サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ガンジーさんの言葉

YOMIURI ONLINEより

昨年12月30日、インド訪問から帰国した鳩山首相は、松井孝治官房副長官に「自分の政治理念と非常に重なる」と告げ、インド建国の父、マハトマ・ガンジーの言葉を演説に盛り込むよう求めた。 ニューデリーのガンジー廟で見た「七つの社会的大罪」だった。

 だが、26日の閣議で演説全文を目にした閣僚たちは、仰天した。「七つ」の中には、「労働なき富」という言葉があったのだ。首相が実母から毎月1500万円もの資金提供を受けていた問題を想起させないか――。

 「『労働なき富』というのは、大丈夫ですか?」。閣僚の一人がおそるおそる切り出すと、首相は「自分のことを言われるのはわかっている。だからと言って(ガンジーの言葉が)間違っているんですか?」とむきになった。

 この場で演説を読み上げた松井氏は「途中で感極まって涙を流した」(閣僚)といい、手直しを求める雰囲気ではなかったという。

 閣僚らの不安は的中した。参院本会議場で首相が「労働なき富」と読み上げた瞬間、野党席からは「それはあんただ」と激しいヤジが飛び交った。

 それでも、首相の危機感は薄い。「国民の心に響いたらと思っている。批判も覚悟で思い切ってやらせていただいた」。29日夜、首相は満足そうに語った。

(2010年1月30日07時24分  読売新聞)

ハトヤマ君というのは真性のぼんぼんなのだなぁ・・・と苦笑するしかない。
感極まって涙を流したマツイ君もたいがいだが・・・(笑)
『殿ぉ!この苦境においてさえも、下々の者へのその思し召し、拙者、感動つかまつりましたぁ~!』ってな感じなんやろなぁ・・・orz

この記事がガンジーさんの命日(暗殺された)である1月30日(1948年)に配信されたというのも何かの縁だろうか。

さて、ここでいう「七つの社会的大罪」とは、一般に、
○理念なき政治
○労働なき富
○良心なき快楽
○人格なき教育
○道徳なき商業
○人間性なき科学
○献身(犠牲)なき宗教
として知られているものである。

原文はヒンズー語と英語で表記されているらしく、
○Politics without Principle
○Wealth without Work
○Pleasure without Conscience
○Knowledge without Character
○Commerce without Morality
○Science without Humanity
○Worship without Sacrifice  
となっているらしい。

おそらくガンジーさんの理念からはちょっとずつ意訳(違訳)されているような気がするが、
自分なりに解釈すると・・・
○政治とは原理原則に基づくものでなければいけない。
○不労所得は駄目
○良心の範囲内で楽しみなさい
○教科書棒読みの知識より生きた智慧を
○信あってこその商売
○人間性を失ったら科学ではない
○崇拝は献身あってこそ
ってな感じだろうか・・・

ガンジーさんと言えば、何がなんでも「非暴力」というイメージが先行するが、「不服従」をも説いていて、
『私の信念によると、もし、臆病と暴力のうち、どちらかを選ばなければならないとすれば、私はむしろ暴力を薦めるだろう。インドがいくじなしで、はずかしめに甘んじて、その名誉ある伝統を捨てるよりも、私はインドが武器をとってでも、自分の名誉を守ることを望んでいる。しかし、私は非暴力は暴力よりも優れており、許しは罰よりも、さらに雄雄しい勇気と力がいることを知っている。しかし、許しはすべてにまさるとはいえ、罰をさしひかえ、許しを与えることは、罰する力がある人だけに許されたことではないだろうか。』とも語っているし、『家に悪漢が押し入って妻子が縛り上げられ、今まさに妻が犯されんとしているときに、 『私は平和主義者である』と言って悪漢を殴らないものは平和主義者ではない。ただの臆病者である』という言葉も残している。

リアリズムを持ったタフな政治家、でもあったのだ。
インドにあるのかどうか知らないが、きっと草場の陰で、ご自分が暗殺された年の一年前に東洋の島国で産まれ、労働なき富のせいで宰相になっちゃったぼんぼんに、あきれてらっしゃる事だろう。

ハトヤマ君も言葉尻だけを真似るのではなく、ちゃんと理解し、そして実践してから引用すればよかったのに・・・
『国民の心に響いたらと思っている・・・』って、国民はあんたが思ってるほどAHOちゃうし、あんたよりもっともっとリアルに毎日暮らしてるんよ~(苦笑)
まさに、
○Knowledge without Character
に陥ってるわなぁ・・・

てなことで、AHOはほっといて、ガンジーさんの言葉で、私の一番好きな、
明日死ぬつもりで今日を生きよ、永遠に生きるつもりで学べ。』を

1月の締めくくりの言葉としよう。

2010年1月30日 (土)

これも温暖化のせい?

土曜の日中、事務所に戻ると、銀がはしゃいでいた。
夕方からまた雨になりそうとの事で、カミさんが銀ぶらに連れて行ってくれた直後だったのだ。
「銀、良かったな~」と声をかけ撫でてやろうとしたところ、額の上の方でちらりと茶色いモノが・・・
w(゜o゜)w
慌ててつまみ取ったのがこれ、
100130dani1
きゃぁ~~~!{{{{(+_+)}}}}
幸い、食いつく前だったのですぐに取れて良かったが、危ないところだった。
「山の中へ行ってきたん?」とカミさんに聞くと、案の定、女人道コースで遊んだのだという。
『今頃でも活動してるんや・・・』とカミさんも驚いていた。
これも温暖化のせいか?
しかし、寒い山の中、獲物が通りかかるのをじっと待っとるんやなぁと妙に感心もした。
そして・・・感心しつつ・・・成仏してもらったm(_ _)m
「念のため、フロントラインしとくか?」
『その方がええみたいね』
てなことで、
100130dani2
銀ちゃん、こっちへいらっしゃーい(笑)
で、画像では神妙そうにしているが、この時点では、フィラリアの薬と間違えてて、食べたくてしょうがないのである(笑)
こういう点、銀はるんたと違って誠にやりやすい(笑)
るんたには薬を飲ませたり、フロントラインを付けたりするのに一苦労だったが、銀は薬は大好きだし、フロントラインもどうやらその効能がわかっているらしく、非常に協力的な態度を示すのである。

もっともそれは、私達がそういう風に飼い慣らしたという事ではなく、もともとの性格に由来するものが大きいと思う。

ダニのおかげで、るんたの思い出に浸る事ができた。

ダニに感謝か?(^^;)

迷わず成仏してちょうだいm(_ _)m

2010年1月29日 (金)

これこそ「改正」

昨年、検察審査会には「法的拘束力が無い」と書いたが、その後、裁判員制度開始とともに'09年5月21日から改正検察審査会法が施行され、検察審査会が2度「起訴相当」と決議した案件については、「強制的に起訴される」事になった。
そして一昨日、全国初の決議が出た

これこそまさに法の「改正」ではないか。
当該の副署長に過失があったかなかったか、は、それこそ、この起訴によって行われる裁判で明らかにされる事だが、その前に声を大にして言いたいのは、今まで、ガス抜き、のような存在でしかなかった「検察審査会」制度が、この改正により、検察の独占事項だった「公訴権」を、国民が行使できるようになったという点で、まさに画期的。

「改正」という言葉は巷にあふれてはいるが、実態は「改正する側のご都合主義」による「改悪」が多い中で、今回のはまさに「改正」と言えよう。
・・・ひねくれた目からは、これがさらなるガス抜きでない事を祈るのみである(^^;)

さて今回、検察審査会では、『市民感覚の視点から公開の裁判で事実関係、責任の所在を明らかにし、重大事故の再発防止を望む』としているらしい。

権利を手にして有頂天になり、ヒステリックな市民感覚を振り回すほど、今の市民は愚かではないと思う。
また、愚かであってはならないのだ。
何せ、セージを取り仕切ってるのが愚か者ばかりなんやから、我々市民だけでも、良識を持たねば、それこそ国が滅んでしまう。

さて、この法改正の影響、「高知白バイ事件」にも生かされる事を切に願っているのは私だけではあるまい。

現在、2月の23日の出所を前に、『片岡晴彦さんを支援する会』では、「再審請求への署名活動」も行われている。

出来る事を少しずつでも協力したい。
一市民として。

2010年1月28日 (木)

大寒の二候なれど

大寒の二候、「水沢腹堅」(さわみず あつく かたし・さわみずこおりつめる)なれど・・・
100128rain
豪雨、であるw(゜o゜)w
例年なら・・・と書くのが憚られるほど、ここ数年、天候異変が多いので、もうどんな天候になっても驚かないだろうと思っていたのだが、この雨の降りようには恐怖さえ感じた。
やっぱり温暖化してるんやねぇ・・・
高野山的にはありがたい・・・とか書くと、また誤解を招くんやろなぁ・・・(^^;)
さて、恐怖、というほどでもないのだが(^^;)奇妙な出来事があった。
これまたここ数年、我が家の電化製品オール老朽化につき入れ替え中、諭吉さぁ~んどこへ行くのぉ~な日々なのだが・・・(ToT)
この度、カミさんの要望により、FAX兼用の自宅電話も入れ替える事になった。
無理もない(^^;)
子機も二つあるのだが、いずれも2回の電池交換を経て、いまでは充電台に載せていないと使えない・・・って、子機の意味ないやーん!状態なのである。
てなことで、本日入れ替えたのだが、子機をもう一個増設する設定をしていたところ・・・
ピィィ~・・・ピィィ・・・っと断続的にどこからか音がする。
最初、私が設定を間違えたのかと思ったのだが、どうやら新しい電話からの音ではないようだ。
冷蔵庫の扉が開いてる警音か?・・・違う。
では、ガスレンジの警音?・・・違う。
よくある電子音なのだが、今まで聞いた事がない音・・・しかも、若干かぼそい、というか、夜中に奥の院のさらに奥から遠くひびいてくるトラツグミの鳴き声に似ているのが怖い{{{{(+_+)}}}}
トラツグミ=昔は「鵺」の鳴き声、ですな。
私はともかく、カミさんが耳を澄ましても、音の発生源が特定できないのがさらに不気味さをあおる。
ど、どこから鳴ってるのぉ~{{{{(+_+)}}}}
ひょっとして、家が?って、電子音の家鳴りなんて・・・
数えてみると、ほぼ正確に10秒毎に鳴っている。
キッチンの電気製品のコンセントを順番に抜いていっても止まらない。
こ、怖ぁ~~~{{{{(+_+)}}}}

そして・・・
ついに、判明!
100128fax1
古い方の電話兼FAXから聞こえてくるのであった。
コンセントを抜いた機械がなぜ音を発するのだ~!
盲点やった(笑)
で、耳を近づけてみると・・・
100128fax2
裏側では、かすかながら赤い点滅まで~w(゜o゜)w
ピィィ~というかぼそい音といい、このかすかな点滅といい・・・
『わしを捨てるんかぁ~ゆぅるぅさぁんぞぉ~』みたいに思えるぅ~~~{{{{(+_+)}}}}
てなことで、あちこちさわってみたのだが、一向に止まないので、木屋に放置する事にした(。。 )\バキッ☆
いやその・・・なんぼしぶとい内蔵電池でもそのうち力尽きるのではないかと・・・(^^;)
で、そのままほっといたのだが、
耳ざとい職人さんが、『社長、何か変な音しますけど』とわざわざ報告に来てくれた(^^;)
「音が止(や)まんねん」
『これちゃいます』
100128fax4
な、なんとぉ~!w(゜o゜)w
100128fax5
そうやったそうやった、これ、当時は最新機器で、スキャナーが付いとったんや~!
思い出した思い出した、買うた日に色々遊んだっきり、使った事がなかったから(。。 )\バキッ☆ その存在さえ忘れとったんや~(笑)
「いやぁ~君、えらい!」と、職人さんに礼を言いつつ・・・
100128fax6
スキャナーの中の電池のプラグを抜いたら、当たり前だが音も点滅も止まった(笑)

ああ、怖かった(^^;)

もうホンマ、九十九神かなんかになったんかと思いましたがな~

というお粗末。

おっと、その後、もう一度プラグを差してスキャナーだけを懐に偲ばせて家に戻り、カミさんの部屋に仕込んでさらに不思議がらせたのは言うまでもない(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2010年1月27日 (水)

箕島のマチの中

午後3時過ぎ、箕島の現場へ向け出発~
100127a1
高野山は雪こそないものの肌寒い薄曇りだったが、有田まで来るとピーカン!w(゜o゜)w
眩しい太陽なんて何ヶ月ぶり?(^^;)
100127a2
今日のナビはiPhone君(笑)
充電マウントに装着だと視線を落とさないと見られないので、ついにmio168RS用のカーマウントの座を乗っ取るに到った(笑)
道も空いてるし、この分だと1時間半ちょっとで着くだろう、と余裕で走ってたのだが・・・
どうせ私のやる事だ、そんなにうまくいくはずもなく(ToT)途中で圏外になったとたんに湯浅方面に行きすぎてしまい・・・orz
100127a3
メロスの気分を味わいながら有田川沿いを走るハメに~(>_<)
せめて5時までには着かんと現場の人に悪いぃぃぃ~(。。 )\バキッ☆
100127a4
で、箕島まで来たら圏内になってグーグルマップがえらい詳しく道案内を始めてくれたので、調子こいてマチ中へ侵入したら、車幅ぎりぎりの迷路だらけ~(>_<)
こうなるともうナビを見るどころではなく、塀や壁に当てぬよう、進んでは戻り、戻っては進み・・・(笑)
お寺の屋根が見えてきたので、なんとか到着~!と思いきや・・・
100127a6
違うお寺でしたとさ・・・orz

ちゃんちゃん

2010年1月26日 (火)

ちょっと悔しいが・・・

さぁて、とりいだしましたるは、現在、我が家にあるリモコン達ぃ~(笑)

100126r2_3

左から、ビデオ(Pana)用、ブルーレイディスク(Pana)用、レーザーディスク(Pana)用、オーディオ(ビクター)用、テレビ(シャープ)用、そして最後がブルーレイディスク(シャープ)用。
3番目(レーザーディスク用)と4番目(オーディオ用)以外は、昨年のテレビ買い換えでやってきたもの達だ。
問題は2番目と6番目、
なぜ、ブルーレイディスク用のリモコンが、Pana製とシャープ製、二つもあるのかという事。
といっても、二つ揃ってるのはここ数日間だけで、シャープ製は返品する事になっている、つーか、返品する前にPana製が届いたので、現在、切り替え中につき二つあるだけの話。

その経過は・・・

まずは、必須のテレビ~って事で、これは世界の亀山モデル(^^;)に決定!
電気屋さんから『それなら、ブルーレイディスクもシャープ製にした方が、リンクさせるのに便利ですよ~』とのアドバイスに素直に従ったのだが・・・
『こいつは、うちの家には合わ~ん!』と、録画担当大臣である娘が数時間イヂっただけで断言(笑)

「な、なんでやのん?」
『機能は満載やけど、無駄に細分化されすぎてて、かえって使いづらい』のだそうだ。
娘の言葉を借りると・・・『いちいち必要とは思えないレベルの動作確認まで表示するし、早送りなんかはボタンを押す回数にまで気を遣わんとあかん・・・というのも、最大倍速にした際、一回でも押しすぎると1倍速に戻ってしまうのよ。まぁこれは、旧レーザーディスクでは、戻らなかったから、押し続ければ最速になったわけで、それに慣れてるから不便に感じるだけかもしれんけど』
『そもそも細かな各種機能とその表示に容量が食われてるせいか、明らかに動作が遅い!』
『結論としては、Panaよりも、親切でマメで細かすぎるがゆえに、我が家(つまり娘の使い方)では凄く使いにくい。Panaの方式が我が家に合っていたことに初めて気付いたわ』

という事なのである。

これはヤバい(>_<)
娘が気に入って使ってくれなければ、気楽に「○○撮っといて~」と頼めないではないかいな~(>_<)

ここで、シャープファンの方に一言、
以上、そして以下は、あくまで、十年以上前のPana製レーザーディスクをマニュアル操作で使い続けてきた娘ゆえの感想であり、現行のオートマ&リンク仕様を便利に感じている方には違和感があるかもしれないが、これは我が家の価値判断なので、どうかスルーしていただきたい。

さて、困った困ったこまどり姉妹(^^;)
操作をするたび、娘が怒る、というか鬱陶しがるのである。
当初、私は「そない言うたかて、ほぼ最新モデルなんやから、どこの会社でも同じようなもんなんちゃうのぉ?」とシャープに代わって言い訳していたのだが(笑)『ここが使えん!』と何度も説明してもらい、自分でも操作してみた所、なるほど、こらほんまにちょっと使えんわ~という点が見えてきた。

つまり・・・
シャープの方式だと、こちらがやりたい事にいちいち細かく『あんたが今からやる事はこうでっせ~』と、いったんは応答(にまた時間がかかるんよね~)しておいてから・・・『あんたがさっきからやろうとしてる事は・・・実はできまへんねん~』と、散々待たせておいてから返答する・・・ような事が起こるのである。

あぁイライラするぅ~(笑)

これね・・・例えにするにはどうかと思うが(^^;)・・・お役所仕事に似てるのよ~(笑)

そして何より・・・
100126sharp
番組リストの見にくさ!(>_<)
ローガンズにはキツイぃ~(笑)
拡大表示もできるのだが、それだと一気に拡大されるため、今度は数行しか表示されなくなりいちいちスクロールしなければならなくなる。
ちなみに、Panaの番組リストは・・・
100126pana
見慣れたレーザーディスクのリストとほぼ同じであり、左端に録画画面が音声と共に再生されるので、直感的に選択できるのである。

この差は大きい。

そういえば携帯電話の作り込みにおいても似たような印象がある。
つまり、シャープは先端技術を追い求めすぎ、余分な操作(指紋認証等)をユーザーに強いる事になりがちなのではないか?
そして、その分、動作が遅くなりがち。
Panaの方は、そういうクレームに慣れているというか(笑)必要充分な動作以外はそもそも受け付けない(笑)
シャープの動作がお役所仕事なら、Panaの動作は単一作業専門の便利屋さん?(笑)

で、なぜPana製がやってきたかというと・・・

もう一つのシャープの特徴をいかんなく発揮してくれたからなのだ(笑)

そう、それは・・・フリーズ!(笑)

12月の17日から使い始め、クリスマス前後に早くも最初のフリーズ(笑)
これは、価格コムなどでも目にしていた症状だったので、特に驚きはしなかったのだが、HDDに負荷もそんなにかかっていない状況でのフリーズだけに先が思いやられたものだった。
しかし、この時点では「取り替え」という気持ちは起こらなかった。
というのも、この時点で、すでに多くの番組が録画されており、取り替えとなるとまたそれをDVDなり、ブルーレイなりに焼き直さねばならないからだ(^^;)
めんどっちぃ~!
だが・・・
正月番組等の録画において、三日に一回は必ずフリーズ!となると、面倒くさがってもおられなくなってきた。
そして・・・
それに連動するかのように、SH-03Aがフリーズ
これはきっとシャープの呪いや~(>_<)
てなことで、電気屋さんに、相談?(^^;)したところ、即、同一製品で取り替えるとの提案をいただいたのだが・・・「現品を点検もせんと、即取り替えするようなメーカー自体の態度がイヤじゃぁ~!」という拡大解釈のもと(。。 )\バキッ☆ メーカー自体も替えた上(笑)別の製品に取り替えてもらえる事になったのであーる。
・・・脅してませんてばぁ~(^^;)
・・・「シャープ製で取り替えてもらっても、今度またフリーズしたら、窓からほる(棄てる)よ~!」とか、言うてませんてばぁ~(^^;)
・・・○○戦、応援せぇへんぞ~!とかも言うてませんてばぁ~(^^;)
いやマジ、ホント(^^;)
元々その電気屋さんもPanaのショップであり、シャープには義理が無い事も今回は幸いし、電気屋さんも、メーカーに「叩き返す」らしい(笑)
まぁ、くれぐれも穏便に・・・って、私が言う資格はないなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで・・・
現在、高野山内では販売されていない(^^;)ブルーレイディスクをアマゾンから取り寄せ(笑)
約1ヶ月で録画した番組を娘に移し替えてもらっている最中。
100126sharp2
↑そんな時でも、このような、鬱陶しい表示が出る(笑)
で、この表示を見て一つ戻り、直前に書き込み予約した番組を一つ消しても、またこの画面になるのよねぇ・・・
つまり、馬鹿正直に一回で書き込める「15番組」まではいったん受け付け、後でいちいち「画質を落としますか?」って聞いてくるわけ。
この画像では見にくいが、一番上に、ちゃんとディスク残量をチェックして表示する機能があるんやから、いっそこうなる前に『これ以上書き込み予約をすると、今の画質ではこれ以上書き込めません』って言えば済む事ちゃうの~?
まぁしかし、この七面倒くささも今日限り(笑)
Pana製なら、娘も使う気になるとの事で、せっせと作業してくれているm(_ _)m

以上、取説もろくに読まない親子の、感覚的な評価であるという事を改めてお断りし、取り替え顛末記を終えたい。

何?タイトルの「ちょっと悔しいが・・・」の意味?

メーカーとしては、ザウルスアドエスへの思いが深く、シャープの方が好きやのに、はからずもまたPana製品にならざるをえんかったのが悔しいんです~(^^;)

ちゃんちゃん

2010年1月25日 (月)

餅は餅屋

普通、力持ちは縁の下にいるものだが、うちの場合は木屋の2階で活躍中~
100125h1
1t吊りのホイストである。
2階への材木の運び込みや、床に開けた穴を通して1階の重量物の吊り下げ等に必須のもの。
091111vol3
↑なんかが良い例ですな(^-^)

ところが・・・
↑の巨大欅を吊りすぎたせいか?12月半ばから不調に陥ったのだった・・・(ToT)

動きは単純なもので、鉄骨に沿って東西へ移動するか、上下にウインチを巻き上げるか、なのだが、西、つまり、木屋から外へ向かってはスムーズに動くのだが、東へ、つまり戻る方向になるとしばしば動かなくなってしまうのだ・・・(ToT)

・・・で、そんな時はゴッドハンドで(^^;)って、届かないので、材木で(。。 )\バキッ☆ 100125h2
するとまたしばらくの間は動く、
しかし、叩かなければ働かないなんて、ちょっと感じ悪ぅ~(^^;)
つーか、叩いてまで働かせようとする私の方が感じ悪いか?(^^;)

てなことでだましだまし動かしていただのが、今朝にいたって、ゴッドハンド成功率が極端に落ちだしたのだったorz

ううむ・・・困った(>_<)
よりにもよって、今日壊れるとは、
というのも、今日は残業の後、荷出しする予定になっていて、こいつが動かないと、残業の残業を手運びで・・・という非常に辛いパターンに陥るのであーる(ToT)

と、ここに至ってやっと修理依頼を思い立つ私はAHOか?
いやその・・・
実はこのホイスト、この木屋を建てた時に鉄骨屋さんからプレゼントされたもので、どこへ修理依頼していいのかさっぱりわからないのだった。
やっぱりAHO?(^^;)

しかし、天は吾を見捨てず、窮すれば通ず!
たまたま別の事で来所していた製材屋さんが、知り合いの機械屋さんを紹介してくれるとの事\(^o^)/
そして・・・
ああ、なんと不景気のありがたさよ(^^;)
その機械屋さんも、午後からヒマなもんで、と、和歌山市内からかけつけてくれる事になったのであーる。
100125h3
てなことで、午後3時過ぎ、やってきた機械屋さんは、いつも叩いていたモーターではなく、スイッチを分解しはじめた。
「あのぉ・・・どない考えてもスイッチやのぉて、モーター内部の断線ちゃいますのぉ?」と聞いてみたのだが、黙々とスイッチをバラすのみ。
一瞬、「今日言うて今日来るって、よっぽどヒマなん?まかしてダイジョーブなんやろか?」と不安になった私をどうか許してほしいm(_ _)m
       ・
       ・
       ・
それから約30分、機械屋さんは黙々と作業を続け、私もそれを不安を隠しつつ見守った(^^;)
なんと、
機械屋さんの予想通り、スイッチ内部が一部焦げて断線していたのだった。
『何か、えらい細かい木の粉が入ってますね~これでショートしたんかな?』
「なるほど~!」
約1ヶ月半、欅を吊して削り続けた結果、スイッチ内部に欅の粉が侵入していたのであったw(゜o゜)w

「さすがですね~こっちは素人やから、てっきりモーターが劣化したんかと・・・」
『どっちかへでも動く間は、モーターは大丈夫なんですよ、こういう場合は100%スイッチ側が問題なんです』
「なぁるぅほぉどぉなぁ~」と大感心!
やっぱり、餅は餅屋、ですな~
てなことで・・・
100125h4_2
それ以降、何の支障もなくホイスト大活躍~!

ありがとうございましたm(_ _)m

めでたしめでたし

2010年1月24日 (日)

二日酔い

てなことで、一夜明け、セーブのおかげもあって快調そのもの(笑)
ではなぜタイトルが「二日酔い」なのかというと・・・

二日酔いしてるときは二日酔いについて書く気力もないだろうから、飲んだ翌朝、快調な時に二日酔いの事を書いておこうかと・・・

つーか、今日も一日仕事で他にネタがないんじゃ~(>_<)

しかも、ケツカッチンやから、短めに書くんじゃ~
・・・って、ホンマはこれ書いてるの月曜の夕方やけどね(。。 )\バキッ☆

いやそのあの(^^;)
日曜の朝はこんな気分やったという記録ですがな~(^^;)

てなことで、夕べ、セーブできたのが誇らしかったらしい(笑)
ちゃんと家まで歩いて、午後9時半には帰ってたし(笑)
その頃にはほとんどシラフ状態やったんで、カミさんがかえって心配したっちゅーねん(笑)

嗚呼・・・しかし、30代までは二日酔いを知らんかったのになぁ・・・
なんぼ飲んでも次の日はシャキっとしてたもんやで・・・
いつやったやろ、初めて二日酔いになった朝。
「なんやこれ~気持ち悪いや~ん、なんぞの病気やろか?」とマジで心配したもんやった。

高校の頃が懐かしいなぁ・・・(^^;)
何しろナンボ飲んでも酔へへんし、酒を大量に買うお金もないしで、酒飲みの友達数人で一所懸命工夫したよなぁ・・・(。。 )\バキッ☆
逆立ちしながら、とか、飲んでから全力疾走、とか、椅子でくるくる回りながら、とか・・・
あの頃からもうAHOやったんやなぁ・・・
法事の時に親戚のおっさんに薦められるまま、二升七合飲んでひっくり返った事もあったなぁ・・・
おっさん、飲んだ量を覚えといてくれたのはよかったけど、私が死んどったらどうするつもりやったんやろ?
大学の時、これも酒飲みのツレらと、飲み放題のビアガーデン行って、たしか大ジョッキ18杯から、飲み放題のくせに出してくれんだよなぁ・・・
そうそうあの頃の得意技が、バーボンの一瓶一気のラッパ呑みやった(。。 )\バキッ☆
よぉ死ねへんだもんや・・・

まぁしかし、それでも二日酔いをしなかったのには、単純な答えがある。

そう・・・飲み過ぎたら・・・吐いとったんですわ~(。。 )\バキッ☆
もちろん、これ、自分の自由意志ではなく、自然に余分なアルコール分が対外に排出されとったわけでね(^^;)
ちなみに、私の師匠は、自分の意志で自由自在に吐ける、という特技の持ち主で、どんな外国でどんな食べ物を食べても大丈夫なお方。
「ん?」と、ちょっと変な感覚があったら、即、吐くそうな・・・

そんな特技の無い私は、ひたすら自重するか・・・えらい目ぇに遇うかのどっちかというわけ(笑)

てなことで、年齢が重なった分、賢くはなってないが、体力とアルコール分解能力は著しく衰えたため、最近ではあまりベロベ浪漫に変身する事もなくなった・・・はず(^^;)

まぁ・・・変身する前に、寝てまうだけやけどね~(笑)

ちゃんちゃん

2010年1月23日 (土)

熱燗

今週は夜の会合が集中。
月曜が、まちけんの新年会で、水曜がJCの総会、金曜が町内会の役員会で、今日が某クラブの炉辺会合。つまり、火曜と木曜だけが空いていてたが、結局、その日は家で飲んd・・・(。。 )\バキッ☆
ただまぁ、昨年の一件もあるし(^^;)自然にセーブもできたようで、一回もベロベ浪漫に変身はしてない・・・はず(^^;)
その証拠に、各夜の記憶も、だいたいは残っている・・・(^^;)
だいたい、というところがちょっとアヤシイか・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、今日はもうホントに細心の注意を払い、杯をコップに代える事もせず(^^;)ちびちびと熱燗を飲んだ。
それでも飲むんかい!と言われると、返す言葉がないわけだが・・・(^^;)

しかし我ながら熱燗が好きだと思う(笑)
特に冬場、
また、私はなぜか、この時期になると、焼酎のお湯割りが苦手になるのだ。
むしろ、夏場の方が、焼酎のお湯割りを飲む機会が多いと思う。
熱燗を好むのはおそらく「体をあたためたい」という本能的な指向だと思うのだが、だったら、焼酎のお湯割りが最適のはず。ところが、夏場だと感じない、蒸発したアルコール分が鼻をつく感じが、どうにも気にかかる。
ちょっとした、温度差、というものに一番敏感になるのが冬場なのかもしれない。

そして、熱燗で酔うのと、焼酎のお湯割りで酔うのとではちょっと違う気もする。
熱燗で酔うと、あくまでベロベ浪漫に変身する直前くらいの状態だが(^^;)まさに羽化登仙の心持ち、というのがしばしば現れる。ご機嫌だ、何でも許せる。自分さえも!
焼酎のお湯割りで酔うと、そこまではいかない、というか、現実の世界に向かってしゃべり続ける事になる(^^;)
まぁ・・・そばにいる人にとってはどちらも迷惑な話には違いないが・・・m(_ _)m

てなことで、今日は熱燗をちびちび・・・
昨日はぐびぐび・・・(。。 )\バキッ☆
一昨日は・・・ごくごく?(。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆
一昨昨日は、かぽかぽ・・・(。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆
一昨昨昨日・・・ってな言葉は無いか?ええと四日前は・・・ってもうええか?(^^;)

いずれも、笑顔で飲めた事を幸せに思う(^-^)

ありがとうございますm(_ _)m

2010年1月22日 (金)

お地蔵さんに出会う

高野山だから、という事でもないのだが(^^;)、私は時々、お地蔵さんに出会う。
いきなりそんな事を書くと、あんた、頭が逝ってしもたん?と思われるかもしれないが(^^;)
心が荒みかけた時、いつも救っていただいている。
091001jizodo1
さて、小学校の通学路の道ばたに、かなりくたびれた(^^;)小さな地蔵堂がある。
その老朽化具合とサイズのせいで、普段は見過ごされがちだ。
PTAの会長さんから、『新しくしたいんですが・・・』と相談された時、すぐには思い出せなかったくらいである(。。 )\バキッ☆

その後、紆余曲折を経て(^^;)当社が製作し、その半額分を寄付する、という事になった。
うちの娘も息子も、小学校にはあまり良い思い出がないのだが(^^;)私自身は大いにお世話になった学校だし、うちの母も通算で20数年奉職させていただいた。
家族一同、大きな怪我も無く卒業できたのには、やはりこの通学路を見守っていただいているお地蔵さんのおかげやもんね。

てなことで・・・
100122jizodo1
若干、凝ってしまったものだから(^^;)半額寄付・・・といってもけっこうな出費やなぁ・・・などと、さもしい事を考えながら(^^;)据え付けをしていたのだった(。。 )\バキッ☆
するとその時、
『ありがとうございます!』と背後から声がかかったw(゜o゜)w
驚いてふり返ると、ちょうど帰宅する途中だったのだろう、4、5年生とおぼしき二人の小学生が立ちどまり『寒いけどがんばってください!』とも言ってくれた。
「あ、ありがとう、がんばるわな~」とお礼を言った。おそらく赤面していたと思う(^^;)

あのくらいの年齢の子供が、工事中の赤の他人のおっさんに、あんなに素直に声をかけられるものかと驚くとともに、仕事を金額でしか考えられなくなっていた自分に気づいて、ものすごく恥ずかしかったのだ。

そして・・・
立ち去る二人の小学生は、実はお地蔵さんなのだと気付いた。
さもしい根性に陥っていた私を救いにきてくださったのだ。
100122jizodo3
その後の作業は、ものすごく気持ちよく、そして感謝を込めて進める事ができた(^-^)

どこの子達かは知らないが、あのように育てられた保護者の方にも敬意を表したい。

以前、ある事でものすごく腹を立てながら車を運転していた時、反対側の歩道をニコニコしながら歩いている子供がいて、その笑顔を見たとたん、イライラが雲散霧消してしまった事があった。その時「あれは、お地蔵さんやったんや~」と気付いたのだ。

この感覚、信心、でもないし、信仰、でもないと思う。

ただ、時々、いや、おそらくはいつも、
こうやって救っていただいているのだ。
そう思っている。

100122jizodo2
どうかこれからも、子供達が笑顔で過ごせますように。

おんかかかびさんまえいそわか

2010年1月21日 (木)

FMトランスミッター

昨日、ネットで見つけてポチッとしておいた(^^;)iPhone用のFMトランスミッターが、もう到着w(゜o゜)w
100121fmt1
iPhone用のFMトランスミッターはいろんな種類が各社から出てるが、シガープラグ一体型で固定もできるし、充電もできるという点がポイント。
アマゾンでも売られてるが、それより500円ほど安く買う事ができた(^-^)
100121fmt2
ちょっと感心したのは、このプラグ尖端のシリコン製?のツバ、
最初、梱包上のクッションかと思い取り外しかけたのだが(笑)なるほど、これは抜け落ち防止なのだと納得。
ただ、あまりにもデカいので、このままちゃんと挿せるんかぁ?あちら製やから適合するソケットの形が違うんちゃうのぉと若干心配しつつ、おそるおそる挿入してみたら、意外にすんなり入って、少々では抜けそうにないという、ごっつええ感じ~(^-^)
100121fmt4
フレキシブルアームはやや頼りない感じだが、ケースを装着して若干重くなってるiPhoneでも落下する心配はなさそう。
100121fmt3
周波数帯は、Made in Chinaながら欧州仕様らしく、88.1MHz~107.9MHz、とりあえずそのまま、箱バンのFMラジオの方を88.1MHzに合わせてiPodをON!
ううむ・・・
かすかにしか聞こえな~い(>_<)
やっぱりフルボリュームにせんとあかんか・・・
てなことで、iPhoneの方を最大出力にして、FMラジオのボリュームも普段聞いてる音量よりかなり上げると・・・
おお~いけるや~ん!
ただし、発売元が「ノイズもほとんど気になりません。」と書いている通り、気にならないレベルではあるが、ノイズはちゃんとある(笑)
これ、正直と言えば正直、発売元の良心?ですな~(笑)
まぁそんなに高い商品でもないし(元値はけっこう高いが6割以上値引きされている(笑))ノイズがある方が、FMらしいや~んと納得する事にした(笑)
100121fmt5
もちろん、音楽を聴きながら、グーグルのナビも併用できる(^-^)

・・・これで、私の箱バンには、mioP560PSPのタチコマnavi、そしてiPhoneと、三つのナビが勢揃いする事になった(笑)
そんなに一杯取り付けてドースルの?と思われるかもしれないが、方向オンチだからいくらあっても足りないくらいなのだ(^^;)
・・・まぁ、船頭多くしてなんとやら・・・とも言うけどね~(笑)

ちゃんちゃん

2010年1月20日 (水)

あれから一年・・・(^^;)

あれから一年・・・
え?何から?って?
あれですがなあれ~(^^;)
100120jcri
↑2次会の前に当該箇所で再現・・・(。。 )\バキッ☆

さて・・・それに先立つ事3時間ほど前、
100120jc1
(社)伊都青年会議所の総会で、バッジの交換が行われた。
JCに対する思いは、2007年の総会の時に書いてるのでよろしければご参照を。

時代の流れか、年々、会員数は減少しているようだが、その分、鋭気はみなぎっているようにも思えた(^-^)
後輩諸君、ぜひ、第二の青春を悩みつつ満喫してほしい。

この後、OBと現役メンバーによる懇親会となるわけだが、会う人ごとに『今日は飲み過ぎたらあきませんよ~』と注意されて恐縮しきりm(_ _)m
ほんとにその節はご心配をおかけしてすんませんでした~m(_ _)m
100120jc2
・・・でも、懲りてな~い?(。。 )\バキッ☆
いやそのあの・・・(^^;)
これはわざと昨年の再現をしてみたもので、こんな感じでがぶがぶ飲んでましたよ~と、またみんなによってたかって注意されたのでありますm(_ _)m
ホントにすみませんm(_ _)m
で、今年は飲み過ぎないよう、iPhoneをイヂる事にした。
100120jc3koji1
フィギアマンさんを・・・
100120jc3koji2_2
「HourFace」というアプリで老けさせてみたらこれがバカうけ!(笑)
100120jc4teityo1
亭長さんもと言うので・・・
100120jc4teityo2
やってみたら、妙にリアルで怖かった(^^;)
てなことで、ベロベ浪漫に変身する事なく、懇親会も和やかにお開き~
        ・
        ・
        ・
100120jc5

で、当然の事ながら、今年は事故もなく(^^;)
超!賑やかに2次会満喫ぅ~\(^o^)/

たくさんの元気をありがとう~

めでたしめでたし

2010年1月19日 (火)

腰痛を楽しむ

一昨日、久しぶりに徹夜状態で仕事をした。
40台半ばを過ぎてから、体力が衰え、徹夜明けの日中に影響するので、徹夜仕事はなるべくしない、というかできなかったのだが、一昨日だけはケツカッチンだったので、やむなく敢行したのである。
幸い、午前4時半過ぎにはなんとか終了、翌日(つまり昨日)は、まちけん新年会という事もあり、体力を温存しておこうと、2時間ほど椅子の上で仮眠した。
まぁこれは冬場の徹夜状態の時はほとんどそうしている事で、家まで帰る間の数十mの極寒地帯により凍えるのを防止するためと、そもそも家まで帰る元気がないためである(笑)
で、午前6時半過ぎにはスッキリと目覚め、「おおっ!まだまだ徹夜できる体力があるやーん」と喜んでいたのだが・・・
トシをとると、筋肉痛が一日遅れでやってくる如く、今朝になって強烈な腰痛が襲ってきた・・・
ぐわわわわぁ~ん!(ToT)
椅子で仮眠したのが原因としか思えないのだが、それにしても強烈な痛みで、寝返りをうつのがやっとという状態・・・orz
なぜか、仮眠した時の角度で椅子に座ると、一番マシというお粗末。
この腰の角度でがくんと眠り込み、そのまま2時間動かなかったためだろうか?
よくわからないまま、半日寝て過ごす。
体調不良で動けないなどというのは、何年ぶりだろう・・・?
それにしても痛い。
昔・・・高校生の時に、どんま(馬跳び)で痩せたヤツに腰を直撃され、三日間動けなかった時以来の痛みである。
なんて懐かしい痛み・・・(^^;)
てなことで、夕方になってずいぶんマシになったのだが、念のため銀ぶらは娘に代わってもらった。

ううむ・・・それにしても・・・
これがトシをとる、という事なのだろうなぁ・・・
すでにローガンズやし、歯もあちこちガタがきてるし・・・
いやしかし、(^^;)
絶望は愚者の結論!
あちこちガタが来た体とどうやっておりあいを付けていくか考えた方が楽しいぞ(笑)
高校時代の痛みを思い出せて良かったやんか~(笑)

てなことで、今日は腰痛を楽しむ日、としておこう。

けっこう負け惜しみが入ってるけどね~(笑)

ちゃんちゃん

2010年1月18日 (月)

まちけん新年会

18日午後7時から 中央食堂さんぼうさんで、まちけん(高野山まちづくり研究会)の新年会。
100118matiken
十数名の参加者で、乾杯用のビールが3本・・・(^^;)
「な、なんで?そないみな飲めへんのぉ?」と素朴な疑問を発したら・・・

『飲み物代は別ですから、高くつきますんで、できたら持ち込みのお酒と焼酎で始めてください』
と、答えてくれたのが・・・

この店のご亭主(笑)たろ~君であった。

「お前、そらなんぼなんでも悪いやん」

『いいですいいです、飲めへん人も、うちの瓶入りのウーロン茶出したら割高なんで、これから買うてきます~』

で、彼はコンビニにウーロン茶の2Lパックを買いにいってくれましたとさ(笑)

なんて、ええ店なんや~!

拍手~!!!

以下、ベロベ浪漫一歩手前で踏みとどまった事を特記して、

ちゃんちゃん

2010年1月17日 (日)

捜索願い(転載希望)

以下、飼い主さんからの捜索願いを転載します。

***転載ここから***

行方不明のサルーキ捜索願い&転載のお願い

昨年平成21年12月13日日曜日夕方より、
サルーキ「アンジェリス」君が行方不明になりました。
行方不明になった場所は三重県度会郡ですが、近隣の伊勢市、
南伊勢町に限らず、日にちも経っております関係上、あらゆるところにいる可能性があります。

誰かに保護され、県外へ車で移動している可能性さえ捨てておりませんので、どうぞ県外の方でもブログ等へ掲載していただけるようでしたら、よろしくお願いいたします。

県外でのレスキュー欄に掲載されている等の情報なども、どうぞよろしくお願いいたします。

犬種:サルーキ
性別:オス(未去勢です)
年齢:2歳8カ月
毛色:フォーン(薄い茶色で、耳毛の先だけが少々黒いです)
体高:72cm

体重:25kg.(行方不明当時)
名前:アンジェリス(普段は「アンちゃん」「アンジェ」と呼んでおります)

足が長く、体の細い大型犬です。
C187d954
A35d2789
行方不明になった折に付けていた首輪は、真っ赤な幅5㎝の布製のハーフチョークです。リードは付けていない状態です。
59866b9d
また、白いレースのスヌードも付けておりましたが、自力で脱ぎ捨てて付けていない可能性が高いです。
E8a42248
もし、このような犬を保護していたり、見かけたりしましたら、下記のメールアドレスか、このブログのコメント欄より「非公開コメント」をクリックしてご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。
eruandan@excite.co.jp
尚、このメールアドレスは携帯からはご利用になれません。 パソコンからのメールにてご連絡いただけますようお願い申し上げます。 尚、この記事のコメント欄にて「アンジェリス発見」に直接繋がるコメント以外には返信ができかねるかもしれませんが、どうかお許しくださいませ。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

***転載ここまで***

2010年1月16日 (土)

二つのキー

今日は二つのキーに悩まされた?日だった。
一つは、久々の開錠依頼で○○○○製の両面キーで○○なヤツ(^^;)
何のこっちゃ?って、詳しく書くとやはり防犯上支障があるので書けないのだ(^^;)
とにかく、ちょっと修練がいるやつで、ディスクタンブラーは比較的簡単に開錠できたのだが、クラッチがどうもうまく回らない。
以前は錠のセットを机の上に万力で固定しておき、一日一回は練習していたものだったが、次第にサボるようになり、つーか、その練習時間をブログ作成に充ててたわけで・・・(。。 )\バキッ☆ すっかりウデが鈍っていたのである。
嗚呼、ナサケナイ、昔なら数分で開けられたのにぃ~と嘆きつつ、必死こいてなんとか成功。
やれやれ、なんとか依頼に応えられたと喜んだのであーる。
100116usbkey
もう一つ、キーはキーでもUSBキーには泣かされた(ToT)
アナログなキーなら、何とかできるが、こいつだけはもう完全ブラックボックス!
なんで反応せぇへんねーん!
図面が描かれへんやんけ~(CAD用のキーなのである)
一回紛失して再発行してもらったからか?(。。 )\バキッ☆
土曜日はサービスも休んでるし困った困ったこまどり姉妹じゃぁ~~~(ToT)
てなことで、ここでもSH-03Aの株が上がる事になった。
そういえばCADの更新をするときに、担当の兄ちゃんの電話番号を聞いてあったはず。
「おまん(お前、と呼び捨てにするのは気の毒な場合の呼び方(^^;))が24時間体制でサポートしてくれるっちゅーんなら更新するわ」と聞き出しておいたのだった(笑)
・・・
あの兄ちゃんの名前、なんちゅーたんやっけ?(。。 )\バキッ☆
ぐわぁ~
今日現在で833件登録されてる電話帳の中から見つけださなあかんのぉ~(>_<)
もう、手ぇで描こか?(^^;)
いや、まず、前に描いた図面をチェックせなあかんからやっぱりCADが動かんと困るんや~(>_<)
ええと・・・ええと・・・
たぶん私の事やから、当然の事ながら「名前を忘れる」という前提で登録してるはずや!(笑)
てなことで・・・
CADの名前・・・×
会社の名前・・・×
ううう、ホンマに登録したんやったっけ・・・?
ひょっとして、ドコモのお預かりサービスが消してしもたんちゃうんやろか?
うううぅ~!
と、
電話帳にはアルファベットの項目もあるのを思い出した。
「CAD」で登録・・・「C」の項目ぅ~
CF-R6AWBA・・・おお!これか?
って、これ、ノートパソコンに割り当てたアドレスやんかーっ!orz
どないすんねんなぁ~(ToT)
と、
窮すれば通ず?(^^;)
まさかとは思ったが、キャドの「キ」で見てみたら・・・
ありましたありました~(笑)
それにしても、なんちゅーアナログな「ふりがな」振っとんねーん!俺!(笑)
てなことで、何とか連絡が付き、お兄ちゃん、土曜日も仕事してたようで、会社からデスクトップコントロールでUSBのキー認証をしてくれた\(^o^)/
やれやれ、
てなことで、アナログなキーは自分が開錠して喜んでもらい、
デジタルなキーは開錠してもらって喜んだという次第。

週末の大騒動、これにて一件落着~

ちゃんちゃん

2010年1月15日 (金)

今頃愛着が・・・(^^;)

嗚呼、なんということだろう・・・(^^;)
突然の故障により、電池以外はおニューになったSH-03Aに、今頃愛着が湧いてきそうになっている(笑)
水没したP-01Aが復活した時に、『実は現行のSH-03A、過不足無く使え、機能にも不満はないのだが、その分、とりたてて言うほどの個性はなく、私の携帯史上、初めてと言っていいくらいまったく愛着が湧かないモデルなのである(^^;)』と書いている通り、この1年(-1週間)の間、かつてのプレミニやSO-902、そして、L-704iなどというマイナーな携帯にさえ、ほとんど執着とも言えるくらいの情熱を注いできたというのに(^^;)SH-03Aに関しては、SH-04Aの後継機種が出るまでのツナギ・・・みたいにしか思っていなかったのである。
なぜだろう?
二つ折り、という形態がそもそもイヤなのだろうか?
いやしかし、わずか1ヶ月ちょっとしか使わなかったP-01Aにすら、けっこう愛着は湧いていたから、二つ折りが原因ではないはず・・・
私はこの電話の何が、どこが、イマイチ気にくわないのであろうか・・・
てなことで、機能的には初期のインプレでも書いてる通り、むしろSH-03Aの方が優れているにもかかわらず、この一年、何かしらの鬱陶しさを感じ続けてきたのであった。
それが、
今回の交換以降、何やら愛着らしきものが湧き始めたのであるw(゜o゜)w
なんでや?
・・・で、答えはめっちゃ簡単だった(笑)
その原因は「指紋認証」なのだった。
SH-03Aにはタッチセンサーなる機能が付いていて、あらかじめ登録しておいた指でセンサーをなぞる事で暗証番号入力の代わりにできるようになっている。
これがね・・・
そんなに時間がかかるわけでもないのに、鬱陶しかったのが今回の交換で判明したのだった。
というのも、すっかり忘れていたが、初期設定では指紋認証などなく(指紋を登録してないのだから当たり前だが(笑))暗証番号オンリーなのである。
で、ショップで交換してもらってから、いろいろイヂってるうちに、例えばメールの再振り分け等、暗証番号の入力が必要になる場面で・・・
100115sh1
↑前回までは必ず出た、この画面が出ず、暗証番号を聞いてくるのみ、なのだった。
繰り返しになるが、この認証方法にするためには、あらかじめ指紋を登録する必要があり、今回は登録せずに使い始めたから暗証番号を聞いてくるだけなのは、当たり前なのである。
(ちなみに↑の画像は、この説明をするために、わざわざ指紋を登録し、指紋認証をONにして撮ったものである・・・って、ヒマとちゃいまんねんでぇ~(^^;))

しかしこの「当たり前」の事が、取説も読まず、初期に嬉しがって登録したまま使い続けていた私を、いつしか「SH-03Aは何かというと指紋認証を要求する鬱陶しいヤツ」という間違った固定観念の虜にしてしまっていた。
100115sh2
だからして・・・タッチセンサーに対し、垂直方向に指をなぞらないと認識されない仕様なのに、片手で使いたいばかりに、右でも左でも親指をこの角度から、垂直方向に動かして正しく認識させるよう練習もしたくらいなのである(笑)
(これ、書くと簡単そうやけど、けっこう難しいのよ~親指の軌跡がぶれやすいからね~嘘やと思たら、いっぺん自分の携帯でやってみぃ~ってそんなヒマちゃう?(^^;))

まぁ、そこまでしなくても、指紋認証を要求された時、別のボタンを押せば、暗証番号入力に切り替えも可能なのだが、そうなると、余計な操作が増えてまためんどっちぃ。

特にシークレットモードなどを使ってるわけでもないので、そんなに指紋認証を要求される場面は多くないのだが、出くわすと厄介に思う。それの繰り返しだったのである。

ところが、今回の交換で、「指紋認証など登録せずとも使える」という、めっちゃ基本的な事が判明!(笑)
もちろん、暗証番号入力オンリーで使う事にしたのは言うまでもない(笑)

すると・・・
なんとなんと、SH-03Aに抱いていた、なんとなく鬱陶しいイメージがきれいさっぱりなくなってしまったのである(笑)

なんて単純な!(。。 )\バキッ☆

結局私は、めんどくさがり、なのだろう。
次の操作のために余計な動作をしたくない。に尽きる!(笑)

それもこれも、嬉しがって初期設定で指紋を登録した私が悪いのだが(^^;)今は、先代SH-03Aの故障も結果オーライ?(笑)

ひょっとしたら、iPhone効果もあって、長いつきあいになるかもしれないと思っている。

ただ一つ心配なのは・・・また、突然壊れるのではないか?という点のみ・・・

しかしまぁ、これもまた天の配剤だろう。

二代目SH-03A君、そういうわけで、改めて今後ともよろしく~!

ちゃんちゃん

2010年1月14日 (木)

携帯メール(入力)からの解放

昨日、『SH-03Aには出来るがP-01Aには出来ない事(それはまた別に書く)』とか、『次はSH-03B宣言をしたような気もするが(^^;)iPhoneがある現在、携帯メールの鬱陶しい打ち込みはしなくてもよくなったので(これはまた別の話で書く)』と書いた理由がこれ。
100114optiscan
何のこっちゃ?って?(笑)
これ、iPhoneのOptiscanというアプリで、もともとはQRコードを読み取るためのものなのだが、逆もOK!なのだ。つまり、テキスト文章をQRコードに変換できるという便利なもの。
P-01A購入の時に書いたが、携帯の「2タッチ入力」が苦手な私は、普通の「かな文字入力」でしか携帯メールが打てず、長文になればなるほど、ポチポチポチ・・・と、一文字ずつ打っていくのが苦痛でしかたがなかった。
てなことで、今までも長くなりそうな文はいったんPCで作ってメールで携帯に送り、それをコピーして使っていたのである(笑)
それがこのOptiscanの導入により、iPhoneの快適!フリック入力で文章を作り、QRコードに変換すれば、携帯で直接読み取れるようになったのだ(^-^)
フリック入力に関しても、おかげさまで、iPhone導入以来、猛特訓(笑)した甲斐があって、今ではキーボードのブラインドタッチの早さ並とは言えないが、ほぼ不自由も鬱陶しさも感じないレベルで入力できるようになったから、常時携帯できるiPhoneから直接コピーできるという事は、長文メールを打つときに、いちいちPCの前に座らなくてもいいし、あるいは小さいとは言えノートパソコンを常時持ち歩かなくてもよくなったわけで、各段に便利になったというわけ。
てなことで、『SH-03Aには出来るがP-01Aには出来ない事』というのが、QRコードの読み取りなのだ。
正確にはP-01Aにもバーコードリーダーは付いていて、名前とアドレスのみ、というような簡単なQRコードは読み取れるのだが、長文をQRコード化すると、これが全く全然ちっとも読み取れないのであるorz
P-01Aの場合は、バーコードリーダーを起動すると、ズーム機能が自動的に実行されてしまうので、iPhone上に表示された大きなQRコードを読み取るためには、携帯をかなり画面から離す必要があり、その分、手ぶれも大きくなり、ますます読み取りにくくなるようだ。
SH-03Aの場合は、拍子抜けするほどあっさり読み取ってくれ、「全コピー」で相当な長文まで一気にコピーもできるから、そのままメールの本文にペーストすればいいだけ。

てなことで、『次はSH-03B宣言をしたような気もするが(^^;)iPhoneがある現在、携帯メールの鬱陶しい打ち込みはしなくてもよくなったので』と書いたのも、同じ理由。
小型キーボードが装着されているSH-03Bは、現行の同タイプであるSH-04Aよりさらに進化を遂げていると信じ、2月の発売を待ってゲットしようかと思っていたのだが、それは全て、長文メールをいかに楽に打つか?だけが目的。
ただし、それを書いた時は、この世にフリック入力というものがある事すら知らなかったわけで(^^;)いったん、この入力方法を知ってしまうと、小型のキーボードによる入力には戻りがたいというのが正直なところ。
また、iPhoneでも、タッチパネル式ではあるが、小型キーボード入力もできるので、今の時点ではそれ以上の「よほどの便利さ」が無い限り、電池はともかく、本体がおニューになったSH-03Aを使い続ける方が無難だろうという結論なのである。

まぁ、着メロも取り替え後の二日間でかなり入れ直したし、また新しく入れ直すのがめんどっちい、というのが本音かも?(笑)

ちゃんちゃん

2010年1月13日 (水)

SH-03A 拗ねた?

実は、東京へ向かった11日、朝からてんやわんやだった。
というのも、いつもなら午前六時半に自動オンしてるはずのSH-03Aが↓の画面のままフリーズしていたのである(ToT)
1001011d1
携帯電話なるものを使い出して約20年、水没を除き(^^;)完全フリーズは初めての経験だった。
よりにもよって、これから東京へ出発せなあかん時に何で壊れるのぉ?
で、一瞬パニくりかけたのだが、そこはそれ、年の功?(笑)
しゃぁない、こんな時のためにmovaを持ち続けてきたんやんか、出番やで~プレミニ君~!と思い直したのだった。
movaだとメールの受信料等の割引が利かないなんてこの際言ってられないしね~
と・・・いったんはプレミニに切り替えようと思ったのだが、充電できてないやんか~orz
以前はプレミニ用の乾電池式充電器も持ってたのだが、そんなもんどこに行ったか今から探しとったら電車に乗り遅れてまうで~(ToT)
と、再びパニくりかけたのだが、そこはそれ年の功?(笑)
そうやったそうやった、昨年に超復活を遂げたP-01Aがあるではないかいな~!
あれなら充電ジャックの形状は共通やから現行の電池充電器でいけるやーん!
てなことで、再び放置プレイされていたP-01AにSH-03Aから抜き取ったFOMAカードを差し込み、作動確認の上、出発したのであった。
ただし、こいつは一度完全水没しているから(^^;)いつ壊れるか、はなはだ不安。
てなことで、どこかで充電できるだろうとの期待を込め、プレミニ+充電器も持っていく事にし、そこへSH-03Aも未練がましく持って(笑)、おまけにiPhoneとそれの乾電池式バッテリーと充電セットって、鞄の中、コードで一杯やがな~(笑)
とまぁ自分的大騒ぎのあげく、P-01Aはすこぶる快調のまま東京から無事帰還、本日になって、SH-03Aの修理依頼に行くことになったという次第。
考えてみたら、昨年の水没がたしか1月の21日で、翌日、病院へ行く前にドコモショップへ行って(笑)買い換えたのだから、まだ一年たってないや~ん!(`へ´)
SHARP製品はそんなに壊れやすいんか?
それとも、iPhoneばかりかわいがるから拗ねたんか?(^^;)
100113s1
ちなみに、先行車が示す通り、橋本まで下ってきても雪が落下せず、こびりついているくらい、高野は大雪で、橋本は極寒!{{{{(+_+)}}}}
そして・・・
100113s2
やっとの思いでたどりついたドコモショップは・・・閉まってた~
つぶれたんか?(^^;)
って、ドコモショップって年中無休違うの?ええ~???
と、看板を見たら、毎月第2水曜が定休日との事、よりにもよって、月1回の休みの日を選んで来るかぁ俺?(。。 )\バキッ☆
しくしく・・・(ToT)
明日また来るなんて耐えられんわ~、もういっその事、このままP-01Aを使い続けよか?と落ち込みかけたのだが、東京へ行ってる間に色々試した結果、SH-03Aには出来るがP-01Aには出来ない事(それはまた別に書く)があって、何としても復活させないと不便極まりないのだ~(ToT)
ううう、どないするぅ~と三度、パニくりかけたが、そこはそれ、年の功?(笑)
なにもここだけがドコモショップという事はない、日本中のドコモショップが毎月第二水曜に休むわけもないやろし、近場で探したらええねん~
てなことで、iPhoneちゃんの出番!(^-^)v
検索したらあっさり、隣町であるかつらぎ町のドコモショップが見つかった。ネット情報によると、ここは第3水曜が休みとの事、やっほぉ~\(^o^)/
やっぱりちゃんとずらしてるんやね~世間様は俺より賢いわ~(^^;)
で、今度は電話してみた。最初からそうすればよかったのだ(笑)
『7時まで開いてます~』
充分間に合うや~ん!\(^o^)/
        ・
        ・
        ・
100113d3
てなことで、約30分後、
『一応、大きな傷がないかもチェックさせていただく事になってますので・・・』と気の毒そうに言いながらも、容赦なくお姉さんによって剥がされたカーボンシールを見つめながら、この故障はSH-03A本体のせいなのか、はたまた私の取り扱いが乱暴だったのかの審判を待っていた・・・(^^;)

結果は、水濡れ無し、大きな傷も無し、で、やはり機械のせい、という事だった。
で、一年未満の故障、かつ、このショップには同型同色のモデルがあるので、すぐ交換も可能との返事。
ただしその場合、現行機種からデータはサルベージできず、故障の原因もわからぬまま召し上げられるとの事。
もし、希望すれば修理扱いとなり、1、2週間を経て、現行機が戻ってくるらしい。故障の原因もわかったら教えてもらえるそうだ。

待てるかーいっ!(笑)
どうせ、原因不明!に決まってるしね(笑)
つーか、この時点で、SHARPにすごい不信感発生~!
というのも、口の重いお姉さんに笑顔で尋ねた結果(脅してませんてば~(笑))どうやらこの機種、この手のフリーズがけっこう多いという事が判明したからだった。
しかも、大事なカーボンシールも剥がされてしまったし(ToT)データは「お預かりオプション」に入ってるから何とかなるし、他にメール等がサルベージできたとしても、音楽系は全滅に決まってるから結局、また、着メロ探しをしなければいけない(笑)
それならもう今晩から取りかかりたいぜ~(笑)
以上、約0.5秒で結論を出し(笑)「はい、取り替えてください」と明るく返事(笑)
さらにお姉さんが申し訳なさそうに・・・
『電池は現行のままで、新しくなりませんが・・・』
「はいはい~わかってます~」
『保障期間も延長されず、22日には切れますが・・・』
「はいはい~今度壊れたら、別の会社のにしますわ~」
てなもんだった(笑)
(ただ、一年を過ぎても、機械側が勝手に故障した場合は、取り替えはしてもらえないが、無償修理にはなるようである。)

てなことで、昨年だったか、次はSH-03B宣言をしたような気もするが(^^;)iPhoneがある現在、携帯メールの鬱陶しい打ち込みはしなくてもよくなったので(これはまた別の話で書く)当分こいつとつきあってみる事にする。
案外、今まで知らなかった使い方を発見したりしてね(笑)

ちゃんちゃん

2010年1月12日 (火)

帰山

昨夜の興奮もさめやらぬ早朝、東京を出発。昼までには帰らんとね~(^^;)
てなことで、東京滞在は夕方から明け方まで、行程的には忙しいビジネスマンみたいだが新幹線の中でやった事と言えば・・・
100112s1
曇り空の下での富士山探し~(笑)
iPhoneのアプリで、Peak.arってのがあって、GPS連動でiPhoneを向けた方角にある主な山頂を表示してくれるのだ。
まだ登録されているデータが少ないので、高野山ではあまり役に立たないのが残念だったのだが、今日は大活躍?(笑)
ちらりと山影が見えたような気がしたのはおそらく錯覚だろうが、楽しめたから良し!(笑)
そして・・・
100112k1
これは、ケーブルカーから眺めた光景・・・{{{{(+_+)}}}}
ううむ、やっぱり関ヶ原どころとちゃうわなぁ・・・(笑)
ただ、観光客とおぼしき外人さんご一行が大はしゃぎしてたのが印象的で、そうやね、楽しむ気持ちが大事やね~とも思った。

で、午後からは通常通り仕事。

これでいいのだ(^-^)

2010年1月11日 (月)

MusicArte

てなことで、カミさんの舞台を聴くために東京へ~
100111t1
新幹線の車中から見た、関ヶ原付近、
う~ん、やっぱりこのへんも積もってるわ~
高野山以外で雪を見ると、なんだがちょっと嬉しいのはなぜだろう?(笑)
100111t2
てなことで、到着しました九段下、
午後四時過ぎの傾きかけた日がビルに反射して眩しい。
あれ?このビル見た事あるで~(^^;)って、それもそのはず、
去年(もう去年なんや~w(゜o゜)w)の3月、息子の入学式の時に通った道やんか~
そこで今年はカミさんが歌う、つくづく縁のある場所なんやね~
100111t3
てなことで、iPhoneを頼りに目的地に向かう(笑)
携帯アプリのナビもええけど、こっちもええわ~(^-^)
100111t4
徒歩約八分で、イタリア文化会館へ到着~
コンクリートと赤色って、うなぎと梅干みたいに思ってたけど、ちょっとお洒落やね~
さて、時間にはちょっと余裕があるから一服するか・・・と思ったとたんに目に飛び込んできたのが・・・
100111t5
おおぉ~ここって、千代田区なんや~{{{{(+_+)}}}}
アブナいとこやったぜ~(^^;)
しかしさすがは、ダイエットと禁煙とは無縁な国系の建物!(笑)
100111t6istitvto
正面のプレートの裏のエントランスにはちゃんとベンチと灰皿が用意されていた(笑)
ただし、そこでタバコを吸ってたのは、関係者とおぼしきイタリア人達だけだったが、私も日本代表として参加する事にしたのは言うまでもない(笑)
100111t7
↑これが、地下2階にある、アニェッリ・ホール。
伊日協会の会長だったウンベルト・アニェッリ氏にちなんで命名されたとの事。
東京の地下にあるとは思えない規模で、372席。
100111t8
この革製の椅子もお洒落~
さすがイタリアって感じ?
幅こそ日本人向けのアレンジか?と思うくらいコンパクトなのだが、前後の感覚が広く、足を組んで座れるのがありがたかった。
ただし革製ゆえ、音の吸収はほとんどなく、地下2階という条件もあいまって、このホール、若干、残響音が残りすぎる傾向があった。
そこへ、何しろ全国六会場から予選、本戦を突破してきた強者が揃い、ここぞとばかりに力の入った演奏が続くと・・・ちと辛い・・・(^^;)
しかも、成人の部の始まりが午後四時半で、当初の予定では午後五時半と案内されていたカミさんの出番は、遅れに遅れて結局午後八時半に・・・
これまたいかにもイタリア的?な時間配分(笑)
てなことで、演奏の合間に抜けだしてタバコタイムが2回とコンビニタイムが1回(^^;)
それでも三時間以上は演奏に聴き入ってたわけで、レベルの高い大会である事は間違いない。
100111t9_3
司会者がまた、いかにもイタリアの伊達男!って感じの男前~(笑)
100111t999_2
さて・・・
そもそもカミさんがこの大会へのチャレンジを決めたのは、故・上浪明子先生直伝のベルカント唱法を究めたかったからなのだ。
それが、寄る年波にもめげず(^^;)予選と本選を突破して、今日のファイナルコンサートに出演できたのだから、ありがたい話m(_ _)m

「ベルカント唱法って、結局、何なん?」と聞いた事がある。
『う~ん、そうねぇ・・・』と素人には説明しづらしのがありあり(^^;)
『微笑みながら、歌うこと、かな?』
なるほど、あの高音部を、微笑みながら歌うためにはどんな呼吸が必要なのか?がテーマなのだろう。
それ以上の事はわからん!(^^;)

とにもかくにも、めでたしめでたし

さぁ、息子と合流して乾杯じゃ~(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2010年1月10日 (日)

えべっさん

生まれて初めて・・・
100110kittyo
一人でえべっさんへ行ってきた。
↑画像は、ちょこっと細工してみた(笑)

というのも、息子は7日に東京へ戻ったし、カミさんも昨日東京へ、
娘がつきあってくれるはずだったのだが、体調を崩しダウン。
ひぇ~、一人で行くなんて大丈夫やろかぁ~(>_<)
作法、覚えとるやろか?(。。 )\バキッ☆

てなことで、ドキドキしながらお参りしてきた。
なんだかちょっと寂しかった(^^;)
これがツーリングなら一人でどこへでも(迷いながら)行けるのに(笑)
えべっさん、て、家族のイベントやったんやなぁ・・・

あ、おみくじ引くの忘れた(。。 )\バキッ☆

ま、まぁええ、みんなの分もしっかり拝んできたからな(^-^)

こうやってだんだん寂しくなっていくのか?
それともいつか・・・孫を連れて行くなんて日がくるのだろうか?

それは誰にもわからない、
わからないから不安だけれど、思いもよらぬ喜びだってあるはず。

ただただ一年を無事に過ごせた感謝を捧げ、
今年の精進を誓うのみ。

ありがとうございますm(_ _)m

2010年1月 9日 (土)

お母さんは?

『お父さん、お母さんは朝からどこ行ったん?』
100109gin2
「東京やで~銀」
『何しに?お兄ちゃんとこ行ったん?』
「ちゃうねん、日本イタリア協会いうとこがな、第1回のMusicArteいうのを開催しはってな、お母さん、大阪の予選と本選を突破して東京で歌う事になってん」
『ね、年齢制限は?』
「お前、犬の癖に妙なツッコミ入れるな~(笑)これはオープン大会なんで、制限がないねん」
『へぇ~ほな、がんばったんやね~』
「そや、ひょっとしたら最年長ちゃうかぁ?(^^;)」
『いつ、どこで歌うの、お父さんは?』
「11日の夕方、東京のイタリア会館いうとこやで、今日から行ったのは、ピアノの人と練習するためや、お父さんも聴きに行くで~」
『一人でよぉ行くん?』
「ほっとけ!お父さんには携帯ナビとiPhoneちゅう、強い味方がおるんじゃ~」
『充電忘れんときよ~』
「やかまし!ちゃんと補助バッテリーも段取りしたわい!」
『ふぅ~ん、ほな、ボクはお留守番?』
「そうやで、しっかりたのむで、雪食べて遊んどき~」
『はいはい~なんぼでも降ってくるから食べ切れんわ~』(笑)
100109gin1
ちゃんちゃん

2010年1月 8日 (金)

仕事始め 

100108toru
仕事始め。
昔の(高野山の)大工は、毎月一日と十五日しか休まなかった代わりに、今よりも積雪が多かったので、正月休みは残り戎(1月11日)までとか、中には初午(2月初旬)までという豪傑?もいたらしい。
うちは棟梁が開組以来、1月8日を仕事始めとしてきた。
カブ、だからだそうだ(^^;)
なお、棟梁も私も、そしてうちの職人さん達も、ギャンブルはやらないという事はお断りしておく。
ただ単に、一と八で縁起が良い、というだけの話である。
てなことで、突貫工事が入っていたり、日曜日に重なったりしないかぎり、だいたい毎年1月の8日を仕事始めの日としている。

で、本年。
棟梁が一言・・・『仏滅の三隣亡に仕事始めをするんか?』

・・・あんたが決めたんやろが~(笑)

てなことで、こんな時は、故・中川善教前官様が常々おっしゃっていた事で反撃する(笑)
曰く『仏滅とか、大安とか、六曜なんてものは気にせんでええ、十二直と二十八宿で見なさいよ』である。
となると、本日は、執(とる)と牛(ぎゅう)で吉日ではないか(^-^)

めでたしめでたし

2010年1月 7日 (木)

死が「ケガレ」なわけ その2

正月三日以来、『死が「ケガレ」なわけ』を、どのように書けばいいのか、ずっと悩んでいた。
悩みつつ、飲み続けてもいた(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)

私自身は「死」がケガレたものだとは全く思っていない。
(私の)仏教的解釈でも同じだ。
40を越えたあたりから、葬儀の時に配られる、いわゆる「清めの塩」は使った事がない。
しかし、神道的には「死穢」を受けた、となってしまうのである。

誠に理不尽である。

首尾一貫してないのはいつもの事だが、今回は特にだ。

これ、職業上の倫理観?使命感?責任感?みたいなものが大いに影響しているのは確かだ。
つまり、この百日間、神さん関係の仕事は遠慮していたのである。
といっても、そんなにたくさんあったわけではないのだが・・・制作中の社とかには触れないようにしていたし、実際の神社などでは、鳥居さんから中には入らないようにしていたので、かなり不自由だった。

自分では「ケガレ」てないと思っているのだが、職業上、「死穢を受けた人」としては、神社関係は遠慮しないと、職務を全うする事にならないのでは?と思ったからだ。

迷信、と片付けるのはたやすいが、やはり気になる事を気にするのが仕事、だと思っている。

これ、いわば「守秘義務」みたいな感覚であり、繰り返しになるが「死穢を受けた」からには清祓を受けるまでは神社の領域を侵さないのが「遵守義務」だと思ったという事である。

高野の人間だから、特にその思いが強いのかもしれない。

というのも、高野山には高野明神を祀る、竪精という儀式があり、この当事者となった二人のお坊さんは、一年間、基本的には高野の七里結界から出ず、肉食を絶ち、精進を続けるのであるが、死穢を受けないよう葬儀等には一切出席できないし、そのお坊さんの寺では葬儀もできなくなるのである。
実際、実父の前官さんが遷化されたのに、自坊で葬儀が出来ず、自らも参列できなかった、という例もある。

ことほどさように、仏教なのに神道と混淆している土地柄なので、在家の私としてもそれに倣う気持ちが強くなるのであろう。

ただ、上に「混淆」と書いたが、高野山の場合、いわゆる神仏習合とは少し違っていて、天照大神の本地仏が大日如来、というような本地仏の思想は全くなく、天照大神は天照大神として、大日如来は大日如来として別々に礼拝するのだ。

小難しい?(^^;)

てなことで、死穢については、Wikipediaの「触穢」の項の記載が、とても簡潔でわかりやすいので、以下に全文を引用させていただく。
***引用ここから****
触穢(しょくえ、そくえ)とは、神道上において不浄とされる穢に接触して汚染されること。

後に陰陽道などとも結びついて、中世日本の触穢思想(しょくえしそう、そくえしそう)へと発展していくことになった。

古来より神道においては人間・動物の死と出産は不浄のものとして禁忌とされ、また、血の流出や神道における国津罪に相当する病気にかかる事は穢が発生する原因であると考えられてきた。

そこで、これに関連した穢物(死体など)・穢者(既触穢者・非人・女性など)に直接接触する事は勿論、垣根や壁などで囲まれた同一の一定空間内に穢物・穢者とともにいただけでも場合によっては汚染されると考えられていた(特に同じ火にあたる事、同席する事、飲食をともにする事は直接接触する事に近い行為とされた)。

感染された人は一定の期日を経るか、祓を受けるまでは神社への参拝や神事への参加、公家の場合には参内を控える事が求められてきた。『延喜式』においては、人の死穢30日、産穢7日、六畜の死穢5日、産穢3日の謹慎が定められていた。

律令制が衰退すると、触穢は衰退するどころか陰陽道と結びついて強力な迷信として社会に定着して、触穢思想として発展することになる。触穢思想が前近代における日本人の衛生観念の発展に貢献したという見方がある一方で、女性や、葬送などで死体の処理を扱う人々(非人)、身体障害者や癩病などの肉体的なハンデを背負った人々、言語・文化的に相容れない慣習を持つ人々などは、祓などでは清浄化は不可能であり、その存在自体が穢であるという発想すら生じて差別や偏見を正当化する根拠として用いられるようになった。特に陰陽道への関心が高かった平安京では、「天皇の清浄性を守る」という大義名分の元に非人や障害者が四堺の外に放逐されるということが行われたとされている[要出典]。

こうした考え方は近世以後には衰微していったとする見方が多いが、今日の日本人の集団主義・均質性を志向する性格やいじめなどに影響を与えているとも言われている[要出典]。

***引用ここまで****

2010年1月 3日 (日)

死が「ケガレ」なわけ その1

神道的に捉えると、死は「ケガレ」なわけなのだが・・・

今日は、・・・つーか、今日もヨッパーなので、後日また、 (。。 )\バキッ☆

いやその、

正月に書くには、むしろふさわしいと思うんやけど、重いんですわ~(^^;)

ちなみに、通常の日本人的神道的感覚で言うと、
一年間は「喪に服す」のがフツーなわけで、
わずか百ヶ日で、淸祓が完了と考える私は、むしろ異常なのである。

おっと、これは、古来、特に江戸以降の、
身内の死によりケガレた者が、わずか百日で「普通」の生活に戻る。というのはおかしい。
という感覚に基づくものである。

※↑上記で江戸以降と書きましたが、平安以降、と改めさせてたいだきます('10/1/9)

わぁ、ますますややこしくなってきてる~(^^;)

例えば、年賀状、
私はもともと、40を越えてから、年賀状を出さない人、になったのだが(。。 )\バキッ☆
喪中ハガキは出してしまった。

出してしまった、と書くくらい、喪中、というのは、重いものなのである。

誰に?(^^;)

うわぁ・・・
今日もヨッパーだから、ますます意味不明やな・・・(。。 )\バキッ☆

すんませんm(_ _)m

明日以降、いつか(^^;)

必ず、これについては、事の一部始終と、自分の考えを書きます。

それまでどうか、ご静観をばお願いします~m(_ _)m

※てなことで、これまた、軽々しく、「ケガレ」の文字を使ったわけではありません~m(_ _)m

って、ますます意味不明?(^^;)

2010年1月 2日 (土)

初詣

年末、天野での清祓の儀を受け「服(ぶく)」が明けたので、本日は初詣に、
100102miyasan1
棟梁と兄が先発し、うちの家族は母と一緒に摩尼の五社明神(通称:まにんの宮さん)へ。
山の中なので、銀も一緒に連れてきたのだが、むっちゃ大はしゃぎで走り回っていた(笑)
100102miyasan2
昨年の秋祭りには、服忌中だったので参拝を遠慮させていただいたのだが、今日は堂々と?(^^;)お参りできる。

つまり、義父の死穢を受けた私は、服喪中、ケガレていたわけで、百ヶ日の清祓の儀によって、いわば消毒されたというわけである。

・・・と書くと語弊があるかな?(^^;)
てなことで、この点について、もう少し詳しく書きたいのだが、何せ今日は初詣(^^;)

ややこしい事はおいといて・・・(。。 )\バキッ☆
100102miyasan3
みんなで記念撮影だ~
って、慌て者の棟梁と兄はまた先発したので写ってない(^^;)
ちなみに↑写真も、銀が喜んで跳ね回るので、何度も失敗(笑)
息子と二人で押さえつけての一枚である。

・・・って、今日も酔うてるからなんか支離滅裂(。。 )\バキッ☆

と、とりあえずは、

めでたしめでたし~

2010年1月 1日 (金)

御慶

六の花 溶けずに見ゆる 御慶かな

ってな、下手な俳句までひねりたくなるくらい(^^;)降り続ける雪の結晶がはっきり見える元日の朝である。
100101snow1
中谷宇吉郎博士の言葉に『雪は天から送られた手紙である』という名言があるが、まさに今朝の雪は、鮮烈な冷気の中、結晶の形をそのままとどめつつ、何かを語りかけているようだった。

新年、あけましておめでとうございます。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ