サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2008年7月22日 (火)

とたんの苦しみ その1

080722r0

さて、何でしょう?

答は、屋根の平葺(一文字葺)用の材料。
ただし、屋根用の材料としては、最近ではちょっと珍しいと言える、亜鉛メッキ鋼板、つまり「トタン」なのである。
なぜ、他にもっと耐候性のある材料がたくさんあるのに、わざわざ「トタン」なのかというと、『建築当時の材料を』というご指定だからなのだ(ToT)
しかも、調子こいて製法にもこだわってしまい、電気メッキではなく、ドブ付け(溶融メッキ)で作ってもらったので、亜鉛が分厚く乗ってる分、けっこう高くついてしまった(ToT)

ちなみに、一般的には電気メッキで亜鉛を薄くメッキした「トタン」にポリエステル樹脂系の塗装を施して耐候性を増したものがいわゆる「カラー鉄板」で、亜鉛メッキにアルミニウムを混ぜてさらに耐候性を増したものが、最近流行の「ガルバリウム鋼板」である。

なお、「トタン」は昨日の話題のタバコと同じくポルトガル語が語源らしい、「コップ」や「カッパ」や「ミイラ」や「金平糖」や「おんぶ」と一緒ですな。

よく似た材質に「ブリキ」があるが、これは鉄に、亜鉛ではなく、「錫(スズ)」をメッキしたもので、どちらも本体の鉄の防錆が目的だが、亜鉛の場合は鉄より錆びやすい性質を利用していて、自らが先に錆びる事によって被膜を形成し結果的に鉄を錆から守るという「犠牲防食(ぎせいぼうしょく)であり、錫の方は鉄より錆びにくいので、直接的な防錆効果が比較的高いと言える。
ただし、ブリキの方は錫のメッキ表面が傷ついたりするとそこから果てしなく錆が広がる傾向が強く、一部が錆びても、周囲に亜鉛がある限り鉄まで錆が及ばないという点で屋根材料にはトタンの方が適しているのだ。
ちなみに昔のおもちゃや、現在の缶詰がブリキ製なのは、トタンを形成する亜鉛が、一定摂取量を超えると人体に有毒なためである。
以上、ウンチ君、おしまい(^^;)

で、ちょっと忙殺気味なので、続きは明日~(。。 )\バキッ☆

ちゃんちゃん

2008年1月 9日 (水)

今日は何の日

1月9日は・・・
「クイズ・とんちの日」らしい、
一休さんにちなんで制定されたという。
ううむ・・・
で、制定したのは誰なのか?いつ頃なのか?
検索してみたけどわからない・・・
これ自体が謎?(^^;)

さて、一休さんと言えば、子供の頃のとんち話でよく知られているが、「一休」という道号を師匠から与えられたのは実は20才を超えてからであり、安国寺で修行していた時は「周建」と呼ばれていたらしい。
ただ、子供の頃から能筆であり詩才にも恵まれていたのは事実で、13才で作った漢詩が洛中に評判を得たという逸話なども残されていて、そういうエピソードが後に「とんち小僧」としての一休さんの伝説を生み出したのだろうと思われる。
20代後半までは大変厳しい禅の修行を続け、ある夜、鴉の鳴く声を聞き大悟してからは、一転して実に自由奔放に、詩や狂歌、書画三昧の風狂な生活を送ったという。
それはわざとと思われる程の凄まじい仏教の戒律破りであり、飲酒・肉食はもちろんの事、愛人(しかも男女両方!w(゜o゜)w)も実子もいたらしい。しかし誠に破天荒ながら、それを補って余りある人徳があったらしく、かえって民衆の共感を呼び、88才で遷化されるまで慕われ続けたという。
臨終の際には『まだ死にとうない』と言ったとか言わなかったとか・・・
これも、後世の人によると、末法とされた当時の仏教界の形骸化を批判し、その風化に警鐘を鳴らす禅的精神の現れ。と解釈されている。

きっと、彼我の区別なく「正直」な人だったのだろう。

ある商人が『この世で一番めでたい言葉を』と依頼したら、「親死子死孫死」と揮毫した。というような逸話も残っている。
商人がびっくりして、縁起が悪いと抗議したところ、『これが逆ならドースル?逆死ほど不孝はあるまい、だから、これでいーのだ』とバカボンのパパみたいな事を言ったという。
ちょっとヒネクレてたのは間違いない(笑)
他に有名な言葉と言えば、
「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」があるが、私は、
「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」の方が好きだ。
私もちょっとヒネクレているからだ(笑)
ちなみに、アントニオ猪木が座右の銘として『この道を行けばどうなるものか・・・』を、一休さんの言葉として広めてしまったが、これは全くの勘違いであり、実際は宗教者であり、哲学者であった清沢 哲夫(結婚して暁烏(あけがらす)と改称)の詩である。しかも文言まで、ちょっと改変してしまってるし・・・orz
いかにも、アントニオ猪木らしいというかなんというか・・・(^^;)
(でも、私、ファンですがね(笑))
閑話休題
ちなみに、「とんち」は「頓知」、「頓」はこの場合、「にわかに」「すぐさま」の意味で、即効性のある知恵の事を指す。とっさの知恵、ですな。
これを「その場しのぎ」と解釈すると私にも頓知があるといえr・・・(。。 )\バキッ☆
なお「頓」には「一度に」という意味もあり、「頓服」の意味はこちらで、つまり、「即効性のある薬」という意味ではなく「分けずに一度で飲みなさい」という意味である。
ああ・・・全然、閑話休題になってない・・・(。。 )\バキッ☆
もう一つ、「クイズ」の語源もよく知られているが、一応「ウンチ君」として書いておこう(笑)
18世紀の終わり頃、アイルランドのダブリンで劇場支配人をしていたデイリーという人が、友人と「新しい言葉」を一晩で広められるかどうか賭け、徹夜で町中に「QUIZ」と落書きをしたところ、皆が不思議がった事で広まり、ついには「謎」を示す言葉として認知されたとの事。
しかし、もともとラテン語で「何?」を意味する単語が「QUIS」なので、これが由来だとする説もある。

てなことで、締めくくりにもう一つ、一休さんの言葉を、

「この世にて慈悲も悪事もせぬ人は さぞや閻魔も困りたまはん」

おっともう一つ、私の一番好きなクイズを、

「誰にでも起こる、原因より結果が先に来るもの、なぁ~んだ?」

ちゃんちゃん、

2006年11月30日 (木)

冬支度

冬に備え、
以前、某所で拝見し、「おお~ぜひ!」と思ったのだが、
当時ネットで検索しても「すでに売り切れ」(ToT)だったブツを、
今季はゲットできた(^-^)
061130kamik
kamikの防寒ブーツ「ノースフィールド」である。

アルミ繊維のフェルトを使った脱着可能なインナー付きで
耐寒温度は-40℃との事。
061130inner
ホンマか?(^^;)

履いてみると、暖かい、というよりは、
足が外気から完全に遮断された感じがする。
後は体温次第という事かもしれない。

061130kamik2 で、こんなタグが付いていた。
そういえば華氏-40F゜と、
摂氏-40℃って同じ温度なのだった。

F゜=(9/5)℃+32 やもんね、たしか・・・(^^;)
-40F゜=-40℃というのを使って、
℃=(F゜+40)/1.8-40って式もある。

ただし、普段、「華氏」なんていう単位は、
ほとんどお目にかからない、
つーか、私の「華氏体験」(^^;)といえば、
レイ・ブラッドベリの「華氏451度」か、
(紙の引火点が451F゜=232.7℃、
未来世界では本が規制され焚書されるという話)
昔、白馬で買った「32F゜」というトレーナーのみ、
(なつかしぃ~(^^;))
この時、「32F゜」の意味がわからず、
帰宅してから調べたのであった。
で、華氏(ファーレンハイト度)では、
水の氷点つまり摂氏(セルシウス度)の0℃を32F゜とし、
沸点、つまり100℃を212F゜として、その間を180等分している。
ってな知識だけはあった。

それから長い事、
ファーレンハイト(ドイツ人)さんとはご無沙汰だったのだが(^^;)
今回、あらためて、なんで32~212ってな、
中途半端?な数字になってるの?と疑問が湧いたのであった。

で、調べてみた。
もちろんこれは、日々好奇心と向上心を失わずに暮らそうという、
大変建設的な考えに基づくものであり、
決して、月末の忙殺状態から現実逃避したいという事ではないのだ・・・(。。 )\バキッ☆

で、わかった事は、「それについては諸説がある。」
というはなはだはっきりしない事実(^^;)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%B0%8F

しかし、華氏がアメリカなどにおいて、
日常生活に溶け込んだ数字である事はよくわかった。
便利な点も多い、
まず、通常の温度を表すのに
「-」マイナス表記をつける必要がない、
30F゜台なら寒く、60F゜なら普通、90F゜なら暑い、と、
感覚的にわかりやすそうだ。
しかも人間の体温が平熱で98.6F゜(37℃)なので、
『100F゜をこえたら病院へ行け』って事になる。

なるほどね~
この頃は、ある一定の環境の元では、
物質が凍ったり沸騰したりする温度が一定である事が知られていないので、
恒常性のある温度として、体温が規準になったのであろう、

対してセルシウス(スゥェーデン人)さんは、1742年に
氷点から沸点の間の温度を100分割したという。

1724年から20年弱で水の性質がずいぶんあきらかになったのだろうし、
12進法と10進法の間でも色々なせめぎ合いがあったのだろうと、、
勝手に妄想が膨らむのであった・・・

!( ̄□ ̄;)   
こんな事書いてる時間があったら、
仕事せなあかんがなぁ~(。。 )\バキッ☆

第186週+1日目の朝 77.8kg
昨日+300g トータル -18.2kg
減量1350日目まであと48日
ミドル級(72.57kg)まであと、5.23kg

がふっ!(ToT)
なぁ~にが、毎日100gやねーん!

2006年7月 7日 (金)

七夕とカルピス

今日は、七夕、
偶然、例の旧家の2階から、ちょっと珍しいモノを発見(^-^)
昭和20年代?の新聞に載ってるカルピスの広告だ。
襖の裏張りになってた、
060707calpis

さて、七夕とカルピス、どんな関係?(^-^)

実は、カルピスは、
1919年(大正8年)の7月7日に発売されたのである。
あの水玉模様も、天の川の星々をデザインしたもの。
え?そんなのジョーシキ?(^^;)

では、以下にもうちょっと詳しく(笑)
久しぶりにウンチ君(爆)となる、
やたら長いので、興味のある人だけ、覚悟して読んでちょーだい(笑)

さて、カルピスを開発したのは、三島海雲という人で、
モンゴル旅行中に口にした「ジョウヒ」という乳酸飲料をもとにしている、
カルピス発売に至るまでには相当の苦労があったようで、
最初に開発して、その名もずばり「醍醐味」と名付けた飲料は、
売れ行きは良かったが原料の確保がままならず、失敗。
次に作った「ラクトーキャラメル」は宣伝がうまく行かず、売れ残り、
おまけに夏場に返品分が全部溶けてしまったそうだ。

そんな中、くじけずにあくまで「最高のモノ作り」に取り組み、
さらに、当時はまだ重要視されてなかった、宣伝と広告に力を入れ、
七夕の日に合わせ、これも当時では珍しかった「包装紙で包む」事で、
他の商品より際だたせたという。今で言うところのアイキャッチ、ですね、

「初恋の味」というキャッチフレーズも、
発売後1年くらいの時、乳酸菌の効能を説くより、
もっとわかりやすく、親しみやすいようにと、
後輩の国語教師である、驪城卓爾(こまきたくじ)の強い勧めもあって、
決定されたものだそうだ、
これについては、ちょっとおもしろいエピソードがあって、
当初、三島は、「カルピスは子供にも好かれているのに、
初恋とは何かと問われたらどう答えればよいのだ」と、
「初恋の味」というキャッチフレーズに難色を示したそうなのだが、
驪城は「初恋の味とはカルピスの味と答えればよい」と言い、
これに三島も納得!したとの事である(笑)

カルピス、というネーミングにもおもしろいエピソードがある、
最初に発売した飲料に「醍醐味」と名付けたのは、
涅槃教にある、
「牛より乳を出し、乳より酪を出し、酪より蘇を出し、蘇より生酥を出し、
生酥より熟酥を出し、熟酥より醍醐を出す。醍醐は最上なり。
もし服する者あらば衆病皆除く。
あらゆる諸楽ことごとくその中に入るがごとく仏もまたかくのごとし。」

つまり、「酪」「蘇」「生酥」「熟酥」「醍醐」という、
乳を精製して得られる五段階の味のうち、最上の美味なるもの、
というところからネーミングしたものだった。

ちなみに、「乳」は牛乳そのもの、
「酪(らく)」は、まぁヨーグルトみたいな状態、
「蘇(そ)」は、搾りたての牛乳を煮詰めたもので、
バターとチーズの中間ぐらいでキャラメルみたいな感じらしい。
「酥」とも書く、
「生酥(なまそ)」は、生乳を表面に膜が張らないように、焦がさず約1日煮詰め、
さらに一晩放置して、乳脂肪分を固めて浮き出させたもの。
「熟酥(じゅくそ)」は、「生酥」を「蘇」から取り分けて、
さらに焦げないように加熱し、濃縮したもの。
そして、「醍醐(だいご)」
「熟酥」の表面に浮いている脂肪の玉を湯煎にかけ、分離した油分。
見た目は溶けたバターのようだが、油臭さは無く、さっぱりした味で、
これこそが最上の味、とされている。

お釈迦様自身も、悟りを開いた時の経験から、
牛乳や乳製品は、『食料となり、気力を与え、
皮膚に光沢を与え、また、楽しみを与えるもの』として  
賞賛しているくらいで、
特に「醍醐」は、そのまま仏教における最高真理に例えられる事になり、
『醍醐味』という言葉も、ここから来ているわけである。
何しろ、それをそのまま名前にした天皇もいるくらい、「最高」だったわけだ。

さて、時代は大正デモクラシーの時代、
三島は、モダンな感じにすべく、カタカナ名前にしようとした、
そして、醍醐のサンスクリット読みである、「サルピル・マンダ」から、
「サルピル」か、当時最も有名だった栄養源である、カルシウムも採用し、
「カルピル」と名付けようとしたらしい、

ところがどうも、語呂が悪い(^^;)
そこで、どうしたか?
「最高のモノ」の事は「最高の人」にという事で、
当時第一の音楽家、山田耕筰に相談したのである、
(てなことで、タネを明かせば、
 先日のカミさんのコンサートで山田耕筰の事を調べてて、
 カルピスの件に行き当たってたというわけなのだ(^-^))
また、サンスクリット語の権威である、
渡辺海旭わたなべかいぎょく)にも意見を求め、
「醍醐」の「サルピル」よりは一段落ちるのだが、
「熟酥(じゅくそ)」のサンスクリット読みである「サルピス」と、
カルシウムを併せた「カルピス」こそが、
『母音の組み合わせが、とても開放的かつ堅実性があってよい。
 発展性が感じられる。きっと繁盛する』との回答を得、めでたく決定したという次第。

てなことで、延々とカルピスについて書いてきたが、
この広告には「初恋の味」という文言が無い、
というのも、戦時中の広告なので、
「軟弱」と取られるのを避けたのだろうと思われる。

060707moji それでも、やはり工夫はなされていて、
左隅にある、「一本一円一本一人一ヶ月」のロゴ?は、
王義之や即天武后、文徴明、玄宗皇帝といった、
歴史上の書の達人と言われてる人達の文字が使われていて、
ここでもやはり、「最高」へのこだわりが感じられるのでありました。

てなことで、ウンチクおしまい~(^^;)

今日はちょっと真面目に書きすぎた、
こんな時は、息抜きにちょっと一服・・・したいところだが、
そうはいかない(^^;)

第165週+2日目の朝 77.2kg
昨日+1kg トータル -18.8kg
ミドル級(72.57kg)まであと、4.63kg

がっひょ~ん・・・(爆)
一木会って・・・
ごちそうさまでした・・・(ToT)

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ