サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

中国 2日目 中国新幹線

昨夜は少々飲み過ぎた(^^;)にもかかわらず、午前5時前に快適な目覚め(^-^)
考えてみると、日本時間だと午前6時前なので、いつも通りと言えばいつも通り、体内時計がまだ狂ってない証拠?(笑)
てなことで、あわただしくバスに乗り込み、福州駅(火车站)へ付いたのが午前7時過ぎ。
100420s1
ちなみに、この朝、赤岸鎮で法要があるから、私が「作務衣」を着るというと、総裁さんが『なんで作務服なんか着るのぉ~』とひどく嫌そうな顔をした。
※高野山では、作務衣の事を「作務服(さんむふく)」と呼ぶ。
「なんでやねん、高野山らしいし、リラックスできるし、暑さの調整も楽やん」と答えると、
『高校時代、住み込みでお寺で働いてたから、作務服はまさに重労働の象徴なんよ』との事(^^;)
そういえば、彼は高校時代、毎食1升のご飯を食べてたがゆえに、文字通り「穀潰し」の烙印を押され(^^;)、ご飯だけは腹一杯食べられる、という条件にひかれて、寺生(お寺に住み込んで働くバイト生)になったという、悲しい過去を持つ男だった(^^;)
「そうかぁ・・・すまんのぉ・・・俺的に作務服と言うと、銀ぶらする時か、家でくつろぐ格好というイメージなんよ、本来の仕事着としては使ってないからなぁ・・・」と、同じ作務衣でもずいぶん印象が違うものだと、往時の総裁さんの苦労が偲ばれ、神妙な心持ちになった。
でもまぁ・・・ええやん(笑)(。。 )\バキッ☆
いやその・・・今回の旅、暑いところから寒いところまであちこち回る事になっていて、作務衣の下に着る服で調整しようと思ってたから、他の服をあんまり持ってきてないもんね~総裁さん、すまんのぉ~m(_ _)m
100420s2_2
てなことで、福州駅構内にでかでかと出てたiPhoneの看板がこれ。
この時点で、実は2万円以上、通信費にかかってたはずなのだが、そんな事はちっとも知らない私は、「ふむふむ、世界にはばたく、いや、はびこるか?(笑)iPhoneじゃのぉ」などとのんきに画像に納めていたのであった。AHO!(笑)
100420s3
広々として清潔そうな待合室。やはり飛行機より列車の方が旅心がかき立てられる(^-^)
100420s4
これが切符。チケットというよりは、やはり切符と呼びたい。
\58.00元は、日本円にしてこの日のレート(1元=16円)で928円、これで、200km弱を約50分で移動できるのだからかなりリーズナブル?
もっとも、中国の都市部の経済感覚で言うと、日本で

2010年4月27日 (火)

中国 1日目 福州の夜

前回はふらふらと夜のマチにさまよい出たのだったが、今回は、明日の赤岸鎮行きのため、モーニングコールが午前5時半なので(^^;)おとなしくホテルで・・・飲む(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)師匠から呼び出しを喰らい・・・(。。 )\バキッ☆  
・・・わざわざお招きいただき(^^;)今回は持ち込みに成功したアルコール類のお相伴にあずかる事になったのである。
というのも、我が師匠、海外出張の折には、税関通過後の免税店でお酒を買い込み、旅先の寝酒とするのがいつものパターン。
で、前回、関空でバランタインを買い込んだまでは良かったが、中国へ入国し、国内線へ乗り換える時に、スーツケースへ仕舞うのを忘れ、手荷物扱いで搭乗しようとして、当然の事ながら機内への液体持ち込みに引っかかり(笑)新品のバランタインをそのままゴミ箱へ捨てさせられたという悲しい過去が・・・(笑)

てなことで、今回はその轍を踏まぬよう(笑)、上海浦東空港で、ちゃんとスーツケースへしまい直したお酒で乾杯~と相成ったわけ。
しかし・・・
100419f6
やはり一筋縄では行かぬのが異国の地。
師匠が、『総裁ぃ、中国語を勉強してるんやろ、氷を頼んでくれ』と言い出したのでややこしくなった。
しかも・・・私が、「ほな、俺も、炭酸を頼んで~」と尻馬に乗ったのも悪かった(。。 )\バキッ☆
しかし、総裁さん、余裕しゃくしゃくで、ルームサービスへコール。
実はこの2年間、毎日平均2時間(本人談)というペースで中国語に取り組んだおかげで、ここに到るまで、ヒアリングはほぼ完璧?ぶりを見せつけていたのである。
えらい!
てなことで、師匠と私は、電話をかけてる総裁さんを横目にストレートでぐびぐび・・・(^^;)
と、総裁さんが、困った顔つきに・・・
「どないしたん?」
『つ、通じませ~ん』
「そらぁこのあたりは、北京語圏内違って、閩語か閩南語やろ?君はそっちの方が得意なんちゃうのぉ?」
「それが、北京語の発音でも、閩南語でも、あきませんねん、氷っていう概念が伝わらんのですぅ~」
・・・後でわかった事だが、こういう大きなホテルと言えど、「冷凍」設備はそんなに整っておらず、「氷」は日常的なものではないらしい。そして一番の問題は、通常、その程度の事は理解しているスタッフ達が、上海万博の方が稼げる、とばかりに、民族の大移動を起こしており、熟練スタッフがめっちゃ不足しているらしいのだ。
そのうち、師匠がイラつきだした(^^;)
『下手な中国語を使うからやろ、俺に電話を貸してみぃ』と、英語で『ice cube and soda water!』(笑)
しかし・・・
これまた通じなかった(笑)
その都度、電話を交代していろいろ話した総裁さんによると、電話口に出てる係の人の訛りがひどく、もちろん英語もわからないようなのだ。

てなことで、二人の様子をけらけら笑いながら飲み続けていたベロベ浪漫の出番だ(笑)

総裁さんから電話をひったくり、一言「氷と炭酸じゃ~!」
そんなAHOな(笑)
しかし・・・
その後、電話を代わった総裁さんが『な、何か、持ってくる言うてます~』w(゜o゜)w

待つ事しばし、
ドアにノックの音がした。
そして届いたのが・・・なんとなんと、30㎝×30㎝くらいのビニール袋一杯の「氷」~(笑)
なんでも、応対に出た総裁さんに投げつけるように渡して逃げていったそうな(笑)
『何か勘違いしてるよなぁ・・・』と総裁さん、
『何でもええから、氷くれ』と師匠、
「これ・・・食用の氷なんですかねぇ・・・」とベロベ浪漫らしからぬ心配をする私(笑)
てなことで、何を食べても平気な「ケダモノの胃」を持つ師匠だけがオンザロックにし、初日でゲリピーだけは避けたい私は、そのままストレートで(^^;)
と、再びノックの音がして・・・
今度は、多少英語がわかるとおぼしきボーイさんが、ペリエを持ってきてくれた。
100419ice
↑とりあえず「氷(食用か?(^^;))」と「炭酸水」をゲットできて喜ぶ総裁さん。

しかしね・・・結局、総裁さんの中国語と師匠の英語より、私の日本語の方が通じたやーん(笑)

てなことで、わいわい言ってる間に、ボトル半分飲んでしまってましたとさ(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2010年4月26日 (月)

中国 1日目 午後 福州編

てなことで、中国東方航空機が、ミニエアポケットに入るたび、お尻の穴がきゅぅ~んと縮こまりつつ(>_<)約1時間半で福州着。
前回はピーカンの真昼に着いたので常夏気分を味わえたのだが、今回は夕刻で薄曇り、けだるい蒸し暑さだけがあたりに漂っていた。
と・・・
100419f1
何やら妙なかぶり物をして、記念撮影している人が・・・(^^;)
あの人、ネットのどこかで見た事あるぅ~!w(゜o゜)w
確か、真言宗のお坊さんで、行き先々でこの格好で写真を撮り、檀家の子供達にブログで紹介している人ではなかったか?
う~ん、今回は70名を越える一行なので、いろんな方がいらっしゃるのだなぁ・・・(^^;)
と、遠くから望遠で、かぶり物撮影の隠し撮りをしていたら・・・
100419f2
ここは「フクガタ空港」だと言いつつ、日本から着込んできた分厚いパーカーで汗びっしょり(笑)の総裁さんが、ぽつりと一言・・・
『あの人、俺の大学の先輩。』
な、なるほどなぁ~(笑)
いやいや、うんうん、超納得ぅ~!
あ、しかしこれは、AHOにしての事じゃない、総裁さんの大学時代からの音楽活動はつとに有名であり、その先輩となると、なんとなんと、イカ天にも出場された事があるというキャリアの持ち主なのだそうだ。
さすが~!
ってなことで、この度の途中、どこかで酒を酌み交わせる事に期待しつつ(^-^)今度はバスの人となった。
100419f7
さて、バス中にて携帯へのメール着信音有り、見てみると、律儀というかわざわざというか、ここまでに着信した人の一覧がメールで送られてきていた。
というのも、それまでにも何度か電話がかかってきて会話もしたのだが、電話番号を登録している人でも、自動的に「+86(中国の国際番号)」が付加されるため、表示には電話番号しか出ないのだ。
出ればわかる、ってなもんだが、慣れるまでは、知らない人からの電話みたいでちょっととまどってしまう。
で、電話が済んでしばらくたってから↑みたいなメールを送られてもなぁ・・・(^^;)
大きなお世話っつーか、この受信料も、こっち持ちなんよねぇ・・・
なんちゅーか、ドコモのやる事って間が抜けてるよなぁ・・・
と、セコい考えが浮かび出した頃(^^;)バスの窓からは不思議な光景が見えてきた。
100419f4
時刻はすでに7時過ぎ、時差が1時間あるから日本ではもう8時で真っ暗な頃だが、こちらではようやく夕暮れ時となり、うっすらと焼けた空の向こうには水墨画みたいな山々の形が浮かび、手前には現代中国のマンション群が・・・
こういう光景が、高速で走るバスの窓から、どんどんと走馬燈みたいに見え続けるという次第。
中国○千年の歴史が眼前に凝縮された気分だった。
100419f5
そして、すっかり日が落ちた頃、福建省最大の川である閩江(びんこう)を渡り福州市内へ入った。

中国 電話事情

てなことで、福州編の前に、中国の携帯事情について書いておこう。
前回('07年10月)、手持ちのFOMAでは使用できなかったので、空港内のドコモショップで対応する携帯をレンタルし、SIMカードだけ付け替えて使ったのだが、その結果は・・・

ただ、携帯のネットワークなどは、
北京のような大都会ではセルが不足しているらしく
使えない事が多かったorz
ちなみに今回、一番快適だったのは、
意外や意外、福州においてであり、
赤岸鎮でさえも、
ほぼ全域でiモードも使用可能だった。
西安では携帯OK、iモード全滅、
そして北京は両方使えるが、時間帯や場所によって、
まったく不通になる、という感じ。
もっともこれはドコモの努力不足とも言えるかもしれない。

と、書いている。('07年10月23日記)

100419c3
で、今回はと言うと・・・
上海に着いたとたん、『あんたは今、海外にいるよ、位置情報を修正するかい?』みたいな表示がでて、「はい」を押したら勝手に時差まで修正してしまいよったw(゜o゜)w
しかしたぶん・・・このやりとりってパケホーダイ以外の料金が発生するんやろなぁと、一抹の不安を覚えつつ・・・(^^;)
iPhoneを試してみると・・・
100419c8
おお!
時差修正こそないものの、現在位置がバッチリ!グーグルマップで表示されるやーんw(゜o゜)w
確かgoogleは中国から撤退したのではなかったのか?
なんで使えるのぉ?
100419c9
拡大すると、ちゃんと上海浦東空港の、喫煙室(^^;)あたりが表示される。
ダ、ダイジョーブなんか?
いやそのあの・・・(^^;) 国防上、マズいんちゃうの?(^^;)
で・・・
すぐに調子にのる私は、中国では(元)禁断の・・・(^^;)
100419c91
よ、読めるやーんw(゜o゜)w 産経新聞・・・

と、ここで思わず、回りに公安がいないかキョロキョロしてしまった私だった(^^;)
あ、しかし、考えてみれば、中国政府と産経新聞の関係はこの10年でかなり改善されたはずなので、よもやこれで罰せられる事もあるまい。
う~む、しかし、マップといい、アプリといい、どんな仕組みで表示されてるのだろう?
携帯→中国移動通信→国際電話→日本→国際電話→中国移動通信→携帯、という流れなのだろうが、タイムラグもそれほどなく、日本国内とほぼ同じ感覚で使えるのには驚かされた。

で・・・これで、いくらくらいかかってるの?
これまた怖いぃ~{{{{(+_+)}}}}
とビビりながらも(^^;)、その後、ドコモもiPhoneも、福州や西安、成都どころか、九寨溝の山の中でもほぼ完全に使え、中国の携帯通信網に何度も驚かされる事になった。
100421map
なにしろ、自動車も高速利用での所用時間や、中国新幹線の時刻表まで網羅されていて、ごくフツーに使えてしまうのである。
てなことで、ここでも調子こいて、普段通りに使っていたわけなのだが・・・

・・・3日目だったか・・・
100422softbank
うひょひょひょひょぉ~ん・・・(ToT)

せ、せめて1万円を越したところで知らせて欲しかったぜぇ~(>_<)
普段通りに使ってたと言うても、せいぜいマップで現在位置を検索して記録したくらいやんかぁ~(ToT) 殺生やぁ~~~(ToT)

てなことで、これ以降はiPhoneの使用中止!(笑)

みなさん、今さらながらですが、
タバコの吸い過ぎと、iPhoneの使いすぎにはくれぐれも注意しましょう・・・orz

2010年4月25日 (日)

中国 1日目 西安浦東空港 編

4月19日(月)
いつものように(^^;)バタバタと出発する事になった今回の旅は、「高野山開創1200年記念 お待ち受け法要の旅」
前回同様、強制的に(^^;)参加させられ・・・(。。 )\バキッ☆  
ありがたくも参加させていただけるぅ~なのである(^^;)
2年半ぶりの中国、前回はオリンピック前で、その猛烈な発展ぶりに驚いたものだったが、今もその繁栄は続いているのかどうか?激しく興味はあるのだが・・・
100419c1
あいかわらず、飛行機が怖ぁ~い(>_<)
特に今回は、福州~西安~九寨溝~成都と、移動が多いので、なんと5泊6日で7回も飛行機に乗る事になっている(ToT)
しかもそのうち5回は、中国の国内線なのである(ToT)
前回の経験から、内陸部の気流のせいか、上昇と下降が不規則に繰り返され、ものすごく独特な揺れ方をするのがわかっているので、余計怖いのだ{{{{(+_+)}}}}
なんというか・・・上昇中にもかかわらず、げっ!墜ちだしたんちゃうのぉ?みたいな、無重力感がしばしば襲ってくる。
そのたびに、お尻の穴がきゅぅ~んと縮こまり、これはもう家族宛のメッセージを書き出さなければならないぃ~、という強迫観念に襲われるのである。
う~ん、飛行機怖いぃ~(ToT)

※ちなみに↑上記画像は実際に乗ったJALではなく、ベトナム航空の機体。非常に印象的な機体色で、妙な表現だが「いかにもベトナム」って感じ(^-^) 自分が 乗るのでなければ、飛行機自体は好きなのだ、私(笑)

てなことで、約2時間ちょっとのフライトに備え、おクスリをぐびぐび飲んで(。。 )\バキッ☆
眠り込もうという作戦だったのだが・・・
機内でつい「アバター」を見始めたら、現実感が希薄になり、機内で追加したアルコールのおかげもあって、そんなに恐怖に震える事もなく、上海浦東空港に到着~!
ああ、よかった、あと6回~(笑)
100419c2
てなことで、上海浦東空港の玄関前。
1999年に開港し、それまでの上海虹橋空港(現在は国内線専用)にとってかわった国際空港である。
さぞかし、来月から始まる上海万博に備え、ギンギラギンの広告がひしめいているのでは?と想像していたのだが・・・
広いのは広いが、上海万博の広告は目に付かず、しかも、暗い・・・
これは、この国全体で言える事だが(って隅々まで見たわけではないけれど(^^;))、照明に関しては、節電を心がけているのか、はたまた、もともと明るい事を好まない国民性なのか、どこへ行っても暗い印象を受ける。

そして、鉄骨とか床の厚みが・・・いかにも細い・・・
これまた総じて、中国の近代建築物は、細く薄い印象を受ける。
安全基準が違うのだろうが、地震などにはやはり・・・と余計な心配をしてしまう。
まぁ、太ければ安心、という事もないし、肝心なのは中身の靱性なのだが、やはり見た目に細すぎるような気がして、飛行機が落ちなくても、ここの床が抜け落ちるのではという新たな恐怖を感じたのであった。

で、なんで、ここまで出てきたかというと、ここまでネガティブな事ばかり書いてる原因でもあるのだが(^^;)一つは持ち込めると思ってたライターを、関空で取り上げられたからなのだ(笑)

すでにライターは「超危険物」扱いで、(もちろんマッチも)機内へは一切持ち込めないようになっており、旅に備えてタバコは大量に持っているのに、火を付ける道具が全く無い状態で空港をうろうろするハメに陥っていたのである。
うう、息苦しい・・・(笑)
新鮮なタバコの煙を吸わないと窒息してしまう(。。 )\バキッ☆
てなことで、玄関脇にはたいてい灰皿が用意されているものだし、さらにそこには、これから飛行機に乗る人が捨てたライターがあるのではないかという一縷の望みを抱いて出てきたというわけ(笑)
・・・でも、無かった・・・orz
売店でライターを買おうにも、まだ両替してないので×。
そうこうしているうちに、国内線乗り換えの集合時間となり、再び空港内へ戻らなければならなくなった。
ううう・・・息苦しい(笑)
タバコを吸わない人にとっては、ホントにばかばかしい苦悩であろう。
わかっちゃいるけど・・・やめられない・・・ではなく、やめへんのじゃぁ~、タバコは旨いんじゃ~、錯覚ちゃうで~、特にロングピースは旨いんじゃ~!だいたい俺らは非喫煙者より税金を余分を払っとるんじゃ~、もうちょっと、優遇してくれぇ~(>_<)

空しい叫びである(笑)

しかし、さすがは喫煙大国中国!
100419c4
かなり広めの喫煙室を発見~!
総裁さんともども、深々と煙りの深呼吸~(。。 )\バキッ☆
100419c5
それにしても、この喫煙室のおおらかな事(笑)
集煙機はとっくに壊れたとみえて作動しておらず、それなら邪魔になるだけだから撤去すればいいのに・・・と、よく見ると、実は天井の換気扇も壊れてて(^^;)「Close」と書かれたドアを半開きにする重しに使われていた(笑)
100419c6
↑火を持ってない哀れな旅人のために備え付けられたライターたちに感謝!
100419c7
こ、これくらいの南京錠なら瞬時に解錠できるぅ~と、思わず黒い恵峯がよからぬ事を思い浮かべるが、そこはぐっと我慢(。。 )\バキッ☆
100419c93
いよいよ、中国東方航空に乗り込み、福州を目指すのであった。

ゆ、揺れるぅ~(ToT)

2010年4月24日 (土)

無事帰国

なんとか体調も崩さず(^^;)
無事に帰国しております~(^-^)

※予定 中国 6日目

7:50 成都 発 って、どんどん早起きさんになってるやーん!(^^;)
まぁ、普段の生活サイクルには合ってるから苦にはならんけど(笑)

10:20 上海着で、
13:25 上海発、
またしても上海、素通り~orz
まぁ、飛行機から「未来都市」を眺めさせてもらおう。

16:35 関空着

てなことで、無事に帰ってこれたら(^^;)、実際のレポートは、明日からぼちぼちお届けする予定。

はてさて、どうなりますことやら・・・

ちゃんちゃん

2010年4月23日 (金)

※予定 中国 5日目

午前中、チベット民族村見学。

12:40 九寨溝 発 成都へ

13:30 成都 着 杜甫草堂見学の後
四川省大震災慰霊法要に参加

チベット圏から三国志の世界へ、そして、大震災の法要。

いろいろと考えさせられる一日になるだろう。

2010年4月22日 (木)

※予定 中国 4日目

この日の朝も・・・早い!(笑)

8:10 西安 発 国内線にて九寨溝へ

9:00 九寨溝 着 

九寨溝については、一度は行ってみたいと思っていたが、まさか行けるとは思わなかった地だ。
楽しみでもあり、中国とチベットの融合した土地でもあるので、ちょっと怖い。
しかも、雨&-6度!という予報も出ている。

と、とにかく、この目でじっくり見てくるのだ~(^^;)

ちゃんちゃん

2010年4月21日 (水)

※予定 中国 3日目

三日目の朝は早い・・・(^^;)

8:00 福州発の中国国内線にて一路、西安へ
ちなみに朝食はお弁当らしい(^^;)

10:35 西安着 青龍寺にて奉詠舞法要

夕食は・・・「西安名物餃子宴」となっている。ああ、たぶんあそこなんやろなぁ・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2010年4月20日 (火)

※予定 中国 2日目

この日は、再びの赤岸鎮行き、

7:44 福州発の高速列車で霞浦へ、
8:35 霞浦着・・・って、おいおい、前回、3時間半で十分驚いた、福州~霞浦が、今や50分になってるのぉ~w(゜o゜)w

どこまで行くんや・・・中国の国内交通網・・・

以後、赤岸鎮の浜を参拝し、空海記念堂にて奉詠舞法要

午後からはバスにて福州へ戻る予定

2010年4月19日 (月)

※予定 中国 1日目

てなことで、超過密スケジュールの中・・・

本日から24日まで、『高野山開創1200年記念大法会 お待ち受け法要』に・・・例によって、強制参加(^^;)させられ・・・いや、喜んで参加させていただきます~
しかも、5泊6日で、7回も飛行機に乗れるんやで~~~
こっちもかなりの過密スケジュールやな~(^^;)
もう随喜の涙がはらはらと・・・(ToT)

さて、前回の中国行きは、2007年10月、北京オリンピックの前年で、その猛烈な発展、開発ぶりに驚いたものだったが、オリンピック後の中国はどうなってるのか?を見てきたいと思う。

てなことで、本日より、ちょびちょびと(^^;)公開時間指定でスケジュールを挙げていき、帰国してからレポートを・・・

まずは、本日の予定

関空集合午前8時半、ってことは、高野山発午前7時前。
まぁ・・・徹夜してるから寝坊する事はないやろ(^^;)

以後、
10:25 関空発
11:55 上海着で、そのままトランジットして福州へ
ちなみに、
15:00 上海発 やから、空港内で3時間?いや、時差が1時間あるから2時間待ち?ひょっとして4時間待ち?○○旅行のスケジュール表、よぉわからんわ~!

とにかく、夕刻には福州へ着、市内のレストランで夕食後、ホテルへ

2010年4月18日 (日)

銀、ぶん君に会う

さぁて明日からは中国だ、やり残した仕事がいっぱいだが(。。 )\バキッ☆ もうこれ以上無理!(>_<)
てなことで、やけくそで銀ぶらへ逃避~!(。。 )\バキッ☆

で、途中、TT氏んちの「ぶん」君に出会った。

「ぶん」君は紀州犬である。
TT氏が、妹さんご一家の「熊追い犬」(どんなとこに住んでらっしゃるのか私は知らん!(笑))としてプレゼントしたらしいのだが、『いらん』と一言で受け取り拒否されてしまい・・・って、向こうの意志を全然確かめへんかったんかーい!(笑)
で、自分で飼いだしたそうなのだが、もう、可愛くて仕方がないようだ(^-^)

で、この「ぶん」君、もちろん名前の由来は紀伊国屋文左衛門だが、非常にデカい!w(゜o゜)w

4ヶ月にして、すでに銀より一回り小さいくらいのサイズに成長していて、体重はもう13kgあるらしい。
銀はもうすぐ4才で15kgだから、すぐに追い抜かされるのは必至、お願いやからイヂめんといてね~(^^;)と、今からゴマをすっておいた(笑)

紀州犬というのは、気性が荒く、なかなか難しい犬だと聞いていたが、現在のぶん君はサイズを除いて(^^;)もうホントかわいいし、愛想も良い。
お願いやから私らの事も覚えといてね~(^^;)と、カミさん共々イヂりまわしてきた(笑)

一時の平和な時間に感謝!

ちゃんちゃん

2010年4月17日 (土)

'10 高野山学第一講

4月19日午前4時44分記(^^;)

この日は・・・
そうそう、高野山学の第一講、しかも山陰先生による「鎌倉時代の高野山」
これは聞き逃せ~ん!しかも特別講義は藤田先生による「高野山の年中行事」
これも聞き逃せ~ん!
・・・そうかそうか、だからこそ、前日に詰め込むだけ詰め込んで仕事をしたのであった。
で・・・何をしたのか覚えてないって事は、結局そんなに大した仕事はしてなかったのかも?(^^;)

ともかく、この日の事は・・・
中国から帰ってきてから書く、・・・たぶん(^^;)

今から書いてたら飛行機の時間に間にあわーん!
つーかまだ荷造りが済んで無いし・・・(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2010年4月16日 (金)

もうすでに・・・(^^;)

現在、4月19日の午前4時40分・・・
ようやく出発の目処がたち(^^;)この日の事を書こうと思ったのだが・・・

もうすでに・・・
・・・なーんも覚えてない(。。 )\バキッ☆
ただただ、忙しかったとしか・・・(^^;)

てなことで、19日からの中国行きに備え、ジタバタしていた、って事で・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2010年4月15日 (木)

桜に雪

咲いた桜に・・・
雪が~w(゜o゜)w
100415sso
今日は冷え込むと聞いてはいたが、まさかこんなシュールな景色になるとは・・・(^^;)
高野山での4月の雪はそう珍しい事ではないが、桜が咲いてからというのは滅多にない事だ。
100415ss1
せっかく咲いた桜も、めっちゃ寒そぉ~{{{{(+_+)}}}}
しかしまぁ、これはこれでなかなか風流?(笑)

なごり雪のいたずら、
で、済みますように~(^^;)

ちゃんちゃん

2010年4月14日 (水)

トリッカー with SUSエキパイ

まんさく社長が、トリッカーを、スタッドレスからノーマルタイヤ仕様に履き替えて、わざわざ届けに来てくれた\(^o^)/

先日の日曜日に仮装着していた、SUS製サイレンサーに、パンツの裾が焦げないように、耐熱バンドも無理矢理くっつけてくれて(笑)至れり尽くせりm(_ _)m

さて・・・
御礼もそこそこに、仕事がてら出発~!

事前の予想では、エキパイの径拡大→抜けがよくなる→最高速はアップするが、トルクはダウン・・・するのではと思っていたのだったが・・・

おぉ~!
久しぶりに乗ったせいか、はたまた先日まで穴の開いた、ある意味、抜けが良すぎる?(笑)サイレンサーに乗り慣れてたせいか、非常に力強さを感じるではないかいな~\(^o^)/
ウィリーを試みたところ、冬越しでさび付いた(^^;)テクでも、実に簡単にフロントが上がる。
どうやらエキパイの径拡大により、排気効率が増す事で、エンジンの爆発力が高まったようだ(^-^)
※抜けが良くなる=排気効率が増す ではないか?と思われる方もいらっしゃるだろうが、両者は微妙に違うのである、少なくとも私にとっては(笑)

今回のエキパイ交換は、単なる代替品としか考えてなかったが、まさにひょうたんから駒?(笑)

めでたしめでたし

2010年4月13日 (火)

サイタサイタサクラガサイタ

サイタ サイタ サクラガサイタ
100413ss
イツモノトシヨリ スコシハヤメニ サキマシタ

イヨイヨハルデス

ソレニシテハ カゼガツメタイ (ワラ)

チャンチャン

2010年4月12日 (月)

GSEふたたび

今年もロータリークラブで行われている交換留学制度である、GSE:Group Study Exchange(研究グループ交流)ご一行がニューヨークから来山。
昨年のGSEについてはこちらを参照されたい。
100412gse1
てなことで・・・
今年もKCCN(高野山異文化交流ネットワーク)さんにおんぶにだっこ(^^;)
M代表、よろしくお願いします~m(_ _)m
100412gse2
私は・・・お昼ご飯のお相伴だけ(。。 )\バキッ☆
みなさん、カツ丼や天丼を注文し、器用に箸を使いこなしていたのだが、中央食堂さんぼうさん特製のカツカレーをいただいた私だけはスプーンを使った(笑)
まぁこれも一種の国際交流だろう(^^;)

ちゃんちゃん

2010年4月11日 (日)

これでこそ日曜日

天気がぐずつく・・・との予報だったが、昼を過ぎても薄曇りのままな日曜日。
おまけに今日は、ここ数週間続いた、日曜日に仕事・・・の予定が入ってない。
(いやその(^^;)ありがたい事なんですが、たまには日曜日をフルに使ってみたいじゃあーりませんか(^^;))
よっしゃぁ~!
てなことで早速・・・
100411gs1
SH-03Bで撮ったらこんな感じになってた(笑)
レンズが汚れてたのかな?
それにしては露出オーバーやし・・・
まぁ、携帯やしええか?(笑)
ほんま最近、デジカメを持ち歩かんようになってきたなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

ともあれ、龍神スカイラインもようやく春の装いに包まれ、気温もまずまず。
それなら・・・
100401crm
うひひひひ(笑)
CRMでも行っとこ~(笑)
まんさく社長のアドバイスで、冬越し用にハイオク入れといたら、いつも最初の始動はぐずつくのに、今日はキック一発でスタート\(^o^)/

そして夕方、今度は銀を連れてトリッカーで、まんさく社長とこへ、
何で銀も一緒かと言うと、朝の銀ぶらをサボっって走り回ってたからで(。。 )\バキッ☆その分、たっぷり歩かせてやろうと思ったのと、トリッカーはガレージ西へ預ける事になるので、そのまま奥の院へGO~!という段取り。
で、左手にリードの輪っかをかけ、そのままトリッカーを押して歩くと、銀がちゃんとついてきた。
依然、自転車での銀ぶらを試みた時は、みごとに挫折(笑)したのだが、今回はトリッカーを押しているので 左から、銀、私、トリッカー という順番になり、間に私がいるから怖くないらしい。
で、玉川通りの下り坂で、試しにトリッカーに跨ってみたところ、おお!惰力で動くトリッカーにちゃんと銀が追随するではないかいな~\(^o^)/
この分だと平坦路では引っ張ってくれるのでは?とちょっと期待したが(^^;)トリッカーが停止すると共に銀もちゃんと止まってしまった(笑)
無理に引っ張らせて股関節に悪影響を及ぼしてもいけないので、またトリッカーから降りてぼちぼちと進む事にした。

さて、トリッカー、
今冬の出番が極端に少なかった原因がこれ、
100411t1
6年目にしては、異常なくらいエキパイがボロボロ・・・(ToT)
これまた携帯画像なので、ちゃんと写ってないが、実は小穴もポツポツと開いているのだ。
おそらく、高熱になった所へ、塩カリの混じった雪を浴び続けたせいだろう。メンテを怠った私のせいである、すまんm(_ _)m
この状態でも走れない事はないのだが、万が一、雪道走行中に穴が大きくなったり、根元から外れた状態になって、エンジン内に塩カリが飛び込んだりしたら・・・{{{{(+_+)}}}}
てなことで、まんさく社長から『ノーマルがいいですか、それともステンレス?はたまたチタン?』との三択を示され、迷わず(^^;)・・・ス、ステンレス、いっとこか・・・(笑)
ノーマルだと遅かれ早かれ同じ事になるだろうし、チタンになるとめっちゃ・・・(^^;)だからである。
でもステンレスも高~い(ToT)
しかしまぁ背に腹は代えられない・・・って、雪道を走るのをやめるか、ちゃんとメンテすればいいだけの話なのだが・・・(^^;)
ステンレス管はやや太いようで、トルクアップが期待できるかも?という事もあったので、これに決定。
100411t2
形状もかなり違う、ノーマルは湾曲させる事で管長をかなりとっているが、ステンレス管はほぼストレートで短め。
ちなみにこのエキパイ、同一エンジンのセローやXTとの共通パーツとの事。
それにしても、現状ノーマル管のボロボロさは凄かった(笑)
何せ取り外し作業の途中で・・・ボロリと折れてしまったのだから(笑)
やはり走行回数を減らしたのは正解だったのだ。
さて・・・
この後の付け替え作業はまんさく社長にまかせ(。。 )\バキッ☆
銀ぶらへGO~!
社長、よろしくたのんます~m(_ _)m
てなことで、奥の院周辺をばたっぷり銀ぶらの後、ガレージ西へ戻ったら・・・
100411t3
おぉ~\(^o^)/
取り回しがスッキリと収まって、なんか男前になったやーん(笑)
おまけにガソリン漏れで小汚くなってる部分が隠れてこっち側(右側)からの眺めは新車ちっく~(笑)

ほっほぉ~ご機嫌、ご機嫌~
おおきに、まんさく社長!ほな後は、冬用スタッドレスから、ノーマルホィールへの履き替えも頼んます~(^^;)

う~ん、おんぶにだっこ(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2010年4月10日 (土)

考えるな感じろ

今回の東京行きの間、娘が銀の世話をしてくれた。
散歩の回数もいつもより多いくらいで銀もご機嫌だったようだ。
で、9日に娘が送ってくれた写メがこれ、
100410gin
驚いたw(゜o゜)w
娘の携帯は確か3年前のお彼岸以来のもので、相当な古さ?(^^;)
付いてるカメラのスペックもそんなに大したものではないし、何よりも、カメラを向けると、はしゃいで動き回るので、とても撮りにくい銀をぱっちり捉えている。
「携帯のカメラでよくこんなのが撮れたね~w(゜o゜)w」と送ると『いざ撮ろうとすると動き回ってた。自然な体勢で呼吸で撮ったらいいのかも』とレスが返ってきた。
さすが犬使い!
・・・マルやチロやるんたもそうだったが、娘の指示には不思議なほどよく従ったので、我が家では娘は「犬使い」と呼ばれているのである(笑) 

てなことで、「さすが犬使い!しかし、自然な体勢で呼吸って、それができたら苦労せんわ~」とレスしたら・・・

『考えるな感じろというやつなんかなぁ~』

なるほど!

負うた子に教えられ・・・ですな、

ちゃんちゃん

2010年4月 9日 (金)

東京から

現在、新幹線で新大阪へ向かってます。
ここ数日の激動?(^^;)はまた今度。
とにもかくにも、セシオン杉並にて開催された、「高野山の楽しみ方」講座は、なんとか(^^;)無事終了しました。

聴かれた方、2時間のご静聴に感謝申し上げますと共に、大変お疲れ様でしたm(__)m
喋った方もおかげさまで心地好い疲労感に浸っております〜(^^;)

以上、まずはご報告、でした。


高野山の楽しみ方(への御礼)

セシオン杉並にて開催されました、世界遺産「高野山」の楽しみ方 講座 その1にご参加されたみなさん、そしてお世話をいただきましたみなさん。
本日はどうもありがとうございましたm(_ _)m
拙い話を2時間もご静聴いただき、感謝申し上げます。
実際の高野山は、私の話などには比ぶべくもないくらい素晴らしい場所です。
講座の中でお話もさせていただきましたが、
『亡くなられた方の供養のためだけでなく、自らの生を見つめられる場所』であります。
どうぞぜひご来山下さいまして、ご自分で体験していただきたいと願っておりますm(_ _)m

また、来週、再来週と、今度こそは(^^;)素晴らしい講師のお二方により、別の角度から高野山と町石道、そして丹生都比売神社の魅力を語っていただけます。
どうぞお楽しみに(^-^)

私自身は、大変勉強になりました。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

2010年4月 8日 (木)

8日は・・・

6日のバタバタ、7日のジタバタに続き、朝からもう冷や汗たらたら・・・(ToT)

というのも、明日、高円寺のセシオン杉並で、「世界遺産、高野山の楽しみ方」と題して、2時間ばかりお話を依頼されているのである。

って、ずいぶん前に東京の「わかやま喜集館」さんから、ご依頼いただいていたのだが、忙殺されていてこのブログでの告知が遅れ(。。 )\バキッ☆ その上、定員80名が一杯になったとのご連絡を受けw(゜o゜)w もうこのまましらばっくれようと思ってたのですが(^^;) 後で『あれっていつの事やったっけ?』と自分でもわからなくなる可能性大なので(。。 )\バキッ☆ 事後報告(これを書いてるのは10日)しておきます。

・・・てなことで、朝から二日分の仕事の段取りをし、(お天気に感謝!m(_ _)m)カミさんと一緒にケーブルカーに飛び乗ったのが午後12時51分。
明日の講座は午後1時半スタートなので、日帰りも十分可能なのだが、万が一、車両事故とかで遅刻しては申し訳ないのと、ついでに息子と一緒に夕ご飯でも、という事で前日に出発する事にしたのである。
で、息子は現在、ヨット部で逗子の合宿所に滞在中との事で、新入生歓迎の試乗会の準備等で忙しいらしく、中間地点の横浜で会う事にしたのだが、それでも逗子~横浜間が約1時間かかるのと、翌朝は5時半起床で海に出る(漁師さんかい!(^^;))との事だったので、横浜に午後6時頃行けるよう、この電車になったのであった。

てなことで、正月以来に出会う息子は、かなり日焼けし、手の皮は相変わらず、ロープでぼろぼろに剥けてしまい、お茶の入った湯飲みも持てないくらいの状態で、なかなか充実した生活を送っているようで、まずは一安心(笑)

合宿所のご飯は、作り手により様々な「味」になるらしく(笑)第一声が『ちゃんとしたモン食べたい』(笑)だった。
てなことで、お決まり?の焼き肉コース(笑)
資料を練らねばならぬので、ビールは控えめにして(^^;)約1時間半、息子は慌ただしく合宿所に帰っていった。
まぁ元気そうで何より(^-^)

こちらは東京の息子の下宿に転がりこみ、カミさんは洗濯4回(笑)
私は、手持ちの世界遺産としての高野山の資料を、観光、そして参詣に重点を置いたものにシフトする作業に汲々・・・(^^;)

どうお話すれば、高野山の魅力を伝えられるか?あらためて考えるとかなり難しい。
歴史も建造物や宝物等もてんこ盛りゆえ、一時に伝えると、ごちゃごちゃになりかえってわかりづらいのである。

明け方、仮眠をとったのだが、カミさんの話では、寝言でも『そうですねぇ・・・大門ってのは昔は鳥居さんだったんですよ・・・それが今のように・・・』と、ぶつぶつ、つぶやいていたそうな(笑)

さてさて、どうなります事やら(^^;)

2010年4月 7日 (水)

7日は・・・

ジタバタしてました・・・(^^;)

2010年4月 6日 (火)

6日は・・・

・・・バタバタしてました(^^;)

2010年4月 5日 (月)

龍神スカイライン 通行止め解除 (片側通行?)

箕の峠の手前 18.2km地点での崩土のため、通行止になっていた龍神スカイラインだが、今晩?規制が解除された・・・らしい。
というのも、依然として、片側相互通行らしく、あたりには除去しきれてない土砂が散乱しているらしいのだ。

てなことで、通行はできるらしいが、くれぐれもご注意を。

そして・・・脅かすようだが、一度崩れた、という事はまた・・・という事も十分考えられる。
崩土はピンポイントで起こるので、快適なコーナーを抜けたらいきなり道が無かったw(゜o゜)wという事もありがちなので、余裕をもって走りましょう。

以上、自戒を込めて。

2010年4月 4日 (日)

この角度

今さらながらの話だが、単車に乗る時は、よほど特殊な状況でない限り、左後方から、という事が多い。
降りる時は左後方、というより、左側、になるわけだが、いずれにしても、「左後方、やや上からからの眺め」を目にする機会が多いと思う。
しかし、その眺めを日常的に目にするのは、当然の如く、その単車に乗り降りする機会が圧倒的に多い、つまりオーナーであり、他の人からの「その単車の見え方」は、これまた当然、横からの眺め、の方が多いと思われる。
他人の単車でも、すぐにまたがる癖のある人はどうだか知らないが、そういう人は「見え方」など気にせず、さっさと跨ってしまう事が多いので、やはりこの「左後方、やや上からの眺め」は見えてない、とも思う(笑)
100406rs
前置きが長いのはいつもの事だが(^^;)、で、何を言いたいか?
私は、この「左後方、やや上からの眺め」が、その単車のデザインを好きになり、愛着を感じ、長く乗り続ける事になる、最も大事な要素の一つ、と考えているのである。
・・・この、「最も大事な」と言っておきながら、「一つ」と、他にも「最も大事なもの」があるような矛盾した言い回しは、「最も大事な」点を、いくつもあげられる便利さがあって、私の大好きな言葉である・・・って、ちょっと脱線(。。 )\バキッ☆

なお、これは、私だけの考えではなく、例えばW650などは、その点を考慮してデザインされたらしい。(ただ、その割にその角度からの見え方が、あまりよろしくないのがおもしろい(笑))

ともかく、私にとって、このRSを見る角度は、一番番好きな見え方の一つなのだ(笑)
黒蟻を彷彿させる、無骨ながら豊穣な実りを感じさせる黒い曲線。
私だけが知っているRSの魅力、みたいな気もする。

特に今日は、まんさく社長が綺麗に洗ってくれた後なので、久しぶりにサイドバッグも外して眺めてみた。
左側からだと、T-DRUGが見えないのがちょっと惜しいが、その分、集中してラインに見入る事ができる。

う~ん、飽きない!いつまでも眺めていたいぞ~(笑)

しかもこのライン、コブラシートと、無理矢理移設した(笑)BMWのC1200のテールランプがあってのもの、つまり、おそらくこの世で一台と言える恵峯オリジナル、なのだ(^-^)v

オーナーとか、所有欲とか、普段はあまり使いたくない言葉なのだが、この眺めだけは、やっぱり自分だけが知っている、あるいは、自分だけが良いと思っている?(笑)ボクの宝物、なのである(^-^)

ちゃんちゃん

2010年4月 3日 (土)

99.9デシベル(笑)

てなことで・・・
昨日、私がタイムスリップを繰り返していた頃(^^;)、まんさく社長は悪戦苦闘してくれていたらしい(^^;)
つまり、CBに続き、RSの車検もお願いしてたのだが、CBは軽トラに積載できても、RSは・・・(^^;)
荷台から軽くはみ出すし、車重が330kgあるので(笑)積めたとしても過積載。
つまり、仮ナンバーをとって、まんさく社長自ら乗って、和歌山市の車検場へという次第・・・m(_ _)m

で、朝からけっこう雨が降っていて、こりゃカッパを着て行ってもらわなあかんのは気の毒やなぁ・・・そやけど予約制やから、今日行ってもらわんことにはどうにもならんしなぁ・・・すまんなぁ・・・だったのだ。
しかし、まんさく社長の日頃の行いが良いせいか、出発時には天候も回復し、あと心配なのは、11年目(笑)となったSP忠男のスーパードラッグ(T-DRUG)サイレンサー
100403rs
これの装着に到ったエピソードは風の馬たちのRS編に書いてあるが、直径18センチという凶悪な外観ながら、ごくごく紳士的なサイレンサーであり(笑)「太鼓の音」と評されるその重低音がお気に入りなのだが、さすがに11年経つと、5年目のCBのワイバンよりもさらに消音効果が薄れ、重低音の響きに磨きが・・・(。。 )\バキッ☆
しかしそれでもこれ、JMCAの認定品で過去4回の車検はノーマルマフラーに戻さずとも合格してきた強者でもあるのだ。
てなことで、今回もそのままでチャレンジしてもらう事になっていた。
まぁ私もまんさく社長も、ノーマルに付け替えるのがめんどっちいだけだった、というのが真相だが(。。 )\バキッ☆

てなことで・・・
まず、出発してすぐ、まんさく社長から電話があった。
『あのぉ・・・これ、片肺なんですけど・・・』
「うわぁ~冬中ほったらかしやったからなぁ~前にもなった事あるわ、でもダイジョーブ!、走っとったらそのうち、突然復活するはずやから(笑)あ、その時、強烈にダッシュするから振り落とされんよう気ぃつけてね~」
『はぁ・・・ほな、ぼちぼち走りますぅ~』と極めて不安そうな声(笑)
そしてここからは、後で聞いた話。

片肺は・・・ついに和歌山市内に入っても直らなかったらしい(^^;)
しかも、片肺とは言え、一気筒で800.5ccあるので、ドッコンドッコンと強力かつ不安定な振動が繰り返された結果・・・
ウィンカーのフィラメントが・・・切れちゃったそうな(^^;)
(病院の)検査嫌いの持ち主に似るというかなんというか、このRS、とにかく車検に行く時に限って調子が悪くなるのだ(笑)
以前も確か、車検場についたとたんにポジションランプが切れた事があったが、あれは車検場の特殊なデムパのせいではなく、RSが検査を嫌がっていたのだろうか?(笑)
てなことで・・・
困り果てたまんさく社長、南海部品まで行って、プラグとレンズを買って付け替えてくれたそうなm(_ _)m
ああ、開いてて良かった南海部品よ~ m(_ _)m
そしていよいよ、排気音(いわゆる近接排気騒音)の検査。
2000回転で最大トルクを発生するというのに、検査官は3800回転まで回したそうな(`へ´)
そして・・・
99.9デシベル、つまり、ギリギリでセーフ(^^;)だったとの事。
※RSは'99年製なので、'02年以降?の95dB未満という厳しい条件は適応されず、100dB未満に収まってればOKなのだ。

ただ、検査官が『次は絶対駄目ですね~』と笑っていたそうな(笑)

てなことで、てんやわんやしてもらったまんさく社長には気の毒だったが、我がRS、5回目の車検をクリア!\(^o^)/

再来年はマフラー付け替えという手間を覚悟しなければいけないが、(って、既に受ける気満々!(笑))春に向かってGO~!なのだ(^-^)

めでたしめでたし

2010年4月 2日 (金)

タイムスリップ

『あけましておめでとうございます』とナビが言ったから 今日は正月記念日、って、わけがわから~ん? (。。 )\バキッ☆
T_100402t1c

つまり・・・タチコマnaviで書いた通り、
なお、その後、総裁さんから『箱バンに付けっぱなしは防犯上よろしくないよ~』とのアドバイスをいただき、大事な大事なタチコマちゃんゆえ、家の中に持ち込む事に した(^^;)
 

結果・・・
家の中に置きっぱなしにしてしまい・・・(。。 )\バキッ☆
バッテリーが完全に上がってしまった(^^;)PSPを、久しぶりに車に持ち込み、スイッチオンしたとたんにナビから発せられたセリフが『あけましておめでとうございます』だったのだ(笑)」

それから・・・

設定の仕方をすっかり忘れてしまっていて・・・(。。 )\バキッ☆
T_100402t2c
日時を再設定し、さらに、タチコマnaviを復活させるのにどれだけ労力を費やしたか・・・orz
おかげで、今日は珍しく余裕をもって出て来たのに、結局、歯医者さんの予約ぎりぎりになってしまった(笑)
ちなみに、再設定してるあいだに時間が進んだらしく、突然、夜モードになったり、『お誕生日おめでとうございます!』と祝福されたりした(笑)

・・・てなことで治療は無痛で順調に終了(^-^)
数週間前まで、四六時中つきまとっていた疼痛も、もはや思い出せないくらいになった。
まさに隔世の感?(笑)

どうやら今日はいろいろとタイムスリップする日らしい(笑)
なぜなら、高野山では考えられない、もはや暑ささえ感じる日差しを浴びながら学文路の直線まで来たら・・・
100402ts2
桜、満開や~ん!w(゜o゜)w
い、いつのまにぃ~って、もう四月やもんなぁ・・・(^^;)
ということは・・・
きしな(往路)は作水を通ったが、かえりしな(復路)はおそらく下山してくる通勤帰りの車で渋滞するだろうと高野山道路を通ってみたところ・・・
100402ts3
おぉお~
花坂上の休憩所の桜まで七分咲きやーん!
う~ん、しばらく山に閉じこもっているうちに、下界は春爛漫になっとったんや~(笑)

で、高野山に着いたら、まだまだ蕾も堅いまま(笑)
まぁええ、
そのうちきっと、高野にも春が来る。
でもって、これから春がやって来ると思えば、風も冷たく感じないノリモノがあるやんか~(笑)

乗るぞ~!(笑)

ちゃんちゃん

2010年4月 1日 (木)

さらばCB

さらばCB、
願わくば、かわいがってくれる人に出会えますように・・・
100331cb
何より、5年目を迎えて、少々消音材がへたって大きめになったサイレンサーの排気音を認めてくれる人に出会ってほしい。

でないと・・・
車検が通らん(笑)
どうか、排気音に厳しくない検査官に当たりますように~(笑)
まんさく社長、よろしくお願い~m(_ _)m

てなことで、しばしのさらばだ、CBよ、
ちゃんと車検通って帰ってきてね~

あ、携帯からだと意味がわからんかな?(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ