サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

時代の最先端・・・(^^;)

別の探し物をしてたら出てきた・・・ええとこれは・・・ボーダフォン?J-フォン?(^^;)

確か海外で使える携帯の出始めの機種だったはず、
そのかわり・・・国内では使えないという代物(笑)
091130m1

何でそんなものがうちにあるかというと・・・10年以上前から断続的に、師匠のお供で東南アジアの聖地巡礼の旅シリーズというのがあり、まだ王政と共産党が共存していた頃のネパールを始めとして、ミャンマー、タイ、ベトナム、中国等に訪れていた時の名残なのである。
といっても、実はこの携帯、自分で使った事は無い(笑)
確か私が携帯を使い出したのが1990年、NTTのあれ、そう、モアイの塔みたいにデッカいヤツ(笑)確か電池だけで現行の携帯の3倍くらいあったのでは ないか?(^^;)で、そんなにデカい電池でも、使用できる時間より充電時間の方が長いという、今となっては考えられない仕様だった。
それでも、それまでの連絡法法、すなわち用事があれば留守電に入れてもらい、こちらは頻繁に留守電をチェックするという、おそらく現在の40代~50代の方なら『あぁそんな事をしてたねぇ』と懐かしがってくれるだろう方法に比べ、出先で即時通話が出来るという驚異的な進歩だったのである。
ポケベルは?と思われる方は都会のヒトだ(笑)
高野山ではついに使用できる環境が構築されないまま、ポケベルの歴史自体が閉じたのである(^^;)
ちなみに、高野山で携帯電話が使えるようになったのも、ここ10年ほどで、東南アジア聖地巡礼の旅が始まった頃と合致しており、せっかく日常的に携帯が通じるようになったのに、旅に出るとまったく連絡がとれないという状態。
それまでは特に不便に感じていなかったのだが、なまじ高野山でも使える状態になった事で、当時、海外で(だけ)使える携帯というのに飛びついたのである(笑)
ところが・・・
せっかくゲットしたものの、私の行く海外は、モトローラ社の想像も及ばぬ僻地が多くorz 結局、この携帯を使った事のある人は、たしか総裁さんのお父上がオランダかどこかに行くというので、「大将、よかったらこれ使てみてぇ~」と、お貸しした一回のみ(笑)
てなことで、この携帯には、ちゃんとマジックで電話番号を書いてあげた(笑)
う~ん、なんて親切な仕様~
091130m2_2
で・・・いつかこれを自分で使う時も来るであろうと思い、維持費が月400円ちょっという安さも手伝って、ずるずると契約を解除しないまま来てしまったのだが、そのうち行方不明になっt・・・(。。 )\バキッ☆
まぁドコモでも海外で使えるようになったので不便はないのだが、毎月、料金を知らせるハガキが届く度に、「はよ解約せんとなぁ~」とは思ったりもしたのだが、会社がソフトバンクに代わったので、おそらくけっこう貯まっているはずの継続のポイントが最大限の価値を発揮するまでは・・・とスケベ根性も手伝い、そのままにしていたというお粗末(。。 )\バキッ☆

あわれ、数年前の「時代の最先端」である。(と、ここでやっとタイトルの謎判明(笑))

そして、縁とはおもしろいもので、この携帯が発見された今日、偶然にも、iphone3GS使いさんに出会い、実物を見せてもらえたりして、今、ハゲシク悩んでいるのだ(笑)
というのも、その後ネットでも調べてみたら、この、いわゆる「第2世代携帯」は来年の3月でサービスが終了、契約も自動的に解除されるという。
そして・・・ほんとに偶然ながら、背中を押すようなキャンペーンも展開中との事(笑)

この際、電波が次第に弱くなってきているアドエスから乗り換えようか?
はたまた、ドコモ一本に統合するか?

昔なら多少はウキウキしながら悩んだものだが、今回はそうでもない。
それはもちろん、自分自身が「時代の最先端」に、とっくについていけなくなっているからであーる(^^;)

ちゃんちゃん

2009年11月29日 (日)

白黒の犬と猿達

日曜日・・・だが、仕事だ~!
木曜日と土曜日に大阪へ行った分も、働くべし~!
と、それを邪魔するかのように現れた猿2匹!(笑)
091129saru1
単車をわざと離して停めるあたりに、お互いの心の距離感が表れているような気が・・・(笑)
「この寒い中、よぉ来たなぁ~」と感心する私。
『えぇ~暑いくらいですよ~』と二匹、
ううう、いつの間にか軟弱になってしまった自分がナサケナイ(ToT)
この二匹が走っているというのに・・・orz
げ、月末でさえなかったらな~!
と、負け惜しみを思い浮かべつつ、せめて龍珍王の弱点を晒しておこう(笑)
091129saru2
なんやこれは~{{{{(+_+)}}}}
端っこが残ってる上に、油分が浮いて滑るやんけ~!
わっ、このタイヤ、ひび割れてるしぃ~!
よぉこんなんで路面温度の低い道を走ってこれるもんやな~!

うっひっひぃ~
今日のブログネタはこれに決定~(笑)

ちなみにその後、龍珍王が『BRUちゃん、見せて下さい~』と懇願するので、車庫へ行って撮ったのが↓
091129saru3
BRUちゃんではそんなに無茶はしてないけど、それでもこれが通常のタイヤの減り方っちゅうもんやど~!
わかったか~龍珍王~!(笑)

てなことで、身体の配色が白黒で馴染みやすかったらしく(笑)車庫まで付いてきた銀がフィギアマンさんに歓迎のマウンティング(笑)
091129saru4
「銀は行儀がええから、滅多にマウンティングせぇへんのやで~ だいたい特殊なフェロモンを出してるヤツだけが対象やな~」
『だ、誰ですのん?』
「わっはっは~、亭長とシンゴ」
『恥や~、あんなんと一緒なんて恥や~』
※↑ここでの「あんなん」は、主に亭長さんを指すと思われます(笑)

てなことで、その間、龍珍王があんまりしげしげとBRUちゃんを眺め回すもんで、減ったらあかんから早々にお帰り願った次第(笑)

しかし二人とも、よぉ来てくれたね~(^-^)
寒風の中、ヘラヘラ笑いながら走ってた事を思い出したわ~(笑)

俺もいくど~
・・・仕事片付けてからね、(^^;)

ちゃんちゃん

2009年11月28日 (土)

同窓会

午後のひととき、みいちゃんにみっちり三線のご教授をいただいてから、(みいちゃん先生、ありがとうございました~m(_ _)m)またもや難波へ~
夕刻から中学校の同窓会なのだ。
091128alumni1
場所が大阪なのは、その方が集まりやすいから&息抜き?を兼ねて(笑)
午後5時開始なので、難波4時半着の電車に乗ったのだが、高野山在住の同級生が一人も乗ってないw(゜o゜)w
途中まで車、と想定し、林間田園都市駅で誰か乗ってくるかな~と思ってたけどここでも0!
ひょっとして・・・
時間を間違えてる?(^^;)
それとも・・・
日にちを間違えt・・・(。。 )\バキッ☆
いやいや、そんなはずはない、うん、なにしろ幹事さんから頼まれて、同窓会のHPへ告知したのは誰あろう私ではないか(^^;)
出発する時に、場所もちゃんと確かめたはず。
なんでや~!
・・・で、幹事さんに電話してみたら、みんなもっと早くから来て、映画見たり、買い物なんかしてたとの事。
そうやったんか~!
そんな発想が全然浮かばず、ましてや時間のやりくりもできない私って・・・orz
いやいや、今日は、三線のすんばらしい、それこそ「勘所」をいっぱい教えてもらったのだから、楽しみが二倍の日って事やーん!
と、いつもなら「ああ、俺ってやっぱりダメなヤツ・・・」と落ち込むところだが、今日は久しぶりに同級生に会える楽しみで立ち直りが早い(笑)
いそいそと会場へ向かったのであった。
        ・
        ・
        ・
で、↑の画像のごとく、和気藹々の宴会~\(^o^)/
思い出話に花が咲いた。

既に鬼籍に入った同級生もどこかで眺めているに違いない。
        ・
        ・
        ・
モーレツに感動したのが↓の画像。
091128alumni2
昔の写真を何枚か持参してくれたのを見せてもらってると・・・
な、なんと!
自分では持っておらず(持ってたのかもしれないが、当然、そんなものをちゃんと取っておくはずがない(。。 )\バキッ☆ )初めて見る(ひょっとしたら見た事があるのかもしれないが、当然、そんなものをちゃんと覚えているはずがn・・・(。。 )\バキッ☆ )過去の私がそこにいた。

小学校の3年生か4年生だろうか、提げている水筒はずいぶん長い間使っていたから、その形にはおぼろげながら記憶があるが、背景が蜜柑畑?というのが・・・これは高野山の光景ではないから、九度山あたりへ遠足に行ったのだろうか?
それにしても、なんて屈託のない笑顔!w(゜o゜)w
40年近く前、私はこんなにあどけない笑顔を持つ少年だったのだー!(笑)

う~ん、心洗われるなぁ~(笑)

写真を持ってきてくれたMちゃん、ありがと~m(_ _)m
しかしなんで、自分が写ってない写真を持ってるのかが不思議だ(笑)
まぁそんな事はおいとこう、今はただ懐かしい思い出に浸るのだ~(^-^)

ちなみに、後列の右端が私である。
         ・
         ・
         ・
091128alumni3
昔の写真で爆笑モノだったのが彼、
高野山中学校29期生の永久幹事を押しつけられているストレスのせいか(^^;)その・・・ずいぶん・・・(^^;)
で、これまたMちゃんが持ってきてくれた高校時代のリーゼント姿に大感動~!
『昔は、こんなにふさふさしてたんや~!』(笑)
で、記念に一枚。
        ・
        ・
        ・
091128alumni4
で、2次会、
『終電まで楽しくおれるとこ、どっか知らん?』と言われたので、例のマジックバー、カードシャークさんに案内したのだ。

ここで、『何ぃ?恵峯さんが道案内ぃ?』と、不審に思われる方もいるだろう(笑)

ちなみに、↑画像、決して、退屈だから頬杖をついているわけではない(^^;)
あまりの不思議さに女性軍が見とれている所なのであーる。(^-^)v
091128alumni5
てなことで林間田園都市への終電に間に合うよう午後10時半解散。
ご機嫌なので、グリコの兄ちゃんもいつもより微笑んでるように見えるぜ~(笑)
ちなみに、今日はベロベ浪漫には変身していない。
ウルトラセーブして呑んでたからだ(^^;)
なぜ?
女子が怖いかr・・・(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
確か前回の同窓会では変身してしまい、しばらく謹慎した覚えが・・・(。。 )\バキッ☆
だからして今日はその轍を踏まぬようセーブしたというか、呑まなくても会話で十分楽しかったからである。
何?セーブした割にはかなり酔うとったよ~って?
そ、そんな事はありませーん、
ホントに変身してたら、とてもあんなもんではすんでまs・・・(。。 )\バキッ☆
       ・
       ・
       ・
そして、駅まで戻ってきてから、さらに橋本市内で3次会(笑)
遅くまで開いてるスナックに、夜食を出前してもらうよう段取りしておいたのである。
ね、酔うてないでしょ~(^^;)
ま、電車の中からR君に電話して段取りしてもらっただけなのだが(。。 )\バキッ☆
R君、おおきに、助かりました~m(_ _)m
さて、後は乗せて帰ってもらうだけ~
改めて変身?
いやいや、今日は最後まで記憶を保つのだ~(笑)
てなことで、変身してません。
091128alumni6
↑わざわざ撮ったこの画像がその証拠~!
何これ?
ふっふっふ・・・
これこそが、今年の1月にはまった川なのであーる(。。 )\バキッ☆
ね、
ちゃんと写真を撮りつつ、今回ははまらなかった、
酔うてないでしょ~
え?
『わざわざそんな写真を撮るって、十分酔うてる証拠やん!』て?

えらいすんませ~んm(_ _)m

ちゃんちゃん

同級生のみなさん、楽しい時間をありがと~m(_ _)m

めでたしめでたし

2009年11月27日 (金)

大阪堪能 その2

11月26日のつづき・・・

さて、大阪観光と言えば・・・(^^;)
091126os2
↑近畿圏の人ならこの緞帳でわかるはず(笑)
そう・・・
091126os3_3 
NGK(なんばグランド花月)で、吉本づくし~なのだ!(笑)

実は私、ここに入るの初めて(^^;)
昔の「なんば花月」はちょいちょい通ってたのだが、NGKになってからは足が遠のいたのである。
笑いの傾向として、松竹の方が好きという事もあるが、何よりの原因は「年齢」だろう(^^;)
吉本のギャグって、30代~40代くらいの時が、一番理解し難いのではと個人的には思っている。
しかし、来年は50になる私、もうぼちぼち、理解できるようになってきたのではないだろうか?(^^;)
てなことで、超久しぶりに3時間ぶっ通しのよしもとギャグにチャレンジだ~!(^^;)
         ・
         ・
         ・
あえなく撃沈・・・orz
やはり私はまだ若すぎたようだ(^^;)
プログラムさえ配布しないしみったれぶり。
(↑の画像は入り口に一枚だけ掲示されてたのを撮影したもの)
詰め込めるだけ詰め込んだれ~というのが丸わかりの狭い席。
劇場内に充満する、たこ焼きの匂い。
いかにも、よしもとらしいケチぶりに圧倒された上、若手のギャグはすべりがち、小枝の客イヂリの小話は相変わらずのつまらなさ、仁鶴師匠の小話集だけは安心して聞けたものの、やはり15分は物足りない・・・
「海原やすよともこ」の大阪のおばはんネタと、カウスボタン師匠の、もはや漫才を超越した内輪ネタには救われた感じがしたが、笑うというよりは、その独自の方向性に感心したというのが正直なところ。
ほとんどのお客さんが、大阪観光に来た他府県の人なので、ネタの傾向もそれに合わせたものになるのは当然としても、ネタ帳なんかはつけてないらしく、ネタのカブリも頻発で、いささか興ざめ・・・
まぁこんなとこへ来て、評論しててもしょうがないのだが(^^;)何かこう・・・「これから育っていく笑い」の片鱗をもっと見たいなぁ・・・という感じ?
ただ、新喜劇の方は、主役の小藪が箱に入ったまま影アナで進行していくという実験作風で、なかなかおもしろかった。
しかし・・・テレビで放映されない新喜劇の大道具ってちゃっちぃ~(笑)とここでも「いかにも、よしもと」(笑)
以上、何やらケチにケチをつけるような事ばかり書いたが(^^;)それだけ期待しているという事で、ね(^^;)

なお、生で見る演劇って、リアルはリアルでおもしろいのだが、つまらなくなっても見続けなくてはいけないのは苦痛だという事を改めて思い知った(^^;)

てなことで、3時間の間、何度つぶやいた事だろう・・・

「チャンネル替えたい~」(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2009年11月26日 (木)

大阪堪能~(^^;)

午前10時、なぜか、からりと晴れ上がった空と、ビル街の紅葉を眺めている。
091126osaka1
今日は某クラブの親睦例会で大阪堪能ツァーなのである。
仕事が詰まりきってるのだが、担当の委員さんが一所懸命段取りしてくれたツァーでもあり、連続100%出席もかかってるし(^^;)朝7時半出発のバスに乗せて貰って来たのである。
ううむ、それにしても、日中の大阪なんて何年ぶりだろう(。。 )\バキッ☆
091126osaka2
大阪城新橋からOBP(大阪ビジネスパーク)のクリスタルタワーを臨む。
昨今の経済情勢が影響してか、何やら寂しげに見える・・・(^^;)
てなことでやってきたのが水上バス、アクアライナー。
091126osaka4
乗船するのであーる。
川面から大阪を堪能するのであーる。
もちろん、初めてなのであーる。
久しぶりに舟に乗れるのでちょっとウキウキなのであーる(笑)
091126osaka6
コースは↑
大阪城港・八軒家浜船着場・淀屋橋港・OAP(大阪アメニティパーク)港を周遊するのだ。
091126osaka7
まさにピーカン!
日差しが眩しく、暑~い!
なんて違いだ~w(゜o゜)w
091126osaka5
ちなみに参加者は当然、いつものおっさん連中(^^;)
あ、そういう私もおっさんやった(笑)
091126osaka8
中之島の中央公会堂、いつもは高速道路からちらりと眺めるだけだが、川面から見上げると、風情たっぷり(^-^)
091126osaka93
↑アクアライナーには、水面が上がってる時に橋の下を通るための、天井を下げる装置が付いていて、巡行中に実際に作動させてくれる。
頭すれすれまで下がった天井、松江の堀川めぐりを思い出すね~(^-^)
091126osaka90
どれくらい下がるかと言うと、↑これがノーマルの高さのエアコンのダクト。
091126osaka91
で、↑これが一番下がった時のダクトの状態。
当然の事ながら、窓も・・・
091126osaka92
↑上の枠がここまで下がってくる。
この時、すかさずラインマーカーを取り出し、一番下にマークする恵峯さんがいた(笑)
備えあれば憂い無し、やね~(。。 )\バキッ☆
091126osaka94_3
↑しかも、A4のパンフをたてかけて定規代わりに撮影し、後で高さを割り出せるようにするなんて~(笑)
(ちなみに約35㎝下がるわけですな)
091126osaka96
もちろん、朝っぱらから船内販売のワンカップの熱燗を飲んでたかr・・・(。。 )\バキッ☆
いやその・・・つい・・・はしゃいじゃってるわけですな(^^;)
もちろん、ラインマーカーの跡はちゃんと消しました~
091126osaka95
てなことで、来る途中のバスの中で飲んでた缶ビール(。。 )\バキッ☆ の効果と相まって、プチベロベ浪漫完成~!(。。 )\バキッ☆
『みなさま、あの緑色の円形のマークのある建物で作っておりますのが、日本で一番人気のある商品でございます・・・造幣局ですから』という、いかにも大阪らしい(笑)ガイドさんのベタなアナウンスにも大受け(笑)
う~ん、大阪、ええとこでっせ~(^-^)

怒濤の午後の部に、つづく

2009年11月25日 (水)

こ、こいつでだけは~!(笑)

出た~!
「毎週更新」の予告通り、漢字アプリの新ジャンル。
実は月曜から心待ちにしていたのである(笑)
しかし、月曜、火曜は更新されず、まぁ先週の水曜から始まったのだから、今週も水曜あたりかなと、お昼過ぎにログインしてみたら・・・
091125kanjisake1

出た~!
しかもジャンルは「日本酒の銘柄」
順位にこだわる気持ちは無いが、こ、このジャンルでだけは、たとえ一時でも1位になりたい~!(笑)
おそらく更新は正午ジャストだったはず、そしてこの日を待ちわびた漢字アプリフリーク(何人おるねん(^^;))はもう取りかかっているのに違いない(笑)
いざ~!
40問過ぎまでは、飲んだ事のある酒、名前だけでも知ってる酒がほとんどで、楽勝ムード。
しかし、それからは初めて見るちょこっと難読な酒が続いた。
それでも15秒間をフルに使い、打っては消し、打っては消ししてついに49問目~!
この漢字アプリ、最後の50問目は、ご祝儀みたいな優しい問題が出るから、49問目がホントのラストと言える。
問題は・・・「作」
げっ!
「さ・・・く」・・・×
「つくり」・・・×
「つくる」・・・×
「づくり」・・・×
わぁぁぁああぁぁ~かぁらぁああああ~~ん!orz
てなことで、第一回のチャレンジは48問+前回までの2850問で2898問となった。
順位表を見てみる。
091125kanjisake5
おおっ!
今や200万人以上が登録している漢字アプリの、ついに1位になってるやぁ~ん!(笑)
しかも、3位以下は全員2850問という事は・・・
上位者で、今、この漢字アプリに取り組んでるのは、二人だけか~い!(笑)
なんかよっぽどヒマ人みたいやん・・・(^^;)
・・・おっと、そんな事を考えてるヒマこそ惜しまなくては~!
「作」の読み方は覚えたし、再チャレンジじゃ~!
091125kanjisake4
2回目は至極順調~!
いよいよコンプリートで1位、なるか~?
       ・
       ・
       ・
091125kanjisake3
ううう・・・(ToT)

しかしまぁ、コーフンさせてくれる数分間だったぜ(笑)

ありがと~!

ちなみに、昼食を食べてから見てみると・・・
091125kanjisake7
すでに5位まで後退していた(笑)

この漢字アプリの順位だけは、どんな法則なのかさっぱりわからない(笑)
ひらがなが優先されるというわけでもないし・・・
頭に何らかの記号が付いてると上に来るのかねぇ・・・
まぁ、一時コーフンできたから、どうでもええか(笑)

ちゃんちゃん

2009年11月24日 (火)

薬指

昼休みには・・・
三線と角笛の練習だ~(笑)
091124d1
てなことで、○○さん、まだ、飽きずに続けてますよ~(^-^)v
レパートリーは全然増えてませんが・・・(^^;)

で、角笛まで引っ張り出してるのにはワケがある。
この角笛、5年前に縁あって譲っていただいたもので、モノスゴク、そう、ホントニマジデモノスゴク練習してやっと数曲吹けるようになったという代物!
というのも、これ、角笛作りの名人の手になるものなのだが、初期の作品との事で、少々音が外れており、名人が『これはなぁ・・・人手にはわたせんわ』とおっしゃるのを、半分無理矢理(^^;)譲っていただいたものなのである。
で、カミさんに一音一音を聴いてもらい、この笛で出せる音の範囲で演奏できる、私の吹きたい曲を選定(笑)
さらに一音一音、工夫しながら音を出すよう工夫を重ねたのである(^-^)
つまり、素直にドレミファソラシドが出ないのを逆用し(笑)♭や♯を交えた音階を、ある時は人差し指を半分だけずらしたり、ある時は薬指をその音の時だけ開閉したりして表現するわけだ。
ここで多用するのが左右とも薬指であり、この場合、以前にも書いたように、人差し指より薬指が長いという私の特徴?が大いに生かされる事になった(笑)

・・・まぁしかし、言葉にすると複雑だが、私のする事だからそんなに大した事ではない(笑)
ただ、「見上げてごらん夜の星を」だけは、この角笛で吹くと、ホントに涙が出る。
・・・まぁこれも、ベロベ浪漫状態の私だけだが・・・(。。 )\バキッ☆

で、5年経った現在、音譜などどこかへ行ってしまい、もちろん音階なども全然覚えていないのだが、吹き始めると指だけが勝手に動くまでになったのである(笑)

しかし・・・

この夏から三線の練習をし始め、これもカミさんが驚く程の進歩(といっても大した事はない、あくまで私レベル、での話である(^^;))を遂げたのであったが・・・

三線では基本的に薬指を使わないのである。
左手で弦を押さえるわけだが、主に使うのは人差し指、中指、そして小指なのだ。
つまり、今度は長い薬指が邪魔になり、中指に続いて小指を使う時などは指同士がぶつかってしまうのであった・・・(ToT)
で、いっその事、小指で押さえるところを薬指で・・・と我流も試してみたのだが、「八」の位置などはやはり小指でないとうまくいかず、いかに薬指に邪魔をさせないよう弦を押さえるのが課題なのである。

で・・・三線の方がうまく行きだすと・・・角笛が駄目になるわけ(笑)
これ、ホントにおもしろいもので、角笛を吹くときも無意識に薬指を動かさないようにしてしまうからである。

てなことで、三線の練習をすればするほど、角笛が悲惨な事に・・・(^^;)

しかし、角笛も吹きたい、吹き続けたいんじゃ~!(笑)

てなことで、連続して練習してるのである。
どちらにも逆効果な時もあるし(笑)ほどほどに収まる時もある。

うん、おもろいからええか?

ちゃんちゃん

・・・おっと、もう一つ、
角笛への愛着は手前に写ってる革のケースも影響している。
これまた名人に作っていただいたもので、角笛がジャストフィットするようになっている。
そして・・・
091124d2
蓋と本体を繋いでる部分、
元は一枚の革で繋がっていたのである。
それを新品の時に噛みちぎってくれやがったヤツがいるのである(^^;)

そう、それは、るんた(笑)

てなことで、自分で補修したのだが、これまたベロベ浪漫の時に縫ったので、ヘロヘロである(笑)
しかし、この縫い目を見る度に、るんたが『お父さん、ボクやったでぇ~』とばかりに、得意そうにしていた顔が浮かんでくるのだ。

大事な大事な噛み跡、なのである。

るんたよ、お父さんは今日も下手な笛、吹いとるど~

お前もどっかで聴いてくれとるよなぁ~

なのである。

ちゃんちゃん

2009年11月23日 (月)

秋の名残

紅葉の季節は過ぎた・・・と思ってたけど、今朝、現場の近くでふと見上げたら、空に向かって赤々と燃えていた。
091123nagori
秋の名残、というにはあまりにも鮮やかで、なおかつ活き活きと見えた。
落葉する前の一時の盛り・・・とはとても思えない。
きっと枝にこめられた新しい命を見届けて輝いているのだろう。
散り際になお輝く命。

思わず、深々とお辞儀した。

2009年11月22日 (日)

こんなんはもう出んやろなぁ・・・

違うモノを探していて、これまた最近ではほとんど放置プレイ化していたプレミニ発見!(^^;)
091122mova5
型番はSO213i、確か発売は'04年の春。
カメラは付いてないが、このコンパクトさ、そして、その小ささを逆手に取ったような使いやすさは特筆ものであった。
091122mova4
私は、この階段型キーより使いやすいキーを知らない。
この後プレミニSⅡも出たが、まさにスペックダウンで段差が小さくなっていて押しにくかったのを覚えている。
だからこそ、いったんプレミニSⅡに乗り換えてから、再びデュアルで使うためにこのプレミニを復活させたのであった(笑)

・・・と、ここまで書いて・・・
何やら以前に同じような事を書いたような気がして検索してみたら・・・(^^;)
あったあった(笑)
昨年の暮れに・・・

カメラ無し、カード無し、アプリ無し、電話とメールに割り切り、小型軽量に徹したこのモデル、FOMAバージョンで復活してくれんかなぁ・・・って思ってたらSONYが携帯市場から撤退してしまったので余計未練がましいのよ(笑)
先日、L704iをP-01Aに取り替えた時も、ショップのお姉さんが『デュアルは解約されますよね?』とそれが当たり前のように聞かれた時も、「movaの電波が尽きるまで続けます~」と宣言したくらいなのである(笑)

それにしても、過去のモデルの中で一番メールが打ちやすかったのがこの階段型ボタン、
小さいゆえストロークはあくまで短く、それでいて隣のキーと押し間違える事はほぼ皆無。
特許があるなら、どこかへ譲って、ね、作ってちょうだいよ~

てなことが書いてあった(^^;)

ううむ・・・
となると、もう書くことが無いではないかいな~(。。 )\バキッ☆

おっとそうそう、
091122mova3_2
画面が小さいので一度に表示される情報量はさすがに少ないが、縦のスクロールも、キーのストロークが小さい分苦にはならなかった事も書いておこう。
文字のドットも少ないのだが、メリハリが利いているのでローガンズでも読みにくさは感じない。

そしてさらに・・・
夕方にイヂってたので、もう一つ気づいた魅力を紹介しておこう。
091122mova7
暗闇に映えるその青い光のアヤシさよ~(笑)
そしてなぜか、とても懐かしくなる。
これはたぶん、初代CB1300のメーターパネルを彷彿させるからだろう(^-^)

これから先、携帯がどんな風になっていくのか、まるで想像も付かないが、こんなんはもう出んやろなぁ・・・

てなことで、再来年の3月のmova運用終了までは使い続けたいと思っている。
いや、電波が止まったとしても、イマドキの携帯など足下にも及ばない大音量を発する事ができるから「懐中目覚まし時計」として壊れるまで使い続けるのだ~(笑)
って、これも前にどこかに書いたな・・・(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2009年11月21日 (土)

会議

某所で某クラブの某会議(^^;)
書記役をおおせつかるかと思ってたら、今日は別の方がして下さるらしいので助かった。
その代わり、撮影係の役が回ってきたのでクラブのカメラをイヂり倒して○マつぶし・・・(。。 )\バキッ☆
いやその、ちゃんと聴いてましたよ~(^^;)
091121
で、初めて携帯からアプリもやってみた(。。 )\バキッ☆
自分のカメラは持ってきてなかったので、携帯アプリをやってる画像が撮れないのであった(笑)
てなことで、クラブのカメラでpomeraに隠れて携帯をイヂってるところを撮り、そいつを改めて携帯のカメラで撮ってみた。
いやその・・・
ヒマをもてあましているわけじゃぁありませーん(^^;)
ちょこちょこっと・・・その・・・気分転換、ね、ね、ね~(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2009年11月20日 (金)

さて何でしょう その4

さて何でしょう、その4、かな?(^^;)
091120keyaki
現在、こんな感じ、作業は順調に進んでいる。
けっこう珍しがってわざわざ木屋まで見に来る人もいるので(笑)
しばらく進行状況だけ載せていこう(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2009年11月19日 (木)

紅葉の名所

昨日から、漢字アプリに「こだわりジャンル」というのが新設された。
毎週更新されるそうで、楽しみである。
で、一発目は「紅葉の名所」
今回も、初級、中級、上級があるのかと思いきや、50問だけで、内容も超初級レベルだったので、一回でクリアしてしまった。ちょっと物足りない感じ。
091118kanjikoyasan

ただ、「高野山」も入ってたのはやっぱり嬉しい(笑)
あ、でも、八甲田山とか雫石とか、岩手の名所が漏れているのはなぜだろう?
中尊寺が入ってはいるが、新潟県からは二つ入ってたりするから、特に一県一つ、という事でもないらしいし・・・
091118kanji
そうかそうか、「紅葉の名所」に加え「難読的」な要素が必要だからか・・・

あれ?
ということは・・・
八甲田山より、高野山の方が読みにくい=知られてない、という事?(ToT)
「雫石」なんかけっこう難読系やと思うんやけどなぁ・・・
それとも来週からは、「紅葉の名所」中級編が登場するのだろうか?
はたまた千葉県の高野山(こうのやま)と読み違えさせるため?

ううむ・・・謎だ・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2009年11月18日 (水)

超復活!(笑)

今年の1月に水没してオシャカになったP-01A(^^;)
棄てるにはしのびず、さりとて使いようもなく、棚の隅っこで放置プレイが続いていた。
それが今朝、ふとその存在を思い出し、10ヶ月ぶりに充電してみたのはなぜだろう?
気まぐれ?虫の知らせ?第六感?
液晶画面の水分はずいぶん前に消えていたのだが、充電してみる気にはなれなかった。
それが今日に限ってなぜ?
よくわからない心の動き、だから生きてるってのはおもしろいのかもね(笑)と無理矢理結論づける(笑)
で・・・
なんとなんと、昼に帰宅して、SH-03AのFOMAカードを挿入してみたら・・・
091117foma1
 
あっさり、全機能が復活しているのが確認できた(笑)
やっぱり、電気製品て丸洗いしてもちゃんと乾かしたらOKなんやね~(^^;)
(まぁ、耐久性はかなり落ちているのだろうけど・・・)
で、調子こいて、電話帳のダウンロードもやってみた。
091117foma2
これも問題無く終了。
10ヶ月で80件ほど増えていたのが驚きだったw(゜o゜)w
で・・・
ドースルの?(笑)
実は現行のSH-03A、過不足無く使え、機能にも不満はないのだが、その分、とりたてて言うほどの個性はなく、私の携帯史上、初めてと言っていいくらいまったく愛着が湧かないモデルなのである(^^;)

では、これを機会に気分転換でP-01Aを使ってみるか?
いやしかし、SH-03Aの方が機能的には進化してるのは検証済みだし、わざわざ反応の遅いものにするほど茶人でもない(^^;)

ううむ・・・
私はまた意味のない事をしてしまったのだろうか・・・(^^;)

と、

未練がましくイヂってたら、昨年の12月から今年の1月に水没するまでのメールが目に留まった。
ほっほぉ~!
たかが一年、されど一年、
やはり月日とともにいろんな変化があったのが、よくわかった。

このメールを見るために、復活したんやねぇ~(^-^)

素直に、そして嬉しくそう思えたので、またFOMAカードをSH-03Aに戻した。

うんうん、これでええんや(^-^)

せっかく使ってるんやから、SH-01Aのええとこも探したろ、

来年の2月にSH-03Bが出るまでに・・・(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2009年11月16日 (月)

せんたくきのせんたく

今年の5月に修理(つーか、内部に落ち込んだ異物を撤去しただけだが(^^;))洗濯機だったが、異物がかみ込んだまま回転した事が致命傷になったらしく、その後出力がどんどん落ちて行き・・・(ToT)
夏を過ぎた頃、大物(毛布など)は洗えなくなってしまった(らしい・・・って、自分ではやってないんかーい(。。 )\バキッ☆ )
そして、秋を迎えた頃、洗濯機はついに水流すら作り出せなくなり、洗濯物を揺するのがやっとという感じになってしまった(らしい・・・(^^;))
P社製だったが、使ったのはおそらく5、6年のはずで、とうてい耐久消費財とは言えないレベルである(`へ´)
で、これ、修理に出そうものなら、最近の電気屋さんの決まり文句である『・・・結局、買い直した方が安くつきますよ・・・』が登場するのだと思われた・・・orz
それに加えて、カミさんが、現状洗濯機に不満を持っていた事もあり、次期洗濯機の選択にとりかかったのである。
それから約1ヶ月・・・
決まらな~い(笑)

世はすでに「ななめドラム」式に染められつつある。
しかし・・・
カ○クコムなどで調べてみても、評価が高いものが見つからないのだ。
それどころか驚くべき事に、私の調べた範囲では、「自分が使っている洗濯機に満足している人は日本にはいない」みたいな雰囲気だった(^^;)
ドースル?
カタログスペックなど見たところで、私自身が洗濯そのものに疎いので、さっぱりわからない。
で、カミさんが量販店を尋ね、実地調査をしたのだが、どこの店員さんも違う事を言うので、余計こんがらがってしまった(笑)

ううむ・・・
てなことで、ここは一つ、基本に立ち返り、どんな機能が必要で、どんな機能は不要かを検討してみた。
で、カミさん的には、元々、洗濯機と乾燥機が一体になっている事が一番不満(火傷防止のため、乾燥が始まるとロックがかかってしまい、長時間アクセスできなくなる)だったのと、全自動になればなるほど、当たり前の話だが、自分流の洗濯ができなくなる点を考慮して・・・
091116sentakuki1
わはは~(笑)
以前の体制、つまり、洗濯機と乾燥機を別々に段取りする事にしたのである(笑)
091116sentakuki2
見よ、オートマの流れに逆らうマニュアル機!(笑)
値段も安い!\(^o^)/
で、怖いと思ったのは、私的には「ほんまにこんなんでええの?」という不安が湧いた事だ。
つまり、洗濯に関わらない(。。 )\バキッ☆私でさえ、そして、カ○クコム等で、散々その欠点を調べたにも関わらず、CMやら世間の風潮に流され、「洗濯機はもはや、ななめドラムの時代」と思い込まされており、そこに逆らう、つまり、旧型の洗濯機は×、みたいな印象が形成されてしまっていたのである。

カミさんは、これにして至極満足している。
約1ヶ月、手洗いしていた甲斐があったのだと言う。

ううむ・・・

何でも新しいモンがええとは限らない、と普段よく口にするのであるが・・・

勉強になりました~m(_ _)m

ちゃんちゃん

2009年11月15日 (日)

銀と奥の院を歩く

日曜日の朝、昨夜のレクチャーを反芻しながらカードの練習をしていたら銀がはしゃぎだした。
彼は、木屋(仕事場)のシャッターが上がる音がするかしないかで、平日と休日の違いがわかるのだ。
で、そんな日は、お父さんもお母さんも、自分を銀ぶらに連れていく事を最優先するはず、と確信もしている(笑)
同じところで尻尾を振りながらグルグル回りつつ、うひぃ~んうひぃ~んと小さく鳴く(笑)

はいはい、わかった行きましょか~(笑)
091115gin
てなことで、草の実達もかなり減ってるはずと思い、久々に奥の院コースへ、
しかしやっぱり、少し歩いただけでこの通り(笑)
まぁ・・・日曜やし、こんなに喜んでるところを見ると、後の草の実取りも、そう苦にはならない(笑)

それどころか、それはとても楽しく嬉しい晩秋のイベントなのだと思えた。

犬とぶらぶら歩けるって、平和あっての事やねぇ・・・

とりあえず、今のところは爆弾が落ちてくる可能性も少ないし、いきなり拘束されたり発砲されたりする心配もほぼ無い。

ありがたい事やね、とカミさんと話した。

戦や災害で亡くなった方々の墓石が、そんな気持ちにさせてくれたのかもしれない。

2009年11月14日 (土)

キノピーさんのマジック教室

本日はキノピーさんのお店、CARD SHARK(カードシャーク)さんのマジック教室へ参加!
ものすごぉ~く濃ぉいレクチャーに感謝感激!m(_ _)m
091114cs1
↑この方がマジシャン、キノピーさん、経歴等については、6月の記事をご参照下さい。
ちなみに、この画像は、マジック教室終了後、本来のマジックを見せていただいているところなので、アルコールが出ているが(^^;)マジック教室はもちろん真剣そのもの!右にチラッと写ってるのが乾いた喉を潤したウーロン茶の名残である(^-^)
091114cs2
どれくらい真剣だったかというと・・・業務上のヒミツたっぷりのため、あまり載せられないのだが、ポイントとなる指のポジションはいちいち画像に納めさせていただきつつ・・・
とても丁寧に解説いただいたm(_ _)m
私のようなド素人に、面倒くさがるどころか、むしろ嬉々として惜しげもなくコツを伝授してくださるあたり、キノピーさんの人柄が偲ばれるというものだm(_ _)m
そして、今回の私の目的である、基本中の基本、ダブルリフトや、エルムズレイカウント、ハーマンカウント等を、自己流でなく、初歩から学びなおす。という点において、自分なりにとても納得のできるご教授をいただいた結果、おそらくはお世辞半分だとうが、なんとか合格レベルに達する事ができたm(_ _)m

カードマジックって、その現象の一つ一つを部分的に再現させる事と、それを連続して見せた時に不自然さを感じiさせない事の間にはとてつもない壁がある。
今日はその壁がキノピーさんのレクチャーで一つずつ乗り越えられていくのを実感できたのだった。

この喜びというか、感動、
初めて自転車に乗れた日、と同じような嬉しさ、と言えばおわかりいただけるだろうか(^-^)

そして、憚りながら(^^;)今まで、何度も何度もチャレンジしていたからこそ、会得?できたのかもしれないと思うと、AHOみたいに指紋をすり減らし(笑)時にはカードで指を切りながら取り組んだあの苦闘の日々が(って、大げさな!(笑))まるでこの日のためにあったような気もしたのである。

ただし、人前で演ずるつもりはまだ無い、つーかそんな自信、全然ないわ~(^^;)

しかしこの究極の自己満足、なんとも嬉しいものなのである(^-^)

めでたしめでたし

2009年11月13日 (金)

13日の金曜日

って、子供の頃は気になったもんやった(^^;)
黒猫が前を横切るイベントに次ぐ不吉さと思ってた。
今はもうどちらも何とも思わないようになった。
意識するとしたら、ギャグのネタにする時くらいか(。。 )\バキッ☆
これは、大人になって(って、時々コドモだったり、人間失格だったりするけど(^^;))いわゆる迷信から解放される事で気にならなくなったわけではない。
それどころか「迷信」として片付けられがちな事って、実はそこから連動して起こる事象を考えた場合、一種のバタフライ効果の集約的警句ではないかと思っていて、「世迷い言」的に片付けるよりも、注意を喚起する「智慧」として捉えるようにしている。

風水にしたって、昔ながらの鬼門(東北)に水物は禁物、とかは、ちゃんと根拠があるわけだ。
で、なぜ、13日の金曜日&黒猫が横切る、に関しては平気なのかというと・・・仏教徒だからである(笑)
まぁ熱心な仏教徒とは言えないから(。。 )\バキッ☆ 、キリスト教的世界観を持ってないから、と言う方が正しいかもしれない。
ただし、誤解の無いよう書き添えると、13日の金曜日も、黒猫の横切も、本来のキリスト教では、不吉とはされてなかったはずだ。
なぜならキリスト教では、験を担ぐ事そのものを否定していたはず。
ただし、この二つについては、キリスト教本来の考えではないにしろ、キリスト教的世界観の長い歴史の中で不吉なものとされ、それが東洋の島国にも伝わった結果、肉体年齢的にコドモの時の私は、それを不吉と思っていたのである。
てなことで、キリスト教的世界観からは解放された頃(^^;)その二つは私にとって、特に気にする必要もない事象となったわけだった。

で、本日、某クラブの例会にApeで向かう途中、丁字路の手前で黒猫ちゃんが前を横切ったときも「いつでも止まれる安全運転、よしよし~」ってな感じで、むしろ喜んでいたわけ。
ところが、会場で着席したとたん、隣の席の本日の書記役の方から『尾上君、今日の話の原稿は後でもらえるの?』w(゜o゜)w
「な、何です?原稿って?」
『今日、君の卓話やん』

げっげぇ~!

このクラブでは、年に一回、例会で30分ほど、スピーチする事になっていて、前回は確か「建築動物園」のネタだった。
あれ?それって、2年前のネタやね・・・
去年は何の話をしたんやっけ?
・・・忘れた・・・(。。 )\バキッ☆
ことほどさように、こんなあやふやな記憶力なので(^^;)今日が自分の番だという事を、すっかり忘れていたのである(。。 )\バキッ☆

てなことで・・・
世界遺産の話でなんとか・・・(。。 )\バキッ☆
それにしても、冷や汗をかきっぱなしの30分だった(^^;)

で、やっぱり13日の金曜日だったのかなぁ・・・と・・・(笑)

いや、やっぱり、これって、仏罰?

ちゃんちゃん

2009年11月12日 (木)

それは一枚の絵で始まった

某SNSには、マイ○クさんが新たに始めたアプリや、そのアプリの結果を表示する機能がある。
てなことで、数日前、それは忽然と表れたのだったw(゜o゜)w
・・・バカボンのパパ?
・・・ろぼっ子ビートンに出てくる ガキおやじ?って、それはアフランシさん(^^;)

「何じゃこりゃ~!」
わけはわからないが、妙に惹かれる・・・(^^;)
何かこの・・・人間の持つ根源的な業のようなものを感じる・・・
おお、それこそまさにダースベーダー(って、ダースベイダー違ったっけ?これも記憶だけのお題やな(笑))の本質を現していると言えるのではないかいな~!
091112db
で、そのアプリを見てみると・・・
「記憶スケッチ」つまり、提供されたお題に対し、何も見ず、自分の記憶だけで描くというお遊びだった。

しかしこれは・・・深い!(笑)

記憶だけで描く、そしてそれを・・・
いくら匿名のネット世界とはいえ、発表してしまうという、なんたる勇気よ!(笑)

お、俺にはできん・・・
小さい頃は絵が得意だった。
だから今でも、
あの人は絵が上手、という風に思って貰いたい・・・
誰に?(笑)
おお、これこそ、世間体という、実は自己の中にしかない、見栄への挑戦ではないか~!

・・・と、総裁さんのダースベーダーに深く頭を垂れたのであった(笑)

で・・・
091112qtaro
おそるおそる描いてみた・・・
だ、駄目だ~(。。 )\バキッ☆
記憶だけで描ける一番自信のあるお題を選んだのに、
下手、下手、下手、蔕、経た、戸田、辺田、HETAぁ~~~!!!

第一、自信のあるお題を選ぶ行為そのものが、見栄に負けてる証拠だ。
そうだ、
見栄に勝とうとしているうちは絶対に勝てない、
それを意識しているうちは乗り越えられないのだ~~~!
そして・・・
私の絵には、色が無い~!って事にも気付いた(ToT)

よし!

それなら静物で行こう!(。。 )\バキッ☆
やっぱり、見栄から抜けてないぃ~~~(。。 )\バキッ☆
091112kurowassan
クロワッサンならなんとかなるか?と思ったが・・・UNKみたいになってしまった・・・orz
こうなりゃヤケだ~!
091112medamaoyadi
あ、ちょっとなんか・・・総裁画伯のダースベーダーに近づいた?(笑)

よっしゃ~!
091112doraemon

ドラえもんは得意なんじゃ~!(笑)って、やっぱり、「マウスだけで1分間」という制限付、つまり、下手で当たり前という言い訳を用意している~(。。 )\バキッ☆
091112hatosabure
これはけっこう気に入った~
尻尾が鯛焼きやけど(笑)
091112rirakkuma

あ、あかん・・・

リラックマなんか、見て描いてしもたし・・・(。。 )\バキッ☆

総裁さんのダースベーダーの境地は、遥かに遠い・・・

2009年11月11日 (水)

さて何でしょう?その3

さて何でしょう?その3
本日から厚みを整える作業に入った。
091111vol1
何しろ80センチをくり貫かねばならないので、知る人ぞ知る「キューレ大王」さん方式を採用~(笑)
091111vol2
切り取り線?にそってチェーンソーでハツっていく。
しかし考えてみるともったいない話だ(^^;)
削り取られた挽粉だけでン十万円?(^^;)
091111vol3_2
てなことで、またもや二人がかりで一日仕事、お疲れさ~んm(_ _)m
ホイストで吊して縦にし、明日からはさらに内部を削っていく。
ちなみに、↑の画像、かなり濃い横線が目立つが・・・
091111vol4
実はこれ、製材した時に巨大帯鋸によって焦げた跡なのであるw(゜o゜)w
あまりに巨大なので、名古屋で製材したそうだが、
おそらく、帯鋸の刃もこの製材で逝ってしまったと思われる。
(だから上部はそのまま届いたのかも?(^^;))

あな恐ろしやぁ~{{{{(+_+)}}}}

つづく

2009年11月10日 (火)

さて何でしょう?その2

さて何でしょう、のつづき、
091110volcano1_2
まずは所定の高さにするため、もったいないような気もするが上部を切断・・・
091110volcano2
って、チェーンソーの刃先が届けへんしぃ~(>_<)
ただ、いきなり長刃を投入すると、相手が欅だけに負荷がかかりすぎて、刃とエンジンが逝っちゃうおそれもあるので、とりあえずは短刃で道筋作り。
091110volcano4
楔を打ち込み道筋を広げ、上の木の重みでチェーンソーの刃が噛まないようにして・・・
091110volcano5
75センチ!のチェーンソーで、アタック~!
091110volcano3
チェーンソーの排気ガスと木自体が焦げる煙で火山状態(笑)
って、実は笑ってる場合ではない、ちょっとでも気を抜くと、チェーンソーが暴れ出し、骨折や怪我の恐れもある作業なのである{{{{(+_+)}}}}
091110volcano6
てなことで、半日がかかりで、なんとか切断完了~!

本日はこれまで。

ちゃんちゃん

2009年11月 9日 (月)

さて何でしょう?

さてなんでしょう?・・・つーか、何になるでしょう?かな(^^;)
091109keyaki3
モノは欅の株、
何?大きさがよくわからない?
091109keyaki2
これでどうか?(笑)
ちなみに、彼の身長は約175センチ。
091109keyaki1
断面は↑
名古屋から到着した時の画像である。
重さは約1トン!
木屋に運び込むのが一苦労だったぜ~(>_<)

てなことで、何に変身するかは・・・

つづく

2009年11月 8日 (日)

22回目の

結婚記念日、である。
091108bbq1
で、なぜ炭をおこすのかというと・・・
(ちなみに、この炭、まんさく社長が提供してくれましたm(_ _)m)
091108bbq2

記念にみんなでBBQを企画したのであった(^-^)
みなさんお付き合い、ありがと~m(_ _)m
091108gin
で、銀は・・・(^^;)
ヒィ~ん、ひぃ~ン、と参加したがるのだった(笑)
子供達が順番に相手をしてくれたので助かった(^-^)
091108bbq3
↑誰が撮ってくれたんやろ・・・って、この時点の記憶が無い・・・(。。 )\バキッ☆
あ、亭長さんの姪っ子ちゃんか?ありがとう~m(_ _)m

そして・・・
091108taito1
taito君から素晴らしいプレゼントをいただいたm(_ _)m
091108taito2

もう一枚、
091108taito3
w(゜o゜)w
彼の才能には、度々驚かされているが、もうすでに何かの領域に入っているように思う。
そして・・・
091108kanna

taito君の妹ちゃんからも、すんばらしいプレゼントをいただいたm(_ _)m
自分で編んでくれたのだという。
つくづく芸術的センスにあふれたご一家である。

ありがとう~(^-^)
幸せな一日、見る度に思い出します~m(_ _)m

2009年11月 7日 (土)

おら、やっただよ~\(^o^)/

昼ご飯抜きでがんばった結果!
091107kanji400
なんとかクリア~\(^o^)/

昨日、276問までたどり着けたので、忘れないうちにと、今日は午前中の一服の時に再チャレンジしたらなんと380問まで伸びたw(゜o゜)w
091107kanji380
おそらく、2日からの五日間で、76問目の挫折を数十回?繰り返した結果(^^;)現バージョンで用意されている漢字のうち、とても読めないヤツの大半にぶち当たれたという事だろう。
感覚的には76問目以降も、やはり300を越えるくらいの漢字が用意されていたように思う。
つまり、75問目までの約300問?と合わせ、全部で600問くらいではなかろうか?
しかし・・・手強かった~(ToT)
もうホント、途中で何度やめようと思った事か(笑)
しかし、せっかくジャンル別部門はコンプリートしたのに、どうせならこっちもと、意地になったのだ(笑)
091107kanjimotarasu
最後の漢字が「齎す」というのも何かの縁かな?(^-^)
ちなみに、380問で、75位。
091107kanji75i
この時点で400問正解者が72名いた。
で、400問正解したら・・・
091107kanji56i
なぜか、56位にランクイン。
漢字のハンドルゆえ?・・・にしてもひらがなやアルファベットとの整合性がばらばらで、よくわからない。
まぁ、順位などより、コンプリートした喜びの方が大きく、とりあえず記念にキャプチャーだけはしておいた。
で、参加者全体を見るといつの間にか170万人を越えているw(゜o゜)w
おそらく、チケット要員がほとんどで、実際に取り組んでる人はもっと少ないと思うのだが、それにしても、ジャンル別部門と連続部門の両方コンプリート者が私をいれて4名というのはちょっと自慢だ(笑)

・・・あんた・・・ヒマなん?

そ、そんな事無いんやぁ~ただ一所懸命なだけなんやぁ~(>_<)

ちゃんちゃん

2009年11月 6日 (金)

ようやく光明が・・・(^^;)

漢字アプリの連続部門、本日、午前10時の一服にチャレンジして、274問まで行った\(^o^)/
091106kanji274
画像、右上に前回の記録が112問とあるが、これは昨日の午後3時の一服時のもの。
10月26日のブログにも書いたが、76問以降が難敵揃いで、11月1日に部門別をコンプリートした後、何度かチャレンジしたものの、たしか最高が90問・・・orz。

とにかく、76問目以降に出てくる漢字は、もはや日本語とはとても思えず(笑)さりとて今や中国は簡体字になってるから、かの国の言葉でもなく、日本の古典の世界に跳梁跋扈する魑魅魍魎達なのである~。って、魑魅魍魎程度なら可愛いもんやで~(笑)ってこの間もこの言い回しを使ったな(。。 )\バキッ☆

このアプリ、400問が最高得点なのだが、漢字はおそらくその倍か3倍くらいは用意されているような気がする。
というのも、75問目までに出てくる漢字群も、75字限定というわけではなく、おそらく300以上あるのではないかと思えるくらいの豊富さなのだ。
しかしまぁ、ここくらいまでは何とか読める、強敵として「満盈」とか「荏苒」とか、「それ何?あんた誰?」みたいな漢字もたまには出てくるが、大方は常識的な線でなんとか読める。変わった四字熟語も出てくるが、普通に音訓で読めば正解は得られる。むしろ「忽せ」とか「擢んでる」とかの一字漢字で、「げげぇ~!よ、読めん~!」ってのが多い。
「擢んでる」なんか「つかんでる」としか読めないではないか(笑)
なお、前回バージョンでは「臼杵」を「きゅうしょ」、「甜瓜」を「まくわうり」と読まないと不正解だったが、今回はそれぞれ「うすき」「てんか」でないと正解にならないのはちょっとズルイと思う(^^;)
で、76問目以降・・・
これがね・・・
「酒盞」とか「毫釐」とか、一文字目がなんとか読めるので、15秒間打ちまくりの訂正しまくり~で(笑)二文字目がまぐれ当たりする場合もある、ってなヤツもあるのだが・・・
「縲絏」だの「偃蹇」だの「諂諛」だの・・・どっちの字ぃも知らんわ~!ってなヤツが出てくるともうお手上げ(ToT)
一文字だけのヤツも恐ろしいのがどんどん出てくる。
「嗾ける」に「慊りる」に「窶れる」・・・
ひらがなさん、発明されてくれてホンマありがとう~じゃ!(^^;)
四字熟語も破壊的になってくる(笑)
「婉娩聴従」・・・はぁ?
「画脂鏤氷」がし・・・ひょう・・orz

そして極めつけ!
一文字、送りがな無しの真っ向勝負!(笑)
あんまり恐ろしいから拡大してお見せしよう。


倫」 
ね、ね、ね~
こいつら、もはや文字ちゃいまっせ~(笑)
で、今のところ、一番画数が多いと思われるのが・・・

」 ←誰が考えたんやぁ~!ヽ(`Д´)ノ
ここまで複雑にせな、意味が伝わらんとでも言うんかーい!(笑)
試しにこの字、コピーしてワードか何かで拡大してみてほしい、あきれまっせホンマ(笑)

で、複雑だから読めない、というだけではなく、簡単でも読めないヤツも出てくる。
舞」・・・これ、最初に誰かが書き間違えたんちゃうのぉ~(^^;)
なんでわざわざこんな字ぃを作るねんな~意味わからんし!

で、この三日間くらい、チャレンジしては挫折の繰り返し(ToT)
しかも、延々と75問回答しては、ばっさり切り捨てられるので、焦燥感も激しい。
もうやめよ、と何度思った事か(笑)
しかし、前バージョンでもそうだったが、今、立ち塞がった字は、次回では味方になるわけで、そう思えるだけ、まだ人生に絶望していないのかもしれない(笑)

そして・・・
人間の慣れというのはホントに恐ろしい、いや、素晴らしい?モノで・・・

なんとなく、読めてくるヤツも出てくるんですわ、これが~(笑)
まぁ何度も間違えて覚える、という事もあるのだけれど、その字と出会った時の「何じゃこりゃ~!」という大ショックが頭に影響するのか(笑)それから派生したような他の漢字の音訓がなんとなく頭の中にできあがるようなのである。
これ、嘘ちゃいまっせ~(^^;)
むろん、出てくる字が全部よめるわけではない、しかし、「黔首」とか「噬臍」とか「隴畝」とかは、なんとなく読めるようになった代表で、未だになぜ読めたのかよくわからない(笑)
しかし、76問目以降、400問に到達するまで、全て一回ずつ間違えないと駄目、という事でもなさそうやなぁと思えだしたのである。・・・ってちょっとまだこの時点では、自信が無いからめっちゃ遠回しな書き方(笑)
なぜかというと、読める漢字が増えるのと同じくらいの割合で読めない漢字が投入され続けているような気もして、このまま果てしなく意味もわからない漢字の壁に出会い続けるのではないかという恐怖もどこかにあるのだ・・・(ToT)

あ、でも、変な表現だが、通常思っている音訓からちょっと「訛らせる」と正解が出やすいような気もする・・・(^^;)

てなことで、以上の傾向をもう一度確認しようと試してみたところ、
091106kanji276
なんとなんとw(゜o゜)w
276問目までまた行けたので、これ、単なるまぐれ、でもなさそうである(^-^)

さて、ここからあと百問以上、どんなヤツが出てくるのか?
恐ろしいような楽しみなような・・・(^^;)

つづく・・・と思う、ここまで来たら、うん、たぶん(笑)

2009年11月 4日 (水)

シンポジウム

和歌山市内で開催された、世界遺産登録5周年記念、海外・国内ネットワークシンポジウムを拝聴してきた。
091104whs1
今日のテーマは「祈りの道」
世界中に八百数十ある世界遺産のうち、「道」そのものが指定されているのは実は二つだけ、わが、「紀伊山地の霊場と参詣」とスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」である。

そこで、この二つの道の特徴、共通点、相違点などをグローバルな視点から探ろうというのが本シンポジウムの趣旨である。
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(以下、サンティアゴの道と略称)からは、サンティアゴの道のプロモーションをするシャコベオという会社の代表であるイグナシオ・サントス・シドラス氏が来日。
(実は、サンティアゴの道があるガルシア州の知事さんが来日予定だったのだが、スペインでも政権交代があり、急遽差し替え?(^^;)となったらしい)

だが、シドラス氏からは、外交辞令的ではなく、とても具体的な話が聞けたので、この交代はかえってよかったかのもしれない(^^;)
日本側は、仁坂知事(2部のコーディネーター)、基調講演に京都大学こころの未来研究センターの鎌田東二教授、そして、2部のパネラーとして、那智山青岸渡寺の高木良英副住職と、われらが山陰加春夫教授が参加。
091104whspv
シドラス氏の講演は、非常に印象的なプロモーションビデオで始まった。
なんでも、聖ヤコブの日である7月25日が日曜日になる年を「聖ヤコブの年」、として大々的に祝うそうで、そのPRも兼ねて作製されたとの事。
州政府の後援を受け、様々な観光誘致活動もおこなっている会社の代表らしく、シドラス氏の弁舌は爽やか(って、もちろん、通訳、手話付)で、牧歌的な風景の中を様々な人々が聖ヤコブの眠る協会を目指してあるいは徒歩で、あるいは自転車で巡礼していくドキュメンタリー風のPVはとてもすばらしいものだった。
中でインタビューを受けた様々な国籍の人々が語る。
『リュックを背負ってタイムマシンに乗り込むようだ』
(わかるわかるぅ~その気持ち(^-^))
『この道は愛にあふれている』
(出会う人が全部ええ人なんよね~(^-^))
『まるで、同伴者がいるかのようだ』
(同行二人、やね~(^-^))
『この道を歩く時の気持ちで、普段もふるまえたらどんなにいいだろう』
(まさに、おっしゃる通り!m(_ _)m)

困難な道でもあるようだが、巡礼者はみな幸せそうな顔だった(^-^)
その後、スライドでサンティアゴの道の説明。
091104whs3
州政府が公共の宿の充実に力を入れ、教会や修道院を宿泊施設にしている点が非常に印象的だった。
ちなみに、昨年は約20万人が訪れ、そのうち4割くらいが外国人(日本人も)だそうだ。

続いて、鎌田東二教授の基調講演。
091104whs4
これが実にユニーク!
鎌田教授自身が、「神道ソングライター」と名乗っているくらいで、まずは法螺貝の演奏で始まった(^-^)
しかも、上手!
法螺貝の吹き手に上手下手などの評価は失礼だが、よくあるだみ声の拡大バージョンではなく、本来の法螺貝の音が会場に響いた。なかなかやりますなぁ(^-^)
そして・・・
091104kamata
↑↓こんな感じで、情報がぎっしり詰まったスライドが約30分で約70枚!
091104whs5
どんどん進むスライドを全部撮影した私はえらい!(^^;)
何でかと言うと・・・
091104whs2
君な・・・
たぶん、県庁の職員やろ?
興味もないのに、知事が出るんで、かり出されたんちゃうか?
立派な体格や、うん、見事!
そやけど、君はその立派なガタイをもっと自覚すべきやで、な、
それでなくても目立つんや、君は、
寝たらあかんやろ~っ!
しかも寝相悪すぎ!orz
こっちは君と、君の連れの間からなんとかスクリーンを捉えようと苦労してるんや、な、
なんで君、ふんぞりかえったまま左右にぐらぐら揺れるねんな~(ToT)
もうちょっとで、君の連れに『お前、こいつ起こして連れて帰れ!』って言いそうになったがな(笑)
ほんでもって、私の後ろの方でスライドを携帯で撮ってたヤツ!
バチャッバチャッっと、いちいち音がうるさいねーん!ヽ(`Д´)ノ
こんな時は、シャッター音が完全に消せるカメラを用意するのがマナーやろーっ!ヽ(`Д´)ノ
タイミング的に俺のカメラが音を出してるように思われるやろがー!orz

鎌田教授の話は、寛容性やおもてなしの心にも言及されたええ話やねん、な、
その話を聞きながら、なんで殺意を抱かなあかんねーん!(。。 )\バキッ☆
ああ、ちっちゃいヤツやなぁ俺・・・
てなことで、気持ちを取り直し(^^;)寛容の心でもって、スライドを撮り続けたのであった(^^;)
091104whs6
鎌田教授の「神神習合論」参考になりました~m(_ _)m
締めくくりの、今度は「石の笛」も最高でした~(^-^)

そして第2部、パネルディスカッション。
間に10分休憩があったから、とりあえず、前の兄ちゃんを避けた席に移動したのだが、兄ちゃん、1部でばっくれよった(笑)
最後まで聴いて行かんか~い!(笑)
てなことで、知事の出番を無視して帰ったところを見ると県庁の職員ではなかったのかもしれない(笑)
091104whs7
てなことで・・・
このシンポジウムも非常に良かった。うん、
何が良かったかというと、各人のお話はもちろん、少々喋りすぎちゃいまっかぁ?、コーディネーターはもうちょっと遠慮せんと~っとも思ったけど(^^;)知事の発言がいちいち的を射とったわけ(^-^)
というのも、サンティアゴの道については、以前、キリスト教には聖地でもイスラムの人にとってはいかがなものか?みたいな事をこのブログでも書いた事があって、実は今日、質疑応答があったら、質問してみようとも思っていたのである。
だがしかし、それは、友好という意味では避けるべきだとも・・・
いやしかし、遠慮無く意見を交換する事こそ真の友好なのではとも・・・
てなことで、けっこう悩みつつ聴いていた部分もあったのだが、知事はその点について、一神教、多神教という非常に婉曲的な表現を使いながらも、はっきりと指摘されたのである。
それでいて、友好を損なうような言い回しではなく、これまた非常に参考になった(^^;)
また、シドラス氏もそれを受けつつ、素直な意見を開陳されていた。
もちろん、山陰先生は期待以上の本質的解説を下さったし、高木副住職の説く『実践』の心にも感銘を受けた。

てなことで、よくありがちな、体裁だけ整えたものではなく、非常に中身の濃いシンポジウムに感謝!

ちゃんちゃん

2009年11月 3日 (火)

紅葉ふるえる高野山

とにかく・・・
寒っ!{{{{(+_+)}}}}
091103asa
朝、奥の院の方を見ると、屋根には霜が・・・
どうやら夕べは初雪も降ったそうで、0.4℃だったそうな・・・
091101jutai
↑これは11月1日現在、紅葉渋滞真っ盛り(^^;)の様子。
091103l2
そして今夕、
おお、恵峯さん、風流に、寒さにもめげず、夜の紅葉観賞?
091103l1
ライトアップされた紅葉越しの満月、うぅ~ん、寒さも忘れますなぁ・・・って?
091103l3
ちゃいまんがな~(笑)
仕事ですがな~(^^;)
091103l4
てなことで、夜しかできない光軸調整、完了~

何?今日は祝日ちゃうの?って?

か、関係ないもんね~orz

ちゃんちゃん

2009年11月 2日 (月)

2800問

昨夕(11月1日)某SNSの漢字アプリ、ジャンル別(現在は14部門)チャレンジ、
こんぷりぃとぉ~~~\(^o^)/
0911011809
ちなみに、午前11時半現在では、2753問で5位だった。
0911011129
もっとも、この5位は、2751問の「お○が」さんを、いったん抜いた記念にキャプチャーしたもので、それまでは私が6位だった。
ひょんな事から「お○が」さんとやりとりさせていただくようになり、互いに励まし合い(^^;)いったん挫折しかけていたジャンル別に、再び取り組む事ができたわけである。
「お○が」さん、ありがとうございましたm(_ _)m
すでに2800問コンプリートした方が4人いるわけで、5位になるのかと思ったら2位になったのは、なぜだろう?
ひょっとしたら、漢字アプリにちなみ、漢字のハンドルが優先されるのかもしれない(^^;)
で、午後からの半日、雨に降り込められた事もあり、仕事もしつつ、1部門ごとの取りこぼしをクリアしていった。
先日の繰り返しになるが、このアプリ、ジャンル別に初級50問、中級50問、そして上級100問をクリアしていくゲーム。
それぞれ30問以上連続正解すると銅、銀、金の勲章がもらえる。
で、私の場合、早く全ジャンルにチャレンジしたかったので、初級と中級は30問そこそこで置いといて、上級100問のクリアに熱中してきたのであった。
で、1日の午前現在では、上級はほぼ全ジャンルをクリアできており、午後からは初級、中級で、取りこぼしていたのを1ジャンルごとにクリアしていく作業?に入った。
とりあえずジャンル別にネットで難読漢字を検索して予習しておき、チケット1枚1枚を大切に・・・(笑)
てなことでめでたく、午後6時過ぎに最後のジャンルをクリアできたというわけ。

さてこのアプリ、極端に言えば、漢字を全く知らなくても、2800回チャレンジし、間違った漢字を一つずつ覚えて行けば誰でもクリアできるとも言える。
しかし私にはそんな時間的余裕は無いし、そもそも1回チャレンジするたびに消費されるチケットの確保に大苦労(ToT)
ご協力いただいたマイ○クさんには深くお礼申し上げたいm(_ _)m
てなことで、私の一番不得意な「予習」が不可欠となる(笑)
難読事典や、ネットで検索した難読漢字をジャンル別に予習し、数少ないチャンスに賭けるのである(笑)
しかし、その地道な努力をあざ笑うように「忘却」の二文字が襲ってくる(笑)
つまり、同じ漢字に何度も煮え湯を飲まされる事になるわけだ(ToT)
てなことで、ジャンル別に、そんな強者をちょっとご紹介しつつふり返ってみよう。

○動物ジャンルでは・・・鷸と鴫、そして、野鵐と島青鵐には悩まされた。同じ鳥のくせに漢字が違ったり、同じ漢字のくせに違う読み方だったりでややこしかった(ToT)
○住居ジャンルでは、おかげさまで職業柄そんなに苦労はしなかった。
あえてあげるなら「几」か、
しかし、この「おしまずき」、私は今までずっと「ず」を「づ」だと思ってて、「おしまづき」で不正解、「げ、違うの?おしまつき?やったっけ・・・違う?げぇ~!」と違う方向にシフトしてしまい、パニックになった(笑)
○魚介類ジャンル、これは難物揃い(>_<) 何しろ、その漢字の音訓では想像も付かない名前が続出!しかも、 石伏魚とか青箭魚なら、実物を知っているのでイメージも湧き、一回で覚えやすいのだが、金魚蝨 曹白魚となると、「なんじゃそれ~???」状態orz
○国内地名ジャンル、これはもう・・・知ってれば楽勝、知らなかったら絶対読めないのオンパレード(笑)想像の余地が入る隙が全くないのである。
印象深いのが兔子山(マジかよ!)と梯川(そらまぁそうやろけど・・・)、最後まで覚えにくかったのが檮原と彼杵だった。
○歴史人物ジャンル、一番悪戦苦闘したのがこれかな?(笑)
知ってる名前も多かったのだが、阿閉貞征と荷田春満なんかが連続で出題された場合、氏と名の間に「の」をつけなければいけないいわゆる「姓」と、付けない「苗字」の区別がややこしかった。
※平清盛の「平」は「姓」なので「たいらの」と「の」が付く、これが徳川家康となると、徳川は苗字だから「の」は付かない。
ちなみに、徳川家康の「名前」は、経歴捏造?(^^;)でいろいろ変わっていて、最終的には、「徳川次郎三郎源朝臣家康」だったそうな、この場合「徳川」が苗字で、「次郎三郎」が通称、「源」が「姓」だからこの後には「の」が必要。「朝臣」は姓につく家格を表すもの、そして「家康」が諱(いみな)つまり、本名だ。
てなことで読み方は、「とくがわじろうさぶろうみなもと「の」あそんいえやす」となる。(って、こんな事も調べながら取り組んでたんですな~(笑))
○美術工芸ジャンル、これは前々から興味のある分野でもあり、そんなに苦労はしなかった。間違えても、一回で「なるほど、そう読むんか」と納得がいくので、繰り返して間違う事は少なかった。ただ「榛」だけは、モノによって読み方が変わるので、このアプリをすることで、とても嫌いな漢字になってしまった(笑)
○人・身体ジャンル、これはけっこう楽だった。ややこしそうな漢字が出てもたいてい普通の音訓読みで正解になるからだ。
ただし、「蟀谷」と、「身柱元」は全くわからず、「そんなもん身体のどこにあるねーん!」とツッコミたかったが、読みを見て納得(笑)
○昆虫等ジャンル、これも好きなジャンル(^-^) 大蚊とか偽瓢虫は、ほとんど頓知問題?(笑)「まさかこれか?・・・おっ正解~っ\(^o^)/」ってな感じでけっこう楽しかった。
しかし、「水蝋樹蝋虫」とか「長吻虻」となるとお手上げ~(>_<)
○植物ジャンル、前バージョンでもそうだったが、最も手を焼いたのがこれ(笑)
雲実だの、牛尾菜だの、相思子、雨久花、迷迭香、山芹菜、大角豆・・・と、漢字は簡単なのにまるで読めない名前が続出!(ToT)
ネット検索して難読植物名を覚えようにも、どれが出るのかわからないので、覚える努力そのものが空しく思え、挫折しかけたのであった(笑)
で、そんな鬨は、じゃなかった、そんな時は・・・
(何しろ、わからない文字で気になるヤツは調べて辞書登録するので、私のATOK、今や、妙な変換が続出するようになっているのである(笑))
○歴史・行事ジャンル、で気分転換~(^-^)
仏教用語がけっこう出題されるので、烏瑟膩沙とか、迦毘羅衛とか、迦楼羅、阿毘羅吽欠など、「ふっふふ~ん、ちゃんと読めるもんね~」と、ちっぽけなプライドをくすぐってもらえるのである(笑)
しかし、手斧始とか、爬竜みたいに、普通はそうは読まんやろーっ!とツッコミたくなるのもあった。
そして○海外地名ジャンル、
おお!この素晴らしき「当て字祭」(nekoumaさん命名)よ~!(笑)
列支敦士登だの、夫羅凌斯だの尼日利亜だの、誰が付けたんじゃーっ!orz
しかし恐ろしいもので(笑)、日々取り組んでると、なんとなく初見でも読めてくるものなのである(笑)
例えば、沙地亜剌比亜、そして巴布亜新几内亜や阿富汗斯坦など、
これが何となく読めるようになり、まぐれ当たりなんぞしようものなら、もうPC画面の前で万歳してしまうのであーる(笑)
そして残りは○古典芸能と○伝統色ジャンル、
これはけっこう楽だった。普通の音訓読みでなんとかなるものと、もともと知ってる漢字が多かったからだ。
しかし、お園六三と、お静礼三みたいに、濁る濁らないのひっかけ?もあった。
で、この漢字アプリに取り組んでて気づいた事がある。
自分の性格として、どうも一度間違うと、根本的に方向性を見誤るところがあり、前記したように、「づ」を「ず」に変えたり、「う」を「お」に変えて対処するという事ができない。
例えば「蟋蟀」
「こうろぎ」と打ってしまい×になると、「こおろぎ」を試さず、「あれ、こうもり?とか、ひょっとして、しつりつ?」みたいに、全部変えてしまうのである(^^;)
上の「礼三」の「ざ」と「さ」の違いも、濁点を付ける付けないではなく、「れいざ、ちゃうのぉ?ほな、れいぞう、違う?らいぞう?らいみ?れいさん?・・・」と果てしなく逸脱してしまうお粗末(^^;)

うぅむ、性格分析と人生勉強にもなるなぁ、このアプリ・・・って、全然違うか?(笑)

ちゃんちゃん


2009年11月 1日 (日)

今日は犬の日

今日はワンワンワンで、犬の日
そんな日にふさわしい記事を見つけたので、全文引用させていただきます。
神様の話なので、著作権うんぬんはかんべんしてちょーm(_ _)m

***引用ここから***

「天国で遊んであげて」愛犬の死を悲しむ少女の手紙に“神様”から返事。

2009/10/31 19:45 Written by Narinari.com編集部 より
元記事のURLはこちら


例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。しかし、人間よりも寿命の短い動物を飼い始めたら、いずれ訪れる永遠の別れは定められた宿命でもある。大人でさえ、その悲しみからうつ状態に陥る人もいるペットとの別れ。そんな時、周囲の人の手助けがあれば、前向きな気持ちになれるのかもしれない。

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、神様に手紙を送ったという話が米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。このエピソードに感動した読者からは、多くのコメントが寄せられている。

このエピソードは、女の子の母親から送られてきたメールを見た記者が「伝えずにはいられない」と思い、紹介したもの。それによると、この母親の家ではアビーという14歳になるメス犬を飼っていたが、先月、病気で亡くなってしまったそうだ。ずっと一緒に生活を送っていた4歳の娘メレディスちゃんは涙を流し、「どんなに寂しいか」を母親に訴えていたという。

そして、アビーへの愛情を忘れられないメレディスちゃんは、母親にこんなことを言った。「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」。母親はメレディスちゃんが話す言葉を書き留め、手紙をしたためた。

その中身は「神様、アビーがいなくなり、とても寂しいです。どうか天国でアビーと遊んであげてください。アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。神様がアビーを見つけたとき、すぐに私の犬だと分かるように、写真を送ります」という内容。幼いメレディスちゃんの精一杯の愛情が込められた手紙だ。

手紙と写真を入れた封筒には「天国の神様」とあて名が書かれ、ポストに投函された。手紙が届いたか心配する娘に、母親は「きっと届いたよ」と励ましていたそう。すると10月27日、家の玄関前に金の紙で包まれた「メレディスへ」という小包が置かれていた。中には「ペットが死んだ時」という本。そして、そこには“神様からの手紙”が添えられていた。

「親愛なるメレディス。アビーは天国につきました。写真が入っていたので、すぐにアビーと分かりましたよ。もうアビーは病気ではありません。アビーはあなたと居るのが好きでした。天国では体を必要としないので、写真を入れておくポケットがありません。だから、あなたがアビーを思い出せるように、この本と一緒に写真を返します。素晴らしい手紙をありがとう。それから、手紙を書くのを手伝ってくれたお母さんにお礼を言ってください」

ニュースバインの記事の最後は「誰が答えたかは分かっていません。でも、米国郵便公社の配達できない手紙を扱う部署には、美しい魂があります」と結ばれ、読者からは「少女とこの犬との愛情を超えるものはない」「返事を書いた人がとても素晴らしい」「記事を伝えてくれてありがとう。泣きながら読み返してる」など、賛辞の声が多々寄せられている。
***引用ここまで***

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ