サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

24時間経過(^-^)

ラ・パーチェさん閉鎖まであと37日、
ニュースには、残っている犬達が紹介されています。
大木くん・ベル・クロ・みき・プリン・りく・小春・うの・小雪・くろ・チョッパー・隊長・アイ・ユウ・くう・ロン・どんべえ・よもぎ・もなか・親分、です。
「かえで」ちゃんの里親さんが決まったようで(^-^)、あと20頭となりました。
4月5日までに、
全ての犬達の里親さんが決まりますよう、
切に願っています。

さて、

マリアちゃん、術後、24時間経過
驚くほどの快復ぶりで、すでに肥大した心臓の収縮が始まっているとの事\(^o^)/E0170378_1193323_2
多くの人の善意と祈りを一身に受けた子(^-^)

早ければ月曜日には退院できるらしい、
よかった、本当によかった(^-^)

このエピソード、
おそらくは長く語り続けられる奇跡の一つになるだろう(^-^)

手術成功!

速報です

マリアちゃんの手術は成功したそうです\(^o^)/

あと、24時間無事で過ごせたら、
かなりの確率で元気になるそうです。

まずは、よかった!

そして、引き続き、祈ります。
どうか、みなさんも祈ってあげてくださいm(_ _)m

2009年2月27日 (金)

今夜はマリアに祈りを

ラ・パーチェさん閉鎖まであと38日、
ニュースには、残っている犬達が紹介されています。
大木くん・ベル・クロ・みき・プリン・りく・小春・うの・かえで・小雪・くろ・チョッパー・隊長・アイ・ユウ・くう・ロン・どんべえ・よもぎ・もなか・親分、です。
3頭の里親さんが決まったようで(^-^)、あと21頭となりました。
4月5日までに、
全ての犬達の里親さんが決まりますよう、
切に願っています。

さて・・・
いきなりだが、今晩、このマリアちゃんのために祈ってやっていただきたい。
200902_17_78_e0170378_1325328_2
生後まだ4ヶ月だという、

生まれつき心臓に疾患があり、このままだと1年を超えて生きられないそうだ。
病名は、動脈管開存症。通称PDAと呼ばれている難病、

【動脈管開存症とは……】
まだ母犬のお腹の中にいるときに重要な役割を果たしている動脈管と呼ばれる血管があり、通常は誕生後に自然と閉じられるのだが、稀にそのまま閉鎖せず開いたままになっているためにおこる先天性心疾患。
動脈管が開いたままの状態では、右心室から肺動脈へ流入した血液(正常な血流)と、大動脈から動脈管を経て肺動脈に流入した血液(異常な血流)とが肺の中で一緒になって左心房に流入してしまい、左心系に流入する血液量が増加し、左心不全が起こる。
動脈管の開きが特に大きい場合では続発性の肺高血圧症などにより右心不全が起こる場合もある。
放置すれば高い確率で心不全により死に至る、恐ろしい疾患。

そして2月の半ば頃、この子の命を救うため、50万円の手術費用の支援を求めるマリア基金というHPが出来た。mixiで募金を呼びかけるトピックを見かけた方も多いと思う。

これが荒れた。

緊急だったのと、飼い主がいったんは処分しようとした子という複雑な事情があり、募金を受け付ける所在をはっきり書かなかった事で、いわゆる「死ぬ死ぬ詐欺」の一種ではないかと思われたのである。
実は私も最初に見た時、ちょっと納得が行かず、スルーしていたのだった。
しかし、数日後、ネット上の知人が関わっている事を知り、「複雑な事情」が推察できたので、カンパをさせていただいた。
だが、mixiで荒れていた事もあり(その後、当該トピックは削除を余儀なくされた)、目標額もほぼ達成されそうだった事から、このブログでは紹介しなかったのである。

そして、今晩、いよいよ手術が行われる。
症状は極めて重く、入院前の検査でも、最悪と言える症状と診断され、医師からは、成功する見込みの低い手術は避けて、投薬だけで延命処置を続けることも提案されたという。
しかし、その延命措置の場合、ほぼ1年以内に死がやってくるのも明白なため、マリア基金のスタッフ達は、奇跡を信じて手術を行い、命と未来を手に入れる方に賭けたのである。

手術は、午後9時頃から約2時間の予定、

文字通り、生と死の分け目が今夜なのである。

どうか、祈ってやっていただきたい。

祈る、という事がどれほどの効果をもたらすのか?
疑問を持つ前に、まずはこの小さな命のために祈ってやっていただきたい。
生まれてこの方、思いっきり走った事がないこの子のために、
どうか祈ってやっていただきたい。

多くの人がこの子の命を救うため奔走した事実を見届けてあげていただきたい。

どうかm(_ _)m

2009年2月26日 (木)

続いて

ラ・パーチェさん閉鎖まであと39日、
ニュースには、残っている犬達が紹介されています。
4月5日までに、
全ての犬達(あと24頭)の里親さんが決まりますよう、
切に願っています。

090227waseda
(↑2月27日に届いた入学手続き書類)

さて、本日で東大受験も二日目終了、息子は今頃、帰路の新幹線の中で眠りこけている事だろう。
なにしろどこでもよく眠るヤツである。
これだけは私に似たに違いない(笑)
今朝も7時ジャストに「起きました」メールをよこしたものの、カミさんが念のために7時半に電話したら、二度寝の真っ最中だったくらいだorz
緊張して眠れないのも心配だが、ここまで気持ちよく眠り込まれると、試験中にも寝てしまうのではないかとさえ思えてくる(^^;)
まぁ、それだけリラックスして試験に臨めているのだろうと無理矢理思う事にして(でないとこちらの身が持たない(^^;))、8時40分頃にホテルに確認の電話を入れたら、『先ほどチェックアウトされました』との事だったので、一安心。
後は試験会場に迷わず着いてくれる事を祈るのみ・・・って、これまた私に似て方向音痴やからなぁ・・・(^^;)
まさか昨日行ったばかりの会場を間違うはずは無いと思うのだが・・・って、親の心配は尽きないものである。

しかし・・・朝、ちゃんと起きられるのか?試験会場まで迷わず行けるのか?ってな事を親が心配するような子が、東大を受けてるというのも不思議な話である(^^;)

しかし、昼過ぎ、塾からの連絡によると、おかげさまで早稲田の先進理工学部も合格しているとの事\(^o^)/
中学校には半分ほどしか行けてないのに受け入れてくれる高校があるのか?と心配をしていたのがわずか3年前である。
「お前はやればできる子ぉやで」と語りかけ、それを心から信じてきたつもりだが、正直、こちらの予想をはるかに超えた成長に、うれしいやらびっくりするやら、ではある。

さて、本命はあくまで東大なのだろうが、とりあえずの入学手続きをどちらにするのか、息子が帰ってきたら相談する事にしよう。

私も息子も眠り込んでしまう前に・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2009年2月25日 (水)

まずは

ラ・パーチェさん閉鎖まであと40日、

ニュースには、残っている犬達が紹介されています。
4月5日までに、
全ての犬達(あと24頭)の里親さんが決まりますよう、
切に願っています。


さて・・・
いよいよ第一志望校の受験のため、息子は昨日から東京へ行っているのだが、夕方、速達でこれが届いた。
090225ko
よ・・・喜んで・・・ええんよね?(^^;)

というのも、本人はあくまで、今日、明日の受験こそが本番と思ってるので、親が勝手にはしゃいでもなんだかなぁ・・・みたいな雰囲気が・・・

・・・でもね、よぉやったよね!

素直に喜ぼぉ~っと!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

2009年2月24日 (火)

変わったところ、変わらないところ

ラ・パーチェさん閉鎖まであと41日、
ニュースには、改めて、残っている犬達が紹介されています。
4月5日までに、
全ての犬達の里親さんが決まりますよう、願っています。

090223elf2
さて、19年ぶりの2tトラック乗り換え、
変わったところと変わってないところを書いておこう。

一番変わったのは、やはりオートマ(正しくはノークラと呼ぶべきか)を選べるようになった点だろう。
どうしても、荷物を載せて走る車はマニュアルでしか対応できない、という思い込みがあり、軽トラックにオートマが導入されだした時も驚いたが、まさか2tトラックまで採用されるとは思わなかったので、非常に奇妙な感じがする。

ただ、少し走ってみたところ、ドライブモードだと、燃費を良くするためか、はたまた、NOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)を低減するためにか、やたらにシフトアップが早く、登り坂では回転数が落ちすぎる傾向がある。
まぁこの点については、最初からあまり期待はしていなかったので、トラック特有のストロークの長いクラッチを踏む手間が無い分、マニュアルシフトで十分とも言える。

今回、どうせ乗り換えるのならと、こだわったのが4WD、である。
今年はともかく、路面の凍結期間が長い高野山において、また、悪路を走る事も考えれば、非常にありがたい機能だ。
これまでは、当然の事ながらFRだったので、冬季はチェーンを巻いた上に、わざと荷物を多めに積んで荷重したり、ヤバそうな所はあらかじめ塩カリで溶かしておいたり、コンパネを敷いたりと苦労していたのである。
090224elf1
マニュアル式「フリーホィールハブ」
これは『懐かしいぃ~』機能とも言える。初期の4WDは全てこれだった。

『これだけは聞いといて下さい』と説明を受けたのがこれ、090223elf3
連続再生式DPD(Diesel Particulate Defuser)の警告灯だという。

つまり、NOxは触媒で低減し、PMについては、走りながら燃やしてしまうのだそうで、長距離走行をすればするほど、どんどん燃えてくれるのだが、短距離走行だと燃え残りが出るため、その堆積具合を表示、警告するのだという。
で、この表示がオレンジになり、赤になった場合は、アイドリング状態で、↓の真ん中にある、DPDスィッチを押す事で、強制的に燃やすそうな。
090223elf4
時間的には10~15分程度かかるらしい、その間の排気ガスについてはお咎め無しなのだろうか?

このあたり、いくら『地球に優しい』などという戯言を並べても、車自体が地球に優しくないわけなので、無いよりマシな言い訳、みたいなものだと思う。

地球さん、ごめんなさいm(_ _)m

次に、『体に優しくない』と言われてるタバコの灰皿について(^^;)
昨今の車の灰皿は、どんどんどんどん小さくなるか、コインケースなどに取り替えられていってるものだから、ちょっと心配だったのだ(^^;)
案の定、運転席の右側、ドアの横っちょあたりに、ごく小さい灰皿が申し訳程度に設置されていた。
090223elf5
まぁ・・・こんなもんやろなぁ・・・

と・・・
090223elf6_2
さすが、トラック?(笑)
これだけは従来通りのデカ~い灰皿が、でーんと設置されているではないか(笑)

運転席の横の小さいヤツは、いわばコンフォートアイテムやったんやね(^^;)

てなことで、これまたおそらく長いつきあいになるであろうエルフよ、

よろしくね~(^-^)

ちゃんちゃん

2009年2月23日 (月)

不況ゆえの乗り換え

ラ・パーチェさん閉鎖まであと42日、

ニュースには、改めて、残っている犬達が紹介されています。
4月5日までに、
全ての犬達の里親さんが決まりますよう、願っています。

さて、本日、2tトラックのエルフが納車された。
090223elf1
トヨタのダイナにするかどうか悩んでいた頃、「驕るナントカは・・・」で、いすゞに決めたのが11月。
しかしその後、「100年に1度の」を合い言葉のようにして、この時とばかりとしか思えない決算の下方修正を各企業の発表が続く事になった。

・・・ホンマか?
不況の連鎖はわかるけど、何でもかんでも「100年に1度」で押し通し過ぎちゃうの?
今まで、戦後最長の好況とか、庶民には全然実感できない状況を喧伝しすぎて、実はアップアップしてたのを、「みんなで渡れば・・・」なんとやらで、一気にカタを付けようとしてるんちゃうの?
結局、そのとばっちりを受けるのは我々なんよね・・・

で、11月中、かなり悩んでいたのである。
つまり、この不況の中、果たして2tトラックを買い換えてもええもんかどうか?
まぁ・・・この10年くらい、資金不足から(ToT)ずっと同じように悩んできたわけなんやけど(^^;)

また、うちの2tトラックの使用状況を考えてみると、18年、(年を越えたから19年か(^^;))で、走行距離が約4万7千km。つまり、年間2500kmちょっと、という程度なのである。
だからこそ、19年も使えたとも言えるし、乗り換えずにずるずると来ちゃったわけでもある。

しかし、大きな材を運ぶのに、月に何度かは必ず使うため、無ければ当然、工事に差し支えるし、ねぶた巡行と秋祭りにも必須!(^^;)だから、レンタカーに切り替えるのも不便かつ不経済な話。

ううむ・・・やはりこのあたりが潮時か・・・
それとも、今のダイナが壊れるまで・・・(^^;)

で、程度の良い中古、というのも考えた、
しかしこれは即断念、ロングボディやワイドボディならいざしらず、高野山に適した標準ボディで、どうせ乗り換えるなら「4WD」を、と思うと、タマは皆無なのであった・・・(ToT)

そして12月も半ば、ぐずぐずと悩んでいる私の背中を押してくれたのが、皮肉にも「不況」であった。

どんどん見積額が下がり始めたのである。
聞けば、新車が全く売れないという。
そこへ、いすゞでは新規の客なもんだから、向こうも力を入れてくれたらしく、12月の半ばに提示された見積では、値引きがなんと3桁万円に迫る勢いになったw(゜o゜)w

だ、ダイジョーブか、いすゞ?(^^;)と、ちょっと心配になり、別のディラーに相場を問い合わせもしたのだが、やはり破格の値らしいのがわかった時点で、即契約!となった(笑)

セコい?(^^;)

な、何とでも言うてくれ~(^^;)
これが超零細企業の、「結果オーライになってくれる事をひたすら願うのみ、森貫主さん舞台を貸して下さいm(_ _)m」なんじゃ~(^^;)

てなことで、ダイナよ、ご苦労さん、エルフよ、よろしくな、なのである。

めでたしめでたし。

2009年2月22日 (日)

待っている

ラ・パーチェさん閉鎖まであと43日、
4月5日までに、
全ての犬達の里親さんが決まりますよう、祈っています。

さて、日曜日、

銀は待っている、
おとなしく待っている、
銀ぶら途中で買い物を始めたお母さんを待っている。
090222gin
『ちょっと寄るだけ』が15分以上になっても待っている、
小雨がぱらつき出しても、ひたすら待っている。

・・・お父さんと一緒に、

ちゃんちゃん

2009年2月21日 (土)

のんのののさま

ラ・パーチェさん閉鎖まであと44日。
全ての犬達が、4月5日までに里親さんが決まりますよう、祈っています。

さて、本日は「廟参」の話。

承和二年(835年)3月21日以来、空海・弘法大師は、56億7千万年後の弥勒菩薩降臨の日まで、奥之院の御廟で人々を見守りつつ、禅定を続けている。というのが、弘法大師信仰の根幹である。そのため、高野山では「入滅」の文字は用いず「入定」と言い表す。
つまり、毎月21日に「廟参」と称し、奥之院の御廟に参拝するのは、月命日という概念ではなく、今もおわしますなるお大師さんへのご挨拶、なのである。
宗立の学校法人である、高野山大学や高野山高校の生徒はもちろん、これも宗立の高野山幼稚園の園児達も参拝する。
090220nonnononosama
政教分離の観点から、難色を示す意見はこれまでの所聞いていない。
これは高野山全体が、「真言宗」に染まっているからではない。実際のところ、他の宗教の信者も相当数いるし、キリスト教の家庭もあるが、情操教育の一環として好意的に受け止められているからであろう。
私も、遠い昔、この高野山幼稚園児であった。
「♪のんのののさま ほとけさま♪」とか、「♪ののさまに あげましょ きれいな おはな♪」という宗歌をかすかに覚えている。
また、『子供を護ってくれる仏さんはお地蔵さん』という事も、幼稚園の時に教えられたもので、「おんかかかびさんまえいそわか」という真言だけは忘れた事がない。
三つ子の魂なんとやら、である(^^;)

ちなみに、「ののさま」は、一般にお釈迦様を指すとされているが、古来から、日や月や星、そして仏や神など、尊いものをさす幼児語だそうである。

ののさまを素直に拝む事ができるというのは、それだけで幸せな事だと思う。

てなことで、ちゃんと帽子を脱いで御廟に向かう子供達を後ろから拝んだ。
すごく、ありがたかった(^-^)

2009年2月20日 (金)

理事長代理からのメッセージ

ラ・パーチェさん閉鎖まで、あと45日。

昨日付で、行方不明の藤原理事長の代理として奥様から、「御詫びと御礼」というメッセージが掲載されましたので、全文を引用させていただきます。

***引用 ここから***

全国の皆様、主人に代わりまして御詫びと御礼を述べさせて頂きます。

理事長が1月14日に海難事故に遭い 現在に至るまで、無事を祈ってまいりました
今でも現実を受け入れる事ができません。
理事長が不在になり、公私共に処理しなくてはいけない案件に奔走せねばならず施設の方はスタッフに任せきりの状態になり、皆様に御報告が遅れましたことここに御詫び申し上げます。

主人がこの施設と初めて出合った時40数頭の犬が施設内に監禁されており、その時主人はその子たちの救いを求める目が忘れられないと言っておりました。

この子達を助けるには、施設を買取るしか方法がなかったのですが。当然余分なお金があるわけでも無く2ヵ月余り思い悩んでおりました。
事業として成り立つことは無いとわかっておりましたので出資者を募ることも困難だったのです。
その時、志を同じく持つ方が現れその方に借金を申し入れて施設を購入したのです。

あの時の主人の嬉しそうな顔は今でも忘れることはできません。

あれから約2年運営困難な状況でありながら頑張ってこれたのも現在のスタッフのおかげです。

ボランティア頼みでは40数頭の保護動物の環境を良好に保つことは困難なので、理事長は常勤スタッフ制を取入れ、スタッフには本当に安い御給料で文句一つ言わず頑張ってきてもらいました。
それも今は無給で頑張ってくれています。

120数頭のブリーダー絡みの犬を救う事が出来たのもスタッフ達の頑張りがあったればこそなのです。

「何とか頑張って行こう、分かってくれる人が必ず現れるから」が主人の口癖で、スタッフ全員その言葉を信じて保護動物達に愛情をそそいできたのです。

そう言って導いてくれる人を失った今、施設の存続に関してもスタッフを含め個々色々な考え方があり方向性が見いだせず 全国の皆様に助けをお願いするしか方法が無かったのです。

ありがたいことに現在HPからの呼びかけで支援金・支援物資が寄せられており、3月一杯まで維持できそうです とスタッフからの報告ありました。
何とかそれまでに残りの動物たちに里親を見つけてあげたいと思っております。

皆様方からの温かい御心本当に有難うございました。御礼申し上げます。

尚、皆様方からの支援金・支援物資の内容及び使い方は施設閉鎖前に全国にHPにてすべて公表させていただきますので、宜しくお願いいたします。                

                   理事長代理  藤原 ○○(お名前だけ恵峯略)
***引用 ここまで***

ご主人が海難事故により未だに行方不明との事で、ご本人もさぞ、ご心痛の日々だと思います。
残された一月半で、みんなが望むような結末を迎えられます事を、
そして、理事長代理様、ご家族様の悲しみが少しでも癒やされます事を、
心から祈ります。

2009年2月19日 (木)

最近のマスクは

ラ・パーチェさん閉鎖まであと46日、
もう、見守る事しかできません、
しかし、最後まで見届けさせていただこうとも思います。

さて、久しぶりにマスクを買いました。
何年ぶりかな?
たしか、2003年にダイエットして以来、花粉症が治まったわけで・・・
2004年の冬からはマスク無しで過ごして来たので、ええと、5年ぶり?

それにしても、5年前にも立体マスクはありましたけど、最近のはすごいですね、
090219mask
鼻当てのスポンジがついていて、眼鏡の曇り防止99%とか、
1%漏れても結局は曇ると思うのですが(^^;)まぁそれはおいといて・・・
何やら、湿潤シートなるものがマスクに装着できるようになっておりました。

私は、マスクをすると非常に息苦しく感じてしまう方なので、できれば付けたくないのですが、昨日からの冷え込みで、今にも風邪をひきそうな案配、
この時期、息子に移すのだけは避けたいので、マスクを付ける事にし、少しでも息苦しさを緩和しようと、湿潤シート装着タイプを選んだわけです。

で・・・
付けてみたのですが、これが非常に息苦しいではあーりませんか!
しかも、かなり大きめを買ったにもかかわらず、三重になったマスクのヒモ?で耳が痛いくらい!

か、顔までリバウンドしてデカなっとんか~!orz

しかしなんぼなんでもこれはおかしい?と、その時になって初めて箱書を読んでみたら・・・
このマスク、3枚セットやったんですね~(。。 )\バキッ☆
それでなくてもゴツめのマスクを三つも重ねたら、そらぁ息苦しいのは当たり前!

「最近のマスクは密着させるために、ヒモまで三重になっとるんやなぁ」と、感心してたAHOは私です・・・orz

ちゃんちゃん

2009年2月18日 (水)

ラ・パーチェさん閉鎖決定・・・

残念ながら、ラ・パーチェさんの閉鎖が決定したようです・・・

以下、HPから引用させていただきます。
一部、フォントカラー及びフォントサイズを変えてあります、ご了承下さい。

***引用ここから***

 ※ 平成21年4月5日(日)をもちまして ※ 

 ※ 保護動物ケアセンター「ラ・パーチェ」は閉鎖いたします ※ 

「ラ・パーチェ」がオープンいたしましたのは、平成19年9月。30頭の犬を残し、経営破綻となった前オーナーから犬とお店を買い取り、その犬達の里親探しをする所からスタートしました。

その後、前オーナーに残された30頭以外に新たに保護する、野良犬・猫や、家庭の事情で飼えなくなった犬・猫に関しましては保護料金システムを導入し運営しておりました。また、ペットホテル・トリミング・ショップも同時に運営し、その収益は、保護犬・猫の管理費にあてておりました。

しかし、平成21年1月14日(水)深夜・・・。

保護料金やお店の収益では足りない部分を、私財を投じて「ラ・パーチェ」を支えて下さっていた理事長が、徳島県鳴門市の海へ夜釣りに出かけ、海難事故に遭い、行方不明になったまま安否の確認が取れないまま、もう1ヶ月が経ちました。

この事件をHPで公表し、支援をお願いした際には、たくさんの方々の御支援を頂きました。皆様の温かいお心遣いには、心より感謝申し上げます。

しかし、現状は厳しく・・・理事長が不在の今、いつまでも皆様の御支援に頼って運営して行くのは、甘い考えであり、不可能な事でした。

【ラ・パーチェの存続】を願って御支援下さった方々には、誠に申し訳ございませんが、今まで頂いた支援金・救援物資で、どうにか運営可能な『平成21年4月5日』を最後に「ラ・パーチェ」を閉鎖する事となりました。

つきましては、今後の支援金・救援物資に関しましては、お気持ち有難い事ですが、ご遠慮させて頂きます。今までに御支援下さった皆様方には、言い表せない程の感謝の気持ちでいっぱいです。その、優しく温かいお気持ちは、一生忘れません。

残り1ヵ月半。現在保護中の犬は26頭です。

スタッフ一同、処分だけは絶対にしたくありません!26頭全頭が幸せに暮らせるように、必死で頑張る所存です!!

全ての犬達が、4月5日までに里親さんが決まります様、何卒ご協力お願いいたします。

***引用ここまで***

このブログを見て、支援金を送ってくださった方もたくさんいらっしゃると思います。
心よりお礼を申し上げますm(_ _)m

ラ・パーチェさんが閉鎖されるまで、あと47日です。
残りの26頭全頭の里親さんが見つかりますよう、心から願っています。

2009年2月17日 (火)

コメントしにくいが・・・

本日のラ・パーチェさんのニュースです。
引き続きあたたかいご支援をお願いしますm(_ _)m

さて・・・
極めてコメントしにくいニュースが・・・
「中川(酒)」大臣の問題である。
↑これ、ネット上での通称らしい。
つまり、アベちゃん政権の党三役だった、ナカガワ秀直と区別するために、昭一は「中川(酒)」、愛人・覚せい剤スキャンダルのあった秀直は「中川(女)」「中川(シャブ)」と表記するのだという。(それにしても「女」か「シャブ」で特定できるセージ家って・・・orz)

日本中にたくさんいらっしゃるであろう同姓の方は非常に迷惑している事だろう・・・

で・・・
(酒)について、私が何かコメントしようものなら「お前が言うな~!」という声があちこちからかかる事は想像に難くない(^^;)
しかしながら、私は、酒が原因で仕事をしくじった事は無いのだ。
それは別に心がけが良いからではなく、ただただ単純に、「酒は仕事が終わった後で飲む」という、ごく当たり前の事の結果にすぎない。
川へはまった翌日も、痛む足を引きずって現場で打ち合わせを済ませてから、これまた仕事で必要な携帯電話の交換をして、それから病院に行ったのだ。
その時点では、「折れてる」と思っていたのにもかかわらず、だ。
もちろん、自慢にする事ではない、むしろ恥ずかしい事なのだが、それでも仕事は優先した。それが生業、だからだ。

ところが、中川(酒)の場合、これから報道機関の前に出て、大臣の公式見解を述べるという「公の仕事」があるにも関わらず、まともに喋れないくらい酩酊してしまった。
・・・風邪薬の飲み過ぎ?
AHOかいな、それこそ酔っぱらいの言い訳やん!だーれも聞いてくれへんで、経験者やからわかるけどな!(。。 )\バキッ☆

「なんでそこまで飲むねーん」
私もしょっちゅう言われている言葉だが(^^;)、周りに誰か止める者はいなかったのだろうか?

で、日本中どころか世界中の報道機関から叩かれて、大臣辞任に追い込まれたわけだが、本人の評判などはこの際どうでもいい、それよりも国益を損なった罪は万死に値するものがある。
なぜなら、この「先進国財務大臣・中央銀行総裁会議」では、世界的同時不況を乗り越えるため、各国共財政出動をすることが確認され、日本がIMFに1000億ドル(10兆円)相当のドルを融資したことが評価され大いに感謝されたそうなのだ。
IMFの手持ちのドルは、1940億ドルという事なので、予算が一気に5割以上の増加となり、中小国や開発途上国の救済に充てられることになるとの事。
『国内が大変な時にそんな余裕があるのか?』という声も聞こえてきそうだが、会議中、IMFのストロスカーン専務理事は、日本の取組みを『人類の歴史上最大の貢献だ』と評価したのだという。
ウクライナ等、100億ドルの融資を受け、デフォルトが避けられた実例もあり、各国が相互に深く関与している現在の世界情勢では、中小国が破綻すれば連鎖が起こりかねず、この融資は「定額給付金」などより、はるかに実効性のあるお金の使い途と言えるのかも知れない。

嗚呼、中川(酒)よ、あんた、この専務理事の誉め言葉に有頂天になって酔うてしもたんか?
『人類の歴史上最大の貢献』やで、
それを誇らしげに発表できるチャンスやったんちゃうの?
あんたが笑われ、軽蔑されてるだけちゃうねん、日本という国が、品性下劣な国やと世界中にわかりやすく宣伝されてしもたんやで、

10兆円使って、笑われる国・・・

中川(酒)氏と言えば、直裁な物言いがけっこう好きやっただけに残念で仕方がない。

この汚名を返上するのはなかなか難しいと思うけど、精進はしてほしいとも思う。

・・・結局、酒で失敗したヒトにはちょっと甘いのかもしれない・・・(。。 )\バキッ☆

くれぐれも、おやっさんみたいな最期にならぬよう、願っている。

2009年2月16日 (月)

さて、何でしょう?

本日のラ・パーチェさんのニュースです。
引き続きあたたかいご支援をお願いしますm(_ _)m

090216c0

厚み1ミリのステンレス製、

090216c2

それを包む、耐火板 厚み25ミリ、

090216c3

耐火板で作った箱にステンレス製の箱がきっちりはまるようになっている。
あ・・・きっちり、といっても、
熱伝導率を下げるため、約6ミリのクリアランスはとってある。

090216c1

で、これがそれを入れる箱、木製である。

090216c4

3つ並べるとこんな感じ、

さて、何でしょう?

・・・って、わかるわけないよねぇ・・・(。。 )\バキッ☆

完成までにはもうちょっと・・・である。

2009年2月15日 (日)

ほんまに二月の中旬?

本日のラ・パーチェさんのニュースです。

いまだ20数頭が里親さんを探しています。
どうぞあたたかいご支援をお願いします

さて、本日は、会議出席のため和歌山へ、
090215w1
快晴で暖かく、高野山道路から幌を仕舞ってオープン状態に、
ほんまに二月の中旬かいな~?w(゜o゜)w

地球温暖化がどうとか、エコライフがどうとか、コマーシャリズムが見え隠れするプロパガンダには乗せられたくはないけれど・・・
ここ数年の異常気象は確かに何かの予兆という気もする。
自分なりの「省エネ」に取り組むべきなんやろねぇ・・・

てなこといいつつ、一人の外出に車を使うのはいかがなものか?
いやそのあの・・・
090215w2
矛盾した行動が許される範囲ってどのくらい?(^^;)
まぁその・・・Z3は異常に燃費がいいので・・・という事で勘弁していただこうm(_ _)m

とにもかくにも、二月にノーマルタイヤで和歌山まで来られた事に感謝!
もう10年選手(^^;)のZ3がまともに動いてくれてる事にも、

!( ̄□ ̄;)
確か一昨年は、このパターンで帰りにエンストして動けなくなったんやった(^^;)
今日はダイジョーブやろか???

まぁ・・・その時も何とかラッキーに恵まれて帰れたし・・・ね(^^;)
なんとかなるさ、なんとか・・・ね、

調子に乗らず、おおらかに、ってとこで、
今日は冬のドライブを楽しませてもらいましょう(^-^)

ありがとうございます~m(_ _)m

2009年2月14日 (土)

これぞ玄人!

本日のラ・パーチェさんのニュースです。

結婚披露宴にお招きいただきました。
美男美女の新郎新婦を囲む、大変豪華な宴。
090214m1
主賓も超豪華!
090214m3
松長官長様のあたたかい人柄が偲ばれるご挨拶に心打たれた後、清水寺の森寛主様のご挨拶に会場は沸いた。
090214m2
ごく短いご挨拶だった。

『・・・これからの人生、夫婦で覚悟を決めて決断しなければならない時もあるでしょう、
その時は・・・うちの舞台を貸したげるからいつでもいらっしゃい』

この世でこの台詞を決められるのは森寛主さんただお一人!

さすが!
これぞ「玄人」ではないだろうか、

同じ口から出る言葉でも、昨日のおっさんとはずいぶん違うねぇ・・・

2009年2月13日 (金)

玄人、だってさ(笑)

本日のラ・パーチェさんのニュースです。

里親が見つからない子達がまだ20数頭いるようです。
引き続き、あたたかい支援をお願いしますm(_ _)m

で、今日の話題は昨日配信されたニュースから、
090213aho
このイブキっておっさんは、今までにも、自殺した国会議員を『死人に口なし』と評してみたり、国会の証人喚問を民主党が単独議決した時には『ピストルを持った小学生だ』と揶揄したりと、失言(本人はそう思っていないらしい(笑))をくり返してきました。
私が一番ムカっときたのは、消費増税に関して、『お殿様は国民だ。国民が使っているものに年貢が追いつかない場合は、国民が年貢をもう少し増やすのは当たり前のことだ』とコメントした時でした。

わしらは使っとらんわーっ!ヽ(`Д´)ノ

自分達で無駄遣いしておいて、国民におっかぶせてくる厚顔無恥さに辟易したものでした。

で、昨夕、配信されたニュースを見ると、
これでも、郵政改革でブレまくったアソウさんの発言をかばってるつもりなんでしょうね(笑)

で、この場合、「玄人」と「一般の人」の違いって何なんでしょう?

まさか文部科学大臣まで務めた方が、「AHO」を「玄人」と、アソウさんみたいな言い間違えはしないでしょうしねぇ・・・

ちなみに、ネットで検索してみたら、昨年の暮れに、このおっさん自身が「失言しないために避けるべき六つの「T」」を披露したという記事がありました(笑)

〈1〉「正しい」と思い込んで不要な発言をする
〈2〉「立場」をわきまえず、言ってはいけないことを言う
〈3〉人を見下すような「態度」を取る
〈4〉話す「タイミング」を間違える
〈5〉「旅先」で気がゆるむ
〈6〉笑いを取ろうと「例え話」をする――を挙げ、
「ポストにいる人は注意してもらいたい」と戒めた。

私なら七番目として、『一生黙っとれ!』を加えたいです。

2009年2月12日 (木)

「美より健康」?

本日のラ・パーチェさんのニュースです。

で、↓は今朝のアサヒ新聞から、
なんでも、世界最古の「愛犬家」団体である英ケネルクラブが、『人の好みの純血犬をつくろうと交配をくり返した結果、犬の健康に影響が出始めたため』『犬の検査基準を健康重視に変えた』ため、『人が、数百年にわたってつくってきた犬の美の基準が変わりそうだ。』とあります。

検査基準が健康重視に変わるのは喜ばしい事、だとは思いますが・・・
しかし、
今まで、『人の好みの純血犬をつくろうと交配をくり返してきた』人々を「愛犬家」と呼ぶのなら、一昨日のブログで使った「愛犬家」という言葉は返上したいとも思います。

本来、美と健康は両立するものではないのでしょうか?
数年前に、痩せすぎのモデルをBMIの数値で規制するという騒ぎがありましたが、ヒトの場合、自らの意志を反映させられる余地もあるでしょう、ところが、無理矢理?作り出される犬の世界では呼吸困難や体温調節がうまくできないなど、深刻な事態が起こっているのです。
090212jkc
「主な犬種の審査基準の変更点」を見てみると、
ブルドッグでは、「『上唇が両あごより下に垂れ下がる』という表記を削除」とあります。
「純血犬」素人の私としては、上唇がより垂れ下がる事を目標に「愛犬家」によって交配がされてきたという事実に驚くばかりです。
チャウチャウでは「『ぎこちない歩き方』を削除」とあります・・・
「ぎこちなく歩く」事がチャウチャウにとって「美しい」と思える「愛犬家」の感性って・・・{{{{(+_+)}}}}
ダックスフントにいたっては、「『体と地面の間が自由に動ける余裕のあるように』」が追加されたのだそうです。
それが「美」を追求した結果だというのでしょうか?
思わず、中国の纏足を連想してしまう話でもあります・・・

そしてもっと驚いたのが・・・
この「基準の変更」に対するジャパンケネルクラブで「犬の基準を検討する」立場の人のコメントでした。
090212jkc2
『人は犬に芸術性も求めており、犬の健康とのかねあいは難しい。』
『しかし、FCIが基準変更に動けばJKCも検討せざるをえない』

芸術性って、健康を犠牲にしなければ実現できないものなのでしょうか?
しかも、それがこの方の信念であるならば、いっそ貫けばいいものを、FCI(国際畜犬連盟)が基準変更するなら『検討せざるをえない』とは・・・
いつから「芸術性」は長いものに巻かれるようになったのでしょう?(笑)

ひょっとして、この方のコメント、記者が極端にまとめすぎているのかもしれませんが・・・

それにしても、なにをかいわんや・・・です。

私は、もともと純血犬や、血統書等には全く興味がないのですが、健康を犠牲にしてまでFCIとやらが追求してきた「美」や「芸術性」には、
大反対じゃー!AHOんだらどもー!
と声を荒げる事にします。
銀のCHDにしたって、結局はそういう傾向に乗っかったAHOなブリーディングの結果なのですからね、
あ・・・
しかし、基準が変わったとたんに、特徴が過剰に出ている「純血」の子達が捨てられる可能性もありますね・・・

ああ、想像するだに胸くそが悪い、

ということで、今日も少しですがカンパさせていただきました。

これは、してあげる、のではなく、させていただいた、という事です。
私の気持ちもカンパさせていただいた金額以上に癒されました。
これこそが、喜捨、なんでしょうね、
受け取ってくれたラ・パーチャさん、
無料送金制度を維持してくれてるゆうちょ銀行さん、
ありがとうございます。
(郵政問題はまた別の話ですがね!(笑))
090212la_2
ラ・パーチェさんにいる、雑種の子達の方が、よほど美しく、愛されていると思うのは、きっと私だけではないでしょう。

ここまで読んでくださったみなさんにも感謝を、
ありがとうございますm(_ _)m

2009年2月11日 (水)

建国記念の日に

本日のラ・パーチェさんのニュースです。

以前、ラパーチェさんの保護犬の里親になって下さった方が、ご自分で生後1ヶ月くらいの子犬3頭を保護され、里親さんを募っていらっしゃるそうです。

当たり前の事ですが、ラ・パーチェさんの活動は、今日も続いています。
存続の危機に瀕し、現在残っている子達の里親探しに加え、こうやって日々、新しく里親の必要な子達への対応・・・
スタッフ・関係者のみなさんのご苦労、ご心痛がしのばれます・・・

どうか、ラ・パーチェさんにあたたかいご支援を!

さて、今日は、建国記念の日です。
この国ができてから、今年で2669年とされています。
しかし実は、それが決まったのは、明治になってからです。
「辛酉革命(しんゆうかくめい)」という考え方を元にして、推古天皇9年(601年(辛酉)からさかのぼること1260年(還暦60年×21回)、つまり西暦紀元前660年を、初代天皇である神武天皇が即位した年と決めたわけです。
21を掛けるのは、それが暦の1蔀(ぼう)という単位になるからです。
また、甲子革命(こうしかくめい)という考え方もあり、この場合は、60に22をかけ、天智天皇3年(664年(甲子))からさかのぼること1320年の直近の辛酉の年である西暦紀元前660年に特定したという説もあります。

もともと、古代中国には、辛酉(しんゆう:かのと とり)あるいは甲子(こうし:きのえ ね)には天命が改まり、王朝が交代するという考え方がありました。
それが言霊の国の日本では、辛酉と甲子の年に、年号を変える事で(擬似的に)革命が起こった事にしてしまい、これで「天命は改まった」という事で、「言霊上の平安」を維持しようとしたわけです。(天変地異が起こった時なども「天命が改まった」として改元されました)
この暦による改元を、それぞれ辛酉改元、甲子改元といい、江戸時代など、天皇の地位が将軍に比べて著しく低下していた時も、この考え方は引き継がれたようで、901年の延喜元年から明治になるまで続けられていました。
ちなみに、辛酉の次は、壬戌、癸亥、そして甲子となるわけで、昔の日本の年号で○○3年、で終わってしまい、新しい年号に変わる事が多かったのはこの改元が影響しています。

そして、明治になり、天皇を中心とした立憲君主制の確立のため、明治政府が、日本の起源を西暦より古くなるように設定したとも言われています。
この結果、昭和15年は、紀元2600年という事で盛大なお祝いもされましたし、その年に採用された海軍の戦闘機は「零式」つまり「ゼロ戦」と命名されました。
ちなみに、海軍と張り合っていた?陸軍では「零」ではなく「百」もしくは「一〇〇」を採用したので、同じ年に採用された戦闘機は「一式戦闘機」(通称はハヤブサ)と呼ばれますし、前年の昭和14年に陸軍が採用した小銃は「九九式」と呼ばれます。
国家主導の祭でしたから、この前後に生まれた赤ちゃんの名前に「紀」という字を付けるのも流行しました。
現在、70歳前後で紀男さんとか紀子さん、紀美さんがいらっしゃったら、間違いなく、紀元祭にちなんだ命名だと思います。

なお、神武天皇が即位したのは1月1日ですが、それが2月11日になったのは、明治5年の暮れに公務員の給料を1ヶ月節約するため、旧暦から新暦に無理矢理切り替えた結果であり、その時のどたばたについてはこちらに詳しいので興味のある方はご覧ください、・・・ただ、ちょっぴり情けなくなりますが(^^;)

で、建国の起源を西暦より古く設定したため、実在が確実視されている第15代応神天皇(即位は西暦270年)より以前の天皇は660+269=929年間を、14代で統治した事になってしまい、平均でも一人66年の在位期間となり、第6代孝安天皇にいたっては在位期間が101年間とされていますし、年齢で見ると、第12代景行天皇は140歳以上生きたという事になっています。

ここで私は、天皇制の批判をするつもりはありません。
明治政府が欧米列強に対向するために工夫した事を笑うつもりもありません。
1月1日が2月11日になったのも、結局、西洋の(グレゴリウス)暦に従っているわけで、本末転倒な気もしますがここではその矛盾も問いません。

ひたすら、日本を豊かで良い国に、という思いが込められていると好意的に解釈するからです。

しかし、神話伝説も含めて、どんなに古い歴史があるとしても、建国わずか200年ちょっとの国に翻弄され続けている事実を忘れてはいけないと思います。

そして、2600年以上の歴史を誇るのであれば、人や動物にもっと優しい国になっていなければおかしいとも思います。

この国は、人はもとより、犬や猫の命さえまともに助けられない国なのでしょうか?

お隣にも四千年とか五千年とか、このところどんどん起源が古くなっていく国もありますが、そこの国でも人や動物が優遇されているとは言えません。

無駄に歴史を重ねてるだけなら、昨日書いた「どんべえ」18歳より、はるかに劣るのではないでしょうか?

そんなことはない、政府がなんぼAHOでも、巷の人情はまだまだ捨てたもんやないよ~という方もたくさんいらっしゃると思います(^-^)

ぜひ、ラ・パーチェさんへの支援をお願いしますm(_ _)m

2009年2月10日 (火)

せめて安らかな天寿を

本日のラ・パーチェさんのニュースです。

まだ、里親が決まっていない子達がたくさんいます。

その中でも「どんべえ」と「よもぎ」という、
18歳と16歳の老犬をぜひ見てやってほしいのです。
ニュースの2ページ目、真ん中の方に画像があります。

携帯サイト もあります。

「どんべえ」は18歳の♂、
センター最長老で、首は斜めに傾げたまま。
よくふらつきますが、自力で歩き・よく食べるそうです。

「よもぎ」は、16歳の♀、
痴呆症・白内障・左眼耳の機能はほとんどなし。
ほとんど寝てすごし、起きるとグルグル回る。
障害はたくさんありますが、よく食べ元気だそうです。

どうか、どんべえとよもぎを一目でも見てやってください。
自分の運命を知っているかのような、どんべえのまなざしを、
舌を出して眠っている、よもぎの寝顔を、
どうか心に留めてください。

これはそんなに遠くない、私たちの未来の姿です。

こんなに長生きはできないかもしれないけれど、
歳を経れば、生き物はみんなこういう風に老いるのです。

おそらく、数年以内にどんべえとよもぎはその生を終えるでしょう。
ラ・パーチェさんにいる子達の中でも、最も里親が見つかりにくいと思います。
どんなに愛犬家だとしても、
いや、むしろ愛犬家であればあるほど、
死を迎えようとしてる命を、引き取り看取ってやろうと思える人はなかなかいないでしょう。

ラ・パーチェさんだからこそ、どんべえとよもぎは穏やかに暮らせているのです。
ラ・パーチェさんに引き取られたという事は、一度は捨てられたという事です。
寂しい思いもしたでしょう、辛い目にもあったと思います。
せめてその生の終わりは、安らかなものにと願わずにいられません。

どうか、ラ・パーチェさんに支援をお願いします。

・・・縁もゆかりもない私が、ラ・パーチェさんのスタッフさん達の苦労も知らず、関係者の苦悩も知り得ないまま、毎日書かせていただいております。

ご不快に思われる方もいらっしゃるでしょうが、どうぞご寛容ください。

どんべえとよもぎに、せめて安らかな天寿を。

2009年2月 9日 (月)

このまま春に・・・なるわけない

本日のラ・パーチェさんのニュースです。
里親決定の子達もいますが、残された子達もまだ30数頭います。
どうぞ暖かい支援をお願いしますm(_ _)m

さて・・・

高野山は、本日の夕暮れまで、2月初旬とは思えない好天が続いていたのだが・・・
それはもう、ひょっとして雪のないまま春になるんちゃうかと思えるほどだったのだが・・・
そんなわけないやろ~
てなことで、夕方からさらさらと降り出しましたがな・・・(ToT)
090209gin
↑は午後7時過ぎ、
これまたモノクロではなく(笑)あくまでカラー
足跡がいっぱい付いてるわけは、道に積もりだした雪と銀のコントラストを撮ろうとして、
この場所にオスワリさせ、カメラを構えて少し離れたらたちまち銀も私の足下に・・・orz を繰り返した結果である(^^;)

この後、銀ぶらに行ったのだが、ご機嫌なのは銀だけ、
私はといえば、降りしきる雪でたちまち真っ白になり、こりゃたまらんと短縮コースで帰ってきた。銀、ごめんねm(_ _)m

ラ・パーチェさんの所に残された犬達のうち、るんたに似ている子がいて心が痛む。
できれば引き取ってやりたい。
しかし、銀一匹でも右往左往している現在、とても里親としての責任を全うできるとは思えない。
また、るんたに似ているから、という理由でひきとるなら、それはるんたにも、るんたに似ている子にも悪いようにも思える・・・

とても複雑な気持ちだ。
助けてあげたい、かなり無理をすれば助けらるのかもしれない。
だが、実際は些少のカンパだけで、後は無事を祈るしかない・・・

誰か助けてやってほしい、他力本願だがそう願うしかない。
この子達のほとんどが、一度捨てられた犬だと聞いている。
そして処分される寸前、ラ・パーチェさんに助けられた。
しかしまた・・・

私は、毎日のように、牛や豚や鳥を食べている。
感謝しつつ、命をいただいている・・・つもりだが、矛盾だ・・・

今日、偶然知ったのが「捨て犬の十戒

捨て犬を作るヤツを憎むより、人間でいる事が情けなくなる。

せめて、精一杯、銀の世話をしよう、

他の子達、どうか許してほしい。

2009年2月 8日 (日)

SPAM退治覚書

※まずは、本日のラ・パーチェさん情報です。
この土日で、約20頭の里親さんが決定したそうです!
しかしまだ、30余頭の行き先が決まっておらず、厳しい状況が続いています。
どうぞ、救いの手を!
遠方の方はぜひカンパをお願いしますm(_ _)m

ここから、本日の話題。

私の携帯の受信BOXである。
相手別、グループ別で約10種類に仕分けを設定し、読む前の心構え(^^;)の助けにしているのである。
090208sh5
もちろん、着信音も全部変えてある。
それが師匠筋の緊急メールなら、ターミネーターのダダンダンダンッ!だし、
仕事のメールなら、タチコマの『メール到着~っ!』だし、
カミさんからなら夜霧のハニー(笑)
娘ならアクビ娘、息子ならハリーポッター等々(笑)
気楽に読めるメールにはポピーtheクラウンの名作「Vacant seats」という具合。
で、最後の「オンクロダノウウンジャクソワカ」となっているのがいわゆるゴミ箱。
「この世の一切の汚れを浄化する」という烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)の真言にしているのは、拝み屋さんもどきのまじないではなく、SPAMに対して怒る自分を戒めるためのものだ。

というのも、昨年来、SPAMとの戦いが続いていたのである。
今のメルアドにして10年以上、皆無であったSPAMが来だした原因は、おそらく、たぶん、決めつけはできないが・・・yahooオークションの携帯への通知設定が引き金だったと思う。
千数百円の(^^;)ブツをどうしても落としたくて、いつもならパソコンの前に鎮座する所なのだが、念のため、携帯へ通知設定してしまったのだった。
以来、非常にねちっこいSPAMが来るようになってしまった。
以前のメルアドはごく単純なものだったので、文字自動配列ソフトか何かにひっかかり、SPAMが来だしたとのだと思うが、最初は一通、翌日が数通、そして十数通、数十通・・・と果てしなく増殖していくのに音を上げ、制限文字数一杯を使い、自分でも人に聞かれたら教えられないという(^^;)長いメルアドに変更したのであった。

で、今回のSPAM野郎、増殖し続ける事はないのだが、毎日確実に数通が、なりすましメール、あるいはなりすましドメインでやってくるのである。
しかも、ほとんどが真夜中に着信する(`へ´)
ゴミ箱だけは無音に設定しているので、 ちゃんと仕分けられれば安眠妨害されずにすむのだが、仕事用のフォルダに入ったりすると、真夜中に『メール到着~ッ!』とタチコマの脳天気な声を聞くはめになるorz

で、非常にややこしい(と今までは思っていた)DoCoMoの迷惑メール対策の設定に今回初めて真剣に取り組んでみたという次第。
できれば、「お医者さんでも草津の湯でも単車乗りの病は治りません」という言葉遊びにしたアドレスを変更したくないし、通知と各種MLの設定変更の手間を考えると・・・ね(^^;)

で、結果がこれ・・・
2月の2日以降、だんだんと減りだして、5日以降は「0」となり、本日現在まででは、全く来なくなった\(^o^)/
最後までしぶとく送り続けていた「Discount for 私のアドレス」野郎め、ざまーみろ!(笑)
あ、いやいや、そんな気持ちはよくないね、
君のおかげで、私の対策が功を奏しているのがよくわかったんやからむしろ感謝せんとねぇ(笑)

090208sh1
てなことで、今後のために設定を記録しておく。
まず、各種キャリアのメールは「受信する」に設定した上で、携帯・PHSドメインになりすましたメールを「拒否する」
これは、次の段階で、パソコンからのメールを受信するにチェックした場合に有効になる設定・・・って、この書き方がややこしいんじゃー!
090208sh2
つまり、パソコンからのメールを全拒否してしまえば話は簡単なのだが、それではMLとして配信される携帯メール(つまりこれも分類上は「なりすましメール」となる)まで拒否されてしまうので、2段階で設定するようになっているらしい。

さらに・・・
090208sh3
この画像では、
他のアドレスになりすましたメールは、「存在するドメインからのみ受信」にチェックを入れているが、これは、6日くらいからの設定で、それまでは「全て拒否する」にチェックしていた。
これが一番のポイントかもしれない。

この状態だと、例えばMLとなって配信される携帯アドレスも全部拒否される事になるので、非常に不自由なのだが、わざとこの状態を数日続けた事で、私自身のメルアドになりすましたメールも配信不能になり、「メルアド変更」と見なされたらしく、SPAMが途絶えたのである。

で、現在、「存在するドメインからのみ受信」に変更して様子を見ている段階である。
ただ、記憶があいまいだが、「存在するドメイン」の定義は割といいかげんで、○×○.comだの、△□△.netだのと、到底存在しないようなドメインからも以前はメールが来ていたように思う。

ちなみに、MLの受信は、以下で転送元アドレスにMLの配信アドレスを設定する事で可能になるようだ。
090208sh4
この設定も、あやふやといえばあやふやで、ここで設定しなくても受け取れるMLもあれば、撥ねられるMLもあるようだ(経験済み)
しかも、同じML内で受信できる携帯メールもあるし、受信できない携帯メールもあるのでややこしい。

以上、とっくにご存じの方には『今頃ぉ?』と思われるかも知れないが(^^;)
なんとか、メルアドを変更せずにしのげた記念?に載せておく。

蛇足:
携帯SPAMに対して思った事を時系列に従って書いておく。

○10年前の大増殖SPAMの時・・・
ついに来たか・・・くぅ~メルアド変えなしゃぁないなぁ・・・
○昨年、一発目に来た時・・・
yahooぅぅぅぅ!のBOKEぇ~!ヽ(`Д´)ノ
○毎日数通の時・・・
これがパソコンなら慣れきっててどうという事もないはず、我慢我慢~これ以上増えんかったらええよ~
と、
俺がもし裁判員で、SPAM業者を裁くような事案があったら、即死刑!やな!
と、
人に迷惑をかけていくばくかの利益を得てる連中が生息を許されてるうちは、世界もぼちぼち回ってるってことかもしれんなぁ・・・

○迷惑メール対策に取り組んでる時のうち、
●ゴミ箱フォルダに全部仕分けできた時・・・
おお!今日は7通も釣れとるやーん(笑)
●漏れたメールが真夜中、タチコマの声で安眠妨害した時・・・
し、死刑じゃ死刑~!・・・いや、そうでないよ、うん、その怒りを浄化せぇっちゅー烏枢沙摩明王さんからのメッセージなんやで・・・
●それから1時間後にまたタチコマが・・・の時、
ぐぁ~ヽ(`Д´)ノ やっぱり死刑じゃーっ(。。 )\バキッ☆

○半ばヤケで自分のアドレスを封印した時・・・
もう、これであかんだら(ダメだったら)メルアド変更しかないなぁ・・・
どうせ変えるんやったら、今度はウケ狙いで行くかぁ?(^^;)
しかし、yahoo以外の原因で漏れてたとしたら、また来るで、ショックやろなぁ・・・
いっその事、携帯SPAMコレクターになったらどうやろ?
そうか、一念発起してハッカー並の知識を手に入れ、SPAM業者に鉄槌を下す!ちゅーのはどう?
無理無理~(笑)
着信音を変えるか?そやないとこのままやったらタチコマ自体が嫌いになってまうど(^^;)

○どうやらSPAMが根絶できたのが確認できた時・・・
お、お、お、ほんまぁ?
パソコン関係で自力でやった事で成功したの久しぶりちゃうのん?(笑)
せ、正義は勝つ!(笑)
ひょっとして、呪文のおかげ?(^^;)
いやいや、怒りを浄化して心静かに対応したのが良かったんちゃうの?
ありがとうございます~m(_ _)m

うむ、やはり最後は感謝やね~(^-^)

ちゃんちゃん

2009年2月 7日 (土)

ラ・パーチェ 続報

ラ・パーチェさんの存続の危機を、KSB瀬戸内放送が特集したニュースがありましたので載せます。
著作権に触れると思いますが、緊急事態ですのでお許しくださいm(_ _)m

なお、ラ・パーチェさんでは、ゆうちょ銀行の口座も開設されたようで、ATMを使ったゆうちょ銀行同士の振替なら手数料は現在無料です、ぜひ、カンパをお願いしますm(_ _)m

 

2009年2月 6日 (金)

救いたい助けてください【緊急!転載希望】

救いたい助けてください

昨年の11月、香川のブリーダー崩壊の際に、大活躍された、「保護動物ケアセンター ラ・パーチェ」さんが危機に陥っています。

以下、香川のあるブログからの転載です、ご協力をお願いしますm(_ _)m

Img734_help1
昨年11月に香川県内で純血種の犬120頭が保護され、様々な方のご助力を得てその全頭が命を救われた奇跡的な救出劇があったことはまだ記憶に新しいと思います。
このとき、資産を投じて犬たちを引き取ってくださったのが『保護動物ケアセンター ラ・パーチェ』さんでした。

今、この『ラ・パーチェ』さんが閉鎖の危機に立たされ、保護されている多くの犬猫たちの行く先が懸念されています。

『ラ・パーチェ』さんは、藤原さんという方(ラ・パーチェ代表者)の資力により維持運営されています。
昨年の120頭の犬たちを救ったのも、その方でした。
ところが2週間前、この藤原さんが海難事故に遭われ、現在も消息不明のままです。

残されたのは、44頭の犬たちと、3頭の猫たちと、3名のスタッフ。
そして資金はほんの数万円。

『ラ・パーチェ』の運営継続は今、絶望的です。
それでも犬猫たちは明日も生き、食べていかねばなりません。

残念ながら香川県には、この『ラ・パーチェ』の他には行き場のない犬猫を保護してくださるようなところはありません。
このままでは犬猫たちは保健所に収容され処分の道を突き進むことになります。

以前の状況とは違い、保護されている子たちは血統も定かでない子がほとんどです。
里親探しは現地でも進められているはずですが、前回のようにはいかないでしょう。


彼らを助けてください。

この子たちの里親となってくださる方、
『ラ・パーチェ』さんに代わって保護してくださる保護団体様、
支援金のご援助も大変ありがたいです。

どうかお願いです。この子たちの命を繋ぐためにお力をお貸し下さい。

Img735_help2

▼里親募集の猫たち
「アロハ」「ナツ」「ジェット」

▼里親募集の犬たち
「ボス」「クロ」「みき」
「どんべえ」「よもぎ」「もなか」「親分」
「にぃちゃん」「うの」
「くう」「ロン」
「アイ」「ユウ」
「隊長」
「せん」「しっぽ」
「バキ」「大木くん」「ちゃま」
「こわさ」「こんぶ」「こくう」
「マックス」「シロ」「プリン」
「テン」「りく」「小春」
「ソックス」「マッキー」「かえで」
「ジャック」「ハッピー」「ベル」
「小雪」「くろ」「チョッパー」
「さんちゃん」「ロット」「まっちゃ」



▼保護動物ケアセンター  ラ・パーチェ
tel 0877-49-8665 fax 0877-43-5638
http://www.la-pace.com/






以上の記事の転載を、心より歓迎いたします。
何卒、ご協力をお願い申し上げます。

2009年2月 5日 (木)

年末調整の還付金における感覚

以下、愚痴である。

今年もわずかながら年末調整の還付金が「戻ってきた」
いや・・・わずか、とは書いたが、以前はこの2月当初の還付金が、大人になってからのお年玉気分で、若干楽しみにもなっていた。
今は違う。
KUSOTTARE~!、この金、余分に国に取られとったんかー!としか思えないのである。
昨日、「お大師さんのおかげです」と、「自分以外の何者か大きな存在に対する畏敬の念」について書いたばかりだが、今日は今日で(^^;)「自分が所属する国体に対する侮蔑の念」がふつふつと沸いてしまうのである・・・

なぜ、年末調整が必要なのか?
保険料等、控除額を計算しきれない、という理屈はわかっている。
多めに取っておき、返却する方式でないと、少なめの場合、徴収が難しいという事もわかる。
だが、この国は、税を納める事でみんなの笑顔が増えるのだ。という原則を、国民に知らしめる事に失敗し続けてはいないか?

定額「給付」金?
笑わせるな!
原資が国会議員の歳費だとでも言うならわかるが、我々の税金から捻出される以上、「給付」などという、上から目線の言葉を使うなっちゅーの!ヽ(`Д´)ノ
少なくともこれは年末調整と同じく「還付金」のはずであり、あるいは「消費増税前渡し慰謝料」とでも言うべきもののはず。

・・・消費の刺激になるはず。
このご時世でホンマにそう思ってるならそれこそホンマモンのAHOや、
・・・選挙対策、多少は支持率UPにつながるはず。
まさかとは思うが、そんな楽観的見方をしてるなら可哀想なくらい愚かや、

「給付」のために、1000億近い費用が必要とも聞いている。
定額給付金利権、みたいなもんがあるんやろな・・・
冗談にもならんやん。

ただ、2兆円の「無駄」遣いを追求しようとは思わない。
莫大な金額やけど、日本の国家予算、公表される一般会計からしたら数%だ。
湾岸戦争の時に1兆円以上をアメリカの言うがままに供出した事に比べれば、国内で循環する分、まだマシやとも言える。
さらに・・・
公表される事がない特別会計からしたら、1%にもならない金額でもある。

つまり・・・
国会議員にとって、2兆円程度なら、政争の具程度で収まると思ってる感覚そのものをどうにかしてほしいんよ、
たぶん他にもっと無駄遣いしとるんやろ?
それを改めれっちゅーとんの!

天下り?渡りの禁止?
そんなもん、できもせんのに必死になって、規制せんでもええよ、
日本には職業選択の自由がある。
官僚OBが適材適所、退職後に働ける職場があって当然や、
問題は、数年勤めただけで数億円の退職金が出る特殊法人の給与体系やろ?
その金額を万人が納得できるものにしたらええだけやんか。
まともな給与体系にするだけで、利権あさりの爺ぃ共は天下りなんか一発でやめるで(笑)

「感覚」って大事やで、
今、日本を、就労してるかどうか関係なく覆ってるのが「老後の不安」につきるんちゃうの?
「年老いて働けなくなったとき、自分はどうなるのか?」っちゅー不安や、
実際、就労を切られた人の現実は年老いてなくてもここに極まってるわけや。

年齢に合わせた、再就職のための教育を充実させたらどう?

少子高齢化で学校の教室は余っとるんちゃうの?
『この道しか知らない、だからこの道が閉じたら終わり』っていう人にも、何か別の可能性を示すべきちゃうの?

自分にできる何か、を一所懸命したら、
死ぬまでは食べていける。

それだけでええねん、
その「感覚」が社会に漂いさえすれば、
一人ナンボ、でわざわざお金を配らんでも、自然に消費は伸びるんちゃうの?
まぁ、みんな賢うなってきてるから、無駄遣いはせんやろけどね、
たとえ消費が伸びんかったとしても、今よりは「ちゃんと回る」はずやで、
ぼちぼち、『輸出に頼るしかない』より、
『鎖国してても国体は続いてた』っていう事を思い出さなあかん時ちゃうの?

セージ家センセイ達の責任は、昔より今の方が重いんやで、
何しろ、これだけは充実してるマスコミ体制によって、AHOさ加減はその日のうちに配信されてしまうんやからね、

今日食べるモンをガマンしても、果たしてやってくるかどうかわからない「老後」に備えらなあかんような気分を社会に振りまく。

それが、今、コッカイでやってる施策やで、

未来が閉じられていくよ、ホンマ・・・

どうか「希望」を社会に振りまいてちょーだい!

誰か一人でも、

2009年2月 4日 (水)

まさに立春

なんて気持ちのいい青空なんやー!\(^o^)/

・・・ほんまに今日、2月の4日か?(^^;)
090204rokujinokane
ちなみに昨年の今日はこんなんやった・・・
080204yuki1

高野山住民の決まり文句、「お大師さんのおかげ」
そう書くと違和感を覚える人もいるだろう。
最近の天候異変も極まれり、単なる偶然、高気圧に覆われ乾燥しているので火気に注意・・・てな感想の方が一般的かも知れない。
だがしかし、やはり私には「お大師さんのおかげ」としか思えない。
この感じ、熱心な真言宗徒とは言えない私だから、(本来ならば「南無大日如来」となるのかもしれない)宗教的というよりは、身に染みついた、自分以外の何者か大きな存在に対する畏敬の念、みたいなものだ。
それが私の場合、「お大師さん」という存在に集約されるのである。

というのも、現在工事中の現場で、工程上、避けられなかったのが、「2月初旬の厳寒期における、コンクリート及び石に対する、200平方メートル以上の特殊ゴムタイルの施工工事」だった。

ゴムタイル自身は、比較的寒さに強く伸縮もしないのだが、問題は接着剤。
どんなに調合を工夫しても零下では凍ってしまう。
そしてこの現場、高野山でも最も日照時間が短い場所のため、街中よりも数度は温度が低くなるという難所・・・
しかも、ここ、火気は基本的に使用禁止なのである・・・(ToT)
例年だと、この時期は-10度以上になるのが当たり前で、燃焼系の暖房機器を使わずに、どうやって床面を保温するか、昨年からの悩みのタネだった。
090204s1
つまり、暖房は電気に頼るしかないのだが、馬力の高いエアコンを導入して、12月中に実験したところ、外気+10度前後までは床面を暖められる事は確認できたのだが、それはあくまで外気温が-数度の場合。
当然の事ながら、エアコンの暖房能力は外気温に比例して下がる・・・
最悪、この広い現場を電気ストーブであぶりながら接着剤を乾燥させる。という手段も考えていた。

ところが・・・
この数日、特殊ゴムタイルの施工中は、あたたかい雨、
本日の、接着度が一番要求される石の階段への施工時は、快晴で気温が+3度もあった。

この時期、快晴の翌日は放射冷却現象が起こるから、明日はおそらく冷え込むだろう。

つまり、一日でもずれていれば、これほど予定通りに完工できなかったのである。

ありがたい。

いや、ありがとうございますm(_ _)m だ。

やはり、お大師さんの、おかげですm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

2009年2月 3日 (火)

節分

節分である。
佑真が塾から帰ってくるのを待って、家族で恒例の豆ぶつけ大会(笑)
来年以降、佑真がいない可能性も高い?(^^;)ので、これが家族揃っての最後の豆ぶつけ大会になるかもと思うと少々寂しい気もする・・・
まぁそうなったら、メールで「豆画像」を送ってやろう(笑)
この点、便利な世の中になったものだとも思う。

さて、以下は、昨年書いたものをちょこっと改変(^^;)

関西地方で、太巻きを売るためのCMとして『今年の恵方は東北東』ってな表記がされているが、これはわかりやすくするためか略しすぎていて、本来なら、今年は「己(つちのと)」だから、恵方は「甲」つまり、東北東+7.5度右、である。
東北東とか、北北東という表記は、全方位を16分割して言う時の表記方であり、恵方を求める時の方位は24分割で行うので、誤差が生じるのだ。
つまり、東北東は、北と東の間(90度)を4分割して北から3つ目、つまり、北から67.5度であり、己は6分割したうちの5つ目だから、75度となり、7.5度ずれているという具合。
ついでに、恵方は歳徳神というその年の幸運を司る方位神がいる方位を指すのだが、24分割したうちの4方位を順番に巡っていて、甲(きのえ)と己(つちのと)の年は 甲の方角
乙(きのと)と庚(かのえ)の年は庚の方角、丙(ひのえ)辛(かのと)戊(つちのえ)癸(みずのと)の年は 丙の方角、丁(ひのと)と壬(みずのえ)の年は壬(みずのえ)の方角になる。
ややこしい?(^^;)
これはそれぞれ、東北東+7.5度右、西南西+7.5度、南南東+7.5度右、北北西+7.5度に位置する事になる。
頭が煮えそう?(笑)
てなことで、超簡単に書くと、その年の恵方は、西暦年の末尾が4か9なら甲の方角(つまり東北東からちょっと右)で、
0か5なら庚の方角(西南西からちょっと右)
1か3か6か8なら丙の方角(南南東からちょっと右)
2か7なら壬の方角(北北西からちょっと右)という事である。

お、いつも、太巻きの丸かぶりをする時にはこの「うんち君」を家族に滔滔と語るのも恒例なのだが(^^;)来年はこれもメールで送ってやろう、うん(笑)

明日から春、である(^-^)

2009年2月 2日 (月)

手際の良さは

手際の良さは、すなわち、仕上がりの良さ、である。090202f1
すいすいと貼られていく特殊ゴムタイル、
「これって、割合に貼りやすいの?」と聞いてみたら、
『どちらかと言えば貼りにくいです』との答え。
090202f2
そのセリフが自慢にも嫌味にも聞こえないのは、やはり二人の手際の良さを目の当たりにしているからだろう。

見事な完成後が目に浮かび、自然に顔がほころんでくる(^-^)

手際の良さは、美しさ、でもあるのだった。

2009年2月 1日 (日)

需要には供給が

もうずいぶん前の話だが、携帯のイヤホンジャックが丸型から平型に変わった時、少々困りつつも、接続アダプタを付ける事でしのぐ事ができた。
ところが、SH-03Aでは、平型ジャックさえも無く、充電端子がイヤホン端子を兼用するタイプになっていた。
省スペースのためか、ここ数年でほとんどの携帯がこの兼用タイプに変わってきているということを、実は昨年、P-01Aに機種変更した時に初めて知ったのだが(^^;)P-01A自体にはまだ平型ジャックがあったので、手持ちのイヤホンマイクが使えたのだった。
・・・って、せっかく付いてるんやからBluetoothを使えって?(^^;)
実は・・・使いかけたのである。
新モン喰いの私の事、使わないはずがないやろ~(笑)
それも、せっかくだから、ステレオで音楽も聴けるようにと、はりきって・・・
090201p3_2
定評のあるSONYのワイヤレスステレオレシーバーマイク、DRC-BT15を導入したのであった。
ところが・・・
○外見がネットワークウォークマンに似ているため、仕事中に首からぶら下げてるのが何か遊び半分的に見られそうで気になる(^^;)
○他のハンズフリー製品でもままある現象だが、どうやら相手側で声が二重に聞こえるらしく、聞き取りづらいと言われる事がある。
↑これ、こちらの電話機本体の音量を下げると改善されるらしいのだが、いちいち音量をイヂくらなければいけないのならハンズフリーとは言えないではないか。
○DRC-BT15の電池の保ちは抜群にいいのだが、Bluetoohをオンにしておくと、携帯側の電池の消耗が激しく、丸一日保たないorz
↑車に乗る時等、ハンズフリーにする必要がある時だけBluetoothをオンにすればいいのだが、それもめんどっちぃ話だ。
てなことで、残念ながらDRC-BT15はハンズフリーではなく、携帯ミュージックを聴く時だけ使うという・・・つまり、あまり使わない状態になっているのである(ToT)

しかし、高野山でも検挙された例もある事だし、運転中にかかってくる電話への対応も考えておかねばならない。

で・・・
需要があれば、供給もあるはず、という事で、ネットで検索したらこういうのが見つかった。
090201p1_2
ラスタバナナ社のRB8VCO2、FOMA外部接続端子用ステレオ変換アダプタ、である。
3.5φのステレオミニ端子と平型プラグと充電端子、3つ同時に使えるというのがミソだ。
ネットでの評価は様々で、便利だが安価なりの外見と壊れやすさ(^^;)が特徴らしい。

もちろんドコモの正規オプションでも、3.5φのステレオミニ端子か平型プラグを接続できる「外部接続用イヤホン変換アダプタ 01」というのが用意されているのだが、数センチのコード状になっていて、どうもすっきりしないし、充電端子が同時使用できないため「車内で充電しながら、ハンズフリー機能を」というありがちな場面への対処ができないから×だ。

てなことで、結局、アマゾンでポチっとしてしまったのである。
実物の質感は想像していたよりも良かったのでほっとした(^^;)
↓で、長年愛用の(他にもいくつか買った事があるのだが、なぜかエクセルからの貰いもんのこれが一番ハウリングも起こらず使いやすいのである(笑))2.5φイヤホンマイク+平型プラグを付けてみた。
090201p2
まぁ・・・こんなもんだろう。
実際、電話をかけてハウリングのチェックもしてみたが、普通に聞こえるそうで、機能的には問題無し。
あとは・・・
どうやったら紛失せずに使い続けられるか?である。
いっそのこと専用パーツと割り切って、接着剤でくっつけちゃうか?(笑)

ちゃんちゃん

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ