サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

見えるヒト見えないヒト

霊の話ではない(^^;)
ちなみに、霊と言えば20歳まではよく見えてしまい、見えるのはまぁいいのだが、その都度びっくりさせられるのに困っていた、しかし20歳を過ぎるととんと見えなくなって助かった。20歳以降にも見えた事はあるが、それはすべて飲み過ぎた上での幻覚である(。。 )\バキッ☆
閑話休題
さて、見えるヒト、これはカミさんである。
夕方、雨上がりに銀ぶらしていたら、『あんなとこにヘビがいるよ~』と嬉しそうに言う(笑)
ちなみにカミさんはヘビを触る事はできないが、見るのは大好きだ。
私はと言えば、見るのも触るのも大好きだ(笑)
080831aodaisyo1
それは、とあるお寺の塀の屋根の上、
「しかし、よぉあんなん見つけたね~!」と私、
なぜなら、それはこんな感じの所なのだが、
080831aodaisyo2
カミさんの身長で、歩いている場所からだと、角度的に↓のようにしか見えないのに、気付いてしまうのだw(゜o゜)w
080831aodaisyo3
しかもこのとき、ヘビはじっとしていて、視界の隅で動いた、というような事もない、
『何かいるなぁ~って、ふっと気が付くんよ』とカミさん、
この勘の鋭さw(゜o゜)w

・・・悪い事はできんよな・・・(。。 )\バキッ☆
で、近くまで行って、デジカメを頭上に掲げて撮ったのが一番上の画像である。

『あれ、何ヘビ?』とカミさん、
「あぁあれ、あれはアオダイショウのヨウダよ~」とちょっと得意そうに私。
『ようだ、って、違うん?』
「正真正銘、ヨウダよ~」(笑)
『何それ?』
で、ヘビの幼体、つまり「幼蛇」は「ヨウジャ」ではなく「ヨウダ」と呼ぶ事をさも得意そうに解説した(笑)
『ふ~ん、でもアオダイショウってあんな模様?』とカミさん、
待ってました~(笑)
「アオダイショウはヨウダの時はマムシに擬態してるんよ~」
『へぇ~、でも、何でそんなどうでもいいことだけ知ってるの?』
「ほっとけ~!」orz

てなことで、タバコを買おう、
ぎゃぁ!taspo入れた財布忘れてきた~
店閉まってるし、どーしよう?
080831taspo1
てなことで、総裁さんに電話、
「き、緊急事態なんや~!」
『ど、どしたん?』
「taspo忘れたんじゃー、持ってきて~」(。。 )\バキッ☆

『・・・はいはい・・・』

てなことで、待つことしばし、総裁さん登場で無事タバコを買えた(^^;)
その間、手持ちぶさただったので、自販機を眺めていてやっと気付いたのが・・・
080831taspo2
いつの間にぃ~???
どうやら8月のはじめから24時間販売に切り替わっていたようだが全然気付かなかった(^^;)
やっぱり私は、見えないヒト、らしい(笑)
それにしてもこのポスター、taspoの公式ページにも載ってないし、誰が作ったのだろう?
日本たばこ協会?日本自動販売機工業会?それとも、全国たばこ販売協同組合連合会?
いずれにせよ、禁煙派に糾弾されないよう、派手な告知を控えているのだろうねぇ・・・
(それにしてはポスターの主人公?の表情が妙に明るいのが笑える(^^;))

てなことで、便利になったのは嬉しいけれど、エコロジーが叫ばれるご時世に、日本全国、40数万台が夜中も電気を使っているのだなぁ・・・と、喫煙者としてはますます肩身が狭くなるのであった。

ちゃんちゃん

2008年8月30日 (土)

ノーコマンド

犬のしつけで、『コマンドが入る』という表現がある。
これがどうにも気になる。
しつけが行き届き、命令をよく聞くようになった、というような意味なのだが、『入る』という言葉が付くと、いかにも機械に入力してるようなイメージが湧いてしまうのだ。
どんな場合でもコマンドに従う、よく映画などに出てくる命令一つで人間の喉笛に食らいつくドーベルマンみたいな感じ?(^^;)

ただし、銀を飼い始めた時は、自由に育てたるんたが脱走して事故に遭った事がトラウマになっていて、『コマンドが入った』犬にしようと思っていたのも事実だ。
また、実際のところ、「マテ」とか「オスワリ」とか「ツイテ」とかのコマンドに効き目がなければ、日常生活において困る事も多い。

犬は元々群れの中で暮らす社会的動物なので、(自ら決めた)リーダーの命令に服従させるのが犬にとっても良い事だ、という説もある。

だがしかし・・・「各種コマンドが完全に入った」犬と暮らすと、こちらが息苦しいような気もする(^^;)
飼い主がだらしないのに、犬にそれを求めるのは・・・(^^;)

てなことで、犬をどこまで「調教」するか?については色々悩むところなのである。

080830gin1
で、銀の行動パターン、
うちのルールで一番大事な点、
「脱走しない」は現在のところ、100%守れている。
門扉を開けた状態でこちらが外に出ても、必ずいったん座って「ヨシ」の号令を待つ。
ご飯をあげる時も・・・って、『餌をやる、が正しい言い方ですよ』というご指摘はこの際無視(笑)
「マテ」と言わないでも、「ヨシ」と言われるまでは、よだれを垂らしながら待っている(笑)
080830gin2
どのくらい待ち続ける事ができるのか何度か試した事もあるのだが、いつも数分以内に、こちらの方が待たせるのがかわいそうになって「ヨシ」と言ってしまうのだが・・・(^^;)

きっと私自身に「服従」という言葉への強い抵抗感があるからだろうと思う。ひょっとして、それだけ日々何かに「服従」しているという事なのかも?(^^;)

さて、世の中には、ものすごく「コマンドの入っている」犬がいて、動画などで見るとびっくりする事しばしばだが、何度も書いた通り、飼い主自身にそれを教え込む根気が無いし、股関節の事を考えると、ディスクやアジリティといった、コマンドが必要になるシチュエーションも少ない。怠け者の飼い主としては、CHDで良かったかも?などと思う事もあるくらいなのだ(^^;)

そういえば、18歳(以上、捨て犬だったのでよくわからない)まで生きたチロにも、15歳の天寿を全うしたマルにもコマンドらしいコマンドは「入っていなかった」
それで不自由したかというと全然ちっともまったく。であり、二匹は自由気ままに、むやみに吠えたりする事もなく、人様に迷惑をかけずに生涯を過ごした。
ただ、午前0時を過ぎて帰宅するとそれが誰であろうが吠え出すので、「俺や俺ぇ~」と声をかけたらすぐに吠えるのをやめ、寝床から出てきて『すんませんでした~』とばかりに愛想を振りまく(笑)。というのが唯一のコマンドのやりとりだったのかもしれない(^^;)

あと、銀に望む事は少ない、銀ぶらの時に時々「ツイテ」を忘れてしまうのと、おしっこの的を時々はずすのだけ、何とかなってくれればいいだけだ。

てなことで、私の理想としては、ノーコマンド、で暮らすという事になる、アイコンタクトというか、こちらの仕草で何もかも通じる状態になってくれればいいのだ。
そしてそれがどうやら最近、実現しかけていて、非常に喜んでいる。

ただ、るんたも2歳前後の時はこんな感じだったような記憶が・・・(^^;)
銀もまた、脱走するようになるのだろうか?

それだけがちと心配・・・

ちゃんちゃん

2008年8月29日 (金)

ももない~

080829c1_2 カミさんが朝からちょっとへたり気味、
たまには私が飲み物でも、と思って冷蔵庫を開けたら、お中元にもらったとおぼしきフルーツカルピスなるものが目についた。

「和歌山産温州みかん」製らしい、いいんでないかい?(^-^)

てなことで、さっそく、カルピスの黄金比?1:4の5倍希釈を目分量で・・・(^^;)
で、試飲・・・

「ももない~!」と思わず叫んでしまった(^^;)

和歌山人?高野山人?としては、あくまで「まずい!」ではなく「ももない!」である。
標準語だと「もむない」?「もみない」?
ニュアンスとしては、薄味でまずい、そんな感じだ。

そうか、最近のカルピスってもっと濃く作らなあかんのや~
で、作った混合液の中に、またも目分量で、1:2くらいの割合になるように注ぎ込んでみた。
あんまり入れたらそれこそ『むせるほどカルピスの濃い・・・なんとやら』やもんな(笑)

で、また試飲、

まだ、ももない~!(ToT)
なんでや~???
で・・・
いったい、どのくらいの割合にしたらええねんとラベルをよく見てみたら・・・
080829c2
「そのままうすめずにお飲みください」
         ・
         ・
         ・
「そのままうすめずにお飲みください」

「そのままうすめずにお飲みください」

「そのままうすめずにお飲みください」

ガーソ!( ̄□ ̄;)

なんてこったい~!
原液で良かったんや~!
アホや~
原液って・・・もうほとんど使てしもたやーん!orz

てなことで、推定3倍希釈のフルーツカルピスとちょっとだけ残った原液の両方をカミさんとこへ持って行き、いきさつを話したら、実はカミさんもよく読まずに薄めて飲んで「ももない~」体験済みだったというお粗末(爆笑)

結果、大笑いして元気が出たそうなので、めでたしめでたし?(笑)

それにしても・・・
そのまま飲むタイプなら、「フルーツカルピスウォーター」とか書いといてちょーだい(^^;)
たぶん、日本中で1万人くらいは同じ事を・・・してないか?(^^;)

ちゃんちゃん

2008年8月28日 (木)

ダイハツよお前もか

先日の「怪談より怖い話」の続報、

工事打ち合わせのため、電気屋さんと電話で話したついでに経過を聞いてみたのだが、憤懣やるかたない様子、つーか激怒していた。

何でも、その後ディーラーからの連絡が全く無いのに業を煮やしてダイハツ本社に直接電話してみたところ、『お客様相談センター』に回され、『ディーラーと話をしてください』という以外、何ら対応策や回答を得られなかったらしい。
『それでは話にならない、メーカーとしての対応を聞きたいから担当部署につないでほしい』と言っても、あちこちたらい回しされたあげくに、最後はまた『お客様相談センター』へ、という堂々巡り・・・orz

で、このお客様相談センターの受付嬢、名前を聞いても『お教えできない規則になっています』と絶対名乗らなかったそうだ。

やっぱりねぇ・・・orz
私も過去のトラブルで、ヤマハ社会保険庁や保険会社(いっぱいありすぎてリンク不能(笑))の受付嬢の対応にぶち切れてきたものだが、ダイハツよお前もか、という感じ。

企業側としては、相手がどんな人物かわからないので、対応した社員の保護のためにも、名前を名乗らさない事にしているのだろうが、困ってるからこそ電話してきた相手に『そういう規則になっています』と、手前勝手なルールを押しつける態度には誠意のかけらも感じられない。

まぁ・・・Jumboさんの情報によれば、煙が出た程度も含めると、なんと一日平均800台の車が「燃えて」いるそうなので、メーカーとしても、いちいちまともな対応なんかしてられないのかも?

電気屋さんの一言を紹介するので、ダイハツ、そして車関係者が見ていたら心にとめておいてほしい。

『うちも商売上、クレームはたくさんあります、メーカーというものは腰が重いもんですが、少なくとも電気メーカーの対応はこんなんと違います、車のメーカーって何を考えてるんでしょう?』

まぁ、死人が出てからあわてて回収を始めた某電気メーカーもあったけど、それでもこんなお粗末な対応はしない、という事だそうだ。

車を使用する事で死人が出るのは当たり前、それは全部整備か使い方が悪いから、とでも言い訳したいのだろうか?

日本の経済の大きな部分を担っている大企業だからこそ、『さすが!』と思う対応をすべきだとも思うが、逆に、まともな対応をしないからこそ、莫大な利益がひねり出せてるのかと勘ぐりたくなるような話である。

ただし、電気屋さんもこのまま泣き寝入りはせず、訴訟も含めて粘り強く交渉していくそうだ。

ぜひ、がんばってちゃんとした補償を勝ち取っていただきたい。

ちなみに、車を非常に大事にする方で、乱暴な運転をするような事はなく、この一年で万が一にも底部を傷つけるような所を走ってない事は、私も含めて複数の証人を得られる事だろう。

さらに続報に期待しよう。

2008年8月27日 (水)

探しています

BCRNからのお知らせです。

迷子犬、探しています

080827maigo逃走地域:神奈川県 大磯町
逃走日時:2008年8月24日夜間
カラー:レッド&ホワイト
性別:♂
年齢:生後10ヶ月(8/27現在)
備考:
目の色は茶色
鼻の色は赤みのある茶褐色
毛の色は茶白(レッド&ホワイト)
後頭部にこぶがあります。
首輪もちぎられていて付いていません。
飼い主さんにより警察や愛護センターには届出済みです。

この子にお心当たりのある方はBCRN(直通)までご一報下さい。


Img472_help_3

2008年8月26日 (火)

風化させないために

ぜひ、ご覧いただきたい

KSB瀬戸内海放送高知白バイ衝突死関係のKSBニュース

特に以下の三つは、風化させないために一人でも多くの人に、

高知白バイ衝突死⑨”隠された”生徒の調書

高知白バイ衝突死⑩ 元裁判官に聞く 判決の問題点

高知白バイ衝突死⑪ 訴え届かず…最高裁が上告棄却

そして、再審が実現する事を願う!

2008年8月25日 (月)

それでも地球は・・・

回ってる、と言っても地動説じゃなくて、月日が進む、という意味で、

気温はすっかり秋だし・・・
って、夜はもうふとんをかぶらないと寒い。
080825c_4

朝、雨模様だったので、久しぶりに佑真を駅まで送って行ったのだが、景色もすっかり秋めいてきていた。
080825m
法の番人が自らの憲法違反に気付いてないとか、この国は放置国家だ、とか、歯ぎしりして怒っている間にも月日は過ぎ生活は続いて行く。
今日も、炉縁が沈んだのを修理したり・・・
080825t

屋根の修理のついでに蜂の巣を除去したり・・・
080825b 
もちろん、銀ぶらも行ったし、ご飯も食べて・・・
総裁さんにいただいた酒も飲んだ。旨かったm(_ _)m
高知のKさんに同情しつつも、カードの練習もしたのだった。
080825card
激しい公憤にかられつつも、やってる事はまるっきり小市民。
やるせない気になる自分もいるし、これこそが大事なささやかさ、だと知ってる自分もいる。

今日は静かに酔っている・・・

2008年8月24日 (日)

放置国家

今まで何度か書いてきた高知の白バイ事故の上告が棄却された、されてしまった・・・

なんたることかーっ!ヽ(`Д´)ノ

結局、まともな証拠調べがないまま、原判決がずるずると引き継がれただけだった。

しかも、今まで何度も書いた通り、被告側の証言が無視されたという事ですらなく、その「証言を検証する機会」そのものが無視されたままで、だ。

何のために、3審制度が取り入れられているのだ?
1審判決を鵜呑みにするだけなら、控訴も上告もその存在意義は無い。

しかもこれ重大な憲法違反やん!
最高裁はそれを検証する場なのに、自らその役目を放棄してしまったのだ。

ちなみに憲法第37条の1項と2項にはこう謳われている。
1.すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
2.刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。

警察側だけの証拠で一方的に裁かれた被告の心情はいかばかりか、
事あるごとに真実を訴えようとしたのに門前払いを喰らった、バスの乗員であった元中学生達は「社会」や「正義」に絶望しているのではないか、
「公平な裁判」を求めて署名した多くの人の司法への不信感は増すばかりだろう。

私もまたその一人だ。
もう法律なんか護らんからな~!
どうせ体面や御都合主義でまともに裁く能力なんか無いんやから、護ってもしゃーない!
あ、しかしこれ、かといって、犯罪者になる。という意味ではない。
もう、これからは、人として、生き物としてのルール、だけでやっていくよ、俺は、

思想信条の自由もまた、憲法で保障されてるわけやからな、
どれだけ「保障」されてるのかははなはだ疑問やけどねヽ(`Д´)ノ

・・・と、ごまめの私は勝手に歯ぎしりを超え、ぶち切れてるだけだが、被告のKさんは、これで実際に収監されてしまうわけだ。

ご本人のブログである「雑草魂」から、少し引用させていただく。

収監される日は、まだ判りません、控訴審、最高裁で、審議されないまま確定され
納得できないまま、刑務所にいくことになりました。

全国の、多くの皆様からの署名と、温かいメッセージを頂き頑張ってきましたが
私の力、及ばずこのような結果を招き、本当に申し訳ございません。

今後残された時間は僅かですが、どうしても事故の事実を、認めていただくために、前向きに
頑張っていきたいと思います。

諦めの悪い男と思われても、真実だけは貫くつもりでいます。

一年四か月、きっちり努め、体力を温存し、気力を充実し、元気に帰ってきます。

ご本人の言葉通り、くじけず元気に帰ってきていただく事と、どうにかして再審の道が開ける事を願ってやまない。

この国は法治国家ではなく、放置国家だ。

2008年8月23日 (土)

怪談より怖い話

午前8時過ぎ、電気屋さんから電話が入った。
『昨水の途中で車が燃えて、今日現場に行けません・・・』半分、涙声である。
「も、燃えたぁ?なんでなんでぇ?」と聞いてみたが、ご本人も動揺していて要領を得ない。
確か昨年買い換えたばかりのまだ新車の箱バンのはずだ。
とにかく、後片付けもしなくてはいけないだろうし、車が無くなったわけだから、焼け残ったであろう道具等を積む代車も必要だろうと、おせっかいかもしれないが、工事用の乗用車にビニールシートやロープ、そして、飲み物を積み込んで出発。
現場は・・・なんと、一昨年、あのおばはんに車をぶつけられた所だったw(゜o゜)w
ここって何かあるの?{{{{(+_+)}}}}

080823acc5 で、肝心の車は・・・見るも無惨・・・

焼け残った道具なんか一つも無し・・・

080823acc1(以下3枚はご本人提供の画像)
何でも、登り坂で急に力がなくなったと思ったら車の下から煙が上がり、
あわてて停車して飛び出した後は・・・


080823acc2あっという間に炎が上がり、






080823acc3遠巻きに、車と30年かけて揃えた道具が燃えていくのを見ている他なかったとの事・・・

その心情を思うと言葉が出ない・・・


080823acc60 警察と消防による現場検証。




080823acc61
室内、車というものが、いかに細いパーツで出来上がっているかよくわかる・・・


080823acc63 原型をとどめず焼けてしまった道具たち・・・
電気屋さんだけに検査機等高価なものも多く、おそらく被害額は数百万円だろう・・・

080823acc64 タイヤなんかぼろぼろになったカーカスだけになっていて、引き取りに来た積載車に積むのも大変だった。



080823acc65
溶けたナンバープレート、

しかし・・・今朝方まで普通に動いていた購入後1年ちょっとの車が突然燃え上がるとは・・・
しかも、最初の煙が上がってる画像を見ると、エンジン底部からの出火のようだが、それがまたたくまに車全体に広がりあっというまに燃え切ってしまうとは・・・{{{{(+_+)}}}}

080823acc72高温のため道路にこびりついた「元」パーツ類・・・

現場検証が終わり、ご本人は本署で調書を作成する事になったので、後片付けを引き受けた。
080823acc71 ガラス類までが溶けてこびりついたのを、ひっぺがし、



080823acc73 消防さんにもらった吸着剤を散布、




080823acc74 まんべんなくまき散らした後、油分等を吸い取ってからお掃除。

奥さんも急遽駆けつけてきたのだが、車と道具をいっぺんに無くして落ち込んでる所へ、警察からはまず『旦那さんの朝の様子、何か変わった事はなかったですか?』と聞かれたらしい。
つまり・・・
焼身自殺のしそこない、という疑いまでもたれていたのであった・・・orz
まさに泣きっ面に蜂、

さて、この箱バン、実は、私のシーサー君と同じ「ダイハツ製」

この車だけの特異的欠陥なのか?
はたまたリコールにつながる構造的欠陥なのか?

電気屋さんになぐさめの言葉をかけつつ、ひょっとしたら今度は我が身?と、ちょっとビビったのであった。

とりあえず、車載用の消火器を探そう・・・

ダイハツの対応については、続報する予定。
誠意あるしっかりした対応を望む。

2008年8月22日 (金)

蟻桟

木が反ると書いて「板」とはよく言ったものだ。
平たくすればするほど、乾燥や湿潤、そして経年変化により木表側(木の外側)が年輪の模様とは逆に凹面になる形でそっくり返っていく。
ちなみに「板」を「いた」と読むのは「ヒタ」(直)から来てるらしく、まっすぐ、という意味らしい。「ひたむき」も同じですな。
似たような言葉で「ひたすら」というのがあるけど、この「ひた」は「一」を表す「ヒタ」らしく、一途に、という意の方が強い。
閑話休題
さて、反るのが当たり前の木をいかに反らさない状態で保つか?
そこで登場するのが「蟻桟」(ありざん)である。
木工で「蟻」と言えば、牙の形状から来たものか、台形に広がった形を指し、はめ込む事で抜けなくなる加工の仕方を指す。080822ari1
百聞はなんとやら、
これが蟻桟本体、画像ではよくわからないが、先端と後端では、約1分転ばしている(テーパーになっている)
蟻桟は密着しなければ意味がなく、かといって密着しすぎても収縮を吸収できないので、テーパー加工する事により、いわば自動調整機能を持たせるのだ、また、今回は蟻桟を使って取り付けるので、看板本体の重量を分散する役目も果たす事になる。
080822ari2まずは角度を付けた電動丸鋸を使い、定規に沿って一番目の鋸目を入れた後は、最初の定規に薄い定規を追加して鋸目を大きくしていく。

080822ari3

鋸目がある程度大きくなったら今度は電動鉋で一気に広げる。

080822ari33

丸鋸と鉋の刃が通った後、

昔はこれをすべて人力で加工していたわけだ。

080822ari4 突き鑿でさらえていく。




080822ari5

さらに鏝鑿で仕上げ~


080822ari6

合体~

手で押すくらいでは進まず、当て木をしてハンマーで叩くとしずしずと進む、この堅さ加減が難しい。

080822ari8 板が縮む分だけ蟻桟を短くしておく。
(テーブルなどではここを埋木する場合もあるが、看板の場合は収縮が大きいのでそのままにしておく)


080822ari7てなことで、いよいよ総裁さんとこへGO~!

よろしく~(^-^)



2008年8月21日 (木)

来た、見た、聞いた~

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
何がって?
080821aibo1

あれですがなあれ~(笑)

「相棒」特製アラームクロック~!
待ちにまったぁ~・・・
って、実はすでに申し込んだ事すら忘れかけt・・・(。。 )\バキッ☆

080821aibo2なにやら思い入れたっぷりの挨拶文が入っている。

過去に登場した印象的な事物や、右京さんと薫ちゃんを、DVDBOXと同じ大きさのケースに刻印したのだそうだ。

080821aibo3 確かに大きさは、DVDBOXと全く同じ、
だが・・・デジタルの表示部が二つあるだけで、別にこんなに大きくせんでもええんとちゃうのぉ?(^^;)

そして・・・
080821aibo4 思い入れたっぷりの割には、作りがチープの極地~orz
わざと安っぽく見えるプラスチックを探してきたとしか思えない(笑)

まぁ・・・ええか(^^;)
しかしこれで、肝心の目覚ましの声もショボかったら、どーするのぉ~?

・・・ヤフーでたたき売る?(笑)
てなことで、昼食もそこそこに時間をセットしてスヌーズ機構テスト~

意外や意外、外見のチープさに反し、各音声はけっこう大きくて鮮明(^-^)
特に最後の右京さんの決め台詞にひっかけた『いいかげんに目を覚ましなさい!』にはめちゃウケ~!(笑)
やっぱり、売るのやめとこか?(^^;)
ただ、スヌーズが働くのが3分経過ごとなので、右京さんの決め台詞を聞くためには、即座に起きて一時停止ボタンを押したとしても、最短で9分ちょっとは寝過ごさねばならないという矛盾(笑)

てなことで、声も聞けて気が済んだ事だし、同じく相棒ファンの娘にあげようかと思う。何しろここ数年はトシのせいか(^^;)目覚ましが無くても自然に午前5時過ぎには目が覚めてしまうし、たとえ寝過ごしたとしても、銀の顔ペロペロ目覚ましがあるので、もともと目覚ましは必要なかったのであった(笑)

ちゃんちゃん

2008年8月20日 (水)

今からでも出頭しなさい~

080820acc1

昨夜未明の事らしい。

車の対向も可能な道幅なので、脇見か居眠りか、ひょっとしたら飲酒運転?

080820acc2

ホンダのセンターキャップとウィンカーのかけらが落ちている。

かなり古い型だろうか?

080820acc3

ぽっきりと折れた柵の柱が痛々しい。

かなりの衝撃だったと思う。

以前にも書いたと思うが、この手の修理も仕事は仕事だから、ありがたい事なのだが、やっぱり全然楽しくない。
「負」のエネルギーがあたりにただよってるよ、マジで、

080820acc4

当然の事ながら、警察による現場検証も行われた。

誰かは知らんが、奥の院まで来て、当て逃げなんぞしてちゃぁいけません。

今からでも遅くないから、出頭しなさいな、

まったくもう・・・(`へ´)

2008年8月19日 (火)

聞こえるような

080819sg4

さて、いよいよ、看板本体の形成である。

見本にしたのは木表側、つまり本体の方が一回り大きいため、そのまま仕上げると、長さに対して幅が広くなりすぎ、遠目ではかえって小さく見えてしまうので、意図的に幅を縮めてやらねばならない。

080819sg5

全体のバランスをじっくり観察しつつ、ちょっとずつ(^^;)側を削っていく。
後戻りはできない。


080819sg6人の手は加えるが、あくまで自然に見えるよう、年輪に沿って曲線を付けていく。

しかし「自然に見える」というのは難しい。

080819sg7

味わいは出てきたが、これではちょっとあざといか?

080819sg91さらに、熟考しつつ線引き・・・
って、一服するのにテーブル代わりにするな~(。。 )\バキッ☆



しかし、楽しい!
漱石の夢十夜だったか棟方志功のエピソードだったかに、『彫刻とは人間が作っているのではなく、木の中に埋まっている魂を、鑿と槌の力で掘り出すだけなのだ』、というような話があったが、漱石さんにも棟方さんにも遠く及ばない身ながら、この欅が第二の生を過ごすために『こんな形にしてくれ~』と呼びかけてくる声が聞こえるような気がする(^-^) 080819sg92
こういう高揚感があるときは、本当に自然に形がぴたりと決まる。いや、それこそ、削っていると「その姿」がどんどん出現してくるのである。

自画自賛ではあるが、得も言われぬような曲線になったのではないかな?(^-^)080819sg93
さて・・・
どこで手を止めるか、というのも大事なポイントだ。

高揚感にまかせてやり過ぎると、我がしみつき、鼻持ちならない印象になってしまうからだ。 

080819sg94 てなことで、今日はここまで。

文字担当の総裁さんに見てもらい、表面の仕上げ具合(あまりツルツルに仕上げると漆の乗りが悪くなる)と、側の反り具合を最終的に決定しよう。

とりあえず祝杯だ~!(笑)

2008年8月18日 (月)

看板~

080818signboardこりゃすごいw(゜o゜)w」で書いた欅の看板、
いよいよ制作開始~

もともと厚みが18㎝あった板(この場合は「ばん」と読む)、幅1m以上なので、綺麗に製材できる機械がある奈良まで運び、ええとこ取り!で厚みを3寸(約9㎝)まで落としたのであーる。
ほんでもって、どんな形の看板にするかを決めるため、きっちりとした長方形と、自然木なりの形の2種類の型をこしらえ、彫る予定の字体を貼ってみた。

ちなみにこの字体、お大師さんの著作である「聾瞽指帰(ろうごしいき)」から抽出し拡大させていただいたものm(_ _)m
当時、お大師さんは24歳!w(゜o゜)w
何でもかんでもお大師さんのものならありがたがるわけではないけれど、後年「三筆」とたたえられる事になるその筆勢は、1200年の時を経て、機械で複写されたとは言え、やはり玄妙なエネルギーを発しているように思う。

080819sg1板(ばん)を割った時の表面の板(いた)を実際に取り付けてバランスのチェック。

080819sg2 直線基調の板もこしらえて比較のために取り付けてみた。

やはり、自然木なりの方が似つかわしいようだ(^-^)

霊宝館の職員のみなさんにもご同意いただき、明日からはいよいよ仕上げの整形に入る。

何かわくわくしてくるや~ん(^-^)

つづく

2008年8月17日 (日)

乗らない日々

盆中、単車に乗らなかった、
まぁ毎年8月は暑いから一年で一番単車に乗らない月なんやけど・・・
「今日はどこかへ・・・」なんて思っても、
山内にこだまする爆音を聞くと、乗る気が萎えてしまうのよ、
あんなヤツらと一緒にされとうないねん。

「お前ら、飛ばすんやったら龍神へ行ってからにせぇー!」ヽ(`Д´)ノ

もうすぐ龍神で嬉しいのはわかるけど、
どうせ道しか見えてへんのやろけど、
お前らが走ってる道の両側には人が住んでるって事ぐらい想像できんか?
その想像力と注意力不足は事故のもとやで、ホンマ・・・

何か、こっちはApeで走るのさえためらわれるわ・・・

午前5時前後に通過する連中もおる、
そやけどほとんど気になれへん、
節度ある音量で山内を通過しているからや、
気ぃ使って走ってるのが伝わってくるからや、
こういう単車乗りは、午前7時過ぎにはまた静かに帰って行く。
龍神の美味しい時間帯を満喫してるわけや、

下手くそほど、遅めに来て山内でほえる。
マジ、単独事故起こして怪我せんと単車だけ廃車になれぇ~!みたいに、
呪われてるんよ、君ら、

でもね、人の振り見てなんとやら、
どんなに気ぃ使たとしても、
自分も他人様を不快にさせとるんやろなぁ・・・

で、盆中、単車に乗らんかった。

なんか半分言い訳っぽいな・・・(笑)

ちゃんちゃん

2008年8月16日 (土)

堺シティオペラ30周年

080816sco堺シティオペラの30周年を記念するコンサートの一つに、カミさんが出演。

しかし、今日のコンサートの主役は何と言っても「お話」の安則雄馬先生であった(^-^)

民間主体ゆえ、常につきまとう財源不足という問題に加え、その時々の政治体制に翻弄されたり、外国との交流演奏目前で国際情勢の変化の影響を受けたり(湾岸戦争でアメリカとの企画がボツになったり、ソ連解体で、予定していた機材や衣装の段取りが無茶苦茶になったり)等、何度かの消滅の危機を乗り越えての30年。それは大変な苦労の歴史でもあるわけだが、終始笑顔の安則先生の軽妙洒脱な語り口は、その苦労を、音楽を愛する心で乗り越えてこられた喜びでつつんであくまで明るく、今では時効?の裏話などもぽんぽん飛び出し(^^;)、こちらとしては、時にしんみり、時に大笑いしながら拝聴させていただいた。

民間の文化団体を取り巻く環境はこれからますます厳しくなっていくだろうが、市民文化発祥の地の堺の顔として、これからも継続、発展されるよう願ってやまない。

2008年8月15日 (金)

敗戦の日

終戦と違う、敗戦の日、や

犠牲者に黙祷を捧げ、戦争のない世界を切望!

2008年8月14日 (木)

フォトショップと遊ぶ

燭台を飾るロゴをばちょこっと・・・080814tg1

薬局といえば緑?(^^;)
しかしこれでは、どこかのお店の真似になってしまう・・・

080814tb1

看板に合わせて群青?
しかし看板の岩絵の具の深みとは、「似て異なる」というやつでイマイチ?


080814tr1
てなことで、赤、というよりは弁柄(べんがら)
これ、けっこうしっくり来るね~(^-^)



080814tr2 弁柄白抜きバージョン

うむうむ、なかなか~(^-^)


080814tr3 白抜きバージョン+「くすり」をちょこっと踊らせてみた。

ええんとちゃうの~(^-^)

てなことで、施主さんとも相談の上、ぼちぼちと決めていこう。

ちゃんちゃん

2008年8月13日 (水)

ろうそく祭

第35回高野山万燈供養会、開催~

本年は諸般の事情により、中の橋から三本杉ルートと、基角碑から御供所ルートへのろうそく敷設がなくなり、ちょっと寂しい気もするが、その分、一の橋から入って中の橋に出る、という本来のルートとなっているので「お参り」としてはこれで正解なのかもしれない。

35年前、高野山へ里帰りしてくる同級生のために、というコンセプトで始まったろうそく祭だが、今では高野山の夏の最大観光イベントとなっている。

多くの方に高野山、そして奥の院を体験していただけるのは誠に喜ばしい事だが、肝心の里帰り組がどんどん少なくなってきているような印象も受ける・・・

フレックスな夏休み期間導入により、お盆休み、という規定が崩れ8月13日に休めない、という人もいるだろうし、観光イベントと化したろうそく祭には足が遠のく、という人もいるだろう、そして何より、実家ごと引っ越してしまい、もはや里帰りの対象が高野山ではない、という人が多いと聞く。

それでも、青連協はこの祭に一所懸命取り組んでいる。
規模も来る人も変わったとしても、奥の院参道を照らすろうそくの灯りは変わらない。
来年も、再来年も、灯し続けられていくだろう。

だからこそ高野山、なのだから(^-^)

・・・で、画像はって?
カメラ忘れた・・・(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2008年8月12日 (火)

高野四郎

7月28日080728ks1_2大塔の鐘」通称:高野四郎の撞木がえらい事に~w(゜o゜)w

高野四郎については霊宝館の「よもやま記」に詳しいが、12世紀に鋳造されたものを天文16年(1547年)に改鋳したものである。
ちなみに1547年というと461年前、信長、秀吉、家康がそれぞれ13歳、10歳、4歳というのだから、どれくらい昔かよくわかる(^^;)080728ks2
ぽっきり折れた金具、
これはさすがに天文時代製ではなく、鐘楼堂が50年前に立て替えられてから一度取り替えられているらしいが、それでも20年以上がんばってきたようである。

080728ks3

折れた断面を見ると、どうやら最初から3分の1ほどは「鬆(ス)」が入っていたようで、今までよくぞ保ったものだと二度w(゜o゜)w



080728ks5

今回折れたのは後ろ部分の金具なのだが、前部分の金具も撞く時の摩擦で今にも折れそうなくらいすり減っていた{{{{(+_+)}}}}

0808ks2仮修理、も可能であったが、万が一の事故に備え、新しい金具ができあがるまでしばし撞木は足場に固定。



そして8月12日、ヒデちゃん特製の金具が出来上がり、早速取り付け~
080812ks1  
直径約1尺、長さ約2間、つまり約1石の撞木に安定した動きをさせるため、数々の工夫が凝らされているのだ(^-^)
詳細は一子相伝!・・・でもないけどナイショ(^^;)

080812ks2

軒金物も老朽化が進んでいたので、交換。



  



080812ks3

また、経年変化で棕櫚縄の長さが変わり、芯からずれてしまっていたのを・・・



080812ks4 ○△□◇○・・・してって、これもナイショの技(^-^)
元通り、撞木が芯に当たるようにした(^-^)v



てなことで、ちゃんと付けるようになった証拠動画、
ただしこの動画だと本来の余韻のある音色が全然再現されてないのが残念~!ぜひ、ご来山の上ご体験いただきたいものである(^-^)

撞木を自在に操る番僧さんのテクにもご注目~(^-^)

めでたしめでたし

2008年8月11日 (月)

ハイオク満タン~!

このご時世、ガソスタで「ハイオク満タン~!」と言うほど気分の良い事はない?(笑)

080811g2

 もちろん、タンク容量5.5LのApeの話である(笑)

・・・って、しばらく洗ってないのでキャップ周りが汚れてるぅ~(。。 )\バキッ☆

080811g3

走行距離は92.9kmだが、インチアップしているので、実質走行距離は100km弱くらいか?
おまけにたしか前回、給油時点で距離計を「0km」に戻すのを忘れてて(。。 )\バキッ☆しばらく走ってから戻したので実際は100km以上かもしれない(^^;)
で、Apeの場合、リザーブへの切り替えが早く、2L以上残量があっても、最初のガス欠になる場合があり、だいたい100km走ったら給油する事にしているのだ。
080811c1なお、現在30代以上?の単車乗りにとっては説明不要だと思うが、単車に乗らない方、あるいは、(フューエル)インジェクション仕様(いわゆるFI)の単車だけに乗ってる方のために、おおざっぱに補足しておくと、燃料をエンジン内で効率的に燃やすためにあらかじめ空気と混ぜて霧状にする装置として、今ではコンピュータ制御による電子式燃料噴射装置であるインジェクションが大勢を占めるようになってきているが、以前は、キャブレターという機械式気化装置がほとんどであり、エンジンの運動と連動式の負圧コック仕様等を除き、燃料自由落下型のキャブレターでは、万が一のガス欠に備え、あらかじめタンク内に二つの燃料供給パイプを装着し、画像のように「ON」と「RES(ERVE)」そして「OFF」をコックで切り替えられるようになっているのである。
インジェクションの場合は、燃料が自由落下するわけではなく、強制的に噴射する構造のため、機構が複雑になる事と、何より、燃料自体がインジェクションを構成する装置の潤滑と冷却の役割を果たしているため、ガス欠自体があまりよろしくないのでリザーブコック等は装着されていないのである。
以上、キャブレターを「燃料自由落下型」と書いたのは、強制噴射式であるインジェクションと対比するためであり、エンジンの負圧によって吸い込んでいる場合を無視している事をお断りしておきたいm(_ _)m

ま、簡単な話、Apeの場合だと、総容量5.5Lのタンクで3Lちょっと消費したくらいで一回目のガス欠となり、コックを「RES」に切り替えるとあと2Lちょっと分走行できるので、その間にガソスタを探せ~という事だ。
ところが私の場合、ガス欠→リザーブにコック切り替え→給油、まではいいのだが、給油した時点でコックを「ON」に戻すのをしばしば忘れてしまうのである(。。 )\バキッ☆
おまけに前記したように、走行距離計まで「0km」に戻すのも忘れる事があり(。。 )\バキッ☆
つまり一体全体、今、何km走ってタンクに何Lガソリンが残っているのかわからなくなり・・・
結局、ガス欠してしまった時点でコックを切り替えようとしたらすでにリザーブで、タンクの中は空っぽ~(ToT)ってな事が・・・過去に何度か・・・orz

これがツーリング中なら、走行距離と前回の給油からしてだいたい把握できるのだが、今ではほとんど高野山内チョイ乗りばかりのApeの場合、燃費計算もめんどっちぃし、そもそも燃費自体が走り方により約50km/L~約30km/Lと極端に変化するので(^^;)リザーブにならぬ間に給油、つまり、かなり走り込んで燃費が落ちた場合でも、コックを切り替える前に、つまり約3L×燃費約30km/L=約100km走った時点で給油する事にしているのである。
ああ、まだるっこしぃ説明~(^^;)って、
これくらい書いたらわかるか?亮?(^^;)(って、私信(笑))
080811g1ちなみに給油量は2.48L
前回、ちゃんと距離計を「0km」に戻しておかなかったから、正確ではないが、まぁだいたい40km/Lか?
やはり夏場は燃費が若干悪くなるようである。
てなことで、また現場へ・・・と思ったら、一天にわかにかき曇り・・・
ドバドバドバァ~と降り出した(ToT)
何しろ先日の雷雨以上のものすごい降りようw(゜o゜)w
どれくらい凄いかというと、どうやら先行する車がワイパーフル稼働でも前が見えないらしく、超ノロノロ運転してるくらい(ToT)
「はよ走らんかいなー!」と心の中で毒づきながら(^^;)
080811g4家までわずか1.5kmなのに、
びしょ濡れになったのでありました~(ToT)

←こんな時でも、ブログ用にびしょ濡れで走ってる画像を撮るAHO~!(笑)
ほんでもって、ニーグリップしなさい~!

ちゃんちゃん

2008年8月10日 (日)

家宝!

080810fd1 小川心平師のフレンチドロップライブショー2008のDVDが届いた。

フレンチドロップさんというのは、大阪の高津にあるマジックバーで、非常に多彩なマジック用品の通販ショップとしても有名、私もたびたびお世話になっている(^^;)
で、このDVD、今年の周年記念イベントの小川心平師のライブを収録したもの。

実は、7月の26日(土)、そのライブショーに、カミさんを誘って行ってきたのであーる(^-^)
小川師がフレンチドロップさんでライブショーをする場合、それはたいていR指定(^^;)というか18禁(笑)なネタのオンパレードになるのが通常で、下ネタ嫌いのカミさんを誘うのはちょっと躊躇もあったのだが、そこはそれ、万人を楽しませてくれる小川師の事、すべての客の反応を見つつハードにもソフトにも切り替えてくれるだろうと思ったのだ(^-^)
つーか、生で小川師、見たいぃ~~~(笑)

080810fd2 てなことで、幸いにも最前列に座れたカミさん、『シャクに触る』ネタでさっそくイヂられた(笑)
それ以降、カミさんの反応がおもしろかったのか、小川師にどんどんイヂってもらい、涙を流すほどの大爆笑の1時間半(笑)
 
080810fd3『いぬの○んぽ』ネタもなんとかクリア(笑)


このあたり、詳細に書けないのが残念!(^^;)

080810fd4 あまりに笑いすぎ『あなたのツボがわかりません!』と小川師を唖然とさせたくらいのウケよう(笑)

終了後、カミさんが一言
『来年まで待てへん、長崎の小川師の店へ行きたいわ』(笑)
もちろん私も満足まんぞぉ~!
マジックとは「不思議な技を見せつけるもの」ではなく「見る人をいかに不思議で楽しい世界にいざなうか」である事がよくわかった(^-^)

080810dog2 てなことで、プレゼントしていただいた『いぬの○んぽ』ハンカチ。

カミさんに譲ってもらい、私の「家宝」とする(^-^)

ちゃんちゃん

2008年8月 9日 (土)

カミナリ~!

080809s1
午後4時過ぎからすんげぇカミナリ~{{{{(+_+)}}}}
東方面落ちまくり~で、写真を撮るのも簡単(^^;)
080809s2 もう一発、
こちらは網戸越しに撮影。

さて、銀は・・・

080809gin3
縁の下に潜り込んでたのが、私が玄関まで行くと這い出してきて、
『お父さんコワいよぉ~撫でてぇ~』ってな感じ(笑)
撫でてやると安心するのか目を細めるのだが、カミナリが鳴る度に・・・『ビク!ッ』(笑)

080809r1 その後かなりの豪雨となったので、各現場の見回りに出発、

080809t1 ざんざかざんざか降っている、

 

 080809t3

 でも、看板も燭台も計算通り、吹き降りでも濡れてない~(^-^)v

080809t2 軒下もこれまた計算通り、
屋根からの雫は庇に当たらず、
綺麗に落下している(^-^)v

と、喜んでたらその後、山中の電柱の変圧器にまともに落雷してボヤ騒ぎがあったり、師匠のお寺のIP電話のセンターコントロールが火を吹いたりと、町中でかなり被害が出た。

080809s3 てなことで、ボヤなど起こってないか念のためになおも見回ってたら、さっきまでの雷雨が嘘のような空に・・・

この時期の高野山特有の現象とも言えるが、まさに「くわばらくわばら」である。

ちゃんちゃん

2008年8月 8日 (金)

涼風至る

080808tlmTLMで不動院坂下の現場まで行った帰り、木漏れ日が綺麗だったので思わず停車。
日差しは夏のものだが、すでに雲は高く、風も爽やか(^-^)
そうか、もう立秋なんや・・・
二十四節気と実際の季節感のズレはよく話題にされるが、今日の高野山は忍び寄る秋の気配がかすかに感じられる。

って、もう夏終わりぃ~?どこへもツーに行ってないぃ~(>_<)
って愚痴る前に、今はしばし不動坂に吹く涼風を楽しもう(^-^)

考えてみれば、仕事で単車に乗れて、おまけにちょっとしたツーリング気分を味わえるのだからありがたい話ではないか(^-^)

暦といえば、その発祥の某国でのあのイベントが今日から始まる・・・
せめてもの抵抗というか、ごまめの歯ぎしりだが、自分的にボイコットし、チベットへ思いをはせようと思っている。

「涼風の 曲がりくねつて 来りけり」  一茶

2008年8月 7日 (木)

何とかこれを

080807lantern0_2 このお店の方といい、でんと構えてる蔵といいスゴいよ!w(゜o゜)w
何しろ多少煤けてはいるが、恐ろしく手の込んだ作りの燭台を約100年間にわたって当たり前のように保管し続けてきたというのだ。

これこそ、「ゼロと呼んでくれ~その1」でご紹介した、ナショジオに掲載されている明治44年当時の写真に写っている燭台なのである。

080807toraya

T_toraya080807

当時はアームのようなものの先に基台があり、そこへ乗せていたように見える。
ごく薄い銅板製なので、このまま台風などに耐えていたとは思えない、おそらくは丁稚さんが風雨の度に収納していたのではないだろうか?
高野山に電灯が点いたのが大正2年(1913年)というから、それまではこういう燭台があちこちで活躍していたのだろう。

ちなみにこの燭台、霊宝館のよもやま記に掲載されている他のお店の画像にも写っている所を見ると、全山共通で使われていたのかもしれない。080807lan1
本当に薄い銅板(0.2㎜くらいか?)で丁寧に作り込まれているせいか、屋根の角などはさすがにつぶれてしまっている。
だが、銅自体は良いものなので、緑青がふいたり穴が空いたりと、劣化はしていない。このつぶれもおそらくは移動の際にどこかにぶつけてしまった結果と思われる。
・・・何とかこれを再生したい。
これを見たら誰しもそう思うのではないだろうか?
ただし、木を見て森を見ずの例えもある。これにこだわりすぎて全体のバランスが崩れてはいけないし、何より、見た目は再生できたとしても、これから先、長年にわたって実使用に耐えられるかどうかも問題だ。
080807lan4てなことで、この手の細工はおまかせ(つーか、いつも無理矢理頼むのだが(^^;))のヒデちゃんに修理を依頼してみた。

おお~!

080807lan3 おおぉ~! 

つぶれた箇所も何とか元通りに~!

080807lan5

細かい割れ目もハンダで再生~!

 

080807lan6

完全に欠落していた下り棟も見事に再現~\(^o^)/


おおきに~m(_ _)m

080807lan2 てなことで・・・

これはいけるんでないかい~?(^-^)

というのも、今回の修理具合を見る限り、今後万が一、劣化したり破損したりしても、何とか再生は可能と思えるからだ。
もちろん、この際、内部的にできる限りの補強も施しておく。

てなことでヒデちゃん、これからも頼んまっせ~(笑)

さて、肝心の外観とのバランスがとれるかどうか?を判断するため、仮設置してみた。080807toraya2

うむ、うむ、

080807toraya3

うむぅ~!

ええんでないかい~(^-^)
虫籠窓がある左側に比べ、右側の壁面がちょっと寂しかったのが、燭台を置く事で良いアクセントになるようだ。
080807lantern1_2

てなことで、本格的に細部を修理~!

耐水性の和紙調ワーロンプレートも取り付けてみた。

おぉ~!男前ぇ~!\(^o^)/

『明治の時代にはワーロンなんて無かったのでは?』と言われれば、この際、素直に「ごめんなさい」と言うよ、もう(笑)

何とかこれに約100年ぶりに日の目を見させてやりたいやーん!
なっ、なっ、なぁ~!

つづく

2008年8月 6日 (水)

マニ車異聞

080806mani5

某寺院のお師匠様からのご依頼。
マニ車の下部に十字の取っ手をつけ、石の台の上でスムーズに回せるようにせよとの事。

なんぼ師匠の注文でもこればっかりは「無理っ!」と断りたい(^^;)
というのも、このマニ車、ネパールで作られたものなのだが、精度がちょっとその・・・(^^;)つまり上下に空いている穴の位置がずれてて、もともとまともに回らないのである(ToT)
080806mani4 内部で細工をしようにも、ちゃんとお経がぎっしり入っているため、芯棒が通るぎりぎりのスペースしかない(ToT)
マニ車といえば、「オン・マニ・ペメ・フム」と唱えながら時計回りに回転させれば、このお経を一回詠んだ事になるというありがたいものだから、お経自体を取り除くわけにはいかないのだ。
しかも十字の取っ手を付けたとしたら、それの摩擦力でとてもまともには回らなくなるorz
で、「あのぉ・・・マニ車って、本体に触れて回さないとあかんのちゃいますの?」とおそるおそる言上してみたのだが、『見本で置いとくから見栄えのためにも取っ手はいるんじゃ~』とのご回答・・・orz
「難しいですよ」
『そやから注文してるねん、何とかせんかいな~うっひっひ~』
こうなるともう、半分嫌がらせみたいなもんである(ToT)
う~む・・・
ドースル?080806mani1
「回すもん、回すもん、回すもーん・・・」

で、苦肉の策として思いついたのがこれ(^^;)


080806mani2そう、CDのターンテーブルである(笑)

見本で置いとのなら、雨にもかからないだろうからと、CDドライブを分解し、こいつでなんとか・・・ (^^;)

てなことで、できあがったのが最初の画像。
触れるだけでいつまでも回っている・・・てなわけにはいかないが、けっこうスムーズに回るようになった。
080806mani3 ちなみに芯棒のズレは上下の穴を若干加工し、寸切りボルトに交換して袋ナットで固定し、銅色の塗装を施した。

ぱっと見には不自然ちゃいまっしゃろ~?(^^;)

てなことで、ハイテク?マニ車(笑)完成~!

ちょっと心配なのは、『あと10個作れ~』とか言われないかという事。
そんな事になったらその度にCDドライブを・・・orz

ちゃんちゃん

2008年8月 5日 (火)

文化財発掘調査

一つの現場が終わりに近づいた頃、また新しい現場が始まるというのは大変ありがたい事であるm(_ _)m
これでまた数ヶ月は生き延びられる?(^^;)
080805c1

てなことで、まずは文化財発掘調査。

丁寧に掘削しなければならないので、爪付のままだと不可、
鉄板を取り付けて平板にしなければいけない。

080805c2 ただし、いきなりユンボで掘るわけではなく、まずは表面の調査。
ここは100年近く同じ家が建っていた所で、しかも掘っ立て式だったから基礎が無く、表土が比較的荒れていないため時間はかからない。

080805c3 いよいよ検査官の指示により、慎重に掘削開始~

ここで、土中から現れるモノや遺跡で今後の進行具合がまるで違って来る。

つまり、何も出なかった場合は、\(^o^)/(あくまで施主と業者側にとってであり、教育委員会としては残念~のはず(^^;))そのまま工事可、
土器等が出た場合、年代を確認するため、若干の調査が必要になる。当然その間は工事は進められない。
厄介なのは(これもあくまで施主と業者側にとってであり、教育委員会としては大喜び!(^^;))石垣や過去の基礎を示す木杭等が出土した場合、全面的に手堀による発掘調査となり、数ヶ月以上かかる場合も・・・(ToT)しかもその費用の一部は施主が負担しなければならないのだ。
最悪のケース(あくまで施主と業者側にとってであり、教育委員会としては万歳三唱(^^;))では、「保全対象、何も建ててはいけませ~ん」となる。
もっとも、民家を建てる場合は、そこまで厳しい処置が取られる事は珍しく、調査記録後、当該箇所を砂利で埋め、その部分を破壊しないようにそこから上部に基礎を施工する事で、遺跡自体にはまた数十年、数百年の眠りについてもらうのである。

さて・・・
ここで、『あんた日頃「世界遺産の保全を」と言ってるくせに、仕事となったら遺跡は無視なん?』と思われる方もいらっしゃるだろう(^^;)
これがね、微妙に意味が違うんですわ~
まぁ聞いてくださいお客さん(^^;)
そら私かて、それが歴史上重要な遺跡なら諸手を挙げて保全に協力しますがな~
お寺の敷地内で工事する時なんかめっちゃ気ぃ使いますねんでぇ~そやけど、これが民家の場合、ほとんどが建て直し、つまり前も民家やったちゅーとこなんですわ、それも、敷地を越えて建て増ししたりするケースは皆無で、ほとんどが同じ場所に同じ規模の家を建てるだけ、ね、つまり、現状の家が新改築されるだけの話で、それもなるべく高野の町並みに合わせてアルミサッシを木建具に変更したり、なるべくセットバックして植栽を取り入れたりで、全体的に見れば、新改築する事により町並みの保全になる。と私は思っているんです~って、言い訳に聞こえる?ね?ね?ね~?(^^;)

と、誰に向かって言ってるのかわからない話はおいといて・・・(^^;)

さて・・・
発掘が始まったら、業者としては、注意深く観察し、埋没した土器等を発見すべく務める義務がある。
でも・・・見つけたくな~い(。。 )\バキッ☆
万一、見つけてしまった時でも、検査官の目を盗み、さりげなく足で再び土中へぐにゅぐにゅっと・・・(。。 )\バキッ☆
もちこんこれは文化財保護法違反、犯罪~
080805c4_3

てなことで、
「ありました~!」とちゃんと報告するあたり、エライエライ~

 080805c5

検査官さん、一瞥して、
『それ、プラスチックですけど・・・』
「すんませーん」

080805c6

そしてまた
「こんなんありました~間違いなく土器です~」
検査官さん、一瞥して、
『釉薬がかかってるのは時代が新しいので、特に報告していただかなくてけっこうです』
「すんませーん」
と、謝ってばかりだが、これって、わざと調査に関係ないモノばかり報告しているわけでは・・・ない、マジ、ホント、信じてぇ~って、わざとらしい?(。。 )\バキッ☆

てなことで、その後、地山(じやま、元々の山であった事を示す土)が出た事もあり、調査は30分程度で無事終了~\(^o^)/

080805c8

←基礎の最深部まで掘削したという証拠&記録写真撮影中~ 

  
 

080805c7

表層から約5㎝で地山となっている。
そこから先の専門的な事は・・・知らん!(。。 )\バキッ☆

わかってることは、とにもかくにも、ここに基礎工事をしてもOK!って事と・・・
即、地山って事は地面が固くて遣方の木杭を打つのに苦労する~(ToT)って事。

それでも何とか工事にかかれそうなので・・・

めでたしめでたし

ちゃんちゃん

2008年8月 4日 (月)

看板

080804toraya4_4 いよいよ看板設置~(^-^)

ただし、建物とのバランスや照明計画のための仮設置である。
しかぁし、「仮」は「仮」でもやっぱりお店の顔、いかにも「仮設」という感じにはしたくなかったので、台は木口を塗装した磨き丸太を使用。
080802toraya_3 う~む、なかなかエエんでないかい?(^-^)
このままでも素朴でシンプルな感じが醸し出せてるのではないかな?
てなことで、看板の位置と角度はOK!

0807toraya2_2 さて、改装以前、せっかく立派な蔵がありながら、シャッターばかりが目立ち、お店と蔵との一体感が欠けていたのが、横一直線の連続性を強調するため、黒い庇を設置したのと、壁の下部の黒帯を復元した事により、本来の「蔵付きのお店」という印象を取り戻せた事は喜ばしい(^-^)v
これまた自画自賛だが、松の木さえも活き活きしだしたように見えるではないか(^-^)
しかし、こうなると、やはり磨き丸太の木口の曲線はやや唐突・・・
080804toraya1_2てなことで、直線基調の看板台を製作~
長いまま生地なりで一度設置してみた。
直線基調はOKだが、台が目立ち過ぎ~(^^;)

080804toraya2 てなことで、三度目のなんとやら・・・
看板よりやや短くして古色を施した。

・・・ええんでないかい~~~\(^o^)/

てなことで、全体像は・・・って、
もうちょっとあちこちイヂってから公開する(^^;)
もったいぶってるわけではなく、まだまだ悩んでいるからなのだ~
・・・といっても、この悩み、楽しいけどね~(^-^)

ちゃんちゃん

2008年8月 3日 (日)

♪テュリャ テュリャ テュリャ・・・

♪日曜日に市場へ出かけ~
 糸と麻を~・・・
じゃなくて、
080803d2 テラコッタのタイルを買ってきた~♪
・・・って、何で?
というのも、カミさんのハーブ作りへの熱がいよいよ高まり(^^;)今まではベランダだけだったのが、小庭でも栽培を始めるというので、区画整理?のためのタイルを買いに来たのである。
(銀が入れない庭なので、オシッコをかけられる心配も無い(笑))

私としても、毎日新鮮なハーブのサラダやプチトマトが食べられるので、大歓迎(^-^)

てなことで、やってきました○の台。
橋本市で唯一?連日賑わっているショッピングモールである。

値段を見て、業者ルートで買う方が安ければ品物だけを確かめて・・・と思っていたのだが、なんとなんと、業者ルートなんかAHOらしくなるほどの値段設定w(゜o゜)w
ダ、ダイジョーブか?安かろう悪かろうと違うんかぁ?と一瞬思ったのだが、先日、某工事で使用したのと全く同じピンコロ(サイコロ形の花崗岩)が業者価格の8割程度で売られていて二度w(゜o゜)w
しかし、考えてみると、その安くなった分は、自分の車で燃料代を負担して買いに来た。というのが重要な要素になってるわけで、果たしてホンマに安いのかはよくわからない(^^;)
ただまぁ、買い物する楽しみ、ってのも加味されるわけで、ここが賑わうのは当然かもしれない。
しかし、その結果、小規模な中間業者や小売店が立ちゆけなくなっていくのも明白・・・
これ、他人事でもなんでもなく、弊社への注文でも、『この材料はインターネットでは○○円で買えますからその値段で・・・』みたいな話が最近よく出てきている。
そんな時は「とてもうちではその値段では仕入れられませんので、お客さんで購入していただいて、うちの木屋まで運んで下さい」とお答えするようにしているが、製品自体の保障は誰がするのか?という問題が残り、なかなか難しいのである。

・・・てなことを炎天下で考えていたら頭がぼぉ~っとしてきたorz

橋本、暑いぃ~~~(ToT)

080803z3 早々に買い物を終え、スーパー林道を通って帰宅。

ここまで来ると、普通の暑さ?(笑)
今まで一度もオープン状態で画像を撮った事がなかったので、一枚。
11年で走行1万㎞、新しいのかポンコツなのかこれまたよくわからない車だ(笑)
おまけにトランクには100kg近いタイルが積まれてる・・・(笑)

てなことで、たぶん明日は 
♪月曜日は タイルを敷いた~ 
        ただし それはカミさん~♪(。。 )\バキッ☆
であろう。

ちゃんちゃん

2008年8月 2日 (土)

うだつ復元

「うだつ」の復元について080802udatu3
←これが既存のうだつ、



080802udatu6 下部を拡大してみると、途中で切断されているのがわかる。


0807toraya_22 以前の写真をみると、下部に化粧の鰭(ひれ)が付いていたようだ。

シャッターを付けて庇を上部に取り付けた際に、切断したのであろう。
む~ん・・・
写真からだいたいの形は推定できるが、完全にはちょっと・・・
と・・・
080802udatu4 反対側のうだつは庇の中に飲み込まれる形で残っていたのであった\(^o^)/

080802udatu8 何故左右で処理が違っていたのか?
想像の域を出ないが、おそらくは、左側をそのまま包み込む仕様にしたところ、接合部で屋根屋さんが大変苦労したのに違いなく(^^;)右はいっその事『切ってしまおか?』となったのではないだろうか?

ともあれ、原型が出てきたのには大助かり(^-^)

080802udatu7

丁寧に取り外し、



080802udatu5

残った左側から型を取り・・・





080802udatu0

亜鉛鉄板で覆う厚み分を勘案して木型を作製、取付~




080802udatu

亜鉛鉄板で修復カバー





080802udatu2

このあたりの細工でまた屋根屋さん号泣~(^^;)



080802udatu9てなことで、復元完了~\(^o^)/


めでたしめでたし

2008年8月 1日 (金)

第2「チャージ可taspo」発見!(^^;)

ありましたありました~
何が?って?
チャージ可能な、つまり電子マネーが使用できるtaspoが、他にもあったんですがな~
080801taspo1_2って、もう完全に、最初は批判していたピデルの虜やなぁ・・・(^^;)
で、ここ、家から二番目に遠い・・・
なんで家の近所には無いんやー!orz

とまぁ、文句を言ってても仕方がないので、とりあえずtaspoをかざしてみると「550円」の表示。
おお~っ!ちゃんと機能してるぅ~\(^o^)/
で、ピースは一箱300円やのに、なんでこんな中途半端な残額になるん?って・・・そうやったそうやった、50円単位で買ったらどうなるのかって素朴なギモン(って、ギモンというほどのもんでもないけどね(^^;))を解決するために、わざわざ350円のインフィニティを買ったんやったっけ、AHOですなぁ・・・(笑)
ほんでもってとりあえず一箱買ったら当然の事ながら、残額は250円、
ここでまた素朴なギモンが・・・
というのも、私がお金を入れたのは一番目に遠い自販機、で、ここではお金を投入せずともタバコが買えたのは便利と言えば便利なのだが、ここのお店としては、現金収入無しでタバコを渡した事になるわけだ。
これ、損なん?得なん?とすぐ考えてしまうのが関西人の癖か?(笑)
おそらく、月単位かなんかで、決済されるんやろうけど、売り上げに応じた現金が入ってこないというのはやっぱり気分的に損なんかな?いやしかし、チャージする人が多ければ、売り上げ以上に現金が入ってくるわけで得なんかな?このあたり微妙ですなぁ・・・って、いっその事、チャージ専門にすれば、在庫管理不要で現金だけが入ってくという図式も成り立つよなぁ・・・ってな妄想がまた始まったりして・・・(^^;)
080801taspo2 てなことで、気分的にタバコをタダ取りしたような錯覚にも陥り、(ハメられてますね(笑))
とりあえず250円の残高では心許ないので(ますますハメられてますね(笑))
また1000円チャージしてしまった。

ええもん、ええもーん、
080801taspo3 タバコの自販機の横では100円で缶コーヒーも売ってるし、しばらくはこっちへ通おかな?(笑)

あ、しかし、ピデルって1000円単位でしかチャージでけへんのやった。
げげっ!( ̄□ ̄;) となると、もしピデルを使い切ろうとすると、あと3箱ピースを買って、またインフィニティを一箱買わなあかんわけか?
AHOや~
あれ?あれれれ?
ちょっと待てよ・・・
これって、ピースだけ買ってたとしても、1000円チャージだと100円余るわけで・・・
3000円チャージして10箱きっちり買うってパターン以外ではやっぱり次のチャージが必要になってくるよね?
ほんでもって、単価が300円以外のタバコもたくさんある事からして、常に使い切れない残額が文字通り「チャージ」されてるという事やね?
うわ、これ、かつてのテレホンカードとかと一緒やーん!って今頃気ぃついたんかい君ぃ~orz

てなことで、taspoを使う度、ピデルにチャージする度に、国家的陰謀を感じる事にしよ。
もうこれ以上は騙されまいぞぉ~って、そもそもタバコを吸うって前提からしてハメられてとるんやけど・・・orz

ちゃんちゃん

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ