サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月16日 (土)

スエード靴の手入れ

先日、雨に遭って染みが出来たスエードのブーツ。
130316s2
固着しないうちに、手入れしておこう。
130316s1
つーか、雨に降られた先で、スエード用のブラシと消しゴムを買ったので、試してみたかっただけ?(^^;)

しかしこれ・・・
130316s3
あっという間に綺麗になりますやんか~w(゜o゜)w

てなことでついでに・・・
130316s6
ライディングシューズも手入れしておこう(^-^)
130316s5
銀も、最近では靴をイヂってるときは、おとなしく待つようになってる(笑)
130316s7

おお~!\(^o^)/

てなことで、ご機嫌で銀ぶらへと出発したのでありました(^-^)

めでたしめでたし

2013年3月15日 (金)

無理!(笑)

本日は、入札前の現場説明会。
130315gensetu
青少年センターにある公衆トイレの改修工事。
土間も含む内装タイルの貼り替え他、便器他の衛生機器とトイレブースの取り替え他、内装のほぼ全面改修である。

工期は・・・

11日間とのこと(^^;)

なんでも、議会の承認が降りたのがギリギリで、なおかつ3月末には補助金事業なので県の完成検査があるためらしい。

無理!(笑)

なんぼがんばって、たとえ徹夜を続けたとしても・・・肝心の衛生機器が到底間に合わない。
おそらく年度末のこの時期だと、三週間以上かかるのではないか?

てなことで・・・

『あのぉ・・・棄権してもいいっすか?』(^^;)

ちゃんちゃん


・・・その後、多少の工期延長は認めるとのことで入札には参加。
他社が落札して、正直ホッとしたという次第・・・(^^;)

ちゃんちゃん

2013年3月14日 (木)

一時撤去

朝もはよからでっかいレッカー登場~
130314l1
立ち枯れた木の伐採用なのだが・・・

130314l2
弊社の担当は、昔施工させていただいた、囲繞(柵)の一時取り外し。

130314l3

さすがに槙は強し!
二十数年を経て、少々痩せてはいるものの腐朽には至っていない(^-^)

130314l4

てなことで・・・

130314l5

アウトリガーは無事囲繞の中へ、

こうしてレッカーを寄せないと、片側通行さえ不可能になるのでありました。

めでたしめでたし

2013年3月13日 (水)

傷の補修

洗面台の床に付いたキズ消しのご依頼があった。
何でこんなキズが?
130313f2
洗面台の下が収納になっていて、倹飩(けんどん)式の建具を外してみたら・・・
130313f0
建具の底に、無意味?なホッチキスの針が打ち込まれていて、これで擦れたようだ。

もちろん、当社の仕事ではないことは、強くおことわりしておく。

・・・てなことで、早速、
130313f3
フローリング修理用特殊プラスチック~!

130313f4

埃のラインでわかるとおり、見えなくなる部分で色作りをする。

130313f5

これが、全部見えるところだと、別の板の上で色を作らねばならないのだが、今回は楽(^-^)

130313f6

作業途中、色ムラのチェックをして・・・

ここからのテクは説明しにくい(^^;)ので略、

130313f7

できあがり~(^-^)v

もうちょっと時間をかけて、年輪をもう少し描き加えたいところだが、これくらいで勘弁していただこうm(_ _)m

ちゃんちゃん


2013年3月12日 (火)

春の収穫?(^^;)

得意そうに春の収穫物を見せる銀。
130312gintake

隣家の竹藪からの贈り物・・・というか・・・

130312gintake1

お前なぁ、民法第233条の2項で許されてるのは根っこだけなんやで~って、引っ張ってこっちへ持って来た時点で窃盗やぞ~(^^;)

と、ブログに載せるために、無理矢理刺激的な文言を使いましたが、隣家のお許しは得ております(^-^)

ちゃんちゃん



2013年3月11日 (月)

今季最大の寒暖差

実はこれを書いてるのは、3月の22日・・・(。。 )\バキッ☆

いやそのあの・・・(^^;)

3月の11日に、うちの最高最低温度計が示した数字にw(゜o゜)wして、
その後、これ以上の寒暖差が起こらないか、じっくり観察を続け、春分の日も過ぎたことだから、もうこれ以上の寒暖差は起こらないだろうということで、今日(22日)になって発表するに至ったのであーる・・・って、嘘うそ大嘘ぉ~(。。 )\バキッ☆

・・・い、忙しかったんや・・・(ToT)

130311temp

てなことで、2012~2013年の冬、高野山での一日の最大寒暖差は、

最高が19.5℃、最低が-5.5℃で、その差は25℃~w(゜o゜)w

これからはこれがだんだん+側にシフトしていくんやで~\(^o^)/

♪はぁ~るよ来ぃ はぁ~やく来い~ (^-^)

ちゃんちゃん

2013年3月10日 (日)

迷った末に・・・

左、約10年使用のGAERNEのFUGAのブラウン
これのインプレは以前に載せたことがある。

右、今回、迷った末にゲットした同型のブラック。

ちなみに左後ろは、銀の前足(笑)
130310gaerne

単車用の黒のショートブーツはここ十数年来、KUSHITANIと、KADOYAのBLACK ANKLEを交互に愛用してきたのだが、普段履きとして考えると、KUSHITANIはいかにも単車用だし、KADOYAはベルトの金具がイカツすぎる。・・・ように思える。

※あくまで個人的な感想です(^^;)

しかもどちらも十数年の使用で、良い味は出てると思うのだが(笑)かなりヘタってきているのも事実。

てなことで、いろいろ検索したり見て回ったりした結果、FUGAの黒をゲットするに至ったという次第。

・・・でもこれ、馴染むまでは、普段履きには、重くて固すぎるのよねぇ(^^;)

早くブラウンのように自分の足に馴染むよう、当分の間は銀ぶらはこれで行くことにしよう(^-^)

ちゃんちゃん

2013年3月 9日 (土)

命拾いm(_ _)m

朝っぱらから『ストリーム、パンクしてますよ~』と教えてもらってw(゜o゜)w
130309p1
前輪の右側がぺっちゃんこではないかいな~(>_<)

そういえばこのところ、スタッドレス特有の腰くだけな印象がどんどん強くなってきていたのだが、たぶん、雪が少なくなった代わりに、雨で濡れた路面を走ることが増えたせいだと思っていた。
130309p2
山も七分?は残ってるし、もうワンシーズンくらい行けるはずやから、ぼちぼち履き替えようと思っていた矢先だったのだ・

ところが・・・

外して見てもう一度w(゜o゜)w

そして、ぞぞぞぞぉ~~~{{{{(+_+)}}}}

130309p4

車体内側の見えにくいところだけ、丸坊主どころかカーカスまですり減ってるではないかいな~!

ノーマルのタイヤでも、内減りしやすい印象はあったが、まさかこれほどとは~w(゜o゜)w

つーか、普段からチラ見だけでちゃんと点検してない証拠やーん!(。。 )\バキッ☆

いやはやなんとも・・・ひょっとして高速道路でバースト・・・とかしてたらと思うと・・・

ううう・・・m(_ _)m

反省と共に、自宅駐車場でひっそりと逝ってくれたタイヤに感謝m(_ _)m

すんません、ありがとう、これからはもっと気をつけます~m(_ _)m

それにしても、日頃安全安全と朝礼で繰り返している身としては、誠に面目ない話m(_ _)m

始業点検、大事でございます~m(_ _)m

2013年3月 8日 (金)

初Ape

本日、高野山にて完全なる「うららかな春の日差し」を今年初体験。

てなことで、ApeでGO~!

今頃って?(^^;)

たしかに、2月後半から今まで、あたたかいなぁと思う日もあったのだが、万が一の路面凍結に備え、トリッカーwithスタッドレスにしか乗っていなかったのだ。
130308ape
現場近くで、春の日差しが映り込む場所を探したのだが、まだ少々寒そうな感じ?(^^;)

ちなみにここが高野山のどこかわかる人は、けっこうなマニアだ(^-^)

てなことで、11年年目のApe115よ、

今年もよろしくね~(^-^)

ちゃんちゃん

2013年3月 7日 (木)

明快

本日、高野山真言宗総本山金剛峯寺のHPに

宗務についてのご報告」として

新たに宗会議員を選出される高野山真言宗の皆さまへ」が載せられたので転載。

謹啓 春風駘蕩の候、各師におかれましては愈々ご清祥にて二利双修にご精励のことと法幸至極に存じます。平素は、宗・本の護持発展のため、ご尽力賜り、衷心より御礼申し上げます。

さて、宗報192号にご報告申しました通り、苦渋の決断として宗会の解散をいたしましたが、この情報が不正確なまま報道各紙に掲載され皆さまに多大なるご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

宗会解散に至った経緯については、宗報等において縷々ご説明申し上げましたが、本宗教師にして高野山の祖廟を汚し、宗祖弘法大師を貶める言動をする教師が存在するはずはないと確信しています。この度内局不信任案に賛成票を投じられたことも、宗会議員の大多数の方が愛宗護法の念熱く、宗団のためと思っての行動であったと信じています。

今回報道された記事には「お布施を運用に回す」という刺激的な表現を用い、「宗教法人の資産運用即悪」という構図を強調しています。前内局は資産運用を何故開始されたのでしょうか。決して財テクブームに便乗して開始されたのではありません。私たち本宗教師は、やむにやまれず実施された経緯を明確に確認し、全ての檀信徒に正確で丁寧な説明をすべきであると考えます。

資産運用を開始した最大の理由は、霊視商法で多数の被害者を出した新興宗教 明覚寺問題でありました。

(宗)明覚寺は平成14年宗教法人の解散命令を受けましたが、高野山にある明覚寺跡地はそのままでありました。この跡地を放置し、別の新興宗教などに悪用されるのを避けるため、そして多数の被害者に少しでも救済金が配分されることを目的に、平成11年の宗会において約16億7千万円の資金を投じて明覚寺の施設を買収することを決定いたしました。そして、その資金調達のため金融機関から11億円の借金をし、宗内全国寺院に対し総本山金剛峯寺寺債(寺債)の引き受けをお願いし、宗団が一致団結してこの難局を切り抜けて参りました。前内局による資産運用が、その多額な債務に対する返済資金を少しでも増加させる必要に迫られて始められたことは、記憶に新しいことと思います。

平成18年7月に前内局より引き継いだ有価証券残高は、(宗)金剛峯寺が約21億6千6百万円、(宗)高野山真言宗が約12億9千6百万円、合計34億6千2百万円余りでありました。

この膨大な運用残高を出来るだけ圧縮させる方針で臨みましたが、思うにまかせず、翌年にはサブプライムローン問題が発生し、平成20年9月15日のリーマンショック等により、大きな損失を被ったことも事実でございます。

資産運用の失敗は当内局の失敗であることを率直に認め、深く陳謝いたしますと共に、早急に再発防止策を研究し実施に移したいと考えます。

秋季宗会以降も、前宗会議長安藤尊仁師が議長を務める参事会との協議を重ねて参りました。直近の平成25年1月25日付参事会通告書には、議長の有効な署名・捺印のもと「内局・参事会の合議のうえ、公認会計士を選任し精査する旨、第145次春季宗会にて報告されたい。」と明記されています。春季宗会ではその報告をすることなく内局不信任案が採決されましたことは誠に残念でございます。

今、我々宗団が実施しなければならないことは、早急に大手監査法人に依頼し、資産運用を開始した平成十四年度より今日に至るまでの運用について、公認会計士による監査を受けるとともに、あらためて弁護士による検証を受けることであります。

そして新しく選出された宗会議員によってその検証結果を中立公正な立場からご審議いただき、今後の再発防止策をご検討いただくことが、参事会通告書を尊重することにもなります。

我々内局一同は、その対策を真摯に受け止め、役職員一丸となって宗務に一層精励することをお誓い申し上げます。

高野山真言宗宗団体制再構築と発展の為、皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

合 掌

平成25年3月7日

高野山真言宗 宗務総長
庄野 光昭

2013年3月 6日 (水)

Vitantonioのオーブントースター

昨年末くらいから、Vitantonioのオーブントースターを使っている。
130306v
それまでは、パナソックリ製の「ボタン一つで楽々調理・・・」みたいなのを使っていたのだが、あまりにも「ボタン一つ」がAHOというか、焼け具合が室内の温度に左右されすぎるので、それならいっそのこと、シンプルなものにしてやろうと思ったのだ。

130306v2

背面を見るとこの機種の最大の特徴がわかる。

つまり、ピザストーンが付属しており、直径23センチまでに対応しており、その分背後にでっぱりがあるのだ。

毎日ピザを焼くほどの時間の余裕もないし、ピザばっかり食べてたら太っちゃうのだが(^^;)
「あらかじめ余熱したピザストーンで焼く」という行為に惹かれたのである。

結果は大満足!(^-^)

特に、余裕の無い朝によく食べる、ブリート?ブリトー?の焼け具合といったらあなた~\(^o^)/

130306v3

レンジでチンしちゃうと、外側のトルティーヤ?まで、フニャフニャになって食感が悪いのだが、ピザストーンを使うと、まさに外はパリパリで中はしっとりに焼き上がるのであーる。

ただし、焼き具合はこれまた室内の温度に左右されちゃうので、余熱8~10分+焼きを3~5分の間で調整しつつ見張ってる必要がある(笑)

不思議なもので、今までは、パナソックリのボタンのAHOに怒るのみで、工夫も何もなかったのが、こいつが来てからは、最後の数分を楽しく見張れるようになった(^-^)

きっと、単純作業ながら「作ってる」感が強いからだろう。

次は何を焼こうか?

・・・って、手当たり次第にピザストーンに乗せるもんだから、めっちゃ汚れてる(ピザストーンは基本的に洗えない)という次第(笑)

ちゃんちゃん

2013年3月 5日 (火)

茅負

いよいよ、飛檐垂木の先端で、軒の反り具合を決定づける「茅負(かやおい)」の取り付けである。
130305kayaoi91

↑上から見ると直線だが、横から見ると・・・
130305kayaoi3
端部では、かなり反り上がっている。
そして、中央部はこの画像では水平に見えるが、若干(数値はヒミツ(^-^)v)下がるよう垂木ごと調整している。
そうしないと、出来上がったときに、中央部が逆に盛り上がって見えてしまうのである。

※四隅の柱そのものを長くし、軒ごとそり上げる「隅伸び」という工法を取ると軽快感が増すのですが、今回は「門」としての重厚感を醸し出すために採用していません。

130305kayaoi4

妻側に続き、平側も仮置して、各部を微調整していく。

130305kayaoi5

苦心でもあり、醍醐味でもあり、あっという間に時間が流れていく。

130305kayaoi6

端から、中央部の垂れ具合を検証している時、ふと思いついた。

130305kayaoi8

広角で撮ってみると、まさしく船の舳先だ。

長い時を超える旅に幸あれ(^-^)

めでたしめで・・・って、まだまだ途中やっちゅーの!

ちゃんちゃん

2013年3月 4日 (月)

老化?

さて、何でしょう?
130304right

正解、というほどのものでもないけれど(^^;)

箱バンのドリンクホルダーに貼ってある、GSでもらったステッカー。

で、こっちがSTREAMに貼ってあるもの、
130304left

そう、箱バンとSTREAMでは、給油口が違うので、勘違いしないようわざわざ貼ってあるのだ。
それくらいよぉ覚えんのかいな?と言われればそれまでだが(^^;)
他にも軽トラや2tに乗ったりするので、覚えたつもりの勘違いよりも、明確な目印で無事故?を目指す方が合理的なのであーる!(^^;)

ところが・・・

このところ、おなじみのGSに入ると、申し訳なさそうに『すいません、逆なんです・・・』と言われてばかり・・・orz

な、なんでや~?ちゃんと確認したはずやろ~???

以前はそんなことはなかったはずだから、これもまた老化の片鱗?

いやしかし・・・

このステッカー、デザイン的におかしいのではないか?

箱バンの場合、当然のことながら、ボディの右側に給油口がある。ことを表しているのだが、給油口の位置を示す矢印が、私には、「給油口に、左側からガソリンを入れる」デザインに見えるのだ。
STREAMの場合は、右側から、に見えるものだから、結果的に、箱バンはボディの左側に、STREAMは右側に給油口があるように錯覚してしまうのだ。

そう言われれば・・・って思いません?(^^;)

しかもこれは、GSでもらったステッカーだ。
「ガソリンを入れる」ことが最優先される場所で、矢印が示されれば、それはすなわちガソリンの流入方向を示すと考えて何が悪い、そうじゃろぉ~~~!

うむ、やはりこれは、ステッカーのデザインの問題であって、私が老化しているのではないのだ!

うんうん、その通り~!

・・・と、「自分は間違っていない」と思いこもうとする気質そのものが、老化の始まりなのだろうねぇ・・・

ちゃんちゃん


2013年3月 3日 (日)

2WAYポーチ 復刻

「歴代ウエストポーチ」の中程で紹介した、MaxFritzの2WAYポーチ。

帆布+革なのだが、帆布部分がすり切れてお蔵入りになっていた。
かなり気に入っていたので、二つ目を・・・とも思った時にはすでに廃版だった(>_<)

ところがこのほど、復刻バージョンの存在に気付き、思わずゲット~!

・・・とはいえ、気付いたのが「このほど」なだけで、以前から復刻されていたのかもしれない(^^;)

130303mf1
質感の違いがわかるよう、ハイキーで撮ってみた。
左が数年間、作業服の腰からぶら下げ続けたもので、右が新品。
やはり表面のテカリ方がずいぶん違う。

130303mf2
裏面になると、その差は顕著。
作業服の左腰で磨き上げられたのであろう(笑)

130303mf4
内装の色は、復刻版の方が黒の共色になっていて、汚れが目立たないので良い感じ(^-^)

130303mf3

また、すり切れるまでぶら下げ続けるより、今度は単車専用で使おうと思っている。

しかし、おもしろいもので、新品が来たことで、旧の方へのいとしさというか、「君もまだまだいけるやーん」的な感情が湧いてきた(^-^)

こちらも、銀ぶらで復活させてみようかな?

すり切れたところも、黒のたこ糸で補修してみるか?(^-^)

それはたぶん、ヨッパーな時になるだろうが・・・(笑)

ちゃんちゃん

2013年3月 2日 (土)

「スリップ痕は捏造」鑑定書

アサヒにおもねる気は無いが、この記事だけは紹介しておきたい。

昨日、私の住む地域だと大阪本社版の10版の35面

アサヒデジタルだと、大阪本社版の36面にその記事がある。

ネット上の記事を検索したのだが、なぜか見つけられなかったので、不承不承ながら、月500円でアサヒデジタルの契約をして紙面を確認した。

・・・と、書く事自体、アサヒの拡販に協力してしまっている状態が悔しい・・・

しかも、著作権うんぬんで酷い目に遭わされるおそれもあるので、詳しくは紹介できないm(_ _)m

事故の詳細については、「高知 白バイ」で多くの記事を見つけられるし、このブログでも紹介している。 

以下、著作権に触れないよう、私自身が知っていることを書く。

すでに服役を済ませ、再審請求中の元運転手側が、有罪の根拠の一つであった「バスが急ブレーキをかけた跡」とされる現場写真が捏造であるという鑑定書を提出した。というものだ。

この「ブレーキ痕の捏造」に関しても、検索すればネット上には様々な情報が見られる。

「液体を路面に塗って偽装した疑いがある」という鑑定結果が、再審にどのように影響するのか、今後とも注目していきたい。

2013年3月 1日 (金)

公明正大

本日、高野山真言宗総本山金剛峯寺のHPに

高野山真言宗宗務総長からのご説明」が載せられたので転載。

この度の報道各紙等に掲載されました宗会解散および資産運用に関する記事で、大師信者・檀信徒を始め、僧侶各位等、社会全般にご迷惑をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

2月26日に開会いたしました第145次春季宗会におきまして、最重要案件であります平成25年度予算案の審議をなすこともないまま、初日に「庄野光昭宗務総長不信任緊急動議」が提出されました。これが採択され、十分に審議されることなく不信任案が採決。17票対17票の同数となり、議長の決裁により可決されました。

宗務総長の不信任という重大な案件の処理が、「全体委員会」という「秘密会」の中で取り諮られたことが妥当なものであるかどうかにつきまして、庄野内局一同は疑念を抱いております。

この議決を受けて、高野山真言宗宗規第69条の定めにより、当内局は「退職」か「宗会解散」か、という二者択一の決断を余儀なくされました。いずれを選択するにせよ、大きな影響を及ぼすことになります。苦渋の決断ではありましたが、宗会を解散することといたしました。

ここに、解散を決断した理由につき申し上げます。

「緊急動議」の中で提示された「不信任」の理由は下記のとおりでした。

  1. 内局が提出した資料に、有価証券の売却損、償還損といった運用損を意図的に含めておらず、運用益を過大にみせるという粉飾を行ったこと。そのために、真実の情報を開示せず、情報の隠蔽を行い虚偽の粉飾をしたこと。
  2. 弁護士事務所を利用して、自己の正当化を図ったこと。

退職の選択肢を取ることは、指摘された2点を認めることに他なりません。

粉飾とは、不正の意図を持って過大または過小に操作することであります。どこに粉飾の意図があったという証拠があるのでしょうか。

資産運用の失敗は、昨秋の秋季宗会でも、今回の宗会においても率直に陳謝しています。数字を的確に提出できなかったことは、内局の不備であり、このことにより誤解を招きましたことは申し訳ないことでありました。

決して粉飾の意図をもって虚偽の報告をしたものではありません。早急に大手監査法人に依頼し、資産運用を開始した平成14年度より今日に至るまでの運用について、公認会計士による監査を受けるとともに、あらためて弁護士による検証を受け、結果を公表いたします。

このことについては、参事会と話し合いを続けていました。それにも関わらず突如として不信任案の提出があったことは、まことに残念なことであります。

なお、上の監査・検証の結果、当内局に粉飾・不正の行為があった場合には、当然のこととして総辞職いたします。

参考までに、財務部で作成しました資産運用実績を以下の通り公開いたします。

(宗)金剛峯寺・(宗)高野山真言宗 資産運用実績
平成14年4月~平成24年5月迄(単位:千円)
法人名 運用利益 運用損失 運用損益
金剛峯寺 891,334 418,681 472,653
高野山真言宗 699,839 270,650 429,189
合計 1,591,173 689,331 901,842

当初の報道に掲載された数字はこちらです。

さらなる理由として、当内局は「高野山開創1200年記念大法会」準備の大詰の時にあって、宗務の空白期間をおくことは出来ないとの認識を共有しております。この点もご賢察ください。

今回の「不信任案可決」と「宗会の解散」により、報道各紙やインターネットなどをお騒がせし、高野山真言宗・総本山金剛峯寺の信用を大いに失墜させる結果を招きました。大師信者・檀信徒を始め、僧侶各位等、社会全般にご迷惑をおかけいたしましたことを、重ねて心よりお詫び申し上げます。

このような逆風の中にあって、的確なご指摘や、励ましのお声を寄せて下さいました各方面の方々に感謝申し上げます。今後、この出来事の反省をふまえ、宗務になお一層精励することをお誓いいたします。

合 掌

平成25年3月1日

高野山真言宗 宗務総長
庄野 光昭

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ