サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2013年9月28日 (土)

中原会

本日は不定期・・・というか、主催舎の極真会館黒帯、必殺技はカカト落とし~!という、N氏の都合だけで開催される、「中原会」
130928nakaharakai
場所はいつもの高野口の「ひさご」さん

さぁていつもの阿鼻叫喚顔塗りたくり~(笑)が始まるかと思いきや、本日はフィギアマンさんが欠席なので、「マジック禁止」とのことorz

フツーに?(^^;)
大いに飲み、喰い、語らったのでアリマシタ。

え?私?

い、いつもより、マトモやったでしょ?ね、ね、ね~(^^;)

ちゃんちゃん

2013年5月25日 (土)

中原会

6月18日記(^^;)

毎日、数日分のブログを書いて、早く本日分に達したいのだが・・・
忙殺の日々というか・・・しかし、酒を飲む時間はあるわけで・・・(。。 )\バキッ☆

いやその・・・
130525_nakaharakai

で、恒例の中原会に参加させてもらい、楽しく語り、おまけにちょっと前にイヤな体験をしたストレス解消までできたわけだが、この件をおもしろおかしく書きたいのにうまくまとまらないのである。

あくまで個人のブログなのだから、淡々と書けばよさそうなものなのに、やはり誰かが読むことを想定しており、そこはそれ関西人の性なのか、ウケたい、おもしろい文にしたいというイヤらしさが先行し、書けないままに日にちだけが過ぎていくというわけだ。

130526_ghm

宴会終了後、送ってもらった駐車場で、久しぶりの車中泊(笑)
朝帰りにはもったいないような朝焼けに見送られつつ帰山したことだけ記しておこう。

ま、これからもぼちぼち、ぼちぼちとね~

・・・って、ぼちぼち過ぎるか?(^^;)

ちゃんちゃん

2012年12月12日 (水)

SH-02Eが、しっくりくる理由

すでに、フラップ式のカバーをかけて使っているが、ドコモショップで最初に握った時を再現するとこうなる。
121212sh
親指の位置に着目してみると、横幅を通り越して中指に到着している。

これがGA∟AXYだと、
121212gyala
無理矢理,親指を曲げて、届かないよ~状態にしているようにも見えるが(^^;)しっかり握るとどうしてもこうなってしまうのである。

なぜか?
とりあえず、本体サイズを比べてみよう。

GA∟AXYは、高さが約 137mm×幅 約 71mm×厚さ 約 9mm
(最厚部 約 9.4mm)約139g 約4.8インチで、

SH-02Eが、高さ 約 135mm×幅 約 68mm×厚さ 約 9.8mm
(最厚部 約 10.9mm)約152g 約4.9インチである。

最厚部というのは、上部のカメラ部分だからこの際無視して、握る時に必要な距離、
つまり、全周で考えると、
GA∟AXY≒9.4+71+9.4+71=160.8
SH-02E≒9.8+68+9.8+68=155.6㎜

それぞれわずかずつの違いだが、足してみるとその差は、160.8-155.6=5.2㎜となる。

しかし、実際握ってみると、GA∟AXYに比べSH-02Eの方が、1㎝近く親指が届く・・・というか、自由に使える感じなのだ。

なぜだろうと思って、どちらも何度もニギニギしてみたがわからなかったのだが、画像にすると一目瞭然だった。

↑二枚、ヒマなヒトはどちらも拡大して並べ、比べてみればよくわかると思う(笑)

要は、GA∟AXYを握るため、というか、しっかりホールドしようと思うと、前面だけではなく、断面も半分に切ったスイカのような形をしているため、中指、薬指、小指の第一関節を筐体の側にしっかりくっつける必要があり、その分、指の長さを余計に使わなければならないのだ。
その点、SH-02Eは、そこまで考えて作ったのかどうかはわからないが、筐体が角張っているため、第一関節ではなく、末節(指先と第一関節の間)で十分ホールドできるため、親指の自由度が高いのである。

で、カバーを付けてみたところ、やはり
GA∟AXYでは、
121211galaxy1
「ら」を押せてるようだが、実はこれかなり無理してのことである(^^;)
ほぼ、薬指だけのホールドになるので、非常に不安定になっている、
というか、今まで、片手打ちは諦めていたというのが実際で、それもGA∟AXYに感じる不便の一つだったのである。
で、SH-02Eはというと、
121211sh1
カバーの形状もさらに有利に働いて、親指の腹ではなく指先でらくらく「ら」が打てる\(^o^)/
電話もこの状態で、検索したりできるので、非常に便利になった(^-^)v

以上、手の大きさが違えばまったく役に立たないインプレである(^^;)

ちなみに、私の手は成人男子としては、ごくわずか大きめ?といったところで、
手の平を広げると、親指から薬指の先端まで約22㎝である。

カバー付きのSH-02Eが、手に馴染んでラッキー、といったところか、

ちゃんちゃん

2012年11月23日 (金)

辨天さんの祭

本日は毎年恒例、
私の生まれ故郷の摩尼山の麓、西ヶ峯の弁天さんのお祭り(^-^)
・・・って、毎年同じ事を書いてると思ったのだが、以前の記事は、'05年'06年のみ(^^;)
ブログにアップしてなくても、毎年欠かさず参加・・・してると思っていたけど、サボってツーリングに行ってる年もあったりして・・・(。。 )\バキッ☆

すんませーんm(_ _)m

121123nishigamine

例年、良い天気に恵まれるという印象もアヤシイ?(^^;)
あいにくの霧雨となったので、お参りだけして、餅投げはお堂の中で開催。
121123nishigamine3
参加者は年々年老いていくのだが・・・(^^;)
必ず来てくれる小学生もいるのが嬉しい(^-^)
121123nishigamine4
この時ばかりは、年も関係なく、わぁわぁきゃぁきゃぁともち投げ(^-^)
121123nishigamine5
そして宴(^-^)

来年もまた、みんなで集いましょう(^-^)

121123nishigamine1

ふるさとの 山に向いて 言ふことなし

ふるさとの山は ありがたきかな    啄木

まさに!(^-^)

ありがとうございます~

2012年8月19日 (日)

日本酒甲子園

大阪は難波の御堂筋ホールの7階にて・・・
120819ip1

「日本酒甲子園」に参加~!

今まで、あえて店名を挙げてはこなかったが、こんな感じで、私にしては珍しく、居住まいを正して食べ、かつ、飲ませてもらってる「ぶいはち」さんのマスターからのお誘いなのである。

もっとも、居住まいを正しているのは最初の二杯くらいまでだが・・・(。。 )\バキッ☆
また、居住まいを正さねばならぬほど堅苦しいお店でもない、私が勝手に、せめて最初だけは・・・(^^;)と心がけているだけだ。

なぜ、あえて店名を挙げなかったか?
答えは簡単、混んだらイヤやし~(。。 )\バキッ☆
飲みたい希少酒がなくなるのもイヤから~(。。 )\バキッ☆
いやその・・・(^^;)
それでなくても、席は8つに限られており(VIP席が8つだから「ぶいはち」なのだ)その中でも喫煙できるのは、焼き場正面の換気扇の下のみ、という狭き門、いや、席。
(8名全員が喫煙者の場合は、全席解放されるが、イマドキそんな事は滅多にない(^^;))

てなことで、場所等は書かないから、興味のある人は「ぶいはち」でご検索下さい。

さて、さて、↓が日本酒甲子園のチラシ
120819nk2
詳しくは主催者である株式会社小林酒店さんのHPでどうぞ。

13:00~16:00(会場12:30)とのことで、ちょうど午後1時に会場着だったのだが・・・
120819ip2
すでにホールは数百人の人で大盛り上がりw(゜o゜)w
120819ip3
受付で、お猪口と水をいただいて・・・
120819ip5
各ブースでお猪口に注いでもらい・・・
120819ip4
↑いわゆる亭長さん風の「吐き」用ではなく(笑)
一口、味見をしては、バケツに吐き出し、お猪口も洗って次へ向かう・・・のが手順なのだが・・・
30以上の酒蔵さんがそれぞれ3種類以上出品している都合上、手順を守ってるととても試飲が終わらない~
しかも、真面目にそれぞれの感想をパンフレットに書き込みつつだからけっこう忙しいのだ。

・・・って、最初は全部飲む気やったんか?俺(。。 )\バキッ☆

いやその・・・(^^;)

で、すでにヨッパーになってた(笑)「ぶいはち」のマスターを見つけたのを幸いに、『これだけは~』ってのを聞き出したまでは良かったが、
すぐに、味見→吐き出し→お猪口洗いが、味見→そのまま飲み込み→お猪口だけ洗い→
になり、十数杯目からは、味見→そのまま飲み→味見→そのまま飲み、の繰り返し(。。 )\バキッ☆

まぁでも、一杯といっても、お猪口に半分弱だから・・・ね(^^;)

てなことで、備忘録として、パンフレットに書いた感想だけ順不同で載せておく。

※飲み逃した銘柄も多く、ここに書いたものが最上とは限りません、また、甲子園と名乗る以上は、明確な判定も必要だと思いますが、不味ぅ~!で吐き出した酒ももちろんありました。
ただしそれは私の舌が限界を超えていたせいかもしれませんので、あえて不味いと思った酒名は書きません。

さらに、以下のコメント、意味不明な表現もありますが、酒名を書いてるということは誉めてる、ということと、ご理解下さい。

大倉:ひたすら力強し。
福島:米ゝしい、糠臭くはない。
車坂:3種類のうちの真ん中が○
青煌:◎
常山:これは素直に旨い
若波:燗して飲みたい
釧路:真面目なお酒、作ってる人達の人柄が偲ばれる。
ドキドキ山本:名前ほどふざけてない(笑)

以上、お猪口でおそらく50杯くらい?(。。 )\バキッ☆
しかしそれほど酔わなかったから・・・いやホント!(^^;)
けっこう真面目に取り組んだのでありました。

さぁて、あとはどれを小林酒店さんに注文するかやね~(^-^)

めでたしめでたし

2012年8月 3日 (金)

感動

トシを感じる話ではあるが(^^;)
毎晩飲んでは、午後9時過ぎに眠くなり、はっと目覚めるのが午前4時頃、という生活になって久しい(笑)
で、このところ、オリンピックの中継をよく見ている。
以前は、「スポーツって、自分でやるもので、他人のを見るもんちゃうで~」とか嘯いていたのだが、この頃は、一所懸命なヒト達の姿を見ては感動に浸っている。
これまたトシのせいかもしれない(^^;)

おそらく以前は、「勝利」だけを見たかったのだと思う。
また、他人事ながら、勝つか負けるかで、はらはらするのがイヤだったのだ。

で、今回のオリンピック、
非常に惜敗が多いので、銀や銅メダルに輝きながらも、コメントは「敗者」としてのものが多い。
これがまた、非常に心を打つ。

「世界で3本の指に入ったんやから、十分やんか。」と私などは思うのだが、それは素人の単なる見物人の考えであって、ご本人達はあくまで世界一を目指して努力してきたわけで、そういう土俵に上がれるようになった努力は、それこそ想像を絶するものなのだろう。

これが技術の世界なら、一番以外は、二番も三番も、一番を購入したり、特許料を払ったりしなければならず、それを全然理解せずに情緒的に『一番でなければダメなんですか?』と、無責任に言い放った愚かなおばんもいたが、「人の努力」って、それこそナンバーワンより、オンリーワンのものだと思う。

そんな中、柔道男子90kg超級の西山将士選手のコメントに、思わずテレビに向かって拍手してしまった。
西山選手は、準々決勝で、主審が一本と判定した大外刈りを、副審ふたりが技ありに変更したため、結局判定負けとなり、敗者復活戦を経て銅メダルを獲得したわけだ。

アナウンサーが『(準々決勝の)あれは一本だったのでは?』の質問に、西山選手は、一瞬の沈黙の後、こうコメントした。

「答えません」

おお!それで十分答えている(^-^)

そして、彼は『オリンピックで緊張するなんて、まだまだだなと思いました』

私は正座しなおして、画面に拍手を送ったのだった。

柔道って、やっぱり、「道」を求めるものなのだなぁ。

そして本日未明、
競泳男子200m背泳ぎで、銀メダルを獲得した入江陵介選手のインタビュー

これはもう、感動のあまり、その全文をネットで検索して探し出したくらいだ。

ご紹介しよう(ソースは産経新聞2012/8/4:10

――レースを終えて

 「ずっと金メダルを夢見てきてやってきたので、銀メダルという結果に後悔はあるが、でも、声を枯らしてまで応援してくれる仲間がいる中で泳げたことは最高に幸せです」  

――力は出せたか

 
「自分自身、今できる100%のレースをしたと思いますし、1位のクラリー選手は本当に素晴らしい選手。昨日もいろいろ話して、明日頑張ろうって言っていて、高めあえる仲間の中で、世界最高の舞台で泳げたことにまず感謝したい」

 ――どんな思いで泳いだのか

 「今までつらかったことを思い出したり、金メダルをずっと思い描いていたので、いろいろなことを考えながら泳ぎました」

 ――素晴らしいレースでした

 

「そうですね。でも明日からメドレーリレーがありますし、競泳は8日間において、27人で一つのリレーをしているようなものなので、最後の男子リレーの自由形の選手がタッチするまで、27人の選手のリレーは終わらないです」

比ぶべくもないことだが、東電や国会コジキ共が、恥を知らない嘘にまみれた日本語を垂れ流している昨今、これほど美しく感動を呼ぶ言霊を、私は久しぶりに聞いた。

あまりに整いすぎていて、用意されたものなのかもしれない。
だが、それでもやはり、よどみなく流れる美しい言葉は、入江選手の魂から発せられたものだと確信する。

朝から感動をありがとうm(_ _)m

2012年7月29日 (日)

なんと、本日もサイコー!

なんとなんと、本日もマジックライブショーに参加~\(^o^)/
しかも、演者は、かねてあこがれの紀良京佑師匠!
120729cs
↑左から、きのぴーさん、紀良師、そしてMCのTAKA師。

紀良師を一言で紹介するならば、イケメンなのにおもしろい、そして超絶フラリッシュ!

フラリッシュと言えば、昨年もここで、アルスさんの技に度肝を抜かれたのだったが、紀良師のそれは、凄まじいのにおもしろい、という希有な芸である。

これまた言葉では説明できない。

ぜひ、DVDを買って見て、のけぞって欲しいものである(^-^)

おそるおそるリクエストしたら、リングまで披露していただき感激~m(_ _)m

それにしても、昨夜といい、今日といい、「楽しい時間」を実感しまくり~!

何がそんなに楽しかったかも、書けばたちまち陳腐になっちゃうからわざと書かない(笑)

ブログで公開するにしても、あまりに超個人的な楽しみ・・・とだけ書いておこう(^-^)

ありがとう~!

こんな楽しく充実した日があったこと、忘れるなよ~自分!(^^;)

めでたしめでたし

2012年7月28日 (土)

今夜は最高~!

今夜は最高~!\(^o^)/
120728so
そう!
毎年恒例のフレンチドロップさんの周年イベント
小川心平師匠のライブなのだ~!

ちなみに周年イベントの告知が5月の半ばだった関係で・・・
先に予定され、参加表明していた「中原会」は欠席ごめーんm(_ _)m

すんまそーんm(_ _)m

てなことで、思いっきり楽しませていただきました~\(^o^)/
120728fd
「小川心平のタイムマシン」
おそらく、発売されることはないだろうし、もし、発売されても、小川心平師以外では、決してこの夜のようなコーフンと笑いは再現できないはず。
参りました~m(_ _)m

てなことで、内容はもう、説明するために文字にすると、かえっておもしろさが伝わらないという極地!

とてもシアワセな夜でした~(^-^)

めでたしめでたし

2012年5月 5日 (土)

天野にて

本日は五月晴れの下
120505a1
天野の丹生都比売神社へ
120505a2
現在、再建工事中のモデルの一つである楼門も、五月の陽光に照らされまばゆいばかり。
120505a3
本日のカミさんは、奉納される巫女舞のお手伝いで琴の演奏係。
忙しいヒトですなぁ(^^;)

てなことで、せっかくの好天、単車で・・・とも思ったのだが、娘も行くというので、どうせならと銀も連れてきた(^-^)
120505gin1
飼い主馬鹿だとは思うが(^^;)こういう人出の多いところへくればくるほど、賢そうな犬を演じるのがこいつは上手だ(笑)
まぁ一緒に出かけられてご機嫌だったのだろう(^-^)
120505a4
先日の地蔵寺さんと同じく、ここもこの時期、(白)藤が美しい。
120505a6
時折吹きよせる風は、暑くもなく冷たくもなく、まさに新緑を生き生きとそよがせる初夏の象徴であり、その場にいるだけで憂いも悩みも祓われるような、これ以上はないほど爽やかで清々しいひとときを過ごせた。

南無大明神

2012年5月 3日 (木)

今年も

今年も、橋本市の易産山地蔵寺様、通称、子安の地蔵さんにお招きいただいて、ミニコンサート。
120503di1
関西花の寺二十四番で知られる藤のお寺。
120503di2
天候が心配だったが、ちょうどコンサートが始まる頃から青空も見え始め、お地蔵さんのご加護と喜んだ(^-^)
120503di3
今年は、橋本市在住のオペラ歌手、小谷妙子さんもご参加いただいた。
120503di4
ラストは恒例、お集まりの方々と「ふるさと」を和やかに合唱。
120503di7
スタッフ一同で記念撮影。

ありがとうございましたm(_ _)m

より以前の記事一覧

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ