サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 死刑判決に安堵 | トップページ | 原寸図 »

2010年11月17日 (水)

時の刻み方

さて、何でしょう?
101117kodokei
・・・って、某寺院で拝見した、香時計である。

香時計は、お香や線香が安定的に燃える性質を利用して、燃えた長さで時間を計るものである。
高野山で撞かれる「六時の鐘」や「高野四郎」も、昔は線香の燃え方で時間を決めていたのだ。
てなことで、↑のタイプは、もうちょっとお洒落?というか進化バージョン。
線香を置く台におもりを付けた糸をいくつかひっかけ、一定時間が来ると線香で糸が燃えて切れ、下の鐘に落下して・・・(^-^)

ね、ちょっと粋でしょ~(^-^)

こういう物を眺めていると、時間の流れがちょっと変わるような気がする。
正確に時間を刻むためのものなのだが、少しだけ、ゆっくりと時が流れるような気になる。(^-^)

忙しい~!と思ったら、この香時計を思いだそう。

思い出せないくらい忙しかったとしたら・・・(^^;)
それは文字通り、心を亡くしている、という事だろう。

ちゃんちゃん

« 死刑判決に安堵 | トップページ | 原寸図 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/50073354

この記事へのトラックバック一覧です: 時の刻み方:

« 死刑判決に安堵 | トップページ | 原寸図 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ