サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

霞始靆

本日朝の千手院交差点。
110228kasumitanabiku
光に対しては、デジカメの方が優秀らしく、けっこうくっきり写っているが、肉眼だとほとんど見えなかった。
てなことで、そういえば以前にもこんな感じの日があったなぁと思い、検索してみたら・・・

ありましたありました、七十二候の第五候、雨水だと次候で「霞始靆
霞、始めてたなびく、である。
前回書いたのは、'08年2月27日だから、3年前の昨日という事で、その時はまだあたりが雪だらけと書いているが、ほぼ同じ時期に霞がたなびくのもおもしろい。
ちなみに、霞は気象学上の言葉では無いらしく、霧と靄のみ、視界の上限で区別されるのだという。
つまり、温度が下がって空気中に水蒸気が発生したもののうち、1km以遠の視界が妨げられているものを「霧」、1km以上見通せるものは「靄」と呼ぶのだそうだ。
で、春に発生する「霧」を、特に「霞」と呼ぶらしい。
さらに、「霞」は朝のものだけを指し、夕方に出るのが「朧」と呼ばれる。
なんて、ややこしいんや~(笑)

これまた以前、書いた事かもしれないが、その国の言葉で何かを言い表す時、言葉の数が多ければ多いほど、それに対するその国の人々の思い入れが強い、と聞いた事がある。
よく引き合いに出されるのが「雨」で、英語だと「rain」か「shower」が一般的で、慣用句だと、「It's raining cats and dogs. 」で土砂降り、くらいしか思いつかないが、日本語だと、思いつくままに挙げるだけで、雨、霧雨、時雨、氷雨、通り雨、にわか雨、春雨、秋雨、五月雨、豪雨、夕立、驟雨、白雨・・・とたくさん思いつく。
さらにちょっと調べてみると、霖雨に地雨、糠雨、肘笠雨、凍雨、黴雨、卯の花腐し、虎が雨、薬降る半夏雨、寒九の雨なんてのもある。
さすがに雨の多い国だけあって、季節や降り方によって、思い入れみたいなものを感じるのである。
これ、対象が「馬」だと、英語の表現がめちゃめちゃ多いのもよく引き合いに出される。
ちなみに・・・
0歳で、まだ母親から離れていない仔馬は、foal
乳離れすると、weanling
1歳で、Yearing
それからは、雄雌でも違ってくる
雄の2~3歳は、colt
4歳でやっと、horseと呼ばれる。
これがさらに種馬になると、stallion
でもって、父馬って意味で、sire
去勢されると、gelding
これが雌だと、
2~3歳が、filly
4歳以上は、mare
つまり、4歳以上の雌馬をhorseと呼んだら間違いなのである。
繁殖馬となると、bloodmareで、
母馬という意味で、damとも呼ばれるらしい。

さすがは、馬と共に暮らした時間が長かった民族ではある。
さらに毛色となると、これは中国語でも同じだが、青毛、芦毛、鹿毛、黒鹿毛、栗毛、栃栗毛、佐目毛、川原毛・・・と、とても覚えきれない。

農耕民族と遊牧民族の違い、なのかもしれないね。

あれ?

もともとは、何の話やったっけ?(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2011年2月27日 (日)

石庭現る

本日の金剛峯寺の中庭。
110227honzan
金剛峯寺、は、もともと高野山全体を差す寺号であり、現在の建物は、青厳寺と興山寺という二つのお寺が統合されたもの。
この中庭は二つのお寺を繋ぐ長い廊下の横にある。
ここからさらに奥には、700坪を越える日本最大級の石庭である「蟠龍庭」が雄大に広がっているが、そことは当然の事ながら趣が違う、また、枯山水でもない。
長い廊下を往来する人々の横で、ただ静かに佇んでいるような風情が、私は好きだ。
特に今日などは、消えかけた雪が石庭の箒目をくっきりと際立たせ、冬と春の交代を告げているようだった。

ちなみに・・・
ちょうど一月前、「雪の本山」に載せた画像が・・・
110127honzan

う~む、こういう「冬」を、今年もやっと越えられたのだなぁ・・・(^^;)

めでたしめでたし

2011年2月26日 (土)

勉強会 in CARD SHARK

本日は、心斎橋のマジックバー、CARD SHARKさんにて、勉強会。
ギミックは一切使わず、スライハンドの技を伝授していただけるという。
講師は、なんとあの、「ふじいあきら」師!
110226cardshark
↑マスターのキノピーさんからご案内をいただいた時は、きっと超マニアックなベテランの人達が集まる会だろうから、私みたいな素人が混じってはご迷惑ではと躊躇したのだが・・・
こんな機会は滅多にないし、あの名作、リンキングシガレットも直々にご解説下さるというのだから、これは行くっきゃないやんか~\(^o^)/

↑これまた「ゴッドハンド」エリックジョーンズが、わざわざイタリアまで見に来て、度肝を抜かれた時の動画。
当然の事ながら、本来は前から観賞するものなのだが、「後ろからプロの、それもゴッドハンドと呼ばれてるマジシャンが見ても、わけがわからん」という超絶技なのである。
元々はマッチ棒などでも行われていた技で、実は私も「やり方」だけは知っていた。
しかしそれは、「オリンピックで金メダルを取るには、100mを8秒で走ればいい」という事を知っているだけで、到底走れないのと同様、どうしても後ろからどころか、前から見てもダメダメ~だったのである。
もちろん、本来のカードのスライハンドも基本から教えていただきたい。
てなことで・・・
午後1時から午後6時までの至福の5時間!
ディーリングポジションの基本から、ダブルリフトにパームにパスまで、内容はぎっしり濃厚で、ほんとにあっという間だった。
普段はめったに手の平に汗をかかない私だが、この日ばかりは緊張でびっしょり(^^;)
おかげでカードが滑る事はなかったが、その分スムーズには動いてくれず、悪戦苦闘。
しかしそれでも、こんな幸せな時間はなかった。

また一つ、目標、というか、日々、取り組む事を再発見した気分である。

この気持ちがずっと続けばなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

きのぴーさん、ふじいあきらさん、ありがとうございましたm(_ _)m

2011年2月25日 (金)

会長の時間

会長の時間、抜粋。

・・・さて、ニュージーランドのクライストチャーチで発生した地震で、多くの方が亡くなり、いまだに多くの方ががれきの下に閉じ込められています。
今、この瞬間にも命の火が消えかけているという事が無残でなりません。
どうか一人でも多くの命が助かりますよう願っております。
ちょうど、2月の23日は、ロータリークラブの創立記念日であり、「世界理解と平和の日」として定められており、3月1日までの1週間は、「世界理解と平和週間」として、国際理解、友情、平和への、ロータリーの献身を特に認め、強調する週間となっております。
高野山クラブとしても、NZで被災された方々に、何か一つでも手助けになるような活動を行いたく、次回理事会で協議させていただきたいと思っておりますのでご協力の程よろしくお願い致します。
一方、高野山では、異常事態とも思える積雪もようやく山を越えたようで、暦はすでに雨水の次候となり、各地からは梅の便りも聞こえてくるようになりました。
私も昨日、仕事で奈良の吉野へ行ったところ、あちこちで実際に梅が咲いているのを目にしてきました。
日々、いろいろな事が起こります、楽しい事より悲しい事の方が多いような毎日にも思えます。
しかし、季節が確実に巡るように、心が和む事も必ず訪れると思っております。
年のせいか、毎朝4時過ぎには目が覚めるようになりまして、夜のしらじら明けるのを毎日見ているのですが、このところ、夜明けもずいぶん早くなった事を実感しています。
三月、四月と、まだまだなごり雪も降るでしょうし、寒い日もあるとは思いますが、「 朝顔に つるべ取られて もらい水」「蜻蛉釣り 今日は何処まで 行ったやら」の二句でよく知られております、加賀千代女の一句をご紹介させていただきます。

梅咲くや なにが降っても 春は春

ありがとうございました

2011年2月24日 (木)

梅咲くや

奈良の製材所へ
110224lumbermill1
期待以上の製材になりつつある。
ありがたい。
110224ume
製材所の横では、梅が咲き始めていた。

明日の「会長の時間」はこれでいこう。

ちゃんちゃん

2011年2月23日 (水)

NZで地震 2

NZ地震の続報を聞き、心が折れる・・・

昔、物議をかもした歌に、

♪外国で飛行機が墜ちました ニュースキャスターは嬉しそうに
♪「乗客に日本人はいませんでした」「いませんでした」「いませんでした」
♪僕は何を思えばいいんだろう
♪僕は何て言えばいいんだろう
THE YELLOW MONKEY「JAM」から一部引用

というのがあったが、
私はこの歌を初めて聴いた時、なんて意地悪な歌詞なんだろうと思った事を思い出した。
なぜ、「嬉しそうに」などという文言を挿入するのだろう?と・・・

今回は、日本人の留学生が多く生き埋めになっているという。
だからこそ、日本のマスコミは熱心に報道するのかもしれない。
昨年の9月?マグニチュード7の地震が起こった時は、死傷者が少なかった事もあり、そんなに大きく報道されなかったと記憶している。

私自身は、外国で事故や事件が起こった場合、日本人の安否を報道するのは、家族や知己に対する当然の配慮だと思うし、日本人が無事ならそれでいい、などとは考えてもいない。
マスコミの取り上げ方がどうしてもセンセーショナルで情緒的になるのは、仕方が無い事だとも思う。残念ながら、そういう報道を望む人が多いから、という事だろう。

日本人であれ、外国の人であれ、一人でも多くの命が助かってほしい。
ただ、それだけである。

2011年2月22日 (火)

NZで地震

本日、NZのクライストチャーチで、午後0時51分、(日本時間午前8時51分)に、マグニチュード6.3の地震が発生、多くの死傷者が出ているというニュース。

どうか一人でも多くの命が助かりますように。

日本赤十字社

2011年2月21日 (月)

一本だけ

一本だけ ときどき上向く 銀の髭(笑)
110221gin

ちゃんちゃん

2011年2月20日 (日)

凍上終わる?

1月の13日に「大地凍てつきて」で書いた通り、門扉の下の地盤が凍上し、門扉が逆ハの字型に開いてしまい、戸当たりが行き越してしまうようになったので、若干修正しておいたのだが・・・
110220gate1
本日になって、どうやら凍上が終わった?溶けた?らしく、門扉の傾きが内側に戻ったようで、今度はスライドラッチが門扉にぶつかるようになってしまった。
↑画像で、水色矢印が凍上した時の傾きを、緑色矢印が今回の移動を表している。
緑○で示しているのが、スライドラッチと門扉の接触部分。
てなことで、また、調整を行った。
110220gate3
といっても、戸当たりの反対側にある蝶番の取付部をスライドさせただけの話。
ちなみに、↑で示した通り、ボルトの位置が通常は黄線の所だったのを、1月の13日に端っこまで目一杯ずらしたのだが、今回、若干戻したわけである。
110220gate2
↑門柱と門扉の間隔の修正後。
スライドラッチもスムースに開閉できるようになった。
もう少し暖かくなったら、さらにこの間隔が縮まるのか?はたまた1回凍上してしまったので、これ以上は戻らないのか?
ま、様子をみていこう。

ちゃんちゃん

2011年2月19日 (土)

急に溶けたら怖いよ~

朝から快晴~\(^o^)/
110219view
窓から見える風景も、強い日差しを浴びた影が、くっきりと濃い。
どんどん溶けてくれ~
春よ来い~

・・・けれど・・・

110219ice

急激に温度が上がると、屋根の上で凍り付いたヤツらが、どかん!と落ちてくる{{{{(+_+)}}}}

↑この氷なんか、直撃されたら即死レベルですがな~{{{{(+_+)}}}}

みなさん、どうぞご用心を~

2011年2月18日 (金)

名残惜しけれど

風前の灯火、つーか、雨下の氷、を書いたのが2月の8日、
しかし、11日にドカっとまた降って再び雪の下に隠れ、その命運がしばし伸びたわけだったが・・・
110218ice
本日、雪解けと共にわずかな痕跡を残すのみ、となった(^^;)

約二ヶ月、よぉがんばった?

ちょっと名残惜しいような気もするが、君が溶けてくれんことには、春が来んような気がしとったのも事実(^^;)

また、どこかで会いましょう(^-^)

できれば、グラスの中で、琥珀色の液体とともに・・・(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2011年2月17日 (木)

春を迎える前に・・・(ToT)

春は来たれり!と宣言した以上(笑)やっておかねばならない事がある。
そう、あれ、である。
今年の雪の降り方と積もり方、及び、今晩は雨になるとの予報からして、増築して無理矢理くっつけた屋根同士の間に氷のダムが出来、すが漏れが始まるのは必至(ToT)、
氷のダムを砕いておかねばならない。
110217s1
てなことで、夕刻から屋根に登って、えっちらおっちらと雪下ろしに励む。
実は今季、これで二回目である。
↑の黄○で囲んだ所は、前回の私の足跡。
足で踏んだところへさらに雪が積もったわけだが、その時は氷のダムが小規模だったため、雪を全部下ろさなかったため、踏まなかった雪が残り、ざらめ状に凍っている。
あの時、全部下ろしとけば・・・(^^;)
110217s2
てなことで、雪をかき分けてみると、なんとなんと、今年は軒先の雪止ごと凍って巨大な氷のダムが出来ているではないかいな~w(゜o゜)w
110217s3
てなことで、屋根同士がくっついて谷になった部分の雪は全部下ろさねばならない(ToT)
しかも大量!
ちなみに↑が軒先あたりの積もり方。
下の方は、約40㎝のざらめ状の氷(ToT)上の方にしまり雪が乗っかっている。
このざらめ状の雪、というより氷は固く重たいので、いちいち破壊しつつ下ろさねばならない(ToT)
110217s4
これが屋根の上の方になると、ざらめ雪はごく少なく、しまり雪がほとんどになるので、雪下ろしはけっこう楽ちんだ。
110217s5
・・・約2時間後(笑)
雪下ろしをしてる間に日が暮れてしまい、おまけに、氷のダムがかっちんかっちんなので、いったん屋根から降りて、ツルハシを持ってきて氷を砕いたのであった。
110217s6
↑わかりにくいが、木製の雪止の下の氷も砕き、やっとこ水が流れ出したところである。
予報通り雨が降り出したので、このまま雪に変わらなければ、ある程度は自然に溶けるだろう。やれやれ。

110217s7

てなことで、備忘録として、今回の雪下ろしの全体図も載せておこう。
水色の線が水の流れで、黄の楕円が当該箇所。
水の流れが曲がっているところが、すが漏れしやすい場所である。
今年こそ、ここを葺き直そうと思う。
・・・って、雪下ろしする度に思うんやけどなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

以上、雪国の方にとっては、かわいらしい雪下ろしの話で恐縮m(_ _)m

ちゃんちゃん

2011年2月16日 (水)

そして春は来たれり\(^o^)/

朝、最高最低温度計を見てみると・・・
110216temp
午前8時05分現在で、-7℃くらい、最高温度は昨日の数値だから、0℃近くまで上がったという事だ。うむ、ずいぶん、「あたたかく」なっているのだ(笑)
そういえば、一昨日の雪も、粉雪ではなくぼたん雪っぽかった。
そして見上げた空は・・・
110216sky0
来た、来た、来た~!\(^o^)/
この、加工したん?してないしてない~(笑)ってな、真っ青な空。
見るのは何ヶ月ぶりだろうか?
もちろん、冬場でも、雲一つ無い日本晴れは何度かはある。
しかし、ここまでの青さ、そして降り注ぐ日の輝きは、まさしく春を告げるもの(^-^)
110216sky1
山も眠りから覚めて、ぼちぼち笑い出したようだ(^-^)
110216sky2
青い、
どこまでも青い!
雪国の人ならわかってくれるだろう。
この青空を見るだけで、笑顔がこぼれる。

冬来たりなば春遠からじ

まさしく!

\(^o^)/

めでたしめでたし

2011年2月15日 (火)

モン観、現る(笑)

マチでは、懸命に除雪作業が続いている。
110215road1
でも、うちの前の路地なんかは除雪の対象外なのだ(笑)
110214syahuku
これについては、過去に何度か、「不公平や~!」と書いた事があるが、今年ほど雪が降ると、「まぁしゃぁないか、除雪の予算も限られてる事やし・・・」と思えてくる。
また、もともとは、自分たちが使う道なのだし、お上に頼らず、自助努力に励む方が精神衛生上も良いと思う・・・ことにしている(笑)
ちなみに、↑画像の矢印が示している雪は、私達が一度除雪した所に積もったものだ。
定期的にこの雪を除雪しないと、道幅がどんどん狭くなって、しまいには車が通れなくなる。
てなことで、雪かきに励んでいるわけだが、その苦労を知ってか知らずか(^^;)公共の車がわざわざこの狭い道に駐車してくれやがるので横を通るのに一苦労なのである(笑)
これまた、
町民に除雪させといて、公共の車がその恩恵にあずかるだけかいBOKE~!ってな気持ちも湧かなくはないのだが(笑)いやいや、「私」の自助努力が「公」の役に立つなんて、理想的ではないかいな~(笑)とも思っているのだ。いやホント(^-^)v

おっと、タイトルが意味不明になりつつあるな(。。 )\バキッ☆

この状態の高野山に、「モン観」が出現したらしいのだ。

モン観=モンスター観光客、ね(笑)

なんでも、某所に激しい苦情が寄せられたのだという。

曰く

『せっかく、スタッドレスタイヤを購入して登ってきたのに、雪が無いじゃないか!』

これ、作ってません(^^;)実話です。

さらに・・・

『雪が茶色いのがけしからーん!』

どうやら、マジ、らしいっす(笑)

110215road2
※↑イメージ画像です。

つまり、↑のような状況を見て、怒った上に某所に怒鳴り込んできたらしいのだ。

う~ん、

てなことで、冒頭、いつになく(^^;)非常にもの分かりの良い感じで書き進めたのは、この「モン観」さんのおかげでもある(笑)

感謝の日々を送りましょうぞ~(^^;)

ちゃんちゃん

2011年2月14日 (月)

春遠し・・・orz

立春も過ぎ、さすがに寒気も少しゆるんだかと思っていたのだが・・・
110214snow1
真冬に逆戻りぃ~orz
110214snow4
しかも11日だったか?ドカ降りした雪がまだ屋根の上に残ってたので、この有様。
雪の重さは新雪~しまり雪~半分凍ったざらめ雪で、それぞれ0.08g/立方㎝~0.25g立方㎝~0.5g/立方㎝と重くなっていくそうなので・・・

1平方m当たりで考えると、
新雪だと、60×100×100×0.08÷1000=48kg
しまり雪だと、60×100×100×0.25÷1000=150kg
そして・・・今の状態、つまり、半分凍ったざらめ雪で計算すると・・・
積雪の高さを60㎝として、
60×100×100×0.5÷1000=300kg~!w(゜o゜)w
屋根全体が約50㎡とすると、50×300÷1000で・・・15t~!w(゜o゜)w
屋根の上に車が10台近く載ってる事になるやーん!
しかもまだ降り続いてるし・・・orz
つ、つぶれれへんかしら・・・(ToT)
ということで、雪下ろしをしようにも、これ以上の加重をかけると・・・(^^;)なので、
とりあえず車を避難させて様子を見る事にした。

110214snow2
次に、現場のお寺の境内にて、
お日様が厚い雲の無効で弱々しく(^^;)光っていた。
もっと光をぉぉぉ~!(^^;)
110214snow3
そして夕刻、別のお寺の庭にて、

雪はようやく降り止み、完全無欠に凍った世界。
何もかもが停止しているようだ。
見ているこちらも固まったまま、ただただ、ぽかんと開けた口から白い息だけがあたりにただよったのでありました。

春よはよ来てぇ~(>_<)

ちゃんちゃん

2011年2月13日 (日)

寒鴉

ばたばたばたばた~っと羽音がして、鴉が一羽頭の上を飛んでった。
110213crow1
そして、雪をかぶった松の枝にちょこんと留まった。

鴉もさぞかし寒いやろなぁ・・・

どないして冬を越してるんやろ?

餌はあるんやろか?

普段なら、鴉など特に気にしないのだが、この寒空に一羽だけ、ってのを見ると、つい同情?してしまった(^^;)

貧かこつ 隣同士の 寒鴉 

という、子規の句があるが、こちらもぶりかえした寒気に、少々まいっていたからかもしれない。

と、

110213crow3

次の瞬間、『お前なんぞと一緒にするなよ~』ってな感じで、雄々しく飛び去っていった。

う~ん、こいつは一本取られました~m(_ _)m

俺もがんばろっと(^-^)

ちゃんちゃん

2011年2月12日 (土)

君だけは

自分自身、ヒネクレ者だという自覚はある。
しかも疑い深いし(^^;)
ただ、カガク技術に対しては、盲信的なところもある。
「最新式~!」なモノには、特にだ。
だから・・・
110212_clock
電波時計が狂ったりしたら、もうなんちゅーか、日本中で電波が乱れているのではないかと思ってしまうくらい、うろたえてしまうのであーる(^^;)

な、なんでやーっ!

き、君だけは、しっかりしてもらわんと困るんじゃ~っ!

そうでないと、自分も含めて、身の回りに「正確なモノ」が無くなってしまうやろが~(^^;)

・・・ひょっとして雪のせい?

雪でデムパがちゃんと飛ばんのかぁ~???

と、よく見ると、デジタル時計の方はちゃんと時間が合っている。

・・・で、電池切れ?(^^;)

てなことで、電池を交換したら、たちまち正確な時を刻みだした。

よ、良かった・・・

テロと違たんや・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2011年2月11日 (金)

建国記念「の」日

本日は、法律上、建国記念「の」日だという。
wikipedeaによると、敗戦後にすったもんだがあり、建国記念「日」と断定するには、科学的な根拠が薄弱だからという理由で「の」を挿入し、“建国されたという事象そのものを記念する日”として1966年に制定されたそうだ。

ふ~ん・・・

で、自分の中に、「建国を祝う気持ち」があるのかどうか、考えてみた。
つーか、「考えてみた」時点で、もともと、「お祝いだ~」というような、沸き立つような高揚感が無いわけで、ということは、「祝う気持ち」も無い、あるいは、少ない。という事が実感できた。

・・・まわりくどいな、

しかし、私は日本が大好きだ。この国に生まれ育って本当にラッキーだとも思っている。

その気持ちと、「建国を祝う気持ち」とが一致しないのはなぜだろう?

おそらく、「何かから創り上げた、もしくは、独立した」という達成感が伴っていないからだろう。

だからこそ、日本が大好きだが、かといって「祝いたい」さらには「護らなければ」という意識も薄いのかもしれない。
このあたり、少なくとも戦後生まれの日本人の一人として、国とは、水や空気のようなもので、あって当たり前と思い込んでおり、その真価、尊さがわかっていないのだろう。

そんな時、10月に設定しようとしている国民の祝日を、中国の祝日に配慮した形で制定しようなどという、「どこの国民の祝日やねーん!」というAHOらしいニュースが流れた。

***引用ここから***

休日まで中国を配慮?民主「休暇分散化」構想、今国会中の祝日法改正を目指す

産経新聞 2月10日(木)20時42分配信

 民主党は、観光振興や渋滞解消などを目的に地域ごとに時期をずらした連休を導入する「休暇分散化」構想をまとめた。与野党で協議の上今国会中に祝日法改正案を議員立法として提出を目指す。中国の建国記念日「国慶節」(10月1日)に配慮し、10月第1週に連休を設けない方針。日中の観光客がかち合って渋滞・混乱することを懸念したというが、日本の休日が中国の行事に左右されるのは本末転倒だといえる。祝日の「意義」までも骨抜きにされる危険性もある。

 構想は民主党の「成長戦略・経済対策プロジェクトチーム」(直嶋正行座長)がまとめた。

 具体的には、全国を「東日本」(北海道、東北、中部、北陸、北関東)▽「南関東」(東京、神奈川、千葉、埼玉)▽「西日本」(近畿以西)-の3ブロックに分け、10月の第2週は東日本、第3週は南関東、第4週は西日本でそれぞれ土、日曜日を含めた5連休を設定する。 

 プロジェクトチームの資料には、10月の第1週に連休を設けない理由を「中国では10月1日を含む週は国慶節関連の大型連休であり、この時期に国内の連休を設定するとかえって混雑を助長する可能性があるため」と明記された。

 2月3日の党会合では白真勲参院議員が「韓国の秋夕(チュソク、旧暦の8月15日、韓国の旧盆で連休)との重複」についても確認するよう要望している。

 この構想に対し、民主党内でも「中国を宗主国にしているようだ」「祝日の意味がなくなる」などと批判が少なくない。

 休暇分散化構想は、鳩山由紀夫前政権が「新成長戦略」の一環として掲げ、前原誠司国土交通相(当時)が中心にまとめた。

 当初の政府案は全国を5ブロックに分け、春、秋の年2回の大型連休を設ける案を検討したが、ゴールデンウイーク(GW)の分散化は、その前後を集中的な休業期間とする自動車産業など産業界への影響が大きいと指摘され頓挫。民主党案は秋の連休に絞った。

 一方、観光庁が昨年8月に発表した調査結果では、大型連休を地域別に分ける構想のメリットについて68%の人が「特にない」と回答している。

***引用ここまで***

「国民の・・・」と名前を冠するのであれば、それはまず憲法25条に定められた「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
つまりは、「福祉」が優先されるべきであり、まず「商売」ありき、で決める事ではない。
かつて、エコノミックアニマルと揶揄された時代でも無かったこういう発想には、驚くとともにあきれるほかはない。

いまや死に体となったミンシュの、苦し紛れの施策や発言には、いちいちツッコむ気も起こらないが、狂った施策を発表する度に、「国」や「社会のあり方」について考えるきっかけとなる事だけが、こヤツらの存在理由なのかもしれない(笑)

てなことで、2011年2月11日を、まともに自立できる国家を目指さなければいけないと、国民の大方が自覚した日として、あらためて、科学的根拠(笑)のある二十一世紀の建国記念日と制定し直してはどうか?

以上、一国民としての提案である。

ま、聞く耳もたーん!だろうがね(笑)

2011年2月10日 (木)

何をしたかったのだろう?

昼に帰宅すると、銀がいつものように待っていた。
いや、いつもなら、ヘソだしして迎えてくれるのだが、今日はなんだか神妙にオスワリしている。
ふと見てみると・・・
110210gin
おお~w(゜o゜)w
お気に入りのナイラボーン(たしか十五代目(笑))をはじめとして、縁の下に引っ張り込んでた先代、先々代のナイラボーンを出してきて・・・自分で並べたのか?w(゜o゜)w
ほんでもって、『見てちょーだい~お父さん~』なのか?
これはおそらく偶然なのだろう、うん、
偶然でなければ、ちょっと怖いではないかいな~(^^;)

でもまぁ、ほんと、かしこいやっちゃで~

飼い主よりもかしこいかもしれんね(^^;)

・・・ベロベ浪漫状態だと、完全に負けとるわなぁ・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2011年2月 9日 (水)

今年の雪はマジで危ない

某お店の屋根の上から氷塊を落としてるところ。
110209snow1
例年以上にすが漏れが頻発している高野山だが、その原因となる氷塊の方が怖い{{{{(+_+)}}}}
110209snow2
どがんばがんぐわしゃん!と落ちてきた氷塊は、直撃などされようものなら、即昇天コースである{{{{(+_+)}}}}

例年だとここまで大きくはならない、今年が異常なのだ。
しかし、今年だけ、というわけでもないだろうし、これからもこまめに取り除くしか方法がない。

みなさん、くれぐれもご用心を~!

2011年2月 8日 (火)

風前の灯火(^^;)

昨年から一ヶ月以上、溶け残っていたあの氷達
本日、風前の灯火、つーか、雨下の氷(^^;)
110208ice
立春の初項、「東風氷を解く」とは言え、なんとなんと、雨が降り出したのであーる。
高野山で2月の初旬に雨というのは、超珍しい。
しかも一週間前までは、例年以上の極寒だったというのにw(゜o゜)w

暖かい(と言っても零下だが(笑))のはありがたいが、こうなると軒先で凍り付いた雪が一気に溶け出すので、すが漏れよりも、落下による被害が心配になってくる。
もっとこうなんちゅーか・・・
フツーに降って、フツーに溶けてくれんもんかなぁ・・・orz

2011年2月 7日 (月)

銀の春

立春以来の寒波のゆるみで、屋根の軒先で溶けては凍り、溶けては凍った氷塊が、突然落下する事故が頻発している。
うちも小規模だが、時折、┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨~っと落ちてくるので危なくてしょうがない。
110207gin1
だが、それを待ってるヤツがいる(^^;)
落ちたばかりの氷塊はとりわけ美味?らしく、取りのけようとしてたら、さっそくかぶりつきにきた(笑)
110207gin2
固い氷を噛み砕いては、がっしゅがっしゅと歯ごたえを楽しんでいる。
その時の顔はまさに野生。
110207gin3
そして飲み込み、しばし佇む。

銀もこんな渋~い表情ができるようになったんやなぁ・・・

銀、数え五歳の春である。

2011年2月 6日 (日)

世界遺産マスター更新講習&全体説明会

今日は真面目にお勉強だ。
というのも、'07年の9月に、第二期世界遺産マスターに認定され、今年の3月で三年の期間が終了する事になってたのだが、設置要項が変更されたため、本日の更新講習を受講すれば、あと三年の延長が認められるというのである。
これは、まだまだいろいろと奉仕しましょう、という呼びかけだと思い、午後から行われる一期生から五期生までの全体説明会の前の講習に参加したのである。
スケジュールは以下の通り、

世界遺産マスター更新講習会
1  9:30~10:10 世界遺産概論
2 10:20~11:00 世界遺産の本質
3 11:10~11:50 世界遺産の保全
4 11:50~12:00 事務連絡

世界遺産マスター全体説明会
1 13:00~13:30 観光振興課からの説明・活動計画等・自己紹介
2 13:30~14:10 事例報告①高野マスターの清掃活動
3 14:20~15:00 事例報告②高野地域での外国人対応から 
4 15:00~15:30 意見交換

てな具合に、内容も時間もぎっしり~!

しかし、建築士講習と違って(。。 )\バキッ☆
身の入れ方が違うから(^^;)ばっちりばちばち、知識も更新できたm(_ _)m

以下、勝手にここへ載せても怒らないであろう(^^;)亀ちゃんの事例発表の一部をご紹介する。
「亀ちゃん、君があんなに長い時間喋るのを、俺は初めて聞いたよ(^^;) そやけどスゴイや
ん!こんどまちけんで同じ講義をやったって~m(_ _)m」
110206wh1
↑一期から五期まで、四十名近くの高野山マスターが参加。
※熊野マスターは前日、本宮にて開催
110206wh2
↑高野地域での社会的文化的影響
110206wh7
↑亀ちゃんは海外在住が長く、英語にも堪能で、高野山における外国人宿泊客の動向についても詳しく解説してくれた。
今や、宿泊客の一割強が外国の人なのであるw(゜o゜)w
110206wh3
↑これまた亀ちゃん持参の、ミシュランの旅行ガイド。
有名なレストランガイドが赤色が基調の装丁になってて、ギド・ルージュ(le Guide Rouge=Red Guidele)と呼ばれるのに対し、こちらは緑が基調なので、ギド・ベール(Guide Vert=Green Guide)と呼ばれるのだそうだ。
う~ん、初めて見た(笑)

昨年、このギド・ベールで、日本の37箇所が紹介され、そのうち、8箇所だけが三つ星を獲得した中に、高野山が入っていたのがニュースになった時は、正直、「うわぁ、まぁた、わけもわからんと、『とりあえず行っとけ~』っていう日帰り客で混雑ばかりが起こって、肝心要の『ゆっくり歩いて感得する』が疎外されるんちゃうのぉ~」という心配が先だった。
今もその心配はあるし、巷で、『高野山、どう?』『う~ん、何か俗化されてて車が一杯だった~』ってな会話が交わされている事も事実だ。
しかし、今日、亀ちゃんの解説を聞いていて、「まず、興味を持ってもらう」のが最初の一歩だとも思った。
後は、受入側のモンダイだ。
どんな短時間でも、高野山に来たら、『何かが違った、何かを感じた』そういうマチにしていかねばならない。それが、世界遺産の保全、という事でもある。

・・・とまぁ、柄にもなく(^^;)一所懸命、考えてたのでアリマシタ。

亀ちゃん、おおきに!

ちゃんちゃん

2011年2月 5日 (土)

君はおぼえているかしら

♪君はおぼえている~かしら~♪
♪あの~白い 氷を~ 

立春を過ぎ、少し暖かくなった高野山
今日、ふと見てみると、なんとなんと、昨年の暮れ、「溶けない氷」で書いたヤツが、上に乗っかってた雪が溶けたとみえ、出現したのであーるw(゜o゜)w
110205ice

昨年の12月現在の画像と比べてみると、
101228web1
かなり溶けてもいるし、汚れてもいるが、間違いなく、去年の氷だ。

一ヶ月以上、ここで耐えていたのだなぁ・・・

思わず、氷の一粒一粒に、「お前がタロか、それともジロか」と問いかけたのは言うまでもない(^^;)

ちゃんちゃん

2011年2月 4日 (金)

CHRAGE TTi その2

2月1日のつづき

レザーマンツールジャパンの対応は、親切だった。
以前の並行輸入品とおぼしきTiでも、無償で修理してくれるという(^-^)
ありがたいm(_ _)m
てなことで、もう一つ要望を告げてみた。
110201lm5
ケースである。
左が現在使用しているTiのもので、右が今回のTTiのもの。
あきらかにグレードダウンしている。
しかも・・・
110201lm7
↑私は、旧ケースのサイドにある貫通型の物入れに精密ドライバーとかミニピンセットとかを収納していたのだが、旧ケースでは下部が広がっているため、落下の心配はなかった。
110201lm6
ところが、今回のTTiに付属してきたケースでは、下部が狭まっているため、落下の恐れがあるのだ(>_<)
てなことで、レザーマンツールジャパンの人に、おそるおそる「あのですね・・・昔のケースって、今でも購入できます?おいくらくらいですか?」と聞いてみたところ・・・
『ありますよ、1575円ですね』との回答。
おお!意外に安いやーん\(^o^)/
「そ、それなら二つ下さい」(笑)
てなことで、紛失した精密ドライバーも525円で再購入する事にした。
       ・
       ・
       ・
てなことで、旧Tiを送ったのが、2月の2日、東京へ出発する前で、修理して送り返されてきたのが本日、早っ!w(゜o゜)w
おそらく到着してすぐに修理し、そのまま発送してくれたのだろう、感謝!m(_ _)m
てなことで、以下は、TiとTTiの違い。
まずはブレード
110201lm8
素材がTiの154CMから、TTiではS30Vに変更されている。
実用硬度では若干柔らかくなって靱性が増し、耐腐食性がUP?ということか・・・
154CMは一時はナイフの素材の主流だったが、加工性に難があるため、今はS30Vが主流になっている・・・らしい。
つづいて、プライヤーの違い
110201lm4
左がTi、右がTTiで、もともと、ペンチというよりは、もう少し細かい作業にも対応できるので、私は好きなのだが(その分、ごっつい作業には向いてない)、クリンパーが新たに追加されている。
端子の圧着作業などは専用の工具を使った方がいいと思うが、いつか役に立つかも?
つーか、着いてれば使いたいから(笑)無理矢理そんな作業にもちこんだりして(^^;)
次に、波刃
110201lm2
これも、左のTiの形状から、右のTTiのカッティングフック付に進化
以前にも書いたが、スパイダルコ社製に見られるように、波刃が「引いて使う」向きではなく、押して使う向きに付いているため、日本人には使いやすいと思う。
しかも切れ味が恐ろしいくらいで、これを使う時は若干緊張してしまうのだが、TTiではそれに禍々しい(^^;)ようなカッティングフックまで付いてるので怖さ100倍(笑)
絶対、仕事以外で持ち歩いてたら逮捕されるな、きっと(^^;)
110201lm3
↑小技もちょっと利いている。
左のTiでは精密ドライバーは差し込むだけだったのが(だからどこかへいっちゃったのだ)TTiでは押さえのバネが追加され、簡単には抜けないようになっていた。

てなことで、TTi買い増しは十分満足できるものであり、なおかつTiも使い方を工夫すれば、TTiと遜色ない働きをしてくれるであろう、万歳!

ただ、一つだけ・・・
二つ購入した旧型ケースだが、
今まで使ってたケースと比べてみると・・・
110201lm9
質感が若干劣るのである(>_<)
110201lm91
革の厚みなんかあきらかに違うし~
縫製も一部だが、二本糸から一本になり、縫い目も粗くなったりと、グレードダウンしている。
ううむ・・・
旧ケースが、4年ちょっとで、サイドがボロボロになってしまったので、今度のケースがどれくらい保つのか若干不安だ。
まぁ・・・それもあって二つ買っておいたのだが・・・
一つ目がボロボロになった頃、予備を置いた場所もわからなくなっているという事が、私の場合、かなり高い確率で発生するのも容易に想像できて不安だ(。。 )\バキッ☆

か、カミさんに預けとこ~っと(笑)

ちゃんちゃん

2011年2月 3日 (木)

渋谷で買い物

今回の上京は、下宿の契約更新と息子のノートパソコン選びのためだった。
下宿の契約更新は郵送でも出来るし、ノートパソコンも自分で選べばいいのだが、ちょうど、昨年の秋モデルと、今年の春モデルの端境期のため、ちょっとでしゃばっちゃおうとなったわけ。
で、あくまでゲーム優先で(笑)グラフィックにこだわる息子と、「持ち運ぶんやから頑丈優先じゃ~」という私のせめぎ合いの末、めっちゃ親切なドコモのお兄さんの知識を借りる事ができ、二人とも満足できるノートパソコンをゲットできた。
110203wimax
なんで、ドコモのお兄さんがパソコンの売り場にいるのかというと・・・
↑黄楕円で囲んだ「WiMAX」のため。
つまり、下り40MBw(゜o゜)wという高速データ通信を組み込んだ機種のキャンペーンをしてたのである。
これまた都会だけのサービスで裏山椎造~(^^;)だが、息子がクラブで行く、神奈川県の八景島付近もサービスエリアに入っていたため、「まぁ、いっとくか?」となったのである。
後はもう、ゲーム専用マシンにならない事を祈るのみである・・・(^^;)

・・・で、なんでカウンターにiPadが置かれているかというと・・・
手続きしてる間に、カウンターを借りて、仕事のメールを打ってたのであーる(笑)
当然の事ながら、無線LANを利用できたので、はかどった。
やっぱりこういうところは都会の便利さを痛感しますなぁ・・・

ただし、喫煙環境は最悪!(^^;)
どこもかしこも禁煙で、東京の喫煙者はストレスがたまるやろなぁと同情した。
昼ご飯は、タバコの吸える店を息子が探してくれて助かったm(_ _)m
↑非喫煙者からすると、何とAHOな~!と思うでしょう、はい、どうぞご遠慮無くm(_ _)m
       ・
       ・
       ・
110203shiumaibento
てなことで、夕刻、師匠から『東京行ってるらしいな、シウマイ食べたいな~』メールが来て、「げげっ!横浜で途中下車せなあかんのぉ~」と一瞬ビビったが、これまた息子が、『渋谷の東急で売っとるんちゃうのぉ~』と教えてくれて無事ゲット(笑)
お土産のついでにシウマイ弁当を買い込み帰路についた。

車内販売でワインを売りにきたので、シウマイには赤?白?と一瞬迷ったのだが、それならどっちも試してみよ~(。。 )\バキッ☆

しかしこのシウマイ弁当、濃いよね~w(゜o゜)w
ワインを飲みながらでもそう思ったのだから、素面だとどれほど濃厚に感じられるのだろう?
う~む、今度試してみたいけど、やっぱりその時も飲んどるやろな~(。。 )\バキッ☆

てなことで、一泊一日半の小旅行おしまい~

・・・結局、飲んどっただけかーい!(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2011年2月 2日 (水)

スキットル

今日は、ちょっとした旅に出るんだな、これが。
110202s1
で、お供はやっぱりスキットルと携帯カップ(笑)
110202s2

揺れる電車の中で注意しなければいけないのは、カップの縁にスキットルを当てない事!
当てるとたちまち↑みたいに、カップが折りたたまれて悲惨な事になる(笑)
わかっているのに、今日もやってしまった(。。 )\バキッ☆
       ・
       ・
       ・
それにしても、高野山発午後3時半で、東京の息子の下宿に9時前に着けるのだから、便利になったものである。

てなことで、今日は息子と二人で酒盛り~!(笑)
ちょっと驕った酒も肴も、全て近所のスーパーで調達、これまた便利やね~(^-^)
110202s3
それから約4時間(笑)飲み続け~の語り続け~(^-^)
楽しく嬉しい宴だった。

めでたしめでたし

 

2011年2月 1日 (火)

CHARGE TTi

実は先日、すんごくショックな出来事があったのだ。
110201lm1
理由は↑
そう、右上に写ってるLEATHERMANのCHARGEの黄○部分、つまりマイナスドライバーが折れちゃったのである(ToT)
しかも狭い所で作業してたもんだから、折れた衝撃?で、赤○で示した部分にあるはずの、精密ドライバーがどこかへいっちゃった・・・orz
ほんでもって、マイナスドライバーが取れた事により、緑○で示した、ハサミの刃を戻すバネがバカになってしまい、ハサミの機能もダウン・・・(ToT)

ううううううううううう・・・
やはりドライバー系にもロック機構は必要だと思い、SOGの「PALA TOOL」を単車専用にして、CHARGEを常用しだしたのが、以前のインプレからして、たぶん'06年の秋頃以来。

気に入ってたのにぃ~~~(ToT)

どうやら、前モデルであるWAVEよりは頑丈になっていたので、壊れる事はあるまいと高を括りすぎ、必要以上の力を入れてしまったのだろう・・・(。。 )\バキッ☆

てなことで、嘆いていてもしょうがないので、25年間保証の権利行使~!を思い立ったのだが・・・
保証書・・・ってどこ?(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
たしかこのCHARGE、ミナミのアウトドアショップで購入したものだが、並行輸入らしく、英文の説明書しか付いてなかったような・・・
こんなんでも保証してもらえるんやろか?
てなことで、数秒悩んだ末に(^^;)アマゾンでポチっとな~(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
問い合わせようとして、レザーマンツールジャパンをネット検索してたら、どうやらこのTiを強化したTTiというモデルがすでに発売されているようで・・・(^^;)
今回と同じような力はこれからもかけたいからには、強化版をゲットすべきなのではなかろうか?
そして、アマゾンで買えばこれはもう正規販売、『前のモデルやけど、もう一個買うたんやから直してちょーだいな~』くらいの事は言ってもええんちゃうのぉ?
・・・って、考えてしまうくらい、普段の私は気が弱いんです~(^^;)

まぁこれ、仕事以外でも持ち歩いてるから、二つあっても全然オッケーやし~

で、ポチッっとしたら翌日到着~(^-^)
110201l8
ちゃんと日本語の保証書も入ってて、さっそく電話。

2月4日につづく

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ