サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2016年6月30日 (木)

復活! (フリクションペン)

七ヶ月ぶりのブログである(^^;)
といっても、その前が二ヶ月ぶりくらいで・・・
そのまた前が三ヶ月・・・(。。 )\バキッ☆

いやそのあの(^^;)
ここ数年、ネットへのアップはiPhoneからFB、というのが主になっていて、いちいちパソコンでココログへ、というのが億劫になってしまっていたのだった。

しかし、FBへの投稿は気軽ではあるが、備忘録にはなりえない。
過去記事の検索をしようにも、アクテビティログからフィルタリングして・・・って、めんどっちぃやん!

てなことで、備忘録としてのココログ再利用を思い立ったというわけ。

つーか、「これはぜひ書いときたい~!」って出来事があったのであーる。

それはつまり、フリクションペンの復活。

昨年くらいからフリクションペンを使い始めたのだが、「消せる」というのが非常に便利で、約半年は多色で愛用していた。

ところが・・・

ある記録を記したノートをば、うっかりストーブの前に放置していたら・・・
160625_f1

き、消えちまったぜ~(ToT)

↑内容にはモザイクを書けてるが、いちいち目次として書き込んだ数字がほぼ消えちゃったのよぉ~(消えてないのは普通のボールペンでのもの)

ううう・・・(ToT)
血と汗と涙の記録だったのに~(って、ちょっと嘘(^^;))

それにしても、「消せる」というのと「消える」というのは似ているようで全然違う、
こちらは誤記のみ消したいのに、全体が消えてしまうということは、イヤなことは忘れてしまい、幸せなことだけ覚えておこうという私の人生テツガクが、根底から否定されることになってしまうではないかいな~(^^;)

で、それ以来、フリクションペンを使うと、私の人生そのものが消されてしまうような気がして、(って大げさ?(^^;))普通のボールペンに戻したのだが、誤記が多くてやんなっちゃうのよねぇこれが~
つまり人生のアヤマチがそのまま残り続けていくような気がして・・・ってもうええか?(笑)

で、このノートへの記録も、その都度書き込みを増やしてたのが、すっかり放置プレイになってしまったのだった。

なんとか復活できないものか?

都合のエエことだけ(。。 )\バキッ☆

たしか、-20度くらいに冷やせば復活するのではなかったか?

てなことで、検索してみると・・・

おお!

家庭用の冷凍庫でもOKとあるではないかいな~\(^o^)/

てなことで、こんなことならもっと早く試せば良かったのに~と自分にツッコミを入れながら、冷凍庫で二晩冷やしてみた。

160629_f2


\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/

拍子抜けするほど、フツーに復活しているではないかいな~\(^o^)/

しかもこれなら、これからも安心してフリクションペンを使い続けることができますやーん\(^o^)/

ああ、良かった。

世間的には常識なのかもしれないが(^^;)
あんまり嬉しかったので、ブログまで復活させてみたという次第。

めでたしめでたし

2015年6月10日 (水)

アメイジング~w(゜o゜)w

150609_co0

さて、何でしょう?

150609_co1

その名も COTON ハンディ洗濯機なのだ。

今年の誕生日にいただいたものなのだが、贈り主さんは、毎年、私の趣味指向を吟味し、なおかつ私が知らないアンビリーバボーなプレゼントを下さるm(_ _)m

今年も、洗濯とアイロンがけが趣味の領域に入ったのを知り、これを見つけて下さったそうで、なんじゃこりゃ~っ!と狂喜乱舞させていただいたことは言うまでもない(^-^)

この場を借りてもう一度お礼を申し上げる。

ありがと~ございます~m(_ _)m

てなことで、どんな仕組みかというと・・・
150609_co6

↑これならご存じの方も多いだろう、
要は、薬剤で染み、汚れをたたき出し、下にひいたシートににじみ出させて除去するわけなのだが、
それを機械式にしたのが、このCOTONなのだ。

150609_co2

↑左から先端のカバー、続いて、その名の通りコトコト叩くヘッド、黄矢印で示したのが水タンク、それらを内蔵するのが右の本体。

150609_co7
使い方はいたって簡単、しかしちょっとしたコツもいるようだ。
まず、↑付属のゴムマットの上に、キッチンペーパーを四つ折りにしたものを敷き、
染みの部分に洗剤をつけ、汚れの裏側から・・・
150609_co8
コトコトコトォ~っと叩くだけ。

この時、カバーを強く押しつけず、輪染みにならぬよう外から内に向けて汚れを集めつ、下部に敷いたキッチンペーパーに吸い込ませる・・・のがコツ。

さて、今回のインプレが、いただいた5月の誕生日から一ヶ月近くかかったのにはわけがある。

当初、早くその能力を試したくて、わざと染みを作って(^^;)・・・と思ったこともあるのだが、それでは何というか、リアルじゃないし、洗濯を趣味として考えると、服やタオルを無駄に汚すのは邪道ではないかと・・・(^^;)

で、まぁそのうちきっと私のことだから、これが本当に必要になることがあるとも思い(笑)
常に身近において、いついかなる時でも染み抜きできるよう準備だけはしてきたのであーる(笑)

そして、

その時がきた!

150609_co4

洗濯して乾かし,取り入れたTシャツをふと見ると・・・w(゜o゜)w
な、なんやなんやなんやこれ~!
油染みだろうか?
まったく覚えがないところからして・・・
おそらくヨッパー状態でササミを焼き、減量には禁断の(^^;)ダイナミックタレにでもたっぷり浸して食べてる最中にこぼしたのではなかろうか?
はたまた、万が一の夜中の腹減りに備えて用意しておいた、カロリー少なめだけど油っぽい蛤の缶詰を開ける最中に・・・
・・・ううむ、どうやって自分の胸元が汚れたのか覚えていないのがナサケナイ(。。 )\バキッ☆

と、とにもかくにも、普通の洗濯では落ちない汚れが目の前に出現したのであーる。

やったぁ~\(^o^)/(笑)

しかもこのTシャツ、色合いが気に入ってはいるが、相当古く、染みは抜きたいが、万が一失敗してもちょっと泣くだけであきらめがつく・・・という絶妙なブツ!(笑)

カミサマやホトケサマは、その人が背負える分だけの負担を下さるという、
嗚呼、私のような小さな器にはちょうど良い染みをお与え下さったのだなぁ・・・

てなことで、偶然?の産物に感謝さえ捧げながらいそいそとCOTONの水タンクに注水~!

150609_co3

水タンク約5CCの水が、約2分で噴出されるヘッド

150609_co8_2

表側の汚れ部分に染み取りレスキューの薬剤を付け、裏側からCOTONでおもむろにコトコト~

っと、色合い的に、水が染みたとたん、汚れが大リーグボール2号のごとく保護色に包まれどこが染みやら汚れやら~(笑)

しかぁし、ヨッパーでない時の私はちょっとゴッドハンド!(^-^)v

150609_co7_2

↑キッチンペーパーに移った水と油?の色合いの誤差を精査しつつ、さらにコトコト~
チェックするたびに、キッチンペーパーの位置を変えるのはいうまでもない。

150609_co9

約1分後、

と、取れたのか~?

ううむ・・・

これ以上やると、輪染みも心配だが、本来のTシャツの色がそこだけ薄くなるのではないかという恐怖?(^^;)もあり、このまままた洗濯することにした。
ダメならまた、コトコトすれば良い。

最近、一回で成功を求めなくなったのは、やはりトシのせいであろうか?(笑)

以上、昨晩の夜中の出来事である(笑)

そして今朝、
150610_co1

梅雨の合間の陽光の中、半乾き状態では染みは確認できない(^-^)

しかし完全に乾くと、またうっすらと出てくる可能性もなきにあらず、
もう少し様子を見よう。

てなことで、お昼過ぎ、完全に乾燥したTシャツの胸元は・・・

150610_co2

\(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/

これほど完璧に染みが取れるとは正直思わなかったよーん、

ちょっとハイアール、見直したぜ~(^^;)
つーことはもうすぐ類似品がパナソックリから出て、西島君が『教えてあげたい』とか言うんやろか?(笑)

ありがと~K~~に~~ん!

これ、完璧ですわ~m(_ _)m

う~んこれで安心してヨッパーで油モンとかカレーをば・・・(。。 )\バキッ☆

しかし、また、持ち歩くバッグがパンパンになって、ドラえもんのポケットか!とか言われるんやろな~(^^;)

てなことでみなさん、
私が近くにいる場合、醤油とかソースとか安心してこぼして下さいね~(笑)

ちゃんちゃん

2015年6月 1日 (月)

ファンタスティック~!\(^o^)/

150601_iron2_3

フェイスブックで、もはや趣味の一つと化した(笑)アイロンがけの投稿が意外に好評だったので・・・
150601_iron1_3

調子こいて、あこがれのマダムサイトウをばポチっとしてしまった(^^;)
(↑チェックの柄の方ね)

何?
知らん~?(^^;)

スチームの力を最大限に活かす独自構造と、立体的なフォルムで世界10カ国で国際特許を取得した、その名も(株)斎藤アイロン台工業の逸品ですがな~

以前から、同じくアイロンがけが趣味という先輩(^^;)の話は聞いていたのだが、普通のアイロン台でも十分ではないかと思い、躊躇していたのだった。
ところが、
150530_iron
↑がフェイスブックで好評を得たワイシャツ画像なのだが、胸ポケット等に小じわが残っているのである。
もともとだらしない性格なので、素人のアイロンがけなのだから、まぁご愛敬・・・と今までは見過ごしてきたのだが、しげしげと見るとやはり気になる(笑)

うむ・・・

家事をこなすという視点では許せたものの、一度、趣味、と宣言したからには凝らなければならぬのではないか?

そうだ、マダムサイトウだ~!

てなことで・・・
少なくとも数年間、頭の隅にひっかかっていたのに無視し続けてきたくせに、
即座にAmazonでポチっとしてしまうあたり、「趣味」の世界とは恐ろしいものである・・・(。。 )\バキッ☆

しかし、
これ、
ファンタスティック~!\(^o^)/
150601_iron3
袖口、楽々~!ピシッと決まるぜ~\(^o^)/

150601_iron4
立体フォルムのおかげで、襟もバッチり~!\(^o^)/

そしてこれ↓
説明動画(さすがにちゃんとチェックしましたがな~(笑))で見て、ポチっ!とした最大のポイント!
150601_iron5

立ち襟にして、背中廻りしゃっきり~!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

ううう・・・
マジで、ちょっと涙がにじむくらいの感動を味わったよ~

これでこそ「趣味」やーん!(笑)

そして右身頃から、
150601_iron6_3
↑これがキモの「手アイロン」でまずは整え・・・

150601_iron7
カーブに対して、えぐり込むように・・・
じゃぁなくて、
あくまで曲面に沿って、やさしくやさしく、かけるべし!かけるべし~!

しゃぁ~しゃぁ~しゃぁ~っと手首のスナップをきかせつつどんどんかけていく~

う~んもう、気分はまるで明日のジョー?(笑)

150601_iron_911
スタンド型かフロア型か迷った末に、幅が1番広いという理由で選んだMS-15だが大正解!
まるで私のために用意されたようなサイズではないかいな~\(^o^)/
痩せたんでサイズが小さくなったのも幸いしてるし~(^-^)v

てなことで、右身頃を向こう側へ送り出し、背中から、左身頃へ
これが逆に手前へ持ってくるとアイロンがけした方が手元になって余計なシワが寄ってしまうのは自明の理(^-^)v
150601_iron91

さて・・・
150601_iron8

いかがだろう?

ちなみに、フェイスブックに載せたワイシャツは形態安定加工がなされたもので、こちらは綿100、つまりめっちゃアイロンがけしにくいシロモノなのよ~

てなことで、まだまだその特性を十分に活かしているとは言えないのだが、最初の一枚でピシッと決まってしまったらおもしろくないじゃん(笑)

アイロンがけの道は遠く深い・・・

しかし、それでこそ、趣味!なのであーる。

ちゃんちゃん

2013年10月 3日 (木)

通信障害?

3日の夜、娘に、お誕生日オメデトーメールを送った直後に、メールの送受信ができなくなった。

「メール問い合わせ」をしてみても、『ネットワークに接続中です』とメッセージが出るが、何もおこらない。

131003sh1
メールを送ろうとすると、↑のようなメッセージが出るだけ。

恐ろしく重いメールが送られてきているのか?

はたまた、iPhone発売により、ドコモで通信障害でも発生?

ううむ・・・

ま、夜だったので、急ぎのメールも来ないだろうと、酒飲んで寝た(。。 )\バキッ☆

いやその(^^;)

通信障害としても、一晩たてば直るだろうと思ったわけ。

ところが、4日の朝になっても状況は変わらず。

ネットで検索しても通信障害の報告も出てないし、朝礼が終わってから職人さん達に聞いてみたところ、普通にやりとりできてるらしい。

つまりこれは、私のSH-02Eが故障してる?(>_<)

てなことで、久しぶりにドコモに問い合わせてみた。

結論。

『毎日一回は、電源をオフにして下さいね』 であった。

作業メモリが不足している症状だそうだ。

なるほど、

で、オフ&オンしたとたん、正常に受信が始まった。
131004sh2
使い始めこそ、きっちり行っていたのだが、ここのところ不都合も起こらなかったので、通電したままだったのだ。

というのも、SH-02E、電源オンのまま使ってると、各人に割り当てている着メロが次第に狂い出すのである。

それも必ず、キンチョーしながら身構えて出なければいけない施主さんの着メロ(白色彗星のテーマ)の代わりに、亭長さん専用の「ポピーtheクラウン」とかが鳴るから始末が悪い。

『なんや用事は~?』と、○○院の親奥さんに言ってしまう恐怖よ~{{{{(+_+)}}}}

てなことで、このところは、着メロが狂い出すのを目安にオフ&オンしていたのだが、やっぱり基本的なことはきっちりしとかんとあかんということですなぁ・・・

って、なんかやっぱり、釈然とせんなぁ・・・電源入れっぱなしだと不調になるキカイなんて・・・ぶつぶつ・・・そんなもん製品として売るなよな・・・ぶつ・・・

まぁ・・・壊れてたわけではなかったし、まだまだ進化の余地が残ってるという、好意的解釈で行きますか?

お、今日はポジティブやね~、俺(笑)

ちゃんちゃん




2013年9月23日 (月)

HERZ C-96改

キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

いや、

キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!

いやいや、

キタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!!

って、感じ?\(^o^)/

130920_herz2

HERZ C-96改、である。

年一回だけ開催されるHERZのワンオーダー会に申し込んだのが6月で、8月の25日に面談。
当初、完成は10月の25日予定とのことだったが、話を聞いてくれたのが、C-96の生みの親であるNEZさんご本人だったから、きっと気合いを入れて作ってくださったのだろうと、勝手に解釈して大感謝しているm(_ _)m

HERZとのつき合いは長い。
一番長く、使ってたのがこれ、K-49-3
このブログにも書いたが、平日はほぼ毎日腰からぶら下げて約15年。
デジカメを持ち歩くようになって、もう少し大きいポーチに交換したため、8年前に引退したものだ。
0611herz

次につき合いの長い、B-13のLと並べて見る。
B-13も20年くらい前から、JCを卒業した13年前まで、約七年間使ってたのだが、容量がやや足りず、今では半分引退状態で事務所での書類入れと化している。
130920_herz3

で、今回の「改」の元となった、C-96のLとも並べてみよう。
130920_herz4

普段使いとしてゲットして非常に気に入っていたC-96だが、バッグを「ある程度の災害に遭ってもなんとかなる」ように、AHOなものをいろいろ常に持ち歩きたい私としては、これまた容量が若干不足だった。
また、数ヶ月間、和歌山県ヘリテージマネージャーの講習が続くため、A4ファイルの持ち歩きが必須で、より大きなバッグが必要になったということもある。

で、当初はファイルの入りそうなC-96のLLをゲットしようかとも思ったのだが・・・
どうせなら、年に一度のワンオーダー会で自分の理想とする「改」を~とね(^-^)

本当にラッキーなことに、当日、要望を聞いてくださったのが、C-96の作者であるNEZさんだったので、当初のデザインコンセプトを無視する形になるのを詫びながら、それでもC-96のDNAを残した形で仕上げていただいたm(_ _)m

まずは・・・
130920_herz91
同じくHERZのA4ファイルが楽に入る大きさで、
(つまり、C-96のLLよりさらに数㎝ずつ大きい)
130920_herz9

ハンドルで持つことが多い私は、C-96では補助的な位置にあって持つと若干傾いてしまのが気になっていたので、真ん中に付けてもらうことに。
さらに、バッグ自体の重量がかなり増えることを見越して、強化プレートも採用。
130920_herz6
この時点で、C-96の持つ、台形でくたっとしたカジュアルな感じから、若干ビジネス寄りになってしまったのだが、使う機会はかえって増えるのではないかと思う。

底部も強化してもらい鋲も六つ装着。
130920_herz7_2

一番悩んだのが、やはり「顔」
130920_herz5
C-96にケチを付けるわけでは無いが、黄矢印で示した上のかぶせ部分が潰れてしまいがちなのが気になっていたことを話すと、すぐに、緑矢印で示した通りのラウンド型の仕上げを提案して下さったm(_ _)m
さらに、
130920_herz8
大きくなった分、バランスをとりながら左の縦ポケットの巾を広げていただき、間にあるフックの位置を、手持ちの携帯灰皿の長さと揃えてもらった。

当初、ジッパーは両方横開きにとも思っていたのだが、やはりどこかにC-96の面影を残したかったので、片一方は縦開きのデザインに決定した。

嗚呼、嬉しい!

つーか、ウレピーっ!っと、舞い上がって書いてしまうくらいの喜び(笑)

130920_herz92

てなことで、これ以上は無いくらいの丁寧さで、ラナパーを塗り込んだ。

130920_herz93
左、塗る前、右塗った後、コバを見ると色が変わっているのがよくわかる。

ちょっと塗りすぎて、革の色が早くもちょっと濃いめになってしまったわけだが、これまた望むところ(笑)

しばらくは毎晩抱いて寝る(笑)

愛用しまっせ~\(^o^)/

めでたしめでたし

2013年5月 7日 (火)

さすがはイタリア製?(笑)

約13年使ったわけなのだが・・・
130507givi
普通、壊れれへんやろ~(笑)

さすがはイタリア製?(笑)

でも、へちょいプラスチックだったから、瞬間接着剤でくっついたから良かったとしよう(^-^)v

めでたしめでたし

2013年3月16日 (土)

スエード靴の手入れ

先日、雨に遭って染みが出来たスエードのブーツ。
130316s2
固着しないうちに、手入れしておこう。
130316s1
つーか、雨に降られた先で、スエード用のブラシと消しゴムを買ったので、試してみたかっただけ?(^^;)

しかしこれ・・・
130316s3
あっという間に綺麗になりますやんか~w(゜o゜)w

てなことでついでに・・・
130316s6
ライディングシューズも手入れしておこう(^-^)
130316s5
銀も、最近では靴をイヂってるときは、おとなしく待つようになってる(笑)
130316s7

おお~!\(^o^)/

てなことで、ご機嫌で銀ぶらへと出発したのでありました(^-^)

めでたしめでたし

2013年3月10日 (日)

迷った末に・・・

左、約10年使用のGAERNEのFUGAのブラウン
これのインプレは以前に載せたことがある。

右、今回、迷った末にゲットした同型のブラック。

ちなみに左後ろは、銀の前足(笑)
130310gaerne

単車用の黒のショートブーツはここ十数年来、KUSHITANIと、KADOYAのBLACK ANKLEを交互に愛用してきたのだが、普段履きとして考えると、KUSHITANIはいかにも単車用だし、KADOYAはベルトの金具がイカツすぎる。・・・ように思える。

※あくまで個人的な感想です(^^;)

しかもどちらも十数年の使用で、良い味は出てると思うのだが(笑)かなりヘタってきているのも事実。

てなことで、いろいろ検索したり見て回ったりした結果、FUGAの黒をゲットするに至ったという次第。

・・・でもこれ、馴染むまでは、普段履きには、重くて固すぎるのよねぇ(^^;)

早くブラウンのように自分の足に馴染むよう、当分の間は銀ぶらはこれで行くことにしよう(^-^)

ちゃんちゃん

2013年3月 6日 (水)

Vitantonioのオーブントースター

昨年末くらいから、Vitantonioのオーブントースターを使っている。
130306v
それまでは、パナソックリ製の「ボタン一つで楽々調理・・・」みたいなのを使っていたのだが、あまりにも「ボタン一つ」がAHOというか、焼け具合が室内の温度に左右されすぎるので、それならいっそのこと、シンプルなものにしてやろうと思ったのだ。

130306v2

背面を見るとこの機種の最大の特徴がわかる。

つまり、ピザストーンが付属しており、直径23センチまでに対応しており、その分背後にでっぱりがあるのだ。

毎日ピザを焼くほどの時間の余裕もないし、ピザばっかり食べてたら太っちゃうのだが(^^;)
「あらかじめ余熱したピザストーンで焼く」という行為に惹かれたのである。

結果は大満足!(^-^)

特に、余裕の無い朝によく食べる、ブリート?ブリトー?の焼け具合といったらあなた~\(^o^)/

130306v3

レンジでチンしちゃうと、外側のトルティーヤ?まで、フニャフニャになって食感が悪いのだが、ピザストーンを使うと、まさに外はパリパリで中はしっとりに焼き上がるのであーる。

ただし、焼き具合はこれまた室内の温度に左右されちゃうので、余熱8~10分+焼きを3~5分の間で調整しつつ見張ってる必要がある(笑)

不思議なもので、今までは、パナソックリのボタンのAHOに怒るのみで、工夫も何もなかったのが、こいつが来てからは、最後の数分を楽しく見張れるようになった(^-^)

きっと、単純作業ながら「作ってる」感が強いからだろう。

次は何を焼こうか?

・・・って、手当たり次第にピザストーンに乗せるもんだから、めっちゃ汚れてる(ピザストーンは基本的に洗えない)という次第(笑)

ちゃんちゃん

2013年3月 3日 (日)

2WAYポーチ 復刻

「歴代ウエストポーチ」の中程で紹介した、MaxFritzの2WAYポーチ。

帆布+革なのだが、帆布部分がすり切れてお蔵入りになっていた。
かなり気に入っていたので、二つ目を・・・とも思った時にはすでに廃版だった(>_<)

ところがこのほど、復刻バージョンの存在に気付き、思わずゲット~!

・・・とはいえ、気付いたのが「このほど」なだけで、以前から復刻されていたのかもしれない(^^;)

130303mf1
質感の違いがわかるよう、ハイキーで撮ってみた。
左が数年間、作業服の腰からぶら下げ続けたもので、右が新品。
やはり表面のテカリ方がずいぶん違う。

130303mf2
裏面になると、その差は顕著。
作業服の左腰で磨き上げられたのであろう(笑)

130303mf4
内装の色は、復刻版の方が黒の共色になっていて、汚れが目立たないので良い感じ(^-^)

130303mf3

また、すり切れるまでぶら下げ続けるより、今度は単車専用で使おうと思っている。

しかし、おもしろいもので、新品が来たことで、旧の方へのいとしさというか、「君もまだまだいけるやーん」的な感情が湧いてきた(^-^)

こちらも、銀ぶらで復活させてみようかな?

すり切れたところも、黒のたこ糸で補修してみるか?(^-^)

それはたぶん、ヨッパーな時になるだろうが・・・(笑)

ちゃんちゃん

より以前の記事一覧

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ