だったので、ちょうど中間地点の長野に一泊する事にし、連絡をとったら、その頃、脱サラして自分のお店(城町 梁山泊)の開店準備に忙しい時期だったのに、わざわざ私の宿泊先の近くまでお出で下さり、楽しい酒を酌み交わせていただいたのだった。

矛盾した表現だが、鋭く、しかし穏やかな眼光の持ち主で、まさに親分!という風貌。
これほど、想像した通りの人に出会ったのも初めての事だった。
愉快な酒だった。

その後、城町梁山泊が開店してからは、数回お邪魔させていただいた。
その度に、まさしくここは大人の世界と思える落ち着いた雰囲気の中、信州安曇野の野菜をメインにした優しいオリジナル料理で迎えてくれた。
酒は言うに及ばず、ビールが特に旨かった。
グラスの管理と注ぎ方にこだわり抜いていて、とても細かな泡が長く消えずに残り、最後の一口まで酸化しないビールの旨味だけを味わえるのだった。
その点について、お世辞抜きで「さすがですね」と申し上げた時の、しゅんさんの満足そうな顔が忘れられない。

その後、東北へ足繁く通うようになり、長野へ寄る機会が減ってしまったので、ついにお会いする事なく、本日に至った・・・

こんな日が、こんなに早く来るなんて・・・

今はただただ、ご冥福を祈るばかりである。

しゅんさん、ありがとうございました。

でも、いつかまた、きっとどこかで、

2008年1月28日 (月)

平成20年度「高野山学」募集開始

080128ko1 平成20年度「高野山学」の受講募集が開始されたのでご案内する。

高野山学とは・・・
080128ko3 ←をご参照願いたい。
自分で内容を咀嚼せず、
チラシの画像を貼るとは・・・
手抜き?
ちゃ、ちゃいまんがな~(^^;)
あまりに簡潔かつ正確なので、貼った方が早い、ね、
あ、それを手抜きと言うのか?(^^;)
080128ke ちなみに、「高野山学」の内容については、
このページの左にある「サイト内検索」で、
「高野山学」と記入してポチッとしていただくと、
私が平成19年度に受講した4講座分の「如是我聞」がヒットするので、そちらをご参照願いたい。
何?よぉわからん?なら、ぜひ、ご自分で受講してみてちょーだい(笑)
結局、昨年は、8講座中受けたい講座が7講座あったのだが
(1講座だけは、受ける価値無し!と自己判断(笑))
3講座をどうしても受講できず、残念無念~!だったのだ(ToT)

てなことで、今年度の日程は・・・
080128ko2 こうなっている。
これまた、手抜き?
ちゃいますがな~!(^^;)
やっぱり、この方がわかりやすかな~って・・・ね、(^^;)
で、今年は昨年の講師陣に、高野山大学准教授の藤吉先生と、丹生都比売神社の丹生宮司さんが加わり、内容が一層充実していると思う。
(藤吉先生も丹生宮司さんも、難しいテーマをやさしく解説して下さるので有名な方々(^-^))
てなことで、今年の8講座は全て受講してみたい。
で、今年、4講座を受講すると、基本講座終了となり、特別講座と体験講座の受講資格ができるので、そちらも楽しみ(^-^)

ちなみに申し込み先は・・・080128ko4
←で、FAXか郵送で応募できる。
受講料は4月19日(土)に開催される、
第1回の講座当日に持参する事になっている。

ちなみに、申し込み書はこれ、
080128form↓に PDFファイルを置いておくので、
興味のある方はダウンロードして、お使いいただきたい。
先着250名という事なので、昨年の盛況ぶりを考えると、
おそらく数日で一杯になると思われる。
「08.pdf」をダウンロード


以上、ご案内、でした~(^-^)

2008年1月27日 (日)

冬ツー(^-^)

080127xg1 日曜日、積雪有り、天気はまぁまぁ、
てなことで、出発~(^-^)
まずは大峰口へ行ってみると、女人道を歩いた人の足跡がいっぱいw(゜o゜)w
「何もこの雪の中を・・・」と自分の事は棚にあげ、感心してしまう(^^;)
080127xg1naigo 続いて内子谷へ、
道は圧雪状態で、時々差す日の光でキラキラと光っている。
つまり、ツルツル~状態(笑)
しかし、トリッカーwithスタッドレスはその実力を発揮してくれ、苦もなく進める(^-^)
080127xg2naigodaniご機嫌で脇道へも入ってみたら、倒木が~(>_<)
行って行けない事もなさそうだったが、無理はせず、引き返す。
自制心、も、わずかながらあるのであーる(笑)


080127xg3saka そして相の浦口へ、
画像では平地に見えるが、これがけっこうな坂道、
おまけに、この時期にしてはめずらしく山仕事の人達が頻繁に通っているらしく、道が踏みしめられているので余計に滑る~(>_<)
途中で止まると後輪が空転してスタックしてしまうので、
ウィリーするくらいのリア荷重でヨロヨロと登ってきた(笑)
登ってる最中「帰りの下りはどーすんねん?」とも思ったのだが、登るのに必死でそれ以上は考えず(。。 )\バキッ☆
080127xg2 でもね、ここへ来れたんやからええやんか~(^-^)
お日様も祝福してくれてる~
満足まんぞ~!


と、彼方から単車の排気音が・・・
080127xg3mansaku わはは~
AHOがもう一人、来よった~(笑)
『たぶんここやと思いまして』
うん、ええ読みやね~(笑)

080127xg4てなことで、AHO2人の記念撮影、
今日は10秒以内でポーズ完了~(笑)

そして、まんさく社長の悪魔の誘いが・・・(笑)
『○○のあたりも、雪があるんちゃいますかね?』
「よっしゃ行ってみよ~」
080127xg999 てなことで、約1時間後・・・
距離にしたら約20kmの移動・・・
「超凍結路の下りと登り」を満喫~(^^;)
頭の中を♪行きはよいよい帰りは怖いぃ~♪の歌がぐるぐる~(笑)
コースはあえて伏せる(。。 )\バキッ☆
しっかし・・・めっちゃ、おもしろかった~!とだけ(^^;)
080127xgpato で、某所で休憩してたらパトカーが!
以下、おまわりさんとの会話
『君ら、この道は冬期は二輪走行禁止やで』
「もちろんわかってます、私ら野迫川から脇道を上がってきて休憩してるだけです~」
『・・・』
何しろ単車は停止状態なので(^^;)
おまわりさんもそれ以上は追求せず、そのまま去っていった・・・
しかし・・・
あのカーブの向こうで待ちかまえてる、ってのも十分考えられるし・・・(^^;)
てなことで、当然の事ながら(笑)証言通りのコースへ(^^;)
・・・実はめっちゃ遠回りなんですけど・・・(ToT)
080127xg7 しかし、夕刻も迫る中、
それでもAHO二人は凍結路を満喫~(笑)



080127xg6西回りになったおかげで、
夕焼けも見れたぜ~(^-^)v


てなことで、この後すぐに日没、
真っ暗な道を延々と野迫川回りで帰宅~(ToT)

さ、寒かった!(笑)

しかしまぁ、冬の一日、満足まんぞ~\(^o^)/

ちゃんちゃん

2008年1月26日 (土)

IC免許

080126ic ICカード免許証、というものを初めて見た(^^;)
黄○部分にICチップがあり、本籍地情報はそこに書き込まれているので、免許証の欄は空白になっている。
080126ic2 ←ICチップ部分拡大。

なお、スキミングを防止するために、4桁の暗証番号を二つ設定するそうで、一つ目の暗証番号で、ICチップに記録された氏名、生年月日、免許証交付年月日、有効期間、免許の種類、免許証番号を確認でき、二つ目の暗証番号を併せると、本籍と顔写真が確認できるそうな。
もし、暗証番号を忘れたら免許センターまで行かねばならないらしいので、忘れないように~!

以上、この免許証を持ってる本人が『よくわからない』orz と言うので(^^;)
警視庁のHPで調べてみた。
ちゃんと説明書を読んでおいてね~(笑)

ちゃんちゃん

・・・でも、4桁の暗証番号二つだけで、ホントにスキミング防止ってできるの?
ちょっと怖いよねぇ・・・

2008年1月25日 (金)

銀のツボ(笑)

080124gin銀をおとなしくするツボ発見!(笑)

下あごと首の付け根あたり、毎秒1回くらいのペースでコチョコチョしてやると・・・
お~!w(゜o゜)w
催眠術をかけたみたいにたちまちこの通り~(笑)
でも、指を離すと、パチっと目を開け、たちまちはしゃぎ出す・・・orz
元気があってよろしい?(^^;)

ちゃんちゃん

2008年1月24日 (木)

いざいざ~(笑)

昼過ぎから再びの雪ぃ~
先日降った雪が雨で溶けた後に降り積もりだした。
つまり・・・道に残った水分が凍り、その上に新雪という、もっとも滑りやすいパターンができあがるのである。
いかずばなるまいぃ~~~(笑)
080124xg1 予想通り、後輪をロックさせてみると、すぅ~ずるずるずるぅ~どべしゃっ!ってな感じ。
何?意味がわからない?
いいんです、これで意味がわかる人もいるんです~(笑)

今日はあいにく、まんさく社長が所用で下山しているので、単独行である。

080124xg2 てなことで、出動した証に、社長宅の前に、「謎のサークル」を残しておいた(笑)

そしていよいよ新雪を踏みしめにスキー場へ~
先日、銀が走り回ってた所を今度は飼い主が・・・(笑)
080124xg3 8の字を繰り返し大きな花を描いてみたつもりなのだが・・・
ただ、暴れ回った跡にしか見えないのが残念(^^;)
しかしおもろい!
何もかも忘れ、ひたすら走り回る。
銀の気分?(笑)
続いて、ドリフトターンの練習~
080124xg4 チェーン装着ではできない遊びだ、
スタッドレスにして良かった~\(^o^)/
単独行だし、まんさく社長不在なので、万が一の時に引き取りを頼めない(^^;)ので、慎重に、少しずつ後輪のスライド量を増やしていく。
90度ターンくらいは路面も良好なので、簡単。
080124xg5_2 180度ターンにもチャレンジしたのだが、これで精一杯、
まだまだですなぁ(^^;)
で、これ以上がんばると、たぶん吹っ飛びそうな予感がしたので、引き上げる事に。
あくまで慎重に、安全に?(^^;)、楽しく、が基本だ~
で、帰路の途中、ちょこっと路面が荒れた所でも練習してみようと思ったら・・・
080124xg6 やっぱり、コケた(笑)

わはは~
コケてもおもろい~(笑)

てなことで、約2時間、存分に遊ばせてもらった。
雪と大地とトリッカーwithスタッドレスに感謝~m(_ _)m

ちゃんちゃん

2008年1月23日 (水)

音の記憶

080123uguisu1 さて、何でしょう?
ねんねしなさい~」で可杯(べくはい)の事を書いたが、
本日は、この「鶯杯(うぐいすはい)」が届いたので、
さっそく・・・(。。 )\バキッ☆
しかし最近、飲んでばっかりやなぁ・・・(^^;)
080123uguisu2 この鶯杯、細い管が付いており、
080123uguisu3 高台には穴が開いている。

つまりこれ、一種の笛になっていて、
空のまま吸うと「ヒュー」っと鳴り、お酒を入れて一緒にすすると、水笛の原理?で「ヒョロヒョロヒョロヒョロ~」ってな音がするのである。
これを鶯の声に見立てて「鶯杯」と呼ぶらしい。
ちなみに、酒を注ぐ時に音が出る「鶯徳利」なるものもあるそうだ。

動画で音を・・・とも思ったのだが、飲んでる本人があまりに間抜け面で嬉しそうに写ってるもんだから載せない(笑)

さて、普段なら杯などというまどろっこしいものは使わず、大ぶりのコップでぐびぐび・・・(。。 )\バキッ☆
なのだが、今日はこれで、ちびちびヒョロヒョロ~、ちびちびヒョロヒョロ~(笑)

すると、なぜか突然、父方の祖父の事を思い出した。
祖父が亡くなって20年くらいになる
(ごめーん、おじいちゃん、ちゃんと覚えてない~(。。 )\バキッ☆)
八十・・・いくつ?(ごめーんm(_ _)m)だったと思うのだが、私は小さい頃から祖父が怒った顔を見た事がなかった。
いつもにこにこして優しいおじいちゃんだった。
うちの兄貴は一回だけ怒った顔を見た事があるらしい、
なんでも、お盆にみんなが集まって夜中まで騒いだ時に、「おまえらええかげんにして寝ぇ」と言った時の顔が確か怒り顔だった、というのだ(笑)
大好きなおじいちゃん、だった。
いろんな昔話をしてくれた、内容はほとんど忘れてしまったが、小さい頃、祖父のふとんにもぐりこんでは、キツネとタヌキの化かし合い合戦、みたいな話をわくわくしながら聞かせてもらった記憶がある。

祖父もまた酒好きだった(^^;)
私が小学生の頃だったか、よく「あれで一杯沸かしてくれへんか?」と頼まれたものだった。
その頃まだ、目新しかった電子レンジで熱燗を作ってくれと言うのだ。
祖父は電子レンジの使い方がわからなかったし、自分で燗をつけるというのも億劫というか、かわいい(^^;)孫にしてほしかったのかもしれない。
私にとっても望む所だった、
というのも、電子レンジがやってきてすぐ、イタズラで生卵を爆発させて叱られ、私単体では電子レンジ禁止令が出ており(^^;)おじいちゃんの酒燗が、唯一堂々と電子レンジを使える機会だったのである(笑)
うん、わかった、と1分少々、チン!
ここで大事な事は、できるだけコップ一杯まで満たさねばならないという事だ。
その方が祖父の笑顔が増すという事くらい、幼い私にもわかっていた(^-^)

そして、祖父は本当に旨そうに酒を飲む人だった。
まずはこぼさぬようとても丁寧に、一口目をすする、
そうか~っ!
あの一口目を最初にすする音、それがこのヒョロヒョロ~により、思い出されたのだった。
わぁ楽しくなってきた~(笑)
カミさんと娘にも祖父の話を聞いてもらいたくなった。
音の記憶、音で蘇る思い出、あるよね~ってな会話がはずむ、
ほんでもって、それをまた肴に、
ちびちびヒョロヒョロ~、ちびちびヒョロヒョロ~、ちびちびヒョロヒョ・・・(。。 )\バキッ☆

おじいちゃん、ありがと~

ちゃんちゃん

2008年1月22日 (火)

いざ

日曜の夜に積もった雪の上に、今日も降り始めた~
いざいざいざ~
今日こそは雪道へ~と思ってたら、ちょうどまんさく社長からも「お誘いメール」が~(笑)
あいつもAHOや~(笑)
てなことで、仕事終了後、いそいそと支度を調え、出発~
080122xg ふひゃひゃひゃひゃひゃ~\(^o^)/
ついに試せた新雪走行~!
そして・・・
行ける行けるぅ~\(^o^)/
新雪におけるスタッドレスの走破力は思っていたより高く、前輪がとられそうになりつつもけっこうしっかり走れるのであった(^-^)
よっしゃ~!どんどん行こ~!
ただし、公道上の雪はすでに除雪されたり作業車のキャタピラで圧雪状態になってたりで、不規則な凸凹にくわえ、場所によっては固かったり柔らかかったりでなかなかクリアに走るのが難しい~
けど、おもろい!(笑)
この状況で走れている事自体がおもろい!(笑)
もち雪」みたいなのがどんどん降ってきて、シールドにこびり付き、
ろくに前が見えないけれど・・・おもろい!(笑)
ありがてぇ~
わははははははは~(^-^)
で・・・
080122xg2内子谷方面へも行ってみたのだが、
そこで突然のマシントラブル・・・w(゜o゜)w
なぜかまんさく社長のハンターカブがぱんぱんと、アフターファイアーを起こしエンスト・・・
エンジンかからな~い(ToT)
で・・・
今日に限って、どちらもロープを積み忘れてた~(。。 )\バキッ☆
てなことで、タオルを引き裂き(^^;)臨時の牽引ロープにして、大門まで戻った。
その後、エンジンは復活したのだが、今度はスキー場を目指してる途中でストトン・・・
どうも電気系の不調のようだ。

しきりに恐縮するまんさく社長だったが、
「まぁ今日はこれくらいでって事やで」と、約1時間で雪遊び終了~(^-^)

その後、なんと雪は雨に変わった。
やっぱり異常気象やねぇ・・・

てなことで、若干消化不良ではあるけれど、スタッドレスへの変更で一番心配していた新雪走行もOKなのがわかり、やっぱり満足まんぞ~(^-^)

さぁ、次はいつ積もるんじゃ~
待っとるぞぉ~(笑)

ちゃんちゃん

2008年1月21日 (月)

雪見・・・酒?(。。 )\バキッ☆

080121gin 昨夕、熊野からの帰路は、予報通り雨からけっこうな雪となり、帰り着いてから銀ぶらに行った時はこんな感じだった。
←何か表情が堅いがこれでも本犬はご機嫌なのである(笑)

080121asa さて、早朝、いつものように佑真を送って大門駅道へ、
下界の光景も一変していて、まるで標高が500mばかり上がったような感じ(笑)
朝焼けが鮮やかである(^-^)
てなことで、銀が一所懸命誘うのだが、寒いのでカミさんが車から出ててこない(笑)

でもって、今日は私も所用で下山。
080122syaso
電車の窓を流れる景色もいつもとは違い、まるで別世界であり、どこか遠くを旅している気分にさせてくれる。

九度山まで車窓からの光景を飽きずに眺めていた(^-^)

で・・・所用は予定通り無事終了~

080122sake1 難波まで地下鉄で戻ると午後2時前、
このまま帰っても終業時刻は過ぎてしまう・・・
と・・・
ふと目に付いたのが地下道にあるとある看板・・・
『やってまっせ』(^^;)
080122sake2 いやその・・・
午後2時前っすよ~
で、ちょっと見に行ってみる・・・(。。 )\バキッ☆
「ほんまにやってる・・・」(^^;)
私は・・・今、ベロベ浪漫になる事もあるが、(最近は無いけどね~(^^;))
昔、そう、高校2年生までは、「酒」も「酒飲み」も大嫌いだった。
今と違って、昔は酒を飲んで喧嘩する職人さんが多かったので、上棟式や給料日などは、普段大人しい人同士の殴り合い等もあり、子供心に「酒は人格を変えてしまう」と悟っていた。(この悟りは以後消滅していくのだった・・・(。。 )\バキッ☆)
だから、酒を飲む、それも昼間っから飲むヤツなんてぇのは、もう人格破綻で、社会不適応で、どーしようもないおっさん。という認識だったのだ。
080122sake3 嗚呼嗚呼・・・
今や私は、かつて幼心に軽蔑しきっていたおっさんなのだ・・・(ToT)
ナサケナイ・・・
嗚呼嗚呼ナサケナイ・・・
しかし、それにしては・・・旨いやん・・・(。。 )\バキッ☆
仕事も無事済んだ事だし、祝杯を挙げるってのは許されていいのでは?
一杯目をおそるおそる、しかしそれでもコップで飲んだ時はそう思った。
店員さんによると、この店は午前10時から開けているというではないか、
売り上げに協力しつつ、こちらも楽しませてもらうというのは日本経済の活性化のためにも必要なのではないか?
二杯目をフツーの感覚で注いだ時はそう思った。
080122ades で、あまり酔って遅くなるとらカミさんが迎えに来てくれなくなるので(^^;)
帰りの電車の時刻を調べつつ飲んだ。
つまり三杯目はアドエスを肴に・・・(。。 )\バキッ☆
ちゃんと時刻を調べられたのは酔ってない証拠?
でも・・・調べた時間にきっちり乗り遅れたのは酔った証拠?(^^;)
てなことで、その後何杯飲んだかはヒミツ・・・(。。 )\バキッ☆
とりあえず、そんなに酔ってないはずだ、うん、
電車の中で醜態をさらさないように、という美意識も残っている。
真っ昼間にミナミでベロベ浪漫に変身するわけないやろー!
信じて~、って、誰に言うてんねん?(^^;)
しかし、どうにかそれを証明せねばならない、という強迫観念のようなものが湧き起こる。
つまりそれこそが酔ってる証拠なのだが・・・(。。 )\バキッ☆
とりあえず・・・立つ鳥跡を・・・って事で、キレイキレイしましょう(笑)
080122sake4
うむ・・・
満足・・・(^^;)

てなことで、ご機嫌で店を出た、夕刻と呼ぶにはまだ早い時間で、多くの人が早足で行き交っている。何しろ山の人間だから、大勢の人がランダムに歩いているのを見ると普段なら人酔いしてしまうところだが、今日はすでに酔っているのでダイジョーブ!(何が?(笑))
それどころか、ああ、この地球上にはこんなに大勢の人が暮らしているのだなぁなどと、妙な親近感さえ覚えてしまう(笑)
「ええと、あれやあれ、なんちゅーたか、そう・・・う~ん・・・あ、そうそう、『今宵会う人 皆美しき』みたいな雰囲気か?」と、なおもご機嫌で歩く。
京都でも桜月夜でもないのにねぇ(笑)
080122manneken で、これも普段、頑なに「行列には並ばない」と決めているのだが、
お土産を買う事にした。
「並んで待ってる間に何をいくつ買うか決められるから行列ってのもええもんやねぇ~」などと、素面なら絶対浮かばないような感想も抱く(笑)
平和なヨッパーや~(笑)
080122koyagoで、一本乗り遅れた代わりに橋本まで特急に乗れた。
ひょうたんから駒?(笑)
この特急、時代に逆行するかのように未だに喫煙車両があり、
おまけに早い時間だから周りはほとんど空席。
てなことで、ここでも至福?の時を過ごす。ありがたや~080122dl

そしてなおも、酔ってない事を証明したがる自分が、
ややこしいソフトのダウンロードをトンネル内で行う作業に向かわせる(^^;)

しかもそれを揺れる車内の中でストロボを使わずマクロで撮影するという、難行苦行(笑)に熱中するのであった。

酔うてますねぇ・・・(。。 )\バキッ☆
でもまぁ、たぶん、たぶん、他人様には迷惑をかけてないと思うので・・・
(上記の文を読んで不快になる人がいても、そこまでは知らん!(。。 )\バキッ☆)

勘弁してちょーだい~m(_ _)m

満足まんぞ~~~!でした。
ちゃんちゃん。

2008年1月20日 (日)

伏拝王子

さて、講座終了後、マスター同士の交流会もあり、解散は午後3時半。
(意見交換では、紀北地方でも講座の開設をと、提案させていただいた(^-^))
その頃、カミさんはというと・・・
交流会終了直前、『三軒茶屋についた~』とのメールw(゜o゜)w
なんとなんと、熊野本宮にお参りした後、熊野古道にチャレンジしたらしく、祓戸(はらいど)王子から伏拝(ふしおがみ)王子へ至る古道を歩いているらしい。
三軒茶屋はほぼ中間ポイントである。
幸い、三軒茶屋も伏拝王子も車で行ける場所なので、カミさんとメールでやりとりした結果、なおもがんばって伏拝王子まで歩くとレスがあり、こちらは伏拝王子まで車で迎えに行く事になった。
ありがたい事に、わざわざ東京から出席していたマスターの先達である高校の同級生がカミさんが熊野本宮大社の裏手の駐車場に停めた車まで送ってくれ、伏拝王子までの道も案内してくれた。
(こんな事もあろうかと、お互いが車のキーを持っていたのである(^-^)v)
さすがはマスター、時間計算もばっちりで、ナイスタイミングでカミさんと合流。
080120ho2gps ←うれしがってGPSで計測(笑)


080120ho3 さて、伏拝王子、ここは、その名が表す通り、かつて熊野参詣の人々が九十九王子を辿ってきて、初めて熊野本宮大社の鎮座する大齋原(おおゆのはら)を望む事ができた所であり、そのありがたさに人々は伏し拝んだと言われている。
(熊野本宮は明治22年の大水害の後、現在地へ移設されたが、もともとは熊野川と音無川と岩田川にはさまれた大齋原と呼ばれる中州にあったのである)
今日も遠く遙かに080120hoizumisikibu大齋原が見える?(ってたぶんあそこでしょ?ね?ね?(^^;))
そしてここには、和泉式部の供養塔が建っている。
080120ho1これは、和泉式部が熊野参詣の折、この地でちょうど月の障りとなり、参詣を一旦はあきらめ、この地から熊野本宮大社を伏し拝みつつ、
「晴れやらぬ身の浮き雲のたなびきて月の障りとなるぞかなしき」と詠んだところ、その夜、熊野権現が夢枕に立ち、「もろともに塵にまじわる神なれば月の障りも何かくるしき」とのおつげがあったそうで、欣喜雀躍して参詣したという故事にちなんだものである。
いかにも、温暖な南紀熊野の神の大らかさを象徴した話であり、また、「蟻の熊野詣」と呼ばれたくらい、ありとあらゆる人々を引きつけた魅力の一端でもあろう。
080120wh7 普段、スタンプラリーみたいなものには、ほとんど興味を示さないカミさんだが、今日は要所要所で朱印を押しつつ歩いてきたらしい(笑)

080120husiogaminosato で、この伏拝王子のある場所は、近年、もう一つの事で有名になった。
画像のお家がNHKの朝の連ドラ(2001年下半期)である「ほんまもん」の主人公、山中木葉の実家としてロケに使われたのである。
(って、あちこちぶらぶらしてたら、たまたまこのお家のご主人がひょっこりと現れ、丁寧なご案内をいただいて初めて知ったのであったm(_ _)m)
ネットで検索したらほぼ同じ画角で撮ったロケ当時の画像があったので、紹介しておく。
http://www.hongu.jp/honmamon/nhk_honmamon/photo3/index.htm
ロケ当時は雰囲気を出すため、実際の家を覆う形でセットを作ったそうだ。
ちなみに伏拝王子は↑の画像の左側に位置している。
茶畑に囲まれた本当におだやかな光景(^-^)
そして・・・
080120hohaka じゃじゃーん・・・ってちょっと不謹慎?(^^;)
これもご主人にご説明いただいたのだが、
実はこれ、ドラマで使われた主人公の父と祖母の墓のセットなのだ(^^;)
ご主人がNHKに頼んでそのまま残してもらったそうな、
このセットの横が実際のご主人のお家の墓地であり、両家?の墓が並んで建っている。
ご先祖様もフィクションの世界の住人も一緒になって茶畑と伏拝王子を眺めているわけだ。
で、驚いた事に、ご主人の話では根津甚八さんが演じた主人公の父、山中一路の命日が今日(1月20日)なのだそうだw(゜o゜)w
『これも何かの縁でしょうねぇ』とご主人はおっしゃる。
こちらはあいにく、「ほんまもん」を一度も見た事がないのだが・・・(。。 )\バキッ☆
それでもやはりこの偶然の出会いに感謝しつつ、気持ちよく木霊が響く場所でもあり、カミさんが例の「鳥寄せ」などをご披露し、しばし楽しい時間を過ごさせていただいたm(_ _)m
てなことで、↑の墓石は「ほんまもんのパチモン」ということになる(^^;)
(今もご先祖の墓同様に、供花を絶やしていないというのがここのご主人の優しさの表れだ(^-^))

てなことで、歩き通したカミさんは満足まんぞ~(^-^)
私はといえば、結局本宮へもお参りしなかったのだが(。。 )\バキッ☆
代参、ということで勘弁していただきm(_ _)m
熊野のおおらかさ、やさしさに触れられた一日に感謝~!

ありがとうございました~m(_ _)m
また来ます~(^-^)

世界遺産講座Ⅰ

080120wh3 本宮行政局(田辺市と合併する前は本宮町役場)にある、世界遺産センターに来た。
非常に立派で展示等も充実していて、紀南地方への税の投入ぶりをまざまざと実感・・・(^^;)
(ちなみに紀北地方である高野山にある世界遺産コーナーは・・・机一個だけ(ToT))
ともあれ、彼我の格差には一旦、目をつぶる事にして(笑)
本日は「世界遺産講座Ⅰ」として開催された「世界遺産から何を学ぶか」という講座にやってきたのだ。
当初、単車で、と思ったのだが、夕刻、雨から大雪に変わるという予報で、帰路の野迫川の峠超えの危険性を考慮したのと、カミさんが講座の間、そこいらをぶらついてみる、との事で、付き合ってくれる事になり車で来た。
080120wh4 さて、講座の内容は、改めて世界遺産の定義と意義を学ぶ事ができ、世界遺産マスターの講習内容のおさらいにもなったので、大変有意義だった。
特に再確認しておきたいのは以下の二点。
まず、現在800件以上登録されている世界遺産の中でも「紀伊山地の霊場と参詣道」のように「祈りの道」そのものが世界遺産として認められているのは、世界で二つだけという稀少性。
そして・・・あえて比較してみると、もう一つの「祈りの道」である「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」は、「サンティアゴ(スペイン語で聖ヤコブの意)」の遺骸が埋葬されているという伝説の地への巡礼路なのだが、ヤコブは「ムーア人殺しのヤコブ」とも呼ばれる人でもあり、つまりは異教徒との対立の図式の象徴になっていて、昔、キリスト教国の兵士(十字軍等)は戦場で「サンティアゴ!」と叫びながら突撃したとも言われている。
一方、「紀伊山地の霊場と参詣道」は、以前にも書いた事だが、異なる三つの宗教(神道・仏教・修験道)が同一地域で活動したにも関わらず「戦わず」に「相互に融合し発展した」という世界で唯一とも言える「平和の地」なのである。
以上「あえて比較」したのは、サンティアゴの巡礼路を揶揄するためではなく、ただただ、熊野、高野、吉野における「世界へ発信するに足る平和へのメッセージ」を強調したいためだ。
また、キリスト教徒やイスラム教徒が争いを好む人々で、紀伊山地の人々が平和愛好者だったと主張する気もない。(原理的な教義に従えば、一神教徒にとって、異教の神を信じる事は殺人よりも重罪にあたるため、戦わざるを得なかったのだろうし、逆に自然崇拝がそのまま多神教化した紀伊山地の人々には戦う理由が無かっただけ、とも言えるかもsれない)
とにもかくにも、この地は、かつて世界中に点在した自然崇拝の精神が、一神教に征服されて変質、消滅していく中、海に囲まれた日本の、さらに山に囲まれた辺境の地(^^;)であるがゆえに、奇跡的に残された神仏習合の地、と言えよう。
ただ、これを単なる歴史的な偶然ととらえず、世界へ向けて、「こういう土地もあるんやで~」と情報を発信していくことが、大切だと思うのである。
080120wh5 てなことで、机が無いので、お行儀よく座ってキーボードを・・・(笑)
しかしこの体勢、けっこうツラいので・・・(^^;)
080120wh6すぐにこうなった(笑)
親指シフトだとゲームしてるみたいに見えるので、
片膝組んで、人差し指シフト、
まぁそこそこ打てますやーん(^-^)

てなことで、たっぷりお勉強の後は、

「伏拝王子編」へつづく~

2008年1月19日 (土)

お葬式

お葬式にて、出棺を見送らせていただいた。
しんしんと冷える中、
多くの方が参列されていた。
きっとそれぞれが色々な思い出に浸られているのだろう。

霊柩車が出発する時、いつも元気だった時の御母堂のお顔と、
お悔やみに行った時に拝ませていただいた、
まるで眠っているとしか思えないお顔がだぶった。

とてもとても安らかなお顔だった。

またいつか、どこかで、

世間話を聞かせて下さい。

笑顔で、

2008年1月18日 (金)

お通夜

人生の師と仰ぐ先輩の御母堂が亡くなられた。
行年八十才との事だが、いつも元気溌剌な方で、
ご病気とはつゆ知らず、ただただ驚くばかりだ。

先輩は非常に親孝行な方なので、
その傷心はいかばかりだろう・・・

衷心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りする。

南無大師遍照金剛

2008年1月17日 (木)

他力本願(笑)

080117tv ←の画像、相棒の元日スペシャルを録画した画面である。

録画で画質が荒れているのではなく、うちで見られる地上アナログ放送は、この2年間くらいは、だいたいこんな感じの写りだった。
だいたい、2局くらいがいつもカブってるような状態で、違う放送局で流してるテロップが読めたりして便利?(笑)
どう考えてもどこかがおかしい(^^;)とは思っていたのだが、家族中、もともとあまりアナログの番組は見ないし、主に見ているBSやCSはちゃんと写るので、電器屋さんにチェックしてもらう事もなく、今まで過ごしてきた。まぁとりあえず、時々叩いたりはしていたのだが・・・(^^;)
080117tv2 ちなみに当地でのアナログチャンネル構成は、←の通り、VHFで、NHK総合が2チャンネル、毎日放送(TBS系)が4、そしてABC(テレ朝系)が6、関テレ(フジ系)が8、そして読売(日テレ系)が10、NHK教育が12、となっている。
UHFでは、テレビ和歌山や奈良放送、そしてテレビ大阪が見られる地域もあるが、高野山は盆地ゆえ、たいていの場合、町内で共同アンテナを立て、そこから分波したものを各家でブースターを使って増幅して視聴する形式なので、共同アンテナが立ってる場所により、UHFが写らない地域もある。
山を背負ってるうちなどは典型的な後者であり、UHFのうち、テレビ和歌山がかろうじて写るくらいだ。
まぁ子供の頃からUHFなどは、火星から来る電波、くらいの認識であり、高野山では見られないというのが常識だったから、特に不便に感じたこともなかった。
唯一、子供の頃、「ハレンチ学園」の実写版がテレビ大阪で放映された時だけは、見たくてたまらず(^^;)もちろん、ビデオやDVDなど空想の域にもなかった頃だから、リアルタイムで見るしかないわけで、その時だけは、この土地に生まれ育った自分の不運を呪ったものだった(笑)
その後、現場監督時代に西日本のあちこちを転勤した結果、各地で見られるチャンネル数と番組の放送日があまりにも違う事と、何よりタコ部屋・超過勤務状態で過ごしていたためテレビを見る時間などほとんどなく、そのうち自分の中でテレビという媒体の占める割合が極端に少なくなっていったのであった。
その後、高野山にもどってきてからも、40才までは各種団体の活動に忙しく、ほとんどテレビというものを見ずに過ごした。
これについては、マジで非常に「良かった」と思っている(^-^)
悪い、というか、ちょっと困るのは、「なつかしの○○」なんていう番組を見た時など、共感を覚えるどころか、初めて見る役者さんばっかりやーん状態orzになるだけの事である(笑)
で、40を超え、各種団体から卒業した頃、娘が若干、TVウォッチャーとなり、録画の方法も覚えてくれた事から、また連ドラにハマるようになった(笑)
てなことで「やまとなでしこ」とか「水曜日の情事」とかが私が再び見出した連ドラの始まりだと記憶している。
で、現在、アナログで見る番組は「水戸黄門」と「相棒」と「SP」
(ちょっと前までは「モップガール」も(笑))
そんな中、2年くらい前から写りが前掲したように悪化しだしたのだが、TVウォッチャーだった娘も最近ではCS・BS派になってきたので、まぁしょうがないね~って感じ?で過ごしてきた。
ひょっとしたら写りの悪さがCS・BSに向かわせていたのかも知れない(笑)
そしてもう一つ、上記の共同アンテナを町内会からの依頼により管理されている電器屋さんからは、テレビもレコーダーも購入していないという負い目?もあった(^^;)

で、今日、突然、頼みもしないのにその電器屋さんが尋ねてきた。
何でも、うちからさらに分配している家があるらしく、そこの人も写りが悪いなりに我慢して見ていたそうなのだが(笑)今回テレビを新しく買い直したら、解像度が上がったゆえに余計写りが悪くなり、耐えかねて(笑)電器屋さんに相談したのだそうだ。
で、うちのブースターを調整したら、約3分でちゃんと写るようになった(笑)
「へぇ~あのブースター、もう寿命やと思ってましたわ~」(笑)
『ちょっと連絡くれたらすぐ直せるのに・・・』
「いやぁ~そのちょっとがなかなかねぇ~」(^^;)

で、テレビの普及こそわが使命!と考えていらっしゃるのか、
年配の電器屋さんのつぶやきというか素朴な疑問・・・
『なんで、この状態でほっとくかなぁ・・・』

「わはは~すんませーん」って、何で謝らなあかんの~(^^;)

てなことで、写りが良くなった事自体は歓迎なので、
とりあえずは・・・隣の人に感謝~(笑)

また写りが悪くなったら、隣へ電話したろ~っと(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2008年1月16日 (水)

雪の朝

080116asa1久しぶりに夜半に雪が降り、今朝は久々の雪景色。
いつものように佑真を送った帰り、駅道からしばし下界を眺める。
乳白色に橋本のマチを覆っているのは雲だろうか霧だろうか靄だろうか・・・
ゆったりとおおらかで、軽やかなのに濃密なミルクのようにも見える。
不思議なもので、先日の立里と同じくらいの温度なのに、凍えそうな気はせず、むしろ清々しい気持ちで深呼吸したくなる。
きっと、吹いてくる風がおだやかだからだろう。
少しほっとした気持ちにもなる。
なぜなら、ここ数年続く異常気象のせいか、今季はこの季節らしい積雪は全く見られず、それどころか雨さえ降るありさまで、極寒にならないのはありがたいけれど、何やら異常も極まれり、という漠然とした不安もあったからだ。

顔に当たる風で季節を感じるってのは、単車乗りゆえか?(笑)

で、すぐに、・・・できれば日曜の朝にしてほしかったぜ・・・(^^;)
てな気持ちも湧いてくる(。。 )\バキッ☆

と、足下で騒ぐヤツが・・・
080116ginそうかそうか、こいつには毎日が日曜日(笑)
いや、ちょっと違うな、
銀にとっては毎日、全ての時が一所懸命の「生」
休んでるヒマなどないのであった(^-^)

2008年1月15日 (火)

署名 第一回締め切り迫る

署名活動開始で書いた、「高知の白バイ衝突死」事件についての、
上告審である最高裁に対する、
「スクールバスと白バイの事故」の公正な審理と判決差し戻しを求めるための署名が、
開始以来、約40日で約2万名分集まったそうだ。
そして、来る1月17日にいったん集計し、第一回署名分として最高裁へ提出されるとの事。
あと二日、できるだけ多くの署名をと思い、再掲する。
なお、私は、このスクールバスの運転手である片岡さんに落ち度はないと確信しているが、この署名そのものは、その是非を問う以前の問題、つまり、上記した通り、
ただただ公正な審理を求めるためだけのものである。
つまり、日本が金科玉条としている憲法が保障する三審制がまともに機能していれば、もともと必要のないものなのだ。なんたることだろうヽ(`Д´)ノ
ちなみに、この事件の詳細は、今年になって新たに2本の特集が加わったKSB瀬戸内海放送に詳しく載っているのでご参照願いたい。
内容の一部を載せておく。 080115kokudo_2
2008/01/09 高知白バイ衝突死⑥
県警が否定・・・白バイの高速走行は? より抜粋
土佐国道事務所さえも、衝突した白バイの速度に疑問を呈している。

080115sirobai_2  2008/01/10高知白バイ衝突死⑦
同僚証言の不自然と「謎の白バイ」 より抜粋
自らも対向車線を時速60km程度で走行しつつ、178m先の白バイと、130m先の交差点のバスを発見し、それからわずか数秒で対向してくる白バイとスクールバスの時速を目測で確定したという「超能力」を持った同僚白バイ隊員の証言である。
そんな隊員ばかりなら、こんな事故は起こらなかっただろうに・・・

と、この一件のデタラメさを書いているだけでは、ごまめの歯ぎしりのままだ。
以下に片岡晴彦さんを支援する会HP・・・最高裁に向けて・・・
の署名依頼のページを部分引用しておくので、どうかこの歯ぎしりを大きなこだまに変えて、全国に響かせていただきたい。

まさに、明日は我が身、なのだから。

***引用 ここから ↓***

こちらから  『  署名活動  のページへ


片岡晴彦さんを支援する会が責任を持って皆様の署名を

裁判所へお届けします

最高裁判所へ上告理由趣意書を提出しました。どのような判断を下されるか最高裁の判断を仰ぐ事になります。

判決は 差し戻し、却下 どちらの場合にも3ヶ月以内に下されます。

第一回目の署名提出日を1月18日と定めました。

お手元にあります署名用紙を1月17日必着で支援する会の方に郵送して頂きたいと思います。

第一回目の提出とする理由ですが、最高裁の判断が下る日は明確に決まっていません。

その判断が下されるその日まで今回の署名活動は続けていきます。

第一回目の提出以降に頂く署名は順次郵送で送っていくという形を取らせて頂きます。

1月10日までに集計を終えている署名者数は

街頭署名4497名 インターネット署名15031名です

2008年1月14日 (月)

立里の荒神さん

080113xg9 昨日(13日)の続き
遊ばせてもらうだけでは申し訳ないので、荒神さんにお参りする事にした。
しかし単車から降りたとたんに寒さが襲ってくる~{{{{(+_+)}}}}
標高1260mという荒神岳に向け、寒風が容赦なく吹きつけ、参籠所にあった温度計を見ると-4.5℃だが、体感温度は-10℃を超えている{{{{(+_+)}}}}
080113xg8kojinsya11 お参りの前に禊をしようにも、この通り・・・orz
汚れた(^^;)まま参道を登っていくのがちょっと怖い・・・
というのも、この荒神さん、もともとは名前の通り、「荒ぶる神」さん、なのだ。
何しろ、ここの縁起によると、お大師さんが高野山を開くにあたり、この地に来た所、にわかに天地が振動し、東方より黒雲がたなびき、異形の夜叉神が現れて、
『我はこれ荒神ヶ岳に住む神也、我に九億九万八千五百七十二神等の眷属ありて、不信心の家には日々に七難を起し夜々に七福を滅して貧窮無福の人となさしめ、一切の善事を障うるなり。ただし、種々の供具を備え、一心に我を祭らば速に本に帰し三宝荒神と現じ一切の障碍悉く消滅し一切の諸願立所に満足せしめん、七難即滅七福即生は我第一の誓願なり、汝先我を供祭せば必ず大願成就すべし。』と言ったそうな、
つまり、『ちゃんと拝めへんのやったらえらい目に遭わすぞ~!』という、いわゆる「祟り神」なのである。
(菅原道真を祀る天満宮なんかもそうですね)
そしてお大師さんは一枚の板に三宝荒神の像を描き、十七日間、修法をし、荒神の社を建立した後、月参りを欠かさずにいたら、その霊験はあらたかで、その後も、真言宗第二祖である真然大徳を始め、代々の高僧が参詣ありけるに諸願満足せざる事なし。と伝えられている。
つまり、これも「祟り神」の特徴であるところの、ちゃんと拝めば、七難即滅七福即生、の多大な御利益の保証付!という、とても怖くてありがたい神様なのである。
なお、本社祭神は火産霊神(ホムスビノカミ)誉田別命(ホンダワケノミコト)である。

火産霊神は文字通り「火とかまどの神様」であり、そこへ、誉田別命、すなわち八幡神(応神天皇)が合祀されているのは、おそらく、どちらも本地垂迹では「阿弥陀如来」と同体だからだと私は思う。

その霊験はつとに有名で、これほど不便な山の中なのに、特に火を使う職業である旅館・料理の関係者や鉄関係の人々の信仰が篤く、月参りする人も多い。
ただし、今日のこの時間、ここにいるのは、私らアホ二人組だけ・・・(^^;)
080113xg7torii 延々と・・・
信者が寄付した立派な鳥居が立ち並ぶ参道を登っていく。
ちなみに鳥居は全部で173あった。
080113xg8kojinsya5 約1km登る途中には、この世のものとは思えない凍り方をした檜が・・・w(゜o゜)w



そして、本殿へ到着。
080113xg8kojinsya1
実は私、
ここへお参りするの、わずかに2回目・・・(^^;)
で、1回目はというと、子供の時に、棟梁がここの屋根の仕事をさせていただいた時に連れられて来ただけなので、約40年前・・・(^^;)

すんませーん、不信心でした~m(_ _)m
罰あてんといてくださーい!m(_ _)m
てなことで、大願成就などという畏れ多い事はとても祈れず、ただひたすら、お詫び申し上げたのであった。
080113xg8kojinsya2 しかし・・・
鰐口緒(わにぐちお)さえも凍りついた世界・・・{{{{(+_+)}}}}
冷厳というか・・・心が引き締まる思いがしたのは確か、
できれば、身も・・・引き締まりたいものである・・・(。。 )\バキッ☆

手摺りなども吹き上げて来る寒風でこんな感じ・・・
080113kojinsya1_2 すさまじい冷気が絶えず吹き付けるため、
これ以上は氷が伸びないのだろう{{{{(+_+)}}}}

そして、境内に敷かれた玉砂利
080113kojinsya2
画像、わかりにくいが、
まんさく社長に砂利が盛り上がっている所に片足で立ってもらって撮っている。
つまり、ピシィーッ!っと凍ってるので、
砂利の山が崩れないのだw(゜o゜)w


しかし、ここから見える光景はすばらしいの一言。
080113xg8kojinsya4_2 パノラマで撮ろうとも思ったのだが、
080113xg8kojinsya3 どんなに画角を広げても、この雰囲気は伝わらないと思い断念、
(実はこれ以上素手でカメラを触ってるとシモヤケになりそうだったので、あきらめたというのが真相?(^^;))

いやぁもう清々しい!最高~\(^o^)/
てなことで、この気分の高揚はきっと荒神さんが許してくれたのだと思うことにし(^^;)
本日の第二のテーマを実現すべく、立里を後にしたのであった。

荒神様、ありがとうございました~m(_ _)m

で・・・第二のテーマとは・・・
080113xg91 そう、ツーリング先にてコーヒー(笑)なのだった。

しかし湯を沸かし出した時点ですでに日は暮れ・・・
この休憩所も寒風がピューピュ~{{{{(+_+)}}}}
ガスバーナーしか持って来なかったから、湯が沸くのが遅い~(^^;)
それでもまぁなんとか、コーヒーはできあがり、鼻水と一緒にすすり上げた(笑)
ちなみに、一応沸騰した湯で点ててすぐ飲んだのだが、その時点ですでに、超猫舌の私がごくごく飲める温度になっていた(笑)

さて、雪には出逢えなかったが、氷には逢えた(笑)
荒神さんにもお参りできたし、(って、高野山から歩いて参る人もいらっしゃるのよねぇ・・・m(_ _)m)
コーヒーも飲んだし、満足まんぞ~(^-^)

はよ帰ってあたたまろ~っと(^-^)
080113gin てなことで、
『ねぇねぇお父さん、雨もやんだのに、
 ボクをほっといてどこ行ってきたん?』と聞く銀に、
今日の出来事を話しつつ眠るのであった(笑)
しかし、体の芯まで冷えたせいか、今日は特にこいつが温く感じるわ~(笑)
これってひょっとして、荒神さんの御利益?(^-^)

よっしゃ~銀、今日は抱いて寝たろ~(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2008年1月13日 (日)

雪を求めて

二日続けて、頭が煮えたのは、きっと高野に降り続ける雨のせいだ(^^;)
なんでこの時期に雨やねん?
雪が降るより寒いやーん!
てなことで、本日、ようやく雨がやみ、曇天ながら粉雪が舞いだしたので、積雪を求めてまんさく社長と走り出したのである。
で・・・立里へ行ってみたのだが、残念ながら積雪はなく、ただただ寒いだけのツー?(笑)そして突然・・・
080113xg1 先行するまんさく社長が登りでコケたw(゜o゜)w
下りやコーナーならまだしも、直線の登りであのコケ方は・・・???
で、「ダイジョーブかぁ~」と近づいていったら・・・
080113xg3 同じ場所でコケた(笑)
凍ってるとわかっててもコケた(笑)
段差がある所へ流れてきた水が完全に凍り付き、ツルツル~状態になっていた。

つまり、こんな所だったのだ。
ハンターカブの車輪が一切回転していないのにご注目~(笑)

ここまで凍ってるとさすがのスタッドレスも役にたたず、両足を付き、おっかなびっくりでなおも進む(って、進むんかーい!(笑))
080113xg6 だって、こんな綺麗な白黒の山が見れるんやから、もうちょっと行ってみたくなるわけですわ~

で、またまた完全凍結路にて記念撮影を試みる、
が・・・タイマーの10秒では到底行き着けない(笑)
てなことで、動画にて・・・
記念撮影(笑)

画面では平地に見えるが、かなりの勾配で、歩くのもままならない(笑)
まぁしかし、めっちゃおもしろかったから良し!(笑)
そしてようやくたどり着いたのがここ、
080113xg4_2

まんさく社長のヘルメットのあたりが「金剛山」
右に見える平野部が奈良方面で、左が大阪方面、
拡大してみよう、
080113xg5nara 奈良は日が当たってあたたかそうや~

080113xg5oosakaビルらしきものも見える大阪にも日があたってる~



寒風にさらされてるは私らだけ?(笑)
080113xg5muhyo 何しろ、このあたりの木々の枝は、一方向から吹き付ける寒風で霧が漂着した「霧氷」状態{{{{(+_+)}}}}
枝が絶えず風で震えているので、ストロボをたいてもちゃんと写らないくらいなのだ(^^;)
でも・・・進むだけで悪戦苦闘し汗だくなので、全然寒くなかったりして(笑)

てなことで、せっかくここまで来たんやから、荒神さんにもお参りさせてもらおう、

つづく、

2008年1月12日 (土)

「衆賢」の時代

昨日のつづき、思いつくままに書いてみる。
民主主義はしばしば「衆愚」政治だと揶揄される事がある。
愚かな大衆が参政権を得た場合、譲り合う合意形成ができず、政策が停滞したり、各々のエゴだけを追求した愚かな決定がなされる。というわけだ。
古くはプラトンがソクラテスが死刑になった事から、その危険性を提唱し、哲人による独裁制の妥当性を主張した。
歴史上、この言葉を最も有効?に使ったのはヒトラーだろう。彼は、衆愚政治が混乱を招いているとし、ナチ党による一党独裁制を樹立した。しかしそれがどんな結果を招いたかは、これも歴史に明らかである。
ちなみに、チャーチルは、衆愚政治を批判しつつも、独裁制への戒めを込めてこう語っている。
曰く『民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが』

さて、現在、歴史は繰り返すというものの、チャーチルでさえ批判した「衆愚」つまり、愚かな大衆は、歴史上初めてといっていいシステム、すなわち、「ネット」によって、「衆賢」とも言うべき存在に変わりつつあるのではないかと私は思う。
私個人は「愚か」だが、「ネット」によって、様々な情報や意見を客観的に得られる事により、自分の希望とは違う形の「妥協的合意案」を持つ事が可能になっているからだ。
昨日のコメントでアフランシさんが、
>国民が納得できる政治決断をして
>その党の支持率というものは上がるのでは?!と書いてくれたが、
これは、「薬害肝炎」問題に関し、世論に押される形で政府が急遽、国民が納得できる方向の和解案を出したにも関わらず、内閣支持率がさらに下がった事を指している。
つまり、個人の意見は別として、世論としては一時的な「おためごかし」には騙されない。という事だ。

俗に「民は由らしむべし、知らしむべからず」と言う、
元は、人民を為政者の方策に従わせる事はできるが、その真意を理解させる事は難しい。という意味だったそうだが、(つまり為政者自身が「哲人」と仮定しての言葉)いつのまにか、人民はただただ政策に従わせるだけでよく、理由などは説明する必要はない。という意味に変わってしまった。
それくらい、為政者は人民が「知る事」を嫌う。
一方、どこの国でも教育の大事さは国是として挙げられる、しかしそれは「生産性を上げるため」の教育であり、政治的な知的レベルはなるべく低く抑えたいものなのだ。

だからいつまでたっても「衆愚」などという言葉がまかり通ってしまう。
『私らのやる事は気にいらないでしょうけど、みなさんがが口々に叫ぶ事よりもマシなんですよ~』と言っているわけだ。

しかし今、セージ家の政策や発言に対し、ネット上では、モノスゴク気の利いた批判の言葉があふれている。
批判だけでは何も生まれない、だが、対案も含めた政策等も、それこそ「大衆の総意」という形で主張されている例もある。
今こそ、「衆賢政治」の時代なのではないか?

ネットを使えば、国民の総意などを集計するのもそんなに難しい事ではないだろう。
「住民投票」というような形も一部実行されるようになってきているが、これをもっと発展させ、常に民意を問うというのはどうか?
ネットに参加できない人はドーナル?という意見もあるだろうが、どうにかして参加できるような仕組みを構築すればいいだけで、未来永劫、ネットに参加できないわけではないはずだ。
この方が、現在行われている時間も費用もかかる「投票」という行為より、はるかに即時的に民意を反映できる。
それでは混乱を招く?大衆は気まぐれだ?衆愚政治の最たるものとなる?
果たしてそうだろうか?
現状以上に混乱するとは到底思えないのだが・・・

昔のSFには、コンピュータによって「哲人」を作り出し、それに政治を任せる。といったテーマがよく使われ、その結果はたいてい、「人類は地球に不要」だったが、現代ならもっと、現実的で、痛みを分かち合える政策が「大衆の総意」によって提案されるのではないか?

21世紀、人類がついに手にした「衆賢政治」

困るのはセージ家とそれに連なる利権屋達だけ、だと思うのだが。

かなり頭が煮えている・・・

2008年1月11日 (金)

嗚呼

今日は何の日?
「新テロ特措法案」が参議院否決を受け、衆議院で再議決され3分の2以上の賛成を得て成立した日。
つまり、憲法で禁じられているはずの戦争に、憲法自身が後押しする形で荷担する事を許した日。

さらに恐ろしい事は、低支持率を無視し、衆議院解散が行われなければ、この体制が2009年の9月まで続くという事だ。

自民党、やりたい放題やん・・・

テロは許さない、というのなら、現代の最大のテロ国家である、アメリカへの対策を講ずるべきではないのだろうか?

ちょっと頭が煮えそうである・・・

2008年1月10日 (木)

本戎

080110ebessan 恒例、♪年の初めのえべっさん~♪である(^-^)
ここ数年は、9日の宵戎と決めていたのだが、今年は佑真の塾の関係で、本戎にお参りする事に、
時刻が早めなせいか、人出がめちゃめちゃ少ない・・・
人混みが苦手な私でさえ、ちょっと寂しいくらいだ。
ただまぁその分、ゆったりとした気分で今年も家族揃ってお参りできた事に感謝を捧げられた。
おみくじも何年ぶりかの「大吉」\(^o^)/
何となくうきうきしつつ、屋台をひやかしてて、見つけたのがこれ!
家族一同バカ受け~(笑)
年の初めの大笑い、縁起がええやーん(^-^)
てなことで、77000番のプレゼントもこれに決定~(^-^)

ねずみ~(つぶれ方がグロい~(笑))

幸運のブタさん(これはカワユス~(^-^))

080110kittyo てなことで、今年の吉兆。

ますます笑顔が増えますように~(^-^)

2008年1月 9日 (水)

今日は何の日

1月9日は・・・
「クイズ・とんちの日」らしい、
一休さんにちなんで制定されたという。
ううむ・・・
で、制定したのは誰なのか?いつ頃なのか?
検索してみたけどわからない・・・
これ自体が謎?(^^;)

さて、一休さんと言えば、子供の頃のとんち話でよく知られているが、「一休」という道号を師匠から与えられたのは実は20才を超えてからであり、安国寺で修行していた時は「周建」と呼ばれていたらしい。
ただ、子供の頃から能筆であり詩才にも恵まれていたのは事実で、13才で作った漢詩が洛中に評判を得たという逸話なども残されていて、そういうエピソードが後に「とんち小僧」としての一休さんの伝説を生み出したのだろうと思われる。
20代後半までは大変厳しい禅の修行を続け、ある夜、鴉の鳴く声を聞き大悟してからは、一転して実に自由奔放に、詩や狂歌、書画三昧の風狂な生活を送ったという。
それはわざとと思われる程の凄まじい仏教の戒律破りであり、飲酒・肉食はもちろんの事、愛人(しかも男女両方!w(゜o゜)w)も実子もいたらしい。しかし誠に破天荒ながら、それを補って余りある人徳があったらしく、かえって民衆の共感を呼び、88才で遷化されるまで慕われ続けたという。
臨終の際には『まだ死にとうない』と言ったとか言わなかったとか・・・
これも、後世の人によると、末法とされた当時の仏教界の形骸化を批判し、その風化に警鐘を鳴らす禅的精神の現れ。と解釈されている。

きっと、彼我の区別なく「正直」な人だったのだろう。

ある商人が『この世で一番めでたい言葉を』と依頼したら、「親死子死孫死」と揮毫した。というような逸話も残っている。
商人がびっくりして、縁起が悪いと抗議したところ、『これが逆ならドースル?逆死ほど不孝はあるまい、だから、これでいーのだ』とバカボンのパパみたいな事を言ったという。
ちょっとヒネクレてたのは間違いない(笑)
他に有名な言葉と言えば、
「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」があるが、私は、
「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」の方が好きだ。
私もちょっとヒネクレているからだ(笑)
ちなみに、アントニオ猪木が座右の銘として『この道を行けばどうなるものか・・・』を、一休さんの言葉として広めてしまったが、これは全くの勘違いであり、実際は宗教者であり、哲学者であった清沢 哲夫(結婚して暁烏(あけがらす)と改称)の詩である。しかも文言まで、ちょっと改変してしまってるし・・・orz
いかにも、アントニオ猪木らしいというかなんというか・・・(^^;)
(でも、私、ファンですがね(笑))
閑話休題
ちなみに、「とんち」は「頓知」、「頓」はこの場合、「にわかに」「すぐさま」の意味で、即効性のある知恵の事を指す。とっさの知恵、ですな。
これを「その場しのぎ」と解釈すると私にも頓知があるといえr・・・(。。 )\バキッ☆
なお「頓」には「一度に」という意味もあり、「頓服」の意味はこちらで、つまり、「即効性のある薬」という意味ではなく「分けずに一度で飲みなさい」という意味である。
ああ・・・全然、閑話休題になってない・・・(。。 )\バキッ☆
もう一つ、「クイズ」の語源もよく知られているが、一応「ウンチ君」として書いておこう(笑)
18世紀の終わり頃、アイルランドのダブリンで劇場支配人をしていたデイリーという人が、友人と「新しい言葉」を一晩で広められるかどうか賭け、徹夜で町中に「QUIZ」と落書きをしたところ、皆が不思議がった事で広まり、ついには「謎」を示す言葉として認知されたとの事。
しかし、もともとラテン語で「何?」を意味する単語が「QUIS」なので、これが由来だとする説もある。

てなことで、締めくくりにもう一つ、一休さんの言葉を、

「この世にて慈悲も悪事もせぬ人は さぞや閻魔も困りたまはん」

おっともう一つ、私の一番好きなクイズを、

「誰にでも起こる、原因より結果が先に来るもの、なぁ~んだ?」

ちゃんちゃん、

2008年1月 8日 (火)

仕事始め

080108sigotohajime仕事始め、である。
政府や新聞発表とは裏腹に悪化し続けている景気を実感している現在、「仕事がある」という事が誠にありがたい。

正月にゆっくり休んでいられるのも仕事あっての事、感謝しつつ取り組もう。
ってな風に素直に?仕事に取りかかれるのも、十分な休養を取れた証拠かもしれない(^^;)
欲にまみれた私ではあるが(^^;) 「満足」あるいは「足を知る」という事がちょっとだけわかった正月だったのだ。

これは、楽しく過ごさせてくれる家族はもちろんだが、るんたと銀のおかげ、だとも思っている。
彼らには私みたいに「果てしない欲望」ってものが無い。
「昨日の後悔、明日への不安」ってものも無い。
ただただ、「今」を一所懸命生きている。そして、その時の楽しみを体全体で受け止め表現する。

素直だ。

こういう気持ちがいつまで続くのか?(^^;)
忙しさに紛れすぐ忘れてしまうかもしれない。
ただ、仕事始めの今日、こういう気持ちになった事、
時々読み返して確認しよう。

2008年1月8日、新たなスタートである。

減量もな!(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2008年1月 7日 (月)

銀は休まず(笑)

さてさて、今日でお正月休みも終わり、
夕べの予報では、けっこう悪天候との事で、雪を期待していたのだが、
降ったのは・・・雨だった・・・(ToT)

しかも雪になる寸前という感じの氷雨、
過保護な飼い主なので(^^;)銀をこういう冷たい雨には遭わせられない。
仕方がない・・・

Wiiでも・・・(笑)

まぁしかし、近年稀にみるのんびりしたお正月だった。
今までだと、「せっかくの正月だからどこかへ・・・」ってな気持ちが先行し、家でのんびりしてるのが非常に「もったいない」ように思い、わけもなく出かけたりしていた(笑)
それなのに、正月休み最後の日には、「嗚呼、○○へも行かなかった、△△もしなかった、俺は休日の過ごし方が下手じゃ~」って悔いが残りがちだったのだ。
で、今年はどうかというと「せっかくの正月だから、思いっきりのんびりしよ~」という感じ?(笑)
思いっきり、がんばって、のんびりする、ってのもおかしな話だが・・・
つまりは「何かしなくては」ってな焦りをあまり感じずに、リラックスできたのだった(^-^)
これは・・・体重の増加と共に出不精になってるのかもしれない・・・(^^;)
そういえば、年末に量ったきり、体重計にも乗ってない・・・(。。 )\バキッ☆
Wii fitの体重計によると、すんごい事になっているし・・・{{{{(+_+)}}}}
しかし、毎日、ヨガやトレーニングに励んでいる?ので、体は軽いし、猫背が矯正されてきたようにも思える。(というか、今、自分の背骨が伸びてない、というのもわかるようになってきた)
だらだら寝てたかというと、そんな事はなく、家の中でずっとはしゃいでいた?(笑)

のんびりするってのと、だらだらする、とか、怠ける、ってのはちょっと違うのもよくわかった。

家でのんびり過ごす、という事、
そしてそれが、家族揃って、という事が、すごく楽しかった(^-^)
これ、娘と息子の年齢を考えると、来年なんかはもう一緒に遊んでくれんやろからなぁ・・・(^^;)
って事は、今年があるいは最後?

そんな気持ちもあったのかもしれない。

てなことで、年末年始をほとんど家と銀ぶらで過ごした。
悔いは・・・無い!(^^;)
あ、雪山2号には時々変身したのだった(笑)

来年の正月もこんなにのんびり過ごせるだろうか?
そんな事も考えかけたけど、やめた(笑)
今、家族揃って正月を楽しんでいる。それだけでいいのだ(^-^)

てなことで、たっぷり、ゆっくり、休ませてもらった。

ありがとうございます~m(_ _)m

・・・と、
年中行事はカンケー無し!でひたすら働いてた?のが一匹(笑)
昨年の12月26日から、約10日間で・・・
071226nb4
これが・・・
(左のティラノサウルスね)


080107nb1こうなった・・・w(゜o゜)w

銀~
お前ちょっと、働き過ぎぃ~(^^;)

もうちょっと保たせてちょーだい~

ちゃんちゃん

2008年1月 6日 (日)

スキー場にて

今日も快晴~(^^;)
てなことで、トリッカーはあきらめ(^^;)銀ぶら拡大バージョンだ~
08016gin1 まずは奥の院参道を中の橋まで、
他の道は快晴ゆえ、シャーベット状にて、
歩かせる→ドロドロ~(>_<)、が明白だからである(^^;)
ここなら石畳が続くので安心?
ちなみに、奥の院参道、「放し飼い」は禁止だが、散歩はOK!なのである(^-^)


080106gin2 ここから参道をはずれ、小径をちょっと登ると・・・
墓地の境界杭(「○に金」は金剛峯寺の略)があり、
そこからは通称:「スキー場」となる。
先日、トリッカーで遊んでたところだ。
ここ、地図によっては、ちゃんと「高野山スキー場」と描かれているものもあり、時々、この丘のふもとで途方に暮れているボーダーやスキーヤーが見受けられるのである(^^;)
いやまぁ、滑ろうと思えば滑れます、はい(笑)
てなことで、本日は快晴の下、枯れ草も乾いてる所があるので、
銀は大はしゃぎ~(^-^)

スキー場にて

ご機嫌です~(^-^)

あまり走らせ過ぎるのも足に負担がかかるので、適当に休憩させたのだが、
080106gin4 その都度、丘の向こうを気持ちよさそうに眺めていた。
080106gin3 もともと牧羊犬であるからして、彼のDNAにはおそらく、このような光景がインプットされているのだろう。

非常に満足げである(^-^)

また、来よな~銀(^-^)

2008年1月 5日 (土)

役立たず・・・orz

080105xg 今年の初乗り、ちょっとだけ、
トリッカーwithスタッドレスは快調!(^-^)
しかし、あいにくの好天?(^^;)で、雪が少な~い(>_<)
つまり、トリッカーで好き放題走れる程の雪が無いのである。
かといって、CRMやGSを出動させるとちちヤバそうなくらいには凍結している・・・。・°°・(>_<)・°°・。

仕方がない、これはもう、仕方がない、
てなことで、午後からはWii fitのヨガに取り組んだ。
これがなかなか、どころか、ごっつぅええ感じぃ~(^-^)
体の重心を常に表示してくれるので、非常にわかりやすいのだ。
単純な動作が30~40秒続くだけなのだが、しばらくやるだけで汗が噴き出てくる感じ。
ええんでないかーい?(^-^)

そして、夕方、そろそろ、食料の備蓄が尽きそうとの事で、カミさんと買い出しに、
080105sm ここで・・・
私が全くの「役立たず」である事が判明~(ToT)

カミさんから買い物メモを貰い、手分けして買おうという手はずだったのだが・・・
どこに何があるかさっぱりわかりませ~ん!(>_<)
ようやく見つけても・・・
「バター」って塩入りを買うの?それとも無塩?
レタスってどういうのが新鮮なん?
結局、自分で買えたのは、「粒マスタード」だけ・・・(^^;)
後は濡れ落ち葉よろしく、カミさんの後を付いて歩くだけでした・・・orz

生協のシートをチェックするのは得意なんやけどなぁ・・・(^^;)

2008年1月 4日 (金)

じっくりゆっくり(^^;)

正月だから・・・
めんどっちぃ事にじっくりゆっくり取り組むのである(笑)
というのも・・・
そもそも、昨年の12月23日付「天野の里にて」が「つづく・・・」のままになってるのが原因の一つなのだ。
071223hutatutorii あの日は結局、二つ鳥居までの周遊コースを歩き、双眼鏡であたりを観察している世界遺産マスターの図(笑)も画像に納め、データ収集のために用意した(^^;)アドエス用のGPSユニットで経度と緯度を計測したのであった。
07012gps ・・・てなことで、「二つ鳥居」は、
北緯 34度15分31.75秒
東経135度31分38.80秒
標高は海抜631m なのです、○○さん、

で・・・本来なら、アドエス上で地図も確認したいところなのだが、いかんせん、PHS圏外なので、通信によって地図を表示する仕組みになってるNAVITAIMEやグーグルは使えなかったのだ(ToT)

く、悔しい・・・(笑)

てなことで、アドエス本体に町石道のルートだけでも組み入れようと思い立ち、色々検討した結果、昭文社のスーパーマップルデジタルに付属してる「ポケットマップルデジタル」を導入する事にした。つまり、膨大な地図データから、ピンポイントでデータを切り抜き、アドエスにインストールしてGPSと連動させようというわけだ。
そして今回、本体ソフトは事務所のパソコンではなく、R6に入れる事にした。
そうすればR6自体をGPS付のナビにする事も可能となるし(って、多分そんな機会は無いけど(笑))ツーリング先でルーティングする時などには便利だと思ったのである。
しかし・・・
そのためには、データ登録等の必要から、R6に何らかのウィルス対策ソフトを導入する必要がある。
080104aho_2 嗚呼!作動が重くなるのが嫌で、せっかく今まで↑みたいな脅し文句を無視して使ってきたのにぃ~・・・って、それなら最初からやめとけよ~、自分!(。。 )\バキッ☆
ただまぁ、R6自体の出番とネットへ繋ぐ機会が増えてきているので、正月を吉祥として、導入に踏み切ろうという気持ちもあったのである。

さて、そんなこんなで導入は決めたものの、R6には既にかなりのデータが入っているので、ウィルスバスターを導入した場合、最初の内部検索にかなり時間がかかる事が予想されるのと、スーパーマップルデジタルの取説に、080104install1_2
「数十分かかります」orzなんて事が書かれていたので、今日までなかなかインストールする気になれなかったのであった。

で、正月も4日目、じっくり、ゆっくり、というか、だらだらと時間をかけても平気な時間帯を選び、いよいよインストール作業敢行~(笑)
まず、ウィルスバスターを導入するのに手間取り、続いて、本体ソフトをインストールする際にウィルスバスターを無効にするのを忘れたもんで一部のプログラムがはじかれて不正終了したり、R6が途中で電池切れになったりして・・・って電源くらいつないどけよーっ!(。。 )\バキッ☆
080104install2 ようやく、本体ソフトからモバイル用の「ポケットデジタルマップ」の和歌山県版(等高線付)をばインストールできたのは、真夜中であった(笑)



そして・・・いよいよ・・・
080104pmd おおぉ~\(^o^)/

何かええ感じぃ~

ここまで手間かけて、町石道が載ってなかったらどうしようと思ってたって、最初に確認しとけ~(。。 )\バキッ☆

てなことで・・・
次回、実際に二つ鳥居に行き、GPSと連動させる日が楽しみなのであーる(^-^)

ちゃんちゃん

しかし・・・これで気がすんでしまい、
しばらくは行かないって事も、もちろん可能性としてあr・・・(。。 )\バキッ☆

2008年1月 3日 (木)

銀、ダッシュ!

快晴の下、銀ぶら~(^-^)

おかげさまで今年も銀は元気です~
てなことで、銀ぶらの後は・・・
080103gin1 オープンカフェでベーグルサンドと玄米ミルクのチャイをば・・・




080103gin2 銀にもおやつをあげましょう(^-^)
テーブルから直接はルール違反だが、
まぁ正月という事で・・・(^^;)
って、「マテ」が効き過ぎて、かしこまりすぎ~(笑)

080103gin3 てなことで、
今年もよろしくお願いします~(^-^)

2008年1月 2日 (水)

家族揃って(^-^)

070102wii 昨年同様・・・
今年も家族揃って、Wiiだ~(笑)
って、「fit」おもろすぎる~~~!
みんなで何時間やってたんやろ?(笑)

自分がいかに重心が定まってないかメチャメチャよくわかるぅ~w(゜o゜)w

てなことで、今年こそ(^^;)
こいつでなら痩せられそうな(^^;)
そんな予感のする正月二日~

和やかな一日でした~(^-^)

2008年1月 1日 (火)

御慶!

あけましておめでとうございます~m(_ _)m

今年もどうぞよろしくお願いします~m(_ _)m

吉兆、龍雲、ご覧くださいませ~(^-^)

(実は1月3日の画像です(^^;))

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ