サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

カラスミ

一日たって、サビオのすきまから血がにじみ出てくるのはなんとか止まった(笑)
このまま出血が続いたら、さすがに病院へ行かねばと思っていたのだが(^^;)多少腫れてはいるものの膿んではいないので様子を見ることにしよう。
しかし、もう少し早く回復傾向を見せると思っていたのだが、やはり私の遺伝子は、ミトコンドリアDNAを母から貰っている分、棟梁のトカゲとかヒトデ系遺伝子よりは弱いのであろう。うん(^^;)
てなことで、遺伝子を強化するためにも(^^;)飲もうじゃないか(。。 )\バキッ☆

いやその(^^;)

昨年、書きかけたままで放置してある(。。 )\バキッ☆ 台湾旅行の際に、土産として買ってきてみんなに配ったカラスミが残っているのだ。
賞味期限は8月まであるのだが、説明書には、『酒で炊け』と書いてるので、もう少し季節が進むと暑くてやる気がなくなるのは目に見えているから(^^;)本日決行となったわけ。
では、なんでもっと寒い時期に調理しなかったのか?というと、
めんどくさかったから、である(笑)
だってね、
説明書によると、ひたひたになるまで酒を入れ、この酒がなくなるまで炊け、となってる以上、時間がかかりそうですやーん。
120531karasumi1
だいたい、カラスミって酒の肴でしょ?
酒を飲む前にそんな時間をかけて酒の肴を作ってる時間は私には無いのだ~!(笑)
とにかく、レンジでチンしてまず熱燗をばね、
でもって、減量のこともあるから、そんなにたいそうな酒の肴なんかもともと不要なのだ。うん(笑)
てなことで、このままでは冷蔵庫でひからびてしまいそうなカラスミ。
今日はじっくり炊いてみよ~
120531karasumi2
てなことで、ニラも一緒にぐつぐつと、
表と裏をひっくりかえしながら約30分、よぉ辛抱した、自分!(笑)
こうなるとちょっと意地になってきて、
120531karasumi3
さらにニラを投入して表面がちょっと焦げそうな寸前までじっくり熱を通してみた。
120531karasumi5
なるべく薄く切る方が旨いらしいのだが、それでは口淋しいので(笑)ちょっと厚めに、
120531karasumi4
完成~\(^o^)/

味の方は・・・

自分で調理しといてなんだが、期待以上~!
美味!

さすがは総裁さんおススメの市場で買っただけのことはある。

う~ん、珍道中記、書かなあかんな~

って、もう、酔うてしもたわ~(。。 )\バキッ☆

め、めでたし?(^^;)

2012年5月30日 (水)

節穴(^^;)

「人間の目は不思議な目、見ようという心が無かったら、見ていても見えない・・・」
以前に紹介した詩の一節だが、本日もまた一つ、
120530kurinso
白いクリンソウである。
ほぼ毎日通る場所に可憐に咲いてた。
もちろん自分で発見したわけではない(^^;)
以前、白い秋海棠に案内してくれた職人さんが、またも教えてくれたのである。

なにやら、白い花が咲いていたのには気づいていたのだ。
でも、近寄よろうとはしなかった。

・・・忙しかったから・・・

ほんと、心を亡くしていたんやねぇ・・・

でも、教えてもらって気付け、職人さんにもクリンソウにも感謝できてよかった。

しかし・・・生えてる場所から考えると、なんぼなんでも気付いてもよさそうな所(^^;)

こうなるともう、「人間の目は・・・」なんて言ってる場合じゃなくて、「私の目は・・・節穴ですm(_ _)m」って感じである。

ううう・・・orz

しかも、節穴であることを証明するように、ガラスを割っちゃって、腕に刺さったというお粗末(笑)

↓一応、備忘録として載せるだけので拡大しないほうがいいです(^^;)
120530injury
けっこう深く刺さったので、傷口もクレーター状になってて、血が止まらないのだが、本日は月末の一日前、つまり請求日なので、病院へ行って縫ってもらう時間が無い。
とりあえず、サビオの重ね貼りでしのぐことにした(笑)
で、その前に、「ブログのネタに~」と思ったAHOなのだが(笑)右腕なもので、自分撮りが難しく、さりとて他人に撮ってもらうのはさすがに恥ずかしいし(笑)
何枚も撮ってると、作業服にまで血がしたたりそうだったので一枚だけ(^^;)

どうかこの節穴?ふさがりますように~(^^;)
棟梁の遺伝子に期待しよう(笑)

2012年5月29日 (火)

下層組立ほぼ完了

本日で、4段目の肘木までほぼくみ終わった。
つまり下層の組立が完了した、という次第\(^o^)/
120529chumon1_2
技術的にも難しいが、何より予算的にキビシい(ToT)現場なので、仕事がはかどるのは何よりの助け。
職人さん一同のがんばりに感謝したいm(_ _)m
120529chumon2
この上に縁板と高欄が乗ることになる。
まぁ縁板、といっても、
1200529enita
厚みが12㎝(笑)あるから、このままではとても「板」には見えないのだが(笑)
完成して見上げれば、ちょうどよい厚みに見えるはず。

そして・・・この縁板、取り付け直後に雨蓋で覆ってしまうので、見えるのは下部の一部と木口だけになる。
つまり、この縁板を見、上に乗れるのは、私たち大工だけ~
とても光栄で、少し自慢なパーツなのである(^-^)

ちゃんちゃん

2012年5月28日 (月)

取材

本日はNHKによる、中門再建工事の取材日。
120528nhk
熱心なディレクターさんで(^^;)、数分間の放映のために、朝から夕方まで撮り続けてくれた。
まぁ、前回もそうだったが、コンテンツを撮りためていただけるのは嬉しいことで、何かのついでに別の番組でも広報してもらえれば、高野山の魅力をより多くの人に知っていただけることにつながるだろう(^-^)
てなことで、
120528nhk2
ピンマイクを付けてもらい、言われるままに(^^;)何度も何度も同じようなことをくっちゃべった。

後は編集でどないかしてくれるだろう(笑)

ちなみに、↑一つ上の画像で、槍鉋をふるってる職人さんが、現在婚活中のS君である。

テレビがきっかけで良縁でもと思い、「婚活中のS君、って紹介してもいいですかね?」と聞いてみたのだが、『すみません、今回の番組と趣旨が違いますので・・・』とのことだった(^^;)

誰か良いヒト、いませんかね~?

ええヤツでっせ~(^-^)

2012年5月27日 (日)

GTL→CS→LTの予定

本日は普賢院さんの夏季祈法要。
毎年5月の最終日曜に開催される。
120527f1
例年、棟梁と母が参列させていただいているのだが、今年はリハビリ中のため私が代参。
気持ちよく晴れ上がった青空の下、儀式は和やかに進んだ。
120527w1

↑てなことで、めでたい時に付けてこられて良かった~(^-^)

午後3時過ぎ、GTLでエクセルへ向かう。
特に不調は無いが、コンピュータのバージョンアップや、ようやく届いた(ほぼ一年越し(笑))というエンジンガードの取り付け、そして、防水性にやや難があるトップケースの取り替え等、作業に二日はかかる(笑)というのでドック入りとなった次第。

単車のくせに、コンピュータのバージョンアップって・・・ねぇ・・・(笑)

てなことで、6月にはLTの5回目の車検も控えているので、GTLを入庫し、代車のCSで帰ってきて、GTLがあがったら、LTを預けに行き、車検終了後、CSで行ってLTで帰って来る・・・という段取りとなった。
ちなみにこれ、私が無理を言ったわけではなく、エクセルオートさんの提案。

「けっこう長いこと代車のCSを借ることになるけど、かめへんのぉ?」と、念のため聞いてみたのだが、『大丈夫大丈夫、あれ(CS)って誰も乗りたがれへんから(笑)』とのことだった(^^;)

CS・・・スカーバーという方がわかりやすいかもしれない。
120527sc2
約10年前、シティコミューターとして華々しく登場したものの、デザインが斬新すぎたせいか、同一エンジンを使用したF650GSの人気が高かったせいか、数年で姿を消したモデルである。
120527sc1
顔つきもロボットちっくでかわいいのにねぇ・・・(^^;)

で、このCS、ここ10年くらいはエクセルの代車として活躍していて、私も過去に何度も乗ったことがある。
単気筒にしては、振動も少なく、まさに街乗りには最適・・・と思うのだが、時代が好むもの、というのはなかなか難しいものである。
120527sc4
当時、目玉?だったこの装備。
120527sc3
通常だとガソリンタンクのある位置にけっこうな容量のボックスが取り付けられるようになっているのだ。
120527sc5
ボックスごと取り外すこともでき、
120527sc8
ヘルメットなんかも納めることができる。
たしかオプションで、防水ステレオなんかも用意されていたはずで、一時所有していたF650GSを買う時、一瞬だけ迷った覚えもある(笑)
しかし、私にはシートが低すぎるのと、F650GSがめちゃめちゃ好条件だったので、迷いは一瞬で済んだのだった(笑)

てなことで、今日はCSの装備を十分に活用してみよう。
120527sc6
買い物して・・・(笑)
120527sc7
ちゃちゃっとまとめれば、ばっちり(^-^)

なお、ロータックス製エンジンはその後800ccに拡大されたわけだが、このほど、650バージョンもGSとして復活するのだそうだ。
ついでに、こいつも復活させてみたら、今の時代ならけっこう人気が出るのではないだろうか?

・・・とまぁ、マーケティングもしてない、素人の妄想ですがね(笑)

ちゃんちゃん

2012年5月26日 (土)

今年は一人

昨年の今頃、ここで二人の美人と出会ったのだが・・・
今年は一人だった。
120526_bijin
何があったのだろう?
ううむ・・・
でも、一人でも綺麗なもんは綺麗やね~(^-^)

そして、少し見上げた視線の先には・・・
120526_sky1
実にさわやかな夕暮れ間近の青空が(^-^)

ええ季節や~\(^o^)/

てなことで・・・
120526cb
夕暮れを通り越して(笑)走り回りましたとさ~

ちゃんちゃん

2012年5月25日 (金)

備忘録 狂犬病予防注射

昨日と今日が高野山での巡回狂犬病予防注射の日。
毎年5月の末頃である。
120524gin1
これは、駐車終了後、軽トラの荷台に銀を乗せて帰るところ。
銀は、背中に痛覚が無いのか?と思えるほど、注射系には全く無反応だから楽(笑)
120524gin2
帰宅後、接種済みのプレートを首輪に取り付け、装着。
いつも「ええか銀よ、万が一迷子になった時にはこの首輪だけが頼りなんやからな」と言い聞かせてあるので、装着するときはかなり神妙な顔つきになる(笑)
しかし・・・
120524gin3
装着した時には見えているのだが・・・
120524gin4
ブルブル~1回で、たちまち見えなくなってしまうorz
120524gin6
てなことでみなさん、
見えてませんが、ちゃんと首輪してます~(^^;)

ちゃんちゃん

2012年5月24日 (木)

バンド交換

実に私は・・・
他人の影響を受けやすい(笑)

高野山天文同好会の面々の懲りようを見て、俺もなんかマニアックなことをせんとなぁ~と・・・(笑)

てなことで、ここ数年の懸案であった・・・って、そんな大層なもんでもないが(^^;)

時計のベルト交換をすることにしたのであーる。

へ?そんなもんのどこが凝ってるの?って?

これですがな~(^-^)v
120522w2
と言ってもこれだけでは何のことやらわからないだろう。
左が現在のバンドで、右が本日買ってきたもの。
「19」とあるのは、巾のミリ数で、男性用としてはやや細い方だと思う。
しかし、左の方はそれよりもまだ細い、たしか18㎜を無理矢理はめた覚えがある。
ちなみにこの時計、
買った時のことを、以前ブログに書いてあるが、私の高校入学祝いのものだから・・・ええと・・・36年目~!(笑)
最近では冠婚葬祭専用にしていて、使用頻度は減っているが、まだまだ現役なのである。
120522w1
で、裏から見るとよくわかるんのだが、実際にはまる部分は16㎜程度しかなくいため、これに巾を合わせると女性用のごく狭い幅になってしまうのである。
前回、バンドを替えたのは、確か8年ほど前で、その時が初めての交換だった。
それまで使ってた初代、つまりオリジナルのバンドがいかに長持ちしたのかよくわかる話である。
で、その時は何も考えず、とりあえず18㎜をチョイスして、ゴッドハンドで(笑)無理矢理はめこんだのだった。
しかし、18㎜ではオリジナルのバンドの巾より微妙に狭くなったため、バランスが悪く感じられてしまい、これがずっと気になっていたのである。
しかししかし(^^;)そんなに高価なものではないにしろ、せっかく交換したバンド、もうちょっと使ってからまた交換したら・・・で、8年くらいたったというわけ(^^;)

で、今回、金環食記念?に交換しようというわけだ。
しかも、高野山天文同好会の面々には遠く及ばないが、少しは凝ってみようじゃないか(笑)
てなことで・・・
120522w4
まぁようするに、19㎜巾を買ってきて、
120522w5
耳をちょっと切る!

・・・それだけ(。。 )\バキッ☆
いやそのあの(^^;)
新品にいきなりナイフを入れるなんて、これでなかなか勇気のいることなんでっせ~(^^;)
120522w3
使ったナイフは、もちろんレザーマンTTiのナイフ(^-^)v

さて・・・
120522w6
ここからは、ゴッドハンドぉ~!(笑)
経験者もたくさんいらっしゃると思うが、この時ミスると、このバネ棒がどっかへ飛んでいっちゃって、泣きながら探すことに・・・
って、どっかへ飛んじゃったよぉ~(ToT)
やっぱり、酔うてやったらあかんん・・・(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
ナイフを使うのだから、酔うたらあかんので最初は飲んでなかったんやけど、切り取り終わってサイズ確認したら、うまく行きそうだったので、ちょっとだけ乾杯・・・を、数回・・・(。。 )\バキッ☆
120522w7
てなことで、できあがり~\(^o^)/

本当に微妙な差なのだが、ベルトの巾が遠い昔の高校時代に戻ったようで、ヒッジョーに嬉しい!

ああ、はよ、めでたい席にこれを着けて出席したいよぉ~(^-^)

めでたしめでたし

2012年5月23日 (水)

金環食 玄人達編 その2

てなことで、朝礼を終えた午前8時過ぎ、まんさく社長に電話してみた。

「どこにおる~ん?針か?名古屋まで行ってるんか~?」

『ヘリポートですけど・・・』

「ああなるほど、こっちの方が天気がマシやったん?」

『そうなんです、結局このあたりが一番良さそうやったんで・・・』

※彼らがヘリポートで観察に至った経過が非常におもしろいのだが、それはおそらく、やんと博士が自分のブログで書くだろうから、その発表を待つことにする(^-^)

「まだ機材広げてる~?」

実はこれが目的(笑)
玄人達ははたしてどのような観察機器で金環食を観たのか?ハゲシク知りたい~

『今、撤収して、中の橋へ行くとこです』

「まだ見るのぉ?」

『N本さんがそこで観察してるもんで』

なるほど~、やんと博士とまんさく社長はコンビで、そしてもう一人のN本氏は中の橋で
観察したということか。

※なぜ、別々の場所になったのかも、やんと博士のブログを待とう。

てなことで、私も中の橋駐車場へ直行。
機材だけでも見たいから(笑)

120521p1

※何度も恐縮だが(^^;)これまた、やんと博士の機材なので、説明は後日。

てなことで、N本氏も、すでに機材を撤収していたのだが・・・
120521p2
お願いして(^^;)再度組み立ててもらうことになったm(_ _)m

実はN本氏も同級生なのである(笑)

120521p3
じゃっじゃーん!
N本氏改め、なかどん特製の太陽観察セット~!

つまり望遠鏡を通して、太陽の姿を白いプレートに投影するのである。

これが実にすばらしいのだw(゜o゜)w
120521p4
この頃にはもう金環食は終わっていたが・・・
よくよく見てみると・・・
120521p5
わかる?ね?わかる~?(^-^)

ちゃーんと太陽の黒点が三つ、はっきり観察できるのよ~\(^o^)/

やっぱり、この人達は偉大やわ~m(_ _)m

過去にも、この同級生二人とまんさく社長のおかげで、ハレー彗星も土星の輪っかも、皆既月食もバッチリ観望させてもらってきたのよね~m(_ _)m

ありがとうございます~m(_ _)m

てなことで、後はひたすら・・・

やんと博士のブログUPを待つのみぃ~!

がんばってちょーだいませ~(^-^)

2012年5月22日 (火)

金環食 玄人達編

金環食の玄人?と、不思議に思われるかもしれない。
しかし、高野山にはいるのだ。
金環食だけでなく、天文全般の玄人達が(^-^)

もちろん、玄人と言っても、それで商売をしているわけではない。

マニア・・・という呼び方もできるのだろうが、彼らは一個人の趣味の領域を超え、観望会等を通じて社会的な貢献を果たしている点からも、星の玄人、として崇敬したいのである。

てなことで・・・

昨日書いたように、素人は素人なりにめっちゃ楽しんでから、玄人達の動向を探ってみたのである(笑)

というのも・・・

一昨日の日曜日の午後、銀ぶらの途中で、ガレージ西に寄ってみたのだった。
まんさく社長は単車のプロでもあるのだが、星の玄人でもあり、翌日に控えた金環食観察について、アドバイスを聴こうと思ったからである。

そこには、高野山天文同好会会長にして、星のソムリエ、やんと博士もいたのであーる!

しめしめ(笑)これはディープな話が聞けそうやーん(^-^)

しかし、二人はやや暗い顔つきだった。

翌日の天候が曇りがちなため、どこで観察するかで悩んでいたのだ。

なにしろ、やんと博士は3年前の皆既日食の時、わざわざ上海まで行った漢なのだw(゜o゜)w
・・・結果は雨だったのだが・・・(^^;)

「今度は海外へ行く必要はないんやから、名古屋か静岡あたりまでは行くん?」と冗談交じりに聞いてみた(。。 )\バキッ☆

ちなみに、やんと博士と私は同級生なので、もともと気安いのである。

『ううむ・・・西名阪あたりで待機して、雲を見ながら西か東へ・・・』

・・・って、ほんまに名古屋あたりまでは走りそうな勢いである(^^;)

そこへまんさく社長が、『あと12時間ちょっとしかないですから、早めに決断せんと~』と追い打ちをかける。

もちろん二人とも、月曜日は仕事をする気などさらさらないのであった(^^;)

てなことで私は、金環食に掛ける熱意のあまりの違いに恐縮し、素人がこれ以上二人の会話を邪魔したらあかんわ~ってなことで引き上げてきた次第。

さて、彼らはどこまで行ったのだろう?

・・・と、ここまでが前置き、相変わらず長くてm(_ _)m

つづく

2012年5月21日 (月)

金環食 素人編

以下は、たぶん明日以降に書くつもり(^^;)の「金環食 玄人達編」の序章になるはず(^^;)

いつものように、朝の4時頃に目が覚め、うとうとしながらはっと気がついたら午前6時だった。
今日はそう、金環食ではないかいな~!
確か食の始まりは6時過ぎだったはず、
てなことで、泥縄的金環食ウォッチングの始まり~
まずは、この日のために用意したアプリで位置のチェック~って、今頃かい!(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
だいたい、晴れてたら家の窓から見えるはず~、だって毎日朝日が差し込むもーん。
120521s0
ほらね~
柵越しに見えるはずやんか~
てなことで、この日のために用意した・・・って、たまたま仕事の都合で寄ったファミレスで売ってたから買っておいた390円の日食メガネとG1Xだけやけど~(笑)
120521s1
いやこれね、G1Xのレンズ口って四角いから、かぶせただけで何とかなるんやないかと・・・(笑)
へ?前日までにテストせぇへんだん?って?
晴れるかどうかもわからんのに、そんなこと試してるヒマなんかないわ~!(^^;)
素人のただの思いつき~!(。。 )\バキッ☆
ところが・・・
120521s2
おぉ~\(^o^)/
思ったより綺麗に撮れるやーん!
やった~!

ところが・・・
喜んだのもつかの間、すぐに曇りだしたんですなぁこれが・・・(ToT)
・・・まぁ・・・しゃぁないか、うん、一枚だけでも撮れたんやからね、
そやけど、もうちょっと見たかったなぁ~
うん、そうや、あれがるんた雲なら、もうちょっとサービスしてくれるはずや(^-^)

てなことで、辛抱強く待ってたら・・・

おぉ~雲のたおかげで、日食グラス無しの肉眼でも見えるやーん\(^o^)/
120521s3
やっぱり、るんたか、この雲は~ありがと~(^-^)
と喜んでたら、今日の雲の流れはほんとにるんたの脱走の時のような早さで流れていき、また、眩しく輝きだした。
てなことで、またまたG1Xに日食メガネを装着~って、手で押しつけてるだけやけど(笑)
120521s4
げげっ、上向きに右手でカメラを保持し、左手で日食メガネを押しつけ続けたら、限界が来たらしく、ブレだしましたがな~

てなことで、ここでようやく三脚装着~(笑)

へ?何で最初から装着しとかんの?って?

邪魔くさいやーん(。。 )\バキッ☆
いやその(^^;)
アプリで位置を確かめたというても、そこはそれ、ズレもあるやろし、第一、ちゃんと写るなんて思ってなかったから、大層な準備はしたくなかったの~

※↑ダメモトでチャレンジする気概が少ないという性格がよく表れている(^^;)

120521s5
おぉお~!撮ったどぉ~~~!
いやぁ嬉しい!

そして・・・三脚に据えたG1Xを見ながら、まるでこの日のために何日もかけて用意してきたような錯覚に陥ったのであった(。。 )\バキッ☆

※↑結果オーライな性格がよく表れている(^^;)

そして再びのるんた雲。

120521s6

なんてこったい~!
るんたよありがと~
お父さんにまたも肉眼で観察させてくれるんやな~\(^o^)/

それに答えるように、再び雲は流れていった。

この時、何千万人もの人々がこの金環食を見上げていただろうけど、それを遮る雲を懐かしく眺めてたのは、たぶん私だけではなかろうか?(笑)

120521s7
午前7時31分、リングが切れ始めた。
私もそろそろタイムアップ、朝礼に出かけねばならない。
ほぼ1時間半の天体ショー、そして、るんたとの再会(^-^)

ありがと~m(_ _)m

と、朝礼に出かけようとした私にもう一つのプレゼントが(^-^)
120521s8
木漏れ日が、ピンホール効果で道を太陽の形に照らしていたのだ。

お~っ!ナルにトトにハクか~!

私には、フェレットたちが喜んだ時の癖、そう、背中を丸めてあちこちをぴょんぴょんと跳ね回っているようにしか見えなかったのだ。

※↑思い込みのハゲシい性格がよく表れている(^^;)

とても幸せな金環食。
私だけの奇跡。

ありがと~m(_ _)m

るんたにナルにトトにハク、久しぶりに会えて嬉しかったで~(^-^)

ありがと~(^-^)

またな~(^-^)/

2012年5月20日 (日)

こんなところに

銀ぶらの途中、
こんなところにw(゜o゜)wとおどろく場所でヒメシャガ発見~!
120520himesyaga1
去年もここで咲いとったっけ???

う~ん・・・覚えてないなぁ・・・

5月下旬から6月初旬にかけて、高野山のあちこちで見かけるのだが、心ない人に盗られやすい花でもあり、年々、姿を見かける機会が減っている。

ところが、新たに生えてる場所が見つかってなんだか嬉しくなった。

銀が悪さをしないよう(^^;)オスワリさせておいて、シャッターを切った。
120520himesyaga2
どうぞ来年も、ここで巡り逢えますように~(^-^)

2012年5月19日 (土)

平成24年度 高野山学 第二講

高野山学 第二講
120519sangaku
高野山大学名誉教授にして、現、高野山真言宗金剛峯寺教学部長の、村上保寿教授による、「密教と顕教の違い」である。
120519sangaku1
村上教授のお話は、いつ聴かせていただいても、ハイテンションながらわかりやすく、聴いている間だけは、全部理解できたような気持ちになれる幸せな講義だ。
でも、帰って自分なりにまとめようとすると、やはり自分の理解が絶対的に不足していることを思い知らされる。
で、個人的に質問させていただいたりして、また、わかったような気になって(。。 )\バキッ☆

そんな繰り返しだが、やはり、何度でもお聴きしたい講義なのである。

だから、ここでは、板書の、しかも部分のみお伝えしよう。
決して手抜きではない(^^;)
120519sangaku2

部分しかお伝えできないくらい、教授の教えは膨大かつスピーディなのである。

この幸せを体験したかったら、あなたもどうぞ高野山学へ~(^-^)

120519sangaku3

・・・まぁ、こういう説明が、顕教でいうところの待機説法じゃなくて、密教の法身説法ってことになるんかなぁ? (。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆ (。。 )\バキッ☆ 

す、すいませーんm(_ _)m

2012年5月18日 (金)

ぼちぼちと・・・

4日前に蕾だった我が家のシャクナゲ。
120514syakunage1

昨日は、ここまで開いてた。
120517syakunage1

そして今日、
120518syakunage2
もはや、虫を呼び寄せるようになっている(^-^)

そして、現場でも・・・

120518chumon1
4段目の肘木を組み立て始めているところだが、放射状に組んだ肘木が、今までの苦労が花開きだしたように見えたのだった(^-^)

とはいえ、あと数日で開花するシャクナゲと違って、完成までには、あと二年余り・・・(^^;)

精進します~m(_ _)m

2012年5月17日 (木)

間に合った(^-^)

5月の2日に、モリアオガエルの産卵場所確保のために、水たまりの水が抜けてしまわぬよう、勝手に(^^;)「生かせいのち」作戦が行われた事を書いた。
そして、約10日、雨+職人さん達の注水~!により、水たまりはここまで回復したのだった。
120515f1
フェンスを越すくらいの水たまりとなったので、もう、いつでもモリアオガエルが来てもダイジョーブだ(^-^)
120515f2

・・・そして、5月の15日の朝、
水位の回復を待っていたかのように・・・
120516f2
おお~\(^o^)/

しかも、水位が多少減っても大丈夫なように、フェンスより中に産卵してるではないかいな~
賢いな~(^-^)

で、茂みの左右に枝が差し込まれているのは、このブログにも何度か書かせていただいている、鳥博士のNさんが、モリアオガエル保護の噂を聞きつけて、産卵用にと用意してくれたものである。

これが昨日、16日の話。

そしてそして・・・本日、

120517f1
見えるかな?
右の黄○にご注目~!

120517f3

フェンスの反対側から撮るとこんな案配。

そう、モリアオガエルの♂が、さすがはNさん!の差した枝にしがみつき、じりじりと陽光に照らされながら、待っているのであーる!

♀が来てくれるのを・・・(^^;)

しばらく見ていたが、このままでは渇いて死んでしまうのではないかと思うくらい(^^;)表皮が乾ききっても、お腹をヘコヘコとさせながらじっと待ち続けていた。

ううう・・・身につまさr・・・(^^;)

で、こちらが見ていては、♀も寄って来にくかろうとその場を離れたのだが、職人さんの話によると、夕方まで待っても♀は来ず、この彼は水中にもぐり、焼けた?体を冷やしていたとのこと・・・
どの世界もタイヘンですね(^^;)

てなことで、小さな水たまりの中で繰り広げられる命の唄はまだまだ続くようである(^-^)

2012年5月16日 (水)

身も心も・・・(^^;)

本人にその自覚もなければ、その年齢なりの風格も、貫禄も、教養もないのだが、歳だけは一つ喰いましたm(_ _)m
なぜか、ここで謝ってしまうというのは、この歳になっても、いろんな人にメーワクをかけてるという自覚だけはある・・・みたいな・・・(。。 )\バキッ☆

でもね、

今日は半日、川の中で仕事しててね、
120516o1
・・・まぁ、この画像だけでどこかわかる人は、かなりの功徳を積まれてる方m(_ _)m
で、この川で仕事をしたからには、身も心も清められた・・・はず(^^;)
てなことで、この仕事についてはいずれまた。

仕事を終えて、ガレージ西へ、
本日、6回目の車検を終えたRSが待ってるはずなのだ。

果たして、無事、合格したんやろか・・・???(^^;)

と、店に着く前に、けたたましい警告音が聞こえてきた(笑)
RSの盗難警報器である(笑)

おぉ~、とりあえずは戻って来てるぅ~\(^o^)/

で、首尾は?とまんさく社長に聞くと・・・

『苦労しましたよ~』(^^;)

「すまんなぁ~」m(_ _)m

何でも、車検場へ行くと決まって点かなくなる不思議なストップランプ(笑)にまたも悩まされるわ、今年に限って(過去5回はそのままOKだった)付け替えてるハンドル巾が指摘され、構造変更の書類を作らされるわ、一つ前のタンクローリーが同じく車幅が問題にされて、もたついたおかげで、車検場が閉まりかけるわで大変だったらしい。

すまんなぁ~m(_ _)m

何よりプレッシャーだったのがこれだという(^^;)
120516rs2
SP忠男ちゃんのスーパーコンバット T-ドラッグまふりゃ~(笑)

ちょうど缶コーヒーがすっぽり入る排気口付き(笑)の直径18㎝のサイレンサーだ~(笑)

『これはあかんやろ~』と、車検場で会う人ごとに言われたらしい(笑)
120516rs5
まんさく社長はマジメだから、『ちゃんとJMCA(全国二輪車用品連合会)の認定品ですから』と、いちいちサイレンサーの裏側にひっそりと取り付けられている認定マークを示して言い訳したらしいのだが(笑)
『そんなもん付いとっても、もう消音材がヘタってしもとんちゃうか~?』と追い打ちをかけられ、マジで心配になったらしい(^^;)

すまんのぉ~m(_ _)m

しかし、なんとか排ガスも排気音も合格(^-^)

無事に車検を通して帰ってきてくれたのである。

おおきにぃ~m(_ _)m

てなことで、早速・・・

120516rs1

夕闇迫る中、ひとっ走りRSの鼓動を楽しませてもらった(^-^)

13年目に突入した車体だが、日頃のメンテ(もちろんまんさく社長のm(_ _)m)のおかげで、綺麗かつ逞しいままである(^-^)

ちなみに、ノーマルのまふりゃ~は、13年間、壁に吊ったままである(笑)
120516rs4
↑まふりゃ~の画像を撮ろうとしたら、6歳の銀が特別出演(笑)

銀は私が単車イヂリをしてる時は、このようにちゃんとオスワリして待ってるのである、賢いっしょ~(^-^)

でもって、ガレージ内の結露対策で回してる扇風機を不思議そうに見てた。

さて、52歳の誕生日、仕事で身も心も清められ?(^^;)単車にも乗れた。

後は感謝しながら・・・思いっきり飲むだけ~(。。 )\バキッ☆

ありがとうございます~m(_ _)m

2012年5月15日 (火)

銀、6歳

とてもおだやかな気持ちで今日を迎えた。

今日と明日は私にとって運命の日、とも呼ぶべき二日間だ。
例年、5月になると胸騒ぎというか、心穏やかでない日が多かったように記憶している。

今日が銀の誕生日、
明日が私の誕生日で、るんたの命日。
るんたが逝かねば、おそらく銀が我が家に来ることはなかった。
この運命の皮肉に、毎年、心を乱されてきたのだった。

今年は少し違った。
5月を、希望の月として迎えられたのだ。
七回忌を迎えたるんた、しかし決して過去に消え去ったからではない。
それどころか、最近の方が、ますまするんたを身近に感じるようになっている。
それはやはり、銀を通してのものであり、生きていれば10歳、という、過ぎ去った歳月を数えるようなものではなく、るんたが活き活きと走り回っていた庭で、銀もまた、精一杯に生きているということを素直に喜んでいるのだ。
120515gin1
お日様を浴びて、きらきらと輝く銀よ、
るんたの分まで長生きしてくれよ~(^-^)

そして銀は、ちゃんと私の言葉を理解している。
120515gin2
わかってますがな~お父さん、そやからもうちょっとオヤツちょーだい~

と、私もまた、銀の言葉が理解できるのである(笑)

めでたしめでたし

2012年5月14日 (月)

はよ咲かんでええ、その2(笑)

現在、高野山はシャクナゲの最盛期を迎えている。
しかし・・・
うちのシャクナゲはまだこんな感じ(笑)
120514syakunage1
もそうだが、北側の崖っぷちという我が家の居住条件を如実に表すが如く(笑)とにかく季節感から少し遅れた植生なのである(笑)

でもまぁ、「はよ咲かんでええ、今に咲くから」なのだ(^-^)

魚喰った、
いや、
咲かくったって、別にかまわない。

蕾に気づけて良かったなぁ(^-^)

そう思えたからである。

ちゃんちゃん

2012年5月13日 (日)

のんびりと午後のひととき

日曜日の午後3時過ぎ、所要も終わったので、いざ出発~(^-^)
しばらく走り回った後、久しぶりに「こんにゃく工房」さんに寄ってみることにした。
120513cb1
単車に乗ってる途中で、まだ日があるうちに、コンビニ以外で食事するのも久しぶりだ(笑)
少しでも単車に乗っていたいという気持ちが、のんびりとしたブレイクタイムを取る余裕を無くしているのだろう(^^;)
てなことで、今日は一つ、のんびりしてみようではないか(笑)
120513_cb2
てなことで、facebookに投稿した画像とあいなった。
メニューはここの名物のオムライス。

時折吹く、5月の風が心地よい(^-^)

ゆっくりと食べ、食後にコーヒーもいただきつつ、使い捨ての紙おしぼりだったので、ヘルメットをシコシコと磨いた(笑)
のんびりするんと違たんかーい!(笑)

でも愉快、そしてこのところ、仕事に追われ凝縮されるように流れていた時間がゆっくりと溶けていくような心持ちになった。

さて、もう少し走りたい気もするが、今日はこのまま、日があるうちに引き返そう。
目を三角にして走るのではなく、風景を眺めながら・・・

・・・と、
120513cb3
CBに「当て逃げ?」(笑)の跡、発見~(笑)
これなら笑って許せる、というか、今日の私はニコニコしつつ、お店へ戻って紙のおしぼりを一ついただきm(_ _)m
120513cb4
ていねいに、シートを拭いたのであった(^-^)

なんだか、先日の本当の「当て逃げ」で、オトナと言いつつ多少は生じた呪い(^^;)も消えていくような、そんな心持ちだった(^-^)

そして、大門まで戻ると・・・
120513ss1
待っていてくれたかのような夕焼け(^-^)
そういえば、その前の「当て逃げ」(笑)の時もここで夕日を眺めたっけ。

120513ss2
そのうち、夕日が雲でくっきりと半分半分になった。

喜びや楽しみと、怒りや哀しみとは、そう簡単に分けられるものではないけれど、今は喜びと楽しさがあふれているなぁ・・・

ありがとうございます~m(_ _)m

めでたしめでたし

2012年5月12日 (土)

喜ぶのが下手

今日は、来週の誕生日のプレイベントとして、とても嬉しいプレゼントを頂いたm(_ _)m

ありがとうございますm(_ _)m

そこで、気づいた。

私は、嬉しい、とか、幸せ、とか、楽しい、ということを、表現するのがとても下手だということに・・・

これが、怒り、なら、たぶんたいていの人よりうまく表現できるのに・・・(。。 )\バキッ☆

いやその・・・

とても嬉しい、飛び上がって踊り出したいくらい幸せな気分だ、ありがとう、
でも、飛び上がって踊り出せない自分・・・

この、嬉しい気持ちをもっともっと素直に表現して、どれほど感謝しているかを伝えたいのに、それができないのがもどかしくて申し訳なくて・・・

そんな気持ちになるくらい、嬉しかった。

ありがとう、

どうも、ありがとうm(_ _)m

以上、極めて個人的、かつ、特定の方へ捧げる一文です(^^;)

ありがとーっ!

今度は踊るわ(^^;)

2012年5月11日 (金)

季節です

さて、何でしょう?(^-^)
120511kumagaiso2
高野山の5月の花、クマガイソウである。
120511kumagaiso3
本日はまだ蕾の状態。
過去の観察日記と比べると、若干遅めかな?

昨年は5月の最後の日に、この花に勇気をもらったのを思い出した。

今年は、心が少し上向き加減でこの花を見ている。

まさに「年々歳々花相似 年々歳々人不同」やね。

来年はどんな気持ちで眺められるのやら・・・

楽しみ・・・と思える分、幸せなのだろう。

ありがとうございますm(_ _)m

2012年5月10日 (木)

おお紙よ

本日、FAX(+A3コピー・レーザープリンター+スキャナ)の入れ替え。
120510_c1
前機種についてはブログに書いた覚えがあったので、検索してみたら6年前の9月だった。

てなことで、6年リースの半年を残し、前よりも好条件で入れ替えと相成ったのは、前回同様営業さんの計らいによるものm(_ _)m

しかし、前機種については性能に特に不満もなく、できれば使い続けてリースアップし、以後は一年保守で使い続けたかったのだが、入れ替えに至った大きな原因はこやつら↓
120510gomi
電話帳等にFAXナンバーを載せたくなって数年たつが、いまだに名簿売買されているらしく、毎日十数枚は必ず届く広告FAXである。

紙がもったいないやろ~っ!ヽ(`Д´)ノ

この手の広告には、
「突然のFAXお許しください 今後このようなご案内を希望でない会社は お手数ではございますが、□今後このような案内を希望しない にチェックを入れご返信ください」
とか書いてあることが多いのだが、そんなことしたらまた名簿業者に「律儀に返信する会社」とかなんとかで、番号を転売されてしまうんちゃうのぉ~?

・・・と、広告FAXを見る度に、心が荒んでいく私だったのである(^^;)

で、この度、受信→いったんパソコンにメモリー→プリントアウトするものを選択できる、機種に変更したというわけ。
当然、広告FAXはその場で削除!

えぇ~今頃ぉ?って言わんといてくれるかぁ~(^^;)

で、FAXが届くとメールで知らせてくれる機能も付いている。
ただ、残念ながらフィルターはかけられないので、迷惑FAXの通知も受け取ってしまうことになり、FAXまでもがSPAM化する可能性もあるのだが、コピー用紙が無駄にならないと思えば我慢できるレベルだと・・・今は思っている(^^;)
通知メールが我慢の限界を超えるものであれば、メールを止めればいいだけだしね(^-^)

今まで、受け取ったFAXで重要なものはスキャナで読み込んで保存していたわけだが、これからはその手間も省けるし、なかなかいいんでないかい?(^-^)

・・・まぁ、私のことだから、機種変によって、またとんでもないトラブルを招いちゃうかもしれないけど・・・(^^;)

頼もしい営業さんが付いてるからダイジョーブだろう(^-^)

ああ、はよ広告FAXが来んかな~(笑)

ちゃんちゃん

2012年5月 9日 (水)

棟梁退院

おかげさまで、本日、棟梁は無事に退院できましたm(_ _)m

今のところ酒も飲みたくないし、タバコも吸いたくない、と言うてます(笑)

よほど入院生活がストレスだったのでしょう(^^;)

まぁ、本人も『いつまで続くかわからんけどな』と付け加えておりましたが・・・

ご心配いただいたみなさん、お見舞いいただいたみなさんに、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

ありがとうございましたm(_ _)m

120509sakura1

我が家の「はよ咲かんでもええ、今に咲くから」桜。
例年ならもう少し前に満開となり、この桜の下で花見をしてから連休へ突入~なんですが、今年は棟梁の帰りを待ってたように、本日満開となりました。

さすがに禁酒・禁煙中の棟梁のことを思うと、では花見を・・・というわけにはいきません(^^;)
来年の楽しみ、としておきましょう。

って、来年の話をするわけですから、鬼にも笑ってもらえば良いわけです(^-^)

めでたしめでたし

2012年5月 8日 (火)

親子に祝福?(^-^)

棟梁の退院が明日に決まった\(^o^)/

当初、一ヶ月程度の入院が必要と聞いていたが、驚異的な回復力(笑)が認められたのか、もういつでも退院していいとのお墨付きが本日出たのだ(^-^)

「棟梁、退院できるで~」と告げると、

『おお!よっしゃほなもう帰るか?』

「ちゃうちゃう、明日や明日~(笑)」

一応念のため、釘は刺しておいた。
「今夜一晩、賢うしとかな退院取り消されるかわからんど~」(笑)

てなことで、明日には帰れるとなった棟梁、超ご機嫌(^-^)
精算等についてはカミさんが聞いておいてくれるというので、仕事を抜け出してきていた私はそのまま帰山することにした。

それにしても良かった、ありがたいことであるm(_ _)m

おかんの言った通り、昨年の明神さんの祭で呑み過ぎて反っくり返って頭を打ち、みなさんに病院へ連れていってもらったおかげで、高血圧がわかり、定期検査を受けるようになり、その結果、早めに手術を受けることができたわけで、本当にラッキーな爺ぃだ(笑)

偶然で片付けてしまうより、やはり、何か大きな力の働き、に感謝せずにはいられないm(_ _)m

そして私、
時間の節約のため、CBで病院へ行ったのだが・・・って、口実にして乗りたかったというのも確かにある(。。 )\バキッ☆

それでも、
ありがたいなぁ、ありがたいなぁと思いながら走ってて、こんな光景に出くわした。
120508cb2
ちょっとだけ休憩に停まり、何気なくiPhoneで撮ったら、祝福?の陽光が降り注いでいたのだった。
これ、たぶん、いつも持ち歩いてるデジカメだと、こんな風には写らないと思う。

なぜ、この場所で停まろうと思ったのかわからない。
なぜ、iPhoneで撮ろうと思ったのかもわからない。

馬鹿息子ながら、何か大きな力から、棟梁のついでにお祝いしていただいたような心持ちだった。

ありがとうございますm(_ _)m

2012年5月 7日 (月)

進捗状況

5月7日現在の中門。
1205807chumon1

下層の組物を徐々に組み立てている。
いずれ・・・(^^;)
詳細に説明する・・・予定(^^;)だが、
とりあえず現在は二段目の肘木(ひじき)を納めているところ。

ちゃんちゃん・・・(。。 )\バキッ☆

すんません手抜きですm(_ _)m
       ↑もちろん仕事じゃなくて、ブログが~(^^;)

2012年5月 6日 (日)

連休中の単車あれこれ

今年のGWは、3~6日までの4連休だったが、3日が地蔵寺さんでのイベント、4日が病院泊まり込み、5日が天野の丹生都比売神社でのイベント。
しかも、3日は晴れたのがコンサートの間だけ(>_<)4日も雨で5日は快晴だったが車移動・・・てなことで、全然乗る機会が無かった(ToT)
もっとも、過去の連休中も、高野山周辺の恐ろしい渋滞に恐れをなし、オフロード系で山中をちょこちょこ走りすることが多かったのだが。

ちなみに、今年は天候が悪かったこともあり、高野山内の渋滞が非常に少なく、観光・参詣両面において心配になったほどだった。
これで天気がよければ夜走りでも・・・と思うが、天気がよければもっと渋滞したであろうし・・・

ともあれ、三年後、平成27年の春に開催される、開創1200年記念法会に向けて、超微力ながら、もっともっと高野山の魅力を伝えていきたいものである。

てなことで、高野山の魅力・・・の一つとして(^^;)

新緑の中を単車で走る楽しみをば・・・

と、思ってたのだが、今朝は朝から雨模様、お昼前には強烈な雷とともに雹まで降り出す始末(ToT)

結局、今年のGWも、病院へ泊まり込みに行く前に、トリッカーのスタッドレスをノーマルに戻しただけ(あ、それでも雨の中をちょこっとだけ走ったっけ(笑))で終わるのか・・・
120503t2

と・・・

午後2時過ぎから天候が回復、路面も乾きだしたではないかいな~\(^o^)/
てなことで、さっそくCBをば引っ張り出して暖気~
今日ばかりは銀よりこっち優先?(。。 )\バキッ☆
とりあえず銀も外へ出し、「夜までちょっと待っといてな~今の内にちょっとだけ家の周りをうろうろしとき~」(^^;)
120506cb2_4
↑てなことで、好きなものがそろったところ(^-^)

銀すまん、ちょっと行ってくるわ~(^^;)
120506cb1
やってきました内子谷~
この、何色にも輝く緑の壁が見たかったんじゃ~(^-^)
どれも緑だが全部違う、
実は私、恥ずかしながら、こういう「それぞれが違う緑色」を意識して見られるようになったのは、東北へ行きだしてからなのである。
これは、言い訳をさせてもらうと(^^;)高野山を取り巻く山々がほとんど植林であるということも手伝っている。
つまり見渡す限り、○山○夷画伯の絵みたい・・・って書くと怒られるか?(^^;)
もちろん、龍神スカイラインとか、虎が峯あたりでは、何種類もの緑を見られるところもあるし、実際見たこともある。
しかしその頃は、あそこまでが植林でそこからは原生林か荒れてる山・・・みたいな見方しか出来なかったのだ。
そして価値としては植林が勝っていて、値打ちとしては原生林が勝っている・・・みたいにも思っていた。
価値=値段、値打ち=貴重さ、みたいな感じですね。

今はちょっと違う、
植林の緑も、原生林の緑も、みんな違ってみんないい、なのだ(^-^)

ちょっと理屈っぽいのは、まだ冬の寒さが心に残っているからだろう(笑)

てなことで、そいつを今度はこれでぶっ飛ばそう~
120506w1
すまんなぁ銀、帰ってきたから銀ぶら行けると思って喜んでるのに、またちょっとだけ、ちょっとだけ行って来るわな~(。。 )\バキッ☆
            ・
            ・
            ・
てなことで、ほんの数時間だったが、さすがに5月ともなれば日が長い(^-^)
銀とも遊ぼ~
120506gin1
だって銀が、拗ねた時の癖で、これみよがしにナイラボーンを目の前で囓るパフォーマンスを見せているもんね(笑)

そういう時は・・・
120506gin2
うりうり~っと、首筋なでなで~(笑)
とたんに、まさに破顔一笑、ご機嫌が直るのでありました。

めでたしめでたし

2012年5月 5日 (土)

天野にて

本日は五月晴れの下
120505a1
天野の丹生都比売神社へ
120505a2
現在、再建工事中のモデルの一つである楼門も、五月の陽光に照らされまばゆいばかり。
120505a3
本日のカミさんは、奉納される巫女舞のお手伝いで琴の演奏係。
忙しいヒトですなぁ(^^;)

てなことで、せっかくの好天、単車で・・・とも思ったのだが、娘も行くというので、どうせならと銀も連れてきた(^-^)
120505gin1
飼い主馬鹿だとは思うが(^^;)こういう人出の多いところへくればくるほど、賢そうな犬を演じるのがこいつは上手だ(笑)
まぁ一緒に出かけられてご機嫌だったのだろう(^-^)
120505a4
先日の地蔵寺さんと同じく、ここもこの時期、(白)藤が美しい。
120505a6
時折吹きよせる風は、暑くもなく冷たくもなく、まさに新緑を生き生きとそよがせる初夏の象徴であり、その場にいるだけで憂いも悩みも祓われるような、これ以上はないほど爽やかで清々しいひとときを過ごせた。

南無大明神

2012年5月 4日 (金)

棟梁の経過

本日は棟梁の付き添いで病院へ泊まり込み。

大勢の方にお見舞いいただき、この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

さて、23日の手術以来の経過を記録しておこう。

4月20日 入院

  21日 検査

  22日 検査

  23日 手術 10時~13時 
      手術終了後にすぐ覚醒後『腹が痛い』と一言、
      そらそうやろ(^^;)
             術後は一晩観察室で過ごす

  24日 午前10時、予定通り病室へ戻り一安心

  25日 『点滴にハエが入っている』との幻覚有り
      全身麻酔の影響か?

  26日 『目の前に何かぶら下がっている』という幻覚有り
      他にも、しきりに指先から何か出ているような仕草を
      繰り返す

      腹腔内の出血がほぼ無くなったとのことで
      挿入されていたドレーンを取ってもらった  
      早っ!w(゜o゜)w

  27日 半分抜糸してもらう 早っ!w(゜o゜)w
      午後10時過ぎ、病院から
      『非常に怒っている』との連絡有り駆けつける。
      肝臓の術後ではしばしば起こることらしいのだが
      念のため連絡してくれたとのこと
      肝臓の機能が一時低下したため、毒素を漉しきれず
      脳へ回るからだろうか?
      しかし私が到着した時にはすでに落ち着き、
      実家にいたので先着したカミさんに支えられ、
      廊下を歩いていた
      『ちょっと台所まで、酒を飲みにいく』というので(^^;)
      焙じ茶と白湯を混ぜて、熱燗酒と偽り。飲ませる(^^;)
      『なんと薄いもんやなぁ』と言うので(笑)
      「麻酔したから舌の感覚が鈍ってるんや、
      ちゃんと看護師さんの言うこと聞いて養生せんと
      いつまでも酒の味がわからんままやで~」
      と脅かしたら以後、おとなしくなった(笑)
      看護師さんによると『この手術を受けた人は
      ほとんど最初はこうなります』とのこと 
      中には『窓から飛び降りるっ』と
      暴れるケースもあるそうで
      棟梁はまだマシな方らしい(^^;)

  28日 完全に抜糸してもらう
      早すぎないかとこちらが心配になってくるw(゜o゜)w
      抜糸が済んだせいか、しきりに『家に帰る』と訴える

      まだ補助は必要だが、
      しっかりとした足取りでトイレに向かう。
      回復力には驚くばかり

  29日 本日で点滴終了 食事も重湯に変わる
      幻覚やや多し 酒を断って二週間 
      手術の影響というより、
      これはひょっとしてアルコールの禁断症状では?(^^;)

  30日 朝、三分粥が出る

5月 1日 『ここは橋本か?』を連発、しかし、
      すぐ横が赤松院、と言ってみたり、宝善院まで散歩する
      と病室を出たり、やはりちぐはぐ
      ここ数年は旅行をしてないので、
      起きた時は自宅にいるという錯覚があるらしく
      入院中という自覚との差が出るのだろう

  2日  座って読書に続き、それまで寝転ぶと
      そのまま眠り込んでしまっていたのが
      寝転んで読書もするようになった。
      会話もしっかりしてきて一安心

  3日  一人でトイレに行けるようになった。

  4日  そして本日 見舞客に対しては
      完全に普通の会話やふるまいができる。
      やはり気が張っているからであろう

当初、そのまま痴呆に向かってしまうのでは?と心配していたが、順調に快復しているようで一安心である。
特筆すべきは、傷に対する治癒の早さw(゜o゜)w
やはり棟梁にはトカゲかヒトデの遺伝子が入っているとしか思えない(^^;)
私にも・・・と、心強さはあるが、とてもこうはいかない、母方のミトコンドリア遺伝子のせいで、フツー?に書き換えられていると思う(^^;)
・・・って、思っていないと呑み過ぎてしm・・・(。。 )\バキッ☆

ということで・・・

みなさま、ご心配をいただきありがとうございますm(_ _)m
上記のように、順調に回復しておりますので、どうぞご安心くださいm(_ _)m

2012年5月 3日 (木)

今年も

今年も、橋本市の易産山地蔵寺様、通称、子安の地蔵さんにお招きいただいて、ミニコンサート。
120503di1
関西花の寺二十四番で知られる藤のお寺。
120503di2
天候が心配だったが、ちょうどコンサートが始まる頃から青空も見え始め、お地蔵さんのご加護と喜んだ(^-^)
120503di3
今年は、橋本市在住のオペラ歌手、小谷妙子さんもご参加いただいた。
120503di4
ラストは恒例、お集まりの方々と「ふるさと」を和やかに合唱。
120503di7
スタッフ一同で記念撮影。

ありがとうございましたm(_ _)m

2012年5月 2日 (水)

さらに一ヶ月

ちょうど一月前、生まれたばかりのオタマ達を紹介した。
あれから一ヶ月、彼ら彼女らはどうなったか?
120502p1
弊社の職人さん達が引っ越しさせた水たまりは、このところの好天で水が減り続け、その度に、職人さん達が水を足しているのである(^-^)
しかしもう一つの大問題が・・・
それはこのヤマアカガエル?達の後に生まれてくるモリアオガエル達のことである。

↓2011年6月6日現在
110606m1
くわしくは当時のブログをご参照いただきたいが、要するにこのネットフェンスが、モリアオガエルの産卵場所になってしまっているので、
↓2012年4月2日現在
120310o2
↑のような状態では、卵を産み付けるどころではないのである。

そこで、
職人さん達に「モリアオガエルが心配や~」と告げたところ・・・

やってくれました(^-^)
120502p2
ビニールシートを使って、水たまりの水が漏れてしまわないように改修!
本山の土地を勝手に工事するのも恐縮だが(^^;)”いかせいのち”ということでお許しいただきたいm(_ _)m
てなことで、本日現在で、
120502p3
あと一雨くれば、モリアオガエルの産卵も可能なくらいに水位が回復したという次第。
120502p4_2
オタマたちも、網ですくわれ元の棲家に戻され(笑)元気に暮らしている(^-^)

めでたしめでたし

2012年5月 1日 (火)

さつきのはじまりに

ここ数年、自分の誕生月なのに、5月はちょっと憂鬱な印象が強かった。
るんたが逝った月だし、歳が一つ加算(^^;)される月でもある。
しかし、今年はなんだか少し違う、
五月雨の月というより、光り輝く新緑のイメージがまず浮かぶ。
七回忌とは、そういう心境にもなれる歳月が過ぎたということなのだろうか・・・
もちろん、るんたのことを忘れたことはない。
銀を見るたびに思い出す、でも、その思い出し方が涙を誘うものから、笑顔の源のように変わってきているのだ。
・・・って、書いてたらまたちょっと悲しくなってくるのだが・・・

本日「さつきのはじまり」に、ふさわしい仕事をさせていただいた。
120501stump2_2
切り株を囲む柵である。

この切り株は、伽藍の西塔の裏にある。

そう、中門の用材になった桧の切り株なのだ。
120501stump1
看板も立てさせていただいた。

説明文には

この先の切り株は、中門再建に使われた樹齢374年の桧です。文化財の再建に於いて、高野山で育んだ用材を使うことは、山林と人との”生かせいのち”の象徴です。伽藍で
育まれた”いのち”は、中門に形を変えて、いかされる”いのち”となります。

と、書かれている。

”いのち”は、形をかえていかされていくのだ。

るんたのいのちは、銀が受け継いでくれた。

そう、素直に思えた、さつきのはじまりだった。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ