サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

龍神スカイライン 断続的に車両も全面通行止

高野龍神スカイラインの冬期通行制限は、以前に書いたのだが、本日、所用で通った所、二輪どころか車両も通行止になっていたw(゜o゜)w
110131rs
やはり今年の積雪は特別なのだろう。
また、各地で車両の立ち往生がニュースになっている事から、早め早めの交通規制が行われているのかもしれない。

う~ん、トリッカーで走りた~い!(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2011年1月30日 (日)

昼と夜

昨日に引き続き、高野のいろいろな顔シリーズ。
↓昼の清浄心院さん前の道。
春、高野の場合は、GWの少し前くらいの頃、桜並木が美しい場所だ。
110130snow3

↓夜、同所にて、もちろん銀ぶら中~(笑)
110130snow4

どちらのシチュエーションでも、歩く事自体が楽しくなる道だ。
たとえ雪が積もってても(^-^)

そしてもう少し足を伸ばして玉川通りを行くと・・・
110130snow5

まぁその・・・(^^;)
寂しいと言えば寂しいのだが(^^;)、風情も満点!

ぎゅっぎゅっぎゅっと、踏みしめた雪の音だけが、白黒の世界に響く。

いったいぜんたいこの雪は、どこからやって来たのだろう?
アフリカあたりで降った雨が、今こうやって高野山に到着し、また、蒸発して南極あたりへ行くのかも?・・・なんて、楽しい妄想も広がるわけだ。

ん?
・・・まぁちょっと、酔ってるんですがね(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2011年1月29日 (土)

降ったり晴れたり

高野山にはいろんな顔がある。
そしてそれは、四季折々どころか、数日、いや、数時間で刻々と変化する。
例えば・・・

↓27日現在の「六時の鐘」付近
110127rokujinokane
↓29日現在の「六時の鐘」付近
110129rokujinokane

ねぇ~(^^;)

だから、せめて一泊、できれば連泊で、あちこち歩き回る事を強くオススメしたいのであーる(^-^)

ちゃんちゃん

2011年1月28日 (金)

マナー

パルポート彩の台、三回目。
各日に、と思っていたのだが、なかなか調整が難しい。
で、行ったら行ったで、イジメに遭ってしまった。
というのも、ボクシングのジムへ行ってた時のサウナスーツを着ていたのを見とがめた「先輩」が寄ってきて。
『ボクもねぇ、最初はサウナスーツやったんですよ~
 でもね、余計な汗が落ちたりするでしょ、
 それはマナー違反ですからね~』と嘯くのだ。
                      ↑ ちなみに、本人はこの漢字が読めないと思う(笑)

「こ、ここは汗をかくとこ違うんかい~?」
『でも、マナーはマナーですからねぇ』と、久しぶりに上から目線の会話が楽しくてしょうがないようだ。
「そやから、汗を落とさんよう気を遣ってやってるわいな~」と反論はしたのだが、次からは普通のスポーツウェアにしなければいけないのかと、気の弱い私は思った。

で、マシンを使ったウェートトレーニングをしてから、ふと、この先輩を見ると・・・

w(゜o゜)w

110128teicho

なんやそれは~!
汗どころか、汚い脚をペダルに乗せて~!
マナーもへったくれもないやんかーっ!

てなことで、公開処刑!(笑)

みなさん、こんなヤツはパルポートから追放しましょう~!

へっへっへ、載せたったわ~い!

2011年1月27日 (木)

雪の本山

本山の四脚門と鐘楼堂に降り続ける雪。
110127honzan1
渡り廊下から見た中庭にも雪がしんしんと・・・
110127honzan2
寒いのは寒いのだが、凍結の被害とか、すが漏れの心配とか、頭から飛んでしまい、しばらくの間、見とれていた。

冬の高野山、ホンマ、ええんですよ~

寒ささえ、清冽な思い出の一部になるんちゃうかな~(^-^)

めでたしめでたし

2011年1月26日 (水)

木屋の氷柱

木屋の氷柱がエライ事になってきたw(゜o゜)w
もうすぐ2階の屋根と地面が繋がりそうなのだ。
110126icicle
まだ、すが漏れには至ってないのだが、これ以上降ったり止んだり、寒くなったりちょっと暖かかったりが続いたら、雪下ろしをしなければならない。
・・・と、飼い主が悩んでいるのに、至って脳天気なヤツが一匹(笑)
110126gin1
るんたもそうだったが、鼻面を雪の中に突っ込むのが大好きなのである(笑)
で、がっしゅがっしゅと、固くなった雪を囓りだしたので、試しに氷柱を一本進呈してみた。
110126gin2
おお~w(゜o゜)w
ぺきんぽきんとかみ砕いた後、ナイラボーンや馬のアキレス腱と同じ感じで、こりこりガキガキと大変気に入った様子(笑)

銀、おやつには不自由せんのぉ~(笑)

ま、あんまり食べ過ぎてお腹を冷やしてもあかんから、ほどほどにしときや~

ちゃんちゃん

2011年1月25日 (火)

カップヌードルごはん

先日初めて食べたカップヌードルごはん。
昔、ファンだったカップライスを遙かに凌駕する旨さに、時代の流れを感じた。
もっとも、カップライスは「味」のファンだったのではなく、「米(もどき(^^;))」がインスタントで食べられるという便利さ優先だったので、比べる事ではないのかもしれない。

・・・が、二つとも、開発陣の努力に敬意を表したいとは素直に思っている。

で、この「カップヌードルごはん」、マイミクさん情報によると、近畿圏でしか販売されていないというので、興味のある方もいらっしゃるだろうからレポートしておこう。

110125cn1
コンセプトは、カップヌードルの味をごはんで再現すること。
しかし、目的はそれだけではないようだ。
というのも、日清食品ではすでに、カップで作る炊き込みご飯の「GoFan」シリーズを展開していて、一定の成功を収めているのだが、「電子レンジ調理食品」という市場そのものの規模が小さく、全体で約70億円弱なのだそうだ。
対するに、カップ麺市場は約4000億円弱で、その規模はなんと約50倍!w(゜o゜)w
そこでカップ麺界で名を馳せるカップヌードルをごはん化することで、電子レンジ調理食品市場自体の底上げを狙っているというわけ。
110125cn2
作り方は・・・
電子レンジの500Wクラスで5分半加熱したあと、1~2分蒸らす。となっているから、全体では、8分弱かかる事になる。
カップヌードルは3分だから、ずいぶん時間が・・・と思いきや、お湯を沸かす時間を考えるとほぼ同じくらい?にまでもってきたのだという。

ちなみに私、最初に作った時は、この作り方をタテ読みしてしまい(^^;)
つまり、1→3→2→4と思い込み、『なんでお湯を沸かすのに、5分半もチンせぇなあかんねんな~?』と一人ツッコミをしてから、ハッと気が付き、これまた一人で赤面したのでありました(^^;)
110125cn3
てなことで、具とごはんもちゃんと入れて、入念にかき混ぜ(これがどうやらポイントのようだ)チンして、普段はまずしないのだが、ちゃんと時間を計って作ってみた。

110125cn4

出来上がりをかき混ぜたところ。
これがね・・・
まぁその・・・ほんと・・・美味しそうに見えないのがツラい!(笑)

しかしこれでもまだ、出来上がったばかりの状態よりはマシに写ってるのだ(^^;)

その状態はと言えば、もっと底の方にペタぁ~っと沈んでて、『げっ!作り方間違えたん?』と思うほどで、画像はあえて載せない事にする(^^;)

しかし、

なんと、

これがね~

けっこういけます!

いや・・・むしろ・・・

インスタント食品に敬服しちゃって、あいつはB級グルメやで~と思われるのはイヤ、という感情さえ捨てれば・・・(笑)

そこらへんのファミレスのごはんより、はるかに美味しい~!

・・・あ、やっぱり行ってる店そのものがB級ということか?(笑)

実は私、カップヌードルそのものを、もう何年も食べた事がないので(^^;)味が一緒かどうかはわからないのだが(シーフードヌードルは食べてます)
なつかしいような斬新なような、かなり濃いめの旨味を感じた次第。

酔うた後で食べたらもっと旨いやろなぁ~(笑)

ちなみに、昔のカップライスみたいな、油まみれの食感も、スカスカ感もないのだが、「ごはん」と呼ぶよりは、リゾット、みたいな食感ではある。

でも、旨い。

常食はしないけど、時々食べたくなる味。という点で、電子レンジによる緊急非常食品、というイメージは完全に打破できているとも思う。

シーフード味も出てるそうなので、これまた一度は食したいと思っている。

ちゃんちゃん

2011年1月24日 (月)

含水率

本日は、奈良にて造材した木の確認作業他いろいろ。
110124w1
予想以上に申し分のない材料がとれている\(^o^)/
製材所さんの努力に感謝!m(_ _)m
それにしても、高野山の木のすばらしさに感心すると共に、コワ一つ無駄にせぬよう、最高の仕上げをせねばと思う。
責任重大だが、やり甲斐も最高だ。
110124w2
現在の含水率を測ってみると、30%前後、伐採して約1年にしては少ない方だ。
もともと、300年を越す大木であったため、生命活動を終えた心材には水分が少なかったからだろう。(もちろん白太部分はもっと含水率は高い)
試しに、同じ頃伐採されたとおぼしき、他の山の樹齢150年程度の木の含水率を測ってみた。
110124w3
やはり、50%前後という数字が出た。

ちなみに、ここでいう「含水率」とは、その木材に何%の水分が含まれているかを表す数字ではなく、(水分を含んだ木の重量-その木が完全乾燥した重量)÷その木が完全乾燥した重量×100で導き出される数字である。
↑に写ってる含水率計は、それを電気抵抗をもとにして割り出す装置である。

例えば、伐採直後に500kgあった木が、完全乾燥したところ200kgになったとすると、もともとは水が300kg含まれていた事になる。
これを上の式に当てはめると、(500-200)÷200×100=150%となる。
100%を越える「含水」とはちと不思議に思われるかもしれないが、生の木の場合、300%くらいの水分を蓄えているものも珍しくないのである。

で、この含水率、屋外にある状態で、約15%程度になると、水分を吸収もしないし放出もしないという安定した状態になる。(平衡含水率と呼ぶ)
これが室内になると、最近ではエアコンの普及などで湿度が低くなりがちなので、7~10%と言われている。(もちろん、樹種によっても違う)
でもって、含水率30%前後というのは、繊維飽和点と言って、これから乾燥が進むにつれて、収縮や変形が起こり始めるボーダーラインでもある。
てなことで、これからの乾燥次第でヒビ割れが生じたり、反ったり曲がったりが始まるので、注意が必要なのであーる。

う~む、今日は久しぶりに、ちょっとかしこそうなブログになったな(^^;)

めでたしめでたし

2011年1月23日 (日)

ひそかに・・・(^^;)

ひそかに・・・って、ここに書いたらひそかにちゃうわな~(^^;)

てなことで、入会すますた~(^^;)
先輩方、よろしくね~!
110123p1

2011年1月22日 (土)

ミニボトルに似合うもの

ミニボトルに似合うもの、
それは・・・
110122dug1
やっぱり携帯カップでしょ~(^-^)

てなことで、総裁さんからいただいた台湾土産のシングルモルト、
その名は、KAVALAN
台湾初のウィスキーである。
失礼ながら、暖かい気候の台湾で、まともなウィスキーなんか作れるの?と思ったのも事実。
早速、試飲してみた。

ただ・・・
110122dug5
スクリューキャップの出来が悪く、ミシン目の下も一緒に回ってしまい、素手では開栓できず~!orz
仕方が無いので、ミシン目から下をペンチで引っぺがして開けたのだが、これはちょっとマイナスポイント。

ダイジョーブかいな~と思いつつ、とりあえずは香りを・・・
ふむふむ、フツーの香りやん、ただ、シングルモルトを謳う割にはちょっと優しすぎるかな?って感じ。

で、一口目はストレートで。
おお!ちょっと若い感じでピリっと来るけど、これまたフツーに旨いや~ん!
今度は1:1の水割りにして飲んでみた。
おだやか~
↑誉めてます。

ん?しかしこれ、何か今までに飲んだ事のある味わいに似てるで~

・・・
・・・
・・・竹鶴か?
そうやそうや、最近はコンビニで手に入る、竹鶴の12年ミニボトルに似てるんや~!
あれ?山崎やったっけ?(^^;)

てなことで、果たして私の味覚が正しいのかどうかカミさんに買ってきてもらって(だって、わずかでも飲酒運転になっちゃうもんね~)
さらに試飲を続ける事にした。
110122dug6
(笑)
で、ストレートと水割りの具合をいろいろ変えて試してみたのだが、私的には、やはり「竹鶴の若いの」という印象だった。
カミさんと娘は飲まなかったが、香りを試してみてもらったところ、
カミさんは、『山崎10年が一番臭い』(^^;)
娘は、『竹鶴12年が一番臭い』(^^;)
そしてなんと、KAVALANは、二人とも、『これなら許せる』という結果となった。

二人ともウィスキーは飲まないし、モルト系の「焦げ臭さ」には耐性も無いのでこういう感想になったのだと思う。

ちなみに、山崎10年とKAVALANが、一つの醸造所のモルトだけを使ったシングルモルトで、竹鶴12年は、二つの醸造所のモルトをヴァティッド(桶ごと混ぜる)かブレンディッド(配合して混ぜる)した、ピュアモルトだ。

余計な事だが、ピュアモルトって、複数のモルトを混ぜ合わせているのに、この表記だと、ものすごく純粋なモルト!って印象を与与えてしまうミスリードな言葉で、某メーカーが作り出した造語だと聞いた事があるが、ちょっと卑怯な気がする。
その証拠に、イギリス本国では、この表記は禁じられているそうである。

ま、竹鶴12年は旨いから許すけどね~(笑)

閑話休題

つまりカミさんは、山崎10年のシングルモルトっぷりに焦げ臭さを感じ、娘は竹鶴12年のピュアモルトに曖昧さを感じたのかもしれない。
で、KAVALANは熟成が若い分、フルーティな香りの方が優って感じられたのであろう。
私?
香りの強さでは、竹鶴12年>山崎10年>KAVALAN であった。

で、飲んで美味しく感じられたのは・・・

三つとも~!(笑)

それぞれに個性があり、山崎10年は成長過程のシングルモルト、竹鶴12年はピュアモルトという技法を用いているゆえ、12年程度で十分な旨味が演出されている。

そしてKAVALANは・・・
その竹鶴っぽさを巧みに・・・コ○ーしている・・・という感じ。
↑これは決してKAVALANを誹謗するものではなく、私ごときの舌ではそういう印象を受けてしまうだけで、もちろん十分に美味しい酒と言える。と言い訳しておこう(^^;)

てなことで・・・
少々酔ったついでに(^^;)携帯カップの紹介もしておこう。
110122dug3
たしか、DUG社の製品だったと思う。
Sサイズとして売られているもので、容量は60cc。
キーホルダー型のフタもついてて持ち運びにも便利。
最近は、樹脂製の携帯カップも「うがい用」としていろんな種類が出てるが、やはり金属製の方が趣があって好きだ。
こいつとスキットルを持てば、列車の長時間乗車も苦にならないってもんよ~(笑)
110122dug2
ただ、構造は単純なので、うんちくを垂れてると滲みだしてきたりするから、少々急いで飲んだ方が良い(笑)

一つ気をつけなければいけない事は・・・

酔ったいきおいで、フツーのコップみたいに、トン!とテーブルに置くと・・・

110122dug4

うひょひょひょひょ~ん(ToT)というような事態にもなるのであーる(。。 )\バキッ☆

てなことで、携帯カップは、そっと置きましょう~(^^;)

ちゃんちゃん

2011年1月21日 (金)

確信犯めが!

時事ドットコムにエダ五月現職法務大臣による、死刑制度の存廃を含めた検討の意向が載った。

死刑制度、存廃含め検討=エダ法相

 エダ法相は21日の閣議後の記者会見で、死刑について「(いったん執行すると)取り返しがつかない。制度としてあることが世界中の状況からみていいのかどうかも考える時期に来ている気がする」と述べ、制度の存廃も含めて省内で議論を進めたいとの考えを示した。
 また、法相は「(民主党の衆院選)マニフェスト(政権公約)に基づいて(行政を)行っていくのは当たり前だ」と語り、マニフェストに明記した取り調べの可視化(録音・録画)などの検討を省内で加速させる考えを強調した。(2011/01/21-12:38)


この確信犯めが~っ!

そもそも、こやつは、14日に開いた就任会見の時、死刑制度について『死刑という刑罰はいろんな欠陥を抱えた刑罰だと思う』と述べ、その上で『法定刑に死刑があり、裁判で選択して確定することもある。死刑だけ法相が執行命令するのはどういう意味があるのか、しっかり考えていきたい』と慎重姿勢を示し、さらに『普通の刑罰なら機械的に執行するが、死刑だけは法相が命令する。国民世論、世界の流れも考え、政治家として判断すべきもの』とした上で、『国民の皆さんが許されざる犯罪にけしからんとなるのはよく分かるが、人には寿命がある。それいけやれいけと執行するのとはやや違うと思う』と述べたわけだが、

※以上、毎日JPより要約

このニュースを読んで、カチンと来たのは私だけではあるまい。
理由は二つ、
法相が死刑執行命令書に署名するのは、現行法で決められたルールだ。
ルールを守りたくないなら、法相への就任を断り、一議員として死刑廃止を訴えるべきなのに、法相にはなる、でも死刑には躊躇では、あきらかな法律違反だ。
そしてもう一つ、
『それいけやれいけ・・・』とはなんだ!
まるで、死刑制度存続賛成派(ちなみに国民の8割以上にのぼる)が、血に飢えて死刑囚をぶち殺せ~と叫んでいるかのような扱いではないか。
国民に裁判員という非常に重い責任を背負わせ、さらにその裁判員各々が、自らの良心に従い、それこそ血の涙を流して下した断腸の判断に対し、愚弄するにもほどがある!

なにしろ、議員歳費でキャバクラ代を賄ってたという御仁だから、破廉恥なだけではなく、馬鹿なのだろう、最初はそう思った。

※↑キャバクラ、を否定するものではなく、税金を使った、を否定するものです。

なぜなら、就任四日後、18日の記者会見で、

民主党が国民との契約としていた平成21年夏の衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しに入ったことに関連して、
『マニフェストは、 われわれが政権にいないときに、霞が関(の官僚)が民主党には十分な情報を提供していただいていない中で、『心眼で見るとこうじゃないか』ということで作った部分がある』と語ったというのだ。

※以上は、msn産経ニュースより要約

実は14日の件で、ブログを書こうと思ってたいたところへのこの発言で、こやつは真性の馬鹿者だとの確信を得たので、わざわざ取り上げるより、無視した方がマシだと思ったのだった。

ちなみに、言わずもがなだが、「心眼」とは、物事の真実の姿をはっきり見抜く事ができるような心のはたらきを目に見立てた語、であり、目には見えない真実を見抜く力の事である。

「われわれ」という馬鹿の集団がやった「あてずっぽう」とは全く違うものなのだ。

で、こんな馬鹿はほっといても、すぐに前任者と同じく消え去るだろうと思ってたところ、今日の発言を見て、やはり書き残しておく事にしたのである。

なぜなら、こういう輩をわざわざ参議院議長(衆議院議長がジミンのコーノで、結局、衆参共、馬鹿のそろい踏みだったというのにはあきれる)から、わざわざ法相に据え直すという事は、ミンシュ党そのものが「死刑廃止」を狙っているという事があからさまになったわけでもあり、この一点だけでも四月の統一地方選挙の結果が予想でき、その点では期待もできるからである。

以前にも書いたし、物騒な物言いになるが、死刑廃止を選択している国でも、凶悪犯、もしくは凶悪犯とみなされただけでも、現場で射殺されるケースが多い。
警官が正当防衛で発砲しただけで、訴えられるこの国では、死刑廃止にこそ、慎重な議論が必要なのは言うまでもない。

なお、私の死刑に対する考えは以前に書いた通り、変わっていない。

さて・・・
一応は政治的な信念に基づき行動しているようだから、確信犯とは呼んだものの、ではなぜこれほどまでに馬鹿なのか?

それだけが不思議でしょうがないのである。

2011年1月20日 (木)

iPhoneを探す(^^;)

そんなに呑み過ぎたはずはない。
帰宅した時の事も覚えている。うん。
で、寝る前に、バッグが無いという認識もあった。
しかし、どこかに置き忘れたのではなく、ちゃんと持って帰ってきた記憶もあった。
おそらく、着替えた時に2階にでも置いたのだろう、とりあえず眠いからこのまま寝てしまおう、充電は朝からすればいい、と思ったのも覚えている。
なのに・・・

朝、バッグが見あたらないのであーるw(゜o゜)w

財布はコートの内ポケットに入っていた。
モンダイはバッグに入れておいた、ドコモの携帯SH-03Bと、iPhoneだ。

・・・無い・・・の・・・?

げっげぇ~!

どこ?どこどこどこ?どこに置いた~ん!

めぼしい所、夕べ通った所はトイレも含めて全部見た。

無い・・・orz

お!携帯かiPhoneを鳴らしてみたらええんや~
よしよし・・・
って、携帯もiPhoneも無いから鳴らせれへんやーん!
わぁ~どないしょ~!
!( ̄□ ̄;)
ここは家なんやから、固定電話があるやんか~(^^;)
だいぶ、うろたえとるなぁ~(^^;)

で、早速、携帯もiPhoneも鳴らしてみつつ、カミさんと娘にも頼んで耳を澄ませてもらったのだが・・・

どうやら家の中には無いようだ。
ううう・・・

いやしかし、ひょっとして、事務所かもしれない。
しかし、酔って帰った後、事務所へ行った覚えはないのだが・・・
で、事務所でも探してみたのだが、やっぱり無い。

うひょひょひょひょ~ん!
なんでや~!

!( ̄□ ̄;) そういえば、夕べの総会で、携帯もiPhoneもマナーモードにしたのではなかったか?
げっげげ~!
鳴れへんやーん。

ど、ど、ドースルのぉ~???

てなことで、50のおっさんは考えた。つーか、しばらく放心状態になった(笑)

!( ̄□ ̄;)
あれやあれ~!
たしかMobileMeに登録した時「iPhoneを探す」もインストールしたはずや。

こんなもん、入れてもしゃぁないやん、尾道で身の回りのモノ全て無くした時も(^^;)川へはまった時でも、携帯だけは手放さなかった俺や、絶対必要ないわ~と思いつつ、インストールしないと、他の設定ができなかったので、しぶしぶ入れたのだった。

うっしゃ~!
これでわかるど~
・・・iPhoneが圏外でない場合やけどな!{{{{(+_+)}}}}

てなことでおそるおそる、パソコンからMobileMeにアクセスし、「iPhoneを探す」で、位置検索してみると・・・・
おぉお~!
110120iphone
近所にあるやーん!\(^o^)/
実は、どれくらい正確に位置が出るかインストールしてすぐに試してみた事があり、だいたい半径50m内外で表示が出るのは知っていたのだ。

つまりこれは・・・
やはり家の中ってこと?
で、だめもとで『サウンドを2分間再生します』を試して見る事にした。

          ・ 
          ・ 
          ・
・・・だめでしたorz
2分間、家の中を歩き回ったけど、音も振動音もぜんぜんまったくちぃ~っとも・・・(ToT)

ひょっとして、あの位置検索がめっちゃ正確で、家の近所の道ばたにでも落としたのかと、見て回ったけど・・・×

ううう・・・(ToT)
どこぉ~???

で、やぶれかぶれでもう一度、今度は事務所のパソコンから『サウンドを再生』を発信。

・・・と、!( ̄□ ̄;)

何か、か細く・・・

・・・ぴりりん・・・ぽろろん・・・ちりちり・・・ってな音が、隣の応接間から聞こえてくるではないかいな~w(゜o゜)w

で、ドアを開けたら、
応接間の机の上にバッグがあって、その中から音がする。

うひょひょひょひょ~\(^o^)/

あった、あった、あったったったったった~\(^o^)/

で、ひとしきり歓喜の舞を躍ってからおもむろにバッグの中を確かめる。

ありましたありました~(^-^)

消音モードでも、この音だけは鳴るようになってるんやね~

いや~iPhone、久しぶりに見直したぞ~(笑)

で・・・

携帯が無いんですが・・・orz

なんでや~!

で、iPhoneで携帯に電話をかけてみると・・・

机の下で、もぞぞ~もぞぞ~と振動音がw(゜o゜)w

結局、机の下に落ちてました(。。 )\バキッ☆

お、俺は夕べ、ここで何をしたんや~???

やっぱりベロベ浪漫?(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2011年1月19日 (水)

あれから二年(^^;)

あれから二年・・・(^^;)
え?何から?って?
あれですがなあれ~(^^;)

・・・って、これでは去年と同じだ(笑)

てなことで、一月の恒例、JC総会である。
110119jc1
ついにこの男が理事長になるのだそうだ。

おめでとう!
12年前、当時の松山日本JC会頭を招聘しての訪問例会の懇親会の時、会頭に向かって『15年後には私が会頭になります!』と宣言したのが、入会したばかりの彼だった。
元気のいい新人の登場に、松山会頭も喜んでくれ、大いに盛り上がったのを覚えている。
さて、あと4年、活動機関が残っているそうだが、まだ狙ってるのかな?(^-^)
楽しみにしとるど~!

てなことで、懇親会でもみんなに心配されつつ(^^;)酒をつがれ続け、久しぶりのベロベ浪漫かと思いきや、会話の楽しさが勝った分、あまり呑み過ぎないで済んだ・・・はず(^^;)

何?懇親会のスピーチがちょっとキツすぎたって?
いやいや、あの先輩にはあれくらいでちょうどええんじゃ~(。。 )\バキッ☆

110119jc2
てなことで、二次会も終始賑やか。
代替わりした「ちょんまげ」も登場し、久々に大笑いした。

今年は45周年、はりきって参りましょ~(^-^)

めでたしめでたし

2011年1月18日 (火)

掲示板復活(^^;)

1年と3ヶ月ぶりに・・・(。。 )\バキッ☆
ホームページ○ルダーをリカバリし・・・
掲示板も新たに取得しなおして・・・
復活しました~m(_ _)m
110118bbs
世はすでにtwitter時代。
掲示板、というものに存続の意味があるのかどうか?

でもまぁ、ぼちぼちと、ね(^-^)

よかったら何か書き込んでやって下さいませ~m(_ _)m

2011年1月17日 (月)

氷柱さえ

修行が厳しいので有名なお寺の茶室。
110117icicle
長短はあるものの、氷柱さえ整然と並んでいる・・・

う~む、さすが!

2011年1月16日 (日)

酒が凍るぅ~!

本日、日中の最高温度が-6℃だったそうな・・・orz

最低温度、じゃなくて、最高温度、ね!(笑)

ビールは冷蔵庫で「保温」してるからいいようなものの(^^;)

このままでは酒が凍っちゃうんやんか~!

てなことで、急いで温めて飲みましたとさ(笑)

ちゃんちゃん


ちなみに、エタノール水溶液の凝固点は、
(社)アルコール協会の資料によると、

濃度(wt %)   0   20   40    50    60    80     100

凝固点(℃)  0.0   -11.0  -31.0  -38.0  -44.5  -67.0   -114.5

※アルコール濃度は、重量%( wt % )


2011年1月15日 (土)

冬に咲く花

今季は雪が多く、寒さも厳しい分、
槙花が綺麗に咲いていた。
1101115koyamaki
眺めている間は、寒さを忘れてた(^-^)

めでたしめでたし

2011年1月14日 (金)

このときあなたは何に注意しますか?

「JAF Mate」の危険予知回避トレーニングじゃないけれど、
「このときあなたは何に注意しますか?」である。
110114road
・・・さて?

普段なら余裕ですれ違えるくらいの道幅なのだが、積雪により、轍が3本になっていた。
これは雪道ではよくある事で、道の端は雪が積もっているため、中央付近を走る事が多く、このように、真ん中の轍が共有されるような事になるのである。
で、この後どうなったかというと、対向車が来たので、真ん中の轍を譲ろうとして左にハンドルを切ったら、轍と轍の間にできた雪山を斜めにすべり落ちる事になり、そのまま左の電柱にぶつかりかけたというお粗末・・・orz
幸い、ぶつかりかけただけで済んだが、左斜め眼前に急迫する電信柱には胆が縮んだ{{{{(+_+)}}}}

雪道には慣れている、という過信のせいである。

反省!m(_ _)m

2011年1月13日 (木)

大地凍てつきて

やはり今年の寒気は特に厳しいようだ。
この門扉、かれこれ20年前に設置したものだが、今回、初めて凍上した。
110113gate1_2
凍上(とうじょう)とは、地面の中にできる霜柱みたいな現象で、つまりは、土中の水分が凍り、土地が隆起したせいで門柱が傾いてしまったのである。
↑画像、緑○で囲んだ、スライドラッチはかろうじて門扉にかかっている状態だが、黄○で示した戸当たりは、門柱に当たらず隙間ができてしまい、行き越してしまうようになってしまった。
土壌は、がっちりと凍りついているらしく、ハンマーで叩いても微動だにせず、しばらくの間、修正は無理のようだ。
110113gate3
その下の打掛は、かろうじて掛かるので、支障はないのだが、この勢いのまま2月になったら、はたして零下何℃まで下がるのだろうと少々不気味ではある・・・

110113gin_2
銀もさすがに寒そう・・・に見えるが、実は全然全くちぃ~っとも寒がってはおらず、そこらへんを喜んで駆け回っているのだけが救いかな?(笑)
110113gin2

ちゃんちゃん

2011年1月12日 (水)

またやってもた(。。 )\バキッ☆

以下、犬バカ日記です(^^;)

今日、またやってもた。(してしまった、の意)

昼前、職人さんと打合せして事務所に戻ったとたん、さっきまで打合せしていた職人さんから電話がかかってきた。
「ん?何か打合せが足らんだんかな?」と思いつつ電話に出たら・・・

『あのぉ、銀ちゃんがうろうろしてますけど・・・』

わちゃ~!
まぁた、やってもた~(。。 )\バキッ☆

そう言えば、木屋で打合せをしてると、『ボクも出して~』と吠えるので、門扉から出してやり、そのまま打合せに熱中した後、すっかり忘れてそのまま事務所へ・・・(。。 )\バキッ☆

「すまんすまん、すぐ行くわ~」と事務所を出ると・・・

銀がちょこんと座って待っており・・・

私の顔を見たとたん、再び木屋に向かって走り出し・・・

さぁみなさん、ここからが犬バカの本領発揮です(笑)

なんとなんと、

銀は、電話をかけてくれた職人さんに駆け寄って、ふだん滅多に出さない「うひょぉぉんうひょぉおん」という、甘え声で鳴いたのであったw(゜o゜)w

・・・以上、これって、ほんと、犬バカならではですがね・・・(^^;)

銀が、職人さんにお礼を言ったとしか思えない行為やったんですわ~

う~む、飼い主より賢いかも?

ちゃんちゃん

2011年1月11日 (火)

今季一番の冷え込み

明け方、暖房機が暴走モードに入ったw(゜o゜)w
通常は、室温を19℃に設定しておくと、暖房機の表示は18℃から19℃をいったりきたりしつつ、とろとろと暖かい風が吐き出されるというパターン。
それが、明け方、室温計は19℃のまま、ドライヤーかいな~という勢いで、熱風が放出されだしたのである。
もちろん、観察し続けていたわけではなく、足元がめちゃめちゃ熱くなって気が付いたという次第。
なんでや?
室温センサーがぶち壊れたの?
しかし、そのまま暖房機の前にいると低温火傷しそうな勢いの熱風にもかかわらず、室内はそんなに暖かくはなかった。
ははぁ~ん、これはアレやね、うん、
つまり、外気温がめっちゃ寒いのである。
でもって、室温が一向に上がらないので、暖房機の方が一所懸命設定温度にしようとがんばりすぎているのだ。
なんて、けなげなやっちゃ~、エライエライ!
てなことで、寒暖計を見るのを半ば楽しみにしていたら、朝のニュースで『高野山は-11.5℃』
との事w(゜o゜)w
2月ならわかるが、1月の初旬にしてこの冷え込みは珍しい。

地球は温暖化しているのではないのか?
はたまた、温暖化の反動で、こういう酷寒が起こるのだろうか?
ただ、私の子供の頃は、このくらいの寒さは当たり前だったような記憶もある。
登校する時、約1kmの道のりを歩いていくと、学校へ着く前にマフラーが息の湿気で凍るのは当たり前の話だったし、家の中に置いてある化粧水の瓶(つまりアルコールが入ってて凍りにくいはずのもの)が、朝起きると割れていた、なんて事もあった。
・・・まぁこれは、うちが安普請で、すきま風ピューピューだったせいもあるが(^^;)
もっとさかのぼれば、明治の頃は、さらに酷寒だったのを利用して、「こうや豆腐」の一大産地にもなっていたわけで・・・

このくらいの寒さは高野山では当たり前、と開き直っておこう(^^;)

ちゃんちゃん

2011年1月10日 (月)

月がとっても青いから

一種の都市伝説とも言えるエピソードだが、夏目漱石が英語の教師時代に、学生達に「I love you」を訳させた時、『我、汝を愛す』と答えた学生に、『日本人なら「月がとても綺麗ですね」くらいにしておいた方がよいぞ』と答えたという話がある。

そんな話を思い出すくらい、今夜の上弦の月は冴え冴えと美しかった。

いやしかし、月の輝きだけではこうまで鮮かには見えない。

夜空が澄みきっていてこそだろう。

月と夜空、どちらも清浄の極み。

それは今夜の、恐ろしいくらいの寒さがもたらしたものかもしれない・・・

さ、さ、寒いでぇ~~~{{{{(+_+)}}}}

ちゃんちゃん

2011年1月 9日 (日)

成人式

高野町は一日早く、本日が成人式。
午後2時から午後5時までが式典で、午後6時からは二次会の予定らしい。
・・・で、事前に聞いた話では、驚いた事に、
最近は、成人式を保護者が見守る、という図式が確立しているらしいのだw(゜o゜)w
せ、成人式に保護者同伴~~~!w(゜o゜)w

ちなみに、前夜の新年会でご一緒した硬派で知られる先輩の、末っ子のお嬢さんも息子の同級生で、なんとなんとその先輩も『成人式に行く』との事w(゜o゜)w

えぇえぇぇぇ~!
「○○先輩、ホンマに行くんですかぁ?」
『そらまぁねぇ・・・末っ子ってのは格別なんよ~』(^^;)
との事だった・・・

で、カミさんも送迎がてら見に行くという。
「お父さんは行けへんの?」
『そんな恥ずかしい事できるかいな~』(^^;)

大学の入学式への同伴こそ、某頭の固いおっさんの「過保護の象徴」という一方的な苦言に対向するため(笑)東京まで出かけた私だったが、さすがに成人式へはちょっとねぇ・・・(^^;)
だってね、酒を飲みまくるわけでしょ~(^^;)
ほんでAHOな事をいろいろしでかすわけですやんか~(。。 )\バキッ☆
それを親が見てる前でって・・・ねぇ・・・(^^;)

てなことで、息子とカミさんを見送り、正月休みの第二弾として、これまた未見の新刑事コロンボをば・・・(笑)

その後、カミさんからの報告メールが来て、数人の欠席を除き、クラスメイトがほぼ揃っていて(といっても30数人(^^;))、恩師の先生方の工夫を凝らしたビデオレターの紹介等もあって、非常にアットホームな雰囲気で進行したらしい。
保護者に至っては、夫婦揃ってというケースも多く、「参加しない方がおかしい」という感じだったそうだw(゜o゜)w
えらい時代になったもんですなぁ・・・(^^;)

ちなみに私の頃の成人式は、学年単位ではなく、1月1日~12月31日の生まれが参加するという制度だったので、早生まれの一学年先輩と一緒&早生まれの同級生は参加できない。という、まさに、「二十歳の記念式典」という、少々堅苦しい雰囲気のものだったように記憶している。
当然、がぶ飲みしたわけだが(笑)当時は、いくら飲んでも正体を失う事はなかったので、そんなに間違った記憶でも無いと思う。

で、午後5時過ぎにいったん帰ってきて、再び二次会へ出かけていった。
しかもこの時点ではまったく素面であった。
なるほど、式典とは飲みまくる場所ではなく、って当たり前か?(^^;)中学卒業以来だと5年ぶりにもなる友人達との懐旧を暖める場なのだなぁ・・・
しかもそれを飲まないでできるなんて・・・
ひょっとして彼らの方が「大人」なんやろか?(^^;)

と、30年前の自分の数々の行状を思い出して、慚愧の念に耐えないような気持ちにもなったのであった(笑)

で・・・

その後、午前2時を過ぎても帰ってこなーい!
いくらなんでも午後10時には二次会終了、三次会があったとしてもちょっとねぇ・・・
娘が心配して電話をかけてみたらと言うので、成人した「大人」に電話をかけるってのもなぁと思いつつ、どこぞで眠り込んでたとしたら、そこはそれ高野山、凍死の可能性もあるわけで(^^;)実はこれが一番心配{{{{(+_+)}}}}

てなことで、電話してみたけれど、留守番電話・・・orz

午前3時の時点で、心配はピークに達した。

しかしどうしようもない、探しに行くか?とも思ったけれど、それこそ「過保護」ちゃうのぉ?とも思ったし、話が盛り上がってるのか、どこかに泊めてもらって眠りこけてる可能性の方が高いとも思い直し、そのまま待つことにした。

カミさんもさぞ心配していると思ったが、自分の部屋で眠剤を飲んで無理矢理うとうと状態で過ごしていたのだそうだ。

『こうやって待つの、慣れてるもんね!』とは、後で言われたセリフm(_ _)m

ううむ・・・
私は今まで、こういう心配を家族に何度もかけてきたわけだなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

反省!m(_ _)m

・・・で、「もう知るかい!だいたい成人したヤツの行動なんかいちいち心配してたらこちらの身がもたんわ!」と開き直りにも似た気分になった午前4寺過ぎ、息子は帰ってきた。

『ごめん、電話気付けへんだ』

『気付くも気付かんも、遅くなるならとりあえずメールくらい送って来なさい』
と、言いたかったが、私が言っても説得力が無いので、代わりに娘に叱ってもらったのであった(笑)

てなことで、心配してくれるのも、怒ってくれるのも、家族ならばこそ。

め、めでたしめでたし?(^^;)

ちゃんちゃん

2011年1月 8日 (土)

銀、すまーんm(_ _)m

どこからともなく、うひぃ~んうひぃ~んと小さく泣き声が聞こえる・・・

・・・はて?

ここは事務所だ。
銀の吠え声ならわかるが、しょげた時に出す低く小さい泣き声が聞こえるはずはないのだが・・・

空耳かしら?

って・・・

うひゃぁ~!( ̄□ ̄;)

確か3時の一服の時に出してやって、来客があって事務所に行ってから・・・

銀を扉の中に入れてなかった?

慌てて事務所の扉を開けると・・・

1110108gin

やっと気付いてくれましたかお父さん~!って感じ?(^^;)

銀、すまーんm(_ _)m

よくぞ遠くへも行かず、ちゃんとお父さんのいる所へ戻ってきてくれましたm(_ _)m

ううう・・・

それにしても、こんな事態は初めてだ。
正月ボケ?(。。 )\バキッ☆

反省!m(_ _)m

2011年1月 7日 (金)

仕事始め

仕事始め

難問は山積みだけど、その分やる気も湧いてくる。

天の邪鬼な自分に乾杯!(笑)

めでたしめでたし

2011年1月 6日 (木)

正月休みの終わりに

冬至で太陽が復活し、陽の気が起こった分、陰の気に逆らう事になり益々冷える。という「小寒」の名の通り、厳しく冷え込んだ一日だった。
しかし息子は、高校時代の友達と難波へ行くとの事で早朝から出発。
カミさんも、昨年に続き「MusicArte」の予選に合格できたので、8日の本番に併せ今日から上京。
家には私と娘、そして銀が留守番で残った。
今年の正月も、ここ数年と同じく、どこにも行かず、ひたすらのんびり過ごした。
せっかくの休みなのでどこかへ・・・という気持ちもあるのだが、日中に長時間家にいる、という事自体、私にとっては「どこか」の一つ、なのだとも思う。
・・・って出不精の言い訳?(笑)

てなことで、昨日のNCISに続き、まだ見ていない娘が録り貯めてくれた映画群を制覇じゃ~(笑)
夕方には、頭の中が、ホレイショとギプスが犯人を懲らしめつつ、バットマンが少年メリケンサックを歌う横で、ボーンズが犯罪者のプロファイルをする・・・ってな状態になった(笑)
もちろん、銀ぶらも(^-^)
粉雪、というよりはむしろ、今風にパウダースノーと呼んだ方が、その細かさがよりわかりやすいような雪が、降るというより、舞い躍っていた。
ただし寒くはなかった。
盆地の高野山ゆえ、風はなく、文字通り凍り付いたような木立の枝々も微動だにせず、夕方、刻一刻と変わっていく空の下、墨絵の世界に入り込んだような世界が広がっていた。
その中を、ヒト一人と犬一匹が進んでいく。白い息も漂う。
生きてるなぁ・・・生かしてもらってるんやなぁ、ありがたいなぁ・・・
素直にそう思えた。
自分の中に、そんな素直さが残っている事に少々驚きつつ(^^;)嬉しくもあった。

そして夜、
息子からメールが来て、いつもの最終電車到着時刻に高野山駅へ。
帰り道、ライトの中に黒い塊が浮かび、走り出した。
110106wildboar
イノシシであるw(゜o゜)w
あわててiPhoneを取り出し一枚だけ撮った。
かなり小振りなイノシシで、縞模様はもう消えていたが、おそらくは一歳児だろう。

一匹だけで暮らしてるんやなぁ・・・

なんとか生き延びてちょうだい、と願わずにはいられなかった。

仕事始めの前夜、自然のなりわいを垣間見て、身が引き締まる思いでもあった。

2011年1月 5日 (水)

珍しい音

リビングで、溜まりに溜まったNCISを見てたら(笑)
どこからともなく、ぴちょんぴちょんと音がする。
すわ、今年もすが漏れかいな~w(゜o゜)w
と、慌てて二階を見に行ったが異常無し。
そらそうや、二階ですが漏れしててもリビングにまでは聞こえんわ(笑)
で、窓の外を見てみたら・・・
氷柱が溶けて水が滴り落ちる音だった。
先日来の寒波と大雪にもめげず、暖かい家庭を築けている証拠であろう(^-^)v
110105icicle
リビングの外にある、猫の額ならぬ鼠の額くらいの庭には、この雫が作ったゲージツ作品がすでに出来上がっていた(^-^)
110105ice
気付いて欲しかったのかな?(^-^)

気付けてよかったな(^-^)

めでたしめでたし

2011年1月 4日 (火)

やっぱりコドモ(笑)

昨日(3日)のつづき
ドコモに行っても携帯を衝動買いしない、という大人の気分をしばし味わった私だったが・・・
お店のオマケ」の前に、やはりコドモに戻ってしまった。
これ、客寄せのための企画なので、他者の携帯からでも応募できるようになっていた。
ただし、「当たりの画面を直接店員さんに見せなければならない」、という縛りがあるため、必ずショップに出向かなければならない仕組みにもなっていて、帰ってから確認したところ、サイトのページにも小さく 
※2バーコードを読み取った店舗または店舗IDを入手した店舗で、当選確定1時間以内のみ商品の引き換えができます
と、書かれていた。
なんてあざといんや~!(笑)

てなことで、いつもなら抽選にチャレンジする事自体がめんどっちぃので(^^;)スルーするところだが、娘の携帯の交換作業中の時間つぶし兼、商品として用意されている、三つの携帯ストラップのうち、ダースベイダーは是非欲すぃ~~~(笑)
で、客寄せ&他社からの乗り換え促進であろうから、iPhoneでチャレンジするのがよかろうと、まずはソフトバンクの客として抽選(笑)
110103docomo
あっさりと「当たり」が出た\(^o^)/
やっぱりな~(笑)
で、こうなると欲が出てきて(。。 )\バキッ☆ 今や新しくなったスマホをイヂリまくってる息子に「KenWatanabe」のゲットを依頼。
これまたすんなり「当たり」(笑)
110103d3
なるほど、これは正月来店のお年玉みたいなもので、誰でも当たるんちゃうの~?
てなことで、残るは「木村カエラ」のみ、
応募の権利は私、カミさん、娘のドコモ携帯。
楽勝でコンプリート!と思いきや・・・
結果は三台とも「ハズレ」でありんしたorz
木村カエラが人気なのか、はたまたフツーのドコモ携帯からだと当選率が低く抑えられているのか、おそらく後者ではないかなぁと邪推しつつ(笑)
コドモの私はドコモを後にしたのであった。

で、帰宅後、さっそく装着してみたのだが(笑)
110103d4
デカすぎるわーっ!(笑)
ちなみに、今や骨董品ともいえるプレミニと「KenWatanabe」を並べてみると・・・
110103d5
・・・どちらが本体なのかわからない状態に(笑)

ちゃんちゃん

2011年1月 3日 (月)

ちょっと大人に(笑)

本日はカミさんの実家に年始のご挨拶。
・・・の前に・・・
ドコモへGO~!(笑)
いやしかし、私の用事ではない。
まずは息子の携帯、SH-03Aの交換。
この機種、'08年の年末、つまり発売直後にゲットした初期型のせいか、しばしばフリーズするのを、だましだまし使ってきたそうなのだが、昨年の暮れについにダウンorz
後でわかった事だが、本人も風邪でダウンしていたので外出もままならなかったとの事で、パソコンへメールもしてみたのだが、普段の連絡は全て携帯なので、息子はチェックすらしておらず、こちらは連絡がつかない状態が続き、やきもきしたのだった。
実は11月の後半にも同じ状態に陥ったため、私が昨年の2月にSH-03Bに変更し、予備にとっておいた同型機(実はこれも昨年の1月、謎のフリーズで交換したもの)を送っておいたのだが、二台ともダウンしたのだそうだ。
果たして、機種のモンダイなのか、本人がゲームしすぎるせいなのか、謎のままではあるが、この際、新調しようという事になったのである。
幸い、息子の気に入った機種の現物があり交換はスムーズに進行。
それを見ていたカミさんも、三年以上使ってるので、この際、取り替えたいと言いだし、これについては『今の携帯と色が似ている』という理由だけで決定(笑)
続いて、長年の懸案であった娘の携帯について、ついでにドコモに変更するかという事になった。
というのも、娘の携帯だけが、私が以前第二キャリアとして使っていたauであり、今までも、家族割等を考えて、ドコモに変更するか?という話題にはなった事もあるのだが、娘が現行機種を気に入っており、これまた3年近く使ってきて、これからも壊れるまで使いたいと言ってきたもの。
ところが、娘のは800MHz帯の機種であり、周波数帯再編のあおりを受け、これまた昨年末にauから『このままでは2012年の7月までに使えなくなるので新機種に変更してね~』という連絡が来てから、悩んでいたのである。
てなことで、ドコモ店の真向かいにau店があったのが幸い、息子とカミさんの機種変更の手続き中の時間を利用して、新機種を見に行ったのだった。
結果、娘曰く『取り替えたい機種は一台も無い!』(^^;)
断っておくが、これは決してau携帯の性能やデザインを揶揄するものではない。
娘の携帯への希望は二つだけ、手に馴染みかつ汚れにくいもの。なのである。
つまり、現行のau機種は見た目に綺麗な発色のものが多く、娘には『汚れやすいように思えるし、手に持った感触がピンと来ない』との事。
で、再びドコモ店へ戻り、こちらで物色。
・・・と、先ほどカミさんが「色だけで選んだ」機種の「色違いモデル」が眼鏡にかなったではないかいな~(笑)
「それはええ!」と私は小さく叫んだ。
なぜならば・・・娘がカミさんと同一機種を持てば、私以上に取説を読まないカミさんが必ず発するであろう『○○はどうすればいいの?』という質問を、全部娘に回せるではないかいな~(笑)

・・・てなことで、再びau店を訪れ、番号のポータビリティの申し込みをした。
auのお兄さんが残念そうに『よろしければ、ドコモに移る理由をお聞かせ願えませんか?』と言うので、親子が口を揃えて「auから機種変更のお知らせが来たからでーす!」(笑)
雉も鳴かずば打たれまいに・・・と言ったところか?(^^;)

てなことで、結局、カミさん、娘、息子、の三台とも交換とあいなった。

・・・で、こうなると、例によって・・・むずむずはしたのだが(^^;)
三人分の機種変更手続きにかかる約2時間半の間、ショップにある機種を全部チェックしてもみたのだが(笑)
今までのように衝動買いはせず、現行のSH-03Bを使い続ける事にした。
うん、エライエライ~!(笑)
大人になったなぁ~(笑)

まぁ、そうなった主な原因は、コストによるものだが(ToT)

何より、第一条件である、画面タッチ式でないキーボード付の機種というのが少なく、あったとしても、大きすぎたり小さすぎたりで、ピンとこなかったのである。
また、スマホとしてiPhoneを使っている現在、ドコモのスマホ群は、少なくとも私には訴求力が無いという事でもある。

唯一、心が揺れたのは・・・この先、進化型が出ないだろうから、在庫のあるうちにSH-03Bを白ロムとして買っておこうかという考えだった(笑)
つまり、サル打ちにはもう戻れない、という事なのだ。

ただ、息子が選んだスマホの、3D画面だけはさっそく催促して見せてもらったのは言うまでもない(笑)

ちゃんちゃん

2011年1月 2日 (日)

初詣

伽藍は御社に初詣。
110102miyasiro
家族揃ってお参りできた事に感謝m(_ _)m
一家中寝坊で、初日の出ではないが(^^;)
お日様もたっぷり浴びる事ができた。
110102sun2
帰宅してから、留守番してくれてた、もう一匹の家族と銀ぶら(笑)
110102gin
雪の深い所では、ラッセル車代わり(笑)に先行させるのだが、すこぶるご機嫌で、時々、こちらをふり返りつつ進む(^-^)
110102snow2
それにしても、例年になく、雪が多い正月だ。
寒さといい、2月中旬?といった感じ。
110102snow
ゆっくりたっぷり時間をとって歩いていると、やってきましたマジックアワー(^-^)
110102magichour
刻一刻と空の色が変わり、その度に荘厳さが増していく。
ありがたい正月の一コマ(^-^)

めでたしめでたし

2011年1月 1日 (土)

御慶

あけましておめでとうございます~

110101

本年どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ