サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

ちゃっちぃのんが届いた(笑)

まぁねぇ・・・確かに私は、アメちゃん流表記だと、「KEI○○ ONOUE」 つまり、「恵○ 尾上」なのだが・・・
100831a1
国内の郵便物で↑みたいな宛名書をされると「なめとんかっ!」って気分になるね(笑)
てなことで、届いたのは・・・
おそらく、7月30日付の「慣れました」で書いた、無料キャンペーンのケース。

色々なバリエーションがあったが、すでにどんなモノを頼んだのか忘れていた(笑)
まぁしかし、だいたい想像はつく。
100831a2
・・・やっぱり(笑)
これまた自他共に認めるカーボン好き!ゆえの選択だ。
だが・・・
めっちゃ、ちゃっちぃ~!(笑)
さすがは無料配布品!
100831a5
てなことで、左側が無料配布品、右側がすでに自前でゲットしていた、TUNEWEARのカーボン調ケース。
何?なんでカーボン調があるのに、無料キャンペーンの方もカーボン調にしたのって?
だから、カーボン好きなのぉ~!(笑)
ま、興味半分、ですわ。
100831a6
比べてみると、TUNEWEAR社製はカーボンを折り重ねた質感を実現しているが、apple社が用意したGRIFFIN社製の方は単なるカーボンプリント、である事がよくわかる。
100831a4
裏面を見ると、さらにapple社が用意した製品のちゃちさが際立つ(笑)
TUNEWEAR社製は傷防止シートが貼られているが、apple社の用意したものは、まんまプラスチック。

で、さらに驚いた事には・・・

アマゾンで検索してみたところ、TUNEWEAR社製は2270円に対し、GRIFFIN社製は、なんとなんと、3480円もするのであーる!w(゜o゜)w

※アマゾンに載ってるGRIFFIN社製の画像では、カメラレンズ部の形状が違うので、あるいは、apple社がGRIFFIN社に安価バージョンを作らせたのかも知れない。

apple社としては、けっこう高価(と思われる)モノを無料で配布しているわけで、その点は評価するにしても、質感的にはダメダメ~ってとこが、いかにもapple、である(笑)

ま、こんなもんでしょうねぇ(笑)

ちゃんちゃん

2010年8月30日 (月)

方向オンチ

今まで何度も書いて来たが、私は、自他共に認める方向オンチである。
それもかなりの重症だ。
最近はご無沙汰だが、毎年、盛岡へソロツーリングしていた頃は、一日で走る距離よりも、『恵峯さん、一人で行ってよぉ帰ってこられるもんですね~』と、妙な感心をされた事もある。

今日も、天神橋付近での打合せのため、北浜の駅から歩きだしたのだが、淀屋橋と肥後橋と高麗橋をコンプリートしてしまったくらいだorz
大阪の地理に詳しい方なら、『いくらなんでも』と思われるだろうが、迷ってる途中で、緒方洪庵の「適塾」の前を偶然通りかかり、しばらく見とれていた事も原因している(^^;)

建物の中では比較的迷わない。
つーか、職業柄か、トイレの位置くらいはだいたい想像できる。

自分が方向オンチである事を自覚したのは、やはり単車に乗り出し行動範囲が広がった高校時代だった。
一度行った場所なのに、行けない。
迷いながら着いても、そこからちゃんと帰れない。
通常は、行きつ戻りつ、枝道に詳しくなっていくそうだが、私の場合は、未知の道が増えるだけの事だった。
車に乗るようになると、単車よりUターンがしにくいため、道に迷う率は飛躍的に増えた。

だからこそ、常々、GPSやナビの登場、進化には常に注目しているのである。

で、iPhoneのマップガイドアプリをゲットし、これからは道に迷う事は無いと確信していたにもかかわらず、今日の迷い方は酷すぎると自分でも思った。

iPhoneの表示を完全に読み間違えたわけは、

頑固だから、素直でないから、目が悪いから・・・等々、いろいろ考えられるわけだが(笑)

一番の理由は・・・

自分で自分に、「俺は方向オンチやから、まともに目的地にはつくはずがない」と、自己暗示をかけているのだと思う(笑)

人生に目的というものがあるのなら、そっちでも方向オンチなのかもしれない。

願わくば、今日、適塾を発見して感動したように、これからも道に迷う事を楽しめればいいなと・・・(^^;)

え、そんなモンダイと違う? (。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2010年8月29日 (日)

十四代目

「参ったわ」とカミさんに報告してから新しいナイラボーン

何のこっちゃ?(^^;)

昨晩、銀が玄関先でこれみよがしに小石をガリガリしていた。
これは新しいナイラボーンを催促しているのである。

早速、カミさんに報告。
う~ん、それにしても、仕事はともかくとして、生活全般に関わる事は、とにかくカミさんに報告して指示を仰ぐヤツである(笑)

『まだ早いのと違うの?』

そうなのだ、確か前回、新調したのは一月ほど前だから、ちびけたにしてもちょっと早すぎる。
で、塀の隙間とかに落ち込んでないか探してみたが見つからない。
前々回あたりから、ちびけたヤツを縁の下の奥でコレクションするようになったらしく、残骸が回収できてないのである。

「銀よ、前のヤツをチェックするから持ってきてみぃ」と呼びかけたのだが、過去をふり返る事をしないヤツなので、当然の事ながら無視。ひたすら小石を囓るパフォーマンスを続けるのであった。

「あかんわ、ガリガリ小石を噛んでるで」

『甘やかしたらあかんのと違う?』

「はい!」

てなことで、銀よ、申請は却下、小石も取り上げるからね~

銀にも、台所の会話が聞こえていたらしく、おとなしく白旗(笑)
お互い、ちゃんと飼い慣らされておるのぉ・・・(^^;)

で、今夜の事。

小石ガリガリパフォーマンスは通じないと思ったのか、突然、敷石をペロペロと舐め始めたではないかいな~w(゜o゜)w
しかも私が玄関に出たとたん始めたという事は、間違いなく私へのアピールである。

『お父さん、ボクにいつまでこんな事をさせとく気?はよお母さんを説得してきてちょーだいよ』

ふっふっふ・・・
犬の行動への感情移入にかけては、私は日本一なのだ(笑)

てなことで、冒頭の一句とあいなり、銀は十四代目のナイラボーンをせしめたのであった。

ちゃんちゃん

2010年8月28日 (土)

書きにくい

残暑厳しき中、山中にて・・・作業(^^;)
100828sky
ふと見上げた空から涼風も吹く季節となった。
つーか、今年はホント暑すぎ!

仕事は・・・
100828toriisan
鳥居さんと祠さんの新調なのだが、詳しくは載せられない。
そんなご時世なのである。

数日前も、某寺院で、窃盗団(手口から言って複数のプロとしか思えない)による盗難事件があったばかりで、せっかく、ありがたい仕事をさせていただいても、ブログに載せるのがためらわれるとは、まさに世も末という感じ・・・

ありがたい、という価値観から自分が独占したいと思うなら、罰が当たる、という連想も働き、行動も制限されるのだろうが、古美術品として価値観から盗むのだろうから始末が悪い。
窃盗という罪よりも、多くの人の信仰心を冒涜した罪の方が重いと思う。

罰なんか当てるほど、仏さんは器量が小さくはないやろけど、きっと、自分でいろんな悪障を引き寄せてしまうと思うで、ほんま。

2010年8月27日 (金)

立待月

昨日の夜のこと、

歯痛が若干収まった代わりに下顎が痺れるという健康上の不安と、オザワさんによる平成の乱の始まり?への不安を抱えつつ、銀ぶら。

月が綺麗である。
ほぼ満月。
つーか、乱視だから、ここ最近の月は全部満月に見える(笑)
ちょっと調べてみたら、今日は17日の月、「立待月」であった。

日没後、立って待ってるうちにすぐ出てくる・・・というような意味らしい。
だが、カミさん曰く『今日の月の出はいつもより遅いわよ』なのである。
ここは一つ、逆らう事はせず(^^;)
「立ちながら、今か今かと待つ月、って事かもね~」とフォローしておいた(^^;)
さらに調べてみると、日没後、約一時間半で出てくる、というから、カミさんの感覚の方が正しいのであった。
昔のヒトは気が長かったのか、風流を愛でる気持ちは1時間半など、あっという間なのかもしれない。
で、明日以降はだんだん月の出が遅くなり、それぞれ居待月(座って待つ)、寝待月(寝て待つ)、更待月(夜も更けてから出るのを待つ)と呼ぶらしい。

それにしても、昔のヒトの感性に拍手したくなるような命名である。

さて、銀よ、もう少し歩こか~(^-^)

2010年8月26日 (木)

平成の乱は何をもたらすか?

オザワさんがミンシュの代表戦に出馬表明した。
驚きである。
キングメーカーとしての辣腕はつとに知れたところだが、今まで、何度もあった自らキングになる機会を、わざと棒に振ってきたとしか言えないヒトが、今になって、つまり、「政治とカネ」の問題により、今秋にも検察審査会から訴追されようとしている立場で首相を目指すとは驚く他はない。
あるいは、訴追を一時的に逃れるためなのか?
いや、このヒトの思考回路と実力から言って、訴追されようがかわす術は持っているだろうから、本気で首相になろうとしていると考えるべきなのか?

私はこのブログで今まで散々、セージ屋共を呼び捨てにしてきたが(^^;)オザワさんだけにはいつも「さん」を付けてきたと思う。

特に尊敬しているというわけではない。ひたすら、怖い、からだ(^^;)

何を考えているかわからない豪腕、というのは・・・怖い!

過去には、その実行力に期待した時期もあったのだが・・・

今、もし、このヒトが首相になったとして、妙に律儀なところもあるから(^^;)、当初にミンシュが掲げた、ばらまきマニフェストを何が何でもやり遂げようとした場合、実行力だけはあるから、財政が破綻しようが突き進むだろう事は容易に想像でき、モノスゴク怖いぞ~{{{{(+_+)}}}}

で、先日から、個人的に頭に浮かぶのは、平成の乱、という言葉だ。
そしてこの乱は、「応仁の乱」を連想させもする。

室町幕府を弱体化させ、その後100年以上続く戦国時代の元になった内乱。
旧勢力が弱体化し、新興勢力が勃興した事により、一管領に過ぎなかった畠山氏の後継問題を発端として、本義も理念もないどころか、結果的に勝者も敗者も無く、ただひたすら戦いだけが続き、国が消耗しただけという「乱」を連想させるのだ。

AHOなセージ屋の一時的気まぐれ政策なら、時を待てば回復の見込みもあるが、今回だけは、日本という国が疲弊しきってしまう可能性が大いにある。

今の日本人は、敗戦から立ち直った時の日本人とは、質的に違うのだ。

ああ、怖い・・・

2010年8月25日 (水)

歯髄炎

歯髄炎・・・だと思うが(^^;)
モー連協。のBBQ以来、疼痛が続き、仕事するのが精一杯でブログは、少々手抜き状態だった(。。 )\バキッ☆
本日、なんとか、ボル○レン友の会から脱会できたので(^^;)、記録しておく。

8月19日(木)
亭長さんが無理矢理勧める肉を噛んだとたん、右の第一大臼歯(奥から三番目)に、シクッと来るものがあった。
何しろ包丁で切ったまま、刃の上に乗せた状態の肉を食え~っ状態だったので、一瞬、包丁が刺さったのかと思ったくらいだった。
しかしまぁ一瞬だったので、酔いも手伝い、あまり気にせず食べ続けの飲み続け・・・(。。 )\バキッ☆

そして翌朝・・・
あれ?
あれれれ~?
数ヶ月ぶりに歯がちょっと痛いや~ん!(>_<)
しかしこの時点でも、痛くてたまらない、というようなものではなく、歯の痛みというよりは、噛み合わせが若干狂ったのかな?という程度のものだった。
で、気にせず、というか、気にすると余計痛くなるような気がしたので、わざと無視!(笑)

しかし・・・
そこから確実に痛みは増していった・・・
しかも、歯の痛み、ではなく、もう少し深部、つまり歯茎のもっと奥、おそらく歯髄炎だと思うのだが、激しく痛み出したのであーる。

てなことで、22日から化膿止&ボル○タレンを服用。
安静を心がけていたのだが・・・
8月23日のまちけんの二次会でトドメをさしてしまった(。。 )\バキッ☆

だからね・・・
歯が痛い時はアルコールは厳禁っすよ、恵峯さん。
今まで、何度も何度も何度も何度も・・・・経験済みでしょ~

いやそのね・・・
呑むと一時的に、痛くなくなるし・・・

AHOかーい!

それは単に麻痺してるだけ~!

てなことで、24日の午前中がピーク。
本日になっても激痛が続くようなら、つっちーとこへ行こうと思ってたのだが、ちょっとマシになってきた。

ただ・・・
ちょっと気になるのは、痛みは収まってきたのだが、下顎がちょっと痺れてるんですな、これが・・・

ううう・・・
なんかもっとゴッツぃ病気やったらどないしょう?

もうちょっと様子みてから、つっちーとこへ・・・?

・・・って、様子をみてるうちに手遅れになったりして・・・orz

・・・不安。

2010年8月24日 (火)

来訪者ではなく、住人でした(^^;)

お盆の夜に突如現れ、四年前の悪夢を思い出させたこの方。
一週間後のXデー(22日)を、戦々恐々として待たねばならないのかと思いきや、18日にも出現w(゜o゜)w
抜けそうな魂を、探して回ってるのか?とビビっていたのだが・・・
100824goto1
今日も今日とて、午後9時過ぎに、銀が鳴く。

まさかねぇと思いつつ通路を見てみたがいない(^^;)
で、門扉を開けてさらに探してみようと思ったら、真下におって踏みつぶしかけましたがな~w(゜o゜)w

で、カメラをとってきて、ストロボをたいたら・・・

100824goto2

眩しいのがイヤだったらしく、もそもそと草の陰へ移動。

もう、この時点で、この方、来訪者ではなく、住人と決定!(笑)

住んどるんやから時々散歩もするわなぁ・・・(^^;)

こうなったら、もう、せいぜい長生きしてちょーだい!

銀の事も見守ったってちょうだいね~

ちゃんちゃん

2010年8月23日 (月)

まちけん、そして・・・

まちけん(高野山まちづくり研究会)の後、トビムシ事務所で二次会。

和大のシステム工学科のみなさんが、高野山のまちなみの長期研究で泊まり込み中なので、合同飲み会?
って、アサマシク痛飲してたの、トビムシのF氏と私だけやったけど(。。 )\バキッ☆

久しぶりに20代のヒト達と呑めて楽しかった。

みなさん、こんなおっさんの与太話につきあってくれてありがとうm(_ _)m

F氏は・・・いつかトラウマを乗り越えられるよう、願っております(^^;)

ちゃんちゃん

2010年8月22日 (日)

黄昏コンサート

惠光院さんの中庭にて、黄昏コンサート。
100822con2
たくさんの方にお集まりいただき、感謝感激m(_ _)m

100822con3
上綱さん自ら司会してくださった上、外国の方への同時通訳付!
ありがとうございますm(_ _)m

100822con1
27年前のドレスが着られたと喜びつつ登場のカミさん(笑)

100822con4
トーンチャイムも随所に使い、まさに黄昏の一時をみんなで楽しませていただいた。

みなさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m

2010年8月21日 (土)

'10高野山学 第5講

'10高野山学 第5講 「高野山の伝承」受講。

講師は、山口文章先生。

様々な高野山の伝承を、軽妙な語り口で次々に紹介して下さった。
山口先生は、現在、「新高野百景 3」を執筆中とお聞きしているので、講義の内容を詳しく書くと、ご迷惑をおかけする事になる可能性があるため、思わせぶりな書き方でm(_ _)m

てなことで、二つだけ、

100821sangaku1

何のこっちゃわからん?
「御」は御影堂、「三」は三鈷の松を示している。
これは、高野山の修行者が御影堂へお参りする時の歩き方を示したものなのだが、「×」印の所は決して通らず、わざわざ三鈷の松の回りを迂回する形でお参りするのである。
なぜか?
この×印の場所は・・・

100821sangaku2
「興山」は興山寺
「青」は青厳寺、「六」は六時の鐘を示す。
間の道は阿弥陀ヶ峰を通り、行人方の東照宮へ繋がる道で、この位置関係こそが、現在、本山前に広場がある所以となっている。
つまり・・・

と、まぁ・・・興味は尽きませんなぁ・・・

山口先生、ありがとうございましたm(_ _)m

2010年8月20日 (金)

黄昏コンサート 

黄昏コンサート の告知です。

二日前・・・ではなくて、実は今、開始二時間前やけど・・・(。。 )\バキッ☆

100820kon

惠光院さんの中庭で、虫の声や鳥の声と一緒に歌います。

トーンチャイムも少々(^-^)

お月さんも登場するはずです~

2010年8月19日 (木)

モー連協。のBBQ

最近、全然走ってないモー連協。・・・(^^;)

その全ての責任は私にあるという・・・

なんでや~!(笑)

てなことで、本日は趣向を変えてBBQを挙行~!
もちろん、段取りしてくれたのは、まんさく社長であるm(_ _)m
100819ya1

・・・で、こういう事になると、やたらに張り切るのが彼(笑)
100819ya2
わざわざ、肉の塊1KG!を用意して、ジリジリと炙っては包丁でそぎ落とし、『食べてぇ~』と、包丁ごと突きつけてくる(^^;)

危ない上に、お前は塩と胡椒をかけ過ぎなんじゃーっ!
しかも、炙っては、そぐ!の繰り返しやから、いつまでたっても、辛いだけの焦げた外側しか食べられへんやろが~!

俺に貸してみぃ!(笑)

と、呑まないメンバーが多い中、酔っているのが亭長と私だけの状態で、肉塊の取り合い(。。 )\バキッ☆

・・・しかし、
100819ya3
亭長から取り上げた肉塊を、すばやくブロックに切断。
外側全部を軽く炙って、肉汁を閉じ込め、後はじんわりあたためてから、サイコロ状に切った肉は・・・

へっへ~ん!だ。
みんな喜んで食べてたでぇ~\(^o^)/

ま、同じベロベ浪漫でも、やっぱりちょっと違うよね~って・・・思ってるのは自分だけ?(。。 )\バキッ☆

めでたしめでたし

2010年8月18日 (水)

行く彼、おるヤツ、そして来る・・・方(^^;)

8月18日、昼過ぎに息子は帰っていった。
白シャツに黒パン姿なのは、塾でバイトするためのものだ。
橋本の塾を午後7時半に出れば、余裕で東京の下宿まで帰れるというのだから、交通網の発達と東京の電車の夜中過ぎまでの可動っぷりには恐れ入るしかない。
100818summer2
バス停まで、カミさんと娘の三人で見送った。
銀は近所の犬が脱走中との事で、ケンカになってはいけないのでお留守番(笑)

元気でやれよ~(^-^)

てなことで、16日から仕事は再会してたが、本日職人さんが全員揃ったので、ちょこっと一杯。
といっても、ノンアルコールビールでだが(^^;)
100818gin1
銀もお行儀よくテーブル代わりの板の前で待つ。
何を?
100818gin2
こういう構図である(笑)
スイカのあまりをひたすら待っているのである。しかも皮の部分が大好物(笑)
お腹の調子も良くなるようで、UNKもりもりなのである。
100818gin3
この嬉しそうな顔!(笑)

そして・・・

またまた夜半・・・

先日と同じ、銀の警戒鳴きが始まった。

まさかねぇ・・・と思いつつ見てみたら・・・
100818gotohikisan
↑画像は、私を発見したからか、急に方向転換してからのもので、最初に見た時は、闇の中をのっしのっしと銀の方に這い寄ってきていたのであるw(゜o゜)w

怖いぃ~{{{{(+_+)}}}}

この方、いったい何が目的なのか?

単なる散歩である事を祈るのみである(^^;)

怖いぃ~{{{{(+_+)}}}}

2010年8月17日 (火)

monosugoi!あるいは、extremely!

ものごとの様子を特別に強調したい時、私はなぜかカタカナを使う癖がある。

身の回りにはカタカナで表すモノであふれているけれど、話し言葉はひらがなだし、書くときはそこへ漢字が混じる分量が多く、カタカナがもっとも使い馴染みが無い分、常態から逸脱した状態を表現するのにはピンと来るのかもしれない。

これは、良いモノにも悪いモノにも同じように使っていて、特にセージ屋などを指すときにはカタカナしか使っていないはずだ(笑)

てなことで、普段、使い馴染みの無い言葉ほど、強調を表しやすい、という点では、
ものすごい、より、物凄い、であり、
さらに、モノスゴイ!があって・・・

さらにさらに、使い馴染みの無い言葉と言えば・・・

monosugoi! (笑)

ほんでもって、extremely!なんてのが、私にとって、ものすごさ、を段階的に表す文字になるのだろうか?

アラビア語なんかだと、もっと表せるのかもしれないが、知らんわ(。。 )\バキッ☆

あ、しかし、超物凄い!なんて表現もありえるな・・・(笑)

てなことで、

今日の青空は、上記のような屁理屈を考えてしまうほど、もう、ホントに、超!最上級で表したいほどの青さというか、凄みさえ感じる深さだったのだ。
それは、夏と秋の交代を告げるものだったのかもしれない。
秋の深い青の手前に、ぎらぎらした夏の青空が重なったような青さと言えばいいのか・・・

ある意味、夕焼けよりも見とれてしまうほどの空だった。

↓画像も撮ったけど、全然まったくちっとも表せてはいない(^^;)
ちなみに月はおまけ。
100817sky1

とにもかくにも、平成22年8月17日の高野山は、そんな感じの空やった、という事で・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2010年8月16日 (月)

盆の夜に

※本日の画像、サムネイルは小さめに載せますが、クリックするとけっこうデカくてキモいのでご注意下さい(^^;)

昨日の夜の事、急に銀が吠えだした。

息子が帰ってきてからというもの、『やっと五匹揃ったんやから、ボクもみんなと一緒にずっと家の中に入れてちょーだい』と、ちょくちょく吠えるというか、うひょんうひょーんと悲しげに鳴くようになっていたのだが(^^;)どうも吠え方が警戒モードである。

UNKかな?

かまって欲しくなると、むりやりきばってひねり出し(笑)誉めてちょーだいと鳴くときもあるのだ。

しかしちょっと違う、
エテ公モードほど激しくもないのだが、何かを知らせようとしている雰囲気なのだ。

で、見てみると・・・

うきょぉ~w(゜o゜)w
100815gotohiki0
↑カメラを取りに家に戻ってから撮ったのもの。最初見た時は、銀を威嚇するように真正面を向いていたのであるw(゜o゜)w
ちなみに、写っている敷石の長さは30cmだから、そのデカさを想像してみてほしい{{{{(+_+)}}}}

実は私、このゴトヒキさんがとても怖かったのだ。
いや、ゴトヒキさん自体が怖いのではなく、この方が突然現れ、そして消えるという現象そのものが怖かった。

それは'07年5月9日、「春の夜の怪」としてブログに載せてある。
そして、この方が突然現れ、また忽然と消えた一週間後、るんたが逝ったのだった。
後になって、この方の登場は死の予告ではなかったかと思ったのである。
それほど、あの時のこの方の消えようは不気味だった。

ただ、その後も何度か路上で見かけ、「ぐわぁ~!また誰か逝くのぉ~!」とビビったものだったが、どうやら「突然消える」という事象が無い限り、死の宣告ではないのが経験上わかってきた(^^;)
↑「突然消える」という事象が付く場合は死の宣告、と、半ば本気で信じている証拠(^^;)

そして今回の出現。

一瞬、嗚呼、今度は銀が死ぬ、連れに来たんや・・・と思った。

しかし何故か・・・親しみのような気持ちも湧いてきた。
今日は盆や、ひょっとしたら、るんたが憑依して帰ってきたんちゃうやろか?
そんな気さえした。
100815gotohiki1_2
じぃ~としてるので、しげしげと観察してみたのだが、なかなかどうして堂々たる体躯である。
ただ・・・撫でてやる気はさすがにおこらない(^^;)

仕方が無いので、水を掛ける事にした。
どうぞ静かに退場してちょうだいという気持ちも込めて(^^;)
100815gotohiki
すると、くるりと向きをかえ、門扉に向かってずるりずるいと這い始めてくれた。
そして、門扉の下をくぐったとたん、ちょっと向きをかえて、こちらをじぃ~っと見つめる形になったw(゜o゜)w
100815gotohiki2_2
真正面から見るのは初めてである(^^;)
なかなか可愛い・・・とも思うが、ジャバ・ザ・ハットのモデルは間違いなくこの方だろうと思う面構えでもある。

るんた・・・には、やっぱり見えーん!(^^;)

銀の事、連れていかんといてね、るんたの代わりに護ったってね、おっと、銀以外でも誰も連れていかんといてね~と、お願いしたm(_ _)m

で、聞き届けてくれたのかどうかわからないが、また、のそりのそりと動きだし、草むらに消えて行ったのであった。
100815gotohiki_2

何しろお盆である、不思議な事が起こらない方が不思議だ(^^;)

そしてもう一つ、不思議というか・・・

060509gotohiki3
↑この画像、'0706年の5月9日のゴトヒキさんなのだが・・・
今回、しげしげと見比べてみたところ、体色というか、模様というか、みんな似たり寄ったりなのかもしれないが・・・
どう見ても、私にには同じゴトヒキさんのように見えるのである。

ネットで検索してみると、ゴトヒキの寿命は約10年となっているから、そう不思議でもないのだろうが・・・

なぜ、突然現れたのだろう?

ただし、忽然と消えなかった事は、大変ありがたいなぁと心から思えたのであった。

以上、迷信深いと言えばそれまでの話だが、まぁ何せ高野に住んでると、ね、(^^;)

ちゃんちゃん

2010年8月15日 (日)

敗戦の日

今日は終戦の日ではなく、敗戦の日だ。

全閣僚が靖国神社に参らなかった日でもある。

靖国神社が踏み絵にされることはあってはならないが、この事態は最低!である。

国のために死んだ(殺された)人々を、国の代表が追悼する。
こんな当たり前の事をしない首脳部なんて、おそらく中国や韓国の人もあきれているのではないか?

もう25年も前になるが、中国へ青年の船で行った時のことを思い出す。

おりしも、ナカソネ首相が靖国神社へ参拝した事で世界的に物議を醸していた頃だった。

バスの中で、北京大学の学生達に質問された。

『首相が靖国へ行く事についてあなたはどう思いますか?』と、

二十五歳の私は答えられなかった。
ぜひ答えたい気もしたが、友好をぶちこわすのではと躊躇したのだった。

すると、横で聞いていた先輩がいきなり、『国のために死んだ人を悼むのは、一国の首相の義務です』と言い切った。

あちゃぁ~!言うてしもたがな・・・と私は思った。

ところが、

・・・学生達が口々に、『そうでしょうとも』『私達もそう思っています』『私達はそんな本音を聞きたかったのです』と、先輩に対し敬意を払いつつ称賛したのであった。

何や、ほな俺も言うたら良かった(。。 )\バキッ☆

そして旅行中、その先輩だけが、○○さん、ではなく、○○先生、と呼ばれ続けたのである。

後で先輩に、なぜあそこまで言い切れたのか聞いてみたら、『中国人が一番嫌うのが面従腹背だからね』との事だった。

閣僚の諸君よ、君らはどうやら、面従腹背ではなく、心から服従してるようやけど(笑)、それでも向こうさんは別の意味で信じてくれんと思うよ。
このまま中国や韓国に服従の姿勢をとり続けたとしても、国を売る奴というのはいつの時代も、誰にとっても、最も信用されんもんやからね。

2010年8月14日 (土)

熊野へ

午前7時半発、
熊野へ、
世界遺産マスターの会議に出席するためだが、気分はツーリングだ(^-^)
100814gskumano
同じ山国とはいえ、たぶん玉置山?だと思うのだが、このあたりまで来ると山の形が丸くおおらかに感じる。
それはそのまま、熊野の気風を現しているようにも思えるのだ。

和泉式部が熊野詣をした時、ちょうど生理になり、血穢を恐れて本宮に参拝ができないと諦め、遠く大斎原を伏し拝んで、

晴れやらぬ 身のうき雲のたなびきて 月のさわりとなるぞかなしき

と詠んだ場所が現在の伏拝王子である。

ところがその夜、和泉式部の夢枕に熊野権現が現われて、

  もろともに 塵にまじはる神なれば 月のさわりもなにかくるしき

と返歌してくれ、和泉式部は喜んでそのまま参詣できたという。

このあたりが、明神様ではなく、権現様の融通の効くところ・・・といってはどちらにも失礼か(^^;)

しかし、この伝承こそが熊野権現の性格を象徴しているとも言えよう。

もちろん、丹生都比売さんがキツ~い明神様だと言っているわけではない(^^;)

熊野へ来る時はたいてい単車でご機嫌だし、何かしら心弾むイベントが待っているような気がして、山の姿もおおらかに映るのかもしれない。

もちろん、高野へ帰ると気が重い、という事ではない(^^;)

なお、高野山は盆地なので山と言っても間近にあり、山内から全景を眺める事はできない。
少し山の中に入り、他の山々を眺めるとこんな感じ、
100814koya
(帰路に撮ったもの)
連なった山脈が果てしなく続く光景は、やはり熊野とは異質のものだ。

この異なる風土と気質の二つの「野」がさらに峻厳な山脈の果てにあるもう一つの「野」、
すなわち「吉野」と繋がっている。

そして、神道、仏教、そして修験道と、それぞれその土地独特の信仰を育んできたわけである。

ちなみに、この三つの宗教は、内部的な小競り合いや境界争いはあったものの(^^;)
千二百年以上、おおむね平和に共存してきている。

これは世界に、特にキリスト教世界とイスラム教世界に向かって、発信すべき情報の一つだと思う。

あれ?
『恵峯さんは最近、単車に乗ってない』という噂を打ち消すために書き出したのに(^^;)
いつのまにか、世界遺産関係の話になってしまった(笑)

真面目やなぁ俺(笑)

ちゃんちゃん

2010年8月13日 (金)

第37回ろうそく祭

8月13日は、恒例、高野山万燈供養会。
ろうそく祭である。

37回目だそうだ、ちなみに、第1回から参加してる・・・(^^;)

私は例年通り、中の橋受付&提灯・祈心灯販売担当。
動画はこちら(2007.8.13)

35年前、高野山へ里帰りしてくる同級生のために、というコンセプトで始まったろうそく祭だが、今では高野山の夏の最大観光イベントとなっている。

多くの方に高野山、そして奥の院を体験していただけるのは誠に喜ばしい事だが、肝心の里帰り組がどんどん少なくなってきているような印象も受ける・・・

フレックスな夏休み期間導入により、お盆休み、という規定が崩れ8月13日に休めない、という人もいるだろうし、観光イベントと化したろうそく祭には足が遠のく、という人もいるだろう、そして何より、実家ごと引っ越してしまい、もはや里帰りの対象が高野山ではない、という人が多いと聞く。

それでも、青連協はこの祭に一所懸命取り組んでいる。
規模も来る人も変わったとしても、奥の院参道を照らすろうそくの灯りは変わらない。
来年も、再来年も、灯し続けられていくだろう。

だからこそ高野山、なのだから(^-^)

・・・って、↑これ去年、さらにその前からそのまんまのコピペ (。。 )\バキッ☆
いやそのあの・・・(^^;)
偉大なるルーティンワーク、という事で、ね(^-^)

そうそう、新しいキャラとして「こうやくん」登場!
大人気であった。
100813r2

ちなみに、今年の祈心灯は「光」
100813r3
家族の分を捧げさせていただいたm(_ _)m
100813r4
来年も・・・同じように迎えられるといいな(^-^)

追記:
息子はちゃんと朝帰りした(笑)
夜になり、風が止んで、ろうそく祭りには絶好の天候(ろうそくが消えない)だったのだが、そのかわり蒸し暑く・・・
下宿には一応クーラーがあり、山中湖にある大学の寮から直行だった息子曰く、『夜は高野が一番暑いわ』(笑)

ちゃんちゃん

2010年8月12日 (木)

息子帰・・・らなかった(笑)

8月12日、夏の仕事納め。
なんとか無事に盆を迎えられた事に感謝m(_ _)m

息子も今日、帰ってくるとの事で、終電になったら駅まで迎えに行かなくてはいけないので、カミさんにまかせるべく、夕方から呑んだ(。。 )\バキッ☆

だって仕事納めやもーん(^^;)

で、結局、難波で大阪の友達と遊んでて遅くなったのでネットカフェにでも泊まるとメールが来た。

火災事故が記憶に新しく、一瞬、不安も感じるが、彼はもう成人。
自分の判断に任せるしかない。

ま、補導される心配がなくなっただけ良しとしましょう(^^;)

ちゃんちゃん

2010年8月11日 (水)

フォーカシングスクリーン交換

フォーカシングスクリーンの交換、である。
100811fs00
標準のフォーマットから、水平・垂直線が入った分割マットに取り替えようというのだ。
100811fs1
しかし・・・むちゃ・・・怖い{{{{(+_+)}}}}

というのも、レンズ交換同様、ミラー(レフレックス)部分が向きだしになるばかりか、ここにピンセットを突っ込んでスクリーンを脱着しなければいけないため、埃が入りやすくなるし、スクリーンやミラーに傷を付ける恐れもある。
100811fs2
・・・画像に納めてる間も埃が入る可能性があるので、ほんとは写真なんか撮ってる場合ではないのだが(^^;)
100811fs0
何故、あえて交換するかというと、最近、トシのせいか、水平レベルが狂う事が多くなってきたからだ(ToT)
カメラの特性のせいにしたいところだが(^^;)仕事上、あまり水平が狂った画像では信用にかかわるし、いちいち補正作業するのもめっどっちぃ。
てなことで、最近のカメラは埃を超音波振動で振り払う機能もついている事だし、いっちょやってみようという気になったのである。
もちろん、酔ってない(^^;)

てなことで・・・
取説をちゃんと読んだのだが・・・
何か一つ、
足りない気がする・・・
過去に何度か取り替えた事もあるのだが、その時、もう一手順が必要だったような気が・・・
!( ̄□ ̄;)
この取説、めっちゃ詳しい割にあれが抜けてるがな~
てなことで・・・
100811fs3
当然の事ながら、フォーカシングスクリーンと枠が下に落ちた時にミラーに傷が付かないよう、クリーニングクロスの新品を敷いて作業した。
クリーニングクロスについてる埃が内部に入る可能性もあるが、ミラーに傷が付くよりましだ。
・・・しかし、これが書いてないという事は、ミラーには接触しない仕組みなのだろうか?
・・・しかし・・・それを試す勇気無し!(笑)
100811fs4
てなことで、交換作業は無事終了\(^o^)/

しかし、このキット、ピンセットや、交換したスクリーンを一時立てておくスペースまで用意されているという親切設計なのに、ミラーの保護についてはなぜ言及が無いのだろう?
おそらくは、ミラーに当たるほど枠が下がらない設計になっているのだと思うのだが・・・

再度、試す勇気無し!(笑)

とにもかくにも、埃も入らなかったようで、めでたしめでたし、という事にしておこう(^^;)

ちゃんちゃん

2010年8月10日 (火)

銀はがんばらんでええから(笑)

銀よ、屋根の上におるのは、ボイラーを取り替えにきてくれた工事のおっちゃんやんか、お前、いつも尻尾振ってなついてるやろ?警戒せんでもええんやで~
100810gin1
どうやら、3年前にエテ公を追い払った記憶が蘇ったらしい(^^;)
100810gin2
いや、だからね、吠えんでもええのよ~

うるさいし、工事の邪魔でしょ~

番犬の役目を忠実に果たしているので、叱るわけにもいかず、私も屋根の上に上ってる間はおとなしいのだが・・・

ずっとつきっきりというわけにもいかず、現場を離れるとまた吠え出すのである(^^;)

ううむ・・・
100810gin3
で、再び銀のところへ行くと、吠えつかれたのか普段の倍ほど水を飲んでからも、ハァハァと息づかいが荒いこと荒いこと(笑)
おかげで、観測史上?最長の舌の出具合を画像に納める事ができた。
何やら、ピンク色のエクトプラズマのようである(笑)

100810boiler
てなことで、銀の吠える声に見送られつつ、2階から降ろされたボイラー君のはらわた。
耐用年数を大きく超える18年間のお役目、お疲れさんでしたm(_ _)m

ここ数年間は、着火ミスが頻発し、メインスイッチが台所にあり、風呂は2階という我が家では、素っ裸で階段を駆け下りる事もしばしばだった(笑)
最近では、着火ミスしてるのが日常で、湯を溜めたり、シャワーを使ったりするためには、誰かが台所でアシスト(ひたすらオン・オフを繰り返す(笑))しないといけなかったのである。

てなことで、20年近くの歳月はボイラーをおどろくほど進化させていたw(゜o゜)w
他人様のお宅には、何度も設置させていただいているのだが、自分ちはほったらかしだったから、まさしく紺屋の白袴状態(笑)

今となっては当たり前の話だが、台所のメインスイッチで、湯量から温度まで全部コントロールできるので便利~\(^o^)/

おそらくイマドキの機械だから18年は無理だろうけど、しっかりがんばってね~

ちゃんちゃん


2010年8月 9日 (月)

息子はがんばってんのに・・・

一日ずれて、8日の日記。

7日の夜は息子の下宿で雑魚寝(笑)
翌日、カミさんは掃除や洗濯をするというので、昼ご飯だけ三人で一緒に食べ、私だけ先に帰ってきた。
帰路の新幹線、帰省ラッシュではと心配だったが、意外にもガラガラw(゜o゜)w
まだ帰省ラッシュが始まっていないのか、高速料金値下げの影響なのか、たまたまその時間帯が空いていたのかわからない。
ま、ゆったり帰ってこれたので良しとしよう。

てなことで・・・
留守の間は娘が面倒をみていてくれたのだが、久しぶりに40時間以上姿を見せなかったので、午後8時前に帰り着くと銀が狂喜乱舞(笑)
こうなると疲れたなどとは言ってもおられず、しぶしぶと銀ぶらに出た(^^;)

で、午後9時過ぎ、軽く一杯(^^;)
いや、二杯・・・
ん~・・・もうちょっと飲んだかな?(。。 )\バキッ☆

で、ちょっと変身しちゃったらしく、例のアレを試す事を思いつく。
アレって?

これですがな~(^-^)v
100809sim1
7月12日のブログがきっかけで、テツさんに教えてもらった情報をもとにゲットした「SIMアダプタ」である。

要は、iPhone4のマイクロSIMカードを、3GS用のサイズにかさ上げするものだ。

ちなみに3GSは、新規契約する方がはるかに安いため、売ろうにも値が付かない事が判明・・・orz、しかし、アプリもWi-Fiもそのまま使えるので、iPod touchとして使えばよかろうと思い直し、いっその事これを機会に、脱獄したり○○したり、××したり・・・と妄想を広げていたのであーる(。。 )\バキッ☆

で、第一弾として、iPhone4が不調になった時の予備としても使えるように、SIMカードを交換してもちゃんと作動するか確かめようというわけ。

酔ってる時に思いつきで行動するのがいつもの悪い癖なのだが、変身してるので、気にしなかった(。。 )\バキッ☆

ただし、酔ってると言っても、ベロベ浪漫までは逝ってなかったので(^^;)、アダプタを試すだけにとどめたのはえらかった?(^^;)
つまり、3GSの普通サイズをパッチンしてマイクロSIMカードと同じ大きさにし、iPhone4に挿入して使えるかどうかは試さなかったという事だ。
・・・実は、パッチン寸前まで行ったのだが(^^;)↓ごらんの通り、普通サイズのSIMカードと、マイクロSIMカードの金色プリントの形が違っていて、一つ間違うと、中のプリント基板を切っちゃうのではないかとビビるくらいの自制心はなんとか働いていたというわけなのである(笑)
100809sim2
で、作業というほどのものではなく、どちらからもSIMカードを取り出し、iPhone4のマイクロSIMUカードをアダプタに嵌め込み・・・といっても、スカスカなのだが・・・
・・・ここで・・・
・・・何か大事な事を・・・
・・・忘れているような気がしたのだが・・・
・・・まぁええか、挿入するだけなんやから・・・で、セットしちゃったのが運の尽きだった(ToT)

SIMカードの認識は、拍子抜けするほどあっさりと成功。
試しに電話をかけてみたら、ちゃんとかかった。

ちなみにこの時点ではまだ「何か大事な事を忘れていた」事に気付いていず、
おぉおぉ、これやったら続いてパッチンしてみるかぁ?みたいな気持ちだったのは言うまでもない(。。 )\バキッ☆

すでに落とし穴にハマっていたのはすぐに判明した(笑)
100808sim3
これ以上・・・出て来なぁ~い・・・orz

そう!
あんなにスカスカのアダプタなのだから、嵌めた後は裏側からセロテープか何かで、脱落しないよう留めておかねばならなかったのだぁ~!

何と言う迂闊!(ToT)

どうやら、引っ張ると、内部でアダプタからマイクロSIMカードが脱落するか、若干ズレるようで、それがフックの役目を果たすらしく、全然出て来なぁ~い(笑)

最初、これがどんなにダメダメな出来事なのか、理解できなかった。

・・・ん~とね、押し込んだら固定されて使えるわけやから別に出てこんでもええんちゃうのぉ・・・って、一瞬思ってから・・・あかんやーん、これ3GSやーん、てなことはiPhone4がただの文鎮になってしもてるやーん!(ToT)

無理矢理引っこ抜く?
・・・と、マイクロSIMカードが壊れて、手元に残るのは、Wi-Fiしか使えない3GSと、Wi-Fiも使えない文鎮iPhone4ぉ?(ToT)

・・・ううう、この際、また川にハマって壊れたと考えて、3GSを解体してマイクロSIMカードだけ取り出す?

うきょぉ~!!!
イヤやぁ~(ToT)

どないすんねん、どないすんねん、とつぶやいていたら、娘が『お父さん、何、悩んでんの?』

いやそのね・・・と説明しようとしたが、さきほど呑みながら、息子の話を聞かせたばかりではないかいなぁ~

息子があんなにがんばってるのに、親父はベロベ浪漫で携帯を壊すしか能がないって、あんまりやー!

・・・と、酔った頭で考えて・・・

「それは言えん!」・・・とだけ答えておいた(。。 )\バキッ☆

てなことで、考える事しばし・・・
3GSの解体に取りかかる前に、やれることをやろうではないかという前向きな考えが起こった(^^;)

むぅ~!やっぱり、呑み過ぎんでよかったぁ~(。。 )\バキッ☆

てなことで、とりあえず、ニュートンさんの万有引力の法則を借りる事にし、3GSをタテヨコナナメとあらゆる方向にして引っ張ってみた。

・・・駄目だった・・・orz

次にまたしてもニュートンさんの慣性の法則を試してみた。
まぁ・・・要は3GSをタテに構え、入れたときと逆の力で引っ張ってみただけなのだが・・・

・・・駄目だった・・・orz

ううむ・・・
壊すか?

いや、待て待てぇ~!
もう一つ、あるやんか、試すやつ、あの、それ・・・あれ誰やっけ?

誰、だれ・・・だ・・・ダビンチや~!\(^o^)/
おぉもいだした、思いだした~って、ガリレオちゃうんか?(。。 )\バキッ☆

とにもかくにも加速度の法則、である。あ、定理か?(^^;)

てなことで、もうヤケクソに近い状態で、SIMカードが壊れない程度の勢いで・・・

ゴッドハンドで、思いっきり引っ張ってみたのである(。。 )\バキッ☆

後で考えると・・・って、考えるまでもなく、これは一番危険なやり方である(。。 )\バキッ☆

でも・・・

さすが何を考えとるのかよぉわからんアメちゃん製!

今度はものすごい勢いでアダプタとマイクロSIMカードが飛び出してきたではないかいな~\(^o^)/

・・・って、どっかへ飛んでいっちゃいましたが・・・w(゜o゜)w

ぐぇ~!(ToT)

てなことで、踏みつぶしてしまう恐怖と戦いながら、机の下でマイクロSIMカードを発見した喜びは・・・20年前の息子の誕生の時に勝るとも劣らn・・・ってそんなわけないやろー(。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆

・・・と、ちょっと昨日のブログが照れくさかったので(^^;)今日はいつもより余計におちゃらけております~

ちゃんちゃん

2010年8月 8日 (日)

そして感動の

7日のつづき

ヨットを降りた後は・・・
艇庫やヨットの仕組みのレクチャーまで、いたれりつくせりであったm(_ _)m
100807k91
↓こういうのを見ると、もう夢中で『これは何するモン?』『あれは~?』といろいろ聞きたくなるのだが(^^;)そこはぐっとガマン(笑)
100807k92
ちなみに、予算的にはなかなか厳しい運営らしく、古い艇を修理しながら使っているとの事だった。
カ、カンパしなくちゃね・・・(^^;)
100807k4_2

↓歴戦の勇士?(^^;)
100807k93
てなことで、休憩後はお約束のBBQ!
100807k5
ここで変身するわけにはいかないので(^^;)ビールも二缶でガマンした(笑)

そして・・・

感動の・・・

100807k7

誕生日を記念して手荒いお祝い~!(笑)

息子の手足はちゃんとクロスされ、着水体勢を取っていた(笑)
普段の練習での「沈」に備えてのものか、はたまたこれが恒例の儀式なのか、まぁどっちもだろう(笑)
100807k94_2
みんな笑顔の中、カミさんだけが泣いていた(^^;)
もちろん、嬉し泣きだ。
海に放り込まれて嬉し泣きというのも変かもしれないが、小、中学校とついに得られなかった仲間達との一体感に感極まったのだろう。

ヨット部のみなさん、どうもありがとうございますm(_ _)m

楽しい時間はあっという間に過ぎ・・・
100807k8

息子がエールを務めさせていただき、本日の締めくくりとなった。

20年前の今日、カミさんが顔中を鬱血の斑点だらけにして生まれてきた息子は、今、日焼けした腕をまっすぐ伸ばし、驚くほど野太い声で高らかにコールしていた。

2010年8月 7日 (土)

暑いのが楽しい(笑)

所は八景島マリーナ、ピーカン!

暑いわぁ~い!(笑)

ECE9B6F5-E83B-4D9D-82D6-AA67D93860B6

しかし、楽しい(^-^)

てなことで本日、息子の大学のヨット部の「ファミリーデー」にカミさんと二人で参加させていただいたのである。
最初、お誘いの手紙をいただいた時は、大学生の部活動に親が顔を出すなんて・・・w(゜o゜)wってなもんだったが、ここ数年、途絶えていた行事を久しぶりに復活させるとの事で、ヨットにも乗せていただけるらしいし、ちょうど息子の誕生日という事もあり、始発電車で神奈川県までやってきたのだ。
100807k1_2
高野山発、5時36分で新大阪発が8時17分、新横浜から横浜まで行って、それからええと・・・京急快速で金沢八景、そこでシーサイドラインに乗り換えて八景島・・・って、iPhoneのNAVIがなかったら着けへんだでたぶん(笑)
しかも、京急快速の恐ろしい混みよう!w(゜o゜)w
私は極力満員電車を避けて生きてきたので(^^;)まさしく立錐の余地もない状態を生まれて初めて体験したのであーる(^^;)
何しろ混み具合を画像におさめようにも、鞄はお二人さん程向こうの変な位置でねじれた状態で固まってたし・・・(ToT)
てなことで、↑の金沢八景駅へ着いた時点で疲労困憊(笑)
しかしここからの眺めと、海辺のモノレール?の高架の駅なので、時たま吹く涼風が心地よかった(^-^)
100807k2_2
そして、八景島へ到着、シーパラダイスを通り過ぎ、マリーナまでてくてくと歩く。
暑い~!
しかし、今日はそれが気持ちいい~(笑)
海を見るのも久しぶりやなぁ~
100807k3_3
てなことで、各大学合同の合宿所に到着。
外観は非常にゴージャス!・・・って、死語?(^^;)
中は・・・
100807k0
質実剛健!(^-^)
畳敷きで、みんなゴロ寝してるらしい。食事も自炊で、これまた各大学共同の台所なんかもご案内いただき、そこかしこにあふれる生活感に、うちも含めて親御さん達の緊張がだんだんほぐれていくのがわかる(笑)
てなことで・・・いよいよ、ヨットへ~
100807ut2_2
まずはブリーフィング、みんなさすがに真っ黒けのけ~(笑)
もちろんお母さん方は日焼け防止の完全武装で臨んでいた(笑)
てなことで・・・
100807ut3tansei_2
まずは、支援ボートの淡青(大学のチームカラーがライトブルー)に乗り込んでGO~!
ちなみに、ヨットと聞くと、非常に優雅なイメージがあるが、息子のやってるのはディンギーと呼ばれる二人乗りのもので、かなりハードな競技である。
なお、ディンギーにも二種類あって、二枚の帆で行うスナイプ級と、風を受けて走る時のためにもう一枚のスピン(スピンネーカー)と、トラピーズ(マストからぶら下がってるワイヤーを腰に付けて体重移動でコントロール)という偉大な発明品(と聞いた)が着いた470級というのがあるらしい。
100807ut52_2
先輩の模範、トラピーズを使ってるので、これは470級だ。
100807ut8470_2
これが470級でスピンを出した状態。
100807ut6_2
これがたぶん息子の乗ってたスナイプ級だと思う・・・って、視力が落ちてるので誰が誰やら・・・orz
100807ut92_2
次に私が乗せてもらったスナイプ級、トラピーズが付いてないので、こんな感じでコントロールする事になる。
これはキツそうや~(^^;)

後で息子に聞いた話だと、『今日は、ゲストを乗せるには、ちょっと風が強すぎてコントロールが難しかった』そうだ。

しかし、こちらは事前に想像した以上に楽しませていただいた(^-^)
100807ut91_3
各ボートの乗り換えも、揺れる海上で行い、カミさんがいつものようにキャァキャァ騒いでいたが(笑)怖くはなかったようだ。
100807ut9_2
↓これは六人乗りのクルーザー級。
100807ut7_2
乗り換えて、おっかなびっくり(笑)舵も取らせていただいたm(_ _)m
舵と言うより、櫂で漕いでるみたいだが(笑)
100807ut94_2
風だけを動力にしてるとは思えないほどの早さで移動するヨットに驚きつつ、息子がハマったわけがちょっとわかったような気がした。
照りつける太陽より、吹き抜ける風が何しろ爽快!なのである。
暑いのが楽しい!(笑)

冬はキツいやろけど・・・(^^;)

とまぁ最初は、季節もいいし、乗せてもらってるだけで、楽ちんなのが一番の理由かな~とか思ったのだが、何より、このクラブの学生さん達全員が持っている、ホスピタリティこそが気持ち良いのだと気が付いた。
イマドキでは珍しく、全員が完璧な敬語を話す。これだけでも関西弁丸出しのこちらが恐縮してたくらいだったし(笑)
100807ut93_3
全員がフォア・ザ・チームに徹している姿を随所で見られた事は、この部で鍛えていただいているのだなぁと、親としてとても嬉しい思いがした。

青春、なんですね、これが(^-^)

つづく

2010年8月 6日 (金)

フクザツな彼

今朝の銀。
100806gin2
何を考えてるのかよぉわからんが・・・(^^;)
4歳を越えて、だんだん大人びてきたというか、時々、フクザツな表情を見せる。
テツガク的というか、スヌーピーの物まねというか(笑)

まぁ・・・タネを明かせば、
朝ご飯を食べる合図の「ヨシ!」を待ってる表情なのだが(^^;)

どういうわけだか銀は、教えもしなかったのに、子犬の頃から目の前にフードを出しても勝手には食べず、必ずこちらの「ヨシ!」の号令で食べ始めるのである。
ひょっとしたら、娘が「マテ」を教えたのかもしれない。

しかも、他の言葉では駄目で、「ヨシ!」でしか食べ始めないのだ。
待たせては可哀想だから、いつもすぐに「ヨシ!」と号令するのだが、夕ご飯の時など、すでに私がベロベ浪漫状態でフードをやるときは、「よ・・・そ!」とか、「よ・・・せ!」とか、かけ声をかけてみたりする (。。 )\バキッ☆

しかし全然ひっかからないw(゜o゜)w

いったん、フードボウルに口を突っ込みかけるのだが、そこでピタっと硬直し、ひたすら「ヨシ!」を待っている。

なんていじらしいんやぁーっ!

・・・そんな銀なのに、「よ。。。ほ!」とか、「よ・・・へ!」とか、なおも繰り返すベロベ浪漫はサイテーである(。。 )\バキッ☆

誠にすまん、銀よm(_ _)m

てなことで、写真一枚だけ撮ってから「ヨシ!」
100806gin3
この後の食べる早さは、まさに一気の犬食い!(笑)

で、食べ終わると、必ず食後のデザートに、隣家から塀の下を越えてやってきている笹の葉をモシャモシャやってから、ゲップをしておしまい(笑)
100806gin4

後はいつもの銀に戻る(^-^)

・・・全然、フクザツちゃうやん(笑)

ちゃんちゃん

2010年8月 5日 (木)

おそるべし橋本w(゜o゜)w

所用で橋本へ、
あと三日で立秋というのに・・・
何と言う暑さよ~っ!w(゜o゜)w

まぁ、橋本のヒトに言わせたら、『今日はマシな方やで』との事だったが・・・

高野の人間にはこの温度は危険や~(>_<)

・・・と、

100806hashimoto1

な、なんとw(゜o゜)w
携帯の保護シールがべろんちょ~と剥がれ出したではないかいな~orz

おそるべし橋本!

なるほど、ここ出身のうちのカミさんが熱いはずや~!(^^;)

ちゃんちゃん

2010年8月 4日 (水)

第14回紀の国やっちょん祭り

第14回紀の国やっちょん祭りの宣伝です。
今年の開催日は、9月の4日(土)と5日(日)
100804yacchon1
若い衆(気持ちだけ若い年齢層も含む!)に気持ちよく踊り狂ってもらうために・・・
今年も勧募をばよろしくお願いしますm(_ _)m
↓部分拡大しときます
100804yacchon2

ちなみに、今年から高野山の分は私が集金する事になりましたので(ToT)
重ねてよろしくお願い申し上げます~m(_ _)m

・・・みんなぁ・・・わかっとるやろなっ!   (。。 )\バキッ☆

いやもうホント(^^;)
なにとぞ、よろしくお願いしますだぁ~m(_ _)m

2010年8月 3日 (火)

暑いのか退屈なのか

午後3時、家に戻ると銀が通常のヘソ出しではなくこんな感じだった。
100803gin0
暑いのか、退屈なのか、
号令をかけない限り、滅多に見せないポーズなので、門扉からFT-1の望遠で撮ってみたのだが、この後すぐ立ち上がってハフハフと寄ってきたのでよくわからない。
そこで、門扉から出し、今度はk-m+50㎜を取ってきて「フセ」と号令してみると・・・
100803gin1
何か・・・見るからに嫌そ~に臥せた(笑)
どうやら暑いのではなく、退屈していたところへ私が帰ってきて、門扉から出してくれたのでてっきり遊んでくれると思いきや、また退屈ポーズを取らされたのが不満らしい(笑)

おもしろいからそのまま見てたら・・・(。。 )\バキッ☆
100803gin2
『い・つ・ま・でぇ~』ってな感じを目で訴えかけてきた(笑)
しかしフセを続けるあたり、なかなか律儀なやっちゃ。(ヤツだな、の関西弁)

すまんすまん、ほな、ちょっと遊ぼか~(^-^)

ちゃんちゃん

2010年8月 2日 (月)

止まる宝石(笑)

その男が事務所にやって来て開口一番『やっちゃいました』

・・・!( ̄□ ̄;) 「もうコケたんかっ?」

『違います違います、バッテリー上がりでJAF呼んだんです・・・』

てなことで・・・、
どうやら、一番見せびらかしたかったヤツ2(最後の画像で銀にマウンティングされてる)に見せびらかしたそうなので、この話題を解禁としよう。

つーか・・・
今まで、ヤツ2を驚かせるために、ブログには載せるな、と言っておいて、ヤツ2に見せびらかした後は、借り物ではなく、ちゃんと自分のモノである事を世間に知らしめるために、ブログをはよ書け~っと暗に催促するヤツなのである。龍珍王、KENJIというヤツは・・・(笑)

てなことで、↓7月24日の画像
100724b1
なんかちょっと腹たつから、ポーズは取らせたものの、RSの背景にしてやった(笑)

つまり、BRUちゃんは、可哀想にKENJIの所へ逝っちゃったのである(ToT)
嗚呼・・・
なんてとりかえしのつかないことを・・・(^^;)

いやその・・・
まぁ、KENJIの、BRUちゃんにかける情熱に負けたというかなんというか・・・
何しろ、このブログのBRUちゃん関係の記事にだけは私より精通しており、検索ワードも「BRU」と「BRU」を、ちゃんと使い分けているという(笑)
てなことで、2年越しのアプローチにほだされ、金欠も手伝って・・・(ToT)

このほどお買い上げいただいたわけである。
↑こんな書き方をしておかないと、また余所で悪口を言われるので致し方ない・・・orz

で、
KENJIは、
購入資金の一部を奥さんに借りたにもかかわらず、
いつもの調子で、えらそうに、一週間ずっと、
『これはなぁ、走る宝石、と、言われてるんやでぇ~』とか、
『そもそも、タンブリーニの思想はねぇ・・・』とか、
あげくのはてに、本で読んだだけのビモータの歴史まで奥さんに聞かせていたらしい。

で、
KENJIは、
ツーリングに行く予定のヤツ2達の集合場所にわざわざ乗り付けて、
『あれぇ~フィギアマンさん、いつまで旧車に乗ってんのぉ~』と宣ったらしい。

ほんとにイヤなヤツだ(笑)

しかし、報いはすぐにやってきたという。
↓画像:本人提供(笑)
201008011135000
どわっはっはっははははははは~(笑)

って、本来なら、渡したばかりの単車のバッテリーがあがったら、こちらも責任を感じなくてはいけないものだが・・・

まぁ相手がKENJIやし、知ってる人はみんな、『そうですよ、恵峯さん、もっと言うてやってください』と応援してくれるにちがいない、うん(笑)

俺が乗ってた時はこんな事なかったもんねぇ~だ(笑)
バッテリーが弱ってるのは告知してたもんねぇ~だ(笑)
俺は水温が104度以上にならんように、めっちゃ気ぃつけてた話もしてやったのに、いきなり『107度まで上がりました』とか嬉しそうに言うてるからやもんねぇ~だ(笑)
BRUちゃんのファンはエンジンが止まってからも回るから、冷気運転してからエンジンを止めてやらないとバッテリーに負担がかかるんよぉ~だ(笑)
あ、これ教えるの忘れてたか?(。。 )\バキッ☆
まぁええか、KENJIやもんな(笑)

『ワインの話を思い出したんですが、とりあえずJAFを呼びました』(笑)

ワインの話とは何かというと・・・

まんさく社長に教えてもらった事を、そのまま、KENJIに私が言ったのだが、

「あのな、イタ(リア)車乗るんやったらな、どっかでエンストとか当たり前の事やと思わなあかんで、ほんでな、止まってしもたら・・・慌てず騒がず、そこでもうワイン飲むねん、な、それぐらいの気持ちの余裕がなかったら、楽しめんでぇ~」である。(笑)

てなことで・・・

歩いて帰ってきたKENJIを、奥さんは最高の笑顔で迎えてくれたそうだ。

曰く・・・
『へぇ~あれって、走る宝石やって言うてたのに、止まる宝石やったん?』(笑)

子供達も素直な疑問を発したという。

『お父さん、何でバイクで出かけたのに歩いてかえってきたん?』(笑)

願わくば、このブログを、特に「J」関係のヒトが読んで、日頃の溜飲を下げてくれますように・・・(笑)

ちょっとイヂりすぎか?(^^;)

まぁ・・・KENJIやからなっ!でええやろ(笑)
誉めてもけなしても、余所で悪口言うのは変わらんやろし・・・(笑)

BRUちゃん、達者で暮らしてなぁ~

ちゃんちゃん

2010年8月 1日 (日)

馴染む

日曜日、昨日から開催されているクラフトキャンプへ、
毎年、8月の第一土日に開催されるクラフト系のフリーマーケットである。
初期の頃は、ハイアマチュアのマーケットという雰囲気だったが、ここ最近はプロフェッショナルな作品がずらりと並ぶようになっている。
玉石混淆の中から「掘り出しモン」を見つける喜び、が、以前のものとしたら、最近は「心の琴線」に触れるモノを探す楽しみ、という感じかな。
って、無理矢理買わなくても、見てるだけで十分楽しいんやけどね(^-^)
・・・てなことで、
今年はこれや~!
100801cc1
触発されて(^^;)ちょっと色抜きしてみた(笑)
ずっと前から欲しかったけど、どうしても必要というモノでもないので、買うのをためらっていたスケッチペンである。
先端、ちょっと見にくいが、5.6㎜、という巨大な芯が収まっている。
これ、木にチェック入れるのに欲しかったんよね~
現在は、ステッドラーの2㎜芯ホルダーを使っているのだが、もう少し太く書きたいという時には、墨差しを使う他なく、出先ではマジックを使用していた。
でも、マジックってすぐ先がつぶれるし、色気が無いというか、使ってて楽しくないんよね、
で、これ、
手に取ったとたん、長さも太さも、特に丸みが、私のために作られたかのような吸い付きぶり!
そのまま手放せなくなってしまった(^^;)
ついでに他のボールペンとかも、物色はしたのだが、これだけは、確保のために握りっぱなし(笑)
カミさんも自分の手に馴染むものがあり、娘へのプレゼントとしても、何点かいただく事にした。
結果、だいたい毎年クラフトキャンプで使う上限、をかなりオーバーしてしまったが(^^;)最初から手に馴染む文房具なんて、なかなか出会う機会がないのでよしとしよう。

めでたしめでたし

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ