サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 命の分け前 | トップページ | 備忘録として »

2010年11月10日 (水)

日本国民として

日本国民として、
つまり・・・
日本憲法第15条の1項にある、
『公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利』を、有する者として、
件の海保保安官には何ら罪は無い!と断言する。
海保長官の更迭が早々と決まったというが、これも拒否!

身内のオザワ氏の場合は、『罪が確定するまでは推定無罪』という態度をとり続けているくせに、また、明らかに故意で日本船を攻撃した中国人船長は、処分保留で釈放、つまり結果的には無罪放免しちゃったくせに、なぜ、国益を護ろうとした海保保安官だけを極悪人扱いするのか?

「守秘義務」の遵守違反だのなんだの言ってるが、どこが秘密やねーん(笑)
みんな知ってたし、そもそも最初は公開すると言うてたやないかーい!

確かに、国家公務員法の第100条1項には、
『職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする』と決められているが、これについては、キビシイ条件があるのだ。
つまり、
1.一般人が知らない事実。であり、かつ、
2.秘密として保護するべき、である事。
この二つを、「or」ではなく「and」で満たしていなければならない。
たとえ国家の機関であっても、形式的に秘密の指定をするだけでは秘密となりえない、平たく言えば、役所が勝手に「秘密」とは決められないと、最高裁の判例(1977年:守秘義務違反に問われた税務職員の裁判)にある。

さらに、『公務員は法令を遵守するとともに、上司の職務上の命令にはその命令が重大かつ明白な瑕疵がない限り違法なものでも従う義務を有する。』という規定もあるわけだが、
これ、裏を返せば、「重大かつ明白な瑕疵」がある場合は、上司の職務上の命令に従わなくても良い。という事やろ。

今回の尖閣ビデオの問題は、最初から重大かつ明白な瑕疵がありまくりぃ~やん!

※この場合の「上司」は「政府」の事である。

てなことで、

海保保安官は無罪!
海保長官は、地位保全の訴えを出すべき。

・・・と、私が一人吠えてるのではない、
警察関係も、ちゃんと理解している事だから、いまだに事情聴取のまま、逮捕には至っていないのだ。

一つだけ、これが海保の組織ぐるみでの行動だったとしたら・・・という疑念も無いわけではないが、たとえそうであっても、かつての五.・一五事件や、二・二六事件のように、暴力が一切行使されてないという点で、私は支持する。

※上記はあくまで例え、であり、海保と海上自衛隊を混同しているわけではありません。

最後に、
海保のみなさん、どうか胸を張って下さい。
私はこの一連のビデオ騒動により、普段から命がけで国を護って下さっているみなさんに対し、尊敬の念が増す事はあっても、マイナスの感情を持つ事はありません。
大方の国民もまた、同じ感想を抱いていると思います。
AHOな政府に士気を喪わせられる日々だとは思いますが、これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m

追記:
憲法まで引っ張り出して、贔屓の引き倒しをしているようだが、これこそが「外交」だ。
かの国には「愛国無罪」という言葉さえある。
こちらも同じレベルにまで落ちる必要はないが、相手にとって効果的に使える言葉であれば、使えばよろしい。
そしてこれ以上、この問題が拡大すると。困るのは実はかの国だと思う。
これをきっかけに「デモ」という手段が日常化していけば、独裁政権への批判がそこかしこにあらわれるだろう。
もちろん、かの国の内乱や不幸を願うわけではないが、これ以上、ならずもの化が進むのであれば、あくまで武力を使わない、という条件を守りつつ、あの手この手で対向しなければならない。
繰り返すが、それが「外交」というものだ。

« 命の分け前 | トップページ | 備忘録として »

コメント

「事実を黙認してきた、ミンスに鉄槌を!」とデモが起こってもおかしくない事態です。
ミンス・缶指示率急落。

漏洩犯人捜しに躍起でしたが、今度は海保捜索…。漁船衝突事実を海保漏洩問題で火消し、と矛先をすり替えさせようとしてるような気がしますね。

海猿頑張れ!
国を守る防人を無視し、隣国の顔色伺う政府は要りません。

PS.この冬、同期(5管の船長・若者)と飲むんですが、今全然電話が通じません。
変なことに巻きもまれてなければ良いのですが。。。

注:文章中の誤記は、ワザとです。

>レスしんさん

>・・・矛先をすり替えさせようとしてるような期がしますね。
おっしゃる通り、
外患は放置、あるいはひた隠しにしながら、
内憂ばかりこしらえてドースル!(笑)

>国を守る防人
これまた御意!
今回の流出で、防人達がいかに命がけで国を守っているか、
全国的に知られた事だけが、
不祥事中の幸い?だと思います。

>・・・全然電話が通じません。

おそらく報道管制、というか、
外部との接触を極力避けるように命令されてるんでしょうね・・・

防人のみなさんに、いかに胸を張って職務に励んでもらえるか、
それこそを考えるべきです。

※もちろん、戦え!とけしかけてるわけではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/50010824

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国民として:

« 命の分け前 | トップページ | 備忘録として »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ