サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

紅葉

連日の冷え込みのせいか、急に色づきだした高野山の紅葉。
121031koyo
まばゆいばかりの鮮烈な彩りを快晴の空に放っている。
121031koyo2
こちらは、高野山大学の銀杏。
小さい頃の記憶は、より大きく印象に残るものだが、この銀杏は文字通り、もっと巨大な枝振りを誇っていたし、ギンナンも大量に成った。
それを拾い集め、手でさわると臭いので(^^;)靴で地面にこすりつけ果肉は剥いてしまい、固い殻ごと空き缶に詰めて木屋の焼き場で蒸し焼きにし、金槌で割って食べるのが、小学生の頃の秋の楽しみだった。
他の子供達が、アケビ取りに夢中な時も、私はひたすら、ほくほくのギンナン指向だった。

なんて将来、酒飲みになるのが予想されるような味覚だったのだろう(笑)

てなことで、道に落ちてるギンナンを拾い集めるのが恥ずかしくなった頃(^^;)から、この銀杏も小ぶりになり、秋になると車で通っても異臭が漂うほどだったギンナンの数も減った。
121031koyo4
あまりに巨大になり、落葉がすごくなったので、枝打ちをした結果、ギンナンが成る量も激減したのだそうだ。

少し残念な気もするが、毎日掃除をする人や、通る人のことを思えばいたしかたないことかもしれない。
なにしろ、ギンナンを拾って空き缶に詰めたとしても、野焼きもできない世の中なのだから・・・って、今どき、ギンナンを拾って食べる子供なんかおれへんか?(笑)

しかし、近所のGSのお兄さんによると、
121031koyo6
かなり以前に枝打ちした跡からは、ご覧のように新たな枝がごちゃまんと生えだしてきているとのことw(゜o゜)w

『そのうち、また、大量にギンナンが降り出すかもしれませんね~』

件のお兄さんは、毎日の掃除にうんざりしているだろうに、なぜか期待しているようにつぶやいた(笑)

彼もひょっとしたら、空き缶蒸し焼き派だったのかもしれない(^-^)

121031koyo3

もう一度見上げたら、40年以上も前に戻った気がした。

ちゃんちゃん

2012年10月30日 (火)

GA∟AXY SC-06D ソフトウェア更新(10月30日)

備忘録:本日、GA∟AXYのソフトウエア更新。
121030galaxy1_2
ドコモのHPによると、前回が9月27日、前々回が8月8日、その前が7月3日ということなので、ほぼ一ヶ月毎に更新されているようだ。

9月の更新は、あまり印象に残ってないが、8月分の更新については電池の保ちが急激に悪化した直後だったのでブログにも書いている。

今回、ドコモによると、
■改善される事象として、   
「動画撮影時に手振れ補正をONにしても、手振れ補正が正常に動作しない場合がある。」
となっているが、そんなことはどうでもいい。

前回の、電池の持ちの悪化の時もそうだったが、「お前はいつからMED|ASになったんや~っ!」と、思わず声に出してしまうくらい、最近、電話帳の反応がとろすぎるのが改善されることを祈るのみである。

料金が安くなる、という一点のみで、スマホに替えてしまったが、私が携帯に望むのは電話とメール機能のみ。アプリだのなんだのはiPhone5でできる。
ただし、電話機能までiPhone5に移行してしまうのは、これまた電池の保ちと、利便性を考え躊躇している。

おそらく膨大な技術が投入されているのだろうけど、もうちょっとこう、ガラケー時代の反応の早さを実現できないものなのだろうか?

まぁ、デジカメと同じく、一定の購買数を確保し続けるため、技術の小出しをしているのだろうけど・・・
こんな有様だと、逆に客離れを招くのではなかろうか?

実際の話、私はだんだん携帯が嫌いになりつつあるもんね(^^;)
積極的にイヂるパターンから、必要最低限しか使わないパターンに移行しつつあるのを最近特に感じてる。
まぁ、世間がみな同じとは言わないけれど、周辺機器も含めて、市場を拡大していくためには、もっと魅力的な「キカイ」であってほしいよねぇ・・・

てなことで、ギョーカイのみなさん、大変だろうとは思うけど、飽きさせない工夫、お願いしまっせ~m(_ _)m

ちゃんちゃん

2012年10月29日 (月)

ショックとステップ

昨日、なんとか夕方までには仕事を終わらせたのだが、もう一つ届いたブツ(バックステップ~!)の取り付けボルトの一本が、間違って違うピッチのものが入ってて、固定不可能(ToT)

それでも、まんさく社長が素早く手配してくれたおかげで、本日取り付け完了!と相成った\(^o^)/
121029m3
↑ショックは交換済みで、ステップがノーマル状態。
121029m4
↑ステップ交換後~\(^o^)/

ちなみに、↓がノーマルステップのパーツ。
121029m6
えらい大げさに見えるが、中間に振動対策のゴムを仕込むためにこうなっているようだ。

交換後のバックステップには、中間ゴムがないため、微振動はそのまま伝わってくる(笑)
だが、不快ではない(^-^)

121029m11
↑ブレーキ側のノーマルステップ状態。
121029m22
↑交換後。

これで、CBとほぼ同じディメンションにできたのが、快!(^-^)

そして驚いたのが、オーリンズ。

W650の時も驚いたが、その時はダメダメ~(^^;)がフツーになったという印象だったのが、今回はもうなんちゅーか、バイク雑誌の提灯記事につきもので、使いたくない言葉だが「まさに別物!」(笑)

MT-01のノーマルショックは、ピッチングを軽減するためか、バネレートが19Kと高く設定されているのでかなり硬く、マンホール等の小さな段差でも、お尻が浮き上がりバウンドしてしまうくらいだった。

それがもう、なんということでしょう(笑)

1150GSでも感じた、まさに猫足~!
ただ、柔らかいだけではなく、ショックをちゃんと受け止めながら、きちんと踏ん張ってくれる。

とりあえず当たりがつくまで、ノーマルセッティングで走ってみるつもりだが、もともとよく曲がるMT-01が、コーナリングマシ~ン!に昇華しちゃったのである\(^o^)/

証拠をお見せしよう。
121021z6
↑10月21日現在、のリアタイヤの画像。
オーリンズ購入を決めた時に撮っておいたものだ。
黄色の曲線は、タイヤがささくれているゾーン、つまり一番よく使うところ。
それが、
↓とりあえず、ステップ位置の微調整と、ショックの挙動に慣れるため、高野山道路を1回往復しただけで・・・
121030z6
ささくれゾーンがタイヤの端っこに1㎝以上寄り、前進方向の溝の縁が潰れ、象さんなんか下半身消えかけてるし~w(゜o゜)w

これ、そんなにがんばった結果ではない(^^;)
何せ絶版車(ToT)コケたらパーツが手に入らないもんね~{{{{(+_+)}}}}

加速感も、トルクで走る単車のため、ノーマルだと前方からびよよぉ~んと、ゴムで引っ張られる感じだったのが、ショックを替えてからは、まるで後方から巨大なトコロテンの突き棒で、どりゅどりゅどりゅるるるぅ~っと、押し出されるような感じになった。

それってどう違うん?と思われるかも知れないが(^^;)
そういう「感じ」としか言えないの~!

おそらく、ピッチングが大きくなり、加速時に前上がりする量が増えたからだと思うのだが、乗ってる本人にはあまり気にならない。
それより、「安心して開けられる」感覚の方が勝っているからだろう。

しかしショックの慣らしの状態で、自分的には限界に近いとこまで使ってるということは、無茶したらいきなり破綻させてしまうような気も・・・(^^;)

もう少し走り込んで、セッティングのサルになることにしよう(笑)

これほど入れ込むのは、CBのサスを替えて以来、7年ぶりかな~(^-^)

つくづくAHOやな~(笑)

そやけど、嬉しいなぁ~(^-^)

ちゃんちゃん

2012年10月28日 (日)

来た~\(^o^)/

来た~\(^o^)/
121028o1
Made in Swedenだが、これは、Purchased by Chinaでもある(^^;)

・・・龍珍王に何か言われそうやな(笑)

これに換装するのは、当分無理と思っていたのだが、9月末に予定されていた中国訪問(またたかよ~って言わんといて~(^^;)、私自身がそう思ってるんやけど、これも浮き世の義理ってもんやねーん(ToT))が、例の暴動のせいで順延になり、とりあえず旅費が払い戻されてきたもんで・・・(^^;)

つい・・・(。。 )\バキッ☆

だからもう、再度、募集をかけられても、旅費がありませんから行けませーん!

・・・と、言って次回は断りたい(^^;)

てなことで、今日は夕方まで仕事なので、まんさく社長のガレージ西へMT-01とともに預けた。

すると、タイミングよく、もう一つのPurchased by China(笑)も届いてるというので、喜色満面\(^o^)/

絶対夕方までに仕事終わらせるど~!

つづく

2012年10月27日 (土)

拗ねた~(笑)

ガレージまでついて来て、遊んでくれとまとわりつく銀をほったらかして、単車をイヂってたのだが・・・
121027gin1
ふと見ると、めっちゃ拗ねていた(^^;)
121027gin5
↑アップ(笑)

しかたがない、ちょっと遊ぼか~

121027gin3

てなことで、すぐにこんな顔になった(笑)

わかりやすくてええヤツや~(^-^)

ありがと~(^-^)

2012年10月26日 (金)

霜降の候

まさしく霜降の候だ。
121026temp
朝は4度前後、天気が良くても最高気温は16度前後、体感温度は常に一桁台。

もはや10月も下旬なのだから、寒いのは当たり前なのだが・・・

みなが口々に言う、

『今年の高野山は、秋が無かったね』 

これまたまさしく。

夏の暑さが(といっても、20数度だが)がだらだらと残っているなぁと感じてたら、10月になったとたんに、驚くほど冷え込んだ。

最初は、「今朝、7度やったらしいで~」と、10月初旬にしても珍しく寒い・・・ってな感じだったのだが、その後も秋らしい十数度前後の快適な日はほとんどなく、このままいつ雪が降ってもおかしくない真冬の11月に突入しそうな案配なのだ。

まぁ・・・高野山だから・・・と言ってしまえばそれまでの話なのだが・・・(笑)

ちゃんちゃん

2012年10月25日 (木)

手帳

今年もあと二月・・・って早いなぁw(゜o゜)w
だから、鬼もあんまり笑わないだろうけど、来年の手帳をばゲット。
121025note1
左が現役、右が来年のもの。
ここ数年は同じメーカーの同じ品番を迷わず購入している。
比べて見ると、現役手帳は、やはりほぼ1年の使用によりヤレて分厚くなっている。
121025note2
一所懸命、仕事に励んだ成果?(^^;)
くだらないメモも一杯書き込まれてるが、1年生きた証とも言える(^-^)

で、例によってAmazonでポチったのだが、今年の手帳のオビに『1月はじまり』、と、あるじゃ~あ~りませんかw(゜o゜)w
従来のものは、前年(つまり今年)の12月から始まる仕様になっていて、来年に向けての抱負も込めて、事前に目標やらら予定をたてたり、今年度分から書き写したりと、重宝だったのに、なぜ仕様が変更されたのだろう?

・・・って、
121025note3
12月はじまりやーん!(笑)
121025note4
1週間分のページも、しっかり12月1日から書き込めるようになってるし~(笑)

ではなぜ「1月はじまり」なん?

と、ここでやっと、このメーカーのホームページを見た(笑)

なるほど!

つまり、このメーカーでは、年度代わり、つまり「4月はじまり」の手帳も作っているので、それと区別するために、「1月はじまり」と表記してあるわけだったのだ~

・・・て、これって常識なん?(^^;)

しかし、

ホームページの「詳細」を見ても、『1月始まり』『月曜始まり』とあるだけで、『実は12月から始まってます~』みたいな説明は無かったので、私の場合、もし、購入する前にホームページを見ていたら、「なんやあの便利な12月はじまりを捨てたんかいな~」ってことで、購入に至らなかったかもしれない。

なんも考えずに品番だけでポチっといて良かったね~(。。 )\バキッ☆

でもまぁ・・・結果オーライ?(笑)

さてさて、それこそ鬼が笑う話だが、来年の今頃も、分厚くなった2013年の手帳と、2014年の手帳を並べて、画像に納めたいものだ(^-^)

ちゃんちゃん

2012年10月24日 (水)

コーティング?

iPhoneで、かぶせ型のケースを使うようになってから、液晶画面に保護フィルムは貼らないようになった。
当たり前の話だが、たとえ薄いフィルム一枚でも、貼れば視認性は落ちるし、そのフィルムに傷が付いた場合、そうそう何度も張り替えることもできないから、傷付きフィルムごしに、無傷の本体画面をながめることになるって本末転倒やん(笑)
実際の話、iPhone4sをまる2年使用して、目立つような傷は付かなかった(^-^)

で、iPhone5の画面なのだが・・・
121024iphone_2
汚れ型が極端に違うのである。
左側(下部)は、フリック入力でよく触るところで、右側の楕円の汚れはゲームでのものだろう。
121024galaxy2
しかし、あまりにも、汚れの境界がはっきりしすぎている。
もちろん、他の汚れた部分を拭き取ったわけではない。
右側(上部)が汚れにくい?ようなコーティングがされているのだろうか?
それとも、フリック入力のエリアは、タッチの感度を上げるためにツルツルにはできないのだろうか?
しかし、横画面の場合は、フリック入力の位置は上部に変わるわけだから・・・
う~ん、謎だ。

ちなみに、GA∟AXYの画面だとこうなる。
こちらも、かぶせ型のケースなので、フィルムは貼ってない。
121024galaxy
フリック入力のやり方はほとんど同じなのに、iPhoneと違い、汚れの範囲が点状に分離しているのは、これまたコーティングの方法が違うのだろうか?

う~ん、謎だ~(笑)

てなことで、

つづく・・・かもしれない(^^;)

2012年10月23日 (火)

支輪と支輪板

弁柄(べんがら)で、紅く塗装されてるのが支輪(しりん)
121024shirin1
斗組(ますぐみ)により外側へ送り出されていく桁のうち、下部の軒桁(のきげた)と上部の丸桁(がんぎょう)の間を斜めに繋いでいる。
121024shirin2
構造材ではなく、組み物を見上げた時の美観を引き立たせる部材ではあるが、耐久性を確保するため、かなり厚めの部材になっている。
121024shirin4
通常は支輪の裏に支輪板という板を張り付けるのだが、これも耐久性を考慮して、一つずつ隙間を埋めていく。
121024shirin3
支輪「板(という感じはしないだろうけど(^^;))」は、胡粉で白く塗装されているのだが、樹脂や油分が多い高野の木を真っ白く仕上げるために、漆で下地処理したり、特殊な技法が使われているため、表面の厚みが増している。
そのため、曲面をきっちりと合わせるために摺り合わせを行うのだが、この時、下地に使われた漆が微粉末になってあたりを漂うことになる(^^;)

つまり・・・
作業してると、めっちゃかぶれやすいのである{{{{(+_+)}}}}
特に、微粉末状態だから、吸い込んでしまうこともあり、肺や舌がかぶれることもある。
通常、漆にかぶれると、首筋とか肘の内側などが赤くなり、痒くなるものだが、肺がかぶれると息苦しくなるし、舌がかぶれると痛みを感じるという。

・・・って、体質的に、過去一度も、かぶれたことがない私にはわからない苦しみであるm(_ _)m

対処方としては、まずは真水で洗うのが一番良いらしく、約1週間程度で自然治癒するのが普通で、痒みを抑える薬としては、ステロイド系の軟膏(抗菌成分の入ってないやつ)が有効なのだが、厄介なことに、漆かぶれは直る直前が一番痒いらしく、「この薬、効けへ~ん」と思った頃が治り頃とのこと(^^;)

121024shirin5
支輪と支輪板が収まったところ
121024shirin6
丈夫なもの、長持ちするものを作りたいのは当たり前、その上さらに美しいものを、と古代の誰かが思い、実現してくれた。
それを今、再現し、未来へ送る喜び。

ありがとうございますm(_ _)m

2012年10月22日 (月)

迫り来る音{{{{(+_+)}}}}

夜の銀ぶらで、自宅前の路地まで戻って来たら・・・

後ろの方で、カサコソカサコソ・・・っと音がする。

立ち止まると、音も止まる・・・

振り返っても暗闇に包まれた道がかすかに見えるだけ、

空耳かと思い、歩き出すとまた、カサコソカサコソ・・・

な、何か、ついて来てるぅ~{{{{(+_+)}}}}

ネコ?・・・ではないよね・・・足音なんかさせんもんな・・・

って・・・あのムササビが戻って来たん~?{{{{(+_+)}}}}

背後から襲う気ぃ~???(ToT)

思わず立ち止まった、というか、金縛りにあったように動けなくなった瞬間、

カサコソカサ・・・カサカサカサカサ・・・・っと、音が早くなり、私のすぐそばを追い越して行ったw(゜o゜)w

121022leaf

正体は枯れ尾花ではなく、これ(^^;)

葉っぱ一枚にビビッたのはナサケナイが(^^;)、そこはそれ、ここは高野山。

何が起こるかわからんし、何が起こってもおかしくないもんね~(ToT)

ちゃんちゃん

あ、でも、なんで私の歩調に合わせて風が吹いたん?

やっぱり怖ぁ~{{{{(+_+)}}}}

2012年10月21日 (日)

久々の夕焼け

日曜日、東北ツーに思いを馳せながら、MT-01でサルになる(笑)
121021m2
久しぶりに、単車で走ってる時に夕焼けと遭遇。

走るのに夢中だったが、画像に納めたくて、いったん渡った橋を戻った(笑)

他に言うことなーし!

まんぞくまんぞ~(^-^)

めでたしめでたし

2012年10月20日 (土)

座敷童~?(^^;)

それは昨夜の午後11時過ぎ・・・
二階で、コトコト・・・音がする。

それはネズミでもネコでもない、もう少し重量感があり、四つ足というよりは二足歩行みたいな間隔の音・・・

怖ぁ~{{{{(+_+)}}}}

ざ、座敷童ぃ~?

・・・しかし、子供の足音と錯覚するような音と言えば・・・

まさか?

・・・で、おそるおそる二階へ上がってみると・・・

タンスの上に・・・w(゜o゜)w
121019musasabi2

なんでなんでなんで~?
なんで家の中にムササビがおるん~!w(゜o゜)w

なお、↑上記画像は、どうしても撮りたくて(^^;)カメラを撮ってくる間に見失ってしまい(笑)あっちこっちを叩き回ったらタンスの奥から這い上がってきて、部屋中を逃げ回った後に撮ったもの。

で・・・
この時も当然のことながら酔っ払っており(。。 )\バキッ☆

○カメラを持って来た時に戸を閉めるのを忘れていた。(。。 )\バキッ☆
○逃げ道として、窓を開けるのを忘れていた(。。 )\バキッ☆

つまりは・・・とにかく画像を撮りたい!(笑)
それしか考えてなかったのであーる(。。 )\バキッ☆

で、ヨッパーの私より賢いらしい(^^;)こやつは、当然のことながら窓を目指した。121019musasabi6
しかし、AHOな家主が窓を開けてなかったため、彼(大きさと習性から、おそらく♂であろうと思われる)は二、三度ガラスにアタックした後、再びタンスの裏に隠れた。

この時点では↑の画像を1枚撮れたのみ、ああ、飛ぶとこ撮りたい~って、まだ酔っている(。。 )\バキッ☆
そして、タンスをつついてみても反応がなかったので、両手でゆっさゆっさと揺すっていたら、上部に出現したのが↑一番上の画像である。
121019musasabi1
撮ったど~!って・・・戸が開いてるやーん!(>_<)
と、次の瞬間・・・
121019musasabi4
飛んだとこも撮ったど~って、しっぽだけやけど(^^;)・・・って、喜んでる場合ちゃうやーん!

ど、どこへ行ったん~?
この先は母屋とも繋がっているので、隠れるとこはふんだんにある・・・orz
ううう・・・
で、急いで後を追い、階下へ降りて廊下廻りを見回っていると・・・

コトカタ・・・コトトトトトト・・・・
おお!あれはたぶん階段を駆け上がる音ではないかいな~!

てなことで、あちこちの戸を閉めながら再び二階へ、
これで、廊下と、その突き当たりにあるトイレ、そして寝室のどこかにいるはずの状態となった。

・・・しかし・・・

それ以降、あちこちをつついたり叩いたりして回ったが、まったく反応無し・・・orz

今度は寝室の窓を開けておいたから、すでに飛び去ったのかもしれないとも思ったが、お寺の屋根裏に棲み着いたのを追い出した経験から考え、丸くなってじぃ~っと死んだふりをしてる可能性も大だ。

しかたがない、とりあえず窓全開で、このままにしておこう。

てなことで、ただ待つのも癪だから、すでに真夜中だったが、今晩二度目の銀ぶらに出発(笑)
喜んだのは銀だけだった。
            ・
            ・
            ・
銀ぶらから戻り、冷え切った寝室を見て回るが変化無し。
トイレに行って、初めて侵入口発見!

少しでも脱出口を増やそうと(笑)トイレの扉も窓も開けておいたのだが、窓がなんとなく妙にスカスカ・・・って、網戸が枠だけになってるやーん!w(゜o゜)w
なるほど、彼はおそらく、網戸を破ってトイレの窓から侵入したのだ。

これも何度か経験したことだが、彼らは金網系を破るのが大好きなのである。
何度も侵入されている換気口を、かなりごついステンレスのメッシュシートで覆っていたのに、1年かけてバラバラに解体し、再び侵入したということもあったくらいだ。

そうかそうか、ここから入ったんやから、またここから出て行ったのかもね~と、とりあえず用を足そうと腰掛けた瞬間、

ごそっ・・・

今の音、何ぃ~~~っ!{{{{(+_+)}}}}

背筋にゾクゾク~っと冷気が走り、体が硬直した(^^;)

今にも、天井にへばりついたヤツが、 ばさぁ~っと舞い降りてきて顔面に巻き付く・・・そう、まさに「野衾」のイメージ(^^;)

おそるおそる、ホントにおそるおそる、顔というか頭を動かさないようにして(だって、少しでも動いたら襲いかかってくるような気が・・・{{{{(+_+)}}}})視線だけを上げていく。
ほとんど白目を剥いた状態で天井を見てみると・・・いない。

ということは、背後から襲ってくる気か~っ!

※ここまで読まれて、なんで恵峯はこんなに怖がってるのか不思議に思われるかもしれません。カワイイやん、飼うたったらええのに~という声も聞こえます。

でもね、こやつの牙は犬並みに太く、ネコ並に鋭いのであります。
齧歯類だし、木の実を噛み砕くためには、ある程度鋭く丈夫な牙が必要だとは思いますが、絶対、オーバースペックなんです~(>_<)

お寺の屋根裏で追い詰めた時、窮鼠、じゃない、窮鼯ヒトを噛む、ってな感じで、全身を総毛立たせて『シャーッ』っと牙を剥きだして呻られたところを想像してみて下さい。
梁から落ちかけるくらい恐ろしいんですよ~{{{{(+_+)}}}}

しかもこの時の私は、下半身の防備体制が「0」!(^^;)
まぁ・・・オシッコはちびっても大丈夫やけど(^^;)

・・・ごそっ!

ぐわぁ~来るなら来い~!こうなったら窮人、ムササビを噛むくらいの勢いで戦うたるわーい!

・・・来ない・・・

そして、数十秒が何時間にも感じられる時が過ぎ・・・
音が意外に下から聞こえたような気もしたので、便器の後ろの下の方を、これまたおそるおそる覗いてみたら・・・

・・・おるぅ~!茶色いしっぽが見えてるぅ~(>_<)

・・・けど・・・動かな~い。

少しずつ体を動かし・・・まずはパンツを穿いて(^^;)立ち上がった私。

まだ動かない。

おお!
これはひょっとして・・・

・・・死んだふり?(^^;)

そうかそうか~
君(妖怪野衾や、ヤツ、から親近間がこもった二人称に変更(笑))も怖いんやな~?(笑)

そらまぁそうやね、考えてみれば、体格的には当たり前か?(^^;)

「俺は君を襲ったりせんわいな~」ととりあえず優しく語りかけてみた(笑)

反応無し

・・・まぁ・・・当たり前やね(^^;)

とにかく、トイレから追い出して、廊下のつき当たりから寝室へ入らせ、なおかつ全開にした窓から出て行ってもらわねばならないのだが・・・

死んだふりをしてるのをどうやって追い出そう?

ふむ・・・

と、トイレで読む専用?の単車関係の雑誌があったので、そいつを丸めて棒状にし、つんつん・・・とつついてみた(^^;)

・・・反応無し

う~ん、必死で死んだふりしてるなぁ~(^^;)

・・・もうちょっと強めに、つんつん・・・

・・・反応無し

・・・えぇ~!恐怖のあまり、ほんまに死んでしもたんちゃうやろなぁ?

・・・つんつん・・・つんつん・・・つんt・・・

くらいで、いきなり生き返った~っ!w(゜o゜)w

一瞬、目が合った時の、彼の「困ったような顔」は忘れられない(^^;)
銀もよくするが(笑)上目使いにこちらを見上げ、口は半開き、体からは脱力感が漂う・・・という様だ。

それでもやっぱり野生の子、次の瞬間には私の足下をすり抜け、トットトットと走り出した~!w(゜o゜)w

動き出した時はw(゜o゜)wしたが、そこはそれ、向こうがビビッてるのがわかったからには、こちらにも多少の余裕がある(笑)
寝室の入り口あたりまで走るのを見定め、反対側の壁に、丸めた雑誌を放り投げてぶつけてみた。

バサっという音に驚いたのか、ばっちり寝室へ逃げ込んだのを確認して後を追う。

入り口付近にいないのを確認後、戸を閉め密室(窓は全開)にした。

あぁここで私が噛み殺されたとしたら、モルグ街の殺人・・・みたいになるんやろなぁと思った私は、まだ酔っていた(。。 )\バキッ☆

そして・・・

それからの長かったこと・・・orz

すでに窓から脱出したのかどうか、さっぱりわからない。
もし、どこかに隠れていたとしても、密室のままにしておけばいずれは窓から出て行くのだろうが、オシッコやフンをされてはたまらないではないか。

ちなみに、ムササビのフンは、丸くて小さいので発見しにくい。
色も、黒に白が混じった、カビの生えた正露丸・・・みたいな感じ。
あんなものがベッドに転がってると思うと、いくら酔ってても安眠できないではないか~(^^;)

てなことで、ベッドに座り込みひたすら待つことにした。
              ・
              ・
              ・
待ってる間、電気を点けたり消したり、タンスを叩き回ったり・・・(笑)
すでに窓から出て行ってるとしたら、非常に滑稽だが(笑)もうこうなったら意地じゃ~的に執着したのは、まだまだ酔っていたせいだろう(笑)

そして、

その時は訪れた(笑)

・・・ごそっ

おお!

まだおったんや~\(^o^)/って喜んでる場合ちゃうやーん!(^^;)

なんと彼は、1回発見されたタンスは避けて、洋服掛けの足下でうずくまることで私の捜索を交わしていたのだった。

「ほれほれ、すぐそこが窓やから、そこから出て行き~!」と私。

言葉を理解したように、洋服掛けの上までよじのぼった彼は次の瞬間・・・

121019musasabi5

・・・残念ながら、滑空距離が足らず(^^;)ベッドに着地・・・

この瞬間が訪れるまで、カメラを手放さなかった自分を誉めたい(笑)

そして・・・
「がんばれ~!窓はすぐそこや~!」

と、今ではすっかり応援してるのに・・・

121019musasabi7

飛ぶための足場が必要なのだろう、スタンドによじ登ろうとして、この後ひっくり返しよった(>_<)

ちなみに、後から、この画像をもとに全長を推定してみたら、体長も尾長もほぼ40数㎝、全長はなんと90㎝近い大物であることがあらためて確認できたw(゜o゜)w

やがて

応援するヒトの声を理解したのか、はたまた恐怖を感じたのか知らないが(^^;)
しばしの追いかけっこの後、ようやく彼は窓枠に取り付いたのであった。
121019musasabi8
しかし、ここからもけっこう長かった(笑)

というのも、窓枠に取り付いたとたんにジャンプすると思っていたのだが、大きさから推定するに、かなりの老獪らしく、やみくもに飛ぶようなまねはせず、格子の向こうに突き出した頭を左右に振りつつ、次の着地点を探していたのである。

余裕ありすぎちゃうのん?(笑)

で、「斜め右に桜の木があるやろが、見えんのかぁ?」と問いかける私。

・・・あぁ、そうか、

「君、ひょっとして、照明で瞳孔が縮んでしもて、夜目が利かんようになっとるの?」

てなことで、親切な私は電気を消してあげたのだった(笑)

・・・と、それを待っていたかのように、彼は闇夜に飛び去ったのであった。

あぁよかった~\(^o^)/

これで眠れる~(笑)

・・・って、体がすっかり冷えてしまったので・・・

ちょっと一杯ひっかけよ~っと(。。 )\バキッ☆

なお、

彼が破ったと思われた網戸の網は、翌日の朝、銀の通路で発見された(笑)

121020amido

ぺろりんと一面をむしり取ったらしく、穴も開いてないので、元通りに修理できそうなのが幸いである。

座敷童は幸運を呼ぶという、ムササビの足音はヒトの足音によく似ているので、昔から間違えられることも多かったようだ。
そいつを追い出してしまったからには、逆に不幸が訪れるのだろうか?
はたまた、あれだけ親切に?してやったのだから、ドングリか何か持ってきてくれるかもしれない(^^;)

とにもかくにも、一件落着?(^^;)

めでたしめでたし

 

2012年10月19日 (金)

iPhone5

10月17日(水)午後7時前、
車中で、iPhone5の初期設定をしながら帰山。
121017iphone51_3

※もちろん、走行中はイヂってませんよ~(^^;)

先週、予約して「3週間待ち」と言われていたiPhone5が、予定より早く入荷したとのことで、取りに行ってきたのだ。

9月のiPhone5発売時には、あまり食指が動かなかった。
現在のiPhone4Sで、必要十分だと思っていたし、以前にモデルチェンジした時、復元がうまくいかず、フォルダが全部飛んでしまい、無駄に多い数百の(^^;)アプリの整理に往生した記憶が残っていたからだ。
あんな目には二度と遭いたくない(^^;)

ところが、早々に入手してドコモから移行したSHINGO君情報によると、なんと高野山の中の橋で「LTE」をキャッチすると言うではないかw(゜o゜)w
プラチナバンドはホンマやったんか?

MED|ASでは、必死こいて切断しようとしたLTEだが(笑)それは、高野山には存在しないLTEを探し回ることで電池が消耗していたわけで、あるモノならば利用しない手はない。

加えて、最近、GA∟AXYの電話とメールアプリの反応が、登録数が増えたわけでもないのに、MED|AS並に遅くなってきており、この際、メールだけでもiPhoneに移行するのも良かろうと考えたのである。
さらに、発売から一ヶ月以上たったので、ネットにも移行の際の情報がいろいろ出だし、どうやらフォルダも飛ばずに移行できそうなことも確認できた。
てなことで、9日だったか、MT-01での試験走行中、橋本市のソフトバンクに寄り、料金体制とか、現有4Sの下取りキャンペーンとかの情報を聞き、つい予約してしまったのだった。
まぁ、初iPhoneから3年が経過し、機器の分割払いが終了していたというのが一番大きい理由かな?(笑)

ただ、これまた前回経験済みの、同期とiCloudのバックアップにより、電話帳に同じ名前がダブって登録されてしまうのを避けるため、「連絡先の同期を解除」の設定をしたのだが、橋本から高野山まで約40分間かかっても設定が終了しなかったことに一抹の不安を覚えた(^^;)

帰宅後、iPhone4Sのバックアップを作成、iPhone5を接続して「復元」してみた。
121017iphone53
前回はこれで、フォルダが全部飛んでしまったのだった。

※私の復元のやり方が悪かったのだろうと思います、おそらく。
だから、この件についてはツッコミ無し、でお願いします~(^^;)

121017iphone55
前回は、恐ろしく時間がかかった記憶があるが、今回は数分後、画面にフォルダが現れだした。

よ、よかった~

あとは、アプリの同期にどれくらいかかるか、だが・・・
121017iphone5
わはは~(^^;)
410個あるんやな~(笑)
しかも中には、通常の更新だけで1時間以上かかるnaviとか入ってるし~
こら朝までほっとけやな~
            ・
            ・
            ・
で、1時間後、同期が何らかの許可を求めたまま停止してないか気になって見てみたら・・・
121017iphone57
あっさり、終了してたw(゜o゜)w
(左:iPhone5 右iPhone4s)

な、なんで~?
音楽とか合わせて30GB以上のデータが1時間程度で移行できるもんなん?

iTuneのくせに・・・(。。 )\バキッ☆

いやその(^^;)
とにかく、iTuneとwindowsとの相性の悪さには、今までさんざん泣かされてきた身としては、目の前に「復元」されたiPhone5の中身が、にわかには信じられなかったのは無理もない・・・とハゲシク同意してくれる方も多いのではなかろうか?(^^;)

121017iphone59
で、ちょっと調べてみると、これも以前には移行の際にデータが消失してしまい、真っ白けのけ~になったメモ帳にも、今回はしっかりデータが残ってる。
121017iphone58
ゲームのデータも、ちゃんと移行できてる~w(゜o゜)w

angry birdsについては、RIOもseazonも含めて、三つ星からバナナやパイナップルやら、全部コンプリートした挙げ句に、移行の際にデータが飛んでしまって、やる気を失ったものだったが、これならまたハマれるやーん(。。 )\バキッ☆

iPhone5ってすごいん?(^^;)
それとも前回の移行の時に、私がめっちゃミスってたってこと?(^^;)

・・・まぁ・・・何にせよ、今回のデータ移行は非常にスムーズで、少々拍子抜けした気分?(笑)
それと、ちゃんとデータが移行できたということは、すなわちiTuneやiCloudにはデータが筒抜けということで、個人情報保護なんて絶対守られるはずがないということがよくわかる(笑)
昔なら、藪の中に隠せたものも、今では雲の上をふわふわと漂っているのだ。
てなことで、隠すほどのものはないけれど、へそくりの一億円の隠し場所とか(笑)クレカのナンバー等は、自分でしかわからない方法で変換してメモるようにしている。
ただ、これも変換方法を時々忘れてしまうので(^^;)それをメモした手帳をヒミツの場所に隠してあるのだが、その場所も時々わからなく・・・って、イタチごっこやなぁ(笑)

とにもかくにも、このまま順調に使い続けられるよう、切に願うものである。

ちゃんちゃん

2012年10月18日 (木)

再会?

月曜から金曜まで「モーニングバード」を録画して、昼食と夕飯時に飛ばし見している。
ネットでは拾えない情報源だし、山中で住んでても(笑)世間の動向がなんとなくわかるし、重宝なのだ。
で、本日、思わぬ人と画面で再会した。
121016sp
ハシモト氏に先行して歩くこのヒト・・・

おお~!

あのときのSPさんやーん!
てなことで、確認してみたところ間違いなし。
081127sanyokai6
↑'08年11月27日現在 某ホテルにて

4年たって、けっこう太った?(^^;)
しかし相変わらずの鋭い眼光と、センター分け(^^;)
非常に印象深いので、チラ見でも思い出せた。
こんなに印象に残るヒトって、業務上差し支えがあるのでは?と心配になるくらいだ(^^;)

その後のニュースでも、ハシモト氏が移動する際にはちらほらと見かける、ということは、専属なのだろうか?

それにしてもこの4年、殉職もせず(^^;)元気で務めていらっしゃるご様子に、あの時はにらまれて怖かったが(^^;)今回は安堵の思い(^-^)

日々の献身、お疲れ様でございます~m(_ _)m

2012年10月17日 (水)

メジロを三枚におろす

10月14日(日)午後9時前に玄関でけたたましい声がしたw(゜o゜)w

『恵峯さーん!』

亭長さんである、まぁた酔うて、銀の小屋にでも入ろうとしてるのか?

見ると、でっかい魚を持っている。

『釣ってきたんですわ~どうぞ~』

酔ってはいないようだ(^^;)しかしその魚のデカイことw(゜o゜)w

「ほんまに君が釣ったん?買うてきたんちゃうの~?」

『釣ったんです~13尾!』

非常に誇らしげである(笑)
さもありなん、
ここ数年、彼が釣りに行って、釣果があったのは、これが初めてではなかろうか?(^^;)

『さばけるでしょ~どうぞ~!』

こんなに喜んで、わざわざ届けてくれたのだから、受け取らないわけにもいくまい・・・(^^;)

めんどっちぃなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

いやその・・・(^^;)
夏場なら、仕事場でさばけばいいのだが、すでに気温が一桁台の現在、台所でさばくとなると・・・あたりが血まみれやーん(^^;)

しかしまぁ・・・久しぶりにやってみるか(笑)

以下、めったに三枚おろしをする機会がない、ド素人の備忘録です、参考にはなりません(笑)
121014mejiro1
全長約60センチのメジロ
ウロコ取りをしないでいいのは助かる。
121014_mejiro1_2
うろ覚えの手順に従って・・・(^^;)
ええっと・・・たしかヒレに沿って包丁入れて・・・
内臓を傷つけないよう注意しながら、背と腹にも切れ目を入れて、残酷な力で背骨をへし折る・・・(^^;)
ベキッ!
この、頭だけが90度になった時、魚と目が合うと、もう死んでいるのに、今、殺したような錯覚を覚え、非常に申し訳ない気分になるm(_ _)m
これから食べるというのに、誠に身勝手な感情だ。
すんませんなぁ、いただきます~m(_ _)m
121014mejiro3
どうやらうまくいったらしく、内臓ごとぽろりと外れた。
彼?彼女?の胃袋も満タンである。
満腹で死ねたことだけは救いか・・・(^^;)
121014mejiro4
やっぱり俺、何をさせても上手やね~いよぉ~ゴッドハンド~!と、一人ご満悦(笑)
もちろん、今夜も酔っている(。。 )\バキッ☆
だから、いちいちデジカメを血まみれにしながら画像を撮っているのだ(^^;)

で、頭を取ったとたん、申し訳なさから、いかにちゃんとおろすかに興味が移るのは、本当に身勝手な証拠(。。 )\バキッ☆
121014mejiro5
尾の片身を持ち上げ、包丁を入れつつめくり上げていく。
この時、包丁の刃先で骨の表面を、トントンとこそげる感じで進めるのがよいと聞いたことがあるようなないような・・・(^^;)
121014mejiro6
で、余分な骨や薄皮を処理して、三枚おろし終了~

頭はカブト煮用に真っ二つにし、身は刺身用と、焼き用と、アラにわけ、それぞれ冷蔵と冷凍。

・・・で、とりあえず晩酌のつづき用に刺身をば(^-^)

と、ここで、ブリ虫がいるのに気付く{{{{(+_+)}}}}

ううう・・・これこそ天然モノの証?(^^;)

これまた丁寧に除去し、ブリ虫のいなかった部位のみ刺身にし直して、いただきます~m(_ _)m

うっひょぉ~むちむちぃ~\(^o^)/

メジロさん、亭長さん、ごちそうさまでした~m(_ _)m

追記:
翌朝、亭長さんに、「めっちゃ旨かったわ、おおきに~買うた養殖モンやない証拠にブリ虫も見つけたでぇ~」と報告すると、

『生で食べたんですかぁ?ボクは焼きますけどね』だってさ(笑)

ちゃんちゃん

 

2012年10月16日 (火)

MT-01 インプレ その1

MT-01の初期インプレ 

10月16日現在

昨日までのブログは、7日現在のものなので、慣らし運転中だったが、本日現在では8日にオイル交換してから、全開にできる状態になって約1週間経過している。

おもしろい!

単純だが、一言で言えばそうだ。

事前の予想とはかなり違っていたが、ビッグツインのおもしろさ、を満喫している。

最大の目的、というか、興味であった「鼓動感」については・・・

想像していたものを、良い意味で裏切られた。という感じ。

つまり、XV1600RS(ロードスター)のエンジンを積んだスポーツツイン、というのが、開発当初のコンセプトだったようだが、MT-01は、RSとは異なる鼓動感を持つ単車に仕上がっている。
ただし、私のRSは、SP忠男のスーパーコンバット T-ドラッグにより、鼓動感がさらに強調されるようになっているのに比べ、MT-01は中高速用のアクラボのサイレンサー装着により、ノーマルより低速域のトルク感が減じられているので、その差がより顕著になっていることはお断りしておく。

ともあれ、アイドリング時には、ほとんど1Hzくらいに感じられる、RSの、ハンドルがゆっさゆっさと1㎝以上も上下し、時には自らの振動でスタンドが外れて立ちゴケしてしまうような(^^;)鼓動感と、速さが主体となるスポーツ性を持った鼓動感とは、おのずと区別されるべきものなのだろう。
これは、RSではスポーツできない。という意味ではなく、アイドリング、直線、そしてコーナリングと、各々のシチュエーションにおいて、「快」を感じられる鼓動のテンポが違うということである。

実際、RSのエンジンをXJRに積んだ試作車ではあまり評判がよくなかったという。
そのため、いったんプロジェクトが立ち消えになりかけたところへ、次に発表されたウォーリアのエンジンを、R1のフレームに搭載することで、MT-01は世に出ることができた。
実現化に至らせたプロジェクトチームの執念には素直に敬意を表したい。

さて、MT-01が来ることになった時、一つだけ心配なことがあった。
それは「RSがたるく感じられるようになったらどうしよう?」というものだった。
MT-01の鼓動感がRSと同じで、なおかつスポーツ性に富んでいるのなら、RSはただの時代遅れのクルーザーになってしまうのではないか?

しかしそれはまったくの杞憂であった。
MT-01の鼓動感は、まさに人間で言うところの、ウォーミングアップがすみ、いつでもダッシュできる状態での、軽快かつ力強い脈拍を感じさせる鼓動であり、RSのそれは、ゆったりと、しかし確実に刻まれる、エンジン自体が心臓のように膨張と収縮を繰り返しているのではないかとさえ思われるほどの、鼓動感というよりは「脈動感」と呼びたいものなのである。
なお、ここで言う鼓動感とは、心臓であるエンジンの拍動そのものであり、その時に起こる波動を、私は脈動感として感じているのだ。
この点で、マフラー内で起こる排気・吸気脈動とは少しニュアンスが違う。

具体的に言えば、RSのおいしいところは、アイドリング時と、やや登り坂を5速トップで低速から開けていった時のドバドバ感なのだが、MT-01においては、そのドバドバ感を、シフトチェンジの工夫により、エンジン回転を約1800回転から約2200回転まで開けてやる過程を繰り返せば、どのチェンジでも味わうことができるのだ。

つまり、RSでは「快」を感じられる速度域が45~80Km/hであるのに対し、MT-01では発進直後から三桁オーバーまで、シフトダウンとシフトアップの工夫で味わい続けることができるのである。
ただし、ツボにはまった時のドバドバ感は、RSの方が大きい。
この点において、MT-01が来たことによってRSの価値が再認識できたのも大きな喜びだ。

まさにどちらも、2000年代の終わり頃にYAMAHAが提唱していた「人機官能」の体現だと思う。
121016rsmt

非常に下品な表現になるが、

それは、連続する射精感。とでも言おうか・・・

RSはより深く、MT-01では果てしなく・・・

・・・わぁ、書いてもた(^^;)

ちゃんちゃん

2012年10月15日 (月)

MT-01でモー連協。 その3

10月7日(日) 

道の駅 飯高、でほぼ日没、後は暗闇の中をいつもの?モー連協。ナイトツー(^-^)

先頭:まんさく社長+ BMWロックスター
路面が濡れてるのに、後ろの3台はどんどんペースを上げてくるけどダイジョーブなん?慣らしとちゃうのぉ?
それにしても3台分のヘッドライトが眩しい~

二台目:S君+CB1300 ちなみに慣らし中(笑)
いやぁ~もぉ、みんなで一緒に走るって、超楽しぃな~\(^o^)/
時々400回転超えてるけど、まぁええか~(笑)

三台目:フィギアマンさん+V-MAX
恵峯さんが『V-MAXの排気音聞きたいから先行け』って言うたけど、さっきからあの人、トンネルに入る度に、わざと速度落としてからハイギアで開けて、ドバドバドバドバ~・・・って、亭長さんみたいなことしとるしぃ~

四台目:私+MT-01
う~ん、MT-01の音でV-MAXの音が消されてしもて、全然聞こえへんわ~(笑)
しかしドバドバドバドバって気色ええわ~亭長さんの気分がよぉわかるな~(。。 )\バキッ☆
それにしても、V-MAXのストップランプ、眩しすぎぃ~

てなことで、四者四様?心配したり、ほほえんだり、ツッコンだり、幻惑されたりしつつ、けっこうなペースで進み、五條市内のガストで休憩。

またも口々に・・・

いやぁおもしろかったですわ~
路面の濡れてるとこはビビりましたね~
慣らしになってないね~(笑)

そして口を揃えて・・・

龍珍王がおったら、このペースは無理やね~(笑)

121007mo3
ガストで食事後、それぞれに分かれて帰路に。

121007m4
まんさく社長と私が高野山に着いたのは午後9時過ぎ。
気温は13度を切っていたが寒さは全然感じなかった(笑)

さぁ、明日はオイル交換や~

まんさく社長、たのんます~m(_ _)m

つづく

 

2012年10月14日 (日)

MT-01でモー連協。 その2

10月7日(日)

『大丈夫ですか?』が、名阪の関ドライブインで合流した時の、まんさく社長の第一声だった。

「ん?全然オッケーやで~」(笑)が私の返事。

実はこれにはわけがあり、事前のネット情報には、『MT-01による長距離移動は、非常に疲れる』というものがあったため、まんさく社長は、菅平往復で私が疲れ果てているのでは?と心配してくれていたのである。

ありがたい話であるm(_ _)m

しかも、私が疲労困憊していた場合、ここから運転を代わってくれるつもりだったらしい(^^;)

そこまで心配されると、年寄り扱いされてるような気分にもなるが(^^;)それだけ、MT-01の事前情報はスゴいものだったのだ(^^;)

実際の話、盛岡から一日で帰って来るパターンなどと比べると、走行距離は約半分。
慣らし運転のため、高速道路上で常に感じる精神的な緊張感(つまり、捕まれへんやろか?(。。 )\バキッ☆) も少なく、タンクバッグがシールドの代わりに風圧を遮ってくれたこともあり、いつもより疲れは少ないくらいだった。
また、やや前傾になるポジションは、ハイシートにしてハンドルも交換しているCBとほぼ同じ、鼓動感はRS1600とこれまた似ており、私にしてみれば、初めての長距離移動だったが、非常に馴染みのある状態であり、超ご機嫌で走ってたから、疲れる要素はなかったのである(^-^)

てなことで・・・

S君も私も慣らしの最中だが・・・高速で5速、4速は多用してるけど、3速以下も使いたいってことで、遠回りして(笑)高見峠を通る下道ルートとあいなった(笑)

しかし、高見峠ルートを、2800回転縛りで・・・?(笑)

まぁ・・・なんとかなるっしょ~(笑)

121007rt9m6
↑峠道を意外(と言っては失礼だがm(_ _)m)軽快に走り抜けて行く、フィギアマンさん+V-MAX!
200馬力の直線番長だと思ってたけど、なかなかどうして器用な単車です~m(_ _)m

121007mo1
↑途中で休憩したときの画像。

つづく

2012年10月13日 (土)

MT-01でモー連協。

10月7日(日)

菅平から約80km走行して、前日と同じく梓川SAで給油。
ま、昨日は上りSAで今日は下りSAだが、
で、160kmで給油・・・というのが、MT-01唯一の弱点?(^^;)
というのも、排気量1670ccにしては、高速道路で慣らし運転なら、21km/L以上という好成績なのだが、いかんせんタンクの容量が15L(^^;)

つまり、燃費走行に徹すれば、300kmは走れる・・・というのは机上の空論だし、なにしろ高速道路上では、約60km毎にしかGSが無い。
さらに、時間帯によっては開いてないGSとか、突然無くなってるGS(>_<)というのも経験しているので、ガス欠を避けるためには、約200km前後で給油するのが無難だろう。
実際、過去には他の単車で走行中、やむなく高速を降りてGSを探したことや、いったん止まってしまい、ヤケクソで車体を揺さぶったらなんとか次のICまで走れたけど、その間、冷や汗タラタラということもあったなぁ・・・(^^;)

てなことで、事前に親切にもルート上にあるGSを距離ごとに調べてメールしてくれた、まんさく社長に感謝しつつ、指示通りに給油するのであったm(_ _)m

しかしこれでは、ソロツーとは言えないねぇ・・・(^^;)
121007sb
SAに増えつつあるスターバックスで休憩・・・しようと思ったけど、当然のことながら禁煙だった(^^;)

午後3時半、名阪の関ドライブインに到着。

ここで、モー連協。有志を待つ(笑)

というのも、これまた慣らし中のS君のCBにつき合い、まんさく社長が久しぶりに(笑)ロックスターを出動させ、関ドライブインまで出迎えてくれる手はずになっていたのだ。

そこへ、今朝方、偶然にも『風とたわむれに行きませんか?』とお誘いメールをしてきた、フィギアマンさんに、「俺はもう戯れとる(笑)とりあえず、午後4時前に名阪の関現地集合ヨロシク」とレスしておいたのである(笑)

121007mo2

てなことで、午後3時45分、4台集合して、モー連協。ツーのはじまりはじまり~(^-^)

つづく

2012年10月12日 (金)

MT-01で旅に出る その3

10月7日(日)午前6時過ぎ、しゃっきりくっきりと目覚め(^-^)
ネット上のインプレでは、MT-01での長距離はツラい。との噂を聞いていたが、全然オッケー(笑)
トシのせいで、全力疾走したあとの筋肉痛みたいに、翌々日になってから疲れが出るのだろうか?とも思ったが(^^;)、肩凝りも、肩胛骨あたりの張りも感じられず、いつもより快調なくらいだ。
Vツインの適度な振動がマッサージ的な効果をおよぼしているのかも?(笑)

さて・・・
121007rt1
事前にもチェックしていたが、天気は良さそう・・・
・・・って、
121007rt5rain
散歩に出てみたら雨が降ってるし~w(゜o゜)w

※先着して外に留めた方々の愛機達が濡れてるのを見て、降着で中に入れて貰ったのが非常にもうしわけなかったm(_ _)m
しかしまぁその(^^;)
一晩中濡れた時の耐久性を考えると、当然BM車の方が上だと思うので、過保護にしてもらってありがたいと思うことにいたしますm(_ _)m

で・・・このあたりって、アメダスがないのかも?それとも高原ゆえ超局所的な雨で観測範囲に入ってないのかしら?
いずれにせよ、おそらくはこのあたりだけの現象だと・・・思う!
思い込めば晴れるもんさ~(笑)
ま、雨もまた良し、雨中走行のインプレも書けるしね~っと、お気楽なのは、今日も一日走れるからだ(笑)
まったく単純なものである。

121007rt7j
てなことで、午前9時過ぎからはClub-RT恒例のじゃんけん大会。
結果はこれまたいつものことながら、参加賞のみ(^^;)
しかしなんちゅーか、私ってば、じゃんけんが異様に弱いのはなぜなんだろう?(笑)

121007rt8
バックモニター?まで付いた最新装備バージョンから、
121007rt9k_2
「・・・雨、ダイジョーブですか?」
『ダイジョーブ!』(笑)
という、ガムテープ仕様まで、
全て、活力と笑顔のもと(^-^)すばらしい!

その後は三々五々の解散、みなさん、また来年会いましょ~(^-^)
121007rt9m1
てなことで、私も元気いっぱい笑顔で走ろう(^-^)

途中、今季初めての紅葉をバックに記念撮影。

このあたりから路面も乾いており、快走~(^-^)
とはいえ、まだ2800回転縛り、気を抜くとすぐに3000回転をオーバーしてしまうので、注意して進む。
121007rt9m2
↑naviを縦画面にして、めちゃめちゃおもしろかった大笹街道も記念にパチリ!
この道で、タイヤの端っこまでの皮むきも完了~(^-^)
121007rt9m8
須坂長野東から長野自動車道に乗り、中央自動車道へ、名古屋高速で繋いで伊勢湾岸から亀山へ、そして東名阪と、ずっと快晴~(^-^)
121007rt9m3
シアワセや~\(^o^)/
MT-01の鼓動を感じながら走ってるだけで、ほっぺた緩みっぱなし~(笑)

しかも、2800回転縛りというのが良かった。
これ以上回すと、鼓動が振動に変わっていくし、どびどびどびどび・・・という和太鼓の見事なバチさばき的音圧が、どるるるるるるるる・・・という、小太鼓のドラミングみたいに早くなり、少々急かされる気分になる。
何より、2800回転縛りだと、ほぼ遵法速度だから安心して(笑)走れる。
今まで、これほど平和な気分で高速を走ったことがあっただろうか?(^^;)
今日、無事に走り終えれば、全開できるようになる。
つまりは、ひやひやドキドキも増えるだろう(。。 )\バキッ☆
何も全開できるようになったからといって、無理に飛ばす必要はないのだが(^^;)
たぶん、今日しかないのだ、こんな気分で走れるのは。
     
つづく

2012年10月11日 (木)

MT-01で旅に出る その2

10月6日(土)快晴(^-^)
目指すは長野の菅平。
Club-RTの第7回全国ラリーだ。
121006rt2
基本はBMW車の集まりなのだが(^^;)他メーカーも全然オッケー!(^-^)

参加車両には・・・
121007rt2g
とか、
121007rt6g
とか・・・って、どっちもカリフォルニアか?(^^;)

とにかく、度量の広いクラブなんで、きっとあたたかく出迎えてくれるはず~

121006rt4
ね~っ!珍しいってんで(笑)一番目立つとこへ留めさせてもらっちゃったりしてm(_ _)m

121006rt5

菅平名物の焼き鳥の煙もうもうの中、宴会~\(^o^)/

めっちゃタバコ吸いやすいやーん(。。 )\バキッ☆

てなことで、明日もあるので呑み過ぎず、会話中心で旧交をあたため合いましたとさ、

めでたしめでたし

二日目につづく

2012年10月10日 (水)

MT-01で旅に出る その1

10月4日、待望のナンバーがやって来た(^-^)
終業を待ちかねて(^^;)慣らしに出る。
そう、MT-01の慣らしは欧州仕様で1000マイル、つまり1600kmまでなので、あと1000km走らねば全開できないのだ。

そこで・・・
当初は全く考えにも及ばなかったプランを思いつくことになった。

そう、それは・・・
10月の7日に長野県は菅平で開催される、Club-RTの全国ラリーへの、MT-01での参加(笑)

もとの予定では、6日の前夜祭にも参加するので、一泊仕様のLTかGSで行くつもりだった。
GTLは、現在、ウィンドシールドが動かなくなりorz これで三度目のスイッチ交換待ちというお粗末なのである(笑)

MT-01の購入を決め、10月初旬に到着・・・と聞いた時は、ライト交換まで完了するとはとても思えなかったし、そもそも、MT-01という、積載能力もシールドも無いネイキッドで、一泊仕様の旅が出来るとも思えなかったのだ。

だが・・・
このまま、毎晩夜走りを続けても、1000km走るには一月ほどかかるはず、
他の単車にも乗りたいし(^^;)そのうち雪が降り出すやーん(^^;)

行こっ!(笑)

しかし、これにはさすがに、まんさく社長も難色を示した。
走行500km弱とはいえ、長期間乗ってなかった車体だから、整備はしたけど、何が起こるかわからないというのだ。
しかしそんなトラブル、GTLで慣れとるやーん(笑)
二日の慣らしで数十kmしか走ってないけど、異音もなければライトの光軸ズレもブレも無し。
行けるで~(^-^)

するとまんさく社長、『車両はいけても、本人が・・・』と遠慮がちにつぶやく(笑)

「そうやな~ネイキッドのVツインで片道550km、俺の体力がもつかどうかやな~」(笑)

「でもまぁ、あかんと思ったら、その時点で引き返すか、『迎えに来てくれ~』って電話するわ」(。。 )\バキッ☆

臈長けているわけでもないけれど、ツーリング時の体力温存のやり方はいろいろ体験済みやし、第一、慣らしなんやから、風で体力失うほどスピード出せれへんやーん(笑)
てなことで、決して無理はしない。ということで・・・

10月6日(土)
121006rt1
午前10時半、出発~(^-^)

前後にてんこ盛りなのは、BAGSTERのタンクバッグ(CROSSR)とシートバッグのSPIDER(^-^)
121007rt9m9
CBに装着したEASYROADがなかなかの使い心地だったので、汎用カバーもあることだしと、18~25Lまで拡張可能な大きめバージョンのCROSSRと、これまたなんにでも付けられるシートバッグSPIDERをば、ゲットしておいたのである(^-^)v
121005m1_2
ちなみに↑が、バッグを付けた時のリアビュー。
ノーマルの出目金ちっくな感じから、ケロロ軍曹ちっくになってる(笑)

で、タンクバッグには、
121006rt3
ローガンズに優しい(笑)7インチnavi 
これも車と単車両方で使えるようにとゲットしておいたもの。

BAGSTER装着での長距離移動は初めての経験だったが、ものはチャチいが、フィット感は抜群で、振動や風によるズレは全くなく安心して走行できた。

また、タンクバッグてんこ盛りのおかげで、胸への風圧が大幅に減じられ、naviはほとんどあごの下に位置することになるので、見やすい上に操作もしやすく、予想以上に快適だった。

つづく

2012年10月 9日 (火)

MT-01 カスタム その2

MT-01 カスタム その2
10月1日現在、である。
121001m5
ACTIVEの「適法・ナンバープレートウインカー」装着(^-^)
LEDだけでは、ハイフラになってしまうので、まんさく社長が苦労してセメント抵抗をナンバープレート裏に仕込んでくれたm(_ _)m

そしていよいよ・・・
120924m1_2
↑これを・・・
↓これに~(^-^)
120924m2
↑ちなみにこの画像、ネットで見つけて装着可能かどうかわからないまま、ライト本体だけでも取り寄せれば、ステーとクランプは、まんさく社長がなんとかしてくれるだろうと買い込み、なおかつ、「ま、こういうイメージに仕上げてくれたらええから」と、ヘタなコラージュだけ施して渡したものである(。。 )\バキッ☆

ところが・・・
なんとなんと・・・
この汎用ライト、実は、MT-01の弟分である、660cc単気筒のMT-03のヘッドライトとまるっきり同じ仕様!
1210mt03
つまり・・・
パイプステムの間隔も・・・一緒~!\(^o^)/
121001_mt01
クランプも、上がφ50、下がφ54㎜とピタリ賞!なのだが、ランプのバイザーとメーターが干渉するため、下にずらさねばならず、
121001mt3
締まりきらないのだが(^^;)これはこれでがっちりと装着されるため、ずり上がらないように処置すればいけるんではないかいな~\(^o^)/

ちなみにこれが、10月1日に実際にUPした「謎の・・・」の正体である(^-^)
なお、ウインカーは、単体で私が別途購入にして渡したら、ステーはまんさく社長が自作してくれた。

まんさく社長、ほんまにおおきに~m(_ _)m

さて・・・
120927m4
↑9月26日午前10時現在のノーマル状態が・・・
↓10月1日午後3時現在には・・・
120927m3
こうなった(^-^)v

120927m5_2

ライト一つでこうもイメージが変わるものかと、自分自身でも驚いている。
そして、とても満足だ。
コンセプトモデルの持っていた力強さが、良い意味でシャープに昇華させることができたようにも思う。
もちろん、私個人の趣味性の上で、だが(^-^)
この・・・
「ライトを交換する」ということを思いついたのがもっと早ければ、とっくにMT-01のオーナーになっていたかもしれないとも思うし、ライトを交換してまで・・・と思うようになるのに、13年かかったと言えるのかもしれない(^^;)

それにしても台風も来てたので、実質5日間という短期間に、ここまで仕上げてくれたまんさく社長には、改めて感謝~m(_ _)m

なお、私が超ご機嫌なので、銀も嬉しいらしく、MT-01のそばを離れない(笑)
妙にカラーリングが似てるのにも笑える(^-^)
頼むから、オシッコだけはひっかけんといてね~(^^;)

めでたしめでたし

2012年10月 8日 (月)

MT-01 カスタム その1

9月26日 午前10時現在

MT-01が今、目の前にある。

そして・・・しつこいようだが(^^;)あの(世間的には好評だが、私にとってはううう・・・な)「ライト」もまた現実である・・・
120926m9

ここはいったんフロントは見ないようにして(^^;)
カスタムパーツを取り付けようではないか。

実は・・・と、まぁ、私のやることには、実に「実は」が多いなぁ・・・(^^;)

てなことで、MT-01を購入、そして到着を待つ間、
ありとあらゆる情報を検索した(笑)
しかし、私以上に熱心に検索してくれたのがまんさく社長でm(_ _)m
部数が少ないため、一冊3万円台後半w(゜o゜)wというサービスマニュアルの代わりに、英語バージョンのPDFマニュアルまで見つけてくれたくらいなのであるm(_ _)m

ここで声を大にして言いたいが、まんさく社長がいなければ、私はきっとMT-01の購入には至らなかっただろう。
というか、その他の単車達の大半も、まんさく社長の存在があったがゆえにゲットできたのだと感謝している。

これ、かさんだ借金が、まんさく社長のせいだという意味では決して無い(^^;)

閑話休題

実は、まんさく社長がこの車両を見つけてくれたわけだが、私自身もある発見をしていたのだ。
それは・・・前のオーナーさん。
実に様々な情報がUPあるいはLINKされており、多大な参考情報をいただいて、深謝しまくりのサイトがMT-01 Ownres Siteさんなのだが、そこで偶然にもこの車両の前オーナーさんではないかと思われる方を発見、メールをしてみたのだった。

そして・・・
その前オーナーさんが、まさに、オークションに出そうとしていたカスタムパーツ全てを、格安で譲っていただけたのである\(^o^)/

MT-01のカスタムパーツは、希少かつ高価なものが多く、「あるモノ」を除いてはノーマルで行こうと思っていた私にはまさに僥倖であった。
前オーナーのKさん、ありがとうございますm(_ _)m
大事に乗らせていただきますm(_ _)m

てなことで、さっそくカスタム開始~

まんさく社長、よろしく~m(_ _)m (。。 )\バキッ☆

いやその(^^;)
自分でやれることは自分でやりますがな~

てなことで・・・
以下は、まんさく社長はかかりきりm(_ _)m
私は、午前10時、昼休み、午後3時の休憩時、そして終業後のみ参加である。

120926m1
ノーマル状態、変わり果てる前、とも言う(笑)

とりあえずは・・・
120926m2
やっぱ、サイレンサーとフェンダーレスやろ~(^-^)
120926m4
樹脂カバーで隠してしまうのが惜しい、アクラボ~

120925m2
ノーマルだと、出目金ちっく(^^;)なリアも・・・
120926m3
ちょっとすっきりしすぎ?(笑)

ちなみに、銀は、ちっこいドライバーを狙ってるところ(笑)

120926m7
シングルシートにカーボンカバーを装着するとこうなる。

その間、私は、
120926m5
ぽん付けパーツをシコシコと~(笑)
120926m6
レーシングスライダーも、左右の上下、そしてアクスルシャフト前後共、AGRASのフルセットを装着、ほんとに前オーナーさんには感謝でいっぱいm(_ _)m
120926m8
後輪のスプレーガードを取り付け、さらに(仮)ナンバーを装着してバランスを見る。
ウインカー兼用のストップランプユニットも無事付いた。

てなことで、本日はこれまで。

ちなみに、このウインカーでは車検を通らないので、別途装着予定。

たぶん、明日到着するだろう(^-^)

つづく

2012年10月 7日 (日)

13年の片思い その4

商談は18日。
車体が来たのは25日。
そう、たまたま・・・でもないのだが(^^;)
S君のCB1300と同じ日に納車されたのである
120925scmt_2
しかしまぁ、この一週間も長かった(^^;)

ショップによると、車両の移転登録に2週間程度かかるとのことで、当初は10月初旬にしか届けられないということになっており、当初は納得していたのだが・・・

ちょうど25日にS君のCBが納車されることになり、そこはそれ、もう辛抱たまらず・・・(。。 )\バキッ☆

ナンバーは後からでもいいので、車体だけ先に陸送してもらえないかとワガママをば・・・(^^;)

するともうなんちゅーか、親切なお店~!m(_ _)m
陸送の手配にも時間がかかるから、

『それでは今日、こちらで運びましょう』

\(^o^)/m(_ _)m\(^o^)/m(_ _)m\(^o^)/m(_ _)m

てなことで、やってきましたMT-01
120925m1
夢にまで・・・見たことはないけれど(^^;)
ずっと憧れていた実物を目の当たりにしてまさに夢見心地~(^-^)

タイヤの汚れ?も予想通り硬化した油分の固着で、他に車体に傷もなく、文字通り極上!

さぁ・・・

ナンバーも無いことやし(^^;)

イヂるど~!(笑)

まんさく社長の出番や~!(笑)

俺の野望を叶えてくれぇ~~~!

つづく

2012年10月 6日 (土)

13年の片思い その3

9月の16日の夜に、まんさく社長からのメールには「GooBikeに走行527kmというのが出てますよ 黒です」とあった。

おぉ~ぉ~!

実はGooBikeは、それまで毎日ほど眺めていたのだが(笑)、出ているタマはどれも年式が古いか、走行数万キロというのが多く、やはりみんななかなか手放さないのだなぁと感心はするものの、これはというモノは見つけられていなかったところへ、16日は日曜日ということもあり、見逃していたのだ。

さっそく見てみると、'08年モデルで、車検が'14年の10月までとなっている。
これでなんで走行が527kmなん?
'08年に買って3年車検で、去年車検受けして・・・って、なんで慣らしも終わってないのぉ?
ちなみに価格は「ASK(問い合わせ)」になっていた。
ううむ・・・
なんかヤヤコシイ機体ちゃうんやろか・・・{{{{(+_+)}}}}

とりあえず、まんさく社長に業販でいくらか聞いてもらうことにして、私も個人でネットで問い合わせをした。

それから翌々日の朝までの長かったこと(^^;)

というのも、16日の夜はすでに遅く、さらにそのショップは月曜が定休日だったため、ネットの問い合わせでは辛抱しきれず(笑)直接電話してみたのだが、定休だから電話は繋がらず・・・
16日に掲載されたということは、その日のうちに売れてしまっているのではないだろうか?

つまり、ついに見つけたという喜びよりも、機体に対する不安と、電話が繋がらない不安、売れてしまってたらどうしようという不安、そして価格に対する不安、そしてそしてわぁ俺ついにこれ買うてしまうのん?という不安・・・と不安だらけだったのである(笑)

午前10時から、ということだったので、火曜日の朝の9時半にかけてみた(笑)
開店準備をしてるだろうから、誰かいたら電話に出てくれるのでは・・・みたいな(^^;)
呼び出し音が続くだけ・・・orz
未練がましく(^^;)9時45分にもかけてみた(笑)
出ない・・・orz
9時55分・・・(笑) 
ダメ・・・
やっぱり10時にならないと電話には出ないんやろね~
てなことで、午前10時ジャストに電話!
・・・呼び出し音のみ・・・
えぇ~!ひょっとして店がつぶれたん?(^^;)
そんなはずないやろ~
てなことで再度電話、

すると・・・
ツーツーツー・・・って話し中やん!

やられた~!

ううう・・・これはもうあれや、うん、俺と同じようなヤツがいて、今まさにそいつに先を越されたんや、きっとそうに違いない、ううう、これでたとえ電話が繋がったとしても、『今、うれちゃったんですよ~』って言われるに違いないわ、ううう、やっぱり、俺ってこういう星の下に生まれとるんや~
・・・と、ツーツーツーを聞きながら落ち込んだ(笑)

でもまぁ、ダメモトでもう一回、
すると今度はすぐ繋がった、さっきの商談が終わったのだろうか?

「ええとですね・・・あの、一昨日掲載されたMT-01、もう売れちゃいましたか?」

『はい、いえ、あの、お問い合わせはたくさんいただいてますが、まだ決まってませんよ』

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

「買います!」

『へ?』

「私が買わせていただきます。先約がいたらダメですか?」

『いえいえ、具体的に買いたいとおっしゃっていただいたのは、あなたが初めてですから、買っていただくのはけっこうなんですが・・・』

「何か問題でも?」

ぐわぁこれはひょっとして、前オーナーが事故って死んだとか、ローン未払いで取り上げられた車両とか、やっぱりいわく因縁付き?と、まぁた不安がもりもりと・・・(^^;)

『実はですね、入ってきたばかりの車両なんで、まだ価格を決めてないんですよ』

「なるほど~!」(笑)

「じゃぁ、価格を決めてください、買います!」

『はぁ?』

「まさか、プレミアが付いて新車より高くなるというようなことはないでしょう?だったら、買います!」

『それは・・・どうもありがとうございます、では・・・社長と相談して値段をお知らせするということでいかがでしょう?』

「よろしくお願いします、住所と名前は・・・」

電話を切ってから後悔したり、開き直ったりした。

ううう・・・めっちゃふっかけられるん違うやろか?まずは価格を聞いてからにしたら・・・って、そうなると他の問い合わせの人にもそうするやろし、てことは順番的に不利やろ?うーん、ここはやっぱり「買います宣言」で良かったんちゃうの?・・・って、言われた価格をよぉ出さんだらドースルの?ごめんちゃいしたらええんやん、これでホンマにMT-01に縁が有ったか無かったかわかるんちゃうのぉ~~~

である(笑)

そして、電話は意外に早くかかってきた。

『あの・・・社長とも話しまして、価格も聞かずに決めていただいた点を考慮して、予定よりお安くさせていただきます』

なんてええショップなんや~!m(_ _)m

そして提示された額は・・・

十分納得できる、というか、ほんまにそれでええの?とさえ思えるものだった。

良かった、あぁ良かった。
たまには衝動的な性格も役にたつことがあるんや・・・(^^;)

そして、もう一つの不安も解消された。

この車両、'08年モデルなのだが、売れたのは昨年のことで、前オーナーさんはけっこうカスタムを施したらしく、ドッグ入りの時間の方が長いくらいで、おまけに腰を痛めて前傾姿勢でバイクに乗るのが困難になり、手放すことになったのだということを教えて貰えたのだ。

・・・なんか、めっちゃええタマなんちゃうの?

もともと、GooBikeで見かけた画像のうち、後輪が写っている画像、
120916m2
↑のタイヤの端っこが泥で汚れたようになっているのを見て、
走行527kmで、泥道を走ったわけでもないだろうし、これってひょっとして、ほとんど端っこを使わずに走行後、長期間放置されたため、油が浮いて硬化したものちゃうの?と予想していたのが、どうやら当たっていたようなのだ。

ほとんど新古車やーん\(^o^)/
しかも値段が・・・\(^o^)/
こ、これは運命なんや~!\(^o^)/

てなことで、途中、紆余曲折はあったものの、13年の片思いが今実ろうとしているのだ。

ええんやろかホンマ、
・・・つーか、間違いなく手元に来るんやろか?

どんでん返しがあるんちゃうやろか?

そして一番の心配は・・・

払えるんやろか?(^^;)

つづく

2012年10月 5日 (金)

13年の片思い その2

今年のお盆明け、元二輪レーサーという経歴を持つS君が『大型免許を取ろうと思います』と言い出した。

彼は今まで、ロスマンズカラーのNSR250Rで、龍神スカイラインを激走(^^;)するのが趣味だったのだが、上背がある上に、加齢(笑)とともに体重が増えてしまい、自分自身で『体重が80kgを超えたら乗らない』と決めていたのだそうだ。

で、今年の春頃から懸命に減量に取り組み、長い間止めていたタバコまで導入した(笑)というのに、いっこうに減らなかったらしい。
そしてついに、80kg以上でも乗れるのは大型しかない。という結論に達したのだそうだ(笑)

で、私は減量の仕方に続いて(笑)元レーサーには釈迦に説法だが、レーサーゆえに陥りそうな「講習所の罠」みたいなものや、一本橋は一秒早く、スラロームは一秒遅く・・・みたいな、大型免許合格の方法をば伝授したのであった。
さらに、
「俺の知ってるヤツで講習所の試験を一発で通らんかったヤツはおらんよ~○○○でも1回で合格したし~」というプレッシャーに耐える練習(笑)までしてあげたのである(。。 )\バキッ☆

さすがに彼は、講習所の罠にもハマらず、一本橋もスラロームも楽々とこなし、プレッシャーこそ感じたそうだが(笑)無事に免許を取得した。
その間、彼は毎日ご機嫌で過ごしていた。
『なんか・・・このトシになって、学ぶっていいですよね』と照れくさそうにつぶやきながら(^-^)

で、「ハヤブサか、ニンジャでも買うの?」と聞いてみると、
なんとなんと『CBにします』とのこと。

講習を受けている最中も、練習車であるCB750を『乗りやすい』と気に入っていたところへ、こんな感じやで~乗ってみぃ~と、私のCBに試乗したこともあって、すっかりCBの虜になってしまったのだそうだ。

「大丈夫か?たぶん、慣れたら物足りなく感じるかもしれんよ?」
私だけではなく、彼の走りを知る誰もがそう言った。

ところが彼は、『『加速より家族』って言葉を教えてくれましたでしょ、僕はCBで楽しく走るようにします』ときっぱりと言ったのである。

これは本当に嬉しいことだった。

「加速より家族」、は、盛岡冷麺発祥の店、食堂園のaokiさんのお言葉だが、自戒の言葉として座右の銘にしている言葉でもあり、常々自分にも回りにも言ってきた。
それが、元レーサーのいわゆる「走り屋」にも通じ、路面ばかり見つめる走行から、光景も楽しむ余裕のもとになるのなら、これほど嬉しいことはない。

そして、

懸命、かつ楽しそうに大型免許取得に取り組むS君を見ていると、十数年前の熱い気持ちやあこがれが蘇ってくるのを感じたのだった。

私もあんな「サル」やったよなぁ~(笑)

そして・・・

再びMT-01への思いが募った時に、それを知ってるガレージ西のまんさく社長から、一通のメールが来たのである。

つづく

2012年10月 4日 (木)

13年の片思い

それは・・・1999年の秋のこと、
東京モーターショーでYAMAHAから参考出品されたコンセプトモデル、「MT-01」
1999mt01

GOGGLE 2005 冬号 よりm(_ _)m

ちょうどその頃、私はXV1600ロードスター(以下、RS)の納車を、今か今かと待つ日々だった。

ワルキューレを買いに行ったのに、RSを契約してしまったいきさつはココにある(^^;)

そんな時に、当時、量産車としては世界最大排気量を誇っていたRSの、空冷Vツインエンジンを、スポーツフレームに搭載し、ライダーにひたすら「鼓動感」にみをを伝える。というコンセプトモデルが提示されたのである。

まさに度肝を抜かれたのをよく覚えている。

当時の私は、もうすぐ40なんやから、これからはおだやかに(^^;)のんびりと(^^;)余生を過ごす?つもりで、クルーザータイプのRSを選んだのだった。
そこへ、同じエンジンを使って、スポーティに走れる単車を、YAMAHAが提案してきた。
もちろん、RSだって遅い単車ではない。バンク角の関係でステップがすぐに擦れてしまうが、そこそこのペースで走れてしまう能力は有しているのは確認済みだった。

問題は自分自身なのだ。

30代の終わりに、もう若くは無いと思い込み、とにかくデカけりゃいいから、のんびりと・・・みたいなことでいいのか?

この開発コード「MT-01」と呼ばれたモデルに、そう問いかけられたような気がしたのである。

つーか、めっちゃカッコええやーん!

・・・って、要は一目惚れしちゃったわけですな(^-^)

しかし・・・

当時の常識、というか、今でもそう思うが(笑)、この形で市販されることなど、絶対無いとも思ったのも事実。

太ももが挟まれそうな位置にあるリアショックはまだしも、サイレンサーがシートの真下って、熱いでしょ~?(^^;)
ありえへんしぃ~

てなことで、、コンセプトモデルによくあるケースとして、実際はかなりマイルドになったタイプが発売されるんやろなぁ・・・とも思っていた。

実際、それから2年を経て、RSではなく、ドラッグスターのエンジンを搭載した、BT1100ブルドッグというモデルが発表された時は、やっぱり、これくらいにしとかんと、収まらんのやろなぁと納得もした。
02bt1100
プレストのカタログより拝借m(_ _)m

そして、一時はこれをゲットしようと思ったこともあるのだが・・・

実によくできた単車だとは思うが、私にとってはMT-01の代替品以上にはならないだろうし、それよりも当時は、CBかXJRかで悩みまくってた時期(^^;)でもあり、衝動はそれ以上大きくならなかったのだ。

そしてそれからさらに3年が過ぎ、今度はCB1300のFIバージョンのイヂリに夢中だった頃(^^;)

なんということか、MT-01は、開発コードそのままの名称で、リアショックの位置こそ変更されたものの、全体的なシルエットはほとんど変わらず発売されたのであるw(゜o゜)w

マ、マフラー、熱いないのん?・・・ってまだ言うとる(笑)

だがしかし・・・
全体のシルエットは「ほとんど変わらず」だったのに、一点だけ大きく変わっていたものがあった。
2005mrb
Mr.Bike 2005.9より拝借m(_ _)m

ライトである。

以下・・・は、あくまで私の個人的趣味と感想の結果でして、このライトだから良い、好きだという方も多いということを特記しておきますm(_ _)m

つまり、コンセプトモデルでは下側に小さく付属していたポジションランプ?ハイビームランプ?が、実物モデルではかなりの面積を占めており、マッシブなのではあるけれど・・・
関西人である私には・・・その・・・つい、烏川耕一さんを連想してしまうというかなんというか・・・(^^;)

そしてもう一つ、きっと、ボディカラーは黒だと思い込んでいたのに、発表されたのはグレーと、ダークバイオレットだったのだ。
光線の加減で黒に見えないこともないのだが、それはやっぱり紫・・・
しかもエンジンも黒ではなくシルバーやし・・・
(ここでも特記しておきますが、この初期型のカラーが今でも人気があるようです)

・・・私の感性って世間とズレてるの?(^^;)

てなことはさておき、'05年当時の私はこう思った。

きっと、マイナーチェンジでは、ライトの形状も変わるだろうし、エンジンの黒バージョンも出るはず、と。

何より、当時は今にもまして、先立つものがぜんぜん、全く、ちっとも、すっからかーんだったのである(^^;)

そして、また数年、
たしか'07年になって、予想通り、黒メタボディに黒エンジンバージョンも登場した\(^o^)/

ところが、その当時、私はK1200Sをはじめとするマルチエンジンにどっぷりハマっている最中であり、8年前に恋い焦がれたマシンがようやく登場してくれたにもかかわらず、ツインはもうちょっと後でも・・・みたいに思えたのだった。
それと・・・しつこいようだが(^^;)、実発売後2年なので、もう少し待てばモデルチェンジが・・・って、そう、まだライトの形状にもこだわってたのである(^^;)

そしてさらに2年、
'09年になって、MT-01は突然生産が終了されてしまった。

逆車なので、日本の排ガス規制に対応できないとか、いろいろな噂が流れてはいたが、海外生産が続く限り、なんらかの方法で入手はできると考えていたのが甘かった。

普段なら『最後の・・・』とか『今しか・・・』という言葉に弱い私だが(^^;)この時ばかりは、衝動買いには走らなかった。

なぜなのか、今もよくわからない。
やっぱり、金欠が一番の理由か?(^^;)
そして・・・やっぱりライトの形状へのこだわりだったのだろうと思う。

つまり、MT-01には、それまでこだわり続けていた「性能」ではなく「感性」とか「デザイン性」を求めていて、気に入っている方には申し訳ないのだけれど、「あのライトさえなければなぁ・・・」という気持ちの方が強かったのだと思う。

だが・・・

やはり、それ以降も気になる単車であり続けたのだった。

つづく

2012年10月 3日 (水)

くもにクモ

このところ、10時と3時の一服の時間になったら、足繁く通ってる(謎)ガレージ西への近道。
121003sc1
何か、もわっとしたものが視界に入り、思わず立ち止まったのでぶつからずに済んだのがこれ。
121003sc2
でっかい蜘蛛の巣だった。
それはちょうど私の腰の高さくらいから直径1mを超す巨大な網で、もう少しで胸から顔から蜘蛛の巣だらけになった上に、この女王様がへばりついて来たかも・・・{{{{(+_+)}}}}

やはり普段から鋭敏な注意力を涵養しているおかげだろう・・・って、こんなデカかったら誰でも気付くわ、フツー(笑)

しかし、ドースル?
破壊するのは気の毒だし、さりとて引き返して本道を行けば、目の前に見えるガレージ西まで5分近くかかるぞ~
う~む・・・
121003sc3
って、ただ単に巣の下をくぐればいいだけやーん!
・・・けど、人間サマとして、蜘蛛の巣に降参するみたいでなんかちょっと抵抗感も覚えた。
わざわざしゃがむのがめんどっちかったのもある。
ここはいっそ、破壊衝動を発揮してみるか?(。。 )\バキッ☆

いやいやそれでは、地獄に落ちたときに助けてもらわれへんかもしれんし(^^;)、そうそう、ちょっと意味は違うけど、韓信の股くぐりの故事もあるやんかと・・・(笑)
とまぁ、いちいち自分のやることに理屈を付けたがるのが私の悪いとこであり、個性そのものでもあるのだぁ~なんちて(笑)

てなことで、大きく発達した巣をくぐるには、かなりしゃがみこまなくてはならなかったのだが、ふと見上げてみて、「おぉ~」と思わず声が出た。
121003sc4
雲に蜘蛛の図が美しいじゃぁあーりませんか(^-^)

しばし時間を忘れ、路地にしゃがみ込んだまま見つめていたのでありました。

これって、誰かに見られてたら、NO○U○Oしてるみたいな変な構図やけど(^^;)

ちなみに一緒について来てた銀は、私を置き去りにそそくさと戻ろうとしてた(笑)
121003sc5
犬もあきれる?(^^;)

ちゃんちゃん

2012年10月 2日 (火)

浮かれてたら・・・(>_<)

ライトとウィンカー無事装着で浮かれてたら・・・
121002shock
十年ぶり?くらいにヘルメット落とした・・・orz

おまけにシールドが・・・(ToT)

ううう・・・

発売元がポシャっちゃったから、もう、どこにも売ってないのに・・・

ひょっとしたら、ダムトラックスのは合うかもしれないが、ううむ・・・

まぁ・・・Ape用として買ったものだから、もはや十年選手?
取替時ということだろうか・・・

はたまた、最近スズメバチが多いので、鼻から下が露出してるのは危ないと、シールド自ら教えてくれたのかもしれない。

うん、私には、これまたポシャったどさくさに安価で手に入れたSETAがあるではないか。
塗装浮いてきてるけど(^^;)

てなことで、けっこう早く立ち直ったのであった(^^;)

ちゃんちゃん

2012年10月 1日 (月)

謎の・・・(^^;)

フィギアマンさんが見てないことを祈りつつ・・・(笑)
120930m1
謎のライト交換である(^^;)

ガレージ西のまんさく社長の知識と技術に加え、10時と3時の一服時の私の無言の催促(。。 )\バキッ☆ の結集なのである(^^;)

121001m1

そして無事に装着完了!\(^o^)/
ウィンカーもLEDに交換したが、セメント抵抗設置でハイフラも解消!
さすがはまんさく社長!
さすがは私のセンス~(笑)

てなことで、謎はつづく・・・(^^;)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ