サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2009年10月21日 (水)

「相棒」ファンとして

今日は「相棒」シーズン8の2話目が放映された。

う~ん・・・

イマイチ・・・orz

先週の1話目は、前にも書いたが、2時間の拡大バージョンにありがちな、ふくらまし過ぎで、ちょっとスカスカ感があったのだが、まぁそれはいつもの事(^^;)
2話目に期待していたのだが・・・
おそらく、右京さんとミッチーが反目しあいつつもだんだん「相棒」になっていく・・・ってな導入部なのだろうが・・・
う~ん・・・

で、一緒に見ていたカミさんに聞いてみた。
「どう、これ、おもろかった?」
『全然!』(笑)

なんでやろねぇ・・・

以下、ネタバレがあります。

1話と2話、まぜこぜになると思うが、私なりに不満な点を書いてみよう。

まず、右京さんの若返りを図ったのか、ぴょんぴょん跳びはねたりするシーンが邪魔。
お茶目すぎるというか、若い頃の水谷豊のお調子者チックで、それはそれでおもしろいのだが、右京さんのイメージとはちょっと違う。
家宅侵入にしたって、理由はともかく、あまりにも直情的な行動で、薫ちゃんがやるのならまだしも、右京さんが率先してやったらあかんやろ。
及川ミッチーも、シーズン7の初登場時には、いずれ右京さんが引退した後、右京さんの役回りを継ぐ段取りか?ってな切れ者イメージだったのが、シーズン8ではただのAHOボンみたいな印象を与えるシーンが多すぎる。
1話ではピリっとした台詞もあったのに残念。
そして、2話目のトリックはまさに噴飯もの、
あれで死ぬ確率ってめっちゃ低いんちゃうのぉ?(笑)

もうちょっとこう何ちゅーか、お洒落な会話と機知に長けた推理ドラマの小品、って感じに仕上げてほしいんやけどねぇ・・・

制作側はマンネリ化を防ぎたいのだろうか?
水戸黄門チックに、偉大なるマンネリで通せばいいのに・・・

と、「相棒」ファンとして、期待してるがゆえの苦言を呈してみた。

3話目以降、二人が「相棒」らしさを発揮していく事を願って。

ひょっとしたら、「1話や2話見たくらいで、批判してすんませんでした、楽しく拝見しておりますぅ~」ってな展開になるかもしれんしね(^-^)

期待してます~

2008年10月22日 (水)

始まったらしい

本日から「相棒」のシーズン7が始まった、らしい(^^;)
だがしかし、今夜も残業なので、リアルタイムでは見られない(ToT)
まぁ、来週と前後編仕立てらしいので、録画しておいて一気に見た方がいいよねぇ・・・
つーか、「相棒6」で書いた通りどうも、「相棒」って、過去の2時間以上の話は、冗長というか(^^;)間延びしたショットが多くてちょっと・・・なので、既に2話以降に期待してるというかなんというか・・・(。。 )\バキッ☆

あ、その前に、映画バージョンを見らなあかんのやった(^^;)081022aibo
期待を裏切らんといてね~!と、ハゲシク願っているのである・・・

で、いつになったら見る時間が出来るんやろ?(^^;)

ちゃんちゃん

2007年3月17日 (土)

晴耕雨読じゃくて、昼掘夜観?

070317hei1 本日の現場~
まだ雪が残ってる・・・



070317hei2
掘ります掘ります~



070317hei3
防腐剤もちゃんと塗ってます~



070317hei4
建てます建てます~



070317aibo2
で、夜はこれ(^-^)

晴耕雨読、ならぬ、昼堀夜観?
って、一文字もかぶってないやーん!(^^;)

「相棒」、最近ハマッてるんです~(笑)
(理由はまた今度、(^^;))

第2週 3日目の朝 
夕べ遅くまでDVD見てて・・・
少々寝坊・・・
朝の銀ぶらだけで精一杯で・・・
量れず!(。。 )\バキッ☆
こんな調子じゃいけません・・・orz

2006年12月11日 (月)

水戸黄門(^-^)

明日から「雨」になるという、
もう12月も半ばが近い、
つまりいつ何時、「雪」に変わってもおかしくないので、
K1200RSとGSを交換しに橋本のヒミツ基地へ、
061211krs
湿度が高いせいか、あまり寒さは感じない、
061211gs
大門へ帰ってきたのは午後8時半、
気温は1.2℃だったのだが、
マフラーの下では汗ばむくらいだった(笑)
変態度が増してきたのかもしれない(^^;)

さて、帰宅して、娘が録画しておいてくれた「水戸黄門」を見る。
今日のタイトル、そしてロケ地は・・・
061211mito1_1

じゃっじゃぁ~ん! 
「高野山」である。

実は数ヶ月前のある日、
某寺院の門をくぐると、
玄関に「水戸黄門」のコスプレをした人が座ってて、
へぇ~っ、好きな人がおるんやなぁ~と思ってよく見たら、
里見浩太朗さんご本人!w(゜o゜)w
あまりの驚きに、カメラを向ける余裕がなく、
このブログに載せられなかったという事があったのだった・・・
だって、誰に言うても信じてくれへんのやもーん!(>_<)

で、本日の放送を迎え、密かに楽しみにしていたのであった。

さて、町石道を登ると女人堂が現れる。という、
061211mito2空間を無視した設定からはじまり、
(しかも、アングルを工夫しているのだが、
 「アクリル」がぱっちり映ってるし~(^^;))
  ↑強風ではずれたのを、
   私が取り付け直したんやもんね~(笑)

061211mito3 当時は存在しないはずの「金剛峯寺」が描き込まれてるのに、
一番肝心な「大峯口」が描き込まれてない絵地図が登場したり、
(当時、金剛峯寺は高野山全体を指す山号であり、
 ○印の場所には学侶派の「青巌寺」と行人派の「興山寺」が
 並んで建ってたのである、
大峯口は、お大師さんが初めて高野山に来た時の道で、
この地図だと、黒河口と大瀧口の間くらいにある)

なぜか高野山を「町奉行」が取り仕切ってたりするし、
肝心の大主殿にお参りするシーンは無いし(^^;)
(って、大屋根は工事中やったもんな・・・)

女人禁制の場所で山田花子を活躍させるために、
高野山の結界外に、かなりの規模のマチがあるような設定になってるし、
自主規制?なのかどうかわからないが、
セリフ付のお坊さんは一人も出てこないし(^^;)

と、時代考証的なツッコミどころは満載なのだが、

おもしろい!

アングル的にはホントに工夫が凝らされてるというか、
ものすごい苦労の跡が偲ばれるもので、
↑の「アクリル」は無理矢理のツッコミとして(^^;)
全体的には、うまいこと撮ってはるなぁと思う。
セットとの組み合わせも自然とはいえば自然で(^^;)
いかにも昔の高野山って、こんなとこやったんやろなぁって感じもした。

ストーリーも吉本新喜劇の面々がそこかしこに出演し、
普段よりは逆が多い、しかし、
いつもながらの勧善懲悪の紙芝居、といった呈なのだが、
それでもやっぱりおもしろい、

家族で、「それはないやろ~!」とか、
「あそこの地面は、コンクリートやで~」とか、
口々にツッコミながらわいわいがやがやと楽しませてもらった。
きっと、他のロケ地でも、その土地の人は、
こういう「別の楽しみ」を味わいながら、
このドラマを見続けているのだろうなぁ(^-^)

てなことで、
「水戸黄門よ、永遠なれ~」である(^-^)

第187週+5日目の朝 77.8kg
昨日-400g トータル -18.2kg
減量1350日目まであと39日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

なんとか・・・(^^;)

2006年8月20日 (日)

映画と○○○○

今日は家族と映画&○○○○(後述)

「花田少年史」とか
「佐賀のがばいばあちゃん」も見たかったのだが、
カミさんの熱烈なリクエストに従い、
060820superman1 「スーパーマン・リターンズ」を見ることになった。
うちのカミさんは、戦闘シーンとかが大の苦手なのだが、
スターウォーズやロード・オブ・ザ・リングとかのファンタジー系だと、
現実感が無い分、その手のシーンもなんとか楽しめるらしい。
また、スーパーマンに関しては、
クリストファー・リーブ主演版の「Ⅱ」が特にお気に入りで、
普段映画を選ぶ時は、家族の好みに合わせてくれる事が多いのだが、
今回は娘も息子もカミさんのリクエストを優先する事にしたのだった。
(なおクリストファー・リーブについては、
この映画のエンドロールでも、『クリストファー・リーブ夫妻に捧ぐ』と出てくるが、
私もここで、ご冥福を祈りたいと思う)

なお、上記3つの映画については、スターウォーズは'78年に、
ロード・オブ・ザ・リング(アニメ版「指輪物語」)と、スーパーマン「Ⅰ」は'79年に、
私とカミさんにすればその時すでに「一緒に劇場に見に行った」もので、
懐かしさもひとしおである(笑)

まさかこのシリーズを、30年近くたってから(^^;)
子供達と一緒に見るようになるなんて・・・
いやぁ、ホント、おもしろいもんですな、

さて、私の方も、スーパーマン「Ⅰ」が公開された時、
「特撮ってここまできたんかぁ」と感動した覚えがあり、
『人間が初めて空を飛んだ映画』と評されてたのに素直に頷いたものだった。

それから幾星霜・・・(笑)
今度のスーパーマンはどこまで「飛ぶ」のか、
興味津々だったのである。

てなことで、見終わって、満足!である。
これこそ劇場(大スクリーン)で見るにふさわしい映画、だとも思う。
スーパーマンは「飛び」まくり~
飛んでる時のマントのはためきだけでも、見に来てよかったと思えた(笑)

ただし、大満足!ではない、
というのも、ストーリーが・・・(^^;)
この映画シリーズに共通してるキャラとはいえ、
あいかわらずの軟弱ぶりを発揮しまくるスーパーマン、
コミックだと、軟弱なクラーク・ケント、颯爽としたスーパーマン、なのだが、
映画版では、スーパーマンになっても、かなり、「へちょい」(^^;)
まぁ、スーパー!最強!万能!だけでは2時間もたないだろうけどね(笑)
しかし、ストーカーはするわ、ピーピングはするわ、
病院へ救急車で運ばれるわ、死んじゃうわ、おまけに○○○までいるわで、
そこまで人間味を出さんでもええやろ?とツッコミたくなるくらいのもどかしさ、

まぁしかし、これも当たり前の話なのかもしれない、
コミックのヒーローを実写化した場合、リアリズムにこだわればこだわるほど、
そのヒーローの持ってるキャラがどんどんイメージから離れていくのは当たり前、
スパイダーマンやバットマンなんかもそういう意味で気の毒だ。
おっと、以上は私感であり、実写化によるリアリズム追求派には、
逆におもしろく感じられるかもしれない、

また、今のアメリカの現状を考えると、
「正義の実現」を目標にしているスーパーマンとしては、
活躍できるフィールドがどんどん狭くなってきているのも否めない。
つまり、「災害」や「事故」や「強盗等の犯罪」そして、
「現実離れした大悪人」を相手に、
「わかりやすい正義」の実現のために奮闘するのはいいのだが、
それ以上のシチュエーション、
つまり、「戦争」や「民族紛争」には手を出せないのだ。
「正義の提議」があいまい、というか、あきらかにアメリカに正義がないもんね・・・
てなことで、スーパーマンは悩み苦しむアメリカそのもの、って感じもした、

しかし、それでも満足!なのは、、ストーリーはともかく、
映像的にはぎりぎりのバランス?が取れてるような感じがしたからだ。
例えば墜落する飛行機をスーパーマンが救うシーンでは、
着地させるのに力を込めた時、機首がぐしゃりとつぶれるのは、
非常に漫画チックなのだが、リアルさも感じられおもしろかった。
テレビのCMなどでよく登場してる「眼球に弾丸が当たる」シーンも、
(実はこれが一番見たかったりして(笑))
弾丸がぐにゃりとつぶれるのに連動してまぶたが押されて、かすかに動くのも、
現実にはありえないのだが、この世界ではリアル、ってな感じがよく出てた。

結局、私が劇場(つまり大スクリーン)で見たい映画に求めてるのは、
超現実的な映像、つまり特撮、なのだろう、
これがロード・オブ・ザ・リングやスターウォーズの場合は、
全てが超現実的世界なので、何を見てもあまりコーフンしない。
また、先月見た「M:i:Ⅱ」だと、あまりにもリアルすぎてこれも△。
スーパーマンくらいの、超現実とリアルの混ざり具合くらいが、
一番特撮を楽しめるのかもしれない。

あと、もう一つの興味は、監督:ブライアンシンガー、
悪役レックス・ルーサー:ケビン・スペイシー
という組み合わせ!
これ、ユージュアルサスペクツそのまんまやーん\(^o^)/

実は私、以前にも書いたかもしれないが、
年をとったらトミー・リ・ージョーンズみたいになりたいし、
生まれ変わるならケビン・スペイシーみたいになりたと思ってるのだ(^^;)
(あぁ、あの微妙な屈折ぶり!に憧れるぅ~(笑))
今回も、前2作でジーン・ハックマンが作り上げた役どころを、
みごとにケビン・スペイシー風に昇華した、って感じがした。

てなことで、少々消化不良気味だった「M:i:Ⅱ」を、
今日のスーパーマンですっきり解消~って感じ(笑)

で、その後、冒頭に書いた○○○○、
なんと、わが家史上初!
みんなで「カラオケ」~である(笑)
060820karaoke1 これは、娘と私の「熱い希望」が、
息子の「堅い抵抗」に打ち勝ったもの(笑)なのだが、
060820osolemio その割に息子はカミさんと「O sole mio」をご機嫌にデュエットしていた。
(もちろん、カミさんはマイク無しで歌うのである(笑))

てなことで、悩み苦しむスーパーマンをよそに、
平和な日曜日を過ごさせてもらって、感謝!m(_ _)m

第171週+4日目の朝 78.0kg
昨日+400g トータル -18.0kg
ミドル級(72.57kg)まであと、5.43kg

どわぁ~!
ぐひゃぁ~!!
非常事態ぃぃぃ~(ToT)

2006年3月20日 (月)

西遊記

二日続けてテレビの話題(^^;)

というのも、今夜が「西遊記」の最終回との事。
この間始まったばかり?(^^;)と思ってたのに・・・(爆)
最近のドラマは、ワンクール13回として、
前後に特番が入るから11回位というのが多い。
制作費や役者のスケジュール等も影響し、
昔のように、半年とか1年、人気があれば続編を・・・
みたいな感じでは作れないのだろう。
ちょっと寂しい話だ。

それはさておき、今回の西遊記、
何話かは、
例の如く、娘が録画しておいてくれたのを見てきた。
やはり、私の年代だと、堺正章さんの悟空像が印象深く、
今回の西遊記、少々違和感があったのは事実。
悟空弱すぎ!(^^;)
しかし、香取慎吾君にはますます好感を持った(^-^)
何故かわからないが、慎吾ママとか、忍者ハットリ君とか、
彼のかぶり物系は、なんというか、オーラというか熱がびんびん伝わってくるのだ。
啖呵の切り方も、セリフなのにメロディが感じられる。
深津絵里さんの三蔵法師もなかなか、
夏目雅子さんほどの神々しさを感じられないのは、
きっと私がトシをとったからだろう(^^;)

最終話に堺正章さんがゲスト出演する、というのも、
楽しみだった。

そして、まぁなんというか、昔の西遊記ファンとしては、
涙が出そうなほどの、すんばらしい演出。

堺正章さんも、飄々としていながら、見事な棒術を披露されていた。

ストーリーも、おもしろかった、というよりは、
現代の(一部腐敗した(^^;))宗教界を、端的に描ききっていた。
と言っても過言では無いと、私はマジメに思う。(^^;)

そして、確か前作はニッポン放送製作で、今回がフジ、
両局でどのような話し合いがあったのか知らないが、
堺正章さんの棒術のシーンに、
♪ Born from an egg on a Mountain top ~♪ と
Monkey MagicがBGMで流れたのには、
驚くとともに、懐かしぃ~~~と、しみじみ感じいった次第。

060320goku てなことで、オマージュとして、
私の「孫悟空」の原点である、
「悟空の大冒険」の悟空を載せておく。
(著作権に配慮したのではなく、子供の頃、よく落書きしてて、
 久しぶりに描きたくなったから(笑)  う~ん、ヘタやな~(爆))

第149週+5日目の朝 75.3kg
昨日+300g トータル -20.7kg

ミドル級(72.57kg)まであと、2.73kg 
スーパー・ウエルター級(69.85kg)まであと、5.45kg
減量3年目まであと、49日!
食事回数 159回のうち12回  7.5%終了
9勝3敗 達成率75%

ウッキィ~~!
日曜の昼、食べ過ぎ?(爆)
達成率がどんどん下がっていくぅ~(>_<)

2006年1月30日 (月)

消えた古畑任三郎

今日もドラマの話題、
このブログ、基本的にはその日にあった事を
記録していくのが本来なのだが、
最近、雪、仕事、雪、仕事・・・の繰り返しで、
はっきり言ってネタがない(爆)
と、
今日は小雨が降って、ものすごい霧が出て、
おお!今日のネタ出来たやーんと喜んだのだが、
なぜか今日に限ってカメラを持ってなかったので、
画像が撮れなかった(爆)
では、携帯電話のカメラで、と思ったのだが、
なんと、こんな時に限って電池切れ!(爆)

てなことで、この霧は写してはいけないのだ(^^;)と
結論づけ、
それなら、29日の深夜に見終わったのだから、
30日のネタとして使ってもいいんだろうと、
自分で自分を納得させつつ以下を書く。(^^;)

さて、
やっと到着した。
何が?
060130huruhata 古畑任三郎セカンドシーズンのDISK5だ。
タイトルは「消えた古畑任三郎」
これ、特番で放映され、
セカンドシーズンのDVDBOXについてるもので、
行方不明になった古畑の手掛かりを探るため、
過去に古畑が逮捕した、
中森明菜や明石屋さんまらが演じた犯人24人+1人が、
古畑について証言するというストーリー。

060130kaisetu 各話の回顧編を挟みつつ、
囚人服?に身を包んだ犯人達が、
てんでんばらばらに古畑評を述べていく。

恨みのコメントも当然あるし、
賞讃のコメントもある。

060130hannintati 正月以来、古畑漬けだったので、
各事件と犯人像をまだ覚えているから、
沢口靖子の楽屋オチギャグや、
風間杜夫のぼやき、
古畑に叩かれて素直になったキムタク、とか、
春峯堂のご主人になりきってる澤村藤十郎、
その反対で、何を演じてもやっぱり唐沢寿明(^^;)とか、
なかなか味わい深かった。

ちなみに、「赤い洗面器の男」の謎は解けぬままだ(笑)

なお、古畑任三郎、この時点で24件の犯罪に関わっているが、
そのうち、11件は、捜査ではなく、
「たまたま出くわした」殺人事件である。
う~ん、通常では考えられない、
日常生活における殺人事件との遭遇率、
名探偵コナンと、どちらが高いのだろう(笑)

第142週+5日目の朝 75.0kg
昨日±0g トータル(-27kg)まで、あと6.0kg

足踏み足踏み~(爆)
いよいよ明日は1000日目~(^^;)

2006年1月29日 (日)

拍手!

見た。
「12人の優しい日本人」LIVE
舞台中継を見ることで、
やっと、気弱な喫茶店マスターの存在の意味がわかった(^-^)
なるほど、納得!である。

てなことで、以下はネタバレを含んだ感想である。

もともと「12人の怒れる男」は、
当初、絶対有罪だと思われる状況を、
ヘンリーフォンダがひっくり返していく話である。
対して、「12人の優しい日本人」は、
最初の評決では、12人全員が「無罪」に挙手するのに、
誰も評決室から帰れず、延々と「話し合い」が続くという話。
そして各人の思いや理論のぶつかり合いから生まれるギャグの数々・・・
評決は二転三転し、やがて意外な結末が・・・となるわけである。
中でも、「有罪」にこだわり、他を説得するために、
ほとんど叫びっぱなし、になるのが、
陪審員2号(今回は生瀬勝久氏)
舞台的な見せ方と、陪審員11号の性格付けのため、
わざわざ2号として登場しながら、
話の始めに座る場所が陪審員10号と入れ替わるのもうまいと思うが、
この、ややうるさすぎるくらいの叫びっぱなしに対して、
緩急をとるための、そして最後のどんでん返しの発端のための、
気弱な喫茶店マスターという設定なのであった。
映画では、発言の度にぶつ切りショットとなりがちで、
各人の「セリフの掛け合い」がうまくつながらず、
喫茶店マスターのポジションがぼけていたのが、
舞台では見事につながっていた。
もし、この役を女性が演じたら、話そのものが湿っぽくなってしまうだろう。

また、各人の掛け合いの間合いのすばらしさを見ると、
三谷幸喜氏が映画でも「ワンショット長回し」にこだわるわけもよくわかった。

てなことで、もう一度、ぜひ生で見たい、と素直に思う舞台中継であった。

拍手!(^-^)

第142週+4日目の朝 75.0kg
昨日-200g トータル(-27kg)まで、あと6.0kg

なんとかかんとか-200gだが・・・
ぱっとせんなぁ・・・(^^;)

2006年1月28日 (土)

いよいよ放映

本日、7時より、
WOWWOWにて「12人の優しい日本人」の
LIVE中継が放映される。

06012812nin

実は昨年末、舞台のチケットを取ろうとしたのだった、
甘かった(爆)
その時点でチケットはとっくに完売してたのだ(ToT)

060128gentle12 ということで、
本日に合わせて、テレビでより楽しめるよう、
正月から、わざと間をおきながら(笑)
まず、三谷幸喜氏がインスパイアされたという、
「12人の怒れる男」を見て、
(なんと約50年前の映画なのに、
 その内容はまったく色褪せていない、名作である)
次に、過去に映画化された
「12人の優しい日本人」を見ておいた。
(相島一之・梶原 善両氏の映画デビュー作だったと思う、
 どちらもハマリ役だ。
 また、そんなに売れてない頃の豊川悦司氏も非常に良い味を出している
 個人的にはマスター役の上田耕一氏が一番受けた(^-^))

今日は夜、都合で外出するので、
娘に頼んで録画してもらう。
(実は長年、テレビを見ない生活を続けていたので、
 既に自分では録画できないカラダになっているのであった(爆))

三谷氏の本領はやはり脚本家として「舞台」で発揮されると思う、
見るのが楽しみだ(^-^)

ちなみに、昨日から、ちょっとした事なのだが
「有罪か無罪か」という問題に遭遇している。
そういう時にこのドラマを見る、というのは、
非常に暗示的だなぁとも思う。(^^;)

第142週+3日目の朝 75.2kg
昨日+200g トータル(-27kg)まで、あと6.2kg

げげっ!
ベンチプロジェクトワークショップで歩き回ったし、
るん歩もフルコース行ったのに~(ToT)
なんでや~???

2006年1月 6日 (金)

巡査・今泉慎太郎(笑)

ううう、終わった・・・
ちょっとこだわるようだが、
私は「古畑任三郎」をはじめとして、
三谷幸喜氏のファンなのだ、
なのに・・・
最後の最後の古畑が・・・

このところ、
舞台「12人の優しい日本人」とか、
映画「The 有頂天ホテル」とかで、
忙殺されていたのだろうが・・・
ううう、おもろない・・・(ToT)

しかも、この物語のファイナルに、
よりにもよって、双子ネタを持ってくるとは・・・(爆)

060106imaizumi てなことで、口直し(^^;)に、こいつを・・・

今泉慎太郎が、事件が終わる度に、
科研の桑原万太郎技官のもとを訪ね、
上司である古畑警部補への愚痴をこぼすというショートショート集。

物語冒頭の一人語りもちゃんと今泉君バージョンでつとめている(笑)
そして、西村雅彦氏の怪演を見事に受けとめているのが、
今は亡き、伊藤俊人氏だ。

ネタバレになるが、お気に入りのセリフを一つ・・・

「ぼく、事件の解決するところを一度も見たことないんだよね」

う~ん、そういやそうだ(笑)

第139週+2日目の朝 76.1kg
昨日+800g トータル(-27kg)まで、あと7.1kg

げげぇ~\(◎o◎)/!
今年お初の一木会でやりすぎたか・・・(爆)
今日はもう一つ新年会やし・・・(ToT)

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ