サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

締め切りに・・・

間に合いません・・・m(_ _)m
でも、牧場巡りと漢字アプリだけは・・・(。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆
いやその・・・
追い詰められての現実逃避・・・orz

2009年10月30日 (金)

月末は・・・

ブログ書いてる時間が・・・(ToT)
でも、牧場巡りと漢字アプリだけは・・・(。。 )\バキッ☆

2009年10月29日 (木)

銀、ケダモノ化(笑)

『お、お父さん、これはひょっとして・・・』
091029gin2
「そうやで~お父さんは漢字アプリにかまけてばっかりちゃうねんで~(笑)ちゃんと君のおもちゃも段取りしとったんやで~」
先日、ストックの最後となる11代目?を投入したので、新たに発注しておいたのである。
ただ、9~11代目を購入したのは昨年の9月だったので、約2ヶ月で一つという消費ペースから考えてどうも数が合わないと思い、過去の通販メールをチェックしてみたら、実は4月に12~14代目を購入していたのが判明、今回は5つ買ったので、15代目~19代目という事になる。
それにしても、USAからの送料が船便とは言え590円というのが・・・w(゜o゜)w
091029gin3
さて、箱を見せた時の銀の反応は・・・
輸入品の段ボールからは、独特の匂いがするのだろうか?
はたまた私の態度でわかるのだろうか?
中身を見てないのに大はしゃぎ!(笑)

そして、今回のおまけはこれ、
091029gin5
硬質ラバー製で両端におやつをホールドできるようになっている、いわゆるコングの一種。
グッディボーンとかいうらしい。
さっそく、トバとジャーキーを両端に簡単には抜けないように、ねじ込んで見せてやる。
・・・この時点で銀の目が半分、ケダモノ系に・・・(笑)
で、次の瞬間・・・
091029gin6
こらぁ~!(笑)
ケ、ケダモノぉ~!
いつものお行儀はどこ行ったぁ~!
(^^;)
と、以前、初めて鮭トバを与えた時と同じ激しい反応(笑)
091029gin7
その後の野生化?も全く同じ感じ(笑)

気に入ったようである(^-^)

めでたしめでたし

2009年10月28日 (水)

一気に

今年は例年にもまして夏が短く、季節の変わり目もはっきりしなかったので、紅葉もくっきりとした発色にならないのではないかと、ちと心配だったのだが・・・
091028koyo
ここ数日で、いきなり!(^-^)
今朝の抜けるような青空をバックにきりりと美しい。
紅色、緋色、猩猩緋、朱色、丹色に唐紅ってかぁ?(笑)

ちゃんちゃん

2009年10月27日 (火)

色には強い?(笑)

『お父さん・・・最近、昼休みに遊んでくれませんやん・・・』
091027gin
と、ヘソ出ししつつ、ひたすら尻尾を振ってくれる銀をほったらかして・・・
今日も漢字アプリじゃ~(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
昨日書いた、ジャンル別が、本日一つ追加されたのである。
それは「伝統色」
よっしゃ~!
「住居」ジャンルに次いで得意な分野やぞ~(^-^)v
というのも・・・
091027c1
数年前に、娘が誕生日のプレゼントにくれたのがこれ。
ばっちり、好みがわかってるやーん(^-^)
自分では買わないけど、貰ったら嬉しいってやつ?(笑)
091027c2
いろんな色が実際に印刷されていて、色で検索できるようになっている。
091027c3
愛読している、というわけでもないが、時々取り出しては読む、というより眺めていたので、色の名前にはけっこう詳しいのである(^-^)v
てなことで、代赭色、なんてのも楽々読めて、初級50問、中級50問、上級100問をチケット13枚でクリア!\(^o^)/

0910273rd
しかも今日の時点では、ジャンルが追加されたのがまだ知られていないせいか、なんと利用者100万人以上で3位入賞?w(゜o゜)w
もっとも、明日になればたぶんどーんと下位にさがるだろうけどね(^^;)

てなことでチケットも底をついてきたし、しばらくは連続部門にチャレンジしてみるかな。

ちゃんちゃん

2009年10月26日 (月)

再びの漢字アプリ(笑)

再び、某SNSの漢字アプリに嵌っている(笑)
10月15日にリニューアルされたそうで、私が気づいたのはたしか16日の夜。
前バージョンでは連続正解数のみだったが、今回はジャンル別に初級、中級、上級の勲章がもらえるとの事。
ただし、連続正解へのチャレンジは無制限だが、ジャンル別のチャレンジにはチケットが必要で、そのチケットは、ログインボーナスや、スコア更新、そしてマイ○クさんの招待成功により増やす事ができるそうな。
また、ここからリンクしてるところへの登録によっても得られるようで、商売?として成立させようという意欲も伺える(^^;)
しかし、有料サイトに登録してまでチャレンジするよりは、無料でどこまで遊ぶか?(笑)にこだわりつつ、10日ほどがんばってみた。
前回は約1週間でクリアできたのだが、今回はなかなか内容が練れている上、総問題数が現時点で連続が400問とジャンル別が(初級50問、中級50問、上級100問の計200問)×13ジャンルで2600問、つまり、3000問をクリアしなければならない。
しかも、ジャンル別の2600問は、チケット制になっており、初期のマイ○クさん招聘を入れても200枚ちょっとしかなく、毎日ログインするたびにもらえる数枚と、連続チャレンジのスコア更新でもらえる数枚だけが原資なので、なかなか思うようにいかない(ToT)
それでも、初級、中級についてはどのジャンルもそんなに難易度は高くないのと、30問クリアすれば次に進めるルールだから、取りこぼしつつもなんとかクリアし、毎日少しずつ上級にチャレンジしている。
問題は、連続チャレンジ部門だ。
75問あたりまでは楽々進めるようになったのだが、76問目以降に出てくるのがなんとも・・・
漢字界の魑魅魍魎というか(^^;)「魑魅魍魎」自体が可愛く思えるような強者揃い
091026hentaku1
たとえば↑の「貶謫」
「貶」は、毀誉褒貶の貶だからなんとか読めるが「謫」がさっぱり(>_<)
「適」とか「敵」の親戚みたいに見えて(笑)「てき」としか読めないのである。
で、「へんてき」であえなく×・・・(ToT)
しかも、読みがわかっても意味がよくわからないorz
で、手書き入力で音訓を調べ、さらに辞書で意味を調べてみると・・・
091026hentaku2
「貶竄」やったら読めとったのにぃ~!(笑)
改竄の竄やもんね。
つまり、これ、ほんとに特殊な字、なのであろう、うん。
でないとオレサマが読めないわけがない(。。 )\バキッ☆

なお、「謫」自体は、謫める(せめる)、謫める(とがめる)とも読めるようで、これは別にメモしておこう、また出るかもしれんしね(笑)

しかし、こういう風に一字ずつ調べる気になるあたりが、前バージョンの「当て字祭(笑)(←nekoumaさん命名)」が多かったのに比べ、漢字の世界を楽しめる部分が大きいのも確か。

他にも、「臥榻」で引っかかった時に調べてみたら、
「臥榻の側、他人の鼾睡を容れず。」なんて言葉も見つかって、寝床の横で他人の鼾は許さない、という意味から、自国の近隣に独立国を認めない。天下統一の意志があることのたとえ。ってのもわかり、まるで四書五経の世界に遊んでる気分?(笑)
もっとも、こいつの出典は十八史略やけどね(^^;)

また「傔る」とか「論う」とか「辱い」とか読めそうでなかなか読めない字も続出で、「かたよる」とか「さとしたまう」とか「くちぎたない」とか、15秒間で打ち込めるだけ打ち込んでは玉砕したりしている(笑)

ちなみに、当て字祭は当て字祭として、動物・住居・魚介類・食物・国内地名・歴史人物・美術工芸・身体・昆虫等・植物・歴史行事・海外地名・古典芸能と、13あるジャンルの内、海外地名で十二分に堪能もできる(笑)
それは、莫三鼻給とか香佐富斯坦とか沙地亜剌比亜とか巴布亜新几内亜なのだが(笑)
何となく読めてしまうのがおもしろい、ちなみに正解は順に、モザンビークカザフスタンサウジアラビアパプアニューギニア、である(笑)
さらに、国名の当て字祭だと思ってると、洒落で付けてるのもあるので注意が必要だ(笑)
例えば「剣橋」
けんきょう?けきょう?つるぎばし?ケハ・・・ス?・・・なんていう国なんかないよね・・・ロハス・・・は意味がちゃうしぃ・・・って、ケンブリッジかいーっ!orz
国名ちゃうやん・・・あ、海外「地名」か・・・orz

てなことで、一人パソコン画面にツッコみながら(笑)、今日の夜も更けていくのであった(笑)

ちゃんちゃん

2009年10月25日 (日)

法事のベロベ浪漫(。。 )\バキッ☆

本日は義父の五七日(三十五日・「小練忌(しょうれんき)」)
高野山では、通常七七日(四十九日(「大練忌(だいれんき)」)に満中陰として行う法事だが、義父の家の慣例では、五七日に行うそうだ。

親戚一同が集まり、お坊さんに読経していただき、墓へ参った後、会食。

しかし、いったい誰がこの「供養のシステム」を考案したのだろうか?
骨のぼりについて」でも書いたが、「死」を悼み、供養するシステムとして、悲しみを段階的に癒していくこのやり方は、誤解を恐れずに書くと非常に洗練されたものだと思う。
抹香臭い?
いや、それでも、七日毎に次の世(六道のいずれか)に生まれ変わるための追善を行う事は、故人よりもむしろ残された家族にとって、大変意義深いものだと思えるのである。

古来、人間は死んでから四十九日間は、この世とあの世の間(中陰)にとどまり、四十九日目に六道(天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄)のいずれかに生まれ変わるという。
ちなみに、この輪廻の輪から抜け出すと、もう生まれ変わる事はない。これがいわゆる解脱である。(輪廻の輪から脱出する、の意)
蛇足ながら、いつの世にも「仏陀の生まれ変わり」、とか自称する人がいるが、仏陀とは「解脱した者」であり、「生まれ変わらない」事が第一義であるため、根本的に間違ってると言えよう。
(まぁ、解釈の仕方でどうにでもなる事なのだが・・・)

そして、その四十九日の間、七日ごとに死者は生前の善行や悪行についての裁判を受ける事になる。
七日ごと、というのは、昔のインドの七進法が由来らしい。
五七日の裁判官が、一番有名?な「閻魔大王」
世界で一番最初に・・・死んだ人、である。
裁判なので、弁護士もちゃんといる、五七日だと、地蔵菩薩である。
ただし、閻魔大王と地蔵菩薩は同体ともされている。
このあたり、インドと中国と日本の宗教観が混ざって出来上がった観念だが、ある意味、非常に整合性がとれていると思うのだ。
ちなみに、初七日からの裁判官と弁護士は・・・
初七日(しょなのか)「初願忌(しょがんき)」
秦広王(しんこうおう)と 不動明王 

二七日(ふたなのか)「以芳忌(いほうき)」
初江王(しょこうおう)と釈迦如来   

三七日(みなのか)…「洒水忌(しゃすいき)」
宋帝王(そうていおう)と文殊菩薩   

四七日(よなのか)…「阿経忌(あぎょうき)」
五官王(ごかんおう)と普賢菩薩   

五七日(いつなのか)…「小練忌(しょうれんき)」
閻魔王(えんまおう)と地蔵菩薩   

六七日(むなのか)…「檀弘忌(だんこうき)」
変成王(へんじょうおう)と弥勒菩薩   

七七日(しちしちにち・なななのか)(四十九日、満中陰)「大練忌(だいれんき)」
泰山王(たいざんおう)と薬師如来   

となる、つまり十三仏と対応しているわけで、その後は、
百ヶ日が、平等王(びょうどうおう)と観音菩薩   
一周忌が、都市王(としおう)と勢至菩薩
三回忌が、五道転輪王(ごどうてんりんおう)と阿弥陀如来
七回忌が、蓮華王(れんげおう)と阿閦如来
十三回忌が、祇園王(ぎおんおう)と大日如来
三十三回忌が、法界王(ほうかいおう)と虚空蔵菩薩、
という組み合わせになる。

そして、送った側である遺族はその裁判において、故人ができるだけ良い世界に生まれ変われるよう応援する、つまり「これだけの善行を積み重ねましたのでなにとぞよろしく」と祈るわけで、これが「追善供養」の語源だ。

五七日の法事を終えると、やはりみな、ほっとした顔になる。
一段落、という言葉が浮かぶ。
『早いものやねぇ・・・』と口々につぶやく。
一つ一つが故人の供養であり、また、みなの心を癒す作業にもなっているのだ。

ちなみに、今日は最後までちゃんと記憶が残ってたから、ベロベ浪漫寸止め!の方が正解かも?(^^;)

そないいっつもヘロヘロにはなれへんわーい(^^;)
つーか、今日醜態を晒すようではもう、人間終わりやもんね・・・
これはね、同じく酒好きだった義父の供養とも言えるのである、うん・・・

お義父さん、ええとこへ行ってくださいね。

2009年10月24日 (土)

あるメッセージ

金曜日は某クラブの例会日、
あるメッセージが届き、回覧された。
スリランカのお坊さんで長く高野山で修行された方だ。
57才の誕生日をお迎えになったそうで、そのバースディカードを送って下さった。
日本、というより、欧米の習慣だと、バースディカードは本人に対し、周りが贈るものだが、スリランカでは違うようだ。
しかし、それも一つの文化だろうし、反射的に「なんでわざわざ自分の・・・」と思ってしまうのも、日本人たる私の持つ文化的価値観というものであろう。

さて、その内容は・・・
091023bd

なんてすばらしい!
スリランカの人と日本人である自分の文化的価値観がどうのこうのと思った事が恥ずかしくなった。

そして、心が少し軽くなった。

ありがとうございますm(_ _)m

2009年10月22日 (木)

亭長すまんm(_ _)m

091022kaneyama
今夜はたぶん、私の方がベロベ浪漫・・・(。。 )\バキッ☆

打ち合わせした事も・・・なーんも覚えてない・・・(。。 )\バキッ☆

さ、最低ぇ~!m(_ _)m

シンゴ君、ごちそうさまm(_ _)m

2009年10月21日 (水)

「相棒」ファンとして

今日は「相棒」シーズン8の2話目が放映された。

う~ん・・・

イマイチ・・・orz

先週の1話目は、前にも書いたが、2時間の拡大バージョンにありがちな、ふくらまし過ぎで、ちょっとスカスカ感があったのだが、まぁそれはいつもの事(^^;)
2話目に期待していたのだが・・・
おそらく、右京さんとミッチーが反目しあいつつもだんだん「相棒」になっていく・・・ってな導入部なのだろうが・・・
う~ん・・・

で、一緒に見ていたカミさんに聞いてみた。
「どう、これ、おもろかった?」
『全然!』(笑)

なんでやろねぇ・・・

以下、ネタバレがあります。

1話と2話、まぜこぜになると思うが、私なりに不満な点を書いてみよう。

まず、右京さんの若返りを図ったのか、ぴょんぴょん跳びはねたりするシーンが邪魔。
お茶目すぎるというか、若い頃の水谷豊のお調子者チックで、それはそれでおもしろいのだが、右京さんのイメージとはちょっと違う。
家宅侵入にしたって、理由はともかく、あまりにも直情的な行動で、薫ちゃんがやるのならまだしも、右京さんが率先してやったらあかんやろ。
及川ミッチーも、シーズン7の初登場時には、いずれ右京さんが引退した後、右京さんの役回りを継ぐ段取りか?ってな切れ者イメージだったのが、シーズン8ではただのAHOボンみたいな印象を与えるシーンが多すぎる。
1話ではピリっとした台詞もあったのに残念。
そして、2話目のトリックはまさに噴飯もの、
あれで死ぬ確率ってめっちゃ低いんちゃうのぉ?(笑)

もうちょっとこう何ちゅーか、お洒落な会話と機知に長けた推理ドラマの小品、って感じに仕上げてほしいんやけどねぇ・・・

制作側はマンネリ化を防ぎたいのだろうか?
水戸黄門チックに、偉大なるマンネリで通せばいいのに・・・

と、「相棒」ファンとして、期待してるがゆえの苦言を呈してみた。

3話目以降、二人が「相棒」らしさを発揮していく事を願って。

ひょっとしたら、「1話や2話見たくらいで、批判してすんませんでした、楽しく拝見しておりますぅ~」ってな展開になるかもしれんしね(^-^)

期待してます~

2009年10月20日 (火)

通信エラー(ウィルコム)

導入以来2年を経て・・・実はいまだに、アドエス(W-ZERO3)を使い続けている(^^;)
今や、PHS自体が風前の灯火?ウィルコムもどんどん客を減らしていると聞く・・・
しかも高野山には私の知る限り、ウィルコムのアンテナは役場の屋根と玉川通りの2ヵ所のみ。
つまり、私の日常においては、自宅か事務所でしか使わない(使えない)携帯なのである(笑)
以前は、わざわざ外付けのキーボードまで導入してメモ機として使っていたのだが、その役目はとっくにpomeraに譲っているし、GPSのアンテナで簡易ナビ~と喜んでいた事もあったが、今では携帯アプリで十分OKになっている。
この1年ばかり、いつ解約しようか・・・と思いながらも、時々は役にたつので手放せないでいたのだ。
ところが・・・
091020error
突然、今日の昼過ぎから、ネットも電話もOKなのに、メールの送受信だけができなくなってしまった(ToT)
ひょっとして、玉川通りに設置されているアンテナ側の不調かと思い、役場の近所まで行って試してみたが、そこでも×・・・orz
そんなに持ち歩くわけでもなく、端末側の故障とは思えないのだが・・・
てなことで、3時の一服に、ウィルコムサービスに電話をかけてみた。
        ・
        ・
        ・
・・・まぁ・・・覚悟はしていたが、電話をかけ、自動音声案内からサービス受付にたどり着き、そこで症状を話して担当のお姉さんと話をするまでに、たっぷり20分以上かかったorz

『お待たせしてすみません』
「いえいえ、覚悟はしてました、お宅らも大変でしょうね、忙しいというよりは、人員削減で対応しきれないんでしょ?」
『は、はい・・・』
なんだか可哀想になって(^^;)それ以上の嫌味は控え(^^;)症状を話して調査してもらった。
結果、高野山のアンテナに不調はないようで、やはり端末側の問題のようだ。

『修理は各ショップで受け付けております・・・その・・・2週間前後かかりますが・・・もちろん代替機はご用意させていただきます・・・ただし・・・その代替機がショップにあるかどうかは、直接問い合わせていただくことになっております』

「はいはい、わかりました、聞けば聞くほど、終わりが近い感じですねぇ・・・」(^^;)

てなことで、色々調べてくれたお姉さんに同情をこめて(^^;)丁寧にお礼を言い、電話を切った。

むぅ・・・
ドースル?
これをきっかけとして、解約コース?
いやしかし・・・
まぁ、アドエスでやりとりするメールってのは極小やし・・・

てなことで、しばし迷った後、プレミニコースを取る事にした(^^;)
早い話が、完全に壊れるか、サービス終了で使えなくなるまでは使い続ける・・・という事だ。

飽き性の私だが、時々、とんでもなく長い間持ち続けるモノに出会う。
今はもう充電器さえ無くしてしまったp504iもその一つ、机の引き出しに仕舞ってる(笑)
そして、プレミニ、これは一度引退させたのは復活したもので特に愛着がある、アナログ電波が消滅しても、携帯目覚ましとして使い続けるのだーっ(笑)
てなことで、アドエスも、そこの仲間入りをさせるか・・・

で、電話を切ってもう一度だけ試してみたら・・・
なんと、メールの送受信が復活したではないかいな~w(゜o゜)w
しかし、だいたい、3回に1回の成功率である(笑)
『ま、まだ何とか働けますねん、捨てんといて~』とアドエスが語りかけてくるような気もした(^^;)

よっしゃ、ほなもうちょっとつき合うてんか~(^-^)

LTとかGSも、こんな感じで行くような気がするなぁ・・・(笑)

ちゃんちゃん

※'09年11月16日 追記
上記の通信エラーにつきましては、その後、1週間程で回復しました。さらに、高野山在住で同一機種を使っている方(なんと珍しい(^^;))にもお話を伺う機会があり、その方も全く同じ症状が出ていたそうです。
つまり、アドエス本体の不調ではなく、基地局の不調(`へ´)
お姉さんに今さら文句を言うつもりもありませんが(笑)
ウィルコムの運用性及び将来性に疑問を持たざるをえませんねぇ・・・


ちゃんちゃん、のちゃんちゃん

 

2009年10月19日 (月)

御神輿(10月15日)

10月15日の夜のこと、
銀が待っているのは・・・

091015f1
青年団の御神輿のご一行~(^-^)
明日の秋祭りの前夜祭なのである。
あれ、あんた、巡行のお手伝いで毎年トラックの運転してるんちゃうの?って、
うちの家の通りまで運んできてから、トラックだけ先回りして、お迎えの準備をしたというわけ。
091015f2

てなことで、恒例の休憩タイム~(^-^)
このお接待、皆も楽しみにしていてくれるようだし、用意するうちのおかん(母)の励みにもなっている。ありがたい事であるm(_ _)m
091015f3_2
青年団の御神輿は、どこへでも乱入?できるよう(^^;)軽さが身上、てなことで、発泡スチロール製なのである(^-^)
年々の青年団メンバー減少に伴い、今年は3基あるうちの2基のみの出動となり、担いでくれてるのも8割方は高野山大学学友会のみなさんm(_ _)m
しかし、参加者は元気一杯!景気よく行きましょ~\(^o^)/
091015f4
で、何を勘違いしたのが、銀も元気一杯(笑)
この人にならイタズラしても、怒られないというシンゴ君を素早く見つけ、マウンティングの上押し倒して景気づけ~!(。。 )\バキッ☆
シンゴ君m(_ _)m
まぁ、祭やし、こらえたってちょーだい!(笑)
091015f5
てなことで、その後も町中を暴れまわr・・・いやその(^^;)、練り歩き~

・・・と、いかにも、はた迷惑な印象を受けるかもしれないが、やはり若い人達の熱気は町中におおむね(^^;)好評で、毎年、ちゃんとご祝儀を用意して待って下さる方が多い。
ありがたい事であるm(_ _)m
091015f6
で、kありがたい夜には、めでたい奴が付きもの(笑)
↑それがこいつ!
何、よくわからない?
では、ストロボをたいてみよう。
091015f7
何しろ、御輿が始まった時点で、すでにベロベ浪漫セカンド状態!(。。 )\バキッ☆
いくらゆっくり走っているからといって、走行中のトラックの窓しがみつきに来るか~?
「亭長!あぶないやろが~っ!だいたいおまえの役は交通整理やろ?運行の邪魔してどうするねん」
091015teityo
『あ、あのねぇ恵峯さん、あの看板の字ぃ、な、なんて書いてあるろぉ?』
こっちの注意は全然聞いてないし・・・orz
こうなるともうただの迷惑なおっさんである(`へ´)
ここで断言しよう、私のベロベ浪漫は、一人で盛岡にトリップしたり(^^;)、川に落っこちたり(ToT)するものの、これほど最低~っ!ではない!・・・はずだ(^^;)
それが証拠に、「俺と亭長と、どっちが最低?」と周りの人に聞くと、だいたいの人は、『今日は亭長さんの方が最低です!』と即答してくれるのだ、うん。
また、私は亭長さんを介抱した事があるが、彼は私を介抱した事はないはずで、それだけでもどっちが最低か容易にわかるというものだ、えっへん!
ん?五十歩百歩?(^^;)
違う違う~!あれはもともと戦場で百歩逃げた奴を五十歩逃げた奴が笑った事を例えに、孟子が魏の恵王を諭した故事によるものだが、戦場での五十歩と百歩は、その危険度において全然違うはずで、やっぱり私が五十歩で踏みとどまってるのに、亭長さんは百歩先までイっちゃう人なのであーる(笑)
       ・
       ・
       ・
091015f8
てなことで、大騒動のうちに御神輿巡行も無事お開き、
青少年センターにて打ち上げ~(^-^)

少ないながらも、高野の青年達は一所懸命やってくれてる(^-^)

で、ここは、奉燈行列の製作基地も兼ねているため、ちょっとふり返ると・・・
091015f9
今まで作製したその年ごとの御大師さんが・・・(^^;)
これは、見守ってくれてるわけ(^-^)
ちょっと怒ってるように見える像もあるけれど・・・
それはきっと亭長さんにだけ、でありましょう。

ちゃんちゃん

2009年10月18日 (日)

銀との会話

玄関先で、ゴリゴリとも、カリカリとも聞こえる音がする。
銀が何やら噛んでいるようだ。

「銀、何を噛んどるん?」

『これですわ、お父さん』

「はぁ?なんで小石なんか噛むねんな、ナイラボーンがあるやろ?」

『・・・ちびけた』

「またかいな!」

てなことで、銀はナイラボーン社のデンタルダイナソーのブロントザウルスがちびけて噛み応えがなくなったら、もう見向きもしないようになり、小石を噛み噛みアピールするのである。

『次のちょうだい~』と・・・(^^;)

これ、カミさんにも娘にもしない行為である。
つまり、私なら、牙が傷んだり、誤飲したりするのが心配になり、すぐさま新しいナイラボーンを用意するだろうという事を見抜いているとしか思えないのである・・・
おそらく、もし彼女たちにこの行為を見せたしたとしても、二人とも無視するだろうという事も学習しているのだろう(笑)
091018ginsone
てなことで、脅しに屈した私は、喜んで小石を飲み込んでしまわないよう注意しながら、ええと・・・11代目?になるナイラボーンを与えた。

と、今まで一所懸命噛み噛みしていた小石をペッと吐き出し、『これ、これ、これですがな~』とばかりにもう夢中。

「はいはい、おまえは、ホンマ賢いわなぁ~」と、多少ムカつきながら家に入った(笑)

これでは、銀との会話、ではなく、銀からの脅し、屈服、であるなぁ・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2009年10月17日 (土)

'09高野山学 第7講 と KCCN1周年記念

本日は高野山学 第7講 『四国八十八ヵ所ご本尊御詠歌の成立』
ご担当は高野山大学の下西 忠教授。
『もうね、私ね、大阪の生まれでね、気が短いんです、京都の祇園祭のゆっくりしたペースなんか我慢できません、やっぱりね、大阪の天神祭みたいに、シャッカシャカ進んでもらわんと気がすまんのですね』とおっしゃるくらいで(^^;)極めてスピーディかつユニークな名調子で、御詠歌についてのお話が進んでいく。

下西先生は、歌人西行に興味をもち、四国の遍路を重ねるうちに、第79番の天皇寺において、読まれている御詠歌の内容と本尊が一致しない事に気付き、調査を始めたのだそうだ。
やっぱり学者さんはお参りしてても視点が違うですなぁ。

ちなみに、天皇寺さんの御詠歌は、
十楽の うきよの中を 尋ねべし 天皇さえも さすらへぞある』なのだが、ご本尊は十一面観世音菩薩。

「十楽」は阿弥陀如来の極楽浄土で受ける十種の楽を示す言葉だから、観世音菩薩を本尊とするお寺の御詠歌としてはミスマッチではないか?というのが先生の説である。
そして、江戸時代初期に遍路の祖として知られた真念による『四国遍路道指南』を調べてみたところ、どうやら、初期は「十楽」ではなく「じやうらく」と表記されていたようなのだ。
つまりこれはもともと「常楽」の意味であり、「天皇さえもお参りしたところだ、常に楽しい浮き世としてありがたく参拝しなさいよ」という事ではないのか?
・・・と、これも先生の説である。

以下、第76番 金倉寺における、「金仏倉」が「神仏僧」に変換されたのではないかと考えられる説等、実例と写真で詳しく解説して下さったm(_ _)m
091017sangaku1

↑↓いずれも第76番 金倉寺についての解説画像
091017sangaku2
その他、御詠歌の成立やその意義、また、本居宣長が御詠歌をどのように捉えていたかどうか等の詳しい解説もあったのだが、ここでは割愛m(_ _)m
というのも、近々、その研究をまとめて出版されるとの事なので、ネタバレになってはいけないからである。
てなことで、書籍が出たらまたご報告させていただくのでお楽しみに(^-^)

さて、午後からは、同じ教室で、KCCN(高野山異文化交流ネットワーク)の設立1周年記念イベント。「高野山国際交流フォーラム」が開催された。
副題は「空を翔け 海を越え 心を繋ぐ文化の架け橋~世界遺産登録5周年を記念して~』と、ちゃんと、御大師さんの韻を踏んでいるのがしゃれている。
そしてテーマは・・・
『日本を飛び出したお坊さんと 日本に飛び込んだ外国人の話』
091017kccn1
兵庫県 大師寺のご住職で、元高野山真言宗ハワイ開教師の、中谷昌善師による基調講演の後、インドからはギリ・ガネーシュさん、中国からは楊春春さん、そしてラオスからは、ドゥアンピラー・プッタワンさんがそれぞれのお国の説明と日本との関わりを三者三様、達者な日本語で語って下さった。
091017kccn2
それぞれ私が印象的だった言葉は・・・

ギリさん(インド)
インドは南北も東西も3000km、砂漠から寒い土地まで全部ある。
大家族制のメリット、重要性。

楊さん(中国)
国と国との交流と身構えるとぎくしゃくする、私は人と人の交流をしたい。
インドの不空から中国の恵果へ、そして日本の空海と手渡された仏教の交流に見習いたい。

ドゥアンピラーさん(ラオス)
ラオスでも水質汚染が問題化していて、それを何とかするための研究を日本でやりたい。

今後、もう少し詳しくリポートするつもりだが・・・
いつになることやら・・・(^^;)

KCCNのみなさん、ありがとうございました~m(_ _)m

2009年10月16日 (金)

Club-RT四国ラリー その5 混み混み編

10月11日、午後2時過ぎ、炭水化物も十分補給し(^^;)帰路につく、
091011hw1
高速に入るといきなりデッカイるんた雲が出迎えてくれた(^-^)
どれのどのへんが「るんた」なのか、私にしかわからないかもしれないが、これはるんたなのである。
091011hw2
アフランシさんと私でUさんをサンドイッチし、走行車線を法的速度で走る。
なんておだやかなんだ~w(゜o゜)w
恥ずかしながら、こんなにゆったりと高速を走った事は今までなかったような気がする(。。 )\バキッ☆
たまにはこういうのもええもんやなぁ(笑)
なにしろ、前後に怯えなくていいという体験も初めて?(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)
のんびりゆったり走る分、いろんなるんた雲に会えたのが何より(^-^)
091011hw3
秋の空、幸せな時間が風とともに流れていく。
ボクはとてもシアワセだなぁ・・・と何度もつぶやいた。

091011s1
淡路のオアシスで小休憩、記念写真をバッチリと(笑)
ここまで来れば神戸はもうすぐ、Uさんも、多少余裕がでてきたようだ。
091011hw4
ただ、このあたりから、混み混みが始まった・・・(>_<)
停車禁止の明石海峡大橋だが、ほとんど停車状態でのろのろと進む・・・
40km/h以下だから、オートクルーズが働かず、かえって写真が撮りにくい。
091011hw5
でも、ちょこっとふり返ってみると、暮れかけた空にお日様が見送ってくれていた。
091011hw6
そして・・・
ああ、なんと美しい茜雲よ!
夕暮れのるん歩を思い出すなぁ・・・
091011kobe1
と、感傷にふけってる間に高速は超混み混みに、
連休最終日とはいえ、高速1000円の影響には違いない、
いつもなら、コレも全部、AHO共のセージ屋のせいじゃーっ!ヽ(`Д´)ノと、なるところだが、今日は不思議とおだやかだった。
きっと一日中、青空とるんた雲の下を走れたので、毒気が抜けたのだろう(笑)
てなことで、高速を降りてR43を東進する。
下道もけっこう混み混みだが、高速よりゆっくりタバコが吸えるぶん、まぁええか?(笑)
        ・
        ・
        ・
てなことで、Uさんのスカーバーを預けにシュロス神戸に寄ってから、再び湾岸線に乗ったのだが・・・「なんかもう高速は腹一杯」状態だったので、大浜からR310に降りた。
いつもなら、堺泉北線か、阪和高速で和歌山に入るところだが、今日はヒミツ基地に寄ってGSに乗り換えようと思っていたので、橋本までの距離優先にしたのだった。
091011kawatinagano1
↑相変わらず、携帯アプリナビは正常機能\(^o^)/
しかし、ちょっと気になったのが、到着予想時間。
わずか30kmあまりの道のりなのに、1時間半もかかるとは・・・???
いくら渋滞予想しているとはいえ、大げさなのでは?
091011kawatinagano2
と、思う間もなく、いきなり超混み混み~w(゜o゜)w
なんでや?
で、LTの巨体を苦もなく操りつつ(^^;)すり抜けして渋滞の先頭にたどり着いた私の目に飛び込んできたのは・・・
091011kawatinagano
交差点で掛け合いをする、だんじりだった・・・orz
ぐわぁ~w(゜o゜)w
今日やったんかいな~!
道理でここまで道が空いてるはずやーん(^^;)
それから、交差点ごとに掛け合いをするだんじりをいくつ見た事か・・・
091011kawatinagano3
ま、まぁええやんね、余所のお祭りをこんなにゆっくり(^^;)座って(シートにな!(笑))見られるなんてそうそうあるもんちゃうで~(笑)

てなことで、1時間半はかからなかったが、たっぷり1時間近く楽しんで(笑)秘密基地へと到着。

混み混み道路も、心一つでイライラせんと走れるのがわかって、満足まんぞ~(笑)

気温8度!{{{{(+_+)}}}}の高野山へ向かうのであった。

めでたしめでたし

2009年10月15日 (木)

Club-RT四国ラリー その4 うどん編

10月11日、スカーバーも何とか可動状態となり、アフランシさんオススメのうどん屋さんに向かう。
091011udon1
昨年11月にオープンしたという、今風?の外観。
091011udon2
讃岐うどんといえば、セルフサービス、が基本で、早い、安い、うまい、の極地なのだが、ここのオススメの天麩羅は、注文してから揚げてくれるので10分程度かかる。
うむ・・・ええ感じやーん(^-^)
というのも、私、ラーメンオンチ(世の中で一番旨いラーメンは、サッポロ一番みそラーメンだと思ってる(^^;))で蕎麦オンチ(これはもう・・・何がうまくて不味いのかよくわからない(^^;))、でもうどんだけは大好き!なのだが、一番好きなのはカミさんの作ってくれる「鍋焼きうどん」という・・・つまりは、讃岐うどん愛好家にとっては邪道?な奴なのである(^^;)
まぁこれは私の思い込みかもしれないが、やはり本場の讃岐うどんは「かけ」か「ぶっかけ」で麺のコシと楽しむもの、という刷り込みがあり、私のように、「ふたふたに炊いたうどんが好きなんですわぁ」なんて讃岐ではつぶやいただけで(。。 )\バキッ☆な気がしている(^^;)
まぁ寒い地の住人なので、やはりうどんは「あたたまるもの」という意識が強いのだろう。

てなことで、今日も「釜揚げ」系で行こうと思ったのだが、アフランシさんによると「とり天ざる」がイチオシとの事。
う~む、せっかく四国へ来たことやし、素うどん系を味わってみるか?揚げたての「とり天」にも興味津々やし~
091011udon4
てなことで、注文札とお盆とダシだけをもらい、水はセルフで席でできあがりを待つ事になった。
で、「かけ」系うどん初心者のお約束、ダシをお茶と錯覚して、がぶりと飲み込んだのは言うまでもない(笑)
ところが・・・このダシ、吹き出すどころか、そのままでも飲めるくらいすっきりしてたのである(笑)
かといって薄いわけではなく、コクもあるし旨味も十分、それでいて、強引にうどんに味付けしようというようなアクの濃さが無いのだ。ダシがこれなら、うどんにも期待できそうではないかいな~(^-^)
091011udon

てなことで、待つ事しばし・・・『1番さんどうぞ~』\(^o^)/
いよいよ、とり天、二玉バージョンを食すのだ。

まず、うどんだけを噛んでみた。
ここでいつも、「うどんのコシ」について考えてしまう。
私は前記したように、ふたふたに炊いた鍋焼きうどんのコシの無さ?がけっこう好き(^^;)なので、コシが強い=固い、という印象が湧き、麺自体の味より固さばかりが気になってしまうのである。
ところが、ここのうどんは、コシと弾力がほどよく調和していて、「なるほど、これがコシがあって弾力もあるっちゅー麺なんやね~」と納得できるものだった。
さて、いよいよ、さきほどのダシに漬けて啜ってみる。
おお!
喉が『さぁ、なるべく下品な音を出してズルズル~っと、吸い込みなさい』と要求してくるではないか(笑)
よっしゃ、ズルズル~っ
旨い~っ!
さらにズルズル~っ、も一つズルズル~っ!って、もう一玉いってもたわ~(笑)
で、ようやく、とり天にチャレンジ、
というのも、揚げたてはめっちゃ熱いと聞いていたので、猫舌の私としては少し警戒して冷ましていたのである(^^;)
がぶり、と食いつくと、うっひょぉ~ってな感じで肉汁が飛び出してきた。
厚めの衣が鶏肉の旨さを全部閉じ込めていたのが一気に解放された感じ~\(^o^)/

くぅ~!ビール飲みたい~(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)

てなことで、残る一玉は味わいつつ、とり天を主体に食べてみた。

旨いっす、マジ。

どうも今まで、讃岐なら「ぶっかけ」にこだわりすぎ、うどんのコシの調査みたいな食べ方をしていたから、こういう風に、のど越しで味わう食べ方をしていなかったのかもしれない。

てなことで、あっという間に完食!
う~ん、炭水化物万歳~(笑)

またぜひ行ってみたいお店がまた一つ、

めでたしめでたし

※ちなみに、営業時間は午前6時半~午後2時半なので、注意が必要です。

2009年10月14日 (水)

Club-RT四国ラリー その3 ハプニング編(^^;)

10月11日、午後12時過ぎ、五色台ロードの終点でハプニングは起きた(^^;)
そこは下り坂の終点であり、さらに左方向に向かって大きく傾斜した交差点でもあった。
信号は赤、先行するアフランシさんに続いて、Uさんが停車、私も右後方に停車しようとしたのだが・・・
Uさんが私の方を向き、何というか・・・ほほえみと悲しみが混じったような、泣き笑いが凍り付いたような表情で、徐々に視界から遠ざかっていったのである(^^;)

私は一瞬、五色台ロードを走りきった満足感を表しているのかと思ったのだが、Uさんの顔が左側に向かって遠ざかりはじめた時になって、これはひょっとして左側が傾斜しているため、脚が接地しないのでは?と気づいた。
と、その時にはすでにUさんの顔の位置にUさんの右足が~!w(゜o゜)w
つ、つかんでええんか、これ?
車体はすでに手が届かない位置まで傾いていた。
しかし、ここでUさんの右足だけをつかむと、Uさんは顔面から左側に倒れ込む事になりはしないか?
また、私も引っ張られた場合、LTでUさんとスカーバーを押し倒してしまう恐れもある。
そして、いくら左に傾斜しているとはいえ、奈落の底ではあるまいし、ある程度の傾きで止まるのではないか?

・・・という期待もむなしく、Uさんはそのまま左へ車体ごと倒れてしまったのであった・・・
この間、約2秒くらい?

いわゆる「立ちゴケ」である。
で、私は上記のようなAHOな事を考えつつも、自分のLTを停車させ、下り坂で勝手に前進しないようミッションを1速に入れてスタンドを出して降車した。
こういう時にあわてると、自分の単車までコカすはめになるのは、ものすご~く昔に経験して学んでいる(^^;)

さて・・・
立ち上がったUさんに怪我はなさそうだったのが幸い、
「さぁ、自分で起こす練習をしましょう」と言い放った。(。。 )\バキッ☆
いやその・・・実はUさん、免許歴は長いのだが、頻繁に乗るタイプではなく、ツーの経験もあまりないという事だったので、この時とばかり、練習してもらおうと思ったのだ(^^;)

で、なんとか起こしたスカーバー、この手の単車の立ちゴケ時のお約束通り、シフトペダルがひん曲がってしまっていた。
もう一つのお約束、クラッチレバーは幸いにして擦り傷だけですんだ。
そしてタンク、これまたコケた場合は自らのハンドルで凹んでしまう宿命を負っているものだが、スカーバーの場合、最初から凹んでいる(そういう形状)ので支障無し(笑)

てなことで、シフトペダルだけ何とかすればええやーん、となったわけである。
       ・
       ・
       ・
091011pedal

で、↑がアフランシさん曰く「ちょっとした旅の思ひ出」(笑)
しかし、実はなかなか苦労したのだった。

ひん曲がったシフトペダルは、「鉄製なら戻るんですけど、これ、ダイキャストなので、すでにひび割れしてます、戻そうとしたら折れます、いや、折りますよ、でないと代替品を着けられませんからね」と、宣告しつつ、私がもぎ取った(^^;)
そして、この場合の応急修理の定番である、今やただの棒と化したシフトペダルのロッドに、くの字状の「何か」を固定する作業に入った。

実は、この時、私の脳裏には、昨年のモー連協。ツーで、折れたチェンジレバーの応急修理に成功した記憶がよぎり、楽勝モードだったのである。
しかし・・・

大きめの六角レンチ・・・×!orz
ドライバーの柄と六角レンチを組み合わせたもの・・・×!orz
プラグの脱着用具とスパナと六角レンチを組み合わせたもの・・・×!orz
スカーバーのシフトロッドの断面が 】【 ←こんな形状なもんで、
六角レンチ等を固定しようにも、】【○ ←こういう状況になり、
シフトアップ、あるいはシフトダウンの力を加えると空回りしてしまうのである・・・
ううむ困った。
曲がってひび割れてたとはいえ、足の甲を外側からあてがえばなんとか操作できたペダルをへし折った私としては、何とかしないと申し訳がたたないのだ。
しかし、大汗をかきつつ取り組むもイマイチ固定できない(ToT)
そこで、違う人が違う視点で取り組めば何とか道も開けるのではないかと、アフランシさんに選手交代。
・・・おお!さすがはアフランシさん、何故か洗濯物を吊すU字型のハンガーのフックを持ってらして(って、何でそんなもんを?w(゜o゜)w 実は休憩中などにヘルメットを吊すために使ってらしたそうな、ちなみに、固定に使ったケーブルタイ(通称・カリカリ)もアフランシさん持参、さすが!)
それを 】【- 状に取り付ける事に成功!
シフトロッドの所々に孔が空いていたのが幸いだったのである。
ただ、それだけではまだ半固定状態でぐらぐらし、Uさんの帰る神戸までは保ちそうになかった。
そこでまた私と選手交代、空回りしないよう、小さめの六角レンチをハンガーフックの下に潜り込ませ、ケーブルタイで締めつけてみた。
つまり記号で説明すると 】【÷ (←÷の上の点は無いものとして考えてちょーだい(^^;))

すると・・・今までぐらぐらしていたハンガーフックが見事に固定されたではないかいな~\(^o^)/

そして・・・ここからが、ゴッドハンド(笑)
高野ねぶたで鍛えた針金細工の見せ所~!
Cocolog_oekaki_2009_10_14_16_31
↑初めてお絵かきツールを使ってみた(^^;)

つまり、U字型でそのままでは足に近すぎ、操作しづらかったハンガーフックを、ゴッドハンド(笑)でねじ曲げて整形したのである。

『今、何かが生まれましたね』とアフランシさんがつぶやいてくれた(笑)出来映えは、その後、神戸までの200Kmを難なく乗り切り、修理に預けに行ったシュロス神戸のマイスターをして、『直さんでも、このまま乗っといたらええやーん(笑)』と言わしめたくらいの耐久性を示したのであった(笑)

めでたしめでたし(笑)

しかしやっぱり、備えあれば何とやら、アフランシさんのおかげです~m(_ _)m
そして、難航する作業に『置いて帰りたい』と一時は弱気になったものの(^^;)神戸までがんばったUさん、えらいえらい~!

これぞツーの醍醐味?(^-^)

ちゃんちゃん

2009年10月13日 (火)

Club-RT四国ラリー その2 ラリー当日編

10月11日(日)、昨日にもまして快晴~!\(^o^)/
午前8時半、足取りも軽く駐車場に向かう。
夕べはセーブしたからベロベ浪漫にも変身はちょっとしかしなかったはず・・・?
きっと顰蹙も、数人にしか買ってないはz・・・(。。 )\バキッ☆
いやもう・・・ごく一部の方、すんませーんm(_ _)m
        ・
        ・
        ・
091011sky2
で、舞台はいきなり、今年度の会場、五色台へ、
今回、走行中の画像が少ないのだが、それは慌てて出発したからいつもの防水&耐ショック&首からぶら下げてるから万が一でも落とせへんでぇ~!な、FT-01、を忘れてきたからである(。。 )\バキッ☆
とりあえずLX3は持ってきたものの、こいつにはハンドストラップしか付けてないので、走行中に撮影するのはちと怖い(^^;)
ハンドストラップを手首にかければいけるか?と思って試してみたのだが、ジャストサイズゆえ、片手では抜けなくなるというお粗末なのだったorz(抜くのに、両手離しして一苦労(笑))
091011rt2gosikidai
五色台は、何度かピーマンさんに連れてきてもらった所だ。しかし、いつも寒い時期で、雲が厚い事が多く、今日みたいに遥かに瀬戸大橋を眺められるような景色は初体験だった。
なんとも気持ちのよい風も吹いている。きっとこれはピーマンさんのプレゼントだ(^-^)
以下、ラリーの様子はClub-RTのマスター、tadamiさんがアルバムをUPしてくれたので紹介しておく。
091011master
↑マスター、ピーマンさんの愛車にまたがりご機嫌!
毎回の大量撮影&編集作業、ありがとうございます~m(_ _)m
↓てなことで私も何枚か・・・
091011rt3janken
↑これは、恒例、ジャンケン大会。
メンバー各自が様々な賞品を提供してくれ、大盛り上がり。
(私?カメラ忘れるくらいやから、当然忘れt・・・(。。 )\バキッ☆ )
ちなみに、賞品の大トリ、一番人気はやっぱり、食道園さんの「特上ロースセット」でした(^-^)
091011rt4samugarisan
あっという間に2時間が過ぎ、集まったメンバーはまた三々五々散っていく。
一抹の寂しさと、それ以上の爽やかさが五色台を吹き抜ける。

サプライズで登場してくれたさむがりさんともお話ができたのが一番の思い出(^-^)
いつかまた、どこかで会いましょう!

091011rt6road

そして・・・

五色台の快感ロードを走り抜けるのであった\(^o^)/

う~ん、気持ちええ~!
てなことで、この後すぐ起こるハプニングは全く全然ちっとも予想できず~(笑)

つづく

2009年10月12日 (月)

Club-RT四国ラリー その1 前夜祭編

10月10日、支払日ではあるが、午後から出発。

Club-RTの四国ラリーへ向かう。
毎年、日本のどこかで集まろう、という企画で、それまでの全国大会方式がラリー形式になって今年で4回目。
そして、今回の四国ラリー(香川)は、先月急逝されたピーマンさんが段取りしてくれたラリーでもある。
だからこそ、ぜひとも参加したかったのだ。
091010lt1
出発できたのは午後2時前(^^;)遅刻モードだが、葛城IC前のコンビニで昼食兼飲料を買う。
店を出ると真っ青な空に雲がもくもくと(^-^)
今日もるんたと走れるのだ。
       ・
       ・
       ・
で、一所懸命走った(^^;)
今晩は宴だけの予定だから、遅れて紛れ込めばいいわけだが、ある予感があり、なるべく早く着きたかったのである。
坂出までの行程は、それこそピーマンさんの秘密基地へのお馴染みの道。
連休初日の土曜日で、渋滞もそこかしこであったが、何とかクリア。
おのれETC」のおかげで、一般の料金所の方が空いてたりして、差額料金を利権や共に気持ちよ~く「恵んで」やりつつ進んだ(笑)
091010lt2
坂出からは、最近お馴染みの電話アプリによるナビにおまかせ(^-^)
今日はちゃんと電源も用意したので、宿泊先まですいすい。
何しろ久しぶりのツーで、超ご機嫌(笑)
いつもなら、こんなに順調だと、しっぺ返しがどこかで来るんちゃうの?と不安も起きるのだが(^^;)今日はそんな事考える間もなくホテルへ到着~
そして・・・
091010rt1
予感は当たった(^-^)

ピーマンさんの奥様と娘さん、そして息子の「ししとう」君が宴に参加してくれてたのだ。
こちらとしてはかける言葉もない状態でまずはお悔やみを申し上げたのだが、奥様からは『賑やかな事が好きだった人ですから、どうぞ湿っぽくならず楽しんで下さい』と逆に励ましのお言葉までいただいたm(_ _)m

集ったメンバーの多くが、ピーマンさんの秘密基地へ訪れ、この同じお店に連れてきてもらっているわけだ。
私もその中の一人として、思い出話に話を咲かせた。

ピーマンさん、あなたの撒いた種がこんなに大きく育ち、みんなの笑顔の元になってます。

ありがとうございます。

そして・・・
091010mariage1
こんな方もいた(^-^)
何?わけがわからない?
左手の薬指のリングを光らせながら、本日、入籍してきた証拠画像を見せてくれてるのであーる(^-^)
(一応、個人情報保護の観点からボカしてます)
「ほんまぁ?奥さん来てないの?」
『実はコレなもんで・・・(^^;)』と、おめでたのジェスチャー(笑)
091010marage
てなことで、記念にリングに刻まれた記念日確認~
おぉ~ホンマや~w(゜o゜)w

さて、いろんな人の人生が交錯する宴はあくまで和やかだった。
このあたたかい人の輪を咲かせた、Club-RT、最高~!

私も参加できた幸運に感謝~!

2009年10月11日 (日)

モー連協。の皆様へ

スマソm(__)m

2009年10月 8日 (木)

いよいよ畜産広場へ・・・

8日の午後10時過ぎ・・・
ついに畑のレベルが畜産広場への条件であるレベル10に達した。
つーか、待望のカラタネオガタマの開花時期がやってきて収穫したものの経験値が20ちょっと足りなかったので、マイ○クさんに虫を入れてもらい(^^;) 本来は3匹で1.5ポイントしか増えないところを、日頃鍛えた(笑)ゴッドハンドクリック~!で2ポイントずつ稼ぎ(成功率4割程度(^^;))さらに足りない分はビーチハウス(20ポイント)まで買い込んで(笑)無理矢理経験値をクリアしたのであった。
091008lv10
さぁ、いざ行かん、未知の畜産広場へ~!

で、ここから先は超ネタバレ&読まない方がマシかも?(^^;)なので、物好きな人だけ「続き」をどうぞ~(^^;)

続きを読む "いよいよ畜産広場へ・・・" »

2009年10月 7日 (水)

野良犬がやって来た(^^;) その2

やっとの思いでゲットした「野良犬」だったが・・・(^^;)
こいつ、とんでもない事をしでかすのであった・・・orz
091007nora2
この畑、作物が順調に増量して実ると50個になる。
で、しばらくは放置しておき、友人達が採りに来て40数個になったら収穫するのがおそらくこのゲームの「マナー」だと思われる。

というのも、このアプリの掲示板などを見ると、「虫入れ友達」を募集するトピックなども乱立しており、見知らぬ者同士が入れ合いに励み、いざ、お裾分けにあずかろうと思ってたら、その「虫入れ友達」が、1時間収穫を早める「肥料」を投入し、さっさと収穫してしまい、そろそろと思って行ってみたらすでに次の作物の双葉状態だったりして『裏切られた!』と怒りとともに書き込んでる人が大勢いるのである(笑)
いや、笑っちゃ失礼か・・・(^^;)
でもね、こういっちゃなんだけど、元々が「利」だけを求めて募集したお集まり。そんな事はこのゲームのルール上、お約束~!として「やられた~(笑)」程度で済ませておかないと精神衛生上、ええことないんちゃいまっか~(^^;)
ちなみに私は、「虫入れ友達」を募集するほどの熱意もないし、知らない人と情報を公開し合うのもなんだかなぁ・・・なので、野次馬に徹する事にして(笑)時々、件の掲示板を見ては、「人間の業」みたいなものに感心している次第なのだ(^^;)

てなことで、上記したように、収穫時期を厳密に計算したり、友人の収穫時期を見張ったりする根気が無い私は、きわめて行き当たりばったりに、仕事の合間を縫って畑に行く事にしている。
ちょうど、9月末から10月月初にかけて、事務作業が多かったので、頻繁に畑に行けたのは幸いだった(^-^)
で、たまたまタイミングよくお裾分けにあずかれたらラッキー\(^o^)/
また、お礼の虫入れに励む、を繰り返していたのだ。

ところが・・・
↑画像で赤線を引いた部分に注目。
この野良犬、一宿一飯の恩義でも感じているのか(^^;)収穫に来た人を「噛む」らしいorz
そしてそれどころか・・・
091007nora3
あろうことか、その人からコインまで奪うのだそうだw(゜o゜)w
そして・・・そのコインは、私のものになるらしい・・・(^^;)
ひぇ~{{{{(+_+)}}}}
これって、他人のものはいただくけど、自分のものは採らせない上に、来た人から泥棒するという、非常にイヤぁ~なヤツになってしまうではないかいな~(。。 )\バキッ☆
こんなルールを考えつくって、やっぱり・・・てな事を書くと国際紛争の元だから書かない(^^;)
楽しませていただいてます~m(_ _)m ・・・と書いておこう(^^;)

てなことで・・・みなさんごめんなさいm(_ _)m
そんなつもりはなかったんです、
どこにもそんな説明書いてないしぃ~(>_<)
ただ、チラっと見た「野良犬」のカラーリング、茶色のとこを白に変えると、銀にちょっと似てたもんで、欲しかっただけなんですぅ~m(_ _)m

ちなみに↑の画像は、被害に遭った友人が送ってくれたもの、スマソm(_ _)m

で、あわてて、「マイボイス」という通知機能で友人達に「皆様、私は犬のいる間、皆様の収穫は致しませんm(_ _)m」というメッセージを出した。
人に採らせない(恐れがある)のに、自分がのこのことお裾分けにあずかれないのは当然ではないか。

ところが・・・
幸いにも、『気にしません』『無傷でいただきました』『スリリングで楽しいです』等、励ましのメッセージをいただき・・・m(_ _)m
091008nora
↑けっこう噛まれつつも収穫していただいているようなのである(^-^)

てなことで、お言葉に甘え、お裾分け収穫を再開させていただく事にしt・・・(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)
こうなったら早く畜産牧場へ行きたいんじゃ~(^^;)

というのも、現在、またサーバーが重くなってきてて、さらに、10月1日~8日間は中国の連休らしく、アプリ作者が不在のまま進行しているので、連休明けの9日以降、また、ルールが変わり、畜産牧場へ行けるレベルが上げられる可能性も考えられるので、なるべく早く畑のレベルを10にしたいのであーる(^^;)

091006norainu2
ちなみに、時々寝てるのにも出くわすのだが、この時はちょっとかわいい(^^;)

てなことで、この犬、10月6日から30日間滞在するようなので、みなさん、どうぞ気をつけて楽しんでくださいね~m(_ _)m

ちゃんちゃん

2009年10月 6日 (火)

野良犬がやって来た(^^;) その1

うちの牧場に野良犬がやって来た。
といっても、ゲームの中の話。
091006norainu1
これ、最近ハマっている方も多いと思うが(^^;)某SNSのアプリで「サ○シャイ○牧場」という。
私がこのアプリを始めたのは、たしか9月の半ば過ぎくらい?
作物を育て、レベルアップしていく、という単純なゲームだが、開発者が中国の人らしく、生活文化の違いがそこかしこに表れててなかなか興味深い(^^;)
(ついでに妙な日本語の言い回しもそこかしこに出てきてこれもまた一興)
レベルアップには、作物の成熟→売却、による売上高とそれに伴う経験値のUPが必要なのだが、同じアプリを使っている友人の作物に水をやったり、発生した虫を退治したりする事でも経験値が上がるしくみになっている。
この「虫」の役目がちょっと変わっていて、友人の作物に虫を入れると、作物の増殖率が一匹あたり5%程度減るのだが、退治すると12%UP、つまり差し引き7%増えるわけである。
ゲームを始めた当初は、この仕組みがわからず(って、解説読めよ!(。。 )\バキッ☆ )
虫は単なる妨害工作だと思っていた(笑)
てなことで、作物をより多く(初期レベルを除いて最大2倍)収穫するためには「虫」が必須条件であり、友人同士が「虫の入れ合い」をする必要があるだ。
てなことで、このSNS内では、「虫入れだけの友人」が大発生している(笑)
ただし、虫は一日150匹(当初は100匹だったが、多くのクレームにより増量された(笑))以上投入できないので、あまり友人が増えても全部には供給できない。
で、友人の作物は1種1個に限り、頂戴もできる事になっている。
・・・なんというか・・・友人の畑に害虫を放り込むわ、出来た作物はパクっちゃうわ・・・という、文字だけにすると身も蓋もないゲームなのである(笑)
しかしこれがなかなかハマるとおもしろい。
特に、畑のレベルが10になると、次のステージである「畜産広場」へ行って、鶏なども飼育できるようになるという。
私は6日現在、レベル9なので、畜産広場を見た事がないのだが、ここのルールも誤解を恐れる事なく書くと「いかにも中国チック」なものであるらしく、卵を産まなくなった廃鶏は○○するという、非常にリアルなものらしい(^^;)

※なお、以上の表記は、中国に対する偏見に基づくものではなく、あくまで農業や畜産がリアルに描かれているという点においてのものです。

実はこのゲーム、始めた当初はレベル6で畜産広場に行ける設定だったのだ。
ところが、大ブームが巻き起こったせいか、サーバーダウンが頻発(今でも、朝の9時とか、夕方5時半前後、そして午後10以降くらいはめちゃめちゃ重い、特に朝が重いのには驚くw(゜o゜)w みんな会社のパソコンで何しとるねん!・・・って俺もか(。。 )\バキッ☆ )したせいか、いきなりレベル15でないと畜産広場に行けなくなってしまったのである。
で、レベル15というのは、その時点での畑の最高値であり、事実上、畜産広場凍結!処置だったわけで、これまた非難囂々(笑)
それを受けて作者が畑のレベル上限を25まで上げるとともに、レベル10から畜産広場に行けるようにしたのが、9月の末ちょっと前くらい?だった。(しばらく離れてたので記憶があやふや(^^;))

というのも、私、もうすぐレベル6で夢の(笑)畜産広場へ~と思ってた矢先に、レベル15の措置に遇い、「ふん!こんなKUSOゲー、二度とやるもんか~」と、いったんは放棄し(でも削除はしなかった(笑))そのまま通夜・葬儀進行で、同じゲームをしてる友人から大きく遅れをとってしまったのだ。
いや別に、誰かと競ってるというわけでもないのだが・・・(^^;)
で、9月の末に久しぶりにやってみたところ、レベルアップは大変だが、以前よりは整合性のあるゲームなってたので、またハマったわけ(笑)

特に、↑の青楕円で囲んだ「友達招待で賞品を貰う」の中の「野良犬」が、なんとしても欲すぃ~(^^;)
てなことで、遥かに遠い畜産広場を目指すよりも、とにかく「犬」のゲットに力を注いだのであった(笑)
てなことで、犬をゲットするための条件、「このアプリに10人を誘い込む」を、友人達の多大なるご協力のおかげさまでm(_ _)mなんとかクリアしたのが本日というわけ。
さて・・・
ゲットしてみたものの、この野良犬がどんなヤツなのか、まるで知らなかったため、冷や汗をかくことになった。

つづく




2009年10月 5日 (月)

銀の近況

通夜・葬儀で不在の間、銀は無駄吠えもなく、ちゃんと留守番できたようだ。
朝晩二回のフードは、申し訳ないが総裁さんにお願いしたm(_ _)m
この場にて、あらためて感謝!m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

フードの件は私の両親に頼もうかとも思ったのだが、お湯でふやかしてから食べ頃になるのに10分ほどかかるので、母はともかく短気な父はその時間を待つとは思えず、固いまま与えてしまうだろうし、第一、ちょうどいい「ぬるま湯」の温度を説明するのがめんどっちぃ(^^;)
フードの成分を壊さぬよう熱湯では駄目だし、ふやかしている間に冷め切るくらいぬるいと(極めて人間的解釈だが(^^;))食べにくかろうと思うのである。
その点、母なら「ぬるま湯」の温度は心得てくれるだろうが、きっと普段は禁じている「おやつ」も、この時とばかりに与えるに違いないので、後が怖い。(ゲリピー一直線だ)
その点、総裁さんならまかせて安心、様子もメールで送ってくれたので非常に安心だったm(_ _)m
090925mail
↑ちなみにUNKのサイズは尺貫表示(笑)
しかしその方が、お互い理解しやすいのである(笑)

で、葬儀から1週間くらいして総裁さんと銀がご対面する機会があった。
「銀よ、犬は三日飼われたら恩を忘れん、言うんやで、ちゃんとお礼言うとき」と総裁さんに挨拶させたら、『へっへ、へっへ』と舌を出しつつまとわりついた。
で、総裁さんも機嫌よく、『銀、オスワリ』と声をかけたのだが・・・

・・・無視!(笑)
機嫌良くまとわりつくのだが、コマンドには従おうとしない。
そういえば最近、オスワリをさせてなかった、ううむ・・・
で、私が「銀、オスワリ」と言ってみたら・・・
スパッと座った(笑)
えらいえらい~(^-^)
『あ、何かムカつくぅ~』と総裁さん(笑)
「もぉいっぺん、やってみて」と私、
『銀、オスワリ!おまえエサやったったの忘れたんか?オスワリッ!』
・・・全然無視~(笑)
私、飼い主冥利に尽きながら、
「おすわりぃ~」とささやいてみた(笑)
スパッと座る~\(^o^)/
えらいえらい~(笑)
てなことで、総裁さんには気の毒だが、こいつはやっぱり人を見てるわ(^^;)
              ・
              ・
              ・
で、昨日の事、銀ぶらしてたら、カミさんが『あれ?銀の後ろ足、赤いよ』
見てみると、右後ろ足のかかと?のあたりが、赤く腫れているではないかw(゜o゜)w
で、もっとよく観察しようと久しぶりに「バーン!」とコマンド。

これ、「手をあげろ」でちんちんし、「バーン!」で倒れる(^^;)という芸を仕込もうとしたものの、ちんちんを教える前に、銀のCHD(股関節形成不全)が判明し、後ろ足に負担がかからぬよう、ちんちんを仕込むのを中止した名残で、「バーン!」は先に覚えたのでそのまま使っている。要するに「ヘソ出し(仰向け)に寝転ぶ」コマンドなのだ。
・・・ところが・・・
反応無し!orz
「忘れたんかいな~?」
そういえば、帰宅した時など勝手にヘソ出しして迎えてくれるので(笑)長い間使ってないコマンドでもあった。
仕方がないので、胴体を抱き横にしながら「バーン!やんか、銀」というと、そのまま素直にひっくり返った。
右の後ろ足である、ひねらぬよう慎重に観察してみたが、やはり外傷っぽい感じ。
濡れているのは自分で舐めたからだろうか?
てなことで、しばらく様子を見て、腫れがひどくなるようなら病院へ、となった。
そして今日、
経過を見てみようと、「バーン!」と声をかけてみると・・・
091005gin1
こいつやっぱり賢いわ~w(゜o゜)w
ひっくり返ってから、さらに右の後ろ足を私に向かって持ち上げたのであーる!
『どうぞお父さん診てちょうだい』って感じ?
091005gin2
で、診てみたら、昨日よりは腫れがひいており、やはり外傷だったようだ。
ああ、よかった~(^。^)
しかしまだ油断はできない、たしか、るんたもこんな感じで赤く腫れた後、治りかけたと思ったら自分で舐めすぎたのか再び腫れ上がり、抗生物質を飲ませた覚えがあるからだ。

もう少し様子をみてみよう。
元気は元気なので、心配はしてないのだが・・・

ちゃんちゃん

2009年10月 4日 (日)

死者に鞭打つ

091004news
義父の「供養」が一段落し、久しぶりにのんびりした日曜と思っていたら、朝からナカガワ氏死亡のニュースが携帯ニュースで配信され、驚いた。

例の「もうろう会見」の時「コメントしにくいが・・・」で、

>くれぐれも、おやっさんみたいな最期にならぬよう、願っている。

と、書いた事が図らずも現実化してしまったわけで、元大臣を評するにはいささか失礼かもしれないが、人として、哀れでならない。

確か断酒宣言をしていたはずだが、アルコールと眠剤併用が大きな原因である事には間違いないだろう。
あるいは自殺なのかもしれないが・・・
しかし、死因はおそらく、おやっさんの時同様、あやふやなまま、時だけが過ぎていくのだろうなぁ・・・
これが政治家の末路の一つとするならば、なんと無残な事だろう。

だが、同情はできない。

「死者に鞭打つ」事になっても、これだけは書いておきたい。

国益を損なったまま、死によった。と・・・

これが、一般人なら、理由は何にせよ、心からの哀悼を捧げる。
だが、ナカガワ氏は「国会議員」なのだ、

国会議員は、国民に対し、生殺与奪の権を持っているわけで、負うべき責務も恐ろしく重い。
およそ、政治の道を志すならば、たとえその道半ばにしても、死を遂げるのは覚悟の上だろう、また、そうでなければ政治などという修羅の道を選んではならないはずだ。
だが、今回の死はあまりに中途半端であり、政治家としての死ではなく、一個の・・・書きすぎかもしれないが、志破れたおっさんの末路としても、惨めすぎるではないか。
重ねて言う、これが一般人の死なら、
「おっちゃん、辛かったんやろなぁ」と身につまされて慟哭するところなのだ。

権利は国会議員として行使し、人としては一般人並に弱音を吐く。
それでは、つとままるはずがない。
だからこその「もうろう会見」みたいな個人のだらしなさで国益を損なうという取り返しのつかない事態を招いてしまったのだろう。
死んだ時は落選していて議員ではなかった、などというのは詭弁にしかならない。
過熱したマスコミ報道に追い込まれた、という点はあるだろうが、政権にいた時は、マスコミを利用もしていたのだから、今さら何を・・・としか言えない。

どんどん鞭打つ、とことん鞭打つ、
いつもなら、酒飲みは擁護の対象なのだが、ナカガワ氏の場合、酒が死に直結した分、世間に対する「酒」への誤解を助長した点でも罪は重い。

嗚呼、書いててだんだん腹がたってきた。
なぜか怒りがこみ上げてくるのである。

と、翌日、ある国会議員のニュースレターが届いた。

転載する。

「鶴翔ニュース170」

中川昭一氏がなくなりました。中川さんといえば私がある法案の推進役として会議を進めていたときに、反対の意見をとうとうと述べる姿が印象的でした。私はその会議で司会役でしたから、中川さんが質問だけされて途中退席されるのをみて、ご意見に対する反対意見を聞いてから退席されたらどうですか?と、くってかかったことを覚えています。後で彼がその私の差配が生意気だと憤ってると聞いて、大学の先輩であり能力のある方でしたから、その時は意見より態度にひそかに反発したものでした。
しかし、彼の生前の生活は毎日睡眠薬だと聞いて、少し切ない気が。私もよく眠剤にはお世話になりますが、今のところ自分でも驚くほど元気なため、いつか心の糸が切れるのかしらと自らを点検している最中です。
政治家に必要な要件として、図太さをいうひとがいますが、一方で痛みのわからない人にはつとまりません。突然の訃報に接し、様々な経験を積み、御期待に応えねばと改めて感慨を覚えた次第です。先輩のご冥福をお祈りします。
つるほようすけ

■ご意見ご感想、不要な方などはコチラまで
wakayama@tsuruho.com
(※太線は恵峯が加工)

これは、参議院議員 鶴保庸介氏が不定期に発行しているニュースレターである。

氏の意見を読み、特に太線にしたところは私の胸を打った。

と、ここまで書いたが、どうも考えがまとまらない、

つづく

と、書いたが、他の所へ書くとわけがわからなくなるので、続けて書く。

おそらく気の弱い人だったのだろう。
おやっさんの非業の死のせいで、進みたくなかった政治の世界に入らされたのかもしれない。
同情すべき点は多々ある。
しかしそれにしても、惜しい、惜しすぎる。
歯に衣着せぬ物言いは有名だったが、もっともっと喧嘩すればよかったのに・・・

鶴保氏のメッセージもよくわかる。
氏には、ぜひ、図太いけど、人の心の痛みがわかる政治家として活躍してほしい。

ナカガワ氏には、かける言葉がもうないが、
他山の石として、他の政治家にはより強い覚悟を迫り、
セージ屋共には、自らも迎える可能性のある未来の警鐘と捉えるべきだ。

嗚呼やっぱり、考えがまとまらない・・・
いったん、ここで筆を置き、また、考えることにする。

ここまで、残された家族の悲憤は無視して書いて来た。

一人の夫、一人の親としてのナカガワ氏に、
ご冥福を祈ります。

2009年10月 3日 (土)

「骨のぼり」について その7 奥の院

9月26日 「骨のぼり」について その7 奥の院

お寺への納骨も無事済み、奥の院へお礼に向かう。
御供所(ごくしょ)で義父と義父の家の「水塔婆」を書いていただく。
まさに流れる如くの達筆でさらさらと・・・
090926bones8
ちなみに一枚200円也、これはやはり安い、と思う。

ついでにうちの分も・・・(。。 )\バキッ☆ ってな不埒な考えさえ浮かぶ値段だ。
いや、値段ではなく、気持ちを捧げるのだから、たとえ百枚、千枚、捧げたとしても、「安いの」だの「高い」のだの思っていると何にもならないのだろう(^^;)

てなことで、一行のうち、一番スレてない?(^^;)
息子にまず水を向けてもらおう。
090926bones9
後で画像を見て、ひょろりと細い子だと思ってたのが、けっこうゴツくなってるのに気づいてw(゜o゜)w
ヨット部で、日々鍛えているそうだ(^-^)
090926bones92
違う角度からもう一枚撮ったら、偶然、水玉がまさに水塔婆に降り注ぐ所が撮れていた。

水向け地蔵さんは、手向けられた水塔婆に互いに浄水を掛け合い、供養し合うものだと思っている。
私も「オンカカカビサンマエイソワカ」と唱えつつ、余所様の水塔婆に浄水を注がせていただいた。
       ・
       ・
       ・
そして、御廟へ、
090301okunoin
「御廟橋」(みみょうのはし)から先は特に浄域とされており、写真撮影は禁止。
↑の画像も今年の3月に、あくまで「整備工事の完成写真」として撮らせていただいたものだ(^^;)
燈籠堂で燈明料を奉献してから、御廟にお参り。

いつもは、「精進いたします、どうかお見守り下さい」と念ずるのだが、今日は「どうか義父をよろしくお願い申し上げます」と、変な言い回ししか思いつかない(^^;)
まぁ・・・気持ちの問題やし、きっと、弔いたい、供養したいという原初的な感情は伝わってるはずだと思う事にし(。。 )\バキッ☆ 御廟の境内に祀られている白髭さんにも、丹生・狩場の両明神にも塀越しに神妙に拝礼した。

義兄や息子がどう感じているのか、聞いてみたい気もしたが、それは詮無い事。
三者三様、静かに奥の院を後にしたのであった。

てなことで、その後は福形大日堂・千住院店へ戻り、前記した手彫りの高野位牌の仕上がりに驚嘆しつつ、下山の途についた。

以上、私の「骨のぼり」体験記である。

作法の間違いがあるかもしれないが、それはどうかご寛容願いたい。

今まで、「骨のぼり」について、その歴史や制度は知ってるつもりだったが、肝心の「なぜ、それをするのか、何百年も続いてきたのか」が全然わかってなかった事を今回思い知った。
高野山は、住人より、霊位が多いマチ、
守護霊とかの話になると、私はよく「そんなもん、高野へ来てみ、人口四千ちょっとで、墓が50万やで、一人当たり百人以上憑いてくれとるねん」などと、軽口を叩いていたのだが(。。 )\バキッ☆
その霊位一つに捧げられた何十倍、何百倍もの人々の菩提心に思いが至っていなかったのだ。
一人の死者に対し、こんなにも多くの人がその死を悼み、そして永遠とも思える未来までの供養を御大師さんに託す行為が「骨のぼり」なのである。

お寺に納骨し、奥の院へ参った時、無上の安心感というものを得た。
これまた変な言い回しだが「お義父さん、もう、これで大丈夫ですよ」みたいな・・・(^^;)
もちろんこれ、高野山に納骨したからそれで供養は終了、という意味ではない、だがしかし、例えは悪いが、大きな保険に加入したような気分というか・・・義父が過去帳に入ったように、私もまた、ネパールで生まれ、インドの哲学と中国の先祖崇拝で育った仏教が、日本でその結実を見た「弔うという事」の大きな輪の中に、入れたような心持ちだったのである。

南無大師遍照金剛

2009年10月 2日 (金)

「骨のぼり」について その6 納骨

9月26日 「骨のぼり」について その6 納骨

さて、位牌屋さんを後に、いよいよ「骨のぼり」の本番、お寺への納骨となった。
義父の家の納骨先は惠光院さん、という事に、まず深いご縁を感じる。
というのもこのお寺、自宅から歩いて3分、小さい頃から境内を走り回って遊ばせてもらっていたし、現住職の上綱さんは私の兄の同級生という事もあり、日頃から懇意にしていただき、公私共々ご指導いただいているのだm(_ _)m
また、ここはマルが生まれたお寺であり、マルのお母さんのチロちゃんがいた時は、度々るん歩もさせてもらっていた所で、現在は銀が時々お邪魔しているという、誠に馴染み深いお寺でもある。
しかも、ここの本堂は平成三年に弊社で新築建立させていただいたものなのだ。
義母からしても、次女の嫁ぎ先に近い、という事だけでも安心していたところに、とてもご縁が深いと上記のような話をしたら、ますます安堵したようだった。
「死」によって隔てられた此岸と彼岸がどれほど離れているものなのかはわからない、しかし、供養する側の心は、やはり現実的な距離感、そして親近感によって、その距離を大きくも小さくも感じるものだといういう事を、今回しみじみと実感したわけである。
また、今まで特にそういう話題がのぼる事はなかったわけで、義父の死を悼みつつ、いろいろな話をお互いに交わす事で、家族の絆も深まるような気もした。
090926bones5

自分のところで手掛けさせていただいて、誉めるのも何だか恐縮だが(^^;)弊社はいわば入れ物を作らせていただいただけ、それを日々欠かさぬ勤行により、入堂するだけで心が清まるような場に昇華せしめたのは、これひとえにお寺側の精進によるものだ。
その荘厳なる本堂で、上綱さん自ら導師をお勤め下さり、院家さんと学僧さんが脇を固めて重厚に響く声明は、まさに浄土の体験。
正座が苦手な私だが、この時だけは1時間、脚も崩さず座り通せて痺れもなかった。(不思議!)

そして・・・
失礼ながら今までは一種の「名簿」、みたいにしか思っていなかった「過去帳」が、どれほど大きな意味を持つかという事も実感した。
↑画像、本堂での読経の間、焼香台の前に、義父の家の霊位の頁(あえて漢字で書く)が広げられているのが過去帳。
090926bones7_2
供養が終わってから、家で待つ家族にも見せてやりたいとお願いして撮影させてもらった過去帳。
ご先祖様の戒名までブログに載せるのは、さすがに憚られるのでぼかしてあるm(_ _)m

これは、他人が見ればやはり「名簿」に過ぎないだろう。
そういう意味で、私が今まで過去帳に抱いていたイメージをご寛容願いたいm(_ _)m
(自分ちの過去帳は・・・見た事ないし・・・(。。 )\バキッ☆ )
たが、今、まさに、ここに義父の戒名を載せていただいたばかりの家族の一人として、この過去帳は、義父がご先祖様に迎え入れていただいた証なのである。
「お義父さん、一人で旅立つわけちゃうんやなぁ」と息子に言う私がいた。
今、惠光院さんの過去帳に載せていただいた義父は、お寺にて十分な回向を受け、やがて奥の院へ行く。そこで五十六億七千万年を御大師さんと一緒にすごさせていただき、弥勒菩薩の兜率天へと進むのだろう、あるいは、惠光院さんの本尊さんである阿弥陀如来の導きにより、西方浄土で修行するのかもしれない。
ご先祖さんと一緒に、

そしてそれは、いつか私も行く道であり、祀られる寺院や過去帳が違っても、うちのご先祖さんと一緒に、きっと迎えて下さるのだろう。と素直に思えた。
もちろん、ナル、トト、ハク、そしてるんたも・・・
(銀も、と書いておきたいところだが、あいつの方が私より長生きする可能性もあるし、こちらが迎えに来る事になるかも?・・・(^^;))

過去帳は、自分が一人で生まれ、生き、そして一人で死ぬのではないという事を教えてくれる。
誰もが、父母あってこそ、この世に生を受けるのだ。
そしてその父母にもそれぞれの父母達が・・・
今年の6月に小学生を対象に高野山の説明を依頼された時、どのように切り出せばいいか迷った末に『みんな、千二百年前と今と、どれくらい違うか想像してみて・・・みんなが着てる服とか靴なんかその頃は無かったし、車も飛行機もなかった、食べてたもんも今とは全然違うんよ、そやけどね、みんなのお父さんのお母さんのおじいちゃんのおばあちゃんの・・・ご先祖さんがおったのは確かなんやで、みんなずっとつながってるんやで』と言った自分の台詞を思い出した。

「骨のぼり」とそれに付随する供養料は、各寺院、ひいては高野山を支える最も大事な収入源である。しかし、核家族化、信仰心の希薄化等により伝統の継承が見られなくなりつつある現在、骨のぼりの件数は激減を続けており、高野山の存続にも関わる問題となっている。
・・・というのが、今までの私の「骨のぼり」に対する感想だった。
つまり、制度的な面と現実的な経緯でしか見ていなかったのだ。
誠に恥ずかしい限りである。

「骨のぼり」は、確実にそして想像以上に義父の死を癒してくれた。

信仰心、という点では、私は誠に罰当たりな男だ。
しかし、そんな私でさえ、連綿と続く歴史を今もなおそこかしこに残した高野山と、死者と生者の区別なく「祈る」事を続けてきてくれた「お寺」に救われたのである。

ありがとうございますm(_ _)m

そして、今度は奥の院へもお礼に向かうのであった。

つづく

2009年10月 1日 (木)

快哉!

久々に快哉を叫びたくなるニュースである。

鞆の浦 埋め立て中止を命じる
歴史的な港の景観で知られる、広島県の「鞆の浦」の一部を埋め立てて橋を架ける計画について、広島地方裁判所は「鞆の浦の景観は国民の財産で、工事のあと 復元するのは不可能だ」として、広島県に埋め立ての中止を命じました。景観の保護を理由に公共事業の中止を命じた判決は全国で初めてです。
(10月1日 11時27分)NHKニュースより


2年前の3月にモー連協。の研修ツーで現地を視察した時の事は「鞆の浦の問題」で載せたが、この時はどちらかと言えば、埋め立て強行寸前、という状況だった。
それから2年半たって、ひっくり返ったのは、強行派の知事の次期出馬断念や、ポニョ効果、そして、やはり民主党政権になった、という事も影響していると思うが、何よりも、20年以上に及ぶ、景観保護派の地道な努力の成果だと思う。
前出の「鞆の浦の問題」にも書いた事だが、

松居さん達「反対派」の人々は、ただただ反対するだけではなく、
「山側に通過用トンネルを、」という代替案
を提案している。
地に足がついた活動なのである。地に足がついた活動なのである。

お見事!

「骨のぼり」について その5 高野位牌

9月26日 「骨のぼり」について その5 高野位牌

高野山に着いたら、まず位牌屋さんに行く。
これが「骨のぼり」の基本である。
まずは位牌屋さんで位牌を注文し、戒名や命日等を告げた後、菩提寺、もしくは奥の院へ納骨している間に位牌が彫り上がるので、帰りに出来上がった位牌を受け取る。
というのが一連の流れなのだ。
むろん、位牌は別に誂え、各菩提寺、あるいは奥の院へ直行、というのも有りである。
しかし・・・
と、ここで一つ、声を大にして、つーか、文字を大にして書きたい事がある(^^;)

高野豆腐、はおそらく誰でも知っているだろう。
高野槙、も、3年前に「お印」として選ばれてから一気に有名になった。
だが・・・
高野位牌を知るものは最近特に少ないのだ・・・(ToT)
これについては、以前、高野目薬とともに紹介させていただいたものから引用すると・・・

56億7千万年後に降臨する弥勒菩薩をお大師さんと一緒に待ち続けるため、高野山へ分骨する「骨のぼり(骨のぼせ)」という全国的な習慣のもと、以前は、位牌は高野山で作るもの、だったのである。しかし、今や、わざわざ高野山へ分骨する人も少なくなり、(というか、核家族化が進んだ結果、そういう習慣そのものが受け継がれなくなっている)高野位牌は、まさに風前の灯火・・・

しかし、どっこい、その風前の灯火(^^;)は、実は誠に頼りがいがあり、ありがたいものだという事を今回実感する事になった。
090926bones4
↑ちなみにこれが、今回、お世話になった福形大日堂・千住院店さんでのお茶湯の様子。
まぁ、総裁さんの店、と書いた方がわかりやすいかな?(^^;)
これは別に馴れ合い、というわけではなく、菩提寺が惠光院さんというお寺なので、そこの出入りである総裁さんにお願いするのが「筋」なわけ。

お店に入るやいなや「お茶湯持てこぉい、抹香くすべぇ~」と、声をかけた私は、もちろん米朝師匠の地獄八景ファン(。。 )\バキッ☆

さて、親戚に『とにかく、高野山へ骨のぼりしてこい』と教えられ、事情を知らずに訪れると、たまに困った事が起こる。(^^;)
戒名をひかえてくるのを忘れた、というのは論外だが(^^;)肝心なのは、位牌の形と大きさ、なのだ。
通常、位牌は、儒教の影響もあり、墓石や塔婆などと同じく、先祖や親のものより大きくしないものだ。
で、位牌屋さんとしては、型はともかく(様々な型があるが、聞き取りでだいたい確定できる)、大きさを気にするわけなのだが、往々にして、大きさ(高さ)を尋ねられても答えられない人が多いのである(^^;)
(普通、位牌の大きさなんか測らないもんね・・・)
090923ihai
てなことで↑(^^;)
実はこれ、23日に、葬儀の段取りを決めた時、写メールを総裁さんに送った時の画像。
高野で位牌を誂えるという事が決定したので、ご先祖様には失礼ながら、間違いがないよう、撮らせていただいたのである。
もちろん、大きさも計らせていただいた。といっても詳しく計る必要はなく、高さ八寸、字面(札丈)が五寸と伝えただけ。
驚くべき事に、このピンぼけ画像だけで、総裁さんからは『残念ながら、この型は今はありません、現在はほぼ同型で、高欄が透かし彫りになってます』との返信が来たのだった。
ちなみに左側が昭和32年に没した義父の祖父、右側が昭和61年に没した義父の父のものであり、どちらも同型だが、平成になってから、より豪華に見えるよう高欄が透かし彫りにバージョンアップしたのだという(^^;)
高野位牌は今も進化を続けているという事なのだ。

さて、義父の祖父、父とも同型で高さも同じだったので、選択の苦労はなかった、まったく同じで高欄だけが透かし彫りになってるのをお願いした。

あと一つ、選ぶ必要がある。
戒名その他を、「機械彫り」してもらうか?はたまた「手彫り」してもらうか?である。
機械彫りはルーターで、手彫りは文字通り彫刻刀で彫る。という単純なものではない。
ここからは少し、企業秘密的な話になるのだが・・・(^^;)
実は、機械彫りと手彫りでは、位牌そのものが違うのである。
これは、仕上がりの見栄えから来るもので、機械彫りの場合、位牌表面に施された漆の厚みを越えては彫らず、やや浅めに仕上げるのだが、手彫りの場合は漆の下の生地まで深く鋭く彫り込むのである。
どちらも薬研彫りだが、機械彫りはやや鈍角、手彫りは鋭角になる。
そのため、機械彫りの対象となる位牌の漆はやや分厚く塗られているという。これ、決して、手彫り用の位牌の漆は薄い、という意味ではない。
また、手彫り用の位牌は生地も堅めの特製仕上げとなっている・・・らしい。
論より証拠、私が迷わず選んだ手彫りの仕上がりを載せておく。
090926ihai1
↑お性根を入れてもらう前の撮影なので、どうぞお許し下さいお義父さん(^^;)

いかがだろう?
画像ではわかりにくいかもしれないが、文字が浮き上がっているように見えないだろうか?
これこそが手彫りの特徴なのである。
もちろん、機械彫りは駄目、という事ではない、私は、総裁さんに彫ってもらいたかった、という事なのだ(^-^)
ちなみに、位牌の彫り代は、一文字いくら、である。
さらに、平成21年現在の価格を載せて(もええんやろか?(^^;))おくと、機械彫りが一文字120円、手彫りが・・・150円である。
その差はたった(と、この場合は書いていいだろう)30円w(゜o゜)w・・・義父の位牌は全部で33文字だったので、機械彫りだと彫り賃が3960円のところへ、990円を上乗せするだけで、こんなに見事に仕上げて貰えたのだ。
実は私、この30円という差額を以前から知っており、総裁さんに「これこそウデの見せ所やろ、倍くらい貰てもええんちゃうのぉ?」と言った事もあるのだが(^^;)今回は位牌自体も値引きしていただいたので大変ありがたかったm(_ _)m

さて、この位牌、骨のぼりから帰って、皆に見せたところ、機械彫りとか手彫りとかは知らないままに、一同が非常に感心してくれ、私も面目を施した(^-^)
特に、カミさんが一目見て、『何か・・・音・・・そう、音が聞こえそう』と言ったのには驚いた。
実は手彫りの場合、堅い漆を貫いて生地まで一刀で達しなければいけないので、彫る際に非常に大きな音が出るものなのである。

ここでもう一度、大きな文字で書いておきたい。

高野位牌、と、うちのカミさん(^^;)、恐るべし!

そして、高野位牌と骨のぼりのありがたさについては・・・
さらに、つづく

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ