サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 高野山弘法大師奉賛会 第12回西日本総会 | トップページ | 洒落たお返し »

2012年11月29日 (木)

新しい靴

昨日の会が終わったのが午後2時過ぎで、中途半端に時間が余った。
うむ、これが吉祥と、かねて行ってみたいと思ってたお店へ。

靴屋さんである。

JC卒業以来12年、冠婚葬祭とRC以外は、スーツを着ないでも過ごせてるので、買い増す必要もなく、懐的には大いに助かっている。
ただ一つ、滅多に履かないからこそ、逆に靴の劣化が進むの悩みの種(^^;)

というのも、高野で冬期に履くことを考え、滑りやすい革底よりも、やはりウレタン系のソールの靴を選んできたのだが、下駄箱へ入れっぱなし状態が長期間に及んだ結果、靴底が脆化(ぜいか)してしまうのである。
つまり、ウレタンが加水分解されて、ボロボロになってしまうのよ~(ToT)

※(最近のウレタンは改良され、脆化は起こりにくくなっているようです)
121129shoes
↑お気に入りで大事にしているほど、滅多に履かないから外気に当たる機会も減り、ハレの日に今日はこいつで、と出かけた先で、ふいにボロボロと崩れ出した時のショックよ(ToT)
それなら、定期的に下駄箱から出して、虫干しすればいいのだが、そんな天気の良い日は、やっぱり単車に乗るのが優先するわなぁ・・・(。。 )\バキッ☆

ちなみに、↑は一番気に入っていた靴で、この状態になっても捨てるに捨てられないという未練(笑)
本体はまだしっかりしているので、いつか修理に・・・とも思っている(^^;)

で、最近はもっぱら、タフで知られるA社pedalaのウォーキングシューズを愛用しているのだが、これはあくまでビジネスシューズであり、フォーマルとはやはり言いがたい。
まぁ、↑のウレタン底もどちらかと言えばカジュアルなので、フォーマルではないのだが、私の感覚では、「ビジネス&カジュアル以上フォーマル未満?」的な靴が、一足は欲しいのである。つーか、こればっかりは必需品ちゃうか?

で、ネットでいろいろ調べてもみたのだが、やっぱり靴は履いてみないとわからないという結論に達し、ではどこの靴?と迷っているところに、日頃パソコンやコピー機でお世話になってる営業マンで、カメラと時計のオタッキーでもある(笑)O君が、実は靴のマニアでもあることを知り・・・

「O君、君はどこの靴履いてるの?」と尋ねてみたら・・・

『就職した時からこれに決めてます、一生モノです、20年は履けます』と、誇らしげに宣うではないかw(゜o゜)w

実際彼は、営業車に、ビジネス系の黒と茶、そしてフォーマルの黒を就職以来、常備していていて、ソールを張り替えてもらいつつ履き続けてきたのだそうだw(゜o゜)w
フォーマルも載せているのは、ふいのお通夜用で、さすがに営業マンらしい心配りだが、茶が入っているのはおそらく、単にマニア的に「いつもそばに置いておきたい」だけだろうと推測する(笑)

で、昨日、フォーマルな場に出かけたことで、「これはやっぱり、一足は・・・」と改めて思い、時間もあるし、教えてもらったお店に行ってみたという次第。

121128jmw
O君から聞いていた通り、まずは足のサイズの丁寧な測定から始まった。
それによると、私の足は7・1/2、つまり26㎝弱だと言う。

「たしかに長さはそうなんですけどね、甲高巾広なもんで、通常は9かヨーロッパサイズだと44、つまり27㎝でないと入らないんですよ~」と申告。

しかしここの店員さん、にこやかな笑顔ながら、委細かまわず、いろいろなデザインは出して試着させてはくれるのだが、全て7ハーフ(^^;)

「あのぉ・・・もう少し大きいサイズも試着してみたいんですが・・・」と遠慮がちに申し出たのだが、『革靴でそれをすると、かかとが抜けやすくなりますので』と、取り合ってくれない(^^;)

で、「26㎝なんか、たしか中学校以来やん、合うやつあるわけないやーん!」と、心の中でつぶやきながら次々に試着。

「やっぱりキツいです、27㎝でも最初はキツいのを我慢して慣らしていくんですけど、履き心地が良くなった頃には型崩れも起こってるんですよねぇ・・・」と愚痴りつつ、やはり甲高巾広の私の足に合う靴は、この店には無いのだと諦めかけた頃・・・

今まで、他の店でも見た目だけで「こんな細い靴は,「絶対無理~!」と試着さえしてこなかったデザインのものを、半ばヤケで試してみた。

おおっ!w(゜o゜)w

これは、新品の革靴では、生まれて初めての感覚!

ピタリ賞!ではないかいな~w(゜o゜)w

「こ、これ、全然きつくないですよ、というか、誂えたみたいにピッタリです」

店員さん、してやったりの笑顔。

「で、でも、最初からピタリならだんだん緩くなるのでは?」

『当店の靴ではそういうことは起こりません』

うわぁ~さすがマニアのO君が推薦するだけのことはあるわ~(笑)

121128shoes1
てなことで、マジで一生モノ(20年後って、生きてるかどうかもわからんから、革靴履いてるとこなんか想像もできんわ(笑))と思い、ゲット~!

そこからがまた凄かったw(゜o゜)w

別の職人さんが登場し、先っちょだけピカピカに磨き上げてくれたのである。

その手際の見事な事~!

思わず・・・「そ、その靴クリームも買えます?」(笑)

『もちろんです、でも、磨き方にコツが要りますから、当店にお持ちいただいた方がよろしいかと・・・』

「ええええ、そうでしょうとも~でも、ちょっとだけ磨き方のコツを教えて下さいな~」(笑)

てなことで、いちいち質問しながら、クリームと水の配分等を丁寧に教えていただき、気がついたら磨きはじめてからでも30分以上経過していた(笑)

う~む、どこまで迫れるかわからんけど、はよ家に帰って、単車のブーツを磨きたい~(。。 )\バキッ☆

いやその(^^;)

だって、この靴より、ブーツの出番の方がはるかに多いんやもーん(笑)

ちゃんちゃん

« 高野山弘法大師奉賛会 第12回西日本総会 | トップページ | 洒落たお返し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113991/56230365

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい靴:

« 高野山弘法大師奉賛会 第12回西日本総会 | トップページ | 洒落たお返し »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ