サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

経県値

090831keikenti_2
げんちゃんのブログで拝見した「経県値&経県マップ
おもしろそうなのでやってみた。

一応日本全県、通過や立ち寄りはしているだろうとは思っていたが、こうやってみると、思った以上にあちこちで泊まっていたのがわかってちょっとw(゜o゜)w(笑)

一県ずつ ◎住んだ ○泊まった ●歩いた △降り立った ▲通過した ×未経験 の中から選んで行くわけだが、普段は特に意識したり、思い出したりしてないのに、並んだ県名の一つ一つを見ると「そういえば、○○の時に・・・」と記憶がよみがえってくるのがおもしろい(^-^)

◎住んだ県のうち、地元和歌山と大学時代に下宿していた大阪を除けば、あとは全部「例のタコ部屋」(笑)

○泊まった県で、フェリー泊を考えると秋田県「沖」でも泊まってる事にしたいが、やはりここはいつか、「横手」で泊まりたいのでとっておこう(笑)

さて、この図だけ示すと、よほどの旅好きと思われるかもしれないから(^^;)ネタばらしをしておく。
つまりはほとんどが・・・JCがらみ!orz
で、自分の楽しみ?でツーリングやドライブした経県値だとこうなる。
090831td_2
↑画像の色分けは・・・
ピンク:単車で走った&泊まった県
赤:単車で走った県
黄:車(レンタカーも含む)で走った&泊まった県
青:車で走った県
白:単車でも車でも走った事がない県

首都圏には単車はもちろん、車でも立ち入らないようにしてるのがよくわかる(笑)
ひたすら、首都高と渋滞が怖いからだ(^^;)

そして、単車だけ、だとこうなる。
090831tu
↑は最初と同じ、住んだ、泊まった・・・の色分け。

わっはっは~(^^;)
すんません、隠してたわけじゃぁあーりませんが、私、北海道を単車で走った事が無いんですわ~orz
九州の先端も単車では未到着。
福岡で住んでたのに、タコ部屋暮らしで休みが全く無かったので、行けへんだんじゃ~(ToT)

てなことで、今後の目標は、とりあえず首都圏除いて(笑)白地図の黄色&赤化としよう。
あ、その前に八十八ヶ所・・・(。。 )\バキッ☆

しかし、銀もおるし、当分、長期のツーは無理っぽいなぁ・・・

・・・ボ、ボクには、龍神スカイラインがあるもーん(ToT)

あ、キリ番ゲットの長野?ツーも企画せんとね~(^^;)

ちゃんちゃん

 

2009年8月30日 (日)

マイナス票

投票日である。

今回は、娘の初投票、でもあり、行く前に『誰?どこ?ほんで裁判官は誰に×付けたらいいの?』と相談された。
私は高らかに宣言した。
「選挙に関して、ああせぇこうせぇは夫婦でもしたことない、な、お母さん」
カミさん『そうそう、お父さん、それだけはめっちゃ真面目に守ってるよ』
娘「へぇ〜」
と、ここまでは良かったのだが・・・カミさんが余計な一言を・・・
『投票した後で、誰に入れたかは、またあの手この手で聞きたがるけどね〜』(笑)

てなことで、娘には私が知る限りの情報だけ与えた。
それが偏向してるかどうかは娘の判断に任せる。

カミさんも交えて、いろいろな話をした。

その中から出た我が家の建白を書く。

ずばり、「-(マイナス)票を認めよ」である。

これは冗談ではない。
現状の投票方法だと、選びたくもないのに誰かを選ばせられる、という非常に不愉快かつ不合理が生じてしまう。

だからこそ、『選んだ国民にも責任がある』などという、盗人猛々しい詭弁が生じるのだ。
だぁれも選びとうて選んでるわけちゃうわっ!

棄権する、あるいは白票を投じる、という選択肢もあるが、これでは「反対意見」を消極的に表明しているだけで、かえって落としたいヤツを結果的に助ける事にもなりかねない。

そこで、通常の投票に加えて「−(マイナス)票」を導入するのだ。
つまり、「こいつは当選して欲しくない」というヤツには、はっきりと「−」・・・だと、「一」から始まる名前の場合ややこしいから「×」を頭に付けて投票できるようにする。

※「〆」から始まる名前の場合もあるだろうから、マークにはもうちょっと工夫が必要かも?

そして、この一票は、そいつの投票数から差し引くのだ。
さらに「−(マイナス)票」は選挙区を超えて投票できる事にする。
こうすると、どう考えてもアイツはあかんぞ〜というヤツでも、利益誘導で地元では強い、という隔靴掻痒な状態に対しても、余所の選挙区からレッドカードを送る事が可能になるのだ。
地元への利益誘導は、政治家の仕事の一つ、とも言えるだろうが、それが行きすぎて他府県の住民から批判を浴びるようでは、やはり政治家失格ではないだろうか?

何?それでは選挙が人気投票に偏り過ぎるって?
今でもそうやんか〜!
何?地方の代表として立候補してるのに、余所からマイナスは、かなわん?
それやったら「国政を預かる国会議員」とは言えんやろ〜っ!

比例代表もまたしかり、この党だけは許せん、という党名の上に「×」

どうだろう?
貴重な一票で、誰かを応援するか、誰かを批判するか、の選択肢で悩む必要が出てくるから、今よりもっと真剣に政治を見つめる目が養われるのではないだろうか?
投票率が劇的に上がるのだけは間違いないと思う。

また、たとえ結果が当落に関係無かったとしても、どれくらいの「不満」が渦巻いているか、客観的に知る貴重なデータになるので、批判が多かったセージカは襟を正すきっかけにもなる。
どこからの「−(マイナス)票」がどこへどれだけ、というデータは、都市対地方、あるいは、関東対関西、や、北海道対九州、等の格差感覚まで、客観的にあぶり出せる。

いいことずくめではないか?

と、思ってネットで検索してみたら、やはり同じような主張がたくさんあった。
Wikiでも「Disapproval voting」の項で、リバタリアニズムと関連づけて解説されていた。

しかし、今もって、この制度が協議されたなどとは寡聞にして知らない。
やっぱり、「与党」にとって都合が悪いからだろうか?(笑)
それとも「セージカ」全体として、それはマズいんちゃう?と思っているのだろうか?

リコール等の制度がそれに代わるもの、という意見もあろうが、あれはあれで手間暇がかかりすぎ、日本中一斉にというわけにもいかない。

この案、国会で取り上げてくれる政治家がいたら、私は絶対応援するぞ、うん、
ただし、一回だけ、
それから先は、また真摯な目で見続ける事を誓う。

それが国民の義務、であり、権利だから。

2009年8月29日 (土)

すわ転向?(^^;)

今日は和泉府中の某所へ行かねばならない。
行かねばならぬのだ~(^^;)って、理由は後述。
一度行った事がある場所なのだが、こういう場合、なめてかかると確実に迷う!(^^;)ので・・・orz
携帯アプリのGPSを使ってみる。
はぁ?あんた、改造して電池の容量まで増やしたP560はどうしたの?って?
・・・なんぼ電池の容量を増やしたところで、充電するの忘れてたら使えんでしょ~(。。 )\バキッ☆
はぁ?そのための予備充電池は?って?
・・・本体の充電を忘れてるくらいやのに、予備の充電してるわけないでしょ~(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)
やっぱり、一度行った事がある場所だから、なめてかかって充電を怠っていたという・・・つまりこれが「なめてる」証拠であり、「迷う」原因でもあるのであーる(。。 )\バキッ☆

090829rc1
でもね!(笑)
怪我の功名、つーか、これがなかなか優秀で使えたんですわ~w(゜o゜)w
↑画像、ちょっと見にくいけど、直射日光が当たってても手をかざして影を作ってやれば、そこはそれさすが携帯の精細画面、P560とかカーナビなどの液晶よりくっきり見えるのにまず驚いた!
さらに、携帯のGPSっていつの間にこんなに進化したの?と、ちょっと恐ろしくなるくらい、移動に対するレスポンスが早くてほぼリアルタイム~!w(゜o゜)w
しかも、最近のナビによく見受けられがちな性能差別化強調のための過剰とも思える情報表示がなく、「ヨースルに、次の交差点を直進するのか曲がるのか」にしぼった極めてシンプルな案内ぶりは、ささっとルートを確認するのにはちょうど良かった。
おかげで、前回も確か間違えた(笑)ややこしい交差点も難なくクリア!\(^o^)/
「これやったら、もう他にナビ、いらんのちゃうのぉ?」とマジで思えたくらいだった(^^;)

しかし・・・重大な弱点がある。
そう、携帯アプリだけに、作動させっぱなしだと電池の消耗がめっちゃ早いのである(笑)
こまめに終了、再検索すればいいのだろうが、走行しながらいぢくりまわすわけにもいかず、どこかで携帯用の予備充電地を接続すればよかろうと、一時間ちょっと走行。
ぼちぼち電池のメモリがやばそうやなぁ、ええっと、携帯の予備充電池はどこへ入れたっけ~・・・って、きっちり持ってくるの忘れてるがな~(。。 )\バキッ☆

仕方がない、これからこれを使う機会も増えるだろうから、これで何個目になるのかしらないが(。。 )\バキッ☆ もう一個、コンビニで買うとこっと(^^;)

だが・・・
ローソンがあったので、入ってみたら・・・

090829rc2
ど、泥棒でも入ったんか~!w(゜o゜)w
しょ、商品が無いしぃ~(ToT)
・・・棚卸し?
090829rc3_2
・・・そ、そうですか・・・
お気の毒さまです・・・
てなことで、なんだかそのまま出るのも気の毒に思え、お茶だけ買って退出(^^;)
次のコンビニに向かおうとしたとたん、この時点で電池切れ~orz
ううう・・・
おそらく前回のおぼろげな記憶だと、まだしばらくは直進のはず、てなことで、コンビニを探しつつ走っていると・・・
あったあった~今度はKマート、閉店予告の張り紙も無く(^^;)商品充実~・・・と思いきや・・・
090829rc4
おそらくは、万引き対策?
しかし、レジまで持ってこいという商品タグは・・・
「mova用!」(^^;)
イマドキそんなのかんべんしてよ~(>_<)と祈るような思いでレジに持って行くと、ああ良かった、何種類か出してくれたのでFOMA用を買い求め、ナビ復活~\(^o^)/
なんとか約束の時間に到着する事が出来た。
090829rc5
さて・・・
何か、いつもの集合画像と違う事にお気づきだろう(^^;)
写ってるのがおっさんばっかり?
いや、それはいつもの事(笑)

正解は・・・ハーレーが写ってる(^^;)
いやその・・・(^^;)
別に私、ハーレーが嫌い、というわけではない。
冗談で、ホント、あくまで冗談で「単車に乗るなら元同盟国の日独伊に限る!米英なんぞの敵性車両には乗らんぞ~」などと言った事はあったかもしれんけど(^^;)ハーレー乗りの友人もいるし、一緒にツーリングした事もある。
ではなぜ、自分では・・・となると簡単な話。
RS(ロードスター)があるから。だけの事。
和製アメリカンとハーレーは全然違うやん!というツッコミもあるかもしれないが、私にとってはクルーザーとしての単車という意味では、10年目を迎えてもやはりRSが一番好き!、なのである(^-^)

てなことで、本日、ここへ来た目的は・・・
「1週間前に集合がかかったから」(^^;)
はぁ?意味がわからん?
そらそうやろ、実は自分でもとまどいつつ来たのだ(^^;)
とにかく、1週間前に、所属してるクラブが所属してる地区(ややこしい表現(^^;))の、昨年の地区代表幹事さんから電話がかかってきて、「うちの地区で二輪同好会を立ち上げようという企画があるので、ぜひ参加して下さい」とお誘いを受けたわけ。

「えぇ~!どないしょぉ~!」というのが最初の思い。(^^;)
だってどう考えても、クラブの平均構成年齢からして、怖そう~で、頑固そう~で、『単車乗りは○○であるべき』的思想(^^;)の持ち主っぽい方々が集まるんでは?としか思えなかったのである(^^;)

ただ、一体全体、どんなおっさん達が集まるんやろ?と、野次馬根性が頭をもたげたのも確か(笑)
そして・・・
もう一つ、
「ひょっとして、これに参加したらメイキャップになるんちゃうの?」(。。 )\バキッ☆
(※私の所属するクラブは、基本的に週一の例会への100%出席が義務づけられており、欠席した場合は、前後2週間以内に他のクラブの例会や行事に最低30分間は参加して、欠席を補填する必要がある。この行為をMakeUpと呼ぶ)

ちなみに私の所属するクラブの例会は、毎週金曜日の午後12時30分~午後1時30分となっており、仕事的に忙しかったり、5・10日等に重なる事もあるので、100%はけっこうキツいのである(>_<)
まぁ、そもそも、このクラブに私が入っているという事自体が、人数減少の対策として、さる筋からのプレッシャーによるものであり(ToT)いわば強制入会・・・orz、なので5年前の入会当初はあまり馴染めず、約8割出席くらいだった。
それが、職業奉仕、という考え方に共鳴した事もあり、何とかここ3年は連続100%を続けている。
(まぁ・・・このクラブ的に言うと、3年くらい100%を続けるなんてのは序の口にすらならず、50年間100%、なんていう方もちらほらいる世界なのである(^^;))
ああ・・・できれば、やめたい・・・(。。 )\バキッ☆
いや、そんな事はもう全然、ちっとも、考えた事すらありませ~ん(^^;)

・・・と、葛藤はさておき(笑)
予想した通り、ハーレーの多さに、さもありなんと思っていたら・・・
090829rc6
いやぁ~ん、ルーン登場~!
間近で見るの初めてやーん!
(高速のSAなどでは見かけた事があるのだが、単車乗りの癖にナンシーと呼ばれないよう(笑)遠巻きに眺めた事しかなかったのである)
しかも、オーナーは、なんと旧知の下津町の社長さん!w(゜o゜)w
『やぁやっぱり恵峯さん、来ると思ってたよ~』(笑)
「社長、(前に乗ってた)ワルキューレはどないしたんですか?」
『息子の分と2台まとめて売ってね、こいつと、ロケットⅢを買うたんや~』
・・・さ、さすがというか何というか・・・(^^;)

ちなみに、後ろに写ってるハーレー&サイドカーのオーナーさんは・・・ハーレーダビッドソン和歌山の会長さん(^^;)
やっぱり、ここはこういう方々が集まる場所やで・・・(^^;)

俺、ホンマにここにおってええんやろか?と冷や汗がにじむ思い(笑)

しかし、その後、昼食を摂りながらの二輪同好会立ち上げ会議は和気藹々、
年齢層も思ってたより若く(^^;)おまけに、見た目が若い方ばかりで違和感もあまり無し。
やっぱり単車に乗ってるおっさんは、元気がええんやろか?(笑)

てなことで、排気量も車種も関係無し、友好だけを深めましょうという趣旨には大賛成(^-^)
収入の差は歴然としているが(笑)単車乗ったらみんな一緒、でまぁええか?(笑)
090829rc8
さて、昼食後、呼びかけ人である昨年の地区代表幹事さん(としか呼びようがない(^^;))のお店にお邪魔してしばし四方山話。
↑これ、あくまでお店の横の「マイスペース」で、決してショールームちゃいますねんで~w(゜o゜)w
やっぱり、収入の差、歴然~!(笑)
しかしここまで来ると、あまりの違いに笑うしかないね~(笑)

しかししかし、地位とか収入とか全く関係無しに、お話できるのもこのクラブの特徴の一つ。(でないと、とっくにやめとるもんね~(笑))

良い出会いにさせていただきましたm(_ _)m
ついでに、ぜひ、メイキャップ実現を~(。。 )\バキッ☆

090829t1
てなことで、このままどこかへ走りたい気分だが、仕事が待っている(^^;)
また携帯アプリのお世話になって帰ろう~(笑)
・・・と、このルートは~!

集合場所からわずかに移動しただけなのに、なんとなんと、携帯アプリは来た道よりも、父鬼街道を選べというご託宣~(笑)

・・・父鬼街道・・・(^^;)
あれはもう、何年前になるだろう?
確かRTで迷い込んで(笑)以来、酷道(笑)425(龍神~十津川区間)と、この道だけは、二度と通らん!と心に決めたのであった(笑)
・・・しかしまぁ・・・RTで行ったという事は、それから少なくとも8年は経過している。
ひょっとして道が改良されたからこそ、携帯アプリが選んだのではないだろうか?(^^;)
さらに、今日の相棒はLTとは言え、私のウデも多少は上がっているはず、そうそう、あの重茂半島でさえクリアできたのだから、なんとかなるんちゃうの~?(笑)
で、通る事にした(笑)

いつも、こんなパターンで泥沼にハマるのではあるが、まぁ・・・なんとかなるっしょ~(笑)

090829t2
で、いきなりこんな看板が・・・(^^;)
か、改良されたん違うんかいな~(^^;)
しかし引き返すのも億劫やし、時間的にもケツカッチン、進むしかあるまい~(>_<)
090829t3
続いて、こんな看板が・・・(笑)
通報の賞金?が沖縄旅行って・・・大胆な・・・(^^;)
よほど不法投棄が多いのだろうねぇ・・・
090829t4
で、あぁそうそう、こんなやったよね~ってな、ジモピー的に解説すると、舗装がしっかりしてる作水のスーパー林道みたいな道が続くのである(笑)
しかし、全然苦にはならない(^-^)
なんで俺、この道を通らんて決めたんやろ~?と不思議に思うくらいだったので、やはり舗装等は改良されたのかもしれない。
090829t5
6kmほど登ると峠になり、見晴らしも開ける。
おぉ~ええや~ん!\(^o^)/
携帯アプリよ、ありがと~って感じ?(^-^)
090829t6
そしてさらに下りが約6km、すると・・・
w(゜o゜)w仰天!これまた、隘路の果て、ってな印象だった四郷の里には、どーんと岩手の広域農道風な道が開けていたのであった。
何年来てなかったんや~!(。。 )\バキッ☆

・・・父鬼街道、使えるやーん!(笑)

てなことで、そのまま鞆渕ルートで帰山、時間も往路より短縮できたし、何より、青空の下、ツーリング気分に浸れたので満足まんぞ~\(^o^)/

ちゃんちゃん

2009年8月28日 (金)

おそるおそる歯医者へ

実はここ数ヶ月、歯痛、というよりは歯茎痛に断続的に悩まされていた。
しかし・・・
いつもの歯医者さん(愛称:つっちー(^^;))にも行かず、じっとガマンの・・・つーか、ちょっと怖くて行くのを躊躇してたというのが本音(^^;)
つまりこれ、歯肉炎や歯槽膿漏からくる痛みならまだしも、ひょっとして腫瘍系やったらどうしよう~と・・・{{{{(+_+)}}}}

怖~い!
もし、つっちーから『恵峯さん、一度精密検査を受けていただいた方が・・・』などと宣告されたらそれだけで寿命が縮むぅ~(>_<)
私、火傷とか怪我とか外傷系には無頓着なくらい強気でいられるのだが、内臓系のプレッシャーには超弱いんよぉ~(>_<)
それが証拠に、医者から『あなた肝脂肪が・・・』とか『γGTPが・・・』とか言われたくないだけで、もうかれこれ15年ほど健康診断すら受けてないもんね~(。。 )\バキッ☆
この話をするたびに、いろんな人から『それはよくないですよ、ちゃんと検診受けないと』と諭されるのだが、もうちょっと体重を落としてから・・・で、15年たっちゃったのである(^^;)
たぶん、この間、何回か癌になって、何回か知らん間ぁに治っていたりする。と思ってもいる(^^;)
その、知らん間ぁに治ろうとしている時に、医者からプレッシャーを受けたら・・・そこで気持ちがくじけてホントに病気になってしまうのだーっ!と勝手に思っているのである。

いやその・・・もうちょっと、あと8kgほど落としたら必ず・・・受診・・・する・・・つもり・・・(^^;)

そんな時に、内臓ではなく、顎の骨になんぞ悪いモンが出来ているのでは?という恐怖が訪れたわけで、これはもう冗談抜きでドキドキ・・・(ToT)

なにしろ、右の上顎のあたりが痛み出したかと思うと、数日後には収まり、交代するように、下顎の付け根がちょっと腫れたりし、右側をかばって左側で噛んでいると、そのうち左の下顎が痛み出す・・・というような事の繰り返しで、ここ数ヶ月は、常にどこかの歯のもうちょっと奥のあたりが、時にしくしくと、時にずきずきと痛む日々だったのである。

で、いつもなら「はい、ボルタレン~」(。。 )\バキッ☆
あるいは、「つっちー、助けてぇ~」となるわけなのだが(^^;)、今回は「はたして、この痛みの原因は、歯の神経から来るものなのか、はたまたもっと根深いものなのか見極めなくては~」という気持ちが働くため、麻痺してしまわないようボルタレンの使用は最小限にし、さらに、『精密検査を・・・』なんていう宣言を受けたら、ショック死してしまう恐れもあるので(^^;)つっちーに助けも求めず、ひたすらぐずぐずと、果てしなく続く痛みに耐えて過ごしていた。というお粗末なのであった。

唯一、痛みを忘れられるのはアルコールを服用した時だけで・・・(。。 )\バキッ☆
しかしその場合も、酔うまでは右上の奥歯が染みて痛むので、ある程度酔って麻痺するまで、顔を左に傾け右上には触れないよう飲まなくてはならないというAHOさ加減(。。 )\バキッ☆
てなことで、ここ数ヶ月、私と一緒に飲んだ人よ、気付かなかったかもしれないが(^^;)実は飲み始めの私は、顔が傾いていたのだよ~(笑)
変な癖やなぁ~と思いつつもスルーしててくれた人には・・・ありがとう(^^;)

嗚呼、書いててナサケナイ・・・orz

それが今日、ついに、つっちーとこへ助けを求めたわけは・・・

痛みが頂点に達したから、
ではない(笑)

これくらいの痛みならなんとか辛抱できる、そう、この数ヶ月で、ある程度の痛さにはすっかり慣れてしまったのだった(笑)
実は、痛さの種類が変わったのである。
今までは、歯の奥の方、いかにも骨のあたりに何ぞ悪いモンが出来てるっぽい~(>_<)みたいな痛さだったのだが、今日の痛みは違った。
懐かしい?(笑)歯の神経の痛み、だったのである。

うん、これならつっちーに見せてもダイジョーブや、精密検査とか言われんやろ~(笑)
と、全く根拠の無い理由を思いついたため、いつものように哀れな声で電話して(笑)即日診てもらえるように段取りしたのであった。

しかし・・・
歯茎をちらっと診ただけで、つっちーが『全周レントゲンを撮りましょう』
「ぐわぁ~!」(ToT)
「こ、これはきっと、精密検査コース?」(ToT)

ううう・・・
レントゲンを見たとたん、
『もう少し早めに・・・診せにきてくれてたら・・・』とか言われれへんやろか?orz

そんなんいやぁ~(>_<)と、50を前にしたおっさんの癖に、一人びくびくしていたのであった(笑)

で・・・
レントゲンを見ながら、つっちーがいろいろ説明してくれた。
その説明はいちいち納得のいくもので、つまり、歯を支えている骨が後退し、歯肉炎が発生。奥歯が浮いた状態になり、噛めば噛むほど腫れを誘発し、時に上、時に下側が痛みを発するという具合。
治療法としては、とりあえず、奥歯の表面を削り、噛み合わせを修正し、一箇所に負担がかかりにくいようにして経過を見る。というもの。

何しろ奥歯はほぼ全部治療済みで、かぶせになっている(笑)
「おぉ~ほんなら削れるだけ削ってぇ~」(。。 )\バキッ☆

しかし・・・
その原因は・・・
と、さぞ不安そうな表情をしていたのだろう(^^;)
続いて、つっちーが『腫瘍性のものではないですよ』

やっほ~\(^o^)/
助かった~(^^;)

その後、ものすごく丁寧に時間をかけて奥歯の表面を調整してもらったおかげで、久しぶりに噛み合わせが楽になった。
これ、奥歯が浮いてるとわからなかったのだが、わずか数ミリの差でずいぶん違うのを実感した。

『表は比較的ちゃんと磨けてますが、裏側や歯周ポケットが磨き足りないようですね』との事で、歯間ブラシの使い方や、ピンポイントの磨き方をレクチャーしてくれたm(_ _)m

「おおきに、ありがとう、いつもいつも急な事でごめんね~」m(_ _)m
とお礼を言いつつ・・・「命拾いさせてもらいました~」だけ心の中でつぶやいた(^^;)

さて、こうなると現金なもので、痛み自体が、命を削ってるような疼痛から、生きてる証拠のじんじんしたモノに変わった(笑)

よっしゃ~今日から、血ぃが出るまで歯間ブラシ使うぞ~(笑)

ちゃんちゃん

2009年8月27日 (木)

岡田豊一さんの展覧会のお知らせ

約1ヶ月先だが、個展のご紹介(^-^)

岡田さんの個展については以前にも紹介した事があるが、その時は「おかだとよいち」さんとひらがな表記だったが今回は漢字名となっている。
090827to
↑チラシ
↓部分拡大 その1 メッセージ

090827to2
↓部分拡大 期間他
090827to3_2

チラシのPDFファイル(762KB)はこちら↓
「090827tokadaPDF.pdf」をダウンロード

楽しみ!(^-^)



2009年8月26日 (水)

処暑も過ぎ

処暑も過ぎ、一気に秋めいてきた高野山だが、昨日の朝は涼しいを通り越して「寒ぅっ!」レベル{{{{(+_+)}}}}
いっそ銀を湯たんぽ代わりにしたらどうや?と黒い恵峯がささやいたが、癖になりそうなので、白い恵峯が止めたくらいだった(笑)

てなことで、久しぶりに最高最低温度計をリセットしておいたら・・・
090826temp
最高が23℃で、最低が・・・15.5℃!w(゜o゜)w
ちなみに昨日の朝は、聞くところによると、なんと13℃だったらしい・・・orz

今年は梅雨が長引いた上、7月の20日前後にちょっと暑い日が数日あっただけ。
高野の夏は何処へ?(笑)

そういえば、以前に「処暑」について書いた事があったなぁと検索してみたら、'06年の8月23日だった。
しかし、この時も秋の気配は感じられるとあるが、最低気温は19℃。
寒さのレベルが違う~
で、もうちょっと検索してみたら、去年の8月25日に、同じく15.5℃を記録していた。

ここ数年、異常気象が頻発している印象があるが、8月の末に15℃以下になるのが当たり前になってきているのだろうか?
地球は温暖化してるんぢゃなかったのか~い?
世の中、右を向いても左を向いても「エコ!」「エコ!」の大合唱だけど、どうも誰かに騙され踊らされてるような気がしてならないねぇ・・・(^^;)

私らの世代だと、エコエコの次はアザラクだったりザメラクだったりするから(笑)語感的にもやっぱりちょっとアヤシイよねぇ・・・

ちゃんちゃん

2009年8月25日 (火)

未練たっぷり(笑)

さて、銀が未練たっぷりに眺めているモノは・・・
090825gin1_2
↓の黄楕円で囲んだナイラボーン社はデンタルダイナソー、ブロントサウルスの頭部の、なれの果て(笑)
T_070405born31
↑ちなみに、もっと破壊が進むと赤○状態となる(笑)
その顛末はここ

070917gin1
さて、その過程は、まずひたすら首と尻尾部分をガジガジし、細かく破壊していくわけなのだが、この時点ではつぶつぶ状態で破壊されるため、あたりに飛び散ったり、一部UNKから出てくるわけである。
で、問題は、↑画像状態になった時の頭部。
それまでは、だんだん破壊されるのだが、この状態からは、一気に頭部だけがポロリと取れてしまうのだ。(この点、改善を望みたいのだが何せ相手はアメリカのメーカーなので無理orz)
で、そうなると、銀は喜んで、その頭部をご褒美よろしくガムのように、くっちゃくっちゃかみ続ける事になる。
この時には少々注意が必要で、無理に取り上げようとすると、かえってゴックンと飲み込んでしまう恐れがあるので、おやつで釣っといて、はき出させ、頭部のみ処理するのである。
幸い、過去九つ(笑)全部、もうぼちぼちやろなぁ~という時に取り上げる事に成功しているので、万が一飲み込んでしまったらどうなるかは未経験なのだ(^-^)v。

090825gin0_2
てなことで、並べて置いてみた。
尻尾はまだ無事である(笑)
銀は頭部に未練を残しつつ、過去の経験からもう噛ませてもらえないのを学習したらしく、再び本体の破壊に取り組むのであった(^-^)

ちゃんちゃん

2009年8月24日 (月)

地蔵盆

今日は以前にちょっとご紹介した子安の地蔵さんに来た。
090824zizo1
カミさんが車で先発、私は後からCBで、
090824zizo3
地蔵盆の読経が始まる前に、境内で歌を・・・というのが今日の趣向(^-^)
カミさん、『あんまり派手なのもふさわしくないよね』と地味な浴衣を選んだのだが、夕暮れ時に燈籠が吊られた池の横に佇んでると・・・その・・・(^^;)・・・ユーレイチックでなかなか・・・(。。 )\バキッ☆

・・・てなことで、一部をご紹介、お堂の提灯も一緒になって、わさわさと踊り出してくれた(^-^)

地蔵盆

090824zizo5_2

てなことで、午後7時過ぎ、せまる夕闇にすっくと立つ鉄塔・・・(^^;)
しかしなんだか今日は、人々の暮らしと密着した「お地蔵」さんの世界に浸っているせいか、鉄塔さえも「邪魔や~」という気はせず、一つの風景として溶け込んでるような気も・・・
と、ぼんやり見上げている私に、お参りに来たおっちゃんが『ええやろ~あれ、先代の住職さんは、あれの事、『うちの五重塔』言うとったんやで(笑)』とほがらかに説明してくれた(^-^)
なんというタイミング!w(゜o゜)w
お地蔵さんがおっちゃんの口を借りて、説明してくれたのかもね(^-^)
090824zizo6
多くの人々を慰め、その願いを聞き届けてこられたであろうお地蔵さん(^-^)
私も今日は素直に感謝を捧げます~m(_ _)m
090824zizo8
♪月も笑ぁってるぅ~♪
090824zizo9
いつも、この手の行事では、受け入れ側である事が多いので、燈籠を見ても「ろうそくは保つんか?灯は風で消えてないか?」と、気になって仕方がないのだが(^^;)今日はとてもゆっくり、リラックスして過ごさせていただいた。

地域に根ざした「おまつり」がここにも一つ、連綿と続いている事自体が安心をもたらしてくれたのだろう。

おんかかかびさんまえいそわか

2009年8月23日 (日)

高野山天文同好会in紙遊苑

以下、昨日の夜の日記。

九度山町の紙遊苑にて、高野山天文同好会さんによる観望会が開催されるとの事で、急遽参加する事に。
くわしくは、星のマイスター「やんと」さんのHPのBlogをご参照願いたい。
(・・・てなことで、やんとさん、トップページを勝手に紹介させていただきましたm(_ _)m)

090822astro1
↑高野山天文同好会苦心の作である移動式プラネタリウムも大盛況~!(^-^)

観望会に合わせたように雲が晴れてくれたおかげで、木星と、数十個ある衛星のうち、イオ・エウロパ・ガニメデ・カリストは、直列しているところを、はっきり観測でき感激~\(^o^)/

・・・こうなったらお祝いだ~(。。 )\バキッ☆
いやそのあの・・・(^^;)
当初、単車で、と思ってたのだが、出発時の空の具合で総裁さんが乗せていってくれるというので・・・ね、(^^;)
てなことで、最近、トシのせいか、量より質を求めだした(笑)総裁さんのリクエストで寛八さんへGO~!

090822a2
で、いきなり、すんごい秋刀魚が登場~!w(゜o゜)w
太いぃ~!
旨いぃ~!
思わず・・・「さんま、さんま、そが上に青き酢をしたたらせて・・・さんま、さんま、さんま苦いかしょっぱいか・・・そが上に熱き涙をしたたらせて・・・」と、うろ覚えを口ずさむ詩人となりけり(笑)

090822a3
そして・・・
大学時代の友人が、酒の肴に必ず秋刀魚を注文し、一時間くらいかけて丁寧に食べていたのも思い出した。つーか、その話をつぶやいたら、総裁さんに『恵峯さん、秋刀魚食べる時、いつもその話するよな~』と指摘され、秋刀魚を食べる度にその友人を思い出していた事も思い出した・・・って、もう酔うてるわ・・・(。。 )\バキッ☆
ケンちゃん、今頃何しとるんやろなぁ・・・

090822a4
てなことで、ケンちゃんには及ばないものの、こんなに美味しい秋刀魚はできるだけ丁寧に食べんと失礼や~と相成ったわけ(^-^)

食べた後、寛ちゃんに骨を見せたら褒めてくれた(^^;)
そして、『口、見てみ、傷ついとるやろ』
「ほんまや~なんで?」
『その秋刀魚、網で捕ったんちゃうんや、わざわざ釣ったヤツやから、もまれてない分、余計に旨いんやでぇ~』

いつもながら、恐れ入りました~m(_ _)m

ちゃんちゃん

2009年8月22日 (土)

'09高野山学 第5講 高野山の文化財

本日は、高野山学 第5講 「高野山の文化財」
-文化財が物語ること- である。
講師は、今春より高野山の教育長に就任された山口文章氏。
昨年までは霊宝館にて、課長兼学芸員としてご活躍されていた方で、3年前の日記でY課長さんとしてご紹介させていただいた超!碩学な方。

090822sangaku1

何しろ高野山には、国宝21件、重要文化財143件、和歌山県指定文化財16件、重要美術品2件の合計182件もの文化財があり、巻物等、指定件数は1件でも、中尊寺経のように、4000巻以上あるものも多く、その総点数は実に約2万8千!w(゜o゜)w
さらに未指定品も入れると、5万点以上と言われており、今日はどんな珍しい「文化財」のお話を聞かせていただけるのかと興味津々(^-^)

と、冒頭に先生曰く『秘仏や珍品等、滅多に見られないもののお話をしても、『では霊宝館で実物を』となった場合、『えぇ~今は見られないんですか~』と残念がる方が大変多いので、今日は一つ、ほぼ、いつでも見学でき、なおかつ貴重なもののご紹介をしたいと思います』
という事で、本日の対象は、「霊宝館にて常展されている文化財」であった。
えぇ~見飽きてるしぃ~(。。 )\バキッ☆
・・・というのはとんだ考え違いで、私自身、何度も目にしてきたものばかりだったが、改めて解説をお聞きすると、知らない事が多く、本質を全然理解できてなかったのだなぁと反省しきりであったm(_ _)m

そしてこの『見る』と『見られない』が、本日のもう一つのテーマにもなっていたのだが、それは後述。

しかも、さすがは気配りの山口先生、スライドでは見にくかろうと、30ページにも及ぶ解説書まで全員に配布していただき、一つ一つを丁寧に解説して下さった。

090822sangaku2_2
左上の阿弥陀如来像は展示室の最初に鎮座ましますもので、私の世代だと、それこそ子供の頃から見慣れている(失礼m(_ _)m)像だが・・・
山上では唯一の丈六(1丈六尺)像というのは初めて知った事だったし、ここから「丈六」について語る山口ワールドは実は以前にも体験済みなのだが、何度聞いても、そのおもしろいことおもしろいこと~\(^o^)/
貴重なお話に「おもしろい」という表現は失礼だと思うが、実際「おもしろい」のだから仕方がない(^^;)
根本大塔や奈良の大仏殿が48mなわけもこの「丈六」で説明できるし、何しろその原典は、お釈迦さんの身長は2.4m・・・という話につながるのであーる。
ね、「おもしろい」でしょ~(^-^)
090822sangaku3_2
↑↓この二枚は、愛染明王さんのご解説
090822sangaku
実は、先日来、ちょっとわけあって「理趣経」についてベンキョーしてるのだが、イマイチよくわからなかったところへ、この「愛欲貧染」という言葉で鮮やかなヒントをいただいた気がしたm(_ _)m
う~ん深い!・・・って、意味がわからん?(^^;)
まぁそこは「如是我聞」という事でお許しを~m(_ _)m

090822sangaku00
そして、仏像の中に封じられている「胎内仏」の解説も大変興味深かった。
何故、人の目に触れない胎内仏を、これほど精巧に作り込むのか?

願意を強め、寄進者との縁を深める事を目的として古くから行われてきたと言うことだが、ここがいわゆる「美術品」と「信仰の対象」の違いであろう。

見えないけど、ある。ものを見る、感得する事こそが大事なのだと思う。

090822sangaku5
↑これは、いわゆる「血曼荼羅」の軸に封入された毛髪の数々。
ちょっと怖い・・・(^^;)
つい、取り出してDNA鑑定を・・・(。。 )\バキッ☆ などと思ってしまうのは、やはり文明に毒された凡夫の感想であろう。
090822sangaku6
↑これは、歴史的史実と伝説が融合している一品。
090822sangaku7
弘法大師・空海が入定後、86年経ってから剃られた髪・・・
これ以上は、「見る」人それぞれの心にまかせよう。

090822sangaku8
『さいごに』についても、私が妙な解説をするより、読んでいただく方が山口先生の意にかなうだろう。

そして、結びの言葉は・・・

090822sangaku9
山口先生のお嬢さんの大好きな言葉だという(^-^)

心洗われる講義に感謝!

ありがとうございましたm(_ _)m

2009年8月21日 (金)

41-1=

本日、自分でも驚くほどの「いぬばか」ぶりを発揮してしまった(笑)
090821gin0
というのも、先日、ついに10代目!(笑)となるナイラボーン社のデンタルダイナソーを与えたところ、ちびけてしまった9代目には目もくれず、日々ガジガジと夢中で破壊活動にいそしんでいたのだが・・・

本来なら、イボイボが汚れやすいデンタルダイナソーより、表面がつるつるで、より硬いガイラボーンで遊んでほしいのだが、銀はこれを家に入れてもらう時間帯がずれた時などに潜り込んで過ごす「縁の下の友」としてしまい込んでおり、日中は、以前に与えた9代目で遊ぶ事の方が多く、それがとうとうちびけてしまったので、しょうがなく10代目を投入したのであった。

で、本日、無心にガジガジしてる銀をふと見ると、何か、ちょっと違和感が・・・
言葉では説明しにくいが、いつもの囓り方とちょっとテンポが違うというか、下顎を横にスライドさせてすりつぶすようなアクションが時々混じるような・・・

てなことで、「銀、ちょっと見せてみぃ~」(^^;)
090821gin2
あれ?あれ?あれれれ~???

「歯ぁ無くなって、左右が揃たや~ん!」w(゜o゜)w

ここで、少々説明が必要なのだが、銀の場合、犬歯から後ろに4本生えてくるはずの「前臼歯」のうち2番目が、右側は生えたのだが、左側は3才を超えても生えてこなかったところへ、今回、右側が折れた?抜けた?取れた?せいで、どちらも無い状態となり、左右のバランスが揃ったという次第(^^;)

ちょっとややこしい画像になるが、↓'07年の4月10日、銀が1才になる直前の「乳歯遺残」画像で見てみる。
070410gin1ccc_2
↑この時は、左側の犬歯の後ろの乳犬歯が残り、右側が抜けたのを黄○で表している。
で、既に右側の前臼歯のうち、青楕円で示した通り、2番目(今回抜けちゃった歯(ToT))が生えており、左側は生えていない。

実は2才くらいになるまで、これがずっと気になり、時々、口をこじ開けて(^^;)確認していたのだが、結局3才になっても青○で示した場所には歯らしきものは現れず、銀もそれで不自由している様子はなかったので、「まぁええか」(笑)とスルーする事に決めたのであった。

ちなみに、犬の歯は、犬歯の前側に並んでいる左右6本を「切歯」と呼び、続いて「犬歯」が左右で2本、「前臼歯」が左右で8本、さらにその後ろに「後臼歯」が上顎では左右で4本、下顎では左右で6本あるのがフツーらしい。
ああ、ややこしい(^^;)
つまり、上顎は、切歯6本、犬歯2本、前臼歯8本、後臼歯4本で計20本、下顎は前臼歯まで一緒で、後臼歯が6本なので計22本。上下合わせて42本という事だ。
人間だと28本+親知らずが4本なので、ずいぶん多い。
余計な事だが(^^;)アンドレ・ザ・ジャイアントは親知らずの後ろに、さらに2本の大臼歯が生えており合計40本だったそうなって、これ、マメ知識な(笑)
さらに余計な事だが、彼の日本デビューは、国際プロレスであり、リングネームは、モンスター・ロシモフって、リアルタイムで見てたっちゅーねん(笑)

閑話休題

さて、なぜ【自分でも驚くほどの「いぬばか」ぶり】かと言うと・・・
2年前の日記にもあるように、
>抜けた方はこんな感じ、
>ちょっとにじんでた血も、
>あっという間に乾いた(笑)
090821gin3_2
てなことで、しばらくして再び観察してみると、第2前臼歯のあった後は綺麗さっぱりフツーの状態になっていたのである。

つまり、銀の「右上顎第2前臼歯」が抜けたわずかな瞬間を、私はちゃんと察知したという事なのであ~る。

えっへん!

・・・と言っていいのかどうか実はよくわからない、単なる偶然かも?(笑)

しかし、カミさんに報告したら『よく、その瞬間に気付いたわね~』と褒めてもらったから、やっぱり自慢しておこう(笑)
若干、あきれてはいたが・・・(^^;)

さて残る謎は二つ、

一つ目は・・・抜けた歯はどこへ?(^^;)
あちこち探しても見つからないので、ひょっとしたら、「見せてみぃ~」の瞬間に飲み込んでしまったのかもしれない(^^;)
しばらくの間、UNKの観察を続けよう(^^;)

そして二つ目は・・・
ひょっとして、今回抜けた歯はその跡からして、乳歯ではなかったのか?とも思えるのだ。
永久歯ならもうちょっと「根」のようなものがあってしかるべきではないだろうか?
てことは、あるいは、これでやっと永久歯が生えてくる?
そんなわけないか?(^^;)
これもまたしばらくの間、観察を続けようと思う。

ちなみに、これ以上、デンタルソーをガジガジさせてると、他の歯にも影響するのではないかという不安もちょっとある・・・
しかし・・・
090821gin4
本犬はいたってご機嫌、痛がるそぶりさえ見せていない。

やっぱり乳歯だったのだろうか・・・

2009年8月20日 (木)

実感・・・

090820kinokuni
月一で動物病院へ行き、 銀のCHD用サプリと、夏場はフィラリア予防の薬も処方してもらう。
先月は、トトの分も処方してもらった。

受付のお姉さんに、今月からは銀の分だけで結構ですと、事情を告げながら、心の中でちょっと泣いた・・・
以前、チロが逝った直後、病院のカルテの中にだけでもチロが存在してるのが嬉しくて、チロの分までフロントラインを出してもらい、その値段にメゲた事を思い出した(^^;)

トトが逝って約一月、
トトのいない生活にも慣れてきているのだが、今日、あらためてその不在を実感した。

トトよ・・・

2009年8月19日 (水)

このタコなんのタコ?

今日、左手の人差し指の妙な所にマメ?タコ?ができているのに気付いた。
090819f1
右利きなので、左手にできるのは非常に珍しい・・・

なぁぜぇ~???
単車に乗るときも、当然の事でグリップを握りしめたりしないから、どんなに長距離を走っても、両手共できたことは無い。

なぁぜぇ~???

湿疹とか虫さされではなく、これはあきらかにマメかタコだ。
ひょっとしてゴルフクラブ・・・?って、最後にゴルフをしたのは、たしか、るんたが来る前くらいのはるか昔・・・(笑)

気になるぅ~~~(^^;)

・・・と、

わはは~(笑)
原因判明~!

これ、カラクイダコや~

・・・と書いたところでストップしてたら、前田さんを悩ませてしまったようで申し訳ございませんm(_ _)m

すでにみいちゃんから解説していただいてますが(^^;)
↓これです。
090819f2
要するにギターで言うところのペグを、三線ではカラクイと呼ぶのであります。
糸巻き、ですね、

で、三線の場合、ギターなどと違い、ネジ構造にはなっておらず、棹の孔とカラクイの摩擦力だけで保持されるため、非常にゆるみやすいのであります。
特に↑の画像で示す通り、第3弦(女弦:みーじる)は張力が強いため、巻き上げつつ押しつける力が・・・カラクイダコができるほど(笑)必要なんです~・・・って、みいちゃんの話では、どうやら私だけらしい・・・orz

たぶんこれは、通常、BEB、あるいは、CDC、に調弦すべきところを、無理矢理、EAEまでぱんぱんに張りまくっているためでありましょう(^^;)

で、練習が終われば、ちゃんとウマを倒して保管し、練習開始の際には毎回調弦しているわけで、しかも、曲によってはBEBに戻したりもしますので、私の場合、三線を弾いている時間より調弦している時間の方が長いかもしれません(^^;)

ほんでもって、このカラクイ、調弦の際に「折れやすいので注意」と聞いておりました。
ははぁ~ん、やっぱり強烈な力が必要なんや~と私が思い込んだのも無理はありますまい(^^;)
で、みーじるをFまで持って行こうとすると、もう、なんちゅーか、引き絞った弓のごとく(笑)キリキリ・・・びちびち・・・くきききき・・・と弦も棹も悲鳴をあげますし、こちらはこちらで今にも弦が切れそうな恐怖と戦う必要があるわけです(^^;)

三線は格闘技だ~!なんちて・・・(。。 )\バキッ☆

そんなこんなで今回、立派なカラクイダコができあがったという次第であります(笑)

ちなみに、今のところ、みーじるも切れておらず、カラクイも折れてはおりません。

ちゃんちゃん

2009年8月18日 (火)

あまり書きたくない仕事

これも仕事の一つなのだが、実はあまり書きたくない・・・
というのも、ブログに書いて『ほぉ~そんな仕事も引き受けるの?』と知られてしまい『ほな、うちもやって~』となるのがちょっと怖いからだ(ToT)
・・・しかし、書かずにはおられないのは、誰かにこの恐怖の一部でも知ってもらいため(^^;)
090818h1
てなことで、(キイロ)スズメバチの駆除である・・・
あろうことか、雨戸の戸袋の中に大帝国が出来てしまったらしい・・・
090818h2_2
↑黄の楕円、手がかりがそのまま帝国の出入り口になってしまっている。
そして・・・赤の楕円で示した部分!w(゜o゜)w
090818h3
こ、こいつら、もう既に巣を作るという概念を超えてるぅ~!{{{{(+_+)}}}}
それは本能のなせる業か、木質系なら何でも巣として覆ってしまおうというのかぁ~!w(゜o゜)w
このままほっといたら、戸袋全体がハチの巣になるのぉ~~~?{{{{(+_+)}}}}

てなことで、夕刻、ほぼ全部隊が巣に帰還するのを待って、殲滅(^^;)しようと準備していたら・・・
090818h4
きゃぁっ!偵察員に見つかっちまったぁ~!{{{{(+_+)}}}}
090818h5
ぐわぁっ!どうやら斥候部隊に出動命令発生~!{{{{(+_+)}}}}
090818h6
キャァァァアアァアァアァァァァァ~~!!!{{{{(+_+)}}}}
ほんの十数秒で、攻撃本隊のお出まし~!
めっちゃ怒ってガラスにばんばんアタックしてくるぅ~~~(ToT)
お前ら、巣か戸袋かの違いもわからんと、むやみやたらに営巣本能だけ働かしてるAHOのくせに、なんで攻撃する時だけは、そんなに統一した行動が取れるねんなぁ~(ToT)

って、ボクはこの状態で、殺虫剤を戸袋の中にぶち込まなあかんのよねぇ~{{{{(+_+)}}}}

怖いぃぃぃぃいぃぃぃ~(ToT)

てなことで、この後、ごめんなさい勘弁してぇ~と心の中で謝りつつ、虐殺・・・m(_ _)m
幸い、なんとか刺されずに済んだが、ブンブン唸る羽音が耳に残って消えない・・・

実はこの夏、これで4つ目・・・orz

君らもっとこう、なんちゅーか誰も来ないような山の中で棲んでちょうーだい・・・ね、
ほんなら私もこんな殺生、せんでええんやから・・・

南無・・・

2009年8月17日 (月)

仕事始め

本日より盆明け、仕事始め。
090817work
予算的にはヒジョーにキビシい現場だが(^^;)
このご時世に仕事をいただける、という事に感謝!m(_ _)m

心して取り組もう。

2009年8月16日 (日)

旧友達との再会(^^;)

盆休み最終日、久しぶりに整備と洗車~(。。 )\バキッ☆
空から爆弾が降ってきたり、機銃掃射を浴びたりする恐れが、今のところは無い事に感謝しつつ・・・

プラスチックシールドは、カルナバ蝋のワックスで磨くとええよ~ん!と画像を撮ったのだが、全く同じような事を書いた記憶があったので「シールド」で検索してみたら、やっぱりあった(笑)
昨年の彼岸の記事である。という事は、シールドを磨くのがほぼ一年ぶり?(^^;)
違う違う~、なんぼなんでもそれやったら亭長さんやんか~(。。 )\バキッ☆
てなことで、普段は水拭きのみでしのぎ、時々こうやって本格的に磨くのであ~る。
090816lt1
↑てなことで、ワックスを水滴を逃がしたい方向を考えつつテキトーに塗りつけたところ(笑)
↓半分だけ、拭き取ったところ、7年目にしてこのクリアさを保ってるのはやはり普段のメンテがいかに行き届いているかというか、シールド自身が強いというか・・・(笑)090816lt2
今日は、グリップもお掃除してみよう。つーか、これ、花粉か?いつのぉ?(^^;)
090816lt3_2
なぜ、掃除する気になったかというと、まんさく社長が最適なブラシを貸してくれたからであーる(笑)
090816lt4
グリップまで掃除しようと思うという事は、珍しくけっこう心に余裕があるのだろう(笑)
てなことで、丁寧に、かつ、テキトーにゴシゴシ(笑)
090816lt5_2
おおっ!まさに見違えるほど綺麗になったや~ん!w(゜o゜)w
こんなに気持ちええんなら、しょっちゅう洗たろかな~・・・って、たぶん次回は来年・・・(。。 )\バキッ☆
090816lt6_2
てなことで、LT、ピカピカ~\(^o^)/
既にカタログ落ちし、次は6気筒1800ccになる・・・などと噂が出てからでも、はや2年くらい経つのだが(笑)、未だ発表の気配すら無い。
経済情勢もあるだろうし、BM的には今のGSラインをもっと売りたいだろうから、開発が遅れているか、あるいは既に諦めた?のかもしれない(笑)
次期LTが出るとしたら、興味津々ではあるが、できればガラリと変わって、現行BMのように私の好みではないデザイン(^^;)になって欲しいような気もする(^^;)
だって、いつまでもこいつに乗っていたいもんね(^-^)
                ・
                ・
                ・
って、舌の根も乾かぬうちに、CRMに乗り換え(。。 )\バキッ☆
090816crm_2
いやそのあの(^^;)
CRMのキャブも掃除したらんとガソリンが腐るんじゃ~(^^;)
てなことで、ちょっとその気になって、真別処道をふらふら~(笑)こいつもいつまでの乗っていたい一台やね~(^-^)
               ・
               ・
               ・
って、その舌の根も乾かぬうちに・・・ってもうええか?(笑)

090816cb1
放置プレイにもほどがあるやろーっ!(。。 )\バキッ☆
蜘蛛の巣、張っとるやーん!(^^;)
いやそのあの・・・
CBだけは保管場所が若干異なり、仕事場の埃が漂ってくる場所なので少しだけ(^^;)そう、もう、ホント少しだけでも放置すると、コーナッテシマウノデアル・・・(^^;)
てなことで、これまた熱心かつ丁寧かつ・・・一部テキトーに・・・(。。 )\バキッ☆
090816cb2
最後にまんさく社長に空気圧をチェックしてもらい・・・
しばし高野の風になるぅ~(^-^)
090816cb3_2
午後5時16分、標高は900m、
す、涼しいぃ~(笑)
ここまで内子谷~中南ルートで約12km、10分少々、なんでや(^^;)
そして・・・ここから龍神スカイラインルートで戻ったのだが、帰りは約17kmで、今日は車が多く、20分近くかかった。
これ、どういう事かというと・・・
なんとびっくりw(゜o゜)w
既に高野山バイパスは存在しているのだーっ!っと、一部の人が聞いたら『それ黙っといてぇ~』な事実なのである(笑)

ちゃんちゃん

・・・あ、一つ書き忘れ、
てなことで、私は免停になったわけでも、単車を降りたわけでもございません(^^;)
時々、自転車で走ってるのは、減量のためでございます~(笑)
念のため、

ちゃんちゃん

2009年8月15日 (土)

敗戦の日に

8月15日は断じて終戦記念の日ではない。
敗戦の日だ。

この日を境に戦争が完全に終わったわけでもなく、中国大陸からの引き揚げや、シベリアでの抑留等で、辛酸を舐めた人々も多い。

だからどうのこうの・・・と続けても犠牲になった人々は還らないし、労苦を慰めるすべもない。

ただひたすら、正午に、全国戦没者追悼式に合わせ、1分間の黙祷を捧げた。

余計な一言だが、この式にハトヤマ君が欠席したという。
それが政治的判断というのなら、間違っている。
それが個人の信条というのなら、理解できない。

自民党への不満より、民主党への不安が高まってきた。

未来の日本が、黙祷の対象になる日が来ませんように・・・

2009年8月14日 (金)

この「違い」

『注意して下さい、この国には人権がありませんから』
10年ほど前訪れたミャンマー(ビルマ)で、ガイドさんのこの第一声に驚いたものだった。

敬虔なる(南方)仏教の国。男は一生に一度、出家が義務づけられているくらい(一度出家して還俗してからでないと結婚できないと聞いた)仏教が中心の暮らしなのに、長期間の軍事独裁政権により、人権の保障が全くないのだという。

ただ、皮肉な事に、私達が訪れた頃は、今以上に独裁政権下にあった分、治安はすこぶる良かったのが強い印象として残っている。
それはすなわち、犯罪者、あるいは犯罪者とみなされた者は、正式な裁判抜きで即、処罰(処刑)されるという事だ・・・

そして・・・
’07年の反政府デモにより、日本人ジャーナリストが殺害された事件等を経て、外圧が高まり、民主化運動が進むかと思われたが・・・

090814world

8月14日付アサヒ新聞の報道によると、
国連安保理の意向は真っ二つに割れ、米国案であった「安保理は(アウン・サン・スー・チーさんへの)有罪判決を非難する」「スー・チー氏を含む政治犯全員の解放をミャンマー政府に求める」といった表現はすべて削られ、代わりに「ミャンマー政府による減刑に留意する」といった言葉が付け加えられ、「真の対話に必要な条件を作り出すようミャンマー政府に求める」という、きわめて曖昧な、しかも格下とされる「報道声明」で決着したのだという。

「(軍事)政府を非難する議長声明」が出されるべき事態にも関わらず。である。

だがしかし、これが「世界の外交感覚」なのである。
「ミャンマー(軍事政権)に何らかの制裁を科すべきだ」と強い非難の態度を表したのが、米、仏、英などの国々。
それに真っ向から反対したのが、中国、ロシア、ベトナム、リビアなど、中には「声明を出す必要がそもそもあるのか?」と訴えた国もあったという・・・

重ねて言う、これが「世界の外交感覚」なのである。

ちなみに、国連では‘07年にも、米英により、軍事政権にアウン・サン・スー・チー氏を始めとする全ての政治犯の即時釈放を求める非難決議が提出された事もあるが、安保理事会の採決の際、中国とロシアが拒否権を発動し、否決されたという経緯がある。

ここで、中国やロシア等は、自らが同様の独裁政権だから・・・と非難するのはたやすい。
所詮、国連、特に安保理事会なんて、第二次世界大戦の勝ち組が勝手なふるまいをお互いに、なぁなぁで済ませるための緩衝機関と、けなす見方もできる。
結局、世界の恒久平和などというのがまさに絵に描いた餅、むしろ世界の勢力の半分はそれを望んではいないのだと、厭世的な絶望感にも浸れよう。

日本の立ち位置も、ミャンマーに関してはむしろ「非人道的」と言える。
そもそも、現在のミャンマーの混乱は、19世紀の末に、イギリスが当時の王朝を滅ぼした事が遠因であり、そこへ第二次世界大戦中のビルマ戦役 で、当初は対英独立戦争として共に戦った日本であったが、敗色濃厚となった時に、クーデターが起こり、初期の軍事政権が誕生したという経緯がある。
そして戦後の日本は、ミャンマーの軍事政権を積極的、とも言える立場で認めてきた。
その立場は、’03年まで続き、その後は「人道的な理由かつ緊急性がない援助」以外は停止されたが、現在でも“対話による解決を粘り強く働きかける”という極めて実行力のない方針で臨んでおり、軍事政権に対し強い態度では接していないのである。

あかんやん。

ミャンマー自身にも、人種間の対立という大きな問題が内包されていると言う。
なにしろ、人口の半数以上を占めているのはビルマ族だが、そのビルマ族さえ、9つの人種によって構成されているし、他にも大きく分けて七つ、すなわちカチン族(12の人種)・カヤー族(9の人種)・カイン族(11の人種)・チン族(53の人種)・モン族(一つの人種)・ライカン族(7つの人種)・シャン族(33の人種)と、代表的な八つの族と135にも及ぶ人種が存在し、それぞれの部族が、それぞれの州と文化を持っているのだ。
だから、もしも軍事政権が倒れたとしたら、今よりひどい内乱状態に陥る可能性もある、という考えもある。
しかし、だからと言って、軍事独裁政権を言わば「必要悪」として認めるというのは間違っているし、人種が多いから平和に暮らせないなどとするのは、そもそもミャンマーの人々を馬鹿にした話でもある。

私はミャンマーで、人生最大、アメーバ赤痢ではないかと思うほどのゲリピーを経験した事がある。
世界で一番貧しい国の一つ、という言葉も、各所で実感した。
だが、それでも、もう一度行ってみたい所は?と聞かれれば、ミャンマーのパガン、そしてチャイティーヨパゴタ(ゴールデンロック)を挙げるだろう。
光景はもちろん、それ以上にすばらしい仏の心が国中に充ち満ちているのである。
使い古された言葉だが、物質的には貧しくても、心豊かに暮らす人々の多い国の代表と言えるのではないだろうか。
そしてそれゆえに、チベット同様、「仏心」を持たざる人により迫害されやすいのが悲しい。

日本を含む、いわゆる先進国、大国の思惑が、今日もミャンマーの人々を、そしてその人々に宿る仏心を脅かしている。

国同士の考えの「違い」は、あって当然。その上で、その「違い」を平和の下で認め合える日が来る事を切に願う。

2009年8月13日 (木)

ろうそく祭

正式名、「高野山万燈供養会」
毎年8月13日に開催される。
090813rosoku1
私は例年通り、中の橋受付&提灯・祈心灯販売担当。
動画はこちら(2007.8.13)

35年前、高野山へ里帰りしてくる同級生のために、というコンセプトで始まったろうそく祭だが、今では高野山の夏の最大観光イベントとなっている。

多くの方に高野山、そして奥の院を体験していただけるのは誠に喜ばしい事だが、肝心の里帰り組がどんどん少なくなってきているような印象も受ける・・・

フレックスな夏休み期間導入により、お盆休み、という規定が崩れ8月13日に休めない、という人もいるだろうし、観光イベントと化したろうそく祭には足が遠のく、という人もいるだろう、そして何より、実家ごと引っ越してしまい、もはや里帰りの対象が高野山ではない、という人が多いと聞く。

それでも、青連協はこの祭に一所懸命取り組んでいる。
規模も来る人も変わったとしても、奥の院参道を照らすろうそくの灯りは変わらない。
来年も、再来年も、灯し続けられていくだろう。

だからこそ高野山、なのだから(^-^)

・・・って、これも去年のママ (。。 )\バキッ☆
いやそのあの・・・(^^;)
偉大なるルーティンワーク、という事で、ね(^-^)

090813rosoku4
無心にろうそくに火を灯す子供達、
この火は万物の諸霊を供養する灯火。
かぼそい光だが、過去と未来を繋ぐ光でもある(^-^)
090813rosoku3
今年も「祈心灯」が闇を照らす(^-^)
動画はこちら(2007.8.13)

準備と片付けが大変なお祭りでもあり、年々減少していく(基本的には40才で引退)スタッフは大変な苦労を重ねて開催してくれている。
そこへ今年は、ベンチャースカウトをはじめとして、老若男女を問わずボランティアのみなさんのご協力もあり比較的スムーズな運営となったようだ(^-^)
私も、いつまでご協力できるか定かではないが(^^;)生きてる限りは何らかの形で参加したいと思っている。もちろん死んだら、供養される側に回るのである(笑)
あ、ということは、あと56億6999万7千数百回は参加できるという事か?(^^;)
おっと、回数で語ってもしょうがない(^-^)

今年も無事、終了したという事をまず喜ぼう。

みなさん、お疲れ様でした~m(_ _)m

2009年8月12日 (水)

家族そろって

今日から盆休み、息子も帰郷した。
今回は寝坊せず新幹線に乗ったようで、予定通り着いた(笑)
久しぶりに家族そろってご飯を食べ、とりとめもない話をし、遅くまでトランプをした(笑)
銀が外で『ボクも入れてぇ~』と、うひぃ~んうひぃ~んと鳴いていた(^^;)

ヨット部に入り、筋トレにも励んでいるとの事で、日焼けして少し逞しくなった息子だが、家族と過ごす雰囲気は以前とまるで変わらず、なんだかタイムスリップしたような気にもなった(^-^)

平凡なる日常に・・・乾杯!

2009年8月11日 (火)

加子母にて

出張の目的地「加子母(かしも)」へは、午前8時過ぎに着いた(笑)
打ち合わせの約束の時間は午前11時。
高野山から約360kmだが、渋滞を覚悟して午前3時に出発したら、名神も中央道も地震による通行止の影響からか非常に空いており、5時間ちょっとで着いてしまったのだ。
1時間くらいは余裕をみていたのだが、3時間となると・・・ドースル?
090811kasimo0
とりあえず道の駅に寄ってみたら、なかなか楽しい案内板があった。090811kasimo0up
おお!
室町時代から続く、東濃桧(とうのうヒノキ:美濃の東のヒノキの意)の産地として有名な加子母だが、祀られているのは杉らしい。
では、さっそく~(^-^)
090811kasimo1_2
からりと晴れ上がった青空をバックに、大杉が偉容を誇っていた。
四国の「杉の大杉」のエピソードを思い出しつつ近づき・・・090811kasimo4mon
飛騨の巧の技が冴える鐘楼門をくぐる。
090811kasimo3sugi_3

画像では大きさが伝わらないと思うが、根回りで20mを超す巨木である。
樹齢は千数百年、何しろ建久五年(1194年)に、源頼朝がここから西方300ほどの所にあった老朽著しい地蔵堂に立ち寄った際、すでに大木であったらしく、この杉の下に地蔵堂を安置し直すよう告げたという。
長年に渡る、風雪害などで幹が途中で折れていて、高さは約30mだが、折れた幹の上部は、約4㎡の平面上になって樹皮で覆われているのだそうだ。
090811kasimo5namekuji
この地蔵尊に掲げられた案内板に・・・
「なめくじ祭」とあったw(゜o゜)w
「な、なめくじ・・・どうやって、祭るん?」(^^;)
と、不思議に思いつつ、少し早めに打ち合わせ場所に行ったら、予定を早めていただき、非常にスムーズに進行m(_ _)m
で、昼食をいただいたお店の壁に・・・
090811kasimo6namekujimatsuri
「な、なんか、これ、すごい祭な~ん?」(^^;)
で、おしえていただいたのが、「なめくじ祭」のお話。
実際、九万九千日のお祭りの日は、刀傷(に見える模様が)あるナメクジが文覚上人の墓石を這い上がるらしいw(゜o゜)w
一度は見たいような気がするが、見てしまったらそのままどこか異世界に連れ去られてしまうような気も・・・(^^;)

てなことで、打ち合わせも無事終了、加子母一番と言われているヒノキ山もご案内いただいた。
清々しい風が吹いていた(^-^)
090811kasimo7sugi
これまた、異世界、であったw(゜o゜)w
ただしそれは、現代ではあまりお目にかかれない、丁寧に間伐、枝打ちされた「昔ながらの林業」が現存しているという意味でだ。

私達は普段、木曽のヒノキの事を、「尾州(びしゅう)」と呼ぶ。
加子母の他、東濃一帯は江戸時代から、尾張藩の直轄地であり、「枝一本腕一つ、木一本首一つ」と言われた厳しい管理のもと、木目が均一で細かく、年輪はほぼ真円、色合いも香りも良く、節が少ないという、いわゆる精英樹が数百年単位で護られてきた事から、木曽のヒノキと言えば「尾州」が代名詞になっているのだ。

そして、その育成にかける努力は今も続けられており、伊勢神宮の外宮の用材として使われるのもこの地方のヒノキである。

さらに驚くべき事に、この山は個人の持ち物なのだそうだw(゜o゜)w
公の補助もあてにせず、ただひたすら、祖父が孫の代のための木を植え、枝を打ち、間伐する営みを続けてきたという事こそが、日本が本来持っている豊かさの象徴のようにも思えた。
昔は、日本中、こういう山だらけだったのだが・・・

いろんな意味で、勉強させていただいた出張であったm(_ _)m

2009年8月10日 (月)

出張

・・・世間は既に盆休みとの事だが・・・

ツーリングルートの探索も兼ねて、出張してくるぞぉ~(ToT)

090810_r2

・・・渋滞が終わってる事をひたすら祈るのみ・・・(>_<)

2009年8月 9日 (日)

病膏肓に・・・(笑)

わはは~、買っちゃいました(^^;)
その名も「カンカラ三線」組立キット(笑)090809kankara1
強化貼りとはいえ、本物があるのになぜ?と思われるかもしれないが(^^;)みいちゃんにご教示いただいた通り、通常、「BEB(シ・ミ・シ)」あるいは「CFC(ド・ファ・ド)」に調弦すべきものを、EAE(ミ・ラ・ミ)というまさに限界?まで、ぱんぱんに張りまくっているため、「いつ弦が切れるのか?はたまた皮が破れるのか?」と気が気ではない{{{{(+_+)}}}}のと、やはりどこかに、「カミさんの」という意識があり、腫れ物に触るが如くの気の遣いようがいつしか負担に・・・(笑)
とまぁ、いろいろ理由を並べたてたが、結局よーするに、「カンカラ三線ってどうよ?」という誘惑に負けてしまっただけかもしれない(^^;)

てなことで、秋田で原木からイギルを制作中の大王さんの苦労を少しでも偲ぼうと、やすり掛けに挑戦~
090809kankara2
・・・が、ナンボでも削れるので(^^;)このままでは棹が無くなってしまうと思い(笑)約30分で終了!(。。 )\バキッ☆
090809kankara3
弦を持ち上げる歌口も、取説通り、木工用ボンドでぺちゃっと・・・(笑)
このチープさが、いいのだ!(笑)
090809kankara4
本来はクバの葉の堅いところか米軍の放出した廃材と、空き缶で作るのが正統、との事だが、そんな事は、なんくるないさ~で進ませてもらう。
それこそが、どんな状況でも、たとえ収容所の中ででも、三線を弾き皆で唄っていた沖縄の人々の心にかなうと思うからだ・・・って、単に早く音が聴きたいだけ(。。 )\バキッ☆090809kankara5
猿尾(棹の末端)に付ける糸掛は付属しているので、あとは弦を結びつけるだけ。
新品の弦は硬いのでちょっと戸惑ったが、そこはそれ、ゴッドハンド~(と言うほど難しいものではない(^^;))
090809kankara7_2
男弦(うーじる)・中弦(なかじる)・女弦(みーじる)を、それぞれカラクイ(糸巻)に巻き付けていく。
090809kankara6
そして、いよいよ駒(ウマ)を立てて調弦。
駒の足が踏ん張る相手はヘビの皮ではなく、空き缶、つまりスチール。なんぼぱんぱんに張ろうが破れる事はないので安心して締めまくる~(。。 )\バキッ☆
・・・のだが、そこが空き缶の悲しさ、締めすぎると音が響かない事がわかって、結局、調弦はBEBとした。なんのこっちゃ(笑)
090809kankara8
てなことで完成~\(^o^)/

大きさはそんなに変わらないが、重さがまるで違うのでホールドしやすい(^-^)

そして・・・
音が・・・
意外なほど柔らかいのであるw(゜o゜)w
もっと金属音を予想していたのだが、その音色は、古釘を叩いて伸ばして作ったカリンバの如く、元の素材がイメージさせる音よりはるかに優しく響くのであった(^-^)

論より証拠、カミさんが『私はこっちの方がいいわ~』と超お気に入り(笑)

しめしめ(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)

てなことで、二人で連弾きも出来るようになって、めでたしめでたし(^-^)

2009年8月 8日 (土)

十年

ユニセフから、ちょっと立派な(^^;)感謝状?が届いた。
毎月、一定額を寄付してきたのだが、それが10年になったのだという。090808u1
そうか・・・そりゃそうやねぇ、って、実は、このユニセフのマンスリーサポートプログラムに参加したのは、39才、つまり前厄の年。
日頃、縁起を担いだりする方ではないのだが、厄年に関してはそれまでに「やっぱりなんかせんとあかんで」という体験をした事があったので(^^;)どうせなら、一時的にお祓いなどをしてもらうよりは、働けて収入がある間は、ささやかながら毎月寄付をしようという事で始めたのだった。
ちなみに、その恐ろしい体験とは・・・
もう、20年近く前の話のなるが、自分ではなく、師匠の厄年に弟子達が次々と災厄に襲われるというもので、考えてみるとはなはだ迷惑な話(^^;)
私は、何でもない作業中、大きな石が転がってきて指をつぶしてしまい、爪がはがれたくらいで済んだが(それでも全治4ヶ月くらい)、ある弟子は自動車事故で廃車の憂き目に遭い、一番ひどい人に到っては心臓が一時停止するような病に突然襲われたのであった{{{{(+_+)}}}}
これが師匠の前厄の誕生日の前後1週間に集中して起こったものだから、弟子達は恐れおののいたのである{{{{(+_+)}}}}
ホンマ、自分では手を汚さん師匠やぁ~(^^;)

てなことで、まず32才の時、カミさんの厄払いとして、日本フォスタープランで毎月一定額の寄付を始める事にした。
これは特定の家族との交流もできるプランで、うちはエクアドルのご一家と年に数回、文通していた(^-^)
(過去形なのは、主なサポート相手だったポゴ・セリ君が就職したためプログラムが終了し、その後は、違う寄付に変更したため)

で、39才、つまり自分の前厄の時は、用途を限定しない寄付を、という事でユニセフのマンスリーサポートへ参加する事にしたのである。

てなことで「感謝状」とか「表彰状」って、面映ゆいものでもあるが、この内容は紹介しておきたいので載せておく。
090808u2
最初見た時、「こんなモン、作る金を援助に回せよ」とも思ったが(^^;)紙製の質素な造りで、いろいろなメッセージが込められており、家にしまい込んでおくよりは、少しでも世に知らしめた方が良いと思ったのである。
090808ums
組み立てると一番↑の写真立てみたいになる、おそらく印刷を変える事で様々なバリエーションになるのであろう。
090808u3
この10年で、どのように貢献できたか、ちょっと嬉しくなるメッセージだ。090808u4
しかし・・・定期的に「紛争」が起こっているのもよくわかる・・・090808u5

最後に、1993年に亡くなっているが、晩年をユニセフ親善大使として献身した、オードリー・ヘップバーンからのメッセージ。
彼女は、「私は、ユニセフが子どもにとってどんな存在なのか、はっきり証言できます。なぜって、私自身が第二次世界大戦の直後に、食べ物や医療の援助を受けた子どもの一人だったのですから」と語っていたという。

この十年、いろいろな事があった、会社も何回も危機に直面した(^^;)
それでもなんとか続けて来られた事に感謝!m(_ _)m
願わくば、20年目もメッセージを受け取れますように。

2009年8月 7日 (金)

巨大生物の山(^^;)

いったいどうしたというのだ~っw(゜o゜)w
高野山はいつの間に、巨大生物の山になったのだろう?(^^;)
てなことで、一昨日の宇賀神さん(^^;)に続き、本日事務所の壁に留まってたガガンボのデカい事デカい事ぉ~w(゜o゜)w
↓てなことで、本日も拡大注意!(^^;)
090807gaganbo1_2
ガガンボは高野山ではさほど珍しい虫ではないので、通常、見かけても「でっかい蚊ぁや~」と驚くような事はないのだが・・・
090807gaganbo3
あんたいったい幼虫の時に何食べとったん~?
それとも誰かが高濃度の酸素で育て上げたんか~?(^^;)

ちなみにピースの大きさは、55㎜×85㎜であるからして、そこから計算してみると、こいつの体長は約44㎜、開長(翅の端から端まで)となると約93㎜!
090807gaganbo2
しかしホンマ、この大きさで「蚊」やったら怖いよなぁ・・・{{{{(+_+)}}}}

・・・と、しげしげ見てたら、突然、飛びましてね、
しかもその時の音があなた、めっちゃ迫力のあるブゥンンッ!という唸り!
まぁ、あんまり近寄りすぎてたからやと思いますがね(^^;)
びっくりして、のけぞって後ろの壁に頭をぶつけてしまいましたがな(>_<)
ナイショですが「うひゃぁっ!」っと、軽く悲鳴まであげてねorz

ヘ、ヘビなら、どんかい大きくても、平気なんじゃ~(^^;)
あいつら鳴いたり、おっきな音、出せへんもーん(笑)

ちゃんちゃん

※ちなみに、これはミカドガガンボだと思う。
宇賀神さんに出会い、次がミカド、今度は何に出会うやら~(^^;)

2009年8月 6日 (木)

夏の夕べの銀ぶらは

お父さん!歩きながら飲み食いするのは行儀が悪いよ!
・・・ってな事を銀は言わないのでありがたい(^^;)
090806beer
銀がこちらを見ているのは、ひょっとして自分もおやつがもらえるのではないかという期待からである(笑)

平日の夕暮れ時、いつもの銀ぶらコースは人影もなく、途中の酒屋さんでつい・・・(。。 )\バキッ☆

ちなみに・・・
090806snack
おつまみも・・・(^^;)

これも銀は欲しがったが、もちろん駄目、
こんな塩のかたまり、危険やもんな、・・・って、我が身の愚かさと一緒に噛みしめる事にする(。。 )\バキッ☆

しかし・・・
旨いのである(^^;)

本当にささやかで、それでいて十分な、満足まんぞ~(^-^)

ありがとうございますm(_ _)m

2009年8月 5日 (水)

これも仕事ですがな(^^;)

お寺の屋根の掃除も仕事の一つ、
樋が詰まっているとの事で、職人さんに登ってもらったのだが・・・
090805s0_2
『こんなんがおります~{{{{(+_+)}}}}』とメールが(^^;)
こいつの除去は私の仕事だ(笑)
090805s1
てなことで、かけつけてみると・・・
デカっ!w(゜o゜)w
あんた一匹で樋を詰まらせたんちゃうのぉ?というくらいの大物!

てなことで、いそいそと(笑)
ただし、怒らせると臭い液をかけられるので、そぉ~っとつかみ上げる。
私が頭の上まで持ち上げて、S字状にくねりながら尻尾がやっと屋根に着くくらいだったから、2m近い大物だったw(゜o゜)w

↓以下、拡大注意!(^^;)
090805s2
どうやって屋根から降りようかと思ってたが、うまいぐあいに腕に巻き付いてくれたので(^^;)そのままハシゴで地上へ、
090805s3
立派な顔付きである。こうなるともうアオダイショウと呼ぶよりは、宇賀神さん、と呼ぶべきかもしれない。
090805s4
裏山へお帰りいただいたのだが、最後はもうわけのわからない絡みつき方(^^;)
ぐぅ~っと締めつけてくる力はなかなかのもので、腕がしびれたくらいだった。
これ、小鳥なんかだと一発でしょうなぁ・・・
てなことで、樋の詰まりも解消、敵意が無いのが伝わったのか、臭液もかけられずに済み、やれやれ(^^;)

あ、しかし、その後手を洗ったのだが・・・
090806gin
・・・お父さん、何?この匂い?と、
銀がくんくん嗅ぎに来た(笑)

ちゃんちゃん

2009年8月 4日 (火)

聖徳太子が泣いている

090804news

yahooニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000017-rcdc-cn より

2009年8月3日、民主党の岡田克也幹事長は都内で中国メディアの合同取材を受け、今月末の衆議院選挙で民主党政権が誕生すれば、首相の靖国神社公式参拝や中国への内政干渉は一切行わないと述べた。中国新聞網が伝えた。

岡田幹事長は、「民主党は結党以来、一貫して日中関係を重視してきた。鳩山由紀夫代表や小沢一郎代表代行を始めとする党幹部たちは各々の政治活動において常に日中関係重視の姿勢を示してきた」と述べ、政権交代が実現すれば日中関係はより一層発展すると強調した。同幹事長自身も年に1度は訪中しており、すでに15回の訪中歴があるという。

また、第2次大戦中のA級戦犯が祀られている靖国神社に日本の首相が公式参拝することに中国が強く反発している問題については、「A級戦犯は先の大戦の罪人だ。首相が公式参拝すべきではない」と述べ、チベット問題やウイグル問題については「中国国内の事情だ」とし、「中国への内政干渉は行うべきではない」との見解を示した。(翻訳・編集/NN)

『自民党には不満がある、民主党には不安がある。』というのは、誰が言い出した台詞か知らないが、けだし、2009年の日本を象徴していると思う。

その不安の極めつけが、幹事長職にあるオカダ君のこの発言だ。

中国側の報道だから、中国にとって都合の良い内容になるのは仕方がないにしても、この「言質の取られよう」はセージ家として失格である。
なんぼAHOでも、この通りには語ってないと思うのだが(つーか、思いたい)もし、本気でこのように思い、その通りに発言していたのであれば、もはや史上初の外患誘致罪、あるいは外患援助罪を適用すべきとさえ思う。
今まで、国益を損なった最悪の発言はコーノ談話かムラヤマ談話だと思っていたが、この二つは過去の出来事を歪曲するものだったのに対し、オカダ談話は未来を縛るという点で、余計罪が重い。

何を考えとるんや?

靖国問題については是非はともかくとして、中国によるあきらかな内政干渉は認め、チベット、ウイグルについては国際的な人権問題なのに、「国内の事情」として矮小化し、干渉しないと宣う。
二重にも三重にも矛盾した、土下座外交とすら言えないただの隷属である。

日中関係を重視、とあるが、それは一方的に追随するためのものだったのか?
真の外交とはお互いが高め合う関係であるべきで、時には苦言も呈し合う事こそが肝要だろう。相手の要求は全部受け入れ、こちらからは一切文句を言わないという態度は、かえって信頼感を損なう行為だという事を知らないのだろうか?

オカダ君は、清廉潔白を信条として、イオングループとは極力距離を置いているらしいが、この5月には親父さんが北京の名誉市民賞を受賞しているとの報道もあった。
痛くもない腹、なのかもしれないが、ミスタークリーンと呼ばれつつ、実は叩けばホコリが出るんちゃうの?

さてこの一件、もう一度だけ、はかない期待を込めて、中国メディアに対するリップサービスが過ぎた、と思いたい。
というか、誰かそう思わせてくれ、でないと生きてる間に、中国の「ニッポン自治区」民にされそうで怖くて眠れん・・・orz

ちなみに、近頃話題のオバマ君の核兵器廃絶宣言だが、実は話の前後ではこう語っているのだ。
曰く『核兵器のない世界の平和と安全保障を追求するとの米国のコミットメントを声明する。私はうぶではない。この目標は迅速に到達されない。たぶん私が生きている間には。これには忍耐と粘り強さがいる。しかしいま我々は、世界は変わらないと我々に言う声を無視しなければならない。我々は「イエス、我々はできる」と固執しなければならない。
国際情報センター記事より抜粋

これがまともな政治家の外交発言、ってもんやで。

2009年8月 3日 (月)

おのれNTT(笑)

外壁の貼り替え工事を承った。
090803scaffold1
電線等の影響が無いのは確認していたのだが、見落としていたのが・・・
090803ntt1
電話の引き込み線。
一時的に宙ぶらりんにしておこうかと思ったが、念のためNTTへ電話・・・したら、携帯に登録してある工事受付は『現在使われておりません・・・』
「おいおい、番号を変更したんやったら、次の番号くらい案内せぇよ」と思いつつ、確か移設は「116」やったよね、とかけてみたら『恐れ入りますが、一般の電話からお掛け直しください・・・』
くぅ~っ!(>_<)
NTTのくせに電話が繋がれへ~ん(>_<)
・・・てなことで、104で聞くことにした、うん、基本や、
で、教えて貰った番号が・・・08002000116って何かアヤシい感じぃ~(笑)

かけてみた、
『自動音声でご案内しております・・・』
むかぁっ!(`へ´)
しかし、この際、背に腹は代えられない、下調べの時、見落としていた私が悪いのだからと、だらだらした説明を聞き、やっとオペレーターと話せる事に。
しかしまぁこの時点では、やれやれやっとつながったという思いの方が強く(笑)後は早めに工事をしてもらう交渉だけやなと思っていた。
ところが、電話に出たおばはんの「ねんきん特別便その3」を彷彿させる紋切り型お役所仕事的対応にボクは切れちゃったのだった(^^;)

私は、引っ越しするわけではなく、壁から一時的に中継器を外すだけなので、こちらでもできる作業だから、念のため、巡回の時にでもチェックしてほしい、と告げたわけだが、おばはん曰く、それは駄目、まず書類を先に提出せよ、その書類が受理されてから工事人を派遣する日は別途連絡する。というものだった。

この時点で、書類と平行して勝手に工事をしてやろう(笑)と決めていたのだが、あんまりおばはんが高飛車に『書類、書類』と言うもんだから、ちょっとからかってやった(笑)

「はいはい、わかりました、ほな他の工事は慎重に続けますがね、万が一、電話線が切れたりしたら、故障係なら飛んで来てくれるんでしょうね?」(笑)

ここで、おばはん、急に言う事が変わった。
『そこまでおっしゃるなら、明日、工事人を行かせますが・・・』

「ちょっと待てぇーっ!」と、ここでキレた(笑)
といっても、それまで周りでやりとりを聞いていた職人さん達が、期待を込めて見てるもんだから、ちょっと張り切ってしまったのである(^^;)

「これこれ、担当の年配と思われるご婦人よ、さきほどまで書類提出以外は認めないと言っていたではないか、それが、こちらの態度に迎合するかのように、いきなり工事人を派遣すると妥協するのはいかがなものか?それが親切だと思っているのなら大間違いである。会社として守るべきルールがあるなら、それをあくまで私に説得するのが道理、そんなに簡単に態度を変えるのなら、最初から緊急処置として工事人を派遣してくれればすんだのではないのか?」

というような内容だったと思う・・・(^^;)

ここで、ちょっと言い訳なのだが、おばはんが、あくまで『どのようにおっしゃられても、個人情報保護の意味からも、書類を提出していただく事になっています』とか言っていたならば、私としても、皮肉の一つや二つは言ったと思うが、そういう世の中になったのだなぁとしぶしぶ諦めたと思うのだ。

ところが、このおばはん、雲行きが怪しくなったのを察知してか、いきなり、自らルールを破ると言い出したわけで、結局それは、ルールよりも自分の体面を守るためだけの処置。こんなおばはんの指示でいきなり派遣される工事人さんも大変だろう。
つまり、私は、このような勤務態度を取るおばはんに正義の鉄槌を・・・って、ただの八つ当たりだが・・・(。。 )\バキッ☆
090803ntt2_2

てなことで、翌日(4日)早々に工事人さんが来てくれてm(_ _)m
えらい急な事ですんませんなぁ、とお詫びしつつ・・・

『あの、この線、死んでます』・・・orz

なんと、光ファイバーの工事が既に行われており、この線は死んだまま放置されていたのだそうだ・・・orz

光ファイバーもおのれとこの仕業やろーっ!しっかり処理しとかんかーいっ!

と、今度こそマジギレしそうになったが、それよりも、死んでる線で大騒ぎした事の方がおもしろく思えたのは、ちょっと大人になった証拠だろうか?ってそんなわけないね(笑)

ちゃんちゃん

2009年8月 2日 (日)

三線とクラフトキャンプ

以下、備忘録(^^;)
6月の沖縄行で、三線にすっかりハマったのは実はカミさんであった。
つまりこの三線、カミさんが旅行から帰ってきてから、喜久山先生にお世話いただいたもの。
私はむしろ三板の方に興味を惹かれ、小指からの連打を連日特訓中(笑)三線が到着したのが7月の初旬。その頃には三板の連打が出来るようになっていたので、三線の練習に移行、それからほぼ毎晩熱中(笑)
カミさんはその熱中ぶりを見ている方がおもしろいという事で、現在ほぼ私の独占状態になっている。
090802sanshin1
8月2日現在、「安里屋ユンタ」だけは、工工四(くんくんしー:沖縄音階の楽譜)を見ながらならなんとか弾けるようになったが、まだテンポが毎回違うorz090802sanshin2
ちなみに調弦(ちんだみ)は、当初「男弦(うーじる)」がD、「中弦(なかじる)」がG、「女弦(みーじる)」が1オクターブ高いDの、いわゆる「DGD」だったが、安里屋ユンタがなんとか弾けるようになったので、はりきって弾き語りにチャレンジしたら、キーが合わず(ToT)カミさんに唄を聞いて貰った結果、「EAE」に調弦し、1オクターブ下で唄う事で折り合いを付けている。
カミさん曰く、さらに弦を張った状態の「FBF」が一番合うだろうとの事だが、そこまで張るとたぶん「女弦(みーじる)」が切れる(^^;)
ちなみに三線自体は、「本皮強化張り」と言われるタイプで、ニシキヘビの皮の下に特殊シートを張ったもの。
本来はニシキヘビの皮だけなのだが、経年変化により破れたりするらしく、高野山の気候はさらにそれを促進するだろうということで、強化張りを選んだのである。つーか、その方がニシキヘビの皮自体は薄くできるので安い(^^;)

さて、なぜ備忘録として書いたかというと、将来、このページを見る時には、ぜひ、オジー自慢のオリオンビールをこのお兄さんの10分の1くらいのレベルでいいから、マスターしていてほしいと思うからだ。
この動画、三線で検索しててヒットしたものだが、何度も見てしまうくらい楽しい(^-^)
いつか人前で、演奏する事があるのなら、やはりこういう宴会時で楽しくがいいなぁと(笑)
おっと、その前に指笛もマスターしとかんとな(^^;)

てなことで、三線とのおつきあい、飽きずに続けましょ~(^-^)

で、もう一つ、8月の第一土日に開催される高野山クラフトキャンプの事、
雨の午前中、三線の練習に励んだ後、午後からカミさんと銀も一緒に行ってきた。
会場である転軸山公園に着いた頃から晴れ間が見え、ビールを飲むのには最適な日差しとなった(。。 )\バキッ☆
で、感想は・・・

今年の傾向としては、
素人さんがこつこつ作ったモノよりは、
普段もちゃんと営業しているお店がある玄人さんが、出張してきる。
という感じが目立った。
おっとしかし、それは私の個人的な感想、
それぞれがそれぞれの楽しみを見つけるのが、クラフトキャンプの本意だろう、

とにもかくにも、「超一流」の素人作品から、「?」マークの玄人作品(^^;)まで、まさに玉石混淆、いろんな意味で楽しませてもらえる。

それにしても、高野山にしては超暑いこの2日間、出展者はもとより、駐車場の整理や案内と、運営されてる方々には、楽しませていただいて感謝!である。

・・・って、二年前の感想の丸写し(。。 )\バキッ☆

感想を書こうとして検索してみたら、今年の感想そのまま、なのがあったという次第。
ということは、これがここ数年のクラフトキャンプの流れという事か?

ちなみに、銀はとてもお利口さんだった(^-^)
090802gin
かなり混雑していたのだが、おとなしく「ツイテ」歩け、こちらがお店をひやかしている間は辛抱強く「マテ」もできた。
ぐるぐると会場を回っている時に、展示者が連れてきていた犬がしつこく吠えかかってきても、三巡目までは吠え返さなかったくらいだ(笑)
飼い主よりもガマンが利くという事か?(笑)

てなことで、願わくば、いずれこのページを懐かしく笑顔で見られる日が来ますように(^-^)

ちゃんちゃん

 


2009年8月 1日 (土)

二人祭

土曜日、早めに仕事を終えて、明るいうちに法善寺横町へ来た。
090801hozenji_2
二人でここを歩くのはたぶん初めてだ(^^;)
090801hozenji2
いつも通るのは・・・夜(。。 )\バキッ☆
しかも同行者はたいてい・・・ベロベ浪漫のおっさん達(。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆
この石畳の風情を見過ごしていたのにあらためて気付いた(^^;)
090801m1
暑い盛りに串料理とは・・・(笑)
090801m00
まぁいいではありませんか、ここ「最上(もがみ)」さんの串は、一口大でカラリと揚げられており、夏にこそ美味しいと思える旨さなのである(^-^)
090801m2tiayu
夏限定の稚鮎、
つぶらな瞳と目が会う・・・(^^;)
君の命、謹んでいただきますのでお許し下さいm(_ _)m
090801m3nira
花ニラをささみで包んだ絶品!
これは絶対、家でも作ってね~と、カミさんに入念にチェックしてもらう(笑)
そう、本日はカミさんと二人で夏祭、なのであった(^-^)
090801m0menu
ちなみにここは、ストップするまで、なんと36種類の串が次々に出てくるのであ~る!
090801m4konnyaku
アスパラガスとか、こんにゃくも登場、くどくならない配慮である。
090801m5syake
鮭にイクラ添え、完成されたおいしさの結晶、まさに味の小宇宙!
090801m6sake
このところ、泡盛のロックばかりだったが(^^;)今日は冷酒できりりと一杯、いや、二杯(。。 )\バキッ☆
090801m7last
カミさんが『ぜひ最後まで堪能したい』との事だったので、私の方を24本目でストップし、二人で36本を完食~(笑)
ちなみにラストは、ツブ貝と餅と、モッツァレラチーズ(笑)
この、それまでの組み合わせにはないボリュームは、36本以上の注文をさせないように笑い『さすがにもうお腹いっぱい~』と言わせるためのお店の作戦だろうか?
しかし、しつこくはなく、モッツァレラチーズはむしろ爽やかな余韻を残してくれた。
090801m8d
デザートは「空豆のアイス」
これがまた、口中を漱ぐが如くの味わいで、メニュー組立のセンスの良さを感じた(^-^)

ごちそうさまでした~m(_ _)m
外食の際、味にはなかなか厳しいカミさんも、36種類中、ほとんどに満足まんぞ~で、めでたしめでたし?(^-^)

・・・と、
実はこれからが、祭の本番!
そう、今年も、マジックバー・フレンチドロップさんの周年イベントに小川心平師が来演されるとの事で、予約しておいたのであ~る(^-^)
昨年、初めて小川師のパフォーマンスを見たカミさん、日頃の下ネタ嫌いはどこへやら(笑)小川師をして『あなたのツボがわかりません!』と戸惑わせたくらいのウケようだったのだ(笑)
ちなみに、その模様は「小川心平のライブショー2008」として発売もされており、我が家の家宝になっている(笑)
090801so_2
てなことで、今年のライブショー
小川師自ら『もう、カードを当てるのに飽きた(笑)』と宣言するくらいで、もはやマジックを置き去りに(笑)ネ申の領域とも言えるパフォーマンスの数々が炸裂!
ものすごく楽しかった(^-^)
・・・と、こればっかりは、ライブでないと味わえないとしか言えないのが残念だ。
ただ、その片鱗はDVDでも反芻できるので、今年もフレンチドロップさんのDVD発売が待ち遠しいのであ~る(^-^)

・・・ちょっと野暮な解説を付け加えると、
実際の話、一人のマジシャンが1時間もパフォーマンスを続け、不思議な現象が連続すると、客、(それも小川師の場合、相手はほとんど飲んでる客(笑))の方が集中力が続かず、後半、メインになればなるほど、場がだれるという事になりがちなのである。
ところが小川師の場合、その1時間が、まさしく夢のような1時間として、最初から最後まで、笑いに包まれたまま進行していく。
しかもネタバレになるので詳しくは書けないが、実際、カードを当てないのに、皆がため息をつくほど感心してしまうというネタまで登場したのである。
『そんな大げさな~』と小川師なら笑い飛ばしてしまうかもしれないが、まさしくそれは三遊亭圓朝の「無舌」の境地を彷彿させるものだった。

さて、昨年、ショーの後で、ぜひ、本拠である長崎へ、とカミさんと話したものだったが、結局、九州を飛び越して沖縄へ行ってしまったので(^^;)今度こそはぜひ、長崎へ行きたい。

ライブが終わったあと、『行きたいね~』「行きたいよ~」と、興奮したまま家路に着いたのだが、こういう高揚感もライブならでは、なのだろう(^-^)

小川心平師、フレンチドロップさん、ありがとうございました~m(_ _)m

ちゃんちゃん

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ