サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2010年2月16日 (火)

看板に偽りあり

何を隠そう、ネムキの愛読者である(笑)
100216nemuki1
元々は娘が小学生の時に『読みたい』という事で定期購読を始め、二年前に成人した時に『もういいよ』と言われたのだが・・・私が個人的に買い続けている(^^;)
今市子さんの百鬼夜行抄が読みたいんじゃ~!
しかし・・・今回、
ヽ(`Д´)ノである。
確かに表紙には、百鬼夜行抄とも今市子とも書かれてはいない。
だが・・・
100216nemuki2
背表紙にはしっかり、「今市子」と書かれている。
ネムキに今市子なら、それは百鬼夜行抄が載っているはず、と大方の読者は思うはず。
そして実際・・・
100216nemuki3
今市子さんの作品が掲載されているのである。
だがしかし・・・
100216nemuki4
※この作品は、ネムキ2002年4月号増刊「眠れぬ夜の奇妙な話」に掲載されたものです。

じゃかぁしぃ~っ!ヽ(`Д´)ノ
それならそうと、もっとわかりやすく告知せんかーいっ!

背表紙は完全な釣りやないかーいっ!
こっちは、定期購読と決めてるからまだマシやが、本屋さんで背表紙だけ見てワクワクしながら買って帰って家でがっかりする読者の悔しさがわからんかーっ!

嘘とは言いきれない範囲で人を騙すというアサヒの体質丸出しやんか~!

ちなみに、ネムキはもともと、朝日ソノラマ刊だったが、昨年の4月、同社が会社清算となり、その後アサヒ新聞出版が事業を引き継いだという経緯がある。
それからなんだか、おもしろさがどーんと減ったと思ってるのは私だけではあるまい。

本自体の魅力を発行元が殺しているというナサケナサ・・・(ToT)

ああ憤懣やるかたない、

ちゃんちゃん

2009年9月21日 (月)

大人買い(笑)

9月20日(日)の日記。

久しぶりの大人買い、である(笑)
090921oisinbo1_2
マイミクさんの日記からオークションへ飛んで・・・即決!(笑)
このコミック、なんと連載25年を越えてるのだそうだw(゜o゜)w
実は、掲載雑誌は創刊時から9年前まで読んでたし、単行本も時々買ってたので、70巻前後までは内容もうすぼんやりながら覚えている・・・はず(^^;)
それが、値段に釣られた(笑)という事もあるが、なぜ今さらフルセットでゲットする気になったかと言うと・・・
090921oisinbo2
↑家のあちこちに点在している(。。 )\バキッ☆ 単行本を見る度に時々でてくるこれ、
『このエピソードは単行本第○集第○話の○○○○に収録されています』
これまたうすぼんやりとだが、「あぁ、あの話ね・・・」というイメージは浮かぶのだが、内容が気になって仕方がない時があるのだ(笑)
これ、ネットの世界で「リンク」のありがたみにどっぷり浸っているせいもある(^^;)

それともう一つ、作画担当のセンセイ、食べ物の絵は抜群に上手だと思うのだが、人物、特に女性の描き分けはイマイチ・・・(^^;)
てなことで、ばらばらに読んでて、以前のエピソードの人物が登場すると、「こ、これ誰やったっけ?」状態でめちゃめちゃ隔靴掻痒感!(笑)

てなことで今回、まとめ読みして人物関係をはっきりさせようではないかと・・・(笑)
ただ、102巻でもうすぐ103巻目も出るらしいので、読んだ尻から忘れていくような気も・・・(^^;)

まぁぼちぼち行きまひょか~

ちなみに、連休を使って全部読む、というわけではない。ずっと仕事だからである(笑)

ちゃんちゃん

2009年9月15日 (火)

星守る犬

昨日の訃報を引きずりつつ、書く。

先週、義父の見舞の帰りに、これまた久しぶりに書店に寄ったら『犬好きな方はご遠慮下さい』というキャプションと共に売られていた。
このところ話題になってるのは知ってたが、アマゾンで幾多の書評を見る限り、買う気は起こらなかった本だった。
090915hoshimamoruinu_2
しかし、買ってしまった。
いわゆる「泣ける」本や映画は読まないし見ない事にしている。
動物モノは特にだ。
小学校の頃、『ゲンのいた谷』という本を読んで号泣して以来、避けてきたのである。
(ゲンは動物、というより、壁に描かれた怪獣なのだが)

特に、「けなげにひたすら待つ」というシチュエーションが駄目だ。
想像するだに・・・

そして、著者である村上たかし氏のコミックは、たしか「ナマケモノが見てた」しか読んだ事がないのだが、稚拙(失礼m(_ _)m)とも思える描写がかえってリアルであり、動物の喜劇はともかく、悲劇はキツすぎるとも思っていた。

しかも表紙が・・・
似ても似つかないのに、るんたを思い出させる・・・

るんたはもっと男前やった、うん、これはるんたとは関係ない犬の話、スルーやスルー、
と、自分に言い聞かせながら・・・
買ってしまった。
そしてすぐ、読んでしまった。

悲惨な話である。
主人公のおっさんは、仕事も家族も健康も失い、流されるままに彷徨うのみで、やがて自滅していく。

犬は・・・ひたすら待っている。
主人との「さんぽ」を。

あかん・・・これ書いとっても、もうあかん・・・

このおっさんと自分が重なる。
あがくのをやめたら、たちまち同じ運命を辿りそうな気がする。
そして・・・
そうはなりたくない、しかしどこかで、そうなってもいい、というか、そうなったら楽かも?と思う自分もいるのだ。

犬は・・・
どんな飼い主にも従うだろう、心から愛し、いつも「さんぽ」を楽しみにするだろう。

それが悲しい。

そしてどこかで、そんな犬に救われている自分がいる。

わぁ、めっちゃ寂しいおっさんや~ん、私(^^;)

現時点では、仕事あり、家族有り、健康・・・歯がちょっとだけ・・・に、感謝!

2007年1月30日 (火)

物体「メ」を探して・・・

1月の18日に、
アフランシさんにかけられた呪いを解くべく(^^;)
アマゾンへ・・・は行かず、yahooへ(笑)
おお!けっこう出品されてるやーん!
てなことで、頃合いの価格のをゲット~(^-^)
070130befree


そして、問題のシーンを探すため、
超速!にて読み進める~(笑)
やはり、「天才!江川達也」さん、
20年前の作品なのだが、登場するバイクや車以外は、
現代でもほぼ違和感無しに読めるし、
いろんな「実験」も行われてて、文句なくおもしろい!
どんどんストーリーが拡大(拡散?(^^;))し、
いわば結果より過程重視(笑)なのも、
この作家のデビュー当時からの特徴なのがよくわかった(笑)
さて、問題のシーンはいずこに?

070130thing_1 ありましたありました~
これですがな~\(^o^)/
あぁ気が済んだ~
って、やっぱり最後まで読んどこっと(笑)

で、↓もセットになってたのを落札したのだった(笑)
070130golden
これはほとんど読んだ事が無かったので、
じっくりと楽しませてもらおう、

ちなみに、二つセット22巻で、
落札価格は\2,000円也、
満足です~(^-^)


第194週+6日目の朝 76.8kg
昨日±0g トータル -19.2kg
減量1400日目まであと38日
ミドル級(72.57kg)まであと、4.23kg

くくく・・・
ここが我慢のしどころか・・・

2005年6月20日 (月)

花田少年誌「5」巻(^-^)

0620hanada 昨日本屋で見かけてちょっと驚いたのが、
「花田少年史」の「5」巻!
これ、(果てしなく続いてほしかったのに(^^;))
たしか4巻で完結したはず・・・
なんでやねんなんでやねーん?俺がボケたんか~と
よく見ると、「番外編」となっている。
おお~っと、ニコニコしながら買い求めた。(^-^)
なぜならば、これ、
まいべすとばりあぶるはーとうぉーみんぐコミック~!なのだ、
また、この番外編がいい!本編の良さが凝縮されてる感じだ、

久しぶりに・・・体重以外の事で・・・

泣いた・・・(^^;)

110週+5日目の朝 76.2kg
昨日+400g トータル(-21kg)+1.2kg

うひょぉ~ん・・・(ToT)
やっぱりなぁ・・・
油断やね、油断・・・(。。 )\バキッ☆
どこかに、もういける、食べても大丈夫、みたいな錯覚がある、
何度も何度も体験してるのになぁ・・・(^^;)
学習能力あるのか?俺?(爆)

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ