サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

これこそ現実に即した対応で感想

本日、というかここ数日の間で一番うなずきながら読んだ記事を紹介したい。

梅沢富美男氏が福島へ救援物資を届けた様子とその感想である。

以下、RBBTODAYから全文を引用させていただくm(_ _)m

***引用ここから***

被災地を慰問した梅沢富美男「命にかかわることだけは現場の人間に権限を」

2011年3月31日(木) 16時01分

福島県の郡山市、いわき市に直接救援物資を届けた福島市出身の俳優、歌手の梅沢富美男が、ブログに被災地の様子をつづっている。

 20日頃から被災地に救援物資を届けたいとブログにつづってきた梅沢は、全国のメーカーに電話をかけ、ファンや劇団スタッフたちにも「買占めにならないように少しずつ」と協力してもらいながら、粉ミルク、紙おむつ、おしりふき、生理用品などを集めてきたという。そして、28日早朝、コンサートで使用している4トントラックにそれらを乗せて福島に向かったことを報告した。

 現地で救援物資を届けて回った梅沢は、30日付の記事で「物資は大体がその土地の集積所にあつまり、そこから各避難所に振り分けて届けられる。でも、実際には燃料や人手が足りないなどのさまざまな理由から、集積所には物が有り余っていても本当に必要としている人に物資が届いていない現実がある。こんなに豊かな日本で今にも飢えてしまいそうな人がいる」と被災地の様子をつづった。
 
 さらに、「こういう災害の時にはきちんと命令系統を決めていなくてはならないんだろう。でも、何もかも上に指示を仰がないと動けないというのでは遅すぎる」「命にかかわることだけは現場にいる人間に、上からの指示をあおがなくても一存で決められる権限をあたえることはできないんだろうか」と提言している。

 梅沢は今回の救援活動を密着したいというテレビ局からのオファーを断っていたことも明かしている。そのことについて「売名といわれるのが怖いわけではありません。売名だろうがなんだろうが文句ばかり言ってなんにもやらないよりはずっとましじゃねぇか!と、言うのが僕の考えです。ただ、今回は僕の一存でなんかしなくちゃという思いだけで、動いたものですし、いきなりテレビを引き連れて被災者の方たちのところへ行っていいものだろうか…。反対に今、風評被害の出ている福島に僕が行ったことをテレビで伝えてもらったほうがいいんじゃないか。そういう考えも浮かびましたが、今回はお断りさせて頂きました」とつづっている。
《織本幸介》
***引用ここまで***

梅沢富美男氏のブログも読ませていただいた。

震災以後の葛藤と、「とにかく何かしてあげたい」という気持ちから、買い占めにならぬよう、各所から物品を集め、テレビの取材はあえて断り、各地に連絡をとって本当に必要な場所に届けた様子が切々と記されている。

阪神淡路大震災の時、JCとしてまた個人として何度か救援物資を届けた際、被災地の中でも比較的交通の便が確保されている避難所にだけ物資が集中し、特定の品に至っては山積みになっているのに、そこから先には届けられていないという矛盾を実体験した。
『ここからは運ぶ手段が無い』と聞き、それならと、十数キロ先にあるテント村のような場所に物資を届けた事もあった。
私だけではなく、その場の判断で、いわゆる「お上が決めた」場所以外の所へ物資を届けたという事例は他にもあったと思う。

皆が勝手な事をしたら、現場は混乱する。
それは当然である。
しかし、実際に大きな避難所に入れない方々もたくさんいるわけで、そういう場所へこそ、救援の手を差しのべる事も大事だと思うのだ。

私のような一般人ではなく、梅沢富美男氏という、忙しいスケジュールを持った方が、これほどきめ細やかな対応をされたというのは特筆すべきだと思う。

すばらしい。

でも、本当はこういう事をこそ、国がしなければいけないのだとも思う。

もっとも、現地へ行くわけでもないのに、パフォーマンスで税金を使って、公設秘書の分まで1600名以上分の「防災服」をおそろいで揃えるという、真性の馬鹿者共には、こういう「現実への対応」など、想像もつかない事だろう。

やはり民間でなんとかしなければ。
セーフの馬鹿者共は、くれぐれもその邪魔をしないよう、現場の人の声に耳を傾け。という基本からやりなおすべきである。

梅沢さん、お疲れ様でした、ありがとうございますm(_ _)m

2011年3月30日 (水)

十六代目

今日も銀と昼遊び。
「遊んでやらねば」という義務感を持っていたのだが、遊んでいるとすぐ、こちらがとても癒されている事に気付いた。

こんな事もわからないなんて・・・は、枝雀師匠の十八番のセリフだったが、まさしくその通り。
こんな事もわからないくらい、混乱していたのだなぁ・・・
てなことで、大事な事を思い出させてくれたご褒美に、十六代目のナイラボーンを(笑)
110330gin1
おぉお~喜んどる~(^-^)
そして時々、自分が噛み噛みしているところを、私が眺めている事を確かめるように、上目使いでこちらを見る。
110330gin2
わはは~(^-^)

銀、ありがとう~(^-^)

元気でてきたわ~

2011年3月29日 (火)

昼遊びの前と後

銀も元気にしたらなあかん~

てなことで、昼休みに、「遊ぶか?」と声をかけてみた。
110329gin1
『ほんまですかぁ・・・?』と非常にウタガワシソウな目つき~(^^;)

ほんまやで~銀、行こか~!
てなことで、裏山へ、
110329gin2
雪と地山の境界あたりに、何やら魅力的な匂いがあるらしく、一所懸命嗅ぎ回っていた。
そういえば、るんたも、足を舐めすぎて出血したのは春先だった。
春の香りが野生を呼び覚まし、欲求不満みたいになるのだろうか?
ちなみに・・・
110329gin3
↑この角度から見ると、銀はほとんど黒犬である(笑)

そして・・・
少しの時間だけだったが、遊んだ後の銀の表情はこうなった。
110329gin4
現金なヤツ(笑)

いや、それだけ、寂しかったというか、私の不安が強く伝わっていたのだろう。

すまんのぉ銀、
お父さんは、もうしばらくの間は弱音を吐かんよ(^^;)

その日一日を精一杯に生きらんとな、
思いがけない災難で命を奪われた人に悪いわ。

がんばりましょう~!

2011年3月28日 (月)

不安が伝わるのか?

先週、「恐怖の数の方が危険の数より常に多い」と書いたわけだが、こう毎日、「そら危険ちゃうん?」という事象が増え続けると、さすがに気が滅入ってくる。
銀にもそれが伝わるのか、時々考え深そうな顔をして私を見る。
110328gin2
左前足がうっすら赤くなっているのは、舐めすぎて皮膚が荒れ出血したからだ。
るんたも一度こうなった事がある。
手持ち無沙汰になったりした時?よくペロペロと舐めているのが、度を超して舐めすぎたのかもしれない。

銀ぶらをサボっているわけでも、遊んでやる時間が短くなっているわけでもないのに、銀は寂しいのかもしれない。
一緒に歩いていても、心ここにあらず、という感じが伝わるのだろう。
これは飼い主の責任だ。

よし、銀。
今日はもう、いつもの倍歩くぞ~
ちゃんとお前と話しながら歩く。

だからそう、はしゃぐな(笑)
リードを食べてしまう勢いやないか。

一緒に歩こう。
今日も、
明日も、

笑顔で歩こう。

2011年3月27日 (日)

チベット曼荼羅in高野山2011

日本との相互理解を深め、世界平和と東日本大震災物故者のご冥福を祈って、
開催される「チベット曼荼羅 in 高野山 2011」の告知です。
110327t1
※「砂曼荼羅」の製作が高野山 大円院さんで一般公開されます。
期間は3/31~4/2 13:00~15:00

※「曼荼羅法要」が高野山大学で開催されます
日時は4/3 13:00~(およそ2時間半程度)
内容は高野山大学教授による曼荼羅の解説
僧侶によるチベット声明
僧侶による宗教舞踊(チャム)他
110327t2

↑画像、少々小さく見えにくいと思いますので、元のデータを載せておきます。
「tibetan_mandala_in_koyasan_2011.pdf」をダウンロード

↓1枚目画像の右下、特につぶれて読みにくい告知を載せておきます。

※この法要は完全な非営利事業です
※募金はチベット難民、施設、寺院修復へ寄付させていただきます
また、併せて東北沖地震の募金もさせていただきます
※別途「義援金 募金箱」を、左右の通路脇に設置で対応。

2011年3月26日 (土)

高野山高校 InteractClubによる募金活動

本日は午後から高野山高校InteractClubのみなさんが、中の橋の奥の院参道にて、東日本大震災のための募金活動に取り組んだ。
110326ia1
↑日差しを浴びてはいるが、時折雪が降り、ものすごく寒いのをものともせず、『東日本大震災のための募金をお願いします』と、交互に元気な声を張り上げてくれたm(_ _)m
110326ia2_2
募金はもちろん、この子たちの善意も、元気の素になるよう被災地に届きますように。

2011年3月25日 (金)

・・・雪・・・

雪である・・・
110325snow
画像は高野山道路のものだが、被災地にもおそらく降ってるだろうと思うと胸が痛む・・・
どうかみなさん、暖がとれていますように。
そういえば、今日は、3月25日、例年だと龍神スカイラインの冬期交通規制が解かれる日である。
行ってみた。
110325rs1
以前はあったバリケードがなくなっていて、冬期の交通規制は終わったものの、積雪による交通規制がかかっているようだった。
看板に雪がこびりついていて見えにくくなってるので、手で振り払ってみたのだが・・・
110325rs2
こびりついた雪の下には薄い氷の層ができている上、紫外線劣化で「二輪車通行止」の文字がかすれていた。

で、この画像を撮ってる横を何台かの単車が走り抜けていった。
東日本では無残にも「万」単位で命が奪われたことを思い、普段ならむかっ腹をたてるところだが、どうか無事で家路についてほしいと願わずにはいられなかった。

どなた様も安全運転を・・・

以上、自戒をこめて、である。

2011年3月24日 (木)

恐怖の数の方が危険の数より常に多い

恐怖の数の方が、危険の数より常に多い。と言ったのはセネカだったか?

とにかく、

今回の大震災(これは天災)で被災された方々に改めてお見舞申し上げるとともに、それに伴って起こった、原子力発電所の事故(これはまさに人災)による二次被害について、事故発生以来、自分なりに調べ、考えてきたことを書く。

当初、原発から煙が出だした時は、再臨界、そして核爆発・・・と最悪のシナリオが浮かんだ。
まさに恐怖だ。
その後、対処の能力が無いのか、パニックを恐れてのことなのか、おそらくは両方の理由で、まともな情報を出さない政府のせいで、かえって日本中に恐怖が広がっていった。

しかしいったん、無理矢理に作業させられていると思われる東電の下請け業者さんや、自衛隊やハイパーレスキューの決死の働きにより、小康状態に至ったと思われた矢先に、農作物の出荷停止に続き、突如として東京の水道が「乳幼児には飲ませないで下さい」という状況になった。

これで大パニックにならなかったのだから、東京の人はえらいと思う。

AHOの一つ覚えみたいに『ただちに危険なレベルではない』と言い続けておきながら、『当該食物飲料は飲み食いするな』とはどういうことなのか?

あえて書く、
これは基地外沙汰、である。
外国メディアのコメントに『民度の高い日本人は無能な政府に苦労させられている』というのがあったそうだが、「民度」などという一種の差別語を持ち出さなくても、政府の無能さは国民全部がしみじみと感じたのではないだろうか?

政府だけではない、そもそもこの老朽化した原発を、20年近く野放しにしてきた罪はジミン党にこそあるわけで、何日着てても汚れない作業服がもったいないから、AHO達はみんな原発へ行って、放水作業を交代すればいいのだ。

ただ、いつものように、セージ家どもをこきおろしていても、これまたいつものように事態は好転しない。

せめて、恐怖なのか、危険なのか、自分で見極めようと思ったのである。

だからテレビもいつもより熱心に見た。
学者さんの意見もたくさん拝聴した。
しかし・・・出てくる人出てくる人、「まだ安全レベル」「大丈夫」そして・・・決め台詞はみんな「ただちに・・・」

だからね、それは、即死しない、という意味での「ただち」なの?
それとも、生殺しっぽく何年かかけてじわじわと・・・という意味なの?
でもって、どうも、政府の言う戯れ言を追認するだけの御用学者みたいにも思え、恐怖は深まるばかりだったのだ。

他によく引き合いに出されるのが『一年間浴び続けたとして・・・』って、言葉だが、四季がある日本で、一年間まったく同じ条件が続くわけがなかろうが~!

なぜ、○○ベクレルの水なら一日○リットル飲んで○日間くらいは許容範囲。
とか、
○○ベクレルの○○なら、一週間に○○グラムくらい食べたって平気。
みたいな表現ができんのや?
計算、得意なんやろ?

今、政府がやってるのは、100%近い安全と、100%近い恐怖を、計測されてから時間がたってから、交互に発表してるという最悪の対応だ。
政府はAHOだ。
国民はAHOではない、
しかし、なんぼAHOな政府でも、公的な発信源はそれしか無いのだから、類推するしかない。

100%近く安全、と言われても、これは全く信用できない。
だって、安全、と言っておいて、作物は出荷するな、乳幼児に水は飲ますな、って、矛盾しとるやろが、

結局、残るのは100%近い恐怖だけということになる。

そこへ、
昨夜、「学べるニュース」という番組で東工大の松本准教授の涙ながらの説を拝聴したのだ。
内容はここには載せない。私が個人的に感銘を受けたということと、事実とはまた違うからだ。
※これ、ネットで検索してみればすぐ出てくるので、どうか探して自分で検分してほしい。
続いて、放射能に詳しい知人(個人情報なのでこれ以上書けないm(_ _)m)の日記を拝読し、ものすごく「安心」したのだった。
何に安心したか?
放射能は危険なものだ。しかし、むやみに恐怖するものではない。
ということに納得できたのである。
そして今日、「一般社団法人 サイエンス・メディア・センター」を知り、
「放射性物質の影響:山下俊一・長崎大教授」という講演の記事を読むことができた。

※↑これもぜひ、ご自分で検分していただきたい。

私は、これが福島市で行われた講演である、という点を評価したい。

遠く離れた場所で、ああだこうだとごたくを並べているのではなく、実際に恐怖にかられている現地で、生の質問に答えた講演なのである。

もちろん、この教授の説への異論もネットにはたくさん出ている。

だが、私としては、恐怖の大部分が無くなり、残された危険は何か?について考えられるようになったのも事実だ。

感謝したい。

2011年3月23日 (水)

宣誓

センバツが始まった。
プロ野球の方は、セリーグの開幕日順延問題やナイターによる電力の使い方を巡ってすったもんだの真っ最中で、とてもの事に多くの人々を魅了するとは思えないのが現状だが、高校野球は被災地からの出場もあり、来られない地元の人たちの代わりに応援したいと思っていた。

そして昨日、リハーサルの様子がニュースで流れた時、創部1年目で全員が新2年生、当然の事ながら、宣誓をする主将もまた昨年までは中学生だったという事で、興味半分で眺めていたのだが、その言葉を少し聞いただけで、思わず姿勢を正してしまった。

野武士のような風貌を持つその少年の一言一言は、声を張り上げるわけでもなく、朗々と語るわけでもない。
しかし、ストレートにこちらの心に響いた。
こういう不安な時だからかもしれない、彼らが阪神淡路大震災の年に生まれた、という運命性を感じたからかもしれない、しかしもっと何か、若い彼らの覚悟と決意がひしひしと伝わってきたのだ。

以下、全文をご紹介する。

『宣誓。
私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。
今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。
被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。
人は、仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。
私たちに今できること。
それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。
がんばろう!日本。
生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います』

岡山県は創志学園の野島慎介君

ありがとう!

君に、おっちゃんは勇気と元気をわけてもらいました。

きっと、君の宣誓を聞いた多くの人が同じように感動したと思います。

ありがとう!

人は、仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。

支えられ、支える社会。

がんばろう日本!

※110324追記
マイミクさんがYoutubeにupされてたのを紹介してくれたので、ここにも載せさせていただきますm(_ _)m

2011年3月22日 (火)

落ち込みがちな日常に

大震災以後、サバイバーズ・ギルトのような症状が出ている。
本来は、大事故等でたまたま生き延びた人が、自分だけが生き残ってしまったことに対し罪悪感をもってしまい、様々な症状が出ることだが、私の場合も、阪神淡路大震災や、他の災害発生時の時も感じたように、「自分は被災していないこと」に対し、とても申し訳ないような気持ちになる・・・

実際、被害を受けたわけでもないので、そういう気分になること自体、被災者に対して失礼ではないかと、二重に苦しくなったりもする。

何か少しでも自分にできることを・・・と義援金を出したりさせてもらってるが、それさえも一種の罪滅ぼしのように感じてしまうこともある。

だからといって、自分のもてる物全てを差し出したりはできないわけで、「偽善」という言葉も浮かんだりする。

そんな中、午後4寺過ぎに、郵便局から事務所に電話があった。

『電話、忘れてませんか?』

「へ?」

携帯(ドコモのSH-03B)は首からぶら下げている・・・

あ!( ̄□ ̄;)

「iPhoneですかね?」

『ええと・・・尾上組のシールが貼ってあるので・・・』

「ありがとうございます~」m(_ _)m

これより少し前、郵便局へ行ったのだが、少し混み合っており、iPhoneでニュースを見ながら順番待ちをしていたのを思い出した。
待つ事しばしで、局員さんが気を利かせて、普段は閉まってる窓口を開けて早めに受付をしてくれたのだが、手続きするものがたくさんあり、書類を広げた時に、iPhoneも無意識にカウンターに置き、そのまま帰ってきてしまったのだろう(。。 )\バキッ☆

無くしたこと自体に気付いてなかった・・・orz

やはり、心ここにあらず、だったのだろうか?(^^;)

それにしても、さすがは高野山、都会ならおそらく・・・

てなことで、親切に感謝しつつ、また局へ行き、お礼を言って返していただいたm(_ _)m

「ありがとうございました。1割・・・差し上げたいとこですが、ちぎるわけにもいきませんので・・・」(。。 )\バキッ☆

110322iphone

しかしこの立体ステッカー、貼っておいて良かった~

いやいや、やはりこれは、人の情のおかげ。

ステッカーはその象徴みたいなもんか、

落ち込みがちな日常に、小さな光が灯ったような出来事だった。

ありがとうございましたm(_ _)m

2011年3月21日 (月)

御影供

本日は3月21日、彼岸であり、835(承和二)年に空海、弘法大師が、衆生救済の誓願をたて、高野山奥の院にて永遠の禅定に入られたと伝えられる日である。

高野山では、新暦の3月21日を御影供(みえく)とし、旧暦の3月21日(今年だと4月23日)を正御影供(しょうみえく)と呼ぶ。

空海、弘法大師の残した言葉に
「虚空尽き、涅槃尽き、衆生尽きなば、 我が願いも尽きん」という言葉がある。
虚空は宇宙、涅槃とは悟りの世界、衆生は生きとし生けるもの、である。
つまり、宇宙が尽き、悟りの世界さえも無くなり、生きとし生けるものすべてが輪廻転生して苦しむ事がなくなれば私の願いも尽きるだろうという趣旨で、意訳すると、「この世の全てが消滅し、悟りの世界さえもなくなるまで、私は永遠に衆生を助け続ける」となる。
この言葉こそが、後に「ありがたや 高野の山の岩かげに 大師はいまだおわしますなる」と天台宗の座主、慈圓が詠んだように、空海が奥の院で入定留身を続け、衆生を救い続けているという大師信仰の根源なのである。

現代仏教が葬式仏教と揶揄されるようになって久しいが、もともと仏教は、真言宗に限らず「生きるための教え」だった。

今回の大震災、残念ながら、神も仏もあるものか・・・と悲嘆にくれている人も多いと思う。
しかし、死者を弔い、生者の希望のための祈りもまた、今日に限らず捧げ続けられているだろう。

私も、祈ろう。

宗派は関係無く、亡くなられた方の冥福と、生き残った人々の復興を、

南無・・・

2011年3月20日 (日)

日本の救世主達

今回の大震災、いわゆるTOPと呼ばれる面々のていたらくと、現場の人達の献身に、これほど大きな落差がある状況も珍しいと思う。

そんな中、まさに決死の覚悟で放水作業にあたってくれた東京消防庁の会見を見た。
そこには、用意された原稿の棒読みなどは全くなく、現場を知った上で的確な対処ができる人の言葉があった。

大震災以後、これほど明快かつ正確な会見があっただろうか。

使命感と家族や部下への思いの板挟みになりつつ、それでも普段の厳しい訓練のたまものを実際の現場でいかんなく発揮できる実力には驚嘆するしかない。

こういう方達がいる限り、日本はまだまだ大丈夫だと思えた。

これを見た友人のコメントは
『彼らに賛辞の言葉は尽きないのですが、本当に「希望」を与えてくれた事は凄い事だと思います』

まさに!

尊敬をこめて、記者会見を載せさせていただくm(_ _)m

 

しばしの間でしょうが、どうぞゆっくり休んでくださいm(_ _)m

2011年3月19日 (土)

できることを懸命に/作家・斎藤純さんメッセージ

以下、岩手日報のWebNewsからの引用である。

今回の大震災で、もっと大きな被害を受け、下記のような力強いメッセージを出すまでには至っていない地域がたくさんあるのは承知している。
しかし私自身も、このメッセージから「明日も生きる」ための勇気をいただいた。
感謝と、世界中のみんなの取り組みが実を結ぶ事を願いつつ、載せさせていただくm(_ _)m

***引用ここから***

できることを懸命に/作家・斎藤純さんメッセージ

東日本大震災をどう受けとめ、次の一歩をどう踏み出そうとしているのか。
今だからこそ語りたいメッセージを、盛岡市の作家・斎藤純さんに寄稿してもらった。

「大通から復興の狼煙(のろし)を上げる」

 冷麺発祥の店として全国に知られる盛岡市大通の焼き肉店が、そう宣言をして13日に店をあけた。

 「盛岡が一日も早く元の日常を取り戻すことが、沿岸の復興の牽引(けんいん)力にもなるはずだ」

 近隣の飲食店もそれに続いた。

 私はこれまでに経験したことのない地震のショックでまだぼうぜんとしていたところだったから、その知らせに目を覚まされたような気がした。

 まちへ出てみると、老舗のわんこそば店が、ざるそばとかけそばを特別に100円で提供していた。肴町アーケード商店街でも、ドーナツチェーン店が品数こそ少ないものの100円サービスを実施、その向かいの理容店も営業をしていた。まだ断水している地域もあったから、ありがたかったに違いない。

 既報のとおり、11日に発生した大地震で、岩手県の沿岸部が甚大な被害を受けたが、内陸の盛岡はかろうじて被害が小さかった。もちろん、停電、断水にみまわれ、電話は不通になったが。

 それらが復旧するとともに、多くの人々が立ち上がった。15日になると、一見、商店街は以前と変わらないまでになった。しかし、道を行き交う車の量が3分の1ほどであることに誰もが気がつくだろう。

 居酒屋の若い経営者が、農家から直接仕入れてきた野菜や卵などを店先で売っていた。

 「自分たちにできることを、できるところからやろうと思って」

 被災地で避難生活を送っている人々の状況をニュースで見るたびに、何かできることはないだろうか、と焦りに似たものに襲われていた私は、盛岡のまちを歩くことで何か教わったように思った。

 懇意にしている自転車店に立ち寄ると、てんてこ舞いしていた。通勤や配達に使うために、しまい込んでいた自転車を整備に出す人が殺到しているのだ。

 ガソリン不足の影響とはいえ、これも盛岡の心意気を示す事例のひとつといっていいだろう。新たに買い求める人も増えているという。

 「だけど、モノが届かない。パーツもじきになくなりますから、持ってこられても修理ができない」

 ガソリン不足によって、物流が途絶えているのである。無事ですんだ人たちが復興の牽引力となろうとしているのに、なんとも歯がゆい。

 ここに記したのは、私のまわりの小さな範囲のできごとにすぎない。花巻でも北上でも奥州でも一関でも、そして東北の各地で同じような機運が高まっているに違いない。その取り組みはきっと実を結ぶだろう。

 そう信じて、私たちは明日も生きる。

 【さいとう・じゅん】 57年盛岡市生まれ、同在住。著書に「ペダリスト宣言!」「銀輪の覇者」など。

***引用ここまで***

2011年3月18日 (金)

医師にメールで相談できるサイト

以下、マイミクさんの日記で見かけたサイトの紹介です。

被災者の方は無料で相談できるとの事、
携帯でもアクセスできるのを確認済みです。

「医師に直接相談できるQ&Aサービス」
AskDoctorsでは、東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた方々に対して、
無料で医師に相談できるようにしました。
ご自身やご家族の体調不安などについて、ぜひ医師に直接ご相談ください。

AskDoctors

このページには、

これまで被災者から寄せられた質問と回答もあり、私自身、大変参考になりましたm(_ _)m

2011年3月17日 (木)

いまからすぐできる節電のヒント50

ECO JAPAN」より転載。

ほんとにささやかなヒントだけど、みんなで実行すればかなりの効果も見込めると思う。

●いまからすぐできる節電のヒント50

 ほかにももっと節電のアイデアがある!という方はツイッターでECOJAPANをフォローして教えてください(記事の右上にボタンがあります)。余裕があれば、省エネタイプの電気電子機器類に買い換えるのも、もちろん効果があります(参考資料:「家庭の省エネ大事典」省エネルギーセンター)。

携帯電話
1・ディスプレイの明るさを暗く調整する
2・キーの照明をオフにする

iPhoneなどのスマートフォン
3・ディスプレイの明るさを暗く調整する
4・使っていないアプリケーションを終了させる

パソコン
5・席を離れるときはディスプレイを消す
6・使っていないソフトウエアを終了させる
7・就業時はパソコンを終了させる
8・ディスプレイの明るさを暗く調整する
9・電源設定を見直し、
使っていないときにディスプレーの電源が切れる時間などを設定する

町で
10・エレベーターやエスカレーターは必要以上に使わず、階段を使う
11・手動のドアを使う

オフィスで
(5)・席を離れるときは、パソコンのディスプレイを消す
12・窓際の席で、太陽の光で十分に明るい場合は、照明を消す
13・使っていない会議室の照明や暖房を消す
14・暖房の設定温度をこまめに調整したり、不要な場合は消す
(今回の計画停電に当たって、ソフトバンクは孫正義社長自ら、
従業員に対して暖かい服装を奨励し、暖房の自粛や削減を呼びかけている)
15・小さい画面のテレビを使う
16・誰も見ていないテレビは消す
17・画面を見ず、音声だけも十分であればラジオを使う

店舗で
18・店舗のドアを開けたままにしない
19・空調の設定をこまめに調整したり、不要であればオフにする
20・自動ドアを手動に切り替える
21・看板の照明をオフにする
22・ロビーやエレベータホール、商品棚などの過剰な照明を間引いたり、オフにする
23・明るい場所の商品棚照明をオフにする

家庭で
24・カーテンを閉め、部屋のドアを開け放しにしない
(カーテンを閉め切って部屋を暗くすると、ケガをしたりする可能性もあるので
十分な明るさを確保する)
25・カーテンは厚手のものを。床まで届く長いカーテンの方が効果的
26・使っていない部屋のドアも閉める

■暖房
27・暖房は、人がいる部屋で、必要なとき、必要な場所だけ使う
(電気カーペットは人がいる場所だけ暖める機能もある。人がいない部分はスイッチを消す
28・こたつの設定温度は低めに。こたつ布団のほかに上掛けと敷布団も使う
29・エアコンは冬でも暖房と扇風機を併用すると、暖まった空気を循環できる(適度な換気も怠らないように)
30・エアコンの室外機のまわりに物を置かない
(室外機は風通しの良い場所に設置する。周囲はきちんと整理整頓を)
31・エアコンのフィルター掃除は月に1~2回をめどに

■照明
32・照明も、人がいる部屋で必要なときだけ使う
33・照明のかさなどのホコリを落として掃除するだけで明るさがアップする
34・明るすぎる照明は間引く

■電気製品
◇テレビ
35・誰も見ていないときはスイッチを消す
36・消すときは、主電源も消す
(リモコン操作を待機する状態でもエネルギーを消費する。
長期不在の場合はプラグを抜く)
37・画面の明るさを調整する
38・音量を必要以上に大きくしない

◇冷蔵庫
39・熱いものは冷ましてから保存する
40・冷蔵庫にものを詰め込みすぎず、無駄な開閉・開けっ放しはしない
41・冷蔵庫の設定温度を適切に保つ
42・壁から5cmほど離して設置する

◇温水洗浄便座
43・便座を暖めている場合、使わないときは便座のふたを閉める
44・便座の温度設定を高すぎないように調整する
45・洗浄水の水温も高すぎないように適温に調整する

◇そのほかの電気製品
46・掃除機は吸い取ったゴミがたまりすぎていないかチェックを
47・米を炊いたら炊飯器で保温せず、冷蔵庫や冷凍庫で保存して電子レンジで温め直す
(保温のためのエネルギーより、電子レンジで温め直すエネルギーの方が少ない)
48・食器洗い乾燥機はまとめ洗いをする
49・長時間外出するときは、ポットのプラグを抜く
50・ドライヤーを使うときはタオルで水分をしっかり取り去ってから乾かす

2011年3月16日 (水)

DMMで倍額の寄付

何か少しでも・・・と思い、すでに小額ながら、高野町が募集してる災害義援金に寄付させてもらったのだが、今日、DMMのマッチング・ギフトを知った。
110316dmm1
一口200円で、25口までクーポンを購入できる。
110316dmm3
つまり、5000円分クーポンを買うと、DMMが同額を出し、合計1万円を日本赤十字社を通じて義援金に供出してくれるのである。
110316dmm2
DMMはDVDの購入などで数年間利用しているが、まず間違いの無い企業だと信用しているし、何よりマッチング・ギフトの理念がすばらしいと思い、募金させてもらった。

ネットならではの寄付、ではないだろうか。

2011年3月15日 (火)

生存者の名簿(3月14日現在)

3月14日現在の生存者の名簿だそうです。

トラフィックを増やす行為ではありますが、この情報が必要な方に届くよう願いを込めて載せます。

生存者の名簿


2011年3月14日 (月)

がんがれ日本!(google docs版)

マイミクさんのつぶやきで知ったツイート集です。

そのまま載せさせていただきますm(_ _)m

***引用ここから***

[03/13 00:30] アクセス過多のため、Google Docsへリダイレクトしました!

がんがれ日本!!!

元気が出るツイートを集めました・・・

経緯はこちらのブログへ。

* International Versions

※ 各国語への翻訳をしてくれる方は taguchi@gmail.com までご連絡ください(ボランティアとなりますが・・・)。なお、翻訳状況は上記リンクから御確認ください!

※ なお、英語版はすでにたくさんの方にご協力いただいておりますので、これ以上のご協力は辞退させてください!

元気の出るつぶやきを集めます。

* ディズニーランドでの出来事

http://twitter.com/unosuke/status/46376846505426944

ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった

* 国連からのメッセージ

http://twitter.com/akitosk/status/46302222346223616

国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」 に感動した。良い事をしたら戻ってくるのです。これがいい例なのです

* 渋滞した交差点での出来事

http://twitter.com/micakom/status/46264887281848320

一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。

* 揺れている最中でも・・・

http://twitter.com/gj_neko26/statuses/46394706481004544

聞いた話でびっくりしたのが、とっさに「入口の確保」と揺れてるにも関わらず、あの状況で歩いて入口を開けた人が居たのが凄いと思った。正直、シャンデリアも証明も何時落ちるか分からないのに、凄く勇敢な人が居た事に感動した。

* バス停で・・・

http://twitter.com/yunico_jp/status/46168394755612672

バスが全然来ない中、@saiso が、バス停の前にある薬局でカイロを買ってきて、並んで待ってる人みんなに配った!

* ディズニーシーにて

http://twitter.com/kfstudio/status/46390032776437760

ディズニーシーに一泊した娘、無事帰宅しました!キャストのみなさんが寒い中でも笑顔で接してくれて不安を感じることなく過ごせたそうです。防寒のカイロやビニール袋、夜・朝の軽食と飲み物、おやつまで。ディズニーの素晴らしさに感動です。頑張ってくれたキャストさん、ほんとにありがとう!!

* 日本人の良さを再認識

http://twitter.com/VietL/status/46376383592677376

この地震が、きっかけになって、失いかけていた日本人本来の良さが戒間見れた気がする。犯罪はする様子はなく、助け合い、律儀、紳士的。普段日本人は冷たい人が多い…。って個人的に感じてるんだけど、多くの人が今回で「絆」を取り戻しつつあるように見えて、それがなんか感動して、泣けてくる。

* タイムラインに感動

http://twitter.com/rabukj8/statuses/46392080842506240

TL見て感動した。みんなが、ひとりひとりが大変な状況にいる人に笑顔を伝えようと、前向きになってくれるような発言がいっぱいで。TLがあたたかい。みんなのコトバを見て笑顔が少しずつでも増えればいいな。被災地の方、頑張れ、応援してくれる人がたくさんいます。

* 段ボールに感動

http://twitter.com/aquarius_rabbit/status/46213254376210432

ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。

* 外国人から見た日本人

http://twitter.com/kiritansu/status/46335057689980928

外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。

* メディアの動きについて

http://twitter.com/V10CENTAURO/statuses/46388641001508864

ツイッターやUSTでの状況共有と、それに連動するマスコミの動きは、阪神淡路大震災の時とは比べ物にならない質の高さを感じる。もちろん過去の辛い経験から得た教訓を、みんな活かそうとしている感動。

* ツイッターに感動

http://twitter.com/masahiro22nd/status/46375377395912704

それにしても、電話もメールも繋がらなかった中でのTwitterの強さには感動した。 171より役に立ったんじゃないだろうか。 否定的な意見も多いけど、垂れ流されたRTのほとんどはきっと誰かの心を支えたと俺は思います。 必要不必要は選ぶ側で決めればいいだけ。

* 絵師さん

http://twitter.com/izumi823/statuses/46387948681297920

絵師さんたちがこの地震でみんなに元気付けようと必死に美しい絵や励ましのイラストを描いていることに感動。みんな自分にできることをしたいと思っているんだね。

* BBCの報道

http://twitter.com/bozzo1985/status/46228470614855681

本当に感動。泣けてくる。⇒BBCめっちゃ誉めてる。地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。その力や政府が試される。犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力がある。

* 父親の行動

http://twitter.com/s_hayatsuki/status/46386255767937024

1階に下りて中部電力から関東に送電が始まってる話をしたら、普段はTVも暖房も明かりもつけっぱなしの父親が何も言わずに率先してコンセントを抜きに行った。少し感動した。

* 整列する日本人

http://twitter.com/HASUNA_Natsuko/status/46331839136276480

日本人すごい!!こんな時にも山手線ホームできれいに整列してる …涙。有楽町駅を上から眺む。 http://twitpic.com/48kn1u

* パン屋

http://twitter.com/ayakishimoto/statuses/46403599743451136

昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。心温まった。東京も捨てたもんじゃないな。

* 日本ってすごい

http://twitter.com/tksksks/statuses/46403815397801984

日本って凄い。官僚も民間も、皆で助けようとしてる。トラックの運転手も有志で物資運んでるらしいし、東北の交通整備をヤクザさんがやってるという話も聞いた。最近、日本に対して誇りを持てないことが続いていたけれど、そんなことない。日本は凄い国だ。素直に感動してる。日本国の皆さん頑張ろう!

* twitterすごい

http://twitter.com/bobiko009/statuses/46403721046933504

Twitterの方々の情報とかが一致団結しててすごくたすかります。みなさま親切です!!こういうとき、なんか、感動します。最近は近所とつきあいなかったり冷たい世の中だとか思ってたけどそんなことなかったね。

* ドイツ人の友達

http://twitter.com/sikkoku_otsuyu/status/46392832893796352

ドイツ人の友達が地震が起きた時に渋谷に居て、パニックになっていた所を日本人に助けてもらったらしく、その時の毅然とした日本人の態度や足並み乱さずに店の外に出てやるべきことを淡々とこなす姿にひどく感動し、まるでアーミーのようだったと言っていた。

* スーパーでの出来事

http://twitter.com/endless_6/status/46395420523503616

スーパーで無事買物出来ましたヽ(´o`; でもお客さんのほとんどが他の人の事を考えて必要最低限しか買わない感じだったのが感動しました(涙)

* 御殿場で

http://twitter.com/Raaaaayuu/statuses/46392890313801728

実際日本すごいよ。昨日信号が一カ所も機能していない御殿場市でもお互いにドライバー同士譲り合ってたし、地元のおじいちゃんおばあちゃんが手信号やってくれてたりで、混乱もなく本当感動した。9時間運転してたけど前車を煽るようなドライバーはもちろんいなかったし、みんな譲り合い精神。

* 「みんな」

http://twitter.com/n_yum/statuses/46388003706380288

タクシー運ちゃんと電車駅員さんとおばさんと話したけど、みんな遅くまで帰れなかったりしてすごく疲れているのに、苛立つ事なく、言葉遣いもふるまいも丁寧で、逆に気遣われてしまった。「みんな大変だから」という"みんな"って意識があることに感動するし、私も受け継いで大事にしたい文化。

* 日本の強さ

http://twitter.com/dita_69/status/46309373458382849

サントリーの自販機無料化softbankWi-Fiスポット解放、色んな人達が全力で頑張っててそれに海外が感動・協力してる。海外からの援助受け入れに躊躇したり自衛隊派遣を遅らせたりしてた阪神淡路大震災の頃より日本は確実に強い国になってるんだ。みんな頑張ろう。

* 朝礼

http://twitter.com/kyoheimai/status/46374747755388928

今朝の朝礼で「何があっても決して不安な顔は見せずに売り場に立つ以上はおもてなしをする気持ちを忘れずにお客様を安心させてあげてください」ちょっと感動した。がんばるか。開店です!

* 井上さん

http://twitter.com/frankyonn/status/46401442583552000

井上雄彦さんがものすごい勢いで笑顔のイラストをいっぱいあげてて感動する。励ましとか勇気とかメッセージって、こういうことなんだなーと思う。 RT@inouetake Smile42.http://twitpic.com/48n11d

* 人のぬくもり

http://twitter.com/Ryunosutake/statuses/46389829486919681

昨日、信号が完全に機能していなかった鎌倉で、人力車のお兄さんたちが手信号やってたのと、モータープールで停電のために出られなくなってる車を近所の住民さんたちが車持ち上げるの手伝ったりと、人の温もりにすごく感動した

* 学び

http://twitter.com/chaos_chaotic/statuses/46388646038876160

TLの拡散希望を見て思ったことは、阪神淡路大地震から学んだことがとても多くツイートされていること。当たり前のことなんだけど、やはり人間は、学んで考えることができる生き物なんだと改めて思い、感動した。

* ローマから

http://twitter.com/tsubakianna/statuses/46387133396688896

ローマにいる友達からメール。ローマの人々はニュースを見ながらこのような状況でも冷静に対処する日本人に感動し、尊敬の念を覚えながら、非常に心配しているとのことです。

* 声をかけること

http://twitter.com/RUMI88LoL/statuses/46342599149240320

昨日、裏の家の高1になるお兄ちゃんに感動した。 家に1人で居たらしく、地震後すぐ自転車で飛び出し近所をひと回り。 【大丈夫ですか―――!?】と道路に逃げてきた人達にひたすら声掛けてた。あの時間には老人や母子しか居なかったから、声掛けてくれただけでもホッとしたよ。 ありがとう。

* 助け合い

http://twitter.com/sorry_no_user/statuses/46332985133375488

警備員の友人何人かが町田〜相模大野で夜間警備のボランティアをしていたので手伝ってきた。年齢問わずいろんな知らない人同士が助け合っていて心強かった。ちょっと感動してトイレの隅で泣いた。

* バイクでよければ

http://twitter.com/hikaru_star/statuses/46332900928532480

僕は感動しました。バイトの先輩が1人でも救うために寒い中紙に「バイクでよければ送ります」と書き駅前で掲げ鳶職のお兄ちゃんを所沢まで送ったそうです。世の中まだ捨てたもんじゃないなって思いました。本当に尊敬です!!自分もなんか人の役に立ちたいと生まれて初めて思いました。

* 乗り合い

http://twitter.com/pao313/statuses/46332792174411776

浦和美園からタクシー使えると思ったのが甘かった…30分歩いてたら知らない人が車に乗せてくれた(つд;*) 人間の優しさに感動。ありがとうございました。

* 開放

http://twitter.com/robasuke23/statuses/46326711935172609

昨日、歩いて帰ろうって決めて甲州街道を西へ向かっていて夜の21時くらいなのに、ビルの前で会社をトイレと休憩所として解放してる所があった。社員さんが大声でその旨を歩く人に伝えていた。感動して泣きそうになった。いや、昨日は緊張してて泣けなかったけど、今思い出してないてる。

* コンビニ

http://twitter.com/sugarun/statuses/46323030732967936

停電地区のほとんどの店が店を閉めてる中、あるセブンイレブンが店内陳列棚にいくつもろうそくを置いて、営業をしていた。レジが使えないため在庫確認用のハンディで値段確認し読み上げ、もう1人が電卓で計算、もうひとりが懐中電灯で照らす。その状態でレジ2台稼動させていた。感動した。

* 避難所

http://twitter.com/msakatan/statuses/46302864980705280

長女いわく、横浜の避難所に向かう時に、知らない人達と声を掛け合い、場所を教え合っていたそうです。普段は冷たいと思っていた他人の優しさに触れ、感動したそうです。日本人のいざという時の団結力を再認識しました。まだまだ日本も捨てたものではないです。

* 呼びかけ

http://twitter.com/akanensm/status/46214540161064960

何時間も歩き続けてたんだけど、至る所でトイレかしますとか、休憩できますとか言うビルや飲食店が沢山あって感動しました。とある企業ビルの人がボランティアで、○○線運転再開ですー!とか、休憩できますー!!って呼びかけてるの見て感動して泣きそうになったマジでw日本も捨てたもんじゃないな

* ホームにて

http://twitter.com/masa_kisshie/statuses/46323838316843008

都営大江戸線の光ヶ丘方面行きは、非常に混雑しています。ホームにも、改札の外にも、電車を待つ溢れんばかりの人。でも、誰一人列を崩さず、通路を開け、係員の誘導に従っている。ロープがあるわけでもないのに、通る人のための通路スペースが。その不自然なほどの快適さに、ただただ感動するばかり。

* 駅員さん

http://twitter.com/tadakatz/status/46274214654787584

終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、笑顔で、 こんな時ですから!だって。捨てたもんじゃないね、感動した。

* おっちゃん

http://twitter.com/sumonya/status/46479563412348928

昨日4時間かけて歩いて帰ってきた主人。赤羽で心が折れそうになってた時「お寒い中大変ですね!あったかいコーヒーどうぞ!」って叫びながら無料配布してるおっちゃんに出会った。これがあったから頑張れたそうだ。もう5回もこの話をしてくるので本当に嬉しかったんだと思う。おっちゃんありがとう。

* 献血の列

http://twitter.com/NOBCHIDORI/status/46477518169047040

日本は強いです!大阪難波の献血施設は被災地の方の為に超満員の順番待ちでした。私欲の無い列を初めて見ました。感動しました。被災地の方々、全国でその辛さを受け止めます。諦めずに頑張って下さい!

* 節電営業

http://twitter.com/hisyakakukeima/status/46584079558250496

近所のスーパー・サミットに来てみたら、通常深夜1時まで営業なのに大きい看板が付いていなかった。早めに店を閉めたのかと思ったら、外の電気だけ消して節電しつつ営業していた。ちょっと感動

* 今日は休みだよ

http://twitter.com/inouenana/status/46593538829451264

バイトくんの中に、東北が実家の子がいたらしく。弟「今日はバイト休んでいいよって伝えてくれる?」従業員「わかりました(電話で)あ、今日、店休みだってさ」......彼の伝え方に感動した。気遣いって、こういうことだ。

* 買うのやめるわ

http://twitter.com/raai15/status/46546475362160640

バイト先に若いお兄さんたちが軍団でお酒を買いに来たんだけど、その中の一人が「やべえ、オレお酒のためにしかお金持ってきてないから募金できん。ちょっとこれ買うのやめるわ」って言って商品返品してそのお金全部募金してた。お友達も続々と募金しててすごい感動した。 すごいよ

* いつでも買える

http://twitter.com/7474529/status/46565903520907264

今日、募金箱に金髪にピアスの若い兄ちゃんが万札数枚入れていた。そしてその友人に「ゲームなんていつでも買えるからな」と言っていたのが聞こえて私含め周りの人達も募金していた。人は見た目じゃないことを実感した。そんなお昼でした。 この話感動しました。

* 絶対うまいはず

http://twitter.com/kyugatimuti/statuses/46594200061493249

僕も秋葉からの帰りにおにぎりとみそ汁配ってる方に会いました、感動しました、チャリだったからダイジョブです他の人にって言ったけどもらっておけばよかったなぁ絶対うまかったと思う

* お菓子いっぱい

http://twitter.com/moebamuse/status/46379810217406465

すごい。弟たった今ディズニーランドから帰宅したんだけど。新品のお菓子袋いっぱいにもらってきて、客全員分の帰りの交通費負担してくれたんだって。一晩中、何か言えば全て対応してくれたって。やっぱり世界のディズニーランドなんだね。

* 困ったときは!

http://twitter.com/ryoshun49/statuses/46605524434821120

昨日青葉台駅で帰宅困難者が溢れる中、車に乗ってる人が「○○方面の方どうぞ!」って行って車に乗せてた。「困った時はみんな一緒ですから!」って言ってた。超感動したの思い出した。

* 充電されたい方は・・・・

http://twitter.com/yamachin_x1/statuses/46609620210421760

避難所にいたときに、社会人1年生で、研修でこっちにきてた女の子が、たまたま携帯のバッテリーも持参してたらしく、体育館のコンセントを使用する許可ももらい、「携帯の充電をされたい方は、ご自由につかってください」と呼びかけて回ってたんだ。僕はその子にとても感動したんだよ・・・

* Pray for Japan!

http://twitter.com/pinriko/status/46760773871083520

うわーん!!感動し過ぎて超泣いた!さっきの知らない国際電話、誰か日本の人に繋がればいいなと思って日本の局番で自分と同じ番号おしてかけて来た、心配と応援の電話だったの!英語よくわからなかったけど、言ってることは理解出来た!向こうで沢山の人がpray for japanって!

* コードネーム

http://twitter.com/sakurasakihana/statuses/46781523248152576

米軍の日本救援のコードネームが Operation Tomodachi。感動した。いちいち発表しないところも。被災地での活動よろしくお願いします

* 支払い

http://twitter.com/happy_niketan/status/46572769101627392

バイト中に地震があってほぼ満席の状態からお客さんに外に避難してもらいました。食い逃げ半端ないだろうな、と思っていたがほとんどのお客さんが戻ってきて会計してくれました。ほんの少しの戻られなかったお客さんは今日わざわざ店に足を運んでくださいました。日本ていい国。 #jishin

* 真っ暗な店内

http://twitter.com/tod0/status/46530370325331968

昨夜のこと。ある駅近くのコンビニが停電の中自家発電で営業していた。レジに長蛇の列が出来ているさなか、燃料が切れたのか自家発電が切れてレジが動かなくなった。真っ暗な店内。皆手に持った商品を棚に戻して店を出ていた。そのまま持って出ても誰も分からない状況だったけど。

* 電気

http://twitter.com/D_kKj_C/status/46761542385025025

電気きたああああああああああああああああああありがとう節電してくれたみなさん!!!!!本当に感謝します!!!!!!!!!!!!@岩手県盛岡市三ツ割

* 凛々しい!

http://twitter.com/arrowbridge/status/46797841397587969

被災地から救出された80歳過ぎであろう男性。笑顔で「大丈夫!大丈夫!チリ津波も体験してるし、再建しましょう!」と。悲しみの声を聞き出そうと食い下がる記者に「そんなこと言っても仕方ないでしょ」と笑顔。隣にいたご婦人も「みっともない格好撮らないで」と。日本を築いてきた方達は凛々しい。

* まいちゃん

http://twitter.com/app5293/status/46769727351177217

『お前今日なんで髪ストレートなん? 俺巻き髪の方が好きって言ったべ』 『そーだけどー、まいに出来る節電ってこれ位しか思いうかばなかったしいー』 電車の中でのギャルカップルの会話。 日本全体が自分にできることを考えてんだな。って実感して、なんかうるうるしてしまた。まいちゃんイイネ!

* 中国メディア

http://twitter.com/TsujiHitonari/status/46831317165420544

朝日新聞より。中国メディアで日本民衆の冷静さに感慨といった記事相次ぐ。普段は日本に厳しい論調だが、「地震後の東京では、男性が女性を助け、ゴミ一つ落ちてない」と紹介。中国中央テレビは被災地に中国語案内があることを紹介。「外国人にも配慮をする日本に、とても感動した」と締めくくる。

* ツイッター登録

http://twitter.com/pekopekosakura/statuses/46845284088688640

あの地震の後、娘が一番にツイッターの登録の仕方を教えてくれました。嬉しかった。 主人共、メールがつながらなかった事もあって、一緒に登録しました。 みんなの励ましの言葉も読んで感動しました。 被災地にいる方、救出に向かわれる方、どうかご無事で。

* 知恵袋

http://twitter.com/IwamotoMari/statuses/46845919366356992

今茨城の食料危機ツイートを見て、無謀だけど届ける方法無いかと思いYahoo知恵袋見てたら、茨城の被災者の方同士がやりとりしてた。その毎回の書き込みの最後の文に必ず「明けない夜は無いです」「奥様大事にしてください」「少しの辛抱です、頑張りましょう」っていたわりと励ましの言葉が。感動。

* 生きた証

http://twitter.com/sakura5harari/statuses/46866113597943808

同い年の少年がもう死ぬんじゃないかと感じながらも、最後に生きた証を残そうと携帯で動画を撮り続けたという話に感動した…。極限状態でそんな行動のできる彼を心から尊敬します…

* 絶体絶命!

http://twitter.com/m__rika/statuses/46916199535214592

絶体絶命、糸、色、体、糸、色、命。いとしきからだ、いとしきいのち!板で見て感動した!みんな頑張れ!頑張れ日本!

* 慣れてるのよ

http://twitter.com/tabletalkcafe/status/46874434400821248

来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。「警察が電気足りないから電気(灯り)消せって」「私たちは御国のために電気消して過ごすのは慣れてるのよ。今回は頭の上に爆弾降って来るわけじゃないんだもの、喜んで消すわよね」周囲の人々一瞬しん・・・となる。涙が出そうになった。

* 都会は冷たい?

http://twitter.com/mugi_momo_/statuses/47075524731879424

ぎゅうぎゅう詰めの電車で前に座ってた女性が私の鞄を持ってくれた。すごく楽になった。感動してうるうるきた。都会は冷たいとか言うけど、そんなこと無いよ!

* ふんばりどころ

http://twitter.com/sumogoma/status/47067581441523712

東横線の車掌さん、アナウンスで「大変なことになってますが、ここが頑張りどころです。みんなで力を合わせて乗り切りましょう!」と。たぶん、マニュアル外だと思う。素敵だ(^^)

* アリエル

http://twitter.com/Kaak_s/status/46087883706220544#

ディズニーシー、マーメイドラグーンシアター内にて、ショー上演中に地震発生。観客がパニックに陥る中、ワイヤーで吊り下げられ最も危険な状態であるはずのアリエルが笑顔で懸命に手を振り続けていました。揺れが収まり、アリエルが退場すると、客席からは大きな拍手が起こりました。

*大丈夫だ

http://twitter.com/kotarotamura/status/46365732791009280#

CNNに登場した千葉在住の米人学生「私は混乱したが、まわりの日本人は違う。落ち着いて周りの人で声を掛け合っている。お互いの状況を確認し励ましあい助け合う。日本人は偉大だ。日本は大丈夫だ」パニックを期待したCNNアンカーちょっとガックリ・・・

* 電車

http://twitter.com/oka_0829/status/46783719771607041

駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子達を見た。駅員さん泣いてた。俺は号泣してた。

* 元気を生み出すもの

http://twitter.com/8waru11/status/47079098564100096

おい、世の中の女子ども。聞け。今、日本に電気が足りない。そればっかりはどうしようもない。それを補うのは、みんなの元気だ。女の子の笑顔は何よりも元気を生み出す。電気も止まってるし化粧が雑でも大丈夫だよ。にっこり笑ってくれ。そしたら、こんな状況だって余裕なんだぜ。おはようございます!

* 無双ぶり

http://twitter.com/yurikomav/statuses/47133186479767552

自衛隊が救助できた人1万近いらしいし感動 “福島の奴と話せた時に自衛隊の無双ぶりをきいた。 マジですごいらしい。背中に年寄り2人背負って両腕に年寄り1人ずつ。計4人の年寄り抱えてダッシュとか普通にしてるらしい。それなのに 食事も睡眠もろくにとらず、笑顔でがんばってるようだ。 ”

* やっつける!

http://twitter.com/shi052/statuses/47137706089783296

昨日うちにきたいとこのちびっこが手に仮面ライダーのおもちゃ持っててなんで持ってるのかな?と思ったらちびっこがあたしの所にきてしーちゃん俺これで地震やっつけに行くんだって言っててちびっこまだ3歳なのにこんな事言ってて3歳なのにこんな事思ってるんだと思って感動して泣いた

* 豚汁

http://twitter.com/serious_egg/statuses/47137182279929856

お母さんが大量に豚汁作ってる 人のためだってさ ちょっと感動

* セール

http://twitter.com/lawolla635/statuses/47150116968214528

個人商店で「困ったときはお互い様セール」やってた。日用品とかが安くなってんの。日頃から値下げしまくってギリギリ運営だった癖に……! ほとんど儲け出ないと思われる数字の値札を貼りながらにこにこ笑うおばさんに感動した。

* 侍魂

http://twitter.com/NoK_code_0204/status/47151301930393600

母親より。 今朝の横浜市営地下鉄…。 乗り込んだ車内でアナウンス。 「混み合っている中、誠に申し訳御座いませんが○号車は女性専用車両となります。」 女性達も動揺したが、あれだけ混雑している中、文句一つ言わずに男性達は外に出て次の電車を待ったらしい。 侍魂。これが日本の男性です。

* 放送事故

http://twitter.com/bitboi/status/46767976380248064

NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった。

* 若かった頃ね・・・

http://twitter.com/lovkayo21/status/47172194421321728

いつか自分の子供や孫に話そう。「おばあちゃんが若かった時、東日本大震災があって世界中が1つになった。皆が一つのために必死になって支えあって輝いていたんだよ」って。相手が聞き飽きるまで話そう。だから1人でも多くの人に元気になってほしい。 #prayforjapan

* 駄目だけどw

http://twitter.com/efunosan/status/46944392006742016

匿名掲示板にて「みんな逃げ出して灯りも少ない万引きし放題のコンビニに着いたらお前らはどうする」という問いに即レスで「全裸で徘徊する」とついた。その後続々と賛同者が現れた。この国は駄目だけど元気です。

* 母とツイッター

http://twitter.com/eri_thjt_61/status/47238835880464384

母にTwitterを見せた、「自分たちよりも若い人たちがこんなに支えあって日本を守ろうとしているなんて」って感動して泣いてた。私たちがやってることは間違いじゃない、意味のあることなんだ。 #prayforjapan #BELOVED

* 子供の背中

http://twitter.com/matsugen/status/47231589758935040

子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

* 復活

http://twitter.com/KamakuraKimono/status/47258157998804993

気仙沼の友人からメールが届いた!「生き残った人たちは皆元気。ヘドロと重油の中でお風呂もトイレもなく、汚れた手でご飯食べてる。悲惨な話も山ほどだけどそれ以上に感動ドラマも!必ず復活するから待っててね」と。涙が止まらない。

* 無力じゃない

http://twitter.com/Aimi71/status/47138155232641024

大事な人が,自衛隊として現地にいます。24時間で3時間の休憩。メールで「大丈夫?」と聞いた私に「そのために訓練してるからな。俺には"無力じゃない"って信じさせてくれる人がいるから,気持ちも大丈夫。」そう言ってました。どうか彼らに,もっと強い感謝の意を。

* 安全な場所

http://twitter.com/inomsk/status/47266541493960704

娘三歳がぬいぐるみ達をうんしょ、うんしょとどこかに運んでいた。「じしんがくるから、みんなひなんしたの」と言う。しばらくして、さて寝るかとパパの掛け布団を開いたらぬいぐるみが全員寝てた。思わず吹き出した。そして、いつもパパと寝てる娘三歳が「ここが安全」と思ってくれていて嬉しかった。

* 親父

http://twitter.com/akmad2/statuses/47483941141221376

被災地(茨城県)に住む両親にうち(千葉県南房総市)に来るように連絡したら怒られた。親父曰く「俺よりひどい被害を受けた人が避難していないのにそんなことはできない、復興が終わったら行ってやるから、自分のできることをやれって」。 ちょっと感動した。

* おかえりなさい

http://twitter.com/itigotaso01/status/47218303822872576

震災時の「おかえりなさい」→押さない、駆けない、笑顔を忘れない、理想を捨てない、泣いてストレス発散、サヨナラは言わない、生き延びる。今初めて知った!良いね、これ

* 父親のメッセージ

http://twitter.com/ritz29/status/47316929937027072

家の非常袋を確認したら、父親が40年前に書いたメッセージが残ってた。私も新しい非常袋にメッセージを書こう。見た人が励まされるような。 http://p.twipple.jp/KwUYm

* 出先で

http://twitter.com/emutx/statuses/47515622816493568

今NHK見てたらおばちゃんが「出先で薄手だったんですけど、中学生がコレ(上着かな?)貸してくれたんです」って笑ってはった。感動してちょっと泣きそうやった。

* インタビュー

http://twitter.com/nunoryo/status/47507146295873537

買い出しで並んでたらオーストラリアのメディアから(親が)インタビューを受けた。その人たちが並んでいる人たちにカイロとお菓子を1コずつ渡していたことに感動した。日本のマスコミも被災地に行くのであれば、同じくらいの配慮をお願いしたい

* 10ヶ月分

http://twitter.com/riichaaan_24/statuses/47520047031263232

みんなの節電の結果がすごいことになったみたいだね。今日小学生の弟が自分のお財布から5000円札にぎりしめて、学校の募金箱の中に入れてた。毎月500円をお小遣いでもらってる弟。10か月分だよ。かなり感動した(:_;)

* おばあちゃん

http://twitter.com/rinqkkumq/statuses/47527100655210496

今日の新聞に載ってた。建物の下敷きになリながら2人の遺体が見つかった。おばあちゃんが孫を守るために抱いたままの状態だった。すごい感動..見つかった時に亡くなってたのゎ悔しいし早く助けてあげれなくてごめんなさいて感じ。今も東北の方でゎ皆生きようと必死。頑張れしかゆえないのが悔しい

* 通帳

http://twitter.com/yahiroriyu/status/47524518314508288

寄ったコンビニで「私達にはこれ位しかできないからねえ」っていって募金箱に通帳いれかけてるおばあちゃん見てツッコミ忘れて感動した。 だけど通帳ごとはまずいよおばあちゃん…

* ラーメン

http://twitter.com/maromaro25/statuses/47613447843758080

自宅は流されて自分は避難所にいるのに店が大丈夫だったから、って無料でラーメンをふるまっているラーメン屋さん…日本ってこんなに皆暖かい…日本に生まれたことを誇りに思う。

* 志願

http://twitter.com/NamicoAoto/status/46951384263831552

父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。

* パパの仕事

http://twitter.com/ownwing/status/47445388487172096

旦那さんが自衛官の友人より。以前息子さんが「パパは戦争がお仕事?」と涙ながら聞いてきた事があったそうだ。誰かの心ない言葉に傷付いたんだろう。今、息子さんは毎日TV画面に向かい「パパ頑張れ、パパのお友だち頑張れ!」と叫んでるって。「僕も自衛隊になる!」って。…通勤中に号泣。

* 避難所

http://twitter.com/soleilfleuve/status/47627354595528704

避難所で、4人家族なのに「分け合って食べます」と3つしかおにぎりをもらわない人を見た。凍えるほど寒いのに、毛布を譲り合う人を見た。きちんと一列に並んで、順番を守って物資を受け取る姿に、日本人の誇りを見た。

* 残りいくら?

http://twitter.com/kaonashi3488/status/47219756738166784

ファミマに行ったら聞こえてきた高校生くらいのDQNぽい男子の会話「やべー300円も募金しちゃったわw俺の今月残り100円もないわまじやべーw」「無理すんなよw俺財布に残ってた500円玉募金したから空っぽだわwまじやべー」ミサワかよwと思ったけど、 日本終わってない

* がんばろう

http://twitter.com/sachyco/statuses/47821072803971072

被災した中学生の子達が学校に残ってた材料使って「がんばろう」て書いた小さい横断幕を避難所に設置してるニュース見てさぁ…。家族の安否がわからない子もいるのに、"自分たちができること"をしたって言うんだよ~。えらいなーて感動して。わたしたちしっかりしなきゃね。

* 給料2日分

http://twitter.com/mongol_daruma/status/47690510902632448

モンゴル在住の日本人です。モンゴル国税関全職員が今回の震災義援金のために、給料2日分を募金することをみんなで決定したんだそうです。これまで20年間の日本政府からの援助協力に対する恩返しであり、友情のあかしを示すのは今だ!ってモンゴル国は燃えてます

* アンパンマン

http://twitter.com/sayaka_gunns/status/47345171179909121

被災地で、こどものケアのためアンパンの歌を流したところこどもは、大喜び。それ以上に、親たちが号泣されたとのことです。子供たちのケアも重要。親たちは、子供の笑いを待っている。

* 守りたい

http://twitter.com/mondenakiko/status/47798320889987072

妹のmixi日記に泣けた…『長男@小4が、自分の財布と貯金箱の中身全部募金したいと、号泣しながら差し出してきた。コロコロコミック買えなくてもいいから、日本まもりたいから!って』

***引用ここまで***

がんがれ日本!

2011年3月13日 (日)

拉致問題を考える会 in 橋本市民会館

橋本市民会館で開催された、「北朝鮮による拉致問題を考える会」に参加。
110313hk4
この企画は、橋本紀ノ川RCさんが独自に立てたものだが、当初、果たしてどれくらいの人が集まってくれるのか、心配されていたのだった。

ところが・・・

110313hk1
私は、この会館が満席+立ち見+通路に人が溢れ、会場への入館もままならないという状態を初めて見た。

主催者側の懸命な告知によるものが大きいとは思うが、実行委員長のT氏が謝辞で述べられた通り、『我々が集めたんと違います、みんなが、これだけ大勢のみんなが集まってくれたのです』

この問題への関心がいかに高いかがはっきりと現れた会であった。

北朝鮮による拉致問題について、国会で公に認められたのが、1988年だという。

23年も前に、侵略の事実、があきらかにされたにもかかわらず、一部の人が帰還できただけで、拉致は続いている。

国が隠した犯罪を、民間が地道な努力であぶりだして来た過程をつぶさに聞く事ができ、大変有意義な会でもあり、同情はしているものの、具体的に何をすればよいのかわからぬまま過ごしてきた事に忸怩たる思いとなる会でもあった。

何をすればいいのか?
何ができるのか?

それは、今回の東北の大地震同様、
何かを、少しでも、具体的に、
一人でがんばらなくてもいい、一人でも多くの人に呼びかけ、一緒に考え何かを、

何かをすべきなのである。

少しでも、

具体的に、

一刻も早い帰国を実現するために。

2011年3月12日 (土)

告知です:拉致問題を考える会

告知が遅れましたm(_ _)m
明日、橋本市市民会館で「北朝鮮による拉致問題を考える会」が開催されます。
110312rati
これもまた一つの命を救う運動です。
しかも、これは天災ではなく、人災!
国民の声で突き上げ、政治を動かせれば、助けられる命なのです。

横田ご夫妻も講演されます。

みなさん、どうぞご参加下さい。

2011年3月11日 (金)

ご心配かけました

友人知己から『(東京にいる)息子さんは大丈夫?』とご心配をいただいき、お気遣いに感謝m(_ _)m
お陰様で、普段はメールのレスをろくに返してこないヤツが、今回だけは、さすがに「無事メール」を送ってきましたm(_ _)m

報道によると、ますます被害が拡大している・・・というより、あまりにも被害が大きすぎ、報道するどころか、消防車や救助隊さえもが、被災地にたどり着けてないとの事。

あまりの災害に心が折れる思いではありますが、被災された方々に、心よりお悔やみ申し上げ、祈る以外で、少しでも何か出来ることに取り組みたいと思います。

東北地方太平洋沖地震

被害のあまりの甚大さに、またも言葉をなくしている・・・

どうか、一つでも多くの命が助かりますようにと祈る。

嗚呼・・・

 

2011年3月10日 (木)

粉雪・・・

昨日の雪は、すぐ溶ける粗目雪であり、春の訪れを予感させるものだったのだが・・・
110311gin1
まさか今頃、銀に積もる「粉雪」を見る事になるとは・・・w(゜o゜)w
110311gin2
再び冬に逆戻り、
喜んでいるのは銀ばかりである・・・orz

は~るよ来い、はぁやぁく来いぃぃぃぃぃぃ~!

ちゃんちゃん

2011年3月 9日 (水)

なごりすぎ(^^;)

例年書いてるように思うが・・・

なごり雪~
なごり過ぎじゃ~orz

110308calib

↑ちなみに、諸事情により、昨夜路駐していたうちの営業車が始動したところ。
御年12歳、走行7万km近いが、まだまだ現役である(^-^)

ただ、ウィンドーの雪も凍り付いてはおらず、ボンネットの雪もエンジンの熱ですぐに消えたところを見ると、いよいよ春は近いのも感じた。

黒い乾いた路面を・・・
単車の振動が歯に響く事なく(^^;)
走れる日も近いと・・・期待する~!

ちゃんちゃん

2011年3月 8日 (火)

また一本・・・(ToT)

本日、歯医者。
顎の腫れも痛みもほぼ・・・無くなり、くちびるの右下辺りがちょっと痺れているくらい。
ただし、下の歯が沈んだ、というか、通常の場所に落ち着いたからか、上の歯が下がってきているようだ。
てなことで・・・
右上の奥歯とサヨナラする事になった。
『残したいけど、キビシイですね・・・』とは、昨年も聞いたつっちーの言葉。
私としても覚悟はできていた。
というのも、左の奥歯を喪った時は、かなりの喪失感を味わったものだったが、それからは左側のすこぶる快調なこと(^^;)
どうやら、私、顔はデカいのだが、文明人らしく(^^;)顎が比較的小さめなようで、一本抜けたくらいがちょうどいい感じ・・・というか、奥歯も磨きやすくなり、左側に関してはこの1年ノートラブルだったのである。

で、今回、抜くのは右の上の奥歯で、去年抜いた奥歯とはちょうど対角線となり、だんだん噛める範囲が少なくなっていく心細さはあるものの(^^;)今までは、余ったほっぺたの肉と、密着して磨きにくかった奥歯も、一本減る事で磨きやすくなるのではという期待も持てたのだった。
つくづく、慣れる?というのは恐ろしいものである。
また、上下から浮いてくる歯による炎症が頻繁に起こるよりは、一本抜いた事を忘れず、ケアに励もうという気持ちにもなっていた。

これ、「入れ歯」への序曲なのかもしれないが・・・{{{{(+_+)}}}}

てなことで、今回、抜く事自体にはあまり感慨もなかったのだが、そのあまりにもあっさりとした「抜けよう」にはとてもショックを受けた(ToT)

「も、もろくなってるんやねぇ・・・」

やっぱりこのまま、ケアに励まなければ、「入れ歯」になるのにそんなに時間はかかるまい。

心して、
ね、
心して、ケアするんやで~!
たのむんでほんま~!

てなことで、抜いた後はそんなに痛まず、化膿止めのセフゾンだけを服用。

ちなみに、8020運動、つまり、80歳で20本以上の歯を残そう、という運動があるそうだ。
80歳まで生きられるとはとても思えないが(^^;)これ以上、歯を減らさぬよう、務めるつもりである。

あと、26本。

2011年3月 7日 (月)

なごり・・・雪?(^^;)

所用で下山。
110307snow1
昨夜の雨が、明け方雪に変わったらしく、高野山道路は真っ白け~!
しかし道は黒い。

なごり雪、として見れば、誠に風情がある。

これ・・・なごり雪・・・やよね?(^^;)

ぜひ・・・なごり雪・・・であってちょーだい~~~!

たのんまっせ、ほんま~

ちなみに、歯の方も、なごりの痛みがしくしくと・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2011年3月 6日 (日)

RYLA in 高野山

昨日、今日と、高野山では、RYLA(ライラ)が開催されている。
なんのこっちゃ?(^^;)
RYLA(ROTARY Youth Leadership Awards)の正式名称は、ロータリー青少年指導者養成プログラム。
110306ryla
14~30歳の青少年を対象に行われる、若者を対象にした研修プログラムである。

今回、大阪南部と和歌山で構成される2640地区のRYLAが高野山で開催され、本日はそのお手伝いなのだ。
110306ryla3
金剛峯寺境内案内人としての実力を遺憾なく発揮しようとはりきっていたのだが(^^;)すこぶる寒い伽藍に立ってると、また歯がしくしくと痛み出し、どないしょう~と弱っていたら、助っ人のお寺の番僧さんが明瞭かつ簡潔に案内してくれて助かった。
(もちろん、彼も免許の保持者である)

110306ryla2
↑伽藍、本山、奥の院を巡るスタンプラリー形式となっており、スタンプの代わりに納経帳に朱印をいただく参加者達。

寒い上に、予備知識無しで、高野山を歩き回るのも気の毒だなぁと思っていたが、さすがは「研修」の名の下に集まった若者達、自分なりの質問を積極的にしてくれ、有意義なRYLAになったと思う。
これは、何かを学ぼう、と思う意志に対して、高野山が十二分に応えられる対象でもある。という事でもあり、うんうん、よかったよかった。とおっさんは一人うなずくのであった(^-^)

めでたしめでたし

2011年3月 5日 (土)

やっと・・・

本日になって、

やっと・・・

切開した所の痛みが感じられるようになった(^^;)

今まで、下顎の痛みにまぎれてわからんかったんやなぁ・・・

てなことで、腫れはかなりひいたが、あちこちまだ痛いし~(ToT)

マジメに暮らそっと、(^^;)

ちゃんちゃん

2011年3月 4日 (金)

痛みが教えてくれたこと

午後6時40分現在、腫れはずいぶん収まり、昼過ぎに服用したボルタレンがまだ効いているとみえ、痛みもかなり遠いものになっている。
プラントロニクスも右耳に装着できるようになった(^^;)

しかし、まだ、右頬のつっぱり感は残っているし、下唇の右側は痺れたままだ。

一つ書いておきたいのは、人間の体はほんとに偉大だ。という事である。
私がどんなに怠けていても、体だけは一所懸命働いてくれている。
飲んだくれていても、ボルタレンでぼけていても、恒常性を保とうとして休む事が無い。
痛みさえも、それに付随して、危険信号を送ってくれている働きの一つなのだ。

それに気が付かない、あるいは見過ごしていた私の心だけが、体の邪魔をしていたのがよくわかった。
この体と心だけは自分のもの、という意識が、今回、どんなに浅はかなものなのかもよくわかった。

生かされている。という事も、大げさに聞こえるかも知れないが、実感した。
いや、させてもらった。

今、痛みが多少遠のき、腫れもおさまりつつあるので、快方に向かっているという気持ちが、こういうお気楽な感想を抱かせるのかもしれないが、それでも、この気付き、は大事にしなければいけないと思う。

ここ数日、とても丁寧に食べている。
食べた後は、即、歯磨きだ(笑)
間食は一切していないし、コーヒーさえも飲むのが・・・怖い(^^;)

なんと今まで、何も考えずに食べ、飲み・・・酔っぱらってきた事か(。。 )\バキッ☆

川にはまった時よりも、今回の痛みは多くの事を教えてくれた。

誠に殊勝な心持ちである。

忘れないように、

忘れないように、

忘れないように・・・

ねっ!

ほんまやで~

2011年3月 3日 (木)

歯の備忘録

反省と自戒を込めて、今回の経緯を記録しておく。

二度と、こういう記録を残さないように(^^;)

・・・って、前にも確か書いたような・・・(。。 )\バキッ☆

いやしかし、今回、下顎の癌ではないかと思うくらいの痛みだったので、マジ、ビビったという事もある。
・・・まぁ・・・よほど急性でないかぎり、初期症状でこんなに痛い癌も無いらしいが・・・

※以下、グロい記述が出てきます。ご用心を(^^;)

さて、もともと、正月過ぎに症状は出ていたのである。

松の内が明けた頃、上の歯も下の歯も浮いた感じがして、呑み過ぎたせいであろうと勝手に判断、ジムへ行きだした事もあり、そのうち快方に向かうであろうと思っていた。

で、1月末、右の上の奥歯のあたりの歯茎が腫れ、痛み出した。
歯肉が痩せ、雑菌が入ったのであろうとフロモックスを服用、痛みはボルタレンで対処。
二日目で腫れがピークになったので、ボルタレン服用して二時間後、つまり、一番効いている頃合いを見計らい、腫れを・・・押しつぶした(^^;)
ボルタレン効果最高潮の時と言えど、くぅぇぇ~っとため息が漏れるほど痛かったが、歯肉と歯の間から半透明の血膿が出てその後は快復。

「これやで~」と思った私は馬鹿者である(。。 )\バキッ☆

つまり、少々腫れても、口内炎と同じく、潰してしまえばなんとかなる、その時の痛みくらいは我慢しようと、愚かにも考えたのであった。

次に痛んだのは下顎だった、顎の先端から右に2㎝くらいのところに、1㎝弱のグリグリ?ができ、「はて?これはいったい?」と、若干、腫瘍系の恐怖に怯えつつ、痛いのはその上の方だったので、おそらくリンパ線が腫れているのだろうと素人判断。

この時、私の下顎では、雑菌ちゃんが、骨髄の中にある栄養たっぷりの血液を目指して歯と歯肉の隙間をかいくぐり骨にまで到達して攻撃中、骨の方は雑菌の侵入を防ぐため、自ら溶解して防御中だったと思われる。

で、AHOとしては、またもやフロモックスを服用、
これが一時的に効いたのか、痛みも腫れもすぐに収まったのが結果的に症状を悪くさせたのであった。

そして、先週の土曜日、つまり、CARD SHARKさんでのマジック勉強会終了後、串カツを食べてた時にまたも下顎に違和感発生~!

下顎を触ってみると、先日と同じくらいのグリグリができていて、痛みも若干あった。
そこでAHOは・・・
本格的に痛くなる前に、とりあえず、今日は食べて飲んどけ~(。。 )\バキッ☆

日曜日、腫れ増大、痛み若干増大。
AHOは・・・
フロモックスと、ボルタレンを服用後、月末だったので仕事に勤しんだ。
日曜日の夜、腫れはさらに増大、痛みもかなりのものになったため、再びフロモックスとボルタレンを服用し、過去の成功例?にならって、素人施術をおこなった。
つまり、腫れを上方に向かって押し出すべく、下顎から口中に向けて、ぐぐぐぅ~っと押してみたのである。
・・・
一瞬、爽快感のようなものを感じた後、凄まじい痛みが襲ってきたw(゜o゜)w
ぐぅおぉぉぉぉ~!

この時、下顎周辺で雑菌と戦い溶解された骨?がほっぺ中に浸透したのだと思われる。
※↑あくまで素人の想像です(^^;)

それからの痛みはもうなんちゅーか、想像を絶するものであった。

で、またもボルタレンのお世話に。

私の場合、ボルタレンを服用すると、約30分で効き始め、4時間くらいは無痛でいられ、その後、1時間くらいかけて効果が薄れていくというパターンである。
つまり、約6時間毎に服用するのが常なのだが、この時は、効くのに1時間、効果は2時間くらいしか続かず、月曜の日中は4時間毎に服用する事になった。
で、これまたいつもだと、この痛みは1日~1日半続いた後、収まっていくのだが、今回は痛みが増すばかり。
何しろ、痛みが右の頬全体に広がり、耳の穴まで痛かったので、いつも右の耳に装着しているプラントロニクスを左の耳に移したくらいだった。

火曜日も、「もうおさまるはず」と自分に言い聞かせつつ、ボルタレン服用の間隔も6時間以上は取る事にして耐えていたのだが、とうとう水曜日の朝になって、つっちーとこへ泣きついたというお粗末。

てなことで、水曜日の午前11時頃、つっちーとこで、切開して血膿を出してもらったわけだが、この時、切開して吸引しながら、ほっぺたをぐりぐりと押すやり方は、三日前の私と同じ(^^;)
違うのは、私の場合、出口も無いのに押していたという致命的なAHOだったわけだ(笑)
もちろん、つっちーの施術は、麻酔を打ってからだったので、この時はそんなに痛くなかった。

ところが・・・
施術後すぐに、またも強烈な痛みが襲ってきた。
これはもうなんちゅーか情けない事に、全身から力が抜けてしまい、診察台から起き上がれなかったのである(ToT)

『お痛みですか?』と心配そうに助手のお姉さんが尋ねてくれたので、

「痛い・・・というか、動けません・・・」(笑)

弱音吐いとる~(笑)

で、もう一本麻酔を打ってもらい、ようやく帰宅の途に着いたというお粗末。

そうそう、帰り際、つっちーから気の毒そうに『切開してますので、腫れは明日がピークです』と言われたのが余計にショックでもあった(ToT)

てなことで、その後は戦々恐々。

まず、帰宅途中に、ゼリー系の食品を買いだめ。
食欲なんかぜんぜんないけど、もらった化膿止めは「食後に服用」だから仕方が無い。
噛まずに食べられるものが必要なのであーる。

で、水曜の夜、痛みはぶり返したのだが、さすがに膿が放出されたせいか、じんじんとするものの、あきらかに快方に向かうような感じ。
それでも痛いのは痛いので、ボルタレンのお世話になりつつ就寝。
夜中、三日前を思い出させるような痛みが襲ってきて、このまま顎が溶けていくような悪夢を見ながら・・・うなされてた・・・らしい(笑)
後で思えば、この時がピークだったようで、今朝方には、普通の痛み?になり、口は動かしにくいものの、普通のものも左側でなら食べられるようになった。

そして、夕刻まで、ボルタレンの間隔が9時間くらいでもなんとか耐えられるようになり、今晩はどんな夢を見るのか、ちょっと楽しみ(。。 )\バキッ☆ に思いつつ、丁寧に歯を磨いて、横になったのでありました。

どうか、こういう記録を、今後二度と記さなくてもいいように、
生活と根性を改善しましょう。

反省!m(_ _)m

2011年3月 2日 (水)

ひたすら痛い(ToT)

110302snow
冬に逆戻り~(ToT)

しかも、今までは、ボルタ○ンで誤魔化しつつ、フロモッ○スか、クラ○ットを服用したら、二日ほどで収まってた痛みが消えないのであーる(ToT)

痛い痛い痛い痛い・・・痛~い!

「イタイ」以外の事が考えられないのであーる。

しかも、今まで経験した事のない程の痛みで、気絶しそう・・・というか、いっそ気絶できればいいのにぃ~と自暴自棄になるほど痛い。

昨日、「ひゃ(歯)がいたい」と書いたが、実は痛いのは歯ではなく、右の下顎なのであった。
あまりに、右頬の下全体が痛かったので、どこが一番痛いのか特定できなかったのだ。

てなことで、耐えきれず、つっちーとこへ電話。
「いつも急な事ですみません」
受付のお姉さんが優しく、『かなりお痛みですか?』と訪ねてくれたので、
「もう・・・その・・・救急車で連れて行ってもらいたいくらいです」(。。 )\バキッ☆

てなことで、予約優先だが午前中に診てくれる事になり、仕事の段取りをつけてから、なんとか自力で土田歯科へ、

化膿が下顎の骨にまで達しているとの事で、切開して膿を出してもらった。

たしか、1年前が歯髄炎で、今回は骨髄炎?
確実に悪化しているのは、懲りない酒癖のせいである(。。 )\バキッ☆

飲んでそのまま、歯磨きしないで寝てしまう。
それどころか、夜中にガバっと跳ね起きて、いきなりチョコレートを食べ出したり・・・(。。 )\バキッ☆

もうほんと情けない(ToT)

この痛みさえ続けば、そんなAHOな事はしないのだが、痛みが消えたらまた元の木阿弥。

そうやって、一本ずつ、歯を喪っていくわけだ。

ううう・・・

強烈な痛みと共に、今回の反省を必ず覚えておこう。

そう思って、このブログに記録しておく。

トシもトシだし、ちゃんとケアしてても、悪くなる一方なのだ。

酒は悪くない。

私が悪いのだ。

麻酔で痛みが取れた後、そういう風に思った。

帰り道、麻酔がきれてぶり返してきた痛みを、今度は丁寧に味わった(^^;)

この痛み、忘れるなよ~

今度、検索して、「'11年の3月に書いてたのに・・・」なんて書く事になったら、俺はほんまもんのバカやぞ~!(^^;)

ううう・・・まだ、痛みは続いてるので、なんか支離滅裂・・・

2011年3月 1日 (火)

ひゃがいたくて

ひさしぶりに、ひゃ(歯)がいたくて、なにもできませぇ~ん!(ToT)

ボ、ボルた○ーん、たすけてぇ~!

つづく

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ