サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 高野山学第2講と特別講義 | トップページ | 「名人戦」の櫓 »

2009年5月17日 (日)

Sの車検と吉野家よお前もか

阿弥陀さんの極楽浄土と、弥勒さんの兜率天、もし、選べるとしたらどこへ・・・(^^;)
あ、しかし、十方浄土というくらいだから、毘盧舎那仏の蓮華蔵世界もあるし、阿關如来の妙喜世界、多宝如来の宝浄世界、薬師如来は浄瑠璃浄土で、観音さんが補陀落山、地蔵さんなら佉羅陀山だし、お釈迦さんなら無勝荘厳国・・・って、選べるような精進してるかぁ?(^^;)
いやいや、それでも、大日如来の密厳浄土に住まいさせてもらってるのはありがたい話やなぁ・・・などと寝ぼけ眼で考えているうちに日曜の朝(^^;)

ふと見ると、携帯にアホほど着信履歴が・・・(笑)

そう、待ちに待った車検の日を迎えた総裁さんからの矢の催促だったのである(笑)
エクセルオートさんへの引き継ぎの挨拶も兼ねて、うちの2t車で運ぶ事になっていたのだ。

「そないはよ行かんでも、ええんちゃうの?」
『昼から雨になるんやでぇ~濡れたら溶けるやん!』
そんなアホな(笑)
どうやら一滴でも濡らしたくないらしい(笑)
「もしツーリング中に降ってきたらどうするんや?」と聞いてみたら、
『その場で中止!』と即答するあたり、徹底している(笑)090517s1
てなことで、大事な大事な「S」ちゃん、
運搬中にコケたりしないよう、何度も何度もチェックしたのに、出発地点から1kmも走ってない所で『もう一回だけ、チェックしてもええ?』(笑)

今日は普段と違い、私がドライバーなのだが、対向車が来る度に、『危ない!』『ぶつかるぅ~!』少し揺れようものなら『道が悪すぎるぅ~!』とうるさいことうるさいこと(笑)

まぁ、大事に思う気持ちはわかるので(笑)、玉体を載せた如くの安全運転をしてたら、けっこう時間がかかって、無情の雨が・・・(^^;)

「どないする?シートをかけるか?」(笑)
『・・・忘れてきた・・・』orz

まぁいつもの事ながら、激しい思い込みが空回りするヤツ、だなぁ(笑)

090517s2
てなことで、エクセル到着~!
まぁ、水もしたたるええ単車、って事で、ね、(笑)

お礼にと、奢ってもらった吉野家の牛丼、もちろん、特盛、つゆだく、おしんこ付!
090517y1
ショウガ乗せたら、約1000kcal・・・(。。 )\バキッ☆
ひ、昼間やから、ね、(^^;)
090517y2
何しろ、吉野家に入るのは、BSE騒ぎの時に豚丼のあまりのまずさに閉口して行かなくなってから以来だから・・・3年ぶり?
テーブル席が出来ていたのにも驚いたが、割り箸が↓のリターナブル箸に変わっていたのにもw(゜o゜)w
090517y3
いや、そらね、社会の流れというか、エコブームちゅーのはわかるけどね・・・
『全国の吉野家でリターナブル箸を導入した際に、削減される割り箸は原木換算で年間14,100本で、6,345トンのCO2効果が見込まれます。また、年間710トンのゴミの削減効果が見込まれます』

ホンマか?
その計算に、「リターナブル箸」を作るために必要な石油と、作成時に出るCO2と、「リターナブル箸専用の洗浄機器」から出る(おそらくは)合成洗剤の廃液による水質汚染や、同じく専用の「殺菌乾燥庫」の熱源から生じる・・・ってもうええか(笑)

吉野家に限らず、現在のエコブームの中で、どうも「カーボンオフセット」だの、「排出権取引」だのと、(事業者にとって)便利な言葉だけが一人歩きしてはいないだろうか?

「マイ箸ブーム」というのもあった。
いや、「ブーム」などという一過性の名称で呼ぶと、実行し続けている方から怒られるかもしれない(^^;)
だが、「割り箸」というのが、日本古来の、建築用から出る廃材や間伐材を利用した、いわば、リサイクルの先駆けであった事を思い出してほしい。
それでも、『使い捨てはよくない』という考えは当然だし、『ゴミになった割り箸を処理する事で出るCO2はどうする?』という意見もあるだろう。
では、使い捨てにせず、一度使った割り箸をさらに、バイオマスの技術を使って、ペレット化し、再燃量材として使うことにすればどうか?
リターナル箸、あるいは、マイ箸を使いさえすれば、建築用から出る廃材や間伐材の処理は放置しておいてもいいということにならないか?
別の方法を考えればいい?
だからこその「割り箸」なのである。

ただ、現在流通している割り箸のほとんどは、中国産だ。
そして、中国では「リサイクル」ではなく、割り箸用に木を伐採しているという事が問題なのではないだろうか?
ちなみに、中国産の割り箸には、漂白剤や防カビ剤が残留しているものも多いと言う。
しかし、国内の割り箸業者は、価格の点で全く対抗できない、
奈良などでは、江戸時代から代々、集落全体で割り箸作りを生業としてきた村が、いくつか廃村寸前になっているのだ。
時代遅れだから、国際的な競争力がないのなら、消滅もやむなし。というのは、近代国家の進む方向と言えるだろうか?

この悪循環こそ、改善すべきではないのだろうか?
これは何も、中国産を閉め出せ!国内業者を保護しろ!と言っているのではない。
ただし、安全な割り箸を使いたい、という事だけは声を大にして言いたい。
最近、どこへ行っても「国産の割り箸」が販売されておらず、困っているのだ(ToT)

「割り箸」のさらなるリサイクルにコストがかかるというのなら、有料にしてもいいではないか、リターナブル箸と割り箸、どちらかを選べるシステム、そしてその応分のコストを各々が納得しつつ負担できる社会を実現してこそ、本当のエコではないのだろうか?

つゆだくの牛丼は、割り箸で食べる方が旨いのである。

« 高野山学第2講と特別講義 | トップページ | 「名人戦」の櫓 »

コメント

京都辺りの竹林で、キチンと手入れをされた所は少ないんですよね。
京都山城なんて筍が名産だというのに・・・
立ち枯れて茶色くなった竹が犇く竹林を見、中国産の割り箸の話題を聞く度に、割り切れない気持ちになりましたねぇ。
竹製の割り箸をもっと普及させたら良いのに、とか思って。
竹材は建築材料としても大きな可能性があるそうですね。
エコブーム、ブームだけで終わらせず、もっと自然の物を上手に活用して化石資源を節約出来るようにならないかしら。

う~ん。。。やっぱりカッちょエエね~lovely
結局、雨に降られたけど。。。
まっ、雨に濡れてもさまになる!!

これから一生乗るので大切にしないとね~っ!
早く帰っておいで~!!

>やすこさん
実際に目にされた矛盾した光景、ですね・・・
竹のフローリングは最近注目されてる素材ですが、
国産は、まずありませんorz
現在の経済ベースでは、
とても外国産に太刀打ちできないからでしょう、
しかし、それでいいのか?
『このままではいけない』とみんなが思ってるのに・・・
そんなに遠くない未来、
『やっぱり、いけなかったねぇ』とつぶやきつつ、
滅びの日が来るような気がします・・・

>taito@総裁さん

う~ん、そこまで徹底して
「○ーマー」ぶりを発揮できるとは・・・(^^;)
お見事です!(笑)

Kをドナってなにか行くんですか?

>HAZEさん
行きません~(笑)
・・・たぶんね、(^^;)

久しぶりに吉野屋行ったら
黒いお箸になってたので・・・・
良い単価下げの口実に乗ったな~~
って思ってましたね。

>総裁さん
 なんかSの事でわからなかったら
 いつでも言ってくださいませ~~♪

>BONZOさん
残留物たっぷりの安い割り箸よりは、
はるかにマシだとは思うのですが・・・(^^;)
お汁がべとべとするんです~orz
って、当分、行きませんが(笑)

総裁さんには一番心強いお言葉だと思います(^-^)
なにとぞよろしくお願いします~m(_ _)m

>BONZOさん

取り合えず、エンジンをかけて発車できるようになりました(汗;

最近やっと、ウインカーの出し方を体得しました。

それ以外のことは。。。
まっ。。。臨機応変ってことで。。。(汗;

色々御指南ください!!

>taito@初心者;;さん

>まっ。。。臨機応変ってことで。。。(汗;

ですね(^-^)
先日もいきなり、ハイオクかレギュラーか、
電話で聞いてきましたが、
ガソスタで給油する寸前だったとの事(笑)
臨機応変というか、泥縄というか・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/45065060

この記事へのトラックバック一覧です: Sの車検と吉野家よお前もか:

« 高野山学第2講と特別講義 | トップページ | 「名人戦」の櫓 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ