サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

沖縄編 その7 体験ダイビング 一本目~

※6月23日 午前の日記 その1

さて、今回、飛行機恐怖症の私が沖縄行を決めたのは、飛行機より怖い(^^;)カミさんの意向を尊重して、という事はすでに書いたが、もう一つ、「それならいっそ・・・」と一つのタクラミ(^^;)を思いついたからでもあったのだ。

それがこれ、つまり、カミさんにダイビングを体験させ、そのおもしろさに目覚めてもらい、できれば『ライセンス取りたい~』というところまでもっていきたいなぁ~・・・なんてね(^^;)

てなことで・・・
「せっかく沖縄まで行くんやから、体験ダイビングしてみぃへん?」
『えぇぇ~私、水へ潜るって、ものすごい抵抗感があるの知ってるやん』
「そやからね、最初はプールやから、一応装備してみて、顔をつけた時点でこりゃあかんと思ったら、そこで中止したらええやん」
『それでもいいの?』
「かめへんかめへん~それが体験ダイビング、ちゅーもんよ、ね、あらゆるスポーツの中で、唯一『競う要素が無い』のがダイビングやからね、ひたすらリラックスするためのもんやから、怖いのに無理する事はないよ~」
『・・・』
「まぁね、とりあえず、予約だけはしとくわな、な、なぁ~」(笑)

ちなみに、過去10年以上にわたって誘い続けてきたのだが、そのためだけに串本まで行く気になれない・・・という事で却下され続けてきたのである(ToT)

てなことで、午前9時にホテル付属のダイビングショップへ集合!(笑)
ウェットスーツに着替えて、専用プールへ。
インストのお兄さんが、非常にてきぱきと進めてくれたので、カミさん、躊躇する間もなく、ここまで来てしまったという感じ、しめしめ(笑)
090623dive1
体験ダイビングで一番基本的なポイントは・・・
「耳抜き」に尽きるだろう。
マスククリアとか、レギュレーターの再保持とか、いろいろ覚えなければいけない事もあるのだが、耳抜きが出来ないと1mの水深さえダメージに繋がるからだ。
てなことで、水上で入念に耳抜きの練習をした上で・・・いよいよ、初潜行とあいなった。090623dive2
↑もちろん、耳抜きだけでなく、レギュレーターでの呼吸法も水上でシミュレーション(^-^)090623dive3
こちらは水中で初潜行を画像に納めるべく待機(^-^)
潜る前にカミさんが『水中へ入る時、頭の周りに水が押し寄せてくるのが一番怖いかも?』と言っていたが、この時点では笑顔を見せているので一安心(^-^)
090623dive4
そして浅い方のプールの底にうつぶせになり、耳抜きの練習、
何度か繰り返すうちになんとか「抜ける感覚」が身についたようだ(^-^)
順調順調~
090623dive5
そしていよいよ・・・3.5mの深い方のプールへチャレンジ~
実はカミさん、事前の問診票にあった【閉所恐怖症ですか?】という質問には×を付けたらしいのだが、後でこの時の感想を聞いてみたところ『あの問診票には絶対【高所恐怖症ですか?】という質問も必要やわ!いくら水中でも3.5m下が見えたら怖かったもん』との事だった(笑)
なるほど、この時点ではダイビングで得られる無重力感を知らないので、どうしても「落ちる~」という感覚になるのだろう。
090623dive6_2
てなことで、先回りして撮った、これが着地の瞬間。
パニックにもならず、落ち着いていた。耳抜きも深くなるごとにしやすくなったようだ。090623dive7
呼吸も安定してきたので、インストのお兄さんが撮ってくれると合図してくれ、二人並んでポーズ。
しかしカミさん、ピースサインをする余裕まではなかったようだ(笑)090623dive8
そして・・・
いよいよいよいよ、実際の海の中へ・・・(^-^)
海岸から歩いてエントリーだから、水中に入るまでは、BCだのタンクだのおもりだのでめっちゃ重くて不自由なのだが、潜ってしまえば、即、無重力~(^-^)

水深2m程度の海岸にごく近い浅瀬だが、お約束のイソギンチャクとクマノミも見られて満足まんぞ~\(^o^)/

そして、意外な事に、十数本潜っても出来ない人がいるという中性浮力を、カミさんは、いきなりやってのけたのであるw(゜o゜)w
090623dive9
これ、さすがは歌で鍛えた呼吸法のおかげだろう、一定のリズムでゆっくり深く呼吸できているので上下動が少ないのだ。
特に、浅瀬では浮力が増して浮き上がりがちなのだが、水面すれすれでポジションを保っているのには正直驚いたくらいだw(゜o゜)w

中性浮力についておおざっぱに説明すると、要は水中で、浮きもせず沈みもせず、一定の深さを保つ事なのだが、肺という大きな浮き袋を持つ人間は、当然の事ながら、息を吸うと肺がふくらみ浮力が増して浮き上がってしまうし、息を吐けば肺が縮んで浮力が減り、沈んでしまう。しかし、その浮き沈みには水中だけに多少のライムラグがあるので、沈みかける直前にゆっくり吸い始め、浮き上がりかける直前でまたゆっくり吐き始める・・・というのを繰り返すことで、ほぼ一定の深さを保つ事ができるのである。
もちろん、深くなればBC(タンクを固定しているベスト、これ自体も浮き袋の機能が備わっていて、深いところにいくと人間の肺自体が水圧で縮み浮力が減るため、これに空気を注入して浮力を調整する)の操作も必要になるわけだが、体験ダイビングではそこまではせず、とにかく水中で呼吸ができ、無重力感を味わうというのが目的なので、これはもう大成功!状態なのである\(^o^)/

てなことで、海中散歩は約15分で終了。水上に出たとたん、襲いかかる重力に閉口しながら(笑)上陸。

「どうやった?」期待を込めて聞いてみた。
『けっこう・・・いけるかも?』(笑)
「よっしゃ~!ほなね、昼からもう一本、行っとけへん?」
『ええ~どないしょ~』
と、インストのお兄さん、営業も込めて背中を押してくれた(笑)
『奥さん、すごいですよ、とても初めてとは思えません、これなら、今度はもうちょっと沖の方まで行けますよ、そしたら、水の透明度ももっとあがりますし』
『う~ん・・・それは魅力的ですねぇ・・・』
「よっしゃ、よっしゃ、行っとこぉ~」\(^o^)/

てなことで、午後2時開始を予約!(笑)

めでたしめでたし~

 

2009年6月29日 (月)

沖縄編 その6 コーナーテラス

朝、銀の顔ペロペロがないので、ゆっくり寝ていたら、カミさんが『朝日が差して綺麗よ~』とはしゃいだ声で目が覚めた(笑)
どうやらこの旅が、けっこう気に入ってるらしい(^-^)
090623ana2
↑珍しくも、カミさんがデジカメを手にして撮った画像(^-^)午前6時6分
↓これがちょっと時間を飛ばして当日の午後3時、同じ方向(^-^)ええ天気やった~(^-^)
090623ana22
たばこを吸いたい、というだけでコーナーテラスの部屋を奮発したのだったが、大正解!だった(^-^)
ちなみに↓の左方向が↑の朝日が差した方向で、右方向がプライベートビーチ、つまり南になる。
090623ana4
↓これも午後3時時点だが、引き潮のプライベートビーチ。
梅雨明け宣言も出てない平日ゆえか、人影もちらほら程度で非常にリラックスできた(^-^)
090623ana33
↓これがホテルのHPからパクって来た(。。 )\バキッ☆ 部屋の内部。
コーナーテラスがついてる割には部屋が狭いのはご愛敬か?(笑)
090623ana1
↓実際、私が引き散らかすとこうなる(。。 )\バキッ☆
090623ana11
いやその・・・(^^;)
実はこれ、チェックアウト間際で一番散らかした状態なんで・・・ね、(^^;)

てなことで、時間を朝食後の午前9時に戻し、いよいよ体験ダイビング開始~\(^o^)/

2009年6月28日 (日)

沖縄編 その5 ANAインターコンチネンタル万座ビーチ

※6月22日 夜の日記
美ら海水族館出発が午後8時頃で、宿泊先のANAインターコンチネンタル万座ビーチに到着が午後9時ジャスト、けっこう近かった。
090622anaint2
今年リニューアルされたばかりだそうだが、さすがにピカピカ、
090622ana1
フロントなんかトロピカルそのもので、ちょっと軽すぎる雰囲気?(笑)
090622ana2_2
エレベーターから見る光景、いかにもANA系のホテルという感じで、中国で泊まった長安城堡大酒店(ANA GRAND CASTELXIAN)を彷彿させる(笑)
090622ana3fax
てなことで・・・客室に入りリラックスと思いきや、実は本人達より早く(笑)フロントに届いていたファクスを広げ・・・仕事~!(^^;)
ここまで来て・・・(ToT)ではあるが、
ありがたい話でもある・・・m(_ _)m
090622ana4
画像データを見ると↑画像は午後11時半となっている(笑)
結局、ホテルのレストランは午後10時までだったので行きそびれ、午後11時まで開いているというホテル直営の居酒屋には距離があったので、ホテル内のコンビニで食料を買い込み、ベランダパーリー(笑)とあいなったのだった。090622ana5
ちなみに、このホテル、全室禁煙との話だったのだが、コーナーテラスなら吸ってもいいはず、と旅行代理店のN氏が保証?してくれたから(笑)自腹を切って(^^;)グレードを一つ上げたのだった。
090622ana6_2
眼下で光ってるのが、ここのホテルのプライベートビーチだろうがよくわからない(笑)何しろ到着したのが午後9時だから、どこから浜なのかさえさっぱりなのだ(笑)
まぁ、この時点で半分ベロベ浪漫だったから(。。 )\バキッ☆
明日になったらわかるやろ~と、夜風と波の音で南国情緒を満喫していたのだが、珍走団はここにもいるらしく、午前0時を過ぎるまで、下手くそが中途半端な走りをしているとしか思えない寸詰まりの音を時々響かせやがるもんだから(`へ´)日曜の早朝、玉川通りを空ぶかししながら走っているAHO共まで思い出してしまい、せっかくの南国情緒が・・・と、今帰仁城と美ら海水族館で洗われた心の中に、ドス黒いものが・・・(^^;)
ところがその時、突然、キュッキュッキュッと、おそらくはヤモリ?の鳴き声が足下から聞こえてきた。
きっと『なんくるないさぁ~』と呼びかけてくれてるのだと思う事にし(^-^)明日に備え深酒しないよう、もうちょっとだけおだやかに泡盛をチビチビと・・・(笑)

てなことで、ぼちぼち、おやすみ~

2009年6月27日 (土)

沖縄編 その4 美ら海水族館

※6月22日 午後の日記 その2
今帰仁城で、すでにおなかいっぱいな気分だったが、そこはそれ関西人(笑)せっかくここまで来たのだからと、あらためて「美ら海水族館」へ向かう。もっとも、ごく近くであり、車で10分もかからずに到着。
「美ら海」はもちろん「ちゅらうみ」と読む。
090622tyura1
出入り口3番ゲートの上にいた男前のシーサーくん、
この時点で午後6時45分だが、空はまだまだ青い。ちなみに、この日の日没時刻をケータイサイトで調べてみたら、午後7時25分となっていた。さすがは南の国w(゜o゜)w
090622tyura1sunset
午後6時50分の太陽、
沈みかけていながら、なお眩しい~
美ら海水族館は季節によって閉館時刻が変わり、この時期だと午後7時半までは入館でき、午後8時まで見学できる。
090622tyura2
入館してすぐ、浅めの水槽で『触ってもいいよ~』コーナーがあったので、さっそく(笑)FT-1を水槽に沈めて撮影~(^-^)
↑の手前は、コブヒトデ(名前、そのまんまやん!(笑))左の魚がアケボノチョウチョウウオ(沖縄ではカーサーと呼ぶらしい)縦になってわかりにくいけど、青い魚が、ルリスズメダイ(これも沖縄名はオーイユ)岩の上に白髪のタワシみたいなのが乗ってるけど、これも見た目そのまんま(笑)でシラヒゲウニというらしい。(沖縄名はガチチャ)
090622tyura2hitode
↑やらせではなく、実際にコブヒトデにアオヒトデが乗っかってた。
しかし、ヒトデの名前ってほんとに見た目そのまんまって感じで情熱が感じられん(笑)
090622tyura31
エビ?シャコ?とアカマツカサが水槽の向こうからこちらを熱心に観察していた(笑)私は以前、串本でのダイビングで名物の海中展望塔を、海中側から眺めた事があるのだが、窓の向こうの「ニンゲン」が非常に珍しく思えたのを覚えている(笑)彼らもきっと、そんな感じなのだろう(笑)
090622tyura41minokasago
↑動画を撮れば良かったと後悔したのがこのミノカサゴの遊泳、過剰とも思える鰭が水中でぱぁ~っと広がったり閉じたり、海の蝶々と言われる所以である。
090622tyura42minokasago
↓とぼけた顔つきのチンアナゴ(^-^)こいつも、目玉をぐりぐり動かしてこちらを覗いていた。
090622tyura43tinanago
『とんとんみぃ~!』とカミさんが喜んだのは、このミナミトビハゼ。
「とんとんみーときじむなー」の絵本は子供達が小さい頃よく読み聞かせていたので、実物を見て感激したようだ(^-^)
090622tyura42tontonmii
でも・・・ちょっと目つきが怖い・・・(^^;)
090622tyura3
↑ダイバーあこがれの一つ、ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)
年を経るごとに額のこぶが大きくなるので、これがナポレオンの帽子に見立てられて通称となったと聞いている。
090622tyura4m
これもダイバーあこがれの・・・マツモトセイチョー(嘘!(。。 )\バキッ☆ )

090622tyura61
残念ながら、レストランの営業は既に終了していた。しかし、ここで何か飲んだとしても、全部しょっぱく感じるのでは・・・なんてね~(笑)
090622tyura
「黒潮の海」の超大型アクリルパネルは圧巻!の一言。
去年、ドバイの水族館に世界一の座を奪われたらしいが、それでも、巾22.5m、高さ8.2mと言えば、ええと・・・184.5㎡で・・・55.8坪で・・・約112畳!w(゜o゜)w
百畳敷ってのはよく聞くけど、そいつを縦に展示してるんやもんなぁ~
090622tyura66

ちなみに総水量7,5000m³を支えるこのパネル、厚みが60センチあるw(゜o゜)w
これだけの厚みで、よくあんな透明度を保てるもんやなぁと感心!
090622tyura5ogurootome
ジンベイザメの上を行くのは・・・たぶん、オグロオトメエイ
090622tyura5usibanatobi
↑これはたぶん、ウシバナトビエイ、
アクリルの表面にもプランクトンが付着しているのか、口?でさかんにこすっていた。
こちらから見てると、まるで水槽の掃除をしているようだった(笑)
090622tyura5madaratobi
しかし、エイってのは種類ごとに顔が全然違うのでおもしろい、↑はマダラトビエイだと思うが、とぼけたようにも見えるし、叡智をたたえた哲学者風にも見える。

↓動画は、アクアルーム(水槽の中に球面状に食い込んだ形の部屋で真上の魚も見える)にて

次から次へと、まるで演出されたかのような動きを見せてくれる(^-^)
090622tyura7
実際に潜って見てみたい光景である(^-^)

さて、これが動物園だと「閉じ込められた個体」という気がしてならないのだが、相手が魚だとそこまで「閉じ込められた悲しさ」は感じてないのではないかという勝手な解釈も働き(^^;)入館前は「海洋博の後始末的施設」とやや批判的に見ていたのに、いつのまにかすっかり海の中に浸りきった自分に変わっていた。単純なものである(^^;)
090622tyura62
おそらく、じっくり見学すれば丸一日かかるであろう広大な展示の数々だが、閉館時間も迫ってきたので約1時間で退館。
時刻は午後8時前、日はすっかり沈んでいたが「小焼け」の残る空は、今日一日の締めくくりにふさわしいおだやかさ(^-^)
090622tyura9
てなことで、これが遅ればせながらの「美ら海水族館」の正面。
ジンベイザメのモニュメントが青みを増しつつある空に浮かび、まだ海中の続きのようだった(^-^)

2009年6月26日 (金)

沖縄編 その3 今帰仁城

※6月22日 午後の日記その1

今帰仁城は「なきじん ぐすく」と読む。

進路を「今帰仁城」に変更した時、カミさんが『別に無理に行きたいって事もないから、美ら海水族館へ直行してくれてもいいよ』と言った。しかし私は「いや、明日は「慰霊の日」やし、まずはここへ行って黙祷を捧げようと思うんよ」と答えた。
というのも、私が沖縄を訪れるのは20数年ぶり、二回目なのだが、前回の時は大学生であり、今以上にAHOだったから、何も考えずに渡嘉敷島の無人島ツアーに参加しただけで、本島へは寄らなかったのだ。で、今回、本島で初めて訪れる場所が、美ら海水族館、というのが、実はちょっとイヤだったのだ。なにしろあの悪名高き「海洋博」の後始末のような施設であり、人気スポットになってるだけに、またしても本土が、観光の名の下に沖縄を翻弄しているようなイメージがあったからだ。
常に心にあるわけではないし、きわめて身勝手な感傷かもしれないが、やはり本土の人間として、沖縄に対する贖罪意識を感じていたのだろう。
090622nakijin2
ところが・・・
到着してからガイドブックを読んでみたところ、とんでもない思い違いをしていた事がわかった。というのも、沖縄についての知識が乏しい私は、琉球王国について、有史以前からの悠久の歴史をもつクニというイメージだけがあり、ここもその長い歴史の中で築かれた砦の一つ、と思い込んでいたのだ。
ところが、琉球王国の成立は15世紀と意外に新しく「今帰仁城」は、琉球王国が成立する以前、沖縄が三つの国(北部、中部、南部でそれぞれ北山(国)・中山(国)・南山(国)と呼ばれた)に分かれてしのぎを削っていた、三山時代と呼ばれた頃の北山(国)の城(ぐすく)だったのである。

そして、南山出身の尚(しょう)氏が中山(国)を奪取、続いて北山(国)を攻め滅ぼしたのが1416年(1422年説もある)、琉球王国の歴史はこの尚氏からはじまるわけである。
その後、今帰仁城は、琉球王国の監守(かんしゅ:城代家老のような役職)の居城になったものの、さらに江戸時代の始め、今度は薩摩藩によって打ち破られ、1665年に廃城となったという。
つまり、ここは琉球王国以前の城跡であり、現代の沖縄を琉球王国の末裔と考えるならば、いわば敵の地・・・
そんな場所で、はたして沖縄戦への黙祷を捧げてもいいものだろうか・・・と、迷いつつ足を進める事になったのだった。
090622nakijin1
話は前後するが、「今帰仁城跡」自体は、1972年(昭和47年)5月15日、つまり沖縄がアメリカから返還された日に、国の史跡に指定され、さらに2000年(平成12年)11月には、首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産に登録されたことから、整備がずいぶん進んだようで、周辺には駐車場なども作られており、詳しい地図や模型も展示されていた。
090622nakijin9
↑模型画像に各ポイントを記してみた。
上記画像の左奥に小さく移っている「平朗門(へいろうじょう)」が正門である。
ここから南北に約800m、東西約350m、面積約37000m²という、首里城にも匹敵する、沖縄県最大級の城(ぐすく)が広がっている。
↓復元されたものらしいが、戦城らしく、正門と言えど非常に間口が小さく作られている。
090622nakijin3
平朗門をくぐると、長い石畳とカンヒザクラの並木が続く、これも戦後に復元、植栽されたもので、1月下旬から2月上旬に開花する沖縄県の桜の名所になっているらしい。
090622nakijin4
どこから現れたのか、昔風の格好をした小学生が走り回っていた。
なんだか、古い映画のワンシーンに紛れ込んだような気がした。
090622nakijin5_2
「七五三の階段」
これも昔はもっと上りにくい(つまり攻められにくい)作りの通路だったものを、戦後にこのような形に修復したものだという。
090622nakijingusuku
大庭(うーみやー)を経て、御内原(うーちばる)まで進むと、透明感のある青い空と海を背景に、すっかり整備されて美しい曲線を描く石垣が見えた。
万里の長城を彷彿させる無人の石垣は、荒れ果てていないだけに、かえって寂寥としていて胸がしめつけられるようだった。
090622nakijin6
しかし、こちらの気持ちを救うかのような、あくまでも明るい青空と海が広がっていて、「何度も滅びた場所なんやなぁ・・・」と思わずつぶやきつつも、この地で生き、そして死んでいった人々を、それぞれの「陣営」で区別すべきではないのではとも思えた。
もちろん、日本が沖縄を犠牲にしたことは、また別の問題だ。
そして・・・
眼下に青く広がる東シナ海は、戦艦大和他、多数の軍艦が沈んでいる海でもあるのだった。
しばし、空と海と石垣を眺めてから、過去のあらゆる戦によって亡くなった、いや、殺された人々に思いをはせ、黙祷を捧げる事にした。
090622nikijin7hinukan
火の神(ひぬかん)さんが祀られている祠もあったので、ここでも合掌。
このひぬかんさん、沖縄では大体の家庭でお祀りされているという守護神であり、他の神々への連絡までしてくれるというありがたい神さまらしい。
これも帰宅してから調べてわかった事だが、今帰仁城が廃城になった後も、このひぬかんさんへの巡拝者は途切れる事なく、他の今帰仁一帯の聖地巡礼と合わせて「今帰仁城上り(なきじんぬぶい)」と呼ばれているとの事だ。
090622nakijin8sijimajo2
さらに進むと、背中がじりじりと暑くなってきた、振り返ってみると、午後6時を過ぎているというのに、まぶしい日差しが照りつけていた。
090622sijimajo3
今帰仁城の裏門にあたるのが、この志慶真門(しじまじょう)
石垣の向こうは志慶真川の深い渓谷があり、天然の要塞になっている。
ここでは発掘調査により、掘立柱による建物跡が発見されており、木杭で場所が示されていた。発掘品の中には子供の遊具もあったという事で、家族単位の生活が営まれていたことが考えられるそうだ。
090622nakijin8sijimajo
木杭が点在する草原は濃厚な緑に覆われていて、寂寥感よりも生命力を感じる事ができ、生活感の残滓を見られた事を素直に喜んだ。

すでに滅びた場所、だが、今も生きている場所、なのだ。
「ここへ来られただけで、沖縄に来た甲斐があったよ、誘てくれて、おおきに」とカミさんに言った。
カミさんも、いろいろ感じるものがあったらしく、『たぶん最初から、ここへ来る、事になってたんやと思うわ』と答えた。

帰りにもう一度、ひぬかんさんに合掌した。
神々のネットワークを通じて、きっと、高野山へもこの思いは届くだろう。

ありがとうございましたm(_ _)m

沖縄編 その2 昼ご飯

※6月22日 お昼の日記

那覇空港には予約しておいたレンタカーのスタッフが迎えに来てくれていて、営業所までミニバンで連れて行ってくれた。
そこで、あらためてレンタカーに乗り換え、宿泊先である万座を目指して、とりあえず沖縄自動車道に乗る事にする。
おっと、その前に、昼食を食べて行こう。
てなことで、レンタカーの営業所のお姉さんに、沖縄らしいご飯が食べられるオススメの店を教えてもらったのはおっさんの知恵だろう(^-^)v
営業所ではいろんな割引チケットをくれるのだが、お姉さんの教えてくれた店はそのチケットとはまるで関係ないところで、「これは本物ちゃうか~」などとご機嫌で出発したのであった。
ショップを出たとたん、いきなり、物騒な?看板が目に入った。
「軍用地売買」
090622o3military
軍用地って、買ったり売ったりできるのぉ???
おそらくこれは、実質的な土地の売買ではなく、「軍用地」として使用されている土地の権利の売買なのだろう。
沖縄の軍用地(つまり米軍使用地)は、ほとんどが個人の所有物を国が強制的に借地されたものだと聞いている、つまり、土地の所有権が、そのまま、借地料を受け取る権利、として取引されるのではないだろうか?
帰宅してからネットで調べてみたら、案の定その通りで、しかも『変換される見込みのない土地ほど人気があります』という事だった・・・
どうやら、軍用地の借地料は、その性格からして、他の物価より優先的に値上がりするようで、本土からの投機の対象にもなっているらしい・・・
日米安保条約の下、米軍基地が広大な面積を有しているのは知っていたが、その土地が、投機の対象にまでなっているということが、歴史に翻弄されてきた沖縄という一つの地域の性格を端的に現している。
看板を目にした時は、詳細を知らなかったのだが、晴天の下に白刃を見たような気分になったのだけは覚えている。
090622o4
ほどなく、教えてもらったお店に到着。今やレンタカーの標準装備となったナビのおかげである。
090622o5_2
店内は、いかにも沖縄らしい・・・と言っても、何が沖縄チックなのか、はたまた、琉球様式なのかよくわからないのだが・・・(^^;)
少なくとも、「軍」とはかなり離れたイメージであり、思考停止して、腹ぺこを満たす作業に専念する事にした。
これから二泊三日、考える時間はたっぷりあるはずだから・・・
090622o6
沖縄的昼食?ちょっと多すぎ?(^^;)
これから何度も目にする事になるグルクン(タカサゴ)の唐揚げは、関西では定番のガシラ(カサゴ)とほぼ同じ感じで、警戒感?が薄れた(^^;)
ソーキそば(ソーキは豚のあばら肉からして、基本的にはこれ、チャーシュー麺か?)も面の独特な堅さが不快ではなく、異国情緒をそそってくれた。
特筆すべきはやはりテビチ(豚足)か、
今まで、なんでわざわざこれを食べるんやろ?、豚なら他に食べるとこがいっぱいあるやろが~と思っていた食材なのだが、炊き方が上手らしく、油っこさもなく、臭みは皆無で、初めて「豚足」を美味しい!と思った次第。
こういう食文化がある限り、アメ公なんぞには負けんやろと、勝手に妄想して意気揚々となるくらい・・・旨かったのである。

てなことで、食べながら、とりあえずホテルには直行せず、美ら海水族館に行ってみようという事になった。
現在地は沖縄の南部に位置する那覇で、美ら海は中北部の名護から少し西、宿泊先である万座は通り越す事になるが、高速を使えば約1時間半くらいで着くはずなので、もう少し足を伸ばしても夕食には間に合うはず。
てなことで、「軍用地」という単語が頭の片隅をよぎるものの・・・
快晴のハイウェイをひたすら北上する事にした。
090622o7road
沖縄自動車道は、許田で終点(法的には許田が起点で那覇が終点)そこからは、名護市を抜けてR449で海岸線を北上した。
途中、ローソンがあったので入ってみる。
090622o8l2
ローソン+海の家、といった品揃え(^-^)
シュノーケリング用の水中メガネなども豊富だ。
090622o8l3_2
半ば予測していたのが、この品揃え(^^;)
ロングピースがありませーんorz
ローソンで、表の自販機はともかく、中の棚でロンピがなかったのは初めての体験だ、念のため、買いだめして持ってきて良かったぜ~(^-^)v
090622o9road
画像ではなかなか伝わらないと思うが、ぎらぎらした太陽光が差し込む海を一枚。
午後3時を過ぎ、暑い、というほどでもないのだが、やはり南国にいるという事が思い知らされるまぶしさであった。

ここまで約1時間の車中で、やっとガイドブックを開いたカミさんが『なんかちょっと気になる』と言い出したのが「今帰仁城」
こういう時のカミさんの勘はスルドイし、もとより逆らう気などは全くないので(^^;)、すぐさまナビの目的地を「美ら海水族館」から「今帰仁城」に変更した私だった(笑)

つづく

2009年6月25日 (木)

沖縄編 その1 飛行機

※6月22日 午前の日記

なんで突然、沖縄へ?
それにはちゃんとわけがある(^^;)
といっても、理由は単純(笑)
普段めったに懸賞に応募なんかしないカミさんが、たまたま立ち寄ったショップで、半ば無理矢理(^^;)書かされた応募ハガキで、なんとペアの国内旅行券をゲットしたのであーるw(゜o゜)w
で、うっほほ~い!いつ、どこへ行く~なんて話をしたのが・・・今年の3月(笑)
それから今まで、「忙しい」を口実に、ほったらかしにしてきたのだった(。。 )\バキッ☆
旅程の有効期限はけっこうあるので、急ぐ事もないのだが、最近、カミさんが『忙しいのはわかるけど、いつになったら行くの?』と言い出した。
この雰囲気はちょっとヤバい{{{{(+_+)}}}}
「最優先事項」として考えないと、他のツーリングにも出かけにくいではないか・・・(。。 )\バキッ☆
てなことで、5月の半ば(^^;)になってようやく、本格的に旅行先と日程を相談したのだった。
権利者のカミさんは・・・『沖縄へ行ってみたい』と宣う。
「え~沖縄ぁ~、行くだけで、船やったらまる二日ほどかかるよ~」と私(^^;)
『飛行機に決まってるやん!』
「・・・飛行機・・・乗りたいない・・・」(ToT)
『仕事やったら、ネパールでも行くくせに、私とやったらイヤなん?』(`へ´)
「それはね、俺が単独で行くからや~ん、二人一緒に墜落したら、子供らはもう大きいから、なんとかなるにしても、銀の世話は誰がするん?」
『はいはい、わかりました、ほな、この当選券はゴミ箱行きやね!』
「いやその・・・国内旅行なんやから、ね、また四国とか、あ、そうそう、日本海側なんてどう?」
『私は、お・き・な・わ、へ行きたいのっ!飛行機がイヤとか言うてるけど、それは結局、一緒に行きたいない、って事やねっ!!』

「ひ、飛行機、大好き~!ボクも沖縄へ行きたいです~~~!」orz

うちのカミさんは、普段は非常にものわかりの良い方なのだが、こういう風にこじれ出すと・・・後を引くのである(^^;)
思い出し笑い、ならぬ、思い出し怒り、という特技があるから、油断ができない(^^;)
・・・てなことで、このままカミさんの機嫌を損ねるくらいなら、墜落した方がマシかもしれないということで(^^;)ようやく覚悟を決めたのであった。

問題は日程だ、当選したチケットは一泊二日なのだが、せっかく沖縄まで行くのだから、せめて二泊はしたい、しかしそうなると、仕事的にかなり苦しくなる・・・
で、変則ながら、月曜の朝、仕事の段取りをしてから出発する事で一日分を稼ぐ事にし、22日~24日の日程を確保したのである。
(土日は高いし混むだろうから、最初からパス!(笑))

しかし、偶然ながら、結果的に23日、つまり「慰霊の日」に沖縄を訪れる事になった。
・・・そんな日に、遊びに行ってもええんやろか?という気もしたが、これはきっと行く事になっとったんやろなぁとも思い、今日を迎えたのである。
090622o1itm
天気は・・・人の心、特に旅人にとっては、かなりの影響力があると思う。
特に、出かける時は単車で、が多い私にとっては「晴天」が何よりの味方。
雨もまたよし、と思える時もあるが、それは旅先でかなり癒されてからの余裕?みたいなもの(^^;)
特に飛行機に乗る時に雨模様だと、上空での揺れが容易に予測でき、お尻のあたりから、もぞもぞとしてくるのである(ToT)
で・・・伊丹空港はきっちり雨・・・orz
沖縄方面は晴れてるようだが、どのあたりまで雲の中飛行が続くのだろう・・・
着いてからはレンタカーで移動するので、例の特効薬も服用できないし・・・
てなことで、不安がだんだんと高まった時、あろうことか荷物チェックで事件は起こった(笑)

というのも、飛行機に乗るのが、私は1年半ぶりだが、カミさんに至ってはスイスに短期留学した時以来のはずだから・・・約10年ぶり?(^^;)てなことで、空港までの車中で、最近の荷物チェックはとても厳しくなっていて、機内へは、100cc以下の容器でないと、化粧品ですら持ち込めないんやで、とかえらそうにレクチャーし、ライターも一人一個と決められているので、乗り込む時には一個予備に持ってね~とか能書きを垂れつつ来たのだったが・・・
いかにも旅慣れた風だけは装い、手荷物チェックに臨んだ私の機内預けバッグから、禁止品である百円ライターが出てくるわ出てくるわ・・・orz
そういえば、このバッグの小物入れに、すぐに無くしてしまう百円ライターをまとめて入れておいたのであった(笑)
いい加減に荷造りしたので、出すのを忘れていたのである(。。 )\バキッ☆
係員さんが気の毒そうに『預かる事もできますが・・・』とおっしゃってくださったのだが、まったく問題なくチェックが終わったカミさんがにこにこしながら『ほんとにこの人は、言う事と、やる事が違ってしまうわねぇ・・・』みたいな視線を送ってくるので(^^;)「いえいえ、もう、ほんと、うっかりしてました、すみません、放棄しますので、お手数ですが処分してください」と謝りつつ搭乗口へ進んだのであった(^^;)
ああ、恥ずかしかった(^^;)
なお、この時、偶然にも一個だけ、チェックをすり抜けた強者?ライターが残っており、それが帰りの沖縄空港でさらなるトラブルを巻き起こすのだが・・・それはまた別の話(笑)

さて、いよいよ離陸である。
怖い(笑)
ほんま・・・怖い{{{{(+_+)}}}}
この怖さ、どうやら「死にたくない」という気持ちより、墜落の恐怖を味わいたくない、という気持ちの方が強いようだ。
落ちるんか?助かるんか?という状況に陥りたくないわけだ。
いっそ爆発でもしてくれたら・・・(。。 )\バキッ☆
ああ、気色悪い・・・
怖い・・・
てなことで、新婚旅行の時のように、カミさんに手を握ってもらい(笑)離陸中の加速感だけは楽しんだ。
矛盾しているようだが、飛行機が飛び上がる時の加速感だけは、ロケットにでも乗らない限り地球上で味わえる最大の加速だから、ちょっと好きなのである(笑)
で、飛び上がってすぐ、雲の中に入ったのだが、「ぐぇ~揺れるんちゃうのぉ~」と心配する間もなく、いきなり雲の上に出て青空が見えたので少し気分が楽になった(^-^)
これなら行ける(耐えられる)かも?(^^;)
その後、約2時間、ヘッドホンを装着し、音楽を最大ボリュームで聴きながら、雑誌や本に集中し、これはちょっと道の悪いところを走ってる車の中なのだと自分に言い聞かせつつ過ごした(笑)
カミさんが時々『今、どのへん?九州くらい』とか聞いてくる度に「そんなねぇ、まるで飛行機に乗ってるような事、言わんといてくれるかぁ~」と無視!(笑)
            ・
            ・
            ・
てなことで・・・
雨のそぼふる大阪から、ピーカン!気温31℃の沖縄についたのが午後2時過ぎ。090622o2oka
帰りにもう一回飛行機に乗らなければいけないという事はとりあえず忘れ(笑)ひたすら、わくわくする事にした。
結局、カミさんは、ガイドブックを買っただけで全然見てなかったので(笑)いつものように行き当たりばったりの旅の開始だ。

いざ~

2009年6月24日 (水)

無事 帰着

無事、帰着しました(^-^)

明日からおいおいと「沖縄編」をばUPします~

2009年6月23日 (火)

沖縄にて

沖縄にて
なぜか(^^;)沖縄にいます(笑)

↑携帯からUPしたもの、
画像のサムネイル化が携帯からは不可能で、ココログのヘルプには『大きな画像は勝手にサムネイル化されます』とあるが、大きな画像(1MB)以上を送ると、記事そのものがUPされないので誠に不便!
縮小画像に編集しようかと思ったが、とりあえず、旅の記念なので残しておく(^^;)
つーか、日にちを戻って編集するのがめんどっちぃ~というのが本音?(。。 )\バキッ☆

てなことで、24日以降につづく・・・(^^;)

2009年6月22日 (月)

沖縄編 その0 旅の前に

明日・・・というか、今日の午前11時50分の伊丹発で沖縄へ行く。

この旅行、そもそもは、国内宿泊券二人一泊分を、カミさんが懸賞で当てたw(゜o゜)wところから始まっている。

「どこへ?」に『沖縄へ行ってみたい』となり、それなら一泊ではもったいないので、二泊する事になったのである。

そして「いつ?」で、すったもんだしたあげく、22日(月)の朝の段取りをしてから出発、24日に帰山という事にした。

梅雨明けのちょっと前、天候は・・・(^^;)だが、この際気にしない(笑)
それよりも気になるのが6月23日、つまり「慰霊の日」だ。
そんな日を挟んで、遊びに行ってもええもんやろか・・・

カミさんは初めてだが、私は過去に一度だけ行った事がある。
と言っても、大学生の夏、高校時代の同級生の野郎ばかり10人くらいで無人島ツアーなるものに参加し、行きはフェリーでそのまま渡嘉敷島へ行き、帰りは那覇空港から直帰だったので、沖縄本島はほとんど見聞していない。

沖縄について、知ってる事も少ない。
事前学習を・・・とも思ったが、いつものように行き当たりばったりになりそうだ・・・(。。 )\バキッ☆
いやその・・・事前学習してる時間が・・・(^^;)

とにかく、自分の目で見て来よう、
本土が沖縄に何をしたのか?も含めて・・・

2009年6月21日 (日)

沖縄行 準備 と言っても夜中(^^;)

6月25日記

この日は確か・・・
翌日からの沖縄行に備え、三日分の仕事の段取りと、普段より多めの銀ぶら、それから、二泊三日分の荷物の準備・・・と思ったのだが、ちょっと気になる見積案件があったので、資料を調べてたら、22日になってしまい、あわててテキトーに荷造りして寝た。
このテキトーさが、空港の荷物チェックでたたってくるのだが・・・
そんなことになるとはつゆ知らず、飛行機に乗らねばならない恐怖だけが渦巻いていたのであった(笑)

ちゃんちゃん

2009年6月20日 (土)

09高野山学 第3講と特別講義

本日は、午前中が村上保壽 高野山真言宗教学部長の「弘法大師の二つの十住心論」
そして午後からは山陰加春夫高野山大学教授の「時代順にたどる高野山の歴史(その3)」
とても、濃く、深く、広く、そして・・・わかりやすい(というと語弊があるのだが(^^;))!内容であった。

両先生のお話は、いつ聞かせていただいても、「なるほど、そうやったんか~!」と、すべてわかったような有頂天な気分を味わわせていただける。それほど、難解なテーマを、私でもわかるレベルにかみ砕いて、その醍醐味を伝えてくださるのだ。
ところが・・・授業が終わったとたん、「ええと・・・九顕十密と、九顕一密は・・・」などと、自分でまとめようとすると、まるでわかってない事にも気付かされる・・・
何とも情けなく、もどかしい。
実践者、としての経験の違いであろう。
しかし、覚え書きとして、少しでもそのエッセンスの一部を伝えたい、とも思う。
小さな小さな実践だが・・・(^^;)

てなことで・・・
090620kg1
今日も超満員の会場へ・・・遅刻して入る(。。 )\バキッ☆
心構えがなってなーい!
これこそまさに、第一住心である異生羝羊心 (いしょうていようしん)(^^;)
つまり、「凡夫狂酔して、吾が非を悟らず。但し淫食(いんじき)を念ずること、彼の羝羊の如し」
意味:無知蒙昧な者は、自分の間違いに気付いていない。ただ性と食を思い続ける雄羊のようなものだ。
090620kg2
座る場所が無いので立ち見していたら、主催者側がパイプ椅子を出してくれたので、感謝しつつ行儀良く座り(でないと膝に載せたpomeraが落ちる(^^;))文字を最大にして(でないと見えない(^^;))要点をメモする。
学ぼうとするこの心は・・・
第二住心愚童持斎心 (ぐどうじさいしん)であろうか?
 「外(ほか)の因縁に由って、忽ちに節食を思う。施心萌動(せしんほうどう)して、穀の縁に遇(あ)うが如し」
意味:他からの縁をもらい、すぐさま控えようと思う。他者に施す気持ちが芽生えるのは、穀物が発芽するのと同じである。
            ・
            ・
            ・
以下、沖縄編が終わってからUPの予定・・・(^^;)

090620kg3

090620kg4

090620kg5

2009年6月19日 (金)

アクセス権は変更できませ・・・

てなことで、ほぼ復活したパソコンなのだが・・・
ホームページビルダーだけは復活させられず、やむなく再購入する羽目になった(ToT)
ここ数年、キリ番以外は更新作業をしていないホームページなので(。。 )\バキッ☆ NASのどこかにあるはずの(^^;)旧バージョンを気長に探そうかとも思ったのだが・・・何しろ、10万番目前なので、早急に更新作業ができるようにしなければならないのだ~!

てなことで、セットアップ後、まずは・・・
サーバー側から既存のデータをダウンロードする。
090618hb1_2
前回(確か2年前のクラッシュ時(^^;)、この時はホームページビルダーも復活できたのだから、NASに頼りすぎて退化したような気もする・・・(^^;))は、最新版のデータだと思ってサーバーにアップロードしたら、ホームページが数年前に戻ってしまい、タイムスリップの気分を味わったものだった(笑)
で、その轍を踏まぬよう、サーバーから最新版のデータをダウンロードしたわけなのだが・・・
「アクセス権」?
そんなもん、今まで見た事ないぞ~??
・・・って、覚えてないだけ???

・・・何かイヤ~な予感・・・
こんな予感だけは当たるんよねぇ・・・私・・・orz
090618hb2
とりあえず、ダウンロード開始、
ひょっとして「アクセス権」なるものが邪魔をするのか?と思ったが、さくさくと落ちてくる(^-^)
それにしても、私のホームページ、ファイルが592もあるんか~w(゜o゜)w
リンクしてないヒミツのページがいっぱいあるからかな~(笑)
            ・
            ・
            ・
そして・・・
イヤ~な予感は当たった・・・(ToT)
090618hb0
『転送は完了しましたが、アクセス権は変更できませ・・・』

ぐぇ~~~!(ToT)
こんな表示初めて見る~~~!
つまり、ホームページビルダー上では更新できてるのに、サーバー側に反映されないのである。
何しろ、ホームページビルダー、使い出したのは6年前だが、取説は一切読まず(^^;)わからない事だけ、ネットで検索して使ってきたので意味がさっぱり~orz

ググってみた。
どうやら・・・バージョン12あたりから、この「アクセス権」野郎がハバをきかせ出したようだ。
しかも・・・ネット上には『FTPツールで直接アップロードしてみてはどうか?』などという極めて明確でありつつ、具体的な方法が書いてない記事しか見あたらない(^^;)
これではまるで『人生、どう生きるべきでしょう?』
『・・・悟りなさい』ってなもんである・・・orz

で、ついに、初めて(^^;)ホームページビルダーのヘルプで検索してみたら、なんとか『菩提樹の木の下で瞑想してみてはどうか?』みたいな方法論が見つかった。

それによると、本体側とサーバー側のアクセス権を一致させなければならない、とある。
やれやれ助かった、やっぱり取説は読まなあかんね~と思いつつ・・・
各ファイルのプロパティをチェックしてみたらね・・・
090618hb5
最初から一致しとるやんかー!
そら、同じモンなら変更なんかできんわー!
これ以上、どないせぇっちゅーねん~!
            ・
            ・
            ・
で、キリ番だけは、別サービスのを使ってるので更新されていくのでチェックしてみたら・・・
げっげ~!
今日中に10万番になりそうや~ん!
どうしたらええのぉ~!
            ・
            ・
            ・
ここに至って、わからんもんは聞けばいい、という非常に単純明快な方法が浮かんだ(^^;)
ホームページビルダーには、今時珍しく、電話で質問を受け付けるサービスがあるのだ。
・・・電話するの鬱陶しいぃ~~~(ToT)
このブログでは度々、保険屋さんとか、社保庁とかとの電話でのやりとりを載せているが
実は私は電話で話すのが非常に苦手なのである(^^;)
つまり、抗議というか、怒りの感情でも無い限り、自分から電話してというのはなるべく避けたいのである。
これはもう性分なのでしょうがない、
気軽に電話で喋れるくらいなら、俺の人生、変わってるわ!と開き直っておく(笑)
しかし・・・
今回はもうしょうがない、
どうせフリーダイヤルだから混んでるやろし、一回の電話で繋がらなければ、また別の方法を考えたらええや~んと、なかば繋がらない事を期待しつつ(^^;)かけてみた。

一回で繋がったw(゜o゜)w
ヒマなん?(^^;)
てなことで、出てくれたSE?のお姉さんに事情を説明し、指示に従い各項目をチェックしたのだが、やっぱりアクセス権は一致している・・・
嗚呼、10万番よ、どこへ行く~(ToT)と絶望しかけた。

と、お姉さんが『転送設定のプロパティを見ていただけませんか?』
ちゃんとサーバーからデータのダウンロードができてるのに何でやねん?と思いつつ、昨日、子供達に教わった「素直」さを大事にせんといかんなぁ~と、指示通りプロパティを開いてみた。
090618hb3
あれ?
あれれれ?
転送先のフォルダが指定されてないや~ん?
「く、空白になってます~!」
『それだと思います、homepageを指定してみてください』
「はい、はい~!」と、電話を持ってない方の手で\(^o^) してから入力!(笑)

090618hb4
お姉さんを電話の向こうで待たせつつ、再転送してみたら・・・

めでたく反映されました~\(^o^)/
「ありがとうございますぅ~」
『良かったです』
「ほんとにほんとにありがとうございますぅ~」で電話を切った。

はぁ~
よかった~
やっぱり、素直、が一番やね~(^^;)

めでたしめでたし

・・・と、更新できたうれしさで書いたのだが・・・

後で、よぉく考えてみると、なんでエラー表示が『アクセス権が・・・』なの?
『転送先のフォルダがみつかりません』とか表示してくれたら、こんなに悩まんでもよかったのに・・・
・・・って、これも「素直」に素朴な疑問やわ~(^^;)

2009年6月18日 (木)

覚え書き

大騒ぎした1週間だが、喉元過ぎればなんとやら・・・(^^;)
すぅぐ忘れるから(^^;)
今回のパソコンクラッシュについて、覚え書きを残しておく。

○12日(金)の朝 
パソコンの画面が真っ黒けのけ~(ToT)
まぁデータはNASに保存してあるので、なんとかなるだろうと楽観視しつつ・・・セットアップしてくれた営業所へ電話すると、午後からリカバリしてくれる事に、
○12日(金)の午後
『ハードディスク自体が壊れかけててシステムがダウンしてるみたいです・・・』
ってなことで、
リカバリディスクで無理矢理立ち上げ、NASに保存してなかったデータ類を、NAS無いの仮想サーバへ一つずつ移し、さらに新しいハードディスクへ移行する事に・・・
ただ、すべてのソフトが移行できるかどうかは不明・・・
『なんとか全部移せるようがんばってみます』
「よっしゃ頼んだで、俺は免許の書き換えに行ってくるわ~」(。。 )\バキッ☆

○13日(土)
土曜日にもかかわらず、サービスの人が朝から来て作業に取り組んでくれるm(_ _)m
「よっしゃ頼んだで、俺は仕事してくるわ~」(。。 )\バキッ☆

○14日(日)
青葉祭 前夜祭 当日
朝からノートパソコンで事務作業。
驚いた事に・・・(^^;)
「これがあったら何とかなるやーん」(^^;)
これまたNASの仮想サーバを使って、ほとんどのソフトを移行していたため、画面の小ささにさえ慣れれば、事務作業に支障はないのであったw(゜o゜)w
ただし、メールの送受信ができないのが痛い、
いっその事、ノートパソコンの方にアカウントを再設定しようかとも思ったが、明日にはメインも復活しそうなので見送った(^^;)

○15日(月)
青葉祭 当日
サービスの人が来て、一所懸命復活作業中、
「よっしゃ頼んだで、俺は祭に行ってくるわ~」(。。 )\バキッ☆
てなことで、この日でほぼ復活\(^o^)/
移しきれなかったソフトもあるが、それはもともとNASにも移行してないからであり、という事はそんなに大層なものではない、つーか、どんなソフトがあったのかよくわからない状態なので、まぁええか?(^^;)

○16日(火)
何もかもサービスの人にやってもらうのも申し訳ないので(って、今頃かい?(^^;))残りのデータの移行作業は自分でやることにしたのだが・・・
時間がかかる~(ToT)
一つのフォルダを移すのに平均30分くらい、
その間、dysonのホースを交換したり、ノートパソコンで事務作業をしたりしながら、唯一移行できなかったホームページビルダーを新たに購入するかどうかハゲシク悩む(^^;)
既存のホームページビルダーはダウンロードで購入したもので、なぜかバックアップがどこにも見あたらず、再ダウンロードも期限切れで×だったのだ(ToT)

明日の小学生対象の世界遺産のネタも繰らねばならないし・・・うう・・・(ToT)

○17日(水)
世界遺産の話 当日
非常に気持ちよく話ができて、子供達の話も聞けた(^-^)
なんて気持ちの良い日だろう。
うん、ホームページビルダーごときで悩んでいてはいけないよ、恵峯くん!(笑)

○18日(木)
ホームページビルダー新規導入・・・(^^;)
しかし・・・
何ということか・・・
更新が反映されれへーん!(ToT)

てなことで明日へつづく~

それにしても、仕事の事務作業だけなら、ノートパソコンでもなんとかこなせるという事がわかったのは収穫だった(^^;)
それだけ、R6が優秀だという事と・・・
どれだけ、ホームページとブログの更新用に、移行すらややこしいソフトを、たくさん使っているのか、という事だろう(笑)

何?そんなに凝ったページとも思えない?

ほ、ほっといてちょーだい~!(^^;)

2009年6月17日 (水)

教えて教えられ

パソコンクラッシュよりある意味、プレッシャーな日がやって来た・・・(^^;)
高野町の教育委員会からの依頼で、小学生の自由学習で『世界遺産について』話をすることになっていたのだ。

大人相手だと、一神教と多神教の違いや、神仏習合、そして浄土思想など、比較的説明しやすいのだが、相手が子供となるとどう説明すればいいのか・・・
いきなり「みんなぁ、死んだらどうなると思う・・・」なんて言っていいのか?(^^;)
せっかく、世界遺産や高野山についてベンキョーしようと思って来た子達に、ある意味トラウマを植え付ける事になりはしないかと、柄にもなく悩みつつ今日を迎えたのであった・・・(^^;)


しかし、
子供達の理解力というか、感性は凄かったw(゜o゜)w
まるで、私を助けるかのように(^^;)興味深く聞き入ってくれ、次々に「それを尋ねて欲しかったんよ~」ってな質問も(^-^)
「教えてやらなければ」なんて思ってた自分が恥ずかしくなるくらい「教えてもらった」事が多かった日だったm(_ _)m
090617wh1
子供達とのやりとりは、私の大切な宝物だからここには載せない(^^;)

代わりに、以下、中学生用ガイドブックの画像とそれぞれのPDFファイルをUPしておく。
中学生用、などと書かれてあるが、非常にレベルの高い内容なので、ぜひご覧いただきたい。
ちなみに、ダウンロード用のPDFファイルの大きさはそれぞれ300KB~900KBくらいである。
もう少し精細なものを載せたいのだが、ココログでは1MB以上載せられないので、ご了承願いたいm(_ _)m
もし、大きくていいから精細なファイルも欲すぃ~という奇特な方がいらっしゃったら(^^;)、どうぞ、ご連絡ください。
15MBくらいありますが、宅ファイル便で送ります~(^-^)

090617whgb1_2

「wh1.pdf」をダウンロード
090617whgb2

「wh2.pdf」をダウンロード

090617whgb3
「wh3.pdf」をダウンロード

090617whgb4
「wh4.pdf」をダウンロード
090617whgb5_2
「wh5.pdf」をダウンロード
090617whgb6_2
「wh6.pdf」をダウンロード

090617whgb7_3

「wh7.pdf」をダウンロード

090617whgb8
「wh8.pdf」をダウンロード

090617whgb9
↑ 「wh9.pdf」をダウンロード

090617wh2_2
↑これは、担当の教育委員会の方が下さった当日の写真。
これもまた私の宝物である(^-^)

そして・・・
教育長から、ご丁寧に感謝の言葉と花坂小学校の先生からのメッセージがm(_ _)m

090617wh3_3

あまりにうれしいメッセージだったので拡大して載せておく(^-^) 

090617wh4_3

6年生から2年生まで、学年がばらばらだったので、はらはらしながら喋ったり案内したりしてたのだが、なんとなく雰囲気は伝わった感じ?(^-^)

みんな、ありがと~ね~m(_ _)m
今度は奥の院へ行こか~(笑)
おっちゃん、もっともっとベンキョーしとくわな~(^-^)

めでたしめでたし

2009年6月16日 (火)

dysonが大損?

さぁて、今日は「ボイジャー君」のホースの取り換えでもするか~
何しろオシャカ寸前の旧ハードディスクのパフォーマンスが大幅に落ちてるから、100MB程度のデータの移行にも「224分」かかるとか表示されるしね・・・(ToT)
090616_pc_2
幸い大事なデータは全部NASに放り込んでいたので、致命的なダメージはなかったのだが、ダウンロードしたソフトとか、こまごましたデータは本体側に置いたままだったので、それをいったんNASに移し、さらに新しく導入したハードディスクへ移すという作業を延々と繰り返さなければいけないのであった(ToT)
何しろクラッシュの原因がよくわからないので、そっくり移動させるわけにはいかないのであーる・・・orz
090616dyson1
てなことで、ちょうど今日、ダイソンから交換ホースが届いたので、データ移行の合間に取り換えることにしたわけ。

ちなみにこれ、3月頃?だったか、封書で連絡が来て、申し込んでいたのである。
090616dyson2
HPでも告知されているが、要するにホースが地べたと接触する構造になっているため、引きずり倒して使ってると摩耗して電源ケーブルが露出、感電の可能性もあるという。
しかし普通に使ってる限りではホースが摩耗するほど地べたと擦れるとは思えず、その時に、わざわざ電話して(笑)はたしてどれくらいの使用期間で起こるのか、そして、何台くらいに起こっている事象なのか、聞いてみたのであった(笑)
(決してヒマとちゃいますねーん、単なる好奇心~!(笑))
その時の受付のお姉さんの話だと、実際にそういう状況になったのは・・・『数台なんですけど・・・』とのことだった。
「えぇ~!おそらく何万台は売れてる中で数台ですかぁ?それでも全台数に対してホースの全交換を実施される?う~ん、なんて良心的なメーカーなんでしょうね~!」と褒めちぎって電話を切ったのは言うまでもない(笑)
ま、実際、何台がそういう症状を呈したのか知らないけどね・・・

てなことで、付属してる説明書がもうまさに、微に入り細を穿つといった案配(笑)
T_0906dyson1
↑↓表と裏に親切丁寧に作業手順が記されている。
T_0906dyson2
↓安物チックだが、ドライバーまで付属している涙ぐましさ(^^;)
090616dyson3
で、↓のスイッチコントローラーを交換ホースに再設置するわけだが、おそらく会社内では、もめたんちゃうやろか?(^^;)
090616dyson4
『家庭の主婦対象だと、そういう交換作業が二次事故を生む可能性もありますよ、いっそのこと、スイッチコントローラーもホースに付属させてはいかが?』
『それだと経費が○○○万円以上余計にかかります、ここはやはりドライバーを付け、それが交換に対する薄謝代わりといういうことでどうでしょう・・・』
『ドライバーを付けるといかほど?』
『○○万円くらいです』
『いたしかたないですねぇ・・・』みたいな・・・(笑)

なんでそういう妄想が広がるかというと、交換ホースの持ち手部分が、明らかにグレードダウンしているからなのだ(笑)
090616dyson5
↑の上、ロゴマークが付いてるのが旧の持ち手、ロゴマークが無いのが交換パーツ。
つまり、ロゴの印刷代だけでもケチっとけ~ってのが丸わかりで、ちょっとセコい感じ~(笑)
090616dyson6
おまけによく見ると、ホースを伸ばす(赤い)スイッチの造りも、けっこうチープになっている(笑)
ちょっとでも経費を落とそうとしたんやろけど、なんだかなぁ・・・(笑)
090616dyson7
で、肝心な当該部分も比べてみた、使用期間は1年ちょっと、カミさんがお気に入りで、ほぼ毎日使ったわりに、摩耗は極小、というか、ぜんぜん大丈夫~
おそらく、摩耗した機種はコンクリート等の上で使われていたんでしょうなぁ・・・
で、曲げたり押しつぶしたりして強度を確かめてみたのだが・・・
「違いがわかりません~!」(笑)
ひょっとして電源コード自体に特殊なコーティングでもしてるんやろか?
まぁ、忘れてなければ(^^;)来年の今頃、比較してみようと思う。

ひとつ気になったのがこのパーツ。
090616dyson8
つまり、小さい場所用の吸い込み口などを、持ち手に刺しておくものなのだが・・・
090616dyson9
通常はこんな感じで持ち手に、はまっているのだ。
で、↑の作業手順書、めちゃめちゃ丁寧な割に『このパーツをはずして付けかえてくださいね~』ってな事が、どこにも書かかれていないのだ。
これ、そそっかしい人なら、旧ホースに付けたまま返送してしまうのではないだろうか?(^^;)
かくいう私も、いったん箱に入れてから気づいたのだが・・・(笑)
ま、そんな慌てモンはそうそういないだろうけど・・・
せっかく回収したのに、またこのパーツだけ個別に送ったりする手間が生じたら・・・
重役会?で、またもめるんやろなぁ・・・(笑)
T_0906dyson3_2
さて・・・
事務所まで戻ってチェックしたらまだあと74分とか出てたので(ToT)梱包を済ませてしまおう。
で、またまたちょっと気になったのが同梱されてた↑の「返送手順書」
T_0906dyson31
さすがに「ドライバーを返してください」とは書かれてないが(笑)『※ホース以外の付属品は入れないでください。』
ん?
ん?
んんん~???
「ほな、包んでたビニールとか段ボールはこっちで処分せぇ言うことかいっ!」
「おのれとこは、欠陥品売っといてからに、ケチくさい交換品送ってきて、おまけにゴミはこっちもちぃ?ドライバー一本でそこまでできるかー!」(笑)
090616dyson91
何しろパソコンの復活が遅々として進まないので、イライラしてた事もあり・・・
ゴミもちゃんと詰めたったわーっ!(笑)
ついでに、家庭のゴミも入れたろかな~とか思ったけど、カミさんに諌められてやめた(。。 )\バキッ☆

てなことで、dysonの今回の損害はどれくらいになるのだろう?
何万台×おそらく数千円・・・いや、広報も入れたらやっぱり億単位か・・・

ゆめゆめ、次の機種の価格に跳ね返らないように願おう。

dysonさん、そこんとこよろしくね~!
「優秀な道具」として、けっこう気に入ってるんですよ~(^-^)

ちゃんちゃん

2009年6月15日 (月)

祝 青葉祭 

以下、青葉祭のレポになる予定・・・(^^;)
090615f1
といっても、毎年同じような事ばかり書いているのに気づいた(^^;)
つまり・・・
行列の順序を紹介しつつ、銀は大勢の人の中でも、おとなしく見ていて賢いね~てな感想に終始しているわけだ(^^;)
とはいえ、毎年同じようにお大師さんの誕生日をお祝いしつつ、お互いの無病息災を祈願するわけで、変化がないのは何よりの事なのかもしれない(^-^)
090615f2goeika
ご詠歌のみなさんもお元気そうで何より~(って、中にはお若い方もたくさん!(^^;)いらっしゃるのでちょっと不適当な表現かも?(^^;))
090615f3otigosan1
御稚児さん~
40数年前には私もこの行列の中に・・・って、もうええか?(笑)
090615f4
おそらく肖像権にうるさくない?であろう(^^;)母子像を一枚載せておこう(^-^)
090615f5hanamido
花御堂(はなみどう)
090615f6
続く高野山高校生が曳く「いろは号」
090615gin1
ね、吠えもせずおとなしくしてるでしょ~(^-^)
090615f7
「いろは号」アップ~
090615f8
続く大師音頭の連、
090615f9
ゴールの千住院まではここから1km弱だが、1時間半以上踊り続けるのである。
お疲れ様です~m(_ _)m
090615gin2
ぼちぼちじれてきた銀(笑)
『お父さん、まだぁ~』
「ねぶたが通るまで待っててね~」
090615f91
てなことで、今年もトリは、商青のねぶた(^-^)
護摩の煙もどんどん焚いて、夕べの疲れも見せずに張り切って進む。
う~んやっぱりこれでいいのだ~(^-^)
090615gin5
てなことで、これまた恒例、
行列を見送った後の銀ぶら~(^-^)
枝をくわえて走る走る~(笑)
090615gin6
で、〆もやっぱりいつものオープンカフェさんで(^-^)
『おやつ、はよちょーだい~、持ってるのボク知ってるで~』(笑)

めでたしめでたし

2009年6月14日 (日)

青葉祭前夜祭 奉燈行列

以下、青葉祭前夜祭 奉燈行列のレポ・・・になる予定(^^;)

090614f1

てなことで・・・
悪戦苦闘の末、6月18日現在、なんとかパソコンも70パーセントくらい復活・・・(^^;)
前夜祭レポをば・・・

じゃっじゃーん!
ご多分にもれず、人数が減り続けている商工会青年部だが、今年も見事に造り上げてくれた\(^o^)/
090614f2
↑山内の院家さんの集まりである「南山会(なんざんかい)」に、お性根を入れていただくと・・・
↓光りだすのであーる!(^-^)
090614f8
23作目となる今年のテーマは「護摩焚お大師さん」
ちなみに今までの歴史は昨年のブログをご参照願いたい。
090614f99
背面はこんな感じ(^-^)
090614f3
本山前で休憩中の各「奉燈」の数々
090614f4
高野山高校作、全世界の海の水を飲み込むという伝説の摩竭魚(まかつぎょ)とお不動さん。
090614f6
ちゃんと護摩の煙もスモークマシンで演出~!
090614f5
これまた恒例、竿師による電線とか木の枝とか持ち上げ作業~(笑)
しかしこの光景、いつのまにか「奉燈行列」の風物詩になっているね~(^-^)
てなことで、同一角度からの画像しかないのは、私が例によって電源車の運転をしているからである(笑)
(2t車のサイドミラーで特別出演中(笑))
090614f7
無事巡航が終了し、笑顔の挨拶(^-^)
ご協力いただいた、青年団、高野山大学学友会、そして本山職員さん達をはじめとする高野のみなみなさま、ありがとうございます~m(_ _)m


・・・すべての片づけが終わった真夜中から、打ち上げ開始~\(^o^)/
090614f9

サプライズで、総裁さん、学君、太郎君、亭長さんが、一夜限りの一曲限りでスペシャルバンド「ハイライト」を復活~!


携帯用動画はこちら
なんて懐かしい~!
ついでに「ありがとう音頭」もリクエストしたのだが、『・・・それが・・・演ろうと思ったんやけど・・・メロディ忘れた』・・・orz との事・・・

まぁ・・・残念やけど、あれは封印しとく方がええかもしれんねぇ(笑)

ちゃんちゃん

 

2009年6月13日 (土)

七転び八起き中・・・orz

つーことで、パソコン相手に悪戦苦闘中・・・

ただし・・・サービスの人が・・・m(_ _)m

災い転じて

以下は、昨日(12日)の日記。

パソコンのクラッシュ、とても私の手には負えないので、販売店に連絡すると、すぐに来山してみてくれる事になった。
ただし時間がかかりそうなので、今日の事務仕事はあきらめる事に(ToT)
で・・・
090612t3
さっそく、とリッカーで遊びにぃ?
ちゃいまんがな~(^^;)
延ばし延ばしで失効まであと数日に迫った免許の更新手続きに行くことにしたのだ。つーか、16日までなので、土日は×だし、15日は青葉祭で行けないし、16日には打ち合わせが入ってるので、実は今日行っとかないとヤバかったのに出発してから気づいたというお粗末(。。 )\バキッ☆
090612t1_2
てなことで、耐震工事真っ最中の「はしもとけいさつ」に到着~
プレハブの仮設事務所で「営業」してるけど、拳銃の管理なんかどないなってるんやろ?(^^;)と素朴な疑問を抱きつつ窓口に、
『連絡のハガキをどうぞ』
「なくしました~」(。。 )\バキッ☆
『そうですか・・・では、交通安全協会のご説明を・・・』
「説明はけっこうです、もちろん入会します!」(笑)
何せ、はよ済ましたいんじゃ~(^^;)
            ・
            ・
            ・
てなことで、「安協」入会が効いたのかどうか知らないが、それからの流れはスムーズそのもの(笑)
このところ急激に視力が落ちてる事もあり、ひょっとして条件に「眼鏡等」が付かないか、めっちゃ不安だったのだが、なんなくクリア~(^-^)v
講習自体は7月に受講する事にした。
090612p
しかしそれにしても「安協」入会者へのサービスぶりには驚く(笑)
ドライブマップはくれるわ、抽選で電動アシスト自転車他豪華賞品は当たるわ、交通事故による20日以上の入院には3万円の見舞金まで・・・
まぁ抽選については、今年の秋からの導入で、当たる確率は宝くじよりさらに低そうやけど(つまり限りなく0に近い(笑))ここまでするって事は、よほど入会者が減ってきてるって事なんやろねぇ・・・(^^;)

てなことで、快晴の日中に単車に乗れた喜びで、それ以上・・・つまり、これにかかる予算なんか、莫大な宴会費からしたら鼻くそみたいなモンなんやろなぁ・・・みたいな事は考えず(笑)(今、書きながらは考えてるが(笑))再びスーパー林道を目指す事にした。090612t2_2
いつも思うのだが、木漏れ日の中を走る気持ちよさを画像に納めるのは難しい。
もっとも、光と影が次々と織りなす光景は、その瞬間にしか存在しないからこそ美しいのかもしれない。

090612to
見晴らしの良いところでちょっと一服、
と言っても、風景よりもシートを眺めてしまう(笑)

CRMでlも体験した事だが、野口装美さんのシートは、つくづく林道を楽しくさせてくれるという事を改めて実感した。
動けるのはもちろん、押さえも効く、そして、尻を浮かせた時も、下にこのシートがあると思うと、着座に対して無上の安心感のようなものが湧いてくる。

ヘルメットの中で思わず何度も「正解っ!」と叫んでしまう自分がいた(笑)

めでたしめでたし

2009年6月12日 (金)

パソコンクラッシュ~(ToT)

事務所のメイン機がクラッシュ~
つーか、システム自体が立ち上がらん~(ToT)
090612pc
リカバリできるかな~(^^;)

てなことで、しばらくの間、メールの送受信ができませんm(_ _)m

何かありましたら携帯へお願いします~m(_ _)m

嗚呼・・・(ToT)

2009年6月11日 (木)

5年悩んで・・・(^^;)

やっぱり人生、谷あれば山あり?(^^;)
弱気含みでも、何とか10日を乗り切ったら、ご褒美みたいに、野口装美さんから、こいつが到着した\(^o^)/
090611t1
構想・・・つーか、躊躇(^^;)することまる5年(笑)
つまり、トリッカー購入以来、ずっと迷ってたシートのカスタムを、この度、実行したのであーる。
てなことで、↑はカスタムされたシートと以前の「表皮」
購入当初から、シートの低さが気になっていたのだが、ヤマハのオプションでもローシートはあるが、ハイシートの設定は無く、チョイ乗りと曲芸(^^;)と冬山用だから、低くてもええんちゃうのぉ?と自分に言い聞かせてきたのだ。

ところが、8年目を迎えたApe115をいたわるため、トリッカーも仕事用に使おうと、GIVIを取り付けたとたん、「どうせならこれを吉祥にシートも・・・」みたいな気持ちが・・・(。。 )\バキッ☆
で、久しぶりにYahooのオークションをのぞいてみたら、頃合いのシートが数千円で出てたのでつい・・・(^^;)
てなことで、以前、1150GSとCRMでお世話になった野口装美さんに、「できるだけアンコ盛」をメインに、メールで相談したところ、2パターンのご提案をいただいた。
0905noguti_2
説明によると、「1」では前下がりは緩和できるがアンコ盛は3㎝弱、「2」では前下がりはそのままだが4~5㎝はなんとかなる、との事だったので、迷わず「2でお願いします~」(笑)
トリッカーの場合、シートの前下がりはむしろ美点なのである。
CRMの時は、シート高が90㎝を超えてしまうので、若干の不安がある旨伝えると、わざわざ試作品を送って下さり感激したものだったが、今回は2トーンのデザインも含めて、もう全部おまかせ~(笑)
それだけ信頼している、という事なのである(^-^)
090611t2
取り替える前にノーマルシートに乗せてみた。
う~ん、ええやーん(^-^)
構想通りの盛り上げぶり!(笑)に、車体をステッカーチューン(^^;)したばっかりに、かえって違和感を醸し出してたシルバーの切り返しも、赤に変更してもらって正解!(^-^)
081230tricker1
↑↓比べると異様にシートが高くなっている?(笑)
090611t5_2
てなことで、乗車姿勢の比較~
090611t3c
↑↓膝の曲がりの差は歴然!これで長時間の走行にも耐えられるぞ~(笑)
090611t4c
ちなみに・・・単車に長時間乗らない方は『そんなに違うの?』と思われるかもしれないが、この差はモノスゴク大きいのである。
ちなみに、アンコ盛バージョンの膝の曲がりがLT(のハイシート状態)とほぼ同じで、ノーマル状態が、現行の・・・そう、K1300GTとほぼ同じくらいだと思う。
なにしろ、K1300GTが出た時に、「LTよりしっくりきたらどうしよう?また借金地獄かぁ?」と思いつつ(^^;)ショップで跨らせてもらったとたん、「あ、これ、長時間の走行無理~」と、それだけであきらめがついたくらいなのだ(笑)

てなことで、もう一つの特徴は・・・
野口装美さんオススメの座面のサンドレザー(B12)
090611t6
GSでもCRMでも、その絶妙の「滑り止め感」は体験済み(^-^)
通常はしっかり安定しているが、動きたいときにはちゃんと動けるのである。
もちろん、中身は衝撃緩衝材のT-NET入り!
といっても、実は私はこれが初体験(^^;)GSにもCRMにも以前の主流だったタキテックを入れてもらったのだが、どうやらそれがT-NETに進化したらしい。
どちらも温度依存性があり、要は冷たいと硬く、暖かくなるにつれ柔らかくなるわけで、体温によって部分的に柔らかくなるのでお尻の形にフィットするのである。
ただし、タキテックの場合、冬場の乗車初期では、不快ではないもののやや硬めの印象があったのが、T-NETでは形状をネット上にする事で、寒気でも最低限の弾力性を持たせようとしているのだと思う。

てなことでちょっと走ってみた感想は・・・
T-NETの弾力性は普通のウレタンよりやや硬めといったところで、タキテックよりは柔らかい印象。ただし、その形状のせいか、コシはしっかりしていて、コーナリングなどで荷重すると、シートの角が崩れたりせず、ちゃんと受け止めてくれる。
しばらく乗っていると、体温でやや柔らかめになり尻の形に座面が広がり分圧されるのもよくわかる。これなら長時間走行も苦にならないのではないか?
非常に好ましい印象である(^-^)

若い頃の私なら・・・(^^;)
「くっそ~こんな事ならもっと早くアンコ盛したらよかったー」と悔しがったかもしれない(笑)
また、「ううう~この際GSとCRMのタキテックもT-NETに替えたい~」と欲すぃ欲すぃ病が出たかもしれない(笑)
今はちょっと違う(^-^)
5年の躊躇があったからこそ、ローシートの短所もよくわかったし、今回の形状をどうするかも即断できたわけで、何よりその頃だとT-NET自体が無かったのだから、トリッカーのシートの細長い形状からして、仕事で乗るにはやや硬すぎるシートになっていたかもしれない、また、GSとCRMの性格からしたら、タキテックで必要十分なのだと納得できるのである。(^-^)

つまりは・・・

これでいいのだ(笑)

ちゃんちゃん

2009年6月10日 (水)

毎月10日は・・・

支払日!
もう四苦八苦ぅ~(ToT)である。
当然の事ながら、集金日でもあるのだが・・・
やっぱり出て行く方が多い~orz
そんな日に・・・
消費税12%が必要」基礎的収支、10年内黒字化のため」などというニュースを見ると、当然の事ながら殺意が浮かぶのだが(笑)同時に、めっちゃ悔しい事に「うらやましさ」も感じてしまう。
国会コジキ!とかAHO共!とか、普段、罵倒ばかりしているが、こいつらは足りなくなったら、いくらでも国民におっかぶせる事ができるのだ。
総選挙前に発表したのは、アソウの意地とか言われてるが、それでも総選挙前に発表するのは「上がるのはしょうがない」というイメージ戦略だろう。
どうせ『福祉のために使うんですから』とか『諸外国の税率はもっと高いんですよ~』とかの使い古されたおためごかしをくり返すのだろう。
消費税が導入されて福祉が良くなったかというと、まるっきり逆で、社会保険の医療自己負担は1割から3割に引き上げられたし、老齢年金の支給開始も60歳から65歳に延長、おまけに別枠で「介護保険」なんていう、健康である事がばからしくなるような制度まで導入しとるやないかい!ヽ(`Д´)ノ
諸外国の税率はもっと高い?
AHOかーいっ!
数字だけで比べたら20%以上なんていう国もあるけど、そんな国はちゃんと食料品とか教育費とか特定品目を定めて税率を低減してるし、年金制度なんかも、まともに機能してるっちゅーの!
そもそも、どこの国でも税収全体のうち、消費税で賄うのは2割ちょっとまでというのが原則や、これ以上逆進性(通常、高所得者ほど税の負担率を高くするのが当然なのに、消費税では低所得者ほど負担率が高くなる)が進んだら、暴動が起きるっちゅーねん。
で、日本の場合、現状の5%のうち、1%は地方消費税として除いたとして、残り4%で税収の20%強になってるらしいやん!
つまりこれ、現状5%が「徴収しても、なんとかやっていける限界」に来てるっちゅーことやで。
何で日本だけが、こないに消費税による歳入の比率が外国より高くなるかっちゅーと、当たり前の事やけど、他の税収、特に所得税と法人3税(法人税・法人住民税・法人事業税)が「景気対策」の名の下に引き下げられて来たせいで、税収自体が減ってるからやろ。
ちなみに、消費税導入以来の累計は約200兆円で、同時期の法人3税は約180兆円減ってるとの事。
誰かが描いた「絵」が見えるよな、
金持ちと大企業だけが得をして、ツケは全部庶民に回すっちゅー「絵」や。

『ほな、あんたとこも、ちっぽけながら法人らしいから、法人税上がってもええの?』
と言われそうやが・・・
まともな使い方をしてくれるんやったら、もっとがんばって払う気ぃも起こるわー!
と、キレておく。

頼むわホンマ、
消費税を上げる理屈を考える時間の100分の1でもええから、
無駄使いをなくす方法、も考えてみてよ、
人口すら減りだしたんや、
毎年毎年予算を増やしていく時代はとっくに終わってるんやで、

・・・と、最後は懇願口調・・・(^^;)

やはり毎月10日は、どうしても弱気になってしまうのだ・・・orz

2009年6月 9日 (火)

Wild Strawberry

『はい、第一弾~』と、カミさんが昼食後のデザートに出してくれたのがこれ。
090609ws1
「へ、ヘビイチゴ・・・?」{{{{(+_+)}}}}
『わいるどすとろべりぃ~!』とカミさん(^^;)
090609ws2
大きさは約1㎝くらい、鮮烈な紅!である(^-^)
箸でつまみあげて写真を撮ってたら、『どうせなら成ってるところを取ってほしいわ』
カミさんの言う事には無条件で従う事にしているので(^^;)そのまま2階のベランダへGO~!
090609ws4
ほっほぉ~w(゜o゜)wこりゃすごい、
手作業でのアブラムシ取り(^^;)の苦労は聞かされていたが、見事な出来である。

てなことで、キッチンへ戻り、カミさんの努力と天地の恵みへの感謝を捧げつつ・・・

いただきます~m(_ _)m

・・・とは言え、それこそ子供の頃『それは食べられへんよ~』と言われつつ、試しに囓ってすぐ吐きだしたヘビイチゴを思い出しつつ、おそるおそる一口・・・(^^;)

ほぉ~!w(゜o゜)w
想像してたより酸っぱくなくて、甘いというよりは、まさにsweet!(^-^)
瑞々しいツブツブ感もしっかりそなわっていて、一粒ごとに爽やかな気持ちになった。

『どう?』とカミさん、
「これはええわ~まとめて口にいれたら、何か甘~いイクラみたいや~』(笑)

ちゃんちゃん

2009年6月 8日 (月)

まちけん

久々のまちけん(高野山まちづくり研究会)レポ。
090608matiken
7月の11日(土)の午後、大学連携和歌山主催で開催される「和歌山県・持続可能な観光まちづくりフォーラムin高野山」についてのあれこれ。
主旨は、
「世界遺産登録以来、和歌山県内の観光地が、あらためて世界的な関心を集めることになりました。今回フォーラムを開催する高野町は、紀伊半島の入り口にあたり、真言密教の根本道場として各地から参詣の皆様を受け入れてきました。今回のフォーラムでは、高野町の現状を確認しながら、今後の町の歩むべき道を現場から考えてみたいと思います。」
テーマは、
「いま、持続可能な地域が日本を変える~未来への挑戦を「高野山」から考える~」
会場は、
高野山大学、本館2階、201号教室 ※事前申し込み不要。先着200名+α
で、プログラムは・・・
の、ブレインストーミングなのである。
もちろん、ここで出た企画がそのまま通るわけではないが、ブレインストーミングの手法通り、「質より量」の「突飛なアイデア」を「決して批判せず」に「自由に組み合わせ」て、わいわいがやがや。
会場(元、樹林)の灯りに誘われ、ふらりと立ち寄るゲストもいて、和気藹々(^-^)
当然、話はあっちこっちへ飛ぶ(笑)
それがおもしろい(^-^)
ちょうど同時期に開催されている「happy maker」とのコラボ案も出た。

アイデアを出した分、地雷を踏む可能性もあるわけだが(^^;)有意義なフォーラムになりそうな予感である(^-^)

2009年6月 7日 (日)

Card Sharkさんのマジックショー

てなことで、鬱も脱出(^^;)
昼過ぎ、電車で難波に向かう。
今日は、心斎橋のマジックバー「Card Shark」さんでマジックショーが開催されるのだ。
しかし、危ないところだった(^^;)
昨日までの状態が続いていたら、電車に乗ったり、心斎橋の人混みの中を進む気力も湧かず、不参加になっていたかもしれない。
090607cs1
てなことで、マジシャンのキノピーさんである。
ご無沙汰~m(_ _)m
演技中に撮影するのは失礼なので、登場の時に撮らせていただいたm(_ _)m
ちょっと不気味な雰囲気の画像になってしまって申し訳ない(^^;)

今年の3月だったか、ひょんな事からお店を知り、いきなり朝の4時までベロベ浪漫状態のまま(。。 )\バキッ☆楽しませていただいたm(_ _)m
私の場合、酔うにつれてツッコミのキレがよくなるので(つーか、傍若無人に?・・・(。。 )\バキッ☆)さぞ、やりにくかったと申し訳なく思うのだがm(_ _)m演目の合間にはマニアックな質問にも喜んで答えていただいた上、私の苦手なピンキーカウントのコツまで惜しげもなく教えてくれたええ人!なのである。
(その時は、「よっしゃ~これでピンキーカウントはマスターや~ん!\(^o^)/」と大はしゃぎしたのだが(^^;)当然の事ながら、酔いが醒めると共に、会得したと勘違いしていたコツも、きれいさっぱり消えたのであったorz)

この方、『好きな事を仕事にしたい』と、阪大卒で銀行員という安定した職を捨て、マジックバーを開店したという異色の経歴の持ち主。
さらに『道具に頼らず、技術で人を楽しませたい』という確固たるポリシーをお持ちで、つまりは、ギミック(仕掛けのある小道具)は使わず、スライハンド(手先の技)だけで勝負するスタイルが快い(^-^)

で、今回、小林俊晶さんを招いてのマジックショーのお知らせをいただき、予約していたのである。
午後4時からまる1時間、マジックをたっぷり楽しんで、フリードリンク付の3000円!w(゜o゜)w
こりゃぁ見逃す手はないわなぁ~(^-^)

てなことで、今日のキノピーさんは主役を小林さんに譲り、膝代わりとして、スリーカードモンテにロープ&リング、そして、カップ&ボール、と、定番ながら熟練の技が必要な演目を次々に披露してくれた。とにかくサービス精神が旺盛な方なのだ(^-^)

で、そのまま小林俊晶さんが登場してカードでのクロースアップマジックの数々。
息つく暇もなく繰り出される妙技に夢中になってたので、登場写真さえ取り忘れる始末(。。 )\バキッ☆

ちなみに私は、自分ではとてもできないが、大抵のマジックならやり方だけは知っているというタチの悪い客なのだが(^^;)それでも、十分、いや、十二分以上に楽しませていただいた。

ギミックを使ったマジックは、タネがわかったとたん、「へぇ~こないなっとるんやね~」と感心はしても、興味は急速に薄れるものだ。
ところが、スライハンドは、タネがわかっていても、その技自体、見せ方も含めて「芸」であり、修得に要した努力にまで思いを馳せつつ感動してしまうのである。

ど素人で、技術なんか足下にも及ばないまでも、「血が出る」まで練習した事があるから(^^;)余計そう思うのかもしれない。

てなことで、本日のお土産はこのハートのシール。090607cs2
ずいぶん用心していたはずなのに(笑)まんまとしてやられた結果である。

かなり凝った演出だったのだが、現象としては、客が選んだカードはハートの3で、マジシャンが最終的に選んだのがハートの2、
これはいわゆるサッカートリック(失敗したと思わせて、実はさらに驚く結末を迎える)だという事はわかった。
つまり、ハートの3が尋常ではない方法でどこからか出現するのだと思っていたのだ。
で、私は、「それ違います」だといかにもなので、ちょっと気取って「ハートが一つ足りません」と言った。
とたんに小林さんがニコっ(^-^)
待ってましたというセリフだったのだろう。
『ハートが一つ足りませんか?実はそこに』と私の左手を指さした。

w(゜o゜)w

いつのまにか、私の腕時計にハートが移っていたのであーる。

マジでびっくりしたw(゜o゜)w

続いて、やられた~!って感じ(^-^)

きっとそれまでの私は、どこかで「ふっふっふ、こちとら素人やけど、見るのはほとんど評論家やでぇ(^^;)大抵の事では感心はしても驚けへんからね~」という雰囲気をにじませていたのだと思う(。。 )\バキッ☆

狙ってやったんやろなぁ~うん、(^-^)
それがちっとも嫌味じゃなくて、楽しんでもらいたいってのが伝わってくるのが人柄かな(^-^)

お二方、ありがとうございました~!拍手!!

※なお、Card Sharkさんは7月に引っ越すとの事で、同じミナミの中らしく、詳しい場所がわかり次第また告知する予定。みなさんどうぞご贔屓に~(^-^)

2009年6月 6日 (土)

銀すまん

昨日から続く暗澹たる気持ち・・・
これはおそらく屈折したメサイアコンプレックスによるものだろう。
いわゆる正と悪の区別、というのはとてもあいまいなもので、『最後は正義が勝つ!』と思いたいところだが、そうなると『負けた方は全て悪だった』となってしまうから始末が悪い。
しかしこれが「社会悪」、特に権力の濫用が原因となると、非常にわかりやすい。
つまり、それに関わっていない(権力を持たない)「正」側としては、無条件で「悪」を攻撃する権利を持つ・・・みたいな・・・

・・・嗚呼、頭が煮える・・・

こんな時は、単車だ(。。 )\バキッ☆
・・・昨日まで義憤に燃えていたくせに、結局、気持ちを紛らわすために車庫に行く自分が情けない・・・
所詮は野次馬に過ぎないのだなぁ・・・

・・・嗚呼、重症だ・・・

Wよ、助けてくれ、
090606w1
乗車してエンジンをかけたとたん、助かった気分・・・(。。 )\バキッ☆
ちなみにこの行為、よく『鉄馬にまたがり、エンジンに火を入れる』と表現されたりするが、私はとてもそんな尻がこしょばくなるような言葉は使えないし、使いたくもないと思っていた。
ところが、今日はちょっと違って、Wが火を入れられるのを待ってくれていたような気がしたのである。
まぁ、そういう気分になるほど、鬱だったという事かな・・・

少し走った。

おお!

何か抜けて行く~!(^^;)

それでもやはり「鉄馬」、という印象は無い。
あくまでこれは「風の馬」なのだと、こだわる自分がいるのがおかしい(笑)
090606w2
駅道でちょっと休憩、
しみじみと眺めてみる。
なんだか、初めて見る単車のような気もする、
(長いこと乗ってなかったし(。。 )\バキッ☆)
そして、以前のインプレの時に思ったような、「メッキが嫌いだった」とか「取り立てて語る程の動力性能は無い」とか「トライアンフのデッドコピー」とかのネガな印象がきれいさっぱり無くなっているのに気付いた。

何しろ、最近、車や単車の情報不足と記憶力の減退が著しく進んでおり(^^;)ええと・・・これって何のコピーやったんやっけ、イギリスの・・・あの・・・ノートン?違う違う~、ト、トラ?トライアンフか?ってなもんなのである(^^;)

思えば・・・ずいぶん長い間、単車ではなく、見栄に乗ってきたように思う。

ひょっとしたら、今もそうなのかもしれない、
気に入った単車なら、長く乗り続ける人、を演じているだけかも?
いやしかし、それにしてもこれまた長い事、「欲すぃ欲すぃ~病(^^;)」が再発するような単車にお目にかかっていないのも事実だ。

・・・時代についていけてない?(笑)
・・・時代を超越した?(笑)
・・・時代と一緒に年を喰った?(笑)

と、まぁ、このように、コーナリングのたびにポジとネガが入れ替わったり混ざったりしながら、なおも走った。

ポジが勝った(笑)
ということは、これが正義か?(。。 )\バキッ☆
違う、
負けた(?)ネガは悪ではなく、大事な事に気付かせてくれ、さりげなく退場してくれたのである。
いわば青鬼君なんやな・・・って意味不明?(^^;)

そして・・・再び、昨日の二件のニュースを想う、
権力の腐敗が共通の原因と書いたが、昔ならきっと闇に葬り去られていたものが、今では白日の下に晒されるようになったのだなぁという感想も湧いた。

そのために、きっと、たくさんの人が、一所懸命取り組んだんやろな、

それこそ、まさに、メサイアやな、

いや・・・やっぱりここは「仏心」・・・と言いたいな(^^;)
(※↑これはあくまで私のイメージであり教相判釈ではない)
            ・
            ・
            ・
すっかり、とは言えないものの(^^;)鬱の脱出口を見つけた気分で帰宅したら・・・
銀が拗ねていた(^^;)
090606gin1
『お父さんだけ、楽しそうやんかーっ!』

すまんm(_ _)m
銀ぶら行こぉ~(^-^)

ちゃんちゃん

2009年6月 5日 (金)

暗澹たる気持ち

二つのニュースに暗澹たる気持ちだ。
足利事件と京教大事件、
共通しているのは、公権力の腐敗という点。

冤罪で長期間拘留された被害者と、無実を信じつつも今日の日を迎える事なく、亡くなったご両親の無念はいかばかりか・・・
当時、連続して幼児が殺害されていたとの事だが、真犯人が捕まる機会も失われてしまったわけで、元々の被害者達の関係者も救われない・・・

京教大では、加害者の父親が自らの特権を利用して、教師として雇っていたという・・・

警察、検察関係者とも、大多数は崇高な使命感をもって捜査に取り組んでいると信じたい。
教育関係者や公務員もまた、公の許認可権というものの取り扱いに慎重であるはずと思いたい。

しかし、こういうニュースが後を絶たないのもまた事実。

嗚呼・・・

2009年6月 4日 (木)

やって来ました換毛期(^^;)

銀の脱毛は、3月くらいから極端に少なくなっていた。
3歳を迎え、成犬になりつつあるので換毛も落ち着いたのだろうかと思っていたのだが・・・
090604gin2
数日前から、ざっとしたブラッシングでもこの通り~!w(゜o゜)w
090604gin1
さらにブラッシングすると、もうひとかたまりくらい楽々~(^^;)

昨年の換毛記録を見てみると、やはり6月中旬から7月の初旬まで続いたようだ。
今年は比較的あたたかくなるのが早かったので、換毛も早めに始まったのだろうか?

ちなみに、昨年までとは違い、脱毛は少く、室内に入れてもあまり毛が落ちる事はない。
やはり大人に近づいた分、しっかり生えてるという事かな?

しかし、そうだとすると、銀にしてみたら、ブラッシングによってチクチクするのではないだろうか?
あ、でも、撫でてもらってる心地よさもあるらしく、嫌がるそぶりも見せずにじっとしているなぁ・・・

どっちなんやろねぇ・・・

2009年6月 3日 (水)

「案内人」初仕事(^-^)

KCCN(The Koyasan Cross-cultural Communication Network)からの依頼で、「案内人」としての初仕事。

アメリカはボルチモアの「Goucher College」から短期留学プログラムでやって来た建築学科の先生と生徒さん達ご一行の案内。
高野山内のガイドに加え、山内の建築物についての説明もご所望との事、まぁ、いつものように、通訳のベテラン、Yさんが同行してくれるので安心だ(^^;)
090603g1
てなことで、大門からスタート、昔はこれが鳥居だったという史実から、Yさんが名調子で、神仏習合(amalgamation of Shinto and Buddhism)について解説されている・・・のだと思うぞたぶん(^^;)
聞くところによると、Goucher Collegeでは、海外短期留学を一つの目玉にしているらしい、どこの学校でも生徒集めには苦労する時代なのだ(^^;)
で、ご一行はすでに、京都、奈良、広島(宮島)を強行軍で見学されてきたとの事(^^;)
そない毎日寺ばっかり見せられたら・・・ねぇ・・・(^^;)
090603g2
てなことで、「昔の人が、高野山で体験した[密厳浄土]の一つがこれなんですよ~」と、六角経蔵ぐるぐる~の体験(^-^)
強行軍の疲れからかそれまで無表情だった生徒さんもいたが、ここで笑顔を取り戻した。
鳥羽上皇婦人、美福門院得子(びふくもんいんなりこ)さんも、850年の時を経て、ご自分が寄進した経蔵(現在は5代目)で、異国の若者達が元気を取り戻した事を喜んでくれているのではないだろうか?(^-^)
090603g3
伽藍見学の後は、和歌山県文化財センターさんのご好意で、現在保存修理中の現場の見学も実現。私も勉強させていただいたm(_ _)m

昼食は中央食堂さんぼうさん、お世辞でもなんでもなく、ベジタリアンから肉食系(って、私か?(^^;))まで全員大満足!(^-^)
御馳走さまでした~m(_ _)m
ちなみに、昼食時、シーズン3の最終回で、メンバーの誰かの車が爆破されたシーンで終わったのが気になってしょうがなかったので、「クリミナルマインドのシーズン4でJJは無事なんでしょうか?」についての回答も得られてよかった(笑)
コールドケースやBONESについても質問してみたのだが、それは『見てないので知らない』との事orz
なんで、現地の人が見てないTVドラマを、日本人が熱心に見ているのだろう?(^^;)
            ・
            ・
            ・
さて、昼食後、引率のAllyn Massey学部長から、『奥之院をゆっくり歩きたい』とのご所望(^-^)
これはこちらも願ったりかなったり!
ピンポイント観光で、中の橋からショートカットで御廟へ行くのは気が進まなかったのである。
てなことで、「浄土」ゾーンへ入る前に、食後のデザート代わりに銀登場~(笑)            
090603g4
飼い主同様(?)ものすごく外面が良い(笑)点を発揮して、またも一行の笑顔を誘った(^-^)
何しろ、カミさんがリードを放したらすぐに私の所へ駆け寄りオスワリ、口笛一つでまたカミさんの所へもどってオスワリ、生徒のみなさんにもおとなしく愛想を振りまくもんだから、おそらく「ものすご~く躾の行き届いた犬」という印象を残したはずである(笑)090603g5
てなことで、その後、3時間かけて奥之院参道を、一の橋~中の橋~無明橋で、御廟まで。ここへ来ると英語による解説はYさんの独擅場なので、私は必死でリスニングの実践トレーニングに徹したのであった(^^;)
090603g7
茶場ではセルフのお茶くみも体験(^-^)
090603g6
てなことで、帰路、中の橋出口で記念撮影(^-^)

さらに、まだ歩ける人だけ「蛇柳」ゾーンへご案内~
090603g9
てなことで、案内した方もされた方も満足まんぞ~で乾杯!(笑)

めでたしめでたし

2009年6月 2日 (火)

環水平アーク

う~む残念!
せっかく、今日は、環水平アークが観測されたというのに、全然気付かなかったorz090602arc
画像提供:高野山天文同好会

昨日まで、「さすが6月、青空が5月とは違うわ~」ってな事言いつつ、口をほかーんと開けて空を見上げていたというのに・・・(^^;)

しかしまぁ、地震の前触れとも言われている(興味のある方「椋平雲」でググって下さい)ので、目撃してたらビビってたかも?

てなことで、「環水平アーク」というよりは・・・
平たい日輪!と呼びたいのであ~る(^-^)

ちゃんちゃん

2009年6月 1日 (月)

そして水無月は来たりき

6月になった。
心なしか昨日より空が青いように思う(^^;)
高野山は、いわゆる「内八葉、外八葉」と呼ばれる山々に囲まれた、東西約7km、南北約2kmの楕円形の盆地の中にある。
つまり、東西方向の空は開けていて、朝日や夕陽は眺める事ができるが、南北方向はほぼ山なので、広々とした青空というのはあまり見られない。
090601k4
しかしその分、山や木々に切り取られた青空はより鮮やかなのだ(^-^)
そして、そのまま寝っ転がれば、全天空が木々に支えられた青になるのだが、ここでやると轢かれてしまうのでまた今度(笑)
090601k1
てなことで、あくまで仕事のためにトリッカーで走ってきた(^^;)
木漏れ日は、すでにまぶしいレベル。
さすが6月(?)つーか、月が変わったので見る目が変わったのだろう(笑)

てなことで、帰路は少しばかり回り道を・・・(。。 )\バキッ☆090601k2
緑の木々と青空のコントラストを求めて走ってたのに、意外や意外、またしてもお花畑(?)に出くわした。
090601k3
豆鞘も出来てるし、これはエニシダの仲間?
ムレスズメ?イヌムレスズメ??わからーん・・・orz
ちなみにこの季節に咲く花で、黄色が多いのは、春の虫たちが一番敏感に反応する色だかららしい。
花も一所懸命なんですな~(^-^)
090601k5

てなことで、山内に戻ってきて一枚、
青空と木々の緑、そしてトリッカー

これだけで、もう何もいらない(^-^)

いや・・・仕事が終わったら・・・
ちょっと一杯だけひっかけたいか・・・?(。。 )\バキッ☆

やはり此岸は、煩悩であふれているのである(^^;)

ちゃんちゃん

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ