サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

怖いんか?(^^;)

080531gin 怖いんか?銀、

だいたいお前が悪いんやぞぉ~
何で2歳になったとたん、
トトとハクの匂いのするとこにオシッコかけるようになったんや、
君が一番年下なんやで、
あそこはもともとトトとハクの縄張りやんか、
この間から時々、夜中に牧羊犬スタイルでトトとハクを見張るようになったのはよぉわかる。
それがボクの仕事、みたいに思ってるんやろ?
噛みつかれても噛みつかんと遊べるのもエライよ、
でもね、トトとハクはちゃんと決められた場所でしかオシッコせぇへんねん、
君だけがルールを破ってるやん、
お父さんはな、今晩、土曜なもんで一杯引っかけて、
いや・・・二、三杯?・・・もうちょっとか・・・?・・・(。。 )\バキッ☆
いやそのあのまぁ、そんな事はドーデモええねん、
とにかく、ご機嫌で帰ってきたのに、何やねん君は、
まぁたトトとハクの隠れ家遊びするゴミ箱にオシッコひっかけたそうやないか、
あかんやろぉ~
ほんで何やねん、「よっしゃ俺が見本見せたるわ~」言うて、
外へ連れ出して、
わざわざこないしてするんやで~って、
こっちが四つんばいになって片足あげて、
塀にオシッコかける真似までしたったのに、
何でそない怯えた顔をするねんな、
お父さんは全然怒ってないでしょ~
ちょっと酔うてるだけやんか~(。。 )\バキッ☆
何?、お父さんが四つんばいになってるポーズが怖い?
初めて見た?
お父さんも初めてやっちゅーねん

・・・つーか、お前、ひょっとして、怖がってるん違て、
あきれてるの?

うわっ、そうなん?
そういや怖がってる目ぇちゃうやん、
尻尾もかすかに振ってるやーん、
アホにしてるん?
あ、お前そんなヤツやったんか?
お前のために四つんばいになってるんやぞ、
お前のために片足あげとんやぞ~

ううう、ナサケナイ、
お父さんは君をそんな犬に育てた覚えはありませーん!

と、ぶつくさ言ってたら、
『お父さん、ええからもう、風邪ひくよ』とカミさん、
「いやその、銀にオシッコの仕方を・・・ね、」
『今の状態やったら、銀の方がわけわかってるから、ね、
ちゃんと言うて聞かせられるけど、お父さんは・・・ねぇ・・・』

てなことで、ベロベ浪漫は犬以下~!orz

ちゃんちゃん

2008年5月30日 (金)

全うしてくれ

080530bat3 さて、何でしょう?

この画像だけでわかったらエライ!

実は昨夜の銀ぶらで・・・

『あれ何?』とカミさんが発見。
何やら大きな葉っぱみたいなものが路上でもごもごと動いていた。
見ると・・・
↓である。
(クリックすると大きくなるのでこの手の画像が苦手な方は注意(^^;))080530bat1
耳の形からして、おそらくはアブラコウモリか?
(やんとさん判定お願いm(_ _)m)

コウモリを間近で見る、などというのは本当に久しぶりの事だった。
私が子供の時は夕暮れ時に飛び交っているのをよく見たし、時々は弱ったヤツ?が路上に落ちてたりして、木の枝でつんつんしたりもした(。。 )\バキッ☆
ウサギコウモリの耳の長さに感動して思わずスケッチした事もあったし、こっそり探検に行った(。。 )\バキッ☆大門の2階で見た大群とピラミッド型に積もった○ンの山は幼心に異世界に迷い込んだ体験としていまだに覚えているくらいだ。
また、数年前までは、お寺から『本堂の中にコウモリが入ったので何とかしてちょーだい』みたいな依頼もあったりして、その度に彼らのエコーロケーションによる衝突回避能力の巧みさに、苦労させられたものであった。
って、何か学術的な書き方だが(^^;)、要するにほうきで追い払おうとしても、寸前でするりするりと巧みにかわして音もなく飛び続けるのである。
しかし最近はほとんど見かける事もなくなっていたのである。
カミさんに至っては橋本出身という事もあるせいか、飛んでるのは見たことがあるが、実物を近くで見たのは初めてだそうで『こんな顔してるんや~』と妙に感心していた。

さて、おそらくは老齢?で弱って飛べなくなったに違いない。
ドースル?
このまま路上に放置していると、誰かに踏みつぶされるのがオチだろうし、狂犬病のウィルスを持ってるという話を聞いた事があるので、やたらに触りたくはない。
てなことで、↑画像のように、手持ちの紙ですくい上げ・・・
とりあえず画像を納め(。。 )\バキッ☆
『こんな時でも写真撮るの?』
「いやその・・・まぁ目が退化してるからストロボたいても影響はないはずや」むにゃむにゃ・・・(。。 )\バキッ☆
080530bat2 近くの茂みの葉っぱの上にとりあえず乗せてみた。
すると、ごそごそと動き出し、茂みの中に消えたのである。

『どうなるんやろね?』
「まぁ・・・道で踏みつぶされて死ぬよりマシって事で勘弁してもらお」
ミソサザイの時と同じ、後は自然の摂理に委ねるしかないのだ。

どこかでホッとしている自分がいた。
コウモリ、という感情移入しにくい動物だからこそ、死にかけ?をとりあえずは人目につかない、自然的要素を持った木の茂みに隠せたからだろう。
以前なら偽善的と自分を責めたかもしれない。
その時はただ、彼?彼女?がその生を全うしてくれることを祈るのみだった。

そして翌朝、銀ぶらの途中、どうしても気になったので(^^;)茂みを覗き込んでみたのである。
で、最初の画像、
コウモリスタイル?で逆さまにぶら下がっていた。
生きているのか、死んでいるのかはわからない。
確かめるためのツンツン・・・はしなかった。

一枚だけ、画像に納めさせてもらい、その場を後にした。

銀が不思議そうに見ていた。

2008年5月29日 (木)

ちょっと宣伝(^^;)

080529wh第2・4木曜日に新聞折込される地域の情報紙いまじんさんに、告知が載ったのでついでに宣伝しておく(^^;)

伊都から世界へ平和を発信
~世界遺産と共に~

をテーマに、講演会が開催される運びとなり、私もおしゃべりする事になったのである。
主催するのは(社)伊都青年会議所いわゆるJCである。
企画が持ち上がった段階で相談を受けた時は、担当者に対し、普段から「明るく豊かなマチづくり」を標榜して活動しているJCが、世界遺産絡みの企画をすると、いかにも経済的な効果を期待してるみたいなイベントと誤解されやすい点を指摘させていただいた。

曰く「君ら、世界遺産饅頭とか紀伊山系の霊場煎餅とか売る気ぃと違うやろな?」(。。 )\バキッ☆

担当者は『そういうのをしたくないから、相談に来たんです』と非常に真剣。

「それなら熊野地方に比べて浸透しているとは言えない当地での世界遺産の意義を、みんなで勉強してみようやん」と、こちらもつい真面目に答えてしまったのだった(^^;)

以来、数ヶ月、彼らはよく勉強し(たんやろな?ホンマに?(^^;))当地の世界遺産の持つ意義が、世界中に800数十ある世界遺産の中でも、唯一といえる価値を持っている事に気付いてくれたのである。

すなわち、「異なる宗教が隣接して存在したのにもかかわらず、戦わず共存共栄を選んだ所」

これは、正真正銘、「紀伊山系の霊場と参詣道」だけの特色なのである。
(↑他の世界遺産は全て異教徒同士の争いの場、という意味ではない、
 詳しくは世界遺産講座Ⅰをご参照いただきたい)

そしてそれは今回の講演会のテーマにもなり、異教徒同士でも1200年の長きにわたり、平和に暮らしてきた例があるのだというメッセージを世界へ発信しようという事になったのだ。

手前味噌ではあるが、大変有意義な企画だと思う。

てなことで、何やら事前申込が必要で、それも締め切りは6月の3日、つまり来週の火曜日って、もうちょっとはよから宣伝せんかいな~(^^;)

まぁ超微力な私はどうでも良いのだが、幸い、当地の世界遺産の第一人者である、辻林世界遺産センター長が多忙なスケジュールを縫うようにしてお越しいただける事になったので、貴重な話の数々を間近で聞き、また色々と質問できる光栄に浴した私が、実は一番楽しみにしているという次第。

どうですみなさん、決して退屈はさせませんぜ~(^-^)

2008年5月28日 (水)

エコグラム、そして・・・(^^;)

ゆえさんのブログで拝見した、エコグラムによる性格診断

50の質問に「はい」「いいえ」「どちらともつかない」で答えていくと性格がわかる。
よくあるパターンだが、この手の分析系が大好きな私は、ほいほいほい~とばかりにやってみた。
同じ質問を人にされたら嘘をつく(^^;)かもしれないが、(いや、きっと必ず嘘を言う(。。 )\バキッ☆)相手はコンピュータ、素直に答えていった。
回答する前は、自分では「はい」「いいえ」とはっきり答える方が多いと思っていたのだが、意外に「どちらともつかない」が多いのに正直驚いた。
やっぱり私は優柔不断?(^^;)
てなことで、診断結果が出たのだが・・・080528test
またまた驚いたw(゜o゜)w

たった50問で
「ここまで見透かされてしまうものなのか~!」
これ、ひょっとしたらスゴイかも?
それとも私の性格が、「ホントよくわるパターン」なのか?(^^;)
というのも、診断を見るまで、これもよくある「血液型分析」みたいなもんで、誰にでもあてはまるような条件を並べてそれらしい結果が導き出されるのかと思っていた(血液型分析ファンの皆様m(_ _)m)のだが、そういう場合によくある、「当たらずと言えども遠からず」的あいまいさが無く、
「へぇへぇ全くもってその通りでございますぅ~ 恐れ入りました~m(_ _)m」だったのだ(^^;)
たとえば「性格」
柔軟性が大きく、ストレスや環境の変化に対して、強い耐性を持つタイプです。激しいショックに遭遇しても、それを素早く吸収してしまう、柔構造建築物のようなものを、心のどこかに持っているタイプなのです。その代わり、目標に対する指向力とか集中力に、多少の弱さがある事は否定できません。貴方は物事や人生を、総花式的な考え方で処理して行こうとするタイプなのでして、そこが貴方の長所でもあり、限界でもあるような気がします。
参りました~m(_ _)m
ただし『激しいショックを吸収してしまう柔構造建築物のようなものは、以前の私には無かったもので、この2年で身についたもの、つまり、るんたの死により構築されたと思われる。(それまでは激情型?(^^;))
総花式的な考え方』というのも、まさに言い得て妙だ(笑)
自分でも気付かなかった、好不調や運不運、幸不幸に対する無意識の配分というか、バーターというか、バランスを取ろう取ろうとしてしまう心の動きがずばり分析されている(^^;)
そこが貴方の長所であり、限界でもある・・・
とほほほほ・・・大成は望めんという事か?(笑)って、そんな気も無いけどorz

笑いつつ超納得したのが、職業適性。
不向きな職業は、治安関係や国防関係の公務員
俺に治安や国防は任せられんのかーい!(笑)
いやまったくその通り、はいm(_ _)m
続いて『科学者、エンジニア、キーパンチャー、コンピュータ技術者、各種の検査技師
なるほどねぇ~(笑)
つまり、
ルールや原則に従い、こつこつと一つずつ真面目に対処して行く事が出来ない。
って事なんやろねぇ・・・(^^;)
そして、対人関係
人付き合いの面では、是と云って大きな欠陥が殆ど有りません。
いえいえそんな事はございませんm(_ _)m
強いて挙げれば、もう少し自分を控え目にした方が、尚一層良いと思える点だけです。
わ、わかりました~m(_ _)m
でも、控え目、ってのがどんな事なのかよくわかr・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、この性格分析、オススメですよーん(^-^)

で・・・おまけ、
080528hp 初めて知ったのだが、このエコグラムを使ったこんなものが発売されていたのであった。

・・・思わず総花式的に受け入れてしまい、アマゾンでポチっと・・・(^^;)

てなことで、ゆえさん、私はミーハーそのものなんで~す(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2008年5月27日 (火)

行ってらっしゃ~い!

080527lt1

高野山某所、
LTを操るのは・・・
エクセルオートのKさんだ。
何でここにLT?そしてKさんが?というと・・・
つまり、車検の引き取りに来てくれたというわけ、
あんた自分で持っていく時間も無いの?って?
いやいや、これにはちょっとした訳があるのだ。
というのも、Kさんは、私のLTを引き取りにわざわざ来山されたのではなく、別の車検上がりの2台を届けに来る事になったので、空荷で返すのももったいない(笑)てなことで便乗させてもらうことにしたのである。
で、車検上がりのうちの1台は、例の亭長さん号である、結局あれからエンジンはかからないまま車検切れとなり、ABSの不調の修理が長引いた事もあって、今日になったというわけ。もう1台は、その巻き添えを喰った形で車検が遅れたキャップさん号、誠にお気の毒でした(^^;)
080527lt2で、なぜわざわざこんな場所で?というと・・・
LTの場合、平坦路で積み込みすると、エンジンガードが擦れちゃう恐れがあるからなのだ(^^;)
てなことで、坂道を利用させてもらったというわけ、
もちろん、管理者の許可は得ている(つーか、管理者ご推薦の場所なのである(笑))

さてさて、LTの車検も3回目、今年で7年目に突入する事になるが、今回も迷わず車検を受ける事にした(^-^)
今までいろいろ乗り換えもしてきたけれど、LTとはもっともっと旅を重ねたいからだ。

気持ちよく、「行ってらっしゃ~い」(^-^)
ほんでもって、「お帰りぃ~」と早く言いたい(^-^)

あ、今度は引き取りに行くんやった(笑)

笑顔で迎えに行こ~っと!(^-^)

2008年5月26日 (月)

聞いてみたい・・・(^^;)

080526aibo3応募者全員にプレゼントされるという、
「相棒」特製アラームクロック

ただし、シーズン3・4・5のDVDBOXを全て購入し、6枚の応募券をゲットせねばならない。
我が家には娘と割り勘(^^;)で購入したプレシーズン、シーズン1~4は揃っている。
私がシーズン4から見始めた関係で、以前の作品を見たくなり、娘もこのドラマならお金を出してもいいというので、昨年の9月から少しずつ購入してきたのだった。
そしてこの度、5月の初旬にシーズン5が発売され、これを購入すればゲットできる時期が来たのである。

だが、シーズン5は、ほぼリアルタイムで熱心に見たし、この3月で終了したシーズン6については、ちょっともう見るのが痛いような気さえする迷走ぶりというか、製作サイドから発散されるある種の一方的なプロパガンダが透けて見え、辟易する事もあったので、とりあえずストーリーだけ押さえるために見ておき、DVDは買わずにすまそうと思っていた。
つまり、おそらくシーズン7が製作されたとしても、これ以降、DVDをコンプリートする気持ちは全くなかったのである。

さて・・・ドースル?
シーズン3と4の応募券は既にあるわけで、おそらく出品されるであろう応募券をヤフーででも探すか?(笑)
逆に3と4の応募券を出品するという手もある。

しかし・・・
前回までの応募券には単に「特製アラームクロック」としか記されてなかったのだが、今回いよいよ全貌が明らかになった(って大げさな(笑))アラームクロックの内容が・・・
スヌーズ機能がついているらしく、段階ごとにセリフが違うという懲りよう(笑)
ちなみに、
[第1段階] 
『おはようございます。今日の天気はどうかな? 起きてくださいよ!』(薫)
[第2段階] 
『いけませんね、二度寝は。寝過ごしてしまうのが、君の悪いクセ。』(右京)
[第3段階] 
『おい、おい、おい!まだ寝てんのかよう! 目覚ませ!! この野郎!!』(薫)
[第4段階] 
『いい加減に目を覚ましなさい! 今起きなくて、いつ起きるというのですか!』(右京)

うぉ~!聞いてみてぇ~!(笑)
それぞれ、ドラマの中で盛んに使われていたフレーズで、二人の普段の性格と緊急時の性格を顕著に表していて、特に第4段階、普段冷静な右京さんが唯一感情を露わに『いい加減にしなさい!』と犯人に怒るセリフは見所、聞き所の一つであった。

聞いてみてぇ~聞いてみてぇ~聞いてみてぇ~よぉ~(^^;)

しかしそのために、既に見たシーズン5をわざわざ・・・

う~ん、う~ん、う~ん・・・

で、娘に相談してみた、
『もう見たやん』
「そ、そうやけどね・・・」
『でも、そのセリフを聞いてみたい気もするわ』
「そ、そやろ、なっ、なっ、なっ」
『でもわざわざ買う気にはねぇ・・・』
「そ、そうやね・・・」
『あ、でも、シーズン5はちょうどテレビの映りの悪い頃やったし、シーズン6と違って、内容もそこそこ良かったからDVDで見直すのも有り、かもね』
「そ、そやろ、なっ、なっ、なぁ~っ!」

『でもお金を出してまではねぇ・・・』 orz orz orz・・・(>_<)

てなことで、あわよくば割り勘にと思ってた作戦は失敗(ToT)

再び、ドースル、ドースル、ドースルのぉ~???

で、シーズン5が発売されて以来、悶々としていたのである(笑)

締め切りは6月の6日、

まさか売り切れる事もあるまいが、最後にどーしても欲しくなったのに間に合わないというのも悔しい(^^;)

てなことで・・・
080526aibo1 アマゾンでポチっとしちゃいましたがな(^^;)

どうせ俺ってこんな奴なんよぉ~(。。 )\バキッ☆

まぁ東北ツーへ行けなかった分、ガソリン代が浮いたと思えば、ね~(ToT)

てなことで、アラームクロックのインプレを書く日が楽しみだ(^^;)

問題は・・・せっかくコンプリートした応募券をちゃんと失わずにポストへ入れられるかどうかだ、
よぉやるもんなぁ俺、大事にしすぎて、気がついたら締め切りすぎてたってパターン・・・orz

てなことで、今日は出すぞぉ~

ちゃんちゃん





2008年5月25日 (日)

眼福

080525l1 アヤシイ光・・・(^^;)
ホントなら今頃、ご機嫌で東北の道を走ってるはずだったのだが・・・(ToT)

いえいえ~何をおっしゃいますやら~(^^;)
日曜日でも仕事させてもらえるなんてありがたい事ではないですか~ね(^^;)
080525l2 てなことで、我が社のR2-D2君(笑)、活躍中~

築120年になろうかという建物の調査中なのだ。

予想以上にしっかりしていて、昔の職人さんの技術と、一世紀を超えて手入れを怠らず維持されてきた施主さんに敬礼!
そしてもう一つ、ここのお家の庭には・・・
080525h1 080525h2サクラソウとか・・・
※↑シバザクラ、でした。
やんとさんにご訂正いただきましたm(_ _)m


エンレイソウまでw(゜o゜)w

他にもクリンソウとか珍しい花がいっぱい、
仕事中なので、ちょこっとだけ撮らせていただいたm(_ _)m

080525h3エンレイソウのアップ、
地味だが非常に深い色合いが、
高貴な雰囲気を漂わせている。
ただし、これ「花びら」ではなく、「萼(がく)」が発色したものらしい。
また、花が咲くまで10年以上かかるそうで、これもまたここのお家の方が大切に育まれているそうだ。

作る側としては、メンテの見本と精神を目の当たりにさせていただき、勉強させていただいた心持ちであるm(_ _)m

ありがとうざいます~m(_ _)m

2008年5月24日 (土)

まちけんレポ

080524ma1_2前佐賀市長の木下敏之氏をゲストに、
まちけん(高野山まちづくり研究会)が開催された。

080524ma2_2木下氏は 自民党が圧倒的力を持つ保守王国にて、行財政改革に積極的に取り組んでいた方なのだが、二期目の半ばに市町村合併に伴う首長選が行われた際、改革による利権消滅や待遇に不満を持つ勢力が、自民党と社民党に共同推薦させ、政策論争をほとんどしないまま怪文書だけが一方的に出されるという、いかにも・・・な選挙戦の結果、志半ばで惜敗されたのである。
080524ma3_2 一つのデータがある、
日経の行政改革ランキングによると、就任前に全国350位だったのが、
わずか6年余で全国10位に躍進したのだ。
この改革のスピードについていけない、いや、ついていきたくない勢力が、やがてそのマチを食いつぶしてしまうのは自明の理なのに・・・
ともあれ、木下氏の行財政改革についてのレクチャーを少し紹介しておく、
080524ma5_2 そもそも「行政改革とは何か?」
地域によって内容は大きく異なるが、長期的な目標を達成するために、行政と住民が一体となって必死の努力とチャレンジが不可欠なのは言うまでもない。
もちろん、守旧派も同じような美辞麗句を並べるのは常道だが、その目標の立て方で、守旧派と改革派で一番違う認識が「人口」である。
080524ma6_4非常によくわかる一つの実例、
旧計画はあくまで「これからも人口は増える」という前提、
市(木下市長)提案は、「減少傾向」が前提、
そしてせめぎあいの影響が残る最終案・・・
事業費と年間維持管理費がほぼ提案通りに納まっているのが涙ぐましい。
080524ma7_2 木下氏の正直な自己分析、
080524ma8_2官僚出身だけに、ずばりと
『国は地方を助けようなんて思ってませんよ』
とおっしゃった言葉には鬼気迫るものがあった。


080524ma9_2 一つの結論、

痛感したのは、自治体の規模こそ違うが、
問題点は我がマチと全く同じ、という事だ。

ただし、私たちは'05年2月13日、「合併しない」という選択をした。
守旧派の不平不満はくすぶり続けているが、改革の効果もあきらかである。
これからどうなっていくのか、住民の一人としてできるだけの事をしていきたいと思う。

以上、遅くまでおつきあいいただいた木下氏に心より感謝を、
ただし、佐賀市について、その詳細を知らないので、木下氏シンパみたいな発言はこれ以上しない。
同じ地方のマチに住む者として、エールを送りたい。

2008年5月23日 (金)

『結論から言いますと』

080523gin4

銀は車のドアを開けると、
喜び勇んで乗り込み、ちゃんとお座りする(^-^)
お出かけは楽しいもの。
そう思うよう工夫してきた成果である(^-^)v

080523gin1

てなことで、出先でひたすら、
楽しく走り回る銀(^-^)


 
080523gin2ただ、こちらとしては、走ってるのを見ると、つい、CHD(股関節形成不全)の症状の一つである、後ろ足がウサギ跳びみたいに揃ってしまう状態になりはしないかと、はらはらしてしまうのだが(^^;)
ごくごく自然に、トロット、キャンター、ギャロップと、軽やかに走り回っている。

で、少し走らせたのにはわけがあり、これから2歳検診に行くので、運動させた後の開脚具合を診てもらおうと思ったのだ。080523gin3

こちらの心配をよそに、銀は超ご機嫌(笑)

 

080523gin5kinokuni さて、病院にて、
フィラリアの検診シーズンなのと、急患があったりして、けっこう混み合っており、1時間半あまり待つことになったのだが、他の患畜を連れた方々に口々に誉めてもらったくらいの行儀の良さを発揮(^-^)

扉のガラスに映るキリッとした姿勢を見てやってほしい
(飼い主馬鹿(笑))
で、なぜガラスに映った画像かというと、誰かがそばにいないとこのポーズができないからなのだが・・・(^^;)

080523gin6

上から見るとこんな感じ、
普段この角度からしげしげと見ることがない(というか普段はじっとしていないから見られない(^^;))ので、今日はじっくりと観察してみたのだが、マズルの白い模様、けっこうズレてるもんなんやなぁと妙に感心(笑)

そして検診の結果、先生曰く
『結論から言いますと・・・ 
 笑っちゃうほど健康ですよ~』だそうだ\(^o^)/
080523gintest前後肢とも開脚度合いは申し分無し、
無理は禁物だが、CHDのグレードは進んではいないとの事(^-^)

血液検査の結果も、各数値毎に丁寧に解説いただき、健康そのものだという診断で、「平均赤血球ヘモグロビン濃度」 のみ基準数値を超えているものの『全然気にしなくていい』との事。

良かったぁ~\(^o^)/

080523gin7

てなことで、得意そうな銀?(笑)

『お父さんは大丈夫なん?』

 ゚д゚|||)ギクぅっ!
ちゃんちゃん

2008年5月22日 (木)

ちょっとだけ不動坂

080522xg6

本日も仕事で清めの不動院さんへ、
打ち合わせ終了後、
ちょっとだけ不動院坂をば散策(^^;)

080522xg1 まずは極楽橋まで下ってみた。
橋の向こうは南海高野山の極楽橋駅、

この橋をこちら側から見るのは何年ぶりだろう?(^^;)
かつてはこの橋が現世と高野山という密厳浄土の架け橋だったわけで、そういう意味では、今、彼岸から此岸を眺めているとも言える(^^;)

080522xg3 極楽橋から少し登るとケーブルカーのビューポイントがある。
タイミング良くケーブルカーが登場してくれたので一枚(^-^)


また少し登ると、路傍に石碑が、
080522xg4おそらく昭和初期に建てられたものらしく、
画像では見えにくいが、
高野山まで「2000メートル」と書いてある。  

080522xg5 極楽橋から1.5kmほど登ってきた所、
ここまでは数年前に住民も参加して施行された、
木質系チップ舗装となっている。


で、ここから200mほど進むと、
清めの不動さんがある。
極楽橋からは約1.7kmという行程。

080522xg7清めの不動さんを過ぎ数百m行くと、
「花折坂」に着く、
ここで花を折り、
お大師さんに手向けたというのが由来らしい。 

080522xg8

高野山の住人には懐かしい?
例の○○○○○へも寄ってみた。
約20年の時の流れで斜面は緑に覆われ、
さわやかな風が吹いている(^^;)
ただ、あちこちに埋まっているブルーシートの切れ端が見えたり、さわやかな風に混じってどこからともなく甘酸っぱいような匂いが漂い、往事を偲ばせる(^^;)
まぁ・・・これも高野山の歴史の一つだろう。

080429nyo2 そして女人堂着、
ここまで清めの不動さんから約1km、
極楽橋からだと約2.7km、
歩くと・・・健脚の人で約30分、ゆっくりペースで約45分くらいか?
って、ホンマは歩かなあかんよねぇ・・・(^^;)

2008年5月21日 (水)

歴史的和解!

080521gin3 おお、銀が・・・
おだやかに握手している・・・

なんてすばらしい歴史的和解!(笑)

080521asa0今朝は初夏の趣さえ漂う快晴(^-^)
あたたかい、

080521asa1 ヤマフジの季節でもある(^-^)

「銀、気持ちええな~」と、
ご機嫌で歩いていると、
出くわしたのが、件のお相手、
080521gin そう、「銀のせいでは・・・(^^;)」の亭長さんである。
なぜか普段はしないマウンティングを、
この人にだけはしてしまうという、
強烈フェロモン?の持ち主だ。

ところが今朝はむしゃぶりつかず、
握手するではないかw(゜o゜)w

080521gin1 愛想も振りまいている(笑)

『こうしてみると怖くないですね』
と、亭長さん、
ちょっと腰は引けているが(笑)

「そうやで~もともとは怖くないのに、ビビって相手するから、それを敏感に察知して、マウンティングで優位性を示そうとするんやで~」
『今日は何で、しないんでしょう?』
「ひょっとして・・・Gパン洗濯したんちゃうの?」
『あ、洗いました洗いました~』
「それやー!」(笑)

てなことで、年に一度の洗濯で(^^;)強烈フェロモンが洗い流されたのであろう(笑)
やはり銀のせいでも、うちの躾のせいでもなく、ひたすら亭長さんのGパンのせいであることが判明したという次第(笑)

080521asa01 帰り道、
青い空とまぶしい朝日、

ありがたいねぇ~銀、
うれしいねぇ~銀、
また一緒に歩こなぁ~銀、

幸せな朝の銀ぶら、
ちゃんちゃん

2008年5月20日 (火)

雨ニモマケズ

080519s1_2 雨ニモマケズ、
シャクナゲが咲き出した。



080520s1蕾はこんな感じ、
かわゆくて綺麗で・・・
何だか美味しそう?(。。 )\バキッ☆



080520s2五分咲き状態?
下から咲いていくんやね~   

 

080520s3 八分咲き?

花が完全に開いてないので、
色が濃い、


080520s4 そして満開(^-^)
淡紅色というか、
毎年花の色の濃さが違うのだが、
今年は一層淡い感じだ。
で、さっそく仕事人がやって来ている、
彼もまた、
雨ニモマケズ、せっせと蜜を集めている。
080520s5 だいたい一つの花で数秒、
あっちこっち忙しそうに飛び回っている。

がんばるねぇ~(^-^)

080520s6_3 雨ニモマケズ・・・

シャクナゲとマルハナバチに手本を見せてもらった、
私もがんばろぉ~っと(^-^)

2008年5月19日 (月)

清めの不動さん

080519kiyomenohudoいにしえの高野山登山道である、
高野七口の一つ、
不動坂口に建つ「清めの不動」さん、

昭和5年にケーブルカーが開通するまでは、京都・大阪からの一番の近道(それもそのはず、元々は某親王が最も近いルートとして開発した道なのだ(^^;))であり、大正時代にはそれまで四十七曲がりと言われた難所が整備され、最も栄えたルートになったという。
(ということで、現在のルートは親王さんが開発した道とは若干違っていて、清めの不動さんも場所が変わっているらしい)
現在、極楽橋から歩いて女人堂を目指す人達の中間休憩地点となっている。
(極楽橋からここまで約1.5km、ここから女人堂まで約1km)

以下、エピソードは6月にでも・・・(^^;)

2008年5月18日 (日)

午後から降るなんて・・・

朝、快晴~(^-^)

銀ぶらしてからひとっ走りするか~と、
まずは奥の院へ、
080518syobondamaタンポポは 2週間ですっかり綿毛に変わり、
シャボン玉の乱舞のようになっていた。

080518miyamaodamaki

これは・・・何?(^^;)
野草ではなく誰かが栽培してるの?
ってなことで、帰宅して調べたところ、
ミヤマオダマキというのだそうだ。

クダマキ、じゃなくてオダマキ、ね(^^;)

で、植物図鑑(買いましたがな~(笑))をつらつら見てると、おもしろい事に気付いた。
標高800数十mの高野山、桜の開花などは下界より約一月遅れとなるのが常だが、野草に限っては図鑑に記されている開花期より若干早いようなのだ。
このミヤマオダマキにしても、6月~7月の夏の花として紹介されていた。
今年だけの現象なのか、はたまたこれが常なのか、
来年も花を愛でる余裕があれば(^^;)検証してみたいと思う。
その後、コンコンさん(お稲荷さん)へも行ってみた。
080518kuwazuimo ええと・・・
クワズイモ、かな?
銀、これは熱処理せんと、
毒があるんやから、
根元を掘ったらいけませーん!(^^;)

080518tオカタツナミソウ?かな?

今日は青い花がよく目に付く、
青空の下で走りたい気持ちがそうさせるのか?(笑)

で・・・
銀ぶら終わったくらいから・・・

雨・・・orz
ふん!
ええもーん!
今日も血ぃ出るまでカードとコインの練習するもんねぇ~っと(笑)

ちゃんちゃん

2008年5月17日 (土)

'08 高野山学 第二講 

平成20年度 高野山学 第二講である。
080517l11 本日のテーマは、気鋭の社会学者である、
高野山大学準教授の藤吉圭二先生による、

080517l1「高野山古地図をデジタル画像でみる」
てなことで・・・
今日ばかりは後方の席だとローガンズには、わけわから~ん(ToT)と思ったので、
前方の席に陣取らせていただいた(^^;)
ちなみに本日見せていただく古地図は二枚、
一枚は1645年(正保2年)という裏書きがある「高野惣山之図」、
080517daitoもう一枚は大塔と金堂の屋根が檜皮ではなく瓦屋根になっている事や、他に描かれた建築様式や寺院名等から18世紀前半のものと推定されるもの。
これをデジタルの高精細画像にすることで、○現物史料に負担をかけず○複数での閲覧や教室での投影が可能になり○大量のデータ処理もでき○ウェブ等への研究発表が容易になり、○研究に取り組む学生達のモチベーション喚起も期待できる。うむ、なるほど~
そして、さらに○拡大縮小が自由自在になる、という大きなメリットが得られる。
というのも、たとえばこの「高野山惣山之図」、
061202kansi3高野山まちづくり研究会」の壁にも、
藤吉先生ご提供の複写版を貼っていただいているのだが、
何しろ高さ1.5mで幅は3.5mという巨大な地図に、
びっしりと細かい字で当時の寺院名等が書き込まれていて、
肉眼だと非常に閲覧しにくいものなのだ(>_<)
('06年12月2日撮影)
080517l22_2 たとえば、←図中、黄色い□で囲んだ部分は、
明治2年の神仏分離令を受けて統合されるまで、
青厳寺と興山寺という二つの寺だった現在の金剛峯寺なのだが、
実物は一文字が数㎜程度しかないのでよくわからない。

080517l2 それがデジタル画像なら部分的に拡大でき、はっきりと確認できる上に、黄楕円部分に示すような○注釈を付ける事も可能
非常にわかりやすい。
それにしてもこの画像、和歌山県の補助を得て、岡山のコンテンツ(株)さんが撮影製作したとの事だが、拡大縮小も非常に早く、「古地図」と聞くだけで、字が見えにくいし、わけがわから~んorzが、
なるほどふむふむ・・・と興味をそそられる点、すばらしいと思う。

論より証拠、帰宅してからデジタルアーカイブ本館にあるこの地図2枚を見比べていたら、自分的新発見があったのである。
というのも、以前から気になっていた「高野山に東照宮が二つあった」件について、二つの古地図を見比べる事で、17世紀半ばと18世紀の前半では、建物の呼び方が変わっている事に気付いたのだ。
東照宮が二つ(祀り方から言うと三つ)あったのは、これまた神仏分離令前までは、高野山の僧が学侶(がくりょ)、行人(ぎょうにん)、聖(ひじり)という三つの流派に分かれており、それぞれが別々に「東照大権現」という「神になった徳川家康」を祀った事によるものなのだが、
080517to1645_2 ←1645年の古地図に描かれた、
現在も同じ場所にあり、重要文化財に指定されている、聖方の東照宮は「御玉屋」とのみ表記され、行人方の東照宮だけが「東照権現」とされている。
当時は、学侶方も聖方も東照宮の建築を幕府に願い出ては、あの天海和尚によって拒否され続けていたらしいので、建物は落慶していたにせよ「御玉(霊)屋」としか呼べなかったのではないだろうか?(←恵峯妄想(^^;))

ところが、18世紀前半の古地図では、080517to2 聖方の宮も堂々と「東照宮」と表記され、「台徳院殿」と二台将軍秀忠の戒名も記されている。
これは、もともと徳川家と壇縁があった聖方が、
(聖方の東照宮を管理する大徳院はもともと蓮華院という名称だったのを、弘法大師を「大」徳川家を「徳」として改名したもので、後世、二派の反発により再び蓮華院に改称)
東照宮だけではなく、徳川家全体の菩提を弔う、というはっきりした意図を表現したものであり、この頃から江戸時代を通して、聖方の勢力が強くなっていった事とも符号するのだ。
つまり、ヒエラルキーでは学侶、行人、聖、だったものが、浄土教が盛んになるにつれ、聖方が時宗化していき、('09年9月28日、→に訂正m(_ _)m)もともとは時宗(浄土教)だったのが、慶長11年(1606年)に幕府の命令により真言宗に改宗させられた聖方が、高野山内で勢力を拡大していく様子が、二枚の古地図を見比べる事で理解できるのである(←あくまで恵峯妄想(^^;))

てなことで二枚の古地図は誰がどのような意図で描かせたものかが判明していないので、私の考えは妄想の域を出ない。
ただ、税の徴収に使われていたのではという解釈からすると、徳川幕府が閲覧したのは間違いなく、徳川幕府に対する高野山側の意図は十分くみ取れるのではないかとも思う。

そしてデジタル画像の圧巻は、神仏分離前の丹生都比売神社の3DCGによる仮想再建動画

これも↓ウェブ用にかなり画質が落とされているが、一般公開されているバージョンがある。
http://www.niutsuhime.or.jp/cg/niutsu.wmv
(高画質バージョンについては後述)

天野大社について勉強した内容が、まさにリアルな動画で表現されていて、神と仏を別々に祀りつつ神官と僧侶が一体となって祈る、つまり本地垂迹説が流布される前の神仏習合の形態と、ここでも学侶派と行人派の堂宇が別々に建立されているのがよくわかり興味深かった。
そして、また自分的新発見(^^;)が、
というのも・・・
080517niutsuhimejnja楼門の左右に前殿があり、大祭時には、左前殿には神官と巫女が、右前殿には僧侶が列座したそうなのだが、楼門と言えば鳥居の内側、つまり、すでに神域に入っているはずで、その場合は神様の社側から見ての左右で呼称が決まると思っていたのだが、社に向かう形で左右の名称が付けられていたようだ。
つまり、お雛様の飾り方のように、たとえば左大臣であるとか、左近の桜などは、見る側からは左右が逆になるように(向かって右に)並んでいるが、この場合は、あくまで神様に相対する形で左右を決めているという事になる。
ということは、楼門を入ってからが神域であり、その前にある鳥居は神仏を分ける?結界?というような意味合いなのかもしれない。
また、「左」前殿に配された神官や巫女の方が僧侶より上位、という事にもなる。
てなことで、自分的新発見と言っても非常にあやふやなままなのだが(^^;)、9月20日(土)には高野山学第6講として丹生宮司さんの講義があるので、ご解説いただけるのではないかと楽しみにしているのだ。
080517l3avi ←これもデジタルアーカイブで公開されている、
航空写真と古地図との比較、
どのようにして描いたのか知れないが、
地形がほぼ正確に表現されているのは驚きだ。
(ただし、領地等の面積はちょっと「?」が多く、小さめに描かれているので、「税逃れ」の目的があったのではないかと私は邪推している(^^;))
080517l41 講義終了後、藤吉先生から、『さきほどの3DCG、1.5GBありますが、希望者にはデータをさし上げます』とのありがたいお申し出があったm(_ _)m
てなことでさっそく・・・(^^;)
080517l43いつかは必ず役に立つはず、と、
日頃から携帯にぶら下げてたUSBが活躍(^-^)v

 
てなことで、↑のウェブ公開用ではなく、1.5GBバージョンを見たいという方は、2GB以上のメモリを私とこへ送って下されば、コピーして送り返させていただきます。
住所等については
メールにて連絡下さい。
申込が殺到・・・する事はたぶん無いと思いますが(^^;)なにぶん手作業なので、少々お待ちいただく事も考えられますので、その点についてはご寛容下さいm(_ _)m


以上、高野山学 第2講のレポート終了。
藤吉先生、ありがとうございましたm(_ _)m

2008年5月16日 (金)

ありがとう

今日は私の誕生日であり、るんたの三回忌でもある。
五月になってから、今日という日が近づくにつれ、昨年書いた「るんたの思い出」を見ては・・・
ボロボロと泣いていたのである(^^;)
だって泣けるんやもんしゃぁないやん。
でもね、以前のような寂しい涙じゃなくて、ホントになつかしくてあたたかい涙になってきたのも事実。
みんなのおかげであるm(_ _)m
ありがと~
と、カミさんから珍しくメールではなく電話が、
『今日、6時過ぎには出られる?』
「行けるけど、どこへ?」
『みんなで美味しいもの食べに行けへん?』
「おぉ~」\(^o^)/
てなことで、久しぶりに一家4人で食事に行く事になった。
お誕生祝いをしてくれるのだそうだ(^-^)
ありがとう~
佑真も塾を早く切り上げて参加してくれるそうな、
ありがとう~
『今日はお父さんの好きなとこで好きなだけ飲んで好きなだけタバコ吸うてもええよ』
あ、ありがと~m(_ _)m
てなことで・・・
橋本の塾へ佑真を迎えに行く間、車中にて「本日のお店選定会議」をば(笑)
娘は魚系がいいというが、佑真はどちらかというと肉派だ、
『そやからぁ、今日はお父さんの好きなとこでええのよ~』と言われても、こちらとしたら、「好きなだけ飲めてタバコ吸えるのならもうどこでも・・・」(。。 )\バキッ☆
そして、カミさんと私、どちらからともなく、「あそこなら魚も肉も美味しいよね~」ということで、ほぼ20年ぶりに「寛八」さんにお邪魔する事にした。
学生時代から結婚して子供が出来るまで、飲み食いはほぼここだった。
いろいろな、本当にいろいろな思い出が詰まった店だ。
しかし子供が生まれてからは、カミさんは子育て、私はJC・・・(。。 )\バキッ☆に忙しく、二人で飲みに行くなどという習慣がなくなり、一人で行くのもなんだかなぁ・・・とすっかり足が遠のいていたのだった。
すごく大事に思うからこそ、行くのなら二人で、そんな気持ちがあったのかもしれない。
そこへ、今日はすっかり大きくなった子供達と一緒に行ける。これは非常に嬉しい誕生日プレゼントだ。
ありがとう~(^-^)
しかし時間はすでに午後7時過ぎ、混み合ってるかもしれないので電話をかけてみたら、懐かしい大将の「寛ちゃん」の声が昔と同じように、『席、とっとくで~』との事\(^o^)/
行ってみると、席はほぼ満員、相変わらず流行っているようで何より。
お店は20年のご無沙汰の間にすっかり改装され、明るく綺麗になっていた。
(昔が汚かったという意味ではない(^^;))
一緒に仕事していると聞いていた息子さんもすでに独立し、隣の棟でうどん屋さんを開店されてると聞き、時の流れを感じる。
酔って友人と激論の果てに店の外でつかみあいになり、はまって泥だらけになった事がある田んぼも休耕田になっててちょっと寂しかった(^^;)
「きょ、今日は落ちても汚れれへんねぇ・・・」(。。 )\バキッ☆
しかし、貫ちゃんご本人は全然まったく不思議なくらい昔のままだったw(゜o゜)w
無沙汰を詫びつつも、まるでタイプスリップしたような気分で、約二時間、楽しく過ごさせていただいた。貫ちゃん、ありがと~m(_ _)m
080516k1てなことで、まずは刺身の盛り合わせ~
ここで、娘と息子に注意、
「ええか、何を頼んでもええけど、『美味しいものちょうだい』だけは言うなよ、ああ見えて、めっちゃ頑固モンやから、昔、『適当になんぞ旨いもんみつくろってくれ』って言うた客を『うちにあるもんは何でもうまいんじゃー!』って追い返した事があるくらいやからな」(^^;)
てなことで、二人とも若干緊張しつつ、刺身を口へ・・・
と、娘が『へぇ~』と一声をあげ、『マンガとかに舌でとろけるって表現がよく出てくるけど、私今初めて実感したわ~』
「そやろ~寛ちゃん昔以上に気合い入っとるで、なぁお母さん」
『う~ん、前も美味しかったけど、すごいね~どこから仕入れてるんやろ』

てなことで・・・
080516k2 黒毛和牛のユッケ~
甘い旨いホンマとろけるぅ~

080516k3

カミさんが頼んだカニミソぉ~
うちの一家で酒を飲むのは私だけだが、
全員、酒の肴みたいな料理が大好きなのだ(笑)

080516k4

地鶏のピリ辛~
抜群~!
この時点で、生中三杯目~(^^;)

080516k5

同じく地鶏の塩焼き~
車中で『焼き鳥もいいかも?』と言っていた娘、
『次元が違う、焼き鳥の概念が変わる~』

080516k6

茶そば~
「そばオンチ」の私でもわかる美味しさ!

080516k8_3

なすびのピリ辛~
ビールが進むぅ~(。。 )\バキッ☆

080516k7_2

これも絶品、
ミノの唐揚げ~
シアワセ~\(^o^)/
その他、鯨の竜田揚とか、娘の頼んだとろける親子丼とかの料理は画像に撮る前に腹の中へ(笑)
080516k9仕上げはやっぱり、雑炊さん~(^-^)

ひゃぁ~家族全員、満足まんぞ~\(^o^)/

ありがと~m(_ _)m
最後にカミさんが大発見、
『このテーブル、ひょっとして昔のままと違う?』
寛ちゃんに聞いてみた。
「そうやねん~よぉ覚えててくれたなぁ、店改装した時になんぞ残そ言う事になってな、このテーブルだけ昔のまんまやねん」

時間は・・・
誰にも平等に流れていくけれど、
人の心の中の時だけは、
あっと言う間だったり、ゆっくりだったり、
そして・・・
元へ戻れたり、何度も体験できたり、自由自在なんやなぁ・・・
生中、五杯の後、熱燗を味わいつつそう思った。
今日は、がぶ飲みせんでも酔えるわ・・・
080516lun

るんたもね、
手紙まで添えて一緒におってくれるんよな、
ありがとう、ありがとう、ありがとう、

幸せな一日、
本当にありがたい一日、
貫ちゃん、また来ますぅ~
(って、これで一人4000円しないっちゅーのは、ナンボ何でもサービスしてくれすぎm(_ _)m
お礼を兼ねてまた近いうちに絶対来ます~m(_ _)m)

さて、銀が待つわが家に帰ろう。
みんな一緒に、

ありがとう

2008年5月15日 (木)

銀 二歳 \(^o^)/

080515gin0銀の体内時計はどうなっているのだろう?
毎朝、午前6時きっかりに起こしに来る。
特に最近は恐ろしいほど正確だ。
これだけは全く飼い主一家全員!に似ていない(笑)
そしてその体内時計が17544時間の時を刻み続け、
本日めでたく2歳の誕生日を迎える事ができた。\(^o^)/
誠にありがたい事であり、いろいろとご心配いただいたみなさんにこの場を借りて感謝申し上げる次第であるm(_ _)m

ボーダーコリーには「2歳の壁」があると言われる。
この期間に遺伝的疾患が出やすく、発症したら延命も出来ない症状もある。
銀と暮らしはじめた時、るんたを喪ったトラウマから、半ば、こいつは2歳までに死ぬ、というような強迫観念さえあった。
幸い、ゆえさんにいただいた情報により、最も恐ろしいCL(セロイドリポフスチン)症のDNAテストを受けた結果はクリアであり、一安心したのが昨年の夏だった。
それでも、ほぼ季節の変わり目にはかならずゲリピーするヤツであり(^^;)コリーアイなんかも心配だし、とにもかくにも、とりあえず2歳を迎えてくれぇ~ってな気持ちだったのである。
そして今日、いつもと同じ時間に同じように顔中をペロペロなめ回しにくる銀(笑)
良かったなぁ銀、良かったなぁ俺、良かったなぁ家族一同、良かったなぁみんな~と、
嬉しさとともに改めて感謝申し上げたいm(_ _)m

ありがと~!\(^o^)/

これから先、どんな運命が待ち受けているのか知らないが、とりあえず今日は祝杯だ~!(。。 )\バキッ☆

おっとその前に、とりあえずは、いつもの銀ぶら(^-^)
080515gin1 偉大なる平凡な日々よ、
もう一度ありがとう、

080515gin2 2歳の銀、立耳バージョン、

        
 

080515gin22 何やら期待バージョン(笑)

 

 

プレゼントは・・・
080515gin3 もちろん鮭トバだ~(笑)
って、昨日と一緒やけど(^^;)

 

  

2歳の記念に、なぜかApeのエンジン音にだけ強烈に反応する様子も載せておこう(笑)音がちゃんと拾えてないが、尻尾をフリフリしながらうなり続けるのである(笑)

080515gin で、夕刻、2歳の自覚からか、
囓ったガリレオボーンを食器に戻すという、
ちょっとびっくりお前天才?的偶然(笑)を見せたあと、
夕方の銀ぶらを期待して尻尾をフリフリするので、
フラッシュにしてみた。
銀、これからもよろしくね~(^-^)

2008年5月14日 (水)

観察日記

さて、何でしょう?080428ku1
平成20年4月28日現在の様子、
って・・・
けっこうマメに観察してたんですがな~(^^;)
昨年は咲いたところしか見られなかったので、
今年は注意していたのである(^-^)v
080428ku2 同日、接写したもの、
この葉っぱの中にはすでに・・・(^-^)

080501ku3 5月1日、葉っぱが開きだしていた。 

       

080501ku4

5月2日、さらに開く、

何せ「絶滅危惧II類(絶滅の危険が増大している種)ゆえ、観察にも細心の注意で臨む。

080509ku5 5月9日、
てなこといいつつ、GWに突入、
1週間空いてしまった(。。 )\バキッ☆
すでに蕾が・・・

080509ku6 同日、蕾接写、
すでに独特の文様もかいま見える。



080514ku7 そして本日、
咲いてる~(^-^)

てなことで、
クマガイソウである。
080514ku8

これについてのウンチ君は、
昨年の日記↑をご参照願いたい。

080514ku8side 横から、




080514kub 斜め後ろから、 
      
     

080514ku8up もう一枚、おまけ、

昨年よりも花が増えたようで何より(^-^)
どうかいつまでも高野山の初夏を飾る風物詩でいてくれますように。

2008年5月13日 (火)

義援金

ミャンマーのサイクロンに続くように、今度は中国で大地震が・・・
国の体制がどうであろうと、
いつの世も犠牲になるのは名も無き庶民達・・・
どうか一人でも多くの人が助かりますように、

セーブ・ザ・チルドレン
ミャンマー・サイクロンの義援金送金先
(5月13日から「ゆうちょ銀行」からの振込手数料無料)
080513sc_3

日本赤十字社

(いずれも期間中は「ゆうちょ銀行」からの振込手数料無料)
ミャンマーサイクロン災害救援金
平成20年5月9日(金)から
平成20年6月10日(火)までの約1カ 月間
080513m

            

        

      

中国大地震救援金
平成20年5月14日(水)から
平成20年6月10日(火)までの約1カ月間
080513c

2008年5月12日 (月)

ボスは誰?

080512temp立夏のさなかというのに、
最低気温は5℃を切っている{{{{(+_+)}}}}
てなことで、ストーブとホットカーペットは、
いまだに活躍中(^^;)

080512g1銀はこれから起こるイベントに備え、
ケージの中でおとなしく待機(^-^)

まずは・・・

080512g2 『トト姐さん、こんばんは~』

『あら銀ちゃん、ちゃんと挨拶できるようになったんやね~』

080512g3t『でもね、あんた最近ちょっと態度がデカいんちゃう?』
『私が○ゲたと思ってナメてんの?』

『そ、そんな事ないですぅ~』

080512g3h1『そうじゃそうじゃ~お前最近調子こいてんのとちゃうかぁ?』

『そ、そんなぁ~ハク兄ちゃんまでぇ~』

080512g4ht『誰がボスか決めよやないかぁ~!』

『やぁめぇてぇ~』{{{{(+_+)}}}}

おぉお~美味しい場面が一杯や~(。。 )\バキッ☆

そこへ天の声・・・
『みんな仲良く遊びなさい~っ!』
『お父さんも写真ばっかり撮ってないで止めて~!』080512g5

ひそひそ・・・
『な、仲良くしましょぉ~』
「な、仲良くしてくれぇ~」(^^;)

てなことで、やっぱりボスは・・・というお話。

ちゃんちゃん

2008年5月11日 (日)

地区協議会

080511rc 本日は毎年恒例の某クラブの地区協議会へ参加。

昨年は幹事職を拝命していたので緊張しまくりだったはずなのだが、日記を見るとどうもそうでもなかったようだ・・・(。。 )\バキッ☆
で、今年は職業奉仕委員長を拝命した。
役職名だけはご大層だがその実態はと言えば、力不足も甚だしい・・・orz
てなことで、今年も、いや、今年こそは(^^;)真剣に部門別会議に参加した。
結果・・・
「職業奉仕」とは、単に自己の職業活動に打ち込むことでも、利益を無視してサービスすることでもなく、Serviceの心と実践があるからこそ、事業の安定と発展があり、適正な利潤が得られるからこそ、Serviceができるという前提に立って、自分の職業活動に関連する全ての人々と、利益を分かち合いながら事業を営めば、精神的にも物質的にも最高のprofitsが得られることを、自分の職場を実例として証明することによって、業界全体にServiceの必要性を実証すること。なのだそうである。
そして、そのために日々、普遍的におこなう職業生活そのものを職業奉仕と呼ぶ。らしい。

非常に明確な言葉で語られたテツガクだと思う。
てなことで・・・

とにもかくにも「4つのテスト」だぁ~っ
実践あるのみぃ~っ!
倫理と自覚の確立じゃぁ~っ!

・・・って、やっぱりちゃんとわかってない・・・

ただ、講評で次年度のガバナー補佐がおっしゃった言葉は心に染みた。
『人は苦しければ苦しいほど、目先の事に囚われてしまう、そんな時、自分の職業を通して社会に奉仕しているのだという自覚を持って自らを戒めるのが大事』

勉強しますm(_ _)m
学ぶ事もまた、職業奉仕なのだから、ね

2008年5月10日 (土)

銀のせいでは・・・(^^;)

080510ginマウンティングは銀にとって二重の意味で御法度なのである。
そもそもそれが性的に誘発されたものであれ優位性を示そうとしているのであれ、人間に対しこのような行為をさせてはいけない。
また、CHDのグレードⅠと診断されている銀にとって、後肢に負担のかかる運動?は避けなければいけない。

てなことで、この点についてはかなり厳しく躾けてきたのである。
1歳頃までは、こちらが寝ころんでいたりして銀より頭の位置が低くなると、腕にしがみついてマウンティングをしにくる事があり、躾の常道である「無言で毅然と立ち上がり、その後完全無視」で対処してきた。
その結果、今ではまずこちらがどんな体勢でもしかけてくる事は無くなったのだが・・・

どうにもこうにも、このヒトにだけは挨拶代わりにマウンティングしてしまうのであるorz
通常、マウンティングする際には振らない尻尾を、さも嬉しそうにびゅんびゅん回しながら・・・(^^;)

誠に申し訳ない・・・m(_ _)m
が、しかし・・・
実は、るんたもこのヒトには必ずマウンティングを敢行していたのだ・・・

これはつまり・・・
るんたや銀、そして我が家の躾を超えた、超強力なフェロモンがこのヒトから出ているのではないだろうか?(^^;)

と、以前にもこんな事を書いたようなと思い、検索してみたら、
ご本人が『動物のみなさんスリスリ来るんです』とコメントを残された記事があった(笑)

てなことで、これは銀のせいでは・・・無い!と責任転嫁しておこう(。。 )\バキッ☆

ただ・・・るんたも銀も私が「このヒトにならやってもええよ~」と思ってるのを敏感に察知した結果かもしれず、その点は私が性根を改める必要が・・・(。。 )\バキッ☆

まぁしかし、恐るべきは亭長さんのフェロモン、であろう、
ちゃんちゃん

2008年5月 9日 (金)

ミャンマー・サイクロン

080509sc1_4

もう一度行ってみたい国、そう思っていたミャンマーが大変な事に、
軍事政権下で救援物資が差し押さえられたりして、ちゃんと届かない恐れもある・・・
昔のバングラデシュなどがそうだった、
この「セーブ・ザ・チルドレン」なら、何とか届けてくれるのではないかと思う。

どうか、お釈迦さんへの信仰だけで成り立っているような、人情の厚い人々が住む国へ、世界中の善意がちゃんと届きますように。

チャイティーヨパゴタでの360°見渡す限りの奇跡の夕焼け、
澄んだ空気ゆえ、星座が見分けられないほどの星が全天に煌めく国、
そこで会った裸足の少年、
身なりは貧しくボロボロで、それでもアイスクリームをくわえているのが不思議で、思わずじっと見つめていた私に、突然、
本当に突然、ニコっと笑って、アイスクリームを私に差し出してくれたあの少年、
自分一人で食べたいだろうに、外人のおっさんが欲しそうに見ていると思ったのか、笑顔で施そうとしてくれたのだ。
慌てて、顔の前で手を横に振りながら、真っ赤になった私。
もう十年以上前の出来事だが、あの笑顔は仏様の笑顔として今でもはっきり思い出せる。
あの少年、今は青年に成長してくれていると思うのだが、大丈夫だろうか・・・
ひたすら無事を祈る。

被災した人々、軍政に虐げられた人々が、安心して暮らせる日々を取り戻せますように・・・

2008年5月 8日 (木)

鮭トバ

080508toba1 怖ぁ~{{{{(+_+)}}}}
何これぇ~???

 

080508toba2てなことで、正解は・・・
鮭トバ(鮭の寒干し)
完全にミイラ化はしておらず、もっちりした感じで旨そう~
ただしこれ、塩分抜き、つまり犬用なのである。
BCRNにて期間限定で販売されているもので、原価等の経費以外は支援金になるという品。
今季の販売シーズンがぼちぼち終了との事で、購入させていただいた。
野菜が好き、魚はもっと好き(笑)な銀だから、きっと気に入るはず?
てなことで・・・見せてみた。
080508g1 おお~
予想通りの反応~(笑)
普段ならおやつを見るとちゃんとお座りするのだが、好物系だと思わず立ち上がってしまうのである(^^;)
しかし、はしゃいで後足に負担がかかってはいけないので、すぐに座らせる、
と・・・
080508g2 おお~!
これは珍しい、銀の舌なめずりw(゜o゜)w
そうかそうか、そんなに興味津々なのか~(笑)
で、さっきまで死守していたはずのガリレオボーンは置き去り(笑)

あんまり待たせのもかわいそうなので、「よしっ」と一声かけたとたん・・・
080508g3ケ、ケダモノぉ~!
いつものお行儀はどこ行ったぁ~!(^^;)



080508g4その後、すっかり野生化?
目がちょっと怖い・・・(^^;)
丸呑みせず、噛みちぎる快感も味わっている。

てなことで、めっちゃ気に入ったみたいで良かった(^-^)
これでカミさんに『まぁた相談もしないで勝手に買い物して』って叱られずに済む(^^;)

めでたしめでたし

2008年5月 7日 (水)

いまだに実用車(^-^)

080507tlm1 TLMで林道ツー・・・ではない、
現場へ向かう道、なのである(^^;)
高野山でも珍しくなったオール地道が約3kmほど続く、
Apeで行くとパンクする可能性大(>_<)
トリッカーは・・・
080507xg1 まだ、スタッドレスを履いてたりして・・・(。。 )\バキッ☆
CRMは・・・現場に行くのにはちょっと大げさ?(^^;)

てなことで、TLMでGO~!なのだ。

080507tlm2それにしてもいい天気だ(^-^)
仕事をつい忘れそうになる(^^;)







080507tlm3

で・・・ガレージ西で一服してると・・・
『こんなもんがありますよ~』とまんさく社長、
さて何でしょう?
答の前に・・・
08050tlmseat 私のTLMには特製座布団シートが装着されている。
(ま、装着といっても、ガムテープで貼り付けてあるだけ(^^;)でも、これにはちゃんと意味があるのだ←後述)
というのも、TLMは元々、公道も走れる競技用というコンセプトで作られた単車であり、基本は立ち乗り。シートは車検に通るためだけに作られたごく薄いもので座る事に対してはほとんど考慮されていない・・・というより、どかっと座ってしまうと膝の曲がりがきつすぎてチェンジを替えるのにも一苦労という具合(笑)
で、数年前、GSのシートを野口装美さんで、あんこ増し+張替えしてもらった時に余ったGSのシート表皮を使い、シートJOYから取り寄せたスーパーウレタンを成形し、↑みたいな座布団シートをこしらえてガムテープで貼り付けていたのである。
なぜガムテープかというと、ガレ場などへ行く時には座布団付で行き、現場ではそれを外して遊ぶという非常に合理的かつ手軽なアイテム?だったわけ(笑)
ところが、やはりガムテープ、経年劣化してぐらぐらになり、その上からまたガムテープを貼るものだから、何や和気和歌欄状態に・・・(^^;)
で、表面もかなり劣化していたのを見て、まんさく社長が↑のシート表皮を出してきてくれたのである\(^o^)/
このシート表皮、K議長のマジェスティちゃんが、猫の攻撃であちこち破られて交換した残りもの(^^;)
「かめへんのぉ?」
『取っといても他に使い途がなさそうですし・・・』
てなことで、K議長、事後承諾ですが(^^;)おおきに!です~
今度何かお礼します~m(_ _)m080507tlm4
ではさっそく・・・
だいたいの形を整え、おもむろにハサミでじょきじょき~
ただし、まんさく社長のゴッドハンドでやってもらうと、綺麗に仕上がりすぎるので(笑)マイゴッドハンドで(笑)
「こんなもんはチープに仕上げんとあかんのよ~」(笑)080507tlm5
てなことで、内側はテキトーにタッカーと両面テープと・・・やっぱりガムテープで仕上げ~(笑)

そして装着・・・

080507tlm6

おお~!w(゜o゜)w
なんてお見事ぉ~(笑)
しかもシートに成形されていたくぼみが妙にジャストフィット?(笑)

080507tlm7

ついでにこれまた経年変化で剥がれていたエンジンの塗装も、 耐熱缶スプレーでしゅっしゅ~
マスキングはしたの?って?
それ何の事ぉ~(笑)(。。 )\バキッ☆
080507tlm8
てなことで、TLMの化粧直し、30分で完了~\(^o^)/

めでたしめでたし
まんさく社長、いつもありがと~m(_ _)m
080507xg2 ちなみに夕方、ノーマルタイヤに履き替えてもらったトリッカーで同じ現場へ再度行ってみたのだが、(決して遊びでではない、仕事なのぉ~って信じてぇ~(^^;))
どちらかと言えばマチ乗り用のタイヤを履くトリッカーでは、この道だと少々心もとなく(TLMのタイヤはトライアル用のキャラメルパターン)あらためてTLMの実力を知る事となった。
18年目にしていまだ実用!
TLMを世に送り出してくれたホンダに拍手~!(^-^)

2008年5月 6日 (火)

立夏の橋本

朝、模試を受けるためJOGで出た佑真がすぐ戻ってきた。
『日祝ダイヤで普段より6分早いんやった、間に合わないから神谷まで送って・・・』
ほいほい~っと時計を見ると、う~む、紀伊神谷駅まで行っても間に合うかどうかという時刻・・・
「しゃぁない、学校まで送ったるわ」と、ちょうど買い物をしたいというカミさんも一緒に3人で橋本へ、
佑真の高校はカミさんと私の母校でもあり、すぐそばに公園がある。
庚申さん、とも呼ばれるここ丸山公園は桜の名所でも知られているのだが、木々はすでに濃い緑の葉に覆われ、午前8時過ぎというのに、暦通り立夏のまぶしい日差しが降り注いでいた。
080506h6 さわやかの一言につきる雰囲気に思わず、
「久しぶりに寄ってみる?」
てなことで、約30年ぶり(^^;)に丸山公園を歩いてみた。


080506h7

嬉しい事にセイヨウタンポポに押され、高野山でも滅多に見られなくなったカンサイタンポポがたくさん生き残っていた。

080506h1

丸山公園の由来は、この陵山古墳からきている。
全直径は70mにもおよぶという紀ノ川中流域では最大規模の横穴式古墳である。
って、今日初めて知った・・・(。。 )\バキッ☆
いやその・・・高校時代は何かうっそうとした雰囲気がちょっと不気味に思えたし・・・やっぱり学校近くの公園よりちょっと離れた杉村公園とかの方がテリトリーとしてはね・・・タバコを吸うにも酒盛りをするにも都合が良かっt・・・(。。 )\バキッ☆
つーか、そもそも私は学生時代は言うに及ばず30代半ばまで、歴史というものに全く興味も関心も無かったのであった(^^;)
「すんでしまった事を今さら蒸し返してドースル?何年に何が起こったなんて年表を見ればわかるやーん」などと嘯いていたのだ・・・
関心が無いといえば、花の名前についても同様で、「図鑑見たらわかるやーん」
そのくせ、年表も見ないし図鑑で調べたりもしなかったのであるが・・・(。。 )\バキッ☆
30代の半ばから、歴史と草花の名前にハゲシク興味が湧くようになったのはその反動だろうか?(笑)
その頃、自分の人生という極めて矮小ながら一つの歴史をふりかえってみたり、子供の名付けをした事で「命名」という一つの祈りを体験したからかもしれない。
080506h2カミさんが、もうちょっと行くとコーラス部の練習をした場所がある、というので歩を進めてみる。
と、護国神社があった。
って、これも恥ずかしながら今日初めてその存在を知ったのであった(。。 )\バキッ☆
080506h21yasiro引き込まれるように社の裏手も散策させてもらった。
極めて優美な流造(ながれづくり)の社が、戦の悲惨さをかえって際だたせているように思う。

080506h3

記念碑もあった、
庶民、というか国民にしてみれば、
まさに「従軍」なのである、
決して「参戦」ではないのだ。

刻まれた言葉を噛みしめ、深く合掌。

080506h4

さらに歩くと、これも初めて目にする地蔵菩薩像があった。
何やら曰く因縁がありそうなので、
近寄って碑文を読もうと思ったのだが・・・
ガードマン、いや、ガードウーマンか?
がっちり護っていて近寄りがたい。

080506h5

で、撮影後拡大して見てみると・・・
昭和13年に列車転覆事故で亡くなられた橋本尋常小学校の先生3名生徒18名の供養塔なのだった。
これも、初耳・・・
帰宅して検索してみたところ、以下のような記事を見つけた。
1938年(昭和13年)6月15日
午前3時56分頃、山陽本線熊山駅~和気駅間を走行していた下関発京都行きの上り110列車(13両編成)が走行中、築堤が崩壊し機関車と前4両が脱線転覆し、その直後に走行してきた京都発宇野行きの下り801列車が下り線を塞いでいた110列車の5両目の側面に激突した。この事故で25名が死亡し108名が負傷した。
110列車の機関車乗務員2名が殉職したほか、機関車の次位に増結されていた木造車両が粉砕し、多くの死傷者が出たが、この増結車両には宮島への修学旅行に行った帰りであった和歌山県橋本高等小学校の生徒一行が乗車しており、多くの生徒が犠牲になった。また引率していた教師3名全員が殉職し、自分の身よりも生徒の安否を尋ねていたという最期が世間の同情を集めたという。
事故原因であるが、急曲線改良工事のために新たに盛土した築堤が、折りしも梅雨による長雨のために伏流水が増大し、C53形蒸気機関車の重量に耐え切れなくなり崩壊したというものであった。そのため設計ミスで水抜きが充分ではなく盛土工事の施工不良が原因とされた。そのため事故原因は天災よりも人為的ミスの割合が高かったとされた。

事故、というものはそれだけで悲惨なものだが、どうやら人災だったようだ・・・
昭和13年といえば、日中戦争が勃発した翌年であり、国家総動員法が公布された年だ、暗雲たれ込める世情の中、おそらくはやっとの思いで修学旅行に行かせただろうに、その子達を亡くした親の嘆きはいかばかりだったろうか・・・
護国神社といい、この供養塔といい、慰霊されているのは国や大きな組織の「犠牲者」なのだ・・・
何も知らず、知ろうとせずにきた自分、忸怩たる思いだが、今日ここにあらためて冥福を祈り、黙祷を捧げた。
そして・・・きっと何かのご縁があるのだろうとも思った。
その後は、今の平和に感謝しつつ、カミさんと買い物。
これはこれで大事な事、なのだ。
一つ一つを丁寧に、大切に行う。
080506h8そして、ちょこっとドライブ、
山中にてこんな池に出会った。
というか、運転してた私がそのままスルーしかけたのだが、
カミさんがめざとく木の上で甲羅干ししていたたくさんの亀を発見、
『見に行こ』と言うので車を駐めて近寄ったら・・・
「あんたらホンマに亀か?」という早さで次々に木からジャンプして水中へw(゜o゜)w
『あんまり人が来ないから人慣れしてないんやろね』
なるほど・・・それはスマン事をしたなぁと恐縮してたら・・・
080506hkame次々と水面に浮かんできてちょっと安心?(^^;)
闖入者は静かに去ったのであった。

080506h9

そして帰路の作水(さみず)スーパー林道でのお楽しみ、
群生するシャガである。
この道も30数年通っているが、シャガに気付いたのはわずか2年前の事(^^;)

080506h91

道の片側に固まっているのは、種ではなく根で増えるからであり、しかも古くから日本にあるものの、もともとは中国原産らしく、この場所に自然発生したわけではなく、誰かが移植したもの、なのだ。つまり、日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持ち、またその分布の広がりは人為的に行われたと考えることができる。らしい。

人を死に至らしめる組織を作ってしまうのも人、そしてそれを鎮魂したり、山中の路傍にこんな可憐な花を植えるのも人・・・
いろいろと考えさせられる橋本行であった。
願わくば、誰がこんな目に遭わせたんじゃーという歴史を作るより、誰がこんな事してくれたんやろ、と思われる歴史の一員になりたいものだ。

2008年5月 5日 (月)

こどもの日 雨

きょうはこどもの日です。
あさから雨でどこへもいけません。
でも、へいきです。
こどもの日ですから、こどもになりきってじぶんのやりたいことをすればいいのだー。

でも、たんしゃ。。。にのるにはちょっと雨がきついなぁ。。。(なみだ)
だから、もう一つのしゅみのでばんです。
それはカード(とらんぷ)やコインやリングのマジックのれんしゅうです。
朝からばん、というか夜中まで、ずぅ~~~っとやりました。
あんまりやりすぎたので、しまいにはゆびから「血」が出てきました(わらい)
でも、まんぞくまんぞぉです。

そのねっしんさをみのまわりのかたづけにもむけてほしい、と、
かぞくじゅうからいわれました。
ぼくはこどもだからそんなのしりませーん (。。 )\バキッ☆

2008年5月 4日 (日)

歩いて止まって

080504gin1 今日もたっぷりと銀ぶら(^-^)

相変わらず・・・
080504gin2 もしゃもしゃ食べている・・・orz

せっかくの野原なので、カミさんと私が30mくらい離れ、名前を呼んで往復させてみる。

080504gin3それだけの事なのだが、とても嬉しそうにはしゃぐ(^-^)
そうなんよね、銀、一緒に居られるってのはそれだけで嬉しいもんなんよね(^-^)

銀も、080504gin4満足まんぞぉ~、らしい(^-^)

さて、ではぼちぼち帰ろうか?

すると銀はまたもしゃもしゃを始める(笑)
まぁ休日やし、もうちょっとゆっくりするのもええかとあたりを見回すと・・・
今まで見過ごしていた小さな草花がどっと目に飛び込んできた。
080504nominohusuma 先日のムラサキサギゴケ(トキワハゼかも?)もそうだったが、なんと可憐でけなげなのだろうか、
しかし・・・何度も来てるはずなのに、この花たちに気付いたのは今日が初めてなのだ。
これもまた「人間の目は・・・」ってやつなのだろう・・・
しかし、今日気付けたってのは楽しいじゃないか?ね(^-^)
るんたが教えてくれた「歩く楽しさ」銀が教えてくれた「止まる楽しさ」って事かな?(^-^)
もっとも、カミさんが次々に見つけて私はもっぱら撮影、というのが真相だが(。。 )\バキッ☆
ちなみに↑は帰宅してから調べてみたところ、ミヤマハコベかノミノフスマかどちらか?
(って、何せ今日、野草花に目覚めた?(^^;)ばかりなので特定がムズカシイのよ~(^^;))
080504umanoashigata てなことで、これはたぶん・・・ウマノアシガタ?

080504kakidoshi

これは自信ある(笑)
カキドウシ だと思う、
垣根を越えて伸びていくくらい勢いがあるので、この名がついたそうだ。
080504yanmanekonomesou
これも・・・たぶん、
ヤマネコノメソウ、
しかし、この手の花の名前って何かにちなんでるのが多いんやねぇ~


080504hikagesumire1 ええと・・・
ヒカゲスミレか、ツボスミレ?

080504sirosumire で、これがシロスミレ?

って、全然わからん~orz
しかしまぁネット情報でも『スミレは種類や変種が多く特定が難しい』という一文があり、ちょっと安心?(笑)
080504kohakobe_2 これもハコベの一種、
たぶん・・・コハコベ・・・だと・・・

これまた特定が難しい、のであーる(^^;)

080504ooinunohuguri1 これは名前は知ってるがこんな花だとは思っていなかったという・・・
そう、「オオイヌノフグリ」であーる。
名前からしてもっと小汚い花を勝手に連想していたのだが(。。 )\バキッ☆
実が二股のハート型でいかにも犬の陰嚢に見えるから、というのが由来だそうだが、ちょっと気の毒なネーミングだと思う(^^;)
080504ooinunohuguri2 オオイヌノフグリの花のアップ、直径は約8ミリ、
ね、可愛いでしょ~
なんでフグリなんて・・・(^^;)

080504tatiinunohuguriで、こっちが、タチイヌノフグリ、
オオイヌノフグリよりさらに小さめだが、茎が立ち上がっているのでこの名前になったという、
徹底してフグリにこだわった命名者ってどんな人?(^^;)

080504kiransou そして本日の極めつけ?
キランソウであーる。
「キ」は古語では紫の事で、「ラン」は蘭の意味らしい、
草むらに低く咲き広がる様子から「金襴草」とも、
で、これの別名がスゴイ!
「ジゴクノカマノフタ」というのだw(゜o゜)w
この由来は二説ある。
一つ目は墓地などの日陰に彼岸の頃に咲き、地面に蓋をしているように見えるから、という、ほんならご先祖さんは全員地獄でおるんかい~!とツッコみたくなる説と、
咳や痰を沈め、高血圧にも効くという万能薬草であり、まさしく地獄の釜の蓋も開けてしまう、というアスクレピオスの伝説を彷彿させるような由来。
また、その効能を庶民に知らしめたのがお大師さんなので、「弘法草」という異名もあるらしい。
てなことで、私としてはもちろん後者の由来をとる(^-^)

以上、花の名前を調べるのにほぼ半日かかった(笑)
休日だからこそ、とも言える(笑)
そしてもう一度、
歩く楽しさを教えてくれたるんたと、
止まる楽しさを教えてくれた銀、
そして・・・
いつも一緒に楽しんでくれるカミさんに感謝!
080504gin5
てなことで、帰路、
オープンカフェで休憩、
銀にもオヤツをあげましょう。

めでたしめでたし(^-^)

2008年5月 3日 (土)

トトその後

080503toto1トト○○る・・・」から約1ヶ月、
ステロイド系の薬を続けているのだが、
おかげさまで元気に暮らしている。
頭の毛も少しずつだが生えだして来ている(^-^)
というか・・・もうすでに見慣れてしまったので、
このままの状態でも元気ならええか?みたいな・・・(笑)                080503toto2     
ただまぁやはり女の子なので、
可愛いアングルで一枚撮っておこう(^^;)

     080503haku1                 

・・・と、ハクも撮ってほしいらしい(笑)
こいつがこんなに可愛い感じで写るのは初めてではないか?(笑)

080503g1_2 銀のガリレオボーンはこんな感じになった、
といっても、つい数日前までは原型を保っていて、さすがに硬いんやなぁと感心していたのだが、破壊のコツをつかんだのか、急激に減り始めたw(゜o゜)w
       
080503gi2 画像を撮ってたら『ここですよ、お父さん、ここを集中的に攻めるんです~』と、説明に来てくれた(笑)

平和な話題を載せられる「憲法記念日」にまずは感謝、
これからも、護憲か改憲か迷いつつ、ぬるい話題でこのブログを満たせますように・・・

2008年5月 2日 (金)

これも大事な相棒

080502ape1 仕事でまんさく社長とこへ、
ついでにApeを洗車させてもらう(^^;)
ここの方があらゆるケミカルが揃ってるから便利なのだm(_ _)m
で、灰皿もついでに拭いたのだが、RTから足かけ8年の使用で劣化していたようで、触っただけで穴ポコが空いちゃった~(>_<)
これがガレージ西以外での出来事なら、ご苦労さ~ん!で御役御免にしたかもしれないが・・・
ここでなら・・・直せる!(笑)
何しろ愛着の品だ、何とか再生しようではないか、
080502ape2 てなことで、アルミテープを分けてもらい、
缶スプレーもお借りして・・・って、甘えすぎ?(。。 )\バキッ☆

080502ape3 ふっかぁ~つ!\(^o^)/

まだまだいけるで~(^-^)v


080502lunta1_2 てなことで、帰宅してから夕闇せまる中、
銀ぶらへ出発~
おおっ!あれは久しぶりのるんた雲ではないかいな~(^-^)

どれ?って?
080502lunta2 正面の下の方の雲、
私の目には横幅が縮んで←こう見えるわけ(^-^)

ね、るんたが元気に走ってるでしょ~(^-^)

たかが灰皿一つだが、長年の相棒、大事にしたいと思う気持ちが、久しぶりにるんた雲に気づけたきっかけかもね(^-^)

まぁ、何でもこじつけて考えるのが私の・・・良い癖だ(笑)
そういう事にしておこう(^-^)

ちゃんちゃん

2008年5月 1日 (木)

花の銀ぶら

080501sidare 朝、佑真はJOGで出かけたのでゆっくり銀ぶら、
清浄心院さんの枝垂れ桜の下で(^-^)

080501si2 桜越しに青空を見上げる、
さすがは5月、まさに春爛漫~って、
やっぱり下界とは1ヶ月くらいずれてる?(笑)

080501gin2 広場にて銀、
朝ご飯前なので、走り回るよりは・・・

080501gin1 ノビル系?の草をむしゃむしゃ・・・
色合いといい、のんびりした仕草といい、やはり牛っぽいヤツだ(笑)
と、銀がむしゃむしゃを止め、
今度はペロペロしだした。

080501m1 可憐な花に付いた朝露を舐めているのであった。
食べないで舐めるあたり、なかなかの詩人?(笑)

080501m2 日を浴びて朝露を輝かせる小さな花、

帰宅してから調べてみたところ、
たぶん・・・ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)であろうと思うって、ちょっと自信無し(^^;)誰か教えて~m(_ _)m

ともあれ、明るく暖かいお日様の下、カミさんも私も銀もご機嫌、
嬉しい朝の銀ぶらであった。(^-^)

めでたしめでたし

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ